.
ミ・アモール・デ・ミ・ノビア
東京愚連隊のNOSAWA論外が愛用する丸め込み技。まず仰向けになった相手の右足を左手で掴んで折り曲げ、折り曲げた足を相手の左膝の上に重ねて両足を4の字に固める。続いて相手の右足首に自分の左足のつま先を引っ掛けることで両足の動きを封じ、右手で相手の頭を掴んで上半身を引き起こす。最後に相手の背後に体を回り込ませて相手の右脇腹を左腕で抱え込み、後ろに転がした相手の両肩をマットにつけてフォールを奪う。
ミートカーテン
WWEで活躍したダグ・バッシャム&ダニー・バッシャムのタッグチーム、"バッシャムブラザーズ"が得意としていた連携殺法。まずダグがコーナーの最上段に登ってリングの方を向き直し、コーナーの方を向いたダニーがコーナーの側で倒れている相手の体をシーソーホイップの要領で投げ飛ばす。そのあと相手が起き上がるのを見計らってジャンプしたダグが背後から相手に飛びつき、相手の顔面をフェイスクラッシャーの形でマットに叩きつける。
ミートグラインダー
WCWで活躍したショーン・ステイジャックが使っていたリバースDDTと同型の技。
ミートフック
WWEのライバックが使っている倒れ込み式ラリアットの呼び名。
ミートボム
浜亮太が使っているランニング式クロスボディーの呼び名。
ミーニーサルト
ECWで活躍したブルーミーニーが使っていた重量級のムーンサルトプレス
ミカトバラッシュ1号
DDTプロレスリングで結成されたタノムサク鳥羽&MIKAMIのタッグチーム、"スーサイド・ボーイズ"のコンビネーション。屈んだ相手の顔面にMIKAMIがミッキーブーメランを炸裂させ、同時に鳥羽が相手の後頭部に低空ドロップキックを叩き込む。
みかんでポン
アイスリボンの藤田あかねが使っているみちのくドライバー2系のムーブ。ボディスラムで持ち上げた相手の体を右肩の上に一旦担ぎ上げ、相手の右肩を抱えていた左手を相手の首の後ろへと持っていく。そして十分に溜めを作ったあと体を前傾させながら尻餅をつき、前方に落下させた相手の背中を自分の両足の間へと叩きつける。
右脚
プロレスリングFREEDOMSの佐々木貴が使っているバズソーキックの名称。相手の頭の横に蛍光灯や有刺鉄線ボードを据え付けてから放つ一発は破壊力抜群。
右腕
佐々木貴の右腕から放たれるラリアットの名称。
ミザード・オブ・オズ
WWEのザ・ミズがファーム団体のOVWの頃から愛用しているフィニッシングムーブ。まず前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を引っ掛け、相手の胸の方に回した右手で相手の右腕を掴む。そのあと相手の首を抱えていた左腕のフックを緩めて掴んでいた右腕を右方向へと引っ張り、その勢いで相手の体を横方向に180゜回転させて相手の顔を天井の方に向かせる。最後に相手の首を左脇に抱え直しながら体を軽くジャンプさせ、相手の後頭部をリバースDDTの形でマットに叩きつける。
ミサイルキック
若手からベテランまで幅広く使われているコーナー最上段からのドロップキック。コーナー最上段に登ったあとリングにジャンプし、立っている相手の胸板や頭部を揃えた両足の裏で勢い良く蹴り飛ばす。
ミザリー
ROHで活動中のサイラス・ヤングが使うハワイアンスマッシャーの呼び名。ROHとの合同興行で新日本プロレスに初来日した際にはF your Face in the TKOという呼び名が付けられた。
三沢の勝ち!
ジャンボの勝ち!
ミズーリボートライド
ワン&オンリー
ミショネロ
ドクトル・セレブロが使っているこうもり吊りの一種。まず相手の背後に回り込んで胸の方から相手の右脇に右腕を差し込み、左手で相手の後頭部を押さえつけて相手の体を右方向へ180゜回転させる。そのあとマットに左膝をついて前屈みになった相手の後頭部を立てた右腿の上に接触させ、相手の右腿の裏に左手を回して足を抱え込む。最後に掴んだ足を引っ張ることで相手の体を上下逆さまに抱え上げ、右腿の上に乗っかる形になった相手の首や肩を複合的に痛めつける。
ミスティフリップ
ZERO1の日高郁人がライバルのスペル・クレイジーを倒す為に遠征先のECWで編み出した必殺技。まずスタナーの要領で相手の首を右肩に固定し、相手の頭を両手で抱えたまま自分は目の前にあるコーナーの最上段まで駆け上がる。そのあと自分の体を360゜後方回転させるようにジャンプして空中で両膝を折り畳み、正座の形で着地すると同時に後ろに引き倒した相手の後頭部をマットへ叩きつける。
ミステリオエキスプレス
レイ・ミステリオが使うヨシタニックの名称。
ミステリオ・ラナ
レイ・ミステリオがメキシコ時代に開発したオリジナルの丸め込み技。相手に肩車の要領で飛びついたあと自分の体を右方向へ180゜捻り、肩の上で体を回転させて相手の正面に体を回り込ませる。そのあと相手の首を両足で挟み込んで背中を後ろに仰け反らせ、相手をウラカン・ラナ・インベルティダの形で丸め込んでフォールを奪う。
ミステロンクラッチ
透明人間のミステロンが男色ディーノを破ったときの決め技。やられたディーノの姿からするとスクールボーイと同じ技?
ミスト
毒霧
ミストクラッシュ
プロレスリング・ノアのムシキング・テリーが愛用していたスープレックスホールド。相手の上半身を龍虎固めのクラッチで捕獲したあと体をブリッジさせ、後方に反り投げた相手を肩口からマットに叩きつけてフォールを奪う。
水波コースター
プロレスリングWAVEの水波綾が使っているバズーカうどんと同型の技。
ミスミッコリ
NEO女子プロレスのタニー・マウスが愛用していた雁之助クラッチに近い丸め込み技。まず相手の右足の内側に正面から自分の右足を引っ掛け、相手の右脇に胸の方から自分の体を潜り込ませる。そのあと相手の背中に右手を回して体を前方に転がし、その勢いで後ろにひっくり返った相手の体を押さえ込んでフォールを奪う。
三田さん固め
NEO女子プロレスなどで活躍した三田英津子が得意とし、REINA女子プロレスの真琴がその三田の名前を冠して受け継いでいる丸め込み技。助走をつけて近づいてきた相手に背中を向けるように体を捻り、背中からマットに倒れ込みながら相手の右腕を右手で、左腕を左手で掴む。そのあと掴んだ腕を引っ張ることで相手の体を前方へと転がし、両肩をマットにつけた相手の右足を右手で、左足を左手で抱え直して3カウントを奪う。現在はブレイジングクラッチと呼ばれている。
見た目は53歳
全日本プロレスの木原文人リングアナがタイガー木原としてリングに上がったときに使用したムーブ。53歳と同型なのかと思いきや、実はノーザンライトボムと同型の技である。
みちのくアタック
みちのくプロレスのザ・グレートサスケがメキシコ修行時代に頻繁に使用していた三角飛び式のムーンサルトアタック。まずコーナーに向かって走り出してコーナー右隣から伸びるセカンドロープに右足を乗せ、体を左方向に軽く捻ってコーナー左隣から伸びるトップロープに両足で飛び乗る。そのあとロープを蹴って体を270゜後方回転させるようにジャンプし、コーナーの側で立っている相手に体全体で体当たりする。
みちのくクラッチ
KAIENTAI-DOJOのTAKAみちのくがみちのくプロレス時代に使っていたストラングルホールドに似たサブミッション。まず仰向けになった相手の右サイドに移動して相手の左腕を左手で掴み、掴んだ腕を引っ張ることで相手の上半身を軽く持ち上げる。続いて相手の首の後ろに自分の右足をフックさせてマットに右膝をつき、右足のつま先を相手の右脇に胸の方から引っ掛けたあと掴んでいた左腕を一旦離す。最後に相手の左腕の上を左足で跨いで足を相手の左サイドへと着地させ、左手で掴み直した相手の左腕を上方向へと持ち上げることで相手の首や左肩を痛めつける。
みちのくスタンピード
GAEA JAPANの成田舞子が使っていたオクラホマスタンピードの呼び名。相手を肩に担ぎ上げたあとリングの中をぐるっと周回し、それから前のめりに倒れ込んで相手の背中をマットへ叩きつけていた。
みちのくスペシャル
サスケスペシャル1号
みちのくドライバー
TAKAみちのくがみちのくプロレス時代に使っていたピラミッドドライバーと同型の技。
みちのくドライバー2
TAKAみちのくが長年使っているフィニッシャー。まずボディースラムの要領で相手の体を持ち上げ、相手の右肩を抱えていた左手を相手の首の後ろへと添え直す。そのあと相手を前方に落下させながら尻餅をつき、上下逆さまになった相手の体を自分の両足の間へ叩きつける。
みちのくドライバーβ
TAKAみちのくが2000年初頭に開発した最新型のみちのくドライバー。相手の首をリバースDDTの要領で左脇に抱えたあと右手を相手の腰に回し、相手の体を垂直になるまで持ち上げる。そのあと右手を相手の右腿の裏に添えながら尻餅をつき、上下逆さまの状態で落下させた相手の後頭部を自分の両足の間へ打ちつける。出すに値する相手がいないという理由から2〜3度使っただけで半封印状態となっていたが、2011年に行われた弟子のHi69との一騎討ちで久方ぶりに公開し勝利を収めた。
みちのくメフィスト
TAKAみちのくとタイチが使っているコンビネーション。まず相手の体をタイチがブラックメフィストの要領で肩に担ぎ上げ、タイチの正面に回ったTAKAが抱え上げられた相手の股に右手を、背中に左手をそれぞれ添える。そのあとタイチが尻餅をつくと同時にTAKAが開脚ジャンプし、上下逆さまの状態で落下させた相手の体をマットに叩きつける。みちのくドライバー2とブラックメフィストという2人が持つ最高級の必殺技を融合させたムーブである。
ミッキー・ザ・ファイナル
MIKAMIが2011年の大晦日に行われたKUDOとの"KO-D無差別級タイトルマッチ"で初公開したエルボードロップ式のスーサイドボム。相手を仰向けに倒したあと自分はリングに背を向けた状態でコーナー最上段に登り、トップロープを蹴って体を450゜後方回転させるようにジャンプする。そのあと体に更に右方向への捻りを90゜加え、胸板にエルボードロップを突き刺す形で相手をプレスする。
ミッキーブーメラン
MIKAMIが開発した180゜ブーメランとも呼ばれる華麗な打撃技。ロープの側で相手に尻餅をつかせたあとロープの間をフィンタ・デ・レギレテの要領で通り抜け、相手の顔面を両足の裏でドロップキック気味に蹴り飛ばす。
ミッキーDT
TNAで活動中のミッキー・ジェームスが愛用するロープを使わないスイングDDT。相手の頭を左脇に抱え込んだあと右手を天に掲げてアピールし、体を右方向に軽く回転させながらマットを蹴って両足を後ろに大きく跳ね上げる。そして両足が相手の頭の高さまで達したところで両足を勢い良く振り下ろし、抱えていた相手の頭をDDTの形でマットに突き刺す。
ミッショナリードライバー
CZWなどで活躍していたZ-バーの得意技。形はタイガードライバーと同型。
ミッションポッシブル
NEO女子プロレスのタニー・マウスが使っていたメッセンジャーと同型の技。
ミッドナイトアワー
WWEで結成された"ニュー・デイ"のビッグ・E&エグゼビア・ウッズが使うタンクバスターと同型の技。ビッグエンディングACTという2人の必殺技を混ぜ合わせたムーブであり、ウッズの代わりにコフィ・キングストンが入って技を決めることもある。
ミッドナイトエキスプレス
新日本プロレスのKUSHIDAが使っているスカイツイスタープレスと同型の技。
ミッドナイトスター
ROHなどで活躍中のACHが使う450゜スプラッシュの呼び名。
ミッドナイトスペシャル
WWEで活動中のディーン・アンブローズが使うWA4と同型の技。
ミッドナイトドライバー
ACHが使っているフィニッシャーの1つ。形はKAORUが使うエクスカリバーと同型。
ミッドブレス
ZERO1の日高郁人が使う変形の足取り腕ひしぎ逆十字固め。うつ伏せになった相手の右サイドに移動して相手の右腕と右足を掴み、自分の体を前転させる勢いで相手の体を仰向けにひっくり返す。そのあと相手の右腕を腕ひしぎ逆十字固めに捕らえ、もがく相手の右足を右脇に抱え込んで体を痛めつける。ミッドブレスとは日高が通っているフィットネスジムの名前である。
ミトガワラッシュ
DRAGON GATEの横須賀享が使っている打撃のコンビネーション。向かい合った相手の右首筋のあたりに左手を添え、エルボーバットとショーレンジ式のジャンボの勝ち!を右腕で速射砲気味に乱打して相手をロープ際まで追い詰める。そのあと自分の背後にあるロープへと跳んで助走をつけ、意識朦朧となった相手の体を渾身のジャンボの勝ち!でなぎ倒す。ミトガワとはプロレスラーが数多く通っているフィットネスジム、ミッドブレスの支配人である水戸川剛氏のことを指している。
三所締め
トライアングルサブミッション
ミドルキック
足を勢い良く打ち出して相手の脇腹に蹴りを叩き込む打撃技。蹴り技を主体にしたレスラーが得意とする基本的なムーブである。
ミノフスキードライブ
鈴木鼓太郎が使うオリジナルムーブ。助走をつけたあと相手の左腿に右足を乗せてジャンプし、そのまま相手の肩の上に飛びついてウラカン・ラナ・インベルティダを決める。
みのリッチ
アイスリボンの牧場みのりが使っていたフィニッシャー。相手の体を柔道の大外刈りの要領でマットに叩きつけたあと自分だけ起き上がり、相手の足の方にあるロープに跳んで助走をつける。そして仰向けになった相手の右足を左手で、左足を右手で抱えながら体を前方にブリッジさせ、相手をジャックナイフホールドの形で押さえ込んでフォールを奪う。
ミノルスペシャル
田中稔が格闘探偵団バトラーツに参戦していた頃から愛用しているサブミッション。まず前屈みになった相手の左脇に胸の方から右腕を差し込み、相手の首の後ろのあたりに左手を添えて視線を相手の左サイドの方へと向ける。そのあと自分の体を前方回転させるようにジャンプして相手の顎の下に自分の右足の脹脛を引っかけ、その勢いで仰向けにひっくり返りながら落下した相手を背中からマットに叩きつけて相手の左腕を即座に腕ひしぎ逆十字固めに捕らえる。新日本プロレスでマスクマンのヒートとして活動してた時にはヒートスペシャルと呼ばれていた。
ミノルスペシャル2
田中稔が使っているオリジナルサブミッション。相手をノーザンライトスープレックスホールドでマットに叩きつけ、マットを蹴った反動を使って自分の下半身を後方に回転させる。そしてマットに両足で着地したあと相手の左腕を両手で掴み、掴んだ左腕を腕ひしぎ逆十字固めに捕らえてタップを奪う。
ミミスペシャル
全日本女子プロレスのミミ萩原が使っていた必殺技。相手の背後に回り込んだあと相手の両腿を両手で抱え込み、相手の臀部を自分の左肩の上に乗せたような状態になる。そしてそのまま体を起こすことで相手を高々とリフトアップし、体をブリッジさせて相手を背中からマットに叩き落とす。現在は井上貴子がオーロラスペシャルという名前で技を受け継いでいる。
耳そぎチョップ
全日本プロレスのジャイアント馬場が使っていたチョップのバリエーションの1つ。向かい合った相手の頭を左手で掴んで右腕を大きく振り上げ、相手の左耳のあたりに右手で手刀を叩き込む。鍛えようの無い器官に攻撃を加えられるため、対戦相手からは大変恐れられたと言われている。
みやここクラッチ
崖のふちプロレスの松本都が使っている外道クラッチの名称。技を決めたあと背中を大きくしならせ、右手を天に向かって突き出しながら相手をフォールする。
みやここクラッチ・イン・ザ・ハウス
プロフェッショナルレスリング・ワラビーの矢野啓太が使っている外道クラッチの名称。技の決め方、ネーミングはアイスリボンで因縁のある松本都のみやここクラッチに酷似しているが、矢野は自身のオリジナル技であると主張している。
みやこここクラッチ
松本都が使っているモダンタイムス式のみやここクラッチ。最初に仕掛けたみやここクラッチをキックアウトされたあと相手の胴体を両足で挟んだまま横方向へと転がり、両肩が再びマットについた相手の体をもう一度みやここクラッチの形で押さえ込む。
みやこスパーク
KAIENTAI-DOJOのみやこマンが使っていたヨシタニックの名称。ちーばマンとして活動していたときにはちーばスパークと呼ばれていた。
ミヤマカッター
リアルジャパンプロレスに登場したミヤマ☆仮面が見せたフィニッシャー。まず相手の上半身を背後からフルネルソンに捕らえ、自分の右足を前方に向かって大きく振り上げる。そのあと振り下ろした右足で相手の左足を正面から刈り取り、前のめりに倒れ込む相手に体を浴びせかけて相手の顔面をマットへ打ちつけさせる。
未来永劫
L.A.
ミラクルエクスタシー
MEN'Sテイオーが愛用しているフィニッシングムーブ。まず向かい合った相手の喉を右手で鷲掴みにし、相手の右脇を左手で下から掬い上げる。続いて膝を屈伸させた反動を使って相手の体を高々とリフトアップし、相手の右足を左肩の上に、左足を右肩の上にそれぞれ着地させる。最後に体を軽く前傾させながらマットに右膝をつき、前方に落下させた相手の背中をマットへ叩きつけてそのままフォールを奪う。かつては"千の名前を持つ技"とも呼ばれた技で、正式名称が決まるまでにノンストップスカイライナーパラダイスゴーゴーなどの仮称が次々と付けられていた。
ミラクルスクールボーイ
JWP女子プロレスの大木アスカが使っていた3連続式のスクールボーイ。まず相手の体をスクールボーイで丸め込み、カバーをキックアウトされたあと体を横方向に転がしてもう一度相手を押さえ込む。そして相手に再びカバーを返されたところで体を横方向に再度転がし、相手を三度丸め込んでフォールを奪う。
ミラクルストレッチ
大阪プロレスのミラクルマンが使う裏STFの名称。
ミラクルストレッチ57号
ミラクルマンがえべっさんなどを相手にしたときに見せるスレトッレチ技。相手の下半身をミラクルストレッチ69号の要領で固めたあと相手の上半身を引き起こし、背中の方から相手の右脇に右腕を、左脇に左腕を差し込む。そのあと相手の上半身のコスチュームを両手で掴み、捲り上げたコスチュームで相手の顔を覆い隠して相手をギブアップに追い込む。
ミラクルストレッチ69号
ミラクルマンが使うストレッチ技。まず尻餅をついた相手の背後に回り込んで相手の左足を右手で掴み、折り曲げた相手の左足を相手の右膝の上に乗せて両足を4の字に固める。そのあと相手の左足首に自分の右足を引っかけて相手の両足の動きを封じ、相手の上半身をフルネルソンに捕らえてタップを奪う。
ミラクルストレッチ950号
ミラクルマンが愛用するオリジナルのストレッチ。相手の下半身をミラクルストレッチ69号の要領で固め、相手の上半身をドラゴンスリーパーホールドに捕らえてタップを奪う。
ミラクルストレッチ1225号
ミラクルマンが愛用しているオリジナルのストレッチ。相手の下半身をミラクルストレッチ69号の要領で固め、相手のこめかみに押しつけた両手の拳をぐりぐりと動かして相手の頭に痛みを走らせる。
ミラクルスパイラル
ミラクルマンが使っているキークラッシャー'99とほぼ同型の技。
ミラクルッ
ミラクルマンが使うHEATクラッチと同型の技。
ミラクルツイスター
ミラクルマンが得意とするスカイツイスタープレスと同型の技。
ミラクルドライバー
ミラクルマンが使うみちのくドライバー2と同型の技。
ミラクルトルネード
ミラクルマンが使うトルナド・デ・アカプルコと同型の技。
ミラクルハリケーン
ミラクルマンが使うハリケーンドライバーと同型の技。
ミラクルピラミッドドライバー
ピラミッドドライバーEX
ミラクルロケットG5
ZERO1に登場したNOIZのフィニッシングホールド。形はセントーン・レベルサと同型。
ミラノ固め!
新日本プロレスのミラノコレクションA.T.が使っていたパッケージホールド。相手にバックを取られた際に相手の右足の甲を右足の踵で勢い良く踏みつけ、これに怯んだ相手の顎の下にスタナーの要領で左腕を引っかける。更に外腿の方から相手の右腿の裏に右手を回して自分の体を前転させ、その勢いで前方に転がった相手の両肩をマットにつけてフォールを奪う。
ミラノ作・どどんスズスロウン
どどんスズスロウン
ミリオンダラードライバー
WRESTLE-1で"ジャパニーズ・ミリオンダラーマン"となった宮本和志が使っていたフィニッシャー。形はアントニオ・セザーロが使うニュートラライザーと同型。
ミリオンダラードリーム
WWFで活躍した"ミリオンダラーマン"テッド・デビアスが使っていたコブラクラッチの名称。
ミリオンダラーバスター
テッド・デビアスが愛用していたコブラクラッチ式の河津落とし。相手の上半身をコブラクラッチに捕らえたあと相手の左足に右足を引っ掛け、相手もろとも後ろに倒れ込んで相手の後頭部をマットに打ちつける。
ミリタリープレス
巨漢レスラーが愛用する力技。体を相手の懐に潜り込ませながら相手の胸のあたりに左手を、腹部のあたりに右手をそれぞれ添え、重量挙げのバーベルのように相手の体をリフトアップする。そのあと相手の体を支えていた両手を離し、うつ伏せの状態で落下させた相手の体をマットへ叩きつける。別名はリフトアップスラム
ミルキーウェイ
沖縄プロレスのミル・マングースが使っていたウラカン・ラナ・インベルティダの呼び名。
ミルキー・メリーゴーラウンド
東京女子プロレスに登場したミル・クラウンの得意技。形はビタワンバスターと同型。
ミルクムナリ
沖縄プロレスのエイサー8が使っていたRKOの呼び名。
ミルクラッチα
ミル・クラウンが愛用していたフィニッシングホールド。形は前村さきが使っていたネバギバと同型。
ミレ二アムスープレックス
タイガースープレックス'99
ミレニアムドロップ
スパニッシュフライ
眠眠打破
リストクラッチ式バーニングハンマー