.
居合抜きラリアット
小橋建太が使っていた居合抜きを思わせるラリアット。倒れている相手の頭を左手で鷲掴みにして相手を無理やり引き起こし、自分の上半身を右方向に軽く捻って右腕を振りかぶる。そのあと上半身を左方向に振ると同時に右腕を勢い良く振り抜き、相手の喉元を強烈なラリアットで刈り取る。
一二三四
"リトル☆ギャラクシー"の旭志織&大石真翔が愛用していた華麗なコンビネーション。まず旭がロープの側で相手にレッグシザーズを仕掛け、セカンドロープに凭れかかるように倒れこんだ相手の顔面を大石が場外から蹴り上げる。続いて旭がコーナー最上段からのダイビングフットスタンプを仰向けに倒れ込んだ相手に叩き込み、場外にいた大石がコーナー右隣にあるエプロンへとよじ登ってトップロープを両手で掴む。最後にトップロープを飛び越えた大石がコーナー左隣のセカンドロープの上に着地し、倒れている相手をライオンサルトの要領でプレスしフォールを奪う。名前の読み方は"イーアルサンスー"。
イーグルキャノンボム
LLPWのイーグル沢井が愛用していたフィニッシングムーブの1つ。カナディアンバックブリーカーの要領で相手の体を高々とリフトアップし、相手が右肩の上に座るような格好になったところで一旦静止する。そのあと腿の裏の方から相手の股の間に右腕を差し込んで前のめりに倒れ込み、前方に落下させた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。スカイハイチョークスラムと同じようにコーナーに座らせた相手をマットに叩きつけるタイプも愛用していた。
イーグルドライバー
全日本プロレスに参戦していたジ・イーグルのフィニッシャー。形はハインズドライバーと同型で、コーナーの上から放つ雪崩式の一発も得意としていた。
イーグルネルソン
全日本プロレスのゼウスが使っているマスターロックに似た拷問技。フルネルソンに捕らえた相手の体を左右に大きく揺さぶったあと相手に尻餅をつかせ、相手の左足の内側に自分の左足を引っ掛けた状態で相手の首や肩を痛めつけていく。
イージーマネー
ROHなどで活躍中のケニー・キングが使っている桜吹雪と同型の技。
イーストリバー・クロッシング
WWEのビック・キャスが使うフジヤマドライバーと同型の技。
イーディー
ZERO1などで活躍中の菅原拓也がKAMIKAZEとの"緑AWA選手権挑戦者決定戦"を前に披露したムーブ。形はKAMIKAZEがトコジョーズという名前を付けて愛用しているグラウンドコブラと同型で、床上手と対極の位置にある男性機能不全のEDを名前に冠している。
イート・ダ・フィート
コルト・カバナが愛用しているソールフードと同型の技。
イートディフィート
TNAで活躍中のゲイル・キムが使っているソールフードと同型の技。
イーブンフローDDT
ECWやWWEで活躍したレイヴェンが愛用している形の美しいDDT。まず前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回して頭を抱え込み、右手を天に掲げて観客にアピールする。そのあと背中からマットに倒れ込みながら自分の両足をマットと水平の高さになるまで振り上げ、抱えていた相手の頭をDDTの形でマットへ打ちつける。別名はレイヴェンズエフェクト
イールシューター
吉田万里子がアルシオン時代に開発した拷問サブミッション。まずうつ伏せになった相手の左足を左手で掴んで足を折り畳み、相手の左足の腿と脹脛の間に出来た隙間に内腿の方から自分の右足を差し込んで相手の左足首を右腿の裏で押さえつける。続いて左手で掴んで折り曲げた相手の右足の足首の上に自分の左足を引っ掛け、更に自分の左足のつま先を相手の右腿の内側にフックさせることで相手の両足の動きを封じる。最後に足を極めたまま相手の左サイドの方へと倒れ込んで相手の右脇に背中の方から左腕を差し込み、相手の頭を抱えるように自分の両手をクラッチして相手の首・背骨・足関節などを複合的に痛めつける。
イエスロック
ノーロック
イエロ
DRAGON GATEのU-Tが使っているジャベの1つ。向かい合った相手の右上腕部を左脇に抱え込み。更に相手の左前腕部を右手で掴む。そのあと相手の左肘のあたりを左手の手のひらで押さえつけつつ相手の左腕を捻り、相手の左肘の関節を痛めつける。イエロはスペイン語で"氷"を意味する。
イエローイエローハッピー
脇澤美穂がスターダム在籍時から使い始めた、風香直伝のFクラッシュに付けられた呼び名。
イエロージャケットスープレックス
WCWで活躍したバフ・バグウェルが使っていたフィッシャーマンズスープレックスホールドの名称。
イェヒンラ
バラモン・シュウ&バラモン・ケイの"バラモン兄弟"が円華を相手に見せた切り返し技。円華がシュウにランヒェイを決めた際にケイが円華の顔目掛けてパウダーを投げつけ、視界を遮られて狼狽する円華の体を後ろに転がしたシュウが逆に3カウントを奪う。
イオ・ギャラクシーメテオ
スターダムなどで活躍中の紫雷イオが使っている助走つきのスタンディングシューティングスタープレス
イオ・デ・ジャネイロ
紫雷イオが愛用している丸め込み技。ウイングクラッチホールドの要領で体をブリッジさせたあと両腕のフックを外して自分の上半身を起こし、丸まった相手の上に跨るような格好でフォールを奪う。
雷 (1)
プロレスリング・ノアの中嶋勝彦が使っている打撃技の1つ。相手を前屈みにさせたあとブラジリアンキックの要領で右足を打ち出し、振り下ろした右足の甲で相手の後頭部を蹴り飛ばす。
雷 (2)
飛鬼邪行
雷 (3)
玄界灘
雷槌
大阪プロレスの秀吉が使っていたジャックハマーの呼び名。名前は"いかづち"と読む。
イカリ
スターダムの宝城カイリが使っている変形の逆エビ固め。逆エビ固めの要領でうつぶせにひっくり返した相手の両足首を交差させ、相手の右足のつま先を右手で、左足のつま先を左手で掴み直して相手の背骨を強烈に反り上げる。
怒りの青いイナズマ
ハッスルのハッスル仮面ブルーが使っていたファイヤーバードスプラッシュの名称。
イグチスラム
ZERO1の日高郁人が愛用している変形のアングルスラム。まず前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回して相手の頭を抱え込み、相手の左脇に背中の方から頭を潜り込ませる。そのあと相手の右腿を右手で内側から抱えて上半身を起こし、素早く後ろに倒れ込んで相手を背中からマットに叩きつける。
イグチドライバー
H8U
イグチボム
格闘探偵団バトラーツで活躍した井口摂が開発し、現在はZERO1の日高郁人が愛用しているテクニカルなパワーボム。まず相手が右足で放ったキックを左脇でキャッチし、自分の背中の方に回した右手で相手の右足首を掴む。続いて自由になった左手で相手の右腿を内側から抱え直し、更に右手で相手の左腿も内側から抱え込む。最後に相手の体を肩の高さまでリフトアップし、シットダウンパワーボムの要領で相手をマットへ叩き落とす。
イグチボム式スク〜ルボ〜イ
MIKAMIが披露したスク〜ルボ〜イのバリエーションの1つ。まず相手が右足で放ったキックを左脇でキャッチし、自分の背中の方に回した右手で相手の右足首を掴む。続いて自由になった左手で相手の右腿を内側から抱え、持ち上げた相手の右腿の下を潜り抜けるように頭を屈めながら相手の右腿の内側に右腕を引っ掛け直す。最後に相手の右腿の外側に自分の頭が移動したところで背中からマットへと倒れ込み、相手の腿に引っ掛けていた右腕の力を使って相手を後ろにひっくり返し3カウントを奪う。
生月スプラッシュ
スマイルスプラッシュ
イクボム
SEAdLINNNGの高橋奈七永が使っているスクリュードライバーとほぼ同型の技。名前に使われている"イク"とはこの技を高橋に伝授したコーチの日高郁人のことを指している。
池田ロック
フーテンプロモーションの池田大輔が使うチキンウイングアームロックと同型の技。
イケメンクラッチ
WRESTLE-1の黒潮"イケメン"二郎が使うデルフィンクラッチの呼び名。
イケメンスパイラル
黒潮"イケメン"二郎が使うトルナド・デ・アカプルコの名称。
イケメン忍法火の鳥
みちのくプロレスのヤッペーマン1号&2号が披露したスパニッシュフライと同型の技。
遺恨
L.A.
勇脚
木高イサミが愛用しているトラースキックの呼び名。
勇脚・焔
木高イサミ&宮本裕向 のタッグチーム、"ヤンキー二丁拳銃"が見せるコンビネーション。宮本がファイヤーサンダーで相手をマットに叩きつけ、体を起こそうとする相手の顔面をイサミが勇脚・斬で蹴り飛ばす。
勇脚・檻
木高イサミが塚本拓海との"鉄檻&蛍光灯デスマッチ"で見せたムーブ。勇脚で蹴り飛ばした相手を蛍光灯を満載した鉄檻の中に突っ込ませ、倒れた相手の体を鉄檻の中でジャックナイフホールドに固めて3カウントを奪う。
勇脚・斬
木高イサミが使うランニング式の勇脚。膝をついた相手に助走をつけて近づき、相手の顔面を勇脚で鋭く蹴り飛ばす。
十六夜清心
松山勘十郎が使っているトペ・スイシーダの呼び名。
イサリビ
カツオこと大野勇樹が使っているフィニッシングムーブ。まず相手の体をファイヤーマンズキャリーの要領で肩に担ぎ上げ、相手を抱えたままその場でぐるぐると回転する。そのあと相手の首を両手で抱え直して背中から倒れ込み、落下させた相手をダイヤモンドカッターの形でマットに叩きつける。
意地
L.A.
石井クラッチ
新日本プロレスの石井智宏が使う外道クラッチの呼び名。
石の爪
みちのくプロレスに参戦していたスーパーモアイの必殺技。チョークスラムの要領で相手を抱え上げたあと喉を掴んだまま相手をマットに叩きつけ、そのままコブラクローへと移行して相手からタップやフォールを奪う。
イステリアスペシャル
イステリアが大阪プロレスで披露したコーナーのサードロープ、セカンドロープ、トップロープからの三連続式ムーンサルトプレス。初代イステリアことスペル・クレイジーも同型のムーブをトライフェクタという名称で愛用している。
遺跡落とし
スーパーモアイが使っていた急角度式のバックドロップ
イタリア式DDT
DDTで結成された"イタリアン・フォーホースメン"の一員、ササキ・アンド・ガッバーナが愛用していたフィニッシングホールド。形はオーバーイージーと同型。
イタリアンインパクト
DDTに登場したイタリア軍団のフランチェスコ・トーゴー、モリ・ベルナルド、ドン・マエストロが使っていたダブルインパクトの名称。2006年初頭にイタリア軍が2007年からやって来た未来人だと判明してからはイタリアンインパクト2007と呼ばれるようになった。
イタリアンクラッシュ
"イタリアン・フォーホースメン"の一員、フランチェスコ・トーゴー&ササキ・アンド・ガッバーナが披露したコンビネーション。相手の体をベアハッグで抱え上げたガッバーナがコーナーに背を向け、コーナーからジャンプしたトーゴーが相手の首をバフ・ブロックバスターの要領でキャッチする。そしてそのまま相手の後頭部や背中をマットへと叩きつけ、悶絶する相手の体をガッバーナがジャックナイフホールドで丸め込んでフォールを奪う。
イタリアンクラッチ
ササキ・アンド・ガッバーナが使っていたトケ・デ・エスパルダスの名称。
イタリアンスープレックスホールド
DDTに登場したイタリアンタイガーの必殺技。形はオースイスープレックスと同型。
イタリアンストレッチNo.8
新日本プロレスのミラノコレクションA.T.が愛用していたジャベ。まず助走をつけて正面から相手に近づき、相手の右脇に胸の方から右腕を差し込む。そのあと相手の右横を通り抜けて背後に体を回り込ませ、相手の左足の内側に正面から自分の右足を絡める。最後に前屈みになった相手の首の後ろに左足を引っ掛け、体重をかけて相手の体を絞り上げる。
イタリアンストレッチNo.14
ミラノコレクションA.T.が愛用していた変形の足4の字固め。まず仰向けになった相手の右サイドに移動して相手の右足を右手で掴み、相手の右足の上を自分の右足で跨いで相手の両腿の間に右足を着地させる。続いて自分の股の間に正面から差し込んだ左手で相手の左足を掴み、相手の左膝の上に折り曲げた相手の右足を重ねて両足を4の字に固める。最後に相手の左足を自分の左腿の上に引っかけることで相手の両足をロックし、背中からマットに倒れ込んだ衝撃で相手の足を痛めつける。
イタリアンストレッチNo.32
ミラノコレクションA.T.が使っていたオリジナルジャベの1つ。まず向かい合った相手の右腕を左手で、左腕を右手で掴んで背中からマットに倒れ込み、相手の両腕を自分の両足で外側から挟み込む。そのあと交差させた両足の甲で相手の顔面を押さえつけながら両足に力を込め、相手の両肘の関節を圧迫してタップを奪う。
イタリアンスリーパー
ECWで活躍したトニー・ママルークが愛用しているグラウンドフロントネックロックの名称。別名はシシリアンネックタイ
イタリアントライアングル
DDTで結成された"イタリアン・フォーホースメン"の一員、フランチェスコ・トーゴーが使っていた三角締めの名称。
イタリアンドライバー
フランチェスコ・トーゴー&PIZAみちのくが披露した合体式の垂直落下式リバースDDT。相手の右サイドに陣取ったトーゴーが左腕を、左サイドに陣取ったPIZAが右腕をそれぞれリバースDDTの要領で相手の首に巻きつけ、トーゴーが右手で、PIZAが左手で相手のタイツを掴む。そして相手の体を垂直になるまで抱え上げたあと2人が背中からマットに倒れ込み、急降下させた相手の後頭部をマットへ強かに打ちつける。
イタリアンドロップ
チャック・パルンボが使っているフィニッシングムーブの1つ。ブロックバスターの要領で相手の体を抱え上げたあと自分の上半身を前後に揺すって反動をつけ、相手の体を自分の頭の高さまで一気にリフトアップする。そしてそのまま自分の頭の上を通過させた相手の体をファイヤーマンズキャリーの形で両肩の上に着地させ、即座に背中からマットに倒れ込んで相手にバックフリップを叩き込む。全日本プロレスマットでは187と呼ばれていた。
イタリアンフォルテッシモ
フランチェスコ・トーゴーがパートナーと連携して使っていた改良型ダブルインパクト。パートナーが肩車で担ぎ上げた相手にトーゴーがスワンダイブ式のラリアットを叩き込む。
イタリアンマフィアキック
DDTで結成された"イタリアン・フォーホースメン"の一員、PIZAみちのくが使っていた二段蹴りの名称。
イダルゴ
DRAGON GATEのEitaが愛用する変形のバータブレイカー。まずリバースゴリースペシャルの要領で相手を逆さまに担ぎ、相手の右腕に引っ掛けていた右腕のフックを外して相手の右足首を右手で掴む。そのあと相手の右足を自分の左肩の方へと持っていって相手の両足を自分の左肩に担ぐ格好になり、そのまま尻餅をつくことで相手を背中からマットへ叩きつける。
一月革命
DDTに登場したルイ高梨14世のオリジナルムーブ。"口にするとどんな強豪レスラーも身動きが取れなくなってしまう"というデスケーキを相手の顔面に叩きつけ、動きの止まった相手の体を逆さ押さえ込みで丸め込みフォールを奪う。
一撃必殺
大阪プロレスのタコヤキーダーが愛用している、"一撃必殺や!"と絶叫してから放つダイビングヘッドアタック
イチジク
プロレスリングWAVEの水波綾が使っているローリング式の肩固め。肩固めに捕らえた相手がロープに足を伸ばしそうになったところで相手もろとも体を横方向に転がし、ロープから遠ざかった相手の首を締め上げ直してタップを奪う。
一の谷の合戦
みちのくプロレスの義経が使っていたスカイツイスタープレスと同型の技。
一夜の思い出
丸藤正道と男色ディーノが見せた一夜限りの合体殺法。ディーノが相手の体を男色ドライバーの要領で抱え上げ、ディーノの正面にあるエプロンに移動した丸藤がトップロープの上に両足で飛び乗る。そのあとロープを踏み台にしてジャンプした丸藤が臀部のあたりを両手で押さえつけるように相手に飛びつき、それと同時にディーノが尻餅をついて上下逆さまになった相手の体をマットへと叩きつける。
一回転フットスタンプ
マーベラスなどで活動中の永島千佳世が使っているファイヤーバード式フットスタンプ。まず相手の体を仰向けに倒し、コーナー最上段に登ってリングの方を向き直す。そのあと体を360゜前方回転させるようにジャンプし、そのまま相手の腹部へダイビングフットスタンプを叩き込む。
一角蹴り
DRAGON GATEの望月成晃が使っている打撃技の1つ。ボディースラムの要領で抱え上げた相手をコーナーのセカンドロープの上に横たえるようにセッティングし、対角線上にある反対側のコーナーまで後退して距離をとる。そのあと十分な助走をつけて体をジャンプさせ、コーナーに磔にした相手の鳩尾へ右足で強烈な膝蹴りを叩き込む。
一騎当千
DRAGON GATEで活躍中のKAGETORAが愛用する変形のエメラルドフロウジョン。相手の体をファイヤーマンズキャリーの要領で肩に担ぎ、相手の上半身を下からプッシュアップして相手の体を軽く宙に浮き上がらせる。そのあと右方向に90゜水平旋回させた相手の後頭部を左手で押さえつけながら尻餅をつき、上下逆さまの状態になった相手の体を自分の右サイドへと叩きつける。
一石二鳥ラリアット
佐々木健介が2008年のチャンピオンカーニバルで初公開した、地団太を踏んで気合を入れてから放つラリアット。リーグ戦2試合連続で勝ち星に恵まれなかった鬱憤を晴らす為に踏んだ地団太が、結果的にラリアットの破壊力増加とリーグ戦初勝利に繋がったことからこの名前が付けられた。
一直線
WRESTLE-1の大和ヒロシが使っている背面式のダイビングヘッドバット。まずリングに背を向けた状態でコーナーのトップロープを掴み、体を大きくジャンプさせてコーナー最上段に飛び乗る。そのあと後ろに飛び退くようにジャンプして空中で気をつけの姿勢をとり、倒れている相手や立ち上がろうとする相手に自分の後頭部を叩きつけていく。顔が上を向いた状態のまま落下するので着地点が見えず、避けられると自らが大ダメージを受ける見た名以上に危険な技である。
イッテンヨン
東京女子プロレスの優宇が使っているV1アームロックの呼び名。
一刀
秀吉が使っていた地獄突きの呼び名。宙に跳ね上げた相手に叩き込んだり、座り込んだ相手にスライディング式に見舞ったりとバリエーションが豊富に存在する。
一斗缶ダイビングヘッドバット
みちのくプロレスののはしたろうがヒールユニット"九龍"加入時に使っていたムーブ。空になった一斗缶を頭にすっぽりと被った状態で決めるダイビングヘッドバットである。
イット・ケイムフロム・ジャパン
アレックス・シェリーが使うダークネスバスターと同型の技。名前が示す通り闘龍門のビデオを見たあとで使い始めた技らしい。
イット・ケイムフロム・ジャパン2
アレックス・シェリーが愛用しているデメキンバスターの名称。
逸ブロー
WBAバンタム級王者・亀田興毅が新日本プロレスの棚橋弘至に伝授した、走りこんできた相手の鳩尾にカウンターの形で叩き込む太陽ブロー。名前は亀田・棚橋両名が100年に1人の逸材であることから名付けられた。
一本足頭突き
日本プロレスや国際プロレスで活躍した大木金太郎が愛用し、現在は藤原喜明が受け継いでいる独特のスタイルのヘッドバット。まず向かい合った相手の頭を左手で鷲掴みにし、左足を振り上げながら上半身を右方向に捻って反動をつける。そして上半身を左方向に振ると同時に相手の頭目掛けて自分の頭を振り下ろし、相手の頭に強烈なヘッドバットを叩き込む。大木の使うものには原爆頭突きという呼び名も付けられていた。
一本足ハンマー
中西学が王貞治の一本足打法からヒントを得て開発した、一本足打法のフォームから繰り出される野人ハンマー
いつものやつ
秀吉が使っていた豪快なコンビネーション。コーナーに押し込んだ相手に逆水平チョップラリアットを交互に叩き込み、グロッキー状態になった相手に串刺し式ラリアットの集中砲火を浴びせる。
愛しの乱れ髪
松山勘十郎が愛用する小道具を使った霍乱技。両手に握った蜘蛛の巣状のテープを相手に向かって大量に投げつけ、テープを体に絡みつかせて相手の視界や動きを遮る。タッグマッチで用いると大抵の場合味方に誤爆する。
稲妻脚
プロレスリングBASARAの木高イサミが使っている得意技の1つ。コーナーに向かってハンマースルーした相手を追いかけるように自分も助走をつけ、コーナーに寄りかかった相手の側まで来たところで体を大きくジャンプさせる。そのあと体を後ろに傾けながら右足を水平に突き出し、右足の裏で相手の頭部を豪快に蹴り飛ばす。名前はアニメ"トップをねらえ"に登場する架空のロボット"ガンバスター"が使うスーパーイナズマキックに由来し、この技の名前も稲妻脚と書いてイナズマキックと読む。
イナズマドライバー
PURE-J女子プロレスの勝愛実が使っているファイヤーサンダー系のムーブ。相手の左脇に胸の方から差し込んだ左腕を相手の首の後ろへと持って行き、更に相手の右脇腹に右腕を回して相手の胴体を抱え込む。そのあと上下逆さまにするように抱え上げた相手の体を一旦右肩に担ぎ上げ、そのままマットに尻餅をついて開いた自分の両足の間に相手の後頭部や背中を叩きつける。
稲妻レッグラリアート
新日本プロレスの木村健悟が開発し、池田大輔などが愛用している打撃技。助走をつけてジャンプしたあと体の重心を右方向へと傾け、振り抜いた左足の脛を相手の胸板にラリアット気味に叩きつける。右手の人差し指を天に掲げ"イナヅマ!"と叫んでから技を仕掛けることが多い。
イナバーハイウエーアタック
大阪プロレスの鳥取大会に登場したナシータとカニーラのコンビネーション。まずナシータがリングに背を向ける体勢でコーナー最上段に座り、リング上に残ったカニーラがナシータと背中合わせになるように体を捻る。続いてカニーラがナシータの右脇に左腕を、左脇に右腕をそれぞれ背中の方から引っかけ、体を前屈みにさせたカニーラの背中にナシータが乗っかった状態になる。最後にナシータを背負ったカニーラが相手に向かって突進し、2人の頭を叩きつける格好で相手に体当たりをする。
イナバウアージャーマンスープレックス
DRAGON GATEの"ハリウッド"ストーカー市川が使っているジャーマンスープレックスホールドの呼び名。トリノ五輪金メダリスト"の荒川静香が使うイナバウアーの背中の反らせ方を意識したムーブである。
犬神家
旧姓・広田さくらが試合の流れを無視して繰り出していた破天荒なムーブ。コーナーのトップロープを両手で掴んだあとコーナー天辺にあるターンバックルに頭をつけ、コーナー上で力尽きるまで三点倒立をする。
稲刈りエルボー
畦道
イバニア
CIMAとNOSAWA論外が遠征先のメキシコで開発したコンビネーション。まずロープに振った相手の体をNOSAWAがカニばさみでマットに倒し、相手の右手にあるロープに跳んだCIMAがうつ伏せになった相手の後頭部へギロチンドロップを落とす。そのあと体を起こしたCIMAが相手の体をキャメルクラッチに捕らえ、相手の正面にあるロープに跳んだNOSAWAが相手の顔面へ低空ドロップキックを叩き込む。そして最後にCIMAが相手の体をウイングブリーカーホールドに捕らえ、CIMAの方を向きながら相手の胴体を両足で跨いだNOSAWAが相手の右腕を右手で、左腕を左手で掴んで相手の両肩を痛めつける。
息吹☆ヘッド
夏樹☆たいようが我闘姑娘で夏樹☆ヘッドと名乗っていた頃に愛用していたムーブ。まず仰向けになった相手に背中を向けた状態で立ち、自分の体に横方向の捻りを加える。そのあと相手に覆い被さるように前のめりに倒れ込み、相手の胸板にヘッドドロップを叩き込む。
イベントオメガ
フォーリングフェイト
イマチ投下
ブエノスアイレス午前零時
今宮回転プレス
大阪プロレスの2代目えべっさんが使っていたムーンサルトプレスの名称。
イライジャエクスプレス
TNAで活動中のディアンジェロ・ディネロが、WWEでイライジャ・バークとして活動していた頃に愛用していた必殺技の1つ。まずコーナーの側でコーナーの方を向いて立っている相手の背後に助走をつけて近づき、両膝を突き出すようにジャンプして相手の背中のあたりに両足を叩きつける。そしてそのまま体重をあずけることで相手を前のめりに倒れ込ませ、相手の顔や胸をコーナーのターンバックルに強打させる。ディアンジェロ・ディネロというリングネームで活動しているTNAでは"D'Angelo Dinero Express"の頭文字をとってDDEと呼ばれている。
イライジャエクスペリエンス
ディアンジェロ・ディネロがイライジャ・バーク時代から使い続けているストロークの名称。この技で叩きつけた相手の体を羽根折り脇固めに捕らえてタップを奪うことも多い。
伊良部パンチ
格闘探偵団バトラーツの澤宗紀が使っていた打撃技。野球のピッチングフォームを真似て右腕を勢い良く振り抜き、相手の左頬を右フックで殴打する。
イリバーシブルクライシス
"MVP"モンテル・ボンタビアス・ポーターが2011年のG1クライマックスに秘密兵器として投入した変形のクリップラークロスフェイス。まずうつ伏せになった相手の左サイドに腰を下ろして相手の左腕を左手で掴み、掴んだ左腕を直角にするように折り曲げる。そのあと持ち上げた自分の左足を相手の左腕の内側に、右足を相手の左腕の外側にそれぞれ持って行って相手の左上腕部を両足で挟み込み、更に相手の頭部をフェイスロックに捕らえて相手の首・左肩・左腕の3点を同時に痛めつける。
イリュージョン
DRAGON GATEの望月成晃が使っているカウンターのスピンキック。最強ハイキックをダッキングでかわされたあと左足をマットに着地させ、左足を軸足に切り替えて体を右方向へ捻る。そして体を捻りながら右足を大きく振り上げ、油断した相手の右側頭部を右足の踵で蹴り飛ばす。この技を決めたあと相手の腕を飛びつき腕ひしぎ逆十字固めに捕らえる一連の動きはマサスペシャルと呼ばれる。
イリュージョンキック
みちのくプロレスのザ・グレートサスケが使っている相手の死角を突いた打撃技。相手のやや斜め後ろに移動してスピンキックを放ち、蹴りが放たれたことに気づかない相手の後頭部を豪快に蹴り飛ばす。
イルミネーション
WWEのダミアン・サンドウが使っているXブレイカーと同型の技。現在はターミナスと呼び名を変えている。
L.A.
イワタニック
タカタニック
石見銀山
ZERO1の日高郁人が使っているオリジナルムーブ。まず相手の体をブレーンバスターの要領で垂直になるまで抱え上げ、相手の体に右方向への捻りを90゜加えて相手の視線が自分の右手の方を向くような体勢にする。そのあと自分は背中からマットに倒れ込んで膝を突き出すように右足を折り畳み、うつ伏せの状態で落下してきた相手の顎や胸のあたりに突き立てた右膝をめり込ませる。
因果応報
バベル
インカレスラム
新日本プロレスの高橋裕二郎が使っているアングルスラムの名称。
インコム
鈴木鼓太郎が使うクリストと同型の技。
インサイドクレイドル
スモールパッケージホールド
インシンク
ROHなどで活躍中のマット・ジャクソン&ニック・ジャクソンのタッグチーム、"ザ・ヤングバックス"が得意とするコンビネーション。まず走ってきた相手の右サイドに陣取ったマットが相手の右脇に左腕を、左サイドに陣取ったニックが相手の左脇に右腕をそれぞれ胸の方から差し込み、脇に差し込んだ腕を使って相手の体を270゜前方回転させるように巻き投げる。そして相手の背中をマットに叩きつけたあと相手の体から腕を離し、尻餅をつく格好になった相手と背中合わせになるように2人が体を捻る。最後に2人が同時にバク転を決めて相手の正面に両足で着地し、間髪入れずに左右からの低空ドロップキックを放って相手の顔面を2人がかりで蹴り飛ばす。
インスタント・デス
CHIKARAで活躍中のフライトメアが使っているヒアウィーゴードライバーの名称。
インスタントリプレイ
WCWやTNAで活躍したエリックス・スキッパーが愛用していたスロイダーの名称。
いん石
泉田純至が使っているオリジナルのダイビングヘッドバット。コーナー最上段に登ったあとコーナー左隣から伸びるトップロープの上に両足で立ち、体を右方向に傾けるようにジャンプして仰向けになった相手にダイビングへッドバットを叩き込む。
インターナショナル・インシデント
SHIMMERやスターダムで活躍中のケリー・スケーターが使っているクロスアーム式の河津落とし。ジャガー式スープレックスの要領で相手の両腕を交差させながら相手の背後に回り込み、交差させた相手の両腕を相手の喉元へと持っていく。そして相手の右足に自分の左足を引っ掛けたあと相手もろとも後ろに倒れ込み、相手の後頭部や背中を強かにマットへ打ちつける。
インディアンサマー
サンジェイ・ダットが使っているパラゲーサの呼び名。
インディアンデスロック
技巧派の選手が使う古典的な足殺し技。まず仰向けになった相手の左足をスピニングトーホールドの要領で自分の右足に巻きつけ、残った相手の右足を左手で掴んで持ち上げる。続いて折り曲げた相手の左足を相手の右膝の裏に重ねて足を4の字に形にし、相手の左足を挟み込むような感じで相手の右足を折り畳む。最後に相手の右足首に自分の右足のつま先を引っ掛けて両足をロックし、その体勢のままプレッシャーをかけて相手の足を痛めつける。本来は腕を使って相手の両足を固め、逆立ちして足を痛めつける技だったらしい。
インディアンレッグスプレッド
ビリー・レッド・クラウドが使っていた奇抜なサブミッション。仰向けになった相手の右足首を右手で、左足首を左手で掴んで相手の両足を大きく開かせ、自分は頭をマットにつけて三点倒立をしながら相手の股関節を痛めつける。
インディーテイカー
マット・ジャクソン&ニック・ジャクソンのタッグチーム、"ザ・ヤングバックス"が使っているタンデムツームストンパイルドライバーの呼び名。海外マットではモア・バング・フォー・ユア・フ○ック!!とも呼ばれている。
インバーテッド・コルト45
コルト・カバナが使っているその名の通り相手の向きが前後逆になるコルト45。相手の背中にリバースゴリースペシャルの要領で体を潜り込ませ、相手の背中に右肩をあてがった状態で上半身を起こす。そのあと相手を右肩に担いだままマットに両膝をつき、着地の衝撃で相手の背骨を痛めつける。
インバーテッド・CHIKARAスペシャル
CHIKARAで活躍中のピンキー・サンチェス、ティム・ドンスト、クラウディオ・カスタニョーリなどが使う、その名の通り裏バージョンのCHIKARAスペシャル。まず尻餅をついた相手の背後に回り込んで相手の左腕を左手で掴み、掴んだ左腕の上を右足で跨いで相手の左肩の上に座る格好になる。そのあと体を右方向へと軽く捻って相手の体をうつ伏せになるように押し倒し、相手の顎の下に右足をフックさせながらマットに右膝をつく。最後に相手の左腕を右手で掴み直したあと自由になった左手で相手の左足を掴んで持ち上げ、相手の左腕と左足を抱えるように自分の両手をクラッチさせて相手の首、左肩、腰などを複合的に痛めつける
韻波句徒
DRAGON GATEのKzyが使っているマネーメイカーと同型の技。名前は"インパクト"と読む。
インパクトドライバー
CZWで活躍していたデレク・フレイジャーが使うムエルテ・デ・クリストと同型の技。
インビジブル
大阪プロレスのゴアが使っていたフィニッシングムーブ。まず向かい合った相手の右腕を左手で掴み、相手の右腿を右手で外側から掬い上げる。続いて相手の右足の下に外側から自分の頭を潜り込ませ、そのまま上半身を起こすことで相手の体を持ち上げる。最後に相手を抱えたまま左半身からマットに倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の体をマットへと叩きつける。
インビトロ・ファータリゼーション
ケミカルインバランス
インフィニティ
アイスリボンの藤本つかさが使っている必殺技の1つ。まず前屈みになった相手の左サイドに移動して相手の背中に負ぶさるように飛びつき、相手の右腕に自分の左腕を、相手の左腕に自分の左足をそれぞれ引っ掛ける。そのあと自分の体を360゜前方回転させながら相手の股の間に右腕を差し込み、回転する力を利用して相手の体を仰向けにひっくり返す。最後に自分は尻餅をつく形で着地すると同時に相手を背中からマットに叩きつけ、両肩がマットについた相手の体をそのまま押さえ込んで3カウントを奪取する。梶ヤマトが使うレッドアイとほとんど同じ技だが梶が地面に足をつけた状態から仕掛けるの対し、藤本は足を宙に浮かせた状態で技を仕掛ける点が若干異なっている。
インフェルナレス
EMLLで活躍していた"ロス・インフェルナレス"のコンビネーション。まずパートナーの1人が対戦相手をリバースパワーボムの要領で抱え上げ、残ったパートナー2人が技を仕掛けているパートナーの背後にあるロープに跳んで助走をつける。そのあと助走をつけた2人が持ち上げられている相手の後頭部を両脇からフェイスクラッシャーの要領で押さえつけ、その勢いで前のめりに倒れこんだ相手の顔面をマットに叩きつける。
インフラレッド
アメージング・レッドが愛用している華麗なフィニッシングムーブ。相手を仰向けに倒したあとリングに背を向けた状態でコーナー最上段に登り、コーナーを蹴ったあとムーンサルトプレスの要領で体を回転させる。そして更に回転途中で体を540゜錐揉み回転させ、自分の左足を相手の喉元へギロチンドロップ気味に叩きつける。
インプラント
DRAGON GATEの谷嵜なおきが愛用する変形のビーチブレイク。こうもり吊りの要領で担ぎ上げた相手の両足の間に下から自分の左腕を差し込み、相手の右腿の裏に左腕を回して相手の右足を左脇に抱え込む。そのあと同様の手順で相手の左足を右脇に抱え込み、相手の右手首を左手で、左手首を右手で掴んで腕をロックする。最後に体を軽くジャンプさせて正座をするような形でマットに着地し、上下逆さまになった相手の頭部をマットへ打ちつけそのままフォールを奪う。
インプラントバスター
アメージングコングが愛用しているFFFと同型の技。相手を抱え上げたあと自分は直立したまま両腕のクラッチを切り、相手をマット目掛けて投げ捨てるタイプを使用することもあった。
インプラントDDT
WWFのギャングレルが愛用していたインペイラーとも呼ばれるフィニッシャー。まず前屈みになった相手の頭をDDTの要領で左脇に抱え込み、右手で相手のタイツを掴んで相手の体をマットと水平の高さになるまで持ち上げる。そのあと相手の体を抱えたまま尻餅をつくように倒れ込み、うつぶせの状態になった相手の体を自分の左サイドへと叩きつける。
イン・ヨー・フェイス
インパクト・レスリングのベルベット・スカイが使っているダブルアーム式のXファクター。まず前屈みになった相手の上半身をリバースフルネルソンに捕らえ、相手を抱えたまま体を軽くジャンプさせる。そのあと両足を大きく開いて尻餅をつく形でマットに着地し、前のめりに倒れ込んだ相手の顔面を自分の両足の間へ叩きつける。
インリンあ〜ん・デスロック
ハッスルのインリン様が使っていたリバースインディアンデスロックと同型の技。技が極まったあと得意のM字開脚を決めて相手の足を痛めつける。