.
慶三ロック
松田慶三が使っている変形のフルネルソンホールド。尻餅をついた相手の左腕を左手で掴んで腕を相手の頭の後ろの方へと折り畳み、相手の右脇に背中の方から差し込んだ右手で相手の左手首を掴み直す。そのあと折り曲げた相手の左腕の隙間に自由になった自分の左腕を下から差し込み、相手の左手首を左手で掴んで肩を絞り上げる。
ゲイターブレイカー
WWFで活躍したスキナーが使っていたリバースDDTと同型の技。
ゲイターマウス
ディレクターズカット
ゲイターロール
CHIKARAを中心に活動しているティム・ドンストのフェイバリットホールド。まず前屈みになった相手の正面に立って相手の首の後ろに左腕を回し、相手の首と左腕を抱え込むように自分の両手をクラッチさせる。そのあと相手もろとも体を左方向に360゜錐揉み回転させて自分は腹這いにマットに倒れ込み、捻りを加えた相手の体をうつぶせの状態でマットへ叩きつける。
ケイチャンボンバー!!
プロフェッショナルレスリング・ワラビーの矢野啓太が愛用している"ケイチャンボンバー!!"の絶叫と共に放たれるラリアット。両膝を軽く折り曲げて腰を落としながらロープを背にし、セカンドロープに背中を、サードロープに臀部を接触させた反動を利用して技を放つことが多い。
ゲイ道クラッチ
DDTプロレスリングの男色ディーノが"SUPER J-CUP 5th STAGE"で初公開した外道クラッチと同型の技。自分のタイツをずり下ろしてTバックに姿になってから技を仕掛けることが多い。
芸道クラッチ
DDTプロレスリングの高木三四郎が使っている外道クラッチの呼び名。
ゲイ道リラー
HGが天龍源一郎越えを果たした際に披露した必殺技。右腕から放たれるラリアットを左手でキャッチして相手の動きを止め、相手の首の後ろに右腕を、相手の右足の内側に右足をそれぞれ引っ掛ける。そして相手の頭部をDDTの形でマットに叩きつけたあと自分の体を後転させ、マットに両肩をつけた相手の上に覆いかぶさってフォールを奪う。名前の読み方は"ゲイドリラー"。
敬礼
みちのくプロレスの大柳錦也が大柳二等兵時代に愛用していたジャベ。尻餅をついた相手の背後に回り込んで相手の左腕に左足を引っ掛け、相手の首の後ろに左腕を回しつつ相手の両足の間に右膝を着地させる。そのあと右手で抱えた相手の左足を自分の頭の側まで持ち上げ、自分の右手を額に当てて敬礼をしながら相手の体を絞りあげていく。
敬礼スープレックスホールド
ポリスウ〜マンが使っている難易度の高いスープレックス。まず相手の背後に回り込んで相手の腰に左腕を回し、右手で掴んだ相手の右腕を相手の額に押し当てて敬礼のポーズを取らせる。そして体をブリッジさせる勢いで相手を後方へと反り投げ、相手を肩口からマットに叩きつけたあとブリッジを崩さずフォールを奪う。
ゲーター
イギリスの4FWやみちのくプロレスで活動中のアントニオ・デ・ルカが使う変形のキャメルクラッチ。うつ伏せになった相手の頭の方を向きながら相手の背中に跨り、背中の方から相手の左脇に差し込んだ左手を相手の首の後ろへと持っていく。そのあと相手の上半身を反り上げながら相手の顎を右手で掴み、相手の首を無理やり右方向へと捻って相手の首と腰を同時に痛めつける。
ゲーム・オブ・デス
大阪プロレスの薬師寺正人が使っていたフィニッシングホールド。仰向けになった相手の上半身を肩固めに捕らえたあと自分の両足を前へと投げ出し、抱えた上半身を反り上げながら相手の頚動脈を圧迫する。名前は薬師寺が敬愛していたブルース・リーの出演映画"死亡遊戯"に由来。
激熱!!
幻壊
ゲームジーニー
PWGなどに参戦しているプレイヤー・ウノの得意技。ベルティゴを仕掛けながらマットに左膝をつき、落下させた相手の後頭部や背中を立てた右腿の上へと叩きつける。
撃鉄
秀吉が愛用しているアラバマスラムの名称。
下剋上エルボー
DRAGON GATEの神田裕之が使っているダイビングエルボードロップの名称。神田が一時引退していた折には後輩の小野寺大和がこの技を愛用していた。
袈裟固め
柔道で使われている袈裟固めをプロレス流にアレンジしたサブミッション。まず仰向けになった相手の右サイドに腰を下ろし、左首筋の方から相手の首の後ろに右腕を差し込む。そのあと相手の頭を抱えるように自分の両手をクラッチし、自分の体重を後ろにあずけることで相手の首を強引に反り上げる。
袈裟斬りチョップ
橋本真也が得意としていた打撃技。自分の右腕を相手の目の前で大きく振り上げ、そのまま腕を振り下ろして相手の左首筋に手刀を叩き込む。
気仙沼落とし
みちのくプロレスの気仙沼二郎が愛用するキン肉バスターと同型の技。ヨネ原人として活動していた頃はマテマティカバスターと呼ばれていた。
決起
L.A.
月食
KAIENTAI-DOJOの旭志織が使うオリジナルの丸め込み技。まず阿吽の要領で自分の下半身を持ち上げ、屈んでいる相手の首を正面から両足で挟み込む。続いて自分の体を横方向に捻る勢いで相手の体をホイップし、背中からマットに着地した相手の上に馬乗り状態になる。最後に相手の右足を左脇に、左足を右脇にそれぞれ抱え込み、そのまま相手の体を押さえ込んでフォールを奪う。かつては横入り式超低空ラナと呼ばれていたムーブであり、倒れているところに近づいてきた相手の首を両足で下から挟み込んで技に移行することも多い。
ゲットウェルスーン
ブライアン・ケンドリック&ポール・ロンドンがWWEで愛用していたコンビネーション。ケンドリックがコンプリートショットの体勢に捕らえた相手にロンドンが延髄斬りを叩き込み、同時にケンドリックが後ろに倒れこんで相手を顔面からマットへ叩きつける。
ゲットースタンプ (1)
ロウ・キーが使うダイビングフットスタンプ系の技を指す総称。センシというリングネームで活動していたTNAではウォリアーズウェイと呼ばれていた。
ゲットースタンプ (2)
ロウ・キーが愛用するフットスタンプ系ムーブの1つ。相手の体をツリー・オブ・ウォウの要領で逆さ吊りにしたあと相手が吊られたコーナーの最上段へ歩を進め、体を起こそうとする相手の胸板目掛けてダイビングフットスタンプを叩き込む。新日本プロレスではウォリアーズラースと呼ばれている。
ゲットードロップ
WWEのビッグダディVが使っていたバックフリップの名称。
ゲット・オフ・ミー
ルチャ・アンダーグラウンドなどで活躍中のヘルナンデスがTNA時代から使用しているカウンターのショルダーブロック。走りこんできた相手に対して自分は仁王立ちのまま肩から体当たりし、攻撃を仕掛けてきた相手を逆に跳ね飛ばす。相手が軽量級の選手だと交通事故さながら、相手は宙を舞いながら2〜3メートル先まで弾き飛ばされることに。
ゲットーブラスター (1)
WWFや新日本プロレスで活躍したバッドニュース・アレンが愛用していた延髄斬りの名称。
ゲットーブラスター (2)
WWEで結成されたダレン・ヤング&タイタス・オニールのタッグチーム、"プライムタイム・プレイヤーズ"が使うディキャピテーションと同型の技。
ケツ正宗
センダイガールズプロレスリングの橋本千紘が愛用している、四つん這いになった相手の顔面へのジャンピングヒップアタック
月面水爆
ムーンサルトプレス
月面宙返り
DRAGON GATEの宍戸幸之が愛用していたベストムーンサルトエヴァーと同型の技。
外道クラッチ
新日本プロレスの外道が長年愛用し続けているテクニカルな丸め込み技。まず四つん這いになった相手の背中に相手の頭の方を向きながら跨り、持ち上げた相手の右腕を右腿の上に、左腕を左腿の上にそれぞれ引っ掛ける。そのあと右手で相手の後頭部を上から押さえつけ、その勢いで前屈みになった相手の両肩をマットにつけさせる。最後に自分は腕立て伏せをするような感じでマットに両手をつき、丸まった相手の両肩を自分の両足で押さえつけた状態でフォールを奪う。メキシコにはこれに良く似たプエンテ・グリエゴと呼ばれる技がある。
外道クラッチガエシーノ
新日本プロレスの田口隆祐が見せた切り返し技。外道クラッチを仕掛けられた際に背中に跨った相手の右足を右手で、左足を左手でそれぞれ掴み、相手が前方に倒れ込むのに合わせて自分は両膝を伸ばしながら上半身を前屈させる。そしてその勢いを利用して相手の両肩をマットにつけさせ、相手の胸を自分の背中で押さえつける格好で3カウントを奪い去る。
外道クラッチSN
外道が披露したジャガークラッチと同型の技。
外道クラッチ2
田口隆祐が編み出したマヒストラルの要素を加えた外道クラッチ。まず四つん這いになった相手の左腕をラ・マヒストラルの要領で自分の左足に絡みつかせ、持ち上げた自分の右足を相手の右サイドへと着地させて相手の背中に跨がる格好になる。そのあと右手を使って相手の上半身を前方へと押し倒して自分は腕立て伏せをするようにマットに両手をつき、丸まった相手の両肩を自分の両足で押さえつけた状態でフォールを奪う。
外道式ネックロック
外道が愛用しているゆりかもめと同型の技。
ケブラドーラ・コン・ヒーロ
アニバルが日本で初披露した風車式背骨折りとも呼ばれるムーブ。走ってきた相手の左脇に左腕を、右脇に右腕をそれぞれ胸の方から差し込み、差し込んだ両手を相手の背中でクラッチさせる。そのあと抱えた相手の体を側転するような感じで回転させながら左膝をつき、仰向けの状態になった相手の背中を立てた右腿の上に叩きつける。
ケブラドーラ・トド・アルト
CMLLのアトランティスが長年愛用する代名詞的なフィニッシャー。ケブラドーラ・コン・ヒーロの要領で相手の体を回転させながら持ち上げ、アルゼンチンバックブリーカーの形で相手を肩の上に着地させる。そのあと相手の首を右手で、交差させた相手の両足首を左手で抱え、自分の体を揺さぶった衝撃で相手の背中を痛めつける。現在の名称はアトランティーダであり、技を極めたあとマットに両膝をついて相手の背骨を絞り上げることも多い。
ケミカルインバランス
ROHやCHIKARAで活躍するデリリアスのフィニッシャー。形は横須賀カッターと同型で、現在の名称はインビトロ・ファータリゼーション
ケミカルインバランス2
デリリアスが愛用しているフィニッシングホールド。まず向かい合った相手の右腕を右手で、左腕を左手でそれぞれ掴み、腕を掴んだままスライディングの要領で相手の股の間を潜り抜けて相手の背後に回り込む。そして両足で立ち上がったあと掴んでいた両腕を自分の方へ勢い良く引っ張り、その勢いで相手の体を180゜前方回転させながら掴んでいた両腕を離す。最後に宙に浮いた相手の右腿の裏に右腕を、左腿の裏に左腕を回して尻餅をつき、前屈状態で落下させた相手の頭部を自分の両足の間へ叩きつけてフォールを奪う。
ケミカルクラッチ
SECRET BASEの清水基嗣が使っているオリジナルパッケージ。まず向かい合った相手の左腕を右手で掴み、相手の後頭部を左手で押さえつけて相手の体を前屈みにさせる。続いて体を左方向へ軽く捻りながら右足を大きく振り上げ、掴んでいた相手の左腕の上に右足を引っかける。最後に尻餅をつくように倒れ込む勢いで相手の体を前方へと転がし、両肩がマットについた相手の両足を両手で抱え込んでフォールを奪う。
ケリーゴーラウンド
WWEのケリー・ケリーが使っているモリーゴーラウンドと同型の技。
ゲリラ・ウォーフェア
新日本プロレスで結成されたタマ・トンガとタンガ・ロアの兄弟タッグチーム、"ゲリラ・オブ・デスティニー"が使う合体式のヴェレノ。まずタマが相手の上半身をリバースフルネルソンに捕らえ、相手の両足が宙に浮き上がる程度に相手の体を抱え上げる。そのあとタマの正面に陣取っていたタンガの左肩の上に相手の両足をまとめて乗せ、タンガが相手の両腿を両手で抱え込んで相手の体を固定する。最後に呼吸を合わせた両者が同時に背中からマットに倒れ込み、落下させた相手の頭部を強かにマットへ打ち付けさせる。
ケルティッククロス (1)
SMASHなどで活動中のデイブ・フィンレーが愛用しているWA4の名称。
ケルティッククロス (2)
ケルティックボム
ケルティックノット
デイブ・フィンレーが使っているテイオーデスロックと同型の技。
ケルティックボム
WWEのシェイマスが使っている高野落としと同型の技。この名前の他にもケルティッククロス、ハイクロス、ペイルジャスティスと多数の呼び名を持っている。
ゲルニカ
矢郷良明が使うコークスクリューネックブリーカーと同型の技。
けるばい
秀吉が愛用している打撃技。相手を倒したあとコーナーまで一旦後退して距離をとり、相手が体を起こそうとするのを待ち構える。そのあと四つん這いになった相手に助走をつけて近づき、"けるばい!"と絶叫しながら相手の側頭部を低空のスーパーケンカキックで蹴り飛ばす。
ゲレーロスペシャル (1)
CMLLのウルティモ・ゲレーロが愛用するフェイバリットホールド。リングに背を向ける格好で相手をコーナー最上段に座らせ、自分もリングに背を向けたままコーナー最上段に登る。そのあと相手の体をリバースブレーンバスターでコーナーから投げ捨て、相手をうつぶせの状態でマットへと叩き落とす。
ゲレーロスペシャル (2)
ウルティモ・ゲレーロが使っている別バージョンのゲレーロスペシャル。形はレッグ・アンド・ネックストレッチと同型。
ゲレーロボム
ウルティモ・ゲレーロが使っているSHBと同型の技。
ケロロスプラッシュ
ハッスルのケロロ軍曹が使っていたフロッグスプラッシュの名称。
嫌悪
L.A.
幻壊
DRAGON GATEの横須賀享&斎藤了が使う合体式の夢限。まずコーナーに背を向けた横須賀が相手の体をリバースフルネルソンに捕らえ、斎藤がリングの方を向きながらコーナーのセカンドロープに登る。続いて横須賀が相手の体を垂直に抱え上げ、相手の両足をコーナー上の斎藤がキャッチする。最後に斎藤がコーナーからジャンプすると同時に横須賀が左半身からマットへ倒れ込み、うつ伏せの状態で落下させた相手の体を横須賀の左サイドへと叩きつける。斎藤が登ったコーナーにドラゴン・キッドも同時に登り、斎藤が相手の左足を、キッドが相手の右足をキャッチして決める3人がかりの夢限は激熱!!と呼ばれる。
玄海荒波のり
プロレスリング華☆激のハラキリ・ハカタが使っているオリジナルジャベ。ラ・チンゴーナの要領で捕獲した相手の右足首を右脇に、左足首を左脇にそれぞれ抱え込み、自分の体を揺りかごのように前後に揺らして相手の体を絞り上げる。
玄界灘
大阪プロレスを退団した秀吉が九州プロレスに参戦し、マスクを脱いで素顔の玄海となったあとに披露した必殺技。まず垂直落下ブレーンバスターの要領で相手を垂直になるまで抱え上げ、相手のタイツを掴んでいた右手を相手の股のあたりへと移動させる。そのあと相手を抱えたまま背中からマットへと倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の体をマットへと叩きつける。マスクマンの信玄として参戦している道頓堀プロレスでは、これと同じ技をという名前で使用している。
玄界灘落とし
小橋建太、本田多聞、潮崎豪が九州巡業で公開した3人がかりのコンビネーション。まず小橋がリングの方を向いたままコーナーのセカンドロープに登り、潮崎が相手の体をブレーンバスターの要領で軽く抱えあげる。そのあと潮崎の正面にいる多聞の右肩の上に相手の両足を着地させ、マットと水平になった相手の体を潮崎と多聞が下から押し上げて相手の体を更に高くリフトアップする。最後にコーナーからダイブした小橋が相手の脇腹目掛けて袈裟斬りチョップを振り下ろし、それと同時に潮崎と多聞が腕を離して相手の体をマットへと叩き落とす。
ケンカキック
蝶野正洋が長年愛用する打撃技。ロープの反動を利用するなどして助走をつけ、相手の正面に近づいたところで右足を大きく振り上げる。そのあと体を左方向に軽く傾けながら右足を振り抜き、相手の顔面を右足の裏で豪快に蹴り飛ばす。かつて使われていたヤクザキックという呼び名が日本では放送コードに抵触し使われなくなったが、海外ではマフィアキックという呼び名と並行して今でも使われている。
原型エメラルドフロウジョン
三沢光晴がエメラルドフロウジョンを初公開した時に一度だけ披露した腕の位置の異なるエメラルドフロウジョン。まずオクラホマスタンピードの要領で相手の体を右肩に担ぎ上げ、相手の喉元に右手を、背中に左手をそれぞれ回す。そのあと相手を抱えたまま右半身からマットへ倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の体を自分の右サイドへ叩きつける。
原型STF
蝶野正洋がここ一番という時に使っているルー・テーズ直伝タイプの元祖STF。相手の下半身をSTFの要領で固めて相手の背中に覆い被さるように倒れ込み、右頬の方から相手の顔面に巻きつけた右手で相手の左手首を掴む。そのあと掴んだ左腕を右方向へと引っ張りながら自分の左肘を相手の右頬に押しつけ、相手の左腕を左手で上から押さえつけて相手の足や首を複合的に痛めつける。
原型TTD
TTD
元寇
鈴木健想、棚橋弘至、ブルーウルフが新日本プロレスで結成したユニット、"キング・オブ・ザ・ヒルズ"の合体殺法。まずパートナーの内の2人が相手の足を正面から1本づつ掴み、相手を高々とリフトアップしたあと後ろへ倒れ込む。そしてうつぶせの状態で落下してきた相手の頭を残った1人が両手でキャッチし、相手をダイヤモンドカッターの形でマットに叩きつける。
乾坤一擲
DRAGON GATEなどで活動中のKAGETORAが愛用しているファイヤーサンダー型の一騎当千。一騎当千の要領で相手の体を抱え上げたあと尻餅をつき、上下逆さまの状態で落下させた相手の頭部を自分の両腿の間へ打ちつける。
剣山
コーナーからプレス系の技を仕掛けられた際に自分の両足を折り畳んで待ち構え、技を仕掛けた相手の腹部に突き立てた両膝をめり込ませる悶絶必死のカウンター技。
ケンシロウスペシャル
九州求道軍の幸村ケンシロウが使っている必殺技。相手を連続式のハーフハッチスープレックスでマットに叩きつけたあと腕のクラッチを離さず、仰向けになった相手に覆いかぶさるように体を移動させて相手の首を強烈に反り上げる。
ケンスケハンマー
前屈みになった相手の背中を太鼓を叩くかの如く両手で殴打する打撃技。DIAMOND RINGの佐々木健介が得意としている。
ケンスケラリアット
佐々木健介が使う長州力の影響を色濃く受けたラリアット。テレビゲームの中で差別化を図るために付けられた名前であり、実際の試合結果でこの名前が使われることは無い。
健太ッキーボム
小橋建太がかつて使っていたストレッチボムと同型の技。マスコミが付けたこの名前が気に入らずに技を封印したと実しやかに囁かれている。
ケントーンボム
Mr.アンダーソンが使っているセントーン・アトミコの呼び名。
源之助クラッチ
大日本プロレスのアブドーラ小林が小林源之助と名乗っていた若手時代から愛用している丸め込み技。助走をつけて近づいてきた相手の右脇を通り抜けながら相手の右腕に自分の右腕を絡みつかせ、そのまま相手の背後に回り込んで相手の後頭部のあたりを左手で押さえつける。そのあと前のめりに倒れ込む勢いを利用して相手の体をマットへ転がし、両肩がマットについた相手の体を自分は腹這いになりながら押さえ込む。
玄藩落とし
プロレスリング・ノアの平柳玄藩が愛用するフェイバリットホールド。まず左手で掴んだ相手の左腕をハンマーロックに固め、右手で掴んで持ち上げた相手の右腕を自分の首の後ろへと引っ掛ける。続いて自分の体を左方向へと軽く捻って相手と向き合った状態になり、相手の喉を右手で鷲掴みにする。最後に相手の右足を自分の右足で刈り取りながら相手に体を浴びせかけるように倒れ込み、後ろに押し倒した相手の後頭部や背中をマットに痛打させる。師匠である田上明の喉輪落としを基にして編み出したムーブである。
玄藩クラッチ
平柳玄藩が使っている涅槃と同型の技。
玄藩クラッチβ
平柳玄藩が愛用しているパワーボムに似た感じの丸め込み技。前屈みになった相手の頭を自分の股の間に正面から挟み込み、外腿の方から相手の左腿の裏に右手を、相手の右腿の裏に左手をそれぞれ回す。そのあと軽く宙に抱え上げた相手を後頭部のあたりからマットへ落とし、エビ固めの形で丸まった相手の体を強引に押さえ込んでフォールを奪う。
原爆腕折り
ウイングブリーカーホールド
原爆固め
ジャーマンスープレックスホールド
原爆頭突き
一本足頭突き