.
ファーイーストコネクションキック
アレックス・シェリー&クリス・セイビンのタッグチーム、"モーターシティ・マシンガンズ"が使っているコンビネーション。膝立ち状態になった相手の正面に2人が陣取り、相手の顔面目掛けて2人が同時にスーパーキックを叩き込む。
ファーストフラッシュ
DRAGON GATEのB×Bハルクが使っているロンギヌスの脚と同型の技。
ファイアーボム・コンボ
2012年の年越しプロレスに登場したマッド・ドック&ビクセンのコンビネーション。ビクセンがパワーボムの要領で相手の体を肩の高さまで抱え上げ、ビクセンの背後にあるコーナーに登ったマッド・ドックが相手の胸板にミサイルキックを打ち込む。
ファイト一発 (1)
大日本プロレスでMEN'Sテイオー&関本大介が愛用していた合体殺法。"ファイト〜!"の掛け声と共にテイオーが相手にローリングエルボーを叩き込み、ふらつく相手に"いっぱ〜つ!"と叫びながら関本がラリアットを打ち込む。
ファイト一発 (2)
DDTプロレスリングの男色ディーノが使っている男色殺法の1つ。"ファイト〜!"と叫びながら相手の顔面にエルボーバットを打ち込み、コーナーの方を向く体勢になった相手の背後に素早く回り込む。そのあと"いっぱ〜つ!"と絶叫しつつ腰を前に突き出して相手の臀部に自分の股間を叩きつけ、その衝撃で前方へと吹き飛んだ相手の体をコーナーに激突させる。この攻撃でふらふらになった相手に男色ドライバーを決めるのが必殺フルコースである。
ファイナライズ
田中稔が使っているC.T.B.と同型の技。
ファイナルアンサー
PWGなどで活躍中のスコルピオ・スカイが使うナイトメア・オン・ヘルムズストリート式のバックブリーカー。まず相手の首をリバースDDTの要領で左脇に抱え込み、相手の首を左脇から解き放ちながら自分の体だけを左方向に180゜捻る。そのあと相手の喉元に自分の右腕を叩きつけつつマットに左膝をつき、衝撃で後ろに倒れ込んだ相手の後頭部を自分の右腿の上へと叩きつける。別名はアーグル・バーグル
ファイナルアンサー?
DDTプロレスリングの高木三四郎が編み出したフェイスバスター系のムーブ。相手を肩車で持ち上げたあと前のめりに倒れ込み、相手の体をうつ伏せの状態でマットに叩き落とす。
ファイナルエピソード
PWGなどで活動中のB-ボーイが愛用する得意技の1つ。形は尾崎魔弓が使っているテキーラサンライズと同型。
ファイナルカット (1)
WWEのビッグショーが使うナイトメア・オン・ヘルムズストリートと同型の技。WRESTLE-1のカズ・ハヤシも同型同名のムーブを愛用している。
ファイナルカット (2)
スキゾフレニック
ファイナルシーサー
沖縄プロレスのシーサー王が使っていたラストライドの名称。沖縄プロレス旗揚当初はシーサーボムと呼ばれていた。
ファイナルシーサーDX
シーサー王が使っていた倒れ込み式のラストライド。相手の体をラストライドの要領でリフトアップしたあと相手のタイツを掴んだまま腹這いに倒れ込み、急降下させた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
ファイナルスタナー
DDTプロレスリングの高木三四郎がパートナー共に使うコンビネーション。パートナーが相手をファイナルアンサー?の要領でマットに落とし、相手の首をキャッチした高木がスタナーを叩き込む。
ファイナルスマッシュ
PWGなどで活動中のプレイヤー・ドスが使っているオリジナルムーブ。まず向かい合った相手の右腕を右手で、左腕を左手でそれぞれ掴み、自分の体を左方向へ180゜回転させて相手に背中を向けた状態になる。そのあと自分の両腕を上方向へと伸ばすことで相手の体を高々とリフトアップし、相手を抱え上げたまま軽く助走をつける。最後に前のめりに倒れ込みながら掴んでいた相手の両腕を離し、放り投げた相手を顔面からマットへ叩き落とす。
ファイナルソリューション
CZWのロボが愛用していたデスバレーボムの名称。
ファイナルデイズ
マスク・オブ・サニティ
ファイナルヴァリオスプラッシュ
ヴァリオスプラッシュ
ファイナルフラッシュ
SECRET BASEのベアー福田が使うコーナーセカンドロープからのダイビングボディープレス
ファイナルモリシコンビネーション
プロレスリング・ノアの森嶋猛が使っていた打撃のコンビネーション。まず向かい合った相手の左側頭部へ右腕でモリシハンマーを叩き込み、折り畳んだ右腕を振り抜いて相手の右側頭部へバックハンドエルボー気味の打撃を打ち込む。続いて右腕で相手の左側頭部へ追撃のエルボーバッドを決め、更に振り抜いた右拳で相手の右側頭部へ裏拳を叩き込む。最後に自分の背後にあるロープに跳んで助走をつけ、相手の喉元を体重を乗せたラリアットで刈り取る。
ファイナルランサー
変形トライアングルランサー
ファイブスター・フロッグスプラッシュ
WWEやTNAで活躍したロブ・ヴァン・ダムが愛用するフロッグスプラッシュの名称。その飛距離、高さ、優雅さはまさに5つ星ものである。
ファイブナックル・シャッフル
WWEのジョン・シナが愛用するピープルズエルボー、ワームと並ぶ奇妙奇天烈なオリジナルホールド。まず仰向けになった相手の左サイドに移動して自分の顔の前に右手の手の平をかざし、"You can't see me!"と叫んで手の平を小刻みに振る。続いて相手の体を跨ぎながらロープに跳んで助走をつけ、相手の側まで戻ってきたところで勢いを殺し急停止する。最後に自分の両肩を上下に軽く震わせたあと右手で左肩の埃を払うような仕草を取り、間髪入れずに相手の胸板へ右手でフィストドロップを叩き込む。
ファイヤークラッカースプラッシュ
大阪プロレスなどで活動していたコンドルの必殺技。コーナー最上段に登ったあとリングの方を向き直し、コーナーを蹴って270゜前方回転するようにジャンプする。そして相手にぶつかる寸前に体を左方向へ180゜錐揉み回転させ、仰向けになった相手をボディープレスしてフォールを奪う。
ファイヤーサンダー
ガッツワールドで活動中のミスター雁之助がFMW時代から愛用している必殺技。相手の体をオクラホマスタンピードの要領で右肩に担ぎ上げたあと尻餅をつき、上下逆さまの状態で落下させた相手の頭部を自分の両腿の間へ打ちつける。雁之助の引退後は愛弟子である宮本裕向がこの技を受け継いでいる。
ファイヤーなまずプレス
DIAMOND RINGのなまずマンが使っていたファイヤーバードスプラッシュの名称。
ファイヤーバードスプラッシュ
FMWのハヤブサが得意としていた華麗なスプラッシュ技。コーナー最上段に登ったあとリングの方を向き直し、ロープを蹴ってリングにジャンプする。そのあと空中で体を450゜前方回転させながら落下し、仰向けになった相手をボディープレスしてフォールを奪う。海外では450゜スプラッシュと呼ばれ、オースチン・エリーズやポール・ロンドンが愛用している。
ファイヤーバレー
JWP女子プロレスなどで活躍したデビル雅美のフィニッシャー。前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、右手で掴んで持ち上げた相手の左腕を自分の首の後ろに引っ掛ける。そのあと右手を相手の右脇腹に回して上下逆さまにするような感じで相手の体を持ち上げ、そのままマットに尻餅をついて急降下させた相手の頭部を自分の両腿の間へ打ちつける。デビル婦人として登場したハッスルではデビルマダムボムと呼ばれたムーブであり、デビル引退後は輝優優が技を受け継いだ。
ファイヤーフライ
ZERO-ONEなどで活躍したショーン・マッコリーのフィニッシングホールド。リバースフルネルソンに捕らえた相手の体を垂直になるまで抱え上げ、相手の体に右方向への捻りを軽く加えながら両手のクラッチを切る。そのあと相手の右脇から左腕を引き抜いて尻餅をつくように倒れ込み、背中からマットに落下した相手の左腕を即座に腕ひしぎ逆十字固めに捕らえる。
ファイヤーボールスペシャル
新日本プロレスに登場したフェーゴの得意技。まずリングに背を向けた状態でコーナー最上段へ登り、体を左方向へ180゜捻ってリングへとジャンプする。そのあと空中で更に体を左方向へ360゜捻り、立っている相手にダイビングクロスボディーの形で体当たりする。
ファイヤーマンズキャリー
プロレスで使われている基本的な技術の1つ。まず向かい合った相手の右腕を左手で掴み、相手の懐に体を潜り込ませて相手の右腿を右手で内側から抱え込む。そしてそのまま体を起こすことで相手の体をうつ伏せの状態で両肩の上に担ぎ上げ、掴んでいた右腕を離して左手を相手の首の後ろへと添え直す。デスバレーボムハリケーンドライバーなど、この体勢から仕掛ける技がプロレスには数多く存在する。
ファイヤーマンズキャリー・フラップジャック
WWEで活躍したテスト、フェスタスことドク・ギャロウズなどが使い手と知られる豪快なフェイスバスター。まず相手の体をファイヤーマンズキャリーの要領で肩に担ぎ上げ、自分の上半身を右方向に軽く捻って反動をつける。そのあと上半身を元に戻しながら相手の胸板を左手でプッシュアップし、右手で抱えた右足を支点にして相手の体を自分の背中の方へと水平旋回させる。最後に相手の体が背後へ移動したところで自分は背中からマットに倒れ込み、うつぶせの状態で落下させた相手の顔面や胸板を強かにマットへ打ちつけさせる。
ファイヤーマンズキャリーホールド
新日本プロレスの永田裕志が使うトルネードクラッチと同型の技。
ファイヤーモンスター
剛竜馬率いるWAPに参戦したジャック・エヴァンスが披露した630゜に付けられた呼び名。
ファウル
メキシコのルチャリブレで使われる急所蹴りを指す呼び名。反則負けの基準が形骸化している日本とは違い、メキシコでは厳格に反則を取られるためこの攻撃で試合が終わることが非常に多い。
ファステディアス
ROHなどで活躍したエディ・ベガスが愛用しているムーンサルトアバランシュバスターと同型の技。
ファック
近藤修司&"brother"YASSHIが使っていたコンビネーションの1つ。まず2人が立っている相手の両脇にそれぞれ立ち、相手の体を2人がかりのトーキックで屈ませる。そして相手の頭を上から2、3度叩いたあとそれぞれが背後にあるロープに跳んで助走をつけ、相手の頭を左右からのドロップキックで挟み撃ちにする。
フ☆☆クユー・エルボー
DRAGON GATEのサイバー・コングが使うダイビングエルボードロップの呼び名。
ファッキンゴーレム
火野裕士&岡林裕二のタッグチーム、"ダブルユージ"が使っているコンビネーション。火野が相手をFucking Bombでマットに叩きつけ、続けざまにコーナー最上段からダイブした岡林がゴーレムスプラッシュで相手を圧殺する。
ファッキンボディープレス
筋肉スプラッシュ
ファットチャンス
ROHなどで活躍したチャンス・ベケットが使っているTCSSと同型の技。
ファルコンアロー
FMWのハヤブサが開発し、現在も多くのレスラーが愛用しているドライバームーブ。ブレーンバスターの要領で相手の体を垂直に持ち上げ、自分の体を左方向へ180゜捻って相手と向かい合わせの状態になる。そのあと体を軽く前傾させながらマットに尻餅をつき、落下させた相手の背中を自分の両足の間へ叩きつける。頭部から真っ逆さまに叩きつける垂直落下式ファルコンアローもここ一番という時に使っていた。
ファルコンクラッシュ
WMFで活躍したガルーダが愛用していたキークラッシャー’99と同型の技。
ファルコンタロー
ハッスルのKIDATA・ロー2009が使っていたファルコンアローと同型の技。
フアレス
DRAGON GATEのEitaが使うロープを活用したカンパーナ系のジャべ。まずロープ際にいる相手を足を掬って相手を前のめりに倒れ込ませ、自分は場外へと移動して相手の足を場外の方へと引っ張り出す。続いてサードロープを巻き込むように折り畳んだ相手の両足のつま先をセカンドロープに引っ掛け、自分はトップロープの上を飛び越えてリングに戻り相手の背中を両足で跨ぐように着地する。最後に右足を相手の右肩の上あたりに移動させたあと相手の右手首を右手で、左手首を左手でそれぞれ掴み、両腕を引っ張ることで相手の上半身を軽く宙に浮き上がらせ体を痛めつける。
ファンキー・コールド・メディナ
SHIMMERで活動しているニコル・マシューズ&ポーシャ・ペレスのタッグチーム、"カナディアン・ニンジャ"のコンビネーション。マシューズが背後から抱えた相手の顔面にペレスがスーパーキックを叩き込み、それと同時にマシューズが体をブリッジさせて相手をジャーマンスープレックスホールドでマットに叩きつける。
ファンキーバスターボム
プロレスリング・ノアで活動しているモハメド・ヨネ&クワイエット・ストームのタッグチーム、"50ファンキーパワーズ"が使うキン肉バスターとシットダウンパワーボムの融合技。キン肉バスターの要領で相手を抱えあげたヨネの背後にストームが回り込み、相手を抱えたヨネが背中からマットへと倒れ込む。そのあと上下逆さまの状態で落下してきた相手の腰にストームが両手を回して尻餅をつき、相手の背中をストームの両足の間に叩きつけそのままストームが相手を押さえ込む。
ファンタジーイリュージョン
DDTプロレスリングのチェリーが使っているマックと同型の技。
ファンタスティックフリップ
WCCWやNWAで活躍したボビー・フルトン&トミー・ロジャースのタッグチーム、"ファンタスティックス"が得意としていたコンビネーションムーブ。相手を仰向けに倒したあとボビーがコーナー最上段へ歩を進め、リング上のトミーがボビーの右腕を右手で、左腕を左手でそれぞれ掴む。そのあとトミーが腕を引っ張った勢いを生かしてボビーが体を270゜前方回転させ、ボビーが相手の体をセントーンの形でプレスする。
ファンタズム
IWSで活躍したグリーンファントムが使っていたアイコノクラズムの名称。
ファントムペイン
プロレスリングBASARAの木高イサミが使うカールシックルと同型の技。
ファンネル
鈴木鼓太郎が愛用する619と同型の技。
フィースト・ユア・アイズ
ROHなどに参戦中のドノバン・ダイジャックが使う変形のgo 2 sleep。まずアルゼンチンバックブリーカーの要領で相手を肩に担ぎ上げ、相手の下半身を下から跳ね上げて相手を仰向けにひっくり返す。そのあと相手が自分の正面へと落下してきたところで右足を振り抜き、両足でマットに着地した相手の顔面に強烈な膝蹴りを叩き込む。
フィギュアエイト
4の字固めの名手であるリック・フレアーの娘で、現在はWWEで活躍するシャーロット・フレアーのフィニッシャー。足4の字固めを極めたあと後ろ手に回した両手をマットにつき、自分の背中をブリッジをするように仰け反らせながら相手の足を痛めつける。
フィギュアフォー・レッグロック
足4の字固め
フィスト・オブ・フューリードロップ
新北京プロレスで活躍する大秦国王安敦が披露した、腕に鉄球を装着して放つダイビングフィストドロップ
フィストドロップ
アメリカのレスラーが好んで使用している古典的なムーブ。拳が下を向く形で自分の右腕を振りかぶり、仰向けになった相手に覆い被さるように倒れ込んで相手の胸板に右拳を叩きつける。WWEのジェリー・ローラーはコーナーのセカンドロープから仕掛けるダイビングフィストドロップを得意とする。
フィッシャーマンエキスプレス
DRAGON GATEの斎藤了が使っているオリジナルムーブ。相手をフィッシャーマンズスープレックスで投げ捨てたあとクラッチを離さずに横方向へと転がり、両足で立ち上がってもう一度相手にフィッシャーマンズスープレックスを叩き込む。そのあと同じ要領で再度立ち上がり、抱え上げた相手の体をフィッシャーマンバスターでマットに叩きつける。最後をフィッシャーマンバスターではなくシュリンプで締めることも多い。
フィッシャーマンズスープレックスホールド
新日本プロレスの"虎ハンター"小林邦昭が愛用していたフィニッシャー。前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、右手で掴んで持ち上げた相手の左腕を自分の首の後ろに引っ掛ける。そのあと外腿の方から相手の左腿の裏に右手を回して体をブリッジさせ、反り投げた相手の背中をマットに叩きつけてそのままフォールを奪う。日本名は網打ち式原爆固め
フィッシャーマンズスプラッシュ
大阪プロレスのスペルデメキンが使っていたフロッグスプラッシュの名称。
フィッシャーマンズボム
ビリーケン・キッドが使っている必殺技の1つ。相手の体をシュリンプの要領で投げ捨てながら両膝をつくように倒れ込み、落下させた相手の背中を豪快にマットに叩きつける。
フィッシャーマンバスター
男女問わず多くのレスラーが使っている垂直落下系のムーブ。まず相手の体をフィッシャーマンズスープレックスのクラッチに捕らえ、相手の体を垂直になるまで持ち上げる。そのあと相手を抱えたまま背中からマットに倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の体をマットへ叩きつける。
フィッシャーマンズDDT
新日本プロレスやZERO-ONEで活躍した橋本真也が愛用したフィッシャーマンバスターの呼び名。
フィッシュクック
プロレスリング・ノアやEVOLVEで活動中のボビー・フィッシュが使っているサブミッション。まず仰向けになった相手の右足を右手で掴んで内腿の方から相手の右足に自分の右足を引っ掛け、相手の右足に絡ませた右足を相手の右脇腹の横に着地させる。そのあと自分の体を前転させた勢いで相手の体を後方に1回転させ、再び仰向けの状態なった相手の右足のつま先を右脇に抱え込んでヒールホールドを極める。
フィッシュストレッチスリーパー
JWP女子プロレスのプラム麻里子がヴォルク・ハンのサブミッションを真似て使っていたサブミッション。まずうつ伏せになった相手の右サイドに移動して相手の右膝の裏に自分の右腿を乗せるように倒れ込み、相手の右足首の下に自分の左足を内側から滑り込ませる。そのあと自分の体を左方向へと捻る勢いで相手の右足を折り畳み、相手の右足首を自分の両腿で挟み込んで足の動きを封じる。最後に相手の頭部をスリーパーホールドに捕らえて自分の背中がマットにつくように体を転がし、相手の首・背中・足などを複合的に痛めつける。
フィッシュフック
ROHなどで活躍中のボビー・フィッシュが使っているフェイバリットホールド。相手をロープにハンマースルーしたあとパウンスの要領で助走をつけ、相手の頭部へ側面からのジャンピングニーバットを叩き込む。
フィッシュフック・オブ・ドゥーム
インパクト・レスリングのオースチン・エリーズが愛用しているオリジナルサブミッション。まずうつ伏せになった相手の左サイドに腰を下ろし、左手で掴んだ相手の左腕に自分の右膝を宛がう。そのあと釣針状に折り曲げた右手の人差し指を相手の口の右側に引っ掛け、相手の左腕を痛めつけながら背中を反り上げる。
フィニッシングタッチ
WWEのムハマド・ハッサンが使っていたリバースファイナルカットの名称。
フィリピーノデストロイヤー
インパクト・レスリングのDJ Zが使っているリバース式のスナップメアドライバー。まず相手の背後へと回り込んで相手と背中合わせになるように体を捻り、相手の首の後ろに右腕を、相手の喉元に左腕をそれぞれ回して相手の頭を抱え込む。そして左足を軽く振り上げて反動をつけたあと相手の頭を抱えたまま前のめりに倒れ込み、その勢いで後ろにひっくり返った相手の後頭部をマットへ強かに打ちつける。
フィリピーノバスター
PWGやJAPWで活躍しているB-ボーイのフェイバリットホールド。向かい合った相手の右腕を左脇に抱え込み、胸の方から相手の左脇に頭を潜り込ませる。そのあと外腿の方から相手の左腿の裏に右手を回し、相手の左足を抱えるように自分の両手をクラッチさせる。最後に相手の体を垂直になるまで持ち上げて背中からマットに倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の体をマットへ叩きつける。
フィンタ・デ・レギレテ
初代タイガーマスクが愛用していたフェイント技。相手を場外に落としたあとロープに跳んで助走をつけ、相手が落ちた場外の側にあるトップロープを右手で、セカンドロープを左手でそれぞれ掴む。そのあと体をジャンプさせてトップ&セカンドロープの間を弧を描くように通り抜け、両足でリングに着地して場外にいる相手を挑発する。この技を攻撃に応用したのがMIKAMIのミッキーブーメランやレイ・ミステリオの619である。
フィン・デル・ムンド
スターシップペイン
フィンランド式フォアアーム
プロレスリング・ノアの大原はじめがフィンランド修行を経て使い始めたムーブ。ロープの反動を利用して助走をつけながら交差させた両腕を後ろに大きく振りかぶり、振り抜いた両腕の前腕部を使って相手の顔面や後頭部を殴打する。
風車式背骨折り
ケブラドーラ・コン・ヒーロ
風車式サイドバスター
ヒーロ・デ・ラ・ケブラーダ
風車吊り
全日本プロレスで活躍したラッシャー木村が得意としていたサブミッション。まずリバースフルネルソンで相手の体を捕獲し、中腰の状態になりながら相手の体を軽く宙に抱え上げる。そのあと相手の右腿の裏を自分の左腿の上に、左腿の裏を右腿の上にそれぞれ着地させ、相手の体に体重をあずけて肩や背中を痛めつける。
風刃
北九プロレスZのKAZEが使っている不知火の名称。
風神ボンバー
ハナヤシキプロレスリングの風神が愛用する、ロープの間を何度も往復してから放つラリアット
ぶーちゃんローラー
DDTプロレスリングの三和太が巨体を利して使っていたムーブ。仰向けになった相手の上を寝返りを打つように転がり、相手の体を全体重をかけてプレスする。
ブーツ・オブ・ドゥーム
ジャイアント・バーナード&カール・アンダーソンが使っていた青い山脈と同型の技。
ブードゥースラム
TNAで活躍中のロキシー・ラビューが使っている横須賀ドライバーと同型の技。別のリングネームであるニッキー・ロックスを名乗っているときにはビンボプラントという名前でこの技を愛用している。
ブードゥードロップ
バービークラッシャー
ブードゥーボム
全日本プロレスで暗躍していたヒールユニット、"ブードゥー・マーダーズ"の一員であるルネ・デュプリが使っていたスパイラルボムと同型の技。
ブードゥーロック
全日本プロレスの諏訪魔が"ブードゥー・マーダーズ"で活動していた頃に愛用したサブミッション。まず仰向けになった相手の右足を右手で、左足を左手で掴んで持ち上げ、左足の裏に右足を添えるような形で相手の両足を交差させる。そのあと相手の両足首を抱えるように自分の両手をクラッチし、うつ伏せに引っくり返した相手の右足をアンクルロックの要領で絞り上げる。
フーヴィードライバー
フベントゥ・ゲレーラが愛用しているみちのくドライバー2の名称。
フーヴィーロック
フベントゥ・ゲレーラがTNAで披露したブロックロックの名称。
ブーブー☆ウイング
沖縄プロレスで活躍したアグーが使っていたFFFと同型の技。
ブーブー☆ドライバー
アグーが使っていたみちのくドライバー2と同型の技。
ブームシャカラカ
CHIKARAなどで活躍しているライアン・クルツの必殺技。前屈みになった相手の頭を自分の股の間へと挟み込み、胸の方から相手の左脇に左腕を差し込む。続いて相手の背中に左腕を、腹部に右腕を回して相手の胴体を両手で抱え込み、相手の体を垂直になるまで持ち上げる。最後に相手の体を抱えたまま尻餅をつくように倒れ込み、落下させた相手の頭部をマットへ強かに打ちつける。
ブーメランアタック
ロープに振られた際にカウンターで見舞われる空中殺法。助走をつけてセカンドロープに跳び乗ったあと体を翻すようにジャンプし、自分を追ってきた相手に体全体で体当たりする。
ブーメラン式スク〜ルボ〜イ
MIKAMIが使っているスク〜ルボ〜イのバリエーションの1つ。セカンドロープとトップロープの間をフィンタ・デ・レギレテの要領で通り抜け、そのまま体を回転させてロープの側に立っている相手の背後へと回り込む。そのあと掴んでいたロープを離して腿の裏の方から相手の股の間に右腕を差し込み、マットに着地した勢いを利用して相手の体を後ろにひっくり返しそのままフォールを奪う。
フェアリーオイントメント
みちのくプロレスの精霊が使う必殺技。まず向かい合った相手の左肩に左手を、背中に右手をそれぞれ回し、側転をするような感じで体を回転させて相手の正面に着地する。続いて右手で掴んだ相手の右腕を自分の股の間に正面から挟みこみ、相手の背中の方に回した左腕を相手の左脇に引っかける。最後にマットに腹這いに倒れ込む勢いで相手の体を仰向けにひっくり返し、両肩をマットにつけた相手の右足に自分の右足をフックさせてフォールを奪う。
フェアリードライバー
沖縄プロレスで活躍したキジムナーが使っているデッドネイターと同型の技。
フェアリーロック
プロレスリングWAVEなどで活躍中の大畠美咲が愛用している複合関節技。まず四つん這いになった相手の左サイドに移動して相手の左腕を左手で掴み、相手の左腕の内側に自分の右足を引っかけて腕を足の間に挟み込む。そのあと自分の体を前転させる勢いで相手の体も前方へと転がし、尻餅をつく体勢になった相手の右脇に背中の方から左腕を差し込んで相手の右腕を左脇に抱え込む。最後に相手の両腕を極めたまま自分の背中をマットにつけるように転がり、持ち上げた左足を相手の顎の下にフックさせて相手の首や肩を痛めつける。
フェイスウォーニング
フリオ・ディネーロ&CMパンクがTNAで使っていた合体殺法の1つ。パンクがサイドバスターで抱えた相手の首にコーナー最上段からジャンプしたフリオがダイビングエルボードロップを落とし、それと同時にパンクが尻餅をついて相手の後頭部と背中を強かにマットへ叩きつける。
フェイスカット
古くから使われている古典的な痛めつけ技。足を閉じた状態で仰向けになった相手の顔の上に飛び乗るようにジャンプし、足が完全に着地する前に両足を開いて相手の鼻や顔の皮膚をリングシューズの裏で擦り上げる。
フェイスクラッシャー
様々な技への繋ぎ技として使われる基本的なムーブ。助走をつけて背後から相手に近づき、相手の後頭部を右手で後ろから押さえつける。そのあと相手の左横を通り抜けながら自分の体を前方にジャンプさせ、その勢いで前のめりに倒した相手の顔面をマットに痛打させる。
フェイス・ザ・マウンテン
DRAGON GATEのスペル・シーサーが使うクロスアーム式のラストチャンスリー。仰向けになった相手の頭の側に立って相手の右腕を右手で、左腕を左手で掴み、掴んだ腕をコントロールして相手の体をうつ伏せにひっくり返す。そして交差させた相手の両腕を相手の喉元へとフックさせたあとマットに自分の頭を押し当て、腕を掴んだまま自分の体を前方へとブリッジさせて相手の背中を強烈に反り上げる。
フェイスジャム
アメリカで使われている相手を顔面からマットに叩きつける技の総称。
フェイスバスター (1)
スーパーFMWのターザン後藤が愛用するオリジナルムーブ。相手をパイルドライバーの要領で持ち上げたあと前のめりに倒れ込み、相手をうつ伏せの状態でマットに叩きつける。
フェイスバスター (2)
スターダムなどで活動中の山縣優が愛用しているムーブ。助走をつけたあと相手の頭を両手で掴みながらジャンプし、相手の顔面をXファクターの形でマットに叩きつける。
フェイスバスター2
山縣優が使っているモアイ・オブ・イースターと同型の技。
フェイスブレイカー
WWEのミシェル・マクールが使っていたスタイルズクラッシュと同型の技。
フェイスリフト
WWEのレイラが使っているダイヤモンドダストと同型の技。
フェイスロック
顔面締めとも呼ばれ基本的なサブミッション。尻餅をついた相手の背後に体を回り込ませ、右頬の方から相手の顔面に右腕を巻きつける。そのあと相手の頭を抱えるように自分の両手をクラッチし、鼻の下にある急所や頬骨を圧迫して相手をタップに追い込む。
フェイスロック・オン・タイム
スポルティーバエンターテイメントのゼヴィウスが使っているチキンウイングフェイスロック式のジャストフェースロック。うつ伏せになった相手の右サイドに腰を下ろして相手の頭と左腕をチキンウイングフェイスロックに捕らえ、そのまま相手の上半身を反り上げることで相手の首・左肩・背中などを複合的に痛めつける。
フェイタリティ!
PWGなどで活動しているプレイヤー・ウノ&プレイヤー・ドスのタッグチーム、"スーパースマッシュブラザーズ"が使うゴリーボムとカッターのコンビネーション。まず相手の体をゴリースペシャルの要領で抱え上げたウノがコーナーの方を向き、ウノの正面にあるコーナーのトップロープにドスが歩を進める。そのあとコーナーを蹴ったドスが体を270゜前方回転させるようにジャンプし、ウノの頭上を飛び越えながら相手の頭を両手でキャッチする。最後にドスが落下するのに合わせてウノが両手のフックを外しながら尻餅をつき、ドスが抱えた相手の頭をダイヤモンドカッターの形でマットへ叩きつける。
フェイタルアンサー
スコルピオ・スカイが使うファイナルアンサーからの派生コンビネーション。ファイナルアンサーを決めたあと即座に相手と共に体を起こし、背中合わせの状態になった相手の背後で腕のクラッチを解きながらジャンプする。そして相手の首の後ろに右腕を、顎の下に左腕を回して相手の頭を両手で抱え込たままリングに落下し、その勢いで後ろに引き倒した相手の後頭部をマットへと叩きつける。
フェイド・トゥー・ブラック (1)
インパクト・レスリングのカザリアンが使っているアックスギロチンドライバーと同型の技。
フェイド・トゥー・ブラック (2)
MVP&シェルトン・ベンジャミンが新日本プロレスで使っていたフュージョンボムと同型の技。
飛鴻
WRESTLE-1のアンディ・ウーが使うドゥアトドライバーと同型の技で、名前の読み方は"フェイホン"。中国に存在した伝説の武術家であり、数多くの香港カンフー映画の題材となった黄飛鴻が名前の由来である。
フェイマサー
WWEやTNAで活躍したビリー・ガンことモンティ・ソップのフィニッシャー。前屈みになった相手の左サイドに移動して軽く助走をつけ、相手の側で体をジャンプさせながら右足を振り上げる。そのあと相手の首の後ろに右足を引っかけて尻餅をつくように落下し、その勢いで前のめりに倒れ込んだ相手の顔面をマットへ痛打させる。
フェニックスエクスプロージョン
飯伏プロレス研究所の飯伏幸太が"闘うビアガーデン2009"で披露した、火のついたロケット花火を手に持った状態で決めるフェニックススプラッシュ
フェニックス式ローリングセントーン
飯伏幸太が使っているコークスクリュー630゜と同型の技。
フェニックススプラッシュ
FMWのハヤブサが奥の手として使っていた改良型のファイヤーバードスプラッシュ。相手を仰向けに倒したあとリングに背を向けた状態でコーナー最上段へ登り、自分の体を左方向へ180゜捻ってリングへジャンプする。そのあと空中で体を更に450゜前方回転させ、相手の体をボディープレスしてフォールを奪う。
フェニックスセントーン
ハヤブサが愛用していた空中殺法。相手を仰向けに倒したあとリングに背を向けた状態でコーナー最上段へ登り、自分の体を左方向へ180゜捻ってリングへジャンプする。そのあと空中で体を更に270゜前方回転させ、相手の体をセントーンの形でプレスする。
フェニックスドライバー
AAAやルチャ・アンダーグラウンドで活動中のフェニックスが使うタイガードライバーと同型の技。
フェニックスフューリーレッグドロップ
ROHやFIPで活躍したサル・リナウロが使っていたヒアウィーゴードライバーと同型の技。
フェニックスプレックスホールド
飯伏幸太が愛用している必殺技の1つ。パワーボムの要領で肩に担ぎ上げた相手の首の後ろに両手を回し、頭を上から押さえつけることで相手の体を前屈状態にさせる。そして相手の頭を両手で押さえつけたまま体をブリッジさせて相手を後方へと反り投げ、相手を後頭部のあたりからマットに叩きつけたあともブリッジを崩さずそのまま3カウントを奪い去る。DDT初となった両国大会のメインイベントでこの技を公開し、王者であったHARASHIMAからKO-D無差別級王座のベルトを奪取した。
フェニックスDDT
みちのくプロレスなどで活躍したジョディー・フラッシュが愛用していた別名720゜DDTとも呼ばれる空中殺法。エプロンに出てトップロープを掴んだあと体を左方向に180゜捻りながらジャンプし、リングに背を向けた状態でトップロープに跳び乗る。続いて体を左方向へ更に180゜捻ってリングへジャンプし、自分の方を向いている相手の体に飛びついて相手の頭を左脇に抱え込む。最後に相手の体を軸にして自分の体を左方向に180゜旋回させ、抱えていた相手の頭をDDTでマットに打ちつける。
ブエノスアイレス午前零時
DDTプロレスリングの星誕期が使っているコーナーセカンドロープからのダイビングボディープレス。DDTのユニット"モンスターアーミー"でイマチ大佐になると技の呼び名がイマチ投下に変化する。
フェノメノン・フォアアーム
WWEのAJスタイルズが使っているスワンダイブ式のフォアアームスマッシュ。エプロンに移動してトップロープを両手で掴み、その場でジャンプしてトップロープの上に両足で飛び乗る。そしてリングに向かって跳躍したあと背中を弓なりに反らせながら右腕を後ろに振りかぶり、勢いよく振り抜いた右腕の前腕部で相手の顔面を殴り飛ばす。若手時代から繋ぎ技として使用されてきた技だが、WWE入団と同時にフィニッシュへと昇華させた。
フェノメノンDDT
AJスタイルズが愛用する華麗なムーブ。まず体をジャンプさせて目の前にあるセカンドロープに両足で跳び乗り、ロープを蹴って体を360゜後方回転させるようにジャンプする。そしてそのまま自分の背後にいた相手の頭上を飛び越え、相手の首をリバースDDTの要領で左脇に抱え込みながら相手の背後に着地する。最後に間髪入れずに背中からマットへ倒れ込み、その勢いで後ろに引き倒した相手の後頭部をマットへ叩きつける。別名はスタイリングDDT
フェフィーター
CMLLやTNAで活動中のダークエンジェルが愛用しているジャべ。カンパーナの要領で相手の手足を固めたあと背中からマットに倒れ込み、相手の体を引き起こして膝立ちの状態にさせる。そのあと相手の両腕を自分の両足で外側から挟み込み、そのまま相手の体を絞り上げてタップを奪う。
フェリスホイール
ハッスルなどで活躍したCWアンダーソンが使っていたエクスプロイダーの名称。
フェリナー
WCWで活躍した"ザ・キャット"アーネスト・ミラーのフィニッシングホールド。スクリューハイキックの要領で体を回転させながらジャンプし、振り抜いた右足の脛で相手の胸板にレッグラリアート気味の蹴りを叩き込む。
ブエロ・アクロバティコ
リスマルクが開発した名前通りアクロバティックな投げ技。相手の左腕を左手で掴んだあと場外の方を向いた状態でトップロープの上に跳び乗り、体を軽くジャンプさせて尻餅をつくようにトップロープに着地する。そのあと反動を利用して体を360゜後方回転させながらリングへと落下し、相手の腕を引っ張った勢いを生かして相手の体を巻き投げる。
ブエロ・デ・アギラ
CMLLのミステル・アギラが編み出した難易度の高い空中殺法。リング内で助走をつけたあとトップロープを跳び越えるようにジャンプし、空中で自分の体を横方向に180゜捻って場外の相手に体を浴びせかける。日本ではWRESTLE-1のカズ・ハヤシが愛用している。
ブエロ・デ・コルレオーネ
CMLLのマルコ・コルレオーネが使っているフィニッシングムーブ。入場ゲートとリングを繋ぐ花道を疾走して助走をつけ、トップロープを跳び越えるように体をジャンプさせてリング上にいる相手にフライングボディーアタックを見舞う。
プエンテ・オリンピコ
ジャックナイフホールド
プエンテ・グリエゴ
外道クラッチ
フォース・オブ・ネイチャー
NWAフロリダなどで活躍したスコット・アンドリュースが愛用しているエゴイストドライバーと同型の技。
フォーリンエンジェル (1)
アルシオンに参戦していたレジー・ベネットの得意技。ショルダースルーで投げ飛ばした相手の方に自分の体を向け、相手に体を浴びせかけるように倒れ込んで相手の背中をマットに叩きつける。
フォーリンエンジェル (2)
ECWのエンジェルが愛用していたハワイアンスマッシャーと同型の技。
フォーリングココナッツ
新日本プロレスのバッドラック・ファレが使うダイビングボディプレスの呼び名。
フォーリングスター
CZWやXPWに参戦していたケイオスのフィニッシャー。ハイジャックバックブリーカーで抱え上げた相手の背中を右肩の上に着地させ、相手の腕を抱えていた両手で相手の腰を抱え直す。そのあと体を前傾させながら尻餅をつき、上下逆さまの状態で落下させた相手の頭部を自分の両腿の間へ打ちつける。
フォーリングフェイト
WWEで活躍したマット・ハーディー&ジェフ・ハーディーの兄弟タッグチーム、"ハーディー・ボーイズ"が得意としていたコンビネーション。対戦相手の1人を仰向けに倒したあと対角線上にある2つのコーナーへ2人がそれぞれ移動し、2つのコーナーへ最上段へ各々が歩を進める。そのあと呼吸を合わせた2人が相手に向かってジャンプし、ジェフが相手をダイビングボディープレスで押し潰すと同時にマットが相手の喉にダイビングギロチンドロップを叩き込む。別名はイベントオメガ
フォーリンデビル
新日本プロレスなどで活躍中のロッキー・ロメロが使用しているメテオラとほぼ同型の技。2012年の"ベスト・オブ・ザ・スーパーJr."開催中に付けられた名称だが、この名前が付けられた翌日にはガーゴイルという別名が結果表記に使われている。
フォールアウェイスラム
ブロックバスター
フォールアウト
ROHで結成されたレイモンド・ロウ&ハンソンのタッグチーム、"ウォー・マシーン"が使っている合体殺法。ロウが相手をアトミックドロップの要領で宙に抱え上げ、コーナーに登ったハンソンが相手の喉元にダイビングギロチンドロップを叩き込む。
フォール・イン・ラヴ
新日本プロレスの棚橋弘至が披露した高角度前方回転エビ固めにかつて付けられた呼び名。
フォール・オブ・エンジェルズ
AAAやルチャ・アンダーグラウンドで活躍中のアンジェリコが使うウィップラッシュエフェクトと同型の技。
フォール・オブ・ヒューマニティ
WWEのブローダス・クレイが使っているフィニッシングホールド。コーナーに寄りかかった相手の体をコーナースプラッシュで圧殺し、ふらついた相手にロープの反動を利用したランニング式クロスボディーを叩き込む。ファンク星からやってきたファンクサウルスにギミックチェンジしてからはホワット・ザ・ファンク?と呼び名を変えている。
フォール・オブ・マン
WWE NXTで活動している"ジ・アセンション"のコナー・オブライエン&ケネス・キャメロンが使う合体殺法。棒立ちになった相手の前方にあるロープにオブライエンが、後方にあるロープにキャメロンが飛んでロープの間を2人が互い違いに往復し、十分な助走をつけてから仕掛けるトータルイリミネーションである。キャメロンの解雇後、コナーは新たにユニットに加わったリック・ビクターと共にこの技を使っている。
フォール・フロム・グレイス (1)
CZWやXPWで活躍したメサイアが愛用していたスパイシードロップの名称。
フォール・フロム・グレイス (2)
クリストファー・ダニエルズが使うゴリコノクラズムと同型の技。
フォール・フロム・グレイス (3)
TNAで活躍したトリニティーが使っていたムーンサルトプレスの名称。
フォクシードロップ
WWEのアリシア・フォックスが使っているフリップモードと同型の技。現在はオフィサー・ナスティと呼ばれている。
フォゲット・アバウト・イット
WCWやWWEで活躍したジョニー・スタンボリが使っているエレクトスマッシュと同型の技。ミリタリープレスで持ち上げた相手の体をうつぶせの状態で右肩に着地させ、そこからオクラホマスタンピードへと移行するムーブもこの名前で呼ばれている。
フォスベリーフロップ
AJスタイルズやクリス・ヒーローが使っている空中殺法。相手を場外に落としたあとロープに跳んで助走をつけ、相手が落ちた場外の側に戻ってきたところで場外に背を向けるように体を捻る。そのあと背後にあるトップロープを背面跳びの要領で飛び越えながら体を270゜後方回転させ、場外にいる相手に体の正面から体当たりする。
フォトフィニッシュ (1)
CZWで活躍したGQのフィニッシングムーブ。相手の背後に回り込んだあと体を捻って相手と背中合わせになり、胸の方から相手の右脇に左腕を、左脇に右腕をそれぞれ差し込んで相手の両腕を抱え込む。そのあと相手の体を押しつぶすように体を後ろへ倒し、その勢いで前のめりに倒れ込んだ相手の顔や胸をマットへ痛打させる。
フォトフィニッシュ (2)
CZWを中心に活動しているブルース・マクスウェルのフィニッシャー。相手の体をブレーンバスターの要領でマットと水平の高さになるまで抱え上げ、相手のタイツから離した右手を横に大きく広げる。そのあと体を360゜錐揉み回転させて腹這いにマットへ倒れ込み、捻りを加えた相手の体をうつぶせの状態でマットへ叩き落とす。
ブカ・デストロイヤー
CMLLで活動中のレイ・ブカネロが使っているカナディアンデストロイヤーと同型の技。
ブカネロクラッチ
レイ・ブカネロがDDTに登場した際に披露したラ・ネブリナと同型の技。
ブカネロストーム
リーダーストーム
フカヒレ折り
みちのくプロレスの気仙沼二郎が使っている変形のコブラツイスト。相手の背後に回りこんだあと相手の左腕を右手で掴み、掴んだ左腕を相手の顎の下へと巻きつける。そのあと相手の左足の内側に正面から左足を引っかけ、相手の右脇に背中の方から差し込んだ左腕で相手の右腕を抱え込み体を痛めつける。
ブギークロー
IWAジャパンに参戦していたブギーマンの必殺技。尻餅をついた相手の首に右腕をスリーパーホールドの要領で絡め、左手の親指で相手の頚動脈を皮膚の上から圧迫する。
フクダスペシャル
新日本プロレスの福田雅一が使っていたカウンター式のSTO
武輝固め
武輝道場出身の望月成晃などが得意とする羽根折り脇固めと同型の技。
武輝固め2
闘龍門の川畑憲昭が使っていた複合関節技。仰向けになった相手の下半身をインディアンデスロックの要領で固め、相手の上半身を引き起こして尻餅をつかせた状態にする。続いて相手の顔面目掛けて左足で膝蹴りを叩き込み、左手で掴んだ相手の右腕を相手の背中の方へと折り曲げる。最後に相手の右手首を右手で掴み直し、自由になった左手で相手の頭を抱え込んで体を痛めつける。
武骨落とし
KAIENTAI-DOJOの藤澤忠伸が使っている麻里子スパイクと同型の技。
ブサイクが膝蹴り
大阪プロレスの初代えべっさんが使っていたブサイクへの膝蹴りと同型の蹴り技。自身の容姿と絡めた自虐的な名前が付けられている。
ブサイク顔面潰し
KENTAがブサイクへの膝蹴りへの繋ぎに使っているコンビネーション。まず相手のボディに左腕でパンチを入れてガードを下げさせ、棒立ちになった相手の顔面に左右の掌底を連続で叩き込む。そのあと相手の顔面に右手で裏掌底を打ち込み、続け様に相手の側頭部に左ハイキックを叩き込む。
ブサイクへの膝蹴り
KENTAが愛用しているフィニッシングムーブ。助走をつけて相手に正面から近づき、右足を振り上げながら体をジャンプさせる。そのあと膝を突き出すように左足を折り畳み、相手の顔面に左足で強烈な膝蹴りを叩き込む。大先輩の百田光雄をこの技で仕留めた際にはベテランへの膝蹴りという名前が付けられた。
不思議な第三惑星
大阪プロレスのタイガースマスクが愛用している丸め込み技。尻餅をついた相手の右サイドに移動して相手の右腕を左手で掴み、振り上げた右足を相手の首の後ろへと引っかける。続いて右膝をつくように倒れ込んだ勢いで相手の両肩をマットにつけさせ、相手の右腕を右手で掴むことで左手を自由にする。最後に相手の右足を左手で内側から抱え、更に相手の右腕を改めて左手で掴み直して相手をフォールする。
富士山ジャーマンスープレックスホールド
新日本プロレスの中西学が使うカール・ゴッチ直伝のジャーマンスープレックスホールド。高山のエベレストジャーマンに対抗して富士山の名を冠しているが、高山のジャーマンと違い名前は定着していない。
フジタスタンピート
サスケだまし
フジタドライバー
九州プロレスなどで活動中の藤田ミノルが使っているみちのくドライバー2と同型の技。
フジタドライバー2
藤田ミノルが使っているハリケーンドライバーと同型の技。
不死鳥魂
コークスクリュー630゜
フジヤマスノースライダー
LLPW-Xの井上貴子が全日本女子プロレス時代に使っていた変形のレーザーズエッジ。逆さ押さえ込みの要領で捕獲した相手の体を背中に背負い上げ、そのまま前のめりに倒れ込むことで相手を後頭部からマットに叩き落とす。
フジヤマドライバー
WWEや全日本プロレスで活躍したディーロウ・ブラウンが使っていたフィニッシャー。キャタトニックの要領で相手を旋回させながらマットに尻餅をつき、落下させた相手の背中を自分の左サイドへと叩きつける。旧名はサドンインパクト
フジヤマドラゴン
道頓堀プロレスやプロレスリング紫焔で活動中のTORUが使うザ・デラックスと同型の技。
富士ラナ
大阪プロレスなどで活躍中のアップルみゆきが使っているミステリオ・ラナの呼び名。
フジワラアームバー
脇固め
ブシ・ロール
新日本プロレスのBUSHIが使っているウイングクラッチホールドと同型の技。
二上式首固めグラシアス
プロレスリングWAVEのGAMIが得意としていたトライアングルランサーと同型の技。
豚の角煮
復活
L.A.
復帰クラッチ
DRAGON GATEの望月成晃が右肩負傷による欠場明けに披露した外道クラッチの呼び名。
フック&ラダー
CZWやDRAGON GATE USAで活躍するジョン・モクスレーの必殺技。形はワッフルフェイスと同型。
ブックエンド
WWEのブッカーTが愛用するフィニッシングムーブの1つ。ロックボトムの要領で相手を抱えあげたあと体を前傾させながら両膝をつき、前方に投げ捨てた相手の背中をマットに叩きつける。キング・ブッカーと名乗っていた時にはロイヤルブックエンドという名前が付けられていた。
ブック・オブ・エゼキエル
WWEのエゼキエル・ジャクソンが使っているデスクロークと同型の技。
特攻ラリアット
新日本プロレスの後藤洋央紀が使っている打撃技。向かい合った相手の髪の毛を左手で鷲掴みにしたあと右腕を後ろに大きく振りかぶり、勢いよく振り抜いた右腕で相手の顎を下からかち上げるようなラリアットを叩き込む。名前の読み方は"ブッ込みラリアット"。
ぶったたきエルボー
Wrestling New Classicの土肥孝司が使っているフィニッシャー。相手の体を前屈みにさせたあと相手の正面に移動して助走をつけ、相手の後頭部目掛けて打ち下ろすようなエルボードロップを叩き込む。
ブッチャー斬り
大日本プロレスの関本大介が使う豪快な打撃技。前屈みになった相手の背中目掛けて手刀を勢い良く振り下ろす。
フットスタンプ
仰向けになった相手の側で体をジャンプさせ、相手の腹部の上に両足で着地して内臓にダメージを与える悶絶必死のムーブ。伊藤薫や佐野巧真が得意とするコーナー最上段からのダイビングフットスタンプはプロレス技の中でも指折りの拷問技である。
フットスリーパー
DDTプロレスリングの男色ディーノが使う首4の字固めの名称。尻餅をついた相手の顔面に自分の股間を密着させつつ相手の首に足を4の字に巻きつけ、自分の背中をマットにつけるように倒れ込んで決めるリバースフットスリーパーも存在する。
ブッファバスター
ZERO1に参戦しているブッファのフィニッシングホールド。サタデージャンピンディスコと同型の、コーナー最上段からの飛びつき式Xファクターである。
ふとし
みちのくプロレスなどで活動中の南野タケシが使っているフィニッシングムーブ。トルネードクローズラインの要領で相手の体を振り回したあと両膝をつくように倒れ込み、相手の背中をスパインバスターの形でマットに叩きつける。
不二才
プロレスリングBASARAの久保佑允が、九州プロレスで白波佑助として活動していた頃に使い始めた青き光と同型の技。名前は"ぶにせ"と読み、鹿児島の方言で"不男"という意味を持つ。
不入ドム
泉田純至が使っているハワイアンスマッシャーと同型の技。
フブキ・ラナ
北斗晶がレイナ・フブキ時代に使っていた丸め込み技。相手に肩車の要領で飛びついたあと相手の左脇に左足のつま先を、右脇に右足のつま先をそれぞれ背中の方から引っ掛け、自分の背中を大きく仰け反らせる。そして脇に引っかけていた自分の両足を使って相手の体をコントロールし、後ろにひっくり返った相手の後頭部や背中をマットに痛打させる。最後にエビ固め風に丸まった相手の右足に右足を、左足に左足を引っ掛け、相手に覆い被さるように自分の体をブリッジさせてフォールを奪う。
踏みつけ式体固め
仰向けに倒れた相手を片足で踏みつけてフォールする憎々しい技。高山善廣やクリス・ジェリコなどが自分の力を見せつけるように使っている。
フュージョン
ユニバーサルスタジオ・K・トウゲ
フュージョンボム
ジャイアント・バーナード&リック・フーラーが新日本プロレスで愛用していた合体式トルネードボム。まず向かい合った相手の右サイドにフーラーが、左サイドにバーナードが陣取り、相手の背中にフーラーが左手を、バーナードが右手を添える。続いてフーラーが相手の右腿を右手で外側から、バーナードが左腿を左手で外側からそれぞれ抱え込み、相手の右足がフーラーの右肩の上に、左足がバーナードの左肩の上に乗っかった状態になる。最後に2人が体を起こすことで相手の体を高々とリフトアップし、前方へと投げ捨てた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
フューチャー&ドリーム
嫁のおんぶ
フューチャーショック (1)
クリス・セイビンが愛用するキン肉バスターの名称。
フューチャーショック (2)
WWEのドリュー・マッキンタイアが使っているダブルアームDDTの呼び名。
フューチャースタープレス
さくらえみが田村欣子との直接対決を前にして開発した5連続のスプラッシュ技。まず相手を仰向けに倒したあとリバーススプラッシュの要領でコーナーセカンドロープからジャンプし、相手の腹部に両足でフットスタンプを叩き込む。続いてリバーススプラッシュで相手をプレスし、三度リバーススプラッシュの要領でコーナーからジャンプしたあと体を横方向に180゜捻って相手にセントーンを叩き込む。更にツイスタードーナツプレスを続け様に相手に叩き込み、最後にコーナー最上段からのバルキリースプラッシュを決めて相手をフォールする。
冬木スペシャル
FMWで活躍した冬木弘道が愛用したストレッチプラムと同型の技。冬木は"小指の角度が違うのでストレッチプラムとは全く別の技"と主張していた。
冬木スペシャル2
冬木弘道が使っていた逆片エビ固めとほぼ同型の技。相手の腰ではなく、アキレス腱固め状に極めた相手の足首を重点的に痛めつける。
冬木スペシャル3
サムソンクラッチ
フライ・エスコルピオン
ボラドールスパイラル
プライマルスクリーム
WWEのメリーナが使っていた天誅と同型の技。
プライムリブ
IWSやCZWで活躍したビーフ・ウェリントンの得意技。バズーカうどんの要領で相手の体をうつぶせにひっくり返しながらマットに右膝をつき、落下してきた相手の顔面を立てた左腿の上へと叩きつける。
フライングウルヴァリン
WCWやWWEで活躍したクリス・ベノワが使っていたダイビングヘッドバットの呼び名。
フライングカーペット
DRAGON GATEに登場したキングアリババの必殺技。形はリバーススプラッシュと同型。
フライングクロスチョップ
ミル・マスカラスや初代タイガーマスクなどが得意としている華麗な打撃技。助走をつけたあと自分の両手を交差させながらジャンプし、そのまま腕を突き出して相手の胸板に両手でチョップを叩き込む。
フライングジェット
ZERO1の山笠Z信介が使っていたダイビングクロスボディーと同型の技。ハッスルMAN'Sワールドに移籍し、若鷹ジェット信介とリングネームを変えた現在はジェットと呼ばれている。
フライングスリーパー
新日本プロレスなどで活躍したマスクド・スーパースターが使っていたフライングネックブリーカードロップの名称。
フライングソーサー
IWAジャパンの河童小僧が使っているダイビングヘッドバットの名称。
フライングソーセージ
巨漢レスラーが使うダイビングボディープレスの呼び名。
フライングチャック
WWEのジョン・モリソンが使っていたムーブの1つ。形はロウ・キーが使うタイダルウェイブと同型。
フライングニールキック
助走を付けながら仕掛けるタイプのニールキック。前田日明や橋本真也が代表的な使い手として知られ、その見栄えの良さから現在でも数多くの選手が愛用している。
フライングネックブリーカードロップ
マスクド・スーパースターや保永昇男が使い手として知られる古典的なムーブ。助走を付けて正面から相手に近づき、相手の側まで来たところで相手の右横を通り抜けるように体をジャンプさせる。そのあと空中で相手の喉元に右腕を引っ掛けて尻餅をつく形でマットに着地し、その勢いで後ろに引き倒した相手の後頭部をマットに叩きつける。ちなみに相手の喉元に腕を引っ掛けると同時にジャンプして技を決めるタイプを使う選手も多いが、こちらは厳密にはジャンピングネックリーカードロップと呼ばれ差別化されているらしい。
フライングビッグヘッド
ZERO1などで活動中の"brother"YASSHIが使っているダイビングヘッドバットの名称。首の近くで両手の甲をくるくるさせるポーズを決め、前のめりに倒れこむような格好で技を放つのが特徴。
フライングフォアアーム
WWFなどで活躍したティト・サンタナが愛着を持って使い続けたフィニッシングムーブ。助走をつけたあと肘を突き出すように右腕を折り畳みながらジャンプし、振り抜いた右腕の前腕部で相手の顔面を強かに殴打する。
フライングヘッドシザーズ
古くから使われている足を活用した華麗な投げ技。まず向かいあった相手の左肩のあたりに右手を、首の後ろに左手をそれぞれ回して体をジャンプさせ、相手の顎の下に右足を、首の後ろに左足を引っ掛けて相手の首を両足で挟み込む。そのあと体を左方向へと軽く捻って背中からマットに倒れ込み、両足の力を使って相手の体を前方へと巻き投げる。
フライングヘッドシザーズホールド
プロレスリングFREEDOMSのGENTAROが使っている丸め込み技。フライングヘッドシザーズで相手を投げ飛ばしたあとも相手の首から両足を離さず、両肩をマットにつけた相手の左足を右手で抱え込んで3カウントを奪い去る。
フライングボディーアタック
ミル・マスカラスが代表的な使い手として知られる空中殺法。助走をつけたあと相手の正面で体をジャンプさせ、両腕を大きく広げながら体当たりをして相手の体を後ろに押し倒す。
フライングボディーシザーズドロップ
ルー・テーズが考案し、テーズから教えを受けたジャンボ鶴田も愛用していた古典的なムーブ。助走をつけたあと相手の正面で体をジャンプさせ、相手の頭を両腕で、胴体を両足で挟み込むようにして体を浴びせ掛ける。そしてそのまま体重をあずけることで相手の体を後ろに押し倒し、後頭部や背中をマットに痛打した相手の上に馬乗りになってそのままフォールを奪う。日本では別名空中胴締め落としとも呼ばれる。
フライングマーガレット
アメージングプレス
フライングメイヤー
プロレスの中では基本中の基本ともいえる投げ技。背後にいる相手の頭を両手で抱えながらマットに片膝をつき、抱えた頭を下方向へと引っ張った勢いを利用して相手を前方へと巻き投げる。この技を受けて尻餅をつく体勢になった相手の頭部を背後からスリーパーホールドやヘッドロックに捕らえることが多い。
フライングモンキー
プロレスリング華☆激の日高洋輔が使っていたダイビングダブルニードロップの名称。
フライングラリアット
ロープの反動を使って助走をつけたあと大きくジャンプし、相手の首をラリアットで刈り取るムーブ。海外ではジ・アンダーテイカー、国内では三沢光晴が使い手として有名であり、特に三沢の放つラリアットはレフトハンド&錐揉み式で非常に美しかった。
ブラザー殺し
近藤修司&"brother"YASSHIが愛用していたコンビネーション。相手を仰向けに倒したあと近藤がYASSHIをパワーボムで抱え上げ、落下させたYASSHIの体を相手の上に叩きつける。
ぶら下がり式首4の字
IGFなどで活動中のケンドー・カシンが使う拷問サブミッション。相手の肩に肩車をするように飛びついて相手の背中をロープに寄りかからせ、4の字の形にした両足を相手の首へと巻きつける。そのあと自分の背中を大きく仰け反らせてエプロンの方へと体を倒し、相手の首に両足でぶら下がりながら首を締め上げる。この技ではタップを奪えないので相手を締め上げたあと体を起こし、前方回転して相手を丸め込むことが多い。
ブラジリアンキック
マッハ蹴りとも呼ばれる空手発祥の打撃技。ハイキックの要領で自分の右足を高々と振り上げ、右膝を軽く折り曲げることで一瞬タメを作る。そのあと体を左方向へと捻りながら円を描くように右足を打ち出し、相手の左首筋目掛けて上から打ち下ろすような蹴りを叩き込む。通常のハイキックと違い攻撃動作の途中で蹴りの軌道が変わる為、防御をするのが非常に難しいと言われている。
プラセンタ
ホルヘ・リベラが愛用する華麗な丸め込み技。四つんばいになった相手の左サイドに移動して胸の方から相手の左脇に自分の右足を引っかけ、相手の右脇に背中の方から右腕を差し込む。そのあと自分の体を相手の右サイドの方へと転がす勢いで相手を仰向けにひっくり返し、自分は相手の両腕を極めたまま腹這いになって両肩がマットについた相手の体を押さえ込む。
ブラソ・デ・ゼブラ
DRAGON GATEのCIMAが見せたジャベの一種。まずゴリコノクラズムの要領で相手をコーナー最上段からリングに向かって放り投げ、交差させた相手の両腕を掴んだまま自分だけ起き上がる。そのあと相手の左腕の上に自分の右足を、相手の左首筋に自分の右足のつま先を順々に引っ掛けて相手の腕の動きを封じ、相手の左サイドの方に向かって背中から倒れ込む。最後に両手で掴み直した相手の右腕を腕ひしぎ逆十字固めを仕掛けるような感じで引き伸ばし、そのまま相手の肩や肘の関節を痛めつけてギブアップを奪う。
プラチナム
"ミリオンダラーマン"テッド・デビアスの長男であるマイク・デビアスが使うダイヤモンドカッター系ムーブの総称。コーナー最上段からの飛びつき式やランニング式など、技への入り方は多種多様である。
ブラックアイス
WWEで活躍したオーランド・ジョーダンが愛用するフィニッシャー。膝ではなく尻餅をつくタイプのフランチャイザーである。
ブラックアウト (1)
新日本プロレスなどで活躍中のランス・アーチャーがTNAでランス・ホイットと名乗っていた頃に多用していた、相手をコーナーに乗せずに仕掛けるアイコノクラズム。オクラホマスタンピードの要領で右肩に担ぎ上げた相手の右脇を右手で、左脇を左手で掴み、自分の両腕を上方向へと伸ばすことで相手の体を高々とリフトアップする。そのあと相手の体を270゜前方回転させるように放り投げながら尻餅をつき、落下させた相手の背中を自分の両足の間へ叩きつける。
ブラックアウト (2)
WWEで活躍したロドニー・マックが使っていたグラウンド式のコブラクラッチ
ブラックアウト (3)
オーランド・ジョーダンが使うコンプリートショットと同型の技。
ブラックアウト (4)
インパクト・レスリングのブラックレインが使っていた簡易式のペディグリー。前屈みになった相手の頭を自分の股の間に正面から挟み込み、両手を大仰に広げてポーズをとる。そのあと相手の背中に両手を添えて自分の体を後ろ方向へと軽くジャンプさせ、両膝から着地すると同時に前のめりに倒れ込んだ相手の顔面をマットへ打ちつける。
ブラックアウト (5)
PWGなどで活躍中のスコルピオ・スカイが使っているインプラントDDTと同型の技。
ブラックアウト (6)
WWEで活躍中のセス・ローリンズの得意技。四つん這いになった相手の左手にあるロープに飛んで助走をつけ、相手の側に戻ってきたところで高々とジャンプする。そのあと右足の裏で相手の背中や後頭部を上から踏みつけ、その衝撃で前のめり倒れこんだ相手の顔面をマットに痛打させる。現在の名称はカーブストンプであり、それ以前にはピース・オブ・マインドと呼ばれていたこともあった。
ブラックアウト (7)
全日本プロレスの宮原健斗が使っている必殺技の1つ。丸藤正道が使う虎王に似た二段蹴りのモーションから繰り出される飛び膝蹴りであり、立っている相手だけでなく倒れている相手に対してもボマイェのような感じで技を見舞っていく。
ブラックウィドウ (1)
TNAやWWEで活躍したタラことヴィクトリアが使っていた13ドライバーの名称。
ブラックウィドウ (2)
WWEで活躍したAJ・リーのフィニッシャー。形は卍固めと同型。
ブラッククラッシュ
小橋建太が愛用するオリジナルムーブ。まずブレーンバスターの要領で相手を垂直に抱え上げ、相手の体を右方向へ180゜捻って相手と顔を向き合わせる体勢になる。そのあとタイツから離した右腕を相手の顎の下に回しつつ背中からマットに倒れ込み、落下させた相手の体をダイヤモンドカッターの形でマットに叩きつける。
ブラックサンデー
新日本プロレスで活躍している田口隆祐&プリンス・デヴィットのタッグチーム、"Apollo 55"が愛用するコンビネーション。田口がリバースパワーボムの要領で相手をリフトアップし、田口の正面に陣取ったデヴィットが相手の上半身をハーフハッチスープレックスのクラッチで抱える。そのあと田口が尻餅をつくと同時にデヴィットが背中からマットに倒れ込み、落下させた相手の頭部をマットへ強かに打ちつける。どどんとブラディサンデーという2人が持つ最高の必殺技の競演である。
ブラックサンデーV2
田口隆祐&プリンス・デヴィットのタッグチーム、"Apollo 55"が使用しているコンビネーション。まず田口がこうもり吊りの要領で相手を逆さ吊りに担ぎ上げ、田口の背後に回り込んだデヴィットが相手の上半身をハーフハッチスープレックスのクラッチで抱える。そのあと膝を屈伸させた田口が掴んでいた相手の両足を上方向へ跳ね上げ、その勢いで上下逆さまの状態になった相手の体をデヴィットが急角度のブラディサンデーでマットへ叩きつける。
ブラックジーザスストンプ
CZWで活躍中のブラック・ジーズことサビアンが愛用しているダイビングフットスタンプの名称。両足を空中で大きく開脚させてから技を叩き込むことが多い。
フラックスキャパシター
ROHで活躍中のカザリアンが愛用しているデンジャラスムーブ。まずリングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、自分もリングに背を向けた状態で相手を乗せたコーナーのセカンドロープによじ登る。そのあとコーナー上の相手の左肩の上に右手を、背中に左手をそれぞれ回し、相手と共にコーナー最上段へと歩を進める。最後に相手を抱えたまま体をムーンサルトプレスの要領で回転させ、宙を舞わせた相手を背中からマットへ叩きつける。
ブラックスワンスプラッシュ
プロレスリング・ノアで活動中のシェイン・ヘイストが使うフェニックススプラッシュの呼び名。
ブラックタイガースープレックスホールド
新日本プロレスなどで活躍した四代目ブラックタイガーが使っていたタイガースープレックス’84と同型の技。
ブラックディスティニー
プロレスリング・ノアの平柳玄藩が使っている必殺技の1つ。形は鈴木鼓太郎が得意とするブルーディスティニーに酷似しているが、平柳は自身のオリジナル技であると主張している。
ブラックトルネードスラム
CHIKARAのマイク・クワッケンブッシュが愛用しているムーブ。相手をレイネーラの要領で抱え上げたあと背中からマットに倒れ込み、落下させた相手をうつぶせの状態でマットに叩きつける。
ブラックバスター
JWP女子プロレスやOZアカデミーなどで活動した輝優優が使っていたウォールストリートクラッシュの名称。ブロックバスターのことをブラックバスターと言い間違えたのが名前の由来と言われている。
ブラックハンマー
CMLLのウニベルソ2000が使うパイルドライバーの名称。
ブラックホールスラム
インパクト・レスリングのアビスが愛用する旋回式スクラップバスター。ロープから返ってきた相手の体をスクラップバスターの要領で抱え上げ、相手が走ってきた勢いを生かして自分の体をその場で回転させる。そのあと相手に体を浴びせかけるように前のめりに倒れ込み、相手の背中をマットへ強かに叩きつける。
ブラックホールバケーション
新日本プロレスで活躍していた田口隆祐&プリンス・デヴィットのタッグチーム、"Apollo 55"の代表的コンビネーション。田口がどどんの要領で相手をリフトアップし、田口の正面に陣取ったデヴィットが体をジャンプさせながら相手の頭を両手で抱え込む。続いて宙に浮き上がったデヴィットが膝を突き出すように両足を折り畳み、相手の胸板に突き立てた両足をあてがう。最後にデヴィットが背中からマットに倒れ込むと同時に相手の両足を抱えた田口が尻餅をつき、着地の衝撃で相手の胸板にデヴィットの両足をめり込ませる。正式名称が決まっていなかった頃は便宜上どどん+プリンスズスロウンと呼ばれていた。
フラッグポールプレス
ROHやCZWで活躍したM-ドッグ20ことマット・クロスが得意としている一風変わったムーブ。場外に連れ出した相手をコーナーの近くで仰向けに倒し、コーナーを掴んでジャンプしたあと鯉のぼりのように体を水平に保つ。そして一定時間が経過したところで両腕をコーナーから離し、倒れている相手をボディープレスする。
ブラックマジック (1)
インパクト・レスリングで活躍中のロウ・キーが得意とする打撃技。シャイニングウィザードをダッキングでかわされたあと相手の背後に右足を着地させ、即座に体を右方向に捻って油断した相手の後頭部にニールキック気味の蹴りを叩き込む。別名はリワインドウィザード
ブラックマジック (2)
PWGやルチャ・アンダーグラウンドで活動中のブライアン・ケイジが使う華麗な空中殺法。相手を仰向けに倒したあと自分はエプロンへと移動してトップロープを両手で掴み、体をジャンプさせてトップロープの上に両足で飛び乗る。そのあとロープの上で体を横方向に180゜回転させ、視線を場外の方に向けた体勢で再びトップロープの上に着地する。最後にロープを蹴って体を270゜後方回転させるようにジャンプし、倒れている相手の体をムーンサルトプレスの形で押し潰す。
ブラックマンスペシャル
新日本プロレスなどで活躍したブラックマンが使っていたアクロバティックなジャベ。まず助走をつけて相手に左サイドから近づいて相手の左腿の付け根に左足を乗せ、腿を踏み台にして振り上げた右足を前屈みになった相手の背中に着地させる。そのあと相手の右腕を両手で掴んで腕を自分の方へと引き寄せ、相手の腿と背中に足を乗せたまま相手の右肩を痛めつける。
ブラックメフィスト
新日本プロレスのタイチが使っているクリプトナイトクランチと同型の技。
ブラックロックトルネード
ブシロードレスリングに登場したブロック★ロックシューターの必殺技。形はブルートルネードと同型。
フラッシュエンド
Rayが使うウィッパースナッパーと同型の技。
フラッシュドライバー
CZWで活躍したアダム・フラッシュが使っていたみちのくドライバー2の名称。
フラッシュバーン
DRAGON GATEのB×Bハルクが使っている得意技の1つ。キャプチュードの要領で相手の体を抱えたあと270゜後方回転するようにジャンプし、宙に舞わせた相手を背中からマットへ叩きつける。
フラッシュバック (1)
DRAGON GATEで活動中のGammaが使っている変形のリバースパワーボム。相手の体をツームストンパイルドライバーの要領で抱え上げたあと自分の背中を仰け反らせ、背筋を使って相手の体をマットと水平の高さになるまで抱え上げる。そのあと相手の右腿を右手で、左腿を左手で抱え直しながら尻餅をつき、うつ伏せの状態で落下させた相手の体を自分の両足の間へ叩きつける。
フラッシュバック (2)
WWEのクリス・ジェリコが使っているフィニッシングホールドの1つ。相手の首をスリーパーホールドに捕らえたあと腹這いにマットへ倒れ込み、その勢いで後ろに引き倒した相手の後頭部をマットに叩きつける。
フラッシュパッケージ
プロレスリング・ノアの熊野準が使っている巻き込み式のエビ固め。まず相手が振りかぶった右腕の上に自分の右腕を引っ掛け、自分の体だけを左方向に180゜捻って相手に背中を向ける格好になる。そのあと両膝をマットにつきながら相手の左足を左手で内側から抱え込み、丁度ファイヤーマンズキャリーで相手を担いだような状態になる。最後に自分の体を前屈させることで担いだ相手をマットへと転がし、両肩がマットについた相手の体に覆いかぶさって3カウントを奪う。以前はクマ固めと呼ばれていたが、2016年5月に行われたGHCジュニアヘビー級選手権前哨戦で金丸義信から3カウントを奪った際にこの名前に改名された。
フラッシュブリーカー
新日本プロレスで活躍したスコット・ノートンが使っていた変形のショルダーバスター。相手をカナディアンバックブリーカーの要領で左肩に担ぎ上げたあとマットに右膝をつき、前方に落下させた相手の右肩を立てた左腿の上に叩きつける。
フラッシュポイント
WWEのクリスチャンが使っているムーブの1つ。リングの方を向いたままコーナーのセカンドロープによじ登り、自分の方を向いて立っている相手に向かってジャンプする。そのあと右半身を相手の方に向けながら肘を突き出すように右腕を折り畳み、折り畳んだ右腕の前腕部を相手の顎のあたりへ叩きつける。
フラッシュボム
CZWで活躍したアダム・フラッシュが使っていたサンダーライガーボムの名称。
フラッシュボンバー
プロレスリング・ノアの浅子覚が使っていたソラキバと同型の技。
フラッシュマンズ・タイムストッパー
ケニー・オメガがDDTプロレスリング時代に愛用していた奇抜な打撃技。向かい合った相手の顔の前に右手をかざして"STOP!"と絶叫し、動きを止めてしまった相手の後頭部へグランドハウスキックを叩き込む。通称はSTOP!エンズイギリ
フラッシングエルボー
WRESTLE-1の武藤敬司が得意とするオリジナルの打撃技。仰向けになった相手の側で高々とジャンプし、体を左右に揺すりながら落下して相手の胸板にエルボードロップを叩き込む。名前はこの技を出すとカメラのフラッシュが多く集れることに由来し、別名ドライビングエルボーとも呼ばれている。
ブラッディーマリー
JDスター女子プロレスで活躍したザ・ブラディーが使っていた雪崩式のドラゴンスープレックス。リングに背を向ける格好で相手をコーナー最上段に座らせ、自分もリングに背を向けた状態でコーナーのセカンドロープによじ登る。そのあとコーナー上の相手をドラゴンスープレックスの要領でマットへと放り投げ、相手を後頭部からマットに叩き落とす。
ブラッドシェッドボム
CZWやIWAミッドサウスで活躍したサムタック・ジャックが使っていたパーフェクトドライバーと同型の技。
ブラッドシルクロード
L.A.MART
ブラッドフォール
DRAGON GATEの鷹木信悟がナイアガラの滝からヒントを得て作り上げたライフカッターと同型の技。
フラットライナー
WCWなどで活躍したクリス・キャニヨンが愛用していたフィニッシングムーブ。向かい合った相手の相手の右腕を左手で掴んで相手の体を引き寄せ、相手の左肩の上に右腕を回す。更に相手の右足の脹脛のあたりに自分の右足を引っかけて背中からマットに倒れ込み、その勢いで前のめり倒した相手の顔や胸をマットへ痛打させる。
フラップジャック
海外の選手がカウンターなどで多用する基本的な技。向かい合った相手の右腿を左手で、左腿を右手でそれぞれ抱え込み、相手の体を高々とリフトアップする。そのあと相手を抱えたまま自分の体を後ろへと倒し、落下させた相手の体をうつ伏せの状態でマットへ叩きつける。
ブラディーEX
JDスター女子プロレスで活躍したザ・ブラディーが愛用していた拷問サブミッション。まず仰向けなった相手の頭の側に立って相手の右腕を右手で、左腕を左手で掴み、体に横捻りを加えて相手の体をうつ伏せにひっくり返す。続いて相手の体を膝立ちになるように引き起こしながら相手の背後に回り込み、相手の右膝の裏に右足を、左膝の裏に左足を乗せて交差させた相手の両腕を相手の喉元へと引っかける。最後に背中からマットに倒れ込んで突き出した両膝を相手の背中にあてがい、掴んだ腕を引っ張ることで相手の首や背骨を痛めつける。
ブラディサンデー
プリンス・デヴィットが使っていた代表的フィニッシングホールド。まず相手の上半身をハーフハッチスープレックスのクラッチで固め、抱えた相手の体を垂直に近くなるまで持ち上げる。そのあと相手の体を抱えたまま背中からマットに倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の頭部をマットへ打ちつける。正式名称が決定するまでは垂直落下式DDTと呼ばれていた技であり、WWEに移籍してフィン・ベイラーとなった現在は1916と呼び名を変えている。
フラフラ・ドーン
プロレスリングWAVEなどで活動中の旧姓・広田さくらが使っているムーブの1つ。相手の攻撃を受けてふらふらになったあと油断して近づいてきた相手に倒れかかり、背中からマットに倒れ込んだ相手に体をあずけた状態で3カウントを奪い去る。
ブラポンキック
スターダムの愛川ゆず季と星輝ありさが見せた合体殺法。愛川が相手の右側頭部への後ろ回し蹴りを、星輝が相手の左側頭部目掛けてのブラジリアンキックを同時に放ち、2人の蹴り足で相手の頭部をサンドイッチにする。
フラミンゴデビルハンドチョップ
大日本プロレスのアブドーラ小林が編み出した打撃技。一本足打法のフォームから繰り出される強烈な手刀である。
フラムフライ
DRAGON GATEなどで活躍中のフラミータが使う絶対的なフィニッシングホールド。向かい合った相手の顎の下に右腕を引っ掛けて首を抱え込み、更に相手の右腕に自分の左腕を絡みつかせる。そして相手の体を抱えたまま自分の体を270゜後方回転させるようにジャンプし、宙に舞わせた相手を背中からマットへ叩きつける。走ってきた相手に対しカウンター気味に見舞うことが多く、自発的に仕掛ける際にはレインメーカーの要領で相手を振り向かせて技に移行することが多い。
フラワー
ディック東郷が使っていたオーバーヘッドキックの名称。
フラワーブリッジ
DRAGON GATEのアンソニー・W・森が使っていた変形の弓矢固め。相手の右足をエスカルゴの要領で極めたあとうつ伏せになった相手の首を右手で抱え、相手の背中に両膝を当てながら体を前転させる。そのあと相手を抱えたままマットに背中をつけ、両膝の上に仰向けの状態で乗っかった相手の背中を弓なりに反りあげる。
フランケンシュタイナー
スコット・スタイナーが公開し、世界各国で一大センセーションを巻き起こすこととなった華麗なムーブ。相手の正面で体をジャンプさせて相手の右肩の上に左足を、左肩の上に右足を着地させ、両腿で相手の頭をしっかりと挟み込む。そのあと自分の背中を後ろに大きく仰け反らせ、両足で挟み込んだ頭をコントロールして相手の体を前方回転させる。最後に宙に舞わせた相手を後頭部からマットへ叩きつけ、自分は仰向けになった相手の上に馬乗りになって3カウントを奪う。最近はフォールするのではなく相手を投げ飛ばすタイプが主流になっている。
ブランコ
DRAGON GATEのT-Hawkが使っている豪快なムーブ。まずケブラドーラ・トド・アルトの要領で相手を肩に担ぎ上げ、自分の体を左方向に大きく回転させる。そして続けざまに掴んでいた足を離して相手の首を両手で抱え直し、体を回転させた勢いを利用して相手の体を横方向に270゜水平旋回させる。最後に旋回しながらうつぶせにひっくり返った相手の体が自分の正面にやってきたところで尻餅をつき、うつぶせになった相手の顔面を自分の両足の間に叩きつける。名前はスペイン語で"白"を意味し、緑を意味するベルデ、赤を意味するロホと合わせてメキシコカラーを表現している。
フランチャイザー
ECWやWCWで活躍した"フランチャイズ"シェーン・ダグラスの得意技。まず向かい合った相手の右脇に頭を潜り込ませ、自分の右肩の上に相手の顎を乗せる。そして相手を軽く抱え上げたあとマットに両膝をつくように倒れ込み、着地の衝撃で相手の顎に肩をめり込ませる。
プランチャ・コン・ヒーロ
メキシコではヌブ・ウォッカと呼ばれる空中殺法。場外に背を向けてエプロンに立ったあと両手でトップロープを掴み、軽くジャンプしてセカンドロープに跳び乗る。そのあとロープから腕を離して体を場外の方へ翻すようにジャンプし、空中で体を270゜前方回転させて場外にいる相手に背中から体当たりする。
プランチャ・スイシーダ
大型選手も使う場外殺法としてはポピュラーな技。相手を場外に落としたあとリング内でトップロープを掴み、ロープを跳び越えるように体をジャンプさせる。そしてロープから腕を離したあと体を広げながら場外へ飛来し、場外にいる相手に体全体で体当たりする。メキシコでは魚が飛び跳ねるようなその様から別名ペスカリートと呼ばれる。
フリークバスター
TNAで活躍したロブ・テリーが愛用する投げっ放し式のスパインバスター。向かい合った相手の左脇を右手で下から掬い上げ、外腿の方から相手の右腿の裏に左手を回して足を抱え込む。そして相手の体を高々と抱え上げたあと体を前傾させながら腕を離し、前方へと投げ捨てた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
フリージョ・ドラダ
CMLLのマスカラ・ドラダが使っている変形のトペ・コン・ヒーロ。相手を場外に落としたあとロープに跳んで助走をつけ、相手を落とした場外の側にあるセカンドロープに両足で飛び乗る。そのあとトップロープを飛び越えるようにジャンプしながら体を270゜前方回転させ、そのまま場外にいる相手に背中から体当たりする。
フリージンロータス
OZアカデミーで活動中の西尾美香が愛用しているオリジナルのパッケージホールド。仰向けになった相手の左腕を左脇に抱えて相手の体を軽く引き起こし、相手の首の後ろに左足を引っ掛ける。そのあとマットに尻餅をつきながら相手の体を前方へと転がし、両肩をマットにつけた相手の左足に自分の右足をフックさせてフォールを奪う。得意とするタイガースープレックスホールドをキックアウトされたあと即座に技へと移行することが多い。
フリースタイル
キルスイッチ
フリーダムコール
ケニー・オメガ&佐々木大輔がDDTプロレスリングで使っていたコンビネーション。コーナーの側に移動したケニーが相手の体をカナディアンバックブリーカーの要領で肩に担ぎ上げ、ケニーの肩に担がれた相手目掛けて佐々木がコーナー最上段からのダイビングエルボードロップを叩き込む。
ブリー・チョーク
ブライアン・ケンドリックが2016年にWWEで行われた"クルーザーウェイト・クラシック"参戦中に披露した新必殺技。鈴木みのるが使う逆落としの要領で相手を巻き投げ、うつ伏せに倒れ込んだ相手の首をジャストフェースロックで締め上げる。
フリーバードボム
全日本女子プロレスやアルシオンで活躍したライオネス飛鳥が使っていた火の玉ボムと同型の技。
振り子投げ
全日本女子プロレスのジャンボ堀が使っていた必殺技の1つ。まず水車落としの要領で相手を右肩に担ぎ上げ、相手の体を振り子のように左右に大きく揺らす。そのあと腕のクラッチを外して相手の体を前方に放り投げ、相手の背中をマットへ強かに叩きつける。
ブリザード
新日本プロレスの飯塚高史がサンボ修行で会得したフィニッシャー。エクスプロイダーの要領で相手を反り投げる際に両腕を相手の体から離さず、相手をマットに叩きつけたあとにブリッジを効かせて3カウントを奪う。別名ブリザードホールドとも呼ばれるが、投げっ放し式で使われることの方が極端に多い。
ブリザードスパイラル
全日本女子プロレスに登場したブリザードYukiが披露したフェニックスセントーンと同型の技。別名は飛天
プリスクール
WWEで活躍したクラッシュ・ホリーがTNAでマッド・マイキーと名乗っていた頃に使っていたオールドスクールと同型の技。トップロープでは無くサードロープの上を歩くのが特徴である。
ブリスコボム
ROHなどで活動中のジェイ・ブリスコ&マーク・ブリスコのタッグチーム、"ブリスコブラザーズ"が愛用するコンビネーション。まずマークが相手の体をカットスロートドライバーの要領で抱え上げ、ジェイがコーナー最上段へと歩を進める。そのあとジェイが相手の喉にダイビングギロチンドロップを叩き込むと同時にマークが右半身から倒れ込み、落下させた相手の頭部をマットへ強かに打ちつける。
プリックバスター
福田洋が使っているフィニッシャー。相手の体を黒部の太陽の要領で巻き投げながらマットに尻餅をつき、落下させた相手の背中を自分の右サイドへと叩きつける。
ブリッジ・オン・タイム
スポルティーバエンターテイメントのゼヴィウスが使うチャンドゥと同型の技。
ブリッツェン
DRAGON GATEで活躍中のGammaが愛用しているフィニッシングムーブ。BTボムの要領でリフトアップした相手の背中を自分の右肩の上に着地させ、掴んでいた相手の上半身を下方向へと引っ張ることで相手の体に180゜の後方回転を加える。そのあと回転する相手の体を自分の正面へと落下させながらマットに尻餅をつき、うつ伏せの状態になった相手の体を自分の両足の間へと叩きつける。名前はドイツ語で"稲光"という意味を表す。
ブリッツェンB4
Gammaが使う雪崩式のブリッツェン。持ち上げた相手をリングに背を向ける格好でコーナー最上段に座らせ、自分はリングの方を向いたまま相手を乗せたコーナーのセカンドロープによじ登る。そのあとコーナー上で捕らえた相手の体をブリッツェンの要領で回転させながらリングに飛び降り、うつぶせの状態になった相手の体を豪快にマットへ叩きつける。
フリッピングパイルドライバー
カナディアンデストロイヤー
フリップスープレックス
スコット・スタイナーが愛用するパワームーブ。まず相手の上半身をリバースフルネルソンに捕らえ、相手の体を垂直になるまで持ち上げる。そのあと相手の腕を抱えていた両手のクラッチを切り、相手をマットに向かって投げ捨てる。
フリップモード
TNAで活躍したソニー・シアキが愛用していたムーブ。仰向けになった相手の右サイドに立って体を270゜前方回転させるようにジャンプし、空中で伸ばした右足を相手の喉にギロチンドロップ気味に叩きつける。
ブリティッシュエアウェイズ
DRAGON GATEなどで活躍中のPACが使うエアリアルムーブ。まず仰向けに倒した相手と軽く距離をとるように後退し、助走をつけたあとスタンディングシューティングスタープレスの要領で体を回転させる。そして更に回転途中で体に横捻りを180゜加え、相手の体をセントーンの形でプレスする。
ブリティッシュフォール
全日本プロレスで活躍していたジョニー・スミスのフィニッシングホールド。ボディースラムで相手を持ち上げたあと体を軽く前傾させて相手の股から右腕を離し、背中を仰け反らせながら両足をマットに着地させた相手の首を左脇にしっかりと抱え込む。そのあと相手の首を抱えたまま後ろに倒れ込み、相手の後頭部をリバースDDTの形でマットに叩きつける。
プリドゥーラク
AAAで活動中のリッキー・マルビンが愛用するスナイパーFTと同型の技。
ブリトニースピアー
TNAで活躍したおかまギミックレスラー、ラズが使うスピアーの名称。
ブリランテドライバー
CMLLのラ・ソンブラが新日本プロレス来日時に考案し、メキシコ帰国後に公開したスープレックスホールド。相手をスクールボーイで丸め込んで相手の股の間に右腕を差し込んだまま自分だけ起き上がり、相手の左腿に左腕を回して相手の左足を抱える形で両手をクラッチする。そして自分の体をブリッジさせる勢いで丸まった相手の体を無理やり後方に反り投げ、相手を背中のあたりからマットに叩きつけたあともブリッジを崩さずそのまま3カウントを奪う。
ブリンギングダウン・ザ・ハウス
WCWやTNAで活躍したエリックス・スキッパーが愛用していたカウンター式のトルネードクローズライン。ケブラドーラ・コン・ヒーロの要領で持ち上げた相手の体をオクラホマスタンピードの形で右肩に担ぎ上げ、相手の喉元に左腕を引っ掛けて首を抱え込む。そのあと抱えた首を支点にして相手の体を振り子のように左方向へ旋回させ、ロックボトムの形で相手をマットに叩きつける。
プリンスズスロウン
新日本プロレスのプリンス・デヴィットが使っていたデス・バイ・ロデリックと同型の技。
プリンセス・ラナ
JDスター女子プロレスに登場した姫丸が使っていたフブキ・ラナと同型の技。
ブルーウイング
プロレスリング華☆激のコスモ☆ソルジャーが使っているセントーン・アトミコの名称。
ブルークラッチ
プロレスリングWAVEの大畠美咲が使うエゴパッケージと同型の技。
ブルーサンダー
全日本プロレスの秋山準が愛用する必殺技。まず相手の背後に自分の体を回り込ませ、背中の方から相手の左脇に頭を潜り込ませる。続いて外腿の方から相手の左腿の裏に左手を、相手の背中に右腕をそれぞれ回し、相手の体を肩の高さまで一気にリフトアップする。最後に相手の体を左方向に180゜水平旋回させながら尻餅をつき、前方に落下させた相手の背中を自分の両足の間へ叩きつけてフォールを奪う。
ブルーシャトー
相手に椅子を投げ渡したあと頭を抱えてマットに倒れ、相手があたかも自分を椅子で殴ったかのように振る舞う技。東京愚連隊のMAZADAが使うイリーガルムーブであり、この技を使ってカズ・ハヤシからまんまと反則勝ちを掠め取ったことも。
ブルーダリア
プロレスリングWAVEで活躍中の大畠美咲が使っている変形の逆打ち。まず向かい合った相手の左腕を右手で掴んで自分の体を右方向へと軽く捻り、相手に背中を向ける格好になりながら相手の左腕の上を左足で跨いで腕を股の間に挟み込む。そのあと自由になった右腕を相手の右脇に背中の方から差し込んで相手の背中の上に飛びつくようにジャンプし、自分の体を左方向へと捻った勢いを利用して相手の体を後ろにひっくり返す。最後に宙に浮き上がった相手を肩口からマットに叩き落とし、両肩をマットにつけた相手の体を自分は腹這いになりながら押さえ込む。
フルーツバスケット
DDTプロレスリングのチェリーが愛用しているパッケージホールド。尻餅をついた相手の左脇に背中の方から左腕を差し込んだあと相手の右肩のあたりに右手を添え、相手の右サイドの方へ転がるように体を前転させる。そしてその勢いで仰向けにひっくり返った相手の両肩をマットにつけさせ、自分はブリッジをするように背中を仰け反らせて相手をフォールする。
フルーツループ
WCWで活躍したクィーウィーが使っていたフィニッシャー。ケブラドーラ・コン・ヒーロの要領で相手の体を回転させながら持ち上げ、相手の顔が下を向いた状態になったところで回転を止める。そのあと相手の右腿を右手で、左腿を左手で抱え込みながら尻餅をつき、うつ伏せの状態で落下させた相手の体を自分の両足の間へと叩きつける。
ブルーディスティニー
鈴木鼓太郎がハワイで習得したウィドウズピークと同型の技。旧名はT-265で、尻餅をついたあとも掴んでいた首を離さず相手の首や背骨を締め上げるとブルーディスティニー固めになる。
ブルートボム
全日本プロレスのブルート一生が愛用した必殺技。まずBTボムの要領で相手を抱え上げ、腕の支えを外して相手の体を前方に放り投げる。そのあと落下する相手の腰を両手で抱え込みながら両膝をつき、相手の背中をマットへ叩きつけてフォールを奪う。
ブルートルネード
腐男塾の青明寺浦正が披露したロープを活用したスイング式DDT。まず前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回して相手の頭を抱え込み、軽く助走をつけて目の前にあるセカンドロープに左足を、トップロープに右足をそれぞれ乗せる。そのあとロープを足蹴にした勢いで自分の体を左方向へと大きく旋回させ、抱えていた相手の頭をDDTの形でマットに突き刺す。
ブループリント
ROHやJAPWで活躍していたディレンジドが使うヨシタニックと同型の技。
ブルームーンドラゴン
CZWなどで活躍していたスコッティ・ヴォーテックスの必殺技。形はフラックスキャパシターと同型。
ブルーライトスペシャル
ブルー・ミーニー&ノヴァがECWで使っていたコンビネーション。ミーニーがリバースパワーボムで相手を抱え上げ、ミーニーの方を向いたノヴァが相手の首の後ろに左腕を回して頭を抱え込む。そのあと呼吸を合わせた両者が同時に尻餅をつき、相手の体をうつ伏せの状態でマットへ叩きつける。
ブルーレイ
CHIKARAで活躍中のイカルスが愛用しているデスバレーボムの名称。相手を肩に担いだあとコーナーに向かって走り出し、コーナーのターンバックルに相手の背中を叩きつけるような格好で技を決めることが多い。
震える舌
みちのくプロレスなどで活動中のバラモン・ケイが使っているフィニッシャー。背後から相手の右脇に差し込んだ右手を相手の首の後ろに持って行き、相手の背中の方に回した左手でタイツを掴んで相手の体を宙へと抱え上げる。そのあと顔が下を向いた状態になった相手の体を抱えたまま自分は尻餅をつくように腰を落とし、落下させた相手の顔面を開いた自分の両足の間へ叩きつける。
ブルジョワ
みちのくプロレスなどで活動中の南野タケシが使っている丸め込み技。まず相手の背後へ回り込んで背中の方から相手の右脇に右腕を差し込み、マットへ倒れ込みながら相手の両足を足払いで後ろから刈り取る。そのあとバランスを崩して後ろに転倒した相手の両肩をマットにつけさせ、相手の右腕に右腕を絡めたまま自分の体だけを左方向に180゜捻る。最後に相手と背中合わせの状態になったところでマットに尻餅をつき、相手の左腕に自分の左腕をフックさせて相手から3カウントを奪う。
ブルズアイ (1)
WLWなどで活躍しているブル・シュミットのフィニッシングムーブ。相手をベアハッグに捕らえたあと体を前傾させながら尻餅をつき、前方に落下させた相手の背中をマットへ叩きつけてフォールを奪う。別名はジャックバスター
ブルズアイ (2)
マスク・オブ・サニティ
ブルズアンへリート
全日本女子プロレスのブル中野が愛用したサブミッション。まずトランキライザーの要領で相手の下半身を固め、うつ伏せにひっくり返った相手の右腕を自分の右腕で、左腕を左腕でそれぞれ抱え込む。そのあと中腰の状態になりながら腕を引っ張ることで相手の体を宙に浮き上がらせ、相手の肩・腰・足などを複合的に痛めつける。
フルスイングジョーカー
空牙がヒールユニット"JOKER"の面々と結託して行うイリーガルムーブ。尻餅をついた相手の頭にパートナーが黒塗りのバケツをかぶせ、空牙が手にしたパイプ椅子をフルスイングして相手の頭をバケツごと殴り飛ばす。
ブルズグランパス
ブル中野が使っていた自分の体の向きが前後逆になる変形の逆片エビ固め。まずうつ伏せになった相手の頭を方を向いて背中の上に跨るように腰を下ろし、体を後ろに捻って相手の右足を両手で掴む。そのあと相手の右アキレス腱の下に右腕を回して相手の足を右肩に担ぐような格好になり、体を前傾させて抱えていた右足を相手の頭の方まで反り上げる。
ブルズポセイドン
ブル中野が開発した危険度の高いフィニッシングホールド。こうもり吊りの要領で相手を逆さ吊りに担ぎ上げたあと尻餅をつき、急降下させた相手の頭部をマットへ強かに打ちつけさせる。
フルスロットル
チャック・パルンボがWW絵で使用していた横須賀カッター、もしくはキャタトニックと同型の技。
ブルドッギングヘッドロック
WCWなどで活躍したリック・スタイナーが得意としている古典的なムーブ。相手の頭部をヘッドロックに捕らえたあと助走をつけ、両足を前に投げ出すように体をジャンプさせる。そのあと相手の首に体重をかけることで相手の体を前のめりに倒れ込ませ、尻餅をつく形で着地すると同時に相手の顔面をマットへと叩きつける。
ブルドッグジャム
GCWなどで活動中のアダム・ジェイコブスが使うダイビングギロチンドロップの名称。
ブルドッグボム
新日本プロレスなどで活動中のデイビーボーイ・スミスJr.が使うジャンピングパワーボムの呼び名。
フルネルソン
背中の方から相手の左脇に左腕を、右脇に右腕をそれぞれ差し込み、相手の首の後ろで両手をクラッチして肩や首を痛めつけるサブミッション。一般的にはドラゴンスープレックスへ入る前の体勢として良く知られている。
フルネルソンツイスト
今池プロレスのノリ・ダ・ファンキーシビレサスが使っているサブミッション。まず相手の上半身を背後からフルネルソンに捕らえ、相手の左足の内側に自分の左足をフックさせる。そのあと体を右方向に軽く捻りながら相手が尻餅をつくまで体重をかけ、前屈状態になった相手の首や肩を痛めつけてギブアップを奪う。
フルネルソンスラム
巨漢レスラーが好んで使っている豪快なムーブ。フルネルソンに捕らえた相手の体を高々と持ち上げ、腕のクラッチを切って相手をマット目掛けて投げ捨てる。
フルネルソンバースト
田中稔が使う変形のフルネルソンスープレックス。フルネルソンの状態から体をブリッジさせて相手の左脇から左腕を引き抜き、右脇に差し込んだ右腕で相手をコントロールして相手の体を270゜後方回転させる。そのあと相手の右脇に右腕を差し込んだまま自分は腹這いに倒れ込み、うつ伏せの状態で落下した相手の顔面をマットに叩きつける。
フルネルソンバスター
今池プロレスのノリ・ダ・ファンキー・シビレサスが使っているパトリオットバスターと同型の技。
ブルハンマー
スーベニア
ぷるぷるベアー
ベアー福田が愛用している旋回式のキャタトニック。旧名はぷるぷるマンゴーで、DDTでベアー福蛇に変身すると技名がぷるぷる蛇に、新北京プロレスで孫悟空になると技名がぷるぷる杏仁にそれぞれ変化する。
ブルプレックス
WWEのルセフが使っているオリジナルホールド。まず四つん這いになった相手の左サイドに移動して助走をつけ、相手の右脇腹に左手を、左脇腹に右手を回しながら相手の右サイドの方へと倒れ込む。そのあと相手もろとも体を360゜横回転させてリングの中を転がり、相手の胴体を抱えたクラッチを離さずに両足で立ち上がる。最後に体をブリッジさせて相手の体を無理やり宙へと抱え上げ、両手のクラッチを切って相手を後方へと投げ飛ばす。
フルヘッドスチーム
WWEで活躍したビッグ・ボスマンが愛用していた豪快なムーブ。ロープ際でレッグシザーズを仕掛けるなどして相手を前のめりに倒れ込ませ、セカンドロープに凭れかかった相手の背後にあるロープに向かって走り出す。そのあと相手の側まで戻ってきたところで体を大きくジャンプさせ、相手の背中に馬乗りになる形で飛び乗って相手の喉や胸にロープをくい込ませる。
プルマ・ブランカ
新日本プロレスの内藤哲也が2013年のG1クライマックスで初公開したコウジクラッチと同型の技。軽くジャンプしながら相手の首の後ろに肩を組むような感じで右腕を回し、そのまま首投げで巻き投げた相手の上半身を肩固めに捕らえて技へと移行する。"pluma blanca"は白い羽という意味のスペイン語。
フレア・フリッカー
CHIKARAで活動中のマーク・アンジェロセッティが使うカリートズウェイと同型の技。
プレイ・オブ・ザ・デイ (1)
WCWやTNAで活躍したエリックス・スキッパーのフィニッシャー。前屈みになった相手の左サイドに移動して相手の左腕を右手で掴み、相手の首の後ろに自分の右足を引っ掛ける。続いて前後に軽く反動をつけたあと自分の重心を前に傾け、掴んでいた左腕を前方に押し込んだ勢いで相手の体を仰向けにひっくり返す。最後に右足の腿と脹脛の間に相手の頭を挟みこんだままマットに右膝をつき、その衝撃で相手の後頭部や首に痛みを走らせる。ちなみにWCWではオーバードライブ、全日本プロレスに来日したときにはブレイド・オブ・ザ・デッドという名称が付けられていた。
プレイ・オブ・ザ・デイ (2)
305
ブレイク・ア・ビッチ
インパクト・レスリングで活動中のアンジェリーナ・ラブが使っている変形のバックブリーカー。まず相手の首をリバースDDTの要領で左脇に抱え込み、自分の体だけを左方向に90゜捻って相手の背中の方に自分の両足を移動させる。そのあと背中からマットに倒れ込みながら膝を突き出すように両足を折り畳み、その勢いで後ろに転倒した相手の背中に突き立てた両膝をめり込ませる。
ブレイク・ザ・ハンマー
みちのくプロレスで活動中のKen45゜がパイナップル華井と名乗っていた頃から愛用しているフィニッシャー。まず相手の背後に回って相手の左脇に頭を潜り込ませ、相手の右脇に右腕を、左脇に左腕をそれぞれ背中の方から差し込む。そのあと相手の右腕に右腕を、左腕に左腕を引っかけて相手の両腕をロックし、相手の背中に自分の右肩を押し当てた状態で体を起こす。最後に相手の右腿を右手で、左腿を左手で抱え直して両膝をつくように倒れ込み、うつぶせの状態で落下させた相手の顔や胸をマットへ叩きつける。
ブレイクダウン
WWEのクリス・ジェリコが使っているフルネルソン式ストローク。相手の両肩を背後からフルネルソンに捕らえ、相手の右足の内側に自分の左足を正面から引っ掛ける。そして前後に軽く反動をつけたあと相手もろとも前のめりに倒れ込み、相手の顔面をマットへ強かに叩きつける。
ブレイクハート
全日本プロレスの宮原健斗が"ブードゥーマーダーズ"加入後から使い始めたFFFとほぼ同型の技。旧名は変形ダブルアーム式パイルドライバー
ブレイクボーイ
バッドボーイ
ブレイザーキック
みちのくプロレスなどで活動中のバラモン・ケイが使うバズソーキックの呼び名。
ブレイジングアロー
SUGIがエル・ブレイザーとして活動していた頃に愛用したムーブ。まず相手の体をコーナーに寄りかからせ、自分は隣のコーナーの最上段へと歩を進める。そのあと相手がいるコーナーへと繋がるトップロープの上を綱渡りのように走り抜け、相手の頭部に加速をつけたドロップキックを叩き込む。
ブレイジングキック
REINA女子プロレスの真琴が愛用している二段蹴りの名称。2014年に行ったCMLL参戦の際に一撃必殺の威力に昇華させるため磨きをかけ、CMLLではパターダ・アルディエンテという名前でフィニッシュに用いていた。
ブレイジングクラッチ
三田さん固め
ブレイジングチョップ
ロープから返ってきた相手の胸板に両手で勢い良く手刀を振り下ろす技。三田英津子が全日本女子プロレス時代から愛用していたカウンタームーブである。
ブレイス・トゥー・ザ・フェイス
CZWやIWAミッドサウスで活躍していたサムタック・ジャックのフィニッシャー。相手の体をパーフェクトドライバーの要領で持ち上げ、右手で抱えていた相手の両足を空中でリリースする。そのあと相手の体をうつぶせの状態で落下させながらマットに右膝をつき、相手の顔面を立てた左腿の上へと叩きつける。
ブレイド・オブ・ザ・デッド
プレイ・オブ・ザ・デイ
プレイメイカー
"MVP"モンテル・ボンタビアス・ポーターが使っているプレイ・オブ・ザ・デイの名称。
プレイングマンティスボム
CHIKARAで活動中のウルトラマンティス・ブラックが愛用するマネーメイカーと同型の技。
ブレインジャック
IWAジャパンの岸勝也が使っていたフィニッシングムーブ。四つん這いになった相手に背後から近づき、相手の背中を踏み台にして大きくジャンプする。そのあと相手の後頭部を右手で押さえつけながら尻餅をつき、相手の顔面をマットへ強かに打ちつける。
ブレインダメージ
WWEのダニー・バシャムが愛用していたカウンター&旋回式のネックハンギングボム
ブレインバスタ
ZERO1に登場したショーン・ギネスが見せた変形の垂直落下ブレーンバスター。ダブルパンプハンドル・オレンジクラッシュの要領で相手を垂直になるまで抱え上げ、背中からマットに倒れ込んで上下逆さまになった相手の頭部をマットへ打ちつける。
ブレインバスター
KAIENTAI-DOJOのJOEが使っているブレーンバスターの呼び名。雪崩式で放つ一発は見た目、破壊力とも桁違いである。
ブレインヘモレイジ
CZWなどで活躍中のブレインダメージが使っているパッケージパイルドライバーの名称。
ブレーキングポイント
PWGで活躍したスコット・ロストが使っていたハイドロプレインと同型の技。
ブレーンクロー
新日本プロレスに来日した"大巨人"エル・ヒガンテの得意技。相手の頭頂部をアイアンクローの要領で鷲掴みにする豪快なムーブである。
ブレーンバスター
プロレスの中では基礎中の基礎とされる投げ技の一種。前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、右手で掴んで持ち上げた相手の左腕を自分の首の後ろに引っ掛ける。そのあと右手でタイツを掴んで相手の体を垂直になるまで抱え上げ、そのまま後ろに倒れ込んで相手を背中からマットに叩きつける。海外では相手を垂直に持ち上げることからバーティカルスープレックスと呼ばれている。
ブレーンバスタースラム
パワーファイターが好んで使っているブレーンバスター式のボディスラム。ブレーンバスターの要領で相手の体を垂直に抱え上げ、相手の体に右方向への捻りを加えて顔を自分の方へと向かせる。そのあと腕のクラッチを切って相手の体を前方へと投げ捨て、相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
ブレーンバスターホールド
相手の体をブレーンバスターの要領でマットに叩きつけ、ブリッジを効かせてそのままフォールを奪うムーブ。極悪同盟のサソリこと藤井巳幸が全日本女子プロレス時代から得意技にしていた。
プレススラム
WWFで活躍したアルティメット・ウォリアーが使っていたミリタリープレスの名称。持ち上げた相手を後ろに放り投げるようにマットに落とすのが特徴である。
プレックスブレイカー
PWGなどで活動中のB-ボーイが愛用するバフ・ブロックバスターと同型の技。
フレッチータ
ホルヘ・リベラが愛用しているジャベの1つ。まず仰向けになった相手の左サイドに移動して股の間に右足を置き、相手の右足を右手で、左足を左手でそれぞれ掴んで持ち上げる。そのあと折り曲げた左足を右膝の裏にあてがって相手の両足を4の字に固め、うつ伏せに引っくり返した相手の右足のつま先を自分の右足に引っ掛けて足をロックする。最後に相手の右腕を右脇に、左腕を左脇に抱え込んで背中をマットにつけるように転がり、両腕を上方向へ伸ばすことで宙吊りの状態になった相手の肩や足を痛めつける。
プレミアムブリッジ
DRAGON GATEの斎藤了が使う改良型のドラゴンスープレックスホールド。まず相手の背後に回り込んで背中の方から相手の右脇に右腕を、左脇に左腕を差し込み、相手の右手首を右手で、左手首を左手でそれぞれ掴む。そのあと掴んだ両腕を相手の頭の後ろの方に折り畳んで体をブリッジさせ、後方に反り投げた相手を肩口からマットに叩きつけてフォールを奪う。
フレミングスタープレス
PACが使っていたリバース450゜と同型の技。
フレンチキッス
WWEのマリースが使っていたDDTの呼び名。
フレンチTKO
マリースが愛用していたスピンキックの名称。
フレンドゾーン
シェイン・ヘイストが使っているボーダーシティストレッチの呼び名。
ブローグキック
WWEのシェイマスが使っている二段蹴りの呼び名。
ブロークンアロー
チャーリー・ハース&シェルトン・ベンジャミンがWWE在籍時に愛用していた合体殺法。まずハースがトップロープにうつ伏せに凭れ掛かった相手の右足を右脇に、左足を左脇にそれぞれ抱え込み、相手の体をマットと水平の高さになるまで抱え上げる。そのあと助走をつけたベンジャミンがハースの頭を背後から跳び箱のように飛び越え、相手の背中に馬乗りになるように着地して相手の腰を痛めつける。
ブローダウン
インパクト・レスリングで活動しているロビー・E&ジェシー・ガッデスのタッグチーム、"ブローマンズ"のコンビネーション。形はハート・ファウンデーションが使っていたハートアタックと同型。
フロートオーバーDDT
ショーズ・オーバー
プロシアンドロップ
WWWFや全日本プロレスなどで活躍したワルドー・フォン・エリックが使っていたリバーススプラッシュ式のニードロップ。相手を仰向けに倒したあとコーナーのトップロープを両手で掴み、左足をコーナーのセカンドロープに乗せて体を大きくジャンプさせる。そのあと空中で右足を折り畳みながらリングに落下し、相手の胸板へ突き出した右足を叩きつける。
プロシアンバックブリーカー
ワルドー・フォン・エリックが使っていたカーフブランディングと同型の技。カーフブランディングの使い手であるマードックよりも先にこの技を公開している。
プロジェクタイル・ハリケーンラナ
TNAで活躍していたアメージング・レッドが使っている低空式の飛びつきフランケンシュタイナー。膝をついた相手の正面に助走をつけて近づき、体をジャンプさせて相手の首を両足で挟み込む。そのあと相手の首を足で挟んだまま自分の体を270゜後方回転させ、その勢いで前のめりに倒れこんだ相手の頭部をマットへ強かに打ちつける。
プロジェクトシアンパ
ROHなどで活動中のトマッソ・シアンパが使っているS.A.T.ボムと同型の技。
フロッグスプラッシュ
エディ・ゲレロや三沢光晴などが代表的な使い手として知られる屈伸式のスプラッシュ。まずコーナー最上段に登ってリングの方を向き直し、ロープを蹴ってリングへジャンプしたあと空中で自分の手足を蛙のように縮ませる。そのあと体を縦に大きく伸ばしながらリングに落下し、仰向けになった相手をボディープレスしてフォールを奪う。
ブロックバスター
フォールアウェイスラムとも呼ばれる古典的な投げ技。まずボディースラムの要領で相手の体を持ち上げ、持ち上げた相手の体を自分の胸の前で水平にする。そのあと相手を抱えたまま体をブリッジさせ、後ろへ反り投げた相手の背中をマットへ叩きつける。本来の和名である岩石落としがバックドロップの和名として定着したため現在は岩石砕きというのが和名になっており、ブリッジを崩さずにそのまま相手をフォールするとブロックバスターホールドになる。
ブロックロック
WWEのブロック・レスナーが使っているストレッチマフラー式逆片エビ固め。まず仰向けになった相手の左足をストレッチマフラーホールドの要領で首の後ろに巻きつけ、自分の体を捻った勢いで相手をうつ伏せにひっくり返す。そのあと相手の足の方を向きながら相手の背中を両足で跨ぎ、そのまま腰を落とすことで相手の背中や股関節を痛めつける。
プロトタイガードライバー
プロレスリング・ノアに登場したタイガーエンペラーが披露した変形のタイガードライバー。まず相手の上半身をリバースフルネルソンに捕らえ、相手の体を垂直になるまで抱え上げる。続いて相手の腕をロックしたまま尻餅をつき、落下させた相手の背中を自分の両足の間へ叩きつける。最後に相手の右手首を左手で、左手首を右手で掴み直し、更に相手の右足に左足を、左足に右足をそれぞれフックさせて相手をフォールする。
プロトボム
キルスイッチ
プロフェシー
ウィドウメイカー
プロブレム
DRAGON GATEの問題龍が使っているWRリミテッドと同型の技。
プロブレムソルバー
ジョニー・スウィンガー&サイモン・ダイヤモンドがECWで愛用していたコンビネーション。形はスナップショットと同型。
フロム・コーナー・トゥー・ザ・セイムコーナー(コピー禁止)
DRAGON GATEのCIMAが愛用しているオリジナルムーブ。まずリングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、背中を殴打した衝撃で相手の体を前屈みにさせる。そのあと自分は相手を乗せたコーナーのコーナーポスト最上段に両足で登り、体をジャンプさせて相手の背中をフットスタンプの要領で踏みつける。
フロムジャングル
DRAGON GATEの吉野正人が得意とするティヘラからの卍固め。まず人工衛星ヘッドシザーズの要領で相手の首を挟み込み、体を旋回させて相手の正面に回り込む。そのあと相手の首の後ろに左足を、相手の左足の内側に右足を引っ掛けて回転を止め、更に相手の右腕を左脇に抱え込んで体を絞り上げる。
フロム・ダスク・ティル・ドーン
ROHやTNAで活動したジミー・レイヴが愛用しているシグニチャームーブ。相手をトルベジーノの要領でマットに叩きつけたあと抱えていた相手の腕を両足で挟み込み、更に相手の頭部を両手で抱え込んでクリップラークロスフェイスに移行する。
フロム・ダスク・ティル・ドンスト
CHIKARAで活躍中のティム・ドンストが使用するサブミッション。うつ伏せになった相手の左腕をクリップラークロスフェイスの要領で自分の両腿の間に挟み込み、更に相手の頭部と右腕をナチストレッチの形で固めて相手からギブアップを奪う。
フロム・ラスト・トゥー・ダスト
インパクト・レスリングのDJ Zがシーマ・ザイオンとして活動していた頃から愛用するフィニッシャー。まず相手の首をスタナーの要領で右肩に固定し、自分の右足を前方へと振り上げ反動をつける。そのあと相手の頭を抱えたまま前のめりに倒れ込み、その勢いで宙に浮き上がった相手の頭部をマットへ強かに打ちつける。通称はスナップメアドライバー
フロリータ
いたばしプロレスの守部宣孝が使っているジャベの1つ。マイケルドントクライの要領で両腕を掴んだ相手と背中合わせになり、自分はマットに両膝をつきながら体を前傾させて相手の体を締め上げる。
フロリダ・キー
ROHで活躍中のアダム・コールが使っているクロスアームスープレックスホールドの呼び名。
フロリダトルネード
東京愚連隊のKIKUZAWAこと菊澤光信が使っているスカイツイスタープレスと同型の技。
ブロンクスバスタ
"brother"YASSHIが使っているハイアングルなブロンコバスター。相手をコーナーの下に寄りかからせるように座らせたあとコーナーのトップロープを両手で掴み、体をジャンプさせて背中を大きく仰け反らせる。そのあと両足を開きながら体を急降下させ、相手の体をヒップドロップの形でプレスする。
ブロンクスボム
ECWやROHで活躍したトニー・デヴィットの必殺技。形はアナコンダスラムと同型。
ブロンクスボンバー27
インパクト・レスリングで活躍中のホミサイドが使っているみちのくドライバー2の呼び名。
ブロンコネックブリーカー
バーン・ガニアやドリー・ディクソンが得意としていた荒々しいサブミッション。立っている相手の肩に肩車をするように飛びついたあと相手の頭頂部に左手を、顎の下に右手を添え、自分の背中を後ろに軽く反らせることで相手の頚部を痛めつける。
ブロンコバスター
WWEやTNAで活躍したXパックことショーン・ウォルトマンが得意としていた奇天烈な技。相手をコーナーの下に寄りかからせるように座らせたあと相手と一旦距離をとり、軽くステップを踏んで助走をつける。そのあと両足を前に突き出すように体をジャンプさせ、相手が寄りかかったコーナーのトップロープを両手で掴む。最後に相手の頭を足の間に挟み込むような形で相手の体の上に着地し、自分の腰を繰り返し上下させて倒れている相手の体をヒップドロップで繰り返しプレスする。
ブロンズクロー
国際プロレスなどで活躍した"青銅の爪"キラー・カール・クラップが使っていたアイアンクローの名称。
フロントクロスアームサルト
豊田真奈美が愛用するスープレックスホールド。まず向かい合った相手の右手首を右手で、左手首を左手でそれぞれ掴み、掴んだ腕を相手の胸の前で交差させる。そのあと両腕の下に頭を潜り込ませて体をブリッジさせ、反り投げた相手の背中をマットに叩きつけてフォールを奪う。
フロントジェット
パンクラスMISSIONの鈴木みのるが使っている必殺技の1つ。仰向けになった相手の上半身を引き起こして尻餅をつかせた状態にし、相手の正面にあるロープに飛んで助走をつける。そのあと尻餅をつくように腰を落としながら右足を前へと突き出し、相手の顔面を右足の裏で豪快に蹴り飛ばす。別名はジェットスタンプ
フロントスープレックス
オーバーヘッドスープレックスとも呼ばれる基本的な投げ技。向かい合った相手の右脇に左腕を、左脇に右腕をそれぞれ差し込み、相手の腰を抱えるように両手をクラッチする。そのあと相手を抱えたまま体をブリッジさせ、両腕のクラッチを切って相手を後方に反り投げる。金本浩二や永田裕志は走ってきた相手に見舞うカウンター式の一発を得意としている。
フロントネックチャンスリードロップ
アントニオ猪木が得意としていたムーブの1つ。フロントネックロックの要領で相手の首を捕らえたあと体をブリッジさせ、反り上げた相手を背中からマットに叩きつける。
フロントネックロック
前方首固めとも呼ばれる拷問サブミッション。まず前屈みになった相手の首の後ろに正面から右腕を回して相手の頭を右脇に抱え込み、右腕の前腕部を相手の顎の下へと巻きつける。そのあと背中の方から相手の右脇に左腕を差し込み、右手で自分の左腕の前腕部を掴んで相手の頭をがっちりとホールドする。最後に胸を突き出すような感じで背中を仰け反らせ、相手の頚動脈を圧迫して相手からギブアップを奪う。総合格闘技では右腕で相手の気管を圧迫するギロチンチョークが主に使われるが、プロレスではこれは反則に当たる。
フロントハイキック
自分の片足を高々と持ち上げ、相手の顔面や胸板を足の裏で蹴り飛ばす技を指す総称。十六文キックやケンカキックがこの中に含まれる。
フロントフリッピングサイドスラム
PWGなどで活動しているブランドン・ガットソンのフェイバリットホールド。相手の体をサイドバスターの要領で宙へと抱え上げ、自分の背中を軽く仰け反らせて反動をつける。そのあと相手を抱えたまま体を360゜前方回転させるようにジャンプして尻餅をつく形でマットに着地し、その勢いでうつぶせにひっくり返りながら落下した相手の顔面をマットへ打ちつける。
フロントフルネルソンスープレックスホールド
OZアカデミーなどで活躍中の豊田真奈美が全日本女子プロレス時代に愛用していたムーブ。前屈みになった相手の正面に立ち、背中の方から相手の右脇に左腕を、左脇に右腕をそれぞれ差し込む。そして相手の首の後ろで両手をクラッチしたあと体をブリッジさせ、反り投げた相手の背中をマットに叩きつけてフォールを奪う。
ブロンドボムシェル
WCWなどで活躍したクリス・キャンディードが愛用していた雪崩式パワーボムの名称。
ふわっともっちりバディーシザーズ
アイスリボンの宮城もちが使っている必殺技の1つ。目の前にあるセカンドロープに両足で飛び乗ったあと体をリングの方へ翻すようにジャンプし、背後に迫っていた相手をカウンターのルーテーズプレスで圧殺する。
ふんどしクラッチ
RGがハッスルで使っていた丸め込み技のコンビネーション。まずリングの方を向いたままコーナーのセカンドロープによじ登り、自分の方を向い立っている相手の頭の上を跳び越えるようにジャンプして相手を飛びつき式の前方回転エビ固めで丸め込む。そのあと自分の体を前方へとブリッジさせて丸まった相手に覆いかぶさり、ジャックナイフホールドの形で相手を押さえ込んでフォールを奪う。
文明開化
ハッスルに登場した開国仮面が披露したファイヤーバードスプラッシュの名称。