.
ゴア
ROHなどで活動中のライノが使う一撃必殺のスピアー。名前の通り相手を角で一刺しするような破壊力を秘めている。
ゴアグラインド
プロレスリングBASARAのSAGATが使っている、膝をついた相手に見舞う低空式のゴア。通常のゴアソバットで倒した相手に対して連続的に見舞うことが多い。
コアラ
希月あおいが使っている串刺し式のジャンピングエルボーアタック。コーナーにハンマースルした相手を追いかける形で自分も助走をつけ、相手の側まで来たところで相手の方に右半身を向けるように体を軽く捻る。そのあと折り畳んだ右肘を突き出しながらジャンプし、コーナーに寄りかかった相手に体当たりぎみに体を浴びせていく。
コイケクラッチ
小池栄子の夫である坂田亘がハッスルで行われた川田利明との戦いの中で見せた切り返し技。パワーボムでマットに叩きつけられた際に相手の右腕を左手で掴み、持ち上げた左足を相手の右腕の上へと引っ掛ける。更に相手の右脇腹に右足のつま先を、相手の左腿の内側に右腕をそれぞれフックさせて相手の体を前方へと転がし、両肩をマットにつけた相手に覆いかぶさってフォールを奪う。
豪壊
SECRET BASEなどで活動中の豪が使っているスターネスダストγと同型の技。
高角度後方回転エビ固め
ウラカン・ラナ・インベルティダ
高角度前方回転エビ固め
ウラカン・ラナ
高角度前方回転落とし固め
レクイエム
工作員波乗り固め
ハッスルの"特命係長"島田工作員が披露した憎々しい押さえ込み技。仰向けになった相手の体を片足で踏みつけ、両手をサーフィンをするかのように広げて相手をフォールする。
交差式顔面締め
クロスフェースロック
子牛の焼印押し
カーフブランディング
コウジクラッチ
クリストファー・ダニエルズが愛用する足掛け式の肩固め。スタンディングの肩固めに捕らえた相手をコンプリートショットの要領でマットに叩きつけ、マットに寝転びながら持ち上げた自分の左足を相手の頭の方へと持っていく。そして相手の顎の下に左足をフックさせたあと自分の左足と相手の頭をまとめて抱えるように両手を繋ぎ直し、両腕に力を込めて相手の頚部を圧迫する。金本浩二が使っていた技だと紹介したTNAのコメンテーター、マイク・テネイが名付け親。
好色一代男
松山勘十郎が闘龍門X時代に愛用していた必殺技。まず相手の首をスタナーの要領で右肩に固定し、左手を横に仰々しく広げてポーズを取る。続いて"ヨォ〜"と歌舞伎の合いの手を叫んだあと左手で相手の口を鼓のように叩き、自分の体をその場で大きくジャンプさせる。最後に相手の首を抱えたまま尻餅をつく形で着地し、その衝撃で相手の顎や喉に自分の右肩をめり込ませる。
高速トケ・エスパルダス
KAIENTAI-DOJOのヒロ・トウナイが使う、自分の向きが前後逆になるランヒェイといった感じのムーブ。まず相手の左サイドへと移動して背中の方から相手の右脇に右腕を差し込み、相手の頭の後ろに左手を持って行く。そのあと自分の右足を前方へ大きく振り上げ、振り下ろした右足で相手の左足を正面から刈り取ると同時に相手の頭を左手で上から押さえつける。最後にその勢いで相手の体を180゜前方回転させながら自分は両膝をつくように腰を落とし、後頭部のあたりからマットに叩きつけられた相手の体をそのまま押さえ込んで3カウントを奪う。
轟天
DDT NEW ATTITUDEの樋口和貞が使っているカナディアンバックブリーカーからの喉輪落とし。まずカナディアンバックブリーカーの要領で相手の体を右肩の上に担ぎ上げ、相手の首の後ろに自分の左手を移動させる。そのあと相手の背中を支えていた右腕で相手の喉を素早く掴み直し、そのまま両膝をつくように倒れ込んで落下させた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
江東カッター
オープン・ザ・ドリームゲート王者の望月成晃が横須賀享との防衛戦を前に披露したムーブ。形は横須賀が使っている横須賀カッターと同型。
後方回転エビ固め
カウンターなどに利用される一般的な丸め込み技。まず相手の腰を背後から両手で抱え込み、相手もろとも体を後ろに転がす。そして相手の両肩がマットについたところで自分の上半身を起こし、エビ固め風に丸まった相手の両腿の裏に跨った状態でフォールを奪う。
後方W回転式エビ固め(仮)
PURE-J女子プロレスのコマンド・ボリショイが披露した2回転式のスクールボーイ。相手の体をスクールボーイで丸め込んだあと相手の頭がある方へ背中から倒れ込み、相手の股の間に差し込んだ右腕の力を使って相手の体を後方へ回転させ続ける。そして相手の両肩がもう一度マットについたところで自分だけ立ち上がり、エビ固めの形で丸まった相手の右足を右手で、左足を左手で押さえつけてフォールを奪う。
コウモリ
DRAGON GATEの吉野正人が使う変形のタランチュラ。肩車の要領で飛びついた相手の首に足を4の字の形で巻きつけ、体を移動させて相手の背中をロープに寄りかからせる。そのあと自分の背中を大きく反らせてエプロンの方に体を倒し、相手の首にぶら下がりながら相手の右足首を右手、左足首を左手で掴んで首や背骨を痛めつける。旧名はコルミージョ
こうもり吊り
ドクトル・ワグナーが得意としていたムルシエラゴとも呼ばれるジャベ。まず体を屈ませて相手の股の間に正面から頭を差し込み、外腿の方から相手の右腿の裏に左手を、左腿の裏に右手を回して相手の両足を抱え込む。そしてそのまま上半身を起こすことで相手を逆さ吊りの状態で担ぎ上げ、交差させた相手の両足を左手で、相手の左腕を右手でそれぞれ抱える。最後に相手を担いだままマットに左膝をつき、立てた右腿の上に上下逆さまになった相手の後頭部を着地させて体を絞り上げる。
こうもり吊り落とし
ビリーケン・キッドが愛用しているフィニッシャー。まずこうもり吊りの要領で相手を逆さ吊りに担ぎ上げて自分の体を左方向に軽く振り、その勢いで相手の上半身を自分の右側へと持って行く。そのあと交差した相手の両足の上に左腕を添え直し、左首筋の方から相手の首の後ろに右腕を巻きつけて相手の頭を抱え込む。最後に相手の体を抱えたままジャンプして自分は尻餅をつく形で着地し、落下させた相手の後頭部をマットへ強かに打ちつける。
黄門スープレックスホールド
ハッスルのハッスル黄門が使っていたジャーマンスープレックスホールドと同型の技。
黄門ラナ
ハッスル黄門がデビュー戦で披露したウラカン・ラナ・インベルティダの名称。
高野落とし
みちのくプロレスの新崎人生がハヤブサとの一騎打ちで初披露した必殺技。BTボムの要領で相手を担ぎ上げたあと助走をつけ、前のめりに倒れ込みながら相手の体を前方に投げ捨てる。
強力
新日本プロレスの矢野通が使っているキャタトニックと同型の技。
黄龍
ヘラクレス千賀が愛用しているオリジナルのパッケージホールド。まず向かい合った相手の右脇に体を潜り込ませながら相手の腹部に右腕を引っ掛け、体を軽くジャンプさせて相手の右横を通り抜けるように体を旋回させる。続いて宙に浮いた自分の体を相手の胴体に絡めた右腕で支えながら両足を相手の方に振り、相手の両足を足払いで背後から刈り取って相手の体を後ろに転倒させる。最後に自分の体を左方向に180゜捻ってエビ固め風に丸まった相手の両腿の裏の上に仰向けの状態で横たわり、ブリッジをするように背中をしならせて相手から3カウントを奪い去る。
剛腕ラリアット
小橋建太が使う破壊力抜群のラリアットの呼び名。
豪腕ラリアット
潮崎豪が使うラリアットの名称。師匠である小橋建太の剛腕ラリアットと自身の名前を引っ掛けたネーミングとなっている。
狐炎輪
KAIENTAI-DOJOのHCK狐次郎が愛用していたファイヤーバードスプラッシュの名称。
虎王
プロレスリング・ノアの丸藤正道が使っているムーブの1つ。軽く助走をつけて二段蹴りを仕掛ける感じで宙へ舞い上がり、振り上げた右膝で相手の顔面や顎に下から突き上げるような膝蹴りを叩き込む。名前は丸藤が愛読している漫画"餓狼伝"から拝借しているが、漫画の中に出てくる虎王とは技の形は全く異なっている。
コークスクリューネックブリーカー
ドノバン・モーガンが使っていたフィッシャーマン式ネックブリーカードロップ。相手の体をフィッシャーマンズスープレックスのクラッチで抱えたあと自分の体を左方向へ180゜捻り、その勢いで仰向けにひっくり返った相手の後頭部や背中をマットに叩きつける。別名は網打ち式首折り落とし
コークスクリューヘッドシザーズ
藤原喜明が得意とするホイップ技。相手に逆エビ固めを仕掛けられそうになった際に自分の頭をマットに接触させ、頭をヘッドスピンのように回転させた勢いを利用して相手の体を投げ飛ばす。
コークスクリュームーンサルト
ウィスパー・イン・ザ・ウインド
コークスクリュー630゜
AAAで活躍中のジャック・エヴァンスが愛用する華麗なエアリアルムーブ。相手を仰向けに倒したあとリングに背を向けた状態でコーナー最上段に登り、体を左方向に180゜捻りながらリングへとジャンプする。そのあと空中で体を更に630゜前方回転させ、相手をセントーンの形でプレスする。かつて定期参戦していたDRAGON GATEでは不死鳥魂と呼ばれていた。
ゴーゴーウェスト
みちのくプロレスのトリオリーグ戦に参戦したチーム西遊記が披露した、3人がかりで仕掛ける合体式のパワーボム
ゴーゴンクラッチ
DDTプロレスリングのJARASHIMAが愛用していたオリジナルサブミッション。まず仰向けになった相手の左サイドに移動して相手の左腕を右手で、左足を左手で掴んで持ち上げ、相手の股のあたりに持っていた相手の左腕を左手で掴み直す。続いて相手の左腕の上に自分の左足を引っかけて腕をロックし、右手で抱えた相手の上半身を軽く引き起こして相手の首の後ろに自分の右足を引っかける。最後に両手で抱えた相手の左足首をアンクルロックで絞り上げ、蛇の頭のような形にした右手を小刻みに震わせてアピールする。
ゴージャスエルボー
DDTで活躍中のゴージャス松野が愛用している超低速のピープルズエルボー
ゴージャススーパースター腕ひしぎ逆十字固め
ゴージャス松野が使っている得意技の1つ。ゴージャススーパースターエルボーの要領でロープの反動をつけてマットに着地し、倒れている相手の腕を素早く掴んで腕ひしぎ逆十字固めに移行する。
ゴージャススーパースターエルボー
ゴージャス松野が愛用しているスーパースターエルボーを手本とした必殺技。相手を仰向けに倒したあとロープに向かってゆっくりと走り出し、ロープの側で倒立をして両腿の裏をロープに接触させる。そのあと体を後ろに倒して両足でマットに着地し、相手の方に体を捻りながらエルボードロップを投下する。
ゴージャススープレックス
ゴージャス松野が使っているサイドスープレックスの名称。
ゴージャスフリップ
一宮章一&ゴージャス松野が使っていたファンタスティックフリップの名称。
ゴージャスボーイ
ゴージャス松野&MIKAMIが使っている合体殺法。松野にスクールボーイを仕掛けられまいと踏ん張る相手の胸板にMIKAMIがドロップキックを叩き込み、その勢いで後ろに倒れこんだ相手を松野が丸め込んでフォールを奪う。
ゴージャスロール
ゴージャス松野が使っている前方回転エビ固めの名称。
ゴージャスワントーン
ゴージャス松野が使うスワントーンボムの名称。
ゴーズ・トゥー・タウン
スロップドロップ
ゴーストバスター
ココ・B・ウェアが使っていた垂直落下式ブレーンバスターの名称。ターザン後藤も同型同名の技を愛用している。
ゴーストフェース
タマ・トンガが使うファイヤーマンズキャリー・フラップジャックと同型の技。正式な名前が決定するまでは変形ヘラクレスカッターなどと呼ばれていた。
コーダ
WCWでマエストロが使っていたコブラクラッチと同型の技。
コーテシーフラッシュ
みちのくプロレスやROHで活躍したチャド・コリヤーが使っていた外道クラッチと同型の技。
ゴートゥーヘブン
新日本プロレスの後藤洋央紀がヤングライオン時代に開発したリストクラッチ式のアングルスラム。まず背中の方から相手の左脇に頭を差し込み、左手で掴んだ相手の左腕を相手の股の前へと持っていく。続いて相手の股の間に腿の裏の方から差し込んだ右手で相手の左腕を掴み、自由になった左手を相手の首の後ろへと回す。最後にそのまま体を起こすことで相手をアルゼンチンバックブリーカーのような感じで肩に担ぎ上げ、体を軽く旋回させながら後ろに倒れ込んで相手の背中や後頭部をマットへ打ちつける。別名は地獄車であり、この技を足掛かりにして2005年のヤングライオン杯を制した。
ゴートゥーヘル
IWAジャパンの上野幸秀が使っていたチキンウイングフェイスロック式のキャトルミューティレーション。尻餅をついた相手の上半身をチキンウイングフェイスロックに捕らえ、相手の頭を飛び越えるように自分の体をブリッジさせて相手の首・肩・股関節などを複合的に痛めつける。
コード・オブ・サイレンス(1)
ビッグ・ヴィトーがWWEでオカマギミックを演じていた頃に使っていた旋回式のインプラントDDT。まずインプラントDDTの要領で相手の体を水平に抱え上げ、相手を持ち上げたまま自分の体を左方向に軽く捻る。そのあと相手のタイツを掴んでいた腕を離して背中から倒れ込み、落下させた相手の体をうつ伏せの状態でマットへ叩きつける。
コード・オブ・サイレンス(2)
WWEのカーメラが使っているレッグフェースロックとほぼ同型の技。技を極めたあと後ろ手に回した右手で自分の左足のつま先を掴み、左手一本でバランスを取りながら相手の体を締め上げるのが特徴。
コードグリーン
ミスチフが使っているヨシタニックと同型の技。
ゴードバスター
WWFやWCWで活躍したアーン・アンダーソンが使っていたムーブ。ブレーンバスターの要領で垂直に抱え上げた相手の体を前方に落下させ、自分は腹這いになるように倒れ込んで相手を顔面からマットに叩きつける。
コードブルー
WWEのタイソン・キッドが愛用しているスプリングボード式のバフ・ブロックバスター。相手をマットに倒したあとエプロンに移動し、トップロープを両手で掴んで相手が起き上がるのを待ち構える。そして相手がこちらを向いたところでトップロープの上に両足で飛び乗り、相手の方へとジャンプして相手の頭を両手でキャッチする。最後に空中で自分の体を270゜前方回転させて背中からマットに倒れ込み、その勢いで後ろに引き倒した相手の後頭部をマットに痛打させる。
コードブレイカー
WWEのクリス・ジェリコが愛用しているデュランダルと同型の技。
コードレッド(1)
ビリー・ガン&チャック・パルンボがWWEで使っていたコンビネーション。チャックがコーナーの方を向きながら相手を肩車で抱え上げ、コーナー最上段に登ったビリーが相手にダイビングネックブリーカードロップを叩き込む。
コードレッド(2)
TNAやROHで活躍したアメージング・レッドが愛用しているヨシタニックの呼び名。
コードレッド (3)
WCWで活躍したクレイグ・ピットマンが使っていた腕ひしぎ逆十字固めの名称。
コーナースプラッシュ
巨漢レスラーが体格を利して使うムーブ。まずコーナーの側にいる相手を対角線上にある反対側のコーナーへとハンマースルーし、相手を追いかけるように自分も助走をつける。そのあと体を大きく広げながらコーナーに寄りかかる相手に飛び掛かり、自分の体とコーナーで相手の体をサンドイッチにする。
コービーショック
スティーブ・コリノが使っている愛息の名前を冠したムーブ。左手で掴んだ相手の左腕を相手の背中でハンマーロックに固め、右手で掴んで持ち上げた相手の右腕を自分の首の後ろへと回す。そのあと相手と向き合うように自分の体を左方向へと軽く捻って相手の顎の下に右腕を回し、相手の顔面をコンプリートショットの要領でマットに打ちつける。
ゴーフォーブロック
DDTプロレスリングのマサ高梨が使っているバカタレスライディングキックと同型の技。
ゴーフラッシャー
潮崎豪が愛用する必殺技の1つ。まず相手の体をブレーンバスターの要領で垂直になるまで抱え上げ、両膝を屈伸させた反動を使って軽く宙に浮き上がらせた相手の体から腕を離す。そのあと仰向けの状態で落下する相手の喉元に左腕で打ち下ろしのラリアットを叩き込み、そのまま自分は尻餅をつく形で倒れ込んで相手の背中や後頭部をマットへ叩きつける。
コーヘー
道頓堀プロレスのガメラスが使っているバズソーキックの呼び名。
ゴーホームドライバー
WWEのケビン・オーウェンズが使う豪快なムーブ。まず相手の体をブロックバスターの要領で持ち上げ、上半身を右方向に軽く捻って反動をつける。続いて上半身を左方向に振ると同時に相手の股を抱えていた右腕を放し、その勢いで振り回した相手の体を自分の背後へと持ってくる。最後に相手の左足を右手で抱えて後ろに倒れ込み、相手をエアレイドクラッシュの形でマットへと叩きつける。
コーポレートエルボー
WWEのロックがビンス・マクマホン率いる"コーポレート"に加入した時期に使っていた必殺技。形はピープルズエルボーと同型だが、技を仕掛ける前に観客や相手を小馬鹿にした態度をとっていた。
コーポレートスタナー
WWEのビンス・マクマホンが使っているスタナーの名称。
ゴーヤー詰め合わせ固め
沖縄プロレスを中心に活動しているゴーヤーマスクの得意技。形はラ・ネブリナと同型。
ゴールデンアームボンバー
全日本プロレスの輪島大士が愛用していた必殺技。ロープから返って来た相手の喉を左手で鷲掴みにし、後ろに押し倒した相手の後頭部をマットに痛打させる。
ゴールデンインパクト
飯伏幸太、ケニー・オメガ、才賀紀左衛門が見せた破天荒なコンビネーション。まず相手の体を肩車で担ぎ上げた飯伏の股の間にケニーが背後から頭を差し込み、ケニーが飯伏と相手の体をまとめて肩車で担ぎ上げる。そのあとコーナー最上段からジャンプした才賀がニールキックの要領で体を回転させ、3段重ねの頂上にいる相手の体を右足で豪快に蹴り飛ばす。
ゴールデンエイジ
WWEのゴールダストが使うコンプリートショットの呼び名。
ゴールデンギロチンネックブリーカー
ワジマスペシャル
ゴールデングラブ
DRAGON GATEの土井成樹がT2P時代に愛用していたジャべ。カンパーナの要領で相手の両足を両脇に抱え込み、うつ伏せにひっくり返した相手の顎をチンロックに捕らえて首や背骨を痛めつける。
ゴールデングローブ
シャッタードドリーム
ゴールデンゲートスピン
プロレスリング・ノアで活躍したマイケル・モデスト&ドノバン・モーガンが得意としていたコンビネーション。まずモーガンが向かい合った相手の右腿を左手で、左腿を右手で掴み、相手の体を軽く宙に抱え上げる。続いてモーガンに担ぎ上げられた相手の首をモデストがリバースDDTの要領で左脇に抱え込み、相手の体がマットと水平になるように体勢を整える。最後にモーガンが右方向に、モデストが左方向にそれぞれ体を錐揉み回転させ、その勢いでうつ伏せにひっくり返った相手の体をモデストがダイヤモンドカッターの形でマットに叩きつける。
ゴールデンゲートブリッジ
NEO女子プロレスの田村欣子が使っていたスパイダークラッチと同型の技。
ゴールデンシャワー
DDTを中心に活躍している飯伏幸太&ケニー・オメガのタッグチーム、"ゴールデンラヴァーズ"が披露した華麗なコンビネーション。対戦相手の1人を仰向けに倒したあとオメガがコーナー右隣のエプロンへ、飯伏がコーナー左隣のエプロンへそれぞれ移動し、2人が同じコーナーの最上段へと歩を進める。そのあとトップロープの上に立った2人が肩を組むように互いに腕を回して呼吸を合わせ、ファイヤーバードスプラッシュの要領で両者が同時に体を回転させて相手を2人がかりでプレスする。
ゴールデンスタープレス
飯伏プロレス研究所の飯伏幸太がかつて1度だけ使用した変形のフェニックススプラッシュ。相手を仰向けに倒したあとリングに背を向けた状態でコーナー最上段へと登り、体を180゜後方回転させるようにジャンプする。そして回転途中で体に180゜の錐揉み回転を加え、空中で更に体を270゜前方回転させて相手をボディープレスする。
ゴールデンスタープレス2007
飯伏幸太が使っているスプリングボード式のフェニックススプラッシュ。相手を仰向けに倒したあとロープの側で体を大きくジャンプさせ、場外の方を向いた状態でトップロープの上に両足で飛び乗る。そのあと体を左方向に180゜捻ってリングへジャンプし、空中で体を更に450゜前方回転させて相手をボディープレスする。
ゴールデンスターボム
飯伏幸太が使っているジャンピングパワーボムの呼び名。
ゴールデンゾンビボンバー
新北京プロレスの金角が披露したクレイドルショックと同型の技。
ゴールデンルール
WWEのマット・ストライカーが愛用する必殺技。まず前屈みになった相手の左サイドに移動して相手の右腕を両手で掴み、膝を突き出すように折り畳んだ右足を相手の後頭部の上に乗せる。そのあと背中からマットに倒れ込む勢いで相手の体を仰向けにひっくり返し、マットに着地した衝撃で相手の後頭部に右足をめり込ませる。
ゴールデンレフト
マイク・バートンが使っていた文字通り一撃必殺の黄金の左フック。相手の腹部を狙って打撃を放つことが多かった。
コールドストーンスタナー
CHIKARAで活躍中のエル・イホ・デル・アイスクリームが使うスタナーの呼び名。
コールドスナップ
WWEで活動中のT.J.ウィルソンことタイソン・キッドがインディーマットで使っていた雪崩式のカナディアンロッキーバスター。リングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、自分はリングの方を向いたままコーナーのセカンドロープに登る。そのあとコーナー上の相手をファイヤーマンズキャリーの要領で肩に担ぎ、体を前方回転させるようにジャンプして相手を背中からマットに叩きつける。
ゴールドハネムーン
沖縄プロレスのゴールデン・パインが使っていたフィニッシングムーブの1つ。形はブレーンバスターから仕掛ける変形エメラルドフロウジョンと同型。
ゴーレムスプラッシュ
大日本プロレスの岡林裕二が使っているダイビングボディープレスの呼び名。
コキーナクラッチ
インパクト・レスリングのサモア・ジョーが使っている胴締めスリーパーホールドの名称。
国体一回戦スラム
U-FILE CAMPの竹田誠志が使っているアングルスラムと同型の技。
国際通りアッパー
大阪臨海アッパー
黒縄
サムライロック
極道クラッチ
大日本プロレスの星野勘九郎や稲葉雅人が使う外道クラッチの呼び名。
極道式トルネードクラッチ
星野勘九郎が使っている丸め込み技。首投げの要領で相手を巻き投げたあとも抱えた相手の頭を離さず、マットに背中を付けた相手の胸の上に自分は仰向けの状態で乗っかる。そのあともがく相手の左足を右手で、頭を左手でそれぞれ抱え込み、そのまま相手を強引に押さえ込んで3カウントを奪う。
コグマ式ヨシタニック
スターダムのコグマが使っていた必殺技の1つ。助走をつけて正面から相手に近づいて体を大きくジャンプさせ、相手の右肩の上に左腿を、左肩の上に右腿を着地させてパワーボムを仕掛けられる格好になる。そのあと相手の肩の上で体をバウンドさせて相手の頭上を飛び越え、前屈みになった相手の背中に跨るように飛びついて高速のヨシタニックを炸裂させる。この技で王者の紫雷イオを下し、ハイスピード王座のベルトを奪取した。
こくまろドロップ
みちのくプロレスに参戦していたハヤシライスマンのフィニッシャー。まず相手をアルゼンチンバックブリーカーの要領で両肩の上に担ぎ上げ、相手の足がある方向に体を傾けながらジャンプする。そのあと相手の上半身を抱えていた腕を離すことで相手の体をうつ伏せにひっくり返し、尻餅をつくように着地すると同時に相手を顔面からマットに叩き落とす。
極楽固め
みちのくプロレスの新崎人生が愛用するクロスアーム式キャメルクラッチ。尻餅をついた相手の背後に回り込んで相手の右腕を左手で、左腕を右手でそれぞれ掴み、交差させた相手の両腕を相手の喉元へと引っ掛ける。そのあとうつ伏せに引っくり返した相手の背中に跨るように腰を下ろし、掴んでいた両腕を引っ張ることで相手の背中を強烈に反り上げる。
コグ☆ラッチ
スターダムのコグマに対し元・全日本女子プロレスの中西百重が伝授したムーブ。相手の体をバックラッシュの要領でマットに叩きつけ、続けざまにジャックナイフホールドを決めて相手をピンフォールする。
コグレクラッチ
みちのくプロレスなどで活動中のバラモン・シュウが披露した北東逆さ押さえ込みと同型の技。
こけし
新日本プロレスで活躍中の本間朋晃が使っている独特な形のダイビングヘッドバット。相手を仰向けに倒したあとコーナー最上段へと歩を進め、コーナー上で直立して首をかしげるように頭を軽く傾ける。そのあと怪しい笑みを浮かべながら前のめりに倒れ込む格好でコーナーから落下し、仰向けになった相手の肩口に自分の頭を叩きつける。
こけしインパクト
新日本プロレスで活躍中の真壁刀義&本間朋晃が愛用するコンビネーション。相手を肩車した真壁がコーナーの方を向き、コーナー最上段に登った本間が担ぎ上げられた相手目掛けてダイビング式のこけしロケットを見舞う。
こけし・改
本間朋晃&後藤洋央紀が披露したアシスト付きのこけし。相手を仰向けに倒したあと本間が登ったコーナーの側に後藤が移動し、本間がコーナー最上段からのこけしを投下する。そして落下してきた本間の背中を後藤が押さえつけることで本間の体に加速をつけ、倒れた相手の体に本間の頭を勢い良く叩きつける。
こけし落とし
本間朋晃が使っているファイヤーサンダーと同型の技。
こけしロケット
本間朋晃が使う得意技の1つ。助走をつけたあと相手の方に頭を向けながらジャンプし、空中で気をつけの姿勢を取りながら相手に頭から突撃する。
孤高の芸術
全日本プロレスの岩本煌史が使う払い腰の呼び名。
小こけし
本間朋晃が愛用する倒れ込み式のこけし。仰向けに倒れた相手の左手にあるロープに飛んで助走をつけ、相手の側に戻ってきたところで首をかしげるように頭を軽く傾ける。そのあと相手の体に覆いかぶさる感じで前のめりに倒れ込み、相手の左肩のあたりに自分の頭を叩きつける。
ココナッツクラッシュ
椰子の実割りとも呼ばれるジャイアント馬場の得意技。まず向かい合った相手の頭を両手で掴み、大きく振り上げた左足の腿を相手の顔面に密着させる。そのあと相手の頭を抱えたままマットに左足を着地させ、その衝撃で相手の鼻骨などに痛みを走らせる。
ココナッツフラッシュ
志田光が使う飛びつき式のココナッツクラッシュ。まず助走をつけて右サイドから相手に近づき、相手の左首筋のあたりに右手を添えながら体をジャンプさせる。そのあと空中で体を左方向に180゜回転させて右腿を軽く振り上げ、相手の顔面に自分の右腿を密着させた状態でマットに着地して相手の鼻骨などに衝撃を与える。
ココバット
全日本プロレスで活躍したボボ・ブラジルが愛用していたジャンピング式のヘッドバット。向かい合った相手の頭を両手で掴んだあと体を大きくジャンプさせ、相手の脳天目掛けて強烈なヘッドバットを叩き込む。
ゴゴプラッタ
ブラジリアン柔術のテクニックであるフットチョーク系のサブミッション。まずガードポジションに追い込まれた際に相手の左腕を右手で掴み、相手の左腕に外側から右足を引っかける。続いて右足の甲を両手で掴んで相手の顎の下に右足のつま先をフックさせ、持ち上げた左足を相手の首の後ろに引っかける。最後に相手の頭の後ろに両手を回して頭を自分の方へ引き寄せ、足を使って相手の頚動脈などを圧迫する。
吾作落とし
gosakuが愛用している必殺技の1つ。チョークスラムの要領で相手を抱え上げたあと体を軽くジャンプさせつつ両足を前に投げ出し、尻餅をつく形で着地すると同時に相手の背中を自分の右サイドへと叩きつける。
小鹿スペシャル
ミル・マスカラスとの対戦を控えたNOSAWA論外に対し、米国でマスカラスを倒した経験のあるカンフー・リーことグレート小鹿が伝授したサブミッション。まず仰向けになった相手の左サイドへと移動し、相手の左腕を右手で、左足の踵を左手でそれぞれ掴む。そのあと左膝をつくように腰を落として折り畳んだ右膝を相手の左脇腹に押し当て、掴んだ左手足を自分の方に引き寄せることで相手の脇腹や股関節を痛めつける。
子鹿の舞
KAIENTAI-DOJOのバンビが使っている凶器の鞭を活用した丸め込み技。まず鞭の柄の部分と紐の部分を両手で握り、右足で蹴りを放ってきた相手の右足の下に鞭を潜り込ませて足に鞭を引っかける。そのあと片足立ちになった相手の左足を右足で払って相手を後ろに転倒させ、両肩をマットにつけた相手に覆いかぶさるように倒れ込んでフォールを奪う。
コジコジカッター
新日本プロレスの小島聡が使うダイヤモンドカッターと同型の技。相手が放ったラリアットなどを避けながらカウンター式で放つことが多い。
コジコジドライバー
小島聡が使っているエクスカリバーと同型の技。
腰投げ
ヒップトス
コジメ
小島聡が2011年のG1クライマックスに投入したステップオーバーフェイスロックと同型の技。
五条大橋
みちのくプロレスの義経が使っていたフェイント技。まず助走をつけてコーナー最上段まで勢い良く駆け上がり、コーナーの上で無防備に直立して相手をおびき寄せる。そのあと進行方向のトップロープを両手で掴みながら体を側転させてリングに着地し、無人になったコーナーに襲い掛かってきた相手の体を激突させる。これで怯んだ相手に741を叩き込むことが多かった。
ゴジラカッター
ライアン・テイラーが使っているドルフィンマジックと同型の技。
ゴジラハンマー
稲松三郎とライアン・テイラーがKAIENTAI-DOJOで見せたコンビネーション。相手の胸板に稲松が36ハンマーを叩き込み、それと同時にライアンが相手の足を水面蹴りで刈り取って相手を豪快になぎ倒す。
コジMAXホールド
小島聡がかつて使用していたサブミッション。うつ伏せになった相手の左サイドに移動して相手の左腕を掴み、持ち上げた左腕の下に自分の右足を滑り込ませる。そしてそのまま右膝をつくことで相手の左腕を右足の間に挟み込み、自分の左足を相手の右脇あたりに着地させて相手の背中に馬乗りになる。最後に相手の右腕を両手で掴み、掴んだ腕を関節と逆方向に反り上げてタップを奪う。
コズミックサイクロン
ポール・ロンドンが使っていたファイヤーバードスプラッシュの呼び名。
コズミックドゥーム
CHIKARAで活動中のウルトラマンティス・ブラックが使うファイヤーバレーと同型の技。
コズロック
IGFなどで活動中のアレキサンダー・コズロフが使うクリップラークロスフェイスの呼び名。
五体不満足
真しゃちほこクラッチ
五体不満足(宇宙を語る)
バラモン・シュウ&バラモン・ケイが使っているソラリーナとキドクラッチの複合丸め込み技。シュウが相手の体にソラリーナの要領で手足を絡め、相手の左サイドに移動したケイが相手に背中を向けるように体を捻って相手の左腕を右手で、左腿を左手でそれぞれ掴む。そのあとシュウがマットに倒れ込むことで相手の体を前方へと転がし、それと同時にケイが尻餅をつくように腰を落として両肩がマットについた相手の体を2人がかりで押さえ込む。
コタロークラッシャー
ケニー・オメガが愛用する変形のフェイスクラッシャー。まず助走をつけて相手に背後から近づき、相手の左肩に左手を、右肩に右手をついて相手の頭の上を飛び越えるようにジャンプする。そのあと前屈みになった相手の後頭部を右手で押さえつけながらリングに落下し、その勢いで前のめりに倒れ込んだ相手の顔面をマットへ打ちつける。
コックボトム
DDTプロレスリングの男色ディーノが愛用する男色殺法の1つ。相手の右腕を自分のタイツの中に突っ込んで股間を握らせ、ロックボトムの要領で持ち上げた相手を背中からマットに叩きつける。
ゴッズラストギフト
WWEで活躍中のセス・ローリンズことタイラー・ブラックがインディー時代に愛用していた垂直落下式の首固め。まず相手の体にスモールパッケージホールドの要領で自分の手足を絡め、相手の体を軽く宙へと抱え上げる。そして左半身から倒れ込みながら相手の右足を両足で挟み込み、落下させた相手の頭をマットに叩きつけたあとも手足のフックを外さずそのまま相手の体を押さえ込む。
ゴッチ式アームホールド
鈴木みのるが"新日本プロレス創立42周年・旗揚げ記念日"の第1試合に登場した際に見せたサブミッション。背中の方から相手の右脇に右腕を差し込んだあと相手の左肩を左手で前へと押し込み、その勢いで振り向いた相手の左手首を右手で素早く掴み直す。続いて掴んだ左腕を相手の背中の方へと折り曲げ、相手の左脇に背中の方から左腕を差し込んで腕を極めたままマットに倒れ込む。最後にバランスを崩して仰向けに寝転がった相手に覆いかぶさるように自分の体を移動させ、左手で自分の右手首をがっちりと掴んで相手の左腕を痛めつけていく。技の完成した形はチキンウイングアームロックと同じだが、アントニオ猪木とカール・ゴッチの技しか使わないという縛りの中で繰り出された技であるため、鈴木自身はこの技に"ゴッチ式"の名を冠している。またカードゲーム"キングオブプロレスリング"ではローリングショルダーフックという呼び名でこの技がカード化されている。
ゴッチ式腕固め
全日本プロレスに参戦している西村修が披露したサブミッション。まず立っている相手の左腕をチキンウイングアームロックに捕らえ、前屈みになった相手の首の後ろに左足を引っかける。そのあと背中からマットに倒れ込む勢いで相手の体を前方へと転がし、背中をマットにつけた相手の腕を絞り上げてタップを奪う。
ゴッチ式男色ドライバー
DDTプロレスリングの男色ディーノが愛用している男色ドライバー系ムーブの1つ。男色ドライバーの要領で相手の体を抱え上げ、腿の裏の方から相手の股の間に右腕を差し込む。そのあと相手の股間を抱えるような形で自分の両手をクラッチして体をジャンプさせ、尻餅をつく形で着地すると同時に相手の頭部をマットへ打ちつける。2012年3月に行われた佐藤光留とのKO-D無差別級選手権試合ではタイツの下に履いているTバックの中に相手の頭を押し込み、自分の股間を相手の頭に直に密着させた状態で決める一撃を真・ゴッチ式男色ドライバーとして披露している。
ゴッチ式ツームストンパイルドライバー
全日本プロレスの秋山準が愛用している股下クラッチ式の墓石落とし。相手の体をツームストンパイルドライバーの要領で抱え上げ、上下逆さまになった相手の股の間に正面から右腕を差し込む。そのあと相手の右腿を抱える形で自分の両手をクラッチし、正座をするように両膝を折り畳んで相手の頭部をマットへ打ちつける。
ゴッチ式パイルドライバー
鈴木みのるが愛用しているフィニッシングホールド。前屈みになった相手の頭を正面から自分の股の間に挟み込み、相手の両足の間に腿の裏の方から自分の右腕を差し込む。そのあと相手の右腿を抱えるように自分の両手をクラッチさせ、相手の体を垂直になるまで持ち上げる。最後にその場で体を軽くジャンプさせてマットに尻餅をつく形で着地し、落下させた相手の頭部をマットへ強かに打ちつける。
ゴッチスペシャル
IGFなどで活躍中のジョシュ・バーネットが愛用する複合サブミッション。仰向けになった相手の右腕をダブルリストロックに捕らえ、更に相手の頭部を両足で挟み込んでクルックヘッドシザーズを極める。
ゴッチャンスキー
FIGHTING TV サムライで放送されている"インディーのお仕事"の2代目アシスタント、ニコライ・ゴッチャンスキーが披露したロープ足掛け式の体固め。厳密には反則技だが名前までつけられて必殺技と化している。
小包固め
スモールパッケージホールド
ゴッドスマック
CZWで活躍したメサイアが使っていた旋回式のハワイアンスマッシャー
コップキラー
TNAやROHで活躍したホミサイドが愛用するバータブレイカーと同型の技。この技の元祖である工藤めぐみの名を取って別名MEGUMIドライバーとも呼ばれ、またTNAではグリンゴキラーという名前が付けられていた。
ゴディ式パワーボム
テリー・ゴディが来日当初に披露した天龍源一郎を失神に追い込む程の威力を持つパワーボム。相手の体をパワーボムの要領で軽く抱え上げたあと正座をするように両膝を折り、急降下させた相手の後頭部や背中をマットへ叩きつけそのままフォールを奪う。師匠ルー・テーズの得意技であったリバーススラムを改良して作り上げられた技だと言われており、80年代中盤〜90年代にかけては右膝のみを折り畳んで決めるパワーボムを決め技にしていた。
コテコテクラッチ
愚乱・浪花が使っていたリバースネルソンデスロックと同型の技。
虎徹
SECRET BASEの小川内潤の遠縁である独眼竜・潤と、我闘雲舞の里歩の遠縁であるおふうがSTYLE-Eで見せた合体殺法。膝をついた相手の後頭部を潤が阿吽の要領で蹴り飛ばし、それと同時におふうが相手の顔面目掛けて低空のジャンピングニーバットを叩き込む。
小鉄☆ドロップ
プロレスリングWAVEの桜花由美がJDスター女子プロレスで愛用していたエルボードロップのバリエーション。リバーススプラッシュの要領でリングにジャンプしたあと体を左方向に180゜捻り、仰向けになった相手の胸板にエルボードロップを叩き込む。小鉄とは桜花が飼っている愛猫の名前である。
後藤式
新日本プロレスの後藤洋央紀が使っている丸め込み技。まずゴトウスペシャル2の要領で相手の両足を固め、相手もろとも体を右方向へと転がして相手がうつ伏せの状態になったところで回転を止める。そのあと自分だけ上半身を起こしながら体を左方向へと軽く捻り、その勢いで相手の体を仰向けにひっくり返して相手の両肩をマットにつけさせる。最後に自分の両足を相手の頭の方へと移動させることで固めた相手の両足を相手の顔の上へと持っていき、相手の両腿を左腕で上から押さえつけつつ腰を落としてそのまま3カウントを奪い去る。旧名は足極めエビ固め
ゴトウスペシャル
新日本プロレスの後藤洋央紀が2010年のG1クライマックスを前に公開したアマレスの流れを汲んだサブミッション。まずうつ伏せになった相手の背中に跨るように腰を下ろし、相手の上半身をチキンウイングフェイスロックに捕らえる。そのあと体を右方向へと転がして自分の背中をマットにつけ、仰向けになった相手の胴体を両足で挟み込みながら顔面や左肩を締め上げる。
ゴトウスペシャル2
後藤洋央紀が公開したアマレス流のサブミッションの1つ。うつ伏せになった相手の左サイドに腰を下ろして相手の左腿の裏に自分の左足を横たえ、自分の左足を巻き込むように相手の左足を折り畳む。そのあと自分の上半身を起こしながら相手の左足首を両腿の間に挟み込み、相手の右足の外側に着地させた自分の右足を相手の右足首の下に滑り込ませる。最後に右足の力を使って相手の右足も折り畳んで相手の両足を交差させる形でロックし、両足を極めたまま体を右方向へと転がして相手の両足に痛みを走らせる。名前は付いているもののこの技でギブアップを狙うことはほぼ皆無であり、ここから派生する後藤式への布石として利用されている。
ゴトウスペシャル3
後藤洋央紀が公開したアマレス流のサブミッションの1つ。うつ伏せになった相手の両腿の間で左膝をついて相手の左腿の裏に自分の左足のつま先を引っ掛け、自分の右足を相手の右足の外側に着地させる。そのあと相手の右足首を右手で掴んで相手の右足を折り畳み、相手の右足首に自分の右足をフックさせて相手の右足をロックする。最後に自分の右足のつま先を自分の左足首に引っ掛けたあと相手の右腿を左手で、左足首を右手で掴み、自分の背中をマットにつけるように倒れ込んで吊り上げた相手の両足を痛めつける。
後藤弐式
後藤洋央紀が2016年の"NEW JAPAN CUP"で初公開した丸め込み技。まず走ってきた相手の右腕をスタンディング式の脇固めに捕らえ、掴んだ腕をコントロールして相手の体を前方に転がす。そのあと尻餅をつく格好になった相手の左腕に背中の方から左足を引っ掛け、さらに相手の右脇に胸の方から左腕を差し込んで相手の右腕を抱え込む。最後に相手の両腕を極めたまま前転することで相手の体を上下逆さまにひっくり返し、両肩がマットについた相手の股を右手で上から押さえつけて3カウントを奪う。
コナロック
REINA女子プロレスなどで活動中の小波が使う三角締めと膝十字固めの複合技。仰向けになった相手の上半身を三角締めに捕らえたあと相手の右足首を両手で掴み、掴んだ右足を自分の方に引き寄せることで相手の膝関節や頚動脈を圧迫する。
子泣きジジイ
全日本プロレスなどで活動中の吉江豊が愛用している変形のバンザイドロップ。相手をコーナーに寄りかからせるように座らせたあと自分はコーナーのトップロープを掴み、コーナーのセカンドロープに両足でよじ登る。そして反動をつけたあと体を大きくジャンプさせ、相手の体を全体重を乗せたヒップドロップで押し潰す。
ゴノリア
ジミー・レイヴが愛用するライトニングスパイラルと同型の技。ロックンロールギミックで活動していたTNAではザ・ムーブ・ザット・ロック・ザ・ワールドと呼ばれていた。
コバクニ
DRAGON GATEのCIMAが使うティヘラ系のムーブ。相手にコーナーにハンマースルーされた際にコーナーのセカンドロープを掴んで停止し、セカンドロープのターンバックルに頭をつけて三点倒立をする。そのあと体をリングの方に倒して自分を追って来た相手の首を両足で挟み込み、ロープから腕を離しながら体を前方回転させて相手の顔面をターンバックルに激突させる。
コバッククラッシャー
SMASHやFCFで活動中のマイケル・コバックが使う変形のゴリーボム。相手の体をBTボムの要領で高々と抱え上げ、相手の右足のつま先を自分の左腿の外側に、左足のつま先を右腿の外側にそれぞれフックさせる。そのあと相手の両腕を掴んだまま背中からマットへ倒れ込み、うつぶせの状態で落下させた相手の顔面をマットへ叩きつける。
コバドライバー
大日本プロレスのアブドーラ小林が使うブルズポセイドンと同型の技。
コバドライバー2002
アブドーラ小林が使うGドライバーと同型の技。
コバドライバー21
アブドーラ小林が使うエゴイストシュバイナーの名称。
五福星スプラッシュ
コンドルが使っているフロッグスプラッシュの名称。
ゴブストッパー
WWEで活躍したトレント・バレッタが使っているブサイクへの膝蹴りと同型の技。
コブラ
WWEで活躍中のサンティーノ・マレラが使ってる奇天烈なムーブ。まず右腕を前方へ突き出して右肘の裏を上方向へと向けるように腕を捻り、左手で右肘の裏を叩いて右腕を直角に折り曲げる。そのあと右手の甲を左手で掴んで指が相手の方を向くように右手首を回転させ、伸ばした5本の指を相手の方に向けて右腕を蛇の体のような形にする。最後に相手の顔目掛けて右腕を鋭く突き出し、相手の顎のあたりを指の先で小突いて相手にダメージを与える。
コブラクラッチ
サージェント・スローターが得意とする拷問式スリーパー。まず相手の背後に自分の体を回り込ませ、左手で掴んだ相手の左腕を相手の顎の下へと持っていく。続いて相手の右首筋に自分の右腕を巻きつけて相手の左手首を右手で掴み直し、自由になった左手を相手の首と左腕の間にある隙間に下から差し込む。最後に左手で自分の右手首を掴んだあと相手の体を左右に大きく揺すり、首に絡みつかせた腕で頚部を圧迫して相手を失神に追い込む。
コブラクラッチクロスフェイス
WWEのダニエル・ブライアンがインディーマットで愛用していたサブミッション。うつ伏せになった相手の左サイドに腰を下ろして相手の上半身をコブラクラッチに捕らえ、相手の背中を強烈に反り上げると同時に首を締め上げる。
コブラクラッチ式三角締め
プロレスリング・ノアの丸藤正道が使っているサブミッション。相手の上半身をコブラクラッチに捕らえたあと相手と向かい合うように体を移動させ、上半身を極めたままジャンプして背中からマットに倒れ込む。そしてその勢いを生かして相手の体を前方へと転がし、背中をマットにつけた相手の首を両足で挟みこんで頚部を圧迫する。
コブラクラッチスープレックス
全日本プロレスで活躍したジョニー・エースが使っていた危険度の高いスープレックス。相手の上半身をコブラクラッチに捕らえたあと体をブリッジさせ、後方に反り投げた相手を頭から真っ逆さまにマットへと叩き落とす。ちなみにエース自身は技にエースボムという名前を付けていたが定着するまでには至らなかった。
コブラクラッチ・デスグリップ
CHIKARAで活躍中のオフィーディアンが使う胴締め式コブラクラッチの呼び名。立っている相手の上半身をコブラクラッチに捕らえたあと体をジャンプさせて相手の背中に負ぶさり、相手の体にしがみついた状態で首を締め上げることも多い。
コブラクロー
"狂虎"タイガー・ジェット・シンが使っているフィニッシングムーブ。まず右手の親指と人差し指を使って相手の顎の下あたりを鷲掴みにし、体重をあずけて相手の体を後ろに押し倒す。そのあと腕に力を込めてマットに倒れ込んだ相手の頚動脈を圧迫し、相手からフォールやギブアップを奪う。海外ではサフォケーションクローと呼ばれる。
コブラ殺し
全日本プロレスで結成されたカズ・ハヤシ&NOSAWA論外のタッグチーム、"論カズ"が開発したコンビネーション。カズが相手の体をコブラツイストで捕獲し、がら空きになった相手の脇腹にNOSAWAがミドルキックを連続で叩き込む。ミドルキックではなく相手にスーパーキックを叩き込むとコブラ殺しパート2になる。
コブラシザーズ
タイガー・ジェット・シンが使う首4の字固めの名称。
コブラストラングル
キャプチャーの北原光輝が得意とするコブラクラッチとコブラツイストの複合技。相手の上半身をコブラクラッチの要領で捕獲し、相手の右足の内側に自分の右足を正面から引っ掛けて相手の首や脇腹を痛めつける。
コブラストレッチ
ROHやCHIKARAで活躍中のデリリアスが使うコブラクラッチクロスフェイスと同型の技。
コブラツイスト
あばら折り、アブドミナルストレッチ、グレープバインホールドなど、複数の呼び名を持っている古典的サブミッション。まず相手の左足の内側に自分の左足を正面から引っ掛け、相手の左横を通り抜けて自分の体を相手の背後に回り込ませる。そのあと相手の右脇に背中の方から差し込んだ左腕を相手の首の後ろへと回し、相手の首を抱え込むように自分の両手をクラッチさせて相手の脇腹を痛めつける。メキシコではコブラツイストに類する技をまとめてティラブソンと呼んでいる。
コブラツイスト・フロム・ヘル
殺人コブラツイスト
小股すくいスープレックス
どすこいプロレスの維新力浩司が愛用しているティアドロップスープレックスと同型の技。
コブラホールド
ZERO1の大谷晋二郎が使っている胴締め式のコブラクラッチ。相手をコブラクラッチに捕らえたあと背中からマットに倒れ込み、相手の胴体を両足で挟み込んで首を締め上げる。
コマラツイスト
HGが使うオリジナルサブミッション。コブラツイストに捕らえた相手の股間を右手で掴み、そのまま体重をかけて脇腹や股間を痛めつける。
コマンドクラッチ
CMLLのスペル・コマンドが使っていたオリジナルストレッチ。まずうつ伏せになった相手のつま先の方を向きながら相手の背中を両足で跨ぎ、相手の右足のつま先を自分の左腿の内側に、左足のつま先を右腿の内側にそれぞれ引っ掛ける。そのあと相手の右腿を左手で、左腿を右手で抱えて相手を仰向けに引っくり返し、尻餅をつきながら相手の右腕を左足で、左腕を右足で押さえつけて体を痛めつける。
コミックアトミック
CZWで活躍したジョニー・カシミアが愛用していたNo.52と同型の技。
ゴミ袋固め
JDスターなどで活躍したおばっち飯塚が編み出したサブミッション。頭の方を向きながら仰向けになった相手の上に馬乗りになって相手の右足を左脇に、左足を右脇にそれぞれ抱え、自分の両手を相手の頭の後ろに回して首や腰を痛めつける。
コメタ・エスペシアル
CMLLで活動中のレイ・コメタが使っている空中殺法。相手を場外に落としたあとロープに跳んで助走をつけ、相手を落とした場外の側にあるトップロープを両手で掴んで体を軽くジャンプさせる。そのあと空中で体を左方向に180゜捻って場外に背を向ける格好になり、右足で着地したセカンドロープを踏み台にしてトップロープを背面跳びのように飛び越える。最後に体を更に左方向へ360゜錐揉み回転させながら場外にいる相手に飛びかかり、体全体を使って相手に体当たりする。
コモタイザー
W★INGで活躍したサンダーバード・コモが使っていたシューティングスタープレスの名称。
ゴモラバスターホールド
ハッスルのゴモラが使っていたF-5の名称。
こもりんずバスター
ひきこもりコンビの真琴&藤田峰雄が披露した合体殺法。藤田がサイドバスターで抱え上げた相手の首に真琴がナイトメア・オン・ヘルムズストリートを叩き込み、落下させた相手の背中と後頭部を強かにマットへ叩きつける。
ゴライアスバードイーター
DRAGON GATEの岩佐拓が闘龍門時代から愛用している非常に難解なジャベ。向かい合った相手の右腕を左手で、右足を右手で掴んで持ち上げたあと相手の右腕の上に相手の右足を乗せ、相手の右腕と右足を左手で抱え直してドラゴンスクリューのように相手を巻き投げる。続いて仰向けになった相手の右足を相手の左腿の上に乗せて相手の右腕を挟み込むように両足を交差させ、伸びている相手の左足を自分の右腿の上に、自分の右足を相手の右足首の上にそれぞれ引っ掛けたあと相手の上半身を引き起こしながらマットに倒れ込む。最後に相手の頭の後ろに自分の左足を、左足のつま先を相手の左腕へとフックさせ、右脇に抱え込んだ相手の左足首をアキレス腱固めの要領で痛めつける。
コラット
プロレスリング紫焔の政岡純が使っているクライマックスと同型の技。
コラテラル
PWGやROHで活躍しているアダム・コールのフェイバリットホールド。形はレフトフューチャーブラストと同型。
ゴリーエスペシアル
CMLLのアトランティスがみちのくプロレスで行われた"第4回覆面ワールドリーグ戦"で披露したジャべ。リバースゴリースペシャルの要領で相手の体を担ぎ上げ、その場でぐるぐると体を回転させて相手の体を絞り上げていく。
ゴリークラッシュ
みちのくプロレスの日向寺塁が使っているゴリーボムの呼び名。
ゴリースペシャル
ゴリー・ゲレロが開発した古典的ジャベ。まずカナディアンバックブリーカーの要領で相手の体を右肩に担ぎ上げ、相手の左足のつま先を自分の右腿の外側に、右足のつま先を左腿の外側にフックさせる。そのあと相手の右腕を左脇に、左腕を右脇にそれぞれ抱え込み、自分の体を前傾させることで相手の肩や背中を痛めつける。
ゴリースペシャル2000
エディ・ゲレロがWCWで使用していたオリジナルホールド。その場で回転してから相手を叩きつけるウィドウズピークである。
ゴリーボム
TNAで活躍中のチャボ・ゲレロが愛用しているフィニッシングホールド。ゴリースペシャルの要領で相手を担ぎ上げたあと抱えていた相手の両腕を解き放ち、右手で相手の左腿を、左手で右腿をそれぞれ抱え直す。そのあと相手の体を自分の背中の方に落下させながら尻餅をつき、うつぶせの状態になった相手の顔面をマットへ叩きつける。
コリエシュート
PSYCHOが使うスクリューハイキックの名称。
ゴリコノクラズム
DRAGGON GATEのCIMAが愛用しているクロスアーム式のアイコノクラズム。リングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、相手の右腕を左手で、左腕を右手でそれぞれ掴む。続いて相手に背中を向けるように自分の体に捻りを加え、掴んでいた相手の両腕を交差させる。最後に相手の体を270゜前方回転させる感じで放り投げながら尻餅をつき、コーナーから落下させた相手の背中を自分の両足の間へと叩きつける。
ゴリさんだ
橋誠が秋山準から受け継いだブルーサンダーと同型の技。特に雪崩式で技を繰り出すことが多い。
ゴリラーマンズスープレックスホールド
橋誠が使っているオリジナルのスープレックスホールド。まず向かい合った相手の左腕を左手で掴み、掴んだ左腕を相手の左腿の外側へと持っていく。続いて相手の股の間に正面から右腕を差し込み、右手で相手の左手首を掴んで腕をロックする。最後に前屈みになった相手の首の後ろに左腕を回して体をブリッジさせ、反り投げた相手の背中をマットに叩きつけたあとブリッジを崩さずにフォールを奪う。
ゴリラーマンドライバー
橋誠が愛用しているフィニッシングムーブの1つ。ゴリラーマンズスープレックスのクラッチで抱えた相手の体を垂直になるまで持ち上げ、相手の体に右方向への捻りを加えて顔を自分の方に向かせる。そのあと相手を前方に落下させながらマットに尻餅をつき、上下逆さまの状態になった相手の体を自分の両足の間へ叩きつける。
ゴリラーマンバスター
橋誠が使うオリジナルムーブ。まずゴリラーマンズスープレックスのクラッチで相手を抱え、相手の体を垂直になるまで持ち上げる。そのあと相手を抱えたまま背中からマットに倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の体をマットへと叩きつける。
ゴリラクラッチ
WRESTLE-1の近藤修司がT2P時代から使い続けているジャベ。つま先の方を向きながら仰向けになった相手の体を跨いだあと相手の右足を右手で、左足を左手で掴み、折り曲げた右足を左膝の裏に重ねることで相手の両足を4の字に固める。続いて相手の右足を挟み込むような感じで相手の左足を折り畳み、相手の両足の間に正面から右腕を差し込んで相手の左足首を抱えるように自分の両手をクラッチさせる。最後に相手の体をうつ伏せにひっくり返して自分は背中からマットに倒れ込み、相手の胴体を両足で挟み込んで足を痛めつける。相手をうつ伏せにひっくり返したあとマットに寝転ばず、スタンディング状態でギブアップを奪うタイプはゴリラクラッチ寝るまでもないと呼ばれている。
ゴリラスラム
全日本プロレスで活躍したブルーザー・ブロディが使っていたパワームーブ。ボディースラムの要領で抱え上げた相手の首から左腕を離し、十分にタメを作ったあと相手の体を豪快にマットへ叩きつける。別名はワンハンドスピンスラム
五輪砕き
DDTで活躍中の星誕期が使っているリバースフルネルソンの呼び名。
コルト45
"クラシック"コルト・カバナが愛用しているフィニッシングホールド。まず相手の上半身をリバースフルネルソンに捕らえ、持ち上げた相手の体をカナディアンバックブリーカーの要領で右肩に担ぎ上げる。そのあと相手を抱えたままマットに尻餅をつき、着地の衝撃で相手の背中に痛みを走らせる。
コルト46
CMパンク&コルト・カバナがインディーマットで使っていたコンビネーション。まずカバナがコルト45の要領で相手を肩に担ぎ上げ、カバナの正面に回ったパンクがカバナに背中を向ける。そのあとパンクが相手の首の後ろに右腕を回し、相手の頭部を右肩に乗せた状態で固定する。最後に両者がマットに同時に尻餅をつき、着地の衝撃で相手の後頭部をパンクの肩に、背中をカバナの肩にそれぞれ打ちつける。
コルバタ
ウラカン・ラミレスが開発した華麗なムーブ。まずコーナーのトップロープを両手で掴み、後ろに飛び退くように体をジャンプさせて自分の顔が下を向いた状態になる。そのあと自分の背後にいた相手の首を両足で挟み込んでロープから腕を離し、体を横方向に振った勢いで相手の体をリングへと巻き投げる。現在は助走をつけて相手に飛びつき技を決めるタイプが主流になっている。
コルバタ・ランセ
コルバタの要領で相手に飛びついたあと相手の右腕に自分の右腕を絡ませ、首を挟んでいた足のロックを解き放って相手をアームホイップ風に巻き投げるムーブ。
コルミージョ
コウモリ
これでも喰らえ
全日本プロレスの平井伸和が使っていた打撃技。屈みこんだ相手を両手で指差して"これでも喰らえっ!"と絶叫し、相手の顔面をスーパーケンカキックのような感じで蹴り飛ばす。
コレも田上
プロレスリング・ノアの力皇猛が使っていた雪崩式のオレが田上といった感じのムーブ。まずリングに背を向けた状態で相手をコーナー最上段に座らせ、自分もリングに背を向けたままコーナーのセカンドロープに登る。続いて相手の右脇に背中の方から頭を差し込み、相手の背中を左手で、右腿を右手でそれぞれ抱え込む。最後に相手を抱え上げたあと自分の体だけを左方向に捻って相手に体を浴びせかけるように落下し、相手をロックボトムの形でマットに叩きつける。
虎牢関
新北京プロレスの曹彰が使っているアンプリティアと同型の技。
ゴロースープレックス
国際プロレスの鶴見五郎が長年愛用しているスープレックス。まず相手の背後に自分の体を回り込ませ、相手の股の間に腿の裏の方から右腕を差し込む。更に相手の腰に左腕を回して相手の腹のあたりで自分の両手をクラッチし、体をブリッジさせた勢いで相手を後方へと反り投げる。
コロ・クエルダス
ユニバーサルやみちのくプロレスで活躍したカト・クン・リーが使っていた代名詞的なムーブ。まずコーナーに向かって走り出してコーナー左隣から伸びるセカンドロープに両足で飛び乗り、追いかけて来た相手から逃げるようにロープの上を走り抜けていく。そしてコーナーに近づいたところでコーナー右隣のセカンドロープに素早く飛び移り、相手の攻撃をひらりとかわしてリングに着地する。この動作を何度も繰り返して相手を撹乱する戦法を得意としており、アイスリボンのみなみ飛香は自身の名前と引っ掛けたカトクン・ヒカリーという呼び名を付けてこの動きを再現していた。
コロッサルクラッチ
WWEで活躍中のビッグショーが使っているキャメルクラッチの呼び名。
コロナクラッシュ
PWGで活躍中のアダム・コールが使うリバースDDTの呼び名。
コロニー落とし (1)
DDTで活躍した三和太が使っていたセントーンの名称。
コロニー落とし (2)
鈴木鼓太郎が使う雪崩式リバースフランケンシュタイナーの名称。
コロネーション (1)
TNAで活躍中のケニー・キングが使っているスパイシードロップと同型の技。
コロネーション (2)
インパクト・レスリングのディアンジェロ・ディネロが使っているフルヘッドスチームの呼び名。
衣川
みちのくプロレスの義経が愛用していたプラセンタと同型の技。"第4回覆面ワールドリーグ戦"では獣神サイダーライガーをこの技で下す大金星を上げた。
魂喰詰め
志賀賢太郎&神風の"越境アニキタッグ"が開発した合体技。まず前屈みになった相手の左サイドに志賀が、右サイドに神風が陣取り、相手の首の後ろに志賀が右腕を、神風が左腕をそれぞれ回す。続いて持ち上げた相手の右腕を志賀の首の後ろに、左腕を神風の首の後ろに引っ掛け、志賀が左手で、神風が右手で相手の股間を正面から抱える。最後に相手の体を垂直になるまで抱え上げたあと両者が相手に体を浴びせかけるように倒れ込み、落下させた相手の体をマットへ叩きつける。名前の読み方は"こんくづめ"で、実際の試合では不発に終わり日の目を見ることは無かった。
コンクリートクラッシュ
インパクト・レスリングのタズがECWで使用していたアラバマスラムの名称。
コンクリ固め
オレが田上
今週のびっくり!ドッキリ!クラッチ
みちのくプロレスのヤッペーマン1号&2号が見せた合体式の丸め込み技。まず2号が対戦相手の1人をオクラホマロールで丸め込み、カバーをカットしようとして丸め込まれた相手の頭の側に倒れ込んだもう1人の対戦相手の頭を1号が左手で、右足を右手で抱える。そのあと1号が倒れ込んだ相手に覆いかぶさるように体を前方へとブリッジさせ、更に最初に丸め込まれた相手の左足に1号が右足をフックさせて2人をまとめて押さえ込む。最後に2号が丸め込んだ相手の体をジャックナイフホールドで改めて押さえ込み直し、2号がもみくちゃになった3人の体の上でブリッジした状態でフォールを奪う。
今週のびっくり!ドッキリ!クラッチ2
ヤッペーマン2号が大柳錦也との対戦の中で披露した、相手の必殺技を切り返して決めるスクールボーイ
コンセクエンス
WWEのR・トゥルースことロン・キリングスが使うウルトラマーナと同型の技。
コンソリクトコンソリクター (1)
メビウスの折原昌夫が開発したフルネルソン式の鎌固め。相手の下半身をリバースインディアンデスロックの要領で固めて自分の体をブリッジさせ、背中の方から相手の左脇に右腕を、右脇に左腕をそれぞれ差し込む。そのあと差し込んだ両腕を相手の首の後ろでクラッチし、相手の肩・背中・足などを複合的に痛めつけてタップを奪う。
コンソリクトコンソリクター (2)
折原昌夫が首を負傷したあとに使い始めた新型のコンソリクトコンソリクター。魔神風車固めのクラッチで抱えた相手の体をマットと水平の高さになるまで持ち上げ、尻餅をつくように倒れこんで相手を顔面からマットに叩きつける。そのあと上半身を極めたまま相手の胴体を両足で下から挟み込み、相手の頚動脈を圧迫してタップを奪う。
コンチェアト
WWEのエッジ&クリスチャンが使っていた過激なコンビネーション。2人が折り畳んだパイプ椅子を持って相手の両端に立ち、相手を椅子で同時に殴りつけることで相手の頭を椅子でサンドイッチにする。
コントラクトキラー
新日本プロレスで活動中のロッキー・ロメロが、かつてデイビー・リチャーズやアレックス・コズロフと共に繰り出していたコンビネーション。まずパートナーがアルゼンチンバックブリーカーの要領で相手を肩に担ぎ上げ、エプロンに移動したロメロがトップロープの上に両足で飛び乗る。そのあとロープの反動を利用して高く跳び上がったロメロが相手の喉元目掛けてニードロップを投下し、その衝撃で半回転しながら落下した相手の体をマットへ叩きつける。
コントラコード
ROHやJCWで活動中のジミー・ジェイコブスが愛用するフィニッシングムーブ。まずスタナーの要領で相手の首を右肩に固定し、相手の頭を両手で抱えたまま自分は目の前にあるコーナーの最上段まで駆け上がる。そのあと自分の体を360゜後方回転させるようにジャンプして尻餅をつく形でマットに着地し、後ろに引き倒した相手の後頭部を自分の両足の間へ叩きつける。
コンドルボム
大阪プロレスなどで活躍していたコンドルの必殺技。まず向かい合った相手の喉を右手で鷲掴みにし、左手で掴んで持ち上げた相手の右腕を自分の首の後ろに引っ掛ける。そのあと外腿の方から相手の右腿の裏に左手を回して相手の体を高々とリフトアップし、体を前傾させながら尻餅をついて相手の背中を自分の両足の間に叩きつける。
コンバイン
KAIENTAI-DOJOの安沢たくが使っていた抱え込み式逆エビ固めの名称。名前は故郷である米どころ新潟に因んだものとなっており、安沢の引退後は後輩の関根龍一が技を受け継いでいる。
コンバットドライバー
FMWに所属していたコンバット豊田の必殺技。まず相手の背後に自分の体を回り込ませ、相手の股の間に腿の裏の方から自分の右腕を差し込む。続いて相手の左腕を左手で掴んで相手の体をリフトアップし、自分の右肩の上に相手を座らせるような格好になる。最後に相手の体に右方向への捻りを180゜加えながら体を前傾させ、前方へと投げ捨てた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
コンバットバズーカ
コンバット豊田が愛用した豪快なフィニッシャー。まず相手の上半身をリバースフルネルソンに捕らえ、持ち上げた相手の体をカナディアンバックブリーカーの要領で右肩に担ぎ上げる。そのあと正座をするように両膝を折り畳みながら腕のロックを外し、前方へと投げ捨てた相手の後頭部や背中をマットへ叩きつける。
コンビネーション・クロイツ・ラス
スイッチング・クロイツ・ラス
コンフーロ
CMLLのエチセロが使っている旋回式の背骨折り。まず向かい合った相手の右腕を右手で掴んで腕を捻り上げながら相手の背後に回り込み、掴んでいた相手の右腕をハンマーロックの形で固める。そのあと再び向かい合わせの状態になるように体を移動させて相手の右脇腹に左手を回し、足が浮き上がる程度に相手を軽く抱え上げる。最後に相手を抱えたままその場でぐるぐると体を回転させて右膝をマットにつく形で動きを止め、振り回した相手の背中を立てた左腿の上に叩きつける。CMLLではこの技がフィニッシュに使われることが多いがコンフーロとは特定の技を指す名前では無いらしく、来日した新日本プロレスでは足や腕を極める数々のジャベがコンフーロとして結果表記に使われた。
コンフェデレイトクランチ
ECWで活躍したクリス・ハムリックが使っていたダイビングギロチンドロップの呼び名。
コンプリートショット
新日本プロレスの外道が愛用する高速のフラットライナー。まず向かい合った相手の右脇に頭を潜り込ませ、相手の左肩の上に右腕を引っ掛ける。そのあと間髪入れずに背中からマットに倒れ込み、その勢いで前のめりに倒した相手の顔や胸をマットへ痛打させる。走ってきた相手に対してカウンター気味に決めることが多い。
コンプリート♂ショット
DDTプロレスリングの男色ディーノが使っている男色殺法の1つ。向かい合った相手の股間を右手で鷲掴みにし、左手で掴んで持ち上げた相手の右腕を自分の首の後ろへと引っかける。そのあと間髪入れずに背中からマットに倒れ込み、その勢いで前のめりに倒れ込んだ相手の股間をマットへ打ちつける。
コンプリートダスト
ZERO1の田中将斗が愛用しているフィニッシングホールドの1つ。カナディアンバックブリーカーの要領で右肩に担ぎ上げた相手の喉元に左手を添え、掴んでいた相手の上半身を下方向へと引っ張る。そしてその勢いで相手の体に180゜の後方回転を加え、回転する相手の体を自分の正面へと落下させる。最後に相手を抱えたままマットに尻餅をつき、うつ伏せの状態になった相手の体を自分の右サイドへと叩きつける。
梱包!!
藤田ミノルが使っているスモールパッケージホールドの名称。
コンボ08
DRAGON GATEのCIMAが2008年初頭に披露したコンビネーション。まず相手の顔面目掛けてトラースキックを打ち込み、怯んだ相手の上半身をリバースフルネルソンに捕らえる。そのあと腹部に膝蹴りを見舞って相手に尻餅をつかせ、自分の両足を前に投げ出すように倒れ込んで相手の肩を絞り上げる。
今夜がヤマダ
タニー・マウス&宮崎有妃のタッグチーム、"NEOマシンガンズ"が披露したコンビネーション。まず仰向けになった相手にタニーがダイビングヘッドバットを叩き込み、相手の体に覆いかぶさってフォールの体勢に移行する。そのあと相手の右足を左手で、左足を右手で掴んだ宮崎がタニーの背中の上で体をブリッジさせてジャックナイフホールドを決め、相手の体を2人がかりで押さえ込んでフォールを奪い去る。
婚約十字固め
大阪プロレスのユタカがストーリー上で白鳥智香子と婚約したあとに披露したサブミッション。形は腕ひしぎ逆十字固めと同型。
小・Xハンマー
KAIENTAI-DOJOのXNo.2が使っていたXハンマーと同型の技。