.
追い山落とし
プロレスリング華☆激のアステカが使うデメキンバスターと同型の技。
追い山落とし2
アステカが使っているパーフェクトドライバーと同型の技。
応援団式正拳突き
DRAGON GATEの戸澤陽が戸澤塾時代に多用していた正拳突きの呼び名。
王家の呪い
みちのくプロレスで行われた"第3回覆面ワールドリーグ戦"の参加選手であるツタンカーメン8世の必殺技。形は開運固めと同型だが、相手の右腕は掴まずに自分の両手を胸の前で交差させてポーズを取る。
欧州式エビ固め
ヨーロピアンクラッチ
欧州式・首極めコブラツイスト
DDTプロレスリングの彰人が使うオリジナルサブミッション。まず相手の右足の内側に自分の右足を正面から引っ掛け、相手の右横を通り抜けて自分の体を相手の背後に回り込ませる。そのあと相手の左脇に背中の方から右腕を差し込み、相手の首をクラバットの要領で抱え込んでギブアップを奪う。
大こけし
本間朋晃が使っているこけしのバリエーションの1つ。場外に相手を寝かせたあと自分は相手の側にあるコーナー最上段へと歩を進め、場外にいる相手に対して断崖式のこけしを叩き込む。
大阪御堂筋スタナー
沖縄プロレスのスペル・デルフィンが使っているオリジナルムーブ。まずリバースブレーンバスターのクラッチで相手の体を抱え、自分は直立したまま相手の体を360゜後方回転させるように持ち上げる。そのあと相手の両足を自分の背後で一旦着地させ、間髪入れずに尻餅をついて相手の首にスタナーを叩き込む。
大阪ラバーズ
OSAKA女子プロレスなどで活躍中の救世忍者 乱丸が使っているドラゴンキッカーと同型の技。
大阪臨海アッパー
スペル・デルフィンに村浜武洋が伝授した、相手の顎をかち上げるように叩き込むランニング式の掌打。沖縄プロレス旗揚げ後は常設会場がある沖縄国際通りにちなんで国際通りアッパーと呼ばれるようになった。
オーエンハートスペシャル
PWGなどで活動中の"LTP"ジェローム・ロビンソンが愛用する正田デストロイと同型の技。切り返し技でしか繰り出さない正田デストロイと違い、コルバタの要領で相手に飛びついてそこから自発的に技を繰り出すことが多い。
大家さん
50$ent
オーサムスプラッシュ
FMWで活躍したグラジエーターことマイク・オーサムが使っていたダイナミックなフロッグスプラッシュ
オージードライバー
ZERO1に登場したウィル・ギブソンが見せたムーブ。形はバズーカうどんと同型。
オーシャンカッター
WRESTLE-1の村瀬広樹が使うフィニッシャー。ブレーンバスターの要領で相手を垂直に持ち上げたあと自分の体だけを左方向に180゜回転させ、うつ伏せの状態で落下してきた相手の首を両手で抱え込んでダイヤモンドカッターを叩き込む。
オーシャンサイクロンスープレックス
フリオ・ディネーロ&Ezマニーのタッグチーム、"ホットコモディティー"が使っていたコンビネーション。まずうつ伏せになった相手の左サイドに陣取ったフリオが相手の左腕を左手で、右サイドに陣取ったマニーが相手の右腕を右手で掴み、フリオが相手の左腿を右脇に、マニーが右腿を左脇にそれぞれ抱え込む。そして相手の体を軽く宙に抱え上げたあと2人同時に背中からマットへ倒れ込み、その勢いで仰向けに引っくり返りながら落下した相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。最終的な形はツープラトン式のバックドロップに近い。
オーシャンドライバー
NWAオーストラリアのオーシャン・ニールがZERO1で披露したみちのくドライバーβと同型の技。
オースイスープレックス
アル・コステロが開発し、現在では丸藤正道や大橋篤などが愛用している丸め込み技。まず立っている相手の上半身をタイガースープレックスのクラッチで固め、腕をクラッチしたままマットに尻餅をつく形で倒れ込む。そのあと相手もろとも体を後転させることで相手の両肩をマットにつけさせ、自分の背中をブリッジをするように仰け反らせて相手をフォールする。最終的に技が決まった形はタイガースープレックスホールドと同型になる。
オータムクラッチ
覆面MANIAで活動中の秋山恵が使っているトケ・デ・エスパルダスと同型の技。
オータムスカイクラッチ
秋山恵がJDスター女子プロレス時代に開発した丸め込み技。走ってきた相手の右腕を脇固めに捕らえたあと相手もろとも体を前方に転がし、仰向けになった相手の右足に自分の右足を引っ掛ける。そのあと相手の体を後ろに転がして両肩をマットにつけさせ、自分は相手の右手足を極めたまま腹這いになって相手から3カウントを奪う。
オーツカリーナ
アレクサンダー大塚がメキシコから持ち帰った変形のアルゼンチンバックブリーカー。まず相手の左脇に背後から右腕を差し込み、自分の体を左方向に捻って相手と背中合わせになる。そのあと相手の胴体を右手で、左腿を左手で抱えて体を起こし、衝撃で仰向けの状態で肩の上に担ぎ上げた相手の腰を痛めつける。
オーディンスープレックス
IWAジャパンなどで活躍した佐藤竜騎士が使っているプレミアムブリッジと同型の技。
オートマティック・ミッドナイト
新日本プロレスで活動中のアレックス・シェリーが使うWA4の名称。
オード・2・ブリッツクリーグ
AAAで活動中のジャック・エヴァンスが愛用するエアリアルムーブ。相手を仰向けに倒したあとスタンディングシューティングタープレスの要領で体を回転させ、回転途中で体に横方向への捻りを360゜加えて相手の体をボディープレスする。そして相手に背中を向けるように立ち上がったあとスタンディングムーンサルトを放ち、空中で体を540゜錐揉み回転させて相手にセントーンを叩き込む。名前はエヴァンスが敬愛する元WCWのブリッツクリーグに由来する。
オード・2・ブルドッグス
ジャック・エヴァンス&ロデリック・ストロングがROHで多用していたコンビネーション。対戦相手の1人をリング中央付近で仰向けに倒し、残った対戦相手をアルゼンチンバックブリーカーで担いだストロングがコーナーの近くへと移動する。続いてリングの方を向きながらコーナー最上段に立ったエヴァンスが体を右方向に180゜捻るようにジャンプし、ストロングが抱えた相手の上に両足で着地する。最後に相手の体を踏み台にしたエヴァンスが倒れている相手にムーンサルトプレスを叩き込み、間髪入れずにストロングが両膝をついて抱えていた相手の背中に衝撃を与える。別名はスキッピングジェネレーション
オーノ・ブレイド
KO
オーバー&アウト
TJPことT.J.パーキンスが愛用しているアサイDDTと同型の技。
オーバーイージー
クリス・セイビンが使っている必殺技の1つ。カナディアンバックブリーカーで右肩に担ぎ上げた相手の背中を左手で下から押し上げ、その勢いで相手の体をうつぶせにひっくり返す。そのあと自分の体だけを右方向に180゜捻って落下する相手の首の後ろに左腕を回し、相手の体をインプラントDDTの形で自分の左サイドに叩きつける。
オーバーキャスト
WWEやWCWで活躍したグレゴリー・ヘルムズが使うバフ・ブロックバスターと同型の技。
オーバー・ザ・クラッシュ
長与千種とライオネス飛鳥のタッグチーム、"クラッシュ2000"が使っていたコンビネーション。コーナーに背を向けた飛鳥が相手をパワーボムで肩に担ぎ上げ、コーナー最上段に登った長与が相手にダイビングネックブリーカードロップを叩き込む。
オーバー・ザ・トップ
全日本女子プロレスのボンバー光が使っていたマッチョバディーボムと同型の技。
オーバータイム
ROHやWWEで活躍中のセドリック・アレクサンダーが使うフロッグスプラッシュの名称。
オーバードーズ
WRESTLE-1の近藤修司が使うムーブ・オブ・ア・1000マニアクスと同型の技。
オーバードライブ
プレイ・オブ・ザ・デイ
オーバーヘッドキック
サッカーのテクニックから生まれた華麗な打撃技。自分の体を横方向に捻って相手に背中を向けた状態になり、両膝を屈伸させて反動をつける。そのあと体を270゜後方回転させるようにジャンプし、降り抜いた右足の甲で相手の脳天や顔面を蹴り飛ばす。回転する際に体に捻りを加え、相手の後頭部を延髄斬り気味に蹴り飛ばすタイプを愛用する選手も多い。
オーバーヘッドスープレックス
フロントスープレックス
大盤振る舞いエルボー
KAIENTAI-DOJOの安沢たくが使っていたダイビングエルボードロップの名称。
オービートライス
プロレスリング・ノアのタダスケがが使っているハリケーンドライバーと同型の技。
オーフルワッフル
オメガドライバー
オープンハートサージェリー
テディ・ハートが得意とするスパイラルタップと同型の技。テッドが使うインフラレッドも同様の名前で呼ばれている。
大骨喰
道頓堀プロレスなどで活動中の政宗が使っているサブミッション。骨喰から逃れようとする相手の動きにあわせて体を横方向へと転がし、ロープから遠ざかった相手の背中を左足で跨いで足を相手の右肩のあたりに着地させる。そのあとマットに右膝をつきながら抱えた左足を相手の頭の方まで持っていき、相手の左足と背骨を複合的に痛めつける。
オーマイ&ガーアンクル
新日本プロレスの田口隆祐が使っているアンクルロックに付けられた呼び名。本人曰くデビューから12年に渡って研究・温存していた技らしく、技の切り返しの中で咄嗟に極めることが多い。
大柳タイフーン
みちのくプロレスの大柳錦也が闘龍門時代に使っていたムーブ。大柳の体をリバースパワーボムの要領で持ち上げたパートナーがその場でぐるぐると回転し、志村けんの"アイ〜ン"のポーズを取った大柳が体ごとぶつかって相手を薙ぎ倒す。
オーランドマジック (1)
WWEやTNAで活躍したオーランド・ジョーダンが使っているスイングネックブリーカーの一種。まず前屈みになった相手の首の後ろに正面から右腕を回し、相手の右手首を左手で掴む。そのあと体を左方向に180゜捻って背中から倒れ込み、仰向けにひっくり返った相手の後頭部を強かにマットへ打ちつける。
オーランドマジック (2)
WWEのエピコがオーランド・コロンとして活動していた頃に使っていたフィニッシャー。相手を担ぎ上げたあと軽く助走をつけて決めるランニング式WA4である。
オールアウト
新日本プロレスの棚橋弘至がWRESTLE LAND限定で使っていたキャタトニックと同型の技。
オールダン
ROHなどで活躍した"リングクルーエキスプレス"のダンが使っていたゴリーボムの名称。
オールドグローリー
WCWで活躍したハクソー・ジム・ドゥガンが使っている3点ポジションからのクローズライン。通常のクローズラインにタックルの技術がプラスされている。
オールドスクール
WWEのジ・アンダーテイカーが愛用しているフェイバリットムーブ。まず左手で掴んだ相手の右腕を捻り上げ、腕を掴んだまま側にあるコーナーの最上段に登る。そのあとコーナーから伸びるトップロープの上を綱渡りのように歩いていき、一定の距離を進んだところでリングへジャンプして相手に右手で手刀を叩き込む。この技はテイカーの師匠であるドン・ジャーディンが得意としていたムーブであり、技に入るときに叫ぶオールドスクールとは"懐かしいあの技やるぞ!"ぐらいの意味で正式な名前ではないらしい。
オールドスクールエクスプロージョン
スティーブ・コリノやコリノの実妹であるアリソン・デンジャーが使うリバース式のツイスト・オブ・フェイト。相手の首をリバースDDTの要領で左脇に抱え込み、自分の体だけを左方向に180゜捻って相手の首の後ろに右手を回す。そのあと右手で相手の首を抱え込んで背中からマットに倒れ込み、その勢いで後ろに引き倒した相手の後頭部をマットへ痛打させる。
オールドスクールカッター
WWEやプロレスリング・ノアで活躍したブル・ブキャナンが愛用していた巨体に見合わぬ華麗なムーブ。トップロープの上をオールドスクールの要領で歩き、ロープを蹴ったあと相手の体に正面から飛びつく。そして相手の首を両手でキャッチしながら体を前方回転させ、その勢いで後ろに引き倒した相手の後頭部をマットに叩きつける。
オールドスクールスーパーキック
スティーブ・コリノが使っているスーパーキックの呼び名。
オールドボーイ
AKIRAが愛用しているコブラツイストとSTFの複合技。相手の左足首をSTFの要領で両腿の間に挟み込んだあと相手の右脇に背中の方から左腕を差し込み、相手の右腕を左脇に抱え込んで相手の足や脇腹を痛めつける。全日本プロレスではシアター・オブ・ペインと呼ばれていた技であり、スクールボーイから流れるように技へと移行することが多い。
オール・ヘイル・セイビン
クリス・セイビンが膝の怪我から復帰した後に使い始めたパーフェクトドライバーと同型の技。
オーロラスペシャル
ミミスペシャル
オーロラボム
LLPW-Xの井上貴子が全日本女子プロレス時代に披露したムーブ。オーロラスペシャルの要領で抱え上げた相手の体を横方向に180゜回転させ、前方へと投げ捨てた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
おかっぴきスラム
アパッチプロlレス軍の金村キンタローが使っているハリケーンドライバーと同型の技。
オカマロック
みちのくプロレスに参戦していたオカマレスラー、ミッシェル・スターのフィニッシングムーブ。形はあてがいと同型。
拝みラーダ
みちのくプロレスの新崎人生が使っている、両手を合掌させた状態で決めるラ・ケブラーダ
拝み渡り
新崎人生が得意とするオールドスクールと同型の技。空いている右手で拝みながらロープの上を歩くのが特徴である。
おからボム
中邑真輔がかつて使用していたイグチボムと同型の技。
起き上がり小法師ラリアット
プロレスリング・ノアの田上明が得意としていた連続式のラリアット。向かい合った相手の右腕を左手で掴み、その腕を引っ張ることで相手の体を引き寄せる。そして相手に右手でラリアットを叩き込んだあと腕を引っ張って相手を無理やり引き起こし、再度相手に右腕でラリアットを叩き込む。
オキャノンボム
プロレスリングFREEDOMSのジ・ウィンガーが愛用しているブルーサンダーと同型の技。
オクトパスホールド
卍固め
オクラホマスタンピード
パワータイプのレスラーが好んで使用する豪快なムーブ。ボディースラムで持ち上げた相手の体を右肩にうつ伏せの状態で担ぎ、相手の背中に右手を、首の後ろに左手をそれぞれ回す。そのあと相手に体を浴びせかけるように前のめりに倒れ込み、相手を背中からマットに叩き落とす。
オクラホマ・デスライド
WLWなどで活動中のブライアン・ブレイカーがプロレスリング・ノア来日時に見せたフィニッシャー。相手の背後に回り込んで腿の裏の方から相手の股の間に左腕を差し込み、その腕で正面にある相手の左腕を掴む。そのあと相手の腹部に右腕を回して体をブリッジさせ、後方に反り投げた相手を背中からマットへ叩きつける。
オクラホマロール
技巧派の選手が使っている相手の腕を股に挟みこまないラ・マヒストラル。まず四つん這いになった相手の左サイドへと移動し、相手の左肩を左手で、右腿を右手でそれぞれ抱え込む。そのあと自分の体を前方回転させる勢いで相手の体を仰向けにひっくり返し、両肩をマットにつけた相手の体を押さえ込んでフォールを奪う。
桶狭魔
スポルティーバ・エンターテイメントの石田慎也がフィニッシュに用いるロベルトピストルと同型の蹴り技。
オコーナーズロールアップ
ローリングバッククラッチ
オコゼクラッチ
DRAGON GATEのCIMAがスペル・デルフィンとの対戦を前にして公開したデルフィンクラッチと同型の技。名前はデルフィンの素顔がオコゼに似ているというCIMAの妄想に由来する。
オザキック
OZアカデミーの尾崎魔弓が愛用している打撃技。シャイニングウィザードの要領でジャンプしたあと振り上げた右足のつま先で相手の顔面を蹴り飛ばす。
おざまゆ
尾崎魔弓が使っている丸め込み技。相手の体に正面から飛びついて相手の頭をDDTの要領で左脇に抱え込み、自分の体を右方向に旋回させつつ相手の左腿を右手で抱え込む。そのあと背中からマットに倒れ込む勢いで相手を前方へと転がし、両肩をマットにつけた相手の右足に自分の右足をフックさせてフォールを奪う。
おさるのかごや
みちのくプロレスの孫悟空が使っていたアルゼンチンバックブリーカーの名称。
おしゃれ外道クラッチ
プロレスリングWAVEのGAMIが使っている外道クラッチ2と同型の技。
お嬢様クラッチ
プロレスリングWAVEの春日萌花が使っている丸め込み技。まず向かい合った相手の右腕を右手で掴んで腕を相手の頭の上の方へと持って行き、掴んだ腕をコントロールして相手の体を右方向に360゜回転させる。そして相手と再び顔を向き合わせる形になったところで相手の右腕を左手で、左腕を右手で掴み直し、掴んだ両腕を相手の胸の前で交差させる。最後に相手の右足の脹脛あたりに右足をフックさせて自分の体を前転させ、その勢いで後ろにひっくり返った相手の体を押さえ込んで3カウントを奪う。
お嬢様ドロップ
春日萌花が使っているロデオボムと同型の技。コーナー最上段からのダイビング式で技を繰り出すこともある。
オシリアン・サクラメント
CHIKARAで結成されたアマシスとオフィーディアンのタッグチーム、"オシリアン・ポータル"が使っていた合体殺法。形はフォーリングフェイトと同型で、ZERO1に来日した際にはエジプティン・デスドライバーという名前が付けられた。
オスカー
WWEのゴールダストが使っているエッジ・オ・マティックと同型の技。
オスカッター
新日本プロレスなどで活動中のウィル・オスプレイが使うフィニッシャー。まず目の前にあるロープに向かって走り出してセカンドロープに飛び乗り、ロープを蹴った反動を使って後ろに飛び退くようにジャンプする。そのあと背後に迫っていた相手の頭を両手でキャッチし、ダイヤモンドカッターの形で相手をマットに叩きつける。この技で2016年の"BEST OF THE SUPER Jr."を制覇し、同トーナメントの最年少優勝記録を更新することとなった。
オズスペシャル
AAAで活動中のダーク・オズが使っているフィニッシャー。相手を頭からマットに叩きつける急角度のキッスユアXグッバイであり、現在はオズドライバーと呼び名を変えている。
お座りトペコン
ビリーケン・キッドが使っている空中殺法の1つ。相手を場外に落としたあとコーナーから延びる2本のトップロープを両手で掴み、相手がいる方に向かって体をジャンプさせてトップロープを飛び越える。そのあとトップロープの上に尻餅をつく形で着地して一呼吸置き、そこから体を270゜前方回転させて場外にいる相手に背中から体当たりする。
オゾン
WWEのランディ・オートンが若手時代に使っていたプレイ・オブ・ザ・デイと同型の技。余りにも失敗が多かった為、いつの間にか封印されてしまった。
お台場レッグロールクラッチ
JDスター女子プロレスの斎藤啓子が愛用していたジャパニーズレッグロールクラッチの名称。
ヲタとシンジュクと丸め込み
安部行洋が使っているA2クラッチと同型の技。
おっぴろげジャンプ
みちのくプロレスのヤッぺーマン3号が使っているモッシュピットの呼び名。
乙噴火
ZERO1で結成された曙と長島☆自演乙☆雄一郎のタッグチーム、"AKB64"が見せたコンビネーション。まず長島がリングに背を向ける格好でコーナー最上段へと歩を進め、長島が登ったコーナーの前に陣取った曙が相撲の四股のせり上がりのポーズを決める。そのあと仰向けになった相手目掛けて長島がムーンサルトプレスを叩き込み、続けざまに曙が全体重を乗せたランニング式ボディープレスを放ち相手を圧殺する。名前が示すとおり大谷晋ニ郎と曙が使う大噴火をアレンジしたムーブである。
乙ミックス
長島☆自演乙☆雄一郎が使っているムーブの1つ。コーナーに寄りかかった相手の側で"よっしゃ行くぞー!"と絶叫し、右手で相手の左首筋に6連発の袈裟斬りチョップを打ち込む。そのあと体を軽く沈めながら左方向に180゜回転して相手に背中を向ける格好になり、背中の方に振り抜いた右腕の前腕部を相手の右首筋のあたりに叩きつける。
乙ラーダ
長島☆自演乙☆雄一郎が使っているラ・ケブラーダの呼び名。
オデレータバスター
前落とし
お転婆ダッシュ
全日本女子プロレスの中西百重が愛用していたオリジナルムーブ。ロープに跳んで助走をつけたあとうつ伏せになった相手の背中に両足で飛び乗り、相手の背中の上で足踏みをするように両足を上下させて相手の腰にダメージを与える。現在はアイスリボンのつくしがこの技を愛用している。
男はつらいよ
ZERO1-MAXの高橋冬樹が使っていたロックボトムの名称。
乙女の恥じらい
ハッスルのEricaが使っていた背面式ダイビングエルボードロップの名称。
乙女のヒザ十座
ハッスルのEricaが使っていたビクトル式膝十字固めの呼び名。
お友達プレス
ハッスルでよしえちゃんこと吉江豊が披露したダイビングボディープレスの名称。
漢固め
DDTプロレスリングの男色ディーノが使っている押さえ込み技。仰向けになった相手に覆いかぶさるように倒れ込み、相手の顔面に自分の股間を押しつけた状態でピンフォールを奪う。男色ドライバー系の技からフォールに行く際には相手の頭を自分のタイツの中に入れたまま漢固めへ移行することが多い。
オナーロール
WWEのクリストファー・ノインスキーが使っていたダブルアームスクリュースープレックスと同型の技。別名はハーバードスラム
オニオンバスター
クリスチャン・ヨークが愛用しているフィニッシャー。相手の体をバックドロップの要領で軽く宙に抱え上げ、相手の脇に差し込んでいた頭を引き抜く。そのあと相手の背中を右手で押さえつけながら尻餅をつき、うつぶせの状態で前方に落下させた相手の体を自分の両足の間へ叩きつける。
鬼殺し (1)
柴田勝頼が使う腕極め式袈裟固め。仰向けになった相手の右サイドに腰を下ろして相手の右腕を掴み、相手の右腕を自分の両腿の間に挟みこんでロックする。そのあと左首筋の方から相手の首の後ろに右腕を差し込み、相手の頭を抱えるように自分の両手をクラッチして相手の首を反り上げる。
鬼殺し (2)
新日本プロレスの矢野通が愛用している必殺技。水車落としの要領で右肩に担ぎ上げた相手の股の間に正面から両腕を差し込み、左腿の裏に右手を、右腿の裏に左手を回して相手の体をパワーボムで肩に担ぎ上げた格好になる。そのあと体を軽くジャンプさせて両膝をつくように倒れ込み、前方へと落下させた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
鬼殺し (3)
DRAGON GATEに登場したメタル・ウォーリアーが見せたLSD2と同型の技。
鬼十字
ハッスルの赤鬼蜘蛛が見せた回転十字固めの呼び名。
鬼退治
いたばしプロレスリングの守部宣孝が使っている複合関節技。相手の左腕をカールシックルの要領で両足の間に挟み込み、更に相手の右腕と頭部をナガタロック3の形に捕らえて相手の体を痛めつける。
鬼風車
SECRET BASEの小川内潤が愛用しているフィニッシングホールド。まず左手で掴んだ相手の左腕を相手の顎の下に巻きつけ、相手をファイヤーマンズキャリーの要領で肩に担ぎ上げる。続いて自分の上半身を左方向に軽く捻って反動をつけ、体を右方向に振ると同時に相手の下半身を右手で下から押し上げる。最後に相手の体を仰向けにひっくり返しながら自分は尻餅をつくように倒れ込み、相手の背中を自分の右サイド、もしくは両足の間へと叩きつける。旧名はルシファーズハンマーで、大阪プロレスなどで活躍中のヲロチも同型同名の技を愛用している。
鬼嫁殺し
佐々木健介と中嶋勝彦が編み出したコンビネーション。健介が中嶋の体をケブラドーラ・コン・ヒーロの要領で持ち上げ、体を回転させながら足を振り下ろした中嶋が相手の脳天に踵落とし気味の蹴りを叩き込む。
鬼嫁殺し2
佐々木健介と中嶋勝彦が編み出したコンビネーションの1つ。健介が相手をトルネードボムの要領で担ぎ上げ、健介の背後に中嶋が体を回り込ませる。そのあと中嶋が相手の顔面目掛けてR-15を叩き込み、それと同時に健介が相手をマット目掛けて豪快に投げ捨てる。
鬼嫁殺し3
佐々木健介と中嶋勝彦が使っていた眉山と同型の技。
オヌゥ固め
格闘探偵団バトラーツで活躍した小野武志が使っていた羽根折り脇固めの呼び名。
オパイェ
東京女子プロレスののの子が使っているボマイェからインスパイアされたムーブ。まず"弾んできたー!"と言いながら自分の胸を震わせ、ハーフダウン状態になった相手の方へと走り出す。そして相手の側まで来たところで左手を腰、右手を頭の後ろへ持っていくグラビアのようなポーズをとりつつ急停止し、片膝をつきながら突き出した両胸で屈んでいる相手の体を弾き飛ばす。
十八番固め
天龍プロジェクトの舞牙がTHE KABUKI時代に開発した複合関節技。まず仰向けになった相手の頭の側に立って相手の右腕を右手で、左腕を左手で掴み、相手の右腕の内側に自分の右足を引っ掛ける。そのあと自分の体を右方向へと軽く捻って右足を相手の頭の左横に着地させ、マットに左膝をつきながら相手の左腕を右脇に抱え込む。最後に相手の右足を左手で、左足を右手で掴んで折り曲げた左足を右膝の上にあてがい、4の字に固めた相手の両足を左腕で抱え込んで相手の体を痛めつける。名前は"おはこがため"と読む
おばさんバスター
アイスリボンの内藤メアリが使っていたフィニッシャー。形はオーランド・ジョーダンが使うオーランドマジックと同型。
おばっちドロップ
LLPWのおばっち飯塚が愛用していたコミカルなムーブ。まず仰向けになった相手の足の側に立ち、相手の右足を左手で、左足を右手で掴んで両足を大きく開かせる。そのあと相手の股の間を通り抜けるように体をジャンプさせ、相手の胸の上にヒップドロップの形で着地してそのまま3カウントを奪う。
帯広パック
我闘雲舞の帯広さやかが使っている丸め込み技。まずリングの方を向いたままコーナーセカンドロープによじ登り、近づいてきた相手に前蹴りを見舞って相手の体を前屈みにさせる。そのあと相手の背中に跨るように飛び乗って前方回転し、その勢いで後ろにひっくり返った相手の体を押さえ込んでピンフォールを奪う。
帯広マジック
帯広さやかが使う相手を幻惑する動きから繰り出される丸め込み技。逆さ押さえ込みの要領で相手の両腕に自分の両腕を一旦フックさせたあと相手の右脇から左腕を引き抜き、自分の体を右方向に360゜回転させて相手と顔を向き合わせる格好になる。続いて相手の首の後ろに左腕を回して相手を前屈みにさせ、今度は自分の体を左方向に360゜回転させながら相手の背後に回り込む。最後に相手の両腕にもう一度逆さ押さえ込みの形で腕を引っ掛けて自分は尻餅をつくように腰を落とし、その勢いで後ろにひっくり返った相手の腰を両手で抱え直して相手から3カウントを奪う。技を掛けている本人ですら仕掛け方が分かっていないような動きをすることがあるため、19時女子プロレス実況のGENTAROからは帯広パニックと揶揄されている。
帯広マジック2
帯広さやかとの"ハッピーメーカーズ"を結成した希月あおいが披露し、その後パートナーの帯広も使い始めたパッケージホールド。帯広マジックの要領で相手を幻惑しながら相手の背後へと回り込み、相手の後頭部を左手で押さえつけて顔が自分の方を向くように相手の体をコントロールする。そのあと振り向いた相手に背中を向けて自分は背中からマットへと倒れ、相手の体をサムソンクラッチの形で丸め込み3カウントを奪う。
帯広マジック3
帯広さやかが使っている帯広マジックとバースの複合丸め込み技。まず帯広マジックの要領で相手を幻惑しながら相手の背後へと回り込み、体を更に回転させ続けて相手の右横を通り抜ける。そして相手の正面に体が回り込んだところで相手に背中を向けるように体を捻り、尻餅をつく形で倒れ込みながら相手の右足首を右手で、左足首を左手で掴む。最後に相手がバランスを崩して後ろに転倒するのに合わせて自分の体を後転させ、足を抱えたまま両肩がマットについた相手に覆いかぶさって3カウントを奪う。
オフィサー・ナスティ
フォクシードロップ
オブシーン
DRAGON GATE USAなどで活動するスコット・リードとキャレブ・コンレーのタッグチーム、"ザ・シーン"が使うコンビネーション。まず相手の胴体を背後から両手で抱え込んだリードが相手の体を軽く宙に抱え上げ、リードの正面に移動したコンレーが相手の首の後ろに左腕を回して頭を抱え込む。そのあとコンレーが相手の頭部をDDTの要領でマットに打ちつけ、続けざまにリードが高速のジャーマンスープレックスホールドを仕掛けてそのまま3カウントを奪い去る。
オブジェクト
全日本プロレスの青木篤志が使っているリストクラッチ式のアサルトポイント。まず相手の背後に回り込んで相手の左脇に頭を潜り込ませ、外腿の方から相手の左腿の裏に左手を回す。続いて右手で掴んだ相手の右腕を相手の股の前へと持っていき、相手の左腿を抱えた左手で相手の右手首も掴む。最後に自由になった右腕を相手の首の後ろへと引っ掛けて自分の体をブリッジさせ、後方に反り投げた相手を肩口からマットに叩きつけてそのまま3カウントを奪う。
お船殺し
円華がSuperXとして活動していたKAIENTAI-DOJOH時代に使用していたムーブ。走ってきた相手の右腿の付け根あたりに左足を乗せてジャンプし、振り上げた右足の甲で相手の顔面を豪快に蹴り上げる。この一撃でお船を完全にKOした試合を見たTAKAみちのくがこの名前を与えた。
オフネホリック
KAIENTAI-DOJOのお船が使っていたストラタスフィアと同型の技。
お船ロック
お船が愛用していたグラウンドフロントネックロックの名称。
お船chanカッター
お船が愛用していたダイヤモンドカッターの名称。
お船DEピョン
お船が使っていたコーナーセカンドロープからのディスティニーハンマー。お船が"お船で!"と叫んだあと観客が"ぴょん!"と合の手を打つのがお決まりで、コーナー最上段から技を放つとスーパーお船DEぴょんに名前が変化する。
オブライト
センダイガールズプロレスリングの橋本千紘が使うジャーマンスープレックスホールドの呼び名。名前はUWFインターナショナルや全日本プロレスで活躍したスープレックスの名手、ゲーリー・オブライトに由来する。
オブリタレーション
ROHなどで活躍しているミスチフの必殺技。まずリングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、自分はリングに背を向けた状態でコーナーのセカンドロープによじ登って相手の頭を股の間に挟み込む。そのあと後ろに飛び退くように体をジャンプさせて両膝からマットに着地し、コーナーから引きずり落とした相手の頭部を強かにマットへ打ちつける。
朧車
SECRET BASEの小川内潤が使うキドクラッチと同型の技。
オマタ
KAIENTAI-DOJOのバンビが使っている得意技の1つ。尻餅をついた相手の正面に移動して助走を付け、相手の側まで来たところで両足を大きく開くようにジャンプする。そしてそのまま相手の上半身をヒップドロップの形で押し潰し、もがく相手の右足を左腕で、左足を右腕でそれぞれ抱え込んで3カウントを奪う。
お祭り玄藩
プロレスリング・ノアの平柳玄藩が使っている変形の足抱え式バックドロップ。まず相手の右脇に背中の方から頭を潜り込ませ、正面に回した右手で相手の右腿を内側から抱え込む。そのあと相手の背中に左手を添えて体をブリッジさせ、後方へと反り投げた相手を肩口からマットへ叩きつける。
おまる
KAIENTAI-DOJOの石坂鉄平が愛用していた丸め込み技。後方回転エビ固めで丸め込んだ相手の顔面の上に自分の尻を押しつけ、自分の両腕を前に突き出しながら相手をフォールする。
お卍固め
情念卍固め
オメガアトミックバスター
ケニー・オメガがDDTプロレスリングでヨシヒコを相手に見せた超人的なムーブ。まず相手の体をクロイツ・ラスでマットに叩きつけ、相手の腰を両手で抱えたままマットを蹴って自分の下半身を後方へと回転させる。そして両足がマットに着地したところで相手の体を高速のジャーマンスープレックスで続けざまに放り投げ、再びマットを蹴って下半身を後方へと回転させる。最後に両足が再度マットについたところで相手の体をパイルドライバーの形に持ち替えて高々とジャンプし、空中で体を錐揉み回転させながら落下して相手を脳天からマットに叩きつける。
オメガスラム
プロレスリングEVEのアルファ・フィーメルが使うオクラホマスタンピードの呼び名。
オメガドライバー
CHIKARAなどで活躍するチャック・テイラーの必殺技。火の玉ボムの要領で抱え上げた相手の左半身を右手で、右肩を左手で抱え直して尻餅をつき、上下逆さまの状態で落下させた相手の頭部を自分の両腿の間へ打ちつける。別名はオーフルワッフル
Ωバム
KAIENTAI-DOJOで結成されたヒールユニット"Ω"のメンバーであるMIYAWAKI&KAZMAが使用していたコンビネーション。KAZMAがオクラホマスタンピードの要領で右肩に担ぎ上げた相手の下にMIYAWAKIが体を潜り込ませ、相手の首をスタナーの形でMIYAWAKIの左肩に固定する。続いてKAZMAが相手の上半身を右手で下から押し上げ、その勢いで仰向けにひっくり返った相手の胴体をKAZMAが右脇に抱え込む。最後にMIYAWAKIが左半身から、KAZMAが右半身からそれぞれ倒れ込み、MIYAWAKIが抱えていた相手の頭部をリバースDDTの形で、KAZMAが抱えた相手の胴体をサイドバスターの形でマットへ打ちつける。名称未確定時にはΩドライバーという仮称が付けられていた。
Ωブリッジ
旭志織がヒールユニット"Ω"加入時に使っていたジャパニーズレッグロールクラッチの名称。
オメガプレックス
プロレスリングEVEやスターダムで活躍中のアルファ・フィーメルが使うレッグロックスープレックスホールドの呼び名。別名はアルファプレックス
表拳
旧姓・広田さくらがGAEA JAPAN時代に愛用していたムーブ。握り拳を作った腕を勢い良く振り抜き、手の甲ではなく手の平の方で相手の顔面を殴り飛ばす。
オモプラッタ
総合格闘技で用いられるブラジリアン柔術のテクニック。ガードポジションに追い込まれた際に相手の左腕を右手で掴み、自分の右足を相手の左腕に外側から絡ませる。続いて右足をつま先を自分の左膝の裏にフックさせて相手の左腕を両足で挟み、相手の左サイドへ移動するように体を回転させてガードポジションから抜け出す。最後に相手の体をうつ伏せに押し倒しながら上半身を起こし、両足で挟み込んだ相手の左腕を背中の方へと折り曲げて腕を痛めつける。
オモプラッタクラッチ
スポルティーバエンターテイメントのゼヴィウスが見せる一瞬の切り返し技。倒れているところに近づいてきた相手の左腕をオモプラッタの要領で両足の間に挟み込み、自分の体を回転させる勢いで相手を前のめりに倒れ込ませる。そのあと技から逃れようと体を前転させた相手の左足を右腕で抱え込み、両肩がマットについた相手の体を押さえ込んで3カウントを奪い去る。パワーボムなどで叩きつけられた際に返し技として使うこともある。
親心
L.A.
おやじ
みちのくプロレスのザ・グレートサスケが使っているフェニックスセントーンの名称。おやじとは"平成の仕掛け人"として知られる永島勝司氏のことを指しているらしい。
親父岩石落とし
沖縄プロレスのめんそ〜れ親父が使っていたコーナー駆け上がり式のUターン・ブルドッギング。相手の頭をヘッドロックに捕らえて相手と共にコーナーに向かって走り出し、サードロープとセカンドロープを踏み台にしてコーナーのトップロープに足を乗せる。そのあとトップロープを足蹴にした勢いで体を左方向に180゜水平旋回させ、相手の顔面をブルドッギングヘッドロックの形でマットに叩きつける。
親父ぬい
めんそ〜れ親父が使っていた不知火の呼び名。
親父ぬい・改
めんそ〜れ親父が使っていた裏バージョンの親父ぬい。雲龍の要領で相手を捕らえてコーナーの最上段まで駆け登り、自分の体を360゜後方回転させるようにジャンプする。そのあと相手の首の後ろに右腕を回したまま尻餅をつく形でマットに着地し、その勢いで前のめりに倒れ込んだ相手の顔面を自分の右サイドへと叩きつける。
親父のテンパリ
めんそーれ親父が使っていたロッキーフェイスボトムと同型の技。
親父卍
めんそ〜れ親父が愛用していた卍固めの呼び名。
親父卍・改
めんそ〜れ親父が使っていたリストクラッチ式の卍固め。相手の体を腕決め卍固めに捕らえたあと自分の右腕を相手の左腿の裏へと持って行き、相手の左腕を右手で掴んで相手の体を痛めつける。
オヤスミ
"MVP"モンテル・ボンタビアス・ポーターが新日本プロレスの"G1クライマックス"に参戦する際に公開した秘密兵器の1つ。まず向かい合った相手の左脇に胸の方から右腕を差し込んで相手の左手首を右手で掴み、掴んだ左腕を相手の背中の方へと折り曲げる。そのあと相手の首の後ろに左腕を回して相手の体をマットと水平の高さになるまで抱え上げ、自分は両膝をつくように倒れ込んで相手を顔面からマットに叩きつける。最後に相手の左脇に差し込んだ右腕を使って相手の体を仰向けにひっくり返し、相手の体に覆いかぶさりながら左腕をV1アームロックに捕らえてフォールもしくはギブアップを奪う。
オライリーファクター
ROHや新日本プロレスで活動中のカイル・オライリーが使うレッグロックスープレックスホールドの呼び名。
オラシオンフレイム
新日本プロレスの井上亘が使っていた改良型のスタガリンブロー。まずスタガリンブローの要領で相手の体を垂直に抱え上げ、相手の体に右方向への捻りを加えて相手の顔を自分の方に向かせる。そのあと相手を前方に落下させながら尻餅をつき、上下逆さまの状態になった相手の体を自分の両足の間へ叩きつける。
オリエンタルカッター
天誅
オリエンタルフルムーン
闘龍門MEXICOの花岡大輔が使っていたフィニッシングムーブ。相手の体をパンプハンドルスラムのクラッチで抱えたあと体をブリッジさせ、270゜後方回転させるように反り投げた相手をうつ伏せの状態でマットへ叩きつける
オリエンタルマジック
ザ・グレートタケルが使っていた丸め込み技。四つん這いになった相手の背中に跨って相手の上半身をフルネルソンに固め、相手の上半身を前屈させて両肩をマットにつけさせる。そのあと相手の腕をロックしたまま自分の体を前方にブリッジさせ、そのまま相手を押さえ込んでフォールを奪う。技が決まった形はドラゴンスープレックスホールドと同型になる。
オリオン
DRAGON GATEのしゃちほこBOYが使っているエンドレスワルツと同型の技。
オリジナル・シン
ダークキッス
オリジナルファルコンリー
ラストファルコニー
オリドライバー
メビウスの折原昌夫が愛用しているジャンピングパイルドライバーと同型の技。
折原昌夫
折原昌夫がかつて使用していたコンプリートダストとほぼ同型の技。
おりゃーラリアット
井上雅央が使っている"おりゃー!"という掛け声と共に放つラリアット。技を放つ前に腕をぐるぐると回し、相手に体を浴びせかけるように腕を叩き込むのが特徴である。
オリンピコスラム
PWGなどで活躍していたフェニックス・スターが使う変形のオリンピックスラム。向かい合った相手の左腕を右脇に抱え込み、胸の方から相手の左脇に頭を潜り込ませる。続いて相手の左腿の裏に左手を回しながら体を起こし、相手の体を両肩の上へと担ぎ上げつつ体を左方向へ180゜捻る。最後に相手を抱えたまま背中からマットに倒れ込み、うつ伏せの状態で落下させた相手の体を豪快にマットへ叩きつける。
オリンピックスラム
アングルスラム
オリンピックドロップ
TNAで活躍中のヘルナンデスが全日本プロレスで披露した13ドライバーと同型の技。
オリンピックフライト
メガボム
オリンピック予選スラム
プロレスリング・ノアの杉浦貴が使うアングルスラムと同型の技。
オルフェーヴル
史上7頭目の三冠馬、オルフェーヴルが誕生した日にMIKAMIが公開した変形の羽根折り脇固め。まず四つん這いになった相手の左腕をラ・マヒストラルの要領で絡めとり、そのままマットに左膝をついて相手の左腕を左膝の間に挟み込み固定する。そのあと相手の右手首を両手で掴んで腕を自分の方へと引き寄せ、相手の肩や肘の関節を痛めつけてタップを奪う。ラ・マヒストラルで一旦相手を丸め込んでから技を仕掛けることが多い。
オ・ルボワール
WWEで活動していたシルバン・グラニエ&ロブ・コンウェイのタッグチーム、"ラ・レジスタンス"のコンビネーション。まずコンウェイがブレーンバスターの要領で相手の体を軽く抱え上げ、コンウェイの正面にいたグラニエの右肩の上に相手の両足を着地させる。そのあとコンウェイが体を左方向に錐揉み回転させると同時にグラニエが相手に体を浴びせかけるように倒れ込み、仰向けに引っくり返った相手の背中や後頭部をマットへ叩きつける。
オレが修司だ
石川修司が使うオレが田上と同型の技。
オレが田上
プロレスリング・ノアの田上明が三沢光晴とのGHCタイトル戦の為に考案したフィニッシャー。まず相手の体をアトミックドロップの要領で右肩に担ぎ上げ、自分の体だけを右方向に180゜捻る。そのあと相手の喉を左手で鷲掴みにして両膝をつくように倒れ込み、落下させた相手の後頭部や背中を豪快にマットへ叩きつける。ちなみにこの技の一番最初の名称はエメラルドフロートだったが三沢からエメラルドは自分のイメージカラーだと苦情がついた為、田上は自身のイメージカラーと三沢の必殺技をひっかけてルビーフロウジョンに名前を改名。しかしこれにも苦情をつけた三沢は田上の故郷である埼玉県秩父市にちなんで技を秩父セメントと命名し、これに異を唱えた田上自身はコンクリ固めと名前を付ける。そして最後は現在の名称であるオレが田上に落ち着いた。
オレ・キック
サモア・ジョーがROHで活動していた頃に愛用していたムーブ。場外に設置したパイプ椅子にグロッキー状態になった相手を座らせたあと相手と距離をとるように一旦後退し、加速をつけたフロントハイキックで相手の顔面を豪快に蹴り飛ばす。
オレごとアナコンダ
天山広吉と小島聡のタッグチーム、"天コジ"が開発したコンビネーション。まず立っている相手の上半身を天山がアナコンダバイスの要領で捕獲し、小島がロープに跳んで助走をつける。そのあと小島が相手の体を天山の腕ごとラリアットでなぎ倒し、その衝撃で後ろに倒れこんだ相手の後頭部をマットに痛打させる。
オレごとガファリ
トム・ハワードとマット・ガファリがZERO1で使っていた連携殺法。ハワードが羽交い締めにした相手に向かってガファリが突進し、ガファリが体全体で体当たりして相手をハワードごと吹き飛ばす。
オレごと刈れ
橋本真也と小川直也の"OH砲"が使っていたコンビネーションムーブ。まず橋本が相手の背後に体を回り込ませ、相手の腰を背後から両手で抱え込んで"小川!オレごと刈れ!"と絶叫する。そのあと小川が相手にSTOの要領で体を浴びせかけると同時に橋本がジャーマンスープレックスで相手を反り投げ、落下させた相手の後頭部をマットへ痛打させる。初期の名称は夢想転生
オレごとスパーク
今井計&スパーク青木が披露したコンビネーション。対戦相手2人の頭をDDTの要領で両脇に抱え込んだ今井が"オレごとスパーク!"と絶叫し、今井の正面にあるロープに青木が跳ぶ。そのあと助走をつけた青木が今井の胸板にジャンピングニーバットを打ち込み、その衝撃で後ろに倒れ込んだ今井が抱えていた2人の頭をマットへ打ちつける。
オレごと潰せ
大日本プロレスのアブドーラ小林&大黒坊弁慶が愛用するコンビネーション。コーナーに寄りかかる相手を小林が押さえて"オレごと潰せ!"と絶叫し、助走をつけた弁慶が小林ごと相手をコーナースプラッシュで押し潰す。
俺の時代がスプラッシュ
DDTプロレスリングの猪熊裕介が愛用していた、"俺の時代が来たー!"と絶叫してから放つダイビングボディープレス
オレ竜
新日本プロレスの後藤洋央紀がかつて使用していたオリジナルのネックブリーカードロップ。まずカナディアンバックブリーカーの要領で右肩に担ぎ上げた相手の背中を左手で下から押し上げ、その勢いで相手の体をうつぶせにひっくり返す。そのあと自分の体を右方向に180゜捻って落下する相手の首の後ろに左腕を回し、相手の頭を抱え込むように両手をクラッチする。最後に相手の頭を抱えたまま自分の体を右方向へ180゜錐揉み回転させて背中から倒れ込み、その勢いで仰向けにひっくり返った相手の後頭部や背中をマットへ叩きつける。
オレンジカントリーストレッチ
PWGなどで活動中のB-ボーイが愛用している蜘蛛絡みと同型の技。
オレンジクラッシュ
小橋建太が愛用していたブレーンバスター式パワーボム。まずブレーンバスターの要領で相手を垂直に持ち上げ、両膝を屈伸させた反動を使って相手の体を軽く宙に浮き上がらせる。そのあと上下逆さまの状態で落下する相手の腰を背中の方から抱え直し、そのまま尻餅をついて相手の背中を自分の両足の間へ叩きつける。
オレンジ☆トマホーク
JWP女子プロレスの春山香代子が愛用していたシシリアンスライスと同型の技。
オレンジバックブリーカー
小橋建太が使っていたオリジナルバックブリーカー。リバースDDTの要領で相手の首を右脇に抱え込んだあとマットに左膝をつくように倒れ込み、後ろに引き倒した相手の背中を立てた右腿の上に叩きつける。WWEのクリスチャンも同型のバックブリーカーを昔から愛用している。
オレンジ☆ブロッサム
春山香代子が開発した腕極め式のスープレックス。前屈みになった相手の正面に立って相手の右脇に胸の方から左腕を差し込み、右手で掴んだ相手の左腕を相手の背中の方へと折り曲げて相手の左手首を左手で掴む。そのあと相手の体を左方向へ180゜回転させて自分の体を相手の背後へと回り込ませ、相手の右脇に胸の方から差し込んだ右腕で相手の左手首を掴み直す。最後に自由になった左腕を相手の腹部へと回して相手の右手首を左手で掴み、体をブリッジさせた勢いで相手を後方へと反り投げそのまま3カウントを奪う。引退後は後輩の勝愛実が技を受け継いでる。
大蛇
スターダムの安川惡斗が使っていた必殺技の1つ。形はサブミッションタイプのニュートラライザーと同型で、この名前になる以前はマフラークラッチと呼ばれていた。
ヲロチクラッチ3号
道頓堀プロレスのヲロチが使っているトケ・デ・エスパルダスの名称。
ヲロチ式エクスプロイダー
ヲロチが使っている必殺技の1つ。相手の体をチョークスラムのクラッチで抱えたあと体をブリッジさせ、後方へと反り投げた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
オロチ退治
ZERO1の日高郁人が使っている裏返し式の石見銀山。まず相手の体をブレーンバスターの要領で垂直になるまで抱え上げ、相手の体に右方向への捻りを90゜加えて相手の視線が自分の右手の方を向くような体勢にする。そのあと自分は背中からマットに倒れ込んで膝を突き出すように左足を折り畳み、仰向けの状態で落下してきた相手の後頭部のあたりに突き立てた左膝をめり込ませる。
オロ・デ・アステカ
サングレ・アステカが新日本プロレスで披露した13ドライバーと同型の技。
音速レッグショット
プロレスリング・ノアの小峠篤司が使っている自慢のスピードを生かしたムーブ。相手に尻餅をつかせたあとロープの間を往復して十分な助走をつけ、加速をつけた低空のレッグラリアートを相手の顔面に叩き込む。
女の執念
アイスリボンのしもうま和美が使っていたV9クラッチと同型の技。しもうまが引退した現在は同じアイスリボン所属の星ハム子がこの技を受け継いでいる。
御柱クラッシュ
FMWの山崎直彦が使っていたバフ・ブロックバスターと同型の技。
怨霊クラッチ
暗黒プロレス組織666の怨霊が愛用している華麗な丸め込み技。まず四つん這いになった相手の左サイドに移動し、左手で掴んで持ち上げた相手の左腕に自分の右足を上から引っ掛ける。そのあと相手の右脇に背中の方から右腕を差し込んで腹這いにマットへ倒れ込み、その勢いで前屈状態になった相手の両肩をマットにつけてフォールを奪う。低空ドロップキックで膝を狙撃してから技に移行することが多い。
怨霊ドライバー
怨霊が使っている得意技の1つ。相手の体をタイガードライバーの要領で抱え上げたあと正座をするような形で両膝から着地し、落下させた相手の背中をマットに叩きつけてフォールを奪う。