.
足取り式逆さ押さえ込み
東京女子プロレスの坂崎ユカが使っている丸め込み技。まず相手が右足で放った蹴りを両手でキャッチして相手の動きを止め、足を掴んだまま自分の体だけを右方向に回転させる。そして相手と背中合わせの状態になりながら相手の右腿の下に左腕を回し直し、片足立ちになった相手の左脇に背中の方から右腕を差し込む。最後に両膝をつくように腰を落としつつ体を前傾させ、後ろに転倒して両肩がマットについた相手の体を押さえ込んで3カウントを奪う。
アポカリシス
DRAGON GATEのEitaが使っている両足極め式のNumero Uno。まずNumero Unoの要領で相手の両腕の動きを自分の両足を使って封じ、うつ伏せになった相手の右足を左手で、左足を右手でそれぞれ掴む。そのあと折り曲げた相手の右足を相手の左膝の裏に乗せ、その足を巻き込むように相手の左足を折り畳んで相手の両足を交差させた形でロックする。最後に相手の左足首を自分の右脇に挟みながら相手の両足を両手で抱え、そのまま体重を後ろに預けることで相手の両肩や足腰を複合的に痛めつける。
アンサーボム
九州プロレスや道頓堀プロレスで活動中のビリーケン・キッドが愛用するムーブ。まずハグクラッチの要領で仰向けにひっくり返した相手の右腕を左手で、左腕を右手で掴み、背筋力を使って相手の体を宙へと抱えあげる。そのあと掴んでいた相手の両腕を離して相手の右腿を左手で、左腿を右手で抱え直し、そのまま尻餅をついて相手の背中を自分の両足の間へと叩きつける。
イッテンヨン
東京女子プロレスの優宇が使っているV1アームロックの呼び名。
裏こけし落とし
新日本プロレスで活動中の本間朋晃が使っているシュバイン系のムーブ。相手を水車落としの要領で右肩に担ぎ上げ、相手の両足を両手で抱えたまま尻餅をついて相手の脳天をマットへ叩きつける。
エビルベアーボム
道頓堀プロレスで活躍中の三原一晃が使うチャナラッカ☆百と同型の技。
オスカッター
新日本プロレスなどで活動中のウィル・オスプレイが使うフィニッシャー。まず目の前にあるロープに向かって走り出してセカンドロープに飛び乗り、ロープを蹴った反動を使って後ろに飛び退くようにジャンプする。そのあと背後に迫っていた相手の頭を両手でキャッチし、ダイヤモンドカッターの形で相手をマットに叩きつける。この技で2016年の"BEST OF THE SUPER Jr."を制覇し、同トーナメントの最年少優勝記録を更新することとなった。
カイケツ
ZERO1などに参戦中の将軍岡本が使っている技の1つ。まず向かい合った相手の右肩の上に自分の左腕を乗せ、相手の左脇の下に頭を潜り込ませる。続いて相手の左脇腹に自分の背中を押し当てながら体を前傾させ、背中に担ぎ上げるような感じで相手を抱え上げる。最後に宙に浮いた相手の左足を右手で抱え込んだあと相手に体重を乗せる格好で尻餅をつき、落下させた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
カッサ・トルネード
DRAGON GATEを中心に活動中のピーター・カッサが使う630゜の呼び名。
カッサ・トルネード2
ピーター・カッサが使う鞍馬八流と同型の技。
カルマ
新日本プロレスのYOSHI-HASHIが2016年の"G1 CLIMAX"に投入した新必殺技。形はヒアウィーゴードライバーと同型であり、この技でケニー・オメガを破るという大金星をあげた。
サージェント・パッパーズ・ロンリー・ハーツ・クラッチ
新日本プロレスのジュース・ロビンソンが使うキャメルクラッチ式の刀狩と同型の技。
サーヴィカルブレイク
WRESTLE-1の児玉裕輔が愛用している反転式のダイビングフォアアームスマッシュ。まずコーナーから伸びる2本のトップロープを両手で掴んで体をジャンプさせ、トップロープの上に両足で素早く飛び乗る。そのあと体を翻してリングの方に飛び降りながら右腕を折り畳み、コーナーの側にいる相手の顔面を振り抜いた右腕の前腕部で殴り飛ばす。
小夜子
REINA女子プロレスの真琴が使うソラリーナ系の丸め込み技。まず相手の左サイドに移動して相手の左腕を右脇に抱え込み、持ち上げた左足を前屈みになった相手の首の後ろに引っ掛ける。そしてそのまま背中からマットに倒れ込むことで相手を前方へと転がし、両肩がマットについた相手の両足を両手で抱え込んで3カウントを奪う。
サラマンダー
DRAGON GATEのEitaが使っている雪崩式のカサドーラ。まずリングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、自分も相手を乗せたコーナーの最上段に歩を進める。そのあとコーナー上で軽くジャンプして相手に背中を向けるように自分の体を捻り、後ろに振り上げた両足で相手の胴体をがっちりと挟み込む。最後に自分の体を前方回転させながら相手と共にコーナーから転がり落ち、背中からマットに落下した相手の右足を右手で、左足を左手で抱えて3カウントを奪い去る。2016年の"KING OF GATE"ではこの技でCIMAからピンフォールを奪っている。
地獄へようこそ
DDTプロレスリングのチェリーが使う羽根折り脇固めの呼び名。春夜恋で丸め込んだ相手に対し連続的に仕掛けることが多い。
ジェジョスクラッチ
DDT NEW ATTITUDEのワンチューロが使っている丸め込み技。四つん這いになった相手の左腕をラ・マヒストラルの要領で自分の股の間に挟み込み、相手の足がある方へと視線を向けて相手の股の間に右腕を差し込む。そしてそのまま尻餅をつくように腰を落とすことで相手の体を前方へと転がし、両肩がマットについた相手の体を強引に上から押さえ込んで3カウントを奪う。
スカイブルースープレックスホールド
プロレスリングWAVEの大畠美咲が使うデストロイスープレックスホールドと同型の技。
旋回式ダイビングダブルニードロップ
ZERO1の小幡優作が愛用している必殺技。コーナーからジャンプしたあと空中で体を横方向に90゜〜180゜旋回させながら決める、独特な形のダイビングダブルニードロップである。
魂の逆さ押さえ込み
ZERO1のKAMIKAZEが使う逆さ押さえ込みに付けられた呼び名。
ヌーン・ソン・ブレイカー
WRESTLE-1の土肥孝司が使うフィニッシャー。ライオンテイマー同様に相手の腰に膝をあてがいながら決める逆エビ固めである。
パルプフリクション
新日本プロレスのジュース・ロビンソンが使うアンプリティアと同型の技。
ビッグRプレス
DRAGON GATEのビッグR清水が使うダイビングボディープレスの呼び名。
ピンプジュース
新日本プロレスの高橋裕二郎が使っているムーブ。ショーン・デバリが使うWMDと同型の低空式DDTで、この名前になる以前は変形DDTと呼ばれていた。
ブッファバスター
ZERO1に参戦しているブッファのフィニッシングホールド。サタデージャンピンディスコと同型の、コーナー最上段からの飛びつき式Xファクターである。
フラッシュパッケージ
プロレスリング・ノアの熊野準が使っているクマ固めの現在の呼び名。2016年5月に行われたGHCジュニアヘビー級選手権の前哨戦で金丸義信から3カウントを奪った際にこの名前に改名された。
蛇切縄
プロレスリングBASARAの久保佑允が使う胴締めスリーパーホールドの名称。
変形リストクラッチ式高飛車
KAIENTAI-DOJOの滝澤大志が使う必殺技の1つ。まず右手で掴んだ相手の左腕を捻り上げながら相手の背後へと回り込み、背中の方から相手の右脇に差し込んだ自分の左腕を相手の首の後ろへと持っていく。そのあと相手の体を上下逆さまにするように抱え上げ、顔が下を向く格好になった相手の体を右肩の上へと担ぎ上げる。最後に自由になった左手を相手の背中に添え直して両足を前に投げ出す形で倒れ込み、うつ伏せの状態で落下させた相手の顔や胸を強かにマットへ打ちつけさせる。
ポーリーバスター
DDTプロレスリングに登場したマッド・ポーリーが使うバックフリップの名称。
ホットリミット
プロレスリングWAVEの水波綾が使うツームストンパイルドライバー型のBARONESSと同型の技。
まるコロリン
アイスリボンの長崎まる子が使っている丸め込み技。腿の裏の方から相手の股の間に差し込んだ右手で相手の左腕を掴み、相手の右脇の下を潜って相手の正面へと回り込む。そのあと相手の背後の方へと視線を向けながら相手の右腕を左手で抱え、相手の両腕を極めたまま自分の体を素早く前転させる。最後に後ろにひっくり返って両肩がマットにつく格好になった相手の両足を両手で押さえつけ、そのまま相手をホールドして3カウントを奪う。
まる投げ
長崎まる子が愛用している変形の裏投げ。まず向かい合った相手の右脇に頭を潜り込ませ、相手の左の肋骨の辺りに右手を、背中に左手をそれぞれ持っていく。そして相手を抱え上げたあと体を左方向に軽く捻りつつ前のめりに倒れ込み、落下させた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
ミッドナイトスター
ROHなどで活躍中のACHが使う450゜スプラッシュの呼び名。
ライディーンボム
PURE-J女子プロレスのライディーン鋼が使うMボムと同型の技。
レインハムメーカー
ウィル・オスプレイが使う必殺技の1つ。レインメーカーの要領で振り向かせた相手に仕掛けるフラムフライと同型の技である。
ロークラ改
FREEDOMSの正岡大介が使うダイビングダブルニーアタックの名称。
STC
プロレスリングWAVEの飯田美花が使うサブミッション。倒れている相手の下半身をSTFの要領で固め、更に相手の顎の下に両手を回して相手の上半身をキャメルクラッチの形で絞り上げる。
Vスライダー
プロレスリングBASARAの中津良太が使っているブレーンバスタースラム系のムーブ。まず前屈みになった相手の首の後ろに左腕を回し、右手で掴んで持ち上げた相手の左腕を自分の首の後ろに引っ掛ける。更に相手の右手首を右手で掴んで相手の腕の動きを封じ、軽く捻りを加えながら相手を垂直に抱え上げて相手の視線が自分の右手の方を向く格好にする。最後に自分の左サイドの方へと流すように相手を落下させ、同時に自分は左半身から倒れ込んで相手の背中をマットへと叩きつける。
50$ent
東京女子プロレスのKANNAが使うスピアーの呼び名。所属ユニットが変わるごとに改名している技であり、かつては大家さん、ベルサイユの槍、ポイズンサーペントと呼ばれていた。