.
アイシクル・バック・トライアングル
アイスリボンの雪妃真矢が愛用している三角締めからの腕固め。まず飛びつき式腕ひしぎ逆十字固めの要領で相手をグラウンドに引き込み、もがく相手の頭部と右腕を自分の両足でまとめて挟み込む。そのあと頭と腕を極めたまま相手の体をうつ伏せにひっくり返し、自分は相手の右手の方に視線を向けながら相手の背中の上に腰を下ろす。最後に相手の右腕を両手で掴んだまま自分の体重を後ろに預け、相手の右腕を関節と逆方向に反り上げてギブアップを奪う。
アポロ13
ガンバレ☆プロレスに登場したハリウッドGOTAこと伊橋剛太が使うムーンサルトプレスの名称。
アルティマウェポン
DDTプロレスリングなどで活動中のマイク・ベイリーが使うシューティングスター・ダブルニードロップの現在の呼び名。
アレックスドライバー
OZアカデミーやPURE-J女子プロレスに登場したアレックス・リーが使うネックハンギングボムの呼び名。
アンティ・ヴー
WRESTLE-1に登場したドランク・アンディの必殺技。相手を肩に担ぎ上げたあと尻餅をつかず、自分は直立したまま相手をマットに投げ捨てるエレクトリックチェアである。
上からマリア
DRAGON GATEのヨースケ・サンタマリアが使う三角跳びプランチャの呼び名。
ウォーマシンコンボスラム
レイモンド・ロウ&ハンソンのタッグチーム、"ウォー・マシン"が使っているコンビネーション。ロウが走りこんできた相手の懐に潜り込んで相手の右脇腹に左手を、右脇腹に左手をそれぞれ添え、両腕を伸ばしながら体を起こすことで相手の体を空中へと跳ね上げる。そのあとうつ伏せの状態で落下してきた相手の体をハンソンがオクラホマスタンピードの形でキャッチし、そのまま相手に体を浴びせかけるように倒れ込んで相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
大江戸コースター
スターダムなどで活動中の花月が使っているファイヤーバードスプラッシュの呼び名。名前は自身がリーダーを務めるヒールユニット"大江戸隊"に由来している。
ガオバババ
KAIENTAI-DOJOに所属する吉野コータロー&ダイナソー拓真のタッグチーム、"ダイナストーンズ"が使う合体式バックフリップ。まずカカア天下の要領で互いに背中合わせになりながら相手を持ち上げ、2人の肩の上に相手を仰向けの状態で担ぎ上げる。そのあと呼吸を合わせた2人が足を前に投げ出す形で同時に倒れ込み、落下させた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
カミゴェ
飯伏幸太が2017年のG1クライマックスで初公開した新フィニッシャー。膝立ち状態になった相手の正面に回りこんで相手の右腕を左手で、左腕を右手でそれぞれ掴み、身動きの取れなくなった相手の顔面にボマイェ気味の膝蹴りを叩き込む。自らが神と崇める棚橋弘至にこの技で初勝利をし、文字通り"神越え"を果たしたことからこの名前が付けられた。
カルーリカ・ダブルハイ
アイスリボンの法DATEが使う2連続ハイキックの呼び名。
顔面G
プロレスリング・ノアのYO-HEYが使う戸澤塾秘伝・巌鬼とほぼ同型の技。相手の両肩に手をついて高さを稼ぐ他の使い手とは違い、足腰の力のみで相手の頭の高さまで浮き上がる常人離れした跳躍力から繰り出される。
グリーンティー・プランジ
DDTプロレスリングで活躍中のマイク・ベイリーが使うフォールアウェイスラム型のフラムフライ。走り込んできた相手の左腿の裏に外腿の方から右手を回して相手の左足を抱え、更に相手の右肩甲骨の辺りに左手を添える。そして相手を抱えたまま270゜後方回転するように体をジャンプさせ、宙を舞わせた相手を背中からマットへ叩き落とす。
グロリアスDDT
WWEのボビー・ルードが使っているインプラントDDTの名称。
ケルベロス
DRAGON GATEのT-Hawkが使っている、ボマイェのように膝を前に押し出しながら決める膝蹴り。走りこんできた相手の顔面にカウンター式で決める一撃をチェンジ・オブ・ペースで使用することが多い。
ゴキゲンクラッチ
プロレスリングWAVEなどで活動しているチェリー&米山香織のタッグチーム、"ゴキゲンBBA"が使うコンビネーション。チェリーが相手に春夜恋を仕掛け、丸め込まれた相手の両足を掴んだ米山が続けざまにジャックナイフホールドを決めて相手を2人がかりでフォールする。
ショックアロー
新日本プロレスのSHOこと田中翔が、CMLLで雷神として活動していた頃に編み出したクロスアーム式のパッケージパイルドライバー。CIMAが使うクロスファイヤーの要領で相手の体を垂直になるまで抱え上げ、そのまま尻餅をついて相手の脳天を自分の両腿の間に打ちつける。
シルバーロック
WRESTLE-1の立花誠吾が使うA.T.ロックの呼び名。
スープレックス・デ・ルナ
メキシコを主戦場とする和製ルチャドールであり、KAIENTAI-DOJOに逆来日したDOUKIのフィニッシングホールド。相手を軽く宙に抱えあげたあと一旦静止し、そこから背筋力を使って相手を後方に反り投げる2段階式のドラゴンスープレックスホールドである。
スクエア・アンド・コンパス
ガンバレ☆プロレスに登場したデイヴ・クリストが見せたシスターアビゲイル式のDDT。まず向かい合った相手の左肩の上に右腕を引っ掛け、自分の左膝を軽く折り曲げることで相手の体を後ろに仰け反らせる。続いて仰け反った相手の背中を立てた自分の右腿の上に接触させ、自分の右腕を右首筋の方から相手の首の後ろへ滑り込ませて相手の頭を右腕で抱え込む。最後に自分の上半身を右方向に振りつつ背中からマットに倒れ込み、その勢いで前のめりに倒れこんだ相手の頭をDDTの形でマットに突き刺す。
スピナーベイト
KAIENTAI-DOJOのGO浅川が愛用するビターエンドと同型の技。スピナーベイトとはバス釣りで使われているルアーの名前である。
スライディングGO
GO浅川が使うスライディングDの呼び名。
ダイハードフロウジョン
エディ・エドワーズが中嶋勝彦との"GHCヘビー級タイトルマッチ"で初公開したフィニッシャー。ダイハードドライバーの要領で相手の体を上下逆さまに持ち上げ、顔を向かい合わせる状態になった相手の右肩の辺りに左手を、背中に右手をそれぞれ添え直す。そのあと相手を抱えたまま右半身からマットに倒れ込み、相手の体をエメラルドフロウジョンの形で自分の右サイドに叩きつける。
タワーオブテラー
DDTプロレスリングの入江茂弘&樋口和貞が使っているコンビネーション。まず樋口が喉輪落としの要領で相手を軽く持ち上げ、相手の背後に陣取っていた入江が相手のタイツを両手で掴む。そのあとタイツを掴んだ入江が両腕を上方向へと伸ばして樋口をアシストし、樋口が抱えた相手の体を入江の頭上の辺りまで一気にリフトアップする。最後に入江が後ろに倒れ込むのに合わせて樋口が両膝をつくように腰を落とし、落下させた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
壇ノ浦
ZERO1で活動中のSUGIが使っているシエロ・ペルフェクト1と同型の技。
テツヤ・イン・ザ・スカイ
DDTプロレスリングの遠藤哲哉が愛用しているフラムフライと同型の技。コーナー最上段からの雪崩式で技を放つと呼び名がテツヤ・イン・ザ・スカイ with Diamondsになる模様。
十嶋命名 ドキドキDOUKIのミラクルストレッチ
和製ルチャドールであるDOUKIがKAIENTAI-DOJOで見せたムーブ。形はラ・アヤキータ2000と同型で、所属する凶月のメンバーである十嶋くにおによりこの名前が付けられた。
トランザム★シューター
プロレスリングBASARAに参戦しているトランザム★リュウイチの得意技。形はシャープシューターと同型。
ドリルクロー
ブライアン・ケイジがプロレスリング・ノアでフィニッシュに用いているSSDと同型の技。
ヌメロ・ドス
新日本プロレスのエル・デスペラードが使うジャベの1つ。相手の左足をストレッチマフラーホールドの要領で自分の首の後ろに巻きつけ、仰向けになった相手の左腕を右手で掴んで腕の動きを封じる。そのあと相手の右腿の上に左手を回しつつ自分は体を起こし、吊り上げた相手の足腰を痛めつけてギブアップを奪う。
パシオン
DRAGHON GATEのU-Tが使っているサムソンクラッチの呼び名。
フォーリングトトロ
アイスリボンのトトロさつきが使うダイビングセントーンの呼び名。
フロントクラッシュ
プロレスリングFREEDOMSの進祐哉が使っているハイアングルペディグリーと同型の技。
ボストンニーパーティー
インパクトレスリングやプロレスリングNOAHで活躍しているエディ・エドワーズの得意技。相手をダウンさせたあとコーナーに移動して相手が起き上がるのを待ち伏せ、体をやや斜めに傾けながら放ったランニング式の飛び膝蹴りを相手の頭部へと叩き込む。
ポテリング
Actwres girl'Zの安納サオリが使っているウイングクラッチホールドと同型の技。
ブレインウォッシング
WRESTLE-1などで活動中の三富政行が使っている片腕ロック式の垂直落下ブレーンバスター。まず向かい合った相手の右手首を左手で掴み、前屈みになった相手の首の後ろに左腕を回して頭を抱え込む。そのあと右手でタイツを掴んで相手の体を垂直になるまで抱え上げ、上下逆さまの状態で落下させた相手の体をマットへ叩きつける。
マイカバスター
アイスリボンなどで活動中の尾崎妹加が使うキン肉バスターと同型の技。
マキシマム
全日本プロレスの野村直矢が使っているTKO34thと同型の技。名前は自身の技の中で最上級の破壊力を持つことを意味し、この技を足掛かりにして世界タッグ王座を奪取した。
幕下インパクト
大日本プロレスで活動中の浜亮太が使うフライングボディーシザーズドロップの呼び名。
マグダレン
アメリカのインディーシーンで活躍し、日本のガンバレ☆プロレスにも来日したデイヴ・クリストのフィニッシャー。まず相手の左腕を右手で掴んで目の前にあるコーナーに向かって走り出し、コーナーから伸びるセカンドロープに左足で、トップロープに右足で順々に飛び乗る。そのあと掴んでいた腕を離しつつ後ろに飛び退くようにジャンプし、相手の頭を両手でキャッチしてそのままダイヤモンドカッターを叩き込む。
マジカル魔法少女スプラッシュ
東京女子プロレスの坂崎ユカが使う旋回式の魔法少女スプラッシュ。まず相手を仰向けに倒して自分はエプロンサイドへと移動し、近くにあるトップロープに両足でよじ登る。そしてロープを足蹴にしてジャンプしたあと空中で体を横方向に180゜旋回させ、自分が踏み台にしたロープの方に頭を向けた状態で相手をボディプレスする。この技で自身初のタイトルとなるTOKYOプリンセス・オブ・プリンセス王座を奪取した。
マスター・アンド・パダワン
ガンバレ☆プロレスでタノムサク鳥羽&力が見せたコンビネーション。力が相手の脳天にセーバーチョップを叩き込み、続けざまに鳥羽がバックハンドブローで相手を殴打する。
ミッションインポッシブル
DRAGON GATEのKzyが使っている、セカンドロープを踏み台にして仕掛けるノータッチ式のトペ・コンヒーロ
宮原殺し
石川修司が宮原健斗の保持する"三冠ヘビー級王座"に挑戦する際に編み出したムーブ。一旦相手をファイヤーマンズキャリーで肩に担ぎ上げ、そこから体勢を入れ替えて決めるファイヤーサンダーである。
ヨーガ・タワー・フォール
アイスリボンで活動中の直DATEが使っているムーブ。両膝をつくように倒れ込みながら仕掛けるブレーンバスタースラムである。
ラグナロク
DRAGON GATEのYAMATOがT-Hawkとの"オープン・ザ・ドリームゲート王座戦"で初公開した、相手をサイドに落とすギャラリアといった趣きのムーブ。まずリバースDDTの要領で相手の頭部を右脇に抱え込み、相手の両足が宙に浮き上がる程度に相手の体を抱え上げる。そのあと自分の左手を相手の左腿の裏に回して相手の足を抱え込み、尻餅をつくように腰を落として相手の後頭部を自分の右サイドへと叩きつける。CIMAが使うシュバインの裏バージョンといった感じの技だが、これは元々CIMAとの直接対決の際に編み出された為である。
レッドウェディング
インパクト・レスリングのローズマリーが使うF-5の名称。
BANG BANG BANG
DRAGON GATEの山村武寛が見せた3連続ハイキックに付けられた呼び名。
Banshee Muzzle
新日本プロレスのEVILが使っているサブミッション。尻餅をついた相手の左腕をラ・マヒストラルのような感じで自分の股の間に挟み込み、そのまま相手の背後に回り込んで相手の頭部をフェイスロックに捕らえる。そのあと左膝をマットについて自分の体を右方向へと軽く捻り、相手の体をねじ切るように締め上げてギブアップを奪う。
D
新日本プロレスの高橋ヒロムが使っているサブミッション。ヘッドシザーズホイップの要領で相手の体を巻き投げたあとも相手の首を挟んだ両足のロックを解かず、相手の右腕を続け様に足の間に挟みこんで三角締めへと移行する。
DZT
インパクト・レスリングのDJ Zが使っているローリングサンダー式の飛びつきDDT。まずグロッキー状態にさせた相手と軽く距離を取り、助走をつけて相手の側で前転する。そのあと両足でマットを足蹴にして高々と飛び上がり、向かい合った相手の体に抱きつくように飛びついてそのままDDTを炸裂させる。
POMジュース
アイスリボンの藤田あかねが使う変形の胴締め式チキンウイングフェースロック。変形キャメルクラッチを極めたあと自分の背中がマットにつくところまで後ろに倒れ込み、体を引き起こされて膝立ち状態になった相手の胴体を両足でがっちりと挟み込む。続いて相手の首に巻きつけていた相手の右腕を右手で掴み直し、自由になった左手を胸の方から相手の左脇に差し込む。最後に相手の左腕を左脇に抱え込んで相手の上半身の動きを封じ、そのまま相手の首・左肩・腰などを複合的に痛めつけてギブアップを奪う。
VHS
DDTプロレスリングで活躍中のディエゴことワンチューロが使うデスバレーボムの名称。
X賦狼怒
KAIENTAI-DOJOの最上九がヒールユニット"凶月"加入後にフィニッシュに用いている飛びつき式ダイヤモンドカッター
3K
新日本プロレスの田中翔&小松洋平がメキシコからの凱旋帰国を果たし、"ロッポンギ3K"のSHO&YOHとなったあとに披露した合体式のコンプリートショット。SHOが相手の体をフラップジャックの要領で抱え上げ、落下してきた相手の体にYOHが正面から飛びつく。そのあとYOHが相手の顎の下に右腕を、右肩に左腕を回しつつ背中から倒れ込み、前のめりに落下した相手の顔面をマットへ強かに打ちつけさせる。
44歳
九州プロレスの筑前りょう太が使っているBTボムの呼び名。