.
ヒアウィーゴードライバー
新日本プロレスなどに参戦中のマット・サイダルが使うリストクラッチ式のワンダーホイール。まず向かい合った相手の左腕を右手で掴んで腕を相手の股の前へと持っていき、自分の左腕を腿の裏の方から相手の股の間に差し込む。そのあと相手の左手首を左手で掴み直して右腕を自由にし、背中の方から相手の右脇に差し込んだ右腕を相手の首の後ろへと回す。最後に軽く宙に抱え上げた相手の体に180゜の前方回転を加えながら尻餅をつき、上下逆さまの状態になった相手の体を自分の両足の間へ叩きつける。別名はヒアイットイズドライバー
ヒー・イズ・トースト!
CHIKARAなどに参戦しているウルティモ・ブレックファストのフィニッシングムーブ。形はレーザーズエッジと同型。
ピーギーワジャ・プランジ
ROHやDRAGON GATE USAで活動中のサイラス・ヤングが使う変形のアラビアンプレス。まずコーナーから伸びる2本のトップロープを両手で掴み、コーナートップのターンバックルに頭をつけてコーナー上で3点倒立をする。そして一定時間が経過したあと倒立を崩して両足をリングの方へと落下させ、その両足をコーナー右隣から伸びるトップロープの上へと素早く滑り込ませる。最後にトップロープの上に尻餅をつく形で着地したところでロープから腕を離し、コーナーの側で仰向けに倒れていた相手の体をアラビアンプレスの要領でプレスする。カミカゼで相手をコーナーの側にセッティングし、そこから流れるように技へと移行する。
ピース・オブ・マインド
ブラックアウト
ビーストチョーカー
UWFなどで活躍した"ザ・ビースト"ダン・スバーンが使っていた胴締めドラゴンスリーパーの呼び名。
ビーストボム
ボブ・サップが得意とするバートンバスターと同型の技。この一撃で佐々木健介からIWGPヘビー級タイトルを奪い去った。
ビーストボンバー
DDTプロレスリングの入江茂弘が使うラリアットの呼び名。
ピースな愛のバイブス
みちのくプロレスのザ・グレートサスケが開発した打撃と空中殺法のコンビネーション。場外に落とした相手をサスケスペシャルVer.2.8で蹴り飛ばし、掴んでいたトップロープの上を逆上がりの要領で跳び越えて再びリングに着地する。そのあと自分の背後にあるロープに跳んで助走をつけ直し、場外にいる相手にトペ・コン・ヒーロを見舞う。
ピースライナー
ダブプロレスのサウザーが使っているフィニッシャー。オクラホマスタンピードの要領で相手を肩に担ぎ上げ、コーナーに向かって突進して相手の背中をターンバックルへと勢い良く叩きつける。そのあと体を反転させて対角線上にある反対側のコーナーに向かって走り出し、もう一度相手の背中をターンバックルへと叩きつける。最後に体をターンさせながら相手に体を浴びせかけるように倒れ込み、相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
ビーチブレイク
DRAGON GATEの堀口元気が使うクロスレッグ式のブルズポセイドン。こうもり吊りの要領で相手を逆さ吊りに担ぎ上げたあと相手の両足を自分の顔の前で交差させ、その両足を自分の右手でまとめて抱えて足の動きを封じる。更に腰にしがみついてきた相手の両腕を左手で押さえつけて尻餅をつき、急降下させた相手の頭部をマットへ強かに打ちつける。
ビーツ・オブ・ザ・バウロン
WWEのシェイマスが使っている特徴的な打撃技。まずリング上で前屈みになった相手の上半身をセカンドロープとトップロープの間を通して場外の方へと出し、背中をトップロープにあずける格好になった相手の両腕をトップロープに引っ掛けて体を固定する。そのあと相手の背後に回り込んで相手の顎の辺りを左手で押さえつけ、がら空きになった相手の胸板を太鼓を叩くかのように右拳で10回ほど殴打する。バウロンとはアイルランドに伝わる打楽器であり、日本の放送ではバウロンの10打という名前に翻訳されている。
ヒートウェーブ (1)
WCWで活躍したブッカーT&スティービー・レイの兄弟タッグチーム、"ハーレムヒート"が頻繁に使っていた連携殺法。レイがブレーンバスターで抱えた相手にブッカーがコーナー最上段からのミサイルキックを叩き込み、同時にレイが後ろに倒れ込んで相手を背中からマットに叩き落とす。
ヒートウェーブ (2)
WWEのダレン・ヤングが使っているフィニッシングホールド。まず相手の上半身を背後からフルネルソンに捕らえ、自分の上半身を右方向に軽く捻って反動をつける。そのあと体を元に戻しながら相手の右脇から右腕を引き抜き、左脇に差し込んでいた左腕で相手の後頭部を押さえつける。最後に左腕を使って相手の体を左方向に180゜回転させつつ自分は背中からマットに倒れ込み、うつぶせの状態で倒れ込んだ相手の顔面を自分の左サイドへと叩きつける。
ヒートシーカー (1)
ブッカーT&スティービー・レイのタッグチーム、"ハーレムヒート"が使っていた合体殺法。レイがバックドロップで抱え上げた相手の胸板にブッカーがミサイルキックを叩き込み、同時にレイが後ろに倒れ込んで相手を背中からマットに叩き落とす。
ヒートシーカー (2)
WWEのカート・ホーキンスが使っているダイビングエルボードロップの呼び名。
ヒートシーキングミサイル
インパクト・レスリングのオースチン・エリーズが使っているトペ・スイシーダの呼び名。セカンド&サードロープの間を通り抜けて放つ低空式なのが特徴である。
ヒートスペシャル
ミノルスペシャル
ヒートボム
ブッカーT&スティービー・レイのタッグチーム、"ハーレムヒート"が頻繁に使っていた連携技。レイが相手をパワーボムで叩きつけ、続け様にコーナー最上段からダイブしたブッカーが相手にダイビングエルボードロップを叩き込む。
ヴィーナス
DRAGON GATEのCIMAが愛用しているオリジナルの打撃技。リングの方を向く体勢でコーナー最上段に相手を座らせ、自分は相手の側へと移動して両膝を大きく折り曲げる。そのあと膝を屈伸させた反動を使って伸び上がるように体をジャンプさせ、相手の顎に下から突き上げる掌底を叩き込む。自分の体を前転させてから技を決めることも多く、この技からアイコノクラズム、更にはマッドスプラッシュへと繋ぐのが闘龍門旗揚げ当時から愛用する必勝パターンである。
ビーナス固め
全日本女子プロレスのミミ萩原が使っていた奇抜なサブミッション。仰向けになった相手の両足をサソリ固めの要領で固めたあと相手の両足の間に差し込んだ右足のつま先を相手の左首筋に引っ掛け、相手をうつぶせにひっくり返さずにスタンディング式のアキレス腱固めのような感じで脇に抱えた相手の足首を痛めつける。
ビーナス固め2000
CMLLなどで活動中の下田美馬が披露したナガタロック3と同型の技。
ビーナスクラッチ
アイスリボンの藤本つかさが使っている丸め込み技。サムソンクラッチを極めたあと自分の体を軽く後ろに転がして背中をマットにつけ、相手の両足を自分の両足でがっちりと挟み込んで相手をフォールする。
ビーナスシュート
藤本つかさが愛用している三角蹴りの呼び名。アイスリボンのかつての常設会場である市ヶ谷アイスボックスにはリングが無かった為、コーナーではなく試合会場の壁や窓枠を足蹴にして技を繰り出していた。
ビーナススクリュー
藤本つかさが愛用するトルネードタニックと同型の技。
ビーナス・フライトラップ
CZWなどで活動中のブラック・ジーズが使うサブミッション。腕サソリ固めの要領で両腕を固めた相手の体をうつぶせにひっくり返し、自分の左足を相手の右脇腹の横へと移動させる。そのあと折り畳んだ左膝を相手の腰の辺りに押し付け、掴んでいた両腕を引っ張り上げることで相手の腰を痛めつける。名前は英語で"ハエトリグサ"を意味する。
ビーフパッケージ
サンボパッケージ
ピープルズエルボー
WWEのザ・ロックが使っているプロレス業界一しびれる必殺技。まず相手をスパインバスターロックボトムでマットに叩きつけ、自分は倒れた相手の頭の側に仁王立ちして右肘のサポーターを場外に投げ捨てる。そのあと人差し指を立てた両手を胸の前で交差させるように振り、続けて両腕を左右に大きく開いて相手の左サイドにあるロープに走り出す。最後に相手の体を飛び越えて今度は相手の右サイドにあるロープに向かって走り、再び相手の側まで帰ってきたところで急停止して相手の胸板に強烈なエルボードロップを叩き込む。
ピープルズハワイアンスプラッシュ
DDTで結成された"aWo"のメンバー、キング・アラモアナが使っていたフィニッシングムーブ。ロープの間をピープルズエルボーの要領で往復したあと急停止してフラダンスを踊り、仰向けになった相手をボディープレスしてフォールを奪う。
ピープルズヘッドバット
NEO女子プロレスのタニー・マウスが使っていたフェイバリットホールド。相手を仰向けに倒したあとピープルズエルボーの要領で助走をつけ、相手の胸板へヘッドドロップを叩き込む。この技を決めたあとにすぐさま相手をフォールし、カウント1でカバーをキックアウトされるや否や"スリーだろ!"と絶叫するのが定番であった。
ピープルズレッグドロップ
ECWで活躍したブルーミーニーのオリジナルムーブ。相手を仰向けに倒したあとピープルズエルボーの要領で助走をつけ、相手の喉元へレッグドロップを叩き込む。
ヒール・アンド・ニーロック
全日本プロレスで活動中の金本浩二が使用しているオリジナルサブミッション。四つん這いになった相手の左サイドに移動して相手の左腿の内側に正面から左足を引っかけ、相手の右足首を両手で掴んで背中からマットに倒れ込む。そしてその勢いで相手の体を仰向けに引っくり返し、自分の左足のつま先を自分の右膝の裏に引っかけて相手の左膝を挟み込む。最後に右足のつま先を相手の左足首にフックさせて相手の左膝を圧迫し、抱えていた右足首を捻って相手の右足の靭帯も痛めつける。
ヒールフック
ROHなどで活躍したジミー・レイヴが愛用しているスタンディングヒールホールドの名称。相手の足を捕らえたあとマットに片膝をついて足を絞り上げることが多い。
ヒールホールド
総合格闘技などでも頻繁に使われている足関節技の1つ。仰向けになった相手の右足のつま先を右脇に抱え込み、相手の右膝を自分の両足で挟み込みながらマットに倒れ込む。そして折り曲げた自分の右腕を相手の右足の踵にフックさせるように腕を巻きつけ、自分の両手をクラッチしたあと体を捻って相手の右膝の関節や靭帯を痛めつける。
ヒーロー矯正システム
東京女子プロレスのハイパーミサヲが使っているカンパーナの呼び名。
ヒーローズウェルカム
クリス・ヒーローが愛用するロール・ザ・ダイスと同型の技。
ヒーローズウェルカム・キングス・オブ・レスリングエディション
クリス・ヒーロー&クラウディオ・カスタニョーリのタッグチーム、"キングス・オブ・レスリング"が愛用しているコンビネーションムーブ。まずヒーローがリバースDDTの要領で相手の首に左腕を巻きつけ、カスタニョーリが相手の体をサイドバスターの形で左脇に抱え込む。そのあとヒーローが体を左方向に180゜錐揉み回転させると同時にカスタニョーリが相手の足を跳ね上げ、その勢いでうつ伏せにひっくり返った相手の体をヒーローがダイヤモンドカッターの形でマットに叩きつける。
ヒーローズウェルカム・チャンピオンシップエディション
クリス・ヒーローが使うオリジナルドライバー。オクラホマスタンピードの要領で右肩に担ぎ上げた相手の首の後ろに右手を回し、相手の左腕を左手で掴む。続いて自分の体に右方向への捻りを加えると同時に掴んでいた相手の左腕を引っ張り、その勢いで相手の体を仰向けに引っくり返す。最後に相手の体を前方に落下させながら尻餅をつき、相手の背中を自分の両足の間へ叩きつけてそのまま3カウントを奪う。
ヒーローズサンドウィッチ
クロス・ヒーローが愛用するダイビングムーブ。コーナー最上段からフロッグスプラッシュの要領でジャンプしたあと体を軽く捻り、仰向けになった相手にエルボードロップを叩き込む。
ヒーローズサンドウィッチ2
クリス・ヒーローが使う変形のバックブリーカー。ブリンギングダウン・ザ・ハウスの要領で相手の体を回転させたあとマットに右膝をつき、相手の背中を立てた左腿の上に叩きつける。
ヒーロ・デ・ラ・ケブラーダ
CMLLのリスマルクJr.が愛用しているフィニッシングムーブ。ケブラドーラ・コン・ヒーロの要領で持ち上げた相手の体をオクラホマスタンピードの形で右肩に担ぎ上げ、相手を担いだままその場でぐるぐると回転する。そして回転を止めたあと仰向けに裏返した相手の上半身を右脇に抱え込み、落下させた相手の背中を自分の右サイドへと叩きつける。新日本プロレスでは風車式サイドバスターとも呼ばれていた。
ビエルネス
DRAGON GATEのU-Tが使っている、ジャベタイプのホルヘスペシャルと同型の技。
飛燕原爆固め
あすなろスープレックス2
東津軽クラッチ
飯田美花が使っているヨーロピアンクラッチの呼び名。プロレスリングWAVEではクラッチツガル、アイスリボンではディスティニークラッチとも呼ばれている。
光の輪
DRAGON GATEのK-ness.が使っているウニベルサルの名称。
ビクターボム
格闘探偵団バトラーツで活躍したビクター・クルーガーが使っていた豪快な投げっ放し式パワーボム。カナディアンバックブリーカーを仕掛ける感じで相手の体を自分の右肩の方に向かってリフトアップし、相手が自分の右肩の上に座るような格好になったところで一旦静止しタメを作る。そのあと体を前傾させながら相手を抱えていた両腕のクラッチを切り、前方へと投げ捨てた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
ピクチャーパーフェクト
TNAで活躍したマット・ベントリーが使っていた、叔父であり師匠でもあるショーン・マイケルズ譲りの美しいダイビングエルボードロップ
ヴィクティマイザー
ECWやXPWで活躍したヴィック・グライムスが使っていたトレインレックと同型の技。
ヴィクティマイザー2.0
ヴィック・グライムスが使っていたランニング式のブラックアウト 
ヴィクティマイザー3.0
ヴィック・グライムスが使っていたスタイルズクラッシュの名称。
飛影
松山勘十郎が使っているスカイデスペシャルとほぼ同型の技。相手を丸め込んだあと相手の右足を右手で掴まず、自分は腹這いになりながら相手を押さえ込む。
ビクトリースタードロップ
OZアカデミーで活躍中の豊田真奈美が全日本女子プロレス時代に開発したムーブ。リングに背を向ける格好で相手をコーナー最上段に座らせ、自分もリングに背を向けた状態でコーナー最上段に登る。そのあとコーナー上で自分の体をジャンプさせ、相手の右脇に右足のつま先を、左脇に左足のつま先をそれぞれ背中の方から引っ掛ける。最後に自分の体を後方回転させる勢いで相手の体を後ろにひっくり返し、コーナーから引きずり落とした相手を後頭部からマットへ叩きつける。JWP女子プロレスで活動していた日向あずみもこの技を奥の手として使用していた。
ビクトリースパイダー
LLPWのキャロル美鳥が愛用していた裏投げバージョンのスパイダージャーマン。まずリングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、自分もコーナー最上段によじ登って相手と向かい合う形で腰を下ろす。そのあと相手の胸の方から相手の右脇に頭を潜り込ませ、相手の左肩の上に右手を、背中の方に左手をそれぞれ回して自分の両足のつま先をセカンドロープに引っ掛ける。最後に体をブリッジさせる勢いで相手の体をコーナーからリングへと投げ捨て、腹筋を使って宙吊り状態になった自分の体を引き起こす。
ビクトリータイガー
キャロル美鳥が愛用していたオリジナルスープレックス。相手の上半身を龍虎固めのクラッチで捕獲し、相手の右脇に差し込んだ右手で相手の喉を鷲掴みにする。そして体をブリッジさせる勢いで相手の体を後方へと反り投げ、肩口から相手をマットに叩きつけたあともブリッジを崩さずそのまま3カウントを奪う。
ビクトリーAクラッチ
JWP女子プロレスの阿部幸江が愛用していた変形の羽根折り脇固め。まず四つん這いになった相手の左サイドに移動し、相手の左腕を右手で掴んで持ち上げる。続いて自分の体を右方向へと捻る際に左足で相手の左腕の上を跨ぎ、相手の左腕を自分の股の間に挟み込みながら体を右方向へ更に捻る。最後に相手の首の後ろに左足を引っかけて背中からマットに倒れ込み、両手で掴んだ相手の右腕を自分の方に引き寄せて相手の首や肩を痛めつける。得意とするラ・マヒストラルと入り方が似ている為、マヒストラルと併用して仕掛けることが多い。
ビクトリアドライバー
ワールド女子プロレス・ディアナの井上京子が愛用するデンジャラスムーブ。相手をアルゼンチンバックブリーカーの要領で肩に担ぎ上げ、相手の左腿を右手で、左肩を左手でそれぞれ抱える。そのあと体を軽くジャンプさせて左半身からマットに倒れ込み、落下させた相手の後頭部や背中をマットへと叩きつける。
ヴィクトリアミラネーゼ
新日本プロレスのミラノコレクションA.T.が愛用していた、自分の両手をしっかりと繋ぎ合わせた状態で仕掛ける抱え式バックドロップホールド。旧名はバックドロップクラッチホールドであり、この技を足がかりにして見事2007年の"BEST OF THE SUPER Jr."を制覇した。
ビクトル式腕ひしぎ逆十字固め
"サンボの神様"ビクトル古賀が考案し、IGFで活動中のケンドー・カシンが得意技にしているサブミッション。相手の左手首を左手で掴んで肩を組むように相手の首の後ろに右腕を回し、相手の左腿を踏み台にして体をジャンプさせて相手の肩の上に肩車の要領で飛び乗る。そのあと体の重心を前方へと傾けることで相手の体を前転させ、背中からマットに倒れ込んだ相手の首を両足で挟みこんだまま相手の左腕を腕ひしぎ逆十字固めの要領で痛めつける。
ビクトル式膝十字固め
ケンドー・カシンや成瀬昌由など、サブミッションを主体とするレスラーが得意とするサンボ流の膝十字固め。ビクトル投げの要領で相手もろとも体を前転させ、背中がマットについた相手の左足を両手で掴み直して即座に膝十字固めに移行する。
ビクトル式300%クラッチ
ハッスルのアン・ジョー司令長官が見せた丸め込み技。相手の体をビクトル式膝十字固めの要領でマットに転がして両肩をマットにつけさせ、相手の頭を右手で、左足を左手で抱えたまま相手に覆いかぶさってフォールを奪う。
ビクトル投げ
ビクトル古賀が開発したオリジナルのビクトル投げ。まず相手の左サイドに移動して相手の左脇に背中の方から右腕を差し込み、相手の左肘のあたりを右脇に抱え込む。そのあと体を前屈みにさせて外腿の方から相手の左足の脹脛の裏に左腕を回し、相手の両足の間に正面から右足を差し込む。最後に相手もろとも体を前方回転させて相手の背中をマットにつけさせ、そのまま相手の左肘と左膝の関節を極めて相手をタップさせる。
美拳
LLPW-Xの井上貴子が使っている裏拳の呼び名。
飛行機投げ
プロレスで使われる基本的な投げ技の1つ。膝をつきながら相手の体をファイヤーマンズキャリーで肩に担ぎ上げ、仰向けにひっくり返すような感じで放り投げた相手の背中をマットへと叩きつける。
ピコニースマッシュ
PURE-J女子プロレスのコマンド・ボリショイが使っているFHと同型の技。
ピコバスターホールド
コマンド・ボリショイが愛用しているスープレックスホールド。まず相手の背後に自分の体を回り込ませ、相手の右脇に背中の方から差し込んだ右手を相手の顎の下へと回す。そのあと左腕で相手の腰を抱え込んで体をブリッジさせ、後方へと反り投げた相手を肩口からマットに叩きつけてフォールを奪う。
ピコバトロス
コマンド・ボリショイが高橋奈七永との"JWP女子プロレス認定無差別級選手権"を前に公開したクリップラークロスフェイスと同型の技。高橋が使っているアルバトルスを意識したネーミングとなっており、これ以外にもナナラッカの類似技であるピコラッカを披露したが高橋からタイトルを奪うことはできなかった。
膝固め
てこの原理を利用したニーロックとも呼ばれる古典的サブミッション。仰向けになった相手の左膝を抱え込むように両手をクラッチし、相手の左足首を股に挟み込みながらマットに倒れ込む。そのあと相手の左腿のあたりに両足をフックさせ、自分の右腕を巻き込む感じで相手の左足を折り曲げて膝の関節を痛めつける。
膝十字固め
関節技を得意とする選手が愛用するポピュラーなサブミッション。仰向けになった相手の右足を両手で掴んで持ち上げ、マットに背中から倒れこみながら相手の右膝を両足で挟み込む。そのあと相手の踵を抱えるように自分の両手をクラッチし、掴んだ足を自分の方へと引き寄せて相手の膝関節を痛めつける。
ビザロドライバー
ROHやCHIKARAで活動中のデリリアスが愛用しているLanakila-Hと同型の技。
眉山
徳島県出身レスラーである新崎人生&アレクサンダー大塚が開発した合体式原爆固め。相手の背後にアレクが、アレクの背後に人生がそれぞれ回り込み、アレクが相手の腰を、人生がアレクの腰を両手で抱え込む。そのあと相手の体を軽くリフトアップしたアレクの体を人生がジャーマンスープレックスの要領で相手ごと反り投げ、アレクが抱えた相手の体をハイアングルのジャーマンスープレックスでマットに突き刺す。
ヒジカタトッタ蔵
スポルティーバエンターテイメントの佐藤泰が使う変形のグラウンド卍固め。まず左手で掴んだ相手の右腕を相手の背中でハンマーロックに固め、相手の右足の内側に正面から左足を引っ掛けて河津落としのように相手の背中をマットに叩きつける。そのあと相手の右手足の動きを封じたまま相手の首の後ろに自分の右足を持って行き、相手の首や右腕を複合的に痛めつけてギブアップを奪う。
肘天井
プロレスリング・アライヴの末吉利啓が使っているメキシコ仕込みのジャベ。まず仰向けになった相手の左足を左手で掴んで折り畳み、折り曲げた相手の左足を相手の右膝の上に乗せて両足を4の字に固める。そのあと相手の左足首に自分の右足を引っかけて足の動きを封じ、相手の上半身を引き起こして尻餅をつかせた状態にする。最後に相手の両肩をリバースフルネルソンに捕らえて背中からマットに倒れ込み、宙吊りにするように引き起こした相手の体を痛めつける。
ビジネスクラス式エビ固め
田中稔が新日本プロレス在籍時に使っていたジャックナイフホールドの名称。名前は"ビジネスクラスばりのリクライニングでしっかり相手をフォールする"という意味を込めて命名された。
ビジュアルドライバー
DRAGON GATEのK-ness.がMAKOTOというリングネームで活動していた頃に使っていたみちのくドライバー2の名称。
ビジュアルドライバー2
MAKOTOが使っていたスナイパーFTと同型の技。
美少年殺し
AAAで活躍中のトスカーノことタルサンボーイがみちのくプロレスで披露したフィニッシャー。相手をブレーンバスターでマットに叩きつけたあと横方向に転がって起き上がり、もう一度相手をブレーンバスターでマットに叩きつける。そのあと再び立ち上がって相手の体を垂直に抱え上げ、モアイ・オブ・イースターの形で相手を顔面からマットに叩きつける。
ビスケットスター
世界プロレス協会の石橋葵が使う120%スクールボーイと同型の技。
ビスコ
OSAKA女子プロレスに登場した三崎グリ子のフィニッシングホールド。両手と片足を掲げるグリコのポーズを決めてから相手に叩き込むパントキックである。
ヒストリー・イン・ザ・メイキング
タイソン・キッド&ハリー・スミスが使っていたニアデスエクスペリエンスと同型の技。
ヴィセラドロップ
全日本プロレスなどで活躍中のビッグ・ダディがWWEのヴィセラとして活動していた頃に使っていたフィニッシャー。巨体を利したランニング式のボディープレスである。
ビターエンド
WWE NXTで活動中のピート・ダンが使っているパンプハンドル式のフラットライナー。まずパンプハンドルスラムの要領で相手の体に腕を回し、相手の体に右方向への捻りを軽く加えながら相手を宙へと抱え上げる。そのあと自分の目線の高さまで相手が浮き上がってきたところで掴んでいた相手の左腕を離し、空中で顔が下を向く格好になった相手の顎の下に左腕を回す。最後に相手の首を左手で抱えたまま背中からマットに倒れ込み、うつ伏せの状態で落下してきた相手の顔面をマットへ強かに打ちつけさせる。
飛打キャッチα
ZERO1の日高郁人が使う丸め込み技。相手の正面で自分の体を前転させたあと相手の股の下をスライディングの要領で潜り抜け、相手の左足首を右手で、右足首を左手で掴んでバランスを崩した相手を前のめりに倒す。続いて自分の体を後転させて四つん這いになった相手の左サイドに着地し、背中の方から相手の左脇に自分の右足を引っかける。最後に相手の右肩を左手で、右腿を右手で抱え込んで自分の体を前方回転させ、その勢いで仰向けにひっくり返った相手の両肩をマットにつけてフォールを奪う。
飛打キャッチ0
日高郁人が使っている飛打キャッチシリーズの1つ。ジャーマンスープレックスホールドを決めたあと両足でマットを蹴り、その反動を使って自分の下半身を後方に回転させる。そして再びマットに着地したところで相手の左足を両手で掴み直し、掴んだ足を膝十字固めに捕らえタップを奪う。
飛打キャッチ3
日高郁人が愛用している飛打キャッチシリーズの1つ。スピニングレッグロックで左足を極めたあと相手の右膝の裏に相手の左足を添え、右方向に体を転がして相手をうつぶせにひっくり返す。そのあと相手の左足を挟み込むような感じで相手の右足を折り畳み、相手の右足首をアンクルロックで絞り上げる。
飛打キャッチ5
日高郁人が使っている飛打キャッチシリーズの1つ。正面から相手の両足目掛けて低空タックルを決め、背中からマットに倒れた相手の右足を左脇に抱え込む。続いて折り曲げた相手の左足を相手の右膝の裏に添え、体を右方向に転がしながら相手の両足を自分の両足で挟み込む。最後に仰向けになった相手の左足の踵を抱えるように両手をクラッチし、相手の両足をクロスヒールホールドに捕らえる。
日田丸式パイルドライバー
九州プロレスの佐々木日田丸が使っているゴッチ式パイルドライバーの呼び名。
ヒダルゴ
DRAGON GATEのYAMATOが米国武者修行後に使い始めたフィニッシングムーブの1つ。相手の体をマッチキラーの要領で振り回したあと右半身からマットに倒れ込み、うつ伏せの状態で落下させた相手の体を自分の右サイドに叩きつける。
ビタワンバスター
大阪プロレスのペロが愛用していたフィニッシングムーブ。相手の体を水車落としの要領で右肩に担ぎ上げたあと上半身を右方向へ軽く捻って反動をつけ、上半身を左方向へ振った勢いで相手の体を左方向へ180゜水平旋回させる。そのあと相手の背中を左手で押さえつけながらマットに尻餅をつき、うつぶせの状態で落下させた相手の体を自分の左サイドに叩きつける。マスクを脱いで素顔の高井憲吾になるとハングリークラッシャーに名前が変化する。
飛鳥落とし
KAIENTAI-DOJOのヒロ・トウナイが使っているランニングジャンピングハイキックの呼び名。
ビッグアップル
WCWで活躍したブッカーT&スティービー・レイの兄弟タッグチーム、"ハーレムヒート"が使っていたコンビネーション。レイが相手をフラップジャックの要領で抱え上げ、ロープに飛んだブッカーが相手の顔面をハーレムサイドキックで蹴り飛ばす。
ビッグウェイブラリアット
二瓶組のザ☆モンゴルマンが愛用していた打撃技。ロープから返ってきた相手の顔面に裏拳を叩き込み、そのまま体を回転させてもう一方の腕で相手にラリアットを炸裂させる。
ビッグエックス
格闘探偵団バトラーツで活躍したビクター・クルーガーが愛用していた豪快なラリアットの呼び名。
ビッグエンディング
WWEのビッグ・E・ラングストンが使っているフィニッシャー。まず相手の体をオクラホマスタンピードの要領で右肩に担ぎ上げ、両足を前に投げ出すようにジャンプする。そのあと相手の胴体を両手で抱え込んで背中からマットに着地し、うつぶせの状態で落下させた相手の顔や胸を豪快にマットへ叩きつける。
ビッグカフナ
WWEのタイラー・レックスがファーム団体のFCWで使っていた低空式ムーンサルトプレス。相手を仰向けに倒したあとリングに背を向けた状態でコーナーのトップロープを掴み、体をジャンプさせてコーナーのセカンドロープに両足で飛び乗る。そのあとロープから腕を離しつつ体を270゜後方回転させ、仰向けになった相手をボディープレスしてフォールを奪う。
ビッグクランチ
新日本プロレスやプロレスリング・ノアで活躍したベイダーが使う急角度の投げっぱなしパワーボム
ビッグサンダードライバー
CZWのネイト・ヘイトリッドが愛用していたファイヤーサンダーと同型の技。
ビッグサンダーマウンテン
DDTプロレスリングで結成された一宮章一、三和太、諸橋晴也のユニット、"一宮軍"が使っていた連携殺法。倒れた相手に3人が連続でダイビングフットスタンプを叩き込む。
ビッグサンプ
WWFで活躍したジャンクヤードドッグが愛用していたパワースラムの名称。彼を敬愛するロドニー・マックが同様の名称で技を愛用していた。
ビッグスプラッシュ
とぶばい
ビッグスリープ
WWEのビッグショーが愛用する豪快なサブミッション。コブラクラッチに捕らえた相手の体を高々と抱え上げたあとマットに右膝をつき、落下させた相手の背中を立てた左腿の上に叩きつける。そのあと相手の体に体重をかけ、首を締め上げながら相手の背中を弓なりに反り上げていく。
ビッグチョップ
KAIENTAI-DOJOのKAZMAが使う相手の脳天への唐竹割り気味のチョップ。通常の一発の他にコーナーからのダイビング式も得意としている。
ビッグディックドライバー
ECWのビッグディック・ダッドリーが使っていたMJディライトと同型の技。
ビッグハイアーデモリッション
大森隆男と高山善廣のタッグチーム、"ノー・フィアー"が使っていた合体殺法。まず向かい合った相手の右サイドに高山が、左サイドに大森がそれぞれ移動し、相手の体を2人がかりのパワーボムで抱え上げる。そのあと相手の左足を高山の左肩の上に、右足を大森の右肩の上にそれぞれ着地させ、高山が相手の背中に右手を、大森が相手の背中に左手を添える。最後に相手を抱えたまま軽く助走をつけ、前方へと投げ捨てた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
ビッグパッケージ
WWEのバル・ヴィーナスが使っていたフィッシャーマンズスープレックスホールドの名称。
ビッグパッケージホールド
プロレスリング・ノアの森嶋猛が使っていた丸め込み技。前屈みになった相手の首の後ろに正面から右腕を回し、左手で掴んで持ち上げた相手の右腕を自分の首の後ろに引っ掛ける。続いて外腿の方から相手の左腿の裏に左手を回し、相手の体を前方に転がして背中をマットにつけさせる。最後に相手の体に腕を絡めたまま自分の体を前方にブリッジさせ、そのまま相手の体を押さえ込んでフォールを奪う。
ビッグバンクラッシュ
べイダーが使うランニング式のボディープレス。170kg近い巨体で押し潰されるので破壊力は計り知れない。
ビッグ・ヴィトースペシャル
パイソンプラント
ビッグファイヤー
相手の顔目掛けて炎を吹きつける凶悪な反則技。日本では大仁田厚やミスター・ポーゴ、海外ではAAAのアビスモ・ネグロが代表的な使い手として知られている。
ビッグファット・キル
PWGで活躍したスコット・ロストのフィニッシャー。形は絶縁と同型。
ビッグブーツ
海外の大型選手が愛用する打撃技。助走をつけながら自分の片足をマットと水平の高さになるまで持ち上げ、相手の顔面を突き出した足の裏で豪快に蹴り飛ばす。
ビッグフット
ハッスルのヒマラヤン・ビッグフットが愛用していたビッグブーツの名称。
ビッグヘッドトレイン
近藤修司&"brother"YASSHIが使っていた合体殺法。まず相手をコーナーへハンマースルーし、近藤がYASSHIをオクラホマスタンピードの要領で持ち上げる。そのあと近藤がコーナーにいる相手に向かって突進し、YASSHIの頭を相手の胸板目掛けて勢い良く叩きつける。
ビッグベン
全日本プロレスで活躍したジョニー・スミスが使っていた腕殺しコンビネーション。左手で掴んだ相手の右腕を捻り上げながら相手の体を自分の方へと引き寄せ、ミリタリープレスの要領で相手をリフトアップする。そして相手を背中からマットに落としたあと掴んでいた右腕を両足で挟み込み、足の力を使って腕を折り畳むことで相手の右腕の関節を痛めつける。
ビッグベンエッジ
プロレスリング・ノアのハロウィン興行に登場したケビンマスクのフェイバリットホールド。まず相手の腰に左腕を回しながら相手の背後に回り込み、右手で掴んで持ち上げた相手の右腕を自分の首の後ろに回す。続いて腿の裏の方から相手の股の間に差し込んだ右手で正面にある相手の左腕を掴み、肩の高さまでリフトアップした相手の体を右方向に水平旋回させる。最後に相手の右肩に左手を添えながら開脚ジャンプをして相手の胴体を両足で挟み込み、そのまま尻餅をついて相手の後頭部や背中をマットへ叩きつける。
ビッグボーイ
近藤修司&"brother"YASSHI"が使っていた二ア・デスエクスペリエンスと同型の技。
ビックポンプブーツ
KAIENTAI-DOJOで活躍しているYOSHIYA&JOEのコンビネーション。JOEが相手の頭部をポンプキックで蹴り上げ、それと同時にYOSHIYAがビッグブーツを放って相手の顔面を蹴り飛ばす。
ビッグマック
DDTプロレスリングのThe MACが使っていたセカンドロープからのダイビングボディープレス
ビッグO
リッキー・オーティズがWWEで愛用していたランニング式のボディープレス。相手の側で体を高々とジャンプさせ、背中を弓なりに反らせながら技を決めるのが特徴である。
ビッグRプレス
DRAGON GATEのビッグR清水が使うダイビングボディープレスの呼び名。
引越しスープレックス
有限会社レスラーズ運輸代表のアブドーラ小林が使う、エプロンから場外目掛けての断崖式バックドロップ
必殺ミサイルキック
プロレスリングFREEDOMSの杉浦透が使っている、打点の高さと空中姿勢の美しさを兼ね備えたミサイルキック
ビッシビシボム
DDTプロレスリングの蛇界1号が使っていたトルネードボムの名称。
ビッチクランプ
ECWやWWEで活躍したジャズが愛用していた女性とは思えないパワーを使った拷問技。相手の上半身をタイガースープレックスのクラッチで抱え、そのまま相手の体を宙に持ち上げて両肩を痛めつける。
ピッツバーグプランジ
ECWやWCWで活躍した"フランチャイズ"シェーン・ダグラスが使っていたフィニッシャー。まずフィッシャーマンバスターの要領で相手をマットに叩きつけ、腕のクラッチを解かずに自分の体を後ろへと転がす。そのあと両肩をマットにつけた相手の左足を両足で挟み込み、そのまま相手を押さえ込んでフォールを奪う。
ビット
鈴木鼓太郎が使うハンドスプリングエルボーの名称。
ヒット・ザ・シャワー
WWEのアレックス・ライリーがファーム団体のFCWで愛用していたフィニッシャー。相手の体をカナディアンバックブリーカーの要領で右肩に担ぎ上げ、相手の首を抱え込むように自分の両手をクラッチし直す。そのあと自分の両足を前に投げ出して背中からマットに倒れ込み、落下させた相手の後頭部や背中をマットへと叩きつける。現在はユア・ディスミストの別の名前としてこの名称が使われている。
ピットストッププランジ
ハードコア・ホリーがWWFで使っていたディスティニーハンマーと同型の技。
ヒットマンラリアット
全日本プロレスで活躍した阿修羅原が使っていたラリアットの名称。
ヒットラティーノ
プロレスリング・ノアなどで活動中のリッキー・マルビンが使うコークスクリューネックブリーカーの名称。
ヒップアタック
相手に背中を向けるように体を捻りながら臀部を後ろに突き出し、相手の顔や胸に自分の臀部の尾てい骨部分を叩きつける打撃技の総称。越中詩郎の代名詞とも言えるムーブであり、助走をつけてのジャンピング式、コーナー最上段からのダイビング式とバリエーションも豊富である。
ヒップトス
一般的には腰投げと呼ばれるオーソドックスな投げ技。まず向かい合った相手の右腕を左手で掴み、相手の左脇に胸の方から差し込んだ右手を相手の腰に回す。そのあと相手の腹部に自分の腰を密着させながら体を左方向に捻り、掴んでいた右腕を引っ張って相手の体を前方に巻き投げる。
ヒップドロップ
巨漢レスラーが使う体重を利したプレス技。仰向けになった相手の頭の方を向きながら相手の体を両足で跨ぎ、そのまま尻餅をつくように倒れ込んで相手の胸板の上に尻から着地する。
ヒップバット
越中詩郎が愛用している打撃技。膝をついた相手の頭を右手で掴んだあと自分の体を左方向へと捻り、臀部の尾てい骨のあたりを相手の頭部へと叩きつける。
ヒップホップドロップ
WWFで活躍したグランマスター・セクセイことブライアン・クリストファーが使っていたフィニッシャー。コーナー最上段に登ったあと顔に自前のゴーグルを装着し、仰向けになった相手の首にダイビングギロチンドロップを叩き込む。旧名はテネシージャム
飛天
ブリザードスパイラル
秘伝でんでんクラッチ
OSAKA女子プロレスのフェアリー日本橋が使うGAMI直伝の丸め込み技。河津落としの要領で捕らえた相手と共に後ろに転がり、相手が四つん這いになったところで回転を止めて相手の右脇に背中の方から右腕を差し込む。そのあと相手の後頭部を左手で、相手の左腕を右足でそれぞれ押さえつけながら自分は腹這いに倒れ込み、両肩がマットについた相手の体を押さえ込んで3カウントを奪う。
人喰いブリッヂ
大阪プロレスに登場した人喰い直貴の必殺技。うつ伏せになった相手の右サイドに移動して相手の背中に頭を押し当て、自分の体を前方にブリッジさせたあと両手で腕組みをして相手の背骨を痛めつける。
非道クラッチ (1)
FWMやWEWで活躍したBADBOY非道が使う外道クラッチと同型の技。
非道クラッチ (2)
WPFの刺客としてZERO1に登場したMr.レスリング3のフィニッシングムーブ。形は雁之助クラッチと同型。
非道ちゃんボンバー
BADBOY非道が愛用しているラリアットの名称。
ひとり眉山
アパッチプロレス軍の橋本友彦が使っているその名の通り1人で行う眉山ジャーマンスープレックスを狙う相手の背後に回り込み、技を仕掛けようとする相手の腰を両手で抱え込む。そのあと自分1人の力のみを使って2人の体をまとめて持ち上げ、投げっ放しジャーマンで2人を強引に反り投げる。
美男子プレス
円華がKAIENTAI-DOJOのSuperXとして活動していた頃に使っていたフェニックススプラッシュの名称。
ヒノスープレックス
火野裕士が使うエクスプロイダーの名称。
火の玉ボム
ユニオンプロレスなどで活動中の菊地毅が使っているフェイバリットホールド。まず相手の背後に回り込んで背中の方から相手の右脇に頭を差し込み、相手の股を右手で、左肩を左手でそれぞれ抱える。そのあと相手の体を上下逆さまにするような感じで抱え上げながら尻餅をつき、落下させた相手の背中を自分の両足の間へ叩きつけてフォールを奪う。
火の玉ロック
菊地毅が使っている複合サブミッション。相手の左足をスピニングトーホールドの要領で痛めつけたあとマットに右膝をつき、右足に絡みついていた相手の左足を自分の右膝の間に挟み込む。続いて相手の上半身を引き起こして尻餅をつかせた状態にし、相手の首の後ろに左腕を回して頭を抱え込む。最後に相手の右腕を右手で掴んで自分の体を右方向へと軽く捻り、相手の首・脇腹・足などを複合的に痛めつける。
ヒノハカマ
ツトム・オースギが使っている変形の首固め。走ってきた相手の体にエクスプロイダーの要領で腕を絡め、尻餅をつくようにマットに倒れ込む勢いで相手の体を前方へと転がす。そして相手の両肩がマットについたところで自分の背中をブリッジをするように仰け反らせ、そのまま相手の体を押さえ込んでフォールを奪う。
日の丸固め
ソル・ナシエンテ
ビバ!ジャイアンツ
読売ジャイアンツで活躍したウォーレン・クロマティがハッスルで披露したムーブ。しゃがみこんだ相手の胸板を野球仕込みの強烈なスライディングキックで蹴り飛ばす。
ひまわり
DRADITIONの田島久丸が愛用しているスパイシードロップと同型の技。
ヒムロックからの回し蹴り
大日本プロレスのアブドーラ小林が使っているムーブの1つ。膝をついた相手の正面に回り込んだあと右手と左手を交互に上げ下げしながらステップを踏み、続けざまに相手にドラゴンキッカー気味の蹴りを叩き込む。WWEに移籍した中邑真輔がボマイェをキンシャサに技名変更したのに乗じ、中邑同様に体を滾らせてから技を仕掛けていくムーブをカモイェという名前で使うようになった。
白夜
DRAGON GATEの吉野正人が披露した腕に極める4の字固め。尻餅をついた相手の左腕を両手で掴んで自分の体を右方向へと捻り、相手の左腕の上を左足で跨いで相手の左腕を股の間に挟み込む。続いて相手の両足の間に自分の両足を移動させて相手の右腕を左手で掴み、折り曲げた相手の左腕を相手の右腕の上へと乗せて両腕を4の字に固める。最後に相手の左手首の上に自分の左足を引っ掛けて背中からマットに倒れ込み、体重を後ろにあずけながら両手で掴んだ右手首を捻って相手の右肘の関節を痛めつける。
飛鬼邪行
大日本プロレスの"黒天使"沼澤邪鬼が使っているセントーン・アトミコの名称で、名前の読み方は"ひゃっきじゃこう"。凶器を乗せた相手に対して見舞うことが多く、電気を点した蛍光灯を乗せた相手への一撃はと呼ばれる。
白虎
GAEA JAPANなどで活躍したシュガー佐藤が愛用していたSTOの名称で、旧名はS"A"TO。ロープから返ってきた相手へカウンター気味に見舞うことが多かった。
桧山スペシャル
大阪プロレスのタイガースマスクが使う羽根折り脇固めの名称。入り方の違いによって1号、2号などの番号が名前の後ろに付けられるらしい。
ピュアインパクトドライバー
CZWで活躍していたデレク・フレイジャーのフィニッシャー。相手の首をリバースDDTの要領で右脇に抱え込んだあと背中に左腕を回し、相手の体を垂直になるまで持ち上げる。そのあと内腿の方から相手の左腿の裏に左手を回して背中から倒れ込み、落下させた相手の後頭部を強かにマットへ打ちつける。
ヒューストンハングオーバー
ハーレムハングオーバー
ビューティーマーク
インパクト・レスリングのベルベット・スカイが使っているラングブロアーと同型の技。
ビューティーT
ベルベット・スカイが使うDDTの呼び名。相手の頭を捕らえたあと片足を後ろに軽く振り上げ、勢いをつけてから技を決めるのが特徴である。
ビューティフルスパイク
新日本プロレスの邪道が使っている変形のスイングネックブリーカードロップ。前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回したあと相手の左腕を右手で掴み、相手の顎の下へと持っていった左腕を左手で掴み直す。そして体を左方向へ180゜錐揉み回転させて背中からマットへ倒れ込み、その勢いで仰向けにひっくり返った相手の後頭部や背中をマットへ叩きつける。
ビューティフルディザスター
WWEのコーディ・ローデスが愛用しているムーブ。形はロウ・キーが使うタイダルウェイブと同型だが、ロープだけでなく階段などの障害物を踏み台にして技を繰り出すこともある。
ビューティフルパントキック
邪道が愛用している、WWEのランディ・オートンが使うパントキックをアレンジした打撃技。相手を倒したあとコーナーまで一旦後退して距離をとり、相手が体を起こそうとするのを待ち構える。そのあと四つん這いになった相手に助走をつけて近づき、振り上げた右足の甲で相手の腹部を下から蹴り上げる。
ヒューマントーチ
アパッチプロレス軍の金村キンタローが使うナイアガラドライバーと同型の技。
ヒューマントルネード
大阪プロレスの兜王ビートルが愛用していた、ビル・ロビンソン直伝の雪崩式ダブルアームスープレックス。相手を後ろに放り投げるのではなく、反り投げた相手に体を浴びせ掛けるように落下するのが特徴。
豹魔殺し
暗黒プロレス組織666の宮本裕向が愛用するカウンター式のフロントスープレックス
ひよどり越え
みちのくプロレスの義経が愛用していたエアリアルムーブ。相手を場外に落としたあと場外に背を向けてエプロンに立ち、両手でトップロープを掴んで体をジャンプさせる。そしてセカンドロープへと飛び乗ったあと体を翻すように場外へジャンプし、空中で体を右方向に360゜錐揉み回転させながら相手に体当たりする。
ヒライボトム
全日本プロレスの平井伸和が使っているロックボトムの名称。この技で叩きつけた相手を即座に横十字固めで丸め込むとヒライエンドになり、別人格のヒールレスラーであるヘイト、スーパーヘイトに変身して技を使うと呼び名がそれぞれヘイトボトム、スーパーボトムに変化する。
ヒラタロック
DDTプロレスリングに登場したヒラタコレクションA.T.の必殺技。形はA.T.ロックと同型。
ヒラボトム
新日本プロレスのヒデオ・サイトーこと平澤光秀が愛用していたロックボトムと同型の技。
ピラミッド固め
ジャベ・デ・ピラミデ
ピラミッドドライバー
堀田由美子が全日本女子プロレス時代から愛用しているクロスアーム式のシットダウンパワーボム。前屈みになった相手の頭を自分の股の間に正面から挟み込み、相手の右脇腹に左腕を、左脇腹に左腕を回す。続いて相手の胸の方に持って行った右手で相手の右腕を、左手で左腕をそれぞれ掴み、掴んだ両腕を相手の胸の前で交差させる。最後に相手の体を仰向けにひっくり返すように抱え上げながら尻餅をつき、落下させた相手の背中を自分の両足の間へ叩きつけてフォールを奪う。
ピラミッドドライバーEX
堀田由美子が切り札として使っている急角度のピラミッドドライバー。ロープに振った相手の体をケブラドーラ・コン・ヒーロの要領で持ち上げ、相手の体をカナディアンバックブリーカーの形で右肩に担ぎ上げる。続いて相手の右腕を右手で、左腕を左手でそれぞれ掴み、掴んだ両腕を相手の胸の前で交差させる。最後に相手の体を前方へ滑り落としながら尻餅をつき、相手の後頭部を自分の両足の間へと叩きつけそのまま3カウントを奪う。別名はミラクルピラミッドドライバー
ビリーケンダスト
ビリーケン・キッドが使う変形のダイヤモンドダスト。エプロンに移動したあとリングにいる相手の首をリバースDDTの要領で右脇に抱え込み、トップロープの上を飛び越えるような感じで体をジャンプさせる。そのあと空中で体を360゜前方回転させて相手の正面に尻餅をつく形で着地し、その衝撃で相手の喉にスタナーを叩き込む。
ビリーケンドライバー
ビリーケン・キッドが使うキッスユアXグッバイと同型の技。
ビリーゴート・カース
シカゴクラブ
ビリケン倒し
プロレスリングWAVEなどで活動中の華名がかつて多用していたフィニッシングホールド。尻餅をつかせた相手の正面にあるロープに跳んで助走をつけ、相手の顔面へ低空のヒップアタックを叩き込む。
ビリドッキングヘッドロック
ビリーケン・キッドが愛用するストラタスファクションの名称。
飛龍親子絞め
DRADITIONの藤波辰爾と、その息子であるLEONAが披露した合体殺法。藤波が相手にドラゴンスクリューからの足4の字固めを極め、もがく相手の上半身をLEONAがドラゴンスリーパーホールドに捕らえる。
飛龍原爆固め
ドラゴンスープレックスホールド
飛龍雪崩落とし
DRADITIONの藤波辰爾が使う雪崩式ブレーンバスターにかつて付けられていた呼び名。
飛龍風車固め
藤波辰爾が新日本プロレス時代に行った欧州遠征後に使い始めたサブミッション。ダブルアームスープレックスでマットに叩きつけた相手の両肩を宙に浮かせ、自分の体をブリッジさせたまま相手の両肩を絞り上げてタップを奪う。
ビリンコバスター
ビリーケン・キッドが愛用しているブロンコバスター系のムーブ。相手をコーナーの下に寄りかからせるように座らせたあとコーナーのトップロープを両手で掴み、トップロープの上に両足で飛び乗る。そのあとトップロープを掴んだまま体をジャンプさせて背中を大きく仰け反らせ、コーナー上で逆立ちをするような格好になる。最後に両足を大きく開きながら体を急降下させ、倒れている相手をヒップドロップ気味にプレスする。
ヒルサイドストラングラー
レインマンことコリー・チェイビスが使っている刀狩と同型の技。
ビルディングボム
FMWやWEWで活躍した保坂秀樹が愛用していたフィニッシングホールド。相手をラストライドの要領で抱え上げたあとマットに尻餅をつき、前方に放り投げた相手を背中からマットに叩き落とす。
ヒレ折り固め
DRAGON GATEのベーカリー八木が闘龍門でペスカトーレ八木と名乗っていた頃に使っていたジャベ。相手の正面で体をジャンプさせて相手の胴体を両足で挟み込み、相手の頭の後ろに両手を回しながら体を後転させる。そのあとマットに尻餅をついた相手の頭を自分の股の間に挟みこみ、相手の両腕をリバースフルネルソンに捕らえてタップを奪う。ベーカリー八木と自身の名前を改めると同時に技の名前もバターロールに変化した。
ビレッジパワーボム
全日本女子プロレスのボンバー光が使っていたジャンボスープレックスの名称。
ピローアームロック
V2アームロック
ヒロキーヤ
CMLLで活躍中のHIROKAが使っているLanakila-Hと同型の技。
ヒロキック
プロレスリング・ノアのHi69が使用している打撃技。まず相手の正面に立って相手に背中を向けるように体を捻り、自分の左足を軽く後ろに振り上げる。そのあと右足を軸にして体を左方向へ回転させ、相手の顔面を振り上げた左足の裏で豪快に蹴り飛ばす。
ヒロクラッチ
KAIENTAI-DOJOのヒロ・トウナイが使っている変形首固め(仮)と同型の技。2009年2月に行われた"KAIENTAI-DOJOという名のタッグリーグ戦"決勝戦でこの技を初公開し、見事同タッグリーグを制覇した。
ピロシキバスタードロップ
SPWFの超人勇者Gヴァリオンが使っていたハリケーンクランチの名称。
広瀬川
レスリングドリーマーズの広瀬隆が使っていたF-5の名称
弘大附中締め
gosakuが使っている刀狩と同型の技。
ひろみバスター
闘龍門MEXICOの堀口ひろみが愛用していたこうもり吊り式のネックブリーカードロップ。こうもり吊りの要領で相手を逆さ吊りに担ぎ上げて自分の体を左方向に軽く振り、その勢いで相手の上半身を自分の右側へと持って行く。そのあと交差した相手の両足の上に左腕を添え直し、左首筋の方から相手の首の後ろに右腕を巻きつけて相手の頭を抱え込む。最後に振り上げた右腿を相手の後頭部に密着させてマットに左膝をつくように腰を落とし、その衝撃で相手の首や後頭部に痛みを走らせる。
ひろよストーン
OZアカデミーやスターダムで活躍中の松本浩代が使っている両足を用いた東海道落としアルゼンチンバックブリーカーの要領で両肩に担ぎ上げた相手の体を両手で下からプッシュアップし、空中でうつ伏せにひっくり返した相手の体を自分の正面へと落下させる。そのあと自分は背中からマットに倒れ込みながら膝を突き出すように両足を折り畳み、落ちてきた相手の腹部に突き立てた両膝をめり込ませる。
ひろよんボム
ZERO1に登場したマスクド・ひろよんが見せたジャンピングパワーボムの呼び名。
ピンクラッチ
スティーブ・コリノがZERO1でピンク色のタイツを着込んでいた時に使っていたキドクラッチの名称。その後はKIDOクラッチ策略固めと次々と呼び名が変わっている。
ピンチェ・ロコ
新日本プロレスのエル・デスペラードが使うリバースタイガードライバーの呼び名。
ヒンドゥーサルト
GFWなどで活動中のサンジェイ・ダットが使う猿飛びプランチャ1号と同型の技。
ヒンドゥープレス
サンジェイ・ダットが使っているフェニックススプラッシュの名称。ザ・モンスターJとして活動していたハッスルではJスプラッシュと呼ばれていた。
ピンドン
DDTプロレスリングで活躍していた美月凛音の得意技。形は逆打ちと同型。
ピンナップストロング
WWEのナタリアが使っているダンシングツリーと同型の技。
ピンプジュース
新日本プロレスの高橋裕二郎が使っているムーブ。ショーン・デバリが使うWMDと同型の低空式DDTで、この名前になる以前は変形DDTと呼ばれていた。
ピンプドロップ
WWEで活躍したゴッドファーザーが愛用していたデスバレーボムの呼び名。相手を肩に担いだあとリングの中をぐるりと回ってからマットに叩きつけることが多かった。
ピンボールジャックナイフ固め
KAIENTAI-DOJOの旭志織が使っている丸め込み技。まず相手の体をローリングバッククラッチで丸め込み、カバーをキックアウトしようとした相手に背中を押された勢いを保ったまま目の前にあるロープに向かって走り出す。そしてロープ際まで来たところで体を反転させて背中からロープに接触し、なおも倒れている相手の体を加速をつけたジャックナイフホールドで続けざまに丸め込んで3カウントを奪う。
ビンボプラント
ブードゥースラム
ピンポンパン
DDTプロレスリングの高木三四郎がかつて愛用していた空中殺法。まずリングの方を向いた状態でコーナーのセカンドロープによじ登り、体をジャンプさせてトップロープの上に両足で着地する。そのあとロープを蹴ってリングへとジャンプし、相手の胸板に強烈なミサイルキックを打ち込む。