.
チーズスター
NEO女子プロレスの宮崎有妃が使っていたハリケーンドライバーの呼び名。
チータースワイプ
CHIKARAやCZWで活躍中のグラン・アクマが使っている阿吽と同型の技。
チーバスパーク
みやこスパーク
ちいちきん
プロフェッショナルレスリング・ワラビーのミクロが使っているYUUロックと同型の技。
チェアーサルト
IWAミッドサウスやCZWで活躍した"スパイダー"ネイト・ウェブのフェイバリットホールド。折り畳んだパイプ椅子を手にしたあとリングに背を向けた状態でコーナー最上段に登り、椅子を抱えたままムーンサルトプレスを決めて仰向けに倒れている相手を圧殺する。他にラダーを抱えて決めるラダーサルトも愛用している。
チェイシング・ザ・ドラゴン
ROHや新日本プロレスで活動しているボビー・フィッシュ&カイル・オライリーのタッグチーム、"reDRagon"が使っている合体殺法。オライリーがブレーンバスターの要領で抱え上げた相手の後頭部へボビーがハイキックを叩き込み、間髪入れずにオライリーが背中からマットに倒れ込んで相手の脳天をマットへと突き刺す。
チェインリンク
PWGやルチャ・アンダーグラウンドで活動中のブライアン・ケイジが使うバーンラッシュと同型の技。
チェーンソーキック
WWEや新日本プロレスで活躍したトラヴィス・トムコが愛用していたビッグブーツの呼び名。
チェーンリスト
NEO女子プロレスの田村欣子が愛用していたクロスアーム式ダブルリストアームサルト。まず向かい合った相手の右手首を左手で、左手首を右手で掴み、持ち上げた相手の左腕を自分の首の後ろに回す。そして掴んだ両腕を相手の胸の前で交差させたあと体をブリッジさせ、後方に反り投げた相手の背中をマットに叩きつけてフォールを奪う。
チェリートーンボム
DDTプロレスリングのチェリーが愛用しているスワントーンボムと同型の技。
チェリー・ラナ
チェリーが使うウラカン・ラナ・インベルティダの名称。
チェリスト
ダブルクライン
力差
L.A.
チキンウイングアームロック
ダブルリストロックとも呼ばれている有名なサブミッション。仰向けになった相手の右サイドに移動して相手の左手首を右手で掴み、腕を引っ張って相手の上半身を軽く持ち上げる。続いて掴んだ腕を相手の背中の方に折り曲げ、相手の左脇に背中の方から自分の左腕を差し込む。最後に左手で自分の右手首を掴み、掴んだ腕を引き寄せることで相手の左肩に痛みを走らせる。
チキンウイングフェイスロック
初代タイガーマスクなどが得意とするサブミッション。まず相手の背後に自分の体を回り込ませ、胸の方から相手の左脇に左腕を差し込んで相手の左腕を左脇に抱え込む。そのあと右頬の方から相手の顔面に自分の右腕を巻きつけ、相手の頭を抱え込むように両手をクラッチさせて顔面や左肩を痛めつける。
秩父セメント (1)
プロレスリング・ノアの田上明が小橋建太とのGHCヘビー級タイトルマッチを前に開発したムーブ。まずブレーンバスターの要領で相手の体を垂直になるまで抱え上げ、自分の体だけを左方向に捻って落下する相手の方へと体を向ける。そのあと仰向けの状態で落下する相手の喉を右手で鷲掴みにしながら右膝をつき、相手の後頭部や背中を豪快にマットへ叩きつける。
秩父セメント (2)
オレが田上
地中海式リバースDDT
DDTに登場したフランチェスコ・トーゴーが使っていた垂直落下式リバースDDTの名称。
チックキック
WWEのトリッシュ・ストラタスが使っていたハイキックの名称。
地デジ式FFF
FFF
千鳥脚
プロレスリングBASARAの木高イサミが愛用している打撃技の1つ。座っている相手の顔面目掛けて叩き込む低空のレッグラリアートである。
血の大晦日
国際プロレスなどで活躍したBENTENが使っていた足決め首固めと同型の技。
チポレDDT
PWGなどで活躍したトップガン・タルワーが使っているオリジナルムーブ。相手の頭をスイングDDTの要領で左脇に抱え込んだあとロープを蹴り、自分の体だけを左方向へと旋回させて相手の背後へと回り込む。そのあと相手の頭を抱えたまま背中からマットに倒れ込み、その勢いで後ろにひっくり返った相手の後頭部をリバースDDTの形でマットへ打ちつける。
チャートバスター (1)
ラストダンス
チャートバスター (2)
ドッグパウンド
チャイニーズインパクト
新北京プロレスのトウ・ゴー&安浦野が披露したダブルインパクトと同型の技。
北京式ゴリースペシャル
新北京プロレスの趙雲子龍が愛用するゴリースペシャルの呼び名。名前の読み方は"チャイニーズ・ゴリースペシャル"であり、この体勢からゴリーボムの要領で相手の顔面をマットに叩きつけると北京式ゴリースペシャルボムになる。
北京式リバースゴリースペシャルボム
趙雲子龍が見せた必殺技の1つ。リバースゴリースペシャルの要領で相手を担ぎ上げたあとマットに両膝をつくように腰を落とし、ややうつぶせの状態で落下させた相手を額のあたりからマットへ叩きつける。名前の読み方は"チャイニーズ・リバースゴリースペシャルボム"。
チャクラム
新日本プロレスのYOSHI-HASHIが使っているNOW OR NEVERと同型の技。
チャタヌガチュチュ
プロレスリング・ノアなどで活躍したリチャード・スリンガーが愛用していたフィニッシャー。ファイヤーマンズキャリーの要領で肩に担ぎ上げた相手の下半身を右手で押し上げ、相手の体を軽く宙へと浮き上がらせる。そのあと自分の体だけを左方向へ180゜捻って落下する相手の方へと体を向け、相手に体を浴びせかけるように倒れ込んで相手の背中や後頭部をマットに叩きつける。
チャックデラックス
WWEやWCWで活躍したチャック・パルンボが使っていたフロントスープレックスの呼び名。
チャップルテペック
CIMA&SUWAが闘龍門で使っていた合体式キン肉バスター。相手の右サイドに陣取ったCIMAが前屈みになった相手の首の後ろに右腕を、左サイドに陣取ったSUWAが相手の首の後ろに左腕を回し、相手の右腕をCIMAの首の後ろへ、左腕をSUWAの首の後ろへそれぞれ引っかける。そのあとCIMAが相手の右腿を左手で、SUWAが相手の左腿を右手で抱え込んで相手の体を垂直になるまで抱え上げ、2人が同時に後ろに倒れ込んで上下逆さまになった相手の体をマットへと叩きつける。
チャナラッカ☆百
SEAdLINNNGの高橋奈七永が愛用している改良型のナナラッカ。キン肉バスターの要領で肩に担ぎ上げた相手の股に右手を添え、相手の体に右方向への捻りを加えて相手の顔を自分の方に向かせる。そのあと相手の体を前方に落下させながら尻餅をつき、上下逆さまになった相手の体を自分の両足の間へ叩きつける。技の開発者は親友の中西百重であり、チャナはタイ語で"勝利"という意味を表す。
チャパドラ
NEO女子プロレスなどで活躍したチャパリータASARIが使っていたみちのくドライバー2の呼び名。
チャンギート
プロレスリング華☆激の日高洋輔が使っていたコブラクラッチクロスフェイスの名称。
チャンスエンカウンター
ROHなどで活躍したチャンス・ベケットのフィニッシャー。まず体をジャンプさせてセカンドロープに両足で跳び乗り、ロープを蹴って体を270゜後方回転させるようにジャンプする。そのあと自分の背後にいた相手の頭上を飛び越えながら相手の首をリバースDDTの要領で脇に抱え込み、腹這い状態で着地すると同時に後ろに引き倒した相手の後頭部をマットに叩きつける。
チャンドゥ
NEO女子プロレスの松尾永遠が愛用していたサブミッション。うつ伏せになった相手の上半身をチキンウイングフェイスロックに捕らえ、自分の体を前方にブリッジさせて相手の体を痛めつける。
チャンプチェンジ2000
コンラッド・ケネディ3世が使っている変形のラングブロアー。まず右手で掴んだ相手の右腕をハンマーロックに固め、相手の左腕を左手で掴む。続いて掴んだ左腕を相手の顎の下に巻きつけ、体をジャンプさせて前屈みになった相手の背中に正座をするような感じで着地する。最後に後ろに倒れこむ勢いを生かして相手の体を仰向けにひっくり返し、マットに背中から着地した衝撃で相手の背中に突き立てた両足をめり込ませる。ケネディのライバルのフィル・アトラスはケネディのニックネームであるCK3という名前を付けてこの技を愛用している。
中華式619
新北京プロレスの趙雲子龍が愛用している変形の619。まずレッグシザーズで前のめりに倒した相手の体をコーナー左隣のセカンドロープに凭れかけさせ、自分はリングの方を向いたままコーナー右隣のセカンドロープに両足で登る。そのあと体をジャンプさせてコーナー左隣のトップロープを両手で掴み、619の要領でセカンド&トップロープの間を通り抜けて相手の顔面に蹴りを叩き込む。
中国人留学生
趙雲子龍が使うスクールボーイの名称。
中年ズリフト
プロレスリング・ノアの杉浦貴が使うアマレスで言うところの俵返し。まずうつ伏せになった相手の腰を両手で抱え込み、相手の体を軽く宙に持ち上げる。そのあと体を捻って背中からマットに倒れ込み、その勢いで反り投げた相手の背中をマットへと叩きつける。相手を担いだあとカナディアンバックブリーカーへ移行する場合もあり、別名スギウラズリフトスギリンズリフトとも呼ばれる。
美ら海タイガースープレックスホールド
沖縄プロレスのキャプテン"美ら海パイレーツ"ザックが愛用していたタイガースープレックスホールドの名称。
美ら海ダイブ (1)
キャプテン"美ら海パイレーツ"ザックが使っていたセントーン・アトミコと同型の技。
美ら海ダイブ (2)
大日本プロレスなどで活動中の稲葉雅人が使っているダイビングフットスタンプと同型の技。
ちゅら投げ
沖縄プロレスのジンベイザメ〜ンが使う裏投げにグルクンダイバーが付けた呼び名。
美ら海ピストル
ロベルトピストル
超高校級ラ・マヒストラル
NOSAWA論外が使っているネグロ・カサス直伝のラ・マヒストラル。自身の15周年記念興行でこの技を繰り出した際には15周年超高校級ラ・マヒストラルという呼び名が付けられた。
長州は許さない!
ハッスルのニシム・ラマが披露した、2人をまとめて押さえ込む逆さ押さえ込み。まず横一列に並んだ対戦相手2人と背中合わせになり、右側にいる選手の右脇に自分の左腕を、左側にいる選手の左脇に右腕をそれぞれ背中の方から引っ掛ける。そのあと両膝をつきながら体を前傾させ、その勢いで後ろにひっくり返った対戦相手2人の両肩をマットにつけてフォールを奪い去る。
超新星プレス
新日本プロレスのKUSHIDAがハッスルで使っていたムーンサルトプレスの名称。
超新星ラナ
KUSHIDAがハッスルで愛用していたウラカン・ラナ・インベルティダの名称。
超滞空高角度後方回転エビ固め
横須賀ライナー
ちょうちょ
マグナムTOKYOが中心となって闘龍門で結成された"Do-Fixer"のコンビネーション。タッグパートナーの4人がうつ伏せになった相手の手足を各1本づつ掴み、手足を上方向に引っ張ることで相手の体を高々と持ち上げる。そのあと4人が同時に尻餅をつき、急降下させた相手の顔や胸をマットへ痛打させる。
蝶天魚雷
蝶野正洋&天山広吉が曙対策として作り上げた合体殺法。同じコーナーの最上段に蝶野と天山が同時に登り、棒立ちになった相手目掛けてダブルのダイビングショルダーアタックを叩き込む。
蝶天クラッシュ
蝶野正洋&天山広吉が愛用していた合体殺法。膝をついた相手の右側頭部に蝶野がニーブレスをはめた足で膝蹴りを叩き込み、同時に天山が相手の左側頭部をナックルパートで殴りつける。"Chou Ten Crush"の頭文字を取って別名CTCとも呼ばれる。
超特急ラナ
レスリングドリーマーズのはやてが愛用している空中殺法。コーナー最上段に登ったあとリングの方を向き直し、コーナーを蹴ってリングへとジャンプする。そのあとリング上の相手の体に正面から飛びつき、相手をウラカン・ラナ・インベルティダで瞬時に丸め込む。
超変形Kクラッチホールド
スポルティーバエンターテイメントの佐藤泰が使っている河津落とし系ムーブの1つ。まず相手の背後に回り込んで外腿の方から相手の左腿の裏に左手を回し、相手の左手首も左手で掴んで相手の左手足の腕の動きを封じる。そのあと肩を組むような感じで相手の首の後ろに右腕を引っ掛け、更に相手の右足に自分の右足を正面からフックさせる。最後に相手もろとも後ろに倒れ込んで相手の後頭部や背中をマットに叩きつけ、自分はブリッジをするように背中をしならせてそのまま3カウントを奪う。
跳龍
全日本女子プロレスに登場したブリザードYukiが使っていたノータッチ式のトペ・コン・ヒーロ
超竜ボム
スコット・ノートンが使っている投げっぱなしパワーボムの名称。その名の通り規格外な破壊力を誇るパワーボムである。
チョーク山脈
プロフェッショナルレスリング・ワラビーの矢野啓太が格闘探偵団バトラーツで披露したサブミッション。相手をグラウンドのスリーパーホールドに捕らえたあとロープ際まで移動し、持ち上げた両足のつま先をセカンドロープへと引っかける。そしてそのままセカンド&トップロープの間を通り抜けて自分の体を場外へと落下させ、リング内に残った相手の首にしがみついた状態で首を締め上げる。
チョークスラム
ジ・アンダーテイカーやケインなど、アメリカの長身レスラーが得意としているパワームーブ。まず向かい合った相手の喉を右手で鷲掴みにし、左手で掴んで持ち上げた相手の右腕を自分の首の後ろに引っ掛ける。そのあと左手を相手の背中に添えて高々と相手の体をリフトアップし、相手の体をマット目掛けて豪快に投げ捨てる。
チョークスリーパー
プロレスでは禁止技に指定されているタイプのスリーパーホールド。相手の喉元に巻きつけた腕で相手の気管を圧迫し、酸素の供給を断って相手を締め落とす。
チョークブリーカー
ニック・ゲージやディスコマシーンが愛用していたフィニッシングムーブ。相手をチョークスラムの要領で抱えあげたあとマットに左膝をつき、落下させた相手の背中を立てた右腿の上に叩きつける。
チョークボム
CZWなどで活躍したワイフビーターが使っていたネックハンギングボムと同型の技。
チョークラリアット
グラネード
チョコカッター
闘龍門のチョコフレークK-ICHIが使っていたダイヤモンドカッターの名称。
チョコごと刈れ
IWAジャパンの竹迫望美&チョコボール向井が披露した合体技。向井がジャーマンスープレックスで反り投げた相手に竹迫がフライングネックブリーカードロップを叩き込み、相手を後頭部からマットに叩きつける。
チョココロネ
プロレスリング・ノアの丸藤正道が使うスピーディーな丸め込み技。走ってきた相手の右腕を右脇に抱え込んだあと体を左方向に捻って相手に背中を向け、相手の右腕の下を潜り抜けて相手の背後に体を回り込ませる。続いて後頭部を左手で押さえつけながら相手の体を左方向に回転させて相手と再び向き合った状態になり、前屈みになった相手の首の後ろに右腕を回したあと自分の体を左方向に捻って相手と背中合わせになる。最後に腕のクラッチを解いて自分の体だけを左方向に更に捻り、上下逆さまになるように体をジャンプさせながら相手の背中に飛びついて相手の体を前方回転エビ固めの要領で丸め込む。
チョコドリラー
チョコボール向井が使っていたキークラッシャー’99の名称。
チョコバット
大阪プロレスのくいしんぼう仮面が愛用する打撃技。きをつけの姿勢をとったまま体を横に倒し、仰向けになった相手の胸板に自分の頭を叩きつける。相手に避けられることが非常に多くヒットすることは稀である。
チョコパワー
CMLLのドラゴン・ロホJr.が使っているダークメタモルフォーゼ(とも〜み推し)と同型の技。
チョコレートサンダーボム
PWGやDRAGON GATE USAで活動中のウィリー・マックが使っているフィニッシングホールド。アルファボムの要領で相手を肩に担ぎ上げたあと尻餅をつき、落下させた相手の背中を自分の両足の間へ叩きつけて3カウントを奪う。
チョコレートレイン
DRAGON GATEなどで活動中のリコシェが使っているフィニッシングホールド。形はダイビングダブルニーアタックと同型であり、CHIKARAでマスクマンのヘリオスに変身すると技の名前がスカイ・イズ・フォーリングに変化する。
チョコロール
闘龍門のチョコフレークK-ICHIが使っていた裏拳の名称。
直下型キン肉バスター
プロレスリング・ノアのモハメド・ヨネが使っているキン肉バスターのバリエーションの1つ。相手をコーナーに乗せずにその場でフィッシャーマンバスターのように垂直に抱え上げ、相手の右足を左手で、左足を右手で抱えてマットに急角度で叩きつけていく。2013年8月に「夢で遭いたい」で歌手デビューを果たしたあと、この技の名前も「夢で遭いたい」に変化した。
直角型トランスレイヴ
プロレスリング・ノアのHi69が使っているオーバーヘッドキック式のトランスレイヴ。前屈みになった相手の正面にあるロープに飛んで助走をつけ、背中を後ろに傾けながら振り上げた左足で相手の顔面に下から突き上げるような膝蹴りを叩き込む。
猪突猛進
アイスリボンの長崎まる子が使っているネビュラストームと同型の技。
チョモランマ
夏樹☆たいようが使っていた丸め込み技の1つ。まずうつ伏せになった相手の足の側に立って相手の右足首を右手で、左足首を左手で掴み、前転するように体を転がして相手の背中に背中合わせの状態で乗っかる。続いて背中の方から相手の右脇に右足のつま先を、左脇に左足のつま先をそれぞれ引っ掛け、足を抱えたまま相手もろとも体を横方向へと転がす。最後に自分が腹這いになったところで回転を止め、仰向けにひっくり返った相手の両肩を両足の甲で押さえつけた体勢で3カウントを奪う。
チョン蹴り
天龍プロジェクトの天龍源一郎が使っている、うつ伏せになった相手の頭をつま先で蹴り飛ばす無骨な打撃技。
チリドライバー
DDT NEW ATTITUDEのMAOが使うヘッドシザーズ式のパイルドライバー。まず人工衛星ヘッドシザーズの要領で相手の首を両足で挟み込んで相手の正面に体を回り込ませ、上下逆さまの状態になりながら相手の背中の方に右手を持っていく。そのあと相手の頭を足で挟んだまま自分は尻餅をつく形でマットに着地し、その勢いで前のめりに倒れ込んだ相手を頭からマットへ叩きつける。
チリマ
WWEで活躍中のアルベルト・デル・リオがドス・カラスJr.として活動していた頃に披露したメキシコ式の投げ技。相手を叩きつける際に体を捻って受け身を取り辛くしている低空かつ高速のフロントスープレックスであり、DEEPで対戦した謙吾の右腕をこの技で脱臼させたことがある。
地を這うタニバット
NEO女子プロレスのタニー・マウスが使っていたヘッドバットのバリエーションの1つ。ロープに跳んで助走をつけたあと座り込んだ相手の正面で四つんばいになるように倒れ込み、はいはいをしながら相手に近づいて相手の顔面に自分の頭を叩きつける。
地を這うような逆さ押さえ込み
スポルティーバエンターテイメントの佐藤泰が使っている丸め込み技。まずうつぶせに倒れた相手の頭の側で膝をつくように腰を落とし、背中の方から相手の右脇に左腕を、左脇に右腕を差し込んで自分の体を前転させる。そのあと相手と背中合わせの状態になったところで今度は相手もろとも横方向へと体を転がし、両肩がマットについた相手の体を逆さ押さえ込みの形でフォールする。
チンギー
プロレスリング・ノアのタダスケが使っている必殺技の1つ。リバースDDTの体勢に捕らえた相手の胸板目掛けて右腕を振り下ろしながら尻餅をつき、後ろに引き倒した相手の後頭部を自分の両足の間へ叩きつける。
チンギスハーン
鈴木健想、棚橋弘至、ブルーウルフが新日本プロレスで結成したユニット、"キング・オブ・ザ・ヒルズ"のコンビネーション。まず対戦相手をウルフがモンゴルスラムの要領で抱え上げ、棚橋と健想がウルフの足をそれぞれ1本づつ抱えてウルフを高々とリフトアップする。そして"チンギスハーン!"と絶叫しながら棚橋と健想が後ろに倒れ込み、急降下させた相手を背中からマットへ叩きつける。
チンクラッシャー
ジョーブレイカー
チン工衛星ヘッドシザーズ
HGが使うティヘラ系のムーブ。まずコーナーへハンマースルーされた際に自分の背中をコーナーに寄りかからせて相手をおびき寄せ、相手が近づいてきたところで両足を大きく開くようにジャンプする。そしてそのまま相手の首を両足で挟み込んで自分の股間を相手の顔面に押しつけ、ロープから腕を離したあと体を横方向に振った勢いで相手の体をホイップする。
チンシー
エイサー8が使っている蒼魔刀の呼び名。
チンチェッカー
ROHなどで活躍中の"ダイハード"エディ・エドワーズが使っているフィニッシングムーブ。まずリングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、自分はコーナーに対して背中を向ける。続いて自分の腰に巻きつけた相手の両足を左手で掴んでロックし、相手の首をスタナーの要領で右肩に乗せる。最後に相手を背中に背負ったまま助走をつけてジャンプし、マットに尻餅をついた衝撃で相手の顎や首を肩に打ちつける。
チンロック
尻餅をついた相手の顎の下に背後から両手を回し、体重をかけて相手の首を捻り上げる拷問技。相手のスタミナを奪う為に試合の序盤で繰り出されることが多い。