.
アーウィンキック
WCCWやWWFで活躍したビル・アーウィンが使っていた二段蹴りと同型の技。
アークティック・サイクロンネックブリーカー
イギリスのプロレスリングEVEを主戦場とし、日本ではJWP女子プロレスやスターダムに参戦しているニッキー・ストームのフィニッシャー。形はコークスクリューネックブリーカーと同型。
アーグル・バーグル
ファイナルアンサー
アースクウェイクドロップ
全日本プロレスやWWFで活躍したアースクウェイクことビッグ・ジョン・テンタが愛用していたフィニッシャー。仰向けになった相手の側で地団太を踏むようなアースクウェイクダンスを踊り、ロープに跳んで助走をつけたあと体重を利したジャンピング式のヒップドロップで相手を圧殺する。
アースブレイク
全日本プロレスのゼウスが使っている必殺技の1つ。相手を抱え上げたあと十分なタメを作ってからマットに叩きつける滞空式のジャックハマーである。
アートバープレス
とぶばい
アーミッシュボム
ECWで活躍したアーミッシュ・ロードキルが使っていたリバースパワーボムの呼び名。
アームズ・アクロス・アメリカ
キャトルミューティレーション
アームドラッグ
走ってくる相手の左脇に自分の右腕を差し込み、背中からマットに倒れ込む勢いで相手を前方へ巻き投げる基本的なムーブ。
アームバー
相手の腕を一直線に伸ばして腕の筋を痛めつける技の総称。腕ひしぎ逆十字固め、スタンディング式のストレートアームバーなどその種類は多岐に渡る。
アームホイップ
走って来た相手の腕に自分の腕を絡め、マットに倒れこんだ勢いなどを利用して相手を前方へ投げ飛ばす基本的な技。
アームロック
相手の腕を痛めつけるストレッチ技の総称。V1アームロックやチキンウイングアームロック等がこの中に含まれる。
アーメンDDT
SPWFやWJプロレスで活躍した矢口壹琅が使っているDDTの呼び名。
アーリーオンセット・アルツハイマー
ROHや新日本プロレスで活躍しているマット・ジャクソン&ニック・ジャクソンのタッグチーム、"ザ・ヤングバックス"が愛用する合体殺法。立っている相手の右サイドにマットが、左サイドにニックがそれぞれ陣取り、2人がスーパーキックを続けざまに放って相手の頭部を連続で蹴り飛ばす。そして相手が尻餅をつくように倒れこんだところで2人が呼吸を合わせて再び足を振り抜き、左右からのスーパーキックで相手の頭部を挟み撃ちにする。
アールオー
田中稔が使っているオリジナルムーブ。まず相手の体を場外で関節技に捕らえ、レフェリーが場外カウントを進めるのを待つ。そしてレフェリーのカウントが20に近づいたところで技を解いてリングインし、場外に置きざりにした相手をリングアウト負けに追い込む。アールオーとは"Ring Out"の頭文字を取ったものである。
アイアムアヒーロー
東京女子プロレスのハイパーミサヲが使っている、唐草模様の風呂敷マントを装着してから仕掛けるダイビングクロスボディー
アイアンオクトパス
ロウ・キーが得意とする変形のクリスト。まず相手の肩に回転十字固めの要領で飛びつき、自分の右足を相手の顎の下へと引っかける。そのあと相手の右腕を両手で掴んで腕を捻り上げ、相手の体にぶら下がりながら相手の首や腕を痛めつける。
アイアンカーテン
WWEのウラジミール・コズロフが愛用していた必殺技。まず向かい合った相手の喉を右手で鷲掴みにし、左手で掴んで持ち上げた相手の右腕を自分の首の後ろに引っ掛ける。続いて相手の右腿を左手で外側から抱え込み、相手の体を高々とリフトアップする。最後に体を前傾させながら両膝をつくように倒れ込み、落下させた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
アイアンクロー
"鉄の爪"フリッツ・フォン・エリックが使っていた代名詞的必殺技。相手の顔面を右手で鷲掴みにしたあと左手で自分の右手首を掴み、そのまま右腕に力を込めることで相手の頭蓋骨を握力を使って圧迫する。
アイアンクロースープレックスホールド
アイスリボンの山口ルツコが使っていた必殺技。まず向かい合った相手の頭部をアイアンクローで痛めつけ、左手で掴んで持ち上げた相手の右腕を自分の首の後ろへと引っ掛ける。続いて外腿の方から相手の右腿の裏に左手を回して右足を抱え込み、相手の首の後ろに自分の右腕を巻きつけ直してフィッシャーマンズスープレックスを仕掛ける体勢になる。最後に体をブリッジさせて相手を後方に反り投げ、相手を背中からマットに叩きつけたあともブリッジを崩さずそのまま3カウントを奪う。
アイアンクロースラム
プロレスリング・ノアに参戦していたパイソン・スミスの得意技。仰向けになった相手の顔面をアイアンクローで鷲掴みにし、無理矢理引き起こした相手の背中に左手を添える。そのあと相手の体を高々とリフトアップし、相手をチョークスラムの要領でマットに叩きつける。
アイアンクロス
マスターロック
アイアンボム
WWEやプロレスリング・ノアで活躍したブル・ブキャナンが使っていたアイアンクロースラムの名称。
アイアンメイデン
WWEのドリュー・マッキンタイアが使うボーダーシティストレッチと同型の技。
アイオープナー
WWFで活躍したミディオンが使っていたリバースDDTと同型の技。
アイ・オブ・ザ・ストーム
インパクト・レスリングのジェームズ・ストームが使うウィリーバーディーと同型の技。
アイ・オブ・ハリケーン
ナイトメア・オン・ヘルムズストリート
アイオワステイト・サイクロン
CZWで活躍中のダニー・ハボックが使うスカイツイスタープレスと同型の技。
友情
DRAGON GATEの横須賀享が使う改良型の横須賀ドライバー。カナディアンバックブリーカーの要領で右肩に担ぎ上げた相手の喉元に左手を添え、抱えていた相手の上半身を下方向へと引っ張る。そしてその勢いで相手の体に180゜の後方回転を加え、回転する相手の体を自分の正面へと落下させる。最後に相手を抱えたまま左半身からマットへ倒れ込み、うつ伏せの状態になった相手の体を自分の左サイドへと叩きつける。名前の読み方は"あいかた"。
アイクロー
相手の両目に両手の指を押し当て、腕を左右に開くことで視覚を奪う姑息な技。ヒールレスラーが試合の流れを変える際に使うムーブである。
アイコノクラズム
DRAGON GATEのCIMAが若手時代から愛用するオリジナルムーブ。リングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、相手に背中を向けるように体を捻って相手の右脇を右手で、左脇を左手でそれぞれ掴む。そのあと相手の体を270゜前方回転させる感じで放り投げながら尻餅をつき、コーナーから落下させた相手の背中を自分の両足の間へと叩きつける。名前はCIMAが敬愛するロックバンド"BUCK-TICK"の曲のタイトルに由来し、"偶像破壊"という意味を持つ。
アイズ・オブ・ホルス
CHIKARAで活動していたアマシスとオフィーディアンのタッグチーム、"オシリアン・ポータル"のコンビネーション。アマシスが対戦相手の1人をコーナーの側で、オフィーディアンがもう1人の対戦相手を対角線上にある反対側のコーナーの側でそれぞれ倒し、相手を倒した2つのコーナーの最上段へ2人が各々歩を進める。そのあと2人が呼吸を合わせて450゜スプラッシュを同時に放ち、対戦相手2人を続けざまにプレスしてフォールを奪い去る。
アイスキューブ
プロレスリング・ノアのタダスケがが愛用しているコウジクラッチと同型の技。
アイスドライバー
我闘雲舞のさくらえみが愛用しているフィニッシャーの1つ。リバースフルネルソンに捕らえた相手の体をカナディアンバックブリーカーの要領で右肩に担ぎ上げ、相手の右脇から引き抜いた左手で相手の右肩を下から押し上げる。そしてその勢いで右方向に360゜錐揉み回転する相手に体を浴びせかけるように倒れ込み、落下させた相手の後頭部や背中を豪快にマットへ叩きつける。
アイスドライバー2
さくらえみが使っている変形のバックブリーカー。リバースフルネルソンに捕らえた相手の体をカナディアンバックブリーカーの要領で右肩に担ぎ上げ、相手の右脇から引き抜いた左手で相手の右肩を下から押し上げる。そして空中でうつぶせにひっくり返った相手の体を左脇に引っ掛けていた右腕で更にコントロールし、相手の体に180゜の後方回転を加えて再び相手を仰向けの状態にひっくり返す。最後に落下する相手の方へと体を向けながらマットに左膝をつき、相手の背中を立てた右腿の上へと叩きつけて背骨に衝撃を与える。
アイスピック (1)
WCWで活躍していたグレイシアの必殺技。形はブギークローと同型。
アイスピック (2)
スカー
アイスブレイカー
NWAワイルドサイドなどで活躍したジェイ・フリーズが使っていたゴリースペシャル2000と同型の技。
アイドライザー (1)
WWEで活躍中のダミアン・サンドウがかつて使用していた変形のスイングネックブリーカー。まず前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、背中の方から相手の左脇に右腕を差し込んで相手の頭と左腕を抱えるように両手をクラッチする。そのあと自分の体を左方向に180゜捻って背中から倒れ込み、その勢いで仰向けにひっくり返った相手の後頭部をマットに痛打させる。別名はM14
アイドライザー (2)
NWAワイルドサイドやTNAで活躍したジェイソン・クロスが使っていたコーナーからの飛びつき式アンプリティア。まずリングの方を向く格好でコーナー最上段に腰をおろし、自分に背中を向けた相手の右腕を右手で、左腕を左手でそれぞれ掴む。そしてロープを蹴ったあと相手の頭上を飛び越すような感じで体を270゜前方回転させ、その勢いで前のめりに倒した相手の顔や胸をマットに強打させる。
アイドルクラッチ
ユタカが大阪プロレスでアイドルギミックをしていた頃に使ったムーブ。形はデルフィンクラッチと同型だが、空いている手を昔のアイドル風の裏ピースの形にする点が本家と異なる。
アイム・ベター・ザン・ユー
WCWで活躍したクリス・キャンヨンが使っていたフラットライナーの呼び名の1つ。WWE移籍当初は一旦相手を抱え上げてからマットに叩きつけるハイアングルタイプをこの名前で愛用していた。
愛欲固め
格闘探偵団バトラーツで結成されたモハメド・ヨネ&アレクサンダー大塚のタッグチーム、"ラヴインパクト"のコンビネーション。尻餅をついた相手の右腕をアレクが、左腕をヨネがそれぞれ腕固めに捕らえ、相手の両腕を痛めつけてタップを奪う。
アイランドドライバー
サモア・ジョーがかつて使用していたエメラルドフロウジョンの名称。
アイリッシュエアレイド
ROHやCZWで活躍するデイブ・クリスト&ジェイク・クリストのタッグチーム、"アイリッシュ・エアボーン"が愛用するコンビネーション。まずデイブがファイヤーマンズキャリーの要領で相手を肩に担ぎ上げ、ジェイクがコーナー最上段へと歩を進める。そのあとコーナーからジャンプしたジェイクが相手の後頭部をダイビングフットスタンプで踏みつけ、背中からマットに倒れこんだジェイクが両膝を立てて待ち構える。最後にデイブがデスバレーボムの形で相手をマットに落とし、相手の背中をジェイクが突き出した両膝の上へ叩きつける。
アイリッシュカース
WWEのシェイマスが愛用しているムーブの1つ。相手の体をロックボトムの要領で抱え上げたあとマットに左膝をつき、相手の背中を立てた右腿の上へと叩きつける。
アイリッシュクローバーリーフ
CZWで活躍中のライアン・マクブライドが使うテキサスクローバーホールドの呼び名。
アイリッシュコーヒー
キリングスプリー
アイルビーバック
ZERO1の日高郁人が愛用するトリッキーなムーブ。セカンド&サードロープの間から場外に落ちそうになった際にサードロープを掴んで場外に落ちるのを阻止し、体を翻してリングに戻ったあと油断した相手にフライングニールキックショーンキャプチャーを決める。
アウトエンドスリー
ジャマールが全日本プロレスで愛用していた左右逆方向に相手を回転させるロール・ザ・ダイス。まず相手の首をリバースDDTの要領で左脇に抱え込み、相手の右手首を右手で掴んでロックする。そのあと自分の体を右方向へ180゜錐揉み回転させて背中からマットに倒れ込み、その勢いでうつ伏せにひっくり返った相手の顔面をマットへ打ちつける。旧名はサモアンツイスト
アウトキャスト
プロレスリング・ノアのタダスケが使っているフィニッシングホールド。まず相手の体をゼブラーボムの要領で旋回させ、正面にやってきた相手の胴体の上に左腕を引っ掛ける。そのあと相手の体に腕を絡めたまま両膝をつくように腰を落とし、落下させた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
アウトサイダーズエッジ
レーザーズエッジ
阿吽
KAIENTAI-DOJOの旭志織が愛用している独楽を髣髴とさせる打撃技。まず膝や尻餅をついた相手の側で自分も屈み、体を後ろに倒して左手をマットにつく。そのあと左腕を軸にして体を左方向へと回転させながら両足を宙に浮き上がらせ、振り抜いた右足の甲で相手の側頭部や後頭部を蹴り飛ばす。足払い式の阿吽や前転式のフライングメイヤーでマットに転がした相手に対して連続的に見舞ったりするほか、前屈みになったパートナーやレフェリーの背中に左手をついて技を繰り出し立っている相手にも攻撃を決めることがある。
阿吽タイムス
DDTプロレスリングの大石真翔が見せた丸め込み技。まず前転式のフライングメイヤーで相手をマットに転がし、尻餅をついた相手の背後で阿吽の要領で体を回転させる。そのあと宙に浮き上がった右足を相手の右脇に背中の方から引っ掛け、更に相手の左腕を右手で抱え込んで横十字固めのように相手を丸め込む。最後にカバーをキックアウトした相手が体を起こして尻餅をつく格好になったところで自分の体を前転させ、相手の両肩をもう一度マットにつけて3カウントを奪う。
青い稲妻
JDスター女子プロレスなどで活躍した武藤裕代が使っていたファルコンアローと同型の技。
青い山脈
永田裕志と曙が披露した合体殺法の1つ。曙がファイヤーマンズキャリーで相手を肩の上に担ぎ上げ、助走をつけた永田がフロントハイキックで相手の顔面を蹴り飛ばす。そのあと曙が間髪入れずに背中からマットに倒れ込み、担いでいた相手の体をバックフリップの形でマットに叩きつける。
蒼い衝動
新日本プロレスのケニー・オメガが使うデメキンバスターと同型の技。名前は音楽ゲーム"beatmania IIDX"に収録されている楽曲に由来している。
青き光
DRAGON GATEのK-ness.が使う両腕交差式クロスフェイス。まず尻餅をついた相手の左腕を右手で、右腕を左手で掴み、掴んだ両腕を交差させて相手の喉元に引っかける。そのあとうつ伏せに引っくり返した相手のサイドに腰を下ろし、掴んだ腕を引っ張ることで相手の上半身を反り上げる。
青天井エルボー
新日本プロレスの棚橋弘至が使っているフラッシングエルボーと同型の技。名前は天井知らずの青天井のように高く飛び上がる様に由来し、この技の直後にサンセットフリップを決めるコンビネーションを得意としている。
赤川鉄橋
崔領二が使っている打撃技の1つ。座り込んだ相手の正面に移動して助走をつけ、両足を前に突き出すようにジャンプする。そのあと空中で右足を折り畳んで膝を突き出し、加速を生かした低空の飛び膝蹴りを相手の顔面に叩き込む。
赤霧
新日本プロレスの矢野通が使っている丸め込み技の1つ。背中の方から相手の左脇に差し込んだ左腕を相手の首の後ろに添え、相手の左膝の裏に右手を回して相手の左足を抱え込む。そのあと両膝をマットにつくように倒れ込みながら相手の体を前方へと転がし、両肩をマットにつけた相手の体を押さえ込んで3カウントを奪い去る。
アキアンバックブリーカー
noki-anバックブリーカー
アキアンプロイダー
OZアカデミーなどで活動中のAKINOが愛用しているリストクラッチ式の裏投げ。まず相手をリストクラッチ式エクスプロイダーの要領で抱え、相手の体を持ち上げたあと体を左方向に180゜捻る。そのあと落下する相手に体を浴びせ掛けるように倒れ込み、相手を背中からマットに叩き落とす。
アキオタイム
ヤンタイム
彰人☆ジ・エンド乙☆クラッチ
DDTプロレスリングの彰人が使っている高速のV9クラッチ。名前は安部☆自演乙☆クラッチを意識して付けられたと思われる。
アキバへGO!GO!
アキバプロレスのアキバブラウン&アキバビリジアンが見せたコンビネーション。ブラウンがレフェリーの視線を逸らしている間にビリジアンが相手の股間を蹴り上げ、悶絶する相手をビリジアンが首固めで丸め込んでフォールを奪う。
アギホンモルタル
CMLLのレイ・エスコルピオンが使っているパッケージパイルドライバーの呼び名。
秋山クラッチ
全日本プロレスの秋山準が1999年のチャンピオンカーニバルで初公開した幻の丸め込み技。まず相手の体をエクスプロイダーのクラッチで捕獲し、投げられまいと相手が踏ん張ったところで自分の体を左方向に180゜捻る。そのあと相手に背中を向ける体勢になりながら相手の右腕を右脇に抱え直し、更に相手の股の間に差し込んだ左手で相手の右腿を抱え込む。最後に相手の手足を抱えたまま自分の体を右方向へと転がし、その勢いでマットに倒れ込んだ相手の体を押さえ込んでフォールを奪う。公式戦では2度ほど使っただけで長らく封印状態にあったが、2009年5月のグローバルタッグリーグ最終戦で久々に公開しモハメド・ヨネから3カウントを奪取した。
アギラ
DRAGON GATEのT-Hawkが使っているアラームクロックと同型の技。
アキレス腱固め
序盤のグラウンドの攻防などで良く使われる古典的なサブミッション。仰向けになった相手の右足首を左脇に抱え込み、相手の右足を両足で挟み込みながらマットに倒れ込む。そのあと左手首の骨を相手のアキレス腱にあてがいながら体を後ろに反らせ、相手のアキレス腱を圧迫してタップを奪う。
アキレス4の字固め
ドン・フライや山本尚史がかつて使っていたサブミッション。まず仰向けになった相手の左足を左手で、右足を右手で掴み、折り畳んだ相手の右足を相手の左膝の上に重ねて両足を4の字に固める。そのあと相手の右足首の上に自分の右足を引っかけながらマットに倒れ込み、左脇に抱え込んだ相手の左足首をアキレス腱固めで痛めつける。
アクイジション・ネックブリーカー
キノットプレックス
アクエリアスクラッチ
TAJIRIがマスクマンのアクエリアスとして活動していた時代に編み出した丸め込み技。まず相手の左サイドに移動して相手の左腕を左脇に抱え込み、前屈みになった相手の首の後ろに左足を引っかける。そのあと相手の右足の内側に自分の右足をフックさせて背中から倒れ込み、その勢いで前方に転がった相手の両肩をマットにつけてフォールを奪う。
アクシズ
鈴木鼓太郎が開発したオリジナルムーブの1つ。相手をアトミックドロップのクラッチで抱えたあと両膝を屈伸させて反動をつけ、相手の体を270゜後方回転させるような感じで後ろに放り投げる。そのあと相手の体から腕を離して自分は背中からマットに倒れ込み、投げ捨てた相手をうつぶせの状態でマットに叩きつける。
アクシズスピン
プロレスリング・ノアのムシキングテリーが使っていた619の名称。
惡トーン
スターダムの安川惡斗が使っていたコーナーセカンドロープからのセントーン・アトミコ
惡斗様固め
安川惡斗が使っていたうこうもり吊りの一種。まずこうもり吊りの要領で相手を逆さ吊りに担ぎ上げ、マットに右膝をつくように腰を落として相手の後頭部を立てた左腿の上に接触させる。そのあと両手で掴んでいた相手の両足を左右に開くことで相手の股を大きく開かせ、相手の首・腰・股関節などを複合的に痛めつける。
アクトロック
安川惡斗が開発したオリジナルパッケージ。まず相手の右足をストレッチマフラーホールドの要領で首の後ろに巻きつけ、足を掴んだまま自分の体を前転させて相手もろともリングの中を転がる。そして相手の体が仰向けになったところで回転を止めて相手の右足を両腕で、左足を両足でそれぞれ挟み込み、相手の上半身の上に覆いかぶさるように体を転がして相手をピンフォールする。2012年夏に行われた"5★STAR GP"で初公開し、スターダムのエースである愛川ゆず季から金星を上げた。
アグネスボム
全日本プロレスに登場したアグネス仮面の必殺技。形は太陽ケアが使うTKOと同型。
悪魔首折り弾
九州プロレスなどで活動中のディアブロが使っているアックスボンバーの名称。
悪魔組曲ニ短調
大阪プロレスのタイガースマスクがヒール転向後に披露したバズソーキック系ムーブの1つ。足に付けているレガースに凶器のトンファーを装着して決めるバズソーキックである。
アグラ固め
SECRET BASEの小川内潤が闘龍門時代に使っていたアグラツイストと同型の技。
アグラツイスト
ミル・マスカラスが得意とするジャベ。仰向けになった相手の両足をインディアンデスロックに捕らえ、相手の上半身を引き起こして尻餅をつかせた状態にする。そのあと背中の方から相手の左脇に右腕を差し込み、相手の左腕を右脇に抱え込んで相手の足や脇腹を痛めつける。
あけぼのスプラッシュ
くるめふる里プロレスに登場したあけぼの仮面の必殺技。形はフロッグスプラッシュと同型。
アコレード
WWEのルセフが使っているキャメルクラッチの名称。
アサイムーンサルト
ラ・ケブラーダ
アサイDDT
闘龍門MEXICOのウルティモ・ドラゴンが開発したその場飛び式のミスティフリップ。まず相手の首をスタナーの要領で右肩に固定し、両足を屈伸させたあとその場でジャンプする。続いて相手の頭上を飛び越えるような感じで体を360゜後方回転させ、相手の背後に自分の体を回り込ませる。最後に体重をあずけることで相手の体を後ろに引き倒し、両膝から着地すると同時に相手の後頭部をマットへ叩きつける。
アサルトドライバー
CZWで活躍していた"SICK"ニック・モンドのフィニッシングムーブ。肩車で担ぎ上げた相手の右腕を右手で、左腕を左手でそれぞれ掴み、掴んだ両腕を勢いよく引っ張ることで相手の体を270゜前方回転させる。そのあと相手の腕を掴んだままマットに尻餅をつき、落下させた相手の背中を自分の両足の間へ叩きつける。
アサルトポイント
全日本プロレスの青木篤志が愛用しているレッグロックスープレックスホールドと同型の技。
アシア
ホルヘ・リベラが使っているGod Trapと同型の技。別名ホルヘスペシャルラ・リベラシータ2とも呼ばれる。
アジアティックスパイク
IWAミッドサウスやCZWで活躍中のネクロ・ブッチャーが愛用している胴締め式のブギークロー
アジアティックドライバー
WWEで活躍したジェシーことレイ・ゴディーJr.が使っているエゴイストドライバーと同型の技。
足折り固め
レッグロールクラッチ
足掛け腕固め
タイガーマスクや井上亘などが使い手として知られるステップオーバーアームストレッチとも呼ばれるサブミッション。まず両手で掴んだ相手の左腕を捻り上げながら相手の背後に体を回り込ませ、自分の右足を掴んだ左腕の上に引っかけて腕を固定する。そのあと前屈みになった相手の右腕を両手で掴み、掴んだ腕を自分の方に引き寄せて相手の肩や脇腹を痛めつける。
足掛け延髄斬り
技巧派のレスラーが流れを変える際に愛用する打撃技。キックをキャッチされたあと掴まれた足と反対の足を振り上げ、油断した相手の首に延髄斬りを叩き込む。相手の腿を踏み台にして延髄斬りを放つタイプを愛用する選手も多い。
足掛け回転膝十字
田中稔が若手時代から愛用しているサブミッション。まず相手に対して左足で蹴りを放ち、その足を相手の右脇にキャッチさせる。そのあと掴まれた足を軸にして自分の体を右方向に捻りながらジャンプし、相手の右足を両手で掴んで即座に裏膝十字固めに移行する。ヨーロッパに遠征した際に師匠の藤原喜明が使うフジワラアームバーにあやかってタナカレッグバーと名付けられたが、それが気に入って帰国後も名前を使い続けている。
足掛け式バックドロップ
WWEやTNAで活躍したXパックことショーン・ウォルトマンが愛用していた変則的なバックドロップ。まず前屈みになった相手の左腕を右手で掴み、相手の首の後ろに右足を引っ掛ける。そのあと相手が上半身を起こす反動を利用して自分の体をジャンプさせ、そのまま相手の背後に回りこんで即座にバックドロップを決める。
足極めエビ固め
後藤式
足決め首固め
プロレスリングFREEDOMSのGENTAROが愛用しているオリジナルパッケージ。まず相手の左脇に背中の方から差し込んだ右腕を相手の顎の下に持って行き、更に相手の首の後ろに左腕を回して相手の頭と左肩を抱えるように自分の両手をクラッチする。そのあと相手の左脹脛の後ろに右足のつま先を引っ掛けて自分は両膝をつくように腰を落とし、その勢いで前屈状態になった相手の両肩をマットにつけてフォールを奪う。
アシッドドロップ
WWEやECWで活躍したスパイク・ダッドリーことブラザー・ラントが愛用していたフィニッシングムーブ。まず相手の首をスタナーの要領で右肩に固定し、相手の首を抱えたままコーナーを駆け上がる。そしてコーナー最上段を蹴ったあと体を右方向に180゜水平旋回させ、相手をダイヤモンドカッターの形でマットに叩きつける。WWEではダッドリードッグと呼ばれていた。
アシッドボム
CZWやROHで活躍したトレント・アシッドが愛用していたフィニッシングホールド。まずコーナーに乗せた相手をアイコノクラズムの要領で持ち上げ、相手の体を回転させずに前方に放り投げる。そのあとうつ伏せの状態で落下する相手の右腿を右手で、左腿を左手で抱えながら尻餅をつき、相手の顔面や胸板を自分の両足の間に叩きつける。
アシッドロック
トレント・アシッドが使っていた涅槃と同型の技。
足取り式腕ひしぎ逆十字固め
ケンドー・カシンや土方隆司など、関節技主体の選手が時折披露するサブミッション。仰向けになった相手の右腕を腕ひしぎ逆十字固めに捕らえたあともがく相手の右足を右腕で抱え込み、ロープに近づこうとする相手の動きを封じながら右腕を痛めつける。
足取り式逆さ押さえ込み
東京女子プロレスの坂崎ユカが使っている丸め込み技。まず相手が右足で放った蹴りを両手でキャッチして相手の動きを止め、足を掴んだまま自分の体だけを右方向に回転させる。そして相手と背中合わせの状態になりながら相手の右腿の下に左腕を回し直し、片足立ちになった相手の左脇に背中の方から右腕を差し込む。最後に両膝をつくように腰を落としつつ体を前傾させ、後ろに転倒して両肩がマットについた相手の体を押さえ込んで3カウントを奪う。
足まがり
みちのくプロレスなどで活動中のバラモン・シュウが使っている変形のアンクルロック。まず仰向けになった相手の足の側に立って相手の右足を左手で、左足を右手でそれぞれ掴み、相手の右足の上に相手の左足を交差させる形で乗せて相手の右足を右手で掴み直す。そのあと相手の左足首の上に自分の右足を引っ掛けて背中からマットに倒れ込み、両手で抱えた相手の右足首をアンクルロックの要領で絞り上げる。
アジャボム
OZアカデミーのアジャ・コングが愛用するオリジナルムーブ。まず前屈みになった相手の頭を正面から自分の股の間に挟み込み、相手の左腿の裏に右手を、右腿の裏に左手をそれぞれ回す。そのあと相手の体を垂直に抱え上げながら尻餅をつき、相手の頭部をマットへ強かに打ちつける。
阿修羅バスター
宮崎有妃とタニー・マウスのタッグチーム、"NEOマシンガンズ"が愛用していた合体技。まずタニーが相手をマテマティカの要領で抱え、宮崎がタニーの背後に回って相手の右腕を左手で、左腕を右手でそれぞれ掴む。そのあと相手の両腕を広げて2人同時に尻餅をつき、着地の衝撃で相手の首、背中、股などを複合的に痛めつける。
足横須賀。
DRAGON GATEの横須賀享が愛用する足殺し技。水車落としの要領で肩に担いだ相手の下半身を腕で下から押し上げ、相手の体をマットに対して水平にする。そのあと相手の足を抱えたまま尻餅をつき、正座をするような形でマットに着地させた相手の両膝に痛みを走らせる。
アシロード
新日本プロレスのBUSHIが使っているクランチループと同型の技。
足Vの字固め
蝶野正洋がかつて愛用していた回転足4の字固めと同型の技。
足Yの字固め
橋本真也が海外修行を終え、新日本プロレスに凱旋した頃に使っていた関節技。まず相手の右足をカニばさみの要領で挟み込み、うつ伏せに倒れた相手の左足首を両手で抱え込む。そのあと足と腕で抱え込んだ相手の両足首を絞り上げ、更に自分の手足を伸ばすことで相手の股を裂く。見栄え、客受けが共に良くなかったので直ぐに封印されてしまった。
足4の字固め
バディ・ロジャースやデストロイヤーがその存在を世に知らしめ、現在ではリック・フレアー、武藤敬司などがこだわりを持って使い続けているサブミッション。まず仰向けになった相手の左足をスピニングトーホールドの要領で自分の右足に巻きつけ、残った相手の右足を左手で掴んで持ち上げる。続いて折り曲げた相手の左足を相手の右膝の上に重ねて足を4の字に形にし、両足を固めたまま背中からマットに倒れ込む。最後に相手の左足首の上に自分の左足を引っ掛けて足をロックし、後ろ受身をとることで相手の足を痛めつける。海外ではフィギュアフォーレッグロックと呼ばれている。
足8の字固め
新日本プロレスで活躍したジョニー・パワーズが使っていた、別名パワーズロックとも呼ばれるサブミッション。まず仰向けになった相手の右サイドに移動して相手の足の間に自分の左足を置き、相手の右足を左手で、左足を右手で掴んで持ち上げる。続いて折り曲げた相手の右足を相手の左膝の上に乗せて足を4の字の形にし、両足を固めたまま背中からマットに倒れ込む。最後に相手の右足首の上に自分の右足を引っ掛けて両足をロックし、更に右足のつま先を相手の左腿の裏に引っ掛けて相手の膝を痛めつける。名前の由来は"足4の字固めの2倍効くから8の字"、"足の形が数字の8のように見えるから8の字"など説が色々ある。
アスカ来日
プロレスリング紫焔のアスカ・ザ・ワールドが使うフロッグスプラッシュの名称。
アスカロック
胴締めチキンウイングスリーパー
アスタスティック
インパクト・レスリングのミス・テスマーカーが使っていたフェイバリットホールド。コーナーを背にして座り込んだ相手にサモアンレッキングボールを叩き込み、続けざまにスティンクフェイスの要領で相手の顔面に自分の尻をこすりつける。
アステカスープレックス
ウルティモ・ドラゴンが愛用するクロスアームスープレックスホールドの名称。
アステカスペシャル
プロレスリング華☆激のアステカが使っているゲレーロスペシャルと同型の技。
アステカバスター
アステカが愛用しているCKと同型の技。
アステカボム
アステカが愛用するブルーサンダーと同型の技。
アストロシザーズ
金丸義信、ユタカなどが得意とするメキシコ式のヘッドシザーズ。コーナーのセカンドロープ、もしくはトップロープに登ってリングの方を向き、自分に背中を向けて立っている相手に向かってジャンプする。そのあと空中で膝を突き出すように両足を折り畳んで相手の頭上に落下し、相手の首を両足の脹脛部分で挟み込みながら自分の体を前方回転させて相手を巻き投げる。体を前方回転させつつ相手の右腿を左手で、左腿を右手で抱え込み、そのまま相手を丸め込んでフォールを奪うことも多い。
アストロブラスター
プロレスリングHEAT UPの田村和宏が使っているアラームクロックと同型の技。
アストロマンドロップホールド
マーベラスの渡辺智子が全日本女子プロレス時代に使っていたオリジナルスープレックス。まず自分の体を相手の背後に回り込ませ、腰に回した右手で正面にある相手の左腕を掴む。更に相手の左腿を外側から抱え込んだ左手で正面にある相手の右腕を掴み、掴んだ両腕を相手のへそのあたりで交差させる。最後に両腕を極めたまま体をブリッジさせて相手を後方に反り投げ、肩口から相手をマットに叩きつけたあともブリッジを崩さずそのまま3カウントを奪う。
あすなろスープレックス
新日本プロレスの山田恵一が使っていた変形のフロントネックチャンスリー。まず前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、相手の左腕を抱きこむような感じで相手の胸の方に自分の右腕を回す。続いて右手で相手の右肘あたりを掴み、掴んだ腕を相手の胸の方に折り曲げる。最後に体をブリッジさせて相手を反り投げ、相手を背中からマットに叩きつけてフォールを奪う。
あすなろスープレックス2
山田恵一が使っていた変形のクロスアームスープレックスホールド。まず相手の背後に自分の体を回り込ませ、相手の右腕を抱き込むような感じで自分の右腕を相手の胸の方に回す。そのあと右手で相手の左手首を掴み、背中の方から相手の左脇に差し込んだ左手で自分の右手首を掴む。最後に体をブリッジさせる勢いで相手を後方へと反り投げ、肩口から相手をマットに叩きつけたあとブリッジを崩さずにフォールを奪う。別名は飛燕原爆固め
アスリートジャーマン
ガッツワールドの吉野達彦が使っているジャーマンスープレックスホールドの呼び名。
畦道
KAIENTAI-DOJOの安沢たくが使っていた連続式の助走付きジャンピングエルボードロップ。別名は稲刈りエルボー
アセンブリライン
ケビン・スティーン&エル・ジェネリコがROHで使っていたコンビネーション。相手の体を捕らえたスティーンの後方にジェネリコがスタンバイし、スティーンがパッケージパイルドライバーで相手をマットに叩きつけるのを待ち構える。そのあと技を決めたスティーンが相手を抱えたまま体を後転させてジェネリコに近づき、相手の体から腕を離して背後にいたジェネリコに相手をトスする。最後に相手の体を受け取ったジェネリコが即座に垂直落下式ブレーンバスターを放ち、マットに叩きつけた相手の体を押さえ込んでフォールを奪う。
阿蘇山ジャーマン
佐々木健介が2004年のG1クライマックスで披露したジャーマンスープレックスホールドの名称。自身との対戦後にG1を欠場した高山善廣への思いを込めた技である。
アタケ・デプレダドール
CMLLのボラドールJr.が使っているラングブロアーの名称。
アダモスプラッシュ
ZERO1に登場したキング・アダモが愛用していたダイビングボディープレスと同型の技。
新しい技
ジントニック
アックス&スマッシュ
ROHや新日本プロレスで活躍中のカイル・オライリーが使っている打撃のコンビネーション。まず前屈みになった相手の側で右足を大きく振り上げ、勢い良く足を振り下ろして相手の後頭部を足の裏で踏みつける。そのあと間髪入れずにローリングエルボーの要領で体を回転させ、上半身を起こした相手の顔面に追撃のエルボーバットを打ち込む。
アックスキック
ブル・ブキャナンが使っていたシザーズキックと同型の技。WWEで検閲ユニット"RTC"に加入し、刑務官ギミックで活躍していた頃にはセンサーキックとも呼ばれていた。
アックスギロチンドライバー
全日本プロレスの大森隆男が使っている変形のビーチブレイク。まず体を屈ませて相手の股の間に正面から頭を差し込み、相手の右膝の裏に左手を、左膝の裏に右手をそれぞれ回す。続いて相手の両足を掴んだまま自分の上半身を起こし、相手を逆さ吊りの状態で背中に担ぎ上げた格好になる。最後に体を軽くジャンプさせて正座の形でマットに着地し、上下逆さまの状態で落下させた相手の頭部をマットへ打ちつける。
アックススイシーダ
大森隆男が大一番で使っている空中殺法。相手を場外へ落したあとトペ・スイシーダの要領でダイブし、場外にいる相手にアックスホンバー気味の打撃を叩き込む。
アックスホール
WWEのカーティス・アクセルが使っているクルーガーズ・エンドと同型の技。
アックスボンバー
ハルク・ホーガンが日本限定のフィニッシュホールドとして愛用していたラリアット。助走をつけながら右腕をくの字に折り曲げ、相手の顔面に折り曲げた腕を勢い良く叩きつける。初代IWGP王者決定戦でアントニオ猪木を失神に追い込んだ忌まわしき技であり、ホーガン自身はホーガンハンマーという名前を付けていたが定着するまでには至らなかった。
圧殺波布空爆
HUBが使っているシャドウズオーバーヘルと同型の技。
アッサムボム
FMWで活躍したグラジエーターことマイク・オーサムが愛用していたフィニッシングムーブ。相手をパワーボムの要領でリフトアップしたあと自分の体を後ろに傾けながら尻餅をつき、前方に落下させた相手の背中を自分の両足の間へ叩きつけてフォールを奪う。
あっちこっちナッチ
ダンシングヤッホー
アッパーカット
下から拳を突き上げて相手の顎を跳ね上げる打撃技。プロレスでは握り拳ではなく掌打で殴りつけることが多い。
アッパーブロー
ザ・グレートカブキが好んで使用していた打撃技。まず相手の正面に立って体を左方向に傾けつつ右腕を軽く振り上げ、左腕を弓を引くように後ろに振りかぶる。そのあと左足を前に踏み出しながら掌を上に向けた左拳を鋭く突き出し、相手の顎や顔面を左拳で殴打する。
アッパー200
安生洋二が愛用しているランニング式のアッパーカット
アップサイドダウン・フロウン
カート・ホーキンスが使う独特なテンポから放たれるボディスラム。まずボディースラムの要領で立っている相手の体に腕を絡め、マットと平行になるように相手を持ち上げつつ軽く両膝を折り曲げる。そのあと膝を屈伸させた反動を使って相手を上下逆さまに抱え上げ直しながら自分の上半身を右方向に少し捻り、相手をマット目掛けて豪快に投げ捨てる。WWE所属時代にトレーナーのノーマン・スマイリーから直伝されたムーブであり、相手を落とす際に自分も尻餅をついてみちのくドライバー2のように叩きつける場合もある。
アップルスリーパー
アップルみゆきが使っているドラゴンスリーパーホールドの呼び名。この体勢からアップルバスターへ移行することも多い。
アップルバスター
アップルみゆきが使うナイトメア・オン・ヘルムズストリートと同型の技。
アディオス
L.A.
あてがい
しゃがみこんだ相手の顔面に自分の股間を押しつけるという悶絶必死のムーブ。DDTの男色ディーノが愛用する男色殺法の1つであり、片膝をついた相手の腿を踏み台にして放つシャイニング式も存在する。
アディオスアミーガ
プロレスリングWAVEのGAMIが愛用していた変形のフィッシャーマンバスター。まず前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、右手で掴んで持ち上げた相手の左腕を自分の首の後ろへと引っ掛ける。続いて外腿の方から相手の左腿の裏に右手を回して相手の左足を抱え込み、続けて相手の右膝の裏に外腿の方から右手を回すことで相手の両足を交差させる。最後に相手の体を垂直に持ち上げて背中から倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の体をマットへ叩きつける。現在は通常のフィッシャーマンバスターと同じ形で放たれることが多い。
アディオスアミーガ・イスキエルダ
GAMIが奥の手として使っていたフィニッシングムーブ。相手をパーフェクトドライバーの要領で抱え上げたあと正座をするような形で倒れ込み、落下させた相手の頭部をマットへ強かに打ちつける。
アディオス・マザー・フ×ッカー
DRAGON GATEの谷嵜なおき&Kzyが使っていたインプラントと韻波句徒の融合技。谷嵜がこうもり吊りの要領で相手を逆さ吊りに担ぎ上げ、谷嵜の背後に回り込んだKzyが相手の右脇に左腕を、左脇に右腕をそれぞれ胸の方から差し込む。そのあと谷嵜が両膝を、Kzyが尻餅をつく形でマットに倒れ込み、急降下させた相手の頭部をマットへ強かに打ちつける。
アティテュードアジャストメント (1)
WWFやWCWで活躍したレックス・ルガーが使っていたパイルドライバーの呼び名。
アティテュードアジャストメント (2)
F-U
アテネア・デストロイヤー
スターダムなどで活躍中のディオサ・アテネアが使うこうもり吊り落としと同型の技。
アドニスロック
マスターズロック
アトミックウェッジボム
WWEのケイトリンが使っていた得意技の1つ。アトミックドロップの要領で相手の尾てい骨を自分の右腿の上へと叩きつけ、間髪入れずに体をブリッジさせて相手を後方へと反り投げる。
アトミックドロップ
"世界の荒鷲"坂口征二が愛用したフェイバリットムーブ。まず相手の左脇に背中の方から頭を潜り込ませ、右手を相手の背中へ、左手を相手の左腿の裏へとそれぞれ回す。そして相手の体を肩の高さまでリフトアップしたあと左膝をマットにつき、前方に落下させた相手の尾底骨を立てた右腿の上に叩きつける。ジャンボ鶴田は担ぎ上げた相手を前方に放り投げて背中からマットに落とすアトミックスローを得意としていた。
アトミックボムズアウェー
全日本プロレスなどで活躍したディック・ザ・ブルーザーが使っていた片足式のダイビングフットスタンプ
アトランタドライバー
大阪プロレスなどで活躍したジェレミー・ロペスが愛用している変形のインプラントDDT。前屈みになった相手の右脇に胸の方から左腕を差し込み、右手で掴んだ相手の左腕を相手の背中の方へと折り曲げる。そのあと相手の左手首を左手で掴んで腕をロックし、相手の首の後ろに右腕を回して頭を抱え込む。最後に相手の体をマットと水平の高さになるまで持ち上げて尻餅をつき、うつ伏せの状態で落下させた相手の体を自分の右サイドへと叩きつける。
アトランティーダ
ケブラドーラ・トド・アルト
アトランティスバックブリーカー
マーベラスのKAORUが使っているケブラドーラ・トド・アルトと同型の技。
アトランティックシティ・アバランチ
WWFで活躍したキングコング・バンディが愛用していたコーナースプラッシュの名称。
アドレナリンスパイク
ROHなどで活動中のB.J.ウィットマーが使っているリバースパイルドライバーの名称。
アナーキーハンマー
"アナーキスト"アリック・キャノンが使うバーニングハンマーと同型の技。
アナコンダカッター
天山広吉と小島聡のタッグチーム、"天コジ"が開発した合体技。まず立っている相手の上半身を天山がアナコンダバイスの要領で抱え、小島が相手の首をダイヤモンドカッターの形でキャッチする。そのあと小島がジャンプすると同時に天山が後ろへ倒れ、その勢いで前のめりに倒れ込んだ相手の顔や胸をマットへ打ちつける。
アナコンダクロス
天山広吉が開発した相手の両腕をロックする改良型アナコンダバイス。まず仰向けになった相手の右サイドに腰を下ろし、右手で掴んで持ち上げた相手の左腕を左脇に抱え込む。続いて左首筋の方から自分の右腕を相手の首の後ろに差し込み、左手で掴んで折り曲げた相手の右腕の手首を右手で掴み直す。最後に折れ曲がった相手の右腕の隙間に外側から差し込んだ左手で自分の右手首を掴み、体重を後ろにあずけることで相手の頚動脈を圧迫する。
アナコンダスープレックス
大剛式バックドロップ
アナコンダスラム
天山広吉がアナコンダバイスへの布石として使用する変形のサイドエフェクト。相手の体をロックボトムの要領で抱え上げたあと自分の体を前方に軽くジャンプさせ、尻餅をつくように着地すると同時に相手の背中を自分の右サイドへ叩きつける。
アナコンダバイス
天山広吉が愛用する変形の腕極め式袈裟固め。まず仰向けになった右サイドに腰を下ろし、相手の右腕を左手で掴んで上半身を軽く持ち上げる。続いて左首筋の方から自分の右腕を相手の首の後ろに差し込み、掴んでいた相手の右腕を直角に折り曲げて右手首を右手で掴み直す。最後に折れ曲がった相手の右腕の隙間に外側から差し込んだ左手で自分の右手首を掴み、体重を後ろにあずけることで相手の頚動脈を圧迫する。
アナコンダバスター
天山広吉が使っているオリジナルムーブ。アナコンバイスをこらえて立ち上がろうとする相手と共に体を起こし、上半身を極めたまま相手の体を前後に大きく揺さぶる。そのあと相手の体を高々と抱えあげて尻餅をつくように倒れ込み、落下させた相手の背中や後頭部を自分の右サイドへと叩きつける。
アナコンダハンマー
東京女子プロレスのミウラアカネが蛇界入りし、ポイズン・アカネと名前を改めた後に使っていたラリアットの呼び名。
アナコンダマックス
新日本プロレスの天山広吉が使うXミッションと同型の技。
アナコンダX
天山広吉が2011年のG1クライマックスで見せた新型のアナコンダバイス。まず尻餅をついた相手を変形バッファロースリーパーで締め上げ、自分の体だけを右方向に180゜捻って相手と顔を向き合わせる状態になる。そのあと両足を前に投げ出しながら体重を後ろにあずけ、抱えていた相手の首と左腕をアナコンダバイスと同じような形で絞り上げる。
アナザースペース
DRAGON GATEの吉野正人が使う変形の火の玉ボム。まず左手で掴んだ相手の左腕を相手の背中でハンマーロックに固め、右手で掴んで持ち上げた相手の右腕を自分の首の後ろへと引っかける。そのあと相手の右腿を右手で外側から抱え込み、相手の体を肩の高さまでリフトアップする。最後に相手の体を右方向に180゜水平旋回させながら尻餅をつき、落下させた相手の背中を自分の右サイドへと叩きつける。
アナルコンダバイス
DDTプロレスリングの男色ディーノが使っている男色サブミッションの1つ。仰向けになった相手の首と右腕をアナコンダバイスの要領で固めて相手の上半身を引き起こし、相手の唇にディープキスをしたまま体を絞り上げていく。
アナルデストロイ
ミラニートコレクションa.t.が"GAYアナル級王座"への挑戦を前に披露したフィニッシャー。形は男色デストロイと同型。
アニキドライバー
ZERO-ONEの『アニキ』が使っていた必殺技。相手をブレーンバスターの要領で垂直に持ち上げたあと自分の首に掛かっていた相手の腕のロックを外し、落下させた相手の体をインプラントDDTの形でマットに叩きつける。
あの技(あの日決まった技を僕たちはまだ知らない)
ガンバレ☆プロレスなどで活動中の安部行洋が使う逆片エビ固めに付けられた呼び名。
あばら折り
コブラツイスト
アバランシュホールド
巨漢選手が得意とするパワームーブ。ブロックバスターの要領で相手を持ち上げたあと前のめりに倒れ込み、相手の背中をマットに叩きつけてそのままフォールを奪う。
アバランチDVD
ROHで活動中のジェイ・ブリスコが使っているリフトアップ式のデスバレーボム。相手をミリタリープレスの要領で高々とリフトアップし、相手の体をファイヤーマンズキャリーの形で両肩の上に着地させる。そのあと相手を担いだまま左半身からマットに倒れ込み、落下させた相手の後頭部や背中を自分の左サイドへと叩きつける。
浴びせ蹴り
新日本プロレスの獣神サンダーライガーが使う骨法の打撃技。助走をつけたあと柔道の前回り受け身の要領で体を回転させ、振り上げた右足の踵で相手の頭部を蹴り飛ばす。
ア・ビッド・フェアウェル
WWEのファンダンゴがジョニー・カーティスと名乗っていた頃に使用していたWA4と同型の技。
アビリバ
大畠美咲&水波綾のタッグチーム"Avid Rival"が使っているコンビネーション。大畠が背後をとった相手の喉元に水波がラリアットを叩き込み、それと同時に大畠が体をブリッジさせて相手をジャーマンスープレックスホールドでマットに叩きつける。
アブソリュート
WWFのジョーイ・アブスが使っていたレーザーズエッジと同型の技。
アフターショック
NWAワイルドサイドで活躍したジェイ・フリーズとブランドンPのタッグチーム、"フューチャーショック"の合体殺法。まずフリーズが相手をパイルドライバーの要領で垂直に持ち上げ、ブランドンPが逆さ吊りになった相手の顔面に低空ドロップキックを叩き込む。そのあとフリーズが背筋を使って相手の体を高々とリフトアップし、パワーボムで相手を豪快にマットへ叩きつける。
アブドミナルストレッチ
コブラツイスト
アブノーマルスープレックス
ディック東郷、MEN'Sテイオーなどがみちのくプロレスで結成した"海援隊★DX"のコンビネーション。相手の体を2人が両脇からチョークスラムの要領で抱え、そのまま2人同時にブリッジをすることで相手の体を後方へと反り投げる。
アブラカダブラ
WWEのセス・ロリンズが使用しているスーパーキックの呼び名。
アフロラム
TNAでシャークボーイ&D-レイ3000が使っていた奇抜な合体殺法。シャークボーイがD-レイの頭をヘッドロックに捕らえて相手に突進し、D-レイのアフロ頭を相手の腹部目掛けて叩きつける。
安部☆自演乙☆クラッチ
安部行洋が愛用しているV9クラッチと同型の技。STYLE-Eで安部捨丸になると技の名前も焙烙玉に変化する。
あべ†ほりっく
安部行洋が使っている腕極め式の逆片エビ固め。逆片エビ固めの要領で相手の左足首を左脇に抱え込んで相手の腰を痛めつけ、技から逃れようとする相手の左足首を右脇に抱え直して自分の両足を相手の右サイドへと移動させる。そのあと相手の右腕を自分の右膝の間に挟み込んで腰を落とし、相手の左腿を両手で抱えながら体重を後ろにあずけて相手の背中を強烈に反り上げる。
アポカリシス
DRAGON GATEのEitaが使っている両足極め式のNumero Uno。まずNumero Unoの要領で相手の両腕の動きを自分の両足を使って封じ、うつ伏せになった相手の右足を左手で、左足を右手でそれぞれ掴む。そのあと折り曲げた相手の右足を相手の左膝の裏に乗せ、その足を巻き込むように相手の左足を折り畳んで相手の両足を交差させた形でロックする。最後に相手の左足首を自分の右脇に挟みながら相手の両足を両手で抱え、そのまま体重を後ろに預けることで相手の両肩や足腰を複合的に痛めつける。
アポカリプス
ブルータス・ビーフケーキがWCWでディサイプルと名乗っていた頃に使っていたダイヤモンドカッターの名称。
アポカリプティカ
シベルネティコが使うチョークスラムと同型の技。別名ガラ・シベルネティカとも呼ばれる。
あぽたんクラッシュ
アップルみゆきが使うヨシタニックの名称。
尼崎商店街プレス
大阪プロレスのめでタイガーマスクが商店街プロレスで披露したムーンサルトプレスの呼び名
尼崎ボム
ビリーケン・キッドが商店街プロレスで披露したスパイラルボムと同型の技。
アマゾネスキッチン
アイスリボンのしもうま和美が使っていたキャッツクレイドルと同型の技。
アマゾネスクラッチ
しもうま和美が愛用していた4の字ジャックナイフの呼び名。
天ノ邪鬼
大日本プロレスの"黒天使"沼澤邪鬼がかつて愛用していた変形のサイドバスター。ボディースラムの要領で相手を持ち上げたあと右方向に体を傾けながら尻餅をつき、落下させた相手の後頭部や背中を自分の右サイドへと叩きつける。
アミーゴスプラッシュ08
九州プロレスに登場したスペル・アミーゴのフィニッシングホールド。形はファイヤーバードスプラッシュと同型。
網打ち式首折り落とし
コークスクリューネックブリーカー
網打ち式原爆固め
フィッシャーマンズスープレックス
アミティビルホラー
ECWのクリス・チェッティが使っていたハリケーンドライバーと同型の技。
アミュレット
ドス・カラスなどが愛用する古典的なジャベ。うつ伏せになった相手の両足をリバースインディアンデスロックの要領で固め、自分の体を横方向に転がす勢いで相手の体を仰向けにひっくり返す。そして自分の背中がマットについたところで相手の左腕を右手で、右腕を左手で掴み、固めた両足を吊り上げた状態で相手の体を痛めつける。
アメージングプレス
アメージングコングが使うダイビングボディープレスと同型の技。マーガレットとして活動していたハッスルでは空から降った一輪の花、フライングマーガレットなどと呼ばれていた。
アメーズインパクト
プロレスリング・ノアの森嶋猛が使っていたリバース式チョークスラム。まず相手の左脇に背後から頭を差し込み、相手の喉元に左手を、首の後ろに右手をそれぞれ回して首を鷲掴みにする。そして相手の体を高々とリフトアップしたあと左手を相手の喉から離し、うつぶせの状態で前方に投げ捨てた相手の顔面をマットへ叩きつける。
アメジストフロージョン
みちのくプロレスに登場したコモ・レオパルドのフィニッシングムーブ。背中の方から左脇に差し込んだ左腕を相手の首の後ろに回し、相手の左腿の裏に右手を添えて足を抱え込む。そのあとリフトアップした相手の体をファイヤーマンズキャリーの形で肩の上に着地させ、左半身から倒れ込んで相手の後頭部や背中をマットに叩きつける。
アメタニスプラッシュ'63
アメージングコング&タニー・マウスが披露したリキボノスプラッシュ'63と同型の技。
アメノムラクモ
道頓堀プロレスなどで活躍中のヲロチが愛用する必殺技。相手の体をコブラツイストに捕らえたあと右手を軽く掲げてポーズをとり、相手の右半身に左腕を、左半身に右腕を回して相手の胴体を抱え込む。そのあと相手の体を上下逆さまにするように持ち上げ、相手の頭部をジャンピングパイルドライバーでマットへと突き刺す。
アメリカンジャブ
相手の顔面を小刻みなパンチで殴るアメリカンプロレスの基本ムーブ。
アメリカン・ナイトメア
"The American Nightmare"Codyことコーディ・ローデスがWWE退団後に使い始めた裏足4の字固めの一種。まず仰向けになった相手の左足をスピニングトーホールドの要領で自分の右足に巻きつけ、そのまま正座をするように腰を落として相手の左足を自分の右膝の間に挟み込む。そのあと相手の右膝の裏に折り曲げた相手の左足をあてがって相手の両足を4の字の形にし、その体勢のまま自分の体を前転させることで相手をうつ伏せにひっくり返す。最後に相手の左足を巻き込む形で折り畳んだ相手の右足の足首を自分の左足の裏で押さえつけ、両手で掴んだ相手の左足を支えにしながら自分の左足を強く押し込むことで相手の膝関節を痛めつける。
アメリカンD
CHIKARAなどで活躍中のエディ・キングストンが使う後頭部へのスライディングD。尻餅をついた相手の背後にあるロープに飛んで助走をつけ、スライディングをするように体を滑らせながら右腕を振り抜いて相手の後頭部に強烈なエルボーバットを叩き込む。
アメリプレックス
スコッティ・リグスがWCWで使っていたフィッシャーマンズスープレックスホールドの名称。
アヤコノクラズム
浜田文子が使う改良型のアイコノクラズム。まずリングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、自分もリングの方を向いたままコーナーのセカンドロープによじ登る。続いて相手の右首筋に右手を、左首筋に左手を添えて相手の首を鷲掴みにし、持ち上げた相手の体を270゜前方回転させるような感じで放り投げる。最後にコーナーからジャンプして尻餅をつくようにマットに着地し、落下してきた相手の背中を自分の両足の間へと叩きつける。
アユミファンタジー
プロレスリングWAVEなどで活躍した栗原あゆみが使っていた丸め込み技。まず向かい合った相手の右腕を右手で、左腕を左手で掴んで腕を上方向へ持ち上げ、自分の体を右方向に360゜回転させる際に掴んだ腕をコントロールして相手の体にも同様の回転を加える。そのあと再び相手と顔を向かい合わせる格好になったところで背中からマットに倒れ込み、腕を引っ張られた勢いで前方回転した相手の背中をマットに着地させる。最後に自分の体を後ろに転がして仰向けになった相手の上に馬乗りになり、掴んでいた腕を離した右手で相手の左足を、左手で右足をそれぞれ抱え込んで3カウントを奪取する。
アユダメ
DRAGON GATEのEita&T-Hawkが使っていたコンビネーションの1つ。まずロープ際にいる相手に攻撃を仕掛けたT-Hawkが相手にわざとショルダースルーで投げられ、場外に落とされたと見せかけて相手の背後のエプロンに上手く着地する。そのあと同様の手順でショルダースルーで投げられたEitaが相手の背後にあるロープを両手で掴みながら場外の方に落下し、エプロンで前屈みになって待ち構えていたT-Hawkの背中の上に背中合わせの状態で着地する。最後にT-Hawkのアシストを受けたEitaが体を逆回し回転させてリングに戻って油断した相手の首を両足で挟み込み、ロープから腕を離しながら体を旋回させて相手をコルバタで投げ飛ばす。名前はスペイン語で"助け"という意味。
アラームクロック
TNAで活躍中のデイビー・リチャーズが愛用する変形のgo 2 sleep。助走をつけて近づいてきた相手の右脇を左手で、左脇を右手で掴んで相手の体を宙へと放り投げ、落下してきた相手の顔面や胸板に左足で突き上げるような膝蹴りを叩き込む。
荒馬固め
テキサスクローバーホールド
荒川アンダー・ザ・ブリッジ
松山勘十郎やえべっさんが大阪プロレス在籍時に3ウェイマッチで見せていた押さえ込み技。もみ合いながら逆さ押さえ込みを仕掛けるように両手を絡めた2人の選手の足へ残りの選手が足払いを決め、腕を絡めたままマットに倒れ込んだ2人の体を転がして2人の肩をマットへとつけさせる。そのあと身動きの取れなくなった2人の臀部のあたりを足払いを決めた選手が両腕で押さえつけ、そのまま3カウントを奪って勝利を掠めとる。
アラクノドライバー
CMパンクがインディーマットで多用していたリバースフランケンシュタイナーと同型の技。
アラクノフォビア (1)
九州プロレスなどに参戦中の磁雷矢が愛用するジャベの1つ。相手の両足をTCSSの要領で固め、うつ伏せにひっくり返した相手の右腕を左手で掴んで体を痛めつける。
アラクノフォビア (2)
インパクト・レスリングのタラが使っていたトーチャーラックバックブリーカーと同型の技。
嵐落とし
嵐が使う変形のベリー・トゥー・ベリー。まず向かい合った相手の右脇に体を潜り込ませ、相手の腰を両手で抱きかかえる。そのあと体を左方向に捻って相手の体を巻き投げ、相手を背中からマットに叩きつける。
嵐ドリラー
嵐が愛用するキタオドリラーと同型の技。
嵐ロック
嵐が使っているステップオーバーフェイスロックと同型の技。
アラス・デ・オロ
CMLLで活躍中のアンヘル・デ・オロが使っているスカイデスペシャルと同型の技。
荒波
九州プロレスの玄海が使っているディスカスクローズラインの呼び名。
アラバマジャム
WCWなどで活躍したボビー・イートンが使っていたダイビングギロチンドロップの名称。
アラバマスラム
WWEで活躍したハードコア・ホリーのフィニッシャー。こうもり吊りの要領で相手を逆さ吊りに担ぎ上げたあと自分の体を素早く前傾させ、前方へと振り落とした相手の背中をマットへ痛打させる。かつてはウォーターホイールスラムとも呼ばれていた。
アラビアンスカルクラッシャー
アラビアンフェイスバスター
アラビアンスリングショット
アラビアンプレス
アラビアンビクトリーロード
サブゥーが1990年代初頭に公開した場外にいる相手への飛びつき式ハリケーン・ラナ。リング内から場外に相手を落としたあと自分はトップロープを両手で掴み、トップロープの上を飛び越えるように体をジャンプさせる。そして場外にいる相手の首を両足で挟み込む格好で相手に飛びつき、体を捻った勢いで相手を前方へとホイップする。
アラビアンプレス
サブゥーが使っているリバウンド式のムーンサルトプレス。まず相手を仰向けに倒して近くにあるトップロープを両手で掴み、トップロープを跳び越えるように体をジャンプさせてロープの上に尻餅をつく形で着地する。そのあとロープが跳ね返る反動を利用して体を270゜後方回転させ、相手の体をボディープレスしてそのまま3カウントを奪い去る。別名はアラビアンスリングショット
アラビアンフェイスバスター
サブゥーが愛用するオリジナルムーブの1つ。仰向けになった相手の側に立って折り畳んだパイプ椅子を手にし、両足を前に突き出すように体をジャンプさせる。そのあと両腿の裏に抱えていた椅子をあてがいながら落下し、相手の顔の上に椅子を叩きつける格好でマットに着地する。コーナー最上段から仕掛けるダイビング式の一発も得意としており、うつ伏せになった相手の後頭部を同様の手順でプレスするムーブはアラビアンスカルクラッシャーと呼ばれる。
アラベスク
REINA女子プロレスの真琴が使っているオリジナルホールド。まずロープの間を往復して十分な助走をつけ、相手の両腿を抱え込む感じでスピアーを決めて相手を後ろに転倒させる。そのあと相手の両腿を抱えたまま自分の体を前転させてジャックナイフホールドのように相手に覆い被さり、相手の両足を自分の両足でがっちりと挟み込んで3カウントを奪う。
荒鷲掴み
中邑真輔とのIWGPヘビー級タイトルマッチを控えた中西学が恩師である坂口征二との特訓で習得した、中邑必殺のボマイェに対する切り返し技。ボマイェを放った中邑の右足を両手でがっちりとキャッチするブロック技であり、ここからストレッチマフラーアルゼンチンバックブリーカーへと移行することができる。
荒鷲ドライバー
の志田光が使う13ドライバーと同型の技。相手を肩に担ぎ上げたあと、その場で体をぐるぐると回転させてから技を仕掛けることが多い。
アリー・アス
WWEで活躍中のジミー・ウーソ&ジェイ・ウーソが使っているコンビネーション。ジェイが走ってきた相手の右脇を左手で、左脇を右手で掴んで相手を高々とリフトアップし、宙に浮いた相手の体をキャッチしたジミーがサモアンドロップを仕掛ける。
アリーベデルチ
ECWやWWEで活躍したヌンジオことグイドー・マリタートが使っているフィニッシングムーブ。向かい合った相手の左腕を左脇に抱え込んだあと体を右方向に捻り、目の前にあるセカンドロープに両足で飛び乗る。続いてロープを蹴ってリングの方へと体をジャンプさせ、空中で自分の体を左方向へと旋回させる。最後に背中からマットに倒れ込みながら抱えていた相手の腕を引っ張り、その勢いで前のめりに倒れ込んだ相手の顔面をマットに叩きつけると同時に左腕の関節を痛めつける。WWE移籍当初はトルネードアームブリーカーと呼ばれていた。
アリウープ
WWEのビッグショーが使う滞空式のジャンボスープレックス。相手を肩に担ぎ上げたあと一旦静止してタメを作り、相手の体をリフトアップしながら後ろに倒れ込むのが特徴である。
あり乾杯!
沖縄プロレスのめんそ〜れ親父が使っていたウラカン・ラナ・インベルティダの呼び名。
アリキック
リング上で寝そべりながら立っている相手の脹脛にローキックを叩き込むムーブ。アントニオ猪木がモハメド・アリとの異種格闘技戦で披露した。
アリゲータクラッチ
CHIKARAを中心に活動していたマイク・クワッケンブッシュの得意技。仰向けになった相手の足の側に立って相手の右足を左手で、左足を右手で掴み、持ち上げた相手の両足を相手の頭の方へと持っていく。そのあと丸まった相手の両腿の裏に跨ってマットに両手、両膝をつくように倒れ込み、そのまま相手の体を強引に押さえつけて3カウントを奪い去る。
アリゲータネッククラッチ
相手の首・足・腕を同時に極める拷問サブミッション。ヘッドロックに捕らえた相手の体をうつぶせに押し倒し、右手で掴んだ相手の右足を相手の胸のあたりまで持っていく。続いて相手の右膝の間に相手の右腕を挟みこむ感じで掴んでいた足を折り畳み、相手の右足首の上に自分の右足を引っかけることで相手の右手足の動きを封じる。最後に身動きの取れなくなった相手の頭を両手で抱え直し、相手の首をねじ切るように絞り上げてタップを奪う。その形がワニ狩りの猟師がワ二を捕らえる時の姿に似ていることからその名が付けられた。
アルカイックボム
九州プロレスなどで活動中のビリーケン・キッドが使う膝つき式のストレッチボム。まず相手の背後に回り込んで腿の裏の方から相手の股の間に右腕を差し込み、相手の左手首を右手で、相手の右肩を左手でそれぞれ掴む。そのあと肩の高さまでリフトアップした相手の右肩から左手を離し、両膝をつくように倒れ込んで相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
アルカトラズ (1)
どすこいプロレスの維新力浩司が使っているチキンウイングフェイスロック式キャメルクラッチ。チキンウイングフェイスロックに捕らえた相手の体をうつ伏せに引っくり返し、相手の背中に跨るように腰を下ろして相手の上半身を反り上げる。
アルカトラズ (2)
Chick Fights SUNの前村さきが愛用していたオリジナルスープレックス。まず右手で掴んだ相手の右腕を相手の背中でハンマーロックに固め、左手で掴んで持ち上げた相手の左腕を自分の首の後ろへと引っかける。続いて自分の体を右方向に軽く捻って相手と向き合った状態になり、前屈みになった相手の首の後ろに左腕を回して頭を抱え込む。最後に体をブリッジさせる勢いで相手を後方に反り投げ、相手を背中からマットに叩きつけたあとブリッジを崩さずにフォールを奪う。
アルカンシェル
REINA女子プロレスなどで活動中のあきば栞が使うロンダードからの飛びつき式スタナー。助走をつけて側転を決めたあと相手に背を向けた状態でマットに着地し、背後にいる相手の頭を両手で掴んでスタナーを炸裂させる。
アルコイリス・デ・イオ
スターダムの紫雷イオが使っている必殺技の1つ。スターダムの紫雷イオが使っているダルマ式のデルフィンスペシャル。ダルマ式ジャーマンスープレックスホールドを決めたあと両足でマットを蹴り、自分の下半身を上方向に大きく跳ね上げる。そしてそのままエビ固め風に丸まった相手の両腿の裏の上に跨る格好でマットに着地し、相手の体から腕を離しながら自分の体をブリッジさせて相手をピンフォールする。アルコイリスはスペイン語で"虹"を意味し、この名前になる以前はスープレックス・デ・イオ(仮)という仮名が付けられていた。
アルゼン♂チン
DDTプロレスリングの男色ディーノが愛用している男色式アルゼンチンバックブリーカー。まず腿の裏の方から相手の股の間に左腕を差し込み、左手で相手の股間をがっちりと鷲掴みにする。続いて相手の右脇に背中の方から頭を潜り込ませ、相手の左首筋に右手を添えて首を抱え込む。最後にそのまま体を起こすことで相手の体を仰向けの状態で両肩の上に担ぎ上げ、体を揺さぶった衝撃で相手の背骨を痛めつつ股間にもダメージを与える。
アルゼンチンコースター
義人フラッシュ
アルゼンチンドロップ
新日本プロレスの中西学が機転を効かせて使用するムーブ。まずアルゼンチンバックブリーカーで相手の体を肩に担ぎ上げ、両膝を屈伸させた反動を使って相手の体を下からプッシュアップする。そのあと宙に浮き上がった相手の体を前方に投げ捨てながら左膝をつき、落下してきた相手の背中を立てた右腿の上に叩きつける。
アルゼンチンバックブリーカー
中西学や井上雅央がこだわりをもって使い続けている豪快なサブミッション。まず前屈みになった相手の左サイドに移動して相手の首の後ろに左腕を回し、背中の方から相手の左脇に頭を潜り込ませる。そのあと右手で相手の左腿を内側から抱え込んで体を起こし、両肩の上に仰向けの状態で担ぎ上げた相手の背骨や腰を痛めつける。
アルティメットゴールデンバーガー
飯伏幸太、ケニー・オメガ、伊橋剛太のユニット、"ゴールデン☆らんでぶぅ〜"が披露したコンビネーション。まず倒れている相手に伊橋がスタンディングムーンサルトを叩き込み、続けてスタンディングムーンサルトを放ったケニーが伊橋の体ごと相手を押し潰す。そのあと飯伏が止めのスタンディングムーンサルトを仕掛け、三段重ねになった3人の体をまとめて圧殺する。
アルティメットバックラッシュ
SHIMMERで活躍しているアシーナの必殺技。まずリングの方を向いたままコーナーのセカンドロープによじ登り、自分の方を向いて立っている相手に向かってジャンプする。そのあと相手に背中を向けるように体を捻りながら相手の頭をスタナーの要領でキャッチし、マットに尻餅をつく形で着地して相手の喉や顎に自分の肩をめり込ませる。
アルティメット・バギー・ナスター
名古屋を中心に活動している杉浦透&TAKASHIが見せたコンビネーション。まずコーナーに背を向けたTAKASHIがパワーボムの要領で相手を肩の高さまで担ぎ上げ、TAKASHIの背後にあるコーナーの最上段に杉浦が歩を進める。そのあとコーナーからジャンプした杉浦が相手の胸板にダイビングラリアットを叩き込み、それと同時にTAKASHIが両膝をつくように腰を落として相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
アルティメット・べノムメーカー
中澤マイケルが脇澤美穂のべノムアームに触発されて使い始めたムーブ。脱いだ自分のアンダータイツを右手に装着して相手の背後に回り込み、レインメーカーの要領で相手の顔を自分の方に振り向かせる。そのあと相手の顔面を右手で鷲掴みにして相手の右足を自分の右足で払い、背中からマットに倒れ込んだ相手の体を強引に押さえ込んで3カウントを奪う。
アルバートボム
ディレーラー
アルバトロス
SEAdLINNNGの高橋奈七永が使っているクリップラークロスフェイスと同型の技。
アルパマーレ・ウォータースライド
クラウディオ・カスタニョーリが開発した変形のデスバレーボム。向かい合った相手の右腕を左脇に抱え込み、外腿の方から相手の右腿の裏に右手を回して足を掬い上げる。続いて体勢を低くして相手の背中に自分の頭を潜り込ませ、相手をアルゼンチンバックブリーカーのような格好で両肩の上に担ぎ上げる。最後に左半身から倒れ込みながら相手の下半身を右手で押し上げ、仰向けの状態で落下させた相手の背中を自分の左サイドへと叩きつける。セザーロとして活動しているWWEではスイスブレードと呼ばれている。
アルファボム
TNAで活躍した"アルファメイル"モンティ・ブラウンのフィニッシングムーブ。ブロックバスターの要領で相手を持ち上げたあと自分の上半身を前後に揺すって反動をつけ、相手の体を自分の肩の高さまで一気にリフトアップする。続いて抱えていた相手の上半身から腕を離して相手の右足を自分の左肩の上に、左足を右肩の上に着地させ、相手をパワーボムで肩に担ぎ上げた状態になる。最後に正座をするように両足を折り畳みながら体を前傾させ、前方へと落下させた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
アルファプレックス
オメガプレックス
アルマーニX
MEN'Sテイオーが愛用しているジャックハマーの名称。
亜留魔下首領
HUBが愛用しているスチュハートスペシャルと同型の技。名前は"アルマゲドン"と読む。
アルマゲドン (1)
SPWFなどで活躍した矢口壹琅が使うリバティープラネットと同型の技。WJプロレスではど真ん中ボムと呼ばれていた。
アルマゲドン (2)
JDスター女子プロレスで活躍していたTSUNAMIの必殺技。巨体から放たれる強烈なダイビングボディープレスである。
アルマゲドン (3)
カイル・オライリーが使う足取り式腕ひしぎ逆十字固めの呼び名。
アルマゲドンX
HUBが使っているクロスアーム式の亜留魔下首領。ピラミッドドライバーの要領で持ち上げた相手の体をカナディアンバックブリーカーの形で右肩に担ぎ上げ、抱えていた上半身を下方向へと引っ張ることで相手の体に360゜の後方回転を加える。そのあと仰向けの状態で自分の正面へと落下してきた相手の右腿を左手で、左腿を右手で抱え直しながら尻餅をつき、相手の背中を自分の両足の間へと叩きつけて3カウントを奪い去る。
アルマニッシュエクスチェンジ
新日本プロレスのミラノコレクションA.T.が使っていたライオンサルト版のヴァルキリースプラッシュ。仰向けに倒した相手に背を向けてトップロープを掴み、体をジャンプさせてセカンドロープに両足で跳び乗る。そのあとロープを蹴った反動を使って体を270゜後方回転させるようにジャンプし、回転の途中で体を横方向に180゜捻って倒れている相手の上にセントーンの形で着地する。
アレクサンダー殺し
大阪プロレスのタイガースマスクが披露した胴締めスリーパーホールドに付けられた呼び名。2011年12月に行われた自身の自主興行で一騎打ちを行ったアレクサンダー大塚対策として使い始めたムーブである。
アレハンドリーナ
メキシコのレスラーが得意としている古典的なジャベの1つ。相手の上半身をキャメルクラッチの要領で捕獲したあと両足を相手の頭の後ろへと持っていき、自分の両足を使ったフルネルソンを相手の肩に極める。そのあと内腿の方から相手の右足の下に自分の右腕を、左足の下に左腕を差し込んで相手の右足首を右脇に、左足首を左脇にそれぞれ抱え込み、自分の体を前後に揺らすことで相手の肩・背中・足などを複合的に痛めつける。
アレハンドロック
DRAGON GATEのスペル・シーサーが愛用する変形のクロス式STF。まず仰向けになった相手の右足を左手で、左足を右手でそれぞれ掴み、膝を突き出すように折り畳んだ自分の左足を相手の左腿の上に乗せる。続いて自分の左膝を挟み込むような感じで相手の左足を折り畳み、相手の左足のつま先を相手の右膝の裏にフックさせて両足を4の字に固める。最後に相手の右足のつま先を自分の右膝の裏に内側から引っかけて両足の動きを封じ、体を左方向へと転がした勢いでうつ伏せに引っくり返った相手の頭部をフェイスロックに捕らえて相手の頭・背中・足などを複合的に痛めつける。
アレハンドロック3
アレクサンダー大塚が使っている変形のサソリ固め。まず仰向けになった相手の右足を左手で、左足を右手で掴んで持ち上げ、相手の左足首を右脇に抱え込む。続いて相手の右足を相手の左足の上に乗せて両足を交差させるような形にし、相手の右足首の上に自分の右足を引っ掛けて相手の両足の動きを封じる。最後にうつ伏せにひっくり返した相手の背中を両足で跨ぎ、相手の背中がエビ反りになるまで腰を落としていく。
アロンダイト
暗黒プロレス組織666のダイナスティが使っているフェイスバスター系のムーブ。まず向かい合った相手の左腕を右手で、左足を左手でそれぞれ掴んで前屈みになり、持ち上げた相手の左足を自分の首の後ろへと引っ掛ける。そしてそのまま上半身を起こすことで相手の体を270゜後方回転させながら宙に浮き上がらせ、空中でうつ伏せにひっくり返る相手の方へと視線を向ける。最後に相手の体を自分の正面へと落下させつつ尻餅をつき、相手の顔面や胸板を開いた自身の両足の間へと叩きつける。
アンガー・アズ・ビューティー
カナダやアメリカで活躍している女性レスラー、チェリーボムのフィニッシャー。形はウイングブリーカーホールドと同型。
アンガーマネジメント
NWAワイルドサイドなどで活躍していたスリムJのフィニッシングムーブ。まず肩車で担ぎ上げた相手の頭の後ろに自分の両手を回し、頭を上から押さえつけることで相手の体を前屈みにさせる。そのあと正座をするように両足を折り畳みながら体を前傾させ、前屈状態で落下させた相手の頭部をマットへ叩きつける。
アンクルスラム
WWFや全日本プロレスで活躍したパトリオットの必殺技。フルネルソンに捕らえた相手の体を高々とリフトアップし、空中で相手の肩を抱えていた両腕のクラッチを切る。そのあと正座をするように両足を折り畳みながら相手の左脇から左腕を引き抜き、前方へ落下させた相手の背中をマットへ強かに叩きつける。
アングルスラム
カート・アングルがデビュー当時から愛用しているフィニッシングムーブ。まず左手で掴んで持ち上げた相手の左腕を自分の首の後ろに回し、腿の裏の方から相手の股の間に右手を差し込んで相手の左腿を抱え込む。そしてそのまま上半身を起こすことで相手を仰向けの状態で両肩の上に担ぎ上げ、体を左方向に軽く捻りながら後ろに倒れ込んで相手を背中からマットに叩き落とす。かつてはオリンピックスラムとも呼ばれていた。
アンクルロック
カート・アングルがこだわりを持って使い続けているサブミッション。仰向けになった相手の左サイドに移動して相手の両腿の間に右足を置き、相手の左足のつま先を右手で掴んで足を持ち上げる。続いて折り曲げた自分の左腕を相手の左足の踵にフックさせるように腕を巻きつけ、左手で自分の右前腕部を掴む。最後に体を捻って相手をうつ伏せに引っくり返し、相手の足首を捻り上げて左足の靭帯を痛めつける。別名はアンクルホールド
アンクルDDT
諏訪魔&浜亮太が使っていた合体殺法。諏訪魔がアンクルホールドに捕らえた相手の頭部を浜が左脇に抱え込み、相手の頭部をDDTの形でマットに打ちつける。
アングロレクト
アイスリボンに登場したPantera☆Rosaのフィニッシャー。うつ伏せになった相手の右サイドに移動して相手の左腕を両手で掴み、腕を掴んだままマットに左膝をつく。そのあと相手の左肩を自分の右足の裏で押さえ付けながら体重を後ろにあずけ、掴んだ相手の左腕を肩関節と逆方向に反り上げてギブアップを奪う。
アンサーボム
九州プロレスや道頓堀プロレスで活動中のビリーケン・キッドが愛用するムーブ。まずハグクラッチの要領で仰向けにひっくり返した相手の右腕を左手で、左腕を右手で掴み、背筋力を使って相手の体を宙へと抱えあげる。そのあと掴んでいた相手の両腕を離して相手の右腿を左手で、左腿を右手で抱え直し、そのまま尻餅をついて相手の背中を自分の両足の間へと叩きつける。
アンスキニーボップ
ROHで活躍していたダン&マルコスのタッグチーム、"リングクルーエキスプレス"のコンビネーション。まずマルコスが相手の首をスタナーの要領で右肩に固定し、ダンがマルコスの片足を両手で掴む。そしてダンがマルコスの足を上へ跳ね上げる勢いを生かしてマルコスが体を270゜後方回転させ、後ろに引き倒した相手の後頭部をマットへ痛打させる。
安全式タイガースープレックスホールド
DRAGON GATEの"ハリウッド"ストーカー市川が見せたムーブ。まず相手の両腕にタイガースープレックスの要領で絡めた腕を振りほどき、逆さ押さえ込みで相手を一旦丸め込む。そのあとエビ固めの形で丸まった相手の体から両腕を離して自分だけ仰向けにひっくり返り、相手の右脇腹に右腕を、左脇腹に左腕を回しながらブリッジをするように背中を仰け反らせて相手から3カウントを奪う。
アンダー・ザ・マウンテン
KAIENTAI-DOJOのYOSHIYAが愛用していた必殺技。チョークスラムの要領でリフトアップした相手の右足を自分の左肩の上に、左足を右肩の上にそれぞれ着地させ、相手をパワーボムで肩に担ぎ上げた格好になる。そのあと相手のタイツを両手で掴んで相手の体を更に高くリフトアップし、尻餅をつきながら前方に投げ捨てた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
アンダードッグ
WCWやWWEで活躍したグレゴリー・ヘルムズのフェイバリットホールド。まず向かい合った相手の両腕をの要領で固め、相手の懐に頭を潜り込ませたあと体を横方向へ180゜捻る。そして相手と背中合わせになったところでマットに背中から倒れ込み、その勢いで後ろに引き倒した相手の後頭部をマットに痛打させる。
アンチェインド・メロディ
CHIKARAなどで活動中のアーチボルド・ペックが使っているリバース式のスタイルズクラッシュ。まず相手の体をツームストンパイルドライバーの要領で逆さまに抱え上げ、胸の方から相手の右脇に右足を、左脇に左足を順々に差し込んで相手の両腕に自分の両足をフックさせる。そのあと相手を抱えたまま軽くジャンプして腹這いに倒れ込み、落下させた相手の後頭部や背中をマットに叩きつけそのままフォールを奪う。
あんちゃんミサイル
KAIENTAI-DOJOの柏大五郎、石坂鉄平、PSYCHOが結成した"柏組"のコンビネーション。まずうつ伏せになった柏の右手足をPSYCHOが、左手足を石坂がそれぞれ掴み、掴んだ手足を引っ張り上げることで柏の体を宙吊りにする。そのあとブランコのように柏の体を前後に大きく揺らし、勢いをつけた柏が尻餅をついた相手の胸板に頭から突撃する。
アンツ・ゴー・マーチング
CHIKARAで活動している"ザ・コロニー"のファイヤーアント&ソルジャーアントが使うコンビネーション。まず相手の体をパワーボムの要領で抱え上げたファイヤーアントの前にソルジャーアントが回り込み、ファイヤーアントに背中を向けたソルジャーアントが相手の頭を両手でキャッチする。そのあと相手の後頭部をソルジャーアントの右肩の上に乗せて頭を固定し、2人が足並みを揃えて行進して相手を担いだままリングの中を練り歩く。最後に一定の距離を進んだところで行進を止めてソルジャーアントが敬礼を決め、ソルジャーアントが背中から倒れこむと同時にファイヤーアントが尻餅をついて相手をマットへと叩きつける。
アンティヒーロー
ドイツのwXwを主戦場とし、大日本プロレスにも来日を果たしたトミー・エンド&マイケル・ダンテのタッグチーム、"スメリアン・デス・スクワッド"が使うハイアングル式のダイヤモンドダスト。コーナーに背を向けたダンテがうつ伏せになった相手の体をリバースパワーボムの要領でリフトアップし、ダンテの背後にあるコーナーのセカンドロープにエンドがリングの方を向きながらよじ登る。そのあとロープを蹴ったエンドがダンテの頭の上を飛び越えるようにジャンプし、右首筋の方から相手の頭の後ろに右手を、顎の下に左腕をそれぞれ回す。最後に相手の頭を抱えたまま体を360゜前方回転させたエンドがダンテの正面に尻餅をつく形で着地し、その衝撃で相手の喉にスタナーを叩き込む。
アンティプラソ
ラリアット
アントニオスペシャル
卍固め
アントニオドライバー
アントニオ猪木が使っていたフロントネックチャンスリードロップの名称。
アントヒル
CHIKARAで活躍しているファイヤーアント、ソルジャーアント、グリーンアントのユニット、"ザ・コロニー"が使っているコンビネーション。まずソルジャーアントが相手の上半身をリバースDDTの要領で抱え、更にグリーンアントが相手の右足を左脇に、左足を右脇に抱え込んで相手の体を宙に持ち上げる。続いてマットと平行になった相手の体の上にファイヤーアントがよじ登り、相手を踏み台にしたファイヤーアントが体を大きくジャンプさせる。最後にファイヤーアントが相手をボディープレスすると同時にソルジャーアントとグリーンアントが相手の体から腕を離し、背中からマットに落下した相手をファイヤーアントが押さえ込んでフォールを奪う。
アンドレ
プロレスリングHEAT UPの田村和宏が使う腕固めの呼び名
アンナカッター
プロレスリングBASARAの風戸大智が使うナイトメア・オン・ヘルムズストリートと同型の技。
アンヴィライザー
WWFで活躍した"アンヴィル"ジム・ナイドハートが使っていたコブラクラッチの名称。
アンヴィル・フラッタナー
ジム・ナイドハートが使っていたフィニッシングホールド。相手の体をボディースラムで高々と抱え上げたあと自分の体を左方向に180゜捻り、相手に体を浴びせかけるように倒れ込んで相手の背中をマットへ叩きつける。
アンプリティア
WWEのクリスチャンが開発したフィニッシャー。まず相手の背後に自分の体を回り込ませ、胸の方から相手の右脇に右腕を、左脇に左腕をそれぞれ引っ掛ける。そのあと自分の体に右方向への捻りを180゜加え、抱えていた相手の腕をコントロールして相手の体にも同様の捻りを加える。最後に相手の顔が下を向いたところで尻餅をつくように倒れ込み、その勢いで前のめりに倒した相手の顔や胸をマットへ痛打させる。現在はキルスイッチと呼ばれている。
アンへリート
リバースロメロスペシャルとも呼ばれるメキシコのジャベ。まず仰向けになった相手の頭の方を向きながら相手の両腿の上に跨がるように腰を下ろし、外腿の方から相手の右足の下に左足を、左足の下に右足をそれぞれ滑り込ませる。そのあと右足をつま先を相手の左脹脛の内側に、左足のつま先を右脹脛の内側にフックさせ、相手の右腕を左手で、左腕を右手で掴む。最後に体を横方向に転がして自分の背中をマットにつけ、両腕、両足を上方向へと伸ばして宙吊り状態にさせた相手の体を痛めつける。アンへリートとは"天使"という意味のスペイン語であり、持ち上げられた相手が天使のように見える為にこの名前が付けられた。
アンヘル
DRAGON GATEのT-Hawkが使っているエレクトリックチェアと同型の技。ビリーケン・キッドが使うベルティゴ同様にファイヤーマンズキャリー→肩車の流れで仕掛けることが多い。
アンヘル・デ・ロホ
新日本プロレスのエル・デスペラードが使うヨシタニックの呼び名。
アンホリードライバー
ECWで活躍していたマイキー・ウィップレックのフェイバリットホールド。相手をファイヤーマンズキャリーで肩に担ぎ上げたあと両膝を屈伸させ、その反動を使って相手の体を下からプッシュアップする。続いて宙に浮き上がった相手の体を右方向に270゜水平旋回させ、正面にやってきた相手の右腿を右手で、左腿を左手でそれぞれ抱え込む。最後に正座をするように足を折り畳みながら相手の体を前方へ落下させ、うつ伏せの状態になった相手の体を豪快にマットへ叩きつける。