.
ラージパッケージホールド
バーナー道ことジャイアント・バーナードが新日本プロレスの"WRESTLE LAND"で披露したスモールパッケージホールドと同型の技。
ラーション
リュングベリ
ラ・アタタタ
新日本プロレスの田口隆祐が使っている複合関節技。まず四つん這いになった相手の左サイドに移動して相手の左腕を右手で掴み、体を左方向に回転させながら掴んでいた左腕を自分の右足に絡みつかせる。続いて相手の背中の上を跨ぐように振り上げた左足を相手の右首筋に引っ掛け、自分が尻餅をつくまで体を前転させて仰向けにひっくり返った相手の左腕を右足の脹脛で、喉を左足の脹脛でそれぞれ押さえつける。最後に右手で掴み直した相手の右腕を相手の背中の方へと折り曲げ、胸の方から相手の右脇に差し込んだ左手で自分の右手首を掴んで相手の首や右肩を痛めつける。技を初公開する前にtwitterで名前の一般公募を行い、ツイートの中から選ばれた"アタタタ"にメキシコ風の"ラ"を冠する形で名前が決定された。
ラ・アダチータ
北海道を中心に活動中の斗猛矢が使っているラ・アヤキータと同型の技。
ラ・アダチータ2000
斗猛矢が愛用するラ・アヤキータ2000と同型の技。
ラ・アダチータ2005
斗猛矢が使っているオリジナルストレッチ。仰向けになった相手の右足を左手で、左足を右手で掴み、折り曲げた相手の左足を相手の右膝の上に重ねて両足を4の字に固める。そして相手の左足首に自分の右足のつま先を引っかけて足の動きを封じたあと相手の上半身を引き起こし、マットに寝転びながら相手の左脇に背中の方から自分の左足を引っかける。最後に相手の首の後ろに左足のつま先をフックさせ、両手で掴んだ相手の左腕を関節と逆方向に反り上げる。
ラ・アニバリーナ
アニバルが使っていた風車吊りと同型の技。
ラーメンロック
プロレスリング・ノアの小峠篤司が大阪プロレス時代に披露したカールシックルと同型の技。
ラ・アヤキータ
浜田文子が得意とするオリジナルのジャべ。まず相手の胴体にカサドーラの要領で飛びついて自分の体に捻りを加え、その勢いで後ろに転倒する相手の胴体から両足を離しながら自分は相手の右サイドの方へと倒れ込む。そのあとエビ固めのような形で丸まった相手の両足の間に腿の裏の方から右足を差し込み、相手の右腿を股の間に挟みつつ相手の首の後ろに右足の脹脛を引っ掛ける。最後に相手の右腕を両手で掴んで自分の背中をマットにつけるように倒れ込み、その勢いで四つん這いになるように引き起こされた相手の左脇に右足のつま先をフックさせて相手の首・肩・股関節などを痛めつける。
ラ・アヤキータ2000
浜田文子が愛用する複雑なサブミッション。まず仰向けになった相手の足の側に立ち、相手の右足を右手で、左足を左手で掴んで持ち上げる。続いて交差させた相手の両足を自分の胸で上から押さえつけ、相手の右脇の上に左足、左脇の上に右足を乗せたあと相手の首の後ろに両手を回して頭を抱え込む。最後に自分の体を後ろに転がすことで相手の体を引き起こし、マットに背中をつけながら両足を上に押し上げて相手の体を痛めつける。
雷音
SECRET BASEの小川内潤が使っているカーブストンプ式の延髄ニードロップ。相手の動きを止めたあと相手の左手にあるロープに飛んで助走をつけ、相手の側に戻ってきたところで高々とジャンプする。そして空中で膝を突き出すように右足を折り畳み、前屈みになった相手の延髄目掛けてニードロップを叩き込む。名前の読み方は"ライオット"。
ライオンサルト
WWEのクリス・ジェリコが愛用している空中殺法。相手を仰向けに倒したあと相手のサイドにあるロープに向かって走り出し、相手に背中を向けた状態でセカンドロープに跳び乗る。そのあとロープを蹴った反動を使って体をムーンサルトプレスの要領で回転させ、そのまま相手の体を強烈にボディープレスする。
ライオンズデン
プエルトリコのIWAなどで活動中のアポロが使うハワイアンスマッシャーの名称。
ライオンスパイク
WWEのクリス・ジェリコがかつて使用していた超高層フランケンシュタイナー。まずコーナー最上段からの雪崩式ブレーンバスターを仕掛ける感じで相手と共にコーナーのトップロープによじ登り、相手の体から腕を離して自分だけ垂直に飛び上がる。そのあと振り上げた両足で相手の頭を挟み込んでフランケンシュタイナーを仕掛け、コーナー最上段からリングに向かって相手を豪快に投げ飛ばす。
ライオンツイスト
沖縄プロレスのミル・マングースが愛用していたアルマニッシュエクスチェンジの名称。
ライオンテイマー
ウォール・オブ・ジェリコ
ライオンハートスイング
クリス・ジェリコがライオンハートというリングネームで活動していた頃に使っていたジャイアントスイングと同型の技。
ライガースープレックスホールド
新日本プロレスの獣神サンダーライガーが獣神ライガーとして活動を始めた頃に使っていたスープレックスホールド。まず相手の背後に自分の体を回り込ませ、相手の腰に回した右手で正面にある相手の左腕を掴む。そのあと腿の裏の方から相手の股に左手を差し込んで体をブリッジさせ、後方に反り投げた相手を肩口からマットに叩きつけてフォールを奪う。
ライガーバックブリーカー
獣神サンダーライガーがかつて使っていたムーブ。まずケブラドーラ・トド・アルトで相手を肩に担ぎ上げ、相手を抱えたままリングの中を周回する。そのあと助走をつけて体をジャンプさせ、両膝から着地した衝撃で相手の背中に痛みを走らせる。
ライガーボム
獣神サンダーライガーが愛用している代名詞的な必殺技。パワーボムの要領で肩に担ぎ上げた相手を前方に放り投げ、自分は両足を大きく広げてジャンプする。そのあと落下する相手の胴体を両足で挟み込んで尻餅をつくように着地し、相手の背中を豪快にマットへ叩きつけてそのままフォールを奪う。現在はシットダウンパワーボムとほぼ同義に扱われることが多い。
雷切
道頓堀プロレスなどで活動中の政宗が愛用する必殺技。まず向かい合った相手の右腕を右手で掴み、腕を捻り上げながら相手の右脇を潜り抜けて相手の背後へと回り込む。続いて相手の右肩に左手を添えて逆上がりをするように自分の下半身を持ち上げ、そのまま相手の右肩の上を跳び越えて相手の背後へと落下する。最後に相手の喉元に左腕を引っかけてマットに両膝をつくように倒れ込み、その勢いで後ろに引き倒した相手の後頭部をマットに痛打させる。
ライジングサン (1)
FUNAKIが使っているスイングDDTにWWEが付けた呼び名。
ライジングサン (2)
WWEのカリストがサムライ・デル・ソル時代に愛用していた危険度の高いフィニッシャー。まずリングに背を向ける格好で相手をコーナーに乗せ、自分は相手の左手にあるエプロンへ移動してトップロープを両手で掴む。そしてトップロープに両足で飛び乗ったあと相手の肩に肩車の形で飛びつき、相手を雪崩式リバースフランケンシュタイナーでリングに投げ飛ばす。
ライジングスタースープレックスホールド
NEO女子プロレスの三田英津子が愛用していた腕極め式のスープレックス。まず向かい合った相手の両腕をまとめて左脇に抱え込み、外腿の方から相手の左腿の裏に右手を回す。そして体をブリッジさせる勢いで相手の体を後方に反り投げ、相手を背中からマットに叩きつけたあとブリッジを崩さずにフォールを奪う。旧名は世田谷スープレックスであり、現在はREINA女子プロレスの真琴がこの技を愛用している。
ライジングネックブリーカードロップ
GAEA JAPANの石井里奈が愛用していた必殺技。ロッキーフェイスボトムの要領で体を起こしたあと相手の喉元に右腕を引っ掛け、相手をランニングネックブリーカーの形でマットへと叩きつける。
ライジングDDT
橋本大地が2012年5月に初公開した垂直落下型のインプラントDDT。まず前屈みになった相手の頭をDDTの要領で左脇に抱え込み、相手のタイツを右手で掴んで相手の体を宙に抱え上げる。そして相手の体が垂直に近くなったところで背中からマットへ倒れ、上下逆さまの状態で落下させた相手の頭部をマットへ強かに打ちつける。この名称になる以前は垂直落下式DDTと呼ばれていたが、父である橋本真也が使っていた垂直落下式DDTと違い相手の左腕を自分の首の後ろに掛けない形で技を繰り出している。
雷陣殺し
全日本プロレスで結成されたNOSAWA論外&カズ・ハヤシのタッグチーム、"論カズ"が開発した合体殺法。NOSAWAがキャメルクラッチに捕らえた相手の後頭部目掛けてカズがランニング式のギロチンドロップを叩き込む。名前は技の実験台となった雷陣明に由来する。
ライジンバスター
全日本プロレスの雷陣明が使っている橘式抱え込み落としと同型の技。
ライスシャワー
小橋建太が"探偵!ナイトスクープ"の依頼を元にして披露した変形のショルダーネックブリーカー。ブレーンバスターの要領で相手を垂直に持ち上げたあと一旦静止し、抱えた首を支点にして相手の体を自分の背中の方へと落下させる。そして相手の両足がマットに着地したところで自分も尻餅をつき、相手の後頭部を自分の右肩に勢い良く打ちつける。技が思った程の完成度に到達しなかったため実際の試合ではまだ披露されていない。
ライダーキック (1)
みちのくプロレスのザ・グレートサスケが使っている片足式のミサイルキック
ライダーキック (2)
JWP女子プロレスの福岡晶が愛用していた空中殺法。コーナー最上段に登ったあと体を270゜前方回転させるようにジャンプし、そのままリング上の相手にミサイルキックを叩き込む。
ライディーンチョップ
WWFなどで活躍した"南海の黒豹"リッキー・スティムボートが佐々木健介に伝授した打撃技。ロープに振った相手の胸板へ右手で逆水平チョップを叩き込み、間髪入れずに振り抜いた左手で相手の体に掌底気味の打撃を打ち込む。名前はスティムボートが全日本プロレスでの入場テーマに使用していたYMOのライディーンに由来する。
ライディーンバスター
新日本プロレスの小島聡が使っているカウンターのスパインバスター。走ってきた相手の右腿の裏に左手を、左腿の裏に右手をそれぞれ外腿の方から回し、抱えた相手の体を軽く宙にリフトアップする。そのあと自分の体を前傾させながらマットに尻餅をつく形で倒れ込み、前方に落下させた相手の背中を自分の両足の間へ叩きつける。
ライディーンボム
PURE-J女子プロレスのライディーン鋼が使うMボムと同型の技。
ライディテクター
WWEで活躍中のR・トゥルースが愛用する錐揉み式のフライングフォアアームスマッシュ。ロープの反動を利用して助走をつけて相手に正面から近づき、相手の左横を通り抜けるように体をジャンプさせながら右腕を折り畳む。そのあと右腕の前腕部で相手の顔面を強烈に殴り飛ばし、技を仕掛けた自分は体を左方向に錐揉み回転させてマットに着地する。
ライディン・ダーティ
CZWなどで活躍中の"スパイラル"BKNYが使っているオリジナルムーブ。相手の体を雪崩式スタイルズクラッシュの体勢に捕らえ、ロープを蹴ったあと空中で体を360゜前方回転させる。そして相手の体を抱えたまま尻餅をつく形でマットに着地し、宙を舞わせた相手を背中からマットへ叩きつけてそのままフォールを奪う。
雷電 (1)
OSAKA女子プロレスなどで活動中の救世忍者 乱丸が愛用しているプランチャ・コン・ヒーロと同型の技。
雷電 (2)
GAEA JAPANで活躍したシュガー佐藤が愛用していた助走つきのジャンピング式ヒップドロップ
雷電ドロップ
国際プロレスのサンダー杉山が使っていたヒップドロップの名称。相手の体の上で何度も飛び跳ねて相手を連続でプレスするのが最大の特徴である。
ライト・オフ
WWFやWCWで活躍したマイク・ロトンドが使っていたフライングラリアットの呼び名。
ライト・オブ・パッセージ
新日本プロレスやROHで活動中のハングマン・ページが使うアックスギロチンドライバーと同型の技。
ライトニングウィザード
DDTプロレスリングの中澤マイケルが開発したというシャイニングウィザードと全く同型の技。相手が片膝をつくといちいち大げさなアピールをする為、技が不発に終わることが非常に多い。
ライトニングキック
KAIENTAI-DOJOの房総ボーイ雷斗が使うスワンダイブ式ミサイルキックの名称。
ライトニングクラッシュ
全日本プロレスのゼウスがハッスルで使っていたチョークスラムの呼び名。
ライトニングストーム
房総ボーイ雷斗が使っているカナディアンデストロイヤーの名称。
ライトニングストライク
WWFやTNAで活躍したXパックがライトニングキッドと名乗っていた頃に使っていたツームストンパイルドライバーと同型の技。
ライトニングストラック
エル・ブレイザーが使っていたリバース450゜と同型の技。
ライトニングストレート
房総ボーイ雷斗が使っているボクシングで言うところの右ストレートパンチ。プロレスでは反則に当たる技であるが、正義という言葉を盾にして毎試合のように繰り出している。
ライトニングスパイク
房総ボーイ雷斗が愛用するアシッドドロップと同型の技。
ライトニングスパイラル
DRAGON GATEの吉野正人が愛用するフィニッシャー。まず前屈みになった相手の左サイドに移動して相手の首の後ろに左腕を、左腿の裏に右手をそれぞれ回し、相手の懐に頭を潜り込せて体を右方向に軽く捻る。そのあと自分の体を左方向に180゜錐揉み回転させて背中から倒れ込み、その勢いで後ろにひっくり返った相手の後頭部や背中をマットへ痛打させる。
ライトニングフラッシュ
全日本プロレスの雷陣明が海外修行時に考案したウィドウメイカーと同型の技。
ライトニングロックα
CHIKARAのマイク・クワッケンブッシュが使っていたオリジナルサブミッション。まずリバースゴリースペシャルの要領で担ぎ上げた相手の両足を交差させるように折り畳み、その足を右手で抱えることで相手の両足を右肩に担ぐような格好になる。続いて相手の左脇に背中の方から左腕を差し込み、自分の体を右方向へ軽く振った勢いを利用して相手の上半身を自分の正面へと持ってくる。最後に相手の右腕の上に自分の左足を引っ掛けながらマットに右膝をつき、立てた左腿の上に相手の上半身を乗せた状態で相手の体を痛めつける。
ライトニングロックβ
マイク・クワッケンブッシュが愛用していた拷問サブミッション。まず両手で掴んだ相手の左腕を捻り上げながら相手の左足に正面から右足を引っかけ、掴んでいた左腕を相手の左足と自分の右足の間に挟み込む。そのあと相手の首の後ろに右腕を回して相手もろとも後ろへと転がり、相手がうつぶせの状態になったところで回転を止めて相手の右足を両手で掴む。最後に持ち上げた相手の右足のアキレス腱の下に右腕を回すことで足を右肩に担ぐような格好になり、そのまま体を前傾させて相手の足・腰・股関節などを複合的に痛めつける。
ライトニングロックΩ
マイク・クワッケンブッシュが使っていた夜叉ロックと同型の技。
ライノドライバー
グレイブ・ディッガー
ライフカッター
CZWのニック・モンドが愛用していたフィニッシャー。相手の体をカットスロートドライバーの要領で両肩の上に担ぎ上げ、下半身を押し上げた勢いで相手の体をうつ伏せにひっくり返す。そのあと落下する相手の方へと体を向けながら尻餅をつき、うつ伏せの状態になった相手の体を自分の両足の間へ叩きつける。
ライムライト
PURE-J女子プロレスのコマンド・ボリショイが得意とする丸め込み技。まず相手の肩に肩車の要領で飛び乗り、相手の右手に掴まれた右足を軸にして自分の体を左方向に360゜錐揉み回転させる。そして相手の目の前に自分の背中が来る状態になったところで相手の胴体を両足で挟み込み、相手をカサドーラの形で丸め込んで瞬時にフォールを奪う。
ライリーエレベーション
WWEのアレックス・ライリーが使っているインプラントDDTと同型の技。
ラ・インソラドーラ
ソラールが開発したジャベの1つ。まず仰向けになった相手の足の側に立って相手の左足を左手で掴み、内腿の方から相手の左足に自分の左足を引っ掛けて足を相手の左脇腹の横に着地させる。続いて相手の頭を右手で掴んで相手の上半身を軽く引き起こし、相手の首の後ろに右足の脹脛を、相手の左脇に右足のつま先をそれぞれ引っ掛ける。最後に相手の右腕を右手で、右足を左手で掴みながら背中をマットにつけるように後ろに倒れ込み、その勢いで引き起こした相手の体を軽く宙に浮かせた状態で相手の首・肩・股関節などを複合的に痛めつける。ビリーケン・キッドもこの技を愛用している。
ラウンディングボディープレス
初代タイガーマスクが得意としていた空中殺法の1つ。相手を仰向けに倒したあとリングに背を向けた状態でコーナー最上段へと登り、上半身を右方向へと軽く捻って顔をリングの方へと向かせる。そのあとコーナーを蹴って体を右方向へ180゜水平旋回させるようにジャンプし、仰向けになった相手の体をボディープレスしてフォールを奪う。別名旋回式ボディープレスムーンライトコースターとも呼ばれていた。
ラウンドハウスキック (1)
WWEで活躍したリコが愛用していたスピンキックの名称。
ラウンドハウスキック (2)
延髄斬り
ラ・エスカレーラ
AAAで活動中のオクタゴンが得意とするグラウンド卍固めと同型の技。
ラ・エスパルダ
ビリーケン・キッドが使う複雑なパッケージホールド。相手の上半身をフルネルソンに捕らえたあと腕のクラッチを切って相手の右脇から右腕を抜き、相手の体を左方向に回転させて相手と向かい合った状態になる。続いて相手の左腕を左脇に抱え込みながら自分の体を左方向に捻って相手に背中を向け、相手の左腕の下を潜り抜けて相手の背後に体を回り込ませる。最後に後頭部を右手で押さえつけながら相手の体を左方向に回転させて再び相手と向かい合った状態になり、前屈みになった相手の左脇に右腕を、右脇に左腕を順々に背中の方から差し込んで相手を逆さ押さえ込みの形で丸め込む。カバーをキックアウトされた勢いを生かして体を横方向に転がし、もう1度相手を逆さ押さえ込みの形で丸め込むとラス・エスパルダスになる。
ラ・カシータ
メキシコで使われているラ・マヒストラルを指す呼び名。カシータとは"家"という意味を持つスペイン語で、メキシコではこのカシータという呼び名の方がラ・マヒストラルという名前よりも認知度が高いとされている。
ラ・ガミストラル
プロレスリングWAVEのGAMIが愛用していた丸め込み技。まずクリップラークロスフェイスの要領でうつ伏せになった相手の左腕を両足で挟み込み、胸の方から相手の右脇に右腕を差し込む。そのあと自分の両足を相手の右サイドの方へ移動させる勢いで相手を仰向けにひっくり返し、自分は相手の両腕を極めたまま腹這いになって相手から3カウントを奪う。
ラ・カラバッサ
AAAのハロウィンが使っているクリップラークロスフェイスの名称。
ラ・カレッタ
ラス・ピラミダス
羅骭下
中邑真輔が永田裕志超えを果たした際に披露した、相手の喉元目掛けてのダイビングニードロップ。名前は"らかんか"と読む。
落城
大阪プロレスの秀吉が愛用していた必殺技。ミリタリープレスの要領で持ち上げた相手の体から腕を離し、体を右方向に捻って落下する相手の方へと体を向ける。そのあと相手の右腿を右手で、左腿を左手で抱えながら両膝をつき、うつ伏せの状態で落下させた相手の体をマットへ痛打させる。
落石注意
DRAGON GATEの新井健一郎が闘龍門時代に使っていたフェイバリットムーブ。まずリングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、自分もリングに背を向けたままコーナーのセカンドロープに登る。続いて相手の顎の下に自分の頭を潜り込ませ、相手の頭の後ろに両手を回して頭を抱え込む。最後に自分の体を後ろへジャンプさせて相手をコーナーから引きずり落とし、両膝から着地した衝撃で相手の顎に自分の頭をめり込ませる。
落石注意 其の弐
新井健一郎が使っている腕極め式の落石注意。まずリングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、自分もリングに背を向けたままコーナーのセカンドロープに登る。続いて相手の右腕を右手で、左腕を左手で掴んで両腕を相手の頭の後ろで交差させ、相手の顎の下に自分の頭を潜り込ませる。最後に自分の体を後ろへジャンプさせて相手をコーナーから引きずり落とし、両膝から着地した衝撃で相手の顎に自分の頭をめり込ませる。
ラクダ固め
キャメルクラッチ
ラグナロク
CHIKARAで結成された大型ヒールユニット、"Bruderschaft des Kreuzes"のクラウディオ・カスタニョーリ、アーレス、トゥルサスが披露した合体式の変形アイコノクラズム。まず相手の右サイドに陣取ったカスタニョーリが相手の右腕を両手で、左サイドに陣取ったトゥルサスが相手の左腕を両手で掴んで相手と同じ方向を向き、2人が両腕を上方向へと伸ばすことで相手の体を高々とリフトアップする。そのあと助走をつけて相手に正面から近づいたアーレスが相手の右腿を左手で、左腿を右手で掴み、相手の両足を両手で押し上げながら相手の下を走り抜ける。最後にアーレスに両足を押し上げられた勢いで鉄棒の大車輪のように回転している相手の体からカスタニョーリとトゥルサスが手を離し、前方へと投げ捨てた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
ラ・クルセータ
ホルへ・リベラが得意とする変形の足4の字固め。仰向けになった相手の右足を左手で、左足を右手で掴んで持ち上げ、折り曲げた相手の左足を相手の右膝の上へと乗せる。そのあと相手の左足首の上に自分の右足を、自分の右腿の上に相手の右足をそれぞれ引っ掛け、相手の左足首を自分の右膝の間に挟み込みながらマットに右膝をつく。最後に相手の右足首を立てた自分の左腿の上に乗せて足を固定し、相手の左膝を両手で掴み直して足を痛めつける。
ラ・クルツニポナ
メキシコで使われているジャベの一種。向かい合った相手の右腕を左手で掴んで捻り上げ、胸の方から相手の右脇に右腕を差し込む。そして相手の右腕を右脇に抱え直したあと相手の左腕を左手で掴み、左腕が上になるような形で相手の両腕を交差させて腕を痛めつける。
ラ・クワッキア
CHIKARAのマイク・クワッケンブッシュが使っている丸め込み技。相手の体をトルベジーノでマットに叩きつけ、うつぶせになった相手の体を真実一路の要領で丸め込んで3カウントを奪い去る。
ラ・ケブラーダ
ペチョ・コン・ペチョとも呼ばれる華麗な空中殺法。相手を場外に落としたあと場外に背を向けてエプロンに立ち、両手でトップロープを掴んでジャンプする。そしてセカンドロープ、もしくはトップロープへ両足で飛び乗ったあとムーンサルトプレスの要領で体を270゜後方回転させ、場外にいる相手に体全体で体当たりする。アメリカでは技を広めたウルティモ・ドラゴンこと浅井嘉浩の名を取ってアサイムーンサルトと呼ばれている。
羅喉
プロレスリング・ノアの拳王がみちのくプロレス時代に開発した、サンダーファイヤーパワーボム風に仕掛けるアルマゲドンX。まずピラミッドドライバーの要領で持ち上げた相手の体をカナディアンバックブリーカーの形で右肩に担ぎ上げ、抱えていた上半身を下方向へと引っ張ることで相手の体に360゜の後方回転を加える。そのあと仰向けの状態で正面へと落下してきた相手の胸を右手で押さえつけながら自分は右膝をつくように腰を落とし、相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。名前は"らご"と読む。
ラ・サタニカ
CMLLのエル・サタニコが愛用する自分の向きが前後逆になる逆エビ固め。まず仰向けになった相手のつま先の方を向きながら相手の両足の間に立ち、持ち上げた相手の右足を右脇に、左足を左脇にそれぞれ抱え込む。そのあとうつぶせにひっくり返した相手の背中を両足で跨ぎ、そのまま体重をかけて相手の背中を反り上げる。メキシコではカングレホ・ラグネロと呼ばれる古典的なジャベである。
ラ・サファリーナ
CMLLのサファリが使うラ・アヤキータ2000と同型の技。
ラシアンシックル
WWFなどで活躍したニキータ・コロフが愛用していた強烈なクローズライン
ラ・シージャ
AAAのイホ・デ・ペロ・アグアヨなどが使っている古典的な飛び技。相手を場外に落としたあとエプロンへと移動し、エプロンの上を走り抜けて助走をつける。そのあと両足を大きく開くようにジャンプして相手の体に正面から飛びつき、そのまま体重をあずけて相手を後ろに押し倒す。トップロープの上に飛びのって放つ選手も多い。
ラジオ体操第1
つぼ原人が得意とする相撲で言うところの股割り。尻餅をついた相手の両足を大きく開かせて自分は相手の背後に回り込み、相手の背中を両手で押さえつけることで相手の股関節を痛めつける。
ラジオ体操第2
つぼ原人が使う柔軟体操のようなサブミッション。尻餅をついた相手と向かい合うように座り、相手の右足の内側に左足の裏を、左足の内側にを右足の裏をそれぞれ押しつける。そのあと相手の両足を広げながら相手の右腕を左手、左腕を右手で掴み、相手の体を前方に引っ張って股関節を痛めつける。
羅・蛇・麟
HUBこと怪人・ハブ男が沖縄プロレスで使っていたムーブ。ロープの反動を利用し、加速を付けてから放つシャイニングウィザードである。
羅生門
成瀬昌由と長井満也が新日本プロレスで披露したコンビネーション。長井が相手の左サイドで右膝を、成瀬が相手の右サイドで左膝をつき、長井が右腕で相手の左足を、成瀬が左腕で相手の右足をそれぞれマッケンローで刈り取る。
ラスタスプラッシュ
大阪プロレスに登場したラスタマンの必殺技。形はファイヤーバードスプラッシュと同型。
ラス・エスパルダス
ラ・エスパルダ
ラス・カチョーラ
顔面掻きむしり
ラストインプレッション
WWEで活躍したダグ・バッシャムが使っていた飛びつき式のギロチンドロップ。まず助走をつけて相手に正面から近づき、右足を大きく振り上げるようにジャンプして相手の喉元に右足の脹脛のあたりを叩きつける。そのあと相手の喉に右足を引っかけたまま自分は尻餅をつく形で落下し、その衝撃で後ろにひっくり返った相手の後頭部や背中をマットに痛打させる。
ラストキッス
WCWなどで活躍したキッド・ロメオが愛用していたHサンダーと同型の技。新日本プロレスに来日したときにはロメオドライバーという名称が使われていた。
ラストコール (1)
WWEで活躍したジョン・ブラッドショー・レイフィールドが使っていたフォールアウェイスラムの呼び名。
ラストコール (2)
インパクト・レスリングのジェームズ・ストームが愛用しているスーパーキックの名称。
ラストショット
ROHで活動中のアダム・コールが愛用しているバックブリーカー式の垂直落下ブレーンバスター。ブレーンバスターの要領で相手を垂直に抱え上げたあとマットに右膝をつくように腰を落とし、落下させた相手の後頭部を立てた自分の左腿の上へと叩きつける。
ラストダンス (1)
WCWやTNAで活躍したディスコ・インフェルノのフィニッシャー。形はスタナーと同型で、別名チャートバスターパーティーバスターと呼ばれていた。
ラストダンス (2)
メインジャム
ラストチャンスリー
ホーンズ・オブ・エイリース
ラストファルコニー
DRAGON GATEの鷹木信悟が愛用するフィニッシャー。まず向かい合った相手の左腕を右手で掴み、掴んだ腕を相手の股の前へと持っていく。続いて相手の股の間に腿の裏の方から差し込んだ左手で相手の左手首を掴み直し、自由になった右腕を相手の首の後ろへと回しつつ相手の懐へと頭を潜り込ませる。最後にそのまま体を起こすことで相手をファイヤーマンズキャリーのような感じで肩に担ぎ上げ、体を軽く旋回させながら後ろに倒れ込んで相手の背中や後頭部をマットへ打ちつける。ラストファルコンリーをメインフィニッシャーとして使い始めて以降、この技はオリジナルファルコンリーと呼ばれるようになった。
ラストファルコンリー
鷹木信悟がアメリカ武者修行後に披露したフィニッシャー。まずラストファルコニーの要領で相手の体を肩に担ぎ上げ、相手の下半身を左手で押し上げると同時に後頭部を右手で上から押さえつける。そしてその勢いで相手の体を仰向けにひっくり返し、相手の体を前方に落下させながら開脚ジャンプする。最後に落下する相手の喉元に自分の左足の脹脛を引っ掛けて尻餅をつくように着地し、相手の後頭部や背中をマットへ叩きつけてそのままフォールを奪う。
ラストライツ
クリストファー・ダニエルズが愛用するロール・ザ・ダイスと同型の技。
ラストライド
WWEのジ・アンダーテイカーが愛用している豪快なフィニッシングムーブ。パワーボムの要領で肩の高さまで担ぎ上げた相手のタイツを両手で掴み、自分の両腕を上方向へ伸ばすことで相手の体を更に高くリフトアップする。そのあと相手の体から両腕を離しながら体を前傾させ、前方に投げ捨てた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。2m近い高さから真っ逆さまに落とされるので相手のダメージは尋常でない。
ラストライド2
道頓堀プロレスなどで活動中のマグニチュード岸和田が開発したムーブ。相手をリフトアップするモーションを2〜3度繰り返してから決めるラストライドである。
ラスト・ラフ
ノーラフィング・マター
ラストリゾート
CZWのアダム・フラッシュが使っていたダイビングギロチンドロップと同型の技。
ラス・ピラミダス
メキシコの6マン・タッグマッチで良く見られるコンビネーションムーブ。左側にいる選手が相手の左足の内側に右足を、右側にいる選手が右足の内側に左足をそれぞれ正面から引っかけ、左側の選手が相手の左腕を左手で、右側の選手が相手の右腕を右手で掴む。そのあと左側の選手が相手の左肩を右手で、右側の選手が右肩を左手で押さえつけて相手の体を前屈みにさせ、残った選手が相手の背中の上に飛び乗ってポーズを決める。別名はラ・カレッタ
ラスベガスレッグロック
NWAや全日本プロレスで活躍したオースチン・アイドルが使っていた足4の字固めと同型の技。
ラズルダズル
CZWのラッカスが愛用していた華麗なムーブ。相手の体をコーナーに向けてハンマースルーし、それを追いかけるように助走をつけてリング中央付近で側転をする。そして相手に背中を向けた状態で着地したあとバク宙を1回決め、コーナーに寄りかかった相手の胸板へバックハンドエルボーを叩き込む。
ラ・スワスティカ
ルチャリブレでよく使われるコブラツイストと股裂きを組み合わせたジャベ。コブラツイストに捕らえた相手の右足を右手で掴み、掴んだ右足を持ち上げることで相手の脇腹と股関節を同時に痛めつける。スワスティカとは"卍"を意味する言葉であり、技をかけられている相手の姿が卍の形に見えることからこの名が付けられた。
ラ・セレブリーナ
ガルストリーム
螺旋
プロレスリングBASARAの木高イサミが愛用している華麗な打撃技。まず右手で掴んだ相手の左腕を捻り上げ、左膝の裏に右足で蹴りを見舞って相手を膝立ちの状態にさせる。続いて右足を軸にして自分の体を右方向へと捻り、相手の左腕の上を左足で跨いだあと掴んでいた腕を離す。最後に自分の体を右方向へ更に捻りながらジャンプし、相手の顔面を振り上げた右足の脹脛あたりで蹴り飛ばす。
螺旋丸
木高イサミが使っているガッチリ3!と同型の技。
螺旋式飛龍裸締め
スパイラルドラゴンスリーパー
螺旋式ハンマーロック
プロフェッショナルレスリング・ワラビーの矢野啓太が見せたサブミッション。向かい合った相手の左肩のあたりを右手で、左手首を左手で掴んで自分の体をその場でぐるぐると回転させ、振り回されたことでバランスを崩した相手をうつ伏せの状態でマットに倒れ込ませる。そのあと折り曲げた相手の左腕の隙間に頭をねじ込んで自分の体を前方へとブリッジさせ、相手の左腕をぐいぐいと絞り上げてタップを奪う。
ラソ・フロム・エルパソ (1)
WWEのエディ・ゲレロがフィニッシュとして使っていた関節技。相手をフランケンシュタイナーの要領でマットに叩きつけ、自分だけ体を後転させて両足で立ち上がる。続いて相手の右足を右手で、左足を左手で掴んで持ち上げ、交差させた相手の両足の上を右足で跨いでマットに倒れ込む。最後に相手の両足を自分の両足で挟み込みながら体を横方向に転がし、右脇に抱えた相手の右足首をアキレス腱固め風に絞り上げる。
ラソ・フロム・エルパソ (2)
エディ・ゲレロがフィニッシュに使っていた後期型のラソ・フロム・エルパソ。うつ伏せになった相手の右足を左手で、左足を右手で掴んで持ち上げ、折り曲げた相手の右足を相手の左膝の裏に重ねて両足を4の字に固める。そして相手の胴体を左足で跨いだあと相手の背中に自分の右膝を押しつけ、両手で掴んだ相手の右足を自分の方へと引き寄せることで相手の背中を反り上げる。
ラダーサルト
チェアーサルト
ラ・ダルケータ
AAAや全日本プロレスで活動中のダーク・オズが使うカナディアンデストロイヤーと同型の技。
ラチェスラム
CZWで活躍したアダム・フラッシュが使っていたチョークスラムの名称。
ラ・チャンギータ
みちのくプロレスで行われた"第3回覆面ワールドリーグ戦"に登場したジャワ原人のオリジナルジャベ。相手の左腕と左足にセラヘーラの要領で自分の右足を引っ掛け、右手で掴んだ相手の右腕を相手の背中の方へと折り曲げる。そのあと胸の方から相手の右脇に左腕を差し込んで自分の右手首を左手で掴み、そのまま相手の右肩や脇腹を痛めつけてギブアップを奪う。
ラ・チンゴーナ
メキシコで古くから使われている足を活用したキャメルクラッチ。うつ伏せになった相手の頭の方を向きながら相手の胴体を両足で跨ぎ、右足のつま先を相手の右わきの下に、左足のつま先を左わきの下に潜り込ませる。そのあと右手で掴んだ相手の右腕を自分の右足の脹脛の後ろへ、左手で掴んだ左腕を左足の脹脛の後ろへそれぞれ持っていき、背中からマットに倒れ込んで相手の両腕を両足の脹脛で押さえつける。最後に背中をマットにつけたまま自分の両足を宙へと浮き上がらせ、足の力を使って相手の上半身を強烈に反り上げる。
落炎斬
KAIENTAI-DOJOで活躍したHCK狐次郎の必殺技。形はダイビングセントーンと同型で名前は"らっかざん"と読む。
ラッカススタープレス
CZWのラッカスが使っていたスタンディングシューティングスタープレスと同型の技。
ラッキーデビルボム
覆面MANIAに登場したTEDMANの必殺技。形はビルディングボムと同型。
ラッキーブレイク
WWEやFCWで活動しているラッキー・キャノンのフィニッシャー。形はウィドウメイカーと同型。
ラックアタック
WWEのニッキー・ベラが使うトーチャーラックバックブリーカーの呼び名。尻餅ではなく、両膝をマットにつく格好で技を仕掛ける点が若干異なる。2016年に自身の首の負傷の原因がこの技にあるとされて使用禁止となり、復帰後はハワイアンスマッシャーと同型の技に形が変化した。
落空鳳坡
新北京プロレスの曹彰が使っているシットダウン式のトルネードボム。相手の体をトルネードボムの要領で抱え上げたあと体を軽く旋回させながら尻餅をつき、落下させた相手の背中を開いた両足の間へと叩きつけフォールを奪う。DDTプロレスリングの彰人もこれと同じ技を旋回式トルネードボムという名前で使用している。
ラックボム
UPWのラッカスがZERO1で披露したフィニッシャー。相手の体をアイアンクロースラムの要領で抱え上げたあとマットに尻餅をつき、落下させた相手の背中を開いた両足の間に叩きつけて3カウントを奪う。
ラッシーボム
DDTプロレスリングのHARASHIMAが使うクレイドルショックの名称。
ラッシングラリアット
国際プロレスや全日本プロレスで活躍したラッシャー木村が得意としていたラリアットの名称。
ラッシング4レッグロック
回転足4の字固め
ラッセル
ラッセが使っているヨシタニックと同型の技
ラッソ・フロム・シチリア
DDTプロレスリングに登場したモリ・ベルナルドが使っていたサブミッション。形は後期型のラソ・フロム・エルパソと同型。
ラットトラップ
WWEやTNAで活躍したスティービー・リチャーズが使っている涅槃と同型の技。
ラ・デストラクトゥーラ
トニー・アルチェ&ボルケイノのタッグチーム、"ロス・デストラクターズ"が愛用したコンビネーション。仰向けになった相手の左足をアルチェが、右足をヴォルケイノが掴み、足を持ち上げて相手に逆立ちをさせるような状態になる。そのあと足を引っ張ることで相手の股を裂き、各々がポーズを決めながら相手にタップの意思表示をさせる。
ラ・テリブリーナ
CMLLのテリブレが使っているスタイルズクラッシュと同型の技。
ラ・トリアングラール・デ・ソラール
ソラールが愛用しているアミュレットと同型の技。
ラ・ドルミローナ
AAAのエアロスターなどが得意とする空中殺法。自分の両腕を前に伸ばさずに気をつけの姿勢をとりながらロープの間を通り抜け、場外にいる相手に頭から突撃する危険度の高いトペ・スイシーダである。ちなみにドルミローナとは"寝坊助"のことを指すスペインの言葉。
ラ・ネグリータ
アルシオンで活躍した藤田愛が使っていたラ・インソラドーラと同型の技。
ラ・ネプトゥーノ
メキシコで使われている丸め込み技の一種。仰向けになった相手の左サイドに移動して相手の左腕を右手で、左足を左手でそれぞれ掴み、掴んだ左腕を相手の股の前へと持っていく。そのあと外腿の方から相手の左腿の裏に回した左手で相手の左腕を掴み直し、自由になった右手を使って相手の体を右方向へと転がし相手の体を四つん這いにする。最後に相手の右脇腹を右手で抱えながら相手の右サイドの方へと体を転がして相手を再び仰向けにひっくり返し、自分はブリッジをするように背中をしならせて両肩をマットにつけた相手をフォールする。
ラ・ネブリナ
CMLLのミステル・ニエブラが得意とするジャベ。仰向けになった相手の足の側に立って相手の右腕を右手で、右足を左手で掴み、相手の右腕を挟み込む感じで相手の右足を折り曲げる。そのあと左手で掴んで持ち上げた相手の左腕を右足の上に乗せ、続けて左手で掴んで持ち上げた相手の左足を左腕の上に重ねるように折り畳む。最後にうつ伏せにひっくり返した相手の背中にどっかりと腰を下ろして両腕を組むなどのポーズを決め、両手両足を封じられて身動きの取れなくなった相手にギブアップの意思表示をさせる。
ラナ・コン・プエンテ
レッグロールクラッチ
ラ・パトリオータ
AAAで活動中のエル・メシアスことリッキー・バンデラスが使っているサソリ固めの名称。
ラ・バリエンテ!
CMLLのバリエンテが使っているエスペランサと同型の技。
ラ・パルキーナ
AAAで活動中のL.A.パークことラ・パルカ・オリジナルが全日本プロレスで使っていたアラバマスラムの名称。
ラ・パルキーニャ
L.A.パークことラ・パルカ・オリジナルが全日本プロレスで使っていたナガイころしと同型の技。
ラ・パルボヴィールス
CMLLで活動中のヴィールスが愛用しているジャベ。まず相手の両足をリバースインディアンデスロックの要領で固め、相手の右腕を左手で掴んで持ち上げる。続いて相手の右腕に自分の左足を内側から絡め、そのまま左膝をつくことで折り畳んだ右腕の前腕部を足の間に挟み込む。最後に持ち上げた相手の左腕を両手で掴み、相手の両手両足を痛めつけてタップを奪う。
ラ・ハローチャ
AAAのオクタゴンが使うスピーディーなアームホイップ。まずロープの間を往復して十分な助走をつけ、待ち構えている相手の攻撃をかわして相手の背後に体を回り込ませる。そのあと体を左方向へと軽く捻って相手と背中あわせになり、体を左方向へと更に捻りつつ相手の右腕に自分の左腕を絡みつかせる。最後に相手の正面へと体を回り込ませながら相手の左手首を右手で掴み、背中からマットに倒れ込んだ勢いで相手の体を前方へと巻き投げる。
ラ・ビオリ
DDTプロレスリングなどで活躍中のDJニラが使う丸め込み技。四つん這いになった相手の左腕をラ・マヒストラルのような感じで自分の股の間に挟み込み、相手の右腕に自分の左腕を絡ませる。そのあと両腕を極めたまま相手の頭がある方向に向かって背中から倒れ込み、その勢いで前屈状態になった相手の両肩をマットにつけさせる。最後に自分の背中をブリッジをするように仰け反らせ、そのまま相手の体を押さえ込んで3カウントを奪う。
ラビストラル
JWP女子プロレスのラビット美兎が使っていた丸め込み技。尻餅をついた相手に助走をつけて正面から近づき、体を270゜前方回転させるようにジャンプして相手の顔に背中をぶつける格好で体当たりする。そのあと後ろに転倒して両肩がマットについた相手の胸の上に尻餅をつく形で着地し、相手の右足を左手で、左足を右手でそれぞれ抱え込んで3カウントを奪い去る。
ラビットスープレックスホールド
JWP女子プロレスのラビット美兎が開発したオリジナルのスープレックスホールド。まず相手の背後に回り込んで胸の方から相手の左脇に左腕を差し込み、さらに右手で掴んだ相手の右足を後ろの方へと折り曲げる。続いて折り畳んだ相手の右足のつま先を自分の左腿の上辺りへと引っ掛けて足の動きを封じ、自由になった右腕を相手の腹部に回す。最後に体をブリッジさせて相手を後方へと反り投げ、相手を肩口からマットに叩きつけたあともブリッジを崩さずそのまま3カウントを奪う。
ラ・ヴィルレンタ
CMLLのヴィールスが使っている複合関節技。仰向けになった相手の右サイドに移動して相手の右腕を右手で掴み、持ち上げた相手の右腕の上に自分の右足を引っかけて足を相手の右脇のあたりに着地させる。続いて相手の体を左足で大きく跨いでマットに右膝をつき、その勢いでうつ伏せにひっくり返った相手の右腕を自分の右膝の間に挟み込む。最後に相手の右足首を左脇に、左腕を右脇にそれぞれ抱え込み、自分の体重を後ろにあずけることで相手の背中を弓なりになるまで反り上げる。
ラブインパクト
格闘探偵団バトラーツで結成されたアレクサンダー大塚&モハメド・ヨネのタッグチーム、"ラヴインパクト"が使っていたタッグ名を冠した合体殺法。相手をアトミックドロップの要領で肩に担ぎたアレクが後ろに倒れ込み、落下する相手の喉元にコーナー最上段から飛来したヨネがダイビングギロチンドロップを叩き込む。
ラブガンスラム
WCWのディーモンが得意としていた投げっ放し式のワン&オンリー
ラブタニック
DRAGON GATEのCIMA&スペル・シーサーが披露した合体殺法。シーサーが仕掛けたヨシタニックで丸め込まれないように踏ん張る相手の顔面にCIMAがスーパーキックを叩き込み、その衝撃で後ろにひっくり返った相手の体をシーサーが押さえ込んで3カウントを奪う。
ラプチャー
CHIKARAなどで活動中のオバリヨンが使っている必殺技。形は金丸義信のディープインパクトと同型。
ラフテーボム
沖縄プロレスのアグーが使っていたドクターボムの名称。
ラブハンドル
マンディブルクロー
ラ・ブファドーラ
みちのくプロレスのザ・グレートサスケが得意とするルチャリブレではポピュラーな空中技。背後にいる相手をバックハンドエルボーでぐらつかせたあと目の前にあるセカンドロープに跳び乗り、相手にムーンサルトアタックの形で体当たりをする。
ラ・ブファドーラ+180゜
みちのくプロレスの義経が使っていた改良型のラ・ブファドーラ。相手にロープに振られた際に目の前にあるセカンドロープに跳び乗り、ロープを蹴って体を360゜後方回転させるようにジャンプする。そしてそのまま自分を追いかけてきた相手に逆に襲い掛かり、相手の顔面にバックハンドエルボーを叩き込む。
ラフ・ライオット
インパクト・レスリングのブライアン・マイヤーズがカート・ホーキンス時代に使用していたインプラントDDTの名称。
ラフライダー (1)
レイ・ミステリオが使うブロンコバスターの呼び名。
ラフライダー (2)
WWEのザック・ライダーが使っているラストインプレッションと同型の技。
ラブリーアロー
DRAGON GATEのヨースケ・サンタマリアが使うファルコンアローの呼び名。
ラブレースチョーカー
SHIMMERなどで活躍中のアリソン・デンジャーが使うフィニッシングホールド。ショルダーネックブリーカーの要領で相手と背中合わせになり、マットに左膝をつくように腰を落として相手の後頭部を立てた右腿の上へと叩きつける。
ラ・へなストラル
プロレスリングWAVEなどで活動中の旧姓・広田さくらが得意としている丸め込み技。尻餅をついた相手の左腕をラ・マヒストラルの要領で股に挟み込み、相手の右膝のあたりを両手で抱え込む。そして相手の右足を掴んだまま自分は背中からマットへ倒れ込み、両肩がマットについた相手の体を押さえ込んで3カウントを奪い去る。カバーをキックアウトされたあとも相手の左腕を挟んだ両足を解かず、更に相手の右腕を右脇に抱え込むと形の崩れた羽折り脇固めであるへなストレッチとなる。
ラ・マヒストラル
日本ではネグロ・カサスが初公開してから爆発的に広まっていった丸め込み技。まず四つん這いになった相手の左サイドに移動して相手の左腕を左手で掴み、持ち上げた左腕の上を右足で跨いで腕を自分の股の間に挟み込む。そのあと掴んでいた腕を離しながら体を左方向に捻って顔を相手の右サイドの方へと向け、相手の右肩を左手で、右腿を右手でそれぞれ抱え込む。最後に自分の体を前転させる勢いで相手の体を仰向けにひっくり返し、両肩をマットにつけた相手の体を押さえ込んでフォールを奪う。
ラ・マン・サニータ
プロレスリング・ノアなどで活動中のスペル・クレイジーが披露した4の字式のグラウンド卍固め。まず仰向けになった相手の左サイドに移動して相手の右足を右手で、左足を左手で掴み、折り曲げた相手の右足を相手の左膝の上にあてがって両足を4の字に固める。続いて相手の右足首の上に自分の右足を、相手の左膝の裏に自分の右足のつま先を順々に引っ掛け、足を固めたままマットに背中から倒れ込んで相手の首の後ろに右手を回す。最後に相手もろとも上半身を起こして相手の首の後ろに自分の左足をフックさせ、両手で掴んだ相手の右腕を引き寄せることで相手の首、右肩、左膝などを複合的に痛めつける。
ラ・ミスティカ
CMLLのミスティコが開発した華麗なサブミッション。相手をトルベジーノの要領でマットに叩きつけ、掴んでいた左腕を脇固めでぐいぐいと絞り上げる。別名はパランカ・トルナード竜巻式脇固め
ラ・ミスティカ式どどん
くるくるどどん
ラ・ミステリオッサ
CMLLのミステリオッソJr.が使っているフィニッシングホールド。ラ・ロサの要領で相手を抱えたあと体をジャンプさせ、マットに尻餅をついた衝撃で相手の首や背中に痛みを走らせる。コーナー最上段からの雪崩式で技を繰り出すことも多い。
ラムジャム
みちのくプロレスのザ・グレートサスケが愛用する必殺技の1つ。まずコーナー最上段に登って仰向けに倒れた相手を右手で指差し、合掌させた両手を左耳の横に添えておやすみのポーズをとる。そのあと折り畳んだ両肘を前へと突き出す格好でコーナーからジャンプし、そのまま相手の体の上へと落下して相手の胸板に突き出した両腕を叩きつける。映画"ザ・レスラー"の中でミッキー・ロークが演じたプロレスラー、ランディ"ザ・ラム"ロビンソンの必殺技を再現したムーブである。
Λドライブ
スポルティーバ・エンターテイメントの石田慎也が使うフィリピーノデストロイヤーと同型の技。名前は"ラムダドライブ"と読む。
ラ・メセドーラ
メキシコで主に使われているグラウンド状態で仕掛けるカンパーナ。相手の胴体にカサドーラの要領で飛びついて相手の右足を右手で、相手の左足を左手で掴み、そのままマットに背中から着地することで相手を前のめりに倒れ込ませる。そしてうつ伏せになった相手の右足首を右脇に、左足首を左脇に抱えながら自分は尻餅をつく格好になり、相手の右手首を右手で、左手首を左手で掴んだあと揺りかごのように体を前後に揺さぶって相手の肩や背骨を痛めつける。CMLLのアンヘル・デ・オロはメセドーラから正調式のカンパーナへ繋ぐ一連の動きを得意としており、またアメリカなどではその形状からロッキングチェアと呼ばれることもある。
ラ・メディア・タパティア
ソラールが使っているジャベの1つ。ロメロスペシャルの要領で持ち上げた相手の両腕から手を離し、相手の顎を抱え込むように両手をクラッチし直して宙吊りになった相手の体を痛めつける。
ラ・ゆずヒストラル
スターダムの愛川ゆず季が使っていたNOSAWA論外直伝のラ・マヒストラルYKスペシャルを見舞って相手をダウンに追い込み、グロッキー状態になった相手の体を引き起こして丸め込むことが多い。
ラ・ランサ
メキシコで使われているフットスタンプ系の技を指す総称。AAAなどで活躍中のイホ・デ・ペロ・アグアヨはロープの間を往復して十分な助走をつけてから放つランニングフットスタンプを得意技にしている。
ラリアット
繋ぎ技からフィニッシュまで幅広く使われる打撃技。助走をつけながら自分の片腕を横方向へと突き出し、水平に伸ばした腕を相手の喉や胸板目掛けて叩きつける。前のめりに倒れ込みながら腕を叩きつける倒れ込み式、助走をつけずに放つショートレンジ式などその種類は多岐に渡っており、またアメリカやイギリスではクローズライン、メキシコではアンティプラソと呼ばれている。
ラリアット+鬼殺し
新日本プロレスで活動中の矢野通&石井智宏が愛用する合体殺法。矢野が鬼殺しで抱え上げた相手に石井がコーナー最上段からのダイビングラリアットを叩き込む。
ラ・リオネサ
グリフォン
ラ・リベラシータ
ホルヘ・リベラが使っているスインギングクルシフィックスと同型の技。
ラ・リベラシータ2
アシア
ラ・リベリータ
ホルヘ・リベラが使う変形のグラウンド卍固め。まず仰向けになった相手の右足を左手で、左足を右手で掴んで持ち上げ、相手の右足の上に相手の左足を重ねて両足を交差させる。続いて自分の左足を相手の左足首の上に、自分の左足のつま先を相手の右腿の裏にそれぞれ引っかけて足をロックし、マットに倒れ込んだあと相手の上半身を引き起こす。最後に相手の首の後ろに自分の右足の脹脛を引っかけ、両手で掴んだ相手の左腕を関節と逆方向に反り上げる。
ラ・ルサ
メキシコで使われているジャベの一種。まず向かい合った相手の右腕を左脇に抱え込み、相手の顔を右手で押さえつけながら自分は中腰の状態になる。そのあと仰け反る格好になった相手の背中を自分の右腿の上に着地させ、そのまま相手の顔に体重をかけることで相手の首や背骨を痛めつける。
ラ・ロサ
メキシコで使われる変形の風車吊り。まず左手で掴んだ相手の左腕を相手の背中でハンマーロックに固め、右手で掴んで持ち上げた相手の右腕を自分の首の後ろへと引っかける。続いて自分の体を左方向へと軽く捻って相手と向き合った状態になり、相手の背中に右手を添えて相手の体を軽く宙に抱え上げる。最後に相手の右腿の裏を自分の左腿の上に、左腿の裏を右腿の上にそれぞれ着地させ、相手の頭を右脇に抱え込みながら中腰の状態になって相手の首・左肩・背中などを複合的に痛めつける。
乱空蹴り
救世忍者 乱丸がJDスター女子プロレスで多用していた打撃技。ライムライトの要領で体を回転させながら左足を大きく振り上げ、相手の頭部を左足でニールキック気味に蹴り飛ばす。
ラングブロアー
WWEで活躍したマット・ストライカーが愛用していたフィニッシングホールド。相手の背後に回り込んで相手の右肩に右手を、左肩に左手をそれぞれ添え、体をジャンプさせて膝を突き出すように両足を折り畳む。そのあと突き出した両足を相手の背中に押し当てながら後ろに倒れ込み、背中からマットに着地した衝撃で相手の背中に両膝をめりこませる。ZERO1ではストライクと呼ばれていた。
ランサルセ
WRESTLE-1の近藤修司がT2P時代から愛用しているパワー殺法。足踏みをしたあと自分の方を向いている相手に向かって突進し、相手の腰を両手で抱え込んでそのまま相手の体を持ち上げる。そして相手を抱えたまま一定の距離を進んだところで前のめりに倒れ込み、相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。相手を抱え上げたあと自分の体に捻りを加えて技を決める旋回式の一撃も得意としている。
ランセットアーチ
JWP女子プロレスなどで活躍した矢樹広弓が愛用していたオリジナルスープレックス。まず向かい合った相手の左手首を左手で掴み、体勢を低くして相手の懐に体を潜り込ませる。そのあと相手の左脇に胸の方から差し込んだ右手を相手の背中に回し、体をブリッジさせて相手を後方に反り投げる。相手をマットに叩きつけたあとブリッジを崩さず、そのまま相手からフォールを奪うことも多かった。
ランディフェース
KAIENTAI-DOJOのランディ拓也が使っていた胴締めスリーパーホールドの名称。この技で梶トマトを下し2007年の"K-METAL LEAGUE"を見事制覇した。
ランド・オブ・ライジングニー
新日本プロレスで活動中のヨシタツが使うニーアッパーと同型の技。ヨシタツ自身は"Land of Rising Knee"の頭文字を並べてLRKと呼んでいる。
ランドスライド
中邑真輔が米国遠征後に披露したフィニッシングホールドの1つ。まずファイヤーマンズキャリーの要領で肩に担ぎ上げた相手の左腕を右手で掴み、相手の下半身を右手で押し上げると同時に相手の後頭部を左手で上から押さえつける。そしてその勢いで相手の体を仰向けにひっくり返しながらマットに尻餅をつき、前方に落下させた相手の後頭部や背中を自分の両足の間へ叩きつける。ちなみに相手の腕を掴んだ形で披露されたのは公開練習の時のみであり、実際の試合ではハリケーンドライバーとほぼ同型の形で技を繰り出している。
ランドマークタワー
大日本プロレスで結成された葛西純、ウインガー、非道のユニット、"赤まむし"が使っていた連携殺法。仰向けになった相手の側で葛西を肩車したウィンガーが前のめりに倒れ込み、うつぶせの状態で落下した葛西が相手の体をボディープレスする。
ランニングエースクラッシャー
全日本プロレスで活躍したジョニー・エースが使っていたエースクラッシャーのバリエーションの1つ。助走をつけて左サイドの方から相手に近づきながら体をジャンプさせ、左首筋の方から相手の首の後ろに左腕を、相手の顎の下に右腕をそれぞれ回す。そして相手の首を抱え込むように両手をクラッチして自分は背中からマットに着地し、その勢いで前のめりに倒れ込んだ相手の顔面をマットに叩きつける。
ランニングエルボー
プロレスリング・ノアの三沢光晴が切り札として用いていたフィニッシングホールド。助走をつけながら腕を振りかぶり、加速をつけた強烈なエルボーバットを相手の頭部に叩き込む。
ランニング顔面蹴り
川田利明が愛用しているフェイバリットホールドの1つ。尻餅をついた相手の正面にあるロープに跳んで助走をつけ、振り抜いた右足の甲で相手の顔面を豪快に蹴り飛ばす。ハッスルで"モンスターK"川田利明になるとモンスターPKに名前が変化する。
ランニング空牙
DRADITIONの長井満也が使っている葉隠れと同型の技。現在は陸牙と呼ばれている。
ランニングジャンピングハイキック
全日本プロレスなどで活動中の土方隆司が使う、かつて行動を共にしていた川田利明の得意技をアレンジしたムーブ。助走をつけて正面から相手に近づき、相手の側まで来たところで体を大きくジャンプさせる。そのあと空中で体を左方向に傾けながら右足を鋭く振り抜き、相手の顔面を右足の甲で蹴り飛ばす。
ランニングスイクルデス
プロレスリング・ノアで活動中の齋藤彰俊が使っている必殺技の1つ。相手の左サイドにあるロープに跳んで助走をつけ、加速を生かして振り抜いた右足で相手の後頭部に強烈な延髄斬りを叩き込む。
ランニングスリー
GAEA JAPANの長与千種が愛用していたフィニッシャー。相手をカナディアンバックブリーカーの要領で担ぎ上たあと前方を指差して助走をつけ、腕のロックを外して相手を前方に勢い良く投げ捨てる。名前は競走馬のランニングフリーに由来する。
ランニングツイスター2
ツイスター2
ランニングネックブリーカードロップ
全日本プロレスのジャイアント馬場が愛用した必殺技の1つ。助走をつけて相手に正面から近づき、相手の右横を通り抜けながら相手の喉元に自分の右腕を引っ掛ける。そのあと相手の喉に腕を絡めたまま背中からマットに倒れ込み、その勢いで後ろに転倒させた相手の後頭部をマットに痛打させる。
ランニング喉輪落とし
DDTプロレスリングで活躍中の大鷲透が愛用していたパワームーブ。コーナーの側に移動して相手を喉輪落としの要領で抱え上げ、相手の体を抱えたまま対角線上にある反対側のコーナーへ向かって走り出す。そして一定の距離を進んだところで前のめりに倒れ込み、落下させた相手の後頭部や背中を豪快にマットへ叩きつける。
ランニングパイレーツ
GAEA JAPANの長与千種が使っていた改良型のランニングスリー。相手をカナディアンバックブリーカーの形で右肩に担ぎ上たあと軽く助走をつけ、掴んでいた相手の上半身を下方向へと引っ張る。そしてその勢いで相手の体に180゜の後方回転を加え、回転する相手の体を自分の正面へと落下させる。最後に相手に体を浴びせかけるように前のめりに倒れ込み、うつ伏せの状態になった相手の体をマットへと叩きつける。
ランニングハヤトキック
SHIMMERなどに参戦中のミアイムが使うトランスレイヴと同型の技。フジタ"Jr"ハヤト公認のムーブであることから、ハヤトが使うヘルムを手本にしたと思われる。
ランニングフットスタンプ
KAZMA SAKAMOTOが使っている必殺技の1つ。相手を仰向けに倒したあと相手のサイドにあるロープに飛んで助走をつけ、相手の側まで戻ってきたところで体を大きくジャンプさせて相手の腹部に強烈なフットスタンプを叩き込む。サカモトというリングネームで活動していたWWEではハラキリと呼ばれていた。
ランニングホームラン
大阪プロレスのタイガースマスクが使っていた野球ムーブの1つ。160kmチョップなどを駆使して相手をコーナーの下にへたり込ませ、自分は野球のグラウンドに見立てたリングの中を大きく一周する。そのあと助走を生かして高く飛び上がり、相手の顔面に強烈なドロップキックを叩き込む。技が上手く決まると野球の審判を真似たセーフのジェスチャーをとり、技が失敗するとアウトとなる。
ランニングライガーボム
サンダーライガーボム
ランバーチェック
ROHなどで活躍中のセドリック・アレクサンダーが愛用している豪快なムーブ。まず抱え式バックドロップの要領で相手の体を素早く抱え上げ、宙に浮いた相手の体から両腕を離す。そのあと自分は両膝を折りたたみつつ背中からマットに倒れ込み、仰向けの状態で落下してきた相手の背中に突き立てた両膝をめり込ませる。
ランヒェイ
円華が使っているフィニッシングホールド。向かい合った相手の右腕を左手で掴み、胸の方から相手の右脇に頭を潜り込ませる。続いて相手の背中に右手を回して胴体を抱え込み、自分の右足を前方へ大きく振り上げる。最後に振り下ろした右足で相手の右足を後ろから刈り取りつつ自分の体を360゜前方回転させ、尻餅をつく形で着地すると同時に後ろにひっくり返った相手の後頭部をマットに叩きつける。
ランプシェイカー
WWEで活躍したリキシが使っていたバンザイドロップと同型の技。
ランペイジ
WWEのペイジが使っているどすこいDDTと同型の技。