.
ベアーズスレーブ
大阪プロレスの三原一晃が使う変形ゴリラクラッチの呼び名。
ヘアーホイップ
相手の髪を両手で鷲掴みにし、自分の体を回転させた勢いで相手を投げ飛ばすムーブ。男子選手ではあまり使い手がおらず、専ら女子選手が愛用している。
ベアハッグ
パワータイプのレスラーが使っている拷問サブミッション。まず向かい合った相手の左脇に頭を潜り込ませ、相手の腰に両腕を回して相手の背中で両手をロックする。そして相手の体を軽く宙に抱え上げたあと両腕に力を込め、相手の肋骨や背骨を圧迫してタップを奪う。
ベアハッグ&フライングバイセップスエクスプロージョン
全日本プロレスなどで活躍中のゼウス&ボディガーのタッグチーム、"ザ・ビッグガンズ"が使っているコンビネーション。コーナーに背を向けたボディガーが相手の体をベアハッグに捕らえ、ボディガーの背後にあるコーナーに向かってゼウスが走り出す。そのあとコーナー最上段に飛び乗ったゼウスが体をリングの方に翻すようにジャンプし、ボディガーが抱えた相手の喉元へ豪快なダイビングラリアットを叩き込む。
ペイウィンドウ
マネー・イン・ザ・バンク
ペイオフ
WWEのボビー・ルードが使うフィッシャーマンズスープレックスホールドの名称。
ベイクラッシュ
NEO女子プロレスなどで活躍した江本敦子が使っていたジャックハマーの名称。
ペイジターナー
WWEで活動中のペイジが使っているライトニングスパイラルと同型の技。
平日メーカー
大阪プロレスに登場したキャリア30年を誇るネパール出身レスラー、平日マスクが披露したレインメーカーと同型の技。この名前は平日マスクの口から伝えられたものであるが、公式の試合結果では平日ラリアットと表記されている。
ベイダーアタック
新日本プロレスなどで活躍したベイダーがカウンター式に見舞っていたボディーアタックの名称。体をぶつける際に伸ばした両腕を内側に振り抜き、相手の頭部を両腕でサンドイッチにするのが特徴。
ペイダート (1)
WWEやROHで活躍したジェイミー・ノーブルが愛用していたサブミッション。相手の頭部をDDTでマットに叩きつけ、そのままグラウンドフロントネックロックに移行する。
ペイダート (2)
ROHなどで活動中のシェルトン・ベンジャミンが愛用する飛びつき式のコンプリートショット。まず向かい合った相手に助走をつけて近づき、相手の左首筋に右腕を回して相手の首を抱え込む。そのあと相手の右肩に左手を添えながら体をジャンプさせて背中からマットに倒れ込み、その勢いで前のめりに倒れ込ませた相手の顔や胸をマットへ叩きつける。
ベイダーハンマー
ベイダーが使う相手を失神させる程の威力を誇る打撃技。振り抜いた右腕の内側で相手の左側頭部を殴打し、間髪入れずに振り抜いた左腕の内側で相手の右側頭部を殴り飛ばす。
ヘイターブレイカー
ROHやJAPWなどで活躍したスリック・ワグナー・ブラウンが愛用していたブリッツェンと同型の技。
ベイダーボム
ベイダーが使っているリバーススプラッシュの名称。
ペイド・イン・フル
CZWなどで活動していたK・マーダ&K・プーシャのタッグチーム、"オールマネー・イズ・リガール"のコンビネーション。まずマーダが相手の体をゴリースペシャルの体勢に捕らえ、マーダが背負った相手の首をプーシャがリバースDDTの要領で右脇に抱え込む。そのあと呼吸を合わせた2人が体を180゜錐揉み回転させ、その勢いでうつぶせにひっくり返った相手の体をプーシャがダイヤモンドカッターの形でマットに打ちつける。
ヘイトクライム
CZWで活躍中のラッカスが使っているファルコンアローの呼び名。足場にした2つのパイプ椅子の上に両足を乗せ、それから相手を抱え上げて技を放つことが多い。
ヘイトボトム
ヒライボトム
ヘイニードロップ
DRAGON GATE USAなどで活動中のピンキー・サンチェスが使っている得意技の1つ。相手の体をツリー・オブ・ウォウの要領で逆さ吊りにしたあと相手が吊られたコーナーの最上段へ歩を進め、体を起こそうとする相手の胸板目掛けてダイビング式のヒップドロップを叩き込む。
ベイビーエースクラッシャー
CHIKARAやDRAGON GATE USAで活躍中のジョニー・ガルガーノが使っている低空式のエースクラッシャー。膝をついた相手に助走をつけて近づき、相手の首を両手でキャッチしてエースクラッシャーを叩き込む。
ベイブリッジ (1)
大日本プロレスで結成されたジ・ウィンガー、葛西純、BADBOY非道のユニット、"赤まむし"がかつて愛用していた連携殺法。非道の両サイドにウィンガー、葛西がついて組体操の扇の形をとり、そのまま3人が前方に倒れ込んで仰向けになった相手の股間に非道がヘッドドロップを叩き込む。
ベイブリッジ (2)
モーモーバスター
ペイルジャスティス
ケルティッククロス
ヘイル・トゥー・ザ・キング
ROHなどで活動中のジェイ・リーサルが使っているダイビングエルボードロップの呼び名。
ヘイロー
WWEやTNAで活躍したシャノン・ムーアが使うウィスパー・イン・ザ・ウィンドと同型の技。
ペインキラー (1)
TNAで活躍中のマーク・ハスキンスが使っているフィニッシングホールド。相手の右脇に背中の方から差し込んだ右腕を相手の首の後ろに、左腕を相手の右腿の裏にそれぞれ回して相手の体を軽く宙に抱え上げ、落下してきた相手の顔面に右足で突き上げるような膝蹴りを叩き込む。
ペインキラー (2)
ワーミーバー
ペインスリラー
CZWで活躍したジャスティス・ペインが愛用していた変形のアングルスラム。まず向かい合った相手に背中を向けるように体を捻って相手の右腕を右脇に抱え込み、外腿の方から相手の右腿の裏に左腕を回す。そのあと相手の体を宙に抱え上げて右半身からマットに倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の体を自分の右サイドへと叩きつける。
ベースボールスライド
スライディングキック
へし切
政宗が使っているアシッドドロップの名称。
ヘジテーション・ドロップキック
TNAで活躍中のクリス・セイビンが使っているフェイバリットホールド。まず相手をツリー・オブ・ウォウの状態にし、自分は対角線上にある反対側のコーナーへと移動する。そのあと十分な助走をつけて相手の側で高々とジャンプし、相手の顔面に上から打ち下ろすようなドロップキックを叩き込む。
ペシャワール
ZERO1で活動中の将軍岡本が使うデラックスボンバーと同型の技。
ペスカリート
プランチャ・スイシーダ
ベストムーンサルトエヴァー
クリストファー・ダニエルズが愛用している華麗なムーブ。相手を仰向けに倒したあとリングに背を向けてコーナーのトップロープを掴み、ジャンプしてセカンドロープに両足で飛び乗る。そのあとロープから腕を離しながらセカンドロープを蹴ってトップロープへと飛び移り、相手をムーンサルトプレスの要領でプレスする。名前の頭文字を取ってBMEと呼ばれることが多い。
へそ投げ式バックドロップ
"鉄人"ルーテーズが愛用していたタイプのバックドロップ。自分のへそを突き出すように体をブリッジさせるのが特徴で、ジャンボ鶴田はこの技を武器にして全日本プロレスのトップにのし上がった。
ベター・ザン・マッチョマン
ROHやFIPで活躍したサル・リナウロが使うダイビングエルボードロップの名称。
ペチョ・コン・ペチョ
ラ・ケブラーダ
ヘッド・オン・コリジョン
スイートシェーンミュージック
ヘッドクラッシャー
新日本プロレスのYOSHI-HASHIが使っているエッジ・オ・マティックと同型の技。
ヘッドシザーズホイップ
相手の正面で体をジャンプさせて相手の頭部を両足で挟み込み、自分の体を旋回させた勢いを利用して相手の体を投げ飛ばすムーブ。
ヘッドシュリンカー
新日本プロレスで活躍中のタマ・トンガが使っているタルーラ・ベルと同型の技。"BULLT CLUB"に加入しヒールターンしてからは、イタリア語で"毒"を意味するヴェレノに呼び名を変えている。
ヘッドドロップ
新日本プロレスの天山広吉などが得意とする打撃技。仰向けになった相手に覆い被さるように倒れ込み、そのまま相手の脇腹部分に自分の頭を勢い良く叩きつける。脇腹ではなく股間に決めるタイプは男性なら悶絶必死。
ヘッドバット
藤原喜明、泉田純至、菊地毅など、固い頭を持つ選手が愛用する無骨な打撃技。向かい合った相手の頭に両手を添えたあと自分の背中を仰け反らせ、振り下ろした自分の頭を相手の額のあたりへと叩きつける。相手の頭が固いと技をかけた方がダメージを受けることも。
ヘッドハンター
YOSHI-HASHIが使っているスリングショットネックブリーカーの名称。
ヘッドレスホースマン
CHIKARAで活躍中のハロウィック&フライトメアが愛用する合体式のダイヤモンドカッター。まずリングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、ハロウィックに肩車されたフライトメアがコーナー上の相手の首をスタナーの要領で抱え込む。そのあとハロウィックがフライトメアの右足を右手で、左足を左手で掴んでフライトメアの体を前方へとスローイングし、その勢いでコーナーから引きずり落とした相手の体をダイヤモンドカッターの形でマットに叩きつける。
ヘッドロック
頭蓋骨締めとも呼ばれる古典的な拷問サブミッション。前屈みになった相手の左サイドに移動して相手の頭の後ろに右腕を回し、相手の頭を右脇に抱え込んだ状態になる。そのあと相手の頭を抱えるように自分の両手をクラッチし、両腕に力を込めて相手の頭蓋骨を万力のように締め上げる。
ヘッドロックドライバー
CZWやROHで活躍しているサミ・キャラハンの必殺技。まず相手の頭部をヘッドロックに捕らえ、自分の右足を前方へと振り上げ反動をつける。そのあと相手の頭を抱えたまま前のめりに倒れ込み、その勢いで宙に浮き上がった相手の頭部をマットへ強かに打ちつける。
ぺディグリー
WWEのHHHが愛用するフィニッシャー。まず相手の上半身をリバースフルネルソンに捕らえ、後ろに飛び退くような感じで自分の体を軽くジャンプさせる。そのあと相手を抱えたまま両膝からマットに着地し、うつ伏せの状態で落下させた相手の顔面をマットへ痛打させる。
へデック
プロレスリング・ノアのHAYATAが使っているプロジェクタイル・ハリケーンラナと同型の技。
ベテランへの膝蹴り
ブサイクへの膝蹴り
ベトナムドライバー2
DDTプロレスリングの佐々木大輔が、2015年に行ったベトナム遠征後に使い始めた裏バージョンのみちのくドライバー2。まず相手の背後に回り込んで相手の右脇に背中の方から頭を差し込み、相手の首の後ろに左腕を、右腿の裏に右手をそれぞれ回す。そのあと抱え上げた相手の体を空中で上下逆さまの状態にし、相手の右腿を抱えていた右手で相手の左脇腹を抱え直す。最後に体を軽く前傾させながら尻餅をつくように腰を落とし、ややうつ伏せの状態で落下させた相手を額の辺りからマットへ叩きつける。ベトナムドライバー1については危険すぎるためベトナムのダナンの海に捨ててきたと語っている。
へなーラサンセット
プロレスリングWAVEなどで活動中の旧姓・広田さくらが尾崎魔弓が使うテキーラサンライズに対抗して作り上げたスープレックス。相手の背後に体を回り込ませて相手の右腕を右手で、左腕を左手でそれぞれ掴み、右腕を相手の頭の後ろの方へ、左腕を相手の腹部の方へとそれぞれ折り曲げる。そして体をブリッジさせる勢いで相手の体を後方へと反り投げ、相手を肩口からマットに叩きつけたあとブリッジを崩さずにフォールを奪う。
へなーラサンセットYEBISU
旧姓・広田さくらが得意としているリバースパロスペシャルの名称。
へな拳
旧姓・広田さくらが使っている裏拳の名称。
へなストレッチ
ラ・へなストラル
べナドリラー
DRAGON GATEなどで活動中のリコシェが使っているフィニッシングホールド。ファイヤーマンズキャリーの形で肩に担ぎ上げた相手の体をgo 2 sleepの要領で前方に投げ捨て、両足でマットに着地した相手の頭部目掛けて強烈なハイキックを叩き込む。
ベナドリラー2point
リコシェが使っているデトネーションキックと同型の技。
へなハリケーン
旧姓・広田さくらが愛用しているコーナーからのダイビング式へな拳。助走をつけてセカンドロープに跳び乗り、体を翻しながら決めることも多かった。
ペナルティー
IRSことマーク・ロトンドがWWFで使っていたSTFと同型の技。
ペニスカッター
近藤修司&"brother"YASSHIが使っていたムーブメントドロップの名称。
べノムアーム
スターダムで活躍中の脇澤美穂が使っている得意技の1つ。黒地に黄色の水玉模様をあしらったサポーターを装着した右腕から繰り出されるアイアンクローの呼び名であり、ここから相手を押し倒してフォールを奪うこともある。
ベノム固め
スターダムの安川惡斗がベノムアームの使い手である脇澤美穂に対して繰り出した丸め込み技。まず前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、相手の胴体を両足で挟み込むようにジャンプしてそのまま後ろに倒れ込む。そのあと相手の両肩がマットにつくまで自分の体を後転させ、仰向けになった相手の上に馬乗りになりながら相手の顔面をアイアンクローで押さえつけて3カウントを奪取する。
ヘビーキラー1号
KAIENTAI-DOJOのTAKAみちのくが新日本プロレスに参戦する際に編み出した対ヘビー級レスラー用のムーブ。向かい合った相手の右腕を右手で、左腕を左手で掴んで背中からマットに倒れ込み、交差させた相手の両腕と首を自分の両足で下から挟み込む。そのあと自分の体を横方向に転がす勢いで相手の背中をマットにつけさせ、相手の上に馬乗りになりながら相手の右足を左脇に、左足を右脇に抱え込んで3カウントを奪い去る。パワーボム系の技でマットに叩きつけられた際に返し技として使用されることも多い。
ヘビーキラー2号
TAKAみちのくが愛用しているパッケージホールド。まずうつ伏せになった相手の右サイドで膝をついて相手の両足を右足が下にくる形で交差させ、相手の右足首の下に左腕を滑り込ませて相手の両足を左手で抱え込む。そのあと自分の体を右方向へと捻った勢いで相手の体を仰向けにひっくり返し、相手の胸の上に座り込みながら相手の両足を両手でがっちりと抱え込んで3カウントを奪い去る。
ヘビーパンチ
AAAのヘビーメタルが愛用している右フックの名称。
ヘビーレイン
新日本プロレスのオカダ・カズチカが使っているTKO34thと同型の技。
ヘビーローテーション・ネックブリーカー
大日本プロレスのアブドーラ小林が使っているスリングブレイドの呼び名。
蛇切縄
プロレスリングBASARAの久保佑允が使う胴締めスリーパーホールドの名称。
ヘビグリー
DDTプロレスリングの蛇影が愛用していたFFFと同型の技。
ペプシツイスト
CMパンクが使っていたオリジナルムーブ。左手で掴んだ相手の左腕を相手の背中でハンマーロックに固め、右手で掴んで持ち上げた相手の右腕を自分の首の後ろへと引っかける。そのあと自分の体を左方向に捻りながら右腕を振り抜き、相手の喉に右腕でラリアットを叩き込む。
ペプシプランジ
CMパンクがROHなどで活動していた頃に愛用していたフォール率ほぼ100%の雪崩式ぺディグリー。まずリングに背を向ける格好で相手をコーナー最上段に座らせ、自分はエプロンからコーナー最上段へ登る。続いてコーナー上で相手の上半身をリバースフルネルソンに捕らえ、腕の力を使って相手の体を水平になるまで持ち上げる。最後に相手を抱えたままリングにジャンプして両膝からマットに着地し、抱えていた相手の体をうつ伏せの状態でマットに叩きつける。
ヘブンインパクト
田中将斗&黒田哲広がFMWで愛用していた合体殺法。黒田が相手を肩車で担ぎ上げたあとコーナーに背を向け、コーナー最上段に登った田中が相手に飛びついてスタナーを叩き込む。
ヘブンズドアー
プロレスリングFTOのスカルリーパーA-jiが使っているサブミッション。右手で掴んだ相手の右腕を捻り上げながら相手の背後に回り込み、掴んでいた右腕をハンマーロックの形で固定する。そのあと膝裏に蹴りを見舞って相手を跪かせ、相手の顎の下にドラゴンスリーパーホールドの形で左腕を回して相手の体を痛めつける
ベラクルス
DRAGON GATEのT-Hawkがメキシコ武者修行後に使い始めたレクイエムとほぼ同型の技。
ヘラクレスカッター
新日本プロレスの中西学が2004年のG1クライマックスの開催前に編み出したフィニッシャー。自分の体を左右に大きく捻ってから仕掛けるMJディライトである。
ヘラクレスシュート
バナナシュート
ヘラクレススラム
ハッスルに登場したブルーノ・ヘラクレスの必殺技。形はチョークスラムと同型。
ベラバスター
WWEで活躍中のニッキー・ベラ&ブリー・ベラ姉妹が共に使っているフィニッシャー。形はXファクターと同型。
ベリー・トゥー・バック
全日本プロレスなどで活躍したゲーリー・オブライトが愛用していたアマレス式の緩いジャーマンスープレックス。ベリーは"へそ"、バックは"背中"という意味の英単語であり、相手の背中と自分のへそがくっついた状態で投げを打つのが名前の由来となっている。
ベリー・トゥー・ベリー
アマレスで使われている投げ技の一種。まず向かい合った相手の腰を両手で抱え込み、相手の体を軽くリフトアップする。そのあと自分の体を横方向に捻って相手を巻き投げ、相手を背中からマットに叩きつける。自分のへそと相手のへそがくっついた状態で投げを打つの名前の由来である。
ペリートドライバー
AAAのイホ・デ・ペロ・アグアヨが使っていたローブローの名称。
ベリー・ヨーロピアンアッパーカット
カフドロップ
ヘリオセンチュリシティ
DRAGON GATEで活動中のリコシェが覆面レスラーのヘリオスとして活動するときに使っているスタンディングシューティングスタープレスの呼び名。
ヘリコバクター
みちのくプロレスなどで活動中のKen45゜が愛用するビタワンバスターと同型の技。
ヘリコプタークラッシュ
クリス・ヒーロー&クラウディオ・カスタニョーリのタッグチーム、"キングス・オブ・レスリング"が愛用しているコンビネーション。カスタニョーリが相手の体をジャイアントスイングで振り回し、ヒーローが回転する相手の頭部目掛けて低空のドロップキックを打ち込む。
ベルサイユの槍
50$ent
ヘルズゲート
WWEのジ・アンダーテイカーが使っているゴゴプラッタの呼び名。プロレスリング・ノアなどで活動中のリッキー・マルビンも2012年の春先から同型同名の技を愛用している。
ヘルズブルドーザー
新日本プロレスで活動しているロッキー・ロメロ&アレックス・コズロフのタッグチーム、"フォーエバー・フーリガンズ"のコンビネーション。まず相手の体をコーナーに向かってハンマースルーし、続けざまにコズロフにハンマースルーされたロメロがコーナーに寄りかかった相手にラリアットを叩き込む。そのあとコズロフの元に走って戻ったロメロがコズロフの胴体にカサドーラの形で飛びつき、上半身を仰け反らせながら両膝を折り畳むロメロの両足首の下にコズロフが右手を回してロメロの両膝を前に突き出した格好で固定する。最後にロメロを抱えたコズロフが相手が寄りかかったコーナーに向かって走り出し、相手の顔面のあたりにロメロの両膝を勢いよく叩きつける。
ヘルスマッシャー
全日本女子プロレスの渡辺智子が愛用していたデンジャラスムーブ。まず相手の上半身をリバースフルネルソンに捕らえ、持ち上げた相手の体をカナディアンバックブリーカーの要領で右肩に担ぎ上げる。そのあと相手の両腕をロックしたまま自分は尻餅をつく形で倒れ込み、前方に滑り落とした相手の後頭部や背中を開いた両足の間へ叩きつける。
ベルデ
DRAGON GATEのT-Hawkが使っているジャベの1つ。相手の体をアルゼンチンバックブリーカーの要領で肩の上に担ぎ上げ、相手を担いだままマットに右膝をつくように腰を落とす。そのあと左手で掴んだ相手の両足のつま先を自分の左腿の内側に引っ掛けて固定し、更に相手の首を両手で掴み直して相手の背骨を痛めつけていく。トマホークT.T.時代からたまに使っていたムーブであり、その当時は特に名称は無く変形アルゼンチンバックブリーカーと呼ばれていた。
ベルティゴ
ビリーケン・キッドが愛用しているフィニッシングムーブ。まず相手の体を肩車の要領で肩に担ぎ上げ、外腿の方から相手の左腿の上に左腕を回して相手の足を抱え込む。そのあと前屈みになった相手の首の後ろに右手を添えながら開脚ジャンプし、上下逆さまの状態で落下させた相手の体を自分の両足の間に叩きつける。ファイヤーマンズキャリーで担ぎ上げた相手の上半身を下からプッシュアップし、浮き上がった相手の体を肩車の形でキャッチして技に移行することも多い。
ヘルバウンド
SHIMMERなどで活躍中のマディソン・イーグルが使っているフィニッシャー。まずファイヤーマンズキャリーの要領で相手を肩の上に担ぎ上げ、相手の下半身を右手で下から押し上げることで相手をマットに対して垂直にする。そのあとマットに右膝をつきながら相手の体を落下させ、相手の後頭部や背中を立てた左腿の上へと叩きつける。
ヘルヴァ・キック
WWE NXTのサミ・ゼインが使っているフィニッシングホールド。全速力のダッシュから繰り出される強烈なフロントハイキックであり、コーナーに寄りかかった相手に対し串刺し式で決めていく。
ベルベットノイズ
WWE NXTのケネス・キャメロンが使っていた、自分の体を旋回させながら仕掛けるシッティングジョーブレイカー
ヘルベント
WWFや全日本プロレスなどで活躍したマイク・バートンが使っていた変形のデスバレーボム。相手の体をファイヤーマンズキャリーの要領で両肩の上に担ぎ上げ、体を揺すって相手の上半身を自分の体の正面へと持ってくる。そのあと体を前傾させながら正座をするように両膝を折り畳み、前方に滑り落とした相手の背中をマットへ叩きつける。
へルム
みちのくプロレスのフジタ"Jr"ハヤトが使っている必殺技。仰向けになった相手の左足を相手の右足の上に乗せて両足を交差させ、相手の左足首に自分の左足のつま先をフックさせて足の動きを封じる。そのあと相手の頭を左手で掴んで相手の上半身を引き起こし、勢い良く振り抜いた右足で相手の顔面に膝蹴りを叩き込む。ちなみにこの名前は顔面への膝蹴り全般を指す総称のようであり、現在はトランスレイブと同型のランニング式膝蹴りを好んで使用している。
ヘル・メイクオーバー
WWEのローザ・メンデスが使っているスイングネックブリーカードロップの名称。
ヘルメリー
ROHで結成された"ザ・キングダム"のマイケル・ベネット&マット・ターバンが使っていた飛びつき式のスパイクパイルドライバー。リング中央付近に移動したベネットが相手をパイルドライバーの要領で持ち上げ、ベネットの正面にあるコーナーの最上段にターバンがよじ登る。そのあとコーナーを蹴ったターバンが相手の両足を両手で掴むような格好で相手に飛びつき、それと同時にベネットが尻餅をついて相手の脳天をマットへと打ちつける。
ペレアード
全日本プロレスに登場したカズ・ハヤシに瓜二つのメキシコ人レスラー、ミゲル・ハヤシJr.が見せた足掛け腕固めと同型の技。
ペレキック
AJスタイルズが愛用するオーバーヘッドキックと同型の技。
ペレストロイカ
PWGなどで活動中のアレックス・コスロフが使っているロープを活用したロメロスペシャル。まずエプロンへと移動してうつぶせになった相手の両足をサードロープの下から掴み、掴んだ両足を場外の方へと引っ張り出す。そのあと相手の両足にロメロスペシャルの要領で自分の両足を絡め、トップロープとセカンドロープの間に体を通して相手の右腕を右手で、左腕を左手で掴む。最後に重心を後ろに傾けることで相手の体を膝立ちにさせるように引き起こし、背中をロープにあずける格好になった相手の体をそのまま痛めつけていく。
ヴェレノ
ヘッドシュリンカー
ヘレベーター
マウントモーガンドロップ
ヴェン・エマ
WWEのエマがサンティーノ・マレラとコンビを組んでいた頃に使っていたコブラと同型の技。
ペンギンボトム
大阪プロレスのアイスペンギンが使っていた無双と同型の技。
変形足首固め
DDTプロレスリングのマサ高梨が披露したサブミッション。仰向けになった相手の右足を左手で、左足を右手で掴んで両足を開かせ、両足の間に腿の裏の方から差し込んだ右足を相手の左脇腹の横に着地させる。続いて相手の左足のアキレス腱を相手の右膝の上にあてがうことで両足を4の字に固め、相手の左足首の上に右腕を回して相手の両足を固定する。最後に自分の体を捻った勢いでうつ伏せに引っくり返った相手の右サイドに左足を着地させ、両手で掴んだ相手の左足の甲を自分の方に引き寄せて相手の左アキレス腱を痛めつける。
変形足4の字固め (1)
新日本プロレスの内藤哲也が使用している8の字固めと同型の技。
変形足4の字固め (2)
新日本プロレスの高橋裕二郎が遠征先のCMLLで披露したサブミッション。まず仰向けになった相手の右サイドに移動して相手の両腿の間に左足を置き、相手の右足を右手で、左足を左手でそれぞれ掴む。続いて自分の左足を巻き込むような感じで相手の右足を折り曲げ、相手の左膝の上に相手の右足をあてがって両足を4の字に固める。最後に相手の左足首を両手で掴み直して自分は背中からマットへ倒れ込み、その勢いで相手の体をうつぶせにひっくり返したあと自分の左足の上に自分の右足をフックさせて相手の左膝を痛めつけていく。
変形アラビアンプレス
CMLLのラ・ソンブラが使っている華麗な空中殺法。相手をコーナーの側で仰向けに倒して自分はリングに背を向けた状態でコーナー最上段へと登り、コーナー上で体を軽くジャンプさせて両足を大きく開脚させる。そのあとコーナーから伸びる2本のトップロープの上に両腿の裏を接触させる形で着地し、ロープの反動を利用して体を270゜後方回転させる。最後に回転途中で体を更に180゜錐揉み回転させ、相手の体をセントーンの形でプレスする。
変形アルゼンチンバックブリーカー
ベルデ
変形アンクルホールド (1)
全日本プロレスで活動中の金本浩二が使っているアンクルホールドのバリエーションの1つ。まず仰向けになった相手の足の側に立って相手の右足を左手で掴み、内腿の方から相手の右足に引っ掛けた自分の左足を相手の右脇腹の横に着地させる。続いて相手の左足を右手で掴んで持ち上げ、相手の左膝の裏に折り曲げた相手の右足をあてがって両足を4の字に固める。最後に自分の体を前転させた勢いで相手の体をうつ伏せにひっくり返し、マットに尻餅をついた状態で相手の左足首をアンクルホールドに捕らえる。
変形アンクルホールド (2)
金本浩二が使っているアンクルホールドのバリエーションの1つ。立っている相手の左脹脛の裏に右足を、左膝の上に左足を引っ掛けながらマットに倒れ込み、バランスを崩して後ろに転倒した相手の左足を両手で掴む。そのあと自分の左足を挟み込むような感じで相手の左足を折り曲げ、相手の右膝の上に折り曲げた左足をあてがって相手の両足を4の字に固める。最後に内腿の方から相手の右脹脛の下に滑り込ませた左手で相手の左足のつま先を、左アキレス腱の裏にフックさせた右腕で相手の踵をそれぞれロックし、両手で抱えた左足を捻り上げることで相手の左足の靭帯を痛めつける。
変形腕固め (1)
センダイガールズプロレスリングの花月が使っている固め盛りと同型の技。
変形腕固め (2)
昇龍結界
変形腕ひしぎ逆十字固め
トラップオーバー
変形裏投げ
栗原あゆみが使っていた必殺技の1つ。まず向かい合った相手の右脇に頭を潜り込ませ、相手の左肩の上に右腕を引っ掛ける。そのあと相手の背中の方に回した左手で相手の左手首を掴み、体をブリッジさせて相手の体を後方へと反り投げる。
変形裏4の字固め
プロレスリング・ノアの石森太ニが使っているエル・ポソと同型の技。
変形エアプレーンスピン
DRAGON GATEのサイバー・コングがストーカー市川を相手に見せたムーブ。相手がラ・マヒストラルを仕掛けてきた際に丸め込まれないように踏ん張り、相手の左足に左腕を、首の後ろに右腕をそれぞれ回して相手を背中に背負った状態で立ち上がる。そのあと相手を背負ったままその場でぐるぐると回転し、一定回数回転したところで後ろに倒れこんで相手を背中からマットへ叩きつける。
変形エビ固め (1)
大日本プロレスなどで活躍したファンタスティックが披露したメキシコ式の丸め込み技。まず尻餅をついた相手の背後に体を回り込ませ、相手の右腕を右手で掴んで持ち上げる。続いて自分の体を右方向へと捻る際に相手の右腕の上を左足で跨ぎ、股の間に挟み込んだ相手の右腕を左手で掴みなおす。最後に相手の左腕を右手で抱えて自分の体を横方向へと転がし、その勢いで仰向けにひっくり返った相手の右足を左手で抱え込んでフォールを奪う。
変形エビ固め (2)
DRAGON GATEの吉野正人が使っている丸め込み技。まず中腰状態になった相手の左腕をラ・マヒストラルの要領で股の間に挟み込み、右手で掴み直した相手の左腕を相手の腹のあたりへと持っていく。続いて腿の裏の方から相手の股の間に差し込んだ左手で相手の左手首を掴み、自分の体を前転させた勢いを利用して相手の体を後ろにひっくり返す。最後に掴んでいた左腕を離しながら立ち上がって自分の体だけを左方向へ180゜捻り、エビ固めの形で丸まった相手の両足の上に跨る格好でフォールを奪う。
変形エメラルドフロウジョン (1)
プロレスリング・ノアの三沢光晴が使っていた改良型のエメラルドフロウジョン。ブレーンバスターの要領で相手の体を垂直になるまで抱え上げ、相手の体に右方向への捻りを加えて相手の顔を自分の方へと向かせる。そのあと相手の背中に右手を添えて右半身からマットに倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の体を自分の右サイドへと叩きつける。ブレーンバスターの腕のクラッチを通常とは反対にし、原型エメラルドフロウジョンの形でマットに落とすタイプも披露していた。
変形エメラルドフロウジョン (2)
三沢光晴が佐野巧真とのGHCヘビー級タイトルマッチで一度だけ披露した新型のエメラルドフロウジョン。ハワイアンスマッシャーの要領で旋回させた相手の背中に左手を添え、右半身からマットに倒れ込んで上下逆さまになった相手の体を自分の右サイドへと叩きつける。
変形エメラルドフロウジョン (3)
プロレスリング・ノアの丸藤正道が2014年に開催された"三沢光晴メモリアルナイト"で初公開し、その後も奥の手として使い続けているポールシフト式のエメラルドフロウジョン。まず相手の体をキークラッシャー'99の要領で垂直に抱え上げ、相手の左足を抱えていた右手を一旦離す。そのあと右腕で相手の胴体を抱え直して右半身からマットに倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の頭部を強かにマットへ打ちつけさせる。
変形肩固め
潮崎豪が愛用しているゲーム・オブ・デスと同型の技。
変形カナディアンバックブリーカー
DDT NEW ATTITUDEの樋口和貞が使っている必殺技の1つ。相手の体をカナディアンバックブリーカーの要領で右肩の上に担ぎ上げ、背中の方に垂れ下がっている相手の右足を左腕で抱え込む。そのあと相手の喉元に右手を持っていって中腰状態になるように腰を落とし、相手の首や背骨を痛めつけてギブアップを奪う。
変形雁之助クラッチ
バッカス
変形キドクラッチ (1)
DRAGON GATEの望月成晃が見せた丸め込み技。脇固めの要領で相手の左腕を右脇に抱え込み、相手の後頭部を左手で後ろから押さえつけつつ相手もろとも体を前方へと転がす。そのあと両肩をマットにつけた相手の体の上に仰向けの状態で乗っかり、相手の右足を左手で、首を右手で抱え込んでフォールを奪う。
変形キドクラッチ (2)
みちのくプロレスで活躍中の大柳錦也が愛用する丸め込み技。脇固めの要領で相手の左腕を右脇に抱え込み、外腿の方から相手の左足の裏に左腕を回して相手の足を掴む。続いて背中からマットに倒れ込む勢いで相手の体を前方へと転がし、両肩をマットにつけた相手の体の上に仰向けの状態で乗っかる。最後に自分の両手をクラッチして相手の左手足を抱え込み、更に相手の右足を自分の両足で挟んで相手をフォールする。
変形キャプチュード
トゥエルブ・シックス
変形キャメルクラッチ (1)
DRAGON GATEの望月成晃が披露した拷問式のキャメルクラッチ。うつ伏せになった相手の背中に跨るように腰を下ろして相手の右腕を自分の右腿の上に、左腕を左腿の上に引っ掛け、フェイスロックの要領で頭部を抱え込んで相手の体を痛めつける。そのあと捕らえていた相手の両腕をリリースして相手の体を膝立ちにさせるように引き起こし、相手の背後で膝をつきながら体重を後ろにあずけて相手の背中や首を強烈に反り上げる。
変形キャメルクラッチ (2)
プロレスリング・ノアで活動中の拳王が使っているクロス式キャメルクラッチと同型の技。
変形キャメルクラッチ (3)
レッドインク
キャメルクラッチ (4)
アイスリボンの内藤メアリが使っていた79.5MHzと同型の技。引退後は後輩の藤田あかねが技を受け継いでいる。
変形キルスイッチ
プロレスリング・ノアの小峠篤司が使うキルスイッチのバリエーションの1つ。リバースゴリースペシャルの要領で相手を上下逆さまに背負ったあと体を軽く後ろに傾けながら尻餅をつき、ややうつ伏せの状態で落下させた相手を額のあたりからマットに叩きつける。大阪プロレス時代からライバル関係にある原田大輔との王座戦をこの技で制し、GHCジュニアヘビー級タイトルを初めてその腰に巻くこととなった。
変形首固め (1)
道頓堀プロレスの政宗が使う横回転式の飛びつきスモールパッケージ。まず前屈みになった相手の左手にあるロープに飛んで助走をつけ、相手の首の後ろに右手を、外腿の方から相手の右腿の裏に右手を回しつつ左半身からマットへ倒れ込む。そしてその勢いで両肩がマットについた相手の頭と右足を抱えるように両手をクラッチし、相手の左足を自分の両足で挟み込んでそのまま3カウントを奪う。
変形首固め (2)
新日本プロレスで活躍中のプリンス・デヴィットが披露した丸め込み技。相手の体をフィッシャーマンズスープレックスのクラッチで抱えたあと尻餅をつくように倒れこみつつ体を後ろに転がし、相手の両肩がマットについたところで自分の背中をブリッジをするように仰け反らせ相手をフォールする。
変形首固め (3)
中島安里紗が見せた丸め込み技。レインメーカーの要領で相手の左腕を引っ張って相手の顔を自分の方に振り向かせ、相手が振りかぶった右腕の下を潜り抜けて相手の背後へ再度回り込む。そのあと掴んでいた相手の左腕を離して相手の左肩の上に右腕を回し、更に左腕を腿の裏の方から相手の股の間へと差し込む。最後に相手の肩と股を抱えたまま背中からマットへ倒れ込み、その勢いで後ろにひっくり返った相手の体を押さえつけて3カウントを奪取する。
変形首固め(仮)
藤田ミノルが愛用している丸め込み技。右手で掴んだ相手の右腕を相手の背中でハンマーロックに固め、相手の首の後ろに左腕を回して頭を抱え込む。そのあと背中からマットに倒れ込みながら相手の右足の内側に自分の右足をフックさせ、前方へと転がした相手の両肩をマットにつけてフォールを奪う。
変形グラウンドコブラツイスト
プロレスリング・ノアの平柳玄藩が使っている丸め込み技。まず腿の裏の方から相手の股の間に差し込んだ右手で相手の股間を鷲掴みにし、悶絶する相手の左足に自分の左足を引っ掛ける。そのあと背中の方から相手の右脇に差し込んだ左手を相手の首の後ろへと回し、相手もろとも後ろに倒れ込んで両肩がマットについた相手の体を押さえ込む。
変形クラッチ
影縫
変形クロスフェイス (1)
ディック東郷が見せた腕極め式のクロスフェイス。まず相手の頭と左腕をクリップラークロスフェイスの要領で捕らえ、相手がロープに伸ばそうとした右腕を左手で掴んで腕を相手の顎の下へと巻きつける。そして相手の右手首を右手で掴み直したあと相手の右肘のあたりを左手で抱え、上半身を強烈に反り上げて相手をギブアップに追い込む。
変形クロスフェイス (2)
ZERO1などで活躍中のトラビス・バンクスが使うボーダーシティストレッチと同型の技。
変形外道クラッチ
新日本プロレスの田口隆祐が見せた丸め込み技。相手がローリングバッククラッチを仕掛けた際に両腿の上に跨ってきた相手の背中を手で抑え、相手がブリッジしてくるのをブロックして丸め込まれないようにする。そのあと相手の胴体を両足でしっかり挟み込んで相手もろとも体を横方向へと転がし、両肩がマットに着いた相手の体を外道クラッチの形で押さえ込む。試合後のインタビューで田口の口からジャパニーズロックネッククラッチという名前が飛び出しているが、正式名称としては扱われていない模様。
変形コードブレイカー
ZERO1の小幡優作が使っているフィニッシングホールド。まず相手の上半身をリバースフルネルソンに捕らえ、相手の体を垂直に近くなるまで抱え上げる。そのあと背中からマットに倒れ込みながら膝を突き出すように両足を折り畳み、うつ伏せの状態で落下してきた相手の顎に突き立てた両膝をめり込ませる。相手の顎ではなく腹部に両膝を突き刺す一撃にはハイアングルペディグリーという呼び名が付けられている。
変形ゴーフラッシャー
潮崎豪が使っている必殺技の1つ。まず相手の右脇に背中の方から頭を潜り込ませ、左手で掴んだ相手の左腕を相手の正面へと持っていく。続いて腿の裏の方から相手の股の間に右手を差し込んで相手の左腕を右手で掴み直し、自由になった左腕をリバースDDTの形で相手の顎の下に巻きつけて相手の体を上下逆さまにするように持ち上げる。最後に垂直になった相手の方へと視線を向けつつ左半身からマットに倒れ込み、ややうつ伏せの状態で落下させた相手を額のあたりからマットへ叩きつける。変形ゴーフラッシャーの他にも垂直落下式変形リバースDDT、スペースゴーフラッシャー、リバースノーザンライトボムと複数の呼び名が付けられたが、リミットブレイク公開後はこの形で技を繰り出す機会が極端に減っている。
変形腰決めフェースロック
タルサンハート
変形コブラツイスト
KAIENTAI-DOJOの滝澤大志が使っているラ・スワスティカと同型の技。
変形コラット
プロレスリング紫焔の政岡純が使っているコラットの仕掛け方から入るトケ・エスパルダス。まずクライマックスの要領で相手の左腕を自分の股の間に挟み込み、相手の右脇に背中の方から右腕を差し込む。そのあと相手の両腕を極めたまま自分は腹這いに倒れ込み、前屈状態になった相手の両肩をマットにつけさせて即座に3カウントを奪う。
変形ゴリラクラッチ
DDTプロレスリングの入江茂弘がかつて愛用していたフィニッシングホールド。ゴリラクラッチの要領で相手の両足を抱えたあとうつ伏せになった相手の後頭部のあたりに左膝を押しつけ、そのまま体重をあずけることで相手の足腰を痛めつける。
変形逆さ押さえ込み (1)
みちのくプロレスの日向寺塁が披露した丸め込み技。まず四つん這いになった相手の右サイドに移動して相手の右脇に背中の方から左腕を差し込み、自分の体を右方向へ捻りつつ相手の左サイドの方へと体を転がす。そしてその勢いで仰向けにひっくり返った相手の左脇に背中の方から右腕をフックさせ、両肩をマットにつけた相手を逆さ押さえ込みの形でフォールする。
変形逆さ押さえ込み (2)
アイスリボンの新田猫子が見せた丸め込み技。右足を振り上げた相手の股の下に膝をつきながら素早く頭を潜り込ませ、肩の上に引っかかった相手の右足を左腕で抱えて固定する。そしてそのまま相手の背後に自分の上半身を滑り込ませて相手と背中合わせの状態になり、片足立ちになった相手の左腕を右手で掴む。最後に自分の体を前屈させてバランスを崩した相手を後ろに転倒させ、両肩がマットについた相手の体をそのまま押さえ込み3カウントを奪取する。
変形ジャーマンスープレックスホールド (1)
プロレスリング・ノアの谷口周平が使っているフィニッシングホールド。フィッシャーマンバスターの要領で抱え上げた相手の体をファイヤーマンズキャリーの形で肩の上に着地させ、相手の上半身を左手で下から押し上げる。そのあと宙に浮き上がった相手の胴体を背後から両手で抱え込み、相手の体を急角度のジャーマンスープレックスホールドでマットへ叩きつけてそのままフォールを奪う。
変形ジャーマンスープレックスホールド (2)
谷口周平が使っている別バージョンの変型原爆固め。形はクロイツ・ラスと同型。
変形ジャックナイフ固め
夏樹☆たいようが披露したパッケージホールド。まず仰向けになった相手の両足を相手の頭の方へと折り畳んで相手の体をエビ固めの形にし、自分は相手の頭がある方へと移動して相手の右腕を右手で、左腕を左手で掴む。そのあと掴んだ右腕を相手の左膝の裏の上へ、左腕を右膝の裏の上へ持って行って相手の両腕を交差させ、相手の右手首を左手で、左手首を右手で掴み直す。最後に相手の左サイドに頭を押しつけて自分の体を前方へブリッジさせ、そのまま相手の体を押さえ込んで3カウントを奪い去る。
変形ジャックナイフ式エビ固め
全日本プロレスで活動中の金本浩二が見せた丸め込み技のコンビネーション。相手を逆さ押さえ込みで丸め込んだあと腕のフックを外して自分だけ起き上がり、丸まった相手の右腿を左手で、左腿を右手で抱えながら体を前方にブリッジさせて相手から3カウントを奪い去る。
変形シュバイン
ワールド女子プロレス・ディアナの青野敬子が使っているフィニッシングムーブ。まず前屈みになった相手の右サイドに移動して相手の首の後ろに左腕を回し、自分の体に右方向への捻りを加えて相手の懐へと体を潜り込ませる。続いて外腿の方から相手の左腿の裏に右手を回して足を抱え込み、相手の股の間に頭を差し込みながら上半身を起こす。最後に逆さ吊りになった相手の体を抱えたまま尻餅をつき、上下逆さまの状態で落下させた相手の体をマットへ叩きつける。
変形ショルダーバスター
全日本プロレスの青木篤志が使用しているリストクラッチ式のショルダーバスター。左手で掴んだ相手の左腕をハンマーロックの要領で固めたあと相手の右腕を自分の首の後ろへと引っ掛け、自分の体だけを左方向へと軽く捻って相手と顔を向き合わせる体勢になる。続いて相手の股を右手で正面から抱え込んで相手の体を上下逆さまにするように持ち上げ、うつぶせの状態で右肩の上に着地させた相手の左腕を右手で掴み直す。最後に相手を抱えたまま軽く助走をつけて振り上げた右腿を相手の左肩に密着させ、マットに左膝をつくように倒れ込んだ衝撃で相手の左肩に痛みを走らせる。
変形水車落とし (1)
DDTプロレスリングの彰人が使っている必殺技の1つ。まず相手の体を水車落としの要領で右肩に担ぎ上げ、背中の方に回した左腕で相手の頭を抱え込む。そのあと体を軽くジャンプさせて尻餅をつく形でマットに着地し、落下させた相手の頭部をマットへ強かに打ちつける。
変形水車落とし (2)
DRAGON GATEのB×Bハルクが使っている得意技の1つ。走ってきた相手の懐に体を潜り込ませて相手の腹部に右肩をあてがい、相手の右腿を左手で、左腿を右手でそれぞれ抱え込む。そのあと相手の体を抱えたまま270゜後方回転するようにジャンプし、宙に舞わせた相手を背中からマットへ叩きつける。この技で叩きつけた相手の体を続けざまにジャックナイフホールドで丸め込む一連の動きはサウスロードと呼ばれている。
変形水車落とし固め
センダイガールズプロレスリングの橋本千紘が使っている必殺技の1つ。まず水車落としの要領で相手を右肩に担ぎ上げ、相手の両腿を両手でしっかりと抱え込んで体をブリッジさせる。そして反り投げた相手を背中からマットに叩きつけたあともブリッジを崩さず、その体勢のまま相手を押さえ込んで3カウントを奪取する。
変形垂直落下式ブレーンバスター
宮本和志が使っているリストクラッチ式の垂直落下式ブレーンバスター。まず向かい合った相手の左手首を左手で掴み、前屈みになった相手の首の後ろに左腕を回して頭を抱え込む。そのあと右手でタイツを掴んで相手の体を垂直になるまで抱え上げ、上下逆さまの状態で落下させた相手の体をマットへ叩きつける。
変形スープレックス
滝落し
変形スターネスダスト
全日本プロレスの秋山準が使っている改良型のスターネスダスト。まずスターネスダストγの要領で相手の体をリフトアップし、相手の体に横方向への捻りを加えて相手の顔を自分の方へと向かせる。そのあと相手の体を前方へと落下させながら尻餅をつき、上下逆さまの状態になった相手の体を自分の両足の間へ叩きつける。2009年3月に行われた佐々木健介とのGHCヘビー級タイトルマッチで初公開し、奪われていたノアの至宝を見事奪回した。
変形スパイラルボム
REINA女子プロレスの成宮真希が見せたフィニッシャー。まず相手の体をゼブラーボムの要領で旋回させ、正面にやってきた相手の右腿を左手で、左腿を右手でそれぞれ抱え直す。そのあと相手の両腿を掴んだまま両膝をつくように腰を落とし、落下させた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
変形スパインバスター (1)
アイスリボンの星ハム子が使っているスパインボムと同型の技。
変形スパインバスター (2)
MN
変形スリーパーホールド (1)
センダイガールズプロレスリングの里村明衣子が使っている変形のコブラクラッチ。尻餅をついた相手の背後に回り込んで相手の右腕を左手で掴み、掴んだ腕を相手の顎の下へと巻きつける。そのあと相手の右腕を右手で掴み直して背中からマットに倒れ込み、左足を相手の頭の後ろへ、右足を相手の首の後ろへそれぞれ持っていって相手の右腕を自分の両足で挟み込む格好になる。最後に相手の後頭部を両膝の裏で押さえつけながら掴んでいた右腕を引っ張り、頚動脈を圧迫して相手をタップに追い込む。
変形スリーパーホールド (2)
大阪プロレスのタイガースマスクが見せたサブミッション。まずうつ伏せになった相手の頭の方を向いて相手の左腿を跨ぐように立ち、相手の左足を左手で掴んで持ち上げる。そして相手の背中に覆いかぶさりながら相手の左足首を自分の左膝の間に挟み込み、相手の頭部をスリーパーホールドに捕らえたあと自分の背中がマットにつくように転がって相手の体を締め上げる。
変形背骨折り
プロレスリング・ノアなどで活動中のリッキー・マルビンが使っているS.A.T.ボムと同型の技。
変形前方回転エビ固め (1)
新日本プロレスなどで活動中のロッキー・ロメロが披露したモモ☆ラッチと同型の技。
変形前方回転エビ固め (2)
プロレスリング・ノアの丸藤正道が見せたKV固めと同型の技。
変形ゾンビ固め
ゾンビ固め
変形タイガースープレックスホールド
デストロイスープレックスホールド
変形タイガーススープレックスホールド
大阪プロレスのタイガースマスクが"大阪ハリケーン2008"で初披露したフィニッシャー。まず相手の背後に自分の体を回り込ませ、相手の左脇に胸の方から左腕を差し込んで相手の左腕を左脇に抱える。続いて相手の右脇に背中の方から右腕を差し込んで相手の右手首を掴み、掴んだ相手の右腕を相手の腹の方へと持っていく。最後に体をブリッジさせて相手を後方へと反り投げ、肩口から相手をマットに叩きつけたあとブリッジを崩さずフォールを奪う。
変形ダブルアーム式パイルドライバー
ブレイクハート
変形ダブルニーロック
DRAGON GATEのYAMATOが"SUPER J-CUP 5th STAGE"で披露したサブミッション。四つん這いになった相手の右サイドに移動して相手の右足の内側に自分の右足を正面から引っかけ、相手の右足首を左手で掴んで背中からマットに倒れ込む。そのあと自分の右足を挟み込むような感じで相手の右足を折り曲げ、自分の右足首の上に自分の左足をフックさせる。最後に右手で掴んで持ち上げた相手の左足を相手の右足の上に重ね、両手で掴み直した相手の左足を自分の方に引き寄せることで相手の膝を痛めつける。
変形チキンウイングアームロック
新日本プロレスの四代目タイガーマスクが見せたV1アームロックと同型の技。
変形ツームストンパイルドライバー
ハイブリッドブラスター
変形デスバレーボム
プロレスリングFREEDOMSの葛西純が使うフィニッシャー。まず相手の体を肩車で担ぎ上げ、相手の左腿に左腕を回して相手の左足を抱え込む。更に相手の首の後ろに右腕を回したあと体勢を整えて相手をファイヤーマンズキャリーのような形で両肩の上に担ぐ格好になり、右半身からマットに倒れ込んで相手の後頭部や背中をマットに叩きつける。
変形胴締めスリーパーホールド
DDTなどで活動中の坂口征夫が使うサブミッション。胴締めスリーパーの要領で相手をグラウンドへと引き込んだあと相手の右腕に自分の右足を引っ掛け、そのまま相手の首を締め上げてタップを奪う。
変形飛びつき回転十字落とし固め
プロレスリング・ノアの石森太二が使っている丸め込み技。まず中腰状態になった相手の左腕をラ・マヒストラルの要領で股の間に挟み込み、体を軽くジャンプさせて前屈みになった相手の背中にうつ伏せの状態で飛びつく。続いて背中の方から相手の右脇に自分の左腕を引っかけ、自分の体を左方向に捻る勢いを利用して相手の体を後ろにひっくり返す。最後に宙に浮き上がった相手を肩口からマットに叩き落とし、エビ固めの形で丸まった相手の足を右手で押さえつけてフォールを奪う。
変形トライアングルランサー
新日本プロレスの井上亘がメキシコ武者修行後に披露した足極め式のトライアングルランサー。まず仰向けになった相手の両足をインディアンデスロックの要領で固めて右膝をマットにつき、相手の頭を右手で掴んで相手の上半身を引き起こす。そのあと相手の首の後ろに引っかけた左足を相手の右脇のあたりに着地させ、相手の左腕を両手で掴んで首・肩・足などを複合的に痛めつける。足を伸ばしてロープに逃れられやすいという通常のトライアングルランサーの欠点を補ったムーブであり、現在はファイナルランサーという名前が正式名称となっている。
変形ドライバー
大阪プロレスのスーパードルフィンが長期休養明けに披露し、ゼロに変身して以降も使い続けていた必殺技。デメキンバスターの要領で抱え上げた相手の体をファイヤーマンズキャリーの形で両肩の上に着地させ、下半身を下から押し上げることで相手の体をマットに対して垂直にする。そのあと落下する相手の方に体を向けながら両膝をつき、上下逆さまになった相手の体をマットへ叩きつける。
変形雪崩式ブレーンバスター
プロレスリング・ノアなどで活動中のリッキー・マルビンが見せたデンジャラスな雪崩式ファルコンアロー。まず雪崩式ブレーンバスターの要領でコーナーに乗せた相手の体を持ち上げ、垂直に近くなった相手の体に右方向への捻りを加えて相手の顔を自分の方に向かせる。そのあと相手を抱えたままロープから足を踏み外すようにリングに飛び降り、上下逆さまの状態で落下させた相手の頭をコーナーセカンドロープのターンバックルに打ちつける。
変形波乗り固め
沖縄プロレスのゴーヤーマスクが使っていたラ・チンゴーナと同型の技。
変形ニーアッパー
ターンオーバーニー
変形ネック&アームブリッジ
全日本プロレスの秋山準が愛用しているサブミッション。相手の左腕を腕ひしぎ逆十字固めに捕らえたあと自分の両足を4の字の形に交差させ、両足の甲で相手の頭を押さえつけて相手の首や腕を痛めつける。
変形ネックブリーカードロップ
AAAのセクシー・スターが使っているコークスクリューネックブリーカーと同型の技。
変形ネックロック
新日本プロレスの後藤洋央紀が使っているサブミッションの1つ。まず昇龍結界の要領でうつ伏せになった相手の左腕を自分の右膝の間に挟み、更に両手で掴んで持ち上げた相手の右腕を左脇に抱え込む。そのあと相手の頭部を両手で抱えて自分の背中をマットにつけるように倒れ込み、その勢いで仰向けにひっくり返った相手の首や肩を痛めつけてギブアップを奪う。
変形パイルドライバー (1)
東京愚連隊のMAZADAが使っているサイコドライバー3と同型の技。
変形パイルドライバー (2)
AAAやプロレスリング・ノアで活動中のペサディーヤが使うファイヤーサンダーと同型の技。
変形パイルドライバー (3)
デッドライン
変形バックドロップ
SEAdLINNNGの高橋奈七永が愛用しているリストクラッチ式のバックドロップ。まず相手の右脇に背中の方から頭を潜り込ませ、左手で掴んだ相手の左腕を相手の背中の方へと持っていく。そのあと相手の股の間に正面から差し込んだ右手で相手の左手首を掴み、体をブリッジさせて相手を後方へと反り投げる。
変形バックドロップホールド
IGFで活躍中の澤田敦士が使っている変形のブルーサンダー。まず相手の右脇に背中の方から頭を潜り込ませ、相手の背中に左腕を、相手の右腕の外側に右腕をそれぞれ回す。続いて外腿の方から相手の右腿の裏に右手を回して足を掬い上げ、抱えた相手の体を肩の高さまでリフトアップする。最後に相手を右方向に180゜水平旋回させながら自分の体を前傾させ、前方へと落下させた相手の背中をマットに叩きつけてそのままフォールを奪う。
変形バッファロースリーパー
新日本プロレスの天山広吉が何度か使って見せた別バージョンのバッファロースリーパー。尻餅をついた相手の背後に回り込んで相手の左手首を右手で掴み、上方向に持ち上げた相手の左腕をくの字に折り曲げて腕を相手の頭の上へと持って行く。そのあと左首筋の方から相手の顎に自分の左腕を巻きつけ、そのまま両腕に力を込めて相手の頚動脈や左肩を圧迫していく。
変形パワースラム
新日本プロレスで活躍中のタマ・トンガが愛用するムーブ。走ってきた相手の右肩に左手を、股の間に右手をそれぞれ正面から回し、体を左方向へと捻りながら相手の体を宙に持ち上げる。そのあと相手を抱えたまま体の動きを一旦止め、右方向へと体を捻り直して相手の背中をマットに叩きつける。
変形パワーボム (1)
潮崎豪が米国武者修行帰りに披露した新必殺技。前屈みになった相手の頭を自分の股の間に正面から挟み込み、相手の胸の方に回した右手で相手の右手首を掴む。続いてカナディアンバックブリーカーの要領で右肩に担ぎ上げた相手の背中を左手で下から押し上げ、その勢いで相手の体を横方向へ360゜錐揉み回転させながら掴んでいた右手を離す。最後に自分の体を右方向へ180゜捻って落下する相手の胴体に左腕を引っかけ、そのまま尻餅をつくように倒れ込んで相手の背中を自分の左サイドへと叩きつける。佐野巧真を相手に初公開されたが精度が今ひとつだった為か、その後は技の使用を自粛している。
変形パワーボム (2)
マイバッハボム
変形膝固め (1)
ビッグマウス・ラウドの臼田勝美が見せたサブミッション。仰向けになった相手の右サイドに腰を下ろして相手の右腿の下に左足を滑り込ませ、更に相手の右腿の上に右足を引っかけて相手の右足を両足で挟み込む。そのあと相手の左足を両手で抱え込みつつ相手の右脹脛の内側に右足をフックさせ、足の力を使って相手の右足を膝関節と逆方向に反り上げる。
変形膝固め (2)
新日本プロレスの内藤哲也が愛用しているサブミッション。まずうつ伏せになった相手の足の側に立って相手の左足首を右手で掴み、自分の左腕を巻き込むように相手の左足を折り畳む。そのあと背中からマットに倒れ込んで相手の左膝を自分の両足で挟み込み、両足に力を込めることで相手の左膝を圧迫する。
変形ひまわりボム
DDTプロレスリングの高木三四郎が愛用するオリジナルホールドの1つ。ブロックバスターのクラッチで相手の体を抱えたあと自分の上半身を前後に揺すって反動をつけ、相手の体を自分の頭の高さまで一気にリフトアップする。そしてそのまま自分の頭の上を通過させた相手の体をファイヤーマンズキャリーの形で両肩の上に着地させ、相手の上半身を左手で下から押し上げる。最後に宙に浮き上がった相手の体を肩車の形でキャッチし、すかさずSHBへと移行して相手をフォールする。
変形ファルコンアロー
トゥエルブ・シックス
変形フィッシャーマンズスープレックスホールド
DRAGON GATEの山村武寛が見せたサブマリナースープレックスと同型の技。
変形フェイスバスター
東京ピンプス
変形武輝固め
プロレスリング・ノアの中嶋勝彦が愛用しているサブミッションホールド。まず向かい合った相手の首の後ろに右腕を、右肩のあたりに左腕を回して相手の胴体を両足で挟み込むようにジャンプし、背中からマットに着地したあと相手の体を前方へと転がして相手を仰向けの状態にする。続いて左手で掴んだ相手の右腕に右足を絡めながら立ち上がって自分の体を右方向へ軽く捻り、その勢いでうつぶせにひっくり返った相手の右サイドで右膝をついて相手の右腕を自分の右足の間に挟み込む。最後に相手の左脇腹の横付近に左足を着地させて相手の背中の上に跨る格好になり、両手で掴んだ相手の左腕を関節と逆方向に反り上げてタップを奪う。
変形ヘラクレスカッター
ゴーストフェース
変形卍固め
みちのくプロレスの大柳錦也が使っているラ・ネブリナの要素を加えた卍固め。まず仰向けになった相手の足の側に立って相手の左腕を右手で、左足を左手で掴み、相手の左腕を膝の間に挟みこむように相手の左足を折り畳む。続いて右手で掴んで折り曲げた相手の右足を相手の左足の上へと乗せ、うつぶせにひっくり返した相手の左サイドへと移動する。最後に相手の右足首に自分の右足を、相手の首の後ろに左足をそれぞれ引っ掛けて相手の首、左腕、両足をロックし、更に相手の右腕を左脇に抱え込んで相手の体を痛めつける。
変形みちのくドライバー
車懸り
変形ムイビエン
プロレスリング・ノアの大原はじめが披露したサブミッション。ムイビエンの要領でうつ伏せにひっくり返した相手の右腕を自分の右足の間に挟み込み、両手で掴んで持ち上げた相手の左足を自分の頭の方へと持っていく。そのあと相手の左膝を右腕で抱えつつ相手の左足首に左手をあてがい、相手の左膝を膝十字固めのような感じで痛めつける。この技で石森太二からギブアップを奪い、GHCのジュニアタッグタイトルを奪取した。
変形無道
KAIENTAI-DOJOの真霜拳號が披露した足極め式の無道。まずうつ伏せになった相手の左足をアンクルロックに捕らえ、自身も相手の左サイドに腰を下ろして相手の左脹脛の辺りを両足で挟み込む。そのあと足の外側の方から相手の左アキレス腱に自分の右腕を巻きつけ直し、更に相手の左足のつま先も右手で掴んで自分の左腕を自由にする。最後に自由になった左手で掴んだ相手の右腕を自分の方へと引き寄せ、相手の左足と右腕を抱えるように両手を繋ぎ合わせて相手の右肩・左足・腰などを複合的に痛めつける。
変形メキシカンストレッチ
CMLLなどで活動中の下田美馬が使っているメキシコ仕込みのジャベ。形はアレハンドリーナと同型。
変形横入り式回転エビ固め
プロレスリング・ノアの石森太二が見せた黄龍と同型の技。
変形横回転エビ固め
全日本プロレスの秋山準が見せたヨネロールとほぼ同型の丸め込み技。
変形横十字固め
トルベジーノ十字固め
変形ラ・マヒストラル (1)
DRAGON GATEの3代目超神龍が使っているプラセンタと同型の技。
変形ラ・マヒストラル (2)
ZERO1などで活動中の菅原拓也が見せたエニグマクラッチと同型の技。
変形ランドスライド
中邑真輔が2011年のG1クライマックスで初公開した初期型ランドスライドからの背骨折り。まず相手の体をファイヤーマンズキャリーの要領で肩に担ぎ上げ、相手の右足を抱えた右手で相手の左腕も掴む。そのあと右手で相手の下半身を押し上げると同時に左手で相手の後頭部を押さえつけ、その勢いで相手の体を仰向けにひっくり返す。最後に相手の体が自分の正面に落下してきたところでマットに右膝をつき、相手の後頭部や背中を立てた左腿の上へと叩きつける。
変形リストクラッチ式高飛車
KAIENTAI-DOJOの滝澤大志が使う必殺技の1つ。まず右手で掴んだ相手の左腕を捻り上げながら相手の背後へと回り込み、背中の方から相手の右脇に差し込んだ自分の左腕を相手の首の後ろへと持っていく。そのあと相手の体を上下逆さまにするように抱え上げ、顔が下を向く格好になった相手の体を右肩の上へと担ぎ上げる。最後に自由になった左手を相手の背中に添え直して両足を前に投げ出す形で倒れ込み、うつ伏せの状態で落下させた相手の顔や胸を強かにマットへ打ちつけさせる。
変形リバースゴリースペシャルボム
リバースネックブリーカー
変形リバースDDT
NOW OR NEVER
変形ロンドンダンジョン
TNAやROHで活躍したナイジェル・マッギネスが使っていた裏返し式のロンドンダンジョン。相手の体をロンドンダンジョンに捕らえたあと背中からマットに倒れ込み、膝を突き出すように自分の両足を折り畳む。そのあと相手の背中に両膝をあてがいながら抱えていた相手の上半身を自分の方へ引き寄せ、両足の上に仰向けの状態で乗っかった相手の左腕や背骨を痛めつけてタップを奪う。
変形脇固め
菊一文字
変形DDT (1)
テララーニャ
変形DDT (2)
ピンプジュース
変形E.V.O.
E.V.O.P
変形F5
ZERO1などで活動中のウィル・ギブソンが使っているバズーカうどんと同型の技。
変形KID
みちのくプロレスのフジタ"Jr"ハヤトがかつて使用したタラバガニロックと同型の技。
変形SOD
斗猛矢が使っているサイドバスター型のSOD。グリーンフォールの要領で相手の体を抱え上げたあと左半身からマットに倒れ込み、落下させた相手の後頭部や背中を自分の左サイドに叩きつける。
変形STF (1)
KAIENTAI-DOJOのバンビが使っているサブミッション。相手の下半身をSTFの要領で固め、相手の背中に覆いかぶさるように倒れ込んで相手の右脇に背中の方から左腕を差し込む。そのあと差し込んだ左腕を相手の首の後ろへと回し、相手の頭を抱えるように自分の両手をクラッチさせて体を痛めつける。
変形STF (2)
格闘探偵団バトラーツの澤宗紀が使っていた複合関節技。うつ伏せになった相手の右サイドに移動して相手の左足を右手で、右足を左手でそれぞれ掴み、尻餅をつくように倒れ込みつつ相手の両膝の裏に自分の左足を横たえるように乗せる。続いて自分の左足を挟み込む感じで相手の右足、左足を順々に折り畳み、相手の左足首の上に自分の右足を引っかけて相手の両足の動きを封じる。最後に背中からマットに倒れ込んだあと相手の顎の下に右腕を、首の後ろに左腕をそれぞれ回し、相手の頭を抱えるように両手をクラッチして相手の体を痛めつける。
ベンジャミンフロストキック
ROHなどで活動中のシェルトン・ベンジャミンが使うスーパーキックの名称。
ペンヂュラムバックブリーカー
バックブリーカー系の技の中で最もオーソドックスなムーブ。まず相手の体をサイドバスターの要領で持ち上げ、相手を抱えたまま自分の体を左方向に軽く旋回させる。そのあとマットに左膝をつきながら相手の体を落下させ、立てた右腿の上に相手の背中を叩きつける。
ベントーン
KAIENTAI-DOJOの石川はじめが使っていたコーナーセカンドロープからのダイビングセントーン
返盃
新日本プロレスの矢野通が永田裕志とのシングルマッチで見せたムーブ。リバースナガタロック3の回転に合わせて相手の肩がつくところまで自分も体を転がし、技を仕掛けた相手を逆に押さえ込んで3カウントを奪い去る。
ベンハメーニャ
CMLLのマスカリータ・ドラーダが愛用する神技的な空中殺法。助走をつけたあと相手の背後に回り込んで相手の右肩を右手で、背中を左手で掴み、相手の右横を通り抜けながら逆上がりをするような感じで自分の下半身を持ち上げる。そしてそのまま相手の右肩の上を飛び越えたあと両足をマットに着地させず、もう一度逆上がりをするように体を回転させて相手の右脇の下を潜り抜ける。最後に相手の首を正面から両足で挟み込みながら肩を掴んでいた腕を離し、相手の左横を通り抜けるように体を旋回させて相手をクリストに捕らえる。