.
グァテマラ
CHIKARAなどで活動中のウルトラマンティス・ブラックが使うキン肉バスターの呼び名。
クアトロ・カミノス
DRAGON GATEのEitaが使っているジャベの1つ。仰向けになった相手の両足をレッドインクの要領で固め、うつ伏せにひっくり返ろうとする相手の左腕を両手で掴んでチキンウイングアームロックを極める。そのあと相手の首の後ろに自分の左足を引っ掛けて右膝をマットにつき、そのまま相手の足腰や左腕を複合的に痛めつける。
グアピシモ
DRAGON GATEのEita&T-Hawkが使っていたコンビネーションの1つ。まず走ってきた相手の右脇にEitaが左腕を、左脇にT-Hawkが右腕をそれぞれ胸の方から差し込み、2人が呼吸を合わせて相手の体を前方回転させながら宙に浮き上がらせる。続いて空中で仰向けの状態になった相手の右腿をEitaが右手で、左腿をT-Hawkが左手で抱えて一旦静止し、今度は相手の体を逆方向に回転させて相手をうつぶせにひっくり返す。最後に相手の両腕に引っ掛けていた腕を離して相手をうつぶせの状態でマットに叩きつけ、その衝撃で上半身を起き上がらせた相手の顔面を2人が追撃の低空ドロップキックで打ち抜く。名前は"素晴らしい"という意味のスペイン語。
クイーンズ・クロスボウ
クロスローズ
くいしんぼう開運クラッチ
大阪プロレスのくいしんぼう仮面が見せたデルフィンクラッチとほぼ同型の技。
くいしんぼうドライバー
くいしんぼう仮面が使っているハリケーンドライバーの名称。
クイック
DRAGON GATEのK-ness.が使っている丸め込み技を指す総称。
クイックゴリースペシャルボム
GAEA JAPANの山田敏代が使っていた改良型のリバースゴリースペシャルボム。まずリバースゴーリースペシャルの要領で相手の背中に体を潜り込ませ、相手の右脇に背中の方から頭を差し込む。そして相手の両腕に自分の両腕を引っ掛けた状態のまま体を素早くブリッジさせ、後方に反り投げた相手を肩口から相手をマットに叩きつけたあともブリッジを崩さず3カウントを奪う。
クウォーラルスペシャル
NEO女子プロレスのタニー・マウスが使っていた腕決め卍固めと同型の技。
クウォーラルドライバー
DDTプロレスリングの諸橋晴也が使っている垂直落下式ブレーンバスターと同型の技。
クウォーラルボム
諸橋晴也が愛用する投げっぱなしパワーボムの名称。
クウォーラルボンバー
プロレスリング・ノアのモハメド・ヨネが使うラリアットの名称。諸橋晴也も同名のラリアットを愛用している。
クーガーロック1号
道頓堀プロレスの空牙が愛用するクロス式STFに似たサブミッション。まず仰向けになった相手の足の側に立って相手の右足を左手で、左足を右手で掴み、腿の裏の方から相手の両足の間に差し込んだ自分の右足を相手の左脇腹の横に着地させる。続いて相手の左足の上に相手の右足を乗せることで両足を交差させ、掴んだ足をコントロールして相手の体を左方向へと転がす。最後にうつ伏せになった相手の右足のつま先を自分の股の間に正面から引っかけて両足の動きを封じ、マットに左膝をつきながら相手の頭をフェイスロックに捕らえて相手からタップを奪う。
クーガーロック2号
空牙が愛用している変形の羽根折り脇固め。まずうつ伏せになった相手の左サイドに移動して相手の左腕を右手で掴み、肩の方から相手の左腕の上に自分の右足を引っかけて足を相手の左脇のあたりに着地させる。続いて自分の右足を巻き込むような感じで相手の左腕を折り畳み、そのままマットに右膝をつくことで相手の左前腕部を右足の間に挟み込む。最後に右手で掴んだ相手の右腕を関節と逆方向に反り上げ、相手の両肩を痛めつけながら左腕で力こぶを作って見得を切る。ヒールターン後しばらくの間はこの技を使っていなかったが、ビリーケン・キッドとの抗争開始と共に表記を空牙髏苦弐號と改めまた多用するようになった。
クーガーロック3号
空牙が使う変形のレッグロック。仰向けになった相手の両足をTCSSの要領で固め、相手の体をうつ伏せになるように引っくり返す。そのあと相手の足を抱えたままマットに右膝をつき、左腕で力こぶを作りながら相手の足腰を痛めつける。
クーガーロック4号
空牙が愛用する新河童巻きと同型の技。
空中首締め落とし
みちのくプロレスの剣舞が使っている戸澤塾秘伝・巌鬼と同型の技。
空中胴締め落とし
フライングボディーシザーズドロップ
空中松野チョップ
DDTプロレスリングに不定期参戦中のゴージャス松野がかつて披露した空中元彌チョップと同型の技。
空中元彌チョップ
狂言師の和泉元彌がハッスルで披露した必殺技。まずコーナー最上段に登ってリングの方を向き直し、自分の方を向いている相手に向かってジャンプをする。続いて相手の頭を両腿で挟み込む格好で相手の肩の上に着地し、相手にパワーボムを仕掛けられるような体勢になる。最後に右手で相手の脳天へリズミカルなチョップを叩き込み、背中からマットに倒れ込んだ相手の上にヒップドロップの形で着地しフォールを奪う。
クー・デ・グラース
WWEで活動中のフィン・ベイラーが使っているダイビングフットスタンプの名称。名前はフランス語で"とどめの一撃"を意味する。
グーテン・ナハト
CHIKARAなどで活動中のジェイコブ・ハマーマイヤーが使っているショルダーネックブリーカーの呼び名。
空爆アタック
みちのくプロレスで行われた"第三回覆面ワールドリーグ戦"に登場したステルスのフィニッシングホールド。形はダイビングボディープレスと同型。
グーパンチ
握った拳で相手の顔を殴りつける打撃技。天龍源一郎が毎試合のように使っているが厳密に言えば反則技である。
クールクラッシャー
ROHやNWAワイルドサイドに参戦していたセス・ディレイのフェイバリットホールド。相手にロープに振られた際にロープを両手で掴んで体の動きを止め、後ろに飛び退くように体をジャンプさせて背後から迫ってきた相手の頭上を飛び越える。そのあと相手の頭を両手で掴みながら相手の背後へと体を落下させ、その勢いで後ろに引き倒した相手の後頭部をエッジ・オ・マティックの形でマットに叩きつける。
クールブレイカー
WWEのカリートが使っていたプレイ・オブ・ザ・デイと同型の技。
クールランニング
トラブル・イン・パラダイス
クーロンズゲート
OZアカデミーの加藤園子が使っているブルズポセイドンと同型の技。相手を肩に担ぎ上げたあとその場で回転してから技を仕掛けることが多い。
串刺し
大阪プロレスのスーパードルフィンが長期休養明けに数回だけ公開した新必殺技。まず向かい合った相手の右手首を左手で、左手首を右手で掴み、体勢を低くして相手の懐に体を潜り込ませる。続いて相手の右腿の裏に左手を、左腿の裏に右手をそれぞれ回して相手の両足を抱え込み、相手の鳩尾に頭を押しつけながら上半身を起こす。最後に体をブリッジさせた勢いで相手を後方へと反り投げ、背中からマットに叩きつけた相手の鳩尾に頭を突き刺した状態で相手からフォールを奪う。
クシャリズム
Chick Fights SUNのHikaruが使っていたウェルカム・トゥー・ザ・ジャングルと同型の技。
九十九里ハンマー
永田裕志&中西学が"人類プロレスラー計画「中西ランド」"の中で開発した4つのコンビネーションの内の1つ。永田が相手の右腕を、中西が相手の左腕を掴んで2人がかりで相手をロープに振り、ロープから返ってきた相手の胸板に永田のミドルキックと中西の野人ハンマーを同時に叩き込む。
クッキースプラッシュ
世界プロレス協会の石橋葵が使うマッドスプラッシュの名称。
グッドナイト
WWEのブギーマンが使っていたパンプハンドルスラムの呼び名。
グッドナイトアイリーン
WWFで活躍したアドリアン・アドニスが使っていたスリーパーホールドの名称。
グッバイマイフレンド
みちのくプロレスで活動しているGAINA&のはしたろうのコンビネーション。GAINAがのはしをパワーボムの要領で抱え上げ、仰向けに倒れた相手の上にのはしを叩き落とす。名前が暗に示す通り、相手に避けられてのはしだけがマットに叩きつけられることが非常に多い。
くどめクラッチ
FMWの"邪道姫"工藤めぐみが使っていたグラウンド卍固めとサーフボードストレッチの複合技。まず河津落としの要領で相手をマットに叩きつけ、相手の左足に右足を絡めたまま相手の首の後ろに左足を引っ掛ける。そのあと右手で相手の右手首を、左手で相手の左手首をそれぞれ掴み、掴んだ両腕を関節と逆方向に反り上げて体を痛めつける。
くどめドライバー
工藤めぐみが使っていたデンジャラスムーブ。まず相手の上半身をリバースフルネルソンに捕らえ、相手の体を垂直になるまで持ち上げて両腕のクラッチを切る。そのあと相手の腰を両手で抱え直しながら正座をするように両膝を折り畳み、上下逆さまの状態で落下させた相手の体をマットへ叩きつける。
クネスカライナー
DRAGON GATEの横須賀享が見せた、自身の得意技とK-ness.の得意技をミックスさせたムーブ。まず肩の上に飛び乗ってきた相手の攻撃を切り返してワールドライナーを決め、そこから更に光の輪の要領でリングの中を転がって相手をピンフォールする。
首固め
スモールパッケージホールド
首極め腕卍
"サブミッションマスター"ヴォルク・ハンが開発した両腕ロック式の拷問フロントネックロック。まず向かい合った相手の右脇に胸の方から左腕を差し込み、右手で掴んだ左腕を相手の背中の方に折り曲げる。そのあと相手の背中の方に回した左手で相手の左手首を掴み直し、自由になった右手で相手の右手首を掴む。最後に相手の首をフロントネックロックの要領で右脇に抱え込み、自分の背中を大きく仰け反らせて相手の頚動脈を圧迫する。
首極め北斗ボム
スパイラルポセイドン
首塚
ルシファーズハンマー
首投げ
相手の頭をヘッドロックの要領で脇に抱え込んだあと膝をつきながら体を捻り、相手の体を前方に巻き投げるムーブ。
首4の字固め
相手の体力を奪う際に使われるムーブ。まず仰向けになった相手の頭を掴んで持ち上げ、右首筋の方から相手の喉元に自分の右足を引っかける。そして背中からマットに倒れこんだあと自分の右足首の上に自分の左足を引っかけ、4の字の形にした両足で相手の首を締め上げる。多人数のタッグマッチでは数珠繋ぎでこの技を仕掛ける姿が頻繁に見られる。
クマ固め
フラッシュパッケージ
熊殺し
DRAGON GATEのエル・リンダマンが使っているシットダウン式の一本背負い。向かい合った相手の右腕を左手で掴んで相手に背中を向けるように体を捻り、折り畳んだ右腕の前腕部を相手の右腕の下にあてがう。そのあと掴んだ腕を引っ張りながら体を前傾させることで相手を前方へと巻き投げ、自分は尻餅をつくように腰を落として相手の背中を自分の両足の間へと叩きつける。
熊投げ
SECRET BASEなどで活動中のベアー福田が愛用するパワームーブ。相手をベアハッグに捕らえたあと体を左方向に捻り、体を浴びせかけるように倒れ込んで相手を背中からマットに叩きつける。
蜘蛛絡み
吉田万里子が愛用している複雑なサブミッション。まずうつ伏せになった相手の右サイドで尻餅をついて相手の左腕を左手で掴み、持ち上げた左腕を自分の首の後ろへと回す。そのあと相手の頭を両手で抱え込んで背中からマットに倒れ込み、その勢いで相手の体を仰向けにひっくり返す。最後に持ち上げた自分の右足を相手の首の後ろへと引っかけ、更に相手の右腕に自分の左足をフックさせて相手の首や肩を痛めつける。
クラーケンホールド
コンドルが愛用しているラ・アダチータ2005と同型の技。
クライベイビー
DRAGON GATEのジョンソン・フロリダが使っていた、親指をしゃぶりながら仕掛けるセントーン。技を失敗すると赤ん坊のように泣き出すのが名前の由来である。
クライマックス
ROHや新日本プロレスで活動中のマット・ターバンが使う腕極め式のヘッドロックドライバー。まず向かい合った相手の左腕を右手で掴んで自分の体を右方向に180゜捻り、大きく振り上げた左足で相手の左腕の上を跨ぐ。そしてそのまま相手の左腕の上に跨る格好になって相手の左腕を股の間に挟み込み、相手の頭部をヘッドロックの要領で抱え込む。最後に背中を仰け反らせて反動を付けたあと相手の頭を抱えたまま前のめりに倒れ込み、その勢いで宙に浮き上がった相手の頭部をマットへと叩きつける。
クライムクラッカー
プロレスリング華☆激のコスモ☆ソルジャーが使っている雪崩式の巴投げ。まずリングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、相手の首の後ろに両手を回して相手の頭部を抱え込む。そのあとマットを大きく蹴って膝を突き出すように両足を折り畳み、両膝を相手の腹部へとあてがいつつ相手もろともリングへと落下する。最後に相手の腹部を両足で軽く跳ね上げながら背中からマットへと着地し、垂直に近い形で落下した相手の頭部や背中をマットへと叩きつける。
グラウンドコブラツイスト
藤波辰爾や西村修が好んで使っているクイック系のムーブ。コブラツイストの要領で相手の体に手足を絡め、相手もろとも後ろに転がるように倒れ込んで相手の背中をマットにつけさせる。そのあと相手の右足と首を抱え込むように自分の両手をクラッチし、更に相手の左足を両足で挟み込んで瞬時にフォールを奪い去る。
グラウンドコブラツイスト・ホールド
大日本プロレスの関本大介が使っている、河津落とし風に仕掛ける豪快なグラウンドコブラ。まずコブラツイストの要領で相手の体に手足を絡め、相手の体が前屈みになるぐらい体重をかけて相手の体を痛めつける。そのあと相手もろとも勢いよく後ろに倒れこんで相手を背中からマットに叩きつけ、両肩がマットについた相手の体から手足を離さずそのまま3カウントを奪う。
グラウンドコブラ・ド・C
ハッスルのパンチ・ド・Cが使っていたグラウンドコブラの名称。
グラウンドフロントネックロック
全日本プロレスの秋山準などが得意とする拷問サブミッション。相手の首をフロントネックロックに捕らえたあと背中からマットに倒れ、相手の胴体を両足で挟み込んで首を締め上げる。
グラウンドヘッドロック
新日本プロレスの垣原賢人がベスト・オブ・ザ・スーパーJr.連覇の為に編み出したムーブ。ヘッドロックに捕らえた相手の体をうつ伏せに押し倒し、体を後ろに反らせながら相手の頭部を締め上げる。
グラウンド卍固め
エル・サムライなどが得意としているサブミッション。まず河津落としの要領で相手をマットに叩きつけ、相手の左足に右足を絡めたまま相手の首の後ろに左足を引っ掛ける。そのあと両手で掴んだ相手の右腕を関節と逆方向に反り上げ、相手の肩・首・脇腹など複合的に痛めつける。
グラシアス
REINA女子プロレスの朱里が使っている腕極め式のコブラツイスト。まず相手の左腕と左足にセラヘーラの要領で自分の右足をフックさせ、背中の方から相手の右脇に左腕を差し込む。そのあと相手の頭を抱えるように自分の両手をクラッチし、相手の脇腹や首を痛めつけてギブアップを奪う。
グラス・オブ・メガネ
マッスルの藤岡典一が披露した超特急ラナの名称。
クラッカージャック
TNAなどで活動中のヘルナンデスが使っているオリジナルムーブ。相手の首をネックハンギングツリーの要領で掴んだあと体をブリッジさせ、首を抱えていた腕を離して相手の体を豪快に投げ捨てる。
クラッケム・イン・ダ・マウス
WWEのデュース&ドミノが使っていたコンビネーション。まずドミノが相手をフライングメイヤーでマットに転がし、尻餅をついた相手の体を後ろから押さえつける。そのあと相手の正面にあるロープにデュースが飛び、振り上げた右足の裏で相手の顔面を勢い良く蹴り飛ばす。
クラッシュアイス
EAGLEプロレスで活動中の近藤博之が使う打撃技。リングの方を向いた状態でコーナーのセカンドロープに登り、仰向けになった相手の頭目掛けて打ち下ろし気味のミサイルキックを叩き込む。
クラッシュ&バーン
WCWで活動していた"エア・スタイルズ"ことAJスタイルズとエア・パリスのタッグチーム、"エアレイド"が愛用していた合体殺法。ロープから返ってきた相手に並んだ2人が背中を向け、相手の左側に陣取ったスタイルズが右腕で、相手の右側に陣取ったパリスが左腕で相手の背中を抱え込む。続いてスタイルズが相手の左腿を左手で、パリスが相手の右腿を右手でそれぞれ内側から抱え、相手の体をマットと平行の高さになるまで抱え上げる。最後に相手を抱えたまま2人同時に前のめりに倒れ込み、うつ伏せの状態で落下させた相手の顔面をマットへ叩きつける。
クラッシュ・オブ・ザ・タイタス
FCWで活動中のタイタス・オニールが使っているスカイハイと同型の技。
クラッシュコース
クラッシュ・ホリーが使っていたクリプトナイトクランチと同型の技。
クラッシュスープレックス'85
プロレスリング華☆激のコスモ☆ソルジャーが使っているダルマ式ジャーマンスープレックスホールドと同型の技。
クラッシュダイエット
WWEで活躍していたジェイク&ジェシーの双子タッグ、"ジムナイ"のコンビネーション。ツープラントン式のバックドロップで抱え上げた相手の体を胴上げをするような感じで押し上げ、宙に浮き上がった相手を背中からマットに叩き落とす。
クラッシュラッシュ
ロウ・キーが得意としているムーブ。相手をファイヤーマンズキャリーで担ぎ上げたあとコーナーに向かって助走をつけ、仰向けに引っくり返すような感じで放り投げた相手の背中をコーナー最上段のターンバックルに叩きつける。
クラッシュ・ラビットヒート
東京女子プロレスの山下実優が使うジャンピング式のPK。尻餅をついた相手の正面にあるロープに跳んで助走をつけ、相手の側で軽く跳躍しながら振り抜いた右足で相手の胸板を豪快に蹴り飛ばす。
クラッシュランディング (1)
EzマニーがWCW時代に愛用していたフィニッシングムーブ。ブレーンバスターの要領で相手の体を垂直になるまで持ち上げ、両膝を屈伸させた反動を使って相手の体を軽く宙に浮き上がらせる。そのあと相手の体から腕を離して自分は前のめりに倒れ込み、仰向けの状態で落下してきた相手の背中をマットへと叩きつける。
クラッシュランディング (2)
ボトムフィーダー
クラッチ・イン・ザ・ハウス
プロフェッショナルレスリング・ワラビーの矢野啓太が愛用しているパッケージホールド。まず相手の体をトルネードクラッチの要領でマットに転がし、自分の体を前方へとブリッジさせる勢いで相手の体をうつ伏せにひっくり返す。そして相手の右サイドに尻餅をつくように着地したあと相手の右腕を自分の右腿の上に、自分の左腕を胸の方から相手の左脇にそれぞれ引っかけ、自分の両足を相手の頭の方へと移動させることで相手の両肩をマットにつけさせる。最後に自分は相手の両腕を極めたままマットに腹這いになり、そのまま相手の体を押さえ込んでフォールを奪う。
クラッチ・ザ・ナニワ
みちのくプロレスで活躍した愚乱・浪花が使っていた変形のラ・マヒストラル。尻餅をついた相手の左腕をラ・マヒストラルの要領で股に挟み込み、相手の右脇に背中の方から右腕を引っかける。そのあと背中からマットに倒れ込む勢いで相手の体を後ろにひっくり返し、両肩をマットにつけた相手を押さえ込んでフォールを奪う。
クラッチツガル
東津軽クラッチ
クラッチ・デ・ガオー
PURE-J女子プロレスのLeonが愛用している丸め込み技。仰向けになった相手の右サイドに腰を下ろして相手の上半身を袈裟固めに捕らえ、相手もろとも体を左方向へと転がして相手の両肩をマットにつけさせる。そのあと自分はうつ伏せの状態になりながら相手の左腕に自分の右足を引っ掛け、もがく相手の体を押さえ込んで3カウントを奪い去る。倒れているところに不用意に近づいてきた相手の上半身を下から袈裟固めに捕らえ、そこから相手をグラウンドへ引き込んで技に移行することも多い。
クラッパー
スコッティー・リグスがECWで使っていたサソリ固めの名称。
グラディエーション
ROHやイギリスを中心に活動中のマーティ・スカルが使うダブルアームスクリュースープレックスと同型の技。
グラディエース
勇気彩が使っているカミカゼに付けられた呼び名。
クラニアムクラッシュ
クラッシュことブライアン・アダムスがWWFで使用していた拷問技。まず相手の背後に体を回り込ませ、相手の右側頭部に右手を、左側頭部に左手を添えて頭を鷲掴みにする。そのあと軽く宙に抱え上げた相手を尻餅をつかせるようにマットに落とし、両腕に力を込めて頭部を圧迫する。
クラニアル・クレッセンド
CHIKARAなどで活躍中のアーチボルド・ペックが使うダイビングヘッドバットの呼び名。
グラネード
新日本プロレスのバッドラック・ファレが凱旋帰国試合から使用しているリストアップ式のサモアンスパイク。まず向かい合った相手の喉を左手で鷲掴みにし、チョークスラムのように相手の体をリフトアップする。そのあと後ろに振りかぶった右腕を勢いよく振り抜き、宙に浮き上がった相手の喉元にテーピングで固めた右手の親指を突き刺す。この名前になる以前はチョークラリアットと呼ばれていた。
グラノミクス
九州プロレスに登場したザ・グラバーが使う、コブラクラッチから仕掛ける変形ロックボトム。コブラクラッチに捕らえた相手の体を軽く宙に抱え上げ、右手で掴んでいた相手の左腕を空中で解き放つ。そのあと自分の体を右方向に軽く捻って相手の左腕に自分の左腕を引っ掛けたまま前のめりに倒れ込み、仰向けの状態で落下させた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
クラバット
クリス・ヒーローが使う欧州式のサイドヘッドロック。まず首の左側から相手の喉元に自分の右腕を引っかけ、同じく首の左側から回した左腕を相手の首の後ろに持っていく。そのあと相手の首を抱えるように自分の両手をクラッチし、そのまま体重をかけて相手の頸部を痛めつける。
クラバットカウントダウン
クリス・ヒーローが使っているオリジナルムーブ。クラバットに捕らえた相手の体を抱え上げながら中腰の状態になり、相手の右腿の裏を自分の左腿の上に、左腿の裏を右腿の上に着地させて相手の体を宙吊りの状態にする。そしてそのまま体重をかけて相手の体を痛めつけたあと体を大きくジャンプさせ、マットに尻餅をついた衝撃で相手の首や背骨に痛みを走らせる。
クラバットカッター
クリス・ヒーローが使う変形のゼロ戦クラッシャー。リングの方を向いたままコーナーのセカンドロープに登り、リング上にいる相手の首をクラバットに捕らえる。そのあと体を270゜前方回転させるようにジャンプして背中からマットに着地し、その勢いで前のめりに倒れ込んだ相手の顔や胸をマットへと叩きつける。
クラバットプレックス
クリス・ヒーローが愛用する変形のスリーパースープレックス。相手の首をクラバットに捕らえたあと体をブリッジさせ、後方に反り投げた相手を背中からマットに叩きつける。
グラハムクラッカー
CHIKARAで活躍しているティム・ドンストが見せたイリーガルムーブ。10カウントパンチを狙いにきた相手の右腿の裏に左手を、左腿の裏に右手を回して相手の両腿を抱え込み、そのまま体を前傾させることで相手をパワーボムのようにマットに叩きつける。そのあとコーナーから伸びる2本のセカンドロープに自分の両足のつま先をそれぞれ引っ掛け、レフェリーの目を盗んで相手から強引に3カウントを奪い去る。
グラビア固め
NEO女子プロレスのタニー・マウスがグラビアアイドルの西田夏に対し使ったサブミッション。右膝をついた相手の左足の内側に背後から自分の左足を引っ掛け、右手で掴んだ右腕を相手の頭の後ろの方へ、左手で掴んだ相手の左腕を相手の背中の方へそれぞれ折り曲げて相手の両肩を痛めつける。
グラビティキラー
ROHやTNAで活動したジミー・レイヴが使っているメサイヤの名称。
クラブチッタ
みちのくプロレスで活躍した愚乱・浪花が披露した変形のエメラルドフロウジョン。まず向かい合った相手の右脇に右腕を、左脇に左腕を差し込んで相手の胴体を抱え込み、相手の体を上下逆さまにするように持ち上げる。そのあと腰に回していた右手を相手の首の後ろへと添え直し、右半身からマットに倒れ込んで相手の体を自分の右サイドへと叩きつける。
鞍馬八流
みちのくプロレスの遮那王が使っていた空中殺法。コーナー最上段からシューティングスタープレスの要領で跳躍し、空中で更に体を360゜錐揉み回転させて仰向けになった相手をボディープレスする。
クラミジア
"brother"YASSHIが使っている、自分の股間を相手の顔面に押しつけた状態で放つツームストンパイルドライバー。女子選手に決めると69に名前が変化する。
グラムスラム
WWEのべス・フェニックスが使っていたワッフルフェイスと同型の技。
暗闇脳天
新日本プロレスに登場した四代目ブラックタイガーが使っていたジャーマンドライバーの名称。走りこんできた相手の体を回転させながら抱え上げ、そのまま技へと移行するカウンター式の一発を得意としている。
クランチ
DRAGON GATE USAなどで活動中のARフォックスが使うエアレイドクラッシュと同型の技。
クランチループ
WRESTLE-1のカズ・ハヤシが得意とするサブミッション。まず仰向けになった相手の右足を右手で、左足を左手で掴んで両足を開かせ、両足の間に腿の裏の方から差し込んだ右足を相手の左脇腹の横に着地させる。続いて折り曲げた相手の左足を相手の右膝の裏に重ねることで両足を4の字に固め、背中からマットに倒れ込む勢いで相手の体をうつ伏せにひっくり返す。最後に相手の左足を挟み込むような感じで相手の右足を折り畳み、相手の右足首を自分の左足の裏で押さえつけて相手の足を痛めつける。
グランデ
DRAGON GATEのEita&T-Hawkが使っていたダブルインパクト式のデュランダル。まずEitaがコーナー最上段へと歩を進め、肩車で相手を担ぎ上げたT-HawkがEitaの登ったコーナーの方を向く。そのあとEitaが相手に飛びつくようにジャンプするのに合わせてT-Hawkが相手の股の間から頭を引き抜き、Eitaが落下する相手の首の後ろに両手を回しながら折り畳んだ両膝を相手の顎にあてがう。最後にT-Hawkが尻餅をつくと同時にEitaが背中からマットに着地し、その衝撃で相手の顎のあたりにEitaの両膝をめり込ませる。
グランド・アンプリチュード
WWE NXTで活動しているジェイソン・ジョーダン&チャド・ゲイブルが愛用する合体式のバックドロップホールド。まずジョーダンが抱え式バックドロップの要領で相手を抱え上げ、相手の体が最高点に達した所で相手を軽く浮き上がらせつつ両腕を離す。そのあとジョーダンの背後で待ち構えていたゲイブルが助走を付けて落下する相手に近づき、両脚を前に投げ出すようにジャンプしながら相手の背中に左腕を、右腿の裏に右手をそれぞれ回す。最後にゲイブルが相手もろとも落下して相手の背中を一旦マットに叩きつけ、間髪入れずにゲイブルがブリッジをするように背中を仰け反らせて相手を抱え式バックドロップホールドの形で押さえ込む。
グランドキャニオン
プロレスリング・ノアの森嶋猛が得意としていたエレクトリックチェアと同型の技。
グランドクロス200
"Mr.200%"安生洋二が使っていた変形の足4の字固め。仰向けになった相手の左サイドに移動して相手の両腿の間に右足を置き、相手の右足を右手で、左足を左手で掴んで持ち上げる。そのあと折り曲げた相手の右足を相手の左膝の上に乗せて両足を4の字の形にし、相手の右足のつま先を自分の左腿の内側に引っかけて相手の両足をロックする。最後に相手の左足首を両手で掴んで背中からマットに倒れ込み、掴んだ左足を自分の方に引き寄せることで相手の左膝を痛めつける。
グランドサルサオート
SECRET BASEのベアー福田が愛用しているオリジナルムーブ。まずファイヤーマンズキャリーの要領で相手の体を肩に担ぎ上げ、自分の上半身を左方向に軽く捻って反動をつける。続いて上半身を右方向に振ると同時に右手で抱えていた相手の足を離し、左手で抱えた首を支点にして相手の体を振り子のように左方向へと旋回させる。最後に相手の胸の上に左腕を、右腿の裏に右手を回しながら尻餅をつき、相手の体をサイドバスターの形で自分の左サイドに叩きつける。
グランドスラム (1)
ブラックバファローが使うオニオンバスターと同型の技。
グランドスラム (2)
プロレスリング紫焔のライパチ磯部が使っているエメラルドフロウジョン式のナイトライド。アーチャーが使うブラックアウトの要領で相手の体をリフトアップし、自分の右肩の上に腹部を着地させるように相手を下ろして相手の背中に右手を、首の後ろに左手をそれぞれ持っていく。そのあと相手の体を抱えたまま自分は右半身からマットへ倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の体を自分の右サイドへと叩きつける。
グランドスラム (3)
CHIKARAで活動中のダッシャー・ハットフィールドが使う雪崩式オクラホマスタンピード。まずリングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、自分はリングの方を向いたまま相手を乗せたコーナーのセカンドロープによじ登る。そのあと背後にいる相手の右脇腹に右腕を、首の後ろに左腕をそれぞれ回し、相手の体をうつぶせの状態で右肩の上に担ぎ上げる。最後に相手に体を浴びせかける形でコーナーからリングへと飛び降り、落下させた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
グランドスラムダンク
ダッシャー・ハットフィールドとシュガー・ダンカートンのタッグチーム、"ザ・スローバックス"が愛用するコンビネーション。ダッシャーが相手の体をグランドスラムでマットに叩きつけ、ダンカートンが追撃のダイビングエルボードロップを倒れた相手目掛けて投下する。
グランドハウスキック
新日本プロレスのミラノ・コレクションA.T.が愛用していた打撃技。向かい合った相手の左腿の付け根のあたりに左足を乗せて体をジャンプさせ、振り上げた右足で相手の後頭部に延髄斬りを叩き込む。
グランパスデスロック
スポルティーバエンターテイメントのヤス久保田が見せた拷問サブミッション。まずラ・サタニカの要領で相手の両足を捕らえ、相手の体をうつ伏せにひっくり返したところで掴んでいた相手の左足を離す。そのあと自分の体を前傾させて抱えていた相手の右足を相手の頭の方へと持っていき、相手の左肩のあたりを左手で掴んで相手の背中を痛めつけていく。
グランビーロール
新日本プロレスのデビッド・フィンレーが使っている丸め込み技。相手に背後を取られた際に相手が腰に回してきた右腕を右手で素早く掴み、左半身からマットに倒れ込みながら相手の股の間に正面から左腕を差し込む。そのあと左手を相手の右膝の裏に回しつつ体を左方向へと転がし、バランスを崩して転倒した相手の背中がマットについたところで回転を止める。最後に相手の右手足を抱え込むように自分の両手を繋ぎ合わせ、そのまま強引に相手を押さえ込んで3カウントを奪い去る。
クランペット
デイヴ・テイラーが使っているフィニッシングムーブ。ダブルアームスープレックスで相手をマットに叩きつけたあと両腕のクラッチを解かずに自分の体を後転させ、相手の両肩を抱えたまま仰向けになった相手の上に覆い被さってフォールを奪う。
グランマエストロ
アイスリボンに所属し、テキーラのソムリエの最上級資格である"グランマエストロ・デ・テキーラ"を保有するテキーラ沙弥の必殺技。まず相手の背後に回り込んで背中の方から相手の右脇に左腕を差し込み、左腕で抱えた相手の右腕を自分の左脇腹の辺りに持っていく。そのあと腕を掴んだまま自身は背中からマットに倒れ込み、バランスを崩して後ろに転倒した相手の両肩をマットにつけさせる。最後に自分は左方向に向かって横転しながらエビ固めの形で丸まった相手の右腿の裏に右腕を回し、相手の右手足を抱えたまま相手の頭の右横に尻餅をつく形で着地して3カウントを奪う。簡潔に説明すると相手を前方では無く後方に転がして決めるキドクラッチという感じ。
グリーティング・フロム・アズベリーパーク
クラッシャー・バンバンビガロが使っていたファイヤーサンダーの名称。
グリーティング・フロム・ガーナ
ジミー・レイヴが愛用しているペディグリーの名称。
クリード-DT
WWEのエグゼビア・ウッズがオースチン・クリードと名乗っていた頃に使っていたデビルロックDDTと同型の技。
クリーピング・デス
TNAで活動中のデイビー・リチャーズが愛用している1回転式のバズソーキック。まず膝をつかせた相手と距離をとりつつ相手の正面に移動し、自分の体をスクリューハイキックを仕掛けるように回転させながら相手に近づく。そして相手と向き合う形になったところでジャンプせずに右足を振り抜き、屈んでいる相手の左側頭部を右足の甲で豪快に蹴り飛ばす。
クリームパン
風香祭に登場したFUKAキッド&りほが見せたコンビネーション。FUKAキッドがコーナー最上段からのダイビングクロスボディーを相手に叩き込み、背中からマットに倒れ込んだ相手の上に覆いかぶさって相手を押さえ込む。そのあと相手の右足を左脇に、左足を右脇に抱え込んだりほがFUKAキッドの背中を跳び越えるようにジャンプし、そのままマットに尻餅をつくように着地して相手を2人がかりでフォールする。
グリーンアロウ
プロレスリング・ノアのムシキングテリーが使っていたブルーディスティニーと同型の技。
グリーンキラー
新日本プロレスの邪道が使っている必殺技の1つ。前屈みになった相手の首の後ろに左腕を回して相手の頭を抱え込み、そのまま相手と共にロープの側へと移動して相手のタイツを右手で掴む。そのあと軽く持ち上げた相手の両足を目の前にあるセカンドロープに引っ掛け、間髪入れずに背中からマットに倒れ込んで相手の頭部をDDTの形でマットに突き刺す。
グリーンフォール
OZアカデミーのダイナマイト・関西が愛用している足抱え式のみちのくドライバー2。まず前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、右手で掴んで持ち上げた相手の左腕を自分の首の後ろに回す。続いて相手の右足を右手で外側から抱え、上下逆さまにするような感じで相手の体を持ち上げる。最後に相手を前方に落下させながらマットに尻餅をつき、相手の体を自分の両足の間へ叩きつける。
グリーンベイプランジ
Mr.アンダーソンが愛用しているコールドスナップと同型の技。
クリオネ (1)
DRAGON GATEのB×Bハルクが使っている、足を高々と振り上げながら決める華麗なハリケーンスパイク
クリオネ (2)
我闘雲舞のさくらえみが使っているバルキリースプラッシュの呼び名。
クリスクロスパイルドライバー
PWGなどで活動中のB-ボーイが使っている両腕交差式のパイルドライバー。ピラミッドドライバーのクラッチに捕らえた相手の体を垂直になるまで抱え上げ、そのまま尻餅をついて相手の頭部をマットへと打ちつける。
栗栖スペシャル
"椅子大王"栗栖正伸が愛用していたサブミッション。尻餅をついた相手の肩に肩車をする形で腰を下ろし、そのまま正座をするようにマットに両膝をついて相手の右腕を右足の間に、左腕を左足の間にそれぞれ挟み込む。そのあと相手の右足を右手で、左足を左手で掴んで両足を自分の方へ引き寄せ、相手の首・肩・背中などを複合的に痛めつける。
クリスタルピストル
インパクト・レスリングのDJ Zがシーマ・ザイオンとしてインディーマットで活動してた頃に使っていたムーブ。ロープの側で相手の動きを止めたあと自分はエプロンへと移動し、トップロープを両手で掴んでロープの上を飛び越えるようにジャンプする。そして前屈みになった相手の後頭部を足の裏で踏みつけたあと間髪入れずにロープに飛び、マットに倒れ込んだ相手の頭部を追撃の低空ドロップキックで蹴り飛ばす。
クリスト (1)
DRAGON GATEのドラゴン・キッドが愛用している高度なジャベ。まず人工衛星ヘッドシザーズの要領で相手の首を挟み込んで自分の体を旋回させ、相手の左横を通り抜けて自分の体を相手の背後へと回り込ませる。そのあと背中越しに相手の右腕を両手で掴み、相手の体にぶらさがりながら掴んだ右腕を関節と逆方向に反り上げる。ちなみにライバルであるK-ness.にこの技をユダで切り返され、更にそれをクリストで切り返す一連の動きはクリストアゲインと呼ばれている。
クリスト (2)
磔獄門
クリストアゲイン
クリスト
クリスト・ネグロ
CMLLのビジャノ3号が愛用しているジャベ。仰向けになった相手の右足を左手で、左足を右手で掴み、折り曲げた相手の左足を相手の右膝の上に重ねて両足を4の字に固める。続いて相手の左足首に右足をのつま先を引っかけて相手の両足の動きを封じ、相手の上半身を引き起こして尻餅をつかせた状態にする。最後に相手の上半身をリバースフルネルソンに捕らえて自分の体を起こし、宙に浮き上がらせた相手の肩や足を複合的に痛めつける。
グリッツ・フリップ
WWEのアレクサ・ブリスが使うムーンサルトダブルニードロップの呼び名。
グリップス・オブ・ グレートネス
プロレスリング・ノアに参戦していたマット・マーフィーのフェイバリットムーブ。形はスパークリングフラッシュと同型。
クリップラークロスフェイス
WWEのクリス・ベノワが使っていたフェイバリットホールド。まずうつ伏せになった相手の左サイドに移動して相手の左腕を左手で掴み、持ち上げた左腕の上に左足を、腕の下に右足を引っかけて相手の左腕を両足で挟み込む。そしてそのまま相手の左サイドに腰を下ろして相手の頭をフェイスロックに捕らえ、体重を後ろにあずけることで相手の首や左肩を痛めつける。立っている相手の左腕を脇固めに捕らえ、そこから瞬時に技に移行することが多かった。
クリップラークロスペニス
DDTプロレスリングの諸橋晴也が急所攻撃有りの特別ルールの試合で見せたムーブ。まずうつ伏せになった相手の左サイドに腰を下ろし、クリップラークロスフェイスの要領で相手の左足を自分の両腿の間に挟み込む。そのあと相手の右腿を左腕で抱えて相手の股間を鷲掴みにするような形で自分の両手をクラッチし、体重を後ろにあずけることで相手の股を割くと同時に股間も痛めつける。
グリフォン
WRESTLE-1の近藤修司がT2P時代に愛用していたジャベ。ケブラドーラ・コン・ヒーロの要領で持ち上げた相手をカナディアンバックブリーカーの形で右肩に着地させ、相手を担いだままマットに右膝をついて左手で掴んだ相手の右足のつま先を自分の左腿の上に引っかける。そのあと背中の方から相手の右脇に左腕を、左脇に右腕を差し込んで相手の両腕に自分の両腕を引っ掛け、自分の体を前傾させることで相手の肩や背中を痛めつける。メキシコではラ・リオネサと呼ばれている古典的なジャベである。
クリプトスポリジウム
サルサルサ
クリプトナイトクランチ
ノヴァことサイモン・ディーンがECW時代から使い続けているフィニッシングホールド。まずこうもり吊りの要領で逆さ吊りに担ぎ上げた相手の左腿の裏に右腕を回し、右首筋の方から相手の首の後ろに左腕を巻きつけて相手の頭を抱え込む。そのあと相手の体を抱えたままジャンプして自分は尻餅をつく形で着地し、落下させた相手の後頭部や背中をマットへ強かに打ちつける。
クリフハンガー (1)
AJスタイルズがROHやTNAで使っていたオリジナルホールド。BTボムの要領でリフトアップした相手の背中を自分の右肩の上に着地させ、掴んでいた相手の上半身を下方向へと引っ張る。そしてその勢いで相手の体に180゜の後方回転を加え、回転する相手の体を自分の正面へと落下させる。最後に相手の首の後ろに右腕を、背中に左腕を回しながら尻餅つき、うつ伏せの状態になった相手の体をインプラントDDTの形で自分の右サイドへ叩きつける。
クリフハンガー (2)
新日本プロレスのバッドラック・ファレがキング・ファレ時代に使用していたダイビングラリアットの呼び名。
グリマーリングウォーロック
アリック・キャノンが愛用しているドラゴンキッカーと同型の技。SHIMMERで活動しているアリソン・デンジャーは技の名前と団体の名前をかけたシマーリングウォーロックという呼び名でこの技を使用している。
狂神太平
大日本プロレスの"黒天使"沼澤邪鬼が愛用する必殺技。膝をついた相手の正面にあるロープに跳んで助走をつけ、スライディングをするように足を前に投げ出しながら右腕を振り抜いて相手の喉元に低空式のラリアットを叩き込む。自身初のシングル王座となるBJW認定デスマッチヘビー級王座を奪取した際の決め技であり、名前は"くるいがみのたいへい"と読む。
グリンゴキラー
コップキラー
クルーエルインテンションズ
ウィドウメイカー
クルーガーズ・エンド
WWEのアダム・ローズがNXTでレオ・クルーガーと名乗っていた頃に愛用していたフィニッシャー。ショルダーネックブリーカーの要領で相手と背中合わせになったあと体を右方向に捻り直しながら腹這いに倒れ、その勢いで前のめりに倒れ込ませた相手の顔面をマットへ打ちつける。
クルーシブル
ROHやPWGで活動中のジェイ・ブリスコが使っているファルコンアローの名称。
クルキッドムーンサルト
WWEで活躍したCMパンクがインディー時代に使っていたハリウッドスタープレスの名称。
ぐるぐるエルボー
センダイガールズプロレスリングの里村明衣子が愛用している打撃技。相手をコーナーにハンマースルーしたあと両腕をぐるぐると回しながら助走をつけ、コーナーに寄りかかった相手にジャンピング式のエルボーバットを叩き込む。
くるくる少女
アイスリボンで活動中の松本都が使う旋回式のリバースタイガードライバー
くるくるどどん
新日本プロレスの田口隆祐が使っているティへラの要素をプラスしたどどん。まず人工衛星ヘッドシザーズの要領で相手の首を両足で挟み込み、相手の左横を通り抜けるように体を旋回させて自分の体を相手の背後へと回り込ませる。そして相手の首を挟んでいた両足のロックを解き放ちながら相手の左脇に左腕を、右脇に右腕を引っ掛け、相手の背後に両足で着地すると同時に相手の両腕をタイガースープレックスのクラッチで固める。最後に相手の体を軽く宙に抱え上げたあと両腕のクラッチを切って相手の右腿を右手で、左腿を左手で抱え直し、そのままマットに尻餅をついてうつぶせになった相手の体を自分の両足の間へと叩きつける。初公開時には正式名称が決定していなかったため、試合結果ではラ・ミスティカ式どどんと表記された。
ぐるぐるドーン
アパッチプロレス軍の橋本友彦が愛用している変形のDDT。まず向かい合った相手の右肩に左手を添え、外腿の方から相手の左腿の裏に右手を回す。そして相手の体を上下逆さまにするような感じで持ち上げたあと自分の体をその場でぐるぐると回転させ、背中から倒れ込むと同時に落下させた相手の頭部をマットへ打ちつける。
クルクルピー
永島千佳世が使っているパッケージホールド。人工衛星ヘッドシザーズの要領で相手の首を両足で挟み込んだあと自分の体を横方向に大きく旋回させ、足で挟み込んだ首をコントロールして相手の体をその場でぐるぐると回転させる。そして一定回数相手の体を回転させたところで相手の背後に回り込み、首を挟んでいた足のロックを解き放ちながら相手の体をスクールボーイの形で丸め込む。
クルクルミラクルキック
坂井澄江が愛用している打撃技。形は福岡晶が使っていたライダーキックと同型。
くるくるリボン
我闘雲舞の里歩が使っている丸め込み技。まず相手の肩に回転十字固めの要領でぶら下がり、相手の右肩を抱えていた腕のクラッチを切って体を下方向へと振る。続いて相手の左横を通り抜けるように体を旋回させて相手の正面へと回り込み、更に体を旋回させて相手の右横を通り抜ける。最後に相手の背後に回り込んだところで相手の左肩を挟み込んでいた両足のロックを解き、相手の体を前方回転エビ固め風に丸め込んでフォールを奪う。
グルクンドライバー
琉球ドラゴンプロレスリングのグルクンマスクが使う垂直落下式ブレーンバスターの名称。
グルクンフィンキック
グルクンマスクが使っているバズソーキックの呼び名。
グルクンレッグロールクラッチ
グルクンマスクが使っているジャパニーズレッグロールクラッチの呼び名。
クルシフィクション
モーディカイことケビン・ソーンがWWEで使っていたレーザーズエッジの名称。
クルスフィックス
大向美智子が愛用していたオリジナルサブミッション。相手の右腕を裏十字固めに捕らえたあと両足のつま先を相手の左腕の下に引っかけ、つま先を持ち上げることで相手の左腕を関節と逆方向に反り上げる。
クルックヘッドシザーズ
藤原喜明が愛用する古典的なサブミッション。仰向けになった相手の頭部を両足で挟み込み、足の力を使って相手の首を強引に反り上げる。
クルックヘッドシザーズホイップ
藤原喜明が使っているフェイバリットムーブ。仰向けになった相手の頭の側に立って相手の首を両足で挟み込み、自分の体を横方向に転がす勢いで相手を無理やり起き上がらせる。そして自分の両手と頭をマットにつけて三点倒立をしたあと体に軽く捻りを加え、頭をヘッドスピンのように回転させて相手をホイップする。
クルツコントロール
CHIKARAなどで活動しているライアン・クルツとダーリン・コルビンのタッグチーム、"ノーススターエクスプレス"が愛用する合体殺法。クルツを肩車したコルビンが仰向けになった相手の側に移動し、担ぎ上げられたクルツが背中を大きく仰け反らせて逆さ吊りの状態になる。そのあとコルビンが素早く体を前傾させ、その反動で逆さ吊りになっていたクルツの体を強引に起き上がらせる。最後に勢いのついたクルツの体からコルビンが両腕を離してクルツを前方へと投げ捨て、投げ捨てられたクルツが相手の体を豪快にボディープレスしフォールを奪う。
くるっとボム
DRAGON GATEで活動中のGammaが使うシャドウドライバーと同型の技。
車懸り (1)
DRAGON GATEを中心に活動中のKAGETORAがデビュー当時から愛用するオリジナルムーブ。まず背中の方から相手の左脇に差し込んだ左腕を相手の首の後ろに添え、相手の左腿の裏に右腕を回して足を抱え込む。続いてリフトアップした相手の体をファイヤーマンズキャリーのような形で肩の上に着地させ、相手の下半身を右手で下から押し上げると同時に相手の上半身を左手で上から押さえつける。最後に上下逆さまになった相手の体を前方に滑り落としながら尻餅をつき、相手の後頭部や背中を自分の両足の間に叩きつけてそのままフォールを奪う。現在は後述の技を車懸りとして使用しているため、この技は変形みちのくドライバーと呼ばれている。
車懸り (2)
KAGETORAが使用している別バージョンの車懸り。形はクワッケンドライバー4と同型。
くるみ割り人形
アイスリボンの柊くるみが使っているおばっちドロップと同型の技。
クルメンとんこつスタンプ
九州プロレスで活躍中のクルメンひろせが使っているジンジャーと同型の技。
ぐるんちょ
米山香織が愛用している後方回転エビ固めと同型の技。
クルン・MANA・ルオ
JDスターのMARUが使っていた独特のスタイルから繰り出される十字架固め。向かい合った相手の右腿の上に右足を乗せ、相手の足を踏み台にしてジャンプしたあと相手の肩に肩車の要領で飛びつく。続いて相手の左腕を両足で挟み込み、更に相手の右脇に背中の方から右腕を引っかける。最後に体重を後ろにあずけることで相手の体を後ろにひっくり返し、両腕を極めたまま自分は腹這いになって両肩をマットにつけた相手の体を押さえ込む。
クレイジーエルボー
本間朋晃が使っているランニングエルボーの名称。
クレイジーサイクロン
成瀬昌由が使っていた裏掌底と同型の技。顔面ではなく胸板に打撃を叩き込むことが多かった。
クレイジートレイン
WCWで活躍したクロウバーことデボン・ストームのフェイバリットホールド。相手を連続式のブレーンバスターで叩きつけたあと両足で立ち上がり、相手をノーザンライトスープレックスホールドで固めてフォールを奪う。
クレイジーボム
スペル・クレイジーが使っているピラミッドドライバーと同型の技。
クレイドルショック
クリス・セイビンが愛用するクロスレッグ式ハリケーンドライバー。まずファイヤーマンズキャリーの要領で相手を肩に担ぎ、交差させるように折り畳んだ相手の両足を右手で抱える。続いて自分の上半身を左方向に軽く捻って反動をつけ、上半身を右方向に振った勢いで相手の体を右方向に90゜水平旋回させる。最後に相手の下半身を右手で押し上げながらマットに尻餅をつき、上下逆さまの状態で落下させた相手の体を自分の両足の間に叩きつける。
クレイドル・トゥー・ザ・グレイブ
マーク・ハスキンスが使っているゴッチ式ツームストンパイルドライバーと同型の技。
クレイドルパイルドライバー
ECWやTNAで活躍したジェリー・リンが愛用していたゴッチ式パイルドライバーと同型の技。
クレイドルブレイカー
CZWなどで活躍したジョニー・カシミアが愛用していたムーブ。麻里子スパイクの要領で相手の体を持ち上げたあとマットに左膝をつき、落下させた相手の背中を立てた右腿の上に叩きつける。
グレイブ・ディッガー
ライノがECW時代から使い続けている豪快なフィニッシャー。リングの方を向きながらコーナーのセカンドロープにより登り、リング上にいる相手の体をパイルドライバーの要領で持ち上げる。そのあと相手を抱えたままロープを蹴ってリングへと飛び降り、尻餅をつくように着地すると同時に相手の頭部をマットへ打ちつける。別名はライノドライバー
グレイブヤードスマッシュ
CHIKARAのハロウィックが愛用するシュリンプと同型の技。
クレイモア
WWEのドリュー・マッキンタイアが使っているスーパーケンカキックと同型の蹴り技
グレープバインホールド
コブラツイスト
クレオパトラ
DDTプロレスリングのメカマミーLiteが愛用していたムーブ。相手を仰向けに倒したあとリングに背を向けた状態でコーナー最上段に登り、体を360゜後方回転させるようにジャンプして相手の体を跳び越える。そしてマットに両足で着地したあと相手に覆いかぶさるように倒れ込み、腕に装着したドリルを倒れている相手の胸に突き刺す。
クレジットクラッチ
CHIKARAなどで活躍中のアーレスが使うリバースフルネルソンの呼び名。
DRAGON GATEの堀口元気が使っているハーフアーム式のタイガードライバー。まず前屈みになった相手の頭を自分の股の間に挟み込み、胸の方から相手の左脇に自分の右腕を差し込む。そのあと相手の右腿の辺りに左手を回して相手の体を仰向けにひっくり返すように持ち上げ、肩の高さまで担ぎ上げた相手の左腿を右手で、右腿を左手で抱え直す。最後に相手の体を前方に落下させながら自分は尻餅をつき、開いた両足の間に相手の背中を叩きつけてそのまま3カウントを奪う。
紅天女
FMWなどで活動中のRayが愛用するエアリアルムーブ。コーナー最上段からムーンサルトプレスの要領で跳躍したあと空中で右足を折り曲げ、仰向けになった相手の胸板に右足でニードロップを叩き込む。
紅の豚
プロレスリングWAVEの水波綾が使っているラストインプレッションと同型の技。
グレンネマ
DDTで活躍したグレン・Q・スペクターが愛用していたスパイシードロップの名称。
クロイツボム
CHIKARAに登場したトゥルサスが愛用していた通天閣スペシャルと同型の技。
クロイツ・ラス
新日本プロレスのケニー・オメガが使っている変形のジャーマンスープレックス。まず相手の体を肩車の要領で担ぎ上げ、相手の両腿を下からプッシュアップして相手の体を軽く宙へと浮き上がらせる。続いて浮き上がった相手の股の間から自分の頭を引き抜き、落下する相手の胴体を背後から両手で抱え込む。最後に相手の両足がマットに着地する前に体をブリッジさせ、相手の体を高速のジャーマンスープレックスホールドでマットに叩きつけてそのままフォールを奪う。
クロウバー
ROHやOVWなどで活躍していたブレント・アルブライトのフィニッシャー。形は脇固めと同型。
グローイングアップ
AKIRAが愛用しているオリジナルの丸め込み技。うつ伏せになった相手の左足をSTFの要領で固めながら左腕を左手で掴み、更に相手の右脇に背中の方から右腕を差し込む。そのあと相手の右脇に差し込んだ右腕を使って相手の上半身を仰向けにひっくり返し、両肩がマットについた相手の体を押さえ込んで3カウントを奪う。SMASHでは棺桶固めと呼ばれている。
クロージングタイム
インパクト・レスリングのジェームズ・ストームが使っているデュランダルと同型の技。
クローズライン
アメリカやイギリスといった海外マットで使われているラリアットの別名称。名前は洗濯物を干す際に使う物干しロープに由来している。日本マットにおいても外国人レスラーや海外に造詣の深い日本人レスラーが、ラリアットではなくクローズラインの方を技の名称に用いている。
クローズライン・フロム・千日前
タダスケが使っているクローズラインの大阪プロレス所属時代の呼び名。
クローズライン・フロム・パインパーク
沖縄プロレスのゴールデン・パインが使っていたクローズラインの名称。相手を倒したあとコーナーまで一旦移動して足踏みをし、両手を掲げて雄叫びをあげてから技を放つことが多かった。
クローズライン・フロム・ヘヴン
DDTプロレスリングの高木三四郎が使っている必殺技の1つ。尻餅をついた相手の正面にあるコーナーの最上段へと歩を進め、相手の喉元目掛けてコーナーからのダイビングクローズラインを叩き込む。
クローズライン・フロム・ヘル
WWEのジョン・ブラッドショー・レイフィールドが使っていた世界最高峰の破壊力を持つクローズライン。アメフト流のタックルとクローズラインを高次元でミックスしており、その破壊力は地獄からのクローズラインという名前に相応しい。
クローズライン・フロム・N.Y.
プロレスリング・ノアで活動中のクワイエット・ストームが愛用している、腕周り50cm以上の豪腕から放たれるクローズラインの呼び名。プロレスリング・ノアでは50cmウデ・ラリアットと呼ばれている。
クローバーリーフストレッチ
新日本プロレスに登場した四代目ブラックタイガーが使っていたサブミッション。相手の下半身をテキサスクローバーリーフの要領で抱えたあとうつ伏せになった相手の背中に右膝を押し付け、体重を後ろにあずけることで相手の背中を反り上げる。
グローバルボム
相手を肩に担ぎ上げたあとリングの中を周回してから決めるジャンピングパワーボム。アルシオンに参戦していたレジー・ベネットのフェイバリットムーブである。
グローブ飛びまっちゅね〜ホールド
沖縄プロレスのカンムリワシ用高が使っていた必殺技の1つ。腕に付けたボクシンググローブの紐をゆるめた状態でパンチを繰り出し、腕からすっぽ抜けたグローブに当たって倒れ込んだ相手をフォールする。
クローホールドSTO
KENSOこと鈴木健想がWWE時代に開発した必殺技。向かい合った相手の顔面を右手で鷲掴みにし、相手の右腕を左手で掴む。そのあと相手の右足を自分の右足で払いながら相手に体を浴びせかけるように倒れ込み、後ろに押し倒した相手の後頭部をマットに痛打させる。現在の名称は葉隠れ2で、他にTSUNAMIという別名も持っている。
クローントーンボム
DDTに登場したクローンボーイJAMIが使っていたスワントーンボムの名称。
クロ〜ンボ〜イ
クローンボーイJAMIが使っていたスク〜ルボ〜イと同型の技。
黒き光
DRAGON GATEの望月成晃がかつて使っていた青き光と同型の技。
黒霧
新日本プロレスの矢野通が使っている丸め込み技の1つ。まず前屈みになった相手の首の後ろに正面から右腕を引っ掛け、外腿の方から相手の右腿の裏に左手を回す。そのあと背中からマットに倒れ込んだ勢いを利用して相手の体を前方へと転がし、相手の頭と右足を抱えるように自分の両手をクラッチして相手をがっちりと押さえ込む。
黒霧島
矢野通が使っている腕極め式のスクールボーイ。まず体勢を低くして向かい合った相手の左脇に体を潜り込ませ、相手の左腕に自分の左腕を絡ませながら相手の背後へと回り込む。そのあと相手の股の間に腿の裏の方から右手を差し込んで背中からマットに倒れ込み、その勢いで後ろに転倒した相手の両肩をマットにつけてフォールを奪う。
クロコダイルキャッチャー
JWP女子プロレスの福岡晶が愛用していたMAXPAINと同型のサブミッション。ローリングクレイドルで相手を転がしてから技に移行することが多かった。
クロスアーム式スプラッシュマウンテン
石川修司が使っている破壊力抜群のフィニッシングホールド。ピラミッドドライバーの要領で抱え上げた相手の体をカナディアンバックブリーカーの形で左肩まで担ぎ上げ、相手を担いだまま軽く助走をつける。そのあと相手の体を前方へ放り投げながら開脚ジャンプし、尻餅をつくように着地すると同時に落下させた相手の体を自分の両足の間へと叩きつける。
クロスアーム式バッカス
DDTプロレスリングのマサ高梨が関本大介とのKO-D無差別級選手権試合で見せた改良型のバッカス。まず向かい合った相手の左腕を左手で掴んで相手の体を自分の方へと引き寄せ、胸の方から相手の右脇に頭を潜り込ませる。そのあと相手の首の後ろに右腕を回して相手の頭を抱え込み、更に相手の右手首を右手で掴むことで相手の両腕を交差させる。最後に自分の体を前転させた勢いで相手の体を後ろへとひっくり返し、両肩をマットにつけた相手の右足に自分の右足をフックさせてフォールを奪う。
クロスアームスープレックスホールド
高岩竜一や大和ヒロシが得意とするスープレックスホールド。相手の背後に回りこんだあと正面に回した右手で相手の左腕を、左手で相手の右腕をそれぞれ掴み、掴んだ両腕を相手の胸の前で交差させる。そして体をブリッジさせる勢いで相手を後方に反り投げ、肩口から相手をマットに叩きつけたあとブリッジを崩さずフォールを奪う。
クロスアームスモールパッケージホールド
アイスリボンの世羅りさが披露した丸め込み技。まず向かい合った相手の右腕を右手で、左腕を左手で掴んで相手の両腕を交差させ、腕を引っ張ることで相手の体を自分の方へと引き寄せる。続いて前屈みになった相手の首の後ろに左腕を回して頭を抱え込み、相手の右足の内側に自分の右足を引っ掛ける。最後にマットに背中から倒れ込む勢いで相手の体を前方へと転がし、両肩をマットにつけた相手の体を押さえ込んでフォールを奪う。この技で団体のエースである藤本つかさから初の3カウントを奪取した。
クロスアームブリーカー
WWEのアルベルト・デル・リオが使っている飛びつき式の腕ひしぎ逆十字固め。まず前屈みになった相手の左脇に胸の方から右腕を差し込み、自分の体を右方向に180゜捻る際に左足を大きく振り上げる。そしてそのまま相手の背中の上を左足で跨いで相手の左肩の辺りを両腿で挟み込み、体を右方向へ更に180゜回転させて相手もろとも背中からマットへと倒れ込む。最後に仰向けになった相手の左腕を両手で掴み、腕ひしぎ逆十字固めを極めて相手をギブアップに追い込む。AAAやルチャ・アンダーグラウンドでアルベルト・デル・パトロンとして活動していた際にはロンペ・デスティーノと呼ばれていた。
クロスオーバー
ジェイソン・クロスが愛用していたクラバットカッターと同型の技。
クロスクラブ
CHIKARAやPWGで活躍中のチャック・テイラーが使っている逆片エビ固めの名称。相手の背中を両足で跨がず、右膝をマットについて足を極めることもある。
クロス式イグチボム
ZERO1の日高郁人が開発したクロスアーム式イグチボム。まずイグチボムの要領で相手の右足を左手で内側から抱え、右手で掴んだ相手の左腕を相手の右腿の上あたりに持ってくる。続いて相手の左手首を左手で掴んでロックしたあと相手の左腿を右手で内側から掬い上げ、相手の体を肩の高さまでリフトアップする。最後に相手の右手首を右手で掴むことで相手の両腕を交差させ、シットダウンパワーボムの要領で相手をマットへと叩き落とす。
クロス式キャメルクラッチ
柴田勝頼がヤングライオン時代に開発し、幼馴染の後藤洋央紀が受け継いだサブミッション。まずうつ伏せになった相手の両腿の間に右足を置き、相手の右足を自分の右足に巻きつける感じで折り曲げる。そのあと相手の左膝の裏に折り曲げた相手の右足をあてがい、相手の右足を挟み込むように相手の左足を折り畳む。最後に相手の左足のつま先を自分の左腿の上にフックさせることで相手の両足の動きを封じ、相手の顎の下にチンロックの要領で両手を回して相手の首・腰・足を複合的に痛めつける。
クロス式ヒザ十字固め
ZERO1の藤田峰雄が開発したサブミッション。相手の左足を裏膝十字固めに捕らえたあと相手の右足を右手で掴み、折り曲げた相手の右足を相手の左膝の裏に重ねて両足を4の字に固める。そのあと相手の右足首の上に自分の左足を引っかけて両足をロックし、相手の左足首を両手で抱え直して左膝を痛めつける。
クロス式STF
蝶野正洋が使っているデスロック式のSTF。まずうつ伏せになった相手の右足を右手で、左足を左手で掴み、折り曲げた相手の右足を相手の左膝の裏にあてがって両足を4の字に固める。続いて相手の右足を挟み込むような感じで相手の左足を折り畳み、相手の左足首をSTFの要領で自分の両腿の間に挟み込む。最後に相手の背中に覆い被さる形で倒れ込み、相手の頭部をフェイスロックに捕らえて体を痛めつける。通常のSTFと違って両足の動きが封じられる為ロープブレイクが困難になる。
クロススタープレス
ジェイソン・クロスが使っていたスタンディングシューティングスタープレスと同型の技。
クロススペシャルブレーンバスター
PWGなどで活動中のB-ボーイが愛用しているデメキンバスターと同型の技。
クロススラッシュ
飯伏幸太&ケニー・オメガのタッグチーム、"ゴールデンラヴァーズ"が使っていたステレオ式のラ・ケブラーダ。対戦相手2人を場外へ落としたあと飯伏がリング右奥のコーナー付近へ、オメガが左奥のコーナー付近へそれぞれ移動し、"クロススラッシュ!"と叫びながら刀を振るう仕草を取る。続いて飯伏が左手前のコーナーに向かって、オメガが右手前のコーナーに向かって同時に走り出し、×の字を描くように2人がリング中央で体をすれ違わせる。最後に場外に背を向けるようにジャンプした2人がコーナー近くのトップロープへと同時に飛び乗り、オメガが場外右手にいる相手に対して、飯伏が場外左手にいる相手に対してそれぞれラ・ケブラーダを見舞う。
クロストレーナー
WWEで活躍していたジェイク・ジムナイ&ジェシー・ジムナイの双子タッグ、"ジムナイ"のコンビネーション。まず相手の右サイドに陣取ったジェイクが相手の右腕を、左サイドに陣取ったジェシーが相手の左腕をそれぞれ掴み、ジェイクが相手の左サイドへ、ジェシーが相手の右サイドへ移動することで相手の両腕を交差させる。そのあと交差させた両腕を相手の喉元に引っ掛けながら2人がマットに倒れ込み、その勢いで後ろにひっくり返った相手の後頭部をマットに痛打させる。
クロストンクラブ
CHIKARAやDRAGON GATE USAで活躍中のジョニー・ガルガーノが使っているクロスレッグ式のボストンクラブ。仰向けになった相手の足の側に立って相手の右足を左手で、左足を右手で掴んで持ち上げ、相手の両足を交差させたあと相手の右足首を右脇に、左足首を左脇にそれぞれ抱え込む。そして体を左方向へ180゜捻ることで相手の体をうつぶせにひっくり返し、相手の背中を両足で跨いで相手の腰がエビ反りになるまで腰を落としていく。
クロスバディ
KAIENTAI-DOJOのRyokoが使っていたダイビングクロスボディーの名称。
クロスヒールホールド (1)
ヴォルク・ハンが愛用していたサブミッション。まず仰向けになった相手の右足を右手で、左足を左手で掴み、相手の右足首を右脇に抱え込む。続いて相手の右足の下に相手の左足をあてがって両足を交差させ、相手の左足首の下に右腕を滑り込ませて相手の足首を抱えるように両手をクラッチする。最後に背中からマットに倒れ込みながら相手の両足を自分の両足で挟み込み、自分の体を横方向に捻ることで相手の足首や靭帯を痛めつける。
クロスヒールホールド (2)
船木誠勝が愛用しているサブミッション。仰向けになった相手の両足をサソリ固めの要領で固めたあと背中からマットに倒れ込み、抱えていた相手の右足首を絞り上げて相手をギブアップに追い込む。
クロスファイア
ジェイソン・クロスが愛用していたシューティングスター式ギロチンドロップ。コーナー最上段に登ったあとリングの方を向き直し、前方へ軽くジャンプするような感じでコーナーを蹴る。そのあと空中で体を360゜後方回転させながら右足を前に突き出し、仰向けになった相手の喉にギロチンドロップの形で右足を叩きつける。
クロスファイヤー
DRAGON GATEのCIMAが使っているオリジナルムーブ。前屈みになった相手の頭を自分の股の間に正面から挟み込み、自分の両腕を腿の裏の方から相手の両足の間に差し込む。続いて右手で相手の右腕を、左手で相手の左腕をそれぞれ掴んで両腕を交差させ、相手の体をパイルドライバーのように垂直に抱え上げて一旦静止する。最後に背筋を使って相手を肩の高さまで一気にリフトアップし、シットダウンパワーボムの要領で相手をマットに叩き落とす。 正式名称が決まるまでに浜松バスター、餃子バンザイデスドロップという仮名が付けられたが、共に客受けが悪かったためお蔵入りとなった。
クロスファイヤー・ナシエンテ
CIMAが吉野正人とのオープン・ザ・ドリームゲート王座戦で披露した、吉野の必殺技であるソル・ナシエンテと自身の必殺技であるクロスファイヤーを組み合わせたフィニッシャー。まずクロスファイヤーの要領で相手をマットに叩きつけ、掴んでいた両腕を引っ張って相手の上半身を引き起こす。そのあと相手の首と交差させた相手の両腕を自分の両足で外側から挟み込み、そのまま相手の首や腕を絞り上げてタップを奪う。
クロスフィックス
新日本プロレスで活動中のヨシ・タツが山本尚史時代に開発したオリジナルサブミッション。相手の右腕を裏十字固めに捕らえたあと右手で掴んだ相手の左腕を自分の方へと引き寄せ、相手の左腕も両足で挟み込んで相手の両肩を痛めつける。
クロスフェイス・オブ・ノア
プロレスリング・ノアに参戦中のキャプテン・ノアが使うクリップラークロスフェイスの呼び名。タッグパートナーとして活動していた平柳玄藩はクロスフェイス・オブ・玄藩という名前で同じ技を使っていた。
クロスフェイス・オブ・AKIYOSHI
全日本プロレスに登場した謎の日本人レスラー、AKIYOSHIのフィニッシングホールド。形はクリップラークロスフェイスと同型。
クロスフェイス・オブ・HEAT
新日本プロレスのヒートが邪道とのIWGPジュニアヘビー級タイトルマッチを前に披露した関節技。形は邪道が得意とするクロスフェイス・オブ・JADOと同型。
クロスフェイス・オブ・JADO
新日本プロレスの邪道が使っているクリップラークロスフェイスとほぼ同型の技。腕のクラッチが多少異なっているが見た目はほとんど変わらない。
クロスフェイス・オブ・MIRAI
未来が使っていたクリップラークロスフェイスの名称。マスクマンの流華として活動していた我闘姑娘ではクロスフェイス・オブ・RUKAと呼ばれていた。
クロスフェイス・チキンウイング
ROHで活躍中のマーティ・スカルが使う胴締めチキンウイングスリーパーの名称
クロスフェイス・ヘイロー
グレゴリー・ヘルムスがWCWで愛用していたクロスアーム式エッジ・オ・マティック。まず相手の背後に体を回り込ませ、正面に回した左手で相手の右腕を、右手で左腕をそれぞれ掴む。そして交差させた相手の両腕を相手の喉元に引っ掛けたあと腕を引っ張りながら尻餅をつき、その勢いで後ろにひっくり返った相手の後頭部を自分の両足の間へ叩きつける。
クロスフェースロック
ディック東郷が使っていたクリップラークロスフェイスの名称。日本名は交差式顔面締め
クロスボディー
空中で体を90゜水平旋廻させながら立っている相手に飛び掛かり、自分と相手の体が交差するような格好で体当たりをする技。その場跳び式、ランニング式、コーナー最上段からのダイビング式と、その種類は多岐に渡る。
クロスボディーー・オブ・長尾
ハッスルの長尾銀牙が使っていたダイビングクロスボディーの呼び名。
クロスボンバー
相手の正面に1人が、背後にもう1人が移動して同時に助走をつけ、前後からのアックスボンバーで相手をサンドイッチにするコンビネーション。大森隆男と高山善廣のタッグチーム、"ノーフィアー"がかつて愛用していたムーブである。
クロスローズ
WWEのコーディ・ローデスが使っているロール・ザ・ダイスと同型の技。スターダストに変身後はクイーンズ・クロスボウと呼び名を変えている。
クロックキャッチャー
大阪プロレスに登場したディンゴが使っていたリバティープラネットと同型の技。技を仕掛ける前に相手の足を捕らえてリングの中を転がるという、ワニが獲物を捕らえたときの動作を真似た動きを見せる。
グロック
ユニバーシティー・ストレッチ
クロッチ
相手がコーナーやトップロープに登った際にロープを揺すり、バランスを崩して落下した相手の股間をトップロープに打ちつけるムーブの呼び名。クロッチとはズボンなどの股布の部分を指す名前である。
クロニック
CZWなどで活動したラッカスのオリジナルムーブ。まずクロスファイヤーの要領で相手の体をリフトアップし、掴んでいた両腕を離して相手の体を空中に放り投げる。そのあとうつ伏せの状態で落下する相手の頭を両手でキャッチし、相手をダイヤモンドカッターの形でマットへ叩きつける。
黒豚バスター
沖縄プロレスのアグーが使っていたキン肉バスターの名称。
黒部の太陽
小路晃がハッスルで愛用していたカウンター式の払い腰。走りこんできた相手の右脇を左手で、左脇を右手で掴んで相手の体を空中へと放り投げ、宙に浮き上がった相手の左脇に胸の方から右腕を差し込む。そのあと相手の右肩に左手を添えつつ自分の体を左方向へ180゜捻り、巻き投げた相手に体を浴びせかけるように倒れ込んで相手を豪快にマットへ叩きつける。コーナーからのダイビング攻撃を仕掛けてきた相手の体をキャッチして技に移行することもある。
グロリア
新日本プロレスの内藤哲也が使っているリストクラッチ式サイドバスター。まずハンマーロックに固めた相手の左腕を右手で掴み、背中の方から相手の右脇に差し込んだ左腕を相手の首の後ろへと回す。そのあと相手の体をマットと水平の高さになるまで抱え上げ、自分の視線を相手の足の方へと向けながら左手で抱えていた相手の首を解き放つ。最後に相手の腹部の上に左腕を回し直して尻餅をつくように倒れ込み、落下させた相手の後頭部や背中を自分の左サイドへと叩きつける。
クワガタロック
プロレスリング華☆激のクワガタ・キッドが披露した羽根折り脇固めの名称。
クワッケンスマッシュ
CHIKARAのマイク・クワッケンブッシュが使っていた2ステップ式のローリングセントーン。相手を仰向けに倒したあとエプロンに移動してコーナー左隣のトップロープを掴み、体をジャンプさせてトップロープの上に両足で跳び乗る。続いて掴んでいたロープから腕を離してコーナー右隣のトップロープへと跳び移り、場外の方を向いた状態でロープに着地したあと体を横方向に180゜捻ってリングへとジャンプする。最後に空中で体を更に270゜前方回転させ、相手の体をセントーンの形でプレスする。
クワッケンドライバー
マイク・クワッケンブッシュが愛用していたフィニッシングムーブ。形はランス・ホイットが使っているブラックアウトと同型。
クワッケンドライバー2
マイク・クワッケンブッシュが使っていたフィニッシングムーブの1つ。ツームストンパイルドライバーの要領で抱え上げた相手の両足を交差させるように折り畳み、相手の首の後ろに左手を、折り畳んだ両足の上に右手をそれぞれ回す。そのあと体を軽くジャンプさせて尻餅をつく形でマットに着地し、上下逆さまの状態で落下させた相手の頭部を自分の両腿の間へ打ちつける。
クワッケンドライバー3
マイク・クワッケンブッシュが使っていたLSD3と同型の技。
クワッケンドライバー4
マイク・クワッケンブッシュが使っていた最終型のクワッケンドライバー。雁之助クラッチの要領で相手の背中を右腕で抱え込み、相手の体を軽く宙へと持ち上げながら自分の体を右方向に180゜捻る。そのあと相手の体を抱えたまま尻餅をつくように倒れ込み、上下逆さまの状態で落下した相手の後頭部や背中を自分の右サイドへと叩きつける。
軍曹発射
ロケットランチャー
グンバストンプ
PWGなどで活動中のプレイヤー・ウノが使っているコーナー最上段からのマッシュルームストンプ