.
脳天唐竹割り
全日本プロレスのジャイアント馬場が愛用した打撃技。相手の頭を左手で鷲掴みにしたあと右腕を大きく振りかぶり、相手の脳天目掛けて右手で手刀を振り下ろす。
脳天杭打ち
パイルドライバー
ノーザンライトスープレックスホールド
馳浩が編み出したオリジナルスープレックスホールド。まず向かい合った相手の右脇に頭を潜り込ませ、相手の右腕の外側に自分の左腕を、左腕の外側に右腕を回して相手の背中で両手をクラッチさせる。そして体をブリッジさせる勢いで相手を後方へと反り投げ、相手の背中をマットに叩きつけたあとブリッジを崩さずにフォールを奪う。日本名は北斗原爆固め
ノーザンライトハーレーTS
北斗晶が愛用した変形のバックドロップホールド。まず向かい合った相手の右腕を左手で掴んで持ち上げ、相手の右腕の下を潜り抜けて相手の背後に回り込む。続いて相手の右脇に胸の方から右腕を差し込んで相手の右腕を右脇に抱え込み、自由になった左手で掴んだ相手の左腕を自分の首の後ろに引っ掛ける。最後に相手の左腿を左手で外側から抱え込んで体をブリッジさせ、後方に反り投げた相手を肩口からマットへ叩きつけてフォールを奪う。
ノーザンライトビクトリー
北斗晶が愛用していたキャトルミューティレーションと同型の技。タイガースープレックスのクラッチで抱えた相手の体を軽く宙に抱え上げ、持ち上げた相手を臀部からマットへ落として技へと移行していた。
ノーザンライトボム
北斗晶が現役時代に愛用し、現在は夫である佐々木健介が受け継いでいる必殺技。まず前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、右手で掴んで持ち上げた相手の左腕を自分の首の後ろに引っ掛ける。続いて相手の股を右手で正面から抱え、相手の体を垂直になるまで持ち上げる。最後に相手を抱えたまま左半身からマットに倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の体をマットへ叩きつける。
ノーザンライト2K1
レックレス・ユースが使うデメキンバスターと同型の技。
ノーザンラリアット
WWEのボビー・ルードが使っている相手の後頭部目掛けてのラリアット
ノージョーク
WCWで活躍したヒュー・モラスことビル・デモットのフィニッシャー。形はアウトエンドスリーと同型。
ノースカットドライバー
TNAに登場したケビン・ノースカットの必殺技。形はマネーメイカーと同型。
ノーズジョブ
WWEのトリー・ウィルソンが使っていたXファクターの名称。
ノー・チン・ミュージック
WWEのジェームズ・エルズワースが使うスイート・チン・ミュージックと同型の技。技を決めるまでの一挙一動を模倣しており技の名前もかつてはオリジナルのままだったが、貧弱なエルズワースには相応しくないという理由で解説のJBLが名前を強制的に改名した。
ノーマンコンキュエスト
新日本プロレスやWCWで活躍したノーマン・スマイリーのフィニッシャー。チキンウイングフェイスロックを極めたあと相手をグラウンドに引き込み、相手の胴体を両足で挟んで首を締め上げる。
ノーラフィング・マター
WWEで活躍したビル・デモットが、WCWでヒュー・モラスと名乗っていた頃から愛用している必殺技。形はムーンサルトプレスと同型で、別名ラスト・ラフとも呼ばれていた。
ノーロック
ルベルロック
ノゲイラスペシャル
みちのくプロレスのザ・グレートサスケがかつて愛用していたサブミッション。まず中腰状態になった相手の左腕を両手で掴み、自分の顔が下を向くようにジャンプしながら相手の左腕を両足で挟み込む。そのあと相手の腕を極めたままマットにうつ伏せの状態で着地し、左腕の関節や靭帯を痛めつけて相手をギブアップに追い込む。技が極まった形はアトンニオ・ホドリゴ・ノゲイラがミルコ・クロコップを破った際に披露した同型の関節技を髣髴とさせる。
のぞみキャッチャークラッチ
IWAジャパンの竹迫望美が使っていたカサドーラの名称。
ノックスアウト
WWEで活躍したマイク・ノックスが使っているシェルショックと同型の技。
喉輪落とし
プロレスリング・ノアの田上明が長年愛用するフィニッシングムーブ。まず向かい合った相手の喉を右手で鷲掴みにし、左手で掴んで持ち上げた相手の右腕を自分の首の後ろに引っ掛ける。続いて左手で相手の首を後ろから掴み、相手の体を高々と持ち上げたあと左手を相手の体から離す。最後に相手の喉を掴んだままマットに右膝をつき、落下させた相手の背中をマットへ強かに叩きつける。ちなみにこの田上式の喉輪落としを使っているのは開発者である田上ただ1人であり、他の大相撲出身レスラーが使う喉輪落としはチョークスラムと同型の投げ技である。
喉輪エルボー
DRAGON GATEのドン・フジイが使うオリジナルムーブ。チョークスラムの要領で相手の体をリフトアップし、尻餅をつくように倒れ込みながら相手の胸板に自分の右肘を押し当てる。そのあと落下させた相手の背中を自分の右サイドへと叩きつけ、それと同時に右腕で相手の胸板にエルボードロップ気味の打撃を打ち込む。
喉輪ジャーマン
舎人雷
ノヴァケイン
ECWやWWEで活躍したノヴァことサイモン・ディーンが愛用しているフラットライナーの名称。
ノヴァブラスト
サイモン・ディーンが使うコーナーセカンドロープからのバフ・ブロックバスター
のびた君式体固め
大阪プロレスのくいしんぼう仮面がかつて披露した押さえ込み技。仰向けに倒れた相手を枕にして寝転び、持参のリュックから取り出した漫画を読みながら相手をフォールする。
野武士固め
新日本プロレスの後藤洋央紀が使っているサブミッション。尻餅をついた相手の背後に回り込んで相手の左腕に自分の左足を内側から引っかけ、マットに右膝をついて相手の右脇に背中の方から体を潜り込ませる。そのあと相手の頭部をヘッドロックの要領で抱え込み、相手の頭・脇腹・肩などを複合的に痛めつける。
のぼりスペシャル2
WRESTLE-1などで活動中のエル・イホ・デル・パンテーラが使うテララーニャと同型の技。
昇り龍
プロレスリングBASARAの関根龍一が使っているパントキックと同型の技。
ノミスギニー
新日本プロレスを中心に活動中のロッキー・ロメロが使うFHと同じタイプの飛び膝蹴り。
野良犬ハイキック
ZERO1の日高郁人が使っている"野良犬"小林聡直伝のハイキック
野良犬マシンガン
日高郁人が使っている小林聡直伝の打撃技。相手のボディー目掛けて連続で放っていく速射砲タイプのミドルキックである。
ノリタケ
泉田純至が得意とする変則的なヘッドバット。仰向けになった相手の側で体を横方向に傾けるようにジャンプし、相手の肩口に自分の頭を叩きつける。
ノルテ
DRAGON GATEのT-Hawkが使っているGod Trapと同型の技。
ノンストップスカイライナー
ミラクルエクスタシー
のんのんハンター
全日本女子プロレスの納見佳容が愛用していたオリジナルパッケージ。まず相手の肩に回転十字固めの要領でぶら下がり、相手の右肩を抱えていた腕のクラッチを切って体を下方向へと振る。そのあと相手の左横を通り抜けるように体を旋回させて相手の正面へと回り込み、相手の右腿を右手で、左腿を左手で抱えながら体を前方回転させて相手を丸め込む。