.
パーカーフライ
みちのくプロレスなどで活動中のKen45゜がパイナップル華井時代に使っていたギターショットと同型の技。
パーカーメイカー
CZWなどで活躍中のラッカスが使っているオリジナルムーブ。相手の首をリバースDDTの要領で左脇に抱え込み、相手の左腕を右手で掴んで体を左右に軽く揺り動かす。そのあと相手の首を抱えていた左腕のフックを緩めて掴んでいた左腕を上方向へと引っ張り、その勢いで相手の体を右方向へと180゜回転させて相手の顔をマットの方に向かせる。最後に相手の左腕を掴んだまま自分は尻餅をつくように倒れ込み、相手の顔面をXファクターの要領で自分の両足の間に叩きつける。
バークドライバー
CZWなどで活躍したニック・バークが使っていたハリケーンドライバーの名称。
バーコシェット
ニック・バークが愛用していた横回転式のペディグリー。まず相手の上半身をリバースフルネルソンに捕らえ、相手もろとも360゜錐揉み回転するように体に捻りを加える。そのあと体を回転させながら正座をする形で両膝を折り畳み、その勢いで前のめりに倒れ込んだ相手の顔面をマットへ打ちつける。
バーサーカードロップ
ROHやJCWで活動中のジミー・ジェイコブスが得意とする自分の向きが前後逆になるぺディグリー。まず体を前屈みにした相手の正面に立って相手に背中を向け、背中の方から相手の右脇に右腕を、左脇に左腕をそれぞれ引っ掛ける。そのあと相手の腕を抱えたまま正座をするように両膝を折り畳み、その勢いで前のめりに倒れ込んだ相手の顔面をマットに打ちつける。
パーシキューション
WWEのパーシー・ワトソンが使っているうファイヤーマンズキャリー・フラップジャックと同型の技。
バージナル・ディスチャージ
IWSやOVWなどで活動していたビーフ・ウェリントンのフィニッシャー。まず相手の背後に回り込んで外腿の方から相手の右腿の裏に右手を、左腿の裏に左手をそれぞれ回して両足を抱え、相手の体を軽く宙へと持ち上げる。そのあと抱えた相手の両足を相手の頭の側まで持っていき、自分の右手を相手の右首筋に、左手を相手の左首筋に回して両手を相手の首の後ろでクラッチする。最後に体をブリッジさせながら相手の首と足を固めていた両腕のクラッチを切り、後方へと放り投げた相手を頭、もしくは顔面からマットへ叩き落とす。
バージニアネックタイ
WWEで活躍したジョーイ・マシューズが使っているショルダーネックブリーカーの名称。
バース
我闘雲舞の帯広さやかが使っている丸め込み技。まず相手の背後に回り込んで四つん這いになるように倒れ込み、相手の股の間をはいはいで潜り抜けながら相手の右足首を右腕で、左足首を左腕でそれぞれ抱え込む。そのあと相手がバランスを崩して後ろに転倒するのに合わせて自分の体を後転させ、足を抱えたまま両肩がマットについた相手に覆いかぶさって3カウントを奪う。
ハース・オブ・ペイン (1)
ラス・ハース&チャーリー・ハースの兄弟タッグチーム、"ハースブラザーズ"がWWEのファーム団体であるOVWで使っていた連携殺法。ラスが仰向けになった相手の右足を右手で、左足を左手で掴んで足を開かせ、チャーリーが相手の股間にダイビングエルボードロップを叩き込む。
ハース・オブ・ペイン (2)
ROHなどで活動中のチャーリー・ハースが得意とするサブミッション。うつ伏せになった相手の右サイドに移動して相手の右足を左手で、左足を右手でそれぞれ掴み、折り曲げた相手の左足を相手の右膝の裏に重ねて両足を4の字に固める。そのあと相手の左足を挟み込むような感じで相手の右足を折り畳み、相手の左足首を自分の右足の裏で踏みつける。最後に両手で相手の右足首を掴んでマットに背中から倒れ込み、固めた両足を吊り上げながら相手の背骨も痛めつけていく。
バーズタウンジャム
IWAミッドサウスなどで活躍したJCベイリーが使っていたダイビングギロチンドロップと同型の技。
バータブレイカー
グレゴリー・ヘルムズがWCWで愛用していたシグニチャームーブ。相手をリバースゴリースペシャルの要領で担ぎ上げたあと尻餅をつき、上下逆さまの状態で落下させた相手の体をマットへ叩きつける。危険度が高い為に長年在籍したWWEでは技の封印を余儀なくされていた。
パーティークラッシャー
WCWやTNAで活躍したグレン・ギルバティが使っているジャンピングパイルドライバーと同型の技。
パーティーズ・オーバー
ROHなどで活躍中のマーティ・スカルが使うボーンクラッシャーと同型の技。
パーティーバスター
ラストダンス
パーティーファウル
WWEのアダム・ローズが使っているフロム・ラスト・トゥー・ダストと同型の技。
バーティカルスープレックス
ブレーンバスター
バーティカル・スパイク
プロレスリング・ノアの中嶋勝彦が使う垂直落下式ブレーンバスターの呼び名。2016年2月に行われた鈴木みのるとの一騎打ちにこの技で勝利し、その次のシリーズからこの名前が結果表記で使われるようになった。
バーティカルリミット
南野タケシが闘龍門MEXICO時代に使っていた、コーナーセカンドロープからのセントーン・アトミコ。体を回転させながら空中で気をつけをするような姿勢をとり、相手の上に頭から落下していくのが特徴である。
バーディクト (1)
WWEのデビッド・オタンガが使っているフィニッシングホールド。アイアンカーテンの要領で抱え上げた相手の体から腕を離し、相手をマット目掛けて豪快に投げ捨てる。
バーディクト (2)
F-5
ハーディヤック・アレスト
インパクト・レスリングのジェフ・ハーディーが愛用しているムーブの1つ。コーナーに寄りかかった相手をコーナーの下に座り込ませ、コーナーから伸びる1本のトップロープを両手で掴む。そのあとセカンドロープに片足を乗せて両足を後ろに振り上げるようにジャンプし、ロープから腕を離しながら振り下ろした両足で相手の顔面へ打ち下ろし気味のドロップキックを叩き込む。相手の顔の前に折り畳んだラダーを立てかけて技を放つこともある。
ハートアタック (1)
WWFで結成されたブレット・ハートとジム・ナイドハートのタッグチーム、"ハートファウンデーション"が得意としていたコンビネーションムーブ。ナイドハートが相手の体をベアハッグの要領で抱え上げ、ロープに飛んだブレットが相手の胸板にジャンピング式のクローズラインを叩き込む。
ハートアタック (2)
テディ・ハートが使うシューティングスタープレスの名称。
ハートアタック (3)
DDT NEW ATTITUDEの宮武俊が愛用するスピアーの名称。
ハートアタック2.0
テディ・ハートが愛用している空中殺法。コーナー最上段からシューティングスタープレスの要領で跳躍したあと体を軽く捻り、仰向けになった相手の胸板にエルボードロップを叩き込む。
ハードコアチェアクラッチ
"リトル☆ギャラクシー"の旭詩織&大石真翔がハードコアマッチで見せたコンビネーション。椅子に座らせた相手の体を椅子ごと後ろへひっくり返し、両肩をマットにつけた相手の上にある椅子を2人がかりで押さえつけて3カウントを奪い去る。
ハードコアドロップ
CZWで活躍したニック・ゲージが使っていた垂直落下式ブレーンバスターの名称。
ハードコアボディープレス
KAIENTAI-DOJOの真霜拳號&関根龍一が使っているSAと同型の技。WEWハードコアタッグ王座に君臨していた頃に使い始めたムーブであり、当時は倒れた相手の上に凶器を乗せてそこ目掛けて関根を投げつけていた。
ハートドーナツ
CHIKARAやDRAGON GATE USAで活動しているジョニー・ガルガーノのフィニッシャー。相手の体を磔獄門の要領で抱え上げたあと相手の右脇から右腕を引き抜き、左脇に差し込んだままにしていた左腕を相手の後頭部へと添える。そのあと左腕を使って相手の体を左方向へ180゜回転させながら自分は背中からマットに倒れ込み、うつぶせの状態で落下させた相手の体を自分の左サイドへと叩きつける。別名はホール・シェバン
バートバッシュ
全日本プロレスなどで活躍したマイク・バートンが使っていた高野落としと同型の技。
ハートパンチ
WWFで活躍したビッグ・ジョン・スタッドのフェイバリットホールド。向かい合った相手の右腕を左手で掴んで腕を相手の頭の後ろに折り曲げ、大きく振りかぶった右拳をがら空きになった相手の胸板に叩きつける。
バードマン
DRAGON GATEに登場したサイバーギャングことトニー・ドレイクが披露したフィニッシングムーブ。その場で自分の体を回転させてから相手をマットに叩きつける旋回式のフジヤマドライバーである。
バードリッジ
我闘雲舞の「ことり」が使っている大外刈りをアレンジした丸め込み技。まず向かい合った相手の右脇に頭を潜り込ませ、相手の右肩の上に右腕を、相手の右足の脹脛の辺りに右足をそれぞれ引っ掛ける。そのあとやや中腰の状態になりながら重心を前方に傾け、その勢いで後ろに押し倒した相手の背中をマットへと叩きつける。最後に相手の右手足を極めたまま自分の体を前方にブリッジさせて相手に覆いかぶさり、両肩がマットについた相手の体をがっちりと押さえ込んで3カウントを奪う。
ハートレイト
テディ・ハートがジャック・エヴァンスとの戦いで限定的に見せるムーブ。相手をアトミックドロップのクラッチで抱えたあと屈伸して反動をつけ、360゜後方回転させるような感じで相手を空中に放り投げる。そのあと落下する相手の方へと体を向けて相手の右腿を左手で、左腿を右手で抱え込み、相手の体をシットダウンパワーボムの形でマットに叩きつける。
ハートロック
WWEのタイソン・キッドがファーム団体のFCWの頃から使用している、別名ダンジョンロックと呼ばれるサソリ固めと三角締めの複合技。仰向けになった相手の右足首をサソリ固めの要領で右脇に抱え、相手の右腕を左手で掴みつつ背中からマットに倒れ込む。そのあと足を極めたまま相手の首と右腕を自分の両足で外側から挟み込み、相手の右腕を両手で掴み直して相手の頚動脈や右足首を圧迫する。
ハードロック
KAIENTAI-DOJOのリッキー・フジが愛用しているサブミッション。うつ伏せになった相手の両足をリバースインディアンデスロックの要領で固めたあと背中に覆い被さるように倒れ込み、相手の頭をフェイスロックに捕らえて体を絞り上げる。
バートンスパイク
全日本プロレスなどで活躍したマイク・バートンが使っていたインプラントDDTと同型の技。
バートンディザスター
マイク・バートンが使っていたエースクラッシャーと同型の技。"ムーブメント"のタッグパートナーであるジョニー・エースの得意技を譲り受けた形になっている。
バートンバスター
マイク・バートンが愛用していた破壊力の高いパワーボム。パワーボムの要領で肩に担ぎ上げた相手の右腿を左手で、左腿を右手でそれぞれ外側から抱え直し、そのまま前のめりに倒れ込んで相手の背中をマットに叩きつける。
バーナードボム
新日本プロレスで活躍中のジャイアント・バーナードが使うビルディングボムと同型の技。
バーナードライバー
ジャイアント・バーナードが使っているファイヤーサンダーと同型の技。
バーニング・スクリュードライバー
DRAGON GATEで活動中のリコシェが覆面レスラーのヘリオスとして活動しているときに愛用していたフィニッシャー。相手をコブラクラッチに捕らえたあと自分の上半身を左方向へ軽く捻り、体を右方向へ振ると同時に右手で掴んでいた相手の左腕を勢い良く引っ張る。そしてその勢いで相手の体を右方向へ360゜錐揉み回転させつつ自分は体を後ろへと倒し、宙に浮き上がった相手を背中のあたりからマットへ叩きつける。
バーニング・スニックルフリッツ
CHIKARAやCZWで活動しているピンキー・サンチェスのフィニッシャー。相手の体をアルゼンチンバックブリーカーの要領で肩に担ぎ上げ、相手の下半身を右手で下から押し上げつつ自分の体だけを左方向へ90゜捻る。そのあと宙に浮き上がった相手の胸のあたりに右手を添え直して前のめりに倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の頭部をマットへ打ちつける。
バーニングソード
小橋建太が長期休養中に編み出したオリジナルムーブ。相手の背中をオレンジバックブリーカーで自分の腿に叩きつけ、相手の体を引き起こしたあと自分の体だけを右方向へ180゜捻る。そのあと相手の首の後ろに右腕を回して首を抱え込み、後ろに引き倒した相手の後頭部をマットへ叩きつける。技を仕掛ける体勢が刀を抜く所に似ている為にこの名前が一般公募から選ばれた。
バーニングダウン・ザ・ハウス
CHIKARAで活躍中のファイヤーアントが使っているバッツビーターと同型の技。
バーニングハンマー
小橋建太が奥の手として使っているフィニッシャー。リングに背を向ける格好で相手をコーナー最上段に座らせ、コーナー上の相手をアルゼンチンバックブリーカーの要領で肩に担ぎ上げる。そのあと相手の首を左手で、左腿を右手で抱え込んで体を軽くジャンプさせ、左半身から着地すると同時に相手の頭部をマットへ打ちつける。首を腕で固定するため相手は不可避的に頭を痛打する危険極まりない必殺技である。
バーニングラリアット
プロレスリング紫焔のキアイリュウケンエッちゃんが使う居合い抜きラリアットの呼び名。
バーネットロック
IGFなどで活動中のジョシュ・バーネットが使うナガタロック2と同型の技。
バーバーズチェア
WWFで活躍した"ザ・バーバー"ブルータス・ビーフケークのフィニッシングホールド。形はスリーパーホールドと同型。
ハーバードスラム
オナーロール
バービークラッシャー
SHIMMERなどで活躍中のニッキー・ロックスが愛用するラ・ミステリオッサと同型の技。ロキシー・ラビューというリングネームで活動していたTNAではブードゥードロップと呼ばれていた。
ハーフアームスープレックス
東京愚連隊の竹村豪氏が使うオリジナルスープレックス。まず向かい合った相手の左脇に背中の方から右腕を差し込み、左手を相手の左肩の上へと持っていく。そして左肩を抱えたまま体をブリッジさせて相手を後方に反り投げ、相手を背中からマットに叩きつけたあともブリッジを崩さずそのままフォールを奪う。
ハーフ&ハーフ
ROHやPWGで活動中のジェイ・ブリスコが愛用しているムーブ。形はミストクラッシュと同型。
パーフェクトショット
ECWやWWEで活躍したレイヴェンが使っているフラットライナーと同型の技。
パーフェクトストーム
イギリスのFWAなどで活躍したジョニー・ストームが使っていた変形のスパニッシュフライ。まずリングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、距離をとったあと相手のいるコーナーに向かって走り出す。そのあとジャンプしてコーナー左隣にあるセカンドロープに両足で飛び乗り、相手の左脇に自分の左腕を胸の方から差し込む。そして最後にムーンサルトプレスの要領で体を回転させてコーナーから相手を巻き投げ、宙に舞わせた相手の背中をマットへ痛打させる。
パーフェクトスモールパッケージホールド
プロレスリング・ノアの丸藤正道が使うリストクラッチ式のスモールパッケージ。まず向かい合った相手の左腕を両手で掴んで腕を捻り上げ、相手の右脇に胸の方から頭を潜り込ませる。続いて腿の裏の方から相手の股の間に差し込んだ左手で正面にある相手の左腕を掴み直し、前屈みになった相手の首の後ろに右腕を回す。最後に相手の左足の内側に左足を引っ掛けて背中からマットに倒れ込み、その勢いで前方に転がった相手の体を押さえ込んでフォールを奪う。別名は完璧首固め
パーフェクトドライバー
DRAGON GATEのCIMAが愛用するクロスレッグ式みちのくドライバー2。まず前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、右手で掴んで持ち上げた相手の左腕を自分の首の後ろに引っ掛ける。続いて外腿の方から相手の右腿の裏に右手を回して足を抱え、続けて相手の左膝の裏に外腿の方から右手を回すことで相手の両足を交差させる。最後に相手を上下逆さまにする感じで持ち上げながら尻餅をつき、前方に落下させた相手の体を自分の両足の間へ叩きつける。
パーフェクト・フェイスロック
プロレスリング・ノアの丸藤正道が使う、羽根折り固めと肩固めを組み合わせたようなフェイスロック。まず尻餅をついた相手の正面に回り込んで相手の右腿を跨ぐように立ち、相手の右脇に胸の方から左腕を差し込む。そのあと相手の左頬に右腕を巻きつけ、相手の首の後ろで自分の両手を繋ぎ合わせる。最後に中腰になるように腰を落として体を右方向に軽く捻り、相手の呼吸を塞ぎながら顔面、首などを痛めつける。三沢光晴が使っていた独特の形のフェイスロックを丸藤なりにアレンジした技である。
パーフェクトプラント
ショーン・ステイジャックがWCWで使っていたチャタヌガチュチュとほぼ同型の技。
パーフェクトブルーディスティニー
鈴木鼓太郎&リッキー・マルビンが使っていたコンビネーション。まず鼓太郎がブルーディスティニーの要領で相手を背中に担ぎ上げ、鼓太郎の正面に回ったマルビンが担ぎ上げられた相手の右腕を右手で、左腕を左手でそれぞれ掴む。そのあと2人が同時にジャンプをしてマットに尻餅をつき、着地の衝撃で相手の背中や首に痛みを走らせる。マルビンと石森太二がこの連携を用いるとスーパーブルーディスティニーに呼び名が変化。
パーフェクトプレックス
WWFやWCWで活躍した"ミスターパーフェクト"カート・へニングのフィニッシングホールド。その名の通り完璧なフォームから放たれるフィッシャーマンズスープレックスホールドである。
パーフェクト卍固め
道頓堀プロレスなどで活動中のTORUが使う腕極め式の卍固め。前屈みになった相手の股の間に腿の裏の方から右腕を差し込み、その手で正面にある相手の左腕を掴んでロックする。そのあと相手の左足の内側に自分の右足を、相手の首の後ろに左足を順々に引っ掛け、相手の右腕を左脇に抱え込んで相手の体を痛めつける。
パーフェクトラシアンレッグシープホールド
福田洋が見せたムーブ。河津落としの要領で相手もろとも後ろへと倒れ込んだあとも相手の左足に絡めた右足のフックを緩めず、背中がマットについた相手の右足を左手で抱え込んで3カウントを奪う。
ハーフジャックナイフホールド
仰向けになった相手の片足を腕で抱え込み、自分の体を前方にブリッジさせて相手をフォールする押さえ込み技。
ハーフスラムバスター
アイスリボンのしもうま和美が使っていたアバランシュホールドと同型の技。
ハーフネルソンスープレックス
小橋建太が得意とするデンジャラススープレックス。まず相手の背後に自分の体を回り込ませ、背中の方から相手の右脇に差し込んだ右腕を相手の首の後ろへ回す。そのあと左手を相手の腰に回して体をブリッジさせ、投げっ放した相手を頭から真っ逆さまにマットへ叩き落とす。腕のクラッチを切らずに相手を後方へ反り投げ、相手をマットに叩きつけたあともブリッジを崩さずフォールを奪うハーフネルソンスープレックスホールドはDDTの飯伏幸太が得意としている。
ハーフパッケージパイルドライバー
KAZMA SAKAMOTOがKAIENTAI-DOJO所属時代に使っていたリストクラッチ式のパイルドライバー。前屈みになった相手の頭を自分の股の間に挟み込み、右手で掴んだ相手の左腕を相手の股の前へと持っていく。続いて外腿の方から相手の右腿の裏に回した左手で相手の左手首を掴み直し、自由になった右腕を相手の腹部に引っ掛ける。最後に相手の体を垂直になるまで抱え上げて尻餅をつくように倒れ込み、落下させた相手の頭部を自分の両腿の間へと打ちつける。
ハーフハッチスープレックス
カール・ゴッチが前田日明に伝授した12種類のスープレックスの1つであり、同じゴッチの教え子である西村修などが得意としている投げ技。まず前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、相手の左脇に胸の方から差し込んだ右手を相手の背中に添える。そして相手を抱えたまま自分の体をブリッジさせ、後方に反り投げた相手の背中をマットに叩きつける。相手を叩きつけたあとブリッジを崩さずそのままフォールを奪うハーフハッチスープレックスホールドはプロレスリング・ノアの原田大輔が得意としている。
ハーフハッチスプラッシュ
小峠篤司&原田大輔のタッグチーム、"桃の青春タッグ"が披露したコンビネーション。原田がハーフハッチスープレックスホールドで相手をマットに叩きつけ、原田がブリッジを利かせて押さえ込んでいる相手目掛けて小峠がスワンダイブプレスを投下しフォールを奪う。
ハーフパラダイス
新日本プロレスのミラノコレクションA.T.が愛用していたジャベの1つ。まず仰向けになった相手の右サイドに移動して相手の股の間に右足を置き、相手の右足を左手で、右腕を右手で掴んで持ち上げる。続いて相手の右腕と自分の左足を挟み込むような感じで相手の右足を折り畳み、相手の左足を右手で掴んで持ち上げる。最後に左足を折り畳んだ右足の上に重ねることで相手の両足を4の字の固め、マットに背中から倒れこんだあと相手の左足の上に自分の右足を引っかけて手足を痛めつける。
ハーフボストンクラブ
逆片エビ固め
ハーフムーン
みちのくプロレスなどで活躍した平直行が使っていたオーバーヘッドキックと同型の打撃技。
ハーフリストアームサルト
FMWの工藤めぐみが使っていた変形のダブルリストアームサルト。向かい合った相手の左手首を右手で掴み、持ち上げた左腕を自分の首の後ろへ引っ掛ける。そのあと左腕を相手の背中の方に回して体をブリッジさせ、後方に反り投げた相手の背中をマットに叩きつけてそのままフォールを奪う。
パープルフロウジョン
男色ディーノ&鈴木ゲイ想がDDTで披露した合体殺法。ゲイ想が相手を男色ドライバーの要領で抱え、ゲイ想の正面に回ったディーノが相手とゲイ想の胴体を両手でまとめて抱え込む。そのあと呼吸を合わせた両者がマットに両膝をつき、相手の頭部をマットへ強かに打ちつける。
バーミヤンスタンプ
DRADITIONなどで活動中のツボ原人が愛用する屈辱的なフォール技。相手を仰向けに倒したあとロープに跳んで助走をつけ、再び相手の側まで戻ったところで勢いを殺し急停止する。そして相手の頭を両足で跨いだあと自分の体をしゃがみ込ませ、相手の顔面に尻を押しつけてフォールを奪う。
ハームズウェイ
ジョー・E・レジェンドが愛用する変形のSTF。相手の体をスクールボーイの要領で丸め込み、カバーをキックアウトした相手の左足首をSTFの要領で両腿の間に挟み込む。そのあとうつ伏せにひっくり返った相手の背中に覆い被さるように倒れ込み、相手の首と左腕を片羽締めに捕らえてタップを奪う。
パールハーバースプラッシュ
プロレスリングFREEDOMSの葛西純が愛用しているフィニッシャー。コーナー最上段に登ったあと"シュワッチ"と叫んで自前のゴーグルを装着し、敬礼をしながら"シェー!"と奇声を発する。そのあとコーナーを蹴って体を縦に伸ばすようにジャンプし、仰向けになった相手にダイビングボディープレスを叩き込む。"好きです札幌!"と叫んでから放つ好きですサッポロも北海道シリーズ限定で使っている。
パールハーバースワントーン
DDTで葛西純とタッグを結成したMIKAMIが披露したフィニッシャー。コーナーに登ったあとパールハーバースプラッシュの要領でゴーグルを装着し、敬礼をしてから仕掛けるスワントーンボムである。
パールリバープランジ
WWFで活躍したアーメッド・ジョンソンが使っていたタイガードライバーの名称。
ハーレムサイドキック
WWEのブッカーTが得意とする長い足を生かした打撃技。ロープの反動をつけたあと相手の方に右半身を向けながらジャンプし、大きく振り上げた右腿の側面で相手の顔面を蹴り飛ばす。
ハーレムハングオーバー
ブッカーTが奥の手として使っているフィニッシングムーブ。コーナー最上段に登ったあとリングの方を向き直し、体を270゜前方回転させるようにジャンプして仰向けになった相手の喉元にギロチンドロップを叩き込む。WWEではヒューストンハングオーバーと呼ばれている。
バーンアウト
DRAGON GATEのB×Bハルクが使っているXトルネードと同型の技。
バーンバーナー
ECWで活躍したアーミッシュ・ロードキルが使っていたハワイアンスマッシャーの名称。
バーンラッシュ
クリス・セイビンが愛用するオリジナルムーブ。相手の体をキャタトニックの要領で旋回させたあとマットに右膝をつき、落下してくる相手の背中を立てた左腿の上に叩きつける。
バイアグラスタンプ
シャドードライバー
バイアグラドライバー
エゴイストドライバー
ハイアングル植松
植松寿絵と輝優優が愛用していたコンビネーション。相手を仰向けに倒したあと輝が植松を肩車で抱え上げ、輝が植松の腰を両手で掴んで植松の体を更に高くリフトアップする。そのあと植松が体を縦に伸ばしながらリングに落下し、倒れている相手の体をボディープレスする。
ハイアングルチンギー
プロレスリング・ノアのタダスケが使っているリフトアップ式のチンギー。垂直落下式リバースDDTの要領で抱え上げた相手の胸板目掛けて右手を振り下ろしながら尻餅をつき、落下させた相手の後頭部や背中を自分の両足の間へと叩きつける。
ハイアングルフェイスバスター
fu-dojoのベナム・アリが留学先のKAIENTAI-DOJOで見せたモアイ・オブ・イースターと同型の技。
ハイアングルペディグリー
変形コードブレイカー
パイ・イン・ザ・スカイ
インパクト・レスリングのトレイシー・ブルックスが愛用するモッシュピットと同型の技。
バイオニックエルボー
"アメリカンドリーム"ダスティ・ローデスが使う各種エルボー攻撃の名称。相手の顔面に右ジャブを2発叩き込んだあと両腕を糸巻きのようにくるくると回転させ、そこから右肘を相手の脳天に垂直に打ちつけるタイプが一番メジャーである。
バイオレイター
NWAワイルドサイドなどで活躍した"レインマン"コリー・チェイビスとマーダー・ワンのタッグチーム、"ブラックキャット"が使っていたコンビネーション。形はハイタイムと同型。
バイオレーター2.0
レインマンとマーダー・ワンのタッグチーム、"ブラックキャット"が使っていたコンビネーション。相手をハイタイムの要領で持ち上げたあと2人揃って尻餅をつき、相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
バイオレーター420
レインマンとマーダー・ワンのタッグチーム、"ブラックキャット"が使っていたデイアフタートゥモローと同型の技。
バイオレットパワーストーン
ワールド女子プロレス・ディアナの青野敬子がLLPW時代に愛用していたフィニッシングムーブ。カナディアンバックブリーカーの要領で相手の体を高々とリフトアップし、相手が右肩の上に座るような格好になったところで一旦静止する。そのあと相手の体を前方に落下させながら尻餅をつき、自分の両足の間に相手の背中を叩きつけてそのままフォールを奪う。
バイオレットフラッシュ
紫雷美央&紫雷イオ姉妹が愛用しているコンビネーション。まず美央がイオの右肩を両手で掴みながら体をジャンプさせ、肩に跨るような格好で美央がイオの右肩の上に着地する。そのあと美央が相手の頭を左脇に抱え込み、イオが美央の下半身を下から押し上げて美央の体を宙に浮き上がらせる。最後に美央が体を右方向へと旋回させながらリングに落下し、抱えていた相手の頭をDDTの形でマットへ打ちつける。
バイオレンスパーティー
PWGなどで活躍中のスーパードラゴンが得意とする打撃のコンビネーション。まずコーナーに押し込んだ相手に逆水平チョップエルボーバットを交互に叩き込み、相手の頭を掴んでヘッドバットを乱打する。続いて怯んだ相手をフライングメイヤーでマットに転がし、尻餅をついた相手の背中に右足でサッカーボールキック、相手の頭に左足で膝蹴りを連射する。最後に無理やり起き上がらせた相手の顔面をステップキックで蹴り上げ、とどめのショートレンジラリアットで相手を豪快に薙ぎ倒す。
バイオレントグリーンホールド
LLPWのキャロル美鳥が愛用していた変形のバックドロップホールド。まず相手の背後に自分の体を回り込ませ、相手の右脇に背中の方から頭を潜り込ませる。そのあと相手の背中の左手で抱え込み、相手の右脛のあたりに右手を回して相手の右足を折り畳む。最後に相手の左手首を右手で掴んで体をブリッジさせ、後方に反り投げた相手を肩口からマットに叩きつけてフォールを奪う。
ハイキック
自分の右足を相手の頭の高さまで振り上げ、右足の甲で相手の左側頭部を豪快に蹴り飛ばす打撃技。相手の意識を一瞬で断ち切ることもできるという打撃の中でも最高峰の破壊力を誇る技である。
ハイクロス (1)
プロレスリングBASARAの木高イサミがかつて使用していた雪崩式飛びつき腕ひしぎ逆十字固めの名称。
ハイクロス (2)
ケルティッククロス
バイシクルキック
新日本プロレスで活躍中のジャイアント・バーナードが使う二段蹴りと同型の技。
ハイジャックパイルドライバー
スパイクパイルドライバー
ハイジャックバックブリーカー
WWWFや日本プロレスで活躍したドン・レオ・ジョナサンが愛用していたダイナミックなバックブリーカー。カナディアンバックブリーカーの要領で相手の体を肩の高さまでリフトアップし、背中合わせになった相手の右脇に左腕を、左脇に右腕をそれぞれ背中の方から差し込む。そのあと相手の右腕に自分の左腕を、左腕に右腕を絡めることで相手の両腕の動きを封じ、その場で自分の体をぐるぐると回転させて相手の背骨や肩を痛めつけていく。
ハイスクールボーイ
DDTプロレスリングの大石真翔がKAIENTAI-DOJO時代に用いていた丸め込み技。相手の体をスクールボーイで丸め込んだあと自分の体を左方向に180゜捻って相手の上に仰向けの状態で乗っかり、相手の首を左手で、左腿を右手で抱え直して3カウントを奪い去る。
バイスグリップ
WWEのグレート・カリが愛用していた拷問技。向かい合った相手の右側頭部を左手で、左側頭部を右手でそれぞれ鷲掴みにし、両腕に力を込めることで相手の頭蓋骨を圧迫する。
ハイスピリッツ
WWEで結成されたミッキー、ケニー、ミッチ、ニッキー、ジョニーのユニット、"スピリット・スクワッド"が愛用していたコンビネーション。仰向けになった相手の両手、両足、頭の5箇所を5人が各1箇所づつ掴み、相手の体を胴上げをするような感じで持ち上げる。そのあと相手の体から腕を離して相手を空中に放り投げ、急降下させた相手を背中からマットへ叩き落とす。
バイセップスエクスプロージョン
大阪プロレスのゼウスが使っている強烈なアックスボンバーの呼び名。ロープの間を往復して十分な加速をつけてから放つとスーパーバイセップスエクスプロージョンに名前が変化する。
バイセップスニュークリアエクスプロージョン
ゼウスが使っているダイビングラリアットの名称。
ハイソサエティー
WWFのロドニーが使っていたバフ・ブロックバスターの名称。
バイソンテニエル
プロレスリング・ノアで活躍したバイソン・スミスが使っていたスタイルズクラッシュと同型の技。
パイソンプラント
WCWやWWEで活躍したビッグ・ヴィトーが愛用しているハリケーンスパイクと同型の技。別名スカルクラッシャービッグ・ヴィトースペシャルとも呼ばれる。
バイソンボム
バイソン・スミスが使っていた雪崩式のアイアンクロースラム。頭を押さえつけられたままマットに叩きつけられるので威力は半端でない。
ハイタイム
WCWで活躍したブライアン・アダムス&ブライアン・クラークの無頼漢タッグ、"クロニック"が愛用していた必殺技。相手の体を左右両脇からチョークスラムの要領で抱え上げ、最高点に到達したところで相手の体を真下に放り投げる。
バイティングドッグ
DRAGON GATEの谷嵜なおきが愛用するオリジナルジャベ。まず四つん這いになった相手の首をフロントネックロックの要領で抱え、体を横方向に360゜回転させて相手と共にリングの中を転がる。そのあと右手で掴んだ右腕を相手の背中の方に折り曲げ、折り曲げた腕に右足のつま先を引っ掛けて腕をロックする。最後に相手の胴体を両足で挟み込み、頚動脈を圧迫して相手をタップに追い込む。現在は相手の両腕を交差させた状態で決めるグラウンドフロントネックロックをこの名前で愛用している。
ヴァイト・オブ・ザ・ドラゴン
ロウ・キーが使っているドラゴンスリーパー系ムーブの1つ。エプロンにいる相手に観客席の方を向かせ、リング内から相手の首にドラゴンスリーパーの要領で左腕を巻きつける。そのあと自分の体を軽くジャンプさせて相手の胴体を両足で挟み込み、相手の体にしがみついた状態で首を締め上げる。
ハイドロプレイン
ROHなどで活動中のジェイ・リーサルがハイドロと名乗っていたときに愛用していた必殺技。まず背中の方から相手の左脇に自分の左腕を絡みつかせ、自分の体を右方向に捻ることで相手と背中合わせになる。続いて相手の左足首を右手で掴んだあと自分の体を前屈みにさせ、相手の体を背中の上に背負い上げる。最後に掴んでいた左足を離しながら前のめりに倒れ込み、落下させた相手の後頭部や背中を自分の左サイドへと叩きつける。
パイナップルボム
闘龍門のチョコフレークK-ICHIが使っていたブルーサンダーの名称。
パイナップルボンバー
DRAGON GATEのサイバー・コングが使っているラリアットの名称。ロープの間を何度も往復して十分な加速を付けてから放つことが多い。
パイナポー (1)
みちのくプロレスなどで活動中のKen45゜がパイナップル華井として活動していた頃に愛用していた必殺技。相手の体をアトミックドロップの要領で右肩に担ぎ上げたあと上半身を左方向に軽く捻り、上半身を右方向へと振ると同時に左手で掴んでいた相手の足を離す。そのあと体を捻った勢いで右方向に180゜水平旋回させた相手の胴体を右脇に抱え込み、そのまま尻餅をついて相手の背中を自分の右サイドへと叩きつける。
パイナポー (2)
パイナップル華井が使っていた別バージョンのパイナポー。まず背後に回り込んで相手の腰に左腕を回し、腿の裏の方から相手の股の間に差し込んだ右手で相手の右腕を掴む。そのあと相手の体を上下逆さまにひっくり返すような感じで抱え上げながら尻餅をつき、落下させた相手の背中を自分の両足の間に叩きつけてフォールを奪う。Ken45゜として活動している現在はリージョンボムという名称でこの技を使用している。
ハイニー
ジャンピングニーバット
ハイネケン・ラナ
ECWで活躍したサンドマンが使っていた雪崩式フランケンシュタイナーの名称。
バイパーストライク
HUBが使っている必殺技の1つ。まず相手を肩車の要領で肩の上に担ぎ上げ、相手の左足から離した左手を相手の首の後ろへと持っていく。そのあと頭を上から押さえつけることで相手の顔を下に向かせ、相手の体をうつぶせの状態で右肩に担いだような格好になる。最後に相手の首と右足を抱えたまま尻餅をつくように腰を落とし、落下させた相手の顔面を自分の右サイドへと叩きつける。
バイパーデスロック
HUBが使っているサブミッション。相手の左足の内側に正面から左足を引っ掛けて相手の背後に回り込み、相手もろとも体を後ろに転がして相手の体がうつぶせになったところで回転を止める。そのあと相手の左足に足を絡めたまま上半身を起こして相手の左足の脹脛に左足のつま先をフックさせ、相手の右足首を両手で掴んで自分の右足の裏を相手の右膝の裏に押し当てる。最後に相手の右足を折り畳みながら後ろに倒れ込んで相手の右足を宙に吊り上げ、相手の右膝や股関節を複合的に痛めつけてタップを奪う。国際プロレスなどで活躍した往年の名レスラー、ビル・ロビンソンもこれと同じ形のサブミッションを得意にしていた。
ハイパートルネード
FMWなどで活躍した超電戦士バトレンジャーZのフィニッシングホールド。エプロンに移動したあとトップロープを両手で掴み、ジャンプしてトップロープに両足で飛び乗る。そのあとロープを蹴ってシューティングスタープレスの要領で体を回転させ、仰向けになった相手をボディープレスしてフォールを奪う。
ハイハードワン
WWEで活躍したリコがファーム団体のOVWで愛用していたムーンサルトプレスの名称。
ハイパーニー空牙
DRADITIONの長井満也が得意とする華麗な打撃技。まずエプロンに移動してトップロープを両手で掴み、体をジャンプさせてトップロープの上に両足で飛び乗る。そしてロープを蹴ってジャンプしたあと膝を突き出すように右足を折り畳み、相手の顔面に右足で膝蹴りを叩き込む。ちなみに名前の空牙とは山猫を意味する"Cooga"に由来し、魔界5号の人格なるとハイパーニータイガーに技の名前も変化する。
パイパイアタック
スターダムの愛川ゆず季が使っていたジャンピング式のコーナースプラッシュ。助走をつける前に頭の後ろに右手を、腰に左手を持っていってグラビア撮影のようなのポーズをとり、コーナーに寄りかかった相手の顔面に自分の胸を叩きつける格好で技を放っていく。
バイバレー
WARや全日本プロレスで活躍した荒谷望誉が愛用していた変形の逆落とし。まず相手の右脇に背中の方から右腕を差し込み、左手で相手の左腕を掴んだあと体を左方向に捻って相手の背中に自分の腰を密着させる。そのあと体に更に捻りを加えて相手の体を宙に浮かせ、後方回転させるように巻き投げた相手の体をうつ伏せの状態でマットへ叩きつける。
パイプカッター
DDTプロレスリングの男色ディーノが使う男色殺法の1つ。相手の顎の下にエースクラッシャーの要領で右腕を回して"パイプ・カッター!"と絶叫し、首を抱えていた右手で相手の股間を即座に掴み直す。そのあと相手の股間を掴んだまま両足を前に投げ出すように倒れ込み、その衝撃で相手の股間に痛烈なダメージを与える。
ハイフライしげひろー
DDTプロレスリングで活動する"チーム・ドリーム・フューチャーズ"の石井慧介、高尾蒼馬、入江茂弘が見せたコンビネーション。まず仰向けになった相手の頭の側に石井が、足の側に高尾がそれぞれ陣取り、相手の右手にあるロープに入江が飛んで助走をつける。そのあと走ってきた入江の右足を高尾が、左足を石井がそれぞれ掴んで入江の体を2人がかりでリフトアップし、宙に浮き上がった入江が落差のあるボディープレスで相手を圧殺する。
ハイフライスプラッシュ
全日本プロレスに登場したミゲル・ハヤシJr.が"ジュニアヘビー級リーグ戦"制覇の為に用意した、高さを追求したダイビングボディープレスの名称。
ハイプ・ライダー
WWE NXTで結成されたザック・ライダー&モジョ・ローリーのタッグチーム、"ハイプ・ブロス"が使うラフライダーとスパインバスターの融合技。モジョの背後にあるコーナーの最上段にザックが腰をかけて待ち構え、モジョが向かい合った相手の右腿を左手で、左腿を右手で抱えて相手の体をリフトアップする。そのあとコーナーを蹴ったザックが相手に飛びつきながら右足を持ち上げ、その足を相手の顎の下へと引っ掛ける。最後にザックが落下するのに合わせてモジョが両膝をつくように倒れ込み、落下させた相手の後頭部や背中を強かにマットへ打ちつける。
ハイフライバム
PSYCHOが使うスワンダイブ式のセントーン・アトミコ。相手を仰向けに倒したあとエプロンに移動してトップロープを掴み、体をジャンプさせてトップロープの上に両足で飛び乗る。そのあとロープの反動を使って高々と飛び上がりながら体を270゜前方回転させ、相手の体をセントーンの形でプレスする。人間離れした跳躍力から繰り出される華麗な空中殺法である。
ハイフライフォアアーム
プロレスリングFREEDOMSの杉浦透が使っているスワンダイブ式のフォアアームスマッシュ。まずエプロンに移動して両手でトップロープを掴み、体をジャンプさせてトップロープの上に両足で飛び乗る。そのあとリングの方へジャンプしながら右腕を折り畳み、振り抜いた右腕の前腕部で相手の顔面を殴り飛ばす。
ハイフライフロー
新日本プロレスの棚橋弘至が使うフロッグスプラッシュの名称。
パイフライフロー
東京女子プロレスののの子が使っている、自慢のKカップの巨乳を使った圧殺ムーブ。相手を仰向けに倒したあとロープの間を往復して助走をつけ、相手の頭の側に来たところで勢いを殺し急停止する。そして組んだ両腕頭上に振り上げるポーズをとったあと軽くジャンプして両膝をつく形でマットに着地し、両胸で相手の顔を押し潰すように相手にのしかかって3カウントを奪い去る。
ハイフライフロール
棚橋弘至が使うハイフライフローから連続的に仕掛ける丸め込み技。うつ伏せになった相手の背中目掛けてハイフライフローを叩き込み、相手の足の方を向きながら相手の胴体を自分の両足で挟み込む。そのあと相手もろとも体を横方向へと転がして自分は尻餅をつく形でマットに着地し、両肩がマットについた相手の足を両手で抱え込んで3カウントを奪い去る。
ハイブリッド・ブラスター
WRESTLE-1の船木誠勝が欠場明けに公開したリストクラッチ式の墓石落とし。まずハンマーロックの要領で固めた相手の左腕を右手で掴み直し、背中の方から相手の右脇の下を潜り抜けて相手の正面に体を回り込ませる。そのあと自分の体を左方向に軽く捻って相手と顔を向かい合わせる状態になり、相手の左肩の上に左腕を回して相手の体を上下逆さまにする感じで持ち上げる。最後に相手の首の後ろに左手を添えて両膝をつくように腰を落とし、左腕を極めたまま落下させた相手の頭部をマットへ打ちつける。名前は500通にも及ぶ一般公募から選ばれたものであり、正式名称が決まるまでは便宜上変形ツームストンパイルドライバーと呼ばれていた。
バイブル
DRAGON GATEのドラゴン・キッドが愛用する丸め込み技。メサイヤの要領で相手の右肩の上に着地したあと相手の左肩を両手で抱え込み、自分の下半身を右方向に振って相手の左横を通り抜ける。そしてそのまま相手の背後に回り込んで相手の右肩を両足で挟み込み、逆打ちの形で相手をマットに叩きつけてフォールを奪う。現在はメサイヤの部分を省いた逆打ちと同型の技をこの名前で使用することが多い。
バイブルブラック
インパクト・レスリングのDJ Zことシーマ・ザイオンのフィニッシャー。形は蒼魔刀と同型。
ハイボールW
新日本プロレスで活動中の金丸義信&タイチが使っているコンビネーション。まず金丸がリングの方を向きながらコーナーのセカンドロープによじ登り、コーナーに背を向けたタイチが相手を投げっ放しパワーボムでマットに叩きつける。そのあと倒れている相手の体をタイチが無理やり引き起こし、待ち構えていた金丸が相手に飛びついてディープインパクトを炸裂させる。
ハイボルテージ
プロレスリングFREEDOMSの葛西純が使っているGドライバーと同型の技。
ハイマウントニー
高山善廣が好んで使う打撃技。相手の体を前屈みにさせたあとロープの反動を利用して助走をつけ、相手の鳩尾に下から突き上げるような膝蹴りを叩き込む。あたかも山の如く、相手の体がくの字に浮き上るほどの威力を誇る。
背面式ダイビングエルボードロップ
リングに背を向けた状態から放つ変形のダイビングエルボードロップ。天龍源一郎やアジャ・コングが得意としている。
パイルダーオン
KAIENTAI-DOJOの石坂鉄平が使っていたオリジナルムーブ。まず相手の体をうつ伏せに倒して"マジーン、ゴー!"と絶叫し、相手の頭の方にあるロープへ跳んで体の正面からロープに接触する。そのあとうつ伏せに倒れこみながらスライディングをするように体を滑らせ、倒れている相手の顔面に自分の尻を勢い良く叩きつける。
パイルドライバー
プロレスの中でも基本的、かつ破壊力の高いムーブ。前屈みになった相手の頭を自分の股の間に正面から挟み込み、相手の胴体を両手で抱え込んで腕を相手のへそのあたりでクラッチさせる。そのあと相手の体を垂直に持ち上げながら尻餅をつき、相手の頭部をマットへ強かに打ちつける。別名はドリル・ア・ホール・パイルドライバー脳天杭打ち
パイルバスター
13ドライバー
パイレーツ A GOGO
海賊戦士にギミックチェンジしたDDTのポイズンJULIE澤田が披露した必殺技。右手を海賊が付けている鉤爪の形に折り曲げたあとロープに飛び、仰向けになった相手の側で前のめりに倒れ込んで相手の喉元に鉤爪状の右手を叩きつける。
ハイ・ロー
スイート&サワー
ハインズスタナー
全日本プロレスなどで活躍したジョージ・ハインズが使っていたスタナーと同型の技。
ハインズドライバー
ジョージ・ハインズが愛用していたみちのくドライバー2とほぼ同型の技。ボディースラムの要領で持ち上げた相手の首の後ろに左手を添えるのではなく、相手の左肩のあたりに左手を添えて技を仕掛けていた。
パインムーチョ
沖縄プロレスのゴールデン・パインが使っていたムーンサルトプレスの名称。
ハウス・オブ・ペイン
WWEのメイソン・ライアンが使っているアナコンダスラムと同型の技。
ハウスパーティー
PWGやDRAGON GATEで活躍したヒューマントルネードが使っていたリズミカルなムーブ。相手をコーナーの下に座り込ませたあと両手を叩いてリズムをとり、体を揺らしながらステップを踏んで相手の顔面を右足のつま先で蹴り飛ばす。そしてこの攻撃を何度か繰り返したあとその場でターンを決め、観客を煽るように決めポーズをとる。最後に前後開脚するように足を開きながら尻餅をつき、前方に伸ばした左足で相手の股間をスライディングキック気味に蹴り上げる。
バウロンの10打
ビーツ・オブ・ザ・バウロン
バウンス
全日本プロレスで活動中のボディガーが使っているリフトアップ式のパワースラム。まず相手の体をミリタリープレスの要領で抱え上げ、相手の胸を支えいてた左手で相手の右肩を、腹部を支えていた右手で相手の股をそれぞれ抱え直す。そのあと落下する相手に体を浴びせかけながら自分は腹這いに倒れ込み、相手の背中を豪快にマットに叩きつけてそのまま3カウントを奪う。かつて使用していたザ・バウンスとは名前は一緒だが別物の技である。
パウンス
TNAで活躍した"アルファメイル"モンティ・ブラウンのフィニッシャー。まず相手の体をコーナー右隣から伸びるロープに向かってハンマースルーし、自分はコーナー左隣から伸びるロープに跳んで助走をつける。そのあとロープの反動で返ってきた相手に側面から体当たりし、アメフト仕込みの強烈なショルダーブロックで相手を弾き飛ばす。
ハエ叩き
小橋建太&本田多聞が愛用していたコンビネーション。多聞のデッドエンドをこらえる相手に小橋がランニング式の逆水平チョップを叩き込み、怯んだ相手を多聞が後方に勢い良く反り投げる。ちなみにデッドエンドをこらえる相手にランニング式のローリング袈裟斬りチョップを叩き込むコンビネーションは回転ハエ叩きと呼ばれる。
破壊王に届け
Dear棚橋
葉隠れ
KENSOこと鈴木健想が新日本プロレス時代に行ったプエルトリコ遠征後に使い始めた必殺技。相手に片膝をつかせたあとロープに飛ぶなどして助走をつけ、相手の顎目掛けて強烈なジャンピングニーバットを叩き込む。旧名はシャイニングアタック
葉隠れ2
クローホールドSTO
博多一本締め
プロレスリング華☆激の川内大裕が得意としていた刀狩と同型の技。
博多押さえ込み
新日本プロレスに登場した博多出身の魔界2号が使っていた逆さ押さえ込みの名称。
バカタレスライディングキック
DRAGON GATEの土井成樹が使っているフィニッシャー。膝をついた相手に助走をつけて近づき、相手の顔面を低空のスーパーケンカキックで豪快に蹴り飛ばす。
バカタレヘッドスライディング
オープン・ザ・ドリームゲート王者のCIMAが挑戦者である土井成樹を挑発する為に使ったムーブ。屈み込んだ相手の正面にあるロープに跳んで助走をつけ、前屈みになるように体をジャンプさせて相手の胸板に頭から突撃する。
バカチンガーエルボードロップ
大日本プロレスのアブドーラ小林が愛用している、"この、バカチンガー!"の掛け声と共に繰り出すエルボードロップの名称。コーナー最上段から繰り出すダイビングバカチンガーエルボードロップは破壊力抜群。
バカプリャハ
新日本プロレスの田口隆祐が使っているシュリンプと同型の技。
バギーベイ
ECWで活躍したダニー・ドーリング&アーミッシュ・ロードキルのコンビネーション。ロードキルが相手をリバースパワーボムの要領で持ち上げ、コーナー最上段からダイブしたドーリングが相手の後頭部目掛けてギロチンドロップを叩き込む。
パキスタンデスロック
暗黒プロレス組織666の小仲=ペールワンが使っている奇抜なサブミッション。相手の両足をリバースインディアンデスロックの要領で固めたあと相手の背中の上に尻餅をつくように倒れ込み、持ち上げた自分の左足を自分の首の後ろへと引っかけてヨガのポーズを決める。この技を極めたあと体を相手の上半身の方へと向け、相手の頭部をフェイスロックに捕らえるとヨガ式STFになる。
バキューン!キック
プロレスリングFREEDOMSの佐々木貴が得意とするスーパーケンカキックと同型の蹴り技。
ハグクラッチ
みちのくプロレスに登場したエステ・ハグアルの必殺技。まず相手の体をゴリーボムの要領でマットに叩きつけ、相手の左足を右脇に、右足を左脇にそれぞれ抱え込む。そのあと体を横方向に転がして相手を仰向けにひっくり返し、相手の足を抱えたまま両足でマットに立ち上がる。最後に相手の右腕を左手で、左腕を右手で掴んで相手を軽く宙に抱え上げ、相手の背中を反り上げてタップを奪う。技を極めたあと相手の両肩をマットにつけてフォールを奪うとハグクラッチホールドになる。
白鶴
Rayが愛用している打撃技。リングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、軽く距離をとったあと相手がいるコーナーに向かって走り出す。そのあとトップロープを両手で掴みながらサードロープに左足を乗せ、スピンキックの要領で体を回転させてコーナー上の相手を右足で蹴り飛ばす。
爆ドロップ
全日本プロレスと腐男塾のコラボ興行に登場した爆露マンの得意技。落差の大きい抱え式バックドロップである。
爆NEWスープレックス
FMWで活躍した中山香里が得意としていたブリザードホールドと同型の技。
爆YAMAスペシャル
アパッチプロレス軍の金村キンタローが愛用するフィニッシングムーブ。相手を仰向けに倒したあとエプロンの方からコーナーへと登り、左足をコーナーのセカンドロープに、右足をトップロープにそれぞれ乗せる。そしてセカンドロープを蹴ったあとコーナーを飛び越えるように体をジャンプさせ、仰向けになった相手に全体重を乗せたダイビングセントーンを叩き込む。ちなみに"キャシー中島!"と叫んでから技を放つとキャシー中島という名前に変化する。
パケテ
首固め系の丸め込み技を指すメキシコでの呼び名。
パケテレ・カサドーラ
九州プロレスなどで活躍中の磁雷矢が披露したモンキーマジックホールドと同型の技。
パケラ・タパティオ
CMLLのラ・ソンブラが使っているソラリーナと同型の技。
派遣村プレス
ハッスルのあーちゃんが披露したムーンサルトプレスの名称。
箱崎浜
九州プロレスの田中純二が使っているジャックハマーの名称。
ハコ乗り固め
LLPWの紅夜叉が使っていた逆片エビ固めの呼び名。
パサーダ
自分の背後に障害物がある時に使われるメキシコ式の投げ技。走って来た相手の両足の間に正面から両腕を差し込み、右腿の裏に左手を、左腿の裏に右手をそれぞれ回して相手の体を肩の高さまでリフトアップする。そのあと自分の頭の上を飛び越えさせた相手の両足から腕を離し、相手の顔や胸を自分の背後にあるコーナーやロープに激突させる。
ハサミワザ
新日本プロレスの高橋ヒロムが使うヘッドシザーズホイップの呼び名。2013年4月に放送された"SMAP☆がんばりますっ!!"の中でプロレス実況に挑戦した草g剛が勢いに任せて叫んだ名前であるが、以来この名前が公式の試合結果でも使われるようになった。
バズーカうどん
大阪プロレスの大王QUALLTが使っていた必殺技。相手の体をアルゼンチンバックブリーカーの要領で両肩の上に担ぎ上げ、下半身を押し上げた勢いで相手の体をうつ伏せにひっくり返す。そのあと落下する相手の方へと体を向けながら尻餅をつき、うつ伏せの状態になった相手の体を自分の両足の間へ叩きつける。
バズーカエルボー
Wrestling New Classicの篠瀬三十七が使っている強烈なエルボーバットの呼び名。
恥ずかし固め
花一輪
バズキラー (1)
Xパックことショーン・ウォルトマンがWCWで使っていた胴締め式のチキンウイングフェイスロック
バズキラー (2)
エッジキューション
バスケットケース
バラモン・ケイこと佐藤恵が披露した丸め込み技。折り畳んだパイプ椅子の足の部分を仰向けになった相手の両足首に引っかけ、椅子を持ったまま体を前方にブリッジさせて相手をジャックナイフホールドで丸め込む。
バズソーキック
TAJIRIが愛用しているフィニッシングムーブ。相手をリングに倒したあと気合を入れて構えを取り、上半身を起こした相手の左側頭部を振り抜いた右足の甲で豪快に蹴り飛ばす。他にスティッフキックキック・オブ・デスなどの呼び名が存在する。
バスターバリエーションPART5
中邑真輔&後藤洋央紀が使っていたコンビネーション。形はチャップルテペックと同型。
パターダ・アルディエンテ
ブレイジングキック
パターダ・ア・ラ・ロディージャ
相手の膝を狙う低空ドロップキックを指すメキシコでの呼び名。
パターダ・エレクトリカ
CMLLのショッカーが使っているビッグブーツの名称。
パターダ・コン・ヒーロ
自分の体に回転を加えながら繰り打す蹴り技を指すメキシコの呼び名。ソバットスクリューハイキックなどがこの中に含まれる。
パターダ・ボラドーラ
ドロップキック
パターダ・モルタル
カンガルーキック
パターダ・ラグネラ
CMLLのドラゴン・ロホJr.が使っている華麗な打撃技。まずロープの側でレッグシザーズを仕掛けて前のめりに倒れ込んだ相手の体をセカンドロープに凭れ掛けさせ、自分は相手の右手にあるコーナーに走ってトップロープを左手で掴む。そのあとコーナーのセカンドロープに両足で飛び乗ってトップロープの上を飛び越えるようにジャンプし、ロープを掴んだ左腕を支点に体を左方向へ旋回させて相手の顔面に場外の方からドロップキックを叩き込む。別名はディアマンテキック
バターロール
ヒレ折り固め
裸締め
スリーパーホールド
旗包み
バラモン・シュウこと佐藤秀が"紅白プロレス合戦"で披露したムーブ。持参の旗を相手の頭部へと巻きつけ、視界を遮られたことで狼狽した相手の体を首固めで丸め込みフォール奪う。
バタフライスープレックス
ダブルアームスープレックス
バタフライロック
蝶野正洋が使っている羽根折り固めと同型の技。
バダ・ブン・シャカラカ
WWEで活動しているエンツォ・アモーレ&ビッグ・キャスのコンビネーション。形はロケットランチャーと同型。
パタラス・エネル・ベチョ
CMLLのドラゴン・リーが愛用するムーブ。形は相手を逆さ吊りにして仕掛けるゲットースタンプと同型。
バチコスパイラル
LLPWに登場した"2丁目系女子プロレスラー"葉千子が使っていたフィニッシングホールド。形はランス・ホイットが使うブラックアウトと同型。
八海山
新日本プロレスの矢野通が使う変形のハーフネルソンスープレックス。背中の方から相手の左脇に差し込んだ左腕を相手の首の後ろへと回し、腿の裏の方から相手の両足の間に差し込んだ右手で相手の左腿を抱え込む。そのあと体をブリッジさせる勢いを利用して相手を持ち上げ、腕のクラッチを切って相手を後方へ投げ捨てる。
バッカス
DDTプロレスリングのマサ高梨が使っている丸め込み技。前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回して頭を抱え込み、右手で掴んだ相手の左腕を自分の背中の方へと持っていく。そのあと相手の左足の脹脛のあたりに自分の左足を引っかけて体を前方回転させ、その勢いで後ろにひっくり返った相手の両肩をマットにつけてフォールを奪う。旧名は変形雁之助クラッチ
バッキンガムドロップ
十三不塔
バッキンガムバックブリーカー
ZERO1などで活動中の菅原拓也がT2P時代に愛用していたレイネーラの呼び名。回転十字固めの要領で相手に飛びついて相手の片腕を股に挟んだ状態のままマットに着地し、そこから体を捻って技を仕掛けることが多かった。
バッキンプレックス
ZERO1に登場したトニー・バッキンバウアーのフィニッシャー。まず左手で掴んだ相手の左腕を相手の股の前へと持って行き、腿の裏の方から相手の両足の間に差し込んだ右手で相手の左腕を掴み直す。そのあと自由になった左手を相手の左肩の上に添えて体をブリッジさせ、腕のクラッチを切って相手を後方へ投げ捨てる。
バッククラッカー
WWEで活躍したカリートが使っていたラングブロアーと同型の技。別名はバックスタバー
バックシートドライバー
CZWで活躍していたトレント・アシッド&ジョニー・カシミアのタッグチーム、"バックシートボーイズ"のオリジナルコンビネーション。まず走ってきた相手の右脇にアシッドが左腕を、左脇にカシミアが右腕をそれぞれ胸の方から差し込み、2人が呼吸を合わせて相手の体を前方回転させるようにホイップする。続いて空中で仰向けの状態になった相手の右腿をアシッドが右手で、左腿をカシミアが左手で抱え、2人が両腕を上方向へと伸ばして相手の体を高々と持ち上げる。最後に相手の両足をキャッチしたアシッドがシットダウンパワーボムの形で相手をマットに落とし、更に落下する相手の頭をカシミアが両手で抱えながら倒れ込んで相手の後頭部と背中をマットへ叩きつける。
爆☆喰
TEAM MAKEHENの帝嘩怒が使っていたスカイハイと同型の技。名前は"バックショック"と読む。
バックスライド
逆さ押さえ込み
バックスライドタイムス
DRAGON GATEの堀口元気が使っているモダンタイムスの呼び名。
バックスライドドライバー
DRAGON GATEなどで活躍中のリコシェが愛用している脳天直下型の逆さ押さえ込み。相手の両腕に逆さ押さえ込みの要領で自分の両腕をフックさせ、右足を前方に振り上げると同時に背中を後ろに大きく仰け反らせる。そのあと体を前傾させながら両膝をつくように素早く倒れ込み、背中合わせになっていた相手を頭からマットへ叩き落とす。
バックスライド・フロム・バカタレ
堀口元気&土井成樹が使用していたコンビネーション。まず堀口が相手の両腕に逆さ押さえ込みの要領で腕をフックさせ、マットに両膝をついて土井を待ち構える。そのあと助走をつけた土井が相手の顔面をバカタレスライディングキックで蹴り飛ばし、その衝撃で後ろにひっくり返った相手の体を堀口が逆さ押さえ込みの形でフォールする。
バックスライド・フロム・ベノム
スターダムの脇澤美穂が使う逆さ押さえ込みの名称。
バックスライド・フロム・ヘブン
神が宿る逆さ押さえ込み
バックスライド・フロム・ヘル
神が宿る逆さ押さえ込み
バックスライド・フロム・マサ
DRAGON GATEの望月成晃が使っている逆さ押さえ込みの呼び名。
バックスライドボム
プロレスリングFREEDOMSの葛西純が使っているムーブの1つ。背中合わせになった相手の両腕に逆さ押さえ込みの要領で自分の両腕をフックさせ、自分だけ尻餅をつくようにマットに倒れ込んで相手の背中を仰け反らせる。そのあと両腕のフックを外して相手の胸のあたりを両手で抱え直し、バランスを崩して後ろにひっくり返った相手の背中を自分の両足の間に叩きつけてそのままフォールを奪う。
バック・トゥー・ザ・フューチャー (1)
フランキー・カザリアンが使っているジャパ二ーズオーシャンサイクロンスープレックスホールドの名称。
バック・トゥー・ザ・フューチャー (2)
新日本プロレスのKUSHIDAが使っているゴッズラストギフトと同型の技。
バックドロップ
投げ技の中では最もオーソドックスなタイプの技。まず相手の背後に自分の体を回り込ませ、背中の方から相手の右脇に頭を潜り込ませる。そのあと相手の腰を両手で抱え込んで体をブリッジさせ、後方に反り投げた相手を肩口からマットへ叩きつける。日本では別名岩石落としと呼ばれるがこれは本来バックフリップの和名であり、後ろ脳天逆落としというのがバックドロップの正式な和名だったらしい。
バックドロップクラッチホールド
ヴィクトリアミラネーゼ
バックドロップホールド
永田裕志や諏訪魔などがこだわりを持って使い続けているムーブ。相手をブリッジを効かせたバックドロップで反り投げ、相手をマットに叩きつけたあともブリッジを崩さずにそのままフォールを奪う。
バック投げ
大阪プロレスのタイガースマスクが使うぶっこ抜き式のジャーマンスープレックス。バック投げとはアマレスで使われるバックを取って投げる技の総称である。
バックパックスタナー
アレックス・シェリーが使う変形のスタナー。まずおんぶをする形で相手を背中に背負い上げ、相手の首の後ろに右腕を回して相手の顎を自分の右肩の上に乗せる。そのあと相手を背負ったままマットに尻餅をつき、着地の衝撃で相手の首にスタナーを叩き込む。
バックハンドエルボー
折り曲げた腕を背中の方へと振り抜き、背後にいる相手の顔面を殴り飛ばす打撃技。相手にバックを取られた際に使われることが多い。
バックハンドブロー
裏拳
バックフィスト・トゥー・ザ・フューチャー
PWGやCHIKARAなどで活躍中のエディ・キングストンが使っている裏拳の名称。
バックフリップ
蝶野正洋などが使う古典的な投げ技。ファイヤーマンズキャリーの要領で相手を肩に担ぎ上げたあと後ろに倒れ込み、落下させた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。相手をマットに叩きつけたあとも腕のクラッチを離さず、ブリッジを効かせて相手を押さえ込むとバックフリップホールドになる。
バックフリップパンケーキ
新日本プロレスのジャイアント・バーナードが使っているフラップジャックの名称。
バックボディドロップ
ショルダースルー
パックマンフィーバー
PWGなどで活動しているプレイヤー・ウノ&プレイヤー・ドスのタッグチーム、"スーパースマッシュブラザーズ"のコンビネーション。ドスが相手の体をパイルドライバーの要領で抱え上げ、ドスの右サイドに陣取ったウノが相手とドスの胴体を両手でまとめて抱え込む。そのあと呼吸を合わせた両者が同時に尻餅をつき、落下させた相手の頭部をマットへ強かに打ちつける。
バックラッシュ
Rayが愛用しているオリジナルムーブ。まず相手の右斜め後ろあたりに陣取って助走をつけ、体を左方向に側転させるような感じで半回転させつつ相手の背後に回り込む。そのあと上下逆さまの状態になりながら相手の右脇腹に左手を、左脇腹に右手をそれぞれ回し、相手の背中に両手でしがみついたまま体を更に半回転させる。最後にその勢いで相手の体を仰向けにひっくり返して自分は両膝をつく形で着地し、それと同時に相手の背中を豪快にマットへ叩きつけ3カウントを奪う。
バックワードダイブ
サンセットフリップ
パッケージジャーマンスープレックスホールド
DRAGON GATEの戸澤陽が使っているダルマ式の二段階ジャーマンスープレックス。まずダルマ式ジャーマンスープレックスの要領で相手の両腕と胴体を抱え込み、相手の体を軽く宙に抱え上げたところで一旦静止する。そのあと自分の体をブリッジさせて宙に浮いていた相手の体を後方へと放り投げ、相手を後頭部のあたりからマットに叩きつけたあともブリッジを崩さずそのまま3カウントを奪い去る。
パッケージパイルドライバー
WWEのケビン・オーウェンズがケビン・スティーン時代に切り札にしていたフィニッシャー。まず前屈みになった相手の頭を自分の股の間に正面から挟み込み、相手の両脇にリバースフルネルソンの要領で自分の両腕を差し込む。そのあと外腿の方から相手の右腿の裏に左手を、左腿の裏に右手をそれぞれ回し、相手の体を垂直になるまで持ち上げる。最後に体を軽く旋回させながら尻餅をつき、落下させた相手の頭部をマットへ強かに打ちつける。
はっさくクラッチ
DRAGON GATEのスペル・シーサーが愛用する丸め込み技。まずヨーロピアンクラッチの要領で相手の体を回転させ、背中からマットに着地した相手の両腕を引っ張って相手の上半身を引き起こす。そのあと尻餅をつくように倒れ込みつつ背中の方から相手の右脇に右足のつま先を、左脇に左足のつま先を引っかけ、相手もろとも体を横方向へ転がして相手の体を外道クラッチの形で押さえ込む。
パッションクラッチ
プロレスリングWAVEなどで活動した植松寿絵が使っていた石川雄規直伝の変形グラウンド卍固め。まず低空ドロップキックなどで四つん這いにした相手の左サイドに移動し、相手の左腿の内側に正面から右足を、相手の首の後ろに左足をそれぞれ引っかける。そのあと自分の体を前方回転させる勢いで相手の体を仰向けに引っくり返し、背中をマットにつけながら相手の右腕を左脇に抱え込んで体を絞り上げる。
パッションプレス
風香祭に登場したパッション・セブンの必殺技。形はダイビングボディープレスと同型。
ハッスル・ウラカン・ラナ
ハッスルのハッスル仮面レッド&ハッスル仮面ブルーが使っていた高速のウラカン・ラナ・インベルティダ
ハッスル投げ
小川直也がハッスルで使っていた変則的な投げ技。向かい合った相手の右腕を左手で、左腕を右手でそれぞれ掴み、相手と共に横方向に蟹歩きする。そして3歩進んだところで相手の左足を右足で払い、相手の背中をマットに叩きつけたあと両腕を上下させて"ハッスル!ハッスル!"と絶叫する。
罰ッスルボム
ハッスルに登場したジョー・メガロドンことジョー・E・レジェンドが使うフィニッシャー。肩車で担ぎ上げた相手のタイツを両手で掴み、両腕を上方向へと伸ばすことで相手の体を高々とリフトアップする。そのあと体を軽く前傾させて両膝をつくように倒れ込み、うつぶせの状態で前方に落下させた相手の顔や胸をマットへ叩きつける。
八艘跳び
みちのくプロレスの遮那王が得意としていた空中殺法の1つ。場外に相手を落としたあとリング内で助走をつけ、コーナーを駆け上がって場外に背を向けるようにジャンプする。そのあと近くのトップロープに尻餅をつくように着地し、アラビアンプレスの要領で体を回転させて場外の相手に体当たりをする。
バッツビーター
TNAなどで活躍したマイキー・バッツのフィニッシャー。まずカサドーラの要領で相手の胴体に飛びつき、背中を仰け反らせて相手の頭を両手で抱え込む。そのあと相手の胴体を挟み込んでいた両足を解き放ってマットに尻餅をつく形で倒れ込み、その衝撃で相手の首に強烈なスタナーを叩き込む。
×河津落とし
スポルティーバエンターテイメントの佐藤泰が使っているクロスアーム式の河津落とし。まず右手で掴んだ相手の左腕を相手の顎の下に巻きつけ、更に左手で掴んだ相手の右腕を相手の左腕の上に重ねて相手の両腕を交差させる。そのあと相手の左足の内側に自分の右足をフックさせて背中から倒れ込み、その勢いで後ろに転倒させた相手の後頭部を強かにマットへ打ちつける。河津落としの前についている×は"バッテン"と読む。
バッテン投げ
JWP女子プロレスの美咲香奈が使っていたフロントクロスアームサルトの名称。
バッドアス
CZWで活躍中のラッカスが使うサスケスペシャル1号と同型の技。
バッドイリミネーション
ROHで活動しているクリストファー・ダニエルズ&カザリアンのタッグチーム、のタッグチーム、"ジ・アディクション"が使うコンビネーション。相手の正面に陣取ったダニエルズが相手の喉元にフライングネックブリーカードロップ気味のラリアットを叩き込み、それと同時にカザリアンが相手の足を水面蹴りで背後から刈り取って相手を豪快に薙ぎ倒す
抜刀
プロレスリングBASARAの木高イサミが使っているオリジナルムーブ。コーナーに向かってハンマースルーした相手を追いかけるように自分も助走をつけ、コーナーに寄りかかった相手がそれを迎撃しようと振り上げた右足を両手で上手くキャッチする。そのあと片足立ちになっている相手の左足を右足で払って相手に尻餅をつかせ、続けざまに左足で相手の頭部にバズソーキックを叩き込む。自分がコーナーに振られた際に突進してきた相手の攻撃をいなし、そこから足を払って技を決めることも多い。
バッドトリップ
CZWで活躍したトレント・アシッドが使っていたトルナド・デ・アカプルコと同型の技。
バッドプレイス
スレイミッション
バッドボーイ
DIAMOND RINGなどで活動中の"brother"YASSHIが使っているスリングショットネックブリーカーと同型の技。座っている相手に対して技を仕掛けるとブレイクボーイに名前が変化する。
バッドムーブ
ジョニー・B・バッドことマーク・メロがTNAで使っていた雪崩式フランケンシュタイナーの名称。
ハットラッククラック
トゥルーコンヴィクション
バッドラックフォール
新日本プロレスのバッドラック・ファレが使っているメガボムと同型の技。技を使い始めた当初は相手を叩きつけたあともフォールには行かず、レフェリーにダウンカウントを数えさせてレフェリーストップ勝ちを収めるのが定番となっていた。
バッドランドDDT
プロレスリング・ノアやWLWで活動したダコタが使っていたダイヤモンドダスト式DDT。リングの方を向く格好でコーナー最上段に座り、リング上の相手の首をリバースDDTの要領で右脇に抱え込む。そのあとセカンドロープを蹴って自分の体を360゜前方回転させ、マットに背中から着地すると同時に抱えていた相手の頭をマットへ打ちつける。
パッドロック
WCWやWWEで活躍したチャック・パルンボが愛用していたラ・サタニカと同型の技。
ハッピーエンディング
TNAで活躍中のゲイル・キムが使うXブレイカーと同型の技。
ハッピープレス
みちのくプロレスに登場したHAPPY-MANのフィニッシングムーブ。片腕を前に突き出したポーズで放つダイビングボディープレスである。
バッファロークラッチ
猛牛足卍固め
バッファロースプラッシュ
ハッスルやWJプロレスで活躍したダン"ザ・バッファロー"ボビッシュが使っていたランニング式のボディープレス。ピープルズエルボーのようにロープの間を往復してから放つのが特徴。
バッファロースリーパー
新日本プロレスの天山広吉が使う変形のスリーパーホールド。尻餅をついた相手の背後に回り込んで相手の左腕を左手で掴み、上方向に持ち上げた相手の左腕をくの字に折り曲げて相手の左上腕部を左脇に抱え込む。そのあと右首筋の方から相手の顎に自分の右腕を巻きつけ、自分の両手をクラッチして相手の頚動脈や左肩を圧迫する。以前はフィニッシュにも使われたが最近はあまり使われていない。
バッファローバスター
ダン"ザ・バッファロー"ボビッシュが使っていた旋回式スタナーと同型の技。
八方塞がり
柴田勝頼がUWAI STATION旗揚げ戦で披露した腕決め卍固めと同型の技。ショルダーアームブリーカーで相手の左腕を痛めつけてから技に移行していた。
バティスタバイト
WWEのバティスタが使っていたナガタロック3と同型の技。
バティスタボム
デーモンボム
パドラ
みちのくプロレスの精霊が使っている必殺技。まず仰向けに倒した相手と距離をとるように後退し、軽く助走をつけて側転を決める。そして相手に背を向けた状態でマットに着地したあとその場跳びのムーンサルトプレスを叩き込み、そのまま相手を押さえ込んでフォールを奪う。
パトリオット
世界ジュニアヘビー級王座挑戦を控えたNOSAWA論外対し、特別コーチであるパンクラスの前田吉朗が伝授したムーブ。左右から繰り出されるボディブローを相手に見舞い、前屈みになった相手の顎目掛けて飛び膝蹴りを叩き込む。
パトリオットアクト
パトリオットロック
パトリオットバスター
NEO女子プロレスの田村欣子が愛用していたフィニッシングムーブ。フルネルソンに捕らえた相手の体を軽く宙に抱え上げ、相手の左脇から左腕を抜きながら自分の体だけを左方向に180゜捻る。そのあと相手の右脇に右腕を引っ掛けたまま前のめりに倒れ込み、相手をロックボトムのような形でマットに叩きつける。
パトリオットボム
全日本プロレスなどで活躍したパトリオットが使っていたアラバマスラムと同型の技。井上雅央や田村欣子も一時期フィニッシュとして愛用していた。
パトリオットミサイル
パトリオットが使っていたダイビングショルダーアタックの名称。
パトリオットロック
WWEのジャック・スワガーが使うアンクルロックに2013年頃から付けられた名称。この名前が確定する前にはパトリオットアクトとも呼ばれていた。
花一輪
NEO女子プロレスの宮崎有妃やタニー・マウスが愛用していた、通称恥ずかし固めとも呼ばれる女性にとって屈辱的なムーブ。相手の上半身をリバースフルネルソンに捕らえたあと後ろに転がって背中をマットにつけ、相手の右足の内側に左足を、左足の内側に右足をそれぞれフックさせる。そのあと自分の両足を開脚することで相手の股を大きく開かせ、相手の両肩・首・股関節などを同時に痛めつける。ミル・マスカラスなどが使うパランカ・ア・オロンブスと呼ばれるジャベがこの技のオリジナルである。
花岡鉱山
ZERO1などで活躍中の菅原拓也が見せたフィニッシャー。ライバルの日高郁人が使う石見銀山と同型の技であり、名前は出身地である秋田県の鉱山に由来する。
ハナマサ
DDTプロレスリングの彰人が使っているみちのくドライバーβと同型の技。
花やしき男色ドライバー
DDTプロレスリングの男色ディーノが"花やしきプロレス"で披露した男色殺法。相手の体を男色ドライバーの要領で抱え上げ、相手のタイツの中に差し込んだ右手で相手の股間を鷲掴みにする。そのあと右手の上に左手を重ねて体をジャンプさせ、尻餅をつくように着地すると同時に相手の頭部をマットへ打ちつける。
バナナシュート
ヘラクレス千賀がバナナ千賀として活動していた頃に愛用していたフィニッシングホールド。助走をつけながら相手に正面から近づいて相手の右腿の上に自分の右足を乗せ、相手の右肩に左手をついて体を大きくジャンプさせる。そのあと勢いよく振り抜いた右腕を相手の喉元にラリアット気味に叩きつけ、その衝撃で後ろに転倒した相手の後頭部をマットに打ちつける。現在はヘラクレスシュートと呼ばれている。
バナナスプレッド
アントニオ猪木が得意としていたパッケージホールド。まず相手の左足の内側に正面から左足を引っ掛け、自分の体を相手の背後に回り込ませる。そのあと相手の右足を両手で掴んで背中からマットに倒れ込み、その勢いで後ろに転がった相手の両肩をマットにつけてフォールを奪う。
バナナフォン
ROHやCHIKARAで活動中のデリリアスが使う独特の動きを交えた丸め込み技。まず助走をつけて相手に正面から近づいて相手に背中を向けるように体を軽く捻り、そのまま左脇を潜り抜けて相手の背後へと回り込む。そのあと背中の方から相手の左脇に差し込んだ左腕を相手の首の後ろへと回し、親指と小指を立てた右拳を自分の耳元にあてがって電話をかけるポーズをとる。最後にポーズを決めたまま相手と共にその場でぐるぐると回転し、そこから首固めを仕掛けて相手をフォールする。
鼻血出すなよ!
DDTプロレスリングのポイズンJULIE澤田や蛇影が使っていたブロンコバスターと同型の技。
パナマサンライズ
PWGで活躍中のアダム・コールが使うカナディアンデストロイヤーと同型の技。相手をコーナーのセカンドロープに乗せ、雪崩式で技を繰り出すことも多い。
花マルどっかん
Chick Fights SUNの前村さきが愛用していたソラキバと同型の技。前村が引退した現在はプロレスリングWAVEなどで活躍中の大畠美咲がこの技を愛用している。
ハニートラップ (1)
ラ・マルクリアーダが使っているオクラホマロールの名称。
ハニートラップ (2)
ZERO1やスターダムで活動中の夕陽が使うフェイントを交えた丸め込み技。まず左足で放ったミドルキックを相手にわざとキャッチさせ、捕まれた足を軸に自分の体を左方向に錐揉み回転させて相手の後頭部に右足で延髄斬りを打ち込む。そしてマットに膝をつく形で着地したあと素早く相手の方に視線を向け、前屈みになった相手の首の後ろに左腕を回す。最後に相手の股の間に右腕を差し込んで背中からマットへ倒れ込み、その勢いで前方に転がった相手の体を押さえつけて3カウントを奪う。
ハニーフラッシュ
夕陽が愛用しているオリジナルの打撃技。まず相手に背中を向ける状態になって両腕を上方向へと振り上げ、右足を軸にして体を右方向へ180゜回転させながら上半身を深く前屈させる。そのあと体を更に右方向に180゜回転させつつ空中へ飛び上がり、後ろに跳ね上げるように振り上げた右足の裏で相手の顎のあたりを蹴り飛ばす。
パニックアタック
ROHやCHIKARAで活動中のデリリアスが使っている、コーナーにもたれかかるように座り込んだ相手に叩き込む串刺し式の膝蹴り。
パニッシュ・by・HERO!
DDTプロレスリングのHERO!がかつて愛用していたオリジナルムーブ。まず相手の上半身をリバースフルネルソンに捕らえ、相手の体をマットと水平の高さになるまで抱え上げる。続いて相手の腕を抱えていた両手のクラッチを切って相手の右脇から左腕を引き抜き、空中で相手の体を左方向へ180゜錐揉み回転させる。最後に自分の体を左方向へ180゜捻りながら尻餅をつき、落下させた相手の背中や後頭部を自分の右サイドに叩きつける。フルネルソンに捕らえた相手の体を持ち上げたあと両手のクラッチを切り、自分の体だけを左方向へ180゜捻って相手の背中をマットに叩きつけるタイプも愛用していた。
羽根折り固め
様々な選手が独自の名前を付けて愛用している古典的サブミッション。まず尻餅をついた相手の首の後ろに正面から左腕を回し、相手の左横で左膝をつく。続いて立てた右腿の上に相手の左腕を乗せ、相手の右脇に胸の方から左腕を差し込む。最後に相手の背中で自分の両手をクラッチし、体重をかけて相手の両肩や首を痛めつける。
羽根折り変形腕固め
KAIENTAI-DOJOの真霜拳號が披露した羽根折り固めとチキンウイングアームロックの複合技。相手の体を羽根折り固めに捕らえたあと両腕のクラッチを一旦解き、右手で掴んだ相手の右腕を相手の背中の方へと折り曲げる。更に胸の方から相手の右脇に差し込んだ左手で自分の右手首を掴み、マットに倒れながら相手の胴体を両足で挟み込んで相手の肩を痛めつける。
羽根折り脇固め
相手の両腕を完全に極めてしまう拷問的なサブミッション。うつ伏せになった相手の左サイドに腰を下ろして相手の左腕を両足で挟み込み、背中に覆い被さりながら相手の右腕を掴む。そのあと持ち上げた相手の右腕を左脇に抱え込み、体重を後ろにあずけることで相手の両腕を関節と逆方向に反り上げる。相手の右手首を両手で掴んで腕を反り上げるタイプを使う選手も多い。
ババカッター
インパクト・レスリングのブリー・レイがECWで使っていたメキシカンエースクラッシャーの名称。最近はレイが使うダイヤモンドカッター系の技全般を指す名称となった。
ハバネロプリン
プロレスリングWAVEなどで活躍中の旧姓・広田さくらが愛用している丸め込み技。相手をへなーラサンセットYEBISUに捕らえたあと自分の体を後方回転させ、その勢いで後ろにひっくり返った相手の上に跨ってフォールを奪う。
ババボム
ブリー・レイがWWE時代から愛用しているフェイバリットホールド。まず相手の上半身を背後からフルネルソンに捕らえ、抱えた相手の体を高々とリフトアップする。そのあと相手の両肩を固めたまま尻餅をつくように倒れ込み、落下させた相手の臀部を自分の両足の間へ叩きつける。
ババンギダ
KAZMA SAKAMOTOがKAIENTAI-DOJO時代に使っていたムーブ。キャタトニックの要領で相手の体を旋回させながら自分の体を後ろに倒し、相手の顔面をコンプリートショットの形でマットに打ちつける。
パピコ☆パナップ
OSAKA女子プロレスに登場した三崎グリ子が使っているさきとんねると同型の技。
ハピネススプラッシュ
希月あおいが使うファイヤーバードスプラッシュの名称。
バビロン
近藤修司&"brother"YASSHIが使っていたコンビネーションムーブ。まず近藤の背後に回ったYASSHIが近藤の右腕を右手で、左腕を左手で掴み、YASSHIが中腰になった近藤の右肩の上に右足を、左肩の上に左足をそれぞれ乗せる。そのあと近藤が体を起こすことでYASSHIを高々とリフトアップし、近藤の肩を蹴ったYASSHIが270゜前方回転するように体をジャンプさせる。最後に近藤がYASSHIの腕を掴んだままマットに尻餅をつき、YASSHIが仰向けになった相手の体をセントーンの形でプレスする。
バファロードライバー
大阪プロレスのブラックバファローが愛用するタイガードライバーの名称。
バフ・ブロックバスター
WCWで活躍したバフ・バグウェルが愛用していたコーナーからの飛びつき式ネックブリーカードロップ。コーナー最上段に登ったあとリングの方を向き直し、自分の方を向いて立っている相手に向かってジャンプする。そのあと相手の頭を両手で抱え込みながら体を前方回転させ、背中から着地すると同時に後ろに引き倒した相手の後頭部をマットに叩きつける。
波布蛇箱
エゴパッケージ
バブルボブルバスター
PWGなどで活動中のプレイヤー・ウノの必殺技。形はみちのくドライバーβと同型。
バベル
大阪プロレスのゼロが使っていた一騎当千型のカオスブレイク。デメキンバスターの要領で抱え上げた相手の体をファイヤーマンズキャリーの形で両肩の上に着地させ、相手の上半身を下からプッシュアップして相手の体を軽く宙に浮き上がらせる。そのあと右方向に90゜水平旋回させた相手の後頭部を左手で押さえつけながら尻餅をつき、上下逆さまの状態で落下させた相手の体を自分の右サイドへと叩きつける。怪人・ハブ男として活動していた沖縄プロレスでは因果応報と呼ばれていた。
バボム
ハッスルのジャイアント・バボが愛用していた変形のバックフリップ。まずファイヤーマンズキャリーの要領で相手を肩に担ぎ上げ、自分の上半身を左右に軽く捻って勢いをつける。そのあと体を左方向に180゜捻りながら左手で掴んでいた相手の右腕を離し、後方に素早く倒れ込んで相手の後頭部と背中をマットへ叩きつける。
ハマー
WWFで活躍したジム・ナイドハートが使っていたショルダーブロックの名称。
ハマー・オブ・ザ・ゴッド (1)
デイビー・リチャーズが愛用している打撃技の1つ。ブレーンバスターの要領で抱え上げた相手の体を前方へと落下させ、振り上げた左足で相手の胸板へ突き上げるような膝蹴りを叩き込む。
ハマー・オブ・ザ・ゴッド (2)
PWGなどで活動しているブランドン・ボーナムのフィニッシャー。形はカナディアンデストロイヤーと同型。
ハマースパイク
IGFに登場したエリック・ハマーのフィニッシャー。向かい合った相手の上半身を肩固めに捕らえたあと体をブリッジさせ、後方へと反り投げた相手を頭から真っ逆さまにマットへ叩きつける。
ハマコンダバイス
浜亮太が小島聡との"三冠ヘビー級タイトルマッチ"を前に公開したムーブ。形は小島の盟友である天山広吉が使っているアナコンダバイスと同型。
ハマダドライバー
ハマダこと浜田文子がTNAで愛用していたフィニッシングホールド。形はKAORUが使うエクスカリバーと同型。
浜ちゃんカッター
グラン浜田、浜田文子親子が愛用する必殺技。リングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、自分も相手を乗せたコーナーのセカンドロープによじ登る。そのあと両手で相手の首を掴んでリングへジャンプし、コーナーから引きずり落とした相手をダイヤモンドカッターの形でマットに叩きつける。
浜松バスター
クロスファイアー
バミューダ
"リトル☆ギャラクシー"の旭志織&大石真翔が愛用している合体殺法の1つ。まず相手の両腕を掴んだ旭がサボテンの花の要領で相手の腹部に両足の裏を押しつけ、旭の右サイドに移動した大石が前屈みになった相手の首の後ろに左腕を回す。そのあと相手の頭を旭の右手の方に向けるように大石が体を移動させ、大石が抱えた相手の頭部をDDTの形でマットに突き刺す。絶対的なフィニッシングホールドであるサボテンの花と仕掛け方が似ているため、相手の心理を撹乱する効果も持ち合わせている。
バミューダトライアングル
DRAGON GATEのドラゴン・キッドが得意とする三角跳び式ケブラーダ。助走をつけてコーナー左隣のセカンドロープに両足で跳び乗り、ロープを蹴ったあとムーンサルトプレスの要領で体を回転させる。そしてそのままコーナー右隣にあるトップロープの上を背面跳びのように飛び越え、場外にいる相手にムーンサルトアタックの形で体当たりする。
煌彩
ZERO1に登場したY2P-160Kgが使っていたコーナーセカンドロープからのダイビングボディープレス。名前は煌彩と書いて"ハムサンド"と読み、トップロープから技を放つと軽井沢に名前が変化する。
ハムロール
アイスリボンの星ハム子が使っている得意技の1つ。尻餅をついた相手の正面にあるロープに跳んで助走をつけ、体を錐揉み回転させながら倒れ込んでそのまま相手に体当たりをする。そのあと両肩がマットについた相手の胸の上に乗っかったところで体の回転を止め、もがく相手の左足を両手で抱え込んで3カウントを奪取する。
ハヤシ・ラナ
WRESTLE-1のカズ・ハヤシが使うミステリオ・ラナの名称。
ハヤティーナ2
ASUKA PROJECTなどで活動中のはやてが使っている複合サブミッション。相手の上半身をキャメルクラッチの要領で捕獲したあと両足を相手の頭の後ろへと持っていき、自分の両足を使ったフルネルソンを相手の肩に極める。そして相手の右サイドへ背中から倒れ込んだあと交差させた相手の両足を自分の左肩に担ぐような格好で抱え、体を揺さぶって相手の肩・腰・足などを複合的に痛めつける。
ハヤティーナ3
はやてが使う複合サブミッションの1つ。右手で掴んだ相手の右腕を背中の方に折り曲げながら相手の背後に回り込み、左手で掴んだ相手の左腕を相手の右腕の上に持っていって相手の両腕を交差させた状態で封じる。そのあと膝をつかせた相手の首に自由になった右腕をドラゴンスリーパーホールドの形で巻きつけ、相手の背中に右膝を押し当てながら体重を後ろにかけて相手の首や腰を痛めつける。
ハライェ
大阪プロレスのヨーネル・サンダースが使っているボディーアタック式のボマイェ。膝をついた相手に助走をつけて正面から近づき、右足を鋭角に振り上げながら相手に飛び掛かって相手の顔面に自分の腹部を叩きつける。
払い腰
柔道出身系のレスラーが得意としている投げ技。まず向かい合った相手の右腕を左手で掴み、相手の左脇に胸の方から差し込んだ右手を相手の首の後ろに回す。そのあと体を左方向に捻りながら掴んでいた右腕を引っ張り、その勢いで宙に浮いた相手の右足を自分の右足で払って相手の体を前方に巻き投げる。
腹固め
藤原喜明などが得意とする自分の足を活用した脇固め。まずうつ伏せになった相手の右サイドに移動して相手の右腕を自分の股の間に正面から挟み込み、自分の右足を相手の右腕の下に滑り込ませて相手の右腕を右足の間に挟み込む。そして相手の背中に覆い被さるように倒れ込んだあと相手の左腕を左手で押さえつけ、腹を支点にして下半身を持ち上げることで相手の右腕を関節と逆方向に反り上げる。
ハラキリ (1)
大阪プロレスや京都プロレスで活動していたコンドルのオリジナル殺法。まず相手の体をコーナーのサードロープの上に仰向けの状態で寝かせ、相手と軽く距離をとるように後退する。続いて切腹のポーズをとりながら"ハラキリ!"と絶叫し、助走をつけてコーナーのトップロープを両手で掴む。最後に体をジャンプさせたあと一旦セカンドロープに両足で着地し、間髪入れずに体を急降下させて相手の腹部に強烈なフットスタンプを叩き込む。
ハラキリ (2)
DRAGON GATE USAなどで活躍していたサムライ・デル・ソルが使うアサイDDTとほぼ同型の技。空中で両足を大きく開いてマットに尻餅をつく形で着地するのが特徴であり、WWEでカリストとして活動している現在はサリーダ・デル・ソルと呼び名を変えている。
ハラキリ (3)
ランニングフットスタンプ
ハラグロック
プロフェッショナルレスリング・ワラビーのミクロが使っているルベルロックの呼び名。
パラゲーサ
チャマコ・パラゲスが使っていたキン肉バスター系のムーブ。まずリングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を引っ掛ける。続いて相手の左脇に胸の方から頭を潜り込ませ、外腿の方から相手の右腿の裏に左手を、左腿の裏に右手を回す。最後に相手を上下逆さまの状態で肩の上に担ぎ上げ、正座の形でマットに倒れ込んだ衝撃で相手の首・腰・股関節などを複合的に痛めつける。
パラダイスゴーゴー
ミラクルエクスタシー
パラダイスロック
新日本プロレスのミラノコレクションA.T.がT2P時代からこだわりを持って使い続けたジャベ。ラ・ネブリナで固めた相手の背中に足の方を向いた状態で腰を下ろし、相手の左足首を両手で掴んで相手の手足を痛めつける。
原田ピストル
プロレスリング・ノアの原田大輔が使っているムーブ。まずリング中央付近で相手に膝をつかせ、自分は背後にあるコーナーまで後退して一旦距離をとる。そのあと十分な助走をつけて体をジャンプさせ、相手の顔面や胸板を豪快なドロップキックで蹴り飛ばす。
ハラペーニョポッパー
ECWやTNAで活躍したフリオ・ディネーロが使っていたMJディライトと同型の技。
バラモンの裁き
みちのくプロレスなどで活動中のバラモン・シュウが使っている、逆さ吊り式のゲットースタンプと同型の技。
パランカ・ア・オロンブス
花一輪
パランカ・アステカ
CMLLで活躍したアンヘル・アステカJr.使っているブラックマンスペシャルと同型の技。
バランカ・デル・ムエルト
九州プロレスなどで活躍中の磁雷矢が使っているラ・ネブリナの名称。
パランカ・トルナード
ラ・ミスティカ
バリアンテ・ハロチャ
CMLLのルーシュが使っているフェアリーロックと同型の技。
バリーホワイトドライバー
PWGなどで活動中のスーパードラゴンが愛用するデンジャラスムーブ。ゴリースペシャルの要領で背中に担ぎ上げた相手の首を両手で掴み、体を前傾させながら相手の体を前方に引っこ抜く。そのあと相手の体をまっ逆さまに落下させながら尻餅をつき、相手の体を自分の両足の間へ叩きつける。
ハリウッドスタープレス
インパクト・レスリングのロブ・ヴァン・ダムがECWの頃から愛用しているフィニッシングホールド。まずリングに背を向けてコーナーのトップロープを掴み、体をジャンプさせて両足を大きく開脚する。そのあとコーナーから伸びる2本のトップロープの上に両腿の裏を着地させて反動をつけ、体をムーンサルトプレスの要領で回転させて仰向けになった相手をプレスする。通称はスプレッドレッグムーンサルト
バリエンテドライバー
CMLLのバリエンテが愛用しているサイファーウタキと同型の技。
ヴァリオエンド
SPWFの超人勇者Gヴァリオンが使っていたナイトメア・オン・ヘルムズストリートの名称。
ヴァリオスプラッシュ
超人勇者Gヴァリオンが使っていた旋回式フロッグスプラッシュの名称。マントを付けて放つファイナルヴァリオスプラッシュは威力が5倍増しになる。
はりきりキック
アイスリボンのみなみ飛香が使っていた相手の胸板へのジャンピング式フロントハイキック。アイスリボンの先輩であり、引きこもりキャラとして活動していた真琴は無気力キックという名前でこれと同型の技を愛用していた。
ハリケーンキック
TNAで活躍したアメージング・レッドが得意とするスクリューハイキックと同型の技。小柄な体格ながら打点は非常に高く、コーナー最上段に座らせた相手の頭部へと叩き込むこともある。
ハリケーンクランチ
全日本プロレスの太陽ケアが愛用するオリジナルムーブ。まず相手の体をアトミックドロップの要領で肩の高さまで担ぎ上げ、自分の体だけを右方向へ180゜捻る。そのあと相手の胴体に左腕を引っ掛けて相手に体を浴びせかけるように倒れ込み、落下させた相手の後頭部や背中を豪快にマットへ叩きつける。
ハリケーンスパイク
太陽ケアが愛用している飛びつき式のスイングDDT。まず助走をつけて相手に正面から近づき、相手の頭を左脇に抱え込んで体を大きくジャンプさせる。そのあと相手の首を軸にして自分の体を右方向へ旋回させ、相手の頭部をDDTの形でマットへと突き刺す。
ハリケーンドライバー (1)
南条隼人がみちのくプロレス時代に開発したフィニッシングムーブ。相手の体をファイヤーマンズキャリーの要領で肩に担ぎたあと上半身を左方向に軽く捻り、体を元に戻す勢いで相手の体を右方向に90゜水平旋回させる。そして相手の下半身を右手で押し上げながらマットに尻餅をつき、上下逆さまの状態で落下させた相手の体を自分の両足の間に叩きつける。
ハリケーンドライバー (2)
大日本プロレスの佐々木義人が愛用しているキタオドリラーの名称。
ハリケーンプレス
南条隼人が使っていたスカイツイスタープレスと同型の技。
ハリケーンボム
佐々木義人が使うハリケーンドライバーの名称。
ハリケーンミキサー
WRESTLE-1の近藤修司が得意としているパワー殺法。助走をつけたあと相手の左膝の裏目掛けて右腕で低空のラリアットを叩き込み、その勢いで相手の体を宙に浮かせながら薙ぎ倒す。
ハリケーン・ラナ
アメリカで使われているティヘラ系の技の呼び名。相手の正面で体をジャンプさせて相手の首を両足で挟み込み、自分の体を大きく旋回させた勢いを利用して相手をホイップするタイプをこの名で呼ぶことが多い。
ハリケーンDDT
ROHなどで活躍していたジョン・ウォルターズが愛用する友情と同型の技。
ハリチョーク
グレゴリー・ヘルムズがWWEのハリケーンとして活動していた頃に使っていたチョークスラムの呼び名。相手の喉を右手で掴んだあと左手の親指を立ててサムズアップのポーズを決め、そこから技へと移行するのが特徴である。
磔獄門
みちのくプロレスで開催された"第3回覆面ワールドリーグ戦"に参戦したイホ・デ・アニバルの必殺技。フルネルソンに捕らえた相手の体を宙へと抱え上げ、相手の左足をつま先を自分の左腿の外側に、右足のつま先を右腿の外側にそれぞれ絡めさせて宙吊り状態になった相手の両肩や背中を痛めつける。メキシコではクリストといえばこの技を指すことが多い。
張り手
手の平で相手の頬や胸を叩く基本的な打撃技。終盤、意地の張り合いからこの技の応酬が良く見られる。
バリバリクラッチ
LLPWの紅夜叉が使っていたカウンター式の丸め込み技。パワーボム系のムーブを仕掛けられそうになったときに尻餅をつくようにマットに倒れ込み、その勢いで前方に転がった相手の両肩をマットにつけて瞬時にフォールを奪う。
バルーンサルト
DDTマットに登場した男性巨乳レスラー、アメリカンバルーンのフィニッシングムーブ。形はムーンサルトプレスと同型。
バルーンサルト360
アメリカンバルーンが使っていたスカイツイスタープレスの名称。
ハルカゼ
アイスリボンのつくしが使っている丸め込み技。目の前にあるトップロープを両手で掴んで体をジャンプさせ、セカンドロープを踏み台にして両足を後ろへ跳ね上げる。そのあと背後にいた相手の胴体を両足で挟み込んでロープから腕を離し、体を軽く旋回させながら相手をカサドーラの要領で丸め込む。相手にロープに振られた際にカウンターで決めることが多い。
ハルカゼ空
つくしが使っているコーナーからの飛びつき式カサドーラ。まずリングの方を向いたままコーナーのセカンドロープによじ登り、コーナーの方を向いて立っている相手に向かってジャンプする。そのあと空中で体を180゜捻って相手に背中を向ける格好になり、そのまま相手の胴体を両足で挟み込む格好で相手に飛びつく。最後に相手の胴を両足で挟んだまま自分の体を旋回させて相手の右腿を右手で、左腿を左手でそれぞれ掴み、バランスを崩して前方に転がった相手の体を押さえ込み3カウントを奪う。名前に使われている"空"はつくしの弟の名前に由来している。
バルキリースプラッシュ
OZアカデミーなどで活動中のKAORUが愛用しているエアリアルムーブ。コーナー最上段からムーンサルトプレスの要領で跳躍したあと体を右方向に180゜錐揉み回転させ、仰向けになった相手の上にセントーンの形で落下する。
春倉スーパーギロチン
JWP女子プロレスの春山香代子と倉垣翼が使っているコンビネーション。コーナー最上段に腰をかけた倉垣の肩の上に春山が雑技団式ヘッドバットの要領でよじ登り、倉垣の肩の上から飛び降りた春山が落差のあるダイビングギロチンドロップを相手に叩き込む。
バルス (1)
"リトル☆ギャラクシー"の旭志織&大石真翔が使っている合体殺法。まず相手の右腕を大石が、左腕を旭がそれぞれ掴んで相手をコーナーへとハンマースルーし、大石が"シータ!"、旭が"パズー!"と絶叫したあと手を繋ぎ合わせてコーナーに寄りかかった相手に2人がかりで体当たりする。続いてふらついた相手の体を旭がサボテンの花の要領で蹴り上げて相手をコーナー最上段へと座らせ、相手の右側にあるセカンドロープに大石が飛び乗るのを見計らった旭が寝転んだまま両足を持ち上げる。最後に大石が相手の後頭部を右手で押さえつけながらリングへ飛び降り、コーナーから落下させた相手の顔面を待ち構えていた旭の両足の裏へと叩きつける。名前は"天空の城ラピュタ"に登場する滅びの言葉に由来。
バルス (2)
北都プロレスなどで活動中の木藤拓也が使っているレフトフューチャーブラストと同型の技。
バルデラス
DRAGON GATEのEitaが使う変形のアルゼンチンバックブリーカー。まず右手で掴んだ相手の左腕を相手の背中でハンマーロックに固め、背中の方から相手の右脇に左腕を差し込む。そのあと固めた左腕を左手で掴み直して右手を自由にし、相手の背中に自分の頭を潜り込ませる。最後に相手を仰向けの状態で両肩の上に担ぎ上げながらマットに右膝をつき、相手の左腿のあたりに右手を添えて相手の背骨や肩を痛めつける。
ハルパクランチ
ROHやFIPで活躍していたサル・リナウロのフェイバリットホールド。まず前屈みになった相手の側で体を大きくジャンプさせ、相手の背中を両足で勢いよく踏みつける。そして背中を踏み台にして再び体をジャンプさせたあと相手の首の後ろに右足を引っ掛け、相手の顔面をフェイマサーの形でマットに叩きつける。
ハルヒーアタック
プロレスリングWAVEの春日萌花が使っているジャンピング式のコーナースプラッシュ
パルプフリクション
新日本プロレスのジュース・ロビンソンが使うアンプリティアと同型の技。
ハルマゲドン
みちのくプロレスで結成された"海援隊★DX"が使っていた連携殺法。仰向けに倒れた相手に獅龍がコーナー最上段からのダイビングボディープレスを叩き込み、続けざまにテイオーがダイビングエルボードロップを投下する。そして最後に東郷がダイビングセントーンで相手を圧殺し、そのまま相手からフォールを奪う。
春夜恋
DDTプロレスリングのチェリーが使っている丸め込み技。スインギングクルシフィックスの要領で相手の体を丸め込み、エビ固め風に丸まった相手の両足を両手で抱え込んでフォールを奪う。OSAKA女子プロレスで弁天娘。に変身すると技の呼び名が銭ヨコイに変化する。
バレットポイント
アレックス・シェリー&クリス・セイビンのタッグチーム、"モーターシティ・マシンガンズ"のコンビネーション。まず相手をツリー・オブ・ウォウの状態にし、シェリーとセイビンが対角線上にある反対側のコーナーへと移動する。そのあと助走をつけたシェリーが相手の顔面をベースボールスライドで蹴り飛ばし、続けざまにセイビンが相手にヘジテーション・ドロップキックを叩き込む。
晴れ時々大五郎
KAIENTAI-DOJOの柏大五郎がかつて得意にしていた奇天烈なムーブ。掴んだ相手の片腕を捻りながらサードロープに登り、リングに向かってジャンプしたあと相手の頭にヘッドバットを叩き込む。そのあと同様の手順でセカンド、トップロープへ順々に登り、同じ様に相手の頭にヘッドバットを見舞っていく。
ハレルヤ
DRAGON GATEのドラゴン・キッドがかつて愛用していたジャべ。相手の体の周りをデジャヴの要領で回転して相手の正面に回り込み、相手の胴体を両足で挟み込んで体の回転を止める。そのあと相手の上半身をリバースフルネルソンに捕らえ、相手の体にしがみついたまま相手の首や肩を痛めつける。
ばれろん
パロキシズム
WWEのセス・ローリンズがROHなどでタイラー・ブラックとして活動した頃に使っていた旋回式の垂直落下式リバースDDT。垂直落下式リバースDDTの要領で抱え上げた相手の背中を右腕で抱え込み、自分の体を左方向に旋回させながら倒れ込んで相手の後頭部をマットへ痛打させる。
パロスペシャル
ジャッキー・パロが使っていたオリジナルのサブミッション。相手の背後に回り込んだあと体を捻って相手と背中合わせの状態になり、体をジャンプさせて前屈みになった相手の背中に跨るように着地する。そして相手の右足の内側に左足のつま先を、左足の内側に右足のつま先を引っ掛けながら相手の右腕を左手で、左腕を右手でそれぞれ掴み、掴んだ両腕を関節と逆方向に反り上げて相手の肩や腰を痛めつける。
バロンスプラッシュ
ZERO1のテングバロンが使っていたダイビングボディープレスの名称。
パワー・オブ・パンチ
WWEのウィリアム・リーガルが愛用する姑息な必殺技。サポーターやタイツの中に隠したブラスナックルで相手を殴り飛ばすという至極簡単な反則技であり、日本のファン間では神の拳などと呼ばれている。
パワージャック
小橋建太が全日本プロレス時代から愛用しているムーブ。相手をパワーボムでマットに叩きつけたあと自分の体を前方にブリッジさせ、ジャックナイフホールドの形で相手を押さえ込んでフォールを奪う。
パワースラム
アルビン・スミスが開発し、現在では数多くの選手が愛用しているパワームーブ。走ってきた相手の右肩に左手を、股の間に右手をそれぞれ正面から回し、抱えた相手の体を軽く宙に持ち上げる。そのあと自分の体を左方向へ180゜捻って相手の体を巻き投げ、相手に体を浴びせかけるように倒れ込んで相手を背中からマットへ叩きつける。
パワーズロック
足8の字固め
パワーダンク
WWEで活躍したジョン・ハイデンライクが使っていたフラッシュブリーカーと同型の技。
パワードライバー
全日本女子プロレスのみなみ鈴香が使っていたパワーフォールと同型の技。
パワードライブエルボー
インパクト・レスリングのオースチン・エリーズが愛用するフェイバリットムーブ。相手を仰向けに倒したあと上半身を左右に捻って勢いをつけ、体を横方向に錐揉み回転させながらマットに倒れこんで相手にエルボードロップを叩き込む。
パワートリップ
ROHやOVWで活躍していたタンク・トーランドのフェイバリットホールド。ミリタリープレスの要領でリフトアップした相手の体から左手を離し、右腕一本で相手を支えた状態になる。そして己の力を鼓舞したあと相手の体を前方へと投げ捨て、相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
パワードロップ
AAAのコナンが使っているナイアガラドライバーと同型の技。
パワーブースター
パワプロブースター
パワーフォール
JWP女子プロレスなどで活躍したデビル雅美が使っていたジャンピングパワーボムの元祖とも呼ばれている技。前屈みになった相手の頭を自分の股の間に挟み込み、相手の股の間に正面から両腕を差し込んで相手の右腿を左手で、左腿を右手でそれぞれ抱え込む。そのあと相手をパワーボムの要領で肩の高さまで担ぎ上げて尻餅をつき、前方に落下させた相手の背中を自分の両足の間へ叩きつけてそのままフォールを奪う。
パワープラント
WRESTLE-1のカズ・ハヤシが丸藤正道との世界ジュニアヘビー級選手権で公開したリストクラッチ式のWA4。まず向かい合った相手の左脇に頭を潜り込ませ、右手で掴んだ相手の左腕を相手の左腿の外側へと持っていく。続いて相手の股の間に正面から差し込んだ左手で相手の左腕を掴み、相手の腹部を左肩に乗せた状態で上半身を起こす。最後に左首筋の方から相手の首の後ろに右腕を回して頭を抱え込み、そのまま尻餅をつくことで相手の頭部を強かにマットへ打ちつける。
パワーブリーカー
ROHなどで活動中のロデリック・ストロングが使うバックブリーカー系ムーブの1つ。相手をパワーボムの要領で担ぎ上げたあとマットに左膝をつき、落下させた相手の背中を立てた右腿の上に叩きつける。
パワープレート
全日本プロレスで活躍したジョニー・スミスが愛用していたナイアガラドライバーと同型の技。
パワープレックス
TNAで結成されたクリストファー・ダニエルズ、エリックス・スキッパー、ロウ・キーのユニット、"トリプルX"が使っていたパワーボムとネックブリーカードロップのコンビネーション。まず1人の選手がブレーンバスターの要領で相手の体を抱え上げ、ブレーンバスターを仕掛ける選手の背後にもう1人の選手が移動する。続いて落下してきた相手の両足を背後に陣取った選手がキャッチし、相手の右足を左肩の上に、左足を右肩の上にそれぞれ着地させる。最後に相手の首を抱えている選手が背中からマットに倒れ込み、それと同時に足を抱えた選手が体を前傾させて相手の後頭部や背中をマットへと叩きつける。
パワーボム
テリー・ゴディや天龍源一郎がその存在を世に知らしめ、日本マット界に旋風を巻き起こすこととなった破壊力抜群の必殺技。まず前屈みになった相手の頭を自分の股の間に正面から挟み込み、相手の右半身に左腕を、左半身に右腕をそれぞれ回して相手の胴体を抱えるように両手をクラッチする。続いて背中を大きく反らせた反動で相手の体を仰向けにひっくり返すように持ち上げ、相手の体を肩の高さまで一気にリフトアップする。最後に両膝を軽く折り曲げながら体を前傾させ、落下させた相手の背中を豪快にマットへ叩きつけてそのまま相手を押さえ込む。ゴディのパワーボムを受けた天龍がその威力に驚嘆し、ゴディのパワーボムに相撲の股割りの要素をミックスしてこのパワーボムの形を完成させたと言われている。
パワーライザー
CZWのザンディグが愛用していたリフトアップ式スタナー。ミリタリープレスの要領で持ち上げた相手の腹部から右手を離して尻餅をつき、落下してきた相手の喉をスタナーの要領で自分の左肩に打ちつける。
ハワイアンスマッシャー
全日本プロレスの太陽ケアが愛用しているフィニッシャー。まずファイヤーマンズキャリーの要領で相手を両肩の上に担ぎ上げ、自分の上半身を左方向へと軽く捻りながら相手の足を掴んでいた左手を離す。そしてその勢いで右方向へ90゜旋回する相手の首を両手でキャッチし、相手の体をダイヤモンドカッターの形でマットへと叩きつける。かつてはハワイアンクラッシャーと表記されることも多かったが、ケア自身によればこの名前は誤りであるとのこと。
パワハラ
大阪プロレスなどで活動中のユタカが使っているフィニッシングホールド。まずファイヤーマンズキャリーの要領で相手を両肩の上に担ぎ上げ、相手を左方向に90゜旋回させて相手の両足を自分の正面へ持ってくる。そのあと相手の右腿を左手で、左腿を右手で抱え直して尻餅をつくように腰を落とし、前方に落下させた相手の背中を自分の両足の間へと叩きつける。
パワプロブースター
全日本プロレスの征矢学が使っている足抱え式バックドロップ。相手の右脇に背中の方から頭を潜り込ませたあと相手の腰に左腕を回し、相手の右足首を右手で掴んで相手の右足を折り畳む。そのあと折り畳んだ相手の右足を抱えるように自分の両手をクラッチし、体をブリッジさせて相手を後方へと反り投げる。名前の由来は武藤塾協賛のグリコが販売しているスポーツサプリメント"パワープロダクション"であり、現在はパワーブースターと呼び名を変えている。
バン・ア・ラン
ROHで活躍中のダルトン・キャッスルが使っているフィニッシャー。まずこうもり吊りの要領で相手を逆さ吊りに担ぎ上げ、相手を担いだまま自分の体を左方向にぐるりと1回転させる。そして体を回転させた勢いを利用して相手の体を左方向に180゜旋回させ、背中に担いでいた相手の体を正面へと持ってくる。最後に相手の体が正面にやってきたところで自分は尻餅をつくように腰を落とし、うつ伏せの状態で落下させた相手の体を自分の両足の間に叩きつける。
バンカーバスター
新日本プロレスのYOSHI-HASHIが使っている独特のネックブリーカードロップ。ブレーンバスターの要領で相手の体を垂直に抱え上げたあと自分は後ろに倒れ込まず、左手で抱えた首を支点にして相手の体を自分の背中の方へと落下させる。そして相手の両足が自分の背後に着地したことろで右手を横に広げてポーズを決め、背中合わせになった相手の首を抱えた左手を離しながら自分の体だけを左方向に360゜回転させる。最後に相手の首の後ろに右手を引っ掛け直して背中からマットへと倒れ込み、その勢いで後ろに引き倒した相手の後頭部をマットへ叩きつける。ブリティッシュフォールの要領で相手の両足をマットに着地させ、そこから自分の体だけを180゜捻って技を決めるなどバリエーションも豊富である。
ハンガー18
インパクト・レスリングのガンナーが使っているF-5の名称。
ハンガリー
NEO女子プロレスの田村欣子が使っていた腕極め式のノーザンライトボム。まず向かい合った相手の左腕を左手で掴んで腕を相手の背中の方へと持って行き、相手の股の間に正面から差し込んだ右手で相手の左手首を掴み直す。そのあと自由になった左腕を相手の首の後ろに回して相手の体を上下逆さまにするように抱え上げ、左半身から倒れ込んで相手の体をマットへと打ちつける。
バン・キュッ・パン
東京女子プロレスのミウラアカネが使っているホーンズ・オブ・エイリースと同型の技。
ハンギングドラゴン
ロウ・キーが使っているオリジナルサブミッション。まず相手と自分の体をスパイダージャーマンの要領でセッティングし、コーナー上で相手の首をドラゴンスリーパーに捕らえる。そのあと相手を抱えたまま体を後ろに反らせ、逆さ吊りになりながら相手の首を締め上げる。
バンクーバー・マニューバー
SHIMMERなどで活動中のニコル・マシューズが使っているロール・ザ・ダイスと同型の技。
ハングオーバー
SHIMMERなどで活動していた中川ともか&ケリー・スケーターのタッグチーム、"3G"の合体殺法。膝をついた相手の胸板目掛けてケリーがミドルキックを叩き込み、それと同時に中川が低空の延髄斬りを見舞って相手の体を2人の足でサンドイッチにする。
バンク・ステイトメント
WWEのサーシャ・バンクスが使っている必殺技。相手にラングブロアーを決めたあと相手もろとも後ろに転がり、うつ伏せになった相手の上半身をジャストフェイスロックの要領で締め上げる。
ハングタイム (1)
WWEのR・トゥルースことロン・キリングスが愛用するファイヤーバードスプラッシュの名称。
ハングタイム (2)
インパクト・レスリングのマット・モーガンがWWEで使っていた豪快なシットダウンパワーボム
パンクハンドルパイルドライバー
WWEのCMパンクがインディーマットで愛用していたエゴイストドライバーと同型の技。
ハングマンズクラッチ
クリス・ヒーローがフィニッシュに使っているサブミッション。相手の下半身をSTFの要領で固め、相手と背中合わせになるように自分の体を軽く捻る。そのあと相手の首をクラバットに捕らえ、相手の背中や首を痛めつけてタップを奪う。
ハングマンズクラッチ2
クリス・ヒーローが使う変形のクリップラークロスフェイス。うつ伏せになった相手の左サイドに腰を下ろして相手の左腕を両足で挟み込み、相手と背中合わせになるように自分の体を軽く捻る。そのあと相手の首をクラバットに捕らえ、相手の背中や首を痛めつけて相手をギブアップに追い込む。
ハングマンズヌース (1)
インパクト・レスリングのジェームズ・ストームが愛用するスイングリバースDDTの名称。
ハングマンズヌース (2)
ドク・ギャローズが使うネックハンギングボムと同型の技。
ハングマンズネックブリーカー
ショルダーネックブリーカー
ハングマンズホールド
WWFやAWAで活躍したブッチャー・バションが愛用していた拷問サブミッション。まず相手と背中合わせになるように体を捻り、背中の方に回した両腕で相手の首を鷲掴みにする。そのあと体を前傾させることで相手の両足を宙に浮き上がらせ、そのまま相手の首を締め上げてタップを奪う。
バンクラプト
WWEのサーシャ・バンクスが使うXブレイカーと同型の技。
バンクラプトゥシー
キッド・キャッシュが使っているパラゲーサの名称。
ハングリークラッシャー
ビタワンバスター
バンクロール
キッド・キャッシュが得意とするフィッシャーマン式バックブリーカー。フィッシャーマンバスターの要領で相手を垂直に持ち上げたあとマットに右膝をつき、落下させた相手の後頭部や背中を立てた左腿の上に叩きつける。
半月
DRAGON GATEで活動中のKAGETORAが使っている打撃技。相手の体を前屈みにさせたあとロープに跳んで助走をつけ、オーバーヘッドキックの要領で振り抜いた右足の甲で相手の顔面を下から蹴り上げる。最近は助走をつけず、その場で足を振り上げる感じで技を繰り出すことが多い。
パンサーボム
LLPWの風間ルミが使っていたマッチョバディボムの名称。
万歳三唱
みちのくプロレスの大柳錦也が闘龍門時代に得意としていた成功率の低いプレス技。リングの方を向きながらコーナーのサードロープに登り、万歳三唱をしたあと仰向けになった相手にダイビングボディープレスを叩き込む。そのあとセカンドロープ、トップロープへ順々に登り、相手の体を同様の手順でプレスしていく。
バンザイドロップ
WWFで活躍したヨコズナのフィニッシングムーブ。仰向けになった相手をコーナー近くに引きずり、リングに背を向けながらコーナーのトップロープを両手で掴む。そしてセカンドロープによじ登って反動をつけたあと後ろに飛び退くように体をジャンプさせ、全体重を乗せたヒップドロップで相手を圧殺する。
バンザイプレス
ハッスルの\(^o^)/チエが使っていたフィニッシングホールド。相手をコーナー近くで仰向けに倒したあと自分は対角線上にある反対側のコーナーまで後退し、一旦相手と距離をとって助走をつける。続いて倒れている相手の体を踏み台にして高く飛び上がり、リングに背を向けた状態でコーナーのセカンドロープに着地する。最後に両手でトップロープを掴んで後ろに飛び退くように体をジャンプさせ、相手をリバーススプラッシュで豪快にプレスしてフォールを奪う。
\(^o^)/ヘッドバット
KUSHIDA&\(^o^)/チエがハッスルで見せたコンビネーション。まずリングの方を向いたままコーナーのセカンドロープによじ登ったチエがコーナー最上段に腰をかけ、KUSHIDAはチエが登ったコーナーから伸びるセカンドロープに両足で飛び乗る。そのあとKUSHIDAがコーナー上のチエの頭を掴んでリングへとジャンプし、コーナーから引きずり落とされる格好となったチエが仰向けになった相手にダイビングヘッドバットを叩き込む。
ハンサムエルボー
KAIENTAI-DOJOの"ザ・ハンサム"JOEが愛用していたオリジナルホールド。相手をマット倒したあとロープに跳んで助走をつけ、相手の側に戻って来たところで一旦停止する。そして両手で髪を掻きあげたあと笑顔で左右を見回し、両手を払ったあと相手の胸板へエルボードロップを投下する。
ハンサムロック
JOEが愛用していたフルネルソン式のコブラツイスト。まず相手の上半身を背後からフルネルソンで捕獲し、相手の左足の内側に自分の左足を正面から引っ掛ける。そのあと顔に満面の笑顔を浮かべながら体重をあずけ、相手の肩や脇腹を絞り上げてタップを奪う。
バンジージャンプ
元・光GENJIの山本淳一がプロレスデビュー戦で見せたスタンディングムーンサルトの呼び名。
バンジーフットスティック
吉本女子プロレスJd'で活躍した小杉夕子がジャガー横田と共に開発したフィニッシングホールド。まずコーナー最上段へ登って自分の方を向いている相手に向かってジャンプし、相手の頭の後ろに両手を回しながら両足の裏を相手の腹部のあたりへ叩きつける。そしてそのまま体重をあずけることで相手の体を後ろへ転倒させ、背中からマットに倒れこんだ相手の腹部をフットスタンプの形で踏みつける。
パンジャブ・プランジ
カリ・ボム
阪神タイガースープレックス
DRAGON GATEの新井健一郎がメキシコ修行後に披露したタイガースープレックスホールドの名称。
ヴァンターミネーター
インパクト・レスリングのロブ・ヴァン・ダムがECW時代から愛用する空中殺法。コーナーの下で座り込んだ相手の顔の上に折り畳んだパイプ椅子を乗せ、自分は反対側のコーナーのエプロンに移動してトップロープを掴む。そしてトップロープに両足で飛び乗ったあと反動を使って大きくジャンプし、相手の顔面をリング横断式のミサイルキックで椅子ごと蹴り飛ばす。
ヴァンダーミネーター
ロブ・ヴァン・ダムが愛用する打撃技。まず相手の顔目掛けて折り畳んだパイプ椅子を放り投げ、相手にその椅子を両手でキャッチさせる。そのあと相手が掴んだ椅子目掛けてローリングソバットを叩き込み、その衝撃で弾き飛ばした椅子を相手の顔面へ叩きつける。
パンダカーアタック
ハナヤシキプロレスリングのパンダカー・ロボが愛用しているムーブ。四つん這いの状態で台車に乗っかったあとマットを足蹴にしたり自分の背中をパートナーに押してもらったりして加速をつけ、台車がリングの上を滑った勢いのまま対戦相手にボディーアタックを叩き込む。
パンダカースプラッシュ
パンダカー・ロボが使っているボディープレス系ムーブの総称。
パンダ固め
WRESTLE-1のアンディ・ウーが使うデヴィットエンド2と同型の技。
半田潰し
チームでらの高井憲吾がマンモス半田を相手に披露したアナコンダバイスの呼び名。
パンツドライバー
男色ドライバー
パンティ・ドロッパー
CZWなどに登場していた"ザ・スパイラル"BKNYが使う雪崩式のムーンサルト・スタイルズクラッシュ。まずリングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、自分もリングに背を向けた状態で相手を乗せたコーナーのトップロープに登る。そのあとコーナー上で相手の体をパイルドライバーに捕らえ、背中の方から上下逆さまになった相手の右脇に左足を、左脇に右足をそれぞれ差し込む。最後に相手を抱えたまま体をムーンサルトプレスの要領で回転させ、宙を舞わせた相手をうつ伏せの状態でマットへ叩きつける。
パントキック
WWEのランディ・オートンが得意とする危険度の高い打撃技。相手を倒したあとコーナーまで一旦後退して距離をとり、相手が体を起こそうとするのを待ち構える。そのあと四つん這いになった相手に助走をつけて近づき、振り上げた右足の甲で相手の顔面を強烈に蹴り上げる。
ハンドスタンドシザーズ・イン・コーナー
プロレスリング・ノアなどで活躍したマイケル・モデストが使っていたストラタスフィアと同型の技。
ハンドスプリングエルボー
TAJIRIが愛用している華麗な打撃技。相手にロープに振られた時にロープ際で倒立し、自分の両腿の裏をロープに接触させて反動をつける。そのあと下半身を前へと倒して両足をマットに着地させ、続けざまに上半身を起こして相手に背中を向けた状態で立ち上がる。最後に後ろに飛び退くように体をジャンプさせながら右腕を折り畳み、背後に迫っていた相手の顔面に右腕でバックハンドエルボーを叩き込む。
ハンドルハンマー
ハナヤシキプロレスリングのパンダカー・ロボが使っている凶器攻撃。自分の背中に付いているハンドルをもぎ取り、そのハンドルで相手の頭を強かに殴打する。
バンパイアシザーズ
DRAGON GATEのK-ness.がMAKOTOとして活動してた頃に愛用していた空中殺法。リングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせて自分は両手でトップロープを掴み、場外の方を向いたままトップロープの上に両足で飛び乗る。そのあと体を翻すようにジャンプしてコーナーに座った相手の肩に肩車の形で飛びつき、相手の体をアストロシザーズのような感じでリングへ投げ捨てる。
バンパイアスペシャル
DDTプロレスリングのスペル・バンパイアが使っていたリバースブレーンバスターの名称。
棒棒鶏
STYLE-Eで活躍中の趙雲"骨"子龍が使っているリンガルスと同型の技。
バンピーロスパイク
ネイル・イン・ザ・カフィン
バンビキラー・スイングネックブリーカードロップ
全日本プロレスやZERO1で活躍していたバンビキラーの必殺技。形はコークスクリューネックブリーカーと同型。
バンビデスショット
バンビキラーが使っているインプラントと同型の技。別名キラーボトムとも呼ばれる。
パンピングボンバー
DRAGON GATEの鷹木信悟が愛用するフィニッシングムーブの1つ。パンプアップされた上腕二頭筋から繰り出される豪快なラリアットである。
パンプアップセカンド
マッチョ☆パンプが使うトライアングルスコーピオンの名称。足を極めたあと両腕で力こぶを作って見得を切る。
バンブードラゴンフライ
プロレスリング・ノアのYO-HEYが使っている2回転式の錐揉みダイビングボディープレス。相手を仰向けに倒したあとコーナー最上段に登ってリングの方を向き、上半身を右方向へ軽く捻って反動をつける。そのあと上半身を元に戻しながらジャンプして空中で体を左方向に720゜錐揉み回転させ、倒れている相手の体をボディープレスしてフォールを奪う。
パンプハンドルスラム
アメリカの長身レスラーが得意とするパワームーブ。まず向かい合った相手の左腕を左手で掴み、掴んだ腕を相手の股の前へと持っていく。続いて相手の股の間に腿の裏の方から差し込んだ右手で相手の左手首を掴み直し、自由になった左腕を相手の右脇に背中の方から差し込んで腕を相手の首の後ろに回す。最後に上下逆さまにひっくり返すように持ち上げた相手を右肩にうつ伏せの状態で着地させ、オクラホマスタンピードの形で相手を背中からマットに叩きつける。
ハンマースロー式パワーボム
スターダムのジャングル叫女が使っている俵返しからの旋回式パワーボム。まずうつ伏せになった相手の右サイドへと移動して相手の右脇腹に左手を、左脇腹に右手をそれぞれ回し、両手を相手のへその辺りで繋ぎ合わせて相手の体を軽く抱え上げる。そのあと空中で上下逆さまの状態になった相手の右腿を左手で、左腿を右手でそれぞれ抱え直し、相手を抱えたままその場でぐるぐると体を回転させる。最後にある程度の回数回ったところで両膝をつくように腰を落とし、落下させた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
ハンマータイム
WPFのチャールズ・エヴァンスが使っているキン肉バスターと同型の技。
ハンマーライン
FMWで活躍したグラジエーターことマイク・オーサムが使っていたクローズラインの名称。
ハンマーロック
試合序盤の腕の取り合いの時に良く使われる古典的なサブミッション。まず向かい合った相手の左手首を両手で掴んで腕を捻り上げ、相手の左横を通り抜けて相手の背後へと体を回り込ませる。そのあと掴んだ腕を手首が上を向くような感じで直角に折り曲げ、相手の左肩の関節に痛みを走らせる。