.
レイアウト (1)
GCWなどで活動中のトレイシー・テイラーが使っているラストインプレッションと同型の技。Chick Fights SUNではトレイシーハンターと呼ばれていた。
レイアウト (2)
WWEのレイラが使っているショルダーネックブリーカーの呼び名。
レイクショードライブ
コルト・カバナが使う変形のハワイアンスマッシャー。まず相手の体をファイヤーマンズキャリーの要領で肩の上に担ぎ、相手の両足のつま先をトップロープに引っ掛ける。そのあと足を抱えていた腕を離して自分の体だけを左方向に軽く捻り、そのままマットに背中から倒れこんで相手に急角度のダイヤモンドカッターを叩き込む。
冷蔵庫爆弾
SEAdLINNNGの高橋奈七永が使っているダイビングボディープレスの呼び名。
レイニングブラッド
CZWなどで活躍中のMASADAが使っている911と同型の技。
レイネーラ
CMLLのショッカーが愛用しているメキシコ式のバックブリーカー。まず背中の方から相手の右脇に右腕を差し込んで相手の右腕に腕を絡め、自分の体を左方向に180゜捻って相手と背中合わせになる。続いて左手で掴んだ相手の左腕を自分の股の間に正面から挟み込み、体を前屈みにさせて相手の体を背中に背負い上げる。最後に左足が上になるような形で相手の両足を交差させ、左足首を左手で掴んで相手の背中を弓なりに反り上げる。技を極めたあとその場で体をぐるぐると回転させて相手の体を絞り上げることが多い。
レイヴェンズエフェクト
イーブンフローDDT
レイヴクラッシュ
ROHやTNAで活動したジミー・レイヴが使っているスタイルズクラッシュと同型の技。現在はAJスタイルズとの必殺技封印マッチで敗退した為、技の封印を余儀なくされている。
レイン・オブ・テラー
ルーサー・レインズがWWEで使っていたロール・ザ・ダイスの名称。
レインドロップ
インパクト・レスリングのマディソン・レインが使っているゴールデンルールと同型の技。
レインハムメーカー
新日本プロレスなどで活躍中のウィル・オスプレイが使うムーブの1つ。レインメーカーの要領で振り向かせた相手に仕掛けるフラムフライと同型の技である。
レインボーキック
プロレスリングWAVEの桜花由美が使うオリジナルの打撃技。まず相手の体をコーナーに逆さ吊りにし、自分はエプロンに移動してトップロープを両手で掴む。そのあとトップロープを跳び越えるように体をジャンプさせ、相手の顔面に打ち下ろし気味のドロップキックを叩き込む。
レインボーブリッジ
覆面MANIAで活躍中の秋山恵が使っているクロスアーム式ジャックナイフホールド。まず向かい合った相手の右腕を右手で、左腕を左手で掴んで両腕を交差させ、掴んだ腕を下方向へと引っ張った勢いで相手の体を前方回転させる。そのあと自分の体を前方へとブリッジさせて背中からマットに着地した相手に覆いかぶさり、そのまま相手を押さえ込んでフォールを奪う。
レインボーメーカー
DDTプロレスリングの男色ディーノが使う男色殺法の1つ。相手の背後に回りこんだあとレインメーカーの要領で相手の腕を引っ張り、振り向いた相手にディープキスをする。
レインメーカー
新日本プロレスのオカダ・カズチカが使っている絶対的なフィニッシングホールド。まず相手の背後に回り込んで相手の腹部の方に左腕を回し、左手で掴んだ相手の右腕を引っ張った勢いで相手の顔を自分の方に振り向かせる。そのあと無防備になった相手の胸板目掛けて右腕でアックスボンバー気味のラリアットを打ち込み、相手の体を豪快になぎ倒す。2012年1月に行われた凱旋帰国試合では振り向いた相手の喉元に右腕を引っ掛けながらジャンプし、相手の後頭部をマットに叩きつけるネックブリーカードロップのような技として披露されたがその後現在の形に修正された。
レインメーカー式トルネードクラッチ
DDTプロレスリングの大石真翔が披露したムーブ。レインメーカーの要領で相手の右腕を引っ張り、振り向いた相手の体をトルネードクラッチで瞬時に丸め込む。
レインメモリアル
WCWで活躍したレニー・レインが使っていたフルネルソンスラムと同型の技。
レーザーズエッジ
WCWやWWFで活躍したレーザー・ラモンことスコット・ホールが長年愛用するフィニッシャー。相手をBTボムの要領で担ぎ上げたあと前のめりに倒れ込み、両膝をつきながら相手の体を豪快に投げ捨てる。ちなみにダイヤモンド・スタッド時代はダイヤモンドデスドロップ、WCW時代にはアウトサイダーズエッジという名称でこの技を使用していた。
レギレテ・コンパッケーテ
CMLLのマスカリータ・ドラーダが使っている華麗な丸め込み技。まずベンハメーニャの要領で相手の首を両足で挟み込み、相手の左横を通り抜けるように体を旋回させて相手の背後に回り込む。続いて相手の右腕を右手で、左肩を左手で抱えながら相手の首を挟んでいた足のロックを解き放ち、体を更に旋回させて相手の右横を通り抜ける。最後に相手の右腿を左手で抱え直して背中からマットに倒れ込み、その勢いで前方に転がった相手の左足に自分の左足をフックさせてフォールを奪う。
レクイエム
鈴木鼓太郎が使っているフィニッシングホールド。肩車で担ぎ上げた相手の右腕を右手で、左腕を左手でそれぞれ掴み、膝を屈伸させた反動で相手の体を軽く宙に浮き上がらせる。そして浮き上がった相手の股の間から自分の頭を引き抜き、掴んでいた両腕を引っ張ることで相手の体を前屈みにさせる。最後に相手の腕を掴んだままマットに尻餅をつき、前屈状態で落下させた相手の頭部を自分の両足の間に叩きつけてそのままフォールを奪う。旧名は高角度前方回転落とし固め
鎮魂歌ドライバー
PURE-J女子プロレスの中森華子が使っているLSD3と同型の技。名前は"レクイエムドライバー"と読む。
レシーボ
プロレスリングHEAT-UPなどで活動中のPSYCHOが使うシザーズキックの名称。別名はトマホークウェイブ
レジーラック
アルシオンで活躍したレジー・ベネットが使っていたケブラドーラ・トド・アルトと同型の技。
レジェンド風サンセット
AKIRAが新日本プロレスのレジェンド軍に所属していた頃に披露した前方回転エビ固めの呼び名。
レスケレットラリアット
ROHやTNAで活躍したナイジェル・マッギネスが愛用していたトリッキーなムーブ。相手にロープに振られた際に背にしたセカンドロープに両腕を絡ませ、セカンドロープに背中をあずけて両足を大きく振り上げる。そして再び両足をマットに着地させたあとロープの反動を利用して加速をつけ、相手の喉元にカウンターのラリアットを叩き込む。この一撃でジミー・レイヴの顎を負傷させたことから、別名ジョーブレイカーラリアットとも呼ばれていた。
レスリングスペシャル
"正義の白覆面"ミスターレスリングことティム・ウッドが得意としていたムーブ。ロープに跳ばした相手の体をSAITOスぺシャル3号の要領で丸め込む技であり、別名ローリングネッククラッチとも呼ばれた。
レタドール
DRAGON GATEなどで活躍中のフラミータが使っているオリジナルホールド。まずキン肉バスターの要領で肩に担ぎ上げた相手の両足を下方向に軽く引っ張り、相手の体を正面に向かって落下させつつ自分は後ろへと倒れ込む。そのあと膝を突き出すように両足を折り畳んでマットに背中から着地し、うつ伏せの状態で落下してきた相手の顔面や腹部に突き立てた両膝をめり込ませる。
レッグ・アンド・ネックストレッチ
中邑真輔がメキシコ遠征後に使い始めたサブミッション。まず左手で掴んだ相手の右足をストレッチマフラーの要領で自分の首の後ろに巻きつけ、更に足を抱えた左手で相手の右手首も掴む。そして背中からマットに倒れたあと相手の首を両足で挟み込み、相手の左足を右手で押さえつけながら体を揺さぶって相手の首・背骨・股関節などを複合的に痛めつける。
レッグ&ネックロック
新日本プロレスの小島聡がヤングライオン時代に愛用していたサブミッション。まず仰向けになった相手の右サイドに移動して首の後ろに左腕を、右腿の下に右腕をそれぞれ回し、持ち上げた相手の右足を頭の方へと持っていく。そのあと相手の左足に自分の右足を引っ掛けて足を固定し、相手の頭と右足を抱え込むように両手をクラッチして体を痛めつける。
レッグクラッチスープレックスホールド
夏樹☆たいようが使っていたオリジナルホールド。まず向かい合った相手の右足首を左手で掴んで足を持ち上げ、相手の左横を通り抜けて相手の背後に回り込む。そのあと片足立ちになった相手の右脇腹に右腕を回し、相手の右脛の辺りに右手を持って行く。最後に相手の右足を両手で掴んだまま体をブリッジさせ、後方に反り投げた相手をマットに叩きつけて3カウントを奪取する。
レッグシザーズ
連携技や足殺し技への布石として利用される技。相手の側で倒れ込みながら相手の両足を自分の両足で挟み込み、バランスを崩した相手の体を前のめりに倒れ込ませる。日本ではカニばさみ、海外ではドロップトーホールドとも呼ばれる。
レッグドロップ
ギロチンドロップ
レッグスプレッド
古くから使われている古典的な拷問技。マットに寝そべりながら仰向けになった相手の片足を自分の両足で挟み込み、もう一方の足を両手で掴んで相手の股を裂くように両足を広げる。KAIENTAI-DOJOの旭志織はこの技の普及を若手の頃からの目標として掲げている。
レッグフェースロック
KAIENTAI-DOJOのTAKAみちのくが見せた足を活用したジャストフェースロック。まずうつ伏せになった相手の左手の方に頭を向けながら相手の背中に覆いかぶさるように倒れ込み、左首筋の方から相手の顔の下に右足を差し込む。そのあと相手の首の後ろに左足を持って行き、相手の頭部を自分の両足を使ってがっちりと挟み込む。最後に両手をマットについてバランスをとりながら相手の頭を挟み込んだ両足を宙に浮き上がらせ、足の力を使って相手の首や背中を強烈に反り上げる。
レッグフックDDT
PWGなどで活動しているジョニー・グッドタイムのフェイバリットホールド。相手の頭部をDDTの要領で左脇に抱え込んだあと相手の左足首を右手で掴んで足を折り畳み、その体勢のまま背中からマットに倒れ込んで相手の頭部をマットへ打ちつける。
レッグブリーカー
足殺し技として使われている基本的なムーブの1つ。仰向けになった相手の左足を両手で掴んで持ち上げ、相手の左腿のあたりを右足で踏みつける。そのあと体を前方回転させるようにジャンプさせて背中からマットに倒れ込み、着地の衝撃で相手の左膝の関節に痛みを走らせる。
レッグボンバー
全日本女子プロレスの小倉由美が使っていた稲妻レッグラリアットとほぼ同型の技。脛ではなく膝を当てていくように放つのが特徴である。
レッグロールクラッチ
通称足折り固めとも呼ばれるポピュラーな丸め込み技。仰向けになった相手の頭の側に立って相手の右足を右手で、左足を左手で掴み、左右に開いた相手の両足の間をジャンプして飛び越える。そしてそのまま相手の臀部の後ろにあたりに着地して相手の右足に右足を、左足に左足をフックさせ、相手に覆い被さるように自分の体をブリッジさせてフォールを奪う。メキシコではラナ・コン・プエンテと呼ばれている。
レッグロールスピン
サソリ固め
レッグロックスープレックスホールド
WWEのダニエル・ブライアンがブライアン・ダニエルソンとして新日本プロレスに参戦していた頃に披露したムーブ。まず相手の背後に回り込んで相手の右脇に頭を潜り込ませ、相手の首の後ろに自分の左腕を引っ掛ける。続いて外腿の方から相手の右腿の裏に右手を回し、相手の首と右足を抱え込むように自分の両手をクラッチさせる。最後に体をブリッジさせて相手を後方に反り投げ、相手を肩口からマットに叩きつけたあともブリッジを崩さずそのままフォールを奪う。WWEで活躍しているウィリアム・リーガル直伝の妙技であり、海外ではリーガルプレックスと呼ばれている。
レッドアイ (1)
KAIENTAI-DOJOの梶トマトが使っているスタンディング状態からの高速ラ・マヒストラル。まず前屈みになった相手の左腕をラ・マヒストラルの要領で股の間に挟み、更に左手で相手の右腕を抱え込む。そのあと背中を大きく仰け反らせて反動をつけ、相手の右手の方に視線を向けて360゜前方回転するようにジャンプする。最後に相手の右腿を右手で抱えつつ自分は尻餅をつく形でマットに着地し、回転する勢いで仰向けにひっくり返った相手の後頭部や背中をマットに叩きつけそのまま相手の体を押さえ込む。
レッドアイ (2)
レッドアラート
レッドアラート (1)
アメージング・レッドが使っているオリジナルムーブ。まずリングの方を向いたままコーナーのセカンドロープによじ登り、自分の方を向いている相手に向かってジャンプする。そのあと相手の左肩の上に右腕を引っかけて肩を抱え込み、相手の体にしがみついたまま自分の体を振り子のように左方向へと旋回させる。最後に背中からマットに落下する勢いで相手の体を前のめりに倒れ込ませ、相手の顔や胸をマットへ強かに打ちつける。TNAではレッドアイと呼ばれていた。
レッドアラート (2)
インパクト・レスリングのクリムゾンが使っていた変形のフラットライナー。キャタトニックの要領で相手の体を旋回させながら中腰の状態になることで一瞬タメを作り、間髪入れずに後ろに倒れ込んで相手を顔面からマットに叩きつける。
レッドアロー
360゜シューティングスタープレス
レッドインク
新日本プロレスのオカダ・カズチカが使う両足交差式の変形キャメルクラッチ。まず仰向けになった相手の足の側に立って相手の右足を左手で、左足を右手でそれぞれ掴み、相手の右足の上に相手の左足を交差させる形で乗せる。続いて相手に背を向けるように体を軽く捻って相手の右足を右手で掴み直し、相手の左足首に自分の右足のつま先をフックさせる。最後に自分の体を左方向へ捻ることで相手をうつぶせにひっくり返し、相手の左脇腹の横に左足を着地させたあと相手の顎の下にチンロックの要領で両手を回して相手の首・腰・足を複合的に痛めつける。名前のレッドインクとは赤字のことであり、そこから転じて"これを出したら終わり"という意味が込められている。
レッド・エイティーン
DRAGON GATEのしゃちほこBOYが使うフィニッシングホールド。人工衛星ヘッドシザーズの要領で相手の首を足で挟み込んだあと体を旋回させて相手の左横を通り抜け、相手の背後に回りこんだところで相手の両肩に両手でしがみつく。続いて相手の首を挟んでいた両足のロックを解きながら相手の右脇に背中の方から右腕を差し込み、相手の右腕に自分の右腕を絡めたままリングに落下して相手を後ろにひっくり返す。最後に後頭部や背中をマットに強打した相手の上半身を起こして胸の方から相手の右脇に左腕を、背中の方から相手の左脇に左足をそれぞれ引っ掛け直し、自分の体を前転させた勢いで相手の両肩をマットにつけさせそのまま3カウントを奪い去る。
レッドエッジ
アメージング・レッドが使う小柄な体に似合わないパワームーブ。相手の体をBTボムの要領で担ぎ上げたあと助走をつけ、尻餅をつきながら相手の体を豪快に投げ捨てる。
レッドコブラスープレックスホールド
センダイガールズプロレスリングの里村明衣子が使うオリジナルスープレックス。コブラツイストに捕らえた相手の上半身を軽く屈ませ、相手の右腕を左脇に、左腕を右脇に抱えて体を絞り上げる。続いて相手の左手首を右手で、相手の右手首を左手で掴み直しながら相手の背後に体を回りこませ、掴んだ両腕を相手の背中で交差させる。最後に交差させた両腕と胴を両手で抱え込んで体をブリッジさせ、後方に反り投げた相手を肩口からマットに叩きつけてフォールを奪う。里村曰くまだ改良の必要があるとのこと。
レッドスカイ
TNAで活躍したクリムゾンが使っているスカイハイと同型の技。
レッドスケアー
アレックス・コスロフが使っていたフィニッシャー。相手を河津落としでマットに倒したあと体を横方向に転がし、うつ伏せにひっくり返った相手の上半身をコブラクラッチクロスフェイスで締め上げる。
レッドスタープレス
アメージング・レッドが愛用するスタンディングシューティングスタープレスの名称。立っている相手を足払いでマットに転がしたあと間髪入れずに技へ移行することが多く、マスクマンのフエゴ・ゲレーラになると技の呼び名がゼログラビティーに変化する。
レッドスパイク
アメージング・レッドが愛用するフェイスバスター系のムーブ。まず向かい合った相手の右腕に自分の右腕を絡みつかせながら右足を前に踏み出し、相手の右脇腹のあたりに自分の背中を密着させる。そのあと体を素早く前屈させた勢いで相手の体を270゜後方回転させるように巻き投げ、そのままマットに尻餅をついてうつ伏せになった相手の体を自分の両足の間へと叩きつける。
レッドネックブギー
ROHで活動しているマーク・ブリスコ&ジェイ・ブリスコの兄弟タッグチーム、"ブリスコブラザーズ"が使っているネックブリーカー式パワーボム。まずマークがBTボムの要領で相手を担ぎ上げ、ジェイがマークの背後にあるロープに跳んで助走をつける。そのあと加速したジェイがマークの脇を通り抜け、マークが相手の体を前方に投げ捨てながら尻餅をつく。最後に体をジャンプさせたジェイが落下する相手の首を空中でキャッチし、相手の後頭部や背中を強かにマットへと叩きつける。
レッドフュージョン
アメージング・レッドが使っている三角飛び式のフェニックススプラッシュ。相手を仰向けに倒したあとエプロンに移動してコーナー左隣のトップロープを掴み、体をジャンプさせてトップロープの上に両足で跳び乗る。続いて掴んでいたロープから腕を離してコーナー右隣のトップロープへと跳び移り、場外の方を向いた状態でロープに着地したあと体を左方向へ180゜捻ってリングへとジャンプする。最後に空中で体を更に450゜前方回転させ、相手の体をボディープレスしてフォールを奪う。
レッド・ホワイト&ブルーサンダーボム
WWEのジャック・スワガーが使っているブルーサンダーと同型の技。
レディ・オブ・ザ・レイク
ロープワークの流れの中でまれに披露されるレスリングテクニック。背中からマットに倒れ込んで両足を自分の顔の上の方へと持っていき、膝を軽く折り曲げて両足の裏をくっつけるような状態になる。そのあと両足の間にできた隙間に正面から両腕を差し込み、右手を右足首の外側へ、左手を左足首の外側へとそれぞれ持っていって丸まったアルマジロのような状態になる。最後に扱いに困って不用意に手を伸ばしてきた相手の腕を掴んで相手を巻き投げ、倒れ込んだ相手の腕をアームロックに捕らえたりフォールを奪ったりする。代表的な使い手はジョニー・セイントやロッキー・ロメロであり、セイントはジョニーセイントスペシャルという呼び名を冠してこの技を愛用している。
レトリビューション
ROHを中心に活動しているレット・タイタスのフィニッシャー。形はブラディサンデーと同型。
レフトスーパーシャーク
KAIENTAI-DOJOの房総ボーイレフトが使っていた変形のゴリーボム。スパイナルショックの要領で相手を担ぎ上げたあと自分の体を後ろへと倒し、うつ伏せの状態で落下させた相手の顔や胸をマットへ痛打させる。
レフトターン・アット・アルバカーキ
ブライアン・ケンドリックが使っているフロッグスプラッシュの名称。
レフトフューチャーブラスト
房総ボーイレフトが使っていたフィニッシングホールド。ボディースラムの要領で相手を持ち上げたあと左方向に体を傾けながら尻餅をつき、落下させた相手の後頭部や背中を自分の左サイドへと叩きつける。
レベライザー
CZWやIWAミッドサウスで活躍したロッキン・レベルが愛用していたダイビングギロチンドロップと同型の技。
レヴェレーション
クリストファー・ダニエルズ&ドノバン・モーガンがROHで結成したユニット、"プロフェシー"が使っていた合体殺法。形はパワープレックスと同型。
レボリューションボム
全日本プロレスで活動中のジョー・ドーリングが使っているスパイラルボムと同型の技。
レボリューションDDT
ダグ・ウィリアムスが使っている飛びつき式のスイングDDT。まずリングの方を向く格好でコーナーのセカンドロープによじ登り、自分の方を向いて立っている相手に飛びつくようにジャンプして相手の頭を左脇に抱え込む。そして空中で体を右方向に大きく旋回させたあと背中からマットに倒れ込み、抱えていた相手の頭部をDDTの形でマットに打ちつける。
レボルシオン (1)
新日本プロレスのBUSHIが全日本プロレス時代に開発した変形のショルダーバスター。まず相手の右脇に背中の方から頭を潜り込ませ、左腕をリバースDDTの要領で相手の顎の下に巻きつける。続いて腿の裏の方から相手の股の間に差し込んだ右手で相手の股を抱え、相手の体を上下逆さまにするような感じで抱え上げる。最後に相手の体を抱えたままマットに左膝をつき、落下させた相手の右肩を立てた右腿の上へと叩きつける。
レボルシオン (2)
プロレスリング・ノアの石森太二が使っているF.T.X.と同型の技。
連環の計
新北京プロレスの周瑜公瑾が披露したファイヤーバードスプラッシュの名称。
連結式ラ・マヒストラル
みちのくプロレスに参戦していたはやて、こまち、やまびこのユニット、"新幹線トリオ"が使っていたコンビネーション。1人が相手をラ・マヒストラルで丸め込み、残った2人の内の1人が丸められた相手に飛びついてジャックナイフホールドを決める。この技で2003年に行われたトリオリーグ戦を見事に制覇した。
煉獄
DDTプロレスリングの坂口征夫が使っている必殺技の1つ。2連続以上の打撃で成り立たせ、なおかつ最後を右のハイキックで締める一連のコンビネーションの呼び名である。
レンジャー・ラナ金
みちのくプロレスに登場したみちのくレンジャー金のフィニッシングホールド。相手の肩に肩車の要領で飛び乗ったあとミステリオ・ラナの形で自分の体を回転させ、肩の上で体をバウンドさせて相手の頭の上を正面から飛び越える。そのあと相手の背中に両手を回しながら体を前方回転させ、相手の体を前方回転エビ固めの要領で丸め込んでフォールを奪う。
レンジャー・ラナ銀
みちのくプロレスに登場したみちのくレンジャー銀が使っていたヨシタニックと同型の技。