.
マークアウト (1)
CZWのクリス・キャッシュが愛用していたカットスロートドライバーの名称。
マークアウト (2)
ROHなどで活躍した"リングクルーエキスプレス"のマルコスが愛用していたダブルリスト式のスイングネックブリーカー。向かい合った相手の右腕を左手で、左腕を右手で掴み、持ち上げた相手の右腕を自分の首の後ろに引っ掛ける。そのあと自分の体を左方向に錐揉み回転させて背中からマットに倒れ込み、その勢いで仰向けにひっくり返った相手の背中や後頭部をマットに叩きつける。
マークアウトモーメント
CZWで活動中のTJキャノンが使っているシューティングスター式フットスタンプ。コーナー最上段に登ったあとリングの方を向き直し、前方へ軽くジャンプするような感じでコーナーを蹴る。そのあと空中で体を360゜後方回転させながらリングに落下し、仰向けになった相手の腹部の上にフットスタンプの形で着地する。
マーク・オブ・エクセレンス
CMLLで活動中のマルコ・コルレオーネことマーク・ジンドラックがWWEで使っていたハイアングルのハリケーンクランチ。ソドムとして活動してたハッスルではソドムドライバー狂犬などと呼ばれていた。
マージャンスープレックス
DDTプロレスリングのHARASHIMAが披露した学生プロレスの伝統的なムーブ。まず前屈みになった相手の頭を自分の股の間に正面から挟み込み、相手の胴体を両手で抱え込んで両膝を軽く屈伸させる。そのあと相手を抱えたまま自分の体をブリッジさせて相手を後方に反り投げ、尻餅をつかせる形で相手をマットに叩きつける。この技では相手の両肩がマットにつかずフォールを奪えないので普段は使わないが、痔ろうを患っていた男色ディーノに対しては絶大な威力を発揮した。
マーダービンタ
IGFの鈴川真一が使っている相撲仕込みの強烈な張り手の呼び名。
マーダーボム
全日本プロレスに登場したゾディアックのフィニッシャー。形はアラバマスラムと同型で、小島聡率いる"F4"加入後はF4ボムと呼ばれていた。
マーダーライドショー
みちのくプロレスなどで活動中のバラモン・シュウ&バラモン・ケイが使うフォーリングフェイトと同型の技。
マーダーライドボム
プロレスリングFREEDOMSの葛西純が使っているハリケーンドライバー系のムーブ。まず変形デスバレーボムの要領で相手を両肩の上に担ぎ上げ、相手を担いだまま軽く助走をつける。そのあと左手で抱えていた相手の足を離しながら自分は尻餅をつき、上下逆さまの状態で前方に落下させた相手の体を自分の両足の間に叩きつける。
マーベリッククラッシュ
スイートシェーンミュージック
マーベロシティ
ワイルドシング
マイアミシャイン
新日本プロレスの高橋裕二郎が使うバボムと同型の技。かつて内藤哲也とのタッグチーム"NO LIMIT"で使っていたリミットレス・エポリューションから着想を得て開発された技であり、同じ発想から生まれた内藤のエボルシオンと全く同じ技となっている。
マイクチェック
Mr.アンダーソンが愛用しているフィニッシングムーブ。まず向かい合った相手の右脇に頭を潜り込ませ、相手の左肩の上に右腕を引っ掛ける。続いて相手の右足の脹脛に自分の右足をフックさせ、自分の体を前後に揺すって反動をつける。最後に相手の体を抱えたまま背中からマットに倒れ込み、その勢いで前のめりに倒した相手の顔や胸をマットに痛打させる。フラットライナーコンプリートショットの丁度中間に位置するような技である。
マイクボトム
PWIなどで活動していたマイケル・モデストのフェイバリットホールド。相手をチョークスラムの要領で持ち上げたあと背中からマットに倒れ込み、うつぶせの状態で落下させた相手の顔面をマットへ叩きつける。
マイキーボム
マイキー・ニコルスが使っているブルーサンダーの呼び名。
マイ☆ケ〜ル
DRAGON GATEのマイケル岩佐が愛用していた必殺技。まず前屈みになった相手の頭を自分の股の間に正面から挟み込み、左手で掴んだ相手の右腕を相手の背中の方に折り曲げる。そのあと相手の右腕を自分の腹で押さえながら相手の両足を交差させるように折り畳み、相手の足を右手で、腰を左手でそれぞれ抱える。最後に相手の体を垂直に持ち上げて尻餅をつき、相手の頭部をマットへ強かに打ちつける。戸澤塾に入塾し岩佐拓と名乗るようになってからは技の名前も戸澤塾最終奥義其ノ参・舞蹴○七に変化した。
マイケルドントクライ
中澤マイケルが使っているクロスアーム式のハングマンズホールド。向かい合った相手の右腕を左手で、左腕を右手で掴んだあと相手の体を右方向に180゜回転させ、交差させた相手の両腕を相手の喉元に引っ掛ける。そのあと自分の体を左方向に捻って相手と背中あわせになり、左膝をマットにつきながら体を前傾させて相手の首を締め上げる。
マイケルノーモアクライ
中澤マイケルが愛用するオリジナルサブミッション。向かい合った相手の右腕を左手で、左腕を右手で掴んだあと自分の体を右方向に捻って相手に背中を向け、左膝をマットにつきながら掴んでいた腕を引っ張る。そしてその勢いで相手の体を前方へと巻き投げ、背中からマットに叩きつけた相手の体をうつ伏せに引っくり返す。最後に交差させた相手の両腕を相手の喉元へと引っかけ、自分の体を前方にブリッジさせて相手の首や背中を締め上げる。
迷子の子猫ちゃん
田中稔が編み出したコンビネーション。相手の体を投げっ放し式のタイガースープレックスで放り投げ、起き上がろうとする相手の側頭部に追撃のバズソーキックを叩き込む。
舞い盛り
みちのくプロレスや大阪プロレスで活動中の男盛が使うスワンダイブプランチャの名称。
マイバッハプレス
プロレスリング・ノアのマイバッハ谷口が使うダイビングボディープレスの呼び名。
マイバッハボム
マイバッハ谷口が使っているドクターボム系のパワーボムで、かつては変形パワーボムと呼ばれていたムーブ。相手を抱え上げたあとに尻餅をつく通常のドクターボムと違い、テスト式パワーボムのように膝をつきながら相手を落とすか、マット目掛けて相手を投げ捨てる感じで技を仕掛ける。
マイバッハボム・ツヴァイ
マイバッハ谷口が愛用しているジャーマンスープレックスのクラッチから仕掛けるF'n Slam。まず相手の背後に回り込んで相手の胴体に両腕を回し、相手の両足が自分の目線の高さまで来る程度に相手の体を抱え上げる。そのあと相手の胴体を抱えていた腕を放しつつ自身は尻餅をつき、仰向けの状態で落下してきた相手の背中を自分の両足の間に叩きつける。
マインドトリップ
ROHなどで活躍しているデイジー・ヘイズのフィニッシングホールド。相手を顔面のあたりからマットに叩きつけるスナップメアドライバーである。
マインドベンダー
WCWで活躍したクロウバーことデボン・ストームが使っていたモアイ・オブ・イースターと同型の技。
マウス
DRAGON GATEのB×Bハルクが使うカウンター式サマーソルトキック。まず走ってきた相手の正面で体をジャンプさせ、振り上げた右足の裏を相手の胸板に叩きつける。そのあと相手の胸板を足蹴にした勢いで体を360゜後方回転させ、相手の目の前に両足で着地する。技が決まったあと相手をクリオネに捕らえることが多い。
マウンテンクロス
新日本プロレスの天山広吉が使うクロスレッグ式の逆エビ固め
マウンテンゲート
クワイエット・ストームが大阪プロレスで松山勘十郎を相手に見せたムーブ。形は勘十郎が得意とする山門と同型であり、名前も"山門"という言葉をそのまま英語にしたものとなっている。
マウンテンボム
天山広吉が愛用するカウンターの水車落とし。走ってきた相手の右腕を左手で掴みながら相手の懐に体を潜り込ませ、内腿の方から相手の右腿の裏に右手を回して足を抱え込む。そのあと相手の腹部を右肩に乗せた状態で体を起こし、そのまま後ろに倒れ込んで相手を背中からマットに叩きつける。
マウントクック
NEO女子プロレスの田村欣子が使っていたフィニッシングホールド。相手の体をこうもり吊りの要領で逆さ吊りに担ぎ上げたあと上半身を横方向へと振り、自分の首を軸にして相手の体を横方向へ180゜旋回させる。そして自分の正面へとやってきた相手の左膝の裏に左手を回しながら尻餅をつき、落下させた相手の頭部を自分の両足の間へと打ちつけフォールを奪う。
マウントタニー
NEO女子プロレスのタニー・マウスが得意としていたクルスフィックスと同型の技。
マウントモーガンドロップ
WWEやTNAで活躍したマット・モーガンが愛用していた豪快なフィニッシングムーブ。まず相手の体をブレーンバスターの要領で垂直になるまで抱え上げ、相手の首の後ろに回していた自分の左腕を相手の右肩の上に引っ掛け直す。そのあと右手で掴んでいたタイツを引っ張ることで相手の体を振り子のように元の位置まで落下させ、勢いのついた相手の体をロックボトムの形でマットに叩きつける。別名ヘレベーターとも呼ばれる。
前落とし
新日本プロレスの田口隆祐が使っているモアイ・オブ・イースターと同型の技。自分の体を180゜捻ってマットに叩きつける旋回式のモアイ・オブ・イースターにはオデレータバスターという名前が付けられている。
前頭つぶし
ハッスルのモンスター・ボノが天龍源一郎を撃破した際に披露したエルボードロップの呼び名。大相撲で前頭までしか昇進できなかった天龍を皮肉ったネーミングである。
前蹴り
相手の側で片足を振り上げ、足の裏で相手の胸板を蹴り飛ばす打撃技。相手との間合いを取る為にキックボクシング系の選手が使っている。
マエストロ
メキシコマットで古くから使われているパワーボムに近い形のムーブ。前屈みになった相手の頭を自分の股の間に正面から挟み込み、腿の裏の方から相手の両足の間に自分の両手を差し込む。そのあと相手の右腕を左手で、左腕を右手で掴んで腕を上方向へと勢い良く引っ張り、その勢いで仰向けにひっくり返った相手を背中からマットに叩きつけそのままフォールを奪う。
魔界一のスプラッシュ
世界一のスプラッシュ
魔界落とし
ママの遺言
魔界カッター
武者返し
魔界スリーパー
新日本プロレスで結成された"魔界倶楽部"のメンバー、魔界5号が使っていた首極め腕卍固めと同型の技。
魔界ドライバー
魔界5号が使っていたエクスカリバーと同型の技。
魔界の断頭台
魔界4号&5号のタッグチーム、"破悧魔王'Z"が愛用していた合体殺法。魔界5号が相手をアトミックドロップの要領で肩に担ぎ上げ、コーナー最上段からジャンプした魔界4号が相手の首にエルボードロップを落とす。マスクを脱いで柴田勝頼&長井満也になるとギロチンインパクトに名前が変化。
魔界風車固め
魔界倶楽部の魔界1号が使っていた魔神風車固めと同型の技。
巻き込み式腕十字固め
DIAMOND RINGの佐々木健介が愛用していたサブミッション。向かい合った相手の右腕を左手で、左肩を右手でそれぞれ掴み、体をジャンプさせて相手の胴体を両足で挟み込む。そのあと足の力を使って相手の体を後ろに押し倒し、マットに背中をつけた相手の右腕を腕ひしぎ逆十字固めに捕らえる。
マキシマムオーバードライブ
KAIENTAI-DOJOのリッキー・フジが使っているリバースパイルドライバーと同型の技。
マキシマムドライブ
大阪プロレスの兜王ビートルが使っていた雪崩式のファルコンアロー
マキシマムボッシュ
PWGなどで活躍したクリス・ボッシュが使っていたフィニッシングムーブ。相手の胸板に右腕でリターンラリアットを叩き込みながらマットに左膝をつき、後ろに仰け反った相手の背中を立てた右腿の上に叩きつける。
マキシモイリミネーション
ホセ・マキシモ&ジョエル・マキシモの兄弟タッグチーム、"スパニッシュアナウンスチーム"が愛用しているトータル・イリミネーションと同型の技。
マキシモエクスプロージョン
ジョエル・マキシモが使っているブルズポセイドンと同型の技。
マキシモオーバードライブ
ジョエル・マキシモが愛用する師匠マイキー・ウィップレック直伝のフィニッシャー。リバースフルネルソンに捕らえた相手の体をカナディアンバックブリーカーの形で右肩に担ぎ上げ、抱えていた相手の上半身を下方向へと引っ張る。そしてその勢いで相手の体に180゜の後方回転を加え、回転する相手の体を自分の正面へと落下させる。最後に相手を抱えたままマットに尻餅をつき、うつぶせの状態になった相手の体を自分の両足の間へと叩きつける。
巻き投げ固め
WRESTLE-1のカズ・ハヤシが見せた丸め込み技。まず向かい合った相手に背中を向けるように体を捻って相手の右腕を右手で肩越しに掴み、右半身からマットに倒れ込む勢いで相手の体を一本背負いのように巻き投げる。そのあと背中からマットに落下した相手の上に仰向けの状態で横たわり、相手の頭を右手で、右足を左手でそれぞれ抱え込んで相手から3カウントを奪う。
マクギリカッター
カート・ヘニングの息子であり、現在はWWEで活動中のマイケル・マクギリカティが愛用する変形のスイングネックブリーカー。まず助走をつけて相手に左サイドから近づいて相手の頭の後ろに左手を、顎の下に右腕をそれぞれ持って行き、相手もろとも体を左方向へ180゜捻って相手の顔を天井の方に向かせる。そのあと自分の体だけを左方向へ更に捻って相手の喉に右腕を引っ掛けたまま前のめりに倒れ込み、その勢いで後ろに転倒させた相手の後頭部をマットへ叩きつける。リングネームをカーティス・アクセルに改めた現在は、技の名前もターニングヘッズに変化している。
マグザム
プロレスリング・ノアの小峠篤司が愛用するフィニッシングムーブ。まず相手の首をランニングエースクラッシャーの要領でキャッチし、マットを両足で蹴って体を大きくジャンプさせる。そのあと走ってきた勢いを生かして自分の体を空中で旋回させ、相手をエースクラッシャーの形でマットに叩きつける。
マグショット
WWEのJTGが使っていたオリジナルムーブ。コーナーへとハンマースルーした相手を追いかけるように自分も助走をつけ、相手が寄りかかったコーナーのセカンドロープに飛び乗って相手の頭を両手で抱え込む。そのあと後ろに飛び退く感じでジャンプして両膝からマットに着地し、その勢いで前のめりに倒れ込んだ相手の顔面をマットへ痛打させる。
マグマスプラッシュ
九州プロレスなどで活躍中の阿蘇山が使う、"噴火するばい!"の掛け声と共に放たれるダイビングボディープレス
マグマドロップ
阿蘇山が愛用している必殺技の1つ。形はバンザイドロップと同型で、技が決まると頭の火山から噴煙が立ち昇る。
マグロダイナマイト
みちのくプロレスで活動中の卍丸が愛用しているデンジャラスムーブ。B・BLUEの要領で2つの机をセッティングしたあと相手と共にコーナー最上段へ登り、雪崩式のファイヤーサンダーを放って相手の体をリングに設置した机の上へと叩きつける。
鮪の活き造り〜サビ抜き
パイナップル華井が大間まぐ狼を仕留める際に用いた羽根折り脇固めの名称。
マザーネイチャー
ワールド女子プロレス・ディアナに登場したアンドレアル・マザーの必殺技。形はストレッチボムと同型。
マザーファッカー (1)
DDTプロレスリングの猪熊裕介が使っていたLSD3と同型の技。
マザーファッカー (2)
WRESTLE-1の土肥孝司が使っているFFFと同型の技。
マザーファッキンボム
CZWのザンディグが愛用するフィニッシングムーブ。ミリタリープレスの要領で持ち上げた相手の首の後ろに左手を、股に右手をそれぞれ回し、相手をみちのくドライバー2の形でマットへ叩き落とす。
マザーファッキンボム
イリュージョン
マサダマイザー
CZWなどで活動中のMASADAが使っているデスバレーボムの呼び名。
マサドーラ
栗原あゆみが使っていたシンプシエロン・ロス・アギレスと同型の技。
マサパック
プロレスリングWAVEのGAMIが使っていた飲み友達の名前を冠した丸め込み技。まず四つん這いになった相手の左サイドに移動して首の後ろに左手を、右腿の裏に右手をそれぞれ回し、自分の体を前方回転させる勢いで相手の体を仰向けに引っくり返す。そのあと背中をマットにつけた相手の首と右足を抱きかかえるように両手をクラッチし、相手の左足に自分の右足をフックさせてフォールを奪う。
マサヒロ・タナカ
新日本プロレスのKUSHIDAが使っている伊良部パンチと同型の技。名前はニューヨーク・ヤンキースで活躍中のメジャーリーガー、田中将大に由来している。
マシーサルト
IWSのエクセス69が使っていたムーンサルトアバランシュバスターと同型の技。
マジェスティ
プロレスリング・ノアの小峠篤司が使っているオリジナルの丸め込み技。まずメサイヤの要領で相手の頭を左脇に抱え込み、下半身を右方向へと振りながら相手の左腿を右手で外側から抱え込む。そのあと背中からマットに倒れ込む勢いで相手の体を前方へと転がし、両肩をマットにつけた相手の右足に自分の右足をフックさせてフォールを奪う。
マジックカーペットライド
WWEやTNAで活躍したシーク・アブドゥル・バシールことショーン・デバリが愛用しているフィニッシャー。相手を仰向けに倒したあと巨大なカーペットを持ってコーナー最上段に登り、カーペットの両端を両手で掴む。そしてカーペットを大きく広げながらリングへジャンプし、相手にフロッグスプラッシュを叩き込む。
マジックキラー
ジャイアント・バーナード&トラヴィス・トムコが開発し、現在はカール・アンダーソン&ドク・ギャローズが愛用しているコンビネーション。トムコがブレーンバスターの要領で相手の体を軽く抱え上げ、トムコの正面にいたバーナードの右肩の上に相手の両足を着地させる。そのあとトムコが体を右方向に、バーナードが体を左方向に捻って2人同時に背中からマットへ倒れ込み、その勢いで仰向けに引っくり返った相手の背中や後頭部をマットへ叩きつける。
マジックスクリュー
新日本プロレスの永田裕志が使っているエゴトリップと同型の技。
マジックミラーGO!
新日本プロレスの田口隆祐が披露した丸め込み技。背後から相手に近づいて相手の両目を両手の手の平で覆い隠し、視界を遮られて狼狽する相手の体をジャーマンキラーの要領で瞬時に丸め込む。
摩周
大日本プロレスで結成された山川竜司と本間朋晃のタッグチーム、"BJジャックス"が使っていたコンビネーションムーブ。形はスタックプレックスと同型。
摩周WX
山川竜司とシャドウWXが使っていたムーブ。リングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、WXが山川を肩車して相手に近づく。そのあと山川がコーナー上の相手をダブルアームスープレックスの要領で反り投げ、相手の背中を強かにマットへ叩きつける。
摩周2000
山川竜司と本間朋晃のタッグチーム、"BJジャックス"が使っていた進化バージョンの摩周。リングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、本間が山川を肩車して相手に近づく。そのあと山川がコーナー上の相手をバックフリップで反り投げ、相手の背中を強かにマットへ叩きつける。
マシュマロヘッジホッグ
SECRET BASEの清水基嗣が闘龍門時代から愛用しているクロスレッグ式のキャトルミューティレーション。まず仰向けになった相手の右足を右手で、左足を左手で掴んで両足を交差させ、掴んだ両足を相手の頭の方へ持っていく勢いで相手の体を後転させる。続いて胡座をかく格好になった相手の背後に回り込み、相手の上半身をタイガースープレックスのクラッチで抱える。最後に相手の頭を飛び越すような感じで自分の体を前方にブリッジさせ、相手の体を上から圧迫して相手の首・肩・足などを複合的に痛めつける。
魔性のスリーパー
新日本プロレスの飯塚高史が使っているスリーパーホールドの呼び名。村上和成をこの技で失神させた時からフィニッシュとして認知されるようになった。
魔女の一撃
プロレスリングWAVEなどで活動中の志田光が使っているオリジナルムーブ。まず相手の体をファイヤーマンズキャリーの要領で肩に担ぎ上げ、リングに背を向けた状態でコーナーのセカンドロープへよじ登る。そのあと体を軽く前傾させて相手を前方に振り落としながら自分はリングに飛び降り、仰向けの状態で落下した相手の背中をコーナー最上段のターンバックルに打ちつけさせる。魔女の一撃とはぎっくり腰を意味する言葉であり、当の志田もこの技を開発する直前にぎっくり腰を患っている。
魔神風車固め
新日本プロレスの平田淳嗣が使う難易度の高いスープレックス。まず前屈みになった相手の左腕を左手で掴んで折り曲げ、相手の左脇に胸の方から差し込んだ右手で相手の左腕を掴む。そのあと自由になった左手を相手の首の後ろに回して体をブリッジさせ、後方に反り投げた相手を背中からマットに叩きつけてフォールを奪う。
マシンラリアット
平田淳嗣がスーパーストロングマシンとして活動していた頃から愛用しているラリアットの呼び名。腕を軽く回してから助走をつけ、腕の力だけで殴り倒すように相手にぶつかっていく。
麻酔のスリーパー
男盛が松山勘十郎との"真・日本男児七番勝負"で披露した恐怖の必殺技。股間から取り外したファールカップを相手の口元に被せ、その臭いで相手を瞬時に失神へと追い込む。
マスカレード
沖本摩幸が使うファイヤーバードスプラッシュの名称。
マスキュラーボム
DRAGON GATEの土井成樹が使っているDELIKADOと同型の技。
マスキュラー・ラナ
DRAGON GATEの横須賀享が土井成樹とのシングルマッチで見せたデンジャラスな切り返し技。相手にマスキュラーボムで抱え上げられた際に自分の体を素早く前屈させ、相手の股の間を潜り抜けつつ相手の右足を右手で、左足を左手で掴む。そのあと自分の体に180゜の前方回転を加えることで技を仕掛けてきた相手の体を上下逆さまにひっくり返し、尻餅をつくように着地すると同時に宙に浮き上がった相手を頭からマットに突き刺す。
マスク・オブ・サニティ
ランス・アーチャーことランス・ホイットがWWE時代から使用するリバースDDTと同型の技で、別名はブルズアイブリティッシュフォールと同じ仕掛けから技へ移行することも多く、新日本プロレス参戦後はファイナルデイズダークデイズと次々と呼び名を変化させている。
マスターロック
WWEで活躍したクリス・マスターズのフィニッシングホールド。フルネルソンに捕らえた相手の体を左右に大きく揺さぶったあと相手の体をリフトアップし、膝からマットに落とした相手の体に体重を掛けて首と肩を圧迫する。旧名はアイアンクロスであり、アメリカン・アドニスとして活動しているRing Ka Kingではアドニスロックと呼ばれている。
マスタッシュライド
PWGなどで活躍中のジョーイ・ライアンが愛用する雪崩式のスイングネックブリーカー。まずブレーンバスターの要領で軽く抱え上げた相手の両足をコーナー右隣のセカンドロープに乗せ、相手の体から腕を離して自分はコーナー左隣のセカンドロープにリングの方を向いたまま登る。続いて前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、相手の左腕を右手で掴む。最後に自分の体を右方向に捻りながらリングへとジャンプし、その勢いで仰向けにひっくり返りながら落下した相手の背中や後頭部をマットに叩きつける。
マステルコルテ
JDスター女子プロレスで活躍した香川照子のフィニッシャー。うつ伏せになった相手の首と左腕を横三角締めの要領で捕らえ、更に両手で掴んだ相手の右腕を関節と逆方向に反り上げる。
マスドライバー
鈴木鼓太郎が使っている必殺技の1つ。まず相手の体をアクシズの要領で後ろへ放り投げ、自分の体を左方向に180゜捻って相手を投げ飛ばした方へと視線を向ける。そのあとうつぶせの状態で落下する相手の首の後ろに左腕を回して背中からマットに倒れ込み、相手の頭部をDDTの形で自分の左サイドに打ちつける。
股固め
アジャ・コングが広田さくらとの戦いの中で偶然生み出したサブミッション。卍固めを仕掛けてきた広田の右足を自分の股の間に挟み込み、首の後ろに掛けられた広田の左足を右手で掴む。そのあと両足を極めたまま上半身を起こし、技を仕掛けてきた広田の股を裂いて逆にギブアップを奪う。
跨ぎ式アンクルホールド
DDTプロレスリングの彰人が使っているアンクルホールドの要素を加えた逆片エビ固め。相手の左足をアンクルホールドに捕らえたあと自分の体だけを右方向に180゜捻り、相手の頭の方に背中を向けながら相手の背中を両足で跨ぐ。そして相手の足を抱えたまま体の重心を後ろに大きく傾け、相手の左足の靭帯を痛めつけると同時に相手の背中を反り上げる。
股裂き式アンクルホールド
彰人が使っているアンクルホールドのバリエーションの1つ。正面から相手の左足の内側に左足をフックさせて相手の背後に回り込み、相手の右足を両手で掴んで相手もろとも後ろへ倒れ込む。そのあと背中をマットにつけた相手の左腿を両足でがっちりと挟み込み、更に相手の右足をアンクルホールドに捕らえて相手の股を裂きながら右足の靭帯も痛めつける。
股割り固め
DRAGON GATEのスペル・シーサーがメタボリック体型のカツオを相手に披露したサブミッション。形はキャトルイミテーションと同型。
マチュピチュ
DDTプロレスリングのKUDOが使うロープを活用したリバースパロスペシャル。セカンドロープにうつ伏せの状態で凭れかかった相手の背中におんぶをするように飛びつき、相手の背中に跨りながら相手の右腿の内側に右足のつま先を、左腿の内側に左足のつま先をそれぞれ引っ掛ける。そのあと相手の右腕を右手で、左腕を左手で掴んで腕を関節と逆方向に反り上げ、そのまま体重をかけて相手の体を痛めつける。
マッキャンバスター
みちのくプロレスに登場したマスクド・ドデカミンのフィニッシャー。形はコークスクリューネックブリーカーと同型。
マック
NEO女子プロレスの松尾永遠が愛用していた丸め込み技。まず人工衛星ヘッドシザーズの要領で相手の首に両足を絡みつかせ、相手の左横を通り抜けるように体を旋回させて相手の背後へと回り込む。そのあと首を挟んでいた両足のロックを解き放ちながら相手の股の間に右腕を差し込み、相手の体をスクールボーイの形で丸め込んでフォールを奪う。
マックスペイン
大阪プロレスのゴアが使っていた必殺技。まずオクラホマスタンピードの要領で相手を右肩に担ぎ上げ、相手の首の後ろに左手を添え直す。そのあと相手を抱えたまま右半身からマットに倒れ込み、うつ伏せの状態で落下させた相手の体を自分の右サイドへと叩きつける。
マックターミネーター
WWEのシェイン・マクマホンが使っていたヴァンターミネーターと同型の技。座り込んだ相手の顔の前にスチール製のゴミ箱などを置いた状態で技を放つことが多かった。
マッケンロー
新日本プロレスの中西学がテニスのフォアハンドから編み出した打撃技。相手の左サイドでマットに右膝をつき、右腕を後ろに大きく振りかぶる。そのあと体を左方向へと捻りながら腕を振り抜き、右腕で相手の左膝の裏を殴打して相手を豪快に薙ぎ倒す。
マッシュルームストンプ
ROHやWWEで活躍したポール・ロンドンのオリジナルムーブ。リングの方を向いたままコーナーのセカンドロープに登って体をジャンプさせ、前屈みになった相手の後頭部や背中を両足でフットスタンプ気味に踏みつける。
まっすぐとぶばい
九州プロレスの筑前りょう太が使う、その名の通り自分の体をまっすぐにした状態で放つダイビングボディープレス。気をつけの姿勢でコーナー最上段からリングへとジャンプし、相手とぶつかる寸前に両腕を前へと伸ばして相手をプレスしていく。
マッスルエクスプロージョン
全日本プロレスで活躍中のゼウス&ボディガーのタッグチーム、"ザ・ビッグガンズ"が使っているコンビネーション。コーナーに背を向けたボディガーが相手の体をパワーボムで持ち上げ、ボディガーの背後にあるコーナーに向かってゼウスが走り出す。そのあとコーナー最上段に飛び乗ったゼウスが体をリングの方に翻すようにジャンプし、ボディガーが抱えた相手の喉元へ豪快なダイビングラリアットを叩き込む。
マッスル・シェイク・パワースラム
DRAGON GATEに登場したスコット・リードが見せた横1回転式のパワースラム。まず走ってきた相手の体をパワースラムの要領でキャッチし、相手を抱えたまま自分の体を左方向に360゜横回転させる。そのあと体を左方向に更に捻りながら相手に浴びせかかるように前のめりに倒れ込み、落下させた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
マッスルロック
DDTプロレスリングのマッスル坂井が愛用していたフルネルソンの名称。
マッチキラー
WWEのセザーロがクラウディオ・カスタニョーリ時代に使っていたオリジナルフェイスバスター。まず胸の方から相手の左脇に右腕を差し込み、自分の体を左方向に軽く捻って相手に背中を向ける。続いて内腿の方から相手の右腿の裏に左手を回して自分の体を前屈みにし、相手をうつぶせの状態で背中に背負い上げたあと自分の上半身を右方向に軽く捻って反動をつける。最後に上半身を左方向に振りながら掴んでいた左足を離し、その勢いで自分の正面にやってきた相手の体をXファクターの形でマットに叩きつける。相手を背中に背負い上げたあとその場でぐるぐると体を回転させてから技に移行することが多い。
マッチョ☆エルボー
覆面MANIAなどで活動中のマッチョ☆パンプが愛用しているムーブ。肘を落とす前にボディビルのダブルバイセップスのポーズを決めるピープルズエルボーである。
マッチョ☆クラッチ
マッチョ☆パンプが使っているヨーロピアンクラッチの呼び名。
マッチョネックスナップ
WWE NXTで活躍するオースチン・エリーズの得意技。トップロープにうつ伏せの状態で凭れかかる相手の背後に助走をつけて近づき、相手の頭を両手で掴みながら体をジャンプさせる。そしてそのままトップロープの上を跳び越えて場外へと落下し、その反動を使って相手の喉をトップロープに勢い良く打ちつける。
マッチョ☆バスター
マッチョ☆パンプが愛用している変形のフィッシャーマンバスター。リングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、前屈みになった相手の首の後ろに左腕を回す。そのあと交差させた相手の両足を右手で抱えて相手を垂直に持ち上げ、背中から倒れ込むと同時に相手の背中をマットへと叩きつける。
マッチョバディボム
FMWで活躍した冬木弘道が愛用していた投げっぱなし式のブルーサンダー。相手をブルーサンダーの要領で抱えあげたあと自分は立ったまま腕のロックを外し、前方に投げ捨てた相手の背中を豪快にマットに叩きつける。
マッチョ☆ボトム
マッチョ☆パンプが使っているロックボトムと同型の技。
マッドサイエンティストボム
CHIKARAのマイク・クワッケンブッシュが使っていた得意技。相手がヨシタニックを仕掛けてきた際に両足で踏ん張って技をこらえ、背中に馬乗りになった相手の右足を左腕で、左足を右腕でしっかりと抱え込む。そのあと体を素早く前傾させながら相手の足を抱えていた腕を離し、前方へと振り落とした相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
マッドスプラッシュ
DRAGON GATEのCIMAが闘龍門時代から愛用している絶対的なフィニッシングホールド。まずコーナー最上段へ登ってリングの方を向き直し、ロープを蹴ったあと空中で両足を開脚しながら両腕を真下に振る。そのあと両腕を振り上げる反動を利用して体を大きく伸ばし、仰向けになった相手の体をボディープレスしてフォールを奪う。
マッドマウス
スポルティーバ・エンターテイメントの佐藤泰が使うキッチンディスポーザーとほぼ同型の技。担ぎ上げた相手の左足に右足を引っ掛けて足を刈り取り、相手の体に勢いを付けながら技を仕掛けるのが特徴。
マッハ!
みちのくプロレスのザ・グレートサスケが愛用するオリジナルムーブ。助走をつけたあと相手の側で高々と飛び上がり、折り曲げた右腕を前屈みになった相手の後頭部目掛けて叩きつける。
マッハ蹴り
ブラジリアンキック
まっぷたつ
KAIENTAI-DOJOの柏大五郎が使うキャメルクラッチの名称。新日本プロレスのキャプテン・ニュージャパンに感化されたキャプテン大五郎に変身した際には、両手を天に掲げる"キャプテンチャージ"からのまっぷたつをカリビアン・デス・まっぷたつという呼び名で使用している。
まっぷたつ2006
柏大五郎が2006年に使い始めた拷問式キャメルクラッチ。まずうつ伏せになった相手の頭の方を向きながら相手の背中の上に跨り、右手で掴んで持ち上げた相手の右腕を自分の右腿の上に、左手で掴んで持ち上げた左腕を左腿の上にそれぞれ引っ掛ける。そして相手の顔面に右手の掌を押し付けて相手の視界や呼吸を塞ぎ、左手で自分の右手首を掴んだあと相手の背中を弓なりに反らせてタップを奪う。
松山千本桜
松山勘十郎が使っている歌舞伎の"飛び六方"を取り入れたムーブ。仰向けに倒した相手に右足でけんけんしながら近づき、相手の胸板にエルボードロップを叩き込む。
マテマティカ
"数学仮面"エル・マテマティコの必殺技。前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、右手で掴んで持ち上げた相手の左腕を自分の首の後ろに引っ掛ける。続いて外腿の方から相手の左腿の裏に右手を、右腿の裏に左手をそれぞれ回して体を起こし、相手を上下逆さまの状態で肩の上に担ぎ上げる。最後に相手を担いだまま自分の体を大きく揺さぶり、相手の首・腰・股関節などを複合的に痛めつける。その形状から別名傘固めとも呼ばれる。
マテマティカバスター
気仙沼落とし
マテリアル
MIKAMIが愛用している難度の高い空中技。コーナー最上段からムーンサルトプレスの要領で跳躍したあと体を軽く捻り、仰向けになった相手の胸板にエルボードロップを叩き込む。
的場落としバージョン2.8
大阪プロレスのタイガースマスクが使っていたナイトメア・オン・ヘルムズストリートの呼び名。
まとめて
ZERO1の田中将斗がタッグマッチで見せる定番のムーブ。対戦相手の1人をDDTの体勢に捕らえ、背後から近づくもう1人の対戦相手の腹部にバックキックを叩き込んで動きを止める。そのあと動きの止まった相手の首をスタナーの要領で捕獲し、そのまま尻餅をつくことで1人にDDT、もう1人にスタナーをまとめて決める。
まとめてバージョン2
田中将斗が2006年に公開した新型のまとめて。コーナーのセカンドロープによじ登りながらコーナー上の対戦相手を雪崩式エースクラッシャーの体勢に捕らえ、マットに向かって自分の体を大きくジャンプさせる。そのあと揃えた両足で残りの対戦相手の胸板にミサイルキックを叩き込み、コーナーから引きずり落とした相手の体をうつ伏せの状態でマットに叩きつける。
マトリックス
新日本プロレスのタイチが愛用している打撃技。コーナーにハンマースルーした相手を追いかけるように助走をつけ、相手が寄りかかったコーナーのセカンドロープに左足を乗せる。そしてロープを踏み台にしてジャンプしたあと体を左方向に捻り、振り上げた右足の甲で相手の左側頭部を蹴り飛ばす。
マトリックス2
タイチが使っている改良型のマトリックス。マトリックスの要領で跳躍したあと空中で両膝を折り畳み、鋭く突き出した両足で相手の胸板にドロップキック気味の打撃を叩き込む。
マナバウアー
トリノ五輪・女子フィギュアスケート金メダリストの荒川静香が使うイナバウアーにインスパイアされた中西学が使い始めたムーブ。まずアルゼンチンバックブリーカーで相手を肩の上に担ぎ上げ、自分の体を左右に大きく揺さぶる。そのあと肩から下ろした相手を一旦マットに着地させ、間髪入れずに相手の背後を取ってジャーマンスープレックスホールドを決める。
マナバウアー・バージョン2
中西学がその存在を明かした改良型マナバウアー。マナバウアーの要領で揺さぶった相手の体をマットに降ろさず、肩の上で相手の腰をしっかりと抱え込む。そのあと体をブリッジさせて相手を後方に反り投げ、相手を急角度のジャーマンスープレックスホールドでマットに叩きつけてフォールを奪う。
マニアックボム
大日本プロレスなどで活躍したマニアック・ジョージが使っていたT-クラッシュの名称。
マナミロール
ロッキーフェイスボトム
マネー・イン・ザ・バンク
ECWやWCWで活躍したEZマニーが使っていたブルズポセイドンと同型の技。旧名はペイウィンドウ
マネークリップ (1)
シアキリプス
マネークリップ (2)
ドラゴンウィップ
マネーショット
WWEのバル・ヴィーナスが愛用していたフィニッシングホールド。190cmを超える巨体から放たれる重量級のダイビングボディープレスである。
マネードロップ
キッド・キャッシュがECW時代から愛用している垂直落下式ブレーンバスターと同型の技。WWEではデッドレベルと呼ばれていた。
マネーメイカー
キッド・キャッシュが愛用するダブルアーム式パイルドライバー。リバースフルネルソンに捕らえた相手の体を垂直になるまで持ち上げ、腕をロックしたまま尻餅をついて相手の頭部を自分の両腿の間へ打ちつける。
マバタキ
みちのくプロレスのラッセが使う各種丸め込み技の総称。この技を駆使して2006年の鉄人トーナメントを見事制覇した。
マハラジャ
プロレスリング・ノアのHi69が愛用している必殺技。相手をファイヤーマンズキャリーの要領で肩に担ぎ上げ、軽く助走をつけたあと相手の頭がある方向に体を傾けながらジャンプをする。そのあと下半身を下から押し上げることで相手の体をマットに対して垂直にし、尻餅をつくように着地すると同時に上下逆さまの状態になった相手の体を自分の左サイドへと叩きつける。師匠であるTAKAみちのく越えを初めて果たした際の決め技でもある。
マヒカ・デ・イオ
スターダムで活動中の紫雷イオが使うマヒストラルからのレッグロールクラッチ。相手の体をラ・マヒストラルの要領で丸め込んだあと自分だけ起き上がり、エビ固めの形で丸まった相手の顔の方に背中を向ける格好で相手の両足の上に跨る。そして相手の右足に右足を、左足に左足を絡めながら自分の体をブリッジさせ、そのまま相手を押さえ込んで3カウントを奪い去る。
マヒカ・デ・マユ
スターダムの岩谷麻優が使っているウイングクラッチホールドと同型の技。
マフィアキック
ケンカキック
マフドライバー (1)
CZWなどで活躍していたドリュー・ブラッドのフィニッシングホールド。まず相手の背後に回り込んで腿の裏の方から相手の股の間に両腕を差し込み、相手の右腕を右手で、左腕を左手でそれぞれ掴む。続いて掴んだ両腕を自分の方へと勢い良く引っ張り、その勢いで前方回転する相手の両腕から腕を離す。最後に宙に浮き上がった相手の胴体を両手で抱え込んで正座をするように両膝を折り、相手の頭部をツームストンパイルドライバーの形でマットに突き刺す。
マフドライバー (2)
ROHで活動中のレット・タイタスが使っているレーザーズエッジと同型の技。
マフラークラッチ
大蛇
魔法少女キック
東京女子プロレスの坂崎ユカが使うブレイジングアローと同型の技。
魔法少女スプラッシュ
坂崎ユカが使っているスワンダイブプレスと同型の技。持参した小型のホウキを手にしてトップロープによじ登り、そのホウキに跨るような格好でジャンプして技を決めることも多い。
魔法少女プランチャ
坂崎ユカが使う宇宙人プランチャと同型の技。
西田秀樹が使っていたデジャヴと同型の技。
ママ越えプレス
ボノちゃんプレス
ママの遺言
ハッスルのボノちゃんが披露した雪崩式のバックフリップ。別名は魔界落とし
マムシの生殺し
新日本プロレスの中西学が2007年のG1クライマックス前に考案した、首へのダメージを重視しているキャメルクラッチ。キャメルクラッチに捕らえた相手の顎を左手で、頭頂部を右手でそれぞれ掴み、相手の頭を無理やり右方向へと捻って首を痛めつける。
マムシバイス
DDTプロレスリングのポイズンJULIE澤田が使っていたXミッションと同型の技。
豆泥棒
DDTプロレスリングのマサ高梨が使っているダーティーなムーブ。丸め込み技の切り返し合戦で自分が上になった時に近くにあるロープを掴み、レフェリーの目を盗んで相手から3カウントを奪い去る。
マヤ式スープレックスホールド
ウルティモ・ドラゴンが使うデルフィンスペシャル1号と同型の技。
魔夜ショット
KAIENTAI-DOJOの境魔夜が得意としていたフラットライナーの名称。
マラハ・イサッパ
DRAGON GATEの斎藤了&堀口元気が愛用しているコンビネーション。まずロープに振った相手を斎藤が伏せかわし、堀口がリープフロッグで相手の頭の上を跳び越える。続いて再びロープの反動をつけて戻ってきた相手の腹部に堀口がトーキックを決め、相手の側面にあるロープに跳んだ斎藤が相手の顔面にジャンピング式のココナッツクラッシュを叩き込む。最後に相手の背後にあるロープに跳んだ堀口が前屈みになった相手の顔面をフェイスクラッシャーでマットに叩きつけ、うつ伏せになった相手の顔面に斎藤がロープの反動を利した低空のドロップキックを打ち込む。マラハは"侍"を意味するアラビア語、イサッパは"もう一度"という意味を持つカリブの言葉であるとのこと。
マ・ラヒストラル
DDTプロレスリングの男色ディーノが使う男色式のラ・マヒストラル。まず四つん這いになった相手の左サイドに移動して相手の股間を右手で鷲掴みにし、相手の足の後ろを通り抜けて相手の右サイドへと移動する。そのあと右足で相手の体を跨いで相手の背中の上に馬乗りになり、相手の股間を左手で掴み直す。最後に自分の体を左方向へと転がす勢いで相手を仰向けにひっくり返し、両肩をマットにつけた相手を押さえ込んでフォールを奪う。
マリア
DRAGON GATEで活動しているEita、T-Hawk、U-Tのユニット、"ミレニアルズ"が使うラグナロクと同型の技。この技で叩きつけた相手に対してEitaとU-Tが同時にスタンディングムーンサルトを仕掛け、仰向けになった相手の体を2人がかりでプレスしていく。
マリアッチーノ
CMLLジャパンなどで活躍したエル・マリアッチが使っていたジャベ。仰向けになった相手の下半身をインディアンデスロックに、上半身をリバースフルネルソンにそれぞれ捕らえ、自分の背中がマットにつくように体を転がして相手からギブアップを奪う。
マリーンズスープレックスホールド
2代目マリーンズマスクが使っていた必殺技の1つ。リストクラッチ式エクスプロイダーの要領で相手の体を抱え、体をブリッジさせた勢いを利用して相手を後方へと反り投げる。そして相手の背中をマットに叩きつけたあともブリッジを崩さず、そのまま相手の体を押さえ込んで3カウントを奪い去る。
マリーンズスプラッシュ
2代目マリーンズマスクが愛用していたフロッグスプラッシュの呼び名。
マリーンズトルネード
KAIENTAI-DOJOに登場した初代マリーンズマスクの必殺技。相手をオクラホマスタンピードの要領で肩に担ぎ上げたあとその場でぐるぐると体を回転させ、一定回数回ったところで両膝をつくように倒れ込んで相手の背中をマットへと叩きつける。
マリーンズトルネードスプラッシュ
2代目マリーンズマスクが使っていた華麗な空中殺法。相手を仰向けに倒したあとエプロンへと移動してトップロープを両手で掴み、体を左方向へ180゜捻るようにジャンプしてロープから腕を離す。そしてリングに背を向けた状態でトップロープの上に飛び乗り、そこから体を左方向へ更に180゜捻ってリングへとジャンプする。最後に空中で体を450゜前方回転させながら相手の上に落下し、相手の体を豪快にボディープレスしてそのままフォールを奪う。
マリーンズボム
KAIENTAI-DOJOの初代マリーンズマスクが愛用していたフィニッシングホールド。形はスパイラルボムと同型。
麻里子スパイク
JWP女子プロレスのプラム麻里子が得意としていた変形のフィッシャーマンバスター。まず前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、右手で掴んで持ち上げた相手の左腕を自分の首の後ろに引っ掛ける。続いて内腿の方から相手の左腿の裏に右手を回し、相手の体を垂直になるまで持ち上げる。最後に相手を抱えたまま背中からマットに倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の体をマットに叩きつける。
マリコマジック
吉田万里子が全日本女子プロレス時代に愛用したラ・マヒストラルの名称。
マリトマバスター
梶トマトと2代目マリーンズマスクが披露した合体式の変形フィッシャーマンバスター。まず相手の右サイドに陣取ったマリーンズマスクが相手の右腕を両手で、左サイドに陣取った梶が左腕を両手で掴んで腕を捻り上げ、相手の背後を通り抜けながら2人がそれぞれ逆サイドへと移動して掴んでいた両腕を相手の背中で交差させる。続いてマリーンズマスクが左手で掴んで持ち上げた相手の左足を、梶が右手で掴んで持ち上げた相手の右足をそれぞれ自分の首の後ろへと引っかけ、高々とリフトアップした相手の首の後ろにマリーンズマスクが左手を、梶が右手を添え直す。最後に相手の体を抱えたまま2人同時に背中からマットに倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の後頭部や背中をマットへ強かに打ちつける。
マリポーサ・トペ・コン・ヒーロ
グラン浜田が得意とするプランチャ・コン・ヒーロと同型の技。
マリモ固め
ハッスルのスーパーマリモが使っていた急所蹴りからのスクールボーイ
マリンスパイク
スターダムの宝城カイリが愛用する必殺技。形はロージャックと同型。
まるコロリン
アイスリボンの長崎まる子が使っている丸め込み技。腿の裏の方から相手の股の間に差し込んだ右手で相手の左腕を掴み、相手の右脇の下を潜って相手の正面へと回り込む。そのあと相手の背後の方へと視線を向けながら相手の右腕を左手で抱え、相手の両腕を極めたまま自分の体を素早く前転させる。最後に後ろにひっくり返って両肩がマットにつく格好になった相手の両足を両手で押さえつけ、そのまま相手をホールドして3カウントを奪う。
マルタ式バックブリーカー
WWFで活躍したバロン・シクルナが使っていた豪快なバックブリーカー。まず相手の左脇に背中の方から右腕を差し込み、自分の体を左方向に軽く捻って相手と背中合わせになる。続いて相手の右脇に背中の方から左腕を差し込み、相手を背中に背負い上げるようにリフトアップする。最後に相手の両肩甲骨の間あたりに自分の後頭部を押し当て、体を揺さぶった衝撃で相手の背骨を痛めつける。ハングマンズホールドとカナディアンバックブリーカーの中間に位置するような技である。
マルチネススペシャル
マルティネーテ・エスペシアル
マルティージョ・ネグロ
CMLLのルーシュが使っているマネーメイカーと同型の技。新日本プロレスではルーシュドライバーと呼ばれている。
マルティネーテ
メキシコで使われるパイルドライバー系の技を指す総称。日本などに比べてマットの材質が固いメキシコでは選手の首への負担が大きいため、マルティネーテが禁止技に指定されている団体もある。
マルティネーテ・エスペシアル
AAAのアビスモ・ネグロが使っていたマネーメイカーと同型の技。プロレスリング・ノアではマルチネススペシャルと呼ばれていた。
まる投げ
長崎まる子が愛用している変形の裏投げ。まず向かい合った相手の右脇に頭を潜り込ませ、相手の左の肋骨の辺りに右手を、背中に左手をそれぞれ持っていく。そして相手を抱え上げたあと体を左方向に軽く捻りつつ前のめりに倒れ込み、落下させた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
マルメゾン
永田裕志&中西学が"人類プロレスラー計画「中西ランド」"の中で開発した4つのコンビネーションの内の1つ。コーナーに寄りかかった相手に永田がタイナーを叩き込み、中西がそのコーナーの最上段へと歩を進める。そのあと永田がバックドロップの体勢に捕らえた相手の頭に中西がコーナー最上段からの脳天唐竹割りを見舞い、その直後に永田が体をブリッジさせて相手を後方へと投げ捨てる。名前は永田の出身地である千葉県東金市の姉妹都市、フランスのリュエイユ・マルメゾン市に由来する。
マロンクラッチ
プロレスリングWAVEなどで活躍した栗原あゆみが使っていたパッケージホールド。尻餅をついた相手の背後に回り込み、胸の方から相手の右脇に左腕を、背中の方から相手の左脇に左足をそれぞれ引っ掛ける。そのあと自分の体を前転させる勢いで相手の体を仰向けにひっくり返し、両肩をマットにつけた相手の右手足を抱え込むように自分の両手をクラッチしてフォールを奪い去る。
まわしクラッチ
2011年最後となったDRAGON GATE神戸大会の第1試合、"神戸場所・千秋楽"と銘打たれたタッグマッチでまわし姿になったドン・フジイが見せた外道クラッチの呼び名。
まわしてかつぐばい
九州プロレスの筑前りょう太が愛用するケブラドーラ・トド・アルトの名称。
まわるばい
筑前りょう太が使うスリングブレイドと同型の技。
マンガライザー
SHIMMERなどで活躍中のルフィストが使うシェルショックと同型の技。
マングース固め
DRAGON GATEの"ハリウッド"ストーカー市川が使っているコブラツイストと同型の技。コブラの天敵であるマングースの名称が使われているが、これは技をかける側の市川の方がダメージを受けることに由来する。
マングースプラッシュ
沖縄プロレスのミル・マングースが愛用しているファイヤーバードスプラッシュの名称。
満月斬
ハッスルの人狼が使っていた大車輪喉輪落としと同型の技。
満月の夜
大阪プロレスのタイガースマスクがヒール転向後に使い始めたバズソーキックの呼び名。急所蹴りや凶器攻撃を受けて蹲った相手に対し決めることが多い。
マンゴークラッシュ
スターダムの横尾由衣が使っていたココナッツクラッシュの呼び名。
卍落とし
みちのくプロレスの卍丸が使っているクロスアーム式ファイヤーサンダー。まずダークネスバスターの要領で相手の首の後ろに左手を回し、右手で相手の右半身を抱え込んで相手の体を上下逆さまにするような感じで持ちあげる。そのあと相手の体をうつ伏せの状態で右肩の上に着地させ、そのままマットに尻餅をついて相手の頭部を自分の両腿の間に打ちつける。現在はファイヤーサンダーと全く同じ形で技を放つことが多い。
卍固め
"燃える闘魂"アントニオ猪木の代名詞的な必殺技。まず相手の左足の内側に正面から右足を絡め、前屈みになった相手の首の後ろに左足を引っ掛ける。そのあと持ち上げた相手の右腕を左脇に抱え込み、全体重をかけて相手の首や脇腹を痛めつける。別名オクトパスホールドアントニオスペシャルとも呼ばれる。
卍コブラ
暗黒プロレス組織666の宮本裕向が使っている胴締め式のコブラツイスト。相手の体にコブラツイストの要領で手足を絡め、持ち上げた自分の右足を相手の右骨盤あたりに引っ掛けて相手の体を締め上げる。
卍式回転エビ固め
AtoZで活躍した未来が使っていた丸め込み技。まず相手の肩に回転十字固めの要領で飛びつき、相手の右肩を抱えていた両腕を一旦離す。そのあと上下逆さまの状態になりながら相手の背中にしがみつき、バランスを崩して後ろにひっくり返った相手を押さえ込んで3カウントを奪う。
マンソンスペシャル
エル・ポソ
マン・タスティック
ワン・パーセンター
曼荼羅捻り
みちのくプロレスの新崎人生が使っている変形のドラゴンスクリュー。まず体を屈ませて向かい合った相手の左足のつま先を左手で、踵を右手でそれぞれ掴み、掴んだ足をマットと水平の高さになるまで持ち上げる。そのあと自分の体を左方向に錐揉み回転させるようにジャンプし、相手の左足にも同様の捻りを加えて膝の靭帯を痛めつける。ドラゴンスクリューが相手の足を内側に向かって捻るのに対し、曼荼羅捻りは相手の足を外側に向かって捻っている。
マンタローシューター
KAIENTAI-DOJOの川嵜万太郎が使っていたシャープシューターの名称。
マンチュリアンクラッチ
満州出身のルー・キムが使っていたサブミッション。尻餅をついた相手の両腕をサーフボードストレッチに捕らえたあと自分の頭を相手の首の後ろに押しつけ、相手の首を圧迫しながら両肩を関節と逆方向へと反り上げる。
マンディブルクロー
WWEで活躍した"多重人格レスラー"ミック・フォーリーが使っていた代名詞的なフィニッシャー。向かい合った頭の後ろに左手を添えたあと右手の中指と薬指を相手の口の中へと突っ込み、差し込んだ2本の指を舌の下へと滑り込ませる。そして右手の親指で相手の上顎を押さえつけながら中指と薬指に力を込め、下顎にある軟組織を指で圧迫して相手の口内や顎関節に痛みを走らせる。デュード・ラヴの人格になると技名がラブハンドルに変化。
万トーン
九州プロレスで活躍中の阿蘇山が使っているセントーンの呼び名。
マンドラゴンスープレックスホールド
大阪プロレスの怪獣ゼータマンドラが使っていたドラゴンスープレックスホールドの呼び名。
マンドリラー
マグニチュード岸和田が怪獣ゼータマンドラ時代から愛用する、"マンドリラー!"と絶叫しながら仕掛けるフィッシャーマンバスター
マンドルボム
大阪プロレスの怪獣ゼータマンドラが使っていたラストライドの名称。
マンハッタンドロップ
ヒールレスラーが流れを変える際に多用する技。外腿の方から向かい合った相手の左腿の裏に右手を、右腿の裏に左手をそれぞれ回し、相手の体を高々とリフトアップする。そのあとマットに左膝をつきながら相手の体を落下させ、相手の股間を立てた右腿の上に勢い良く叩きつける。
マンハッタンドライバー
ZERO1に登場したハードコアキッドのフィニッシングムーブ。フルネルソンで抱えた相手の体を高々とリフトアップし、空中で両腕のクラッチを切って相手の両脇から腕を抜く。そのあと相手の後頭部を右手で鷲掴みにしながら前のめりに倒れ込み、落下させた相手の顔面を強かにマットへ叩きつける。
マンマミーア
崖のふちプロレスの松本都が愛用している奇想天外な必殺技。相手を仰向けに倒したあと両手を広げてロープの側へと移動し、左手でロープを掴みつつ右手を顔の前へ持っていってポーズを決める。続いてロープから腕を離したあと倒れている相手に体をくるくるとターンさせながら近づき、バレリーナのようにジャンプして相手の体の上を飛び越える。最後に足をクロスさせつつ両手を広げて華麗に決めポーズをとり、即座に体をジャンプさせて相手をボディープレスする。
マンマミーアZ
松本都が使っている必殺技の1つ。コーナー最上段に登ったあとコーナー上でY字バランスのポーズをとって観客にアピールし、そこから仕掛けるダイビングボディプレスである。
マンモスドライバー
プロレスリングFREEDOMSのマンモス佐々木が愛用する豪快なフィニッシャー。まず相手の上半身をリバースフルネルソンに捕らえ、相手の体を垂直になるまで持ち上げる。そのあと相手の左脇から抜いた右手で相手の首を抱え直し、そのまま尻餅をついて相手の頭部を開いた足の間に打ちつける。
マンモスの牙
スポルティーバエンターテイメントのマンモス半田が使う倒れ込み式ラリアットの呼び名。
マンモスバスター
マンモス佐々木が使っているMボムと同型の技。
マンモスホームラン
マンモス佐々木が使う凶器を使った打撃技。まず折り畳んだパイプ椅子を二脚手元に用意し、一脚の椅子の足の部分を相手の首に引っ掛ける。そのあともう一脚の椅子で相手の首に掛けた椅子をフルスイングし、その衝撃で相手に痛烈なダメージを与える。
万力固め
全日本プロレスの諏訪魔が使っている一瞬の切り返し技。右サイドの方から体固めで押さえ込みにきた相手の頭を左手で、左足を右手でそれぞれ掴んで体を左方向へと転がし、両肩がマットについた相手の右足を両足で挟み込んで相手から3カウントを奪い去る。
万力固めスペシャル
諏訪魔が披露した丸め込み技。まず相手の体を首固めの要領で丸め込み、相手の両肩がマットについたところで相手の右足に引っ掛けていた右足のフックを外す。そのあと自分の両足の裏をマットに着地させてブリッジをするように背中を仰け反らせ、そのまま相手の体を押さえ込んで3カウントを奪取する。
万力スリーパーホールド
諏訪魔が使うスリーパーホールドの呼び名。