.
ガーゴイル
フォーリンデビル
ガーデニア
DRAGON GATEのアンソニー・W・森がT2P時代に愛用していたジャベ。まず相手の左脇に胸の方から右腕を引っかけて自分の体を前転させ、その勢いで相手の体を前方に転がして尻餅をつかせた状態にする。続いて左手で掴んだ相手の右足を相手の左膝の上に重ねることで両足を4の字に固め、相手の右足首に自分の右足のつま先を引っ掛けて相手の両足の動きを封じる。最後に相手の左肩の上を左足で正面から跨いで相手の左肩の上に腰を下ろし、両手で掴んだ相手の左腕を関節と逆方向に反り上げる。
カーテンコール (1)
WWEのゴールダストが使っているフィニッシングムーブ。相手の首をリバースDDTの要領で右脇に抱え込んだあと背中に左腕を回し、相手の体を垂直になるまで抱え上げる。そのあと相手に体を浴びせ掛けるように前のめりに倒れ込み、落下させた相手の背中をマットに叩きつける。素顔の"ローンスター"ダスティン・ローデスとして活動していたTNAではローンスター・ステイツ・オブ・マインドと呼ばれた。
カーテンコール (2)
ゴールダストが使っていた別バージョンのカーテンコール。ブリティッシュフォールの要領で相手の両足をマットに着地させ、自分の体に捻りを加えて相手と背中合わせになる。そして会場に向かって投げキッスをしたあと尻餅をつき、相手の首にショルダーネックブリーカーを叩き込む。
カーフキラー
AJスタイルズがTNA在籍時に開発した回転足4の字固めに似たサブミッション。まず向かい合った相手の左足の内側に正面から左足を引っ掛け、自分の体を相手の背中の方へ向かって前転させることで相手を後ろに転倒させる。そのあと相手の体がうつ伏せになったところで体の回転を止めて相手の左足のつま先を両手で掴み直し、自分の左足を巻き込むような感じで相手の左足を折り曲げる。最後に掴んだ相手の左足を自分の方へぐいぐいと引き寄せ、相手の左足の脹脛や膝関節を痛めつけてギブアップを奪う。
カーブストンプ (1)
PWGで活躍中のスーパードラゴンが愛用するオリジナルムーブ。まず仰向けになった相手の右足を左手で、左足を右手で掴んで足を開かせ、相手の両足の間に腿の裏の方から自分の右足を差し込む。続いて折り曲げた相手の左足を相手の右膝の裏にあてがって両足を4の字に固め、うつ伏せに引っくり返した相手の右足のつま先を自分の右脛に引っ掛けて相手の両足の動きを封じる。最後に相手の右腕を右手で、左腕を左手で掴んで相手の上半身を軽く持ち上げ、相手の背中を左足で踏みつけると同時に腕を離して相手の顔面をマットへ痛打させる。
カーブストンプ (2)
ブラックアウト
カーフブランディング
ディック・マードックが愛用していたフィニッシングホールド。コーナー最上段に登って自分に背を向ける相手の頭を両手で掴み、膝を突き出すように折り畳んだ片足を相手の後頭部に押し当てる。そしてそのままリングへジャンプすることで相手を前のめりに倒し、相手の顔面を強かにマットへ叩きつける。日本名は子牛の焼印押し
カーボンフットプリント
インパクト・レスリングのマット・モーガンが愛用していた二段蹴りの名称。
カーラス
WWEのジンダー・マハルが2017年に入ってから使い始めたワン&オンリーと同型の技。
カールシックル
格闘探偵団バトラーツで活躍したカール・コンティニューが使っていた、相手の腕を挟む足の上下が逆になった変形のクリップラークロスフェイス。まずうつ伏せになった相手の左サイドに移動して相手の左腕を左手で掴み、持ち上げた左腕の上に右足を、腕の下に左足を引っかけて相手の腕を両足で挟み込む。そしてそのまま相手の左サイドに腰を下ろして相手の頭部をフェイスロックに捕らえ、体重を後ろにあずけることで相手の背中を強烈に反り上げる。相手の左腕をオモプラッタの要領で自分の両足の間に挟み込み、そこから技へと移行することが多かった。
開運固め
大阪プロレスの初代えべっさんが得意としていた関節技。仰向けになった相手の右足を右手で掴んで折り曲げ、折り曲げた足を相手の左膝の上に乗せることで相手の両足を4の字に固める。続いて相手の右足首に自分の右足のつま先を引っ掛けて両足の動きを封じ、相手の上半身を左手で掴んで尻餅をつかせるように体を引き起こす。最後に前屈みになった相手の後頭部の上に跨る格好で腰を下ろし、相手の右腕を左脇に抱え込んで肩・首・背骨などを複合的に痛めつける。
開運トルネード
初代えべっさんが奥の手として使っていたスカイツイスタープレスの名称。
カイカワロック
アイドルレスラーの海川ひとみがハッスルで披露したアンクルロックの名称。
怪奇植物・改
大阪プロレスのタイガースマスクが使っていたボマイェ風の膝蹴り。
カイケツ
ZERO1などに参戦中の将軍岡本が使っている技の1つ。まず向かい合った相手の右肩の上に自分の左腕を乗せ、相手の左脇の下に頭を潜り込ませる。続いて相手の左脇腹に自分の背中を押し当てながら体を前傾させ、背中に担ぎ上げるような感じで相手を抱え上げる。最後に宙に浮いた相手の左足を右手で抱え込んだあと相手に体重を乗せる格好で尻餅をつき、落下させた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
開国
プロレスリング・ノアの森嶋猛&モハメド・ヨネが使っていたダブルインパクトの呼び名。
邂逅
L.A.
カイザードライバー
プロレスリング・ノアに登場したカイザーが見せたパッケージパイルドライバーと同型の技。
介錯 (1)
DRAGON GATEのK-ness.が使うバズソーキックの名称。
介錯 (2)
ヨシ・タツがWWE傘下のFCWで使用していたムーブ。形はフロムジャングルと同型。
怪獣スペシャル
大阪プロレスの怪獣ゼータマンドラが使っていたミノルスペシャル2の呼び名。
怪人エビ固め
道頓堀プロレスなどで活動中のHUBが見せた丸め込み技。まず相手の左手足にセラヘーラの要領で自分の右足をフックさせ、相手の首の後ろに右腕を回して相手もろとも体を前転させる。そして尻餅をつく格好になったところで相手の上半身を更に前へと押し倒し、相手の両肩をマットへとつけさせる。最後にエビ固め風に丸まった相手の右足首を右手で掴み、更にもがく相手の右腕を自分の左手で押さえつけて相手から3カウントを奪う。
街亭山下り
新北京プロレスのジャイアント馬謖が披露したジャンピングパワーボムの名称。
回天 (1)
新日本プロレスの後藤洋央紀が使っているヨシタニックと同型の技。
回天 (2)
大日本プロレスの沼澤邪鬼が愛用するフィニッシングムーブ。相手をファイヤーマンズキャリーの要領で肩に担ぎ上げたあと体を捻りながら後ろに倒れ込み、相手をバックフリップの形でマットに叩き落とす。現在の名称は狂鬼乱舞で、山盛りにした凶器の上に相手の体を叩きつけることが多い。
回転足折り固め
ローリングバッククラッチ
回転足首固め
スピニングトーホールド
回転足4の字固め
ラッシャー木村が得意技にしていたラッシング4レッグロックとも呼ばれるサブミッション。まず向かい合った相手の左足の内側に正面から左足を引っ掛け、自分の体を相手の背中の方へ向かって前転させることで相手を後ろに転倒させる。続いて仰向けになった相手の左足首を両手で掴み、自分の左足を巻き込むような感じで相手の左足を折り曲げる。最後に自分の左足首の上に自分の右膝の裏をフックさせて自分の両足を4の字の形にし、掴んでいた相手の左足を引き寄せることで相手の膝関節を痛めつける。
回転海老名固め
タレントの泰葉が"ハッスルマニア2008"で披露した前方回転エビ固めの呼び名。
回転片エビ固め
佐野巧真や小川良成が得意としている一瞬の切り返し技。相手にバックを取られた際にフライングメイヤーで技を切り返し、相手が転がるのに合わせて自分の体も回転させる。そして背中をマットにつけた相手の体の上に仰向け状態で覆い被さり、相手の片足と首を両手で抱え込んでフォールを奪う。
回転小包固め
ローリングパッケージホールド
回転地獄五輪スペシャル
本田多聞が使う回転地獄五輪シリーズの1つ。相手を回転地獄五輪パート0の要領で投げ飛ばし、技から逃れようと足を上げた相手の右足を右腕で内側から抱える。そのあと相手に覆いかぶさるように自分の体を移動させ、相手の両足をエビ固め風に折り畳んでフォールを奪う。
回転地獄五輪パート0
本田多聞が使う回転地獄五輪シリーズの1つ。相手の首と左腕をスタンディングの肩固めに捕らえたあと体を右方向へと捻るように倒れ込み、その勢いで巻き投げた相手を背中からマットに叩きつける。そのあとカウントをキックアウトする為に上半身を起こした相手の頭を極め、両足を前に投げ出しながら体重を後ろにあずけて相手の呼吸や頚動脈を圧迫する。
回転地獄五輪パート0改
本田多聞が使う回転地獄五輪シリーズの1つ。相手を回転地獄五輪パート0の要領で投げ飛ばし、技から逃れようと足を上げた相手の左足を右腕で内側から抱える。そのあと相手に覆いかぶさるように体を移動させ、そのまま相手を押さえ込んでフォールを奪う。
回転地獄五輪パート01
本田多聞が使う回転地獄五輪シリーズの1つ。相手の首と左腕をスタンディングの肩固めに捕らえたあと相手を投げる素振りを見せ、投げられまいとこらえる相手の体を後ろへと押し倒す。そのあとマットに背中をつけながら足を前に投げ出し、仰向けになった相手の首を反り上げて呼吸や頚動脈を圧迫する。
回転地獄五輪パート1
本田多聞が使う回転地獄五輪シリーズの1つ。仰向けになった相手の右足を相手の左膝の裏にあてがって両足を4の字に固め、相手の足の間に正面から差し込んだ左手で相手の右足首を抱え込む。続いて技をこらえようと胴に絡みついてきた相手の左腕を右手で掴み、体を横方向へと転がして相手を一旦フォールする。最後にカバーをキックアウトされたあと体を横方向へ更に転がして再び相手の肩をマットにつけ、伸びている相手の左足を自分の両足で挟み込んで相手の左膝を痛めつける。
回転地獄五輪パート2
本田多聞が使う回転地獄五輪シリーズの1つ。まず向かい合った相手の右腕を右脇に抱え込み、体を屈ませて相手の懐へと潜り込む。続いて相手の左腿を左手で内側から抱え、背中からマットに倒れ込む勢いで相手の体を前方に転がす。最後に背中がマットについた相手の右手首を左手で掴み直し、そのまま相手の体を押さえ込んでフォールを奪う。旧名は裏ファイヤーマンズキャリーホールド
回転地獄五輪パート3
本田多聞が使う回転地獄五輪シリーズの1つ。まずうつ伏せになった相手の右足首を右脇に抱え込み、相手の左サイドに腰を下ろしながら逆片エビ固めの要領で相手の足腰を痛めつける。そのあと相手が技から逃れようと右足を振り払った勢いを生かし、自分の右腕を相手の左足首の下に外側から滑り込ませて相手の両足を交差させる。最後に足を極めたまま体を横方向へと転がして左膝をつくように起き上がり、相手の両足を立てた右腿の上に乗せてアマレス式のアンクルホールドを極める。
回転地獄五輪パート4
本田多聞が使う回転地獄五輪シリーズの1つ。まず相手をタモンズシューターに捕らえ、技から逃れようと体を仰向けに返した相手の左腕を右手で掴む。そのあと相手の左腕と首を肩固めに捕らえてマットに背中をつけ、足を前に投げ出しながら相手の首を反り上げて呼吸や頚動脈を圧迫する。
回転地獄五輪パート4改
本田多聞が使う回転地獄五輪シリーズの1つ。相手をタモンズシューターに捕らえたあと体を右方向に転がし、相手の両肩をマットにつけてフォールを奪う。
回転地獄五輪パート5
本田多聞が使う回転地獄五輪シリーズの1つ。四つん這いになった相手の上半身を片羽締めに捕らえ、体を前転させる勢いで相手の体を仰向けにひっくり返す。そのあと尻餅をつくような態勢になった相手の背後で腹這いになり、体重をかけて相手の頚動脈を圧迫する。実際はスタンディングの片羽締めに捕らえた相手の体を反り投げてから技に移行することが多い。
回転地獄五輪パート6
本田多聞が使う回転地獄五輪シリーズの1つ。突進してきた相手をいなしたあと相手の腰を正面から両手で抱え込み、体を捻りながら相手を投げ飛ばす。そのあと背中からマットに落下した相手の首と左腕を肩固めに捕らえ、マットに背中をつけながら足を前に投げ出して相手の呼吸や頚動脈を圧迫する。
回転地獄五輪パート7
本田多聞が使う回転地獄五輪シリーズの1つ。四つん這いになった相手の左サイドに移動して相手の左腿に左足を引っ掛け、腿の裏の方から相手の股の間に差し込んだ右手で相手の右腿を抱え込む。続いて相手の左肩に左手を添えながら体を前転させ、その勢いで相手の体を仰向けにひっくり返す。最後に相手の首と右足を抱え込むように自分の両手をクラッチし、相手の左足を自分の両足で挟み込んでフォールを奪う。
回転地獄五輪パート11
本田多聞が使う回転地獄五輪シリーズの1つ。回転地獄五輪パート5の要領で相手の体を転がし、右手で相手の右腿を外側から抱え込む。そのあと相手の右足と首を抱え込むような感じで自分の両手をクラッチして体を後ろに転がし、両肩をマットにつけた相手の左足を自分の両足で挟み込んでフォールを奪う。パート5とパート7の複合技なので実際は"パート12"になるはずだったが、計算を間違え現在の名前になったとか。
回転十字固め
技巧派の選手が愛用しているテクニカルな丸め込み技。まず助走をつけて相手に正面から近づき、相手の右脇の下を潜り抜けながら相手の右腕に自分の右腕を絡みつかせる。そしてそのまま相手の背後に回り込んで体をジャンプさせ、相手の左腕に背中の方から自分の右足を引っ掛けて相手の体にぶら下がった状態になる。最後に重心を傾けることでバランスを崩した相手を後ろに転倒させ、両肩がマットについた相手の体を自分は腹這いになりながら押さえ込む。
回転東京五輪
DDTプロレスリングの高木三四郎が見せたムーブ。オリジナル技と主張しているが回転地獄五輪パート0に酷似している。
回転ハエ叩き
ハエ叩き
回転揺り椅子固め
ロッキングチェアホールド
改良型ブラッドフォール
DRAGON GATEの鷹木信悟が使っているバズーカうどんと同型の技。
ガウジング
顔面掻きむしり
カウボーイドライバー
WWEやハッスルで活躍したランス・ケイドが使っていた変形のスパインバスター。相手の体をロックボトムの要領で抱え上げたあと開脚ジャンプし、落下させた相手の背中を自分の両足の間へと叩きつける。
カウンター・グラネード
新日本プロレスのバッドラック・ファレが使っている必殺技の1つ。相手が助走をつけながら近づいてきた際に右腕を後ろに大きく振りかぶり、勢いよく振り抜いた右腕の親指を相手の喉にカウンターで突き刺す。
カウントダウン
WCWで結成されたアイドルユニット、"3カウント"のシャノン・ムーア&シュガー・ヘルムズが愛用していたコンビネーション。相手の体をファイヤーマンズキャリーで担ぎ上げたシャノンの正面にヘルムズが移動し、助走をつけたヘルムズが相手の首を両手でキャッチする。そのあとヘルムズが270゜前方回転するようにジャンプすると同時にシャノンが後ろに倒れ込み、落下させた相手の後頭部や背中を豪快にマットへ叩きつける。
カウントダウンイグニッション
新日本プロレスの井上亘が使用していたフィニッシングムーブ。ファイヤーマンズキャリーの要領で肩に担ぎ上げた相手の下半身を下から押し上げ、相手の体をマットに対して垂直にする。そのあと相手を抱えたまま背中からマットに倒れ込み、垂直落下式ブレーンバスターの形で相手の体をマットへ叩きつける。
カウント4
柴田勝頼が新日本プロレスで結成された"魔界倶楽部"のメンバー、魔界4号として活動していた頃に使っていた腕極め式のスクールボーイ。まず相手の背後に回り込みながら相手の左腕を左手で掴み、掴んだ左腕を相手の股の前へと持って行く。そのあと腿の裏の方から相手の股の間に差し込んだ右手で相手の左手首を掴み直して自分は背中からマットに倒れ込み、その勢いで後ろに転倒した相手の体を押さえ込んで3カウントを奪い去る。
カオスセオリー
ダグ・ウィリアムスが愛用しているオリジナルスープレックス。まず相手の背後に回り込んで腰を両手で抱え込み、相手の体をタックルするような感じで後ろから押す。そしてそのまま相手を体の正面からコーナーに衝突させ、相手が跳ね返る反動を利用して相手を抱えたまま自分の体を後転させる。最後に自分の両足がマットに着地したところで素早く体をブリッジさせ、無理やり引っこ抜いた相手の体を急角度のジャーマンスープレックスホールドでマットに叩きつけ3カウントを奪う。かつて参戦していたプロレスリング・ノアではロールスルージャーマンと呼ばれていた。
カオスブレイク
大阪プロレスのスーパードルフィンが開発したクロスレッグ式のデスバレーボム。デメキンバスターの要領で抱え上げた相手の体をファイヤーマンズキャリーの形で両肩の上に着地させ、左半身から倒れ込んで相手の後頭部や背中をマットに打ちつける。怪人・ハブ男として活動していた沖縄プロレスでは蛇剣神滝と呼ばれていた。
カカア天下
趙雲子龍&松本浩代がアイスリボンで披露した合体式のスパイシードロップ。まずうつ伏せになった相手の右サイドに陣取った趙雲が相手の右腕を右手で、右サイドに陣取った松本が相手の左腕を左手で掴み、趙雲が相手の右腿を左脇に、松本が相手の左腿を右脇にそれぞれ抱え込む。そのあと前後に揺さぶった相手の体を仰向けにひっくり返すように持ち上げながら趙雲と松本が背中合わせになり、相手の体をアルゼンチンバックブリーカーの形で2人の両肩の上に着地させる。最後に趙雲が右手で、松本が左手で相手の背中を同時に押し上げながら2人が尻餅をつくように倒れ込み、その勢いでうつぶせにひっくり返った相手の顔や胸をマットへと叩きつける。
抱え込み式逆エビ固め
新日本プロレスの天山広吉が若手時代に愛用していたサブミッション。まず仰向けになった相手の右足を左手で、左足を右手で掴んで持ち上げ、相手の右足を自分の左肩の上に、左足を右肩の上にそれぞれ乗せる。そのあと相手の右腿を左手で、左腿を右手で抱え込んで相手の体をうつ伏せにひっくり返し、相手の背中を両足で跨いで背骨を痛めつける。
抱え込み式デッドエンド
本田多聞が使うクロスアーム式デッドエンド。まず背後に回り込んで相手の正面に両腕を回し、相手の右腕を左手で、左腕を右手で掴んで両腕を交差させる。そのあと相手の体を軽く宙に抱え上げて一旦静止し、十分にタメを作ったところでぶっこ抜き式のジャーマンスープレックスを炸裂させる。
抱え式バックドロップ
相手の片足を抱えて投げを打つバックドロップのバリエーションの1つ。まず相手の背後に自分の体を回り込ませ、相手の左脇に背中の方から頭を潜り込ませる。そのあと相手の背中に右腕を、左腿の裏に左腕をそれぞれ回して体をブリッジさせ、後方へと反り投げた相手を肩口からマットに叩きつける。プロレスリング・ノアの小川良成は相手をマットに叩きつけたあとブリッジを崩さずにフォールを奪う抱え式バックドロップホールドを得意としている。
踵落とし
前川久美子や垣原賢人などが代表的な使い手として知られる打撃技。向かい合った相手の側で片足を上方向へと振り上げ、振り下ろした足の踵を相手の脳天目掛けて叩きつける。韓国の国技であるテコンドーではネリチャギと呼ばれている。
加賀百万石アッパー
大阪プロレスで活躍していた村浜武洋の必殺技。形はスペル・デルフィンに伝授した大阪臨海アッパーと同型。
鏡割
新日本プロレスの矢野通が使っている変形のサイドバスター。まず背中の方から相手の左脇に左腕を差し込み、差し込んだ左腕を相手の首の後ろへと持っていく。そのあと左脇腹の方から相手の腹部の下へ右腕を潜り込ませ、右手で相手の右腿を外側から抱え込む。最後に相手の体を上下逆さまにするような感じで抱え上げてマットに尻餅をつき、落下させた相手の後頭部や背中を自分の左サイドへと叩きつける。
鍵固め
キーロック
カキチュード
DDTプロレスリングの柿本大地が使っていたぶっこ抜き式のドラゴンスープレックス。うつぶせに倒れた相手の足の側に移動して相手の上半身をフルネルソンに捕らえ、投げられまいと踏ん張る相手の体を無理やり宙に抱え上げる。そのあと体をブリッジさせて相手の体を強引に反り投げ、相手を肩口からマットに叩きつけたあともブリッジを崩さずそのまま3カウントを奪い去る。
格差
L.A.
カクタスジャックナイフ
カクタス・ジャックことミック・フォーリーが愛用していたダブルアームDDTの名称。
確保
大日本プロレスの植木嵩行が使っているスピアーの呼び名。
革命成功
DDTプロレスリングのマサ高梨が使っているオクラホマロールに付けられた呼び名。この技で男色ディーノから3カウントを奪いDDT EXTREAME級王座のベルトを手にした。
影縫
DRAGON GATEで活躍中のKAGETORAが使っているヒノハカマと同型の技。正式名称が決定するまでは変形クラッチと呼ばれていた。
傘固め
マテマティカ
カサドーニャ
アイスリボンの新田猫子が愛用していたカサドーラと同型の技。相手の胴体に飛びついたあと背中を仰け反らせて両手を猫の爪のような形にし、"ニャー!"と猫の鳴き真似をしてから相手を丸め込むのが特徴である。
カサドーラ
飛びつき式前方回転エビ固めとも呼ばれるポピュラーな丸め込み技。相手の正面でジャンプしたあと体を左方向に軽く捻り、空中で自分の顔が下を向いた状態になる。そのあと相手の胴体を両足で挟み込みながら相手の右腿を右手で、左腿を左手で抱え、相手もろとも体を前方に転がして相手を丸め込む。
カサドーラ・アントンティス
大陸ラナ
カサノヴァ
DRAGON GATEの谷嵜なおきが使うトランスレイヴと同型の技。立っている相手に足払い気味のローキックを見舞って尻餅をつかせ、即座に助走をつけて技を決めることが多い。
ガジュマルジャム
沖縄プロレスで活躍したキジムナーが使っているダイビングギロチンドロップの呼び名。
柏クラッチ
KAIENTAI-DOJOの柏大五郎が使っている外道クラッチと同型の技。
柏クラッチ2
柏大五郎が使っているオリジナルパッケージ。河津落としの体勢に捕らえた相手の左腕から左手を離し、左腕を相手の首の後ろへ、右腕を相手の左腿の裏へとそれぞれ添え直す。そのあと両膝をつくように倒れ込みながら相手の体を前方へと転がし、両肩をマットにつけた相手の体を押さえ込んでフォールを奪う。得意とするストロークに行くと見せかけ、油断した相手の体を瞬時に丸め込む。
柏クラッチ3
柏大五郎が愛用する丸め込み技。相手を河津落としの体勢に捕らえたあと相手もろとも体を前転させ、尻餅をつく体勢になった相手の右足を右手で、左足を左手で掴み直す。そのあと相手の体を後ろに転がして両肩をマットにつけさせ、エビ固め風に丸まった相手の左足の上に自分の左足をフックさせてフォールを奪う。
柏スタナー
柏大五郎が愛用している変形のチンクラッシャー。相手の正面で体を捻って相手に背中を向けた状態になり、自分の両手を相手の頭の後ろに回しながら両膝を軽く折り曲げる。そのあと自分の頭を相手の顎の下に潜り込ませて尻餅をつき、マットに着地した衝撃で相手の顎に自分の頭をめり込ませる。
カスティゴ
NEO女子プロレスの三田英津子が使っていたトケ・エスパルダス系の丸め込み技。まず右手で掴んだ相手の右腕を捻り上げながら相手の背後に体を回り込ませ、肩を組むような感じで相手の首の後ろに自分の左腕を回す。そのあと相手の右足に自分の左足を正面から引っかけて前のめりに倒れ込み、その勢いで前屈状態になった相手の両肩をマットにつけてフォールを奪う。
カスティゴ・アルクェヨ
JWP女子プロレスの渡辺えりかが使っていたジャべの1種。まず相手の左手足にセラヘーラの要領で自分の右足をフックさせ、更に相手の首の後ろに右腕を回して相手もろとも体を前方回転させる。そのあと相手の背中がマットについたところで回転を止めて相手の右脇に背中の方から左手を差し込み、相手の顎の下へと左腕を回して相手の首・右肩・脇腹などを複合的に痛めつける。
カスティゴ・セルピカレス
ドクトルワグナーJr.が使っているみちのくドライバー2の名称。別名はドクトルドライバー
カスティゴ・デ・ロス・ブラソス
リンギーナ
カスティゴ・ブカネロ
CMLLのレイ・ブカネロが使っているフェニックスセントーンの名称。
ガスマスク
WWFのピート・ガスが使用していたフリップスープレックスと同型の技。
カスミソウ
チームでらの宮本武士が使っているバズソーキックの呼び名。
風乃月
OZアカデミーやプロレスリングWAVEを主戦場としている花月の必殺技。横から飛びつくような形で相手の背中の上に飛び乗ってヨシタニックを決め、続けざまにジャックナイフホールドで相手を丸め込んで3カウントを奪取する。
風無双
プロレスリング・ノアの石森太二が大相撲への出稽古のあとに公開した、ランサルセと無双を組み合わせた感じのムーブ。まず相手と距離をとって相撲の立会いをするように体勢を低くし、こちらを向いた相手の方に向かって勢い良く突進する。そのあと相手の懐に体を潜り込ませながら相手の腹部に右腕を、右腿の裏に左手をそれぞれ回し、相手の体を肩の高さまで一気にリフトアップする。最後に相手に体を浴びせかけるように前のめりに倒れ込み、落下させた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
片エビ固め
仰向けになった相手に覆い被さるように倒れ込み、相手の片足を腕で抱えて3カウントを奪う押さえ込み技。
カタコンベ・オブ・アバドン
CHIKARAを中心に活動しているウルトラマンティス・ブラック&フライトメアのコンビネーション。コーナーの側でブラックが相手にラ・アヤキータ2000を極め、ブラックが捕らえた相手の背中にフライトメアがダイビングフットスタンプを叩き込む。
肩固め
藤田和之などが得意としている変形の袈裟固め。仰向けになった相手の右サイドに腰を下ろして相手の右腕を左手で掴み、掴んだ腕を相手の顎の下あたりに持っていく。そのあと左首筋の方から相手の首の後ろに自分の右腕を差し込み、相手の右腕と首を抱きこむように自分の両手をクラッチさせる。最後に自分の右肩のあたりで相手の右腕を押さえつけながら両腕に力を込め、相手の頚動脈や呼吸を圧迫してタップを奪う。
カタストロフショット
DRAGON GATEのCIMAが開発したオリジナルムーブの1つ。向かい合った相手の右腕を右手で掴んだあと相手の後頭部を左手で上から押さえつけ、自分の体を右方向へと捻る際に相手の右腕の上を左足でまたいで相手の右腕の上に跨る格好になる。続いて後ろに跳ね上げるように振り上げた左足を相手の顎の下へフックさせ、体を軽くジャンプさせて右足を相手の背中のあたりへ引っかける。最後に相手の体を両足で挟み込んだままうつぶせの状態でリングに落下し、その勢いで前のめりに倒れ込ませた相手の顔面をマットへと痛打させる。
真剣
KAIENTAI-DOJOの真霜拳號が使っている一撃必殺のハイキックの名称。名前は真剣と書いて"かたな"と読む。
刀狩
秀吉が愛用していたコブラクラッチ式のキャメルクラッチ。コブラクラッチに捕らえた相手の体をうつ伏せにひっくり返し、相手の背中に跨るように腰を下ろして相手の首と背骨を締め上げる。現在はコブラクラッチクロスフェイスと同様に相手のサイドに腰を下ろして首を締め上げている。
刀狩・改
秀吉が使っていた複合サブミッション。相手にSTFを仕掛けて体を痛めつけ、腕の力が緩んだのを見計らって相手の上半身をコブラクラッチに捕らえる。この技でタイガースマスクを下し自身初のシングルタイトルとなる大阪プロレス選手権のベルトを奪取した。
刀狩・極
秀吉が使っていたクロスフェイス式の刀狩。うつぶせになった相手の左腕をクリップラークロスフェイスの要領で自分の両腿の間に挟み込み、更に相手の頭部と右腕をコブラクラッチに捕らえて相手の首や肩を痛めつける
片羽締め
海外でも名前が認知されているインターナショナルなサブミッション。相手の右脇に背中の方から右腕を差し込み、左首筋の方から相手の喉元に左腕を巻きつける。そのあと相手の首と右腕を抱きこむような感じで自分の両手をクラッチし、腕に力を込めて相手の頚動脈を圧迫する。
カタパルトレッグドロップ
WCWで活躍していたクロウバーことデボン・ストームのフェイバリットムーブ。まずエプロンに移動してトップロープを両手で掴み、トップロープを跳び越えるようにジャンプしてロープから腕を離す。そのあと空中で体を270゜前方回転させながら片足を突き出し、仰向けになった相手の喉元にギロチンドロップの形で伸ばした足を叩きつける。
カタプルパ
シーソーホイップ
カタボリックメルトダウン
全日本プロレスのゼウスが愛用している自慢の怪力を生かしたムーブ。相手をミリタリープレスで抱え上げたままリングの中を歩き回り、体を支えていた腕を離すことで相手をリングに落下させる。そのあと自分の体を左方向に軽く捻って落下してきた相手の体を右肩の上に着地させ、相手をオクラホマスタンピードの形でマットに叩きつける。
固め盛り
みちのくプロレスや大阪プロレスで活躍中の男盛が披露したクロスアーム式の腕固め。まず仰向けになった相手の頭の方を向きながら相手の胴体を両足で跨ぎ、相手の右腕を左手で、左腕を右手で掴む。そのあと自分の体を右方向へ180゜捻って左腕が上になるような形で相手の両腕を交差させ、持ち上げた自分の右足を相手の左腕の上に引っ掛けて足を相手の左肩のあたりに着地させる。最後にそのままマットに右膝をつくことで相手の左腕を右膝の間に挟み込み、掴んだ両腕を絞り上げて相手をギブアップに追い込む。
片山ジャーマンスープレックスホールド
プロレスリング・ノアの原田大輔が使っているジャーマンスープレックスホールドの呼び名。
片翼の天使
新日本プロレスのケニー・オメガが使っているベルティゴと同型の技。
ガチャボム
ZERO1に登場したGha-cha-pingのフィニッシングムーブ。形はネックハンギングボムと同型。
家長殺し
中嶋勝彦&本間朋晃が開発した合体殺法。中嶋が本間をジャーマンスープレックスで投げ捨て、投げ捨てられた本間が仰向けになった相手の上に背中から落下する。
カツ落とし
カツオこと大野勇樹が使っているハリケーンドライバーの名称。ウルトラ☆マンゴーとして活動していた沖縄プロレスではうるま落としと呼ばれていた。
カツオの一本釣り
全日本プロレスのSUSHIが使っているフィッシャーマンバスターの呼び名。必殺技であるTEKKAMAKI同様にレインメーカーの要領で相手の腕を引っ張り、振り向いた相手の体を素早く抱え込んで技へと移行する。
カッキーカッター
新日本プロレスの垣原賢人が愛用していた変形のSTO。向かい合った相手の右腕を左手で掴んで相手の体を引き寄せ、相手の左肩の上に右腕を引っ掛ける。そのあと大きく振り上げた右足で相手の右足を後ろから刈り取り、相手に体を浴びせかけるように倒れ込んで相手の後頭部や背中をマットに痛打させる。
カッキーカッター改
トルネードカッター
カッキーカット
DDTプロレスリングの柿本大地が愛用していたオリジナルムーブ。相手をブレーンバスターの要領で垂直になるまで抱え上げ、自分の体だけを左方向へ180゜捻って相手と向かい合った状態になる。そのあとうつ伏せの状態で落下する相手の首の後ろに右腕を引っ掛け、そのまま尻餅をついて相手の顔や胸をマットへ痛打させる。
かつぐばい
エクスプロージョン
カッサーイスープエイプスホールド
FREEDOMSの葛西純が使うジャーマンスープレックスホールドの名称。両手で作ったフレームで相手をロックオンし、風の強さなどを計算に入れてから技に移行するのが特徴である。
カッサ・トルネード
DRAGON GATEを中心に活動中のピーター・カッサが使う630゜の呼び名。
カッサ・トルネード2
ピーター・カッサが使う鞍馬八流と同型の技。
勝賛怒
KAIENTAI-DOJOの石川はじめが使っていたフロッグスプラッシュの名称。
葛飾公園前固め
DRAGON GATEのビッグR清水がリョーツ清水時代から愛用している抱え込み式逆エビ固めの呼び名。
葛飾柴又固め
ZERO1-MAXの車冬次郎が使っていたテキサスクローバーホールドの名称。
合掌捻り落とし
プロレスリング・ノアの力皇猛が使っていたパワーを利した投げ技。向かい合った相手の喉元に右手を、首の後ろに左手を添えることで相手の首を両手で鷲掴みにし、掴んだ相手の体を左右に大きく揺する。そのあとチョークスラムの要領で相手の体をリフトアップし、前方に投げ捨てた相手の背中をマットへ痛打させる。
カッター・インベルティーナ
DRAGON GATEに登場したキングシーサーが使っていたダニョ・ラティーノと同型の技。相手を担ぎ上げたあとその場でぐるぐると回転してから技に移行するのが特徴。
カッターJ
ワールド女子プロレス・ディアナのジャガー横田が愛用するフィニッシングムーブ。形はナガイころしと同型。
合体エメラルドフロウジョン
プロレスリング・ノアの三沢光晴&小川良成が使っていた合体殺法。まず小川が相手をブレーンバスターの要領で垂直に抱え上げ、小川の左サイドに移動した三沢が相手の腹部に左腕を、首の後ろに右腕をそれぞれ回す。そのあと三沢が左半身からマットに倒れ込むと同時に小川が体を後ろへ倒し、上下逆さまの状態で落下させた相手の体をマットへ叩きつける。
合体キングコングニードロップ
新日本プロレスの真壁刀義&矢野通が使っていたコンビネーション。相手の体をカナディアンバックブリーカーで担ぎ上げた矢野がマットに両膝をつき、コーナー最上段からジャンプした真壁が相手の喉元にキングコングニードロップを投下する。
合体サンタマリア
サンタマリア
合体式チョークスラム
プロレスリング・ノアで活動中の潮崎豪&マイバッハ谷口が使っているトルネードボムとチョークスラムの複合技。相手の左サイドに陣取った潮崎が相手の左足を自分の左肩の上に乗せ、相手の右サイドに陣取った谷口が相手の喉を右手で鷲掴みにする。そのあと潮崎が右手を、谷口が左手をそれぞれ相手の背中に添え、2人がかりで相手の体を高々とリフトアップする。最後に潮崎が尻餅をつくと同時に谷口が体を前傾させ、落下させた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
合体式ネックブリーカードロップ
DDTプロレスリングの中澤マイケル&松永智充が使っていたマジックキラーと同型の技。
合体!!ダイビングハイフライバット
KAIENTAI-DOJOで活動していた"牙騎鱗"の柏大五郎&PSYCHOが披露した合体殺法。仰向けに倒れた相手の肩口目掛けて柏がダイビングヘッドバットを放ち、それと同時にPSYCHOがハイフライバムを仕掛けて相手の体をプレスする。
合体フェイスバスター
プロレスリング・ノアなどで活動中のマーシャル・フォン・エリック&ロス・フォン・エリックが使っている合体殺法。まずマーシャルが相手の背後に回り込んで相手の胴体に両腕を回し、相手の体を軽く宙に抱えあげる。そのあと相手の正面に回り込んだロスが体をジャンプさせ、相手の顔面にデュランダルの要領で両膝を打ちつける。
合体ロボDDT
日高郁人&藤田ミノルが使う"48の合体殺人技"の1つ。まず日高がコーナーのトップロープを両手で掴んでジャンプして背後にいる藤田の右肩の上に右脛を、左肩の上に左脛を着地させ、ロープから腕を離した日高が正座をするような格好で藤田の肩の上に担がれる。続いて相手と向かい合うように日高を担いだ藤田が体を移動させ、前屈みになった日高が相手の首の後ろに左腕を回して相手の頭を抱え込む。最後に日高の足を掴んだ藤田が日高の体を右方向に振り、その勢いで体を旋回させた日高が相手の頭をDDTの形でマットへ叩きつける。
合体ロボDDT-Z
日高郁人&藤田ミノルが使う"48の合体殺人技"の1つ。藤田が相手をアトミックドロップ風に持ち上げ、コーナーに登った日高が相手の頭をリバースDDTの要領で左脇に抱え込む。そのあとコーナーからジャンプした日高が体を右方向に旋回させながらリングに落下し、相手の後頭部を強かにマットへ叩きつける。
合体WA4
カズ・ハヤシとジミー・ヤンが使っていたカウントダウンと同型の技。
ガッチリ3!
アップルみゆきが使う瞬速のカサドーラ。相手にカサドーラの要領で飛びついたあと背中を仰け反らせて反動をつけ、相手の胴体を足で挟み込んだまま自分の体に360゜の前方回転を加える。そしてその勢いで宙へと浮き上がった相手の右足を右手で、左足を左手で抱え込みながらマットに尻餅をつき、上下逆さまになった相手を頭からマットに叩きつけそのままピンフォールを奪う。
カッツ・ライク・ア・ナイフ
WCWで活躍したブライアン・アダムスが使っていたフルネルソンスラムと同型の技。
カットスロートドライバー
ROHやPWGで活動中のマーク・ブリスコが使っている片腕ロック式のバーニングハンマー。右手で掴んだ相手の左腕を相手の顎の下に巻きつけ、相手の体をアルゼンチンバックブリーカーの要領で肩に担ぎ上げる。そのあと右半身からマットに倒れ込み、落下させた相手の頭部をマットへ強かに打ちつける。
ガットチェック
WWEのダレン・ヤングが使っているデス・バイ・ロデリックと同型の技。
カットパイン
沖縄プロレスのゴールデン・パインが使っていたナイトメア・オン・ヘルムズストリートと同型の技。
ガットバスター
相手のスタミナを奪う際に用いられるポピュラーなムーブ。まずファイヤーマンズキャリーの要領で相手を肩に担ぎ、相手の体を重量挙げをするような感じで下からプッシュアップする。そのあと相手の体を前方に投げ捨てながら左膝をつき、うつぶせの状態で落下してきた相手の腹部を立てた右腿の上に叩きつける。
ガットレンチスープレックス
サイドスープレックス
ガットレンチパワーボム
ドクターボム
かつドン
アイスリボンの松屋うのが使っている得意技の1つ。相手を水車落としの要領で一旦右肩に担ぎ上げ、自分の体だけを右方向に180゜捻る。そのあとうつ伏せの状態で落下する相手の背中を左手で押さえつけつつ腰を落とし、相手の顔面や胸板をマットへ強かに打ちつけさせる。
河童巻き
IWAジャパンの河童小僧が愛用していたサブミッション。まず相手の左脇に背中の方から左腕を差し込み、自分の体を右方向に捻って相手と背中合わせになる。続いて相手の左足を右手で抱えて体を前屈みにさせ、相手の体を背中に背負い上げる。最後に相手を抱えたままマットに右膝をつき、立てた左腿の上に相手の背中を乗せて体を絞り上げる。
がつんといくばい
九州プロレスの筑前りょう太が愛用するクローズラインの名称。
家庭教師のトライ!
横浜プロレスのミッチーが使っていたダイビングボディープレスの名称。コーナー最上段に登ったあと両手で抱えたラグビーボールを頭上に掲げ、"家庭教師の、トラーイ!"と絶叫しながら技を仕掛けるのが特徴である。
カトクン・ヒカリー
コロ・クエルダス
ガト・シエンタテ
MI・SA・KIが披露したヒアウィーゴードライバーと同型の技。
牙突
大日本プロレスの橋本和樹が使っている葉隠れと同型の技。
カナゴン
華名が使っているドラゴンパンサーと同型の技。
金縛りスリーパー
暗黒プロレス組織666の怨霊が使う拷問関節技。尻餅をついた相手の背後に回り込んだあと相手の右腕に右足を、左腕に左足をそれぞれ引っ掛け、身動きの取れなくなった相手の首をスリーパーホールドで締め上げる。
カナディアンデストロイヤー
ピーティー・ウィリアムスが愛用する前方1回転式のパイルドライバー。まず前屈みになった相手の頭を自分の股の間に正面から挟み込み、相手の腰を両手で抱え込んで膝を軽く屈伸させる。そのあと体を360゜前方回転させるようにジャンプしてマットに尻餅をつき、宙に浮き上がった相手の頭部をパイルドライバーの形でマットへ突き刺す。別名はフリッピングパイルドライバー
カナディアンパイルドライバー
CHIKARAなどで活躍中のチャック・テイラーが使っている得意技の1つ。まずリングに背を向ける格好で相手をコーナー最上段に座らせ、自分は相手と背中合わせになるように体を捻る。続いて相手の喉元に左手を、左半身に右手をそれぞれ回し、相手の体をカナディアンバックブリーカーのような形で右肩の上に担ぎ上げる。最後に相手の体を前方へ滑り落としながらマットに尻餅をつき、上下逆さまになった相手の頭部を両腿の間へ打ちつける。
カナディアンバスター
ワイルドスクラップ
カナディアンバックブリーカー
ユーコン・エリックが開発した世界三大バックブリーカーの1つ。まず前屈みになった相手の正面に体を回り込ませ、相手の右半身に左腕を、左半身に右腕を回して相手の胴体を両手で抱え込む。そのあと仰向けにひっくり返すように持ち上げた相手の背中を自分の右肩の上に着地させ、体を揺さぶった衝撃で相手の背骨を痛めつける。
カナディアンハンマー
吉江豊が新日本プロレス所属時代に行った海外遠征後に使い始めたランニングパイレーツとほぼ同型の技。裏4の字固めへの繋ぎ技として使用していた為、相手の足や膝へのダメージを特に重視している。
カナディアンブレーンバスター
タイソン・デュークスが使っている垂直落下式ブレーンバスターの名称。
カナディアンメープルリーフ
WCWやWWEで活躍したランス・ストームが愛用していた逆片エビ固めの呼び名。相手の股の下をスライディングで潜り抜けながら相手の右腿を左手で、左腿を右手で抱え、バランスを崩して前のめりに倒れ込んだ相手の片足を掴んで技に移行することも多かった。
カナディアンロッキーバスター
カミカゼ
要返し
REINA女子プロレスの成宮真希が使っている1回転式の袈裟斬りチョップ。相手の側でローリングエルボーを仕掛けるように体を1回転させ、右手で放った袈裟斬りチョップを相手の胸板のあたりに叩き込む。要返しとは日本舞踊における基本動作の1つであり、名前は"かなめがえし"と読む。
カナバット
JWP女子プロレスで活躍した美咲華菜のフェイバリットムーブ。髪の毛を歌舞伎の獅子のように振り乱してから相手の胸板目掛けて叩き込むヘッドバットである。
カナロック
胴締めチキンウイングスリーパー
カニカニエルボードロップ
愚乱・浪花が使っていた一風変わった打撃技。リングの方を向きながらセカンドロープに跳び乗り、ロープの上を蟹の如く横歩きしたあと仰向けになった相手目掛けてエルボードロップを投下する。
カニばさみ
レッグシザーズ
カニばさみクラッチ
アイスリボンのつくしが使っているルミカ ver.2と同型の技。
カノ・キャノンボール
PWGなどに参戦しているプレイヤー・ウノのフェイバリットムーブ。助走をつけたあとロープの間をトペ・スイシーダの要領で通り抜け、空中で体を前方回転させて場外にいる相手に背中から体当たりする。
カバージョ
メキシコで使われているキャメルクラッチの呼び名。カバージョとは"馬"のことを指すスペイン語である。
カバージョ2000
沖縄プロレスのスペル・デルフィンがかつて愛用していた、相手の頭をフェイスロックに捕らえて体を絞り上げる変形のキャメルクラッチ。相手の首をスリーパーホールドで締め上げるキャメルクラッチはカバージョ2001と呼ばれる。
カバージョ2003
スペル・デルフィンが使う2人まとめてのカバージョ。対戦相手2人をうつ伏せに倒したあと倒れた2人の間に腰を下ろし、右側にいる相手の首に右腕を、左側にいる相手の首に左腕をそれぞれ巻きつけて2人の背中をまとめて反り上げる。
がばいトーンボム
九州プロレスのがばいじいちゃんが使っているセントーン・アトミコの呼び名。
がばいボム
がばいじいちゃんが使うスパイラルボムと同型の技。
カバジェット
CMLLで活動中のセウシスが使っているジャベ。まず相手の体をツームストンパイルドライバーの要領で抱え上げ、相手の頭を両腿でしっかりと挟み込みながら相手の両足を両手で掴む。そのあと交差させるように折り畳んだ相手の両足を両手で抱え込み、そのまま中腰の状態になることで相手の背中を弓なりになるまで反り上げていく。カバジェットとはイーゼルのことを指すスペイン語である。
ガバナーズクランペット
ナイジェル・マッギネスが愛用していた変形のぺディグリー。まず左手で掴んだ相手の左腕を相手の背中でハンマーロックに固め、相手の後頭部を右手で上から押さえつける。続いて相手の体を右方向へと回転させて相手と顔を向き合わせた状態になり、前屈みにさせた相手の頭を自分の股の間に挟み込む。最後に相手の背中に右腕を振り下ろしながら正座をするように両膝を折り畳み、その勢いで前のめりに倒れ込んだ相手の顔面をマットへ叩きつける。
カバナ固め
スーパーマン
カバナスペシャル
シカゴスカイライン
カバナラマ
コルト・カバナが使うどすこいDDTと同型の技。
ガファリプレス
ZERO-ONEに登場したマット・ガファリが使っていたムーブ。相手をランニング式のボディープレスで押しつぶしたあと縦四方固めに移行し、自慢の太鼓腹で相手の顔面を圧迫する。
歌舞伎鳥スプラッシュ
美月凛音が使うフェニックススプラッシュの名称。
カフクラッシャー
太陽ケアが使用しているサブミッション。まず向かい合った相手の左足の内側に正面から左足を引っ掛け、自分の体を相手の背後へ回り込ませて相手の右脇腹のあたりに左腕を回す。そのあと相手もろとも背中からマットへ倒れ込み、仰向けになった相手の左膝を回転足4の字固めの要領で痛めつける。
カフドロップ
クラウディオ・カスタニョーリが使うスイス・デスとも呼ばれるムーブ。走ってきた相手の体をミリタリープレスの要領で空中に放り投げ、うつぶせの状態で落下してくる相手の顔面に下からのエルボースマッシュを叩き込む。セザーロとして活動するWWEではベリー・ヨーロピアンアッパーカットという名前が付けられている。
カベルナリア
メキシコで使われているジャベの一種。ロメロスペシャルで持ち上げた相手を膝からマットに落として掴んでいた両腕を離し、相手の顎をチンロックに捕らえ直して相手の首や背中を反り上げる。
カマイタチ
DIAMOND RINGの佐々木健介が愛用していたカウンタームーブ。相手が右腕でラリアットを放った際に自分も右腕をラリアット気味に振り抜き、相手の右腕に自分の右腕を叩きつけることで相手の肩関節や肘関節に痛みを走らせる。
鎌固め
馳浩や武藤敬司が代表的な使い手として知られる複合サブミッション。相手の両足をリバースインディアンデスロックに捕らえたあと体をブリッジさせ、相手の顎の下に両手を回して相手の首・腰・足などを複合的に痛めつける。海外ではこの技を愛用していたグレート・ムタの名を取ってムタロックと呼ばれている。
カマ固め
DDTプロレスリングの男色ディーノが使っている男色式サブミッション。仰向けになった相手の両足を胡坐をかかせるように固め、相手の右膝の上に右手を、左膝の上に左手を添えて相手の両足の間に自分の頭を差し込む。そのあと相手の股間に顔を密着させた状態で体をブリッジさせ、相手の足を痛めつけながら空いている両手で相手の体を撫で回す。
カミカゼ (1)
CZWで活躍していた"黒いハヤブサ"メナスのフィニッシャー。コーナーの下で座り込んだ相手の顔面の上に折り畳んだ椅子を乗せ、自分は対角線上にある反対側のコーナーの最上段へと歩を進める。そのあとコーナーを蹴って大きくジャンプし、相手の顔面をリング斜断式のミサイルキックで椅子ごと打ち抜く。
カミカゼ (2)
KAIENTAI-DOJOのリッキー・フジが使っている代名詞的なムーブ。相手をファイヤーマンズキャリーで肩に担ぎ上げたあと助走をつけ、体を前転させるような感じで前のめりに倒れ込んで相手を背中からマットに叩きつける。別名はカナディアンロッキーバスター
神風殺し
崔虎
カミカゼダマシイ
AAAで活動中のジャック・エヴァンスが使っているウイングクラッチホールドと同型の技。
神風ドライバー
ZERO1のKAMIKAZEが愛用しているファイヤーサンダーの名称。テングカイザーに変身するとテングドライバーに名前が変化する。
神風トルネード
KAMIKAZEが使っているスカイツイスタープレスと同型の技。テングカイザーに変身するとテングトルネードに名前も変化。
神風トルネード2
KAMIKAZEが得意とするダブルアーム式スイングDDT。リングの方を向きながらコーナーのセカンドロープによじ登り、コーナーの側にいる相手の上半身をリバースフルネルソンで捕獲する。そしてリングに向かってジャンプしたあと相手の体を軸にして自分の体を旋回させ、相手の頭部をダブルアームDDTの形でマットに叩きつける。
カミカゼアッサムボム
マイク・オーサムが使っていたコーナー最上段からの雪崩式アッサムボム。非常に危険度が高い為に奥の手としてしか使用していなかった。
神々の怒り
ジハード
神が宿る逆さ押さえ込み
DRAGON GATEの堀口元気が愛用する逆さ押さえ込みの名称で、別名はバックスライド・フロム・ヘブン。ヒールユニット"マッスルアウトローズ"に加入した際には急所蹴り毒霧からの逆さ押さえ込みをバックスライド・フロム・ヘルという名前で使用していた。
神締め・GODスリーパー
DDTプロレスリングに登場したキューバ軍団のグラン・マエストロが使っていた、捕らえた者を一瞬にして快楽の失神へと誘うスリーパーホールド。イタリア軍団のドン・マエストロも同じムーブをドンスリーパーという名称で愛用していた。
剃刀ブレーンバスター
低空ブレーンバスター
噛みつき
相手の額に噛みついて皮膚を傷つけ、相手を流血に追い込む反則技。
ガミドーラ
プロレスリングWAVEのGAMIが使っていたツカドーラと同型の技。
神の拳
パワー・オブ・パンチ
神の右膝
DDTプロレスリングに所属する坂口征夫の右膝から放たれる、虎王と同じタイプの二段蹴り式飛び膝蹴り。コーナーに背中を預ける格好になった相手の顔面に串刺し式で見舞う一撃をフィニッシュとして用いている。
神威
大日本プロレスの沼澤邪鬼が使う首固め系の丸め込み技の総称。フルネルソンから仕掛けるパターンや、飛びついてのスイング式など様々な入り方がある。
神威クラッチ
プロレスリングFREEDOMSの神威が使っているトケ・デ・エスパルダスと同型の技。
神威落款
沼澤邪鬼が使っているゴッズラストギフトと同型の技。
カメハメバスター
プロレスリング華☆激などで活動中のKINGが使っているバックフリップの名称。
カモイェ
ヒムロックからの回し蹴り
ガラ・シベルネティカ
アポカリプス
空手チョップ
プロレスの開祖、力道山が使っていた打撃技。斜めに振り下ろすような手刀を相手の胸板目掛けて叩きつける。
カラパリダ
新日本プロレスの田口隆祐が使うコブラクラッチクロスフェイスの名称。相手の体を強烈に反りあげるのが特徴で、名前はスペイン語で"顔面蒼白"という意味を表す。
ガラムマサラ
カレーマンが愛用していたロール・ザ・ダイスと同型の技。
カリートズウェイ
CZWなどで活躍したメサイヤの得意技。まず相手の左脇に背中の方から頭を潜り込ませ、右手を相手の背中へ、左手を相手の左腿の裏へとそれぞれ回す。そのあと相手の体を270゜後方回転させるような感じで後ろに一旦放り投げ、うつぶせの状態で落下する相手の首を両手でキャッチし直してダイヤモンドカッターを叩き込む。
カリ首クラズム
DDTプロレスリングの男色ディーノが使っている男色殺法の1つ。リングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、ヴィーナスの要領で体をジャンプさせて相手の股間を右手で下からなで上げる。そして両足でマットに着地したあと相手の股間を右手で鷲掴みにし、更に相手の右腕を左手で掴む。最後に相手の体を270゜前方回転させるように放り投げながら尻餅をつき、落下させた相手の背中を自分の両足の間へと叩きつける。
カリビアンインパクト
JDスター女子プロレスに登場したカリビアンKIM&カリビアンRUM&カリビアンMOONのユニット、"カリビアン軍団"が使っていたコンビネーションムーブ。まずKIMが相手の体をゴリースペシャルの要領で担ぎ上げてコーナーの方を向き、RUM、もしくはMOONがコーナー最上段に登る。そのあとコーナーからジャンプした選手が相手の後頭部を背後から掴み、同時にKIMが後ろに倒れ込んで相手の顔面を急角度のフェイスクラッシャーでマットへ叩きつける。
カリビアンキック
WCWなどで活躍したTNTことサビオ・べガが使用しているスーパーキックの呼び名。
カリビアンスプラッシュ
堀田由美子が奥の手として使っているムーブ。リングに背を向ける格好で相手をコーナー最上段に座らせ、自分もリングに背を向けた状態でコーナーのセカンドロープによじ登る。そのあとコーナー上の相手をクロスアームスープレックスで投げ捨て、相手を後頭部からマットに叩き落とす。
カリビアン・デスグリップ
新日本プロレスのキャプテン・ニュージャパンがヒデオ・サイトーとして活動を始めた頃から使っているコブラクローの呼び名。
カリビアン・デス・まっぷたつ
まっぷたつ
カリビアン.ラム
カリビアンRUMが愛用していた必殺技。形はヒアウィーゴードライバーと同型で、名前は"カリビアン・ドット・ラム"と読む。
カリフォルニアクラッシュ
ハルク・ホーガンが使っているオクラホマスタンピードの名称。
カリフォルニアスペシャル
PWGなどで活躍しているB-ボーイのオリジナルホールド。まずリバースDDTの要領で相手の首を右脇に抱え込み、相手の背中に左腕を回して相手の体を垂直になるまで抱え上げる。そのあと相手の左腿を左手で内側から抱え直して背中を軽く仰け反らせ、背筋を使って相手の体をマットと水平の高さになるまでリフトアップする。最後に相手の体を元の位置まで落下させながらマットに尻餅をつき、上下逆さまの状態になった相手の体を自分の両足の間へ叩きつける。
カリフォルニアドリーム
WWEのメリーナが使っていた鎌固めの名称。
カリフォルニア巻
田中稔が新日本プロレス時代に行ったアメリカ遠征後に使い始めた丸め込み技。四つん這いになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、相手の左腕を自分の首の後ろへと引っかける。そして相手の左腿を右手で外側から抱え込んだあと自分の体を左方向へと転がし、その勢いで仰向けにひっくり返った相手の両肩をマットにつけてフォールを奪う。技が決まった形はフィッシャーマンズスープレックスホールドと同型になる。
カリフォルニアロール
マイケル・モデストが使っていた必殺技の1つ。背中の方から相手の右脇に差し込んだ右腕を相手の首の後ろに回し、相手の右腿の裏に左手を回して相手の右足を抱え込む。そのあとリフトアップした相手の体をファイヤーマンズキャリーの形で肩の上に着地させ、体を捻りながら後ろに倒れこんで相手を背中からマットに叩きつける。
カリボム
WWEのグレート・カリが使っていたフィニッシングムーブ。ネックハンギングツリーの要領で締め上げた相手の体を前方に投げ捨て、相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。別名はパンジャブ・プランジ
刈羽落とし
KAIENTAI-DOJOの安沢たくが使っていたダニ☆エ〜ルと同型の技。
刈龍怒
橋本真也&小川直也の"OH砲"が使っていた連携殺法の1つ。軽く助走をつけた小川が相手にSTOの要領で体を浴びせかけ、それと同時に橋本が相手の足を水面蹴りで刈り取って相手の体を豪快に薙ぎ倒す。現在は橋本の息子である橋本大地が大日本プロレスの神谷英慶と共にこの技を使用している。
画竜点睛
プロレスリングHEAT-UPで活躍中のPSYCHO&CHANGOが使っているマリトマバスターと同型の技。
ガルーダフラッシュ
WMFで活躍したガルーダが使っていたオリジナルパッケージ。まず相手の背後に回り込んで相手の左腕を左手で掴み、大きく振り上げた自分の左足を背中の方から相手の右脇へと差し込む。そのあと自分の左足を相手の背中にフックさせたまま前方へと転がり、その勢いで後ろへ転倒した相手の足を両手で抱え込んでフォールを奪う。
ガルガーノエスケープ
CHIKARAなどで活躍中のジョニー・ガルガーノが使うボーダーシティストレッチと同型の技。
カルカッタカッター
サンジェイ・ダットが愛用しているコンビネーションムーブ。前屈みになった相手の首の後ろに正面から右腕を回し、そのままマットに左膝をつくことで相手の顔面を立てた右腿の上に叩きつける。続いて相手の体を引き起こしたあと腕のクラッチを外して前方にジャンプし、相手の頭を背後から両手で抱え込む。最後に体重をあずけることで相手の体を後ろに引き倒し、背中から着地すると同時に相手の後頭部をマットに叩きつける。
ガルストリーム
DDTプロレスリングのポイズンJULIE澤田がかつて使用していた複合関節技。まず仰向けになった相手の右腕を左脇に抱え込んで相手の上半身を軽く引き起こし、右首筋の方から相手の後頭部とマットの間にできた隙間に右足を滑り込ませる。そのあと右足のつま先を胸の方から相手の左脇に引っ掛けてマットに右膝をつき、右手で抱えた相手の左足を相手の頭の方へと持って行って相手の首や腰を痛めつける。メキシコではラ・セレブリーナという名前で古くから使われているジャベである。
カルチャーショック
ACT
カルデラ
DRAGON GATEのKotokaが使っているフィニッシャー。メテオラの要領でコーナー最上段から跳躍し、尻餅をつく格好になった相手の顔から胸のあたりを踏みつけるようなダイビングフットスタンプを叩き込む。
カルノフ
沖縄プロレスのミル・マングースが使っている必殺技の1つ。形はナターレ・ビアンコと同型。
ガルフストリーム
KAIENTAI-DOJOのシルバーウルフが使っていたブエロ・デ・アギラの名称。
カルマ
新日本プロレスのYOSHI-HASHIが2016年の"G1 CLIMAX"に投入した秘密兵器。形はヒアウィーゴードライバーと同型であり、この技でケニー・オメガを破るという大金星をあげた。
カルロスゴーン
OZアカデミーのカルロス天野が使っていたフェイバリットホールド。ロープの間を何度も往復して十分に助走をつけたあと頭を突き出すようにジャンプし、相手の頭部へ強烈なヘッドバットを叩き込む。コーナー最上段から決めるダイビング式もここ一番というときに使っている。
ガロンスロー
DRAGON GATEの鷹木信悟が使っているジャンボスープレックスの名称。
川田殺し
小島聡が川田利明の持つ三冠ヘビー級王座奪取の為に編み出したサブミッション。まず尻餅をついた相手の背後に体を回り込ませ、相手の左腕に自分の左足を引っかけて腕をロックする。続いて左手で掴んだ相手の右腕を相手の頭の後ろの方に折り曲げ、折り曲げた相手の右腕の隙間に正面から自分の右手を差し込む。最後に相手の右手首を右手で掴んで背中からマットに倒れ込み、相手の両肩を絞り上げてタップを奪う。川田が得意とするストレッチプラムを意識した技であり、この技を足掛かりにして見事に三冠王座を奪取した。
河津落とし
全日本プロレスのジャイアント馬場が愛用していたムーブ。まず相手の首の後ろに肩を組むような感じで自分の右腕を回し、相手の左腕を左手で掴む。そのあと相手の左足に正面から右足を引っ掛けて相手もろとも後ろに倒れ込み、相手の後頭部や背中をマットへ叩きつける。海外ではサイドラシアンレッグスイープと呼ばれている。
KAIENTAI-DOJOの石坂鉄平が愛用していたフィニッシャー。正面から相手の体に飛びついて巴投げ風に相手を放り投げ、仰向けになった相手の顔面の上に腰を下ろす。そのあと相手の顔に尻を擦りつけ、もがく相手の右足を左脇に、左足を右脇に抱え込んでフォールを奪う。
関羽千里行
大中華プロレスの関羽大介が披露した必殺技。コーナーに相手をハンマースルーしたあと対角線上にある反対側のコーナーまで一旦戻り、全力疾走しての串刺しラリアットをコーナーに寄りかかる相手に叩き込む。そのあと助走を付け直してもう一度相手に串刺しラリアットを決め、ふらつく相手の喉元をロープの反動を利用した止めのラリアットで刈り取る。
棺桶固め
グローイングアップ
ガンガラーの谷
めんそ〜れ親父が使っていたダイビングフットスタンプの呼び名。
カンガルーキック
メキシコではパターダ・モルタルと呼ばれているルチャ・リブレ発祥のカウンタームーブ。相手にサーフボードストレッチを仕掛けられた際に両足で立ち上がり、自分の体を前方回転させるようにジャンプして軽く両膝を折り曲げる。そのあと突き出すように伸ばした両足の裏で相手の胸板や顔面を蹴り上げ、相手を怯ませることで関節技から抜け出し反撃の体勢に移る。
カンガルーズコアラクラッチ
アル・コステロが使っていたトライアングルスコーピオンと同型の技。
カンガループレス
ZERO1に登場したオージー・オズボーンのフィニッシングムーブ。形はスカイツイスタープレスと同型。
関空トルネード
大阪プロレスのくいんしんぼう仮面が使うスカイツイスタープレスの名称。
カングレホ
逆エビ固め
カングレホ・ラグネロ
ラ・サタニカ
勘九郎カッター
大日本プロレスの星野勘九郎が使っているSTOの呼び名。
カンクロック
星野勘九郎が愛用しているサブミッション。STFの要領で相手の左足を自分の両腿の間に挟み込み、うつ伏せになった相手の左腕を脇固めに捕らえタップを奪う。
カンクントルネード
ウルティモ・ドラゴンが使うスカイツイスタープレスと同型の技。
完結
L.A.
監獄固め
"獄門鬼"マサ斎藤や谷津嘉章が名手として知られる拷問関節技。仰向けになった相手の右足を両手で掴んで持ち上げ、相手の右足の内側に自分の左足を引っ掛ける。続いて自分の左足を巻き込むように相手の右足を折り曲げたあと相手の左足を右手で掴んで持ち上げ、折り曲げた相手の右足を相手の左膝の上に重ねて両足を4の字に固める。最後に相手の右脹脛を自分の左膝で、相手の左脹脛を自分の右膝で挟み込みながら正座をするように両膝をつき、相手の右足首を自分の右腿、もしくは両手を使って上から押さえつけて相手の左膝の関節を痛めつける。マサ斎藤は相手がうつぶせの状態から仕掛けるトルコ刈り式監獄固めを得意としていた。
監獄式フロントネックロック
タラバガニロック
カンザスシティ・クローバーリーフ
T.J.パーキンスが覆面レスラーのピューマとして活動していた頃に使っていたアレハンドロック3と同型の技。
がんじがらめ
ケン・片谷が使うクロスレッグ式の極楽固め
ガンスリンガー
"ザ・ワン"ビリー・ガンことモンティ・ソップが愛用していたキャタトニックと同型の技。
ガン・スタン
"マシンガン"カール・アンダーソンが使っている飛びつき式のスタナー。相手に背中を向けるように体を捻りながらジャンプして相手の首をスタナーの要領でキャッチし、そのままマットに尻餅をついて相手の顎や喉に自分の右肩をめり込ませる。現在はRKOとほぼ同型の形で技を繰り出している。
関節蹴り
向かい合った相手の膝関節めがけて前蹴りを叩き込む打撃技。
岩石落とし
バックドロップ
岩石砕き
ブロックバスター
元祖デスバレーボム
デスバレーボム
元祖STF
原型STF
奸智
政宗がレフェリーのブラインドをついて仕掛けるダーティーな丸め込み技。相手の体をスクールボーイオクラホマロールで丸め込み、自分の両足のつま先を近くにあるセカンドロープに引っ掛けて相手をフォールする。
神取スペシャル
LLPW-Xの神取忍が愛用しているムーブ。尻餅をついた相手の上半身をコブラクラッチに捕らえたあと相手の右腕に自分の右足を引っ掛け、身動きのとれなくなった相手の首を締め上げてタップを奪う。
神取スペシャル・パート2
神取忍が使うリバースフルネルソンホールドと同型の技。
神取スペシャル・パート3
神取忍が使っているオリジナルムーブ。立っている相手の左腕を脇固めに捕らえたあとその場でジャンプし、相手をうつ伏せに押し倒した衝撃で抱えていた左腕を痛めつける。
神取スペシャル・パート4
神取忍が愛用する腕極め式の膝十字固め。まず仰向けになった相手の左腕を腕ひしぎ逆十字固めに捕らえ、もがく相手の左足を左手で掴む。続いて相手の左腕を相手の左足の上に交差させる形で乗せ、相手の左腕の上に自分の左足を引っ掛けて腕をロックする。最後に相手の左足を両手で掴んで後ろに倒れ込み、膝十字固めの要領で相手の左足を痛めつける。"笑っていいとも!"で名前を募集した際に開運アドバイザーの安斎勝洋氏にドリカン・ニー・サレンダーという名前を付けてもらったが、結果表記ではほとんど使われたことが無い。
古くから使われている大相撲発祥の古典的関節技。向かい合った相手の右脇に背中の方から左腕を、左脇に背中の方から右腕をそれぞれ差し込み、相手の右腕を左脇に、左腕を右脇に抱え込んだ状態になる。そのあと自分の両手をしっかりとクラッチさせ、肘関節を外側から圧迫することで相手の両腕を痛めつける。この状態から体をブリッジさせて相手を反り投げると閂スープレックスになる。
雁之助クラッチ
ガッツワールドなどで活動中のミスター雁之助が愛用する丸め込み技。まず向かい合った相手の右脇の下を潜り抜けながら相手の右腕に右腕を引っ掛け、相手の背後に回りこんだあと自分の体を左方向に360゜回転させる。続いて回転途中で相手の右腕を自分の左脇に抱え直し、自由になった右腕で相手の背中を抱え込む。最後に腿の裏の方から相手の右足に自分の右足を引っ掛けて体を前方回転させ、その勢いで後ろに転倒した相手の両肩をマットにつけてフォールを奪う。
カンパーナ
CMLLのラ・マスカラなどが愛用している古典的なジャベ。仰向けになった相手のつま先の方を向きながら相手の両足の間に立ち、持ち上げた相手の右足を右脇に、左足を左脇に抱え込む。そのあとうつ伏せにひっくり返した相手の背中を両足で跨ぎ、相手の右腕を右手で、左腕を左手で掴む。最後に相手の体を軽く持ち上げて宙吊り状態にし、自分の体を前後に揺さぶった衝撃で相手の体を痛めつける。別名は釣鐘固め
完璧エビ固め
腕取り式エビ固め
完璧首固め
パーフェクト・スモールパッケージホールド
鑑別所固め
新日本プロレスの木村健悟がマサ斎藤の監獄固めに対抗して使い始めたサブミッション。グランドクロス200とほぼ同型の技だと言われている。
ガンホリーボム
WWEで活躍したハードコア・ホリー&ビリー・ガンが使っていたパワープレックスと同型の技。
ガンマクラッチ
DRAGON GATEで活躍中のGammaが使うデルフィンクラッチの名称。
ガンマ助クラッチ
Gammaが使っている雁之助クラッチと同型の技。
ガンマスペシャル
Gammaが開発したというシュバインと全く同型の技。腰を軽く落としながら右手で右方向を、左手で左方向を指差すポーズをとり、"ガンマスペシャル!"と絶叫してから技を仕掛けるのが特徴である。
ガンマスペシャル下剋上
Gammaが神田裕之を仕留める際に用いたダイビングエルボードロップの名称。下剋上エルボーを得意とする神田を揶揄したネーミングである。
ガンマスラッシュ
Gammaが愛用している高速のジャックハマー
ガン・マヒストラル・スペシャル
Gammaが見せたオリジナルパッケージ。まず尻餅をついた相手の左腕をラ・マヒストラルの要領で自分の股の間に挟み込み、胸の方から相手の右脇に左腕を差し込む。そのあと自分の体を前転させる勢いで相手の体を仰向けにひっくり返し、両肩をマットにつけた相手の股を右手で上から押さえつけてフォールを奪う。
カンムリワシアロー
沖縄プロレスのカンムリワシ用高が使っていたファルコンアローと同型の技。
顔面ウォッシュ
ZERO1の大谷晋二郎が見せる定番のムーブ。相手をコーナーの下に座り込ませたあと両手でコーナーのトップロープを掴み、片足の裏を相手の顔面に押しつける。そのあと自分の足を前後に何度も動かし、相手の顔を擦りあげてダメージを与える。相手の顔を何度も擦ったあと背後にあるロープに飛んで助走をつけ、加速をつけた顔面ウォッシュを最後に1発叩き込んで技を締めることが多い
顔面掻きむしり
相手の顔を両手で引っ掻くという至極簡単な技。関節技から抜け出す際に脱出手段として使われることが多い。別名はガウジングラス・カチョーラ
顔面矯正
新人賞
顔面締め
フェイスロック
顔面スタンプ
道頓堀プロレスの空牙が使っているエレクトリックチェアと同型の技。折り畳んだパイプ椅子の上に相手の顔面を叩きつけると顔面スタンプチェアに呼び名が変化する。
顔面チャカ
大日本プロレスの大黒坊弁慶が使っていたフラットライナーと同型の技。
顔面潰し裏投げ
プロレスリング・ナイトメアで活動していた死神の必殺技。相手の顔面をアイアンクローの要領で鷲掴みにして投げる変形の裏投げである。
関門海峡スープレックス
荒谷望誉がWAR時代にパートナーと連携して使っていた合体殺法。まず仰向けになった相手の両腕を1人目のパートナーが、両足を2人目のパートナーがそれぞれ掴み、相手の体を軽く宙に持ち上げる。そのあと持ち上げられた相手目掛けて荒谷がムーンサルトプレスを叩き込み、その衝撃で落下した相手の背中をマットへ叩きつける。