.
A-トレインボム
ディレーラー
ACH'sビッグバンアタック
ROHで活躍中のACHが使っているどすこいDDTと同型の技。
ACT
WWEで活動中のエグゼビア・ウッズがオースチン・クリード時代から使っている、金丸義信のディープインパクトと同型の技。名前は"Austin Creed Test"というフレーズの頭文字を並べたものであり、別名カルチャーショックとも呼ばれている。
ACTスペシャル
スターダムの安川惡斗が使っていたオクラホマスタンピードの呼び名。相手を肩に担ぎ上げたあとに軽く助走をつけ、自分の体を前転させるような感じで前に倒れ込んで相手をマットに叩きつけることも多かった。
ACTΩ
安川惡斗が愛用していた直下型のACTスペシャル。相手をオクラホマスタンピードの要領で右肩に担ぎ上げたあと両膝をつくように腰を落とし、急降下させた相手の脳天をマットへ強かに打ちつける。
A-diseロック
新日本プロレスのミラノコレクションA.T.が使っていたA.T.ロックとパラダイスロックの複合ジャベ。まず仰向けになった相手の右腕を左手で、左足を右手でそれぞれ掴み、掴んだ左足を右腕の上に重ねるように折り曲げる。続いて左手で掴んで持ち上げた相手の右足を左足の上に更に重ね、相手の両足を4の字に固める。最後に自分の右足のつま先を相手の右足首に引っ掛けて手足の動きを封じ、残った相手の首と左腕をA.T.ロックの要領で固めて相手をギブアップに追い込む。
AHE
藤井軍鶏侍がハッスルで使っていたダイビングエルボードロップの名称。名前は"当たれば・百発百中・エルボー"という言葉のイニシャルを並べたものだが結局一度も当たることは無かった。
A・H・O
旭志織、Hi69、大石真翔が見せた華麗な連携殺法。まず助走をつけて近づいてきた相手の正面で大石が体を前転させ、背中をマットにつけた状態で相手の左足を左手で掴み相手を前のめりに倒れ込ませる。そのあとロープに跳んだHi69がうつ伏せになった相手に右サイドから近づいて相手の右腕に自分の右腕を絡めつつ体を前転させ、その勢いで尻餅をつく格好になった相手の左横を旭が前転しながら通り抜けて相手の後頭部に阿吽を叩き込む。最後に相手の右サイドに移動していた大石が仰向けに倒れ込んだ相手の頭部を左手で、右足を右手で抱えて体を前転させ、両肩をマットにつけた相手の体を押さえ込んでそのまま3カウントを奪い去る。名前の"A・H・O"とは3人の名前の頭文字を並べたものである。
AMA固め
スターダムで結成された岩谷麻優&星輝ありさのタッグチーム、"AMA"が使っていた卍固めとステップオーバーアームストレッチの融合技。まず相手の右サイドに岩谷が、左サイドに星輝がそれぞれ移動し、相手の右足の内側に岩谷が左足を、左足の内側に星輝が右足を引っ掛ける。そのあと前屈みになった相手の首の後ろに岩谷の右足をフックさせ、星輝が相手の右腕を、岩谷が相手の左腕を順々に掴んで相手の体を痛めつける。
A.O.A
DRAGON GATE USAやEVOLVEで活動していたウーハー・ネイションのフィニッシャー。まず餅つき式パワーボムの要領で相手の背中を2度マットに叩きつけ、背筋を使ってもう一度相手の体を肩の高さまで担ぎ上げる。そのあとロープの側へと移動して背中をトップロープに接触させるように相手を落下させ、その反動で宙に浮き上がった相手の体をジャンピングパワーボムでマットに叩きつける。名前は"All Out Assault "というフレーズの頭文字を並べたもの。
APクロス
プロレスリングWAVEの浜田文子が使っているLSD3と同型の技。
APクロスディアマンテ
浜田文子が愛用するハリケーンドライバーと同型の技。
A'sフェースバスター
JCWなどで活動中のフィル・アトラスが全日本プロレスで披露したワッフルフェイスと同型の技。
ASCSラッシュ
アレックス・シェリー&クリス・セイビンのタッグチーム、"モーターシティ・マシンガンズ"が使っていたコンビネーション。まずセイビンが相手の腹部にソバットを叩き込み、悶絶する相手にシェリーがスーパーキックを打ち込む。そのあとセイビンが相手の後頭部に延髄斬りを決め、それと同時にシェリーが2発目のスーパーキックを相手に叩き込む。
ASD
アレクサンダー大塚が使うディバイディングドライバーと同型の技。
A.T.ロック
新日本プロレスのミラノコレクションA.T.がT2P時代から愛用し続けていたジャベ。仰向けになった相手の左腕を右手で掴んで相手の体を軽く引き起こし、相手の首の後ろに自分の左足を引っ掛ける。そのあとマットに右膝をつきながら相手の左腕をチキンウイングアームロックに捕らえ、相手の左肩をぐいぐいと絞り上げてタップを奪う。
a.t.ロック
ツトム・オースギがミラニートコレクションa.t.時代に使っていたA.T.ロックの名称。
AVスタープレス
闘龍門やハッスルで活躍したマグナムTOKYOが使うシューティングスタープレスの名称。
AXボンバー
プロレスリング・ノアなどで活躍中のKAZMA SAKAMOTOが使っているアックスボンバーの名称。
A2クラッチ
新日本プロレスの安沢明也が愛用した丸め込み技。まず相手の背後に自分の体を回り込ませ、胸の方から相手の左脇に左腕を差し込んで相手の左腕を左脇に抱え込む。そのあと相手の右足の内側に自分の左足を正面から引っ掛け、右手で相手の後頭部を押さえつける。最後にうつぶせに倒れ込む勢いで相手の体を前方に押し倒し、前屈状態になった相手の両肩をマットにつけてフォールを奪う。
A2M
CHIKARAなどで活躍していたピンキー・サンチェスのフィニッシングホールド。go 2 sleepの要領で相手の体を正面に投げ捨てながら自分の体を左方向へ捻り、落下してきた相手の顔面にヒップバットの形で自分の尾てい骨を叩きつける。名前は"Ass to Mouth"というフレーズを省略したもの。
A-9B
ZERO1に登場したロボットレスラー、Shock Wave the Robotが披露したファイヤーバードスプラッシュの名称。
Bドライバー
スターダムの美闘陽子が使っているインプラントとほぼ同型の技。
babyイリュージョン
アルシオンで活躍したbaby-Mが使っていたエアリアルムーブ。デジャヴの要領で相手の周りを何回転かしたあと回転を止め、相手の体をスモールパッケージホールド風に丸め込む。通常のデジャヴ同様に相手をホイップすることも多かった。
BARONESS
みちのくプロレスのKen45゜が使う変形のファイヤーサンダー。まず相手の体をファイヤーマンズキャリーの要領で肩に担ぎ上げ、体を揺すって相手の上半身を自分の体の正面へと持ってくる。そのあと相手の頭と足を抱えたまま尻餅をつき、落下させた相手の頭部を自分の両腿の間へ打ちつける。ツームストンパイルドライバーのように両膝をついて相手をマットに叩きつけることも多い。
BASTA
DRAGON GATEのEitaが使う空中殺法。トペスイシーダの要領で場外に飛び出したあと自分の上半身を丸め、場外にいる相手に背中をぶつける格好で体当たりしていく。
B×Bスタープレス
DRAGON GATEのB×Bハルクが使う旋回式シューティングスタープレス。両足をコーナーの方へと向かせるような格好で相手を仰向けに寝かせ、自分はコーナー最上段へと登ってリングの方を向き直す。そのあと体を左方向に90゜水平旋回させるようにジャンプし、更に空中で体を270゜後方回転させて相手の体をボディープレスする。命中精度が今ひとつで失敗が多かった為か、現在は封印状態となっている。
B×Bスマッシュ
B×Bハルクが愛用するオリジナルムーブ。まず相手の体をエレクトスマッシュの要領で抱え上げ、掴んでいた左腕を引っ張ることで相手の体を右方向に180゜回転させる。そのあと相手の後頭部を右手で押さえつけながら尻餅をつき、うつ伏せの状態になった相手の顔や胸をマットへと叩きつける。
B・Bドライバー
全日本プロレスに登場したBLACK BUSHIのフィニッシャー。形はジャーマンドライバーと同型。
BBBオメガ
ボブ・サップがハッスルで披露したアルゼンチンバックブリーカーに付けられた呼び名。名前のBBBは"Beast Back Breaker"の頭文字をとったものである。
BBD
ボブ・サップがボノちゃんを撃破した際に披露したバックドロップの名称。名前は"Beast Back Drop"の頭文字をとったもの。
B・BLUE
南野タケシがみちのくプロレスで披露した過激なフィニッシングムーブ。まずコーナーから伸びる2本のトップロープの上に足を折り畳んだ机を横たえるように乗せ、もう1つ用意した机をコーナーの近くにセッティングする。そのあと相手と共にコーナーの机の上へとよじ登って雪崩式のデスバレーボムを放ち、落下させた相手の体をリングに設置した机の上へ叩きつける。
B"D"F
田中稔が使っているダイビングフットスタンプの呼び名。
BEAT-BOMB
DRAGON GATEのKzyが使っているMボムと同型の技。
Ben-Kボム
DRAGON GATEのBen-Kが使うドクターボムとほぼ同型の技。相手を水平に抱え上げたあと一旦静止して溜めを作り、そこから背筋力を使って最高点まで一気に持ち上げていくのが特徴。
BENTENクラッチ
国際プロレスで活躍したBENTENが使っていた怨霊クラッチと同型の技。
B.G.トルネード
KAIENTAI-DOJOの吉野コータローが使っている必殺技。ロープに振った相手の体をケブラドーラ・コン・ヒーロの要領で回転させながら持ち上げ、上下逆さまになった相手の体をオクラホマスタンピードの形で左肩に担ぎ上げる。そのあと相手を担いだまま自分の体を左方向に1回転させつつ左半身からマットへ倒れ込み、落下させた相手の後頭部や背中を自分の左サイドに叩きつける。新技を開発するための動画企画の中で火野裕士から伝授されたムーブである。
BJボム
九州プロレスなどで活躍中のディアブロが愛用するブルーサンダーと同型の技。
BKバスター
WRESTLE-1の児玉裕輔が使っているフェイバリットホールド。まずリバースDDTの要領で相手の上半身を抱え込み、相手の両足が宙に浮き上がる程度に相手の体を抱え上げる。そのあと自分の右手を相手の右腿の裏に回して相手の足を抱え込み、尻餅をつくように腰を落として相手の後頭部を自分の左サイドへと叩きつける。
BKボム
キッドマンボム
BLACK STONE
SECRET BASEなどで活動中の豪が愛用している必殺技。相手をパワーボムの要領で抱え上げたあと軽く助走をつけてジャンプし、正座をするように膝を折り畳みながら着地して相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
BMクラッシュ
LLPW-Xの遠藤美月が愛用するオリジナルムーブ。オクラホマスタンピードの形で抱え上げた相手の体を肩の上で仰向けにひっくり返し、BTボムの要領で相手をマットへ叩き落とす。
BME
ベストムーンサルトエヴァー
B.O.C.
大日本プロレスの橋本和樹が使っているバズソーキックの呼び名。
BORNキャプチャー
日高郁人&藤田ミノルが使っている"48の合体殺人技"のラストナンバー。日高が相手の片足をショーンキャプチャーの要領で捕獲し、藤田が残った相手の足と首を両手で抱えてBORNYARDを極める。
BORNYARD
藤田ミノルが愛用するリバースバイパーホールドの名称。
Brainbustaaaaahhhhh!!!!!
日米インディーマットで活躍していたエル・ジェネリコのフィニッシングムーブ。雪崩式ブレーンバスターの要領で相手を抱え上げたあと体を横方向に捻りながらリングへ落下し、相手の頭部をコーナー最上段のターンバックルへと叩きつける。
BTドライバー
新日本プロレスに登場した七代目ブラックタイガーが見せたみちのくドライバー2の呼び名。
BTバスター
全日本プロレスなどで活動中のKAIが使うラングブロアーと同型の技。
BTボム
二代目ブラックタイガーことエディ・ゲレロが愛用していたフィニッシャー。まずカナディアンバックブリーカーの要領で相手を肩の高さまでリフトアップし、相手の右脇を左手で、左脇を右手でそれぞれ掴み直す。そのあと自分の両腕を上方向へと伸ばすことで相手の体を高々とリフトアップし、両腕の支えを外して相手の体を前方へと軽く放り投げる。最後に落下する相手の腰を両手で抱え込みながら尻餅をつき、相手をシットダウンパワーボムの形でマットへ叩きつける。正式名称は"Black Tiger Bomb"。
BULLET RIDE
円華がSuperX時代に使用していた変形のインプラントDDT。前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、右手で掴んで持ち上げた相手の左腕を自分の首の後ろに引っ掛ける。続いて相手の両足の間に正面から差し込んだ右手で相手の股を抱え、相手の体をマットと水平の高さになるまで持ち上げる。最後に自分の体を左方向へと傾けながら正座をするように両膝を折り畳み、うつ伏せの状態で落下させた相手の体を自分の左サイドへと叩きつける。
BUU
WMFのソルジャーが使っていた雪崩式のハワイアンスマッシャー
B-13
PWGなどで活躍していたプレイヤー・ドスが使う雪崩式の前方回転不知火。まずリングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、自分はリングの方を向きながらコーナーのセカンドロープによじ登る。続いて相手の首を不知火の要領で自分の右肩に固定し、相手と共にコーナーのトップロープの上に立つ。最後に相手の首を抱えたまま体を270゜前方回転させるようにジャンプし、その勢いで宙に舞わせた相手の後頭部や背中を豪快にマットへ叩きつける。
B3ボム
アルシオンなどで活躍した大向美智子が使っていたBTボムと同型の技。正式名称は"Bigbang Banny Bomb"。
CBV
DRAGON GATEのYAMATOが使っているボーダーシティストレッチと同型の技。名前は"機動戦士ガンダムF91"に登場する軍事組織"Cross Bone Vanguard"に由来する。
CB4ドライバー
ウェズナー・ビュージックが使っているインプラントと同型の技。日本ではウェズナーキラーと呼ばれることが多い。
CCD
新日本プロレスの小島聡がエメラルドフロウジョンに刺激を受けて開発した必殺技。形はD-ガイストと同型で、正式名称は"Cozy Crush Dynamite"。
CCS
WWE NXTで活動中のサモア・ジョーが使う足掛け延髄斬りの名称。
CCT
WWEのクリスチャンが愛用するスイングリバースDDTの名称。
CDJ
DRAGON GATEのKzyが使っているカナディアンデストロイヤーの名称。
CHAKA×2
プロレスリングWAVEの春日萌花が使っているウイングクラッチホールドと同型の技。名前は"チャカチャカ"と読む。
CHIKARAスペシャル
CHIKARAのマイク・クワッケンブッシュが使っていたガルストリームと同型の技。相手の右腕と左足を抱えるように自分の両手をクラッチして技を極めるのが特徴で、クワッケンブッシュを筆頭にCHIKARAで活躍中の数多くの選手がこの技を愛用している。
CHIKARAスペシャル・グリーン
CHIKARAのシルバーアントが、グリーンアント時代に開発した改良型のCHIKARAスペシャル。まず仰向けになった相手の左足を右手で掴んで内腿の方から相手の左足に右足を引っ掛け、相手の左足に絡ませた右足を相手の左脇腹の横に着地させる。続いて自分の体を左方向に捻って相手の左肩のあたりに左足を移動させる際に相手の左足首を右膝で挟み込み、右手で掴んだ相手の左腕を引っ張り上げて相手の後頭部とマットの間に出来た隙間に左首筋の方から左足を滑り込ませる。最後に左足のつま先を胸の方から相手の右脇に引っ掛けてマットに左膝をつき、右手で掴んで持ち上げた相手の右足と相手の左腕を抱えるように自分の両手をクラッチして相手の体を痛めつける。
CHIKARAスペシャル・ブルー
CHIKARAのワーカーアントが愛用するGHロック海と同型の技。
CIMA殺し
大阪プロレス選手権保持者であるCIMAへの挑戦を前に、大阪プロレスのブラックバファローが披露した変形の羽根折り固め。まず尻餅をつく格好になった相手の正面に立って相手の右脇に左腕を、左脇に右腕をそれぞれ背中の方から差し込み、差し込んだ両腕を相手の首の後ろでクラッチさせる。そのあと相手の左横で左膝をつきながら体重をかけ、相手の両肩や首を圧迫してタップを奪う。
CK
MEN'Sテイオーが愛用する必殺技の1つ。まずアトミックドロップの要領で相手の体を右肩に担ぎ上げ、掴んでいた左腿を引っ張ることで相手の体を左方向に180゜水平旋回させる。そのあと相手の胸板を左肘で押さえつけながら尻餅をつき、落下させた相手の背中を左サイドへ叩きつける。名前の読み方は"カルヴァンクライン"。
CK3
チャンプチェンジ2000
CLOCK STRIKES
WRESTLE-1の吉岡世起が愛用する打撃技の1つ。逆さ押さえ込みの要領で相手の両腕に自分の腕を一旦絡みつかせ、右腕を振りほどきながら自分の体を左方向へ180゜回転させる。そして左手で掴んだ相手の左腕を回転中に引っ張ることで相手を自分の方に振り向かせ、間髪入れずに放った右のハイキックで相手の左側頭部を蹴り飛ばす。
CMパンク
KAZMA SAKAMOTOが使っているペプシツイストと同型の技。旧名はEZパンク
COOL SHOCK
日高郁人&藤田ミノルが開発した"48の合体殺人技"の1つ。まず藤田が相手の手足をカンパーナの要領で掴み、うつぶせの状態でマットに着地させた相手の背中に腰を下ろす。そのあと両手で相手の顔を指差した日高が相手の正面にあるロープに跳んで助走をつけ、無防備になっている相手の顔面に低空ドロップキックを叩き込む。
C.R.B.
エスオベーションの中川ともかが愛用していたNo.52と同型の技。
CROSSOVER
KAIENTAI-DOJOのマイクリーJr.が愛用していたゴリーボムと同型の技。
CTスキャナー
FMWのコンバット豊田が使っていた雪崩式のコンバットドライバー。この技でシャーク土屋を失神に追い込んだ日に技を封印しそれ以後使うことは無かった。
C.T.B.
新日本プロレスの獣神サンダーライガーが愛用している変形のフェイスバスター。相手をアトミックドロップの要領で肩の高さまで担ぎ上げ、相手の左膝のあたりに自分の左手を添え直す。そのあと素早く前のめりに倒れ込んで相手を前方に落下させ、相手の体をうつ伏せの状態でマットへ叩きつける。正式名称は"Clash Thunder Buster"
CTC
蝶天クラッシュ
CX’02
ROHで活躍中のロデリック・ストロングが開発したムーブ。ハイジャックバックブリーカーの要領で担ぎ上げた相手の体を空中でうつぶせにひっくり返し、落下する相手の首を両手でキャッチしてダイヤモンドカッターを叩き込む。
CX’03
ロデリック・ストロングが愛用しているクロスアーム式ウィドウズピーク。ゴリースペシャルの要領で背中に担ぎ上げた相手の左腕を左手で、右腕を右手で掴み、交差させた相手の両腕を相手の喉元に引っ掛ける。そのあと相手を背負ったままマットに尻餅をつき、着地の衝撃で相手の首や背中に痛みを走らせる。
C4
ポール・バーチルが愛用しているその場飛び式フラックスキャパシター。まず向かい合った相手の右脇に頭を潜り込ませ、相手の右肩の上に左腕を引っ掛ける。そのあと相手を抱えたまま270゜後方回転するようにその場で体をジャンプさせ、宙を舞わせた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。海賊ギミックで活動したWWEではウォーキング・ザ・プランクと呼ばれていた。
D-ガイスト
プロレスリングFREEDOMSの佐々木貴が使う変形のエメラルドフロウジョン。前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、右手で掴んで持ち上げた相手の左腕を自分の首の後ろに引っ掛ける。そのあと相手の右半身を右腕で抱え込み、上下逆さまにするような感じで相手の体を持ち上げる。最後に相手を抱えたまま左半身からマットに倒れ込み、落下させた相手の体を自分の左サイドへ叩きつける。
Dスタナー
沖縄プロレスのスペル・デルフィンが使うインプラントDDTと同型の技。走って来た相手に対しカウンター気味に決めることが多い。
Dバスター
Fクラッシュ
Dフェニックス
FMWのハヤブサが使っていたフィニッシングホールド。原型エメラルドフロウジョンの要領で右肩に担いだ相手の体に腕を絡め、自分の右足を前方へ大きく振り上げる。そのあと足の方から相手をリングに落下させながら自分は尻餅をつく形で倒れ込み、相手の後頭部や背中を自分の右サイドへと叩きつける。正式名称は"Driver of Phoenix"。
dagger
WWEやZERO1で活躍したライアン・サコダが使っていたハワイアンスマッシャーと同型の技。
DAWN RAID
新日本プロレスのバッドラック・ファレ&タマ・トンガが使うコンビネーション。相手をリング中央付近でダウンさせたあとファレがコーナーの側へと移動し、倒れた相手の周りを四つん這い状態で徘徊したタマがそれに追従する。続いて猛犬のように相手に今にも襲い掛かろうとするタマの肩をファレが抑え、相手が立ち上がったところでファレがタマにゴーサインを出し2人一緒に走り出す。最後に意識朦朧とする相手の喉元にファレが加速を付けたラリアットを叩き込み、それと同時にタマがジャンピング式ショルダーアタックをヒットさせて相手を豪快に薙ぎ倒す。DAWN RAIDとは証券取引所の取引開始直後に特定銘柄の株式を、相手に気づかれる前に大量に買い付ける行為を指す。
Dear棚橋
お笑い芸人のRGがハッスルで使っていたダイビングボディープレスに付けられた呼び名の1つ。他にも破壊王に届けという名前が付けられたことがあった。
Death From Above
SoCalプロレスリングやDDTプロレスリングで活躍するデヴィン・スパークス&リック・エリスのタッグチーム、"アーガントバスターズ"が使うコンビネーション。まずコーナーに寄りかかった相手の両足をデヴィンが抱えてその足をトップ&セカンドロープの間から場外の方へと出し、セカンドロープの上に座る格好になった相手の頭をデヴィンが両手で掴む。そのあと相手の上半身を後ろに引き倒したデヴィンが左膝をマットにつくように腰を落とし、相手の背中を立てた右腿の上に叩きつけてそのまま相手の体を腿の上に乗せた状態で固定する。最後にデヴィンがいるコーナーの隣にあるコーナーの最上段に登ったリックがリング横断式のダイビングヘッドバットを放ち、デヴィンが捕らえている相手の体に勢い良く頭を叩きつける。DDTではリックの飛距離が足りずに技が失敗する確率が非常に高く、成功することは極稀である。
D×D
中島安里紗が使う、だるま式ジャーマンとハーフネルソンスープレックスを融合させたムーブ。まず相手の背後に回り込んで相手の右脇に背中の方から右腕を差し込み、差し込んだ腕を相手の首の後ろへと持っていく。そのあと相手の左腕の外側に自分の左腕を回し、相手の左腕の動きを封じる。最後に自分の体をブリッジさせて相手を後方へと反り投げ、相手を肩口からマットに叩きつけたあともブリッジを崩さずそのまま3カウントを奪う。名前の読み方は"ディー・バイ・ディー"
DDC
ハッスルのモンスター℃が使っていたリバースDDTの名称。
DDE
イライジャエクスプレス
DDO (1)
大仁田厚が使っているジャンピングDDTの呼び名。名前は"Dangerous Driver Ohnita"の頭文字をとったもの。
DDO (2)
橋本真也&小川直也の"OH砲"が使っていた合体殺法。まず橋本がDDTの要領で相手の頭を左脇に抱え込み、相手に背後から近づいた小川が相手の首の後ろに左腕を、相手の右腕に右手を回す。そのあと小川がSTOのように相手に体を浴びせかけると同時に橋本が後ろに倒れ込み、相手の頭部を強かにマットへと打ちつける。正式名称は"Destroy Driver Ohsotogari"。
DDP
大阪プロレスで活躍したポリスメ〜ンが使っていた、持参のジュラルミンケースの上へのDDT。通常の一発の他にスワンダイブ式なども得意としていた。
DDS
WWEのケインがアイザック・ヤンカムというギミックで活動していた頃に使っていたDDTと同型の技。
DDT (1)
WWFで活躍した"ザ・スネーク"ジェイク・ロバーツが生み出した世界的に有名なフィニッシャー。前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、相手の頭を左脇にしっかりと抱え込む。そのあと相手の頭を抱えたまま背中からマットに倒れ、その勢いで前のめりに倒れ込んだ相手の頭部をマットへ強かに打ちつける。
DDT (2)
DDTプロレスリングの高木三四郎が一時期使っていたクロスアーム式三四郎スタナー。前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、相手の右腕を右手で、左腕を左手で掴んで相手の両腕を交差させる。そのあと交差させた相手の両腕を左手で抱えて固定し、自由になった右手で相手のタイツを掴む。最後に相手の体をマットと水平の高さになるまで抱え上げて尻餅をつき、うつ伏せの状態で落下させた相手の体を自分の左サイドへと叩きつける。正式名称は"Dramatic Dream Takagi"。
DDT (3)
高木三四郎が使っているドラゴンパンサーと同型の技。正式名称は"Dangerous Dragonsleeper Takagi"。
DELIKADO
ルチャ・アンダーグラウンドで活躍中のB-ボーイが愛用しているフィニッシャー。リバースパワーボムの要領で抱え上げた相手の右脇に背中の方から右腕を差し込み、後頭部を右手で押さえつけることで相手の体を前屈みにさせる。そのあと相手の体を抱えたままマットに尻餅をつき、前屈状態で落下させた相手の頭部を自分の両足の間へ叩きつけピンフォールを奪い去る。
DH
DRAGON GATEの谷嵜なおきが使っている串刺し式のシャイニングウィザード。相手をコーナーにハンマースルーしたあと自分もそれを追いかけるように助走をつけ、コーナーに寄りかかる相手の右腿に左足を乗せて体をジャンプさせる。そのあと膝を突き出すように自分の右足を折り畳み、相手の左側頭部に右足で膝蹴りを叩き込む。名前は"ダッシュして・ヒザ"を省略させた物。
DHC for men
みちのくプロレスなどで活動中のGAINAが愛用する必殺技。形はシーサー王時代に使っていたファイナルシーサーDXと同型。
DICK DEE
KAIENTAI-DOJOのMr.Xが愛用していたハンマーロック式のDDT。まず前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、右手で掴んだ相手の左腕を相手の背中の方へと折り曲げる。そのあと相手の頭と左腕を抱えたまま背中からマットに倒れ込み、相手の頭部をDDTの形でマットへと突き刺す。
DID
新日本プロレスのオカダ・カズチカが使っているサブミッション。仰向けになった相手の相手の頭の側に立って相手の右腕を右手で掴んで持ち上げ、相手の右腕の上に右足を引っ掛けたあとマットに右膝をついて相手の前腕部を膝の間に挟み込む。続いて右手で掴んだ相手の左腕の前腕部を内腿の方から自分の左膝の裏へと持って行き、左膝もマットにつくことで相手の両腕の動きを封じる。最後に相手の両腕を両膝の間に挟んだまま自分は背中からマットへ倒れ込み、その勢いで四つん這いになるように引き起こされた相手の首をクラバットの要領で抱えて相手の首や腕を複合的に痛めつける。名前は"借金で首が回らなくなる"という意味のフレーズである"Deep In Debt"の頭文字を並べたものである。
Die Fly
土井成樹&リコシェが使っていた合体殺法。まず対戦相手の1人をグロッキー状態にさせてコーナーの下に座り込ませ、もう1人の対戦相手をコーナーの側で仰向けに寝かせる。続いて相手が座り込んだコーナーの最上段にリコシェがよじ登り、土井は相手が座り込んだコーナーの対角線上にある反対側のコーナーへと移動する。最後に助走をつけた土井が座り込んだ相手に大暴走を叩き込み、それと同時にコーナーから飛び立ったリコシェが仰向けになった相手をシューティングスタープレスで圧殺する。
Die Sky
土井成樹&リッチ・スワンが披露したコンビネーション。技の仕掛け方はDie Flyと同様だが、コーナーに登ったスワンがシューティングスタープレスではなくスワンスプラッシュを放って相手をプレスする。
DJタイム
DDTプロレスリングなどで活動中のDJニラが愛用している定番のムーブ。相手をコーナーにハンマースルーしたあと"What time is it now?"と見得を切り、ポーズをとりながら観客と共に"DJタ〜イム!"と絶叫する。そして助走をつけたあと相手に背中を向けるように体を捻り、コーナーに寄りかかった相手に背中から体当たりする。他に前転つきのDJタイム2、側転つきのDJタイム3などが存在する。
DJプレス
DJニラが得意としているムーブの1つ。仰向になった相手に対して背中を向け、大きく腕を広げながら後ろに倒れ込んで相手を背中全体でプレスする。
DK
プロレスリングFREEDOMSの正岡大介が使っている赤川鉄橋と同型の技。
D.N.D.
PWGやROHなどで活躍していたヒューマントルネードのフェイバリットホールド。まず相手の左脇に背中の方から頭を潜り込ませ、相手の首の後ろに右腕を、外腿の方から相手の左腿の裏に左腕をそれぞれ回す。そのあと相手の体を270゜後方回転させるように反り投げて自分は背中からマットに倒れ込み、投げ飛ばした相手の体をうつぶせの状態でマットに叩きつける。
DOA
インパクト・レスリングのスーサイドが使っていたヨシタニックと同型の技。名前は"Dead On Arrival"というフレーズの頭文字を並べたもの。
Do It Now!
プロレスリング・ノアの大原はじめが闘龍門X時代に愛用していたフィニッシャー。まず前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、右手で掴んで持ち上げた相手の左腕を自分の首の後ろに引っ掛ける。続いて内腿の方から相手の右腿の裏に右手を回して足を抱え込み、右手で相手の右手首も掴んで右手足の動きを封じる。最後に相手を垂直に抱え上げたあと左半身からマットに倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の体をマットへ叩きつける。
DOI555
DRAGON GATEの土井成樹が使っている旋回式のフェイスバスター。ファイヤーマンズキャリーの要領で肩に担ぎ上げた相手の体を両手でプッシュアップし、軽く宙に浮き上がった相手の体を右方向に90゜水平旋回させる。そのあと相手の体を前方に投げ捨てながら尻餅をつき、うつ伏せの状態で落下させた相手の体をマットへ叩きつける。名前の読み方は"ドイ・ファイズ"。
Double-Dragon
新北京プロレスのDragon-Achoooooが披露したダイビングダブルニードロップの名称。
DQボム
北斗晶が使っていたクイックスタイルのドクターボム。背中の方から相手の右脇に左腕を、左脇に右腕を差し込み、両手を相手のへそのあたりでクラッチさせる。そのあと相手の体を上下逆さまにするような感じで持ち上げながら尻餅をつき、相手の背中を自分の両足の間へ叩きつけてフォールを奪う。
DRドライバー
TNAで活躍中のデイビー・リチャーズが使う必殺技の1つ。形はマネーメイカーと同型。
DRドライバー2
デイビー・リチャーズが使っているダブルアーム式の垂直落下式ブレーンバスター。まず相手の上半身をリバースフルネルソンに捕らえ、相手の体を垂直に近くなるまで持ち上げる。そのあと相手を抱えたまま背中からマットに倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の体を自分の左サイドへ叩きつける。
DTドライバー
プロレスリング華☆激に所属する新泉浩司の必殺技。形はノーザンライトボムと同型。
DVD
デスバレードライバー
DVD2K1
IWSなどで活躍していたアーセナルのフィニッシングホールド。まず相手を肩車の要領で肩に担ぎ上げ、相手の頭の後ろに両手を回す。そのあと左半身からマットに倒れ込みながら両手のクラッチを切り、その勢いで仰向けにひっくり返りった相手の後頭部や背中をマットに叩きつける。
D.W.I.
TNAで結成されたジェームズ・ストームとロバート・ルードのタッグチーム、"ビアマネーInc."が使っていたパワープレックスと同型の技。名前は"Drinking While Investing"というフレーズの頭文字を並べたものである。
D3
DRAGON GATEのK-ness.が使っているハイアングル式のピラミッドドライバー。正式名称は"Darkness Dragon Driver"。
E-クラッシュ
大日本プロレスなどで活躍中の竹田誠志がSTYLE-E所属時代に開発したコンプリートダストと同型の技。U-FILE CAMP移籍後はU-クラッシュと呼び名を変えている。
E-ボム
TNAに参戦していたエリック・ワッツのフィニッシャー。パワーボムの要領で相手を担ぎ上げたあとコーナーの側に移動し、コーナーのターンバックル目掛けて相手の体を投げ捨てる。
E-マイナー
WWEのヒース・スレイターが使っているリバースDDTの呼び名。
EAST GOLD
新日本プロレスの永田裕志&中西学が使う、延髄斬りと上からドンの融合技。まず倒れている相手の髪の毛を永田が掴んで相手を無理やり起き上がらせ、相手の背後にあるコーナーのトップロープに中西がよじ登る。そのあと中西がリングに飛び降りると同時に永田も体をジャンプさせ、永田の延髄斬りと中西の脳天唐竹割り気味のチョップを同時に相手の頭に叩き込む。名前は永田の出身地である東金をそのまま英語にしたもの。
E-Coli
IWSやCZWで活躍したビーフ・ウェリントンが使っているマネーメイカーと同型の技。
EOJ
エクスプロイダー・オブ・ジャスティス
EVスプラッシュ
タイダルウェイブ
EVIL
新日本プロレスの“キング・オブ・ダークネス”EVILが使っている自身の名前を冠した必殺技。まず向かい合った相手の左肩の上に自分の右腕を引っ掛け、相手の右脇の下に頭を潜り込ませる。そのあと大きく振り上げた右足で相手の右足を後ろから刈り取り、相手に体を浴びせかけるように倒れ込んで相手の後頭部や背中をマットに叩きつける。形としてはカッキーカッターと酷似しているが、相手の脇の下に頭を差し込む動きを常に行う点が若干異なっている。
E.V.O.
DRAGON GATEのB×Bハルクが使うエゴイストシュバイナーと同型の技。
E.V.O.P.
B×Bハルクが愛用しているフィニッシングムーブの1つ。形はブレーンバスターから仕掛ける変形エメラルドフロウジョンと同型で、この名前になる以前は変形E.V.O.と呼ばれていた。
E.V.O.S.
DRAGON GATEのB×Bハルクが使っているジャパニーズオーシャンドロップホールドと同型の技。
Ezドライバー
WCWやECWで活躍したEzマニーが使っていたアンプリティアの名称。
EZパンク
CMパンク
Fクラッシュ
風香が格闘美において初勝利を挙げた際に披露したフィニッシングホールド。振り子投げの要領で相手を左右に揺さぶったあと両膝をつくように腰を落とし、前方に振り落とした相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。DDTで活躍した実兄の柿本大地は尻餅をつきながら相手をマットに叩きつけるタイプをDバスターという名前で使用していた。
F-サンク
ケビン・オーウェンスがケビン・スティーン時代に使っていたF-5のROHでの呼び名。PWGではディープ・シィー・ダイバーティキュライティスと呼ばれていた。
FAT
WRESTLE-1で活躍中のKAZMA SAKAMOTOが開発した変形のエメラルドフロウジョン。まず相手の首をリバースDDTの要領で右脇に抱え込み、背中に左腕を回して相手の体を垂直に抱え上げる。そして相手の体を右肩に担ぎ上げたあと右半身からマットに倒れこみ、上下逆さまの状態で落下させた相手の体を自分の右サイドに叩きつける。
FA2
ASUKA PROJECTなどで活動中の守部宣孝が使っている友情と同型の技。
FFF
DRAGON GATEやプロレスリング・ノアで活動したSUWAの絶対的フィニッシングホールド。まず相手の上半身をリバースフルネルソンに捕らえ、相手の体を垂直になるまで抱え上げる。そのあと体を前傾させながら正座をするように両膝を折り畳み、うつ伏せの状態で前方に落下させた相手の顔面をマットへ叩きつける。相手を担ぎ上げたあとに軽く助走をつけて決めるランニング式のFFFには地デジ式FFFという名前が付けられている。
FH
DRAGON GATEの谷嵜なおきが使うスタンディング状態の相手に仕掛けるシャイニングウィザード。助走をつけたあと立っている相手の右腿の上に左足を乗せ、腿を踏み台にして体をジャンプさせる。そのあと膝を突き出すように右足を折り畳み、相手の左側頭部に右足で膝蹴りを叩き込む。名前は"踏み台にして・ヒザ"を省略したもので、南野タケシも同型同名の技を愛用している。
FIREBALLスプラッシュ
田中稔が使うファイヤーバードスプラッシュの名称。
FIREBALLダブルニードロップ
田中稔が使っている必殺技の1つ。相手を仰向けに倒したあとコーナー最上段に登ってリングの方を向き、体を360゜前方回転させるようにジャンプする。そして回転途中で両足を折り畳んで膝を突き出す格好になり、仰向けになった相手の上にダブルニードロップの形で落下する。
FJボム
JDスター女子プロレスで活躍したファング鈴木が愛用していたスーパーボムと同型の技。
FK
新日本プロレスの柴田勝頼が開発したサッカーボールキックムーブの1つ。相手がいかなる状態にいるかに関わらず、相手を強引に蹴り上げるランニング式サッカーボールキックである。
F'n Slam
新日本プロレスなどで活躍中のランス・アーチャーが使っているシットダウン式のフルネルソンバスター。まず相手の上半身を背後からフルネルソンに捕らえ、抱えた相手の体を高々とリフトアップする。そのあと相手の両肩を固めていた腕のクラッチを解きながら尻餅をつき、落下させた相手の背中を自分の両足の間へ叩きつける。
FPB
DRAGON GATEのサイバー・コングが使っている必殺技の1つ。ミリタリープレスで持ち上げた相手の体を一旦両足からマットに下ろし、間髪入れずにショートレンジ式のパイナップルボンバーを放って相手を豪快に薙ぎ倒す。名前は"Final Pineapple Bomber"の頭文字を並べたもの。
FRH
WWEのシェイマスがインディーマットで使っていた喉輪式のマウントモーガンドロップ。チョークスラムの要領で相手の喉を右手で鷲掴みにし、相手の右骨盤あたりに添えた左手で相手の体をマットと水平の高さになるまでプッシュアップする。そのあと左手で掴んだ相手の右腿を下方向へと引っ張りながら両膝をつくように腰を落とし、落下させた相手の後頭部や背中を豪快にマットへ叩きつける。名前は"Fiery Red Hand"というフレーズの頭文字を並べたもの。
Fromコーナーtoコーナー
プロレスリング・ノアの丸藤正道が得意とするトカレフと同型の技。
F.T.S.
蝶野正洋が2004年末に開発した変形の裏STF。相手の下半身をSTFの要領で固めたあと相手の背中に覆い被さるように倒れ込み、左首筋の方から相手の顎の下に左腕を巻きつける。そのあと相手の右手首を左手で掴んで腕を相手の顎の下に巻きつけ、相手の右手首のあたりに右手を添える。最後に体を横方向に転して自分の背中をマットにつけ、その勢いで仰向けにひっくり返った相手の体を締め上げてタップを奪う。名前は得意とするSTFを裏返して決めることに由来する。
F.T.X.
DRAGON GATEのB×Bハルクが使っている改良型のE.V.O。まず向かい合った相手の左腕を右手で掴み、掴んだ腕を相手の股の前へと持っていく。続いて相手の股の間に腿の裏の方から差し込んだ左手で相手の左手首を掴み直し、自由になった右手を相手の右脇に背中の方から差し込んで腕を相手の首の後ろへと回す。最後に相手の体を180゜前方回転させながら抱え上げて左半身からマットへ倒れ込み、上下逆さまの状態になった相手の体を自分の左サイドへと叩きつける。
F-U
WWEのジョン・シナが愛用しているフィニッシングムーブ。ファイヤーマンズキャリーの要領で肩に担ぎ上げた相手の下半身を右手で下から押し上げ、その勢いで相手の体を仰向けにひっくり返す。そのあと落下する相手の方へと体を向けながら両膝をつき、相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。この名前はかつてのライバルであるレスナーのF-5と"F**k You"というスラングをかけて付けられたが、放送コードに引っかかったため現在はアティテュードアジャストメントと呼ばれている。
Fucking Bomb
WERSTLE-1で活躍中の火野裕士が使っているビクターボムと同型の技。前屈みになった相手の頭を股の間に挟みこんだあと大きく広げた両腕の中指を立てて観客を煽り、更に左手で右肘の裏を叩いた反動を使って右手を天高く突き上げてから技へと移行することが多い。
FUJIYAMA
橋本真也&小川直也の"OH砲"が開発した、富士急ハイランドのFUJIYAMAの名を冠した合体殺法。橋本が垂直落下DDTで抱え上げた相手に小川がSTOの要領で体を浴びせ掛け、急降下させた相手の頭部をマットへ強かに打ちつける。垂直落下DDTとSTOという2人の必殺技の競演である。
F your Face in the TKO
ミザリー
F4ボム
マーダーボム
F-5
WWEのブロック・レスナーが使っている一撃必殺のフィニッシャー。まず相手をファイヤーマンズキャリーの要領で肩に担ぎ上げ、自分の上半身を右方向に軽く捻って反動をつける。続いて上半身を左方向へと振りながら相手の下半身を右手で押し上げ、左手で抱えた首を支点にして相手の体を左方向へ90゜水平旋回させる。最後に相手を抱えたまま背中からマットに倒れ込み、落下させた相手の体をインプラントDDTの形で自分の左サイドに叩きつける。別名はジャッカル・イン・イモーションバーディクト
Gグリップ
インパクト・レスリングのタイラスが、WWE傘下のインディー団体で使っていた石の爪と同型の技。
Gドライバー
NEO女子プロレスの元気美佐恵が愛用していたフィニッシングムーブ。前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、右手で掴んで持ち上げた相手の左腕を自分の首の後ろに引っ掛ける。続いて右手を相手の右脇腹に回して上下逆さまにするように相手の体を持ち上げ、うつ伏せの状態で相手を右肩に担ぎ上げたあと体を右方向に軽く旋回させる。最後に相手の背中に左手を添えて右半身からマットに倒れ込み、落下させた相手の後頭部や背中を自分の右サイドに叩きつける。ボリショイ・ザ・ジャイアントに変身するとジャイアントドライバーに名前が変化する。
Gドライバー(裏)
元気美佐恵が使っていたシュバインと同型の技。
GAME OVER
KENTAが使うカールシックルと同型の技。両足で挟み込んだ相手の左腕をくの字に折り曲げ、相手の左腕の前腕部を自分の右腿と腹部の間に出来た隙間に差し込んで腕をがっちりと極めるのが特徴。
Gate of the Prophet
暗黒プロレス組織666のTHE101が使っているトルニージョ系のムーブ。相手を仰向けに倒したあと自分はエプロンへと移動し、場外の方を向いた状態でセカンドロープによじ登る。そのあと体を270゜後方回転させて背後にあるトップロープを背面跳びのように飛び越え、空中で体を更に360゜錐揉み回転させて相手をボディープレスする。
GBH
バンピーロ・カナディエンセが全日本プロレスで披露したブックエンドの名称。
GC
ランス・ケイドが使っていた師匠ショーン・マイケルズ譲りの美しいダイビングエルボードロップ。GCとはWWEでのリングネームである"Garrison Cade"に由来しており、ハッスルではダイビングテキサスと呼ばれていた。
GC3
WWEのアダム・ローズがWWE NXTでレオ・クルーガーと名乗っていた頃に愛用していたロンドンダンジョンと同型の技。
GENTAROカッター
プロレスリングFREEDOMSのGENTAROが使っているオリジナルムーブ。雪崩式ブレーンバスターを仕掛けようとする相手の首を逆にフロントネックロックで捕獲し、相手の体を飛び越えるように自分の体を前方回転させる。そしてそのままリングへ背中から落下し、コーナーから引きずり落とした相手の後頭部をマットへ痛打させる。
GHロック
DRAGON GATEの堀口元気が愛用するジャベ。向かい合った相手の右腕を左手で掴んで捻りあげ、前屈みになった相手の首の後ろに右足を引っ掛ける。続いて背中からマットに倒れ込む勢いで相手の体を前方に転がし、自分は右膝をマットにつきながら体を起こして相手の胸の上に跨るように腰を下ろす。最後に相手の右腕を右脇に、右足を左脇に抱え込み、体重をかけて相手の体を絞り上げる。
GHロック海
堀口元気が愛用する改良型のGHロック。相手をGHロックの要領でマットに転がしたあと相手の右足を右手で、左足を左手で掴み、折り曲げた相手の左足を相手の右膝の上にあてがって両足を4の字に固める。そのあと相手の左足首の上に自分の左足を引っ掛けて相手の両足の動きを封じ、相手の右腕を右脇に、右足を左脇に抱え込んで体を痛めつける。"改"ではなく"海"と表記するところがサーファーギミックを使っていた堀口らしい。
G.I.アント
CHIKARAで結成されたファイヤーアント、ソルジャーアント、グリーンアントのユニット、"ザ・コロニー"が開発したコンビネーション。まずソルジャーアントがリングの方を向いたままコーナーのセカンドロープによじ登り、ソルジャーアントの右足をファイヤーアントが、左足をグリーンアントがそれぞれ両手で抱え込む。そのあとソルジャーアントの体を高々とリフトアップしたファイヤーアントとグリーンアントが背中からマットに倒れ込み、敬礼をしながらリングに落下したソルジャーアントが仰向けになった相手の体を豪快にボディープレスする。
GK
新日本プロレスの柴田勝頼が使うサッカーボールキック系ムーブの1つ。助走をつけたあとうつ伏せになった相手の頭目掛けて強烈なサッカーボールキックを叩き込む。
GOD式パイルドライバー
大日本プロレスの"黒天使"沼澤邪鬼が愛用するクリスクロスパイルドライバーと同型の技。通常のジャンピングパイルドライバーや、"キラー"バディ・オースチンが使っていた相手のタイツを掴んで決めるパイルドライバーをこの名前で使ったこともある。
God Trap
プロレスリングHEAT-UPなどで活動中のPSYCHOが愛用する腕極め式のトケ・エスパルダス。まず向かい合った相手の右腕を左手で掴み、左横を通り抜けて相手の背後へと回り込む。そのあと相手の右足に自分の左足を正面から引っ掛け、相手の後頭部を右手で押さえつけて相手の体を前屈みにさせる。最後に前のめりに倒れ込みながら相手の体を前方に押し倒し、前屈状態になった相手の両肩をマットにつけてフォールを奪う。
GOEMONプレス
WMFで活躍したGOEMONが使っているスワントーンボムの名称。
go 2 入江sleep
DDTプロレスリングの石井慧介&入江茂弘が使うコンビネーション。ファイヤーマンズキャリーで相手を担ぎ上げた石井の前で入江が跪き、石井が入江の頭目掛けて相手の体を投げ捨てる。
go 2 cheech
ザ・デラックス
GO TO HELL (1)
新日本プロレスの後藤洋央紀がかつて使用していたムーブ。腕ひしぎ逆十字固めから逃れようと相手が自身の両腕を繋いだ際に片足を振り上げ、勢い良く振り下ろした足を相手の喉へギロチンドロップ気味に叩きつける。
GO TO HELL (2)
SECRET BASEなどで活動中の豪が使うラリアットの名称。
GO TO HELL (3)
SPWFやWJプロレスで活躍した矢口壹琅のフィニッシャー。形は51歳と同型。
G2PK
柴田勝頼が使っている打撃の波状攻撃。go 2 sleepの要領で相手の顔面に膝蹴りを見舞ったあと背後にあるロープに背中をあずけて反動をつけ、体を起こそうとする相手の胸板を続けざまにPKの形で蹴り飛ばす。
go 2 sleep
KENTAが開発した絶対的なフィニッシングホールド。ファイヤーマンズキャリーの要領で肩に担ぎた相手の上半身を左手で下から押し上げ、軽く宙へと浮き上がらせた相手の体を自分の正面に落下させる。そのあと相手が落ちてくるのに合わせて自分は左足を振り上げ、相手の顔面や胸板に左足で突き上げるような膝蹴りを叩き込む。WWEやROHで活躍したCMパンクは名前を簡略化したGTSという表記を使用してこの技を愛用していた。
go 2 sleepy hollow
CHIKARAなどで活躍中のハロウィックが使っているフィニッシャー。go 2 sleepの要領で相手の体を正面に投げ捨てながら右足を振り上げ、落下してきた相手の腹部を右足の甲で豪快に蹴り上げる。
GPエクスタシー
PURE-J女子プロレスのKAZUKIがライバルであるDJニラとの戦いで使っていたムーブ。形はいわゆる電気アンマと同型である。
GTO
小川直也がマレーシアの密林特訓で編み出したムーブ。相手を片羽締めに捕らえたあと背中からマットに倒れ込み、相手の胴体を両足で挟み込んで体を締め上げる。正式名称は"Ground Tornade Ogawa"。
GtoZ
GAMIがAtoZで披露したジャーマンスープレックスホールドの名称。
GTR
新日本プロレスの後藤洋央紀がCHAOS加入後に披露したファイナルアンサーと同型の技。
GTS
go 2 sleep
GUST
NEO女子プロレスの田村欣子が愛用していたダブルアームDDTの呼び名。
GUSTロック
田村欣子が使っていたDRドライバー2と同型の技。
G2A
プロフェッショナルレスリング・ワラビーの矢野啓太が英国武者修行時代に開発したムーブ。ファイヤーマンズキャリーの要領で肩に担ぎた相手の下半身を右手で下から押し上げ、軽く宙へと浮き上がらせた相手を自分の正面に落下させる。そのあと相手が落ちてくるのに合わせて自分は右足を振り上げ、両足でマットに着地した相手の尾てい骨に右足で強烈な膝蹴りを叩き込む。名前は"Go to Anal"というフレーズを簡略化したもの。
G9
WWEで活躍したJTG&シャド・ガスパードのタッグチーム、"クライムタイム"のコンビネーション。形はカウントダウンと同型。
G9クラッチ
DRAGON GATEで活躍中のGammaが使っているパッケージホールド。形はV9クラッチに酷似しているが、ガンマスペシャル同様自分のオリジナル技だと主張している。
Hエッジ
ハヤブサがマスクを脱ぎ捨て、素顔のH"として活動していた頃に開発した変形のロックボトム。まず向かい合った相手の右脇に頭を潜り込ませ、相手の左脇に胸の方から右腕を差し込んで相手の胴体を抱え込む。続いて相手の背中に左腕を回して体をリフトアップし、相手を持ち上げたまま自分の体を左方向に軽く旋回させる。最後に相手の右足を自身の右足で刈り取りながら前のめりに倒れ込み、落下させた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
Hサンダー
ハヤブサがH"時代に開発したフィニッシングムーブの1つ。ボディースラムの要領で持ち上げた相手の背中に左手を添えながら尻餅をつき、上下逆さまの状態で落下させた相手の体を自分の右サイドへと叩きつける。
H-ボム
WCWで活躍したロン・ハリス・&ドン・ハリスの双生児タッグチーム、"クリエイティブ・コントロール"が愛用していた合体式サイドバスター。ロープから返ってきた相手に並んだ2人が背中を向け、相手の左側に陣取ったドンが右腕を、相手の右側に陣取ったロンが左腕をそれぞれ相手の腹部に回す。続いてドンが相手の左腿を左手で、ロンが相手の右腿を右手で抱え込み、相手の体をマットと水平の高さになるまで抱え上げる。最後に2人同時に背中からマットへ倒れ込み、落下させた相手の背中をマットへ強かに叩きつける。
HAGE
還暦間近の59歳でプロレスデビューを果たしたハッスルの草間"CEO"が披露したフィニッシャー。形はランニングネックブリーカードロップと同型で、技の名前はHAGEと書いて"ヘイジ"と読む。
Happy Birthday
ZERO1に来日したフランク・デビットが使っていたパッケージパイルドライバーの呼び名。
HEATクラッチ
稔がマスクマンのヒートとして活動していた頃に開発し、現在でも奥の手として使用している丸め込み技。相手の左腕をミノルスペシャルの要領で捕獲し、関節技から逃れようとする相手の左足を左脇に抱え込む。更に相手の右足に内側から自分の右足をフックさせ、そのまま相手を押さえ込んでフォールを奪う。
Heavy Metal Anthem
プロレスリングBASARAのFUMAが使っているダイビングエルボードロップの呼び名。
HERO!クラッチ
DDTプロレスリングのHERO!が愛用していた丸め込み技。相手の体を外道クラッチで丸め込んだあと自分だけ立ち上がり、エビ固め風に丸まった相手の両足を両手で押さえつけてフォールを奪う。
HERO!スプラッシュ
HERO!が使っていたマッドスプラッシュの名称。
HERO!スプラッシュ2
HERO!が使っていたファイヤーバードスプラッシュと同型の技。
HERO!ドライバー+
HERO!が使っていたカナディアンデストロイヤーと同型の技。
HG
ハッスルのモンスターHGが使っていたダイビングギロチンドロップの呼び名。名前は"Hard Guillotine"というフレーズの頭文字を並べたもの。
HG三角締め
ハッスルで活躍していたHGの得意技。自分の股間を相手の顔面に押しつけた状態で極める三角締めである。
HHスプラッシュ
火野裕士&Hi69が使っているコンビネーション。対戦相手2人を仰向けに倒したあと2人がそれぞれコーナー最上段へと歩を進め、火野のフロッグスプラッシュとHi69のストゥーカ・スプラッシュで対戦相手2人を同時にプレスする。
HIMAWARI BOMB
KAIENTAI-DOJOの旭志織が愛用しているオリジナルムーブ。まず肩車の要領で担ぎ上げた相手の右腿を右手で、左腿を左手でそれぞれ掴み、肩の上で相手の体を右方向へ180゜回転させる。そのあと正面にやってきた相手の体をパワーボムの形でマットに叩きつけ、即座に自分の体を前方へとブリッジさせて相手をジャックナイフホールドの形で丸め込む。
HIMEI
DRAGON GATEのドン・フジイが使っている逆エビ固めの名称。
H.S.M.
DDTプロレスリングのKooが使っていた長身を生かした豪快なBTボム。正式名称は"Hawaiian Splash Mountain"。
HYマウンテン
JWP女子プロレスの春山香代子&米山香織が結成したタッグチーム、"ブルキャッツ"が使っていた合体殺法。まず対戦相手の1人をコーナー付近で仰向けに倒し、春山が残った対戦相手をリバースフルネルソンの体勢に捕らえる。続いて春山の背後にあるコーナーに登った米山がリングへとジャンプし、春山が垂直に持ち上げた相手の右足を左脇、左足を右脇に抱えながらマットに落下する。最後に米山が倒れている相手をダイビングセントーンの形で押し潰し、同時に春山が両膝をついて抱えていた相手を顔面からマットに叩きつける。
H5O
太陽ケアが使っているMJディライトと同型の技。正式名称は"Hawaiian Five Out"で、天龍源一郎から初勝利を収めた際のフィニッシングムーブでもある。
H8U
ZERO1の日高郁人が使うオリジナルムーブ。まず相手の体をイグチスラムの要領で肩に担ぎ、相手の下半身を下から押し上げると同時に相手の上半身を上から押さえつける。そのあと仰向けにひっくり返った相手の体を前方に投げ捨てながら尻餅をつき、相手の後頭部や背中を自分の両足の間に叩きつける。名前の読み方は"ヘイト・ユー"で、旧名はイグチドライバー
ICE-T
プロレスリング・ノアのタダスケがが使っている複合関節技。うつ伏せになった相手の左足をSTFの要領で固め、更に相手の上半身をコブラクラッチに捕らえて相手の体を締め上げる。
ICU
インパクト・レスリングのタイラスがWWE NXT所属時に使用していた、巨体を利したランニング式のボディープレス
IED
WWE NXTのオースチン・エリーズが使っている串刺し式のドロップキック。コーナーにハンマースルーするなどして相手をコーナーに寄りかからせ、自分は対角線上にある反対側のコーナーへと移動し距離をとる。そのあと十分な助走をつけて体を大きくジャンプさせ、コーナーに寄りかかった相手の頭部を強烈なドロップキックで蹴り飛ばす。
IR
新日本プロレスのミラノコレクションA.T.が愛用していたオリジナルのスープレックス。まず向かい合った相手の右腕を左手で掴んで腕を相手の股の前へと持っていき、外腿の方から相手の右腿の裏に回した左手で相手の左腕も掴み左手足の動きを封じる。そのあと自由になった右手で相手の右腕を掴んで前屈みになった相手の首の後ろに右腕を回し、体をブリッジさせる勢いを利用して相手を後方へと反り投げそのまま3カウントを奪う。名前は"Italian Revolution"の頭文字を取ったもの。
IR2
ミラノコレクションA.T.が使っていた変形のフェイスバスター。前屈みになった相手の頭を自分の股の間に正面から挟み込み、相手の左腕を右手で、右腕を左手でそれぞれ掴んで腕を相手の背中の方へと折り曲げる。続いて折り曲げた相手の両腕と胴体を自分の両腕で抱え直し、相手の体を垂直になるまで持ち上げる。最後に抱えた相手に体を浴びせかけるように前のめりに倒れ込み、相手の体をうつ伏せの状態でマットへ叩きつける。
IVニーロック
IGFなどで活動中のケンドー・カシンが新日本プロレスで石沢常光と名乗っていた頃から愛用しているムーブ。ローリングクレイドルで相手を転がしたあと回転を止め、相手の左足を回転足4の字固めの要領で痛めつける。名前のIVは"Ishizawa Victory"を省略したものであり、ケンドー・カシンとなった現在は"Kashin Victory"を省略してKVニーロックと呼ばれている。
I-20
プロレスリング・ノアのタダスケが使っているXハンマーの名称。
I-94
新日本プロレスで活動中のKUSHIDA&アレックス・シェリーのタッグチーム、"タイム・スプリッターズ"が使うメイド・イン・デトロイトと同型の技。
Jスプラッシュ
ヒンドゥープレス
J-ドリラー
ROHで活躍中のジェイ・ブリスコが使っているマネーメイカーと同型の技。
JFK
大阪プロレスのタイガースマスクが使っていた打撃のコンビネーション。肩車の要領で飛びついた相手の脳天に肘を落とし、リングに降りたあと相手の顔面へランニング式の飛び膝蹴りを叩き込む。そのあと怯んだ相手の体を前方に転がして尻餅をつかせた状態にし、相手の喉元をロープの反動を利用した低空のアックスボンバーで刈り取る。名前は阪神タイガースがかつて多用していたリリーフ陣の呼び名に由来。
JITOMARUスペシャル
大日本プロレスの大分大会に登場したマスクド・JITOMARUのフィニッシャー。この試合を観戦していたという田中稔によると、技の形はミノルスペシャルと全く同じだったとのこと。
JJカッター
JJペレスが大阪プロレスで披露したハワイアンスマッシャーの名称。
JKボム
Marvelousの桃野美桜が愛用しているヨシタニックと同型の技。
JPD
ケン片谷が使っているジャンピングパイルドライバーの呼び名。
Justice Monster
永田裕志&中西学が"人類プロレスラー計画「中西ランド」"の中で開発した4つのコンビネーションの内の1つ。コーナーに寄りかかった相手に永田がタイナーを叩き込み、中西がそのコーナーの最上段へと歩を進める。そのあとコーナーの方を向かせた相手の体を永田が後ろから羽交い絞めにして中西を待ち構え、中西がコーナー最上段からのダイビングクロスボディーを相手に見舞う。
K-クラッシャー
PURE-J女子プロレスのKAZUKIが使っているハワイアンスマッシャーと同型の技。
K-ショック
JWP女子プロレスの美咲華菜が使用していたオリジナルスープレックス。まず背後に回り込んで相手の右腕を右手で掴み、相手の顎の下へと持って行った相手の右腕を左手で掴み直す。そのあと自由になった右手を腿の裏の方から相手の股の間に差し込み、右手で正面にある相手の左手首を掴んで腕の動きを封じる。最後に両腕を極めたまま体をブリッジさせて相手を後方に反り投げ、相手を肩口からマットに叩きつけたあともブリッジを崩さずそのまま3カウントを奪う。
K包み固め
川田利明がハッスルでモンスターKと名乗っていた頃に披露したスモールパッケージホールドの呼び名。
K-ファクター
WWEやWCWで活躍したビリー・キッドマンが使っていたカウンタームーブ。パワーボムを相手に仕掛けられた際に空中で相手の頭を両手で掴み、相手の顔面をカウンター式のXファクターでマットに叩きつける。
KAIクラッチ
WRESTLE-1のKAIが使っているエゴパッケージと同型の技。
KAZE-GATAME
北九プロレスZのKAZEがかつて披露したオリジナルパッケージ。ガードポジションの状態の時に相手の左腕を下から両足で挟み込み、内腿の方から相手の左腿の裏に右手を回して足を抱え込む。そのあと相手の体を転がして背中をマットにつけさせ、相手の上に馬乗りになりながら相手の頭を左手で抱え込んでフォールを奪う。
KAZROCK
KAZMA SAKAMOTOがKAIENTAI-DOJOで使っていた変形のアナコンダバイス。仰向けになった右サイドに腰を下ろして相手の右腕を両足で挟み込み、相手の左腕を右手で掴んで上半身を軽く持ち上げる。続いて右首筋の方から自分の左腕を相手の首の後ろに差し込み、直角に折り曲げた相手の左腕の手首を左手で掴み直す。最後に折り曲げた相手の左腕の隙間に外側から差し込んだ右手で自分の左手首を掴み、体重を後ろにあずけることで相手の頚動脈や呼吸を圧迫する。
KAZMAX
KAZMA SAKAMOTOが使っているハイアングル式のロックボトムの呼び名。
KDD愛
KAZEが使っているダブルアームDDTの名称。
KFC
DIAMOND RINGの梶原慧が使っていたゴリーボムの呼び名。
KGフラッシュ
朱里がハッスルでKGと名乗っていた頃に使っていたアンプリティアと同型の技。
KHM式ダウンバースト
ZERO1の藤田峰雄がWMFで愛用していた急角度のダウンバースト。オクラホマスタンピードの要領で相手を右肩に担ぎ上げたあと自分の背中を後ろに軽く傾けながら尻餅をつき、うつぶせの状態で落下させた相手の顔面を自分の右サイドへ打ちつける。
KICHIKU
プロレスリング・ノアの平柳玄藩が使っているダーティーな丸め込み技。腿の裏の方から相手の股の間に差し込んだ右手で相手の股間を鷲掴みにし、悶絶する相手の後頭部を左手で後ろから押さえつける。そしてそのまま前屈状態にさせた相手の両肩をマットにつけさせ、相手の体を上から押さえつけて3カウントを奪取する。
KID
みちのくプロレスのフジタ"Jr"ハヤトが使う、山本"KID"徳郁直伝のグラウンドフロントネックロック
KIDクラッチ
フジタ"Jr"ハヤトが2011年のZERO1火祭りで公開し、田中将斗から金星を挙げるに至った丸め込み技。助走をつけて近づいてきた相手の正面で体をジャンプさせて相手の頭をフロントネックロックに捕らえ、更に相手の胴体を両足でがっちりと挟み込む。そして背中からマットに倒れ込んだあと体を後転させて上のポジションをとり、両肩がマットについた相手をそのまま押さえ込み3カウントを奪う。
KIDOクラッチ
ピンクラッチ
KIMURA
14:59
KKK
KAIENTAI-DOJOで"吉田屋"を結成していたTAKAみちのく、GENTARO、Hi69のコンビネーション。相手の正面に3人が移動して同時にトラースキックを放ち、相手の顔面を3人の足で豪快に蹴り飛ばす。
KO
クリス・ヒーローが使っているローリングエルボーの呼び名。名前は"Knock Out"という言葉と自身のイニシャルを表すダブルミーニングであり、FCWでは相手の後頭部目掛けて放つデスブローと同型の一撃のことをオーノ・ブレイドと呼び差別化していた。
KOパンチ
WCWで活躍したタンク・アボットが使っていた一撃必殺のパンチの名称。
KOマッケンロー
永田裕志&中西学が"人類プロレスラー計画「中西ランド」"の中で開発した4つのコンビネーションの内の1つ。棒立ちになった相手の胸板に永田がランニング式のミドルキックを叩き込み、それと同時に中西がマッケンローで相手の左足を刈り取って相手を豪快に薙ぎ倒す。
KOBEワールドライナー
ワールドライナー
KRS-ONE
クリス・ヒーロー&クラウディオ・カスタニョーリのタッグチーム、"キングス・オブ・レスリング"が愛用していたコンビネーション。まずカスタニョーリが向かい合った相手の右脇を左手で、左脇を右手で抱えて相手の体をリフトアップし、カスタニョーリの正面に陣取ったヒーローの右肩の上に相手の右足を、左肩の上に左足をそれぞれ着地させる。続いてマットと平行になった相手の体を2人が胴上げをするように下から押し上げ、その勢いで相手の体を宙へと舞い上がらせる。最後にうつ伏せの状態で落下する相手の背中をカスタニョーリが押さえつけて相手の体を上下逆さまの状態にし、相手の体をキャッチしたヒーローがみちのくドライバー2のような形で相手をマットに叩きつける。名前は"Kings Reign Supreme Over Nearly Everyone"というフレーズの頭文字を並べたもの。
KRS-TWO
クリス・ヒーロー&クラウディオ・カスタニョーリのタッグチーム、"キングス・オブ・レスリング"が愛用していたコンビネーション。まずコーナーの下でへたり込んだ相手の右サイドにヒーローが、左サイドにカスタニョーリが陣取り、相手の右足をヒーローが両手で、左足をカスタニョーリが両手でそれぞれ掴む。続いてコーナーのセカンドロープを掴んで技をこらえようとする相手の体を無理やり宙に抱え上げ、掴んだ足をコントロールして相手の体に360゜の後方回転を加える。最後に回転する相手の足から腕を離して相手をリング中央の方へと放り投げ、宙を舞わせた相手の背中を豪快にマットへと叩きつける。名前は"Kings Reign Supreme The World Over"というフレーズの頭文字を並べたもの。
KTFO
クリス・ヒーローが使っているフィニッシャーの1つ。前屈みになった相手の後頭部を振り上げた右足の裏で踏みつけ、その衝撃で上半身が伸び上がった相手の顔面へ右腕で追撃のエルボーバットを叩き込む。
KUBINAGE
WRESTLE-1の近藤修司が使っているパワー溢れるムーブ。まず自分の両腕を背中の方へと回して背後にいる相手の首を鷲掴みにし、軽く屈伸して反動をつけたあと両腕を上方向へ伸ばして相手の体を宙に浮き上がらせる。そのあと腕の力を使って相手の体を270゜前方回転させるように引っこ抜き、自分の正面へとやってきた相手の体をマットへ投げ捨てる。
KUSH
CZWなどで活躍しているARフォックスのフェイバリットホールド。まず相手の攻撃をかわしつつコーナーに向かって走り出し、リングに背を向けた状態でコーナーのセカンドロープに飛び乗る。そのあと後ろに飛び退くようにジャンプして背後にいる相手の頭を両手で掴み、空中で体を軽く旋回させてから相手にダイヤモンドカッターを叩き込む。コーナーに振られた際にカウンター技として繰り出すこともある。
KUSHIDAロック
9469
KUDO鬼畜スペシャル
DDTプロレスリングのKUDOがHARASHIMAとの抗争時に披露したフィニッシャー。形はHARASHIMAが得意とする蒼魔刀に酷似している。
KV固め
IGFで活動中のケンドー・カシンが使うカウンターの丸め込み技。相手に逆エビ固めを仕掛けられそうになった際に相手の方に視線を向けるように体を捻り、相手の右足を左手で、左足を右手でそれぞれ掴む。そのあと相手もろとも体を前方に転がして相手を丸め込み、背中がマットについた相手の上に馬乗りになってフォールを奪う。
KVニーロック
IVニーロック
KYスペシャル
新日本プロレスで結成された"ストロングマシーン軍団"のマネージャーとして活躍した将軍KYワカマツの必殺技。相手の左足の内側に自分の右足を正面から引っかけ、左手で掴んだ相手の左腕を自分の左腿の上へと持っていく。そのあと前屈みになった相手の右腕を両手で掴んで腕を自分の方へと引き寄せ、相手の肩や脇腹を痛めつけて相手をギブアップに追い込む。
KZtime
DRAGON GATEのKzyが使っているフロッグスプラッシュの名称。
K2
WWEのケリー・ケリーが使っているフェイマサー系ムーブの総称。通常のフェイマサーのほか、ロッカードロッパーハルパクランチと同タイプの技を使うこともある。
K7-308
DDTプロレスリングの猪熊裕介が愛用していた足抱え式のジャックハマー。まず前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、右手で掴んで持ち上げた相手の左腕を自分の首の後ろに引っ掛ける。そのあと内腿の方から相手の左腿の裏に右手を回して相手の体を垂直になるまで抱え上げ、相手に体を浴びせかけるように倒れ込んで相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
L.A.
プロレスリングWAVEで活躍中の山縣優が使うWA4と同型の技。名前は浜田文子とのタッグチームである"Las Aventureras"の略語であり、現在はL.A.で名前が固定されているがそれ以前はその時々の気持ちによって名前が変化していた。一例として挙げるとKAIENTAI-DOJOで行われたアップルみゆきとのシングルマッチで技を初公開した際には意地、中川ともかのKAIENTAI-DOJO所属最終試合でアディオス、アップルみゆきをシングルマッチで続けざまに撃破した試合では次続友情、後輩のバンビから勝利した試合では格差力差完結未来永劫、敬愛する植松寿絵をシングルマッチで下すと溺遭、アルシオン時代の因縁があるGAMIとの戦いでは遺恨嫌悪、首の怪我による長期欠場明けに復活、2009年最初の興行で謹賀新年、同期の米山香織に勝利すると邂逅、後輩の関根龍一を下した一戦では親心、2009年末にプロレスに復帰した川崎亜沙美をフォールした際には、2010年夏にKAIENTAIが新たな転機を迎えた折には決起、自身の10周年記念試合で山縣優、スターダムでタッグリーグ最終戦を控える美闘陽子を下した際には援護射撃という名前が付けられた。
L.A.MART
DRAGON GATEのCIMAが2003年の"エル・ヌメロ・ウノ"で初公開した丸め込み技。形はトケ・デ・エスパルダスと同型で、現在はブラッドシルクロードと呼ばれている。
Lanakila-H
Chick Fights SUNのHikaruが使っていたフィニッシャー。まず前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、右手で掴んで持ち上げた相手の左腕を自分の首の後ろに引っ掛ける。そのあと内腿の方から相手の右腿の裏に右手を回して相手の体を上下逆さまにするように抱え上げ、尻餅をつく形でマットに倒れ込んで落下させた相手の背中を自分の両足の間へ叩きつける。Lanakilaは"勝利"という意味を表すハワイの言葉であり、"ハッスルなでしこ"Hikaruとして活動していたハッスルではなでしこドライバーと呼ばれていた。
Lanakila-X
ガンバレ☆プロレスなどに参戦している浪口修が見せたムーブ。Lanakil-Hの要領で相手を上下逆さまに抱え上げたあと右膝をつくように腰を落とし、急降下させた相手の頭部を垂直にマットに打ちつける。
LAT
WRESTLE-1のKAIが使っているパーフェクトドライバーと同型の技。2008年のジュニアヘビー級リーグ戦決勝でこの技を初公開し、見事同リーグ戦を制覇した。
LED
ラ・内田こと内田祥一が大阪プロレス時代に開発した天ノ邪鬼と同型の技。正式名称は"La-uchida Extreme Drop"。
Leonストーン
PURE-J女子プロレスのLeonが使っているセントーン・アトミコと同型の技。玲於奈というリングネームで活動していたAtoZではLEO-NAストーンと呼ばれていた。
Level42
プロレスリング華☆激のコスモ☆ソルジャーが使っているオリジナルパッケージ。まずリングの方を向いた状態でコーナー最上段に腰をかけ、背中を向けている相手の首に自分の両足を4の字に巻きつける。そのあと高角度前方回転エビ固めの要領で相手の体を丸め込み、折り曲げた相手の左足を相手の右膝の裏にあてがって両足を4の字に固める。最後に相手の左足首の上に自分の右足を引っかけて相手の足をロックし、更に伸びている相手の右足を両手で掴んで相手をフォールする。木村カエラがMCを務める"sakusaku"というテレビ番組に出演する際に開発された技であり、木村カエラのデビューシングルのタイトルが技の名前となっている。
Loco
DRAGON GATEのEitaが使っているニュースクールと同型の技。
Los Amigos
勝俣瞬馬&ワンチューロのタッグチーム、"Los Amigos"が使うコンビネーション。勝俣の飛び膝蹴りとワンチューロのドロップキックを同時に放ち、2人の蹴り足で相手の体を挟み撃ちにする。
LRK
ランド・オブ・ライジングニー
LSD (1)
トレント・アシッドが使っていた雪崩式リバースフランケンシュタイナーの名称。
LSD (2)
全日本女子プロレスやアルシオンで活躍したライオネス飛鳥が使っていた変形のフィッシャーマンバスター。まず前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、右手で掴んだ相手の左腕を相手の喉のあたりに持っていく。続いて相手の頭を抱えた左手で相手の左手首を掴み直し、自由になった右手を内腿の方から相手の左腿の裏へと回す。最後に相手の体を垂直になるまで持ち上げて背中から倒れ込み、落下させた相手の頭部をマットへ強かに打ちつける。名前は"Lioness Surprise Driver"の頭文字を取ったもの。
LSD2
ライオネス飛鳥が開発したドライバー型のLSD。まずLSDの要領で相手の体を垂直に持ち上げ、相手の体に右方向への捻りを加えて顔を自分の方に向かせる。そのあと相手を前方に落下させながら尻餅をつき、上下逆さまになった相手の体を自分の両足の間へ叩きつける。
LSD3
ライオネス飛鳥が重量級の相手用に作り上げた改良型のLSD2。まず前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、右手で掴んで持ち上げた相手の左腕を自分の首の後ろに引っ掛ける。続いて内腿の方から相手の左腿の裏に右手を回して相手の体を垂直に持ち上げ、相手の体に右方向への捻りを加えて顔を自分の方に向かせる。最後に相手を前方に落下させながら尻餅をつき、上下逆さまになった相手の体を自分の両足の間へ叩きつける。
M字固め
ハッスルのインリン様が小川直也を破った際に披露した、仰向けになった相手の上に得意のM字開脚で跨ってフォールを奪う押さえ込み技。
M字スタナー
ニューリン様とHGがハッスルで見せたコンビネーション。まずHGが向かい合った相手の喉元に右腕をからみつかせ、ニューリン様が相手の首をスタナーの要領で右肩に固定する。そのあと両者が同時にマットに膝をつき、着地の衝撃で相手の首にダメージを与える。
M十字固め
インリン様が使っていたステップオーバーアームブリーカーの名称。相手の背中にM字開脚で跨り、相手の腕に巻きつけた鞭を引っ張って腕を反り上げる。
Mチョーク
インリン様が使っていた得意技の1つ。尻餅をついた相手の喉に鞭を引っ掛け、絞首刑のような感じで相手の首を締め上げる。
Mチらくだ固め
インリン様が愛用していた変形のキャメルクラッチ。相手の背中にM字開脚で跨ったあと相手の喉に鞭を引っ掛け、鞭を引っ張ることで相手の背中を反り上げる。
M.バイソン
CZWで活躍した"SICK"ニック・モンドのオリジナルムーブ。エプロンにいる相手の上半身をセカンドロープに凭れ掛けさせたあと自分はコーナー最上段へと歩を進め、後頭部目掛けてのダイビングフットスタンプを相手に叩き込む。
M-プロージョン
WWEのメイヴェンが使っていたラングブロアーと同型の技。
Mボム
JDスター女子プロレスやガッツワールドで活躍した武藤裕代のフィニッシングホールド。ファイヤーマンズキャリーの要領で肩に担ぎ上げた相手の上半身を下から押し上げ、その勢いで相手の体を仰向けにひっくり返す。そのあと落下する相手の方に体を向けながら尻餅をつき、相手の背中を自分の両足の間へ叩きつけてフォールを奪う。
MADE IN JAPAN
DRAGON GATEの鷹木信悟が愛用している変形のラストファルコンリー。F.T.X.の要領で相手の体を抱え上げたあと開脚ジャンプし、相手の喉元に左足を引っかけながら尻餅をついて相手の後頭部や背中を強かにマットへ叩きつける。
MAKO
スポルティーバ・エンターテイメントの佐藤泰が使っている河津落とし系ムーブの1つ。相手の体に河津落としの要領で手足を絡めたあと体を左方向に軽く捻って反動をつけ、体を右方向に振ると同時にマットを蹴って体を軽くジャンプさせる。そのあと宙に浮き上がった相手もろとも背中からマットへと落下し、相手の後頭部や背中を強かにマットへ叩きつける。名前は"Mad Angle Kawazu Otoshi"の頭文字を並べたもの。
Malw
TARUが使っている変形のナイアガラドライバー。まず前屈みになった相手の首の後ろに左手を回して頭を抱え込み、更に相手のタイツを右手で掴んで相手の体を垂直になるまで抱え上げる。そのあと相手の体を自分の左肩の上にカナディアンバックブリーカーの形で着地させて相手の腰を両手で抱え直し、そのまま尻餅をつくように腰を落として相手の背中を自分の両足の間へと叩きつける。名前の読み方は"マルー"。
MANRIKI
鷹木信悟がデビュー当時から愛用しているサブミッション。まず相手の上半身を背後からフルネルソンに捕らえ、両手のクラッチを切って相手の右脇から右腕を引き抜く。そのあと自分の体を右方向に捻って相手の左足に左足を引っ掛け、STOの形でマットへ叩きつけた相手の左腕を両足で挟み込む。最後に右手で掴んだ相手の右腕を相手の頭の後ろの方へと折り曲げ、相手の首と右腕を抱えるように両手をクラッチして体を痛めつける。
MARUスピンクラッシュ
JDスター女子プロレスで活躍したMARUが使っていたオリジナルのフェイスバスター。相手の右腿に正面から右足を乗せて体をジャンプさせ、相手の肩に肩車の要領で飛びつく。続いて相手の左脇に自分の左足を引っ掛け、左足を軸にして自分の体を右方向に360゜錐揉み回転させる。最後に相手の首の後ろに右腕を回しながら尻餅をつき、前のめりに倒した相手の顔面をマットに叩きつける。
MARUロックマフラー
MARUが愛用したキャッツクレイドルと同型の技。
MARU×2スープレックス
MARUが愛用したオリジナルのスープレックスホールド。向かい合った相手の左腕を右手で掴み、掴んだ腕を自分の首の後ろへと引っ掛ける。続いて左腕を相手の右脇腹へと回し、相手の左内腿を右手で下から掬い上げる。最後に相手の左足を抱えたまま体をブリッジさせて相手を後方へと反り投げ、相手を背中からマットに叩きつけたあともブリッジを崩さずにフォールを奪う。現在はスターダムの翔月なつみがこの技を受け継いでいる。
MAXPAIN
プロレスリング・ノアの浅子覚が使っていた複合関節技。相手の右足首をフィッシュストレッチスリーパーの要領で両腿の間に挟み込んだあと相手の左足首を左脇に抱え、相手の左足を逆片エビ固めのような感じで反り上げて相手の足首・腰・股関節などを複合的に痛めつける。
MBA
CHIKARAのアマシスが使っているフェイマサーとほぼ同型の技。尻餅をつくのではなく、自分の両足を前後開脚するような格好でマットに着地するのが特徴である。
MEGUMIドライバー
コップキラー
MFF
KAIENTAI-DOJOの滝澤大志がアメリカ武者修行後に使い始めたWA4と同型の技。名前は"Midnight special From Florida"というフレーズの頭文字を並べたもの。
MIKA☆ラッチ
中西百重とタッグを組んだMIKAMIが披露したムーブ。形は中西が得意とするモモ☆ラッチと同型。
MIYAMAX
KAIENTAI-DOJOでKAZMAとの抗争を行っていたMIYAWAKIが披露したKAZMAXと同型の技。
MJディライト
CMLLで活躍中のマルコ・コルレオーネことマーク・ジンドラックがWCWで愛用していた必殺技。相手をアルゼンチンバックブリーカーの要領で両肩に担ぎ上げたあと上半身を左方向に軽く捻り、体を右方向へ振ると同時に相手の足を掴んでいた腕を離す。そのあと相手の首を両手で抱え込んで背中からマットに倒れ込み、落下させた相手の後頭部や背中をマットへ痛打させる。
MM
KAIENTAI-DOJOのマイク・リーJr.が見せた、絶望的に追い込まれた時に相手を丸め込み一発逆転で勝利を掠め取る現象の呼び名。名前の読み方は"マイクマジック"。
MN
プロレスリング・ノアの熊野準が使っている、エクスプロイダーの体勢から仕掛けるマウントモーガンドロップ。まず向かい合った相手の左脇に頭を潜り込ませ、相手の右肩の上に自分の左腕を引っ掛ける。そのあと相手の左骨盤に添えた右手を使って相手の体をマットと平行になる高さまでプッシュアップし、宙に浮き上がった相手の左腿を右手で素早く掴み直す。最後に掴んだ相手の左足を自分の方へと引っ張りながら両膝をつくように腰を落とし、相手に体を浴びせかける形で倒れ込んで相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。名前の"MN"は技の考案者であるマイキー・ニコルスのイニシャルに由来し、正式名称になるまでは便宜上変形スパインバスターと呼ばれていた。
MOAB
リアルジャパンプロレスのザ・マスク・オブ・タイガーが披露したオーバーヘッドキックとほぼ同型の技。
MONSTERS VOMIT
みちのくプロレスで活動しているフジタ"Jr."ハヤト&Ken45゜のコンビネーション。膝をついた相手の正面にKenが、背後にハヤトがそれぞれ陣取って助走をつけ、2人が同時に放ったサッカーボールキックで相手の体をサンドイッチにする。名前は2人が良く利用している仙台のBAR、"MONSTERS VOMIT"に由来している。
MPL
ジョエル・マキシモがWJプロレスやZERO-ONEで披露したオリジナルサブミッション。相手の下半身をクランチループの要領で固め、うつぶせになった相手の右足首の上に自分の左膝の裏をフックさせて相手の両足を痛めつける。正式名称は"Maximo Pressure Lock"。
MVP
DRAGON GATEの土井成樹がT2P時代に愛用していたジャベ。仰向けになっている相手の左腕を右手で掴んで相手の体を軽く引き起こし、相手の首の後ろに自分の右足を引っ掛ける。続いて右足のつま先を相手の左脇に胸の方から引っ掛け、相手の首を両足で挟みながらマットに倒れ込む。最後に掴んでいた相手の左腕をチキンウイングアームロックに捕らえ、相手の首や肩を痛めつけてタップを奪う。
M14
アイドライザー
M5
DDTプロレスリングの諸橋晴也が愛用しているMJディライトと同型。
M-80
CHIKARAなどで活動中のマルシェ・ロケットが使うガン・スタンと同型の技。
M-9 (1)
東京愚連隊の竹村豪氏が愛用していたF-5と同型の技。名前の読み方は"エム・ナイン"。
M-9 (2)
DRAGON GATEのしゃちほこBOYが使っている卍式回転エビ固めと同型の技。
NANA☆MOMOダイバー
高橋奈七永と中西百重が全日本女子プロレスで愛用していたT-ギミックと同型の技。
NEO版マッスルスパーク
"NEOマシンガンズ"の宮崎有妃&タニー・マウスが愛用していた開運固めリバースネルソンデスロックの競演。漫画のキン肉マン同様、2人の技をあわせて完璧版といったところか。
noki-anクロス
noki-Aがアルシオンで愛用していたフルネルソン式のカベルナリア。相手をカベルナリアの要領で膝からマットに落とし、相手の上半身をフルネルソンに捕らえて相手をギブアップに追い込む。
noki-anバックブリーカー
noki-Aが愛用していたレイネーラの呼び名。素顔のAKINOとして活動している現在はアキアンバックブリーカーと呼ばれている。
noki-anボム
noki-Aがアルシオンで使っていたフィニッシングムーブの1つ。前屈みになった相手の頭を自分の股の間に正面から挟み込み、胸の方から相手の右脇に自分の左腕を差し込む。続いて右手で掴んだ相手の左腕を相手の背中の方に折り曲げて相手の左手首を左手で掴み直し、自由になった右手で相手の左腿を抱え込んだあとパワーボムの要領で相手を肩の高さまでリフトアップする。最後に掴んでいた左腕を離して相手の右腿を左手で、左腿を右手で抱え直し、相手の体をスパイラルボムの形でマットに叩きつけそのままフォールを奪う。
NOSAWAクラッチ
東京愚連隊のNOSAWA論外が愛用している怨霊クラッチと同型の技。
NOVA
DRAGON GATEのEitaが使っている背面式のカサドーラ。相手の後ろに回り込んだあと体をジャンプさせて自分の顔が下を向くように体を捻り、相手の胴体を背後から両足で挟み込む。そして自分の体を前方回転させた勢いで相手を後ろにひっくり返し、両肩がマットについた相手の体を押さえ込んで3カウントを奪う。
NOW OR NEVER
DDTプロレスリングで活躍中の佐々木大輔が愛用しているフィニッシングホールド。まずオクラホマスタンピードの要領で相手を右肩に担ぎ上げ、相手の左肩を左手で下から押し上げることで相手の体を仰向けにひっくり返す。そのあと自分の体だけを右方向へ180゜捻って落下する相手の喉のあたりにリバースDDTの形で左腕を回し、そのまま左半身からマットに倒れ込んで相手の後頭部や背中を自分の左サイドへと叩きつける。正式名称が決まるまでは変形リバースDDTと呼ばれていた。
NOW OR NEVER 2011
佐々木大輔が使っている必殺技の1つ。パンプハンドルスラムの要領で持ち上げた相手をうつぶせの状態で右肩に担ぎ上げ、そこからNOW OR NEVERを仕掛けて相手の後頭部や背中をマットへ叩きつける。
#178
WRESTLE-1の稲葉大樹が使っているトケ・エスパルダス系の丸め込み技。相手の右足の内側に正面から自分の左足を引っ掛け、前屈みになった相手の左脇に背中の方から左腕を差し込む。そのあと前屈状態になった相手の体を前方に押し倒して相手の両肩をマットに付けさせ、自分は腹這いなりながら相手を押さえ込んで3カウントを奪う。得意とする卍固めに行くと見せかけ、技をこらえようとする相手をくるりと丸め込んでいく。
No.19
全日本プロレスのゼウスが愛用しているチョークスラムの大阪プロレス時代の呼び名。ハッスルでは当初ゼウスが使うダイビングボディープレスにこの名を付けていたが、その後大阪プロレス同様ゼウスのチョークスラムをこの名で呼ぶようになった。
No.34
ZERO-ONEで活躍したトム・ハワードが使っていたグリーンベレー殺法の1つ。仰向けになった相手の右腕を右手で掴み、掴んだ腕を相手の喉元に巻きつける。そのあとうつ伏せにひっくり返した相手の右足首を左手で掴んで相手の腰に頭をあてがい、自分の体を前方にブリッジさせて相手の首や腰を痛めつける。
No.36
トム・ハワードが使っていたグリーンベレー殺法の1つ。形はキャトルミューティレーションと同型で、別名はNo.54
No.37
トム・ハワードが使っていた裏STFの名称。
No.52
トム・ハワードが使っていた足を極めない鎌固め。うつ伏せになった相手の頭をフロントネックロックの形で右脇に抱え込んだあと自分の体を前方にブリッジさせ、相手の背中に自分の頭をあてがった状態で相手の首や腰を痛めつける。
No.54
No.36
No.55
トム・ハワードが使っていたバフ・ブロックバスターと同型の技。リングに背を向けた状態でコーナー最上段に立ち、体を翻しながらリングにジャンプして技を決めることも多かった。
No.66
トム・ハワードが使っていたストレッチプラムとほぼ同型の技。
Numero Dos
DRAGON GATEのEitaが使っているパワーボム系のムーブ。まず向かい合った相手の左腕を左手で掴み、掴んだ腕を相手の顎の下に巻きつけながら相手の背後に回り込む。そのあと腿の裏の方から相手の股の間に右手を差し込み、正面にある相手の右腕を右手で掴む。最後に両腕を封じた相手の体を上下逆さまにするように持ち上げて尻餅をつき、落下させた相手の背中を自分の両足の間へと叩きつける。この技を決めたあと即座にNumero Unoに移行してギブアップを迫ることが多い。
Numero Uno
Eitaが使う数々のジャベの中で特にフィニッシュ率が高いムーブ。まずスカイデスペシャルの要領でマットに転がした相手をうつぶせにひっくり返し、相手の足の方を向きながら相手の右腕を自分の左膝の間に挟み込む。そのあと相手の左脇腹の横に自分の右足を移動させて相手の背中の上に馬乗りになった状態になり、相手の左腕を右手で掴んで持ち上げる。最後に自分の右足を持ち上げた相手の左腕に、自分の右足のつま先を相手の首の後ろに順々に引っ掛けて相手の左腕と首の動きを封じ、相手の左腕を右脇に抱え直して相手の左腕の関節を痛めつける。マットに転がした相手の体を横十字固めで丸め込み、これを返した相手の体を即座に捕らえて技に移行することも多い。
Numero Uno Original
Eitaが使う丸め込み技。まずマットに転がした相手の体を横十字固めで一旦丸め込み、カバーをキックアウトしてうつ伏せになった相手の足の方を向きながら相手の背中に馬乗りになる。そのあと背中の方から相手の左脇に自分の右足を差し込んで相手の腕に足を絡め、更に左手で掴んだ相手の右腕を相手の腹の方へと持っていく。最後に腿の裏の方から相手の股の間に差し込んだ右手で相手の右腕を掴み直し、腕を掴んだまま相手もろとも横方向へと転がり両肩がマットについた相手から3カウントを奪う。
NYPD
CZWで活躍したナイルズ・ヤングが使っていた旋回式のツームストンパイルドライバー。名前は"Niles Young Pile Driver"というフレーズの頭文字を並べたもの。
N64バスター
CHIKARAなどで活躍したプレイヤー・ドスが使っている必殺技の1つ。ファイヤーマンズキャリーの要領で相手を肩に担ぎ上げ、自分の上半身を左方向に軽く捻って反動をつける。そのあと上半身を右方向に振りながら右手で掴んでいた相手の足を離し、左手で抱えた首を支点にして相手の体を右方向に270゜水平旋回させる。最後に自分の正面にやってきた相手の背中を右手で押さえつけながら尻餅をつき、うつぶせになった相手の体を自分の両足の間へと叩きつける。
OLAP
プロレスリング・ノアのハロウィン大会でケビンマスクが披露したムーブ。形はパロスぺシャルと同型。
ONE☆WAY
高梨マサ子が披露した相手の顔面目掛けてのレッグラリアート
OROCHI
プロレスリング華☆激のU.M.Aが使っているパトリオットバスターと同型の技。
OUTATIME
新日本プロレスで活躍しているKUSHIDA&アレックス・シェリーのタッグチーム、"タイム・スプリッターズ"が使うムーンサルト版のディスコ。まずコーナーの側に移動したシェリーがショルダーネックブリーカーを仕掛ける要領で相手と背中合わせになり、KUSHIDAがリングに背を向けた状態でコーナー最上段に歩を進める。そのあと相手目掛けてKUSHIDAがムーンサルトプレスを放つのに合わせてシェリーが倒れ込み、相手の後頭部や背中をマットに叩きつけると同時にKUSHIDAが相手を圧殺する。名前の"アウト・ア・タイム"とは映画「バック・トゥー・ザ・フューチャー」に登場するデロリアンのナンバープレートに印字されている文字で、時間を飛び越えるといった意味を持つ。
OUT OF CONTROL
新日本プロレスで結成された"ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン"の内藤哲也&EVILが愛用する合体殺法。形は内藤が高橋裕二郎とのタッグチーム"NO LIMIT"で使っていたリミットレス・エボリューションと同型。
OZフリップ
永島千佳代がOZアカデミーでパートナーとして連携して使っていたファンタスティックフリップの呼び名。
Pd9
日高郁人&藤田ミノルが使っている"48の合体殺人技"の1つ。まず藤田が相手をツームストンパイルドライバーで抱え上げ、藤田の正面に回った日高が相手の右足を左手で、左足を右手でそれぞれ掴む。そのあと息を整えて両者が同時に膝をつき、落下させた相手の頭部をマットへ打ちつける。
Perfect Five
プロレスリングBASARAに参戦しているトランザム★リュウイチのフィニッシャー。形はF-5と同型。
PERROS
DRAGON GATEのEitaが愛用するムーブの1つ。まず相手をリバースゴリースペシャルの要領で逆さまに担ぎ上げ、相手の両腕に引っ掛けていた腕のフックを外して相手の右腿を右手で、左腿を左手で抱え直す。そのあと自分の上半身を前後に揺すった反動を利用して逆さまになっていた相手の体を引き起こし、相手を肩車するような格好に持っていく。最後に勢いのついた相手の体をそのまま前方に落下させながら自分は尻餅をつき、うつぶせの状態で落下した相手の体を自分の両足の間へと叩きつける。
PICTURES
『展覧会の絵』より『小人』
PK
新日本プロレスの柴田勝頼が使っているサッカーボールキック系ムーブの1つ。相手をスリーパーホールドで締め落として尻餅をつかせ、ロープに飛んだ勢いを生かして相手の胸板へ強烈なサッカーボールキックを叩き込む。サッカーのPKのように相手を自分の思い通りに蹴れるのが名前の由来である。
PKこころΩ
飯伏幸太とケニー・オメガのタッグチーム、"ゴールデンラヴァーズ"が披露したコンビネーション。まずケニーがリングの方を向いたままコーナーのセカンドロープによじ登り、飯伏が持ち上げた相手の体をケニーがツームストンパイルドライバーの形でキャッチする。続いてケニーが登ったコーナーのセカンドロープに飯伏もリングに背を向けた状態で足を乗せ、ケニーと相手の胴体を両手でまとめて抱え込む。最後に相手を抱えたまま2人がリングに飛び降りるように体をジャンプさせ、飯伏が尻餅を、ケニーが両膝をつく形で着地して相手の頭部をマットへ強かに打ちつける。コーナーを使うか否か、コーナーのどのロープの高さから技を仕掛けるかの違いにより、名前の最後のギリシア文字がα、β、γ、Ωと4段階に変化する模様。
POS
闘龍門やハッスルで活躍したマグナムTOKYOが愛用している腕極め式のロックボトム。まず向かい合った相手の左腕を右手で掴み、掴んだ腕を相手の背中の方に折り曲げる。そのあと背中の方に回した左手で相手の左腕を掴み直し、相手の右脇に胸の方から頭を潜り込ませる。最後に右腕を相手の左肩の上に引っ掛けて相手の体をリフトアップし、ロックボトムの要領で相手をマットに叩きつける。
Prima Nocta
新日本プロレスのデビッド・フィンレーが使っているスタナーの呼び名。
PTキック
DRAGON GATEのパンチ富永が使っている必殺技の1つ。相手に膝をつかせたあと自分はコーナーの側へと移動し、屈んだ相手の顔面に加速を付けたケンカキック気味の蹴りを見舞う。技を仕掛ける前に過剰なほど体を震わせながら絶叫するのが特徴で、団体のエースであるCIMAからこの技で3カウントを奪ったことも。
PTO
WWEのペイジが使うブルズアンヘリートと同型の技。名前は"Paige's Tap Out"というフレーズの頭文字を並べたもの。
PW
ZERO1の大谷晋二郎が使っている顔面ウォッシュを改良してHGが作り上げたムーブ。まず相手をコーナーの下に座り込ませ、相手が寄りかかったコーナーのトップロープを両手で掴む。そのあと持ち上げた右足を相手の頭の左横にあるセカンドロープに引っ掛け、自分の体を何度も前後させて相手の顔面に股間を繰り返し押しつける。PWとは"Penis Wash"の略称。
Qロック
アイスリボンの弓李が使っているクロス式キャメルクラッチの呼び名。
Q2QL3
CZWなどで活躍中のダニー・ハボックが使っているスナップ式のダブルアームDDT。まず相手の上半身をリバースフルネルソンに捕らえ、相手の左脹脛の後ろに自分の左足をフックさせる。そして前後に軽く反動つけたあと背中からマットへと倒れ込み、その勢いで前のめりに倒れこんだ相手の頭部をマットへ強かに打ちつける。名前は"Queen to Queen's Level 3"というフレーズを省略したもの。
R.C.T
新日本プロレスの"ミスターR指定"高橋裕二郎が使う急所攻撃からのジャックナイフホールドの呼び名。名前は"R指定"を捩って"R.C.T."と名付けられたイエローキャブ所属のグラビアアイドルユニットに由来しており、行動を共にする矢野通が命名した。
R.E.V.O.
DRAGON GATEのB×Bハルクが大一番の舞台で見せるリバース式のE.V.O.。まずリングに背を向ける格好で相手をコーナー最上段に座らせ、自分は相手に背中を向けるように体を捻って相手の右脇に左腕を、左脇に右腕を差し込む。そしてそのままカナディアンバックブリーカーの形で相手を右肩に担ぎ上げ、抱えていた上半身を下方向に引っ張ることで相手の体に180゜の後方回転を加える。最後に相手の体が自分の正面に落下してきたところで自分は右半身からマットへ倒れ込み、うつ伏せの状態になった相手の体を自分の右サイドへと叩きつける。
RGラナ
RGがハッスルで使用していたウラカン・ラナ・インベルティダの名称。
RKO
WWEのランディー・オートンが使う飛びつき式のワンハンド・ダイヤモンドカッター。まず相手に背中を向けるように体を捻りながらジャンプし、自分の右腕を左首筋の方から相手の顎の下に引っ掛ける。そのあと相手の首を右手で抱えたまま背中からリングへと落下し、その勢いで前のめりに倒した相手の顔・首・胸などに衝撃を与える。RKOとは本名である"Randal Keith Orton"の頭文字をとったものである。
ROD
東京愚連隊のNOSAWA論外が使うみちのくドライバー2の名称。名前は"Rongai Of Driver"を省略したものである。
Roll of K
新日本プロレスの小松洋平が使うオリジナルサブミッション。走りながら近づいてきた相手の左脇をスライディングの要領で通り抜けながら相手の左足に自分の左腕を引っ掛け、バランスを崩した相手の体を前のめりに倒れ込ませる。そのあと相手の左足を左脇に抱えたまま自分の体を後転させ、うつぶせになった相手の背中に跨る格好になったことろで逆片エビ固めに移行する。WCWやWWEで活躍したランス・ストームのフェイバリットであるカナディアンメープルリーフから着想を得て開発された技である。
ROM
マグナムTOKYOが闘龍門で愛用していたアピール付きのミサイルキック。コーナー最上段に登ったあと両手の人差し指で相手を指差してから技を放つのが特徴で、名前のROMとは"Rock On Missile"というフレーズの頭文字を並べたものである。
R-TEACH
DRAGON GATEの常連外国人であるリッチ・スワンがEitaに伝授したムーブ。まず相手に背中を向ける感じで体を捻って相手の左腕を左脇に抱え込み、相手の左脇の下に頭を潜り込ませながら相手の左腿を右手で抱え込む。そしてそのまま体を起こすことでアングルスラムのような形で相手を肩の上に担ぎ、体を起こした勢いがある内に相手の左腿を右手で下から押し上げる。最後に空中でうつぶせにひっくり返りながら落下する相手の体に左腕を絡めたまま尻餅をつき、うつぶせになった相手の体を自分の左サイドに叩きつける。名前の読み方は"アール・ティーチ"で、名前に入っているRはリッチ・スワンのことを指す。
RUMENTAJA
FCFのヴァレンタインがSMASHで披露したアンプリティアと同型の技。
RXドライバー
大阪プロレスのビートルRXが披露したクロスアーム式みちのくドライバー2。ダークネスバスターの要領で相手の頭を左脇に抱え込み、相手の両足の間に正面から右手を差し込んで相手の股を抱え込む。そのあと相手の体を上下逆さまにするような感じで抱え上げながら尻餅をつき、落下させた相手の体を自分の両足の間へ叩きつける。
R-15
プロレスリング・ノアの中嶋勝彦が愛用しているフェイバリットホールド。相手と向かい合ったあと右足を軸にして体を右方向に捻り、相手に背中を向けた状態になったところで両足を軽く折り曲げ反動をつける。そして両足で踏み切ってジャンプしたあと体を右方向に更に捻り、大きく振り上げた右足の踵部分で相手の右側頭部を蹴り飛ばす。正式名称は"Rolling-15"。
SA
大日本プロレスのアブドーラ小林&関本大介が結成したタッグチーム、"マッスル&ファットです"が使っていたアシスト付きのダイビングボディープレス。コーナー最上段に登った小林をリング上の関本がデッドリードライブの要領で放り投げ、仰向けになった相手の上に小林が落下して相手をボディープレスする。名前は大日本プロレスのリングにかつて描かれていた"SOFT ON DEMAND"のロゴのSとAのあたりに相手をセッティングすることに由来する。
SAITOスペシャル1号
闘龍門時代にSAITOが愛用していたジャベ。まず相手の右腕を両手で掴んで相手の体を前方にホイップし、背中からマットに叩きつけた相手の首の後ろに右足を引っ掛ける。続いて相手の左脇に胸の方から自分の右足のつま先を引っ掛け、マットに背中から倒れこんだあとうつ伏せになった相手の右腕を股の間に挟み込む。最後に左足のつま先を背中の方から相手の左脇に引っ掛け、相手の両肩と首を痛めつけてタップを奪う。
SAITOスペシャル2号
SAITOが使っていた倒立系ムーブの1つ。うつ伏せになった相手の右足を右手で、左足を左手で掴んで持ち上げ、折り曲げた右足を左膝の裏にあてがって相手の両足を4の字に固める。続いて右足を挟み込むような感じで相手の左足を折り曲げ、相手の両足の間に正面から差し込んだ右手で相手の左足首を掴む。最後に相手の体を仰向けにひっくり返し、足を固めたまま三点倒立をして相手の足を痛めつける。
SAITOスペシャル3号
SAITOが愛用していた倒立系ムーブの1つ。前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、相手の左腿を右手で外側から抱え込む。そのあと背中からマットに倒れこむ勢いで相手の体を前方へと転がし、自分はマットに頭をつけて三点倒立をしながら相手をフォールする。
SAITOスペシャル4号
SAITOが愛用していた倒立系ムーブの1つ。相手の右手を左手で、左手を右手で掴んで手四つの状態になり、相手の左手を蹴り上げて左手のクラッチを切る。そのあと相手の右手を掴んだまま自分の体を三点倒立させ、相手の顔面を両足の裏で突き上げるように蹴り飛ばす。
SAITOスペシャル5号
SAITOが使っていたオリジナルの丸め込み技。助走をつけてコーナーを駆け上がって体をリングの方に翻すようにジャンプし、そのままコーナーの方を向いて立っている相手の頭の上を飛び越える。そのあと相手の胴体を背中の方から抱え込みながら体を前方回転させ、その勢いで後ろにひっくり返った相手の体を前方回転エビ固めの形で押さえ込む。技を決めたあと自分の頭と両手をマットにつき、体を三点倒立させてフォールを奪うのがこの技の完成形である。
SAITOスペシャル6号
SAITOが考案した改良型のSAITOスペシャル1号。相手をSAITOスペシャル1号に捕らえたまま円を描くようにリングの中を転がって相手の体を痛めつける。
SA-NOドライバー
佐野直が愛用している必殺技の1つ。走ってきた相手に仕掛けるカウンター式のみちのくドライバー2ある。
Sareeeスープレックス
SEAdLINNNGのSareeeが使っている変形のリバースダブルリストアームサルト。まず向かい合った相手の右手首を右手で掴み、自分の体を左方向に180゜回転させながら相手の右脇を通り抜けて相手の背後へと回り込む。そのあと掴んでいた右腕を自分の首の後ろに引っ掛け、更に背中の方から相手の左脇に差し込んだ左手で相手の左手首を掴む。最後に相手の両腕の動きを封じたまま自分の体を後ろにブリッジさせ、反り投げた相手を後頭部の辺りからマットに叩きつけたあともブリッジを崩さずそのまま3カウントを奪う。
SASA22:00
九州プロレスの佐々木日田丸がSTYLE-E時代に使っていた腕ひしぎ逆十字固めの呼び名。名前の読み方は"ささじゅうじ"。
S.A.T.ボム
JCWなどで活躍中のブランドン・トマセーリが愛用するフィニッシングホールド。相手をパワーボムの要領で肩の高さまで担ぎ上げ、自分の体を軽くジャンプさせて膝を突き出すように両足を折り畳む。そのあと仰向けの状態で落下してきた相手の背中に突き立てた両足をあてがい、背中からマットに着地した衝撃で相手の背中に自分の両膝をめり込ませる。
S"A"TO
白虎
SAYONARA
プロレスリング・ノアやROHで活躍したドノバン・モーガンのフィニッシングホールド。形はリバースタイガードライバーと同型で、相手を抱え上げたあとに体を捻って決める旋回式の一発も得意としていた。
SBR
センダイガールズプロレスリングのカサンドラ宮城が使っているフィニッシャー。相手を肩に担いだあとその場で回転してから決める旋回式のMボムであり、名前はジョジョの奇妙な冒険・第7部の"スティール・ボール・ラン"から来ている。
SCD
プロレスリング・ノアで活躍中のクワイエット・ストームが使うDELIKADOと同型の技。正式名称は"Storm Cradle Driver"。
SDA
プロレスリング・ノアの浅子覚が愛用していた落とし方の緩いファイヤーサンダー。まず相手をオクラホマスタンピードの要領で右肩に担ぎ上げ、相手の首の後ろに左手を、背中に右手をそれぞれ回す。そのあと体を前傾させながら尻餅をつき、前方に落下させた相手の後頭部や背中を自分の両足の間に叩きつける。正式名称は"Super Drive Asako"。
SDT
CHIKARAで活動中のティム・ドンストが使っている変形のSTO。フロントネックロックの要領で相手の頭を左脇に抱え込み、自分の左足を前方へ大きく振り上げる。そのあと勢い良く振り下ろした左足で相手の左足を刈り取りながら相手に体を浴びせかけ、後ろに押し倒した相手の後頭部や背中をマットに痛打させる。
S.E.X
暗黒プロレス組織666の忍が愛用しているシューティングスタープレスの名称。名前は"Shinobu's Extacy"を省略したものである。
SEXボンバー
忍が愛用しているラリアットの名称。
SH
プロレスリング・ノアの熊野準が使っているボーダーシティストレッチと同型の技。かつてノアに参戦していたシェイン・ヘイストがフレンドゾーンという名前で使っていた技でもあり、"SH"はシェインのイニシャルに由来している。
SHACHIHOKO
DRAGON GATEのしゃちほこマシーンが使っている丸め込み技。エビ固め風に丸まった相手の体の上に覆い被さったあと下半身を宙に浮かせ、しゃちほこのように背中を大きく反らせて相手を押さえ込む。
SHB
DDTプロレスリングの高木三四郎が旭志織が使うHIMAWARI BOMBを改良して作り上げた必殺技。パワーボムではなくシットダウンパワーボムの形で相手を叩き落とす変形のHIMAWARI BOMBであり、名前も単純に"Sitdown HIMAWARI BOMB"の頭文字を取ったものである。
SHINJO
みちのくプロレスの卍丸が使っているイリーガルムーブ。手にした竹刀を野球のバットの要領でフルスイングして相手の胸板を強烈に殴打する。
SHINOBIスープレックス
VAMOSのSHINOBIが使っている相手の喉を右手で鷲掴みにして決めるブリザードホールド
SHIN-SEKAI
潮崎豪&宮原健斗が開発したラリアットと二段式ジャーマンの融合技。宮原が相手の胴体に背後から両腕を回して相手の体を軽く宙へと抱え上げ、宮原の正面に移動した潮崎が勢い良く助走をつける。そのあと体をジャンプさせた潮崎が相手の喉元にジャンピング式のラリアットを打ち込み、それと同時に宮原が体をブリッジさせて相手をジャーマンスープレックスでマットに叩きつける。
SIC
ZERO1の日高郁人が使っているステップDDTからのスモールパッケージ。まずステップDDTの要領で自分の体を回転させ、マットに背中から倒れ込みながら相手の左腿を右手で外側から抱える。そしてその勢いで前方へと転がした相手の両肩をマットにつけさせ、相手の右足に自分の右足をフックさせてフォールを奪う。正式名称は"Step Inside Cradle"。
S.K.
WRESTLE-1の吉岡世起が使っているフィニッシングホールド。尻餅をついた相手の正面にあるロープに跳んで助走をつけ、相手の側まで戻ってきたところで両足を前に突き出すようにジャンプする。そのあと空中で体を左方向に軽く捻りつつ右足を振り抜き、相手の顎のあたりを右足の甲で豪快に蹴り飛ばす。
SKB
みちのくプロレスの卍丸が闘龍門Xで村上学として活動していた頃に愛用していたムーブ。向かい合った相手の右半身を右手で、左肩を左手で抱え、相手の体を上下逆さにするような感じで持ち上げる。続いて持ち上げた相手の体をうつ伏せの状態で右肩に担ぎ、振り上げた自分の右足の脹脛を相手の首の後ろに引っ掛ける。最後に軽く体をジャンプさせて右膝からマットに着地し、落下させた相手の後頭部をマットへ強かに打ちつける。
SKB23
プロレスリングWAVEなどで活動中の大畠美咲が披露したパッケージホールド。まず向かい合った相手の右腕を両手で掴んで腕を持ち上げ、相手の右腕の下を潜り抜けつつ自分の体を左方向に360゜回転させる。そのあと相手の右腕の上に今度は自分の右腕を引っ掛け、腕の下を潜り抜けるように頭を屈めながらもう一度体を左方向に360゜回転させる。最後に再び相手と顔を向き合わせる格好になったところで相手の右腕を左腕で、右内腿を右手でそれぞれ抱え直し、相手をエゴパッケージの要領で丸め込んで3カウントを奪う。
SK-D
ZERO1の斎藤謙が使っていたTKO34thと同型の技。
Skull End
THiS iS iT
Smile-you
スポルティーバエンターテイメントのゼヴィウスが使っているランニング顔面蹴りの呼び名。
SMF
ZERO1の日高郁人が愛用しているオリジナルムーブ。まず人工衛星ヘッドシザーズの要領で自分の下半身を持ち上げ、相手の右肩の上を跳び越えて相手の背後に両足で着地する。そのあと相手の喉元に左腕を引っかけながら尻餅をつき、相手の後頭部をリバースDDTの形でマットに叩きつける。正式名称は"Standing Misty Flip"。
SOD
北海道を中心に活動中の斗猛矢が使っているグリーンフォールと同型の技。
S.O.S. (1)
MIKAMIがかつてその存在を明かしたダブルローテーションムーンサルトと同型の技で、正式名称は"Splash Of Suicide"。現時点ではまだ未公開である。
S.O.S. (2)
WWEのコフィ・キングストンが使っているランヒェイと同型の技。
SP60ドライバー
リコシェがマスクマンのヘリオスとして活動しているときに使っていたカリフォルニアロールと同型の技。
SRU
ZERO1の日高郁人が使う自分の向きが前後逆になるヨシタニック。まず相手の背中におんぶをするように飛びつき、相手の胴体を自分の両足で挟み込む。そのあと自分の体を後方回転させる勢いで相手の体を後ろにひっくり返し、後頭部のあたりからマットに落ちた相手の体を押さえ込んでフォールを奪う。正式名称は"Super Roll Up"。
SSD
WCWやTNAで活躍したスコット・スタイナーが開発した危険極まりないフィニッシャー。ファルコンアローの要領で抱え上げた相手の背中に右手を、首の後ろに左手をそれぞれ回して尻餅をつき、急降下させた相手の頭部を自分の両腿の間へ打ちつける。正式名称は"Stiner Screw Driver"。
SSS
志賀賢太郎が開発したフィニッシングホールド。まず相手の右脇に背中の方から頭を潜り込ませ、左腕をリバースDDTの要領で相手の顎の下に巻きつける。続いて腿の裏の方から相手の股の間に差し込んだ右手で相手の股を抱え、相手の体を上下逆さまにするような感じで抱え上げる。最後に相手の体を抱えたまま左半身からマットに倒れ込み、うつ伏せの状態で落下させた相手の体を自分の左サイドへと叩きつける。正式名称は"Spiral Shiga Shooter"であり、パンチ・ド・Cとして活動していたハッスルでは2代目DDCと呼ばれていた。
STAY DREAM
DRAGON GATEの鷹木信悟が使っている雪崩式のオリジナルファルコンリー。相手の体をファイヤーマンズキャリーの要領で肩に担ぎ上げ、リングの方を向いた状態でコーナーのセカンドロープへよじ登る。そして相手の右腕を右手で掴んだあと体を右方向に180゜捻りながらリングへと落下し、相手の後頭部や背中を豪快にマットへ叩きつける。
STC
プロレスリングWAVEの飯田美花が使うサブミッション。倒れている相手の下半身をSTFの要領で固め、更に相手の顎の下に両手を回して相手の上半身をキャメルクラッチの形で絞り上げる。
STD
KAIENTAI-DOJOに参戦していた古沢弘樹&深谷友和のコンビネーション。古沢がSTOに捕らえた相手に深谷がレッグラリアートを叩き込み、その衝撃で後ろに倒れ込んだ相手の後頭部をマットへ痛打させる。
STF (1)
蝶野正洋が愛用しているルー・テーズ直伝の複合関節技。まず仰向けになった相手の左足を右脇に抱え込み、自分の体を左方向に捻りながら相手の左足の上を右足で跨ぐ。そしてその勢いで相手の体をうつぶせにひっくり返したあと自分の体を右方向へと捻り、自分の右足を挟み込む感じで相手の左足を折り畳む。最後に相手の左足首を自分の両腿で挟み込んで足の動きを封じ、相手の背中に覆いかぶさるように倒れ込んで相手の頭をフェイスロックに捕らえる。正式名称は"Stepover Toehold with Facelock"。
STF (2)
マグナムTOKYOが愛用しているサブミッション。STFの要領で相手の左足を自分の両腿の間に挟み込み、うつ伏せになった相手の左腕も自分の両腿の間へと持って行って左手足の動きを封じる。そのあと相手の右脇に背中の方から差し込んだ左腕を相手の首の後ろへと回し、相手の頭を抱え込むように自分の両手をクラッチさせて相手の体を痛めつける。正式名称は"Stepover Toehold with Feromon"だが、フェロモンのスペルは正しく書くと"pheromone"である。
STF (3)
新日本プロレスのミラノコレクションA.T.が得意としていたサブミッション。STFの要領で相手の左足を自分の両腿の間に挟み込み、うつ伏せになった相手の上半身をフルネルソンに捕らえてタップを奪う。正式名称は"Stepover Toehold with Fashion"、もしくは"Stepover Toehold with Ferragamo"。
STF-U
WWEのジョン・シナが使っているSTFの名称。STF-Uの"F-U"の部分がF-Uと同様に放送コードに引っかかった為、現在は単純にSTFと呼ばれている。
STI
DDTプロレスリングの偽・佐々木健介こと健心が使っていたSTKと同型の技。
STJ
人狼クロウ
STK
DIAMOND RINGの佐々木健介が得意としていた変形のSTO。助走をつけて相手に近づいたあと相手の右足に自分の右足を引っ掛け、右手で相手の顎を前から押さえつける。そのあと相手の右脇に胸の方から左腕を差し込みながら相手に体を浴びせかけ、後ろに押し倒した相手の後頭部をマットへ痛打させる。正式名称は"Space Tornade Kensuke"。
STM (1)
ビッグマウス・ラウドの村上和成が使っているSTOボンバーと同型の技。
STM (2)
世界プロレス協会の上林愛貴が使うSTOの呼び名
STO
小川直也が大外刈りを基にして考案した必殺技で、正式名称は"Space Tornade Ogawa"。向かい合った相手の左肩の上に右腕を引っ掛けて相手の肩を抱え込み、相手の右脇に胸の方から差し込んだ左手を相手の右腕に絡みつかせる。そのあと相手の右足を自分の右足で刈り取りながら相手に体を浴びせかけ、後ろに押し倒した相手の後頭部をマットに痛打させる。
STOボンバー
小川直也がSTOの発展系として開発した、助走をつけてから仕掛けるランニング式のSTO。敬愛するホーガンのアックスボンバーとSTOを合体させた技だという説もある。
STOP!エンズイキリ
フラッシュマンズ・タイムストッパー
STP
CHIKARAなどで活躍する"ジャギド"スコット・パーカーとシェーン・マシューズのタッグチーム、"3.0"が愛用するコンビネーション。まずマシューズがリバースパワーボムの要領で相手を抱え上げ、パーカーがマシューズの正面にあるロープに向かって走り出す。そのあと加速をつけたパーカーが抱え上げられた相手の体に飛びつき、相手の胸板へデュランダルの要領で膝を突き刺す。正式名称は"Sweet Taste of Professionalism"。
STS (1)
NEO女子プロレスの椎名由香が愛用していたオリジナルサブミッション。STFの要領で相手の下半身を固めたあと相手の背中に覆い被さり、相手の上半身をドラゴンスリーパーに捕らえて体を絞り上げる。正式名称は"Stepover Toehold with Shiina"で、現在は後輩の勇気彩がこの技を受け継いでいる。
STS (2)
蝶野正洋が使っているスリーパーホールド式のSTF。相手の下半身をSTFの要領で固めたあと相手の背中に覆いかぶさるように倒れ込み、相手の首をスリーパーホールドに捕らえて体を痛めつける。
STVP
DRAGON GATEのT-Hawkが使っているムーブの1つ。まず前屈みになった相手の頭を自分の股の間に挟み込み、腿の裏の方から相手の両足の間に両手を差し込む。続いて相手の右腕を左手で、左腕を右手でそれぞれ掴み、パワーボムを仕掛けるような感じで相手の体を回転させながら宙に抱え上げる。最後に相手の顔が下を向いた状態になったところで相手の両腕を掴んだまま尻餅をつき、うつぶせの状態で落下させた相手の顔面を自分の両足の間に叩きつける。
SUGOI-YATSU
LLPW-Xの遠藤美月が使っているハーフネルソンスープレックスホールドの名称。
SUNケアキック
太陽ケアが見せる蹴り技のコンビネーション。まず相手の胸板に左足でミドルキックを叩き込み、続け様に相手の左足に右足でローキックを入れる。更に相手に背を向けるように体を捻ってジャンプし、振り上げた左足の脹脛あたりで相手の後頭部を蹴り飛ばす。
super INAZUMA!! kick
北九プロレスZのKAZEが使っている片足式のミサイルキック
SUSHIさんだ
全日本プロレスのSUSHIが使っている、秋山準公認のブルーサンダーの呼び名
S5O
WWEや全日本プロレスで活躍したジャマールが愛用していたパワームーブ。ロープから返ってきた相手の体をミリタリープレス風に持ち上げ、落下してきた相手の体をキャッチしてサモアンドロップを叩き込む。正式名称は"Samoan Five Out"。
T-ギミック
CZWやROHで活躍したトレント・アシッド&ジョニー・カシミアのタッグチーム、"バックシートボーイズ"が使っていた合体式レーザーズエッジ。向かい合った相手の右腕をアシッドが両手で、相手の左腕をカシミアが両手でそれぞれ掴み、両腕を上方向へと伸ばすことで相手の体を高々とリフトアップする。そして呼吸を合わせたあと2人が同時に前のめりに倒れ込み、前方に放り投げた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。持ち上げた相手の体が空中でTの字になるのが名前の由来である。
T-クラッシュ
TARUが愛用している必殺技の1つ。助走をつけて近づいてきた相手の首を掴んで決めるカウンター式のネックハンギングボムである。
T-スクウェア
トレント・アシッド&ジョニー・カシミアのタッグチーム、"バックシートボーイズ"が愛用していたハイタイムと同型。
T-デンジャー
NEO女子プロレスの田村欣子が使っていた垂直落下式ダブルリストアームサルト。向かい合った相手の右手首を左手で、左手首を右手で掴み、持ち上げた相手の右腕を自分の首の後ろに引っ掛ける。そのあと上半身を起こすことで相手の体を逆さ吊りの状態で肩に担ぎ上げ、そのまま尻餅をついて急降下させた相手の頭をマットへ叩きつける。
T-ボーンスープレックス
海外で使われているエクスプロイダーの通称。ROHなどで活躍中のシェルトン・ベンジャミンは投げる際に体を捻って相手に体を浴びせかけ、パワースラムのような形で相手をマットに叩きつけるタイプを愛用している。
TAB
DRAGON GATEのK-ness.が使っているロープを活用したパロスペシャル。まずリングに背を向けたままコーナーのセカンドロープに登ってコーナーの側にいる相手と背中あわせになり、相手の背中に馬乗りになるように飛びついて相手の胴体を両足で挟み込む。そのあと相手の背中をロープへと寄りかからせてセカンド&トップロープの間から相手の両腕を場外の方へと引っ張り出し、相手の右腕を左手で、左腕を右手で掴んで相手の体に体重を掛けていく。名前はライバルの吉野正人が使うコウモリを意識したもので、蝙蝠の英語表記である"BAT"を逆さにしたものになっている。
TAIYO’91
太陽ケアが2004年に行われたプロレスリング・ノアとの対抗戦の前に放ったマネーメイカーと同型の技。名前が示すとおり三沢光晴の使うタイガードライバー'91を意識して仕掛けられたものだが、技の犠牲者となった嵐が重かったためか膝ではなく尻餅をつく形で技を決めることとなった。
TAJIRI公認バズソーキック
大日本プロレスなどで活動中の丸山敦が使うバズソーキックの名称。大阪プロレスでタイガースマスクとして活動していた頃は満月の夜と呼ばれていたが、WNC参戦の際にTAJIRIの公認を取り付けこの名前となった。
TARUギロチン
TARUが使うコーナーセカンドロープからのダイビングギロチンドロップ
TARUコプター
TARUが使うウィリーバーディーと同型の技。
TARUドリラー
TARUが愛用するリキシドライバーと同型の技。
TARUドリラー・デ・チャパリート
闘龍門の初代TARUシートが使っていたTARUドリラーの名称。チャパリートはスペイン語で"小さい"という意味。
TCB
WWEのジ・アンダーテイカーが使っているドラゴンスリーパーの名称。正式名称は"Taking Care of Business"。
TCD
天山広吉と小島聡が開発した、2人の必殺技であるTTDとCCDをミックスした合体殺法。まず小島がエメラルドフロウジョンの要領で相手を右肩に担ぎ上げ、小島の右隣に位置した天山が相手の股間に左手、背中に右手を添える。そのあと小島が右半身からマットに倒れ込むと同時に天山が両膝をつき、急降下させた相手の頭部をマットへ強かに打ちつける。名前は"Ten Cozy Driver"の頭文字を取ったもの。
T.C.O.
ZERO1で活躍中の菅原拓也が愛用するオリジナルムーブ。相手をケブラドーラ・トド・アルトで肩に担ぎ上げたあと助走をつけ、そのまま後ろに倒れ込んで相手をうつ伏せの状態でマットに叩き落とす。正式名称は"The Crime Operation"。
TCSS
WCWやプロレスリング・ノアで活躍したスコーピオが使っていた変形のテキサスクローバーホールド。まず仰向けになった相手の右足を右手で、左足を左手で掴んで持ち上げ、折り曲げた相手の右足を相手の左膝の裏にあてがって両足を4の字に固める。続いて相手の右足を挟み込む感じで相手の左足を折り畳み、相手の両足の間に右手を正面から差し込んで相手の左足首を抱えるように両手をクラッチする。最後にうつ伏せに引っくり返した相手の両足を相手の頭の方へと持って行き、相手の背中を反り上げながら両足も痛めつける。正式名称は"Two Cold Scorpio Special"。
TEKKAMAKI
全日本プロレスのSUSHIが愛用している丸め込み技。まずレインメーカーの要領で相手を自分の方に振り向かせ、右腕を掴んだまま相手の両足の間をスライディングで通り抜け相手の背後に回り込む。そのあと右腕を引っ張られた勢いで前方回転した相手を背中からマットに落下させ、エビ固めの形で丸まった相手の右足を右手で、左足を左手で素早く押さえつけて3カウントを奪う。
TERU×2スープレックス
JDスター女子プロレスで活躍した香川照子が使っていた変形のスープレックス。向かい合った相手の右腕を左手で掴み、持ち上げた相手の左腕を自分の首の後ろへ引っ掛ける。そのあと外腿の方から相手の左腿の裏に右手を回して体をブリッジさせ、反り投げた相手の背中をマットに叩きつけてフォールを奪う。
TFPB
サンダーファイヤーパワーボム
TIME BOMB
新日本プロレスの高橋ヒロムが使っているフィニッシングホールド。まずファイヤーマンズキャリーの要領で相手を両肩の上に担ぎ上げ、自分の上半身を右方向に軽く捻って反動をつける。そのあと上半身を元に戻しながら相手の上半身を抱えていた左手を離し、右手で抱えた右足を支点にして相手の体を左方向へ270゜水平旋回させる。最後に自分の正面にやってきた相手の右肩の辺りに左手を添え直しつつ右半身からマットに倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の後頭部や背中を自分の右サイドへと叩きつける。
THiS iS iT
真田聖也が使っている胴締めドラゴンスリーパーの呼び名。新日本プロレスで結成された"ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン"に加入し、リングネームをSANADAと改めると技の呼び名もSkull Endに変化する。
THiS iS iT Ver.II
真田聖也が使うスパイラルドラゴンスリーパーとほぼ同型の技。
TKO (1)
太陽ケアが使っているハリケーンドライバーと同型の技。正式名称は"Taiyo Kea Original"。
TKO (2)
WWFやTNAで活躍した"マーベラス"マーク・メロのフィニッシャー。形はハワイアンスマッシャーと同型で、正式名称は"Total Knock Out"。
TKO34th
太陽ケアが第34代三冠王者になった暁に披露したフィニッシャー。相手の体をファイヤーマンズキャリーで肩に担ぎ上げ、相手の下半身を右手で下から押し上げて相手の体を軽く宙へと浮き上がらせる。そして相手の体が垂直に近くなったところで自分は尻餅をつくように腰を落とし、上下逆さまの状態で落下させた相手の体を自分の左サイドへと叩きつける。
TNA
アレックス・シェリーが使っている変形のフェイスバスター。まず尻餅をついた相手の肩に肩車をするように腰を下ろし、体を後ろに倒して相手を背中からマットへ叩きつける。そのあと相手の頭を両腿で挟み込んだまま体を横方向に転がし、その勢いで相手の体をうつ伏せにひっくり返す。最後に腕立て伏せをするように両手で体を支えながらを下半身を何度も上げ下げし、相手の顔面を繰り返しマットへ打ちつける。名前は"Total Nonstop Alex"というフレーズの頭文字を取ったもので、他にスカルファックという呼び名も持っている。
TOAスラム
K-1からの刺客であるTOAが新日本プロレス参戦時に披露したフィニッシャー。形はハリケーンドライバーと同型。
TODOME
道頓堀プロレスのラ・ピートが愛用するムーブ。膝をついた相手の後頭部目掛けて叩き込む蒼魔刀である。
Tres
DRAGON GATEのEitaが使っている腕極め式のテキサスクローバーホールド。まず仰向けになった相手の左足首を右脇に抱え込み、相手の両腿の間に相手の右腕を挟み込ませる。そのあと左手で掴んで折り曲げた相手の右足を相手の左膝の裏にあてがって相手の両足を4の字に固め、相手の両足と右腕をまとめて抱えるように自分の両手を繋ぎ合わせる。最後に背筋の力を使って相手の上半身を軽く宙に浮き上がらせ、そのまま相手の足を痛めつけてギブアップを奪う。
TRS
リバースダブルリストアームサルト
T-SHOCK
新日本プロレスで活躍中のバッドラック・ファレがキング・ファレ時代に使っていたダブルアーム式のカナディアンバックブリーカー。リバースフルネルソンに捕らえた相手の体を仰向けにひっくり返すように持ち上げて相手の背中を自分の右肩の上に着地させ、両腕を極めたまま体を揺さぶることで相手の腰や両肩を痛めつける。この状態からマットに両膝をつき、着地の衝撃で相手の背骨を痛めつけることも多い。
TSUNAMI (1)
DDTプロレスリングのKooが使っていた葉隠れと同型の技。
TSUNAMI (2)
クローホールドSTO
T・Tインパクト2004
MEN'Sテイオー&TAKAみちのくのタッグチーム、"T・Tガンズ"が披露したコンビネーションムーブ。テイオーがパワーボムで抱え上げた相手にTAKAがスワンダイブ式ニールキックを叩き込み、相手を急角度でマットに叩き落とす。ちなみにみちのくプロレスで使われていた元祖T・TインパクトはTAKAのスワンダイブラリアットとテイオーのパワーボムとの合体技である。
TTパッケージ
MEN'Sテイオー&TAKAみちのくのタッグチーム、"T・Tガンズ"が披露した複雑なコンビネーション。まずセルフサービスボムの要領で対戦相手2人をパワーボムを仕掛ける状態にセッティングし、抱え上げられた方の相手の体に勢いをつけて対戦相手2人でウラカン・ラナ・インベルティダを決めさせる。そのあと上になった対戦相手の背後に回り込んだTAKAが下になった対戦相手の両足を掴んで持ち上げ、上になった対戦相手の両脇に下になった対戦相手の両足を無理やり抱えさせる。最後に仲間を丸め込む格好になった対戦相手の正面にテイオーが移動して相手の体に羽根折り固めの形で腕を絡め、そのまま体重をかけることで下になった対戦相手の体を強引に押さえ込み3カウントを奪取する。
TTボム
テリブレ&エル・テハノJr.が新日本プロレスで披露した合体殺法。相手の体をバックシートドライバーの要領で抱え上げたあと2人が両膝をつくように倒れ込み、急降下させた相手の後頭部や背中をマットへ強かに打ちつける。
TTB
"MVP"モンテル・ボンタビアス・ポーターが新日本プロレス参戦を機に使い始めたサブミッション。形はサコダクラッチと同型で、名前は"Take to the Bank"というフレーズを省略したものである。
TTD
新日本プロレスの天山広吉が愛用するジャーマンドライバーと同型の技。尻餅をついて相手を真っ逆さまに落とす原型TTDは危険度が高いため長年封印していたが、2005年5月の東京ドーム興行で久々に公開し小島聡に奪われた至宝IWGPの奪回に成功した。
TTT
TARUが使っているFFFと同型の技。
TTYL
SHIMMERなどで活動中のイーヴィーが使うgo 2 sleepと同型の技。
TWISTA
KENTAがかつて使用していた丸め込み技。フランケンシュタイナーでマットに叩きつけた相手の上半身を引き起こし、即座に横十字固めで相手を丸め込む。
T-265
ブルーディステニー
T-3
TNAに登場したトライタンが愛用していたF-5と同型の技。
U-クラッシュ
E-クラッシュ
Uターン・ブルドッキング
道頓堀プロレスの空牙が使っているストラタスファクションの名称。
Uターン・ジョーカー
空牙が自身が率いるヒールユニット"JOKER"のメンバーと協力して行う高層式Uターン。まず空牙がコーナー最上段へと歩を進め、残ったもう1人の選手が相手の体を肩車で担ぎ上げてコーナーの方を向く。続いてコーナーに登った空牙が場外の方を向きながら相手の頭をヘッドロックに捕らえ、相手の頭を抱えたまま体を180゜旋回させるようにジャンプしてリングへ飛び降りる。最後に空牙が背中からマットに着地するのと同時に相手を肩車していた選手が尻餅をつき、うつぶせの状態で落下させた相手の顔面をマットへ強かに打ちつける。
UBSネックブリーカー
WWEのセザーロがクラウディオ・カスタニョーリ時代に使っていたダニョ・ラティーノと同型の技。
UFO (1)
小川直也&藤井克久が使っていた合体殺法。藤井がスパインバスターの要領で抱え上げた相手にロープに飛んだ小川がSTOボンバーを叩き込み、同時に藤井が前のめりに倒れ込んで相手をマットへと叩きつける。正式名称は"Urtla Front Ostogari"。
UFO (2)
PWGなどで活動中のスーパードラゴンが使う後頭部目掛けてのスワンダイブ式ニールキック
UFO (3)
WWEのセザーロがクラウディオ・カスタニョーリ時代に使っていたムーブ。まずアルゼンチンバックブリーカーの要領で相手の体を両肩の上に担ぎ上げ、相手を担いだままその場でぐるぐると体を回転させる。そして一定回数回転したところで体を軽く前屈みにさせつつ両腕を相手から離し、相手の背中を自分の後頭部の上に乗せた状態で尚も体を回転させ続ける。最後に十分相手を回転させたところで相手の体を前方へと投げ捨て、相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
U-39
スナイパーフドゥ
Vクロスアームロック
総合格闘技で使われている足を活用したV1アームロックと袈裟固めの複合技。まず仰向けになった相手の上半身を袈裟固めで一旦捕獲し、左手で掴んだ相手の右腕を自分の右腿の上へと乗せる。続いて掴んでいた相手の右腕を直角になるように折り曲げ、相手の右腕の前腕部に自分の右足を上から引っかける。最後に自分の右足の上に自分の左足をフックさせて相手の右腕を両足で挟み込んだ状態になり、相手の頭を両手で抱え直して相手の首と右腕を同時に痛めつける。
Vスライダー
プロレスリングBASARAの中津良太が使っているブレーンバスタースラム系のムーブ。まず前屈みになった相手の首の後ろに左腕を回し、右手で掴んで持ち上げた相手の左腕を自分の首の後ろに引っ掛ける。更に相手の右手首を右手で掴んで相手の腕の動きを封じ、軽く捻りを加えながら相手を垂直に抱え上げて相手の視線が自分の右手の方を向く格好にする。最後に自分の左サイドの方へと流すように相手を落下させ、同時に自分は左半身から倒れ込んで相手の背中をマットへと叩きつける。
Vトリガー
新日本プロレスのケニー・オメガが2016年に入ってから頻繁に使い始めた、虎王と同じタイプの二段蹴り式飛び膝蹴り。名前は格闘ゲーム"ストリートファイターV"のシステム名に由来しており、ロープを掴んで起き上がろうとするハーフダウン状態の相手に見舞う一発で試合を決めることが多い。
VDT
NWAワイルドサイドなどで活躍したジェレミーVが使っていたダブルアームスクリュースープレックスと同型の技。
VKO
ジェレミーVが使っていたDHと同型の技。
V1アームロック
格闘技などで用いられる基本的、かつ破壊力もあるサブミッション。まず仰向けになった右サイドに腰を下ろして相手の左手首を左手で掴み、掴んだ腕を直角に折り曲げる。続いて折り曲げた相手の左腕の隙間に下から自分の右腕を差し込み、右手で自分の左手首を掴む。最後に肘を支点にして相手の左腕を絞り上げ、相手の肘関節を痛めつける。
V2アームロック
総合格闘技で使われているV1アームロックと袈裟固めの複合サブミッション。まず仰向けになった相手の左腕をV1アームロックの要領で捕獲し、相手の左手首を右手で掴み直す。そのあと右首筋の方から相手の首の後ろに左腕を差し込み、相手の首を上方向に反り上げながら左肘の関節を痛めつける。首に回した腕が枕のように見えることから別名ピローアームロックとも呼ばれている。
V9クラッチ
DRAGON GATEの土井成樹がT2Pでセカンド土井として活動していた頃から愛用している丸め込み技。まず助走をつけて近づいてきた相手に背中を向けるように体を捻り、相手の右腕を右脇に抱え込んで腕の動きを封じる。そのあと外腿の方から相手の右腿の裏に左腕を回して背中からマットに倒れ、その勢いで後ろにひっくり返った相手の両肩をマットにつけて3カウントを奪う。名前は土井正三が活躍し九連覇を果たした読売巨人軍に由来している。
Wモダンタイムス
KAIENTAI-DOJOの旭志織が3ウェイマッチで見せた妙技。まず対戦相手の1人をマットに倒し、もう1人の対戦相手をモダンタイムスに捕らえる。続いて自分が尻餅をついたところで技の回転を一旦止め、起き上がろうとして尻餅をつくような体勢になった残りの対戦相手の右脇に右足のつま先を、左脇に左足のつま先をそれぞれ背中の方から引っかける。最後に対戦相手2人もろとも体を横方向に転がし、1人を逆さ押さえ込み、もう1人を外道クラッチの形でまとめて押さえ込んでフォールを奪う。
WARスペシャル
かつてWARを率いていた天龍源一郎のオリジナルサブミッション。尻餅をついた相手の上半身をタイガースープレックスのクラッチで固め、相手の背中に顎を押し当てながら体重を掛けて首や肩を絞り上げる。
Wazzup
WWEで活躍中のババレイ・レイ・ダッドリー&ディーボン・ダッドリーのタッグチーム、"ダッドリーボーイズ"が頻繁に使うコンビネーションムーブ。まずババレイが相手の体をボディースラムで投げ捨て、倒れた相手の右足を右手で、左足を左手で掴んで両足を大きく開かせる。そのあとコーナー最上段に登ったディーボンがリングへとジャンプし、がら空きになった相手の股間目掛けてダイビングヘッドバットを叩き込む。名前は技に入る際に叫ぶ"Wazzzzzzup!"という絶叫に由来する。
WA4
WRESTLE-1のカズ・ハヤシが使っている変形のデスバレーボム。ファイヤーマンズキャリーの要領で肩に担ぎ上げた相手の首の後ろに右首筋の方から左腕を巻きつけ、マットに対して斜めになった相手の体を背中に背負う格好になる。そのあと相手を抱えたまま尻餅をつく形で倒れ込み、落下させた相手の後頭部や背中をマットへ強かに打ちつける。WA4の進化系であるパワープラントを開発した現在は威力の劣るオリジナルWA4の使用を自粛している。
WC
プロレスリング・ノアのタダスケが使っている逆エビ固めの呼び名。
WMD (1)
WWEやTNAで活躍したシーク・アブドゥル・バシールことショーン・デバリのフィニッシャー。両膝をついた相手の頭を右脇に抱え込んだあと左足を後ろに振り上げて反動をつけ、背中から倒れ込むと同時に相手の頭部を強烈なDDTでマットに突き刺す。名前は"Weapons of Mass Destruction"の頭文字をとったもの。
WMD (2)
IWAイーストコーストなどで活躍しているプリンス・ムスタファ・アリのフィニッシャー。形はリバース450゜と同型。
WMD (3)
WWEのビッグショーが使う右フックの呼び名。
WMDドライバー
シーク・アブドゥル・バシールことショーン・デバリが使っているインプラントと同型の技。
WXロック
シャドウWXが使う涅槃と同型の技。
WR
大阪プロレスのスーパードルフィンが愛用していたオリジナルムーブ。左手で掴んだ相手の右腕を捻りながら相手と向かい合い、前屈みになった相手の首の後ろに右腕を回して頭を抱え込む。続いて自分の右足を前方へ大きく振り上げ、勢い良く振り下ろした右足で相手の右足を後ろから刈り取る。最後に自分の体を360゜前方回転させるようにジャンプして背中からマットに着地し、その勢いで後ろにひっくり返った相手の頭部をマットへ強かに打ちつける。
WRリミテッド
スーパードルフィンが使っていた改良型のWR。向かい合った相手の右腕を右手で、左腕を左手で掴んで両腕を交差させ、前屈みになった相手の背中に右腕を回して胴体を抱え込む。続いて自分の右足を前方へ大きく振り上げ、勢い良く振り下ろした右足で相手の右足を後ろから刈り取る。最後に自分の体を360゜前方回転させるようにジャンプして背中からマットに着地し、その勢いで後ろにひっくり返った相手の後頭部をマットへ痛打させる。
W・W・ニー
REINA女子プロレスの真琴が使っている側転式ダブルニードロップの呼び名。
Xウイング
KAIENTAI-DOJOのXNo.5が使っていたウイングブリーカーホールドの名称。
X固め
"韓国の猛虎"大木金太郎が愛用していたフィニッシングムーブ。相手の左腕と左足にセラへーラの要領で自分の右足をフックさせ、相手の右腕を左脇に抱え込んで相手の肩や脇腹を痛めつける。
Xクラッシュ
KAIENTAI-DOJOのXNo.3が使っていたクロスフェイスヘイローと同型の技。
Xクローザー
みちのくプロレスなどで活躍中のGAINAが使っているトランキライザーと同型の技。
Xスパイク
KAIENTAI-DOJOのXNo.2が使っていたアシッドドロップと同型の技。
Xスピアー
KAIENTAI-DOJOのMiss.Xが愛用していたスピアーの名称。
Xスラム
ROHで活躍したエグゼビアのフェイバリットホールド。アルゼンチンバックブリーカーの要領で相手を両肩の上に担ぎ上げたあと後ろに倒れ込み、相手をうつ伏せの状態でマットに叩き落とす。
Xトルネード
プロレスリングWAVEのGAMIが愛用していたパンプハンドル式のスープレックス。まず向かい合った相手の左腕を左手で掴み、掴んだ腕を相手の股の前へと持っていく。続いて相手の股の間に腿の裏の方から差し込んだ右手で相手の左手首を掴み直し、自由になった左腕を相手の右脇に背中の方から差し込んで腕を相手の首の後ろに回す。最後に体をブリッジさせる勢いを利用して相手の体を宙に抱え上げ、掴んでいた相手の左腕を離して相手の体を後方へと投げ捨てる。
Xハンマー
KAIENTAI-DOJOのMr.Xが愛用していたフィニッシングムーブ。相手にトーキックを見舞ったあと"オーバー!"と絶叫して相手の背後にあるロープへ跳び、前屈みになった相手の後頭部目掛けて打ち下ろし気味のラリアットを叩き込む。かつては技を決めると同時に会場内に雷鳴が轟いていた。
Xファクター
WWFやTNAで活躍したXパックことショーン・ウォルトマンが愛用していたフィニッシャー。まず向かい合った相手の腹部にトーキックを叩き込み、前屈みになった相手の頭を両手で鷲掴みにする。そのあと後ろへ軽く飛び退くようにジャンプしてマットに尻餅をつき、前のめりに倒れ込ませた相手の顔面を自分の両足の間へ叩きつける。
Xブレイカー
ROHなどで活躍したエグゼビアが使っていたクロスアーム式ショルダーネックブリーカー。向かい合った相手の右腕を右手で、左腕を左手でそれぞれ掴み、自分の体を横方向に180゜捻る際に掴んだ相手の両腕を交差させる。そのあと背中合わせになった相手の喉に交差した相手の両腕を巻きつけて自分は尻餅をつくように腰を落とし、後ろに引き倒した相手の後頭部を自分の右肩の上、もしくはマットへと叩きつける。
Xプレックス
WCWやWWEで活躍したグレゴリー・ヘルムズが使っているクロスアームスープレックスホールドの名称。
Xマーク・ザ・スポット
相手の顔面目掛けて2人が同時にスーパーキックを打ち込むコンビネーション。Xパック&ジャスティン・クレディブルがWWEで結成したユニット、"Xファクター"が愛用していたムーブである。
Xミッション
KAIENTAI-DOJOのMr.Xが愛用していた袈裟固め式のコブラクラッチ。まず仰向けになった相手の左サイドに腰を下ろし、右手で掴んだ相手の左腕を引っ張って相手の上半身を軽く引き起こす。続いて掴んだ相手の左腕を相手の顎の下に巻きつけ、自分の右腕を相手の首の後ろへと回して首を抱え込む。最後に折れ曲がった相手の右腕の隙間に左手を差し込んで自分の右手首を掴み、首に絡みつかせた腕に力を込めて相手の頚動脈を圧迫する。
X.C.T.
アパッチプロレス軍の橋本友彦が愛用するフィニッシングムーブ。まず向かい合った相手の喉を左腕で鷲掴みにし、タイツを右手で掴んで相手の体を高々とリフトアップする。そのあと相手に体を浴びせかけるように倒れ込みながら相手の左足を左足で払い、勢いのついた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。正式名称は"Xtreme Crusher Tomohiko"。
XPW
みちのくプロレスのザ・グレートサスケが使っているフィニッシングムーブ。形はバフ・ブロックバスターと同型。
XYZ
シャドウWXが使っているハワイアンスマッシャーと同型の技。
YAMADAボム
全日本プロレスに登場した謎の日本人レスラー、YAMADAが使っていたジャンピングパワーボムの名称。
YK
ゆずぽんキック
YKスペシャル
ゆずぽんキック
YUUロック
プロレスリングWAVEで活躍中の山縣優が愛用しているオリジナルサブミッション。まず四つん這いになった相手の左腕を自分の股の間に挟み込んで相手の左腕に右足を絡ませ、相手の右腕を両手で掴んで体を前方回転させる。そのあと回転する勢いで仰向けにひっくり返った相手の顎の下に左足の脹脛をフックさせ、更に掴んでいた右腕を左脇に抱え込んで相手の腕や首を痛めつける。
YUUロック2
山縣優が使っているゆりかもめと同型の技。
YUUロック3
山縣優が使っている改良型YUUロック。相手の首と左腕をYUUロックの要領で固め、相手の右足を両手で掴んで持ち上げる。そのあと掴んだ右足を左脇に抱え込み、更に相手の右腕を左手で、左足首を右手で掴んで体を痛めつける。
Zバスター
全日本プロレスで活躍したゾディアックが使っているムエルテ・デ・クリストと同型の技。
Z-フィスト
ドンキーパンチ