.
アギラ
DRAGON GATEのT-Hawkが使っているアラームクロックと同型の技。
アコレード
WWEのルセフが使っているキャメルクラッチの名称。
アックスホール
WWEのカーティス・アクセルが使っているクルーガーズ・エンドと同型の技。
アナコンダマックス
新日本プロレスの天山広吉が使うXミッションと同型の技。
アルコイリス・デ・イオ
スターダムの紫雷イオが使っている、かつてはスープレックス・デ・イオ(仮)と呼ばれていた技の現在の呼び名。アルコイリスはスペイン語で"虹"を意味する。
アンヘル
DRAGON GATEのT-Hawkが使っているエレクトリックチェアと同型の技。ビリーケン・キッドが使うベルティゴ同様にファイヤーマンズキャリー→肩車の流れで仕掛けることが多い。
イケメンクラッチ
WRESTLE-1の黒潮"イケメン"二郎が使うデルフィンクラッチの呼び名。
イケメンスパイラル
WRESTLE-1の黒潮"イケメン"二郎が使うトルナド・デ・アカプルコの名称。
稲妻脚
プロレスリングBASARAの木高イサミが使っている得意技の1つ。コーナーに向かってハンマースルーした相手を追いかけるように自分も助走をつけ、コーナーに寄りかかった相手の側まで来たところで体を大きくジャンプさせる。そのあと体を後ろに傾けながら右足を水平に突き出し、右足の裏で相手の頭部を豪快に蹴り飛ばす。名前はアニメ"トップをねらえ"に登場する架空のロボット"ガンバスター"が使うスーパーイナズマキックに由来し、この技の名前も稲妻脚と書いてイナズマキックと読む。
イナズマドライバー
PURE-J女子プロレスの勝愛実が使っていたファイヤーサンダー系のムーブ。相手の左脇に胸の方から差し込んだ左腕を相手の首の後ろへと持って行き、更に相手の右脇腹に右腕を回して相手の胴体を抱え込む。そのあと上下逆さまにするように抱え上げた相手の体を一旦右肩に担ぎ上げ、そのままマットに尻餅をついて開いた自分の両足の間に相手の後頭部や背中を叩きつける。
インディーテイカー
新日本プロレスやROHで活躍しているマット・ジャクソン&ニック・ジャクソンのタッグチーム、"ザ・ヤングバックス"が使っているタンデムツームストンパイルドライバーの呼び名。海外マットではMORE BANG FOR YOUR F○CK!!とも呼ばれている。
インフィニティ
アイスリボンの藤本つかさが使っている必殺技の1つ。まず前屈みになった相手の左サイドに移動して相手の背中に負ぶさるように飛びつき、相手の右腕に自分の左腕を、相手の左腕に自分の左足をそれぞれ引っ掛ける。そのあと自分の体を360゜前方回転させながら相手の股の間に右腕を差し込み、回転する力を利用して相手の体を仰向けにひっくり返す。最後に自分は尻餅をつく形で着地すると同時に相手を背中からマットに叩きつけ、両肩がマットについた相手の体をそのまま押さえ込んで3カウントを奪取する。梶ヤマトが使うレッドアイとほとんど同じ技だが梶が地面に足をつけた状態から仕掛けるの対し、藤本は足を宙に浮かせた状態で技を仕掛ける点が若干異なっている。
ウロボロス
大日本プロレスの植木崇行が使っている丸め込み技。向かい合った相手の足を手で掴んでバランスを崩した相手を後ろに倒れ込ませ、自分は相手の足を掴んだまま仰向けになった相手の胴体を両足で跨ぐ。そのあと持ち上げた相手の両足の間に自分の両腕を正面から差し込み、相手の右足を右脇に、左足を左脇にそれぞれ抱え込む。最後に相手の顔の上に自分の尻を押し付けるように腰を下ろし、自分は丸まった相手の股間に顔をうずめた状態で相手から3カウントを奪う。
エクスクラメーションポイント
NWAテリトリーや新日本プロレスで活躍するスティーブ・アンソニーが使うルードボムと同型の技。
エマロック
WWEのエマが使っている鎌固めの名称。
大家さん
東京女子プロレスのKANNAが使っているスピアーの呼び名。名前は敬愛しているガンバレ☆プロレスの大家健から付けられたもので、大家同様に足を踏み鳴らす動きから技を仕掛けていく。
オーバードーズ
WRESTLE-1の近藤修司が使うムーブ・オブ・ア・1000マニアクスと同型の技。
オーマイ&ガーアンクル
新日本プロレスの田口隆祐が使っているアンクルロックに付けられた呼び名。本人曰くデビューから12年に渡って研究・温存していた技らしく、技の切り返しの中で咄嗟に極めることが多い。
オクラホマ・デスライド
プロレスリング・ノアやWLWで活動中のブライアン・ブレイカーが使うフィニッシャー。相手の背後に回り込んで腿の裏の方から相手の股の間に左腕を差し込み、その腕で正面にある相手の左腕を掴む。そのあと相手の腹部に右腕を回して体をブリッジさせ、後方に反り投げた相手を背中からマットへ叩きつける。
鬼殺し
DRAGON GATEに登場したメタル・ウォーリアーが見せたLSD2と同型の技。
オパイェ
東京女子プロレスののの子が使っているボマイェからインスパイアされたムーブ。まず"弾んできたぜー!"と言いながら自分の体を震わせ、ハーフダウン状態になった相手の方へと走り出す。そして相手の側まで来たところで左手を腰、右手を頭の後ろへ持っていくグラビアのようなポーズをとりつつ急停止し、片膝をつきながら突き出した両胸で屈んでいる相手の体を弾き飛ばす。
オライリーファクター
ROHや新日本プロレスで活動中のカイル・オライリーが使うレッグロックスープレックスホールドの呼び名。
カーブストンプ
WWEのセス・ローリンズが愛用するフィニッシングホールド。以前はブラックアウトという名前で使われていた技で、"ザ・シールド"加入時はピース・オブ・マインドと呼ばれていた。
キドクラッチ式リーマン・ショック
DDTプロレスリングのスーパー・ササダンゴ・マシンが坂口征夫との対戦を前に開発した、1回決めると相手の体力を35%削ることができるというキドクラッチ。父親である坂口征二が苦手としていた丸め込み技なので息子も苦手に違いない、という独自理論から自信を持って投入されたが、垂直落下式リーマン・ショック同様に3回決めても3カウントは奪えなかった。
蹴暴
プロレスリング・ノアの拳王が使っているPKと同タイプの蹴り技。名前は蹴暴と書いて"きぼう"と読む。
ギャラリア風。
DRAGON GATEの横須賀享がドリームゲート王者のYAMATOとの対戦を前に公開した、ギャラリアの体勢から仕掛ける変形エメラルドフロウジョン。相手をギャラリアの要領で垂直に抱え上げたあと左半身からマットへ倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の後頭部や背中を自分の左サイドへと叩きつける。
ギロチンチェアJOKER
道頓堀プロレスの空牙が使う、パイプ椅子を用いたムーブの1つ。リング上に設置したパイプ椅子の上に相手を後ろ向き座らせ、相手の顎をパイプ椅子の背もたれの上に乗せる。そのあと折り畳んだパイス椅子を相手の背中目掛けて勢い良く振り下ろし、相手の喉と背中に同時にダメージを与える。
キン肉大移動
DDTプロレスリングの彰人が使っているスパインバスター系のムーブ。まずキン肉バスターの要領で肩に担ぎ上げた相手の両足を下方向に引っ張り、その勢いで後方回転する相手の体を自分の正面へと落下させる。そのあと相手の両足を両手で抱えたまま尻餅をつき、相手の背中を自分の両足の間へ叩きつけてそのまま3カウントを奪う。
クー・デ・グラース
WWEで活動中のフィン・バロールことプリンス・デヴィットが使っているダイビングフットスタンプの名称。名前はフランス語で"とどめの一撃"を意味する。
クラッシュ・ラビットヒート
東京女子プロレスの山下実優が使うジャンピング式のPK。尻餅をついた相手の正面にあるロープに跳んで助走をつけ、相手の側で軽く跳躍しながら振り抜いた右足で相手の胸板を豪快に蹴り飛ばす。
クラッチ・デ・ガオー
PURE-J女子プロレスのLeonが見せた丸め込み技。仰向けになった相手の右サイドに腰を下ろして相手の上半身を袈裟固めに捕らえ、相手もろとも体を左方向へと転がして相手の両肩をマットにつけさせる。そのあと自分はうつ伏せの状態になりながら相手の左腕に自分の右足を引っ掛け、もがく相手の体を押さえ込んで3カウントを奪い去る。
クリーピング・デス
TNAで活動中のデイビー・リチャーズが愛用している1回転式のバズソーキック。まず膝をつかせた相手と距離をとりつつ相手の正面に移動し、自分の体をスクリューハイキックを仕掛けるように回転させながら相手に近づく。そして相手と向き合う形になったところでジャンプせずに右足を振り抜き、屈んでいる相手の左側頭部を右足の甲で豪快に蹴り飛ばす。
DRAGON GATEの堀口元気が使っているハーフアーム式のタイガードライバー。まず前屈みになった相手の頭を自分の股の間に挟み込み、胸の方から相手の左脇に自分の右腕を差し込む。そのあと相手の右腿の辺りに左手を回して相手の体を仰向けにひっくり返すように持ち上げ、肩の高さまで担ぎ上げた相手の左腿を右手で、右腿を左手で抱え直す。最後に相手の体を前方に落下させながら自分は尻餅をつき、開いた両足の間に相手の背中を叩きつけてそのまま3カウントを奪う。
クロスアームスモールパッケージホールド
アイスリボンの世羅りさが披露した丸め込み技。まず向かい合った相手の右腕を右手で、左腕を左手で掴んで相手の両腕を交差させ、腕を引っ張ることで相手の体を自分の方へと引き寄せる。続いて前屈みになった相手の首の後ろに左腕を回して頭を抱え込み、相手の右足の内側に自分の右足を引っ掛ける。最後にマットに背中から倒れ込む勢いで相手の体を前方へと転がし、両肩をマットにつけた相手の体を押さえ込んでフォールを奪う。この技で団体のエースである藤本つかさから初の3カウントを奪取した。
コーヘー
道頓堀プロレスのガメラスが使っているバズソーキックの呼び名。
極道クラッチ
大日本プロレスの星野勘九郎や稲葉雅人が使う外道クラッチの呼び名。
極道式トルネードクラッチ
大日本プロレスの星野勘九郎が使っている丸め込み技。首投げの要領で相手を巻き投げたあとも抱えた相手の頭を離さず、マットに背中を付けた相手の胸の上に自分は仰向けの状態で乗っかる。そのあともがく相手の左足を右手で、頭を左手でそれぞれ抱え込み、そのまま相手を強引に押さえ込んで3カウントを奪う。
コグ☆ラッチ
スターダムのコグマに対し元・全日本女子プロレスの中西百重が伝授したムーブ。相手の体をバックラッシュの要領でマットに叩きつけ、続けざまにジャックナイフホールドを決めて相手をピンフォールする。
こけし・改
新日本プロレスで活躍中の本間朋晃&後藤洋央紀がアシスト付きのこけし。相手を仰向けに倒したあと本間が登ったコーナーの側に後藤が移動し、本間がコーナー最上段からのこけしを投下する。そして落下してきた本間の背中を後藤が押さえつけることで本間の体に加速をつけ、本間が倒れた相手の体に勢い良く頭を叩きつける。
こけし落とし
本間朋晃が使っているファイヤーサンダーと同型の技。
こけしロケット
本間朋晃が使うタニロケットと同型の技。
ゴッチ式アームホールド
鈴木みのるが"新日本プロレス創立42周年・旗揚げ記念日"の第1試合に登場した際に見せたサブミッション。背中の方から相手の右脇に右腕を差し込んだあと相手の左肩を左手で前へと押し込み、その勢いで振り向いた相手の左手首を右手で素早く掴み直す。続いて掴んだ左腕を相手の背中の方へと折り曲げ、相手の左脇に背中の方から左腕を差し込んで腕を極めたままマットに倒れ込む。最後にバランスを崩して仰向けに寝転がった相手に覆いかぶさるように自分の体を移動させ、左手で自分の右手首をがっちりと掴んで相手の左腕を痛めつけていく。技の完成した形はチキンウイングアームロックと同じだが、アントニオ猪木とカール・ゴッチの技しか使わないという縛りの中で繰り出された技であるため、鈴木自身はこの技に"ゴッチ式"の名を冠している。またカードゲーム"キングオブプロレスリング"ではローリングショルダーフックという呼び名でこの技がカード化されている。
コナロック
REINA女子プロレスなどで活動中の小波が使う三角締めと膝十字固めの複合技。仰向けになった相手の上半身を三角締めに捕らえたあと相手の右足首を両手で掴み、掴んだ右足を自分の方に引き寄せることで相手の膝関節や頚動脈を圧迫する。
ゴリークラッシュ
みちのくプロレスの日向寺塁が使っているゴリーボムの呼び名。
サモトラケのニケ
DDTプロレスリングの彰人が開発したどどん式の膝砕き。タイガースープレックスの要領で抱えた相手の体を軽く宙に抱え上げ、相手の腕を固めていた両手のクラッチを解き放つ。そのあと相手が受身を取ろうと自発的に両膝を折り畳んだところで尻餅をつき、突き出た相手の両膝を自分の両足の間へと叩きつける。
サリーダ・デル・ソル
WWEのカリストが愛用しているフィニッシャー。サムライ・デル・ソルとして活動していた時に使っていたハラキリと同型の技。
ジェットスタンプ
パンクラスMISSIONの鈴木みのるが使っている得意技の1つ。かつてフロントジェットと呼ばれていた技の現在の呼び名。
ジャベリン
鈴木鼓太郎がフィニッシュに用いているエルボースマッシュの名称。
朱里式サーフボードストレッチ
REINA女子プロレスの朱里が使っている複合関節技。まずうつ伏せになった相手の両足をクロス式キャメルクラッチの要領で固め、折り曲げた右膝を相手の腰にあてがいながら相手の右手首を右手で、左手首を左手で掴む。そのあと両腕を掴んだまま後ろに倒れ込むことで相手を膝立ち状態にさせ、マットに寝転びながら持ち上げた自分の左足を相手の首の後ろにフックさせて相手の肩・腰・足などを同時に痛めつける。
新人賞
DDTプロレスリングなどで活動中の赤井沙希が使っている必殺技の1つ。片膝や尻餅をついた相手の側で二段蹴りの要領で飛び上がり、振り上げた右足の裏で相手の顔面を蹴り飛ばす。元の名前は顔面矯正だったが、2014年のプロレス大賞新人賞獲得を機に呼び名が変化した。
スイカ割り
新日本プロレスで活躍している後藤洋央紀&柴田勝頼が使う、2人がかりで仕掛けるgo 2 sleep。後藤がファイヤーマンズキャリーで担ぎ上げた相手の体を正面にいる柴田に向かって投げつけ、うつ伏せの状態で落下してきた相手の顔面に柴田が膝蹴りを叩き込む。カール・アンダーソン&ドク・ギャローズが保持するIWGPタッグタイトルに挑戦する際に編み出された技で、フェイスペイントを施したギャローズの顔がスイカに似ていた為にこの名前が付けられた。
垂直落下式リーマン・ショック
DDTプロレスリングのスーパー・ササダンゴ・マシンが、KO-D無差別級王者HARASHIMAに挑戦する際に編み出したムーブ。まず向かい合った相手の左手首を左手で掴み、前屈みになった相手の首の後ろに左腕を回して相手の頭を抱え込む。そのあと相手のタイツを右手で掴んで相手の体を垂直になるまで抱え上げ、自分は背中から倒れ込むことで落下させた相手の頭部を強かにマットへ打ちつけさせる。試合前にパワーポイントを使って行われたプレゼンでは"1回決まると相手の体力を35%削れるので、3回決まれば必ず勝てる"と豪語していたが、3回決めても王座には手が届かなかった。
水能覆舟
WRESTLE-1のアンディ・ウーが使う得意技の1つ。フルネルソンに捕らえた相手の左脇から左腕を引き抜き、その左手で相手の左肩を押し込むことで相手の顔を自分の方へと振り向かせる。そのあと相手の右脇から引き抜いた右手で相手の右頬に裏拳を一発入れ、間髪入れずにスクリューハイキックの要領で体を回転させて相手の左側頭部を右足の甲で蹴り飛ばす。
ススムの輪
DRAGON GATEの横須賀享がK-ness.に対して披露した、K-ness.のお株を奪う光の輪の呼び名。
ストゥーカ・スプラッシュ
プロレスリング・ノアのHi69が使うまっすぐとぶばいと同型の技。
ストロングゼロ
新日本プロレスで活躍しているロッキー・ロメロ&バレッタのタッグチーム、"ロッポンギヴァイス"のコンビネーション。バレッタが相手の体をデュードバスターの要領で抱え上げ、エプロンへと移動したロメロがトップロープの上に両足で飛び乗る。そのあとロープを蹴って宙に舞ったロメロが相手の臀部をダイビングフットスタンプ気味に踏みつけ、それと同時にバレッタが両膝をついて相手の頭部をマットへ強かに打ちつけさせる。
墨落とし
大日本プロレスの稲葉雅人が使っているV9クラッチと同型の技。
スリーピーホロウ
プロレスリング・ノアのタダスケが使っているgo 2 sleepy hollowと同型の技。
スレイミッション
WWEのナオミが使っているフィニッシングホールド。ゆりかもめの要領で相手の体に手足を絡めたあと首を抱えていた両手のクラッチを一旦緩め、持ち上げた自分の右足を相手の顎の下へと引っ掛ける。そして相手の首の後ろに回していた右手で自分の右足首を掴み、そのまま右足の力を使って相手の頚部や頚動脈を圧迫する。
世界の高速ネックブリーカー
DRAGON GATEの問題龍が使っているフライングネックブリーカードロップの呼び名。ネックブリーカーというよりは、フライニング式のラリアットに近い形で腕を当てていく。
千豚♪
スターダムや我闘雲舞で活動中の米山香織が使うセントーンの呼び名。コーナー最上段からのダイビング式で放たれることも多い。
ダークマター
WWEのスターダストことコーディ・ローデスが使っているマイクチェックと同型の技。
ダーティーディーズ
WWEのディーン・アンブローズが使うヘッドロックドライバー、もしくはダブルアームDDTの呼び名。
タイチ式たぐち作どどん
新日本プロレスのタイチが田口隆祐の保持するIWGPジュニアヘビー級王座挑戦前に頻繁に使っていたムーブ。技の形はいわずもがな、田口が使うどどんと全く一緒である。
ダイヤモンドボム
プロレスリング・ノアを中心に活動中の中嶋勝彦が、丸藤正道の保持するGHCヘビー級タイトルに挑戦する際に編み出した新必殺技。形はカウントダウンイグニッションと同型。
ダガー
道頓堀プロレスのガメラスが愛用しているムーブ。レイネーラを極めたあと左手で掴んでいた相手の両足を解き放ち、相手の体を自発的にうつ伏せにひっくり返させる。そのあと相手の右脇に右腕を引っ掛けたまま自分は右半身からマットへ倒れ込み、腹這いの状態でリングに叩きつけた相手の顔や胸に痛みを走らせる。
ダブルドラゴンニードロップ
プロレスリングBASARAの木高イサミが使っている必殺技の1つ。相手を仰向けに倒したあとコーナー最上段からドラゴンスプラッシュの要領で跳躍し、空中で膝を突き出すように両足を折り畳んで倒れた相手の上にダブルニードロップの形で落下する。
ダブルベルティゴ
道頓堀プロレスで活動中のビリーケン・キッド&政宗が使う2人がかりで仕掛けるベルティゴ。相手の右サイドに陣取ったビリーが相手の右足を両手で、左サイドに陣取った政宗が相手の左足を両手で抱え、相手の体を高々とリフトアップする。そのあと前屈みになった相手の首の後ろにビリーが右手を、政宗が左手をそれぞれ添えて両者が同時に尻餅をつき、前屈状態で落下させた相手の頭部を強かにマットへ打ちつけさせる。
チェイシング・ザ・ドラゴン
ROHや新日本プロレスで活動しているボビー・フィッシュ&カイル・オライリーのタッグチーム、"reDRagon"が使っている合体殺法。オライリーがブレーンバスターの要領で抱え上げた相手の後頭部へボビーがハイキックを叩き込み、間髪入れずにオライリーが背中からマットに倒れ込んで相手の脳天をマットへと突き刺す。
土蜘蛛・速
紫雷美央が使う土蜘蛛のバリエーションの1つ。前屈みになった相手の左サイドに移動して相手の頭を左手で掴み、相手の頭の上を通過するように右足を振上げてそのまま相手の後頭部の上に肩車の形で跨る。そのあと相手の首に両足を巻きつけたまま体を左方向に180゜捻り、同様の回転が加わった相手と共にマットに倒れ込む。最後に両肩がマットについた相手の両足を両手で抱え込み、もがく相手の体を強引に押さえ込んで3カウントを奪う。
ディル・エマ
WWEのエマが愛用しているタランチュラと同型の技。
電動こけし
新日本プロレスの田口隆祐が使っている技の1つ。技の形自体は本間が使う小こけしと一緒だが、倒れ込む直前に股間に手を当てながら体を小刻みに揺さぶる動きが追加されている。
トゥービーコンティニュード
プロレスリングWAVEの渋谷シュウが使う丸め込み技の1つ。四つんばいになった相手の左サイドに移動して胸の方から相手の左脇に自分の右足を引っかけ、自分の体を左方向に180゜捻る際に左足で相手の背中を跨ぐ。そしてそのまま相手の右脇腹の横に自分の左足を着地させ、四つん這いになった相手の足の方を向きながら相手の背中に跨った状態になる。最後に相手の腰を両手で抱えつつ自分の体を前転させ、その勢いで後ろにひっくり返った相手の体を押さえ込み3カウントを奪う。得意技であるタイムマシンに乗ってと技の入り方が同じため、相手を幻惑する効果も持ち合わせている。
どぎゃん返し
REINA女子プロレスの成宮真希が使っている丸め込み技の1つ。レインメーカーのように相手の腕を引っ張って相手の顔を自分の方に振り向かせ、相手の体を武者返しの要領で丸め込んで3カウントを奪う。
特急DDT
道頓堀プロレスのラ・ピートが使っているフィニッシングホールド。ファイヤーマンズキャリーの要領で両肩の上に担いだ相手の体を下から押し上げ、相手の体が軽く宙に浮き上がったところで自分の体を右方向に90゜捻り視線を相手の足の方へと向ける。そのあとうつ伏せの状態で落下する相手の首の後ろに左手を回して自分は背中からマットに倒れ込み、抱えていた相手の頭をDDTの形でマットに突き刺す。一連の技の流れはF-5と似ているが、F-5と違い相手の体を横方向に動かす要素が存在しない。
どどん・ジ・エンド
新日本プロレスの田口隆祐が使っている最上級のどどん系ムーブ。アルゼンチンバックブリーカーの要領で相手を肩に担ぎ上げ、相手の背中を下から押し上げた勢いで相手の体をうつ伏せにひっくり返す。そのあとうつ伏せの状態で落下する相手の方へと視線を向けて相手の右腿を右手で、左腿を左手で抱え込み、そのままマットに尻餅をついて相手の胸板や顔面を自分の両足の間へと叩きつける。ライバル関係にあったプリンス・デヴィットとの敗者追放マッチでこの技を初公開し、ライバル関係に終止符を打つこととなった。
飛びつきコグマ式ヨシタニック
スターダムのコグマが使っていたコーナー最上段からの飛びつき式ヨシタニック。相手にダメージを与えたあと自分はコーナーの最上段へと歩を進め、コーナーの方に頭を向けた状態で体を起こそうとする相手に向かってジャンプする。そしてそのまま前屈みになった相手の背中の上に跨るように着地し、間髪入れずに自分の体を360゜前方回転させて相手を高速のヨシタニックでマットに叩きつける。
ドラダ・スクリュードライバー
新日本プロレスで活躍中のマスカラ・ドラダが使うハリケーンドライバーとほぼ同型の技。
トラップオーバー
全日本プロレスの青木篤志が使っている変形腕ひしぎ逆十字固めの現在の呼び名。
トリープフリューゲル
東京女子プロレスで活動中の声優プロレスラー、清水愛が使うブルートルネードと同型の技。
ドリンク固め
REINA女子プロレスの成宮真希が使う丸め込み技の1つ。向かい合った相手の右脇に胸の方から右腕を差し込み、マットに倒れ込む勢いを利用して相手を前方に巻き投げる。そのあと仰向けになった相手の右腕を引っ張り上げることで相手の上半身を引き起こし、相手の背中の方へと持っていった両足で相手の左腕を挟み込む。最後に相手の体を後ろにひっくり返して両肩をマットにつけさせ、自分は相手の両腕を極めたまま腹這いになって相手から3カウントを奪う。
トルペドスプラッシュ
CMLLのストゥーカJr.が使うまっすぐとぶばいと同型の技。
トレスアミーゴス
プロレスリング・ノアやDRAGON GATEに登場したロッキー・ロボのフィニッシャー。形はイステリアスペシャルと同型。
蜻蛉切
道頓堀プロレスの政宗が使っている必殺技の1つ。走りこんできた相手の左肩甲骨の辺りに右手を、右脇腹の辺りに左手をそれぞれ回して相手の胴体を抱え込み、自分の体を270゜後方回転させるようにジャンプする。そのあと相手の体を抱えたまま自分は腹這いの状態でリングに落下し、宙に舞わせた相手を背中からマットへ叩きつける。
ナックアウェイ
WRESTLE-1の中之上靖文が使うランニングエルボーの呼び名。
ナッツクラッカー (1)
DDTプロレスリングに登場したオーストラリア出身の女装レスラー、レディ・ビアードが使うバーミヤンスタンプの呼び名。
ナッツクラッカー (2)
アイスリボンの柊くるみが使うセントーン・アトミコの呼び名。
ねこじゃらしロック
アイスリボンの新田猫子が使っているグラウンド卍固めとV1アームロックを組み合わせたようなサブミッション。まず尻餅をついた相手の背後に回り込んで相手の左腕に自分の左足を絡め、持ち上げた自分の右足を相手の顎の下へと引っ掛ける。そのあと右手で掴んだ相手の右腕を直角になるように折り曲げ、相手の右肘の隙間に差し込んだ左手で自分の右手首を掴みそのまま相手の首や右腕を複合的に痛めつける。
ネサ
DRAGON GATEで活躍中のフラミータが使う得意技の1つ。リバースフルネルソンに捕らえた相手の体を垂直になるまで抱え上げ、相手の体に軽く捻りを加えて相手の視線を左手の方に向かせる。そのあと両手のクラッチを解いて相手の左脇から左腕を引き抜き、自分は膝を突き出すように両足を折り畳みながら背中からマットへと倒れ込む。最後に仰向けの状態で落下する相手の背中に両膝をあてがい、マットに着地した衝撃で相手の背中に突き立てた両膝をめり込ませる。
パーティーファウル
WWEのアダム・ローズが使っているフロム・ラスト・トゥー・ダストと同型の技。
バードリッジ
我闘雲舞の「ことり」が使っている大外刈りをアレンジした丸め込み技。まず向かい合った相手の右脇に頭を潜り込ませ、相手の右肩の上に右腕を、相手の右足の脹脛の辺りに右足をそれぞれ引っ掛ける。そのあとやや中腰の状態になりながら重心を前方に傾け、その勢いで後ろに押し倒した相手の背中をマットへと叩きつける。最後に相手の右手足を極めたまま自分の体を前方にブリッジさせて相手に覆いかぶさり、両肩がマットについた相手の体をがっちりと押さえ込んで3カウントを奪う。
パイフライフロー
東京女子プロレスののの子が使っている、自慢のKカップの巨乳を使った圧殺ムーブ。相手を仰向けに倒したあとロープの間を往復して助走をつけ、相手の頭の側に来たところで勢いを殺し急停止する。そして組んだ両腕頭上に振り上げるポーズをとったあと軽くジャンプして両膝をつく形でマットに着地し、両胸で相手の顔を押し潰すように相手にのしかかって3カウントを奪い去る。
ハンガー18
インパクト・レスリングのガンナーが使っているF-5の名称。
バン・キュッ・パン
東京女子プロレスのミウラアカネが使っているホーンズ・オブ・エイリースと同型の技。
ハングマンズヌース
新日本プロレスで活動しているドク・ギャローズのフィニッシャー。形はネックハンギングボムと同型。
パンダ固め
WRESTLE-1のアンディ・ウーが使うデヴィットエンド2と同型の技。
ビーツ・オブ・ザ・バウロン
WWEのシェイマスが使っている特徴的な打撃技。まずリング上で前屈みになった相手の上半身をセカンドロープとトップロープの間を通して場外の方へと出し、背中をトップロープにあずける格好になった相手の両腕をトップロープに引っ掛けて体を固定する。そのあと相手の背後に回り込んで相手の顎の辺りを左手で押さえつけ、がら空きになった相手の胸板を太鼓を叩くかのように右拳で10回ほど殴打する。バウロンとはアイルランドに伝わる打楽器であり、日本の放送ではバウロンの10打という名前に翻訳されている。
フラッシュバーン
DRAGON GATEのB×Bハルクが使っている得意技の1つ。走りこんできた相手の股の間に頭を差し込むように自分の上半身を屈め、相手の右腿を左手で、左腿を右手で抱え込む。そのあと相手が走りこんできた勢いを利用して自分の体を270゜後方回転させるようにジャンプし、宙に舞わせた相手を背中からマットへ叩きつける。ここから踵落とし、更にはファーストフラッシュへとつなぐことが多い。
フラムフライ
DRAGON GATEなどで活躍中のフラミータが使う絶対的なフィニッシングホールド。向かい合った相手の顎の下に右腕を引っ掛けて首を抱え込み、更に相手の右腕に自分の左腕を絡みつかせる。そして相手の体を抱えたまま自分の体を270゜後方回転させるようにジャンプし、宙に舞わせた相手を背中からマットへ叩きつける。走ってきた相手に対しカウンター気味に見舞うことが多く、自発的に仕掛ける際にはレインメーカーの要領で相手を振り向かせて技に移行することが多い。
フリーダムコール
ケニー・オメガ&佐々木大輔が使っていたコンビネーション。コーナーの側に移動したケニーが相手の体をカナディアンバックブリーカーの要領で肩に担ぎ上げ、ケニーの肩に担がれた相手目掛けて佐々木がコーナー最上段からのダイビングエルボードロップを叩き込む。
ブルークラッチ
プロレスリングWAVEで活動中の大畠美咲が使うエゴパッケージと同型の技。
ブルプレックス
WWEのルセフが使っているオリジナルホールド。まず四つん這いになった相手の左サイドに移動して助走をつけ、相手の右脇腹に左手を、左脇腹に右手を回しながら相手の右サイドの方へと倒れ込む。そのあと相手もろとも体を360゜横回転させてリングの中を転がり、相手の胴体を抱えたクラッチを離さずに両足で立ち上がる。最後に体をブリッジさせて相手の体を無理やり宙へと抱え上げ、両手のクラッチを切って相手を後方へと投げ飛ばす。
ヴェレノ
新日本プロレスのタマ・トンガが使っているタルーラ・ベルと同型の技。イタリア語で"毒"を意味するこの名前は"BULLET CLUB"に加入しヒールターンしたあとに付けられたもので、以前はヘッドシュリンカーと呼ばれていた。
ヘルヴァ・キック
WWEのサミ・ゼインが使っているフィニッシングホールド。全速力のダッシュから繰り出される強烈なフロントハイキックであり、コーナーに寄りかかった相手に対し串刺し式で決めていく。
ヘルメリー
ROHなどで活躍中のマイケル・ベネット&マット・ターバンが使う飛びつき式のスパイクパイルドライバー。リング中央付近に移動したベネットが相手をパイルドライバーの要領で持ち上げ、ベネットの正面にあるコーナーの最上段にターバンがよじ登る。そのあとコーナーを蹴ったターバンが相手の両足を両手で掴むような格好で相手に飛びつき、それと同時にベネットが尻餅をついて相手の脳天をマットへと打ちつける。
ヴェン・エマ
WWEのエマがサンティーノ・マレラとコンビを組んでいた頃に使っていたコブラと同型の技。
変形エメラルドフロウジョン
プロレスリング・ノアの丸藤正道が2014年に開催された"三沢光晴メモリアルナイト"で初公開し、その後も奥の手として使い続けているポールシフト式のエメラルドフロウジョン。まず相手の体をキークラッシャー'99の要領で垂直に抱え上げ、相手の左足を抱えていた右手を一旦離す。そのあと右腕で相手の胴体を抱え直して右半身からマットに倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の頭部を強かにマットへ打ちつけさせる。
変形ムイビエン
プロレスリング・ノアの大原はじめが披露したサブミッション。ムイビエンの要領でうつ伏せにひっくり返した相手の右腕を自分の右足の間に挟み込み、両手で掴んで持ち上げた相手の左足を自分の頭の方へと持っていく。そのあと相手の左膝を右腕で抱えつつ相手の左足首に左手をあてがい、相手の左膝を膝十字固めのような感じで痛めつける。この技で石森太二からギブアップを奪い、GHCのジュニアタッグタイトルを奪取した。
ボインメーカー
東京女子プロレスののの子が使っている、Kカップのバストを用いたムーブの1つ。レインメーカーの要領で相手の腕を引っ張って相手を自分の方に振り向かせ、突き出した両胸を相手の顔のあたりに叩きつけて相手を吹き飛ばす。
砲丸投げスラム
DRAGON GATEのビッグR清水が使っているランニング喉輪落としの呼び名。相手の喉を右手で鷲掴みにしたあと自分の背中を軽く仰け反らせ、相手の頭を砲丸に見立てた砲丸投げのポーズをとってから技に移行する。
ボー・ドッグ
WWEのボー・ダラスが使っているフィニッシングホールド。まず相手の頭をヘッドロックの要領で左脇に抱え込み、相手の頭を抱えたまま助走をつけて目の前にあるコーナーのセカンドロープ、トップロープに順々に足を乗せる。そしてコーナー最上段を蹴ったあと体を右方向に180゜水平旋回させ、相手の顔面をブルドッギングヘッドロックの形でマットに叩きつける。
ホバーボードロック
新日本プロレスのKUSHIDAが使っているフィニッシングホールド。まずメサイヤの要領で体を回転させて相手の右肩の上にうつ伏せ状態で飛び乗り、背中の方から相手の左脇に左腕を差し込みながら相手の左手首を右手で掴む。そのあと腕を掴んだまま相手の左サイドの方へ自分の体を滑り落とし、その勢いでアームホイップ気味に巻き投げた相手をマットに寝転ばせる。最後に掴んでいた左腕をチキンウイングアームロックに捕らえ、相手の頭の上に跨がるように自分のポジションを移動させて相手の左肩を痛めつけていく。
ポルボラドライバー
CMLLのポルボラが使う13ドライバーと同型の技。
ホローポイント
AJスタイルズが棚橋弘至とのIWGPヘビー級タイトルマッチを機に使い始めたリバースツームストンパイルドライバーの呼び名。必殺技であるスタイルズクラッシュに行くと見せかけてこの技を仕掛けるため、相手の虚を突くことで技の破壊力を増大させている。ちなみに名前のホローポイントとは弾頭に窪みを持たせた弾丸のことで、着弾すると潰れて変形し広範囲に体組織を損傷させる。
ポンパス
DRAGON GATEのヨースケ・サンタマリアが使うバーミヤンスタンプの呼び名。
マイアミシャイン
新日本プロレスの高橋裕二郎が使うバボムと同型の技。かつて内藤哲也とのタッグチーム"NO LIMIT"で使っていたリミットレス・エポリューションから着想を得て開発された技であり、同じ発想から生まれた内藤のエボルシオンと全く同じ技となっている。
マリンスパイク
スターダムの宝城カイリが愛用する必殺技。形はロージャックと同型。
マンマミーヤZ
崖のふちプロレスの松本都が使っている必殺技の1つ。コーナー最上段に登ったあとコーナー上でY字バランスのポーズをとって観客にアピールし、そこから仕掛けるダイビングボディープレスである。
メシア降臨
ユニット"ムーの太陽"を結成しているザ・グレートサスケ、バラモン・ケイ、バラモン・シュウが使うコンビネーション。仰向けになった相手の体を跨ぐように立っているサスケの体をケイとシュウが両脇から抱え上げ、宙に浮いたサスケが空中で胡坐をかく。そのあとケイとシュウが尻餅をつくように腰を落とし、相手の胸の上に落下したサスケが相手から3カウントを奪う。
メガラバ
U-FILE CAMPの竹田誠志が使うカールシックルの呼び名。名前はマキシマム・ザ・ホルモンの楽曲である"恋のメガラバ"から来ている。
メルツァードライバー
新日本プロレスやROHで活躍しているマット・ジャクソン&ニック・ジャクソンのタッグチーム、"ザ・ヤングバックス"が使う改良型のインディーテイカー。まずマットが相手の体をツームストンパイルドライバーの要領で抱え上げ、マットの正面にあるエプロンに移動したニックがトップロープを両手で掴む。そのあと両足でトップロープに飛び乗ったニックが体を360゜前方回転させるようにジャンプし、マットが抱えた相手の背中にしがみつくように飛びつく。最後にニックが尻餅をつく形で着地すると同時にマットが両膝をつき、上下逆さまになった相手の頭部を強かにマットへ打ちつける。
焼き餃子固め
東京女子プロレスのえーりんが使っているマイケルドントクライと同型の技。
ユー・アー・ウェルカム
WWEのダミアン・サンドウが使っているパトリオットバスターと同型の技。
ユルネバ零
REINA女子プロレスの成宮真希が使うバズーカうどんと同型の技。
雷音
SECRET BASEで活動中の小川内潤が使っているカーブストンプ式の延髄ニードロップ。相手の動きを止めたあと相手の左手にあるロープに飛んで助走をつけ、相手の側に戻ってきたところで高々とジャンプする。そして空中で膝を突き出すように右足を折り畳み、前屈みになった相手の延髄目掛けてニードロップを叩き込む。名前の読み方は"ライオット"。
ラックアタック
WWEのニッキー・ベラが使っているトーチャーラックバックブリーカーとほぼ同型の技。尻餅ではなく、両膝をマットにつく格好で技を仕掛ける点が若干異なる。
ラビットスープレックスホールド
JWP女子プロレスのラビット美兎が開発したオリジナルのスープレックスホールド。まず相手の背後に回り込んで胸の方から相手の左脇に左腕を差し込み、さらに右手で掴んだ相手の右足を後ろの方へと折り曲げる。続いて折り畳んだ相手の右足のつま先を自分の左腿の上辺りへと引っ掛けて足の動きを封じ、自由になった右腕を相手の腹部に回す。最後に体をブリッジさせて相手を後方へと反り投げ、相手を肩口からマットに叩きつけたあともブリッジを崩さずそのまま3カウントを奪う。
リーマン銀河
DDTプロレスリングなどで活動中の赤井沙希が使うサンティートと同型の技。名前はテレビ番組"ナカイの窓"の企画で決定されたもの。
リバース牛殺し
新日本プロレスの後藤洋央紀が使っている得意技の1つ。相手の体をカナディアンバックブリーカーの要領で右肩に担ぎ上げ、抱えていた相手の上半身を下方向に引っ張ることで相手の体に180゜の後方回転を加える。そのあと相手の体を自分の正面へと落下させつつ自分はマットに左膝をつき、うつ伏せの状態で落ちてきた相手の顔面を立てた右腿の上へと叩きつける。
リバース・U-クラッシュ
大日本プロレスやFREEDOMSで活動中の竹田誠志が使う垂直落下式リバースDDTの呼び名。
レタドール
DRAGON GATEなどで活躍中のフラミータが使っているオリジナルホールド。まずキン肉バスターの要領で肩に担ぎ上げた相手の両足を下方向に軽く引っ張り、相手の体を正面に向かって落下させつつ自分は後ろへと倒れ込む。そのあと膝を突き出すように両足を折り畳んでマットに背中から着地し、うつ伏せの状態で落下してきた相手の顔面や腹部に突き立てた両膝をめり込ませる。
レッドアロー
WWEのネヴィルが使うフィニッシャー。PACとして活動していた時に使っていた360゜シューティングスタープレスと同型の技。
レッド・エイティーン
DRAGON GATEのしゃちほこBOYが使うフィニッシングホールド。人工衛星ヘッドシザーズの要領で相手の首を足で挟み込んだあと体を旋回させて相手の左横を通り抜け、相手の背後に回りこんだところで相手の両肩に両手でしがみつく。続いて相手の首を挟んでいた両足のロックを解きながら相手の右脇に背中の方から右腕を差し込み、相手の右腕に自分の右腕を絡めたままリングに落下して相手を後ろにひっくり返す。最後に後頭部や背中をマットに強打した相手の上半身を起こして胸の方から相手の右脇に左腕を、背中の方から相手の左脇に左足をそれぞれ引っ掛け直し、自分の体を前転させた勢いで相手の両肩をマットにつけさせそのまま3カウントを奪い去る。
煉獄
DDTプロレスリングの坂口征夫が使っている必殺技の1つ。2連続以上の打撃で成り立たせ、なおかつ最後を右のハイキックで締める一連のコンビネーションの呼び名である。
ロスト・イン・ザ・ウッズ
WWEのエグザビア・ウッズが使っているソールフードと同型の技。
ロミーナ
DRAGON GATEなどで活躍中のフラミータが愛用しているキン肉大移動と同型の技。
ワン・パーセンター
インパクト・レスリングのイーサン・カーター3世が使っているヘッドロックドライバーの呼び名。WWEに在籍していた頃はマン・タスティックと呼ばれていた。
B.O.C.
大日本プロレスの橋本和樹が使っているバズソーキックの呼び名。
DAWN RAID
新日本プロレスのバッドラック・ファレ&タマ・トンガが使うコンビネーション。相手をリング中央付近でダウンさせたあとファレがコーナーの側へと移動し、倒れた相手の周りを四つん這い状態で徘徊したタマがそれに追従する。続いて猛犬のように相手に今にも襲い掛かろうとするタマの肩をファレが抑え、相手が立ち上がったところでファレがタマにゴーサインを出し2人一緒に走り出す。最後に意識朦朧とする相手の喉元にファレが加速を付けたラリアットを叩き込み、それと同時にタマがジャンピング式ショルダーアタックをヒットさせて相手を豪快に薙ぎ倒す。DAWN RAIDとは証券取引所の取引開始直後に特定銘柄の株式を、相手に気づかれる前に大量に買い付ける行為を指す。
D×D
中島安里紗が使う、だるま式ジャーマンとハーフネルソンスープレックスを融合させたムーブ。まず相手の背後に回り込んで相手の右脇に背中の方から右腕を差し込み、差し込んだ腕を相手の首の後ろへと持っていく。そのあと相手の左腕の外側に自分の左腕を回し、相手の左腕の動きを封じる。最後に自分の体をブリッジさせて相手を後方へと反り投げ、相手を肩口からマットに叩きつけたあともブリッジを崩さずそのまま3カウントを奪う。名前の読み方は"ディー・バイ・ディー"
EAST GOLD
新日本プロレスの永田裕志&中西学が使う、延髄斬りと上からドンの融合技。まず倒れている相手の髪の毛を永田が掴んで相手を無理やり起き上がらせ、相手の背後にあるコーナーのトップロープに中西がよじ登る。そのあと中西がリングに飛び降りると同時に永田も体をジャンプさせ、永田の延髄斬りと中西の脳天唐竹割り気味のチョップを同時に相手の頭に叩き込む。名前は永田の出身地である東金をそのまま英語にしたもの。
FPB
DRAGON GATEのサイバー・コングが使っている必殺技の1つ。ミリタリープレスで持ち上げた相手の体を一旦両足からマットに下ろし、間髪入れずにショートレンジ式のパイナップルボンバーを放って相手を豪快に薙ぎ倒す。
GC3
WWEのアダム・ローズがレオ・クルーガーと名乗っていた頃に愛用していたロンドンダンジョンと同型の技。
G2PK
新日本プロレスで活動中の柴田勝頼が使っている打撃の波状攻撃。go 2 sleepの要領で相手の顔面に膝蹴りを見舞ったあと背後にあるロープに背中をあずけて反動をつけ、体を起こそうとする相手の胸板を続けざまにPKの形で蹴り飛ばす。
NOVA
DRAGON GATEのEitaが使っている背面式のカサドーラ。相手の後ろに回り込んだあと体をジャンプさせて自分の顔が下を向くように体を捻り、相手の胴体を背後から両足で挟み込む。そして自分の体を前方回転させた勢いで相手を後ろにひっくり返し、両肩がマットについた相手の体を押さえ込んで3カウントを奪う。
PTキック
DRAGON GATEのパンチ富永が使っている必殺技の1つ。相手に膝をつかせたあと自分はコーナーの側へと移動し、屈んだ相手の顔面に加速を付けたケンカキック気味の蹴りを見舞う。技を仕掛ける前に過剰なほど体を震わせながら絶叫するのが特徴で、団体のエースであるCIMAからこの技で3カウントを奪ったことも。
PTO
WWEのペイジが使うブルズアンヘリートと同型の技。名前は"Paige's Tap Out"というフレーズの頭文字を並べたもの。
SHIN-SEKAI
潮崎豪&宮原健斗が使っているラリアットと二段式ジャーマンの融合技。宮原が相手の胴体に背後から両腕を回して相手の体を軽く宙へと抱え上げ、宮原の正面に移動した潮崎が勢い良く助走をつける。そのあと体をジャンプさせた潮崎が相手の喉元にジャンピング式のラリアットを打ち込み、それと同時に宮原が体をブリッジさせて相手をジャーマンスープレックスでマットに叩きつける。
13y5
新日本プロレスのタイチ&エル・デスペラードが使う、ブラックメフィストとギターラ・デ・ラ・ムエルタを融合させたムーブ。まずデスぺラードがギターラ・デ・ラ・ムエルタの要領で相手を背中に背負い上げ、デスぺラードの背後に回り込んだタイチがデスペラードと背中合わせになるように体を捻る。そのあとタイチが上下逆さまになった相手の頭を左腕で、左足を右手でそれぞれ抱え込み、呼吸を合わせた2人が同時に尻餅をついて相手を頭からマットへ叩きつける。名前はスペイン語で"トレッセ・イ・シンコ"と読む。
50cmウデ・ラリアット
プロレスリング・ノアを中心に活動中のクワイエット・ストームが使う、その名の通り腕回り50cmの豪腕から放たれるラリアットの呼び名。かつて参戦していた大阪プロレスではクローズライン・フロム・N.Y.と呼ばれていた。