.
キークラッシャー’99
ロウ・キーが愛用しているフィニッシングホールド。まず相手の体をフィッシャーマンバスターの要領で垂直になるまで抱え上げ、相手の体に右方向への捻りを加えて顔を自分の方に向かせる。そのあと尻餅をつきながら相手の体を落下させ、上下逆さまになった相手の体を自分の両足の間へ叩きつけフォールを奪う。
キークラッシャー2000
ロウ・キーがキークラッシャーの発展系として開発したムーブ。相手をファイヤーマンズキャリーの要領で肩に担ぎ上げたあと助走をつけ、助走の途中で相手の体を頭の方から前方へ滑り落とす。そして相手の頭と足を抱えたまま自分は尻餅をつくように倒れ込み、上下逆さまになった相手の体をキークラッシャー’99の形で自分の両足の間に叩きつける。
キースプラッシュ
ロウ・キーが使っているフェニックススプラッシュと同型の技。
キーバ
PURE-J女子プロレスのLeonが使うミストクラッシュと同型の技。
キーロック
鍵固めショートアームシザーズとも呼ばれる古典的サブミッション。まず仰向けになった頭の側に腰を下ろして相手の左腕を左手で掴み、伸ばした相手の左腕の上に自分の右腕を乗せる。そのあと右腕を挟み込むような感じで相手の左腕を折り曲げ、マットに寝転びながら相手の左手首の上に自分の右足を引っかけて肘の関節を痛めつける。
キーロッククラッチホールド(仮)
KAIENTAI-DOJOのバンビが愛用する丸め込み技。仰向けになった相手の左腕をキーロックに捕らえ、もがく相手の左足を左手で抱え込んでそのままフォールを奪い去る。
キーン☆ハンマー
JWP女子プロレスの春山香代子が愛用しているフィニッシングホールド。まず相手の体をオクラホマスタンピードの要領で右肩に担ぎ上げ、左手で相手の上半身を下から押し上げて一旦相手の体をマットと水平にする。そのあと相手の首の後ろに左手を添え直しながら尻餅をつき、上下逆さまの状態で落下させた相手の体を自分の右サイドへと叩きつける。
ギガラダーブレイク
プロレスリングBASARAの木高イサミが使っている必殺技の1つ。3m近い高さを誇るラダー最上段から繰り出される、超高層式のダイビングダブルニードロップある。
菊一文字
アイスリボンの堀田祥子が使っていた関節技。うつ伏せになった相手の左腕を脇固めに捕らえたあと相手の右腕を右手で掴み、相手の右腕も関節と逆方向へ反りあげる。そして相手の両腕を抱え込むように自分の両手をクラッチさせ、相手の両肩や両肘の関節を痛めつけてギブアップを奪う。名称が決まるまでは変形脇固めと呼ばれていた。
菊落とし
えびす落とし
黄桜・呑
PURE-J女子プロレスのKAZUKIが使っているエレクトリックチェアと同型の技。
キジムナーサプライズ
沖縄プロレスで活躍したキジムナーが使っているガッチリ3!と同型の技。
希首座
政宗が使っているフィリピーノデストロイヤーと同型の技。名前は"きしゅざ"と読む。
岸和田ブリッツェン
大阪プロレスが開催した"岸和田競輪場興行"に登場した岸和田キングのフィニッシャー。素顔の時に使っているブリッツェンと同型の技である。
奇跡を呼ぶ一発逆転首固め
DDTプロレスリングの平田一喜が使うスモールパッケージホールドの呼び名。その名の通り窮地に陥った際、攻撃を仕掛けてきた相手に対しカウンターの形で見舞っていく。
鬼葬
タイチが全日本プロレス時代に使っていたオリジナルサブミッション。向かい合った相手の右腕を両手で掴んで体をジャンプさせ、掴んだ腕を両足で挟み込んだあと体重をあずけて相手の体をうつ伏せに押し倒す。続いて相手の左足を右手で、右足を左手で掴んで折り曲げた相手の左足を相手の右膝の裏へと乗せ、相手の左足を挟み込むように折り畳んだ相手の右足を左手で掴んでロックする。最後に右手で掴んだ相手の左腕を関節と逆方向に反り上げ、交差させた両足の甲で相手の顔を押さつけながら相手の体を絞り上げる。
ギターショット
GFWのジェフ・ジャレットがWCW時代から愛用しているフィニッシャー。相手の頭をアコースティックギターで打っ叩くという単純明快な技である。
ギターラ・デ・アンヘル
新日本プロレスに登場したエル・デスペラードが使う、相手の片腕を固定した状態で決める急角度のナイアガラドライバー。まず前屈みになった相手の正面に立って背中の方から相手の右脇に左腕を差し込み、差し込んだ左腕を相手の右腕に絡ませる。そのあと相手の左脇腹に右腕を回して相手の胴体を抱え、カナディアンバックブリーカーのような感じで相手を仰向けの状態で右肩の上に担ぎ上げる。最後に相手の右腕と胴体を抱えたまま開脚ジャンプして相手を前方に放り投げ、落下させた相手の後頭部や背中を自分の両足の間に打ちつけさせる。名前は直訳すると"天使のギター"という意味。
ギターラ・デ・ラ・ムエルタ
新日本プロレスに登場したエル・デスペラードが使う、相手の片足だけを掴んで決めるバータブレイカー。名前は"死のギター"という意味のスペイン語。
キタオドリラー
北尾光覇が使っていた危険度の高いフィニッシングムーブ。オクラホマスタンピードの要領で右肩に担ぎ上げた相手の胴体を両手で抱え込み、そのまま尻餅をついて相手の頭部を自分の両腿の間へ打ちつける。
鬼畜固め
DRAGON GATEの岩佐拓がメキシコ修行時代に使っていたジャベに付けられた呼び名。数多くのジャベにこの名前が付けられていた為、岩佐自身もどれが本当の鬼畜固めか判別がつかないらしい。
キチンシンク
RIKIPROの長州力などが愛用する悶絶必死の打撃技。走ってきた相手の鳩尾にカウンターの膝蹴りを叩き込む。
キック・オブ・デス
バズソーキック
キッス・オブ・デス (1)
ヌンジオことグイドー・マリタートがECWで使っていたアンプリティアと同型の技。
キッス・オブ・デス (2)
WWEで結成された純血イタリアンユニット、"FBI"のチャック・パルンボ&ジョニー・スタンボリが愛用していたコンビネーション。まずチャックがファイヤーマンズキャリーの要領で相手を肩に担ぎ、上半身を左手で下から押し上げることで相手の体を仰向けにひっくり返す。そのあとチャックがマットに左膝をつき、落下してきた相手の背中を立てた右腿の上に叩きつける。最後にコーナー最上段へと歩を進めていたスタンボリがリングへとジャンプし、チャックの膝の上に捕らえられた相手の喉元目掛けてダイビングギロチンドロップを叩き込む。全日本プロレスではシシリアンスライスと呼ばれていた。
キッスの世界
沖縄プロレスのゴールデン・パインが使っていた必殺技の1つ。向かい合った相手の頬に両手を添えて相手にキスをし、意識朦朧となった相手の体をマットに押し倒してそのまま3カウントを奪い去る。
キッスマイアス
DDTに登場したグレン・Q・スペクターの必殺技。アンプリティアで捕獲した相手の後頭部に自分の臀部を押しつけ、そのまま両膝をつくように倒れ込んで相手の顔面をマットへ叩きつける。
キッスユアXグッバイ
ROHなどで活躍したエグゼビアが使っていたパンプハンドル式フェイスバスター。まず左手で掴んだ相手の左腕を相手の股の前へと持って行き、腿の裏の方から相手の股の間に差し込んだ右手で相手の左腕を掴み直す。そのあと自由になった左手で相手の右肩を抱え、左方向に側転させるような感じで相手の体を持ち上げる。最後に相手の体が上下逆さまになったところで体を軽く前傾させながら尻餅をつき、うつぶせの状態になった相手の顔面を自分の両足の間へと叩きつける。
キッチンディスポーザー
全日本プロレスの諏訪魔が諏訪間幸平と名乗っていた頃に開発したムーブ。相手の懐に素早く潜り込んで水車落としの要領で相手を肩に担ぎ、相手の右腿を左手で、左腿を右手で抱え込む。そのあと体を前傾させて相手を背中からマットに叩きつけ、続けざまに自分の体を前方にブリッジさせて相手をジャックナイフホールドの形で丸め込む。
キッドクラッシャー
ビリー・キッドマンがWCWで愛用していたアンプリティアと同型の技。かつてはグレゴリー・ヘルムズが使うバータブレイカーとの切り返し合戦が頻繁に行われていた。
キッドドライバー
ハードコアキッドが使っていたアラバマスラムの名称。
キッドマンボム
WWEのビリー・キッドマンが愛用していたスカイハイの名称。イニシャルを取って別名BKボムとも呼ばれていた。
キップアップ・ハリケーン・ラナ
AJスタイルズが愛用しているカウンター式のティヘラ。マットに仰向けに倒れ込んだあと相手が油断して近づいてくるのを待ち、腰の力を使って自分の下半身を相手の頭の高さまで一気に持ち上げる。そのあと相手の首を両足で挟み込みながら自分の体を横方向に捻り、その勢いを利用して相手の体を空中へとホイップする。
木戸修つるん
プロレスリングWAVEのGAMIが使っているフェイスカットの呼び名。
キドクラッチ
新日本プロレスで活躍した木戸修が愛用していた電光石火の丸め込み技。脇固めの要領で相手の左腕を右脇に抱え込み、外腿の方から相手の左腿の裏に左腕を回して相手の足を掴む。そのあと尻餅をつくように倒れ込みながら相手の体を前方へと転がし、両肩をマットにつけた相手を押さえ込んで3カウントを奪い去る。
キドクラッチ式リーマン・ショック
信州プロレスのスーパー・ササダンゴ・マシンが坂口征夫との対戦を前に開発した、1回決めると相手の体力を35%削ることができるというキドクラッチ。父親である坂口征二が苦手としていた丸め込み技なので息子も苦手に違いない、という独自理論から自信を持って投入されたが、垂直落下式リーマン・ショック同様に3回決めても3カウントは奪えなかった。
キドゲリ
木戸修が使っていたトーキックの呼び名。
きのこ固め
アイスリボンのきのこが使っていたクリストと同型の技。
きのこ固め2
きのこが愛用していた丸め込み技。人工衛星ヘッドシザーズの要領で相手の首を両足で挟み込んだあと体を旋回させ、左横を通り抜けて体を相手の背後に回り込ませる。そのあと相手の首を挟んでいた足のロックを解きながら相手の背中を両手で抱え込み、前方回転エビ固めの要領で相手を丸め込んでフォールを奪う。
キノットプレックス
CHIKARAなど活動中のアーレスが使っているコークスクリューネックブリーカーと同型の技。別名はアクイジション・ネックブリーカー
ギブソンクラッチ
DDTなどを始めとする様々なインディー団体を渡り歩き、2010年末に復帰を果たしたクラッシャー高橋の得意技。まず仰向けになった相手の両足を足4の字固めの要領で固め、相手の顔に背中を向けるように体を左方向へ軽く捻る。そして伸びている相手の右足を右手で掴み直したあと相手の上半身がある方へと体をブリッジさせ、そのまま相手の体を押さえ込んで3カウントを奪い去る。名前のギブソンとはこの技の元々の使い手である"ロックンロール・エキスプレス"のロバート・ギブソンに由来しており、高橋の復帰戦後に暗黒プロレス組織666の山田太郎、プロフェッショナルレスリング・ワラビーの矢野啓太がこの技を立て続けに披露している。
ギブソンドライバー
ロデリック・ストロングがROHでライバル関係にあったジェームズ・ギブソンから受け継いだタイガードライバーと同型の技。技を仕掛ける際に尻餅ではなく両膝をつく格好で相手をマットに叩きつけることが多く、プロレスリング・ノアではストロングドライバーと呼ばれていた。
蹴暴
プロレスリング・ノアの拳王が使っているPKと同タイプの蹴り技。名前は蹴暴と書いて"きぼう"と読む。
きぼーるサルトプレス
KAIENTAI-DOJOに登場したきぼーるマンの必殺技。形はムーンサルトプレスと同型。
キムラロック (1)
木村政彦がグレイシー柔術の創始者であるエリオ・グレイシーを破った際に披露した関節技。相手の首の後ろに片足を引っかけて頭を固定し、相手の肩ではなく肘を痛めつけるように極めるチキンウイングアームロックである。
キムラロック (2)
木村響子が愛用するV1アームロックの名称。
キムラロック2
木村響子が使うバックブリーカー式のキムラロック。相手の左腕をスタンディングのV1アームロックで固めたあと右膝をつき、相手の背中を立てた左腿の上に乗せて体を絞り上げる。
キムラロック3
木村響子が愛用しているキャメルクラッチ式のキムラロック。うつ伏せになった相手の頭の方を向きながら相手の背中に跨るように腰を下ろし、左頬の方から相手の顔面に左腕を巻きつける。そのあと右手で掴んで折り曲げた相手の左腕の手首を左手で掴み直し、折れ曲がった相手の右腕の隙間に自由になった右腕を外側から差し込む。最後に右手で自分の左手首を掴んで体重を後ろにあずけ、相手の背中を弓なりに反り上げながら腕を痛めつける。
キメラプレックス
インパクト・レスリングのサモア・ジョーが使うオリジナルホールド。ジャーマンスープレックスで相手を投げ捨てたあと腕のクラッチを離さずに横方向へ転がり、再び起き上がって相手をドラゴンスープレックスで投げ捨てる。そのあと体を横方向に転がしてもう一度立ち上がり、相手をクロスアームスープレックスホールドで叩きつけてフォールを奪う。
キメラプレックスB
サモア・ジョーが使う改良型のキメラプレックス。キメラプレックスの要領で相手にジャーマンスープレックスドラゴンスープレックスを決め、起き上がったあと相手をタイガースープレックスで後方に投げ飛ばす。更にクラッチを離さずに横方向へと転がり、再び立ち上がったあと相手をリリース式のミストクラッシュで後方へと投げ捨てる。
逆一本背負い
DIAMOND RINGの佐々木健介が得意とする投げ技。走ってきた相手の左腕を左手で掴み、相手の左脇に胸の方から右腕を差し込む。そのあと相手に背中を向けながら掴んだ左腕を右肩にあてがい、相手を一本背負いの要領で前方に巻き投げる。
逆駅弁固め
プロレスリングWAVEのGAMIが使っている磔獄門と同型の技。
逆エビ固め
別名ボストンクラブとも呼ばれる基本的かつ古典的なサブミッション。仰向けになった相手の足の側に立って相手の右足首を左脇に、左足首を右脇にそれぞれ抱え込み、体を捻った勢いを利用して相手の体をうつ伏せにひっくり返す。そのあと相手の足の方を向きながら相手の背中を両足で跨ぎ、相手の背中がエビ反りになるまで腰を落としていく。メキシコでは蟹を意味するカングレホという呼び名が付けられている。
逆片エビ固め
別名ハーフボストンクラブとも呼ばれる相手の片足だけを掴んで決める逆エビ固め。仰向けになった相手の足の側に立って相手の左足首を左脇に抱え込み、体を捻った勢いを利用して相手の体をうつ伏せにひっくり返す。そのあと相手の足の方を向きながら相手の背中を両足で跨ぎ、相手の背中がエビ反りになるまで腰を落としていく。メキシコではメディオ・カングレホと呼ばれる。
逆水平チョップ
日本のプロレスで技の応酬が良く見られる打撃技。自分の片手の手の平を下に向けた状態で腕を大きく振りかぶり、腕を水平に打ち出して相手の胸板に手刀を叩き込む。海外ではナイフエッジチョップと呼ばれ、リック・フレアーが特に愛着を持って使い続けている。
逆トペ
サスケスペシャルVer.2.8
逆蛇固め
リバースバイパーホールド
逆モダンタイムス
プロレスリングBASARAの関根龍一が旭志織とのシングルマッチで見せた掟破りのムーブ。形は旭が得意とするモダンタイムスと同型。
キャシー中島
爆YAMAスペシャル
キャスバル専用コブラツイスト
DDTに登場したヤゴー・アズナブルの必殺技。相手をマットに倒したあとコーナー付近まで後退してクラウチングスタートのような低い体勢をとり、腕立て伏せの要領で体を上下させながら相手が立ち上がるのを待ち構える。そしてよろよろと立ち上がった相手に全力疾走で近づき、相手の体をコブラツイストに捕らえてギブアップを奪い去る。この技を極めたあと相手もろとも後ろに倒れ込み、相手の両肩をマットにつけて3カウントを奪うとキャスバル専用グラウンドコブラになる。
キャタトニック
TNAで活躍したクリス・ハリスが使っているフィニッシングホールド。相手をブロックバスターの要領で抱えあげたあと上半身を右方向に軽く捻り、上半身を左方向へと振ると同時に相手の股を抱えていた右腕を離す。そのあと左腕で抱えた首を支点にして相手の体を振り子のように左方向へと旋回させ、ロックボトムのような形で相手をマットに叩きつける。
キャタピラー
みちのくプロレスなどで活躍中のバラモン・シュウが披露した複雑な丸め込み技。向かい合った相手の左手首を右手で掴んだあと相手に背を向けつつ相手の左腕の上に左腕を回し、そのまま尻餅をつくように倒れ込むことでバランスを崩した相手を後ろに転倒させる。続いて自分の体だけを右方向へ180゜回転させる際に抱えていた相手の左腕の下を潜り抜け、四つん這いになりながら相手の背中に頭を潜り込ませて相手の右脇に背中の方から右腕を差し込む。最後に相手の右腕に自分の右腕を、左腕に左腕を引っ掛けたまま体を右方向へ更に180゜回転させて自分は尻餅をつき、その勢いで両肩がマットについた相手の体を押さえつけて3カウントを奪う。
キャッシュフロー
CZWで活躍したクリス・キャッシュのフィニッシャー。まず相手と背中合わせになるように体を捻って相手の首を右手で抱え込み、更に相手のタイツを左手で掴む。続いて両膝を屈伸させて反動をつけたあと自分の体を素早く前傾させ、その勢いで宙に浮き上がった相手の体に270゜の後方回転を加える。最後に回転する相手の体が自分の正面へと落下してきたところで尻餅をつくように倒れ込み、うつ伏せの状態になった相手の体を自分の両足の間へと叩きつける。
キャッチ・ザ・ドリーム
新日本プロレスの高橋ヒロムが2012年の"ベスト・オブ・ザ・スーパーJr."で公開した小内刈り式の首固め。首固めの要領で相手の体に両腕を絡めたあと相手の右足を自分の右足で払い、バランスを崩して後ろに転倒した相手に体を浴びせかけるように倒れ込んでそのまま相手から3カウントを奪う。
キャッツクレイドル
WRESTLE-1の近藤修司が使っている4の字式のストレッチマフラーホールド。まずうつ伏せになった相手の右足を右手で、左足を左手で掴み、折り曲げた左足を右膝の裏に重ねて相手の両足を4の字に固める。続いて相手の両足の間に腿の裏の方から右腕を差し込み、相手の右足をストレッチマフラーホールドの要領で自分の首の後ろに巻きつける。最後に相手の両足を抱えたまま体を起こし、体を揺さぶった衝撃で宙吊りになった相手の足腰を痛めつける。
キャット空中ニャン回転
アイスリボンで活躍中の新田猫子が使っているフェニックスセントーンと同型の技。
キャット卍
アジアンキャットが愛用していた腕極め式の卍固め。まず左手で掴んだ相手の左腕を相手の顎の下に巻きつけ、相手の左足の内側に自分の右足を絡める。そのあと前屈みになった相手の首の後ろに自分の左足を引っ掛け、更に相手の右腕を右脇に抱え込んで体を絞り上げる。
キャトルイミテーション
DDTプロレスリングの蛇影が使っていたサブミッション。まず尻餅をついた相手の背後に回り込んで相手と背中合わせになるように体を捻り、相手の右腿の内側に左足のつま先を、左腿の内側に右足のつま先をそれぞれフックさせる。そのあと相手の左腕を右手で、右腕を左手で掴んで相手に覆いかぶさるように自分の体をブリッジさせ、相手の体を圧迫して首・背中・股関節などを複合的に痛めつける。
キャトルミューティレーション (1)
DDTプロレスリングのポイズンJULIE澤田が愛用していたサブミッション。まず尻餅をついた相手の背後に体を回り込ませ、相手の上半身をタイガースープレックスのクラッチで固める。そのあと自分の体を前方にブリッジさせて相手の体に覆いかぶさり、相手の体を圧迫して首・背中・股関節などを複合的に痛めつける。
キャトルミューティレーション (2)
ROHやプロレスリング・ノアを中心に活躍する"アメリカンドラゴン"ブライアン・ダニエルソンのフィニッシャー。形はウイングブリーカーホールドと同型で、別名アームズ・アクロス・アメリカとも呼ばれる。
キャニヨンカッター
クリス・キャニヨンがWCWで多用したダイヤモンドカッターの名称。リング内に設置した椅子の上に相手の首を叩きつけることが多かった。
キャノンボール (1)
WWFのピエールが使用していたフィニッシングホールド。形はサンセットフリップと同型で、トップロープ最上段から放つダイビング式も得意としていた。
キャノンボール (2)
新日本プロレスの三上恭佑が使っている大暴走と同型の技。串刺し式バックハンドエルボーからこの技へと繋げることが多い。
キャノンボールバスター
渡辺智子が使っていた投げっ放し式のスクリュードライバー。スクリュードライバーの要領で抱え上げた相手の体から両腕を離し、前方へと投げ捨てた相手の後頭部や背中を豪快にマットへと叩きつける。
キャノンボール450゜
DDT NEW ATTITUDEに所属するMAOのフィニッシャー。相手をリング中央付近に寝かせた状態で仕掛ける、非常に飛距離の長いファイヤーバードスプラッシュである。
キャプチャースープレックス
DRAGON GATEなどで活躍中のリコシェが使うレッグロックスープレックスホールドの呼び名。
キャプチャーα
キャプチャーの北原光輝が使うMAXPAINと同型の技。
キャプチュード
"格闘王"前田日明が得意としていたスープレックス。向かい合った相手の右腿を左手で内側から抱え込み、相手の左肩の上に右腕を引っ掛ける。そのあと体をブリッジさせる勢いを利用して相手を後方に反り投げ、相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。相手の蹴り足を掴んでカウンター式に見舞うことが多かった。
キャプチュードバスター (1)
ジョシュ・バーネットが新日本プロレスマットで愛用していたムーブ。キャプチュードの要領で垂直に抱え上げた相手に体を浴びせかけるように倒れ込み、落下させた相手の後頭部や背中をマットへ痛打させる。
キャプチュードバスター (2)
PURE-J女子プロレスのLeonが使っている麻里子スパイクの名称。
キャメルクラッチ
ザ・シーク、アイアンシークなどに代表される中東出身ギミックレスラーが使う、別名ラクダ固めとも呼ばれるサブミッション。うつ伏せになった相手の頭の方を向きながら相手の背中に跨るように腰を下ろし、右手で掴んで持ち上げた相手の右腕を自分の右腿の上に、左手で掴んで持ち上げた左腕を左腿の上にそれぞれ引っ掛ける。そのあと相手の顎の下に両手を回して顎を抱え込み、相手の頭を自分の方に引き寄せることで相手の首や背骨を強烈に反り上げる。ちなみに相手の右腕だけを固めるのが正調のシーク式キャメルクラッチであり、現在はシークの甥であるサブゥーがこの正調式の代表的な使い手となっている。
キャメルスリーパー
鈴木鼓太郎が使っているカバージョ2001と同型の技。
キャメルドロップ
ダブル・アイアンシーク1号が愛用していたリバティープラネットと同型の技。
ギャラクシー☆フォール
滝ジャーマン
ギャラクタス
プロレスリング華☆激のコスモ☆ソルジャーが使っている蒼魔刀と同型の技。
ギャラクティカファントム
CZWやPWGで活躍したエクスカリバーが使っていたパンプハンドル式ハーフネルソンスープレックス。まず前屈みになった相手の股の間に腿の裏の方から左腕を差し込み、左手で正面にある相手の左腕を掴む。更に相手の右脇に背中の方から右腕を差し込んで体をブリッジさせ、後方に反り投げた相手を肩口からマットに叩きつける。
ギャラリア
DRAGON GATEのYAMATOが米国武者修行後に披露したフィニッシングムーブ。形はみちのくドライバーβと同型。
ギャラリア風。
DRAGON GATEの横須賀享がドリームゲート王者のYAMATOとの対戦を前に公開した、ギャラリアの体勢から仕掛ける変形エメラルドフロウジョン。相手をギャラリアの要領で垂直に抱え上げたあと左半身からマットへ倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の後頭部や背中を自分の左サイドへと叩きつける。
ギャローズ・ポール
トゥエルブス・ステップ
キャロルスペシャル
LLPWのキャロル美鳥が井上貴子のオーロラスペシャルを手本に作り出した技。まず相手の背後に自分の体を回り込ませ、相手の正面に回した左手で相手の右腕を、右手で相手の左腕をそれぞれ掴む。そして掴んだ両腕を相手の胸の前で交差させたあと相手の体をオーロラスペシャルの要領でリフトアップし、体をブリッジさせて相手を背中からマットに叩き落とす。
キャンセラレイション
WCWで活躍したブライアン・リーが使っていたカナディアンバックブリーカーの名称。
キャンディーラッパー
WWEのキャンディス・ミシェルが使っていたジャンピング式のアンプリティア
キャンドル
Rayが使う打撃技。コーナー最上段に登ったあとリングの方を向き直し、進行方向のトップロープを両手で掴みながら側転をするような感じで体を回転させる。そのあとリングの方に体を倒し、ロープ際にいる相手にドロップキック気味の蹴りを叩き込む。
キャンドルツイスト
プロレスリングWAVEに登場した桜蝋燭の必殺技。形はラ・スワスティカと同型。
究極式ラ・マヒストラル
丸藤正道との世界ジュニアヘビー級選手権を控えたNOSAWA論外に対し、コーチであるウルティモ・ドラゴンが伝授した丸め込み技。裏マヒストラルの要領で丸め込んだ相手の左足を右手で抱え直し、更に相手の右足に自分の右足をフックさせて相手をガッチリと押さえ込む。
究極波布空爆
HUBこと怪人・ハブ男が"沖縄プロレス初代王者決定トーナメント決勝戦"で初公開したフィニッシングホールド。2階ぐらいの高さにある足場の上から放つ超高層式の猛毒波布空爆である。
旧式河津落とし
スポルティーバエンターテイメントの佐藤泰が使う河津落とし系ムーブの1つ。まず相手の左足の内側に正面から右足を引っ掛け、相手の左腕と胴体を抱き込むように自分の両手をクラッチする。そのあと相手の左足に右足を絡めたままブリッジをする感じで後ろに倒れこみ、その勢いで後方に反り投げた相手の背中をマットへ叩きつける。
急所蹴り
相手にバックを取られた際に片足を後ろへと振り上げ、足の脹脛部分で相手の股間を蹴り上げる反則技。タッグパートナーや仲間がレフェリーの視線を逸らしている隙に正面から堂々と股間を蹴り上げる選手も多い。
キューティースペシャル
JWP女子プロレスで活躍したキューティー鈴木のフィニッシングホールド。向かい合った相手の右肩の上に左手を回し、右手で相手の股を下から掬い上げる。そして体をブリッジさせる勢いで相手を後方に反り投げ、相手を背中からマットに叩きつけたあとブリッジを崩さずにフォールを奪う。キューティーの引退後は中島安里紗や瑞希がこの技を使用している。
キューバンデスドロップ
DDTに登場したレイ・クバーノ&ハバナ・ゲレーロが披露した3Dと同型の技。
キューバンミサイルクライシス
ROHで活躍したロッキー・ロメロ&リッキー・レジェスのタッグチーム、"ハバナ・ピットブルズ"が愛用していたコンビネーションムーブ。レジェスが相手の背中をペンデュラムバックブリーカーの要領で右腿の上に叩きつけ、腿の上に乗っかった相手を両手で押さえつけて相手の体を固定する。そのあとコーナー最上段に登ったロメロが捕らえられた相手に向かってジャンプし、相手の喉元のあたりにダイビングニードロップを投下する。
きゅうりバスター
アイスリボンの弓李が使っているキークラッシャー'99と同型の技。
狂鬼天意
大日本プロレスの沼澤邪鬼がかつて使用していたTKO34thと同型の技。
狂鬼乱舞
回天
狂鬼蘭舞
沼澤邪鬼が使うWA4の名称。自分の体を捻りながら技を決めることも多い。
狂犬
マーク・オブ・エクセレント
狂犬タックル
ハッスルに参戦していたゴモラの必殺技。形はショルダーアタックと同型。
恭極
フーテンプロモーションのスルガマナブが使っている変形の羽根折り脇固め。相手の左腕を腹固めの要領で自分の左足の間に挟み込み、更に相手の右脇に胸の方から右腕を差し込む。そして相手の右腕を右脇に抱え込んだあと自分の体重を後ろにあずけ、相手の両腕を関節と逆方向に反り上げてタップを奪う。
キョーコスペシャル
ワールド女子プロレス・ディアナの井上京子が若手時代から愛用している4の字固め式のジャイアントスイング。仰向けになった相手の両足をテキサスクローバーホールドの要領で抱え、相手の足を抱えたまま自分の体をその場でぐるぐると回転させる。そしてその勢いで相手の体を宙に浮き上がらせ、振り回した相手の三半規管にダメージを与える。
餃子バンザイデスドロップ
クロスファイヤー
京都議定書
新日本プロレスの中西学&山本尚史が使っていた合体殺法。相手の胸板を中西が野人ハンマーで殴りつけ、同時に山本が相手の足を水面蹴りで刈りとる。
極限
夢限
玉砕
DIAMOND RINGなどで活動中の"brother"YASSHIが愛用するイリーガルムーブ。相手の股間を片手で鷲掴みにするという、文字通り玉を砕く反則技である。
極反り卍固め
WRESTLE-1の稲葉大樹が使っているフィニッシングホールド。自分の上半身がマットと平行になるほど背中を反らせて極める卍固めであり、この技で王者のKAIを下してWRESTLE-1チャンピオンシップを奪取した。
巨匠スタナー
DDTプロレスリングの中澤マイケルが使っている三四郎スタナーと同型の技。
巨匠スラム
中澤マイケルが使うアングルスラムの呼び名。
巨人殺し
DDTプロレスリングの高木三四郎がKO-D無差別級王者である石川修司に挑戦する際に編み出したムーブ。形はトーチャーラックバックブリーカーと同型。
キラーシュリンプ
プロレスリング・ノアの石森太二が使うWRと同型の技。
キラースライス
ZERO1に登場したキンボス・ライスのフィニッシャー。形はシアキリプスと同型。
キラードリラー
PWGなどで活動中のB-ボーイが愛用しているデスバレードライバーの名称。
キラーボトム
バンビデスショット
キラーボム
新日本プロレスで活躍中のランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.のタッグチーム、"キラー・エリート・スクワッド"が使うF'n Slamとシットダウンパワーボムの融合技。まずアーチャーがフルネルソンに捕らえた相手の体を軽く宙に抱え上げ、アーチャーの正面に陣取ったスミスの右肩の上に相手の左足を、左肩の上に右足をそれぞれ着地させる。そのあとスミスが相手の右足を左手で、左足を右手で掴んで呼吸を合わせた2人が同時に尻餅をつき、落下させた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
キラウェアボム
DDTプロレスリングのKooが愛用していたC.T.B.と同型の技。
キリヤナギ
SHIMMERやプロレスリングWAVEに参戦しているメラニー・クルーズの得意技。ブリティッシュフォールの要領で持ち上げた相手の両足をマットに着地させ、自分の体だけを左方向に90゜捻りながら右足を大きく振り上げる。そのあと相手の腹部の上に右足をあてがって尻餅をつくように腰を落とし、バランスを崩して倒れ込んだ相手の後頭部や背中をマットに叩きつけると同時に相手の腹部にギロチンドロップを叩き込む。
キラキラプレス
2009年大晦日に行われた"天下三分の計"でデビューしたザ・グレートキララのフィニッシングホールド。形はシューティングスタープレスと同型。
キリングスプリー
ジェイク・クリスト&デイヴ・クリストのタッグチーム、"アイリッシュエアボーン"が大日本プロレス参戦時に披露したコンビネーション。ジェイクが相手をツームストンパイルドライバーの要領で抱え上げ、デイヴがコーナー最上段へと歩を進める。そのあとコーナーからジャンプしたデイヴが逆さまになった相手の臀部の辺りをダイビングフットスタンプで踏みつけ、それと同時にジェイクが両膝をついて相手の脳天を強かにマットへ打ちつける。海外マットではアイリッシュコーヒーとも呼ばれている。
キルジョイ
WWEのタイラー・レックスが愛用しているオーバーイージーと同型の技。
キルショット
マイケル・ターヴァーがWWE傘下のFCW在籍時代から多用している強烈な右フックの呼び名。体を軽くジャンプさせながら繰り出す右フックは1.9と呼ばれており、2014年2月に初参戦した新日本プロレスで天山広吉にこの技を浴びせ見事勝利した。
キルスイッチ (1)
WWEのジョン・シナが使うハリケーンクランチ系のムーブ。まずアトミックドロップの要領で相手の体を担ぎ上げ、左手で抱えた相手の左足を引っ張って相手の体を左方向に180゜回転させる。そのあと相手に体を浴びせかけるように前のめりに倒れ込み、落下させた相手の背中をマットへ強かに叩きつける。別名はフリースタイルプロトボム
キルスイッチ (2)
IWAミッドサウスなどで活躍中のジェイソン・ハデスが愛用しているフィニッシングムーブ。まず相手の上半身をリバースフルネルソン捕らえ、体を軽くジャンプさせて前屈みになった相手の背中の上に正座をするような形で着地する。そのあと自分の体を270゜前方回転させる勢いで相手の体を後ろにひっくり返し、マットに背中から着地した衝撃で相手の背中に突き立てた両膝をめり込ませる。
キルスイッチ (3)
アンプリティア
ギロチンインパクト
魔界の断頭台
ギロチン式エースクラッシャー
ジョニーエースが使っていたロッカードロッパーと同型の技。
ギロチンJOKER
道頓堀プロレスの空牙が自身が率いるヒールユニット"JOKER"のメンバーと行うコンビネーション。形はムーブメントドロップと同型。
ギロチン男爵の謎の愛人
タイガースマスク&ヲロチが見せたコンビネーション式のパッケージホールド。まずヲロチが逆さ押さえ込みで相手を丸め込み、タイガースマスクが丸め込まれた相手の右足を左手で、左足を右手でそれぞれ掴む。そのあとタイガースマスクが体を前方にブリッジさせてジャックナイフホールドを決め、相手の体を2人がかりで押さえ込んで3カウントを奪う。
ギロチンチェアJOKER
道頓堀プロレスの空牙が使う、パイプ椅子を用いたムーブの1つ。リング上に設置したパイプ椅子の上に相手を後ろ向き座らせ、相手の顎をパイプ椅子の背もたれの上に乗せる。そのあと折り畳んだパイス椅子を相手の背中目掛けて勢い良く振り下ろし、相手の喉と背中に同時にダメージを与える。
ギロチンチョーク
フロントネックロック
ギロチンチョップ
大根斬りチョップ
ギロチンドロップ
全日本女子プロレスのブル中野が愛用していたフェイバリットホールド。助走をつけてジャンプしたあと自分の右足を水平に突き出し、マットに尻餅をつくと同時に仰向けに倒れていた相手の喉に右足を叩きつける。別名レッグドロップとも呼ばれ、海外ではハルク・ホーガンがこだわりを持って愛用し続けている。
ギロチンホイップ
プロレスリング・ノアの田上明が得意とするムーブ。ボディースラムの要領で持ち上げた相手の体をロープに向かって放り投げ、相手の喉をトップロープに叩きつける。
ギンガサルトプレス
ハッスルの長尾銀牙が披露したムーンサルトプレスの名称。
謹賀新年
L.A.
銀牙プレス
ハッスルの池谷銀牙が披露したバルキリースプラッシュと同型の技。
銀牙プレス2
池谷銀牙が使っていたトルナド・デ・アカプルコと同型の技。
金華山
名古屋のインディー団体に参戦している"美濃のマムシ"道三の必殺技。形はブルーサンダーと同型。
金華山ジャーマン
新日本プロレスの棚橋弘至が使うジャーマンスープレックスの名称。
キング・オブ・ザ・ワールド
スパンキー&カズ・ハヤシがハッスルで披露した合体殺法。コーナーに背を向けたカズが相手をパワーボムの要領で肩に担ぎ上げ、コーナー最上段に登ったスパンキーが相手の首を両手でキャッチする。そのあとスパンキーが雪崩式のスライスドブレッド#2を放つと同時にカズが体を前傾させ、落下させた相手の後頭部や背中を豪快にマットへ叩きつける。
キングコブラホールド
ZERO1の大谷晋ニ郎が全日本の至宝である三冠ヘビー級タイトル奪取の為に開発したサブミッション。相手の片腕を自分の両手でガッチリとロックしたコブラクラッチクロスフェイスである。
キングコングニードロップ
ブルーザー・ブロディが使っていた助走付きのジャンピングニードロップ。コーナー最上段から仕掛けるダイビング式のニードロップもここ一番という時に使用していた。
キングコングバスター
ZERO1などで活躍したザ・プレデターが使っていたキン肉バスターと同型の技。
キングコングハンマー
新日本プロレスの真壁刀義が使っている豪快な打撃技。フルスイングした両腕で相手の顔面のあたりを殴り飛ばすスレッジハンマーである。
キングコングラリアット
WRESTLE-1の近藤修司が愛用している破壊力抜群のラリアット
キングス・ランディング
リコシェが新日本プロレスでフィニッシュに用いている高角度のコンプリートショット。まずロックボトムの要領で相手の体に腕を絡め、相手の両足がマットと平行になる高さまで相手の体を抱え上げる。そのあと自分は背中からマットへと倒れ込み、うつ伏せの状態で落下してきた相手の顔や胸をマットへと叩きつける。この名前になる以前はリバースロックボトムと呼ばれていた。
キング・スレイヤー
WWEのセス・ローリンズが使っているフィニッシャーの1つ。相手の背後に回りこんだあとレインメーカーの要領で相手の腕を引っ張り、振り向いた相手の顔面に飛び膝蹴りを叩き込む。
キングバスター
鈴木みのるが保持する三冠ヘビー級タイトルへの挑戦を前に佐々木健介が披露した新必殺技。相手を脳天のあたりからマットに叩き落とす投げっぱなし式のミストクラッシュである。
キングフィンガーロック
鈴木みのるが三冠ヘビー級王座挑戦者である佐々木健介対策の為に編み出したサブミッション。相手の右腕を脇固めに捕らえ、右手で掴んだ相手の右手の人指し指、中指、薬指を折り曲げて指も痛めつける。
キンシャサ
WWE NXTのシンスケ・ナカムラが使っている必殺技。技としては新日本プロレス時代から使い続けているボマイェと同型で、WWEデビューと同時にこの名前に改名されることとなった。ちなみにボマイェという言葉はモハメド・アリとジョージ・フォアマンが行ったWBA・WBC世界統一ヘビー級王座戦で巻き起こった"ボマイェ!"(やっちまえ!といった意味合い)コールに由来しているが、その試合が行われたのが当時のザイール共和国の首都キンシャサである。
筋肉スプラッシュ
火野裕士が使う豪快なフロッグスプラッシュ。別名はファッキンボディープレス、セクシープレスベイベー
キン肉大移動
DDTプロレスリングの彰人が使っているスパインバスター系のムーブ。まずキン肉バスターの要領で肩に担ぎ上げた相手の両足を下方向に引っ張り、その勢いで後方回転する相手の体を自分の正面へと落下させる。そのあと相手の両足を両手で抱えたまま尻餅をつき、相手の背中を自分の両足の間へ叩きつけてそのまま3カウントを奪う。
キン肉バスター
プロレスリング・ノアのモハメド・ヨネやが愛用しているフィニッシングホールド。まずリングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を引っ掛ける。続いて相手の左脇に胸の方から頭を潜り込ませ、外腿の方から相手の右腿の裏に左手を、左腿の裏に右手をそれぞれ回す。最後に相手を上下逆さまの状態で肩の上に担ぎ上げて背中から倒れ込み、落下させた相手の後頭部や背中をマットへ叩きつける。
金の字フラッシュ
アパッチプロレス軍の金村キンタローが愛用しているフェイバリットホールド。相手をカナディアンバックブリーカーの要領で右肩に担ぎ上げたあとその場でぐるぐると回転し、回転途中で腕を離して相手をマットに向かって投げ捨てる。
金曜スペシャル
チームでらのグラディウスが、スポルティーバアリーナの定期興行"金曜カレープロレス(仮)"の中で見せたサブミッション。まず四つん這いになった相手の左サイドに移動して相手の左腕を右手で掴み、相手の首の後ろに自分の右足を、相手の右脇に右足のつま先をそれぞれ引っ掛ける。そのあと相手の体を前方に転がしながら自分もマットへと倒れ込み、仰向けに寝転がった相手の顔の方に左足を持っていく。最後に両足で挟み込んだ相手の頭を上方向に反り上げることで相手の首を痛めつけ、同時に相手の左腕の関節を両手で極めて相手をギブアップに追い込む。
金龍原爆固め
ハナヤシキプロレスリングのアサクサキッドが使うドラゴンスープレックスホールドの呼び名。
銀鱗
みちのくプロレスの気仙沼二郎が愛用するシャイニングウィザードの名称。
キンロック
IWAジャパンの社長である浅野起州が愛用するオリジナルサブミッション。仰向けになった相手の左足を両手で掴んで持ち上げ、左足の上を跨いだ自分の右足を相手の両足の間へ着地させる。そのあと掴んだ左足を自分の右足にあてがい、上半身を繰り返し右方向に捻ることで相手の左足を痛めつける。
キンロック2
浅野起州が使っている別バージョンのキンロック。相手の左足の内側に正面から自分の左足を引っ掛け、更に相手の上半身をドラゴンスリーパーで捕獲してタップを奪う。