.
リアリティチェック (1)
プロレスリング・ノアで活躍したマイケル・モデストが使っていたクリプトナイトクランチと同型の技。走りこんできた相手に対してカウンター式で見舞うことも多かった。
リアリティチェック (2)
WWEのザ・ミズが愛用している必殺技。まず前屈みになった相手の顎のあたりに助走を生かしたニーリフトを叩き込み、仰け反った相手の背後に素早く体を回り込ませて相手と背中合わせになる。そのあと相手の頭を両手で抱えて背中から倒れ込み、後ろに引き倒した相手の後頭部を強かにマットへ叩きつける。
リアル蒼魔刀
KO-D無差別級王者時代の高木三四郎が次期挑戦者であるHARASHIMAとの前哨戦で公開した挑発的な必殺技。形はHARASHIMAが得意とする蒼魔刀に酷似しているが、足の角度が違うので自分のオリジナルだと主張している。
リアルディール (1)
WWEやTNAで活躍したディーロウ・ブラウンが使っていたサンダーライガーボムと同型の技。
リアルディール (2)
TNAなどで活躍したクリス・ディバインが愛用していた変形のコンプリートショット。フルネルソンに捕らえた相手の体を軽く宙へ抱え上げ、両腕のクラッチを切って相手の右脇から右腕を引き抜く。そのあと左腕を使って相手の体を左方向へ180゜回転させつつ背中からマットに倒れ込み、うつぶせの状態で落下した相手の体を自分の左サイドへと叩きつける。
リアルブレーンバスター
小橋建太が愛用していた"ブレーンバスターの元祖"キラー・カール・コックスの動きを再現した垂直落下式ブレーンバスター。相手の体をブレーンバスターの要領で垂直に抱え上げたあと尻餅をつくようにマットに倒れ込み、真っ逆さまに落下させた相手の頭部をマットへ打ちつける。
リーアジャストメント
SHIMMERなどで活動しているリーア・オライリーのフィニッシャー。形はダブルアームDDTと同型。
リーガルカッター
ユニオンジャック
リーガルストレッチ
WWEのウィリアム・リーガルが得意としていたサブミッション。うつ伏せになった相手の右足を右手で、左足を左手でそれぞれ掴み、折り曲げた相手の左足を相手の右膝の裏に重ねて両足を4の字に固める。続いて相手の左足を挟み込む感じで相手の右足を折り畳み、相手の右足首を自分の左腿で上から押さえつけながら相手の背中に覆い被さる。最後に右手で掴んで持ち上げた相手の右腕を自分の首の後ろに引っ掛け、相手の頭を抱えるように自分の両手をクラッチさせて相手の体を痛めつける。別名はロイヤルストレッチ
リーガルプレックス
レッグロックスープレックスホールド
リーサルインジェクション (1)
ROHなどで活動中のジェイ・リーサルが若手時代に愛用していたムーブ。まず相手の背後に回り込んで相手の右腕を右手で掴み、掴んだ右腕を相手の顎の下へと巻きつける。そのあと外腿の方から相手の右腿の上に左手を回して相手の体を上下逆さまにするように持ち上げ、そのまま尻餅をつく形で倒れ込んで相手の体を自分の両足の間へ叩きつける。
リーサルインジェクション (2)
ジェイ・リーサルがTNAで使用していた独特なネックブリーカードロップ。まずアトミックドロップの要領で相手の体を高々と抱え上げ、宙に浮き上がった相手の体から腕を離して自分の体を左方向に180゜捻る。そのあと仰向けの状態で落下する相手の頭部を両手でキャッチしながらマットに倒れ込み、相手の後頭部をマットへ強かに打ちつけさせる。
リーサルインジェクション (3)
ジェイ・リーサルが使っているハンドスプリングからの飛びつき式ダイヤモンドカッター。まず相手の正面にあるロープに向かって走り出し、ロープ際で倒立して自分の両腿の裏をロープに接触させ反動をつける。そのあと下半身を前へと倒して両足をマットに着地させ、続けざまに上半身を起こして相手に背中を向けた状態で立ち上がる。最後に後ろに飛び退くように体をジャンプさせて背後にいる相手の頭を両手で抱え込み、ダイヤモンドカッターの形で相手をマットに叩きつける。
リーサルコンビネーション
ジェイ・リーサルが愛用しているフィニッシングホールド。相手の体をロックボトムのクラッチで抱えたあとマットに左膝をつき、後ろに仰け反らせた相手の背中を立てた右腿の上に叩きつける。そして体を起こしたあと間髪入れずに背中から倒れ込み、その勢いで前のめりに倒した相手の体をコンプリートショットの形でマットに叩きつける。
リーサルレッグドロップ
WCWで活躍したクリス・キャニヨンが愛用していたシシリアンスライスと同型の技。
リーサルロック
ジェイ・リーサルが使っているブルズアンヘリートと同型の技。
リージョンボム
パイナポー
リーダーストーム
AAAのジョー・リーダーが愛用するフィニッシングムーブ。リバースパワーボムの要領で抱え上げた相手の体が前屈みになったところで尻餅をつき、前屈状態で落下させた相手の頭部を自分の両足の間へ打ちつける。CMLLで活動中のレイ・ブカネロはブカネロストームという名前でこの技を愛用しており、カサドーラで飛びついてきた相手にカウンターで決めることも多い。
リープ・ア・フェース
全日本プロレスに登場したマイク・フェースが披露したマッドスプラッシュと同型の技。
リープ・オブ・フェイス
CZWのラッカスが愛用しているドロップ・ザ・ボムと同型の技。
リープフロッグ
走ってきた相手の頭の上を開脚ジャンプで飛び越え、相手の攻撃をかわすフェイント技。試合の序盤にこの技で攻撃の読み合いをすることが多い。
リープ・フロム・スワンポンド
WWE NXTのリッチ・スワンが使う得意技の1つ。ロブ・ヴァン・ダムが使うローリングサンダーの要領で前転したあと高く飛び上がり、フロッグスプラッシュを仕掛けるように体を伸び縮みさせながら落下して相手をボディープレスする。
リーマン銀河
DDTプロレスリングなどで活動中の赤井沙希が使うサンティートと同型の技。名前はテレビ番組"ナカイの窓"の企画で決定されたもの。
リオスドライバー
CMLLのミステル・アギラが愛用しているDDTのバリエーションの1つ。ロッキーフェイスボトムの要領で相手の肩の上に飛び乗ったあと相手の頭を右脇に抱え込み、抱えた相手の頭をDDTの形でマットに叩きつける。
リキシドライバー
WWEで活躍したリキシが愛用していたフィニッシングホールド。相手をオクラホマスタンピードの要領で右肩に担ぎ上げたあと両手を横に広げてポーズをとり、相手の首の後ろに左手を、背中に右手をそれぞれ回す。そのあと相手を抱えたままマットに尻餅をつき、上下逆さまの状態で落下させた相手の頭部を自分の両腿の間へ打ちつける。
リキボノスプラッシュ63
プロレスリング・ノアで曙&力皇猛の大相撲コンビが披露した合体殺法。まず曙がリングの方を向いた状態でコーナーのサードロープに登り、力皇はエプロンからコーナー最上段へと歩を進める。続いて拍手を打った曙が両手を横に大きく広げ、力皇もそれに合わせて両手を広げる。最後にコーナーから前のめりに倒れ込む曙に力皇がおんぶをするように飛びつき、仰向けになった相手を2人の全体重を乗せたボディープレスで圧殺する。
力也ドライバー
スナイパーフドゥ
リキラリアット
RIKIPROの長州力が使っている、ラリアットの中でも最高峰の破壊力を誇る一発。掲げた右腕をぐるぐると回してアピールし、ロープの反動をつけてから叩き込むのが特徴。
陸牙
ランニング空牙
リコシェ
TNAのマット・ハーディーが使っているフェイバリットムーブ。まずアトミックドロップの要領で相手を左肩に担ぎ上げ、自分の体だけを左方向に180゜捻る。そのあと相手の腹部の上に右腕を引っ掛けて尻餅をつく形で倒れ込み、落下させた相手の背中を自分の右サイドへと叩きつける。
リコメンデーション
FCWで活動していたバイロン・サクストンの必殺技。フルネルソンに捕らえた相手の体を前後に揺さぶって反動をつけ、背中を大きく仰け反らせながら両腕のクラッチを切って相手の右脇から右腕を引き抜く。そのあと自分の体だけを右方向に180゜捻って相手の左脇に左腕を絡めたまま尻餅をつき、その勢いで後ろに転倒させた相手の後頭部や背中をマットへ叩きつける。
リコラプレックス
WWEのセザーロがクラウディオ・カスタニョーリ時代に使っていたクロスアームスープレックスホールドの名称。
リコラボム
セザーロがクラウディオ・カスタニョーリ時代に好んで使用していたピラミッドドライバーと同型の技。
リストクラッチ式エクスプロイダー
全日本プロレスの秋山準が使っている改良型エクスプロイダー。まず向かい合った相手の右脇に頭を潜り込ませ、右手で掴んだ相手の左腕を相手の股の前へと持っていく。続いて腿の裏の方から相手の股の間に差し込んだ左手で相手の左腕を掴み、自由になった右手を相手の左肩の上に引っ掛ける。最後に相手の体を垂直になるまで抱え上げて背中から倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の体をマットへ叩きつける。別名はエクスプロイダー’98
リストクラッチ式デスバレーボム
大日本プロレスの関本大介が使っているリストクラッチ式バーニングハンマーとほぼ同型の技。
リストクラッチ式バーニングハンマー
小橋建太が田上明とのGHCヘビー級タイトルマッチで披露した改良型バーニングハンマー。まず相手の股の間に腿の裏の方から左腕を差し込んで正面にある相手の左腕を掴み、前屈みになった相手の首の後ろに右腕を回して相手の懐に頭を潜り込ませる。そしてそのまま体を起こすことで相手の体をアルゼンチンバックブリーカーのような形で肩に担ぎ上げ、右半身から倒れ込んで相手の頭部をマットへ強かに打ちつける。別名は眠眠打破
リストリクション
プロレスリング・ノアで活動中の齋藤彰俊が使うバックドロップ風のダルマ式ジャーマン。相手の左サイドへと体を移動させて相手の左腕の外側に左腕を、右腕の外側に右腕を回し、相手の胴体と両腕を抱きかかえるように自分の両手をクラッチする。そのあと相手を抱えたまま自分の体をブリッジさせ、後方へと反り投げた相手を肩口からマットに叩きつける。
リターンラリアット
新日本プロレスで活躍したスコット・ノートンが愛用している打撃技。向かい合った相手の右腕を左手で掴んで腕を引っ張り、引き寄せた相手の首に右腕でラリアットを叩き込む。
リタケーン・ラナ
WWEのリタが使っていたコーナー最上段からの飛びつき式ハリケーン・ラナ
リチャードソンスペシャル
AAAのサングレ・チカナが使っている相手の顎目掛けて放つ右フックの呼び名。
リッキードライバー
プロレスリング・ノアなどで活動中のリッキー・マルビンが使うみちのくドライバー2の呼び名。
リッキー・ラナ
リッキー・マルビンがCMLL JAPANなどで使用していたスワンダイブ式のミステリオ・ラナ。まずエプロンに移動してトップロープを両手で掴み、体をジャンプさせてトップロープの上に両足で飛び乗る。そのあとロープを蹴って自分に背中を向けている相手の肩に肩車の形で飛びつき、そこからミステリオ・ラナへと移行して相手をフォールする。
リッジハンド
WCWやWWEで活躍したショーン・オヘアが使っていたショートレンジ式クローズラインの名称。
リッチキック
スタンディング450゜
リトルジミー・フィナーレ
WWEのR・トゥルース&ザ・ミズが使っていた、2人が持つ必殺技を組み合わせたムーブ。ミズがスカルクラッシング・フィナーレの要領で相手の体に手足を絡め、相手の正面に回り込んだトゥルースが体をジャンプさせながら相手の右肩の上に左手を、顎の下に右腕をそれぞれ回す。そのあとトゥルースが落下するのに合わせてミズが相手もろとも前のめりの倒れ込み、相手の顔面をマットへ強かに叩きつける。
リバーシティランサム
PWGなどで活躍しているプレイヤー・ウノのオリジナルムーブ。向かい合った相手の左腕を両手で掴んで腕を捻り上げ、相手に背中を向けながら掴んでいた左腕を自分の右肩の上に乗せる。そのあと相手の左腕と頭を抱え込むように両手をクラッチしてマットに尻餅をつき、着地の衝撃で相手の左胸に自分の右肩をめり込ませる。
リバースアームサルト
カール・ゴッチが前田日明に伝授した12種類のスープレックスの1つ。形はダブルアームスープレックスと同型。
リバースインディアンデスロック
アントニオ猪木などが得意とする古典的な足殺し技。まずうつ伏せになった相手の右サイドに移動して相手の両腿の間に右足を置き、相手の右足を右手で、左足を左手で掴む。続いて折り曲げた相手の右足を相手の左膝の裏に重ねて両足を4の字の形にし、相手の右足を挟み込むように相手の左足を折り畳む。最後に相手の左足のつま先を自分の右膝の裏に引っ掛けて両足をロックし、背中からマットへ倒れ込んだ衝撃で相手の両足を痛めつける。
リバースインプラント
DRAGON GATEの谷嵜なおきが使っている、相手を正面に抱えた状態で決める裏バージョンのインプラント。ボディースラムの要領で持ち上げた相手の右半身を右手で抱え直し、上下逆さまになった相手の両足の間に下から左腕を差し込む。そのあと差し込んだ左腕を相手の左腿の裏へと回して相手の左足を抱え込み、同様の手順で相手の右腿の裏に右腕を回して足を抱え込む。最後に相手の両足を抱えたまま体を軽くジャンプさせ、正座をするように両膝を折りながら着地して相手の頭部をマットに打ちつける。
リバース牛殺し
新日本プロレスの後藤洋央紀が使っている得意技の1つ。相手の体をカナディアンバックブリーカーの要領で右肩に担ぎ上げ、抱えていた相手の上半身を下方向に引っ張ることで相手の体に180゜の後方回転を加える。そのあと相手の体を自分の正面へと落下させつつ自分はマットに左膝をつき、うつ伏せの状態で落ちてきた相手の顔面を立てた右腿の上へと叩きつける。
リバース雲龍
プロレスリングFREEDOMSの佐々木貴が使う不知火と同型の技。
リバースえびぞりジャンプ
DDTプロレスリングで結成されたアイドルユニット、"ほもいろクローバーZ"のメンバーである男色ディーノが見せたムーンサルトプレスの呼び名。
リバース・オブ・フェイト
TNAのジェフ・ハーディーが使うオールドスクールエクスプロージョンと同型の技。
リバースカーフブランディング
全日本プロレスの秋山準が編み出したオリジナルムーブ。コーナー最上段に登ってリング上にいる相手の頭を両手で掴み、相手の顔に自分の右膝を押し当てる。そしてコーナー蹴ったあと体重をあずけて相手の体を後ろに押し倒し、相手の後頭部をマットへ強かに叩きつける。
リバース雁之助クラッチ
ZERO1の藤田峰雄が使っているミスター雁之助直伝の妙技。まず向かい合った相手の右脇の下を潜り抜けて相手の背後に回り込み、相手の首の後ろに右腕を回しながら相手の左腕を左脇に抱え込む。続いて相手の左足の内側に正面から右足を引っ掛けて相手もろとも前方に転がり、尻餅をついた相手の右脇に背中の方から右腕を差し込む。最後に自分の体を左方向に転がす勢いで相手の体を仰向けにひっくり返し、両肩をマットにつけた相手の体を自分は腹這いになりながら押さえ込んでフォールを奪う。
リバースカンパーナ
ロッキングホースとも呼ばれているメキシコ発祥のジャベ。まず仰向けになった相手の右足を左脇に、左足を右脇に抱えて逆エビ固めの要領で相手の体をコントロールし、うつ伏せにひっくり返った相手の背中を両足で跨いだ状態になる。そして相手の右手首を左手で、左手首を右手で掴んだあと腕を引っ張ることで相手の体を軽く宙に浮き上がらせ、自分の体を前後に揺すって宙吊りになった相手の体を痛めつける。
リバースクローバーホールド
KAIENTAI-DOJOの2代目マリーンズマスクが使っていた丸め込み技。まず仰向けになった相手の足の側に立って相手の右足を左手で、左足を右手で掴み、腿の裏の方から相手の股の間に差し込んだ左足を相手の左脇腹の横に着地させる。続いて相手の右足を相手の左膝の裏へとあてがう形で相手の両足を交差させ、相手の右足のつま先を自分の左膝の裏にフックさせて相手の両足の動きを封じる。最後に自分の体だけを右方向へ180゜捻って右足を相手の右脇腹の横に着地させ、両足を極めたまま自分の体をブリッジさせて相手から3カウントを奪い去る。
リバースゴーフラッシャー
潮崎豪が愛用するフェイスバスター式のゴーフラッシャー。まず相手の体をファルコンアローの要領で垂直に抱え上げ、自分の背中の方へと相手の両足を落下させつつ相手の体から腕を離す。そのあとうつぶせの状態で落下する相手の後頭部目掛けて右腕で打ち下ろしのラリアットを打ち込み、そのまま自分は尻餅をつく形で倒れ込んで相手の顔面をマットへ叩きつける。
リバースゴリースペシャル
ゴリー・ゲレロが開発した、その名の通り相手の体が上下逆さまになるゴリースペシャル。まず体を前屈みにした相手の正面に立ち、相手に背中を向けながら相手の右脇に自分の右腕を、左脇に左腕をそれぞれ背中の方から引っ掛ける。続いて自分の体に左方向への捻りを加えて相手の背中に体を潜り込ませ、相手の両足の間に腿の裏の方から頭を差し込んで上半身を起こす。最後に逆さ吊りの状態で背中に担ぎ上げた相手の右足首を右手で、左足首を左手で掴み、自分の体を揺さぶった衝撃で相手の背中や両肩を痛めつける。
リバースゴリースペシャルボム
山田敏代が全日本女子プロレス時代に開発したフィニッシャー。リバースゴリースペシャルの要領で相手の体を捕獲し、相手の背中に潜りこんだところで一旦両手のクラッチを外す。そしてそのまま体を起こすことで相手を肩車の形で担ぎ上げ、相手の右足を右手で、左足を左手で抱え直す。最後に体をブリッジさせて相手の体を後方へと落下させ、相手の背中をマットに叩きつけたあとブリッジを崩さずにフォールを奪う。
リバーススープレックス
試合の中で頻繁に見られる切り返し技。パワーボムなどを仕掛けられたとき持ち上げられないように両足を踏ん張り、上半身を起こして相手の体を逆に持ち上げる。そのあと体をブリッジさせながら後ろに倒れ込み、相手を背中からマットに叩きつけもブリッジを崩さず3カウントを奪う。
リバーススプラッシュ
巨漢レスラーなどが自慢の巨体を利して使用しているプレス技。相手を仰向けに倒したあとリングに背を向けた状態でコーナーのトップロープを掴み、コーナーのセカンドロープによじ登って反動をつける。そのあと両足を後ろへと振るようにジャンプして体をマットと平行にし、ロープから腕を離して相手の体をボディープレスする。軽量級レスラーはロープを跳び跳ねるように登りながらリズミカルに放つことが多い。
リバーススープレックス
テーズ式パイルドライバー
リバースセントーン
プロレスリング・ノアなどで活躍した川畑輝鎮が使っているリバーススプラッシュ式のセントーン。リバーススプラッシュの要領でジャンプしたあと自分の両足を前方へと振り、ロープから腕を離して仰向けになった相手の体の上にセントーンの形で落下する。
リバースタイガードライバー
大日本プロレスの山川竜司が愛用していたフィニッシャー。まず相手の上半身をリバースフルネルソンに捕らえ、相手の体を垂直になるまで持ち上げる。そのあと体を前傾させながら開脚ジャンプし、うつ伏せの状態で落下させた相手の体を自分の両足の間へと叩きつける。
リバースダブルアームバー
新日本プロレスの四代目タイガーマスクが使っている変形の羽根折り脇固め。まず走ってきた相手の右腕を脇固めに捕らえ、そのまま相手をうつぶせに押し倒して自分の右足を前に投げ出す。そのあと捕らえた相手の右腕を自分の右腿の上に、自分の右足を相手の首の後ろにそれぞれ引っ掛けて相手の右腕と首を固定し、両手で掴んだ相手の左腕を関節と逆方向に反り上げ相手をギブアップに追い込む。
リバースダブルリストアームサルト
NEO女子プロレスの田村欣子が愛用していた、別名TRSとも呼ばれるスープレックス。まず相手の背後に体を回り込ませ、左手で掴んで持ち上げた相手の左腕を自分の首の後ろに引っ掛ける。そのあと相手の右手首を右手、左手首を左手で掴んで体をブリッジさせ、後方に反り投げた相手を肩口からマットに叩きつける。
リバースタワーブリッジ
"キン肉マニア2009"に登場したロビンマスクのフィニッシングホールド。アルゼンチンバックブリーカーを決めたあと自分の体を前屈みにし、肩に担いでいた相手をうつ伏せの状態でマットに着地させる。そのあと自分の頭をマットにつけながら両足を宙に浮かせて倒立をし、相手の首と足を抱えた両腕に力を込めることで相手の背骨を痛めつける。
リバース男色ドライバー
DDTプロレスリングの男色ディーノが使っているツームストン式男色ドライバー。ツームストンパイルドライバーの要領で持ち上げた相手の頭を自分のタイツの中に押し込み、相手の顔面を自分の股間に密着させる。そのあと両膝をつくようにマットに倒れ込み、落下させた相手の頭部をマットへ打ちつける。
リバースチキンウイング
ウイングブリーカーホールド
リバースチキンウイングフェイスロック
KAIENTAI-DOJOの2代目マリーンズマスクが使っていたサブミッション。膝をついた相手の正面に回り込んで胸の方から相手の左脇に右腕を差し込み、相手の右頬のあたりに左腕を巻きつける。そのあと相手の頭と左肩を抱えるように両手をクラッチし、自分の体を左方向に捻ることで相手の顔面・首・左肩などを複合的に痛めつける。
リバースツームストンパイルドライバー
相手をパイルドライバーの要領で垂直に持ち上げたあと両膝をつくように倒れ込み、相手の頭部をマットへ強かに打ちつけるムーブ。
リバーストルベジーノ
腕吉野。
リバースナガタロック3
新日本プロレスの永田裕志が使っている丸め込み技。ナガタロック3を極めたあと相手もろとも体を横方向へと転がし、両肩をマットにつけた相手の体を押さえ込んでフォールを奪う。
リバー・スナッパー
JCWなどで活動中のヴィトー・トマセーリが使っているフィニッシングホールド。カナディアンバックブリーカーの要領で相手を右肩に担ぎ上げたあと右半身からマットに倒れ込み、落下させた相手の後頭部や背中を自分の右サイドへと叩きつける。
リバースネックブリーカー
新日本プロレスのオカダ・カズチカが使っているひろみバスターと同型の技で、旧名は変形リバースゴリースペシャルボム。凱旋帰国当初は相手を肩に担いだあとに尻餅をつき、相手の後頭部を自分の右腿の上に叩きつける形で技を仕掛けていた。
リバースネルソンデスロック
プロレスリング・ノアの三沢光晴が全日本プロレス時代に使っていた複合関節技。まず相手の下半身をインディアンデスロックの要領で固め、引き起こした相手の上半身をリバースフルネルソンで捕獲する。そのあと相手の体を抱えたまま両足で立ち上がり、宙に浮き上がらせた相手の肩や足を複合的に痛めつける。
リバースノーザンライトボム
変形ゴーフラッシャー
リバースバイパーホールド
渕正信や石川雄規などが愛用する古典的サブミッション。まずうつ伏せになった相手の左サイドに移動して左足首の下に右腕を滑り込ませ、相手の左脇腹の横辺りに左膝を着地させる。続いて相手の右足の外側に自分の右足を引っ掛け、右手で掴んだ相手の左足を相手の背中の方へと持って行く。最後に相手の喉元に左腕を引っ掛けて首を抱え込み、相手の背中を弓なりに反り上げると同時に股を裂く。日本名は逆蛇固め
リバースパイルドライバー
スティーブ・オースチンが使用し、蝶野正洋の首を破壊するに至ったことでも知られる危険度の高いパイルドライバー。相手をツームストンパイルドライバーの要領で持ち上げたあと尻餅をつき、落下させた相手の頭部を自分の両腿の間へと打ちつける。ちなみに当のオースチンもオーエン・ハートが仕掛けたリバースパイルドライバーを受け首を破壊されている。
リバースパワースラム
中邑真輔が米国遠征後に使い始めたオリジナルホールド。まず相手の背後に回り込んで相手の左肩の上に左手を回し、右手で掴んで持ち上げた相手の右腕を自分の首の後ろへと引っ掛ける。続いて腿の裏の方から相手の両足の間に差し込んだ右手で相手の股を抱え、自分の体をブリッジさせる勢いで相手の体を宙に持ち上げる。最後に相手の体を270゜後方回転させるように放り投げながら自分は背中から倒れ込み、うつ伏せの状態で落下した相手の顔や胸をマットへと痛打させる。
リバースパワーボム
新日本プロレスなどで活躍したベイダーが愛用しているパワームーブ。まず相手の背後に回り込んで右腿を右手で、左腿を左手でそれぞれ掴み、足を掬うことで相手の体を前のめりに倒す。そのあと相手の両足をしっかりと両脇に抱え込み、背中を反らせることで相手の体を宙に持ち上げる。最後に体を前傾させながら開脚ジャンプし、うつ伏せの状態で落下させた相手の体を自分の両足の間へ叩きつける。うつぶせに倒れている相手の体を抱え上げて叩きつけたり、カサドーラで飛びついてきた相手にカウンターで見舞ったりするタイプを愛用する選手も多い。
リバースパロスペシャル
ジャッキー・パロが開発したオリジナルサブミッション。まず相手の背中に負ぶさるように飛びつき、相手の右腿に右足のつま先を、左腿に左足のつま先をそれぞれ内腿の方から引っ掛ける。更に相手の右腕を右手で、左腕を左手で掴み、掴んだ両腕を関節と逆方向に反り上げて相手の体を痛めつける。漫画"キン肉マン"ではパロスペシャルと呼ばれていた技である。
リバースファイナルカット
WRESTLE-1のカズ・ハヤシが愛用しているフィニッシングムーブの1つ。前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、自分の体だけを左方向へ180゜捻る。そのあと相手の後頭部目掛けて右腕を打ち下ろしながら尻餅をつき、その衝撃で前のめりに倒れ込んだ相手の顔面をマットに叩きつける。
リバースファイヤーサンダー
Fスター雁之助が使っているブルズポセイドンと同型の技。
リバースフィギュアフォーレッグロック
Mr.アンダーソンが使っている変形の裏4の字固め。まず仰向けになった相手の右サイドに移動して相手の両腿の間に左足を置き、相手の右足を右手で、左足を左手で掴んで持ち上げる。続いて折り曲げた相手の右足を相手の左膝の上に乗せて両足を4の字に固め、背中からマットに倒れ込む勢いで相手の体をうつ伏せにひっくり返す。最後に自分の左足を宙に浮かせたまま相手の左足首を両手で掴み、掴んだ左足を揺さぶることで相手の左膝を痛めつける。
リバースフットスリーパー
フットスリーパー
リバースブラディサンデー
WWE NXTのフィン・ベイラーがプリンス・デヴィット時代に開発した必殺技の1つ。垂直落下式リバースDDTの要領で抱え上げた相手の右腿の裏に右手を回して背中からマットに倒れ込み、落下させた相手の後頭部をマットへ強かに打ちつける。
リバースフランケンシュタイナー
ロウ・キーやHARASHIMAなどが得意とする危険度の高い空中殺法。まず相手の肩に肩車をするように飛びついて首を両足で挟み込み、自分の背中を後ろに大きく反らせる。そのあと足で挟み込んだ首をコントロールして相手の体を後ろにひっくり返し、宙に舞わせた相手を後頭部からマットに叩きつける。
リバースフルネルソン
その名の通り相手の両腕を正面からフルネルソンに極めていくサブミッション。まず前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、胸の方から相手の右脇に左腕を、相手の左脇に右腕をそれぞれ差し込む。そのあと差し込んだ両手を相手の背中でクラッチし、体重をかけて相手の肩や首を痛めつける。タイガードライバーなどこの体勢から仕掛けるボム系の技が数多く存在するが、これらの技に入る際には前屈みになった相手の頭を自分の股の間に挟み込んでから両腕を極めにいく。
リバースブレーンバスター
スープレックス系では使い手があまりいないタイプの投げ技。相手の右脇に背中の方から頭を潜り込ませ、相手の喉元にリバースDDTの要領で自分の左腕を巻きつける。そのあと相手のタイツを右手で掴んで体を素早くブリッジさせ、後方へ反り投げた相手の体をうつ伏せの状態でマットへ叩きつける。
リバース槍落とし
飯伏幸太が2012年のDDTプロレスリング武道館大会前に公開したムーブの1つ。まず相手をカナディアンバックブリーカーの要領で右肩に担ぎ上げ、相手の首を両手で鷲掴みにする。そのあと相手の体を前方に滑り落としながら自分は両膝をつくように倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手を後頭部のあたりからマットへ叩きつける。
リバースランサルセ
WRESTLE-1の近藤修司が得意としているパワー殺法の1つ。まず相手の背後に助走をつけて近づき、相手の背中を両手で抱え込んで相手の体を持ち上げる。そのあと相手を抱えたまま疾走して前のめりに倒れ込み、相手をうつ伏せの状態でマットへと叩きつける。
リバース冷蔵庫
SEAdLINNNGの高橋奈七永が愛用する自慢の肉体を生かしたムーブ。相手を仰向けに倒したあとリングに背を向けた状態でコーナー最上段へ登り、自分の体を後ろにジャンプさせて相手の上に背中から落下する。
リバースロケットパンチ
DDTプロレスリングなどで活躍中のDJニラが使っている奇襲攻撃。セカンドロープにうつぶせの状態でもたれかかった自分の背後に相手が近づいてくるのを待ち構え、背中をエビ反りに仰け反らせながら突き出した両腕を相手の腹部に叩きつける。
リバースロメロスペシャル
アンヘリート
リバースDDT
スポルティーバエンターテイメントのエル・サムライが長年愛用しているフィニッシャー。まず相手の背後に自分の体を回り込ませ、右首筋の方から相手の顎の下に左腕を巻きつけて相手の首を左脇に抱え込む。そのあと相手の右腕の上に自分の右腕を回して尻餅をつく形で倒れ込み、その勢いで後ろに引き倒した相手の後頭部をマットへ打ちつける。
リバース・U-クラッシュ
大日本プロレスやプロレスリングFREEDOMSで活動中の竹田誠志が使う垂直落下式リバースDDTの呼び名。
リバースWARスペシャル
DDTプロレスリングの男色ディーノが矢郷良明とのシングルマッチで披露した拷問技。尻餅をついた相手に正面から抱きつき、体をまさぐって相手を精神的に追い込む。
リバース109
プロレスリングWAVEの渋谷シュウが愛用していたクロスアーム式逆落とし。相手の両腕をジャガー式スープレックスの要領で交差させたあと自分の体を左方向に捻り、相手の背中に自分の腰を密着させた状態になる。そのあと体に更に捻りを加えて相手の体を宙に浮かせ、後方回転させるように巻き投げた相手の体をうつ伏せの状態でマットへ叩きつける。
リバース3D
WWEで活躍するババ・レイ・ダッドリー&ディーボン・ダッドリーのタッグチーム、"ダッドリーボーイズ"が使う裏バージョンの3D。まずレイが相手の体をバックドロップで抱え上げ、レイの背後に回り込んだディーボンがレイと背中合わせになりながら相手の首を両手でキャッチする。そのあと2人が同時に背中からマットに倒れ込み、落下させた相手の後頭部や背中をマットへ打ちつける。
リバース450゜
AAAで活動中のジャック・エヴァンスなどが愛用している難度の高い空中殺法。相手を仰向けに倒したあとリングに背中を向けた状態でコーナー最上段へ登り、後ろに飛び退くような感じで体をジャンプさせる。そのあと空中で体を450゜前方回転させながらリングに落下し、相手をボディープレスしてフォールを奪う。通常の450゜スプラッシュと違い、最終的に自分の頭がコーナーの方を向いた状態で相手をプレスする。
リバティープラネット
大阪プロレスの怪獣キングマンドラが使っていたフィニッシャー。リングに背を向ける格好で相手をコーナー最上段に座らせ、自分は相手に背中を向けるように体を捻って相手の右脇を左手で、左脇を右手で掴む。そのあと両腕を上方向へと伸ばすことで相手の体を高々と抱え上げ、相手の体をマットへ向かって豪快に投げ捨てる。別名通天閣とも呼ばれていた。
リビドー
DRAGON GATEの谷嵜なおきが使っているザ・デラックスと同型の技。
リフトアップスピコリドライバー
DDTプロレスリングの高木三四郎が使っているフィニッシングホールドの1つ。ブロックバスターのクラッチで相手の体を抱えたあと自分の上半身を前後に揺すって反動をつけ、相手の体を自分の頭の高さまで一気にリフトアップする。そしてそのまま自分の頭の上を通過させた相手の体をファイヤーマンズキャリーの形で両肩の上に着地させ、左方向に体を傾けながら尻餅をついて相手の後頭部や背中をマットへと叩きつける。
リフトアップスラム
ミリタリープレス
リブバスター
ECWやWCWで活躍したシェーン・ダグラスが愛用していた変形のガットバスター。ミリタリープレスの要領で相手の体を持ち上げたあとマットに左膝をつき、前方に放り投げた相手の腹部を立てた右腿の上に叩きつける。
リベラクローバーリーフ
クリス・ヒーローが愛用する変形のテキサスクローバーリーフ。仰向けになった相手の右足を左手で、左足を右手で掴んで相手の左足を相手の右足の上に交差させる形で乗せ、相手の左足首の上に自分の左足を引っ掛けて相手の両足の動きを封じる。そのあと腿の裏の方から相手の両足の間に左腕を差し込んで相手の左腿を抱えるように自分の両手をクラッチし、うつ伏せにひっくり返した相手の背中に跨る感じで腰を下ろして相手の足腰を痛めつける。
リベリーナ・エスペシアル
DRAGON GATEの吉野正人が愛用するホルヘ・リベラ直伝の変形首固め。まず右手で掴んだ相手の左腕を相手の背中でハンマーロックに固め、左手で掴んで持ち上げた相手の右腕を自分の首の後ろへと回す。続いて自分の体を左方向へと軽く捻って相手と向き合った状態になり、前屈みになった相手の首の後ろに左腕を回して頭を抱え込む。最後に相手の右足の内側に右足をフックさせて背中からマットに倒れ込み、その勢いで前方に転がした相手の両肩をマットにつけてフォールを奪い去る。
リミッターショック
大阪プロレスのゴアが開発したクロスアーム式のウィドウズピーク。向かい合った相手の右腕を右手で、左腕を左手でそれぞれ掴み、自分の体を左方向に180゜捻って相手と背中合わせになる。続いて交差させた相手の両腕を相手の喉元へとフックさせながら体を前屈みにし、背中に背負い上げた相手の右足のつま先を自分の左腿の外側に、左足のつま先を右腿の外側にフックさせる。最後に相手を背負ったままマットに尻餅をつき、着地の衝撃で相手の背骨や首に痛みを走らせる。怪人・ハブ男として活動していた沖縄プロレスでは蛇縛魔洞と呼ばれていた。
リミッターデスドロップ
大阪プロレスのゼロが使っていた変形のゴリーボム。まずリミッターショックの要領で相手を背中に担ぎ上げ、相手の両腕を掴んでいた両手のロックを解き放つ。そのあと体を軽くジャンプさせて相手の体を押しつぶすように後ろへ倒れ込み、うつ伏せの状態で落下した相手の顔面をマットへ強かに叩きつける。
リミットブレイク
潮崎豪が2011年11月に行われたKENTAとのGHCヘビー級タイトルマッチで公開した変形ゴーフラッシャーの完成型。変形ゴーフラッシャーの要領で相手を上下逆さまに抱え上げたあと背中からマットに倒れ込み、落下させた相手の後頭部や背中を豪快にマットへ叩きつける。
リミットレス・エクスプロージョン
新日本プロレスの高橋裕二郎&内藤哲也が結成したタッグチーム、"NO LIMIT"が愛用していたコンビネーション。リバースパワーボムの要領で内藤が相手の体を持ち上げるのを見計らって裕二郎がロープへと跳び、走りこんできた裕二郎が相手の首へ飛びつき式のダイヤモンドカッターを叩き込む。
リミットレス・エボリューション
高橋裕二郎&内藤哲也のタッグチーム、"NO LIMIT"が使っていたコンビネーション。デイアフタートゥモローの要領で相手の体をリフトアップし、相手の右サイドに陣取った裕二郎が体を右方向へ、左サイドに陣取った内藤が体を左方向へ軽く捻る。そのあと掴んでいた相手の両足を下方向へと引っ張りながら2人が背中からマットに倒れ込み、落下させた相手の後頭部や背中を豪快にマットへ叩きつける。
リミットレス・ドリーム
高橋裕二郎&内藤哲也のタッグチーム、"NO LIMIT"が愛用していた合体殺法。ブレーンバスターを仕掛ける内藤の背後に裕二郎が移動し、落下してきた相手の背中を裕二郎の右肩の上に着地させる。そのあと相手の首を抱えた内藤が軽く助走をつけてジャンプし、それと同時に裕二郎が尻餅をついて相手の後頭部や背中をマットへと叩きつける。
龍切
プロレスリングBASARAの関根龍一が愛用しているバズソーキックの呼び名。
龍原砲
近藤修司&大鷲透がDRAGON GATEで愛用していた合体殺法。相手の正面に近藤が、背後に大鷲がそれぞれ移動して助走をつけ、2人が右腕でラリアットを放って相手の首を前後から挟み撃ちにする。そのあと呼吸を合わせた2人が同時にジャンプし、延髄斬りの要領で振り抜いた2人の右足で相手の頭部をサンドイッチにする。天龍源一郎と阿修羅・原のタッグチーム、"龍原砲"が得意としていた2つのコンビネーションを続けざまに相手に叩き込むムーブである。
龍虎固め
LLPW-Xのハーレー斎藤がマスクマンの天界二十八部衆カルラに変身した時のみ使っていた、その名の通りドラゴンスープレックスとタイガースープレックスのクラッチを半々に極めるムーブ。まず相手の背後に自分の体を回り込ませ、相手の左脇に胸の方から左腕を差し込んで相手の左腕を左脇に抱え込む。更に相手の右脇に背中の方から差し込んだ右腕を相手の首の後ろに回し、体重をあずけて相手の両肩を圧迫する。
龍虎捻り
プロレスリングWAVEのGAMIがLLPW時代に開発し、龍虎固めを使っている先輩のハーレー斎藤からもお墨付きを貰ったムーブ。まず相手の上半身を龍虎固めのクラッチに捕らえて体をブリッジさせ、後方に反り投げた相手を肩口からマットに叩きつける。そのあと相手の両腕を極めたまま自分の体を後ろに転がして両足でマットに着地し、尻餅をつく格好になった相手の肩を痛めつけてギブアップを奪う。
龍魂ラリアット
マグナムTOKYOの左腕から放たれる天龍源一郎の魂が籠ったラリアット
琉'S
DRAGON GATEのジミー・神田が使う旋回式FFF。リバースフルネルソンに捕らえた相手の体を垂直になるまで持ち上げ、相手を抱えたまま体を左方向に180゜捻る。そのあと体を前傾させながら両膝をつき、前方に落下させた相手の体をうつ伏せの状態でマットに叩きつける。名前の読み方は"りゅうず"。
龍☆星
DRAGON GATEに登場した超神龍の必殺技。形はシューティングスタープレスと同型。
龍☆星2
DRAGON GATEの問題龍が2代目超神龍時代に使っていたシューティングスタープレスの名称。タッグマッチではコーナーに登った仲間を突き飛ばして自分がコーナーに登り、この技を放ってフォールを横取りする姿がたびたび見られた。
流星落とし
橋本真也が新日本プロレスで使っていたダイビングエルボードロップの呼び名。
流星旋風脚
ZERO1の星川尚浩が二ヶ月間の山篭りで会得したスクリューハイキックの名称。
流星ロック
星川尚浩が使っているサブミッション。相手の上半身をリバースフルネルソンに捕らえたあと自分の体を後転させ、尻餅をつくような体勢になった相手の上半身を羽根折り固めで絞り上げる。
流星ロック2
星川尚浩が愛用する改良型の流星ロック。流星ロックの要領で体を転がしたあと相手の胴体を両足で挟み込み、相手の首や肩を胴締め式のリバースフルネルソンで絞り上げる。
龍と虎(仮)
田中稔が使っているミストクラッシュと同型の技。
リュングベリ
プロフェッショナルレスリング・ワラビーの矢野啓太が使う変形のSTO。まず両手で掴んだ相手の左腕を相手の背中でハンマーロックに固め、右手で掴んで持ち上げた相手の右腕を自分の首の後ろへと引っかける。そのあと自分の体を左方向に軽く捻って相手と向き合った状態になり、相手の体にSTOの要領で体を浴びせかけて相手の後頭部や背中をマットに痛打させる。この技で叩きつけた相手の右腕と首を肩固めに捕らえ、自分の体を前方にブリッジさせてギブアップを奪うラーションへと繋ぐコンビネーションを得意としている。
両足取り式腕ひしぎ逆十字固め
全日本プロレスなどで活躍中の佐藤光留が使っているサブミッション。相手の左腕を腕ひしぎ逆十字固めの要領で捕らえたあともがく相手の両足首の下に左腕を回し、相手の左腕と両足を抱えるように自分の両腕をクラッチさせて相手の左腕を痛めつける。
梁山泊奥技 三位一体
新北京プロレスに登場した"梁山泊48傑"の翔傑、座頭傑、中澤マイ傑が披露したコンビネーション。相手の左右・正面にそれぞれ移動した3人が右腕をコブラの形にして鶴を思わせるポーズをとり、3人が同時に突き出した指で相手の顎のあたりを三方向から小突く。
リョウタハマー
浜亮太が愛用しているジャックハマーの名称。
両羽根折り顔面絞め
WRESTLE-1のKAIが披露した拷問サブミッション。まず尻餅をついた相手の背後に回り込んで相手の左腕を左手で掴み、相手の左腕を自分の左腿に巻きつけるように折り曲げて相手の左前腕部を左膝の間に挟み込む。そのあと相手の右腕に自分の右足を引っ掛けて相手の両腕の動きを封じ、身動きの取れなくなった相手の顔面をフェイスロックに捕らえて相手の顔面や頚部を痛めつける。
リロールジャーマン
NEO女子プロレスの米山香織が愛用するカオスセオリーと同型の技。相手の体をローリングバッククラッチの要領で近くのロープに押し込んで技に移行することが多い。
リワインドウィザード
ブラックマジック
リワインド・フランケンシュタイナー
CZWやイギリスのFWAで活躍した"ワンダーキッド"ジョニー・ストームが使っていたドラゴンズレイと同型の技。
リンガルス
みちのくプロレスで活動中のKen45゜が愛用している丸め込み技。尻餅をついた相手の上半身を龍虎固めのクラッチで固め、体を横方向へと転がして相手の両肩をマットにつけさせる。そのあと自分の背中をブリッジをするように仰け反らせ、そのまま相手を押さえ込んで3カウントを奪う。
リンギーナ (1)
リンゴ・メンドーサが愛用していた変形のグラウンド卍固め。まず左手で掴んだ相手の左腕をハンマーロックに固め、右手で掴んで持ち上げた相手の右腕を自分の首の後ろに引っ掛ける。続いて相手の右足の内側に正面から自分の左足を引っ掛け、相手もろとも体を前方に転がす。最後に尻餅をつく態勢になった相手の首の後ろに右足の脹脛を引っ掛け、相手の左手首を両手で掴んで相手の肩・首・背中などを複合的に痛めつける。
リンギーナ (2)
リンゴ・メンドーサが得意とし、新日本プロレスのミラノコレクションA.T.なども愛用していたジャベ。まず尻餅をついた相手の肩に肩車をするような感じで腰を下ろし、相手の右腿の内側に右足のつま先を、左腿の内側に左足のつま先をそれぞれ引っ掛ける。更に相手の右手首を右手で、左手首を左手で掴んで腹這いになるようにマットに倒れ込み、その勢いで仰向けにひっくり返った相手の両肩をマットにつけさせる。最後に相手の両腕を押さえつつ自分の両足を左右に大きく開かせ、相手の股関節や両肩を痛めつけてタップを奪う。別名エル・レモ、カスティゴ・デ・ロス・ブラソスとも呼ばれる。
リング・オブ・サターン
WWEやWCWで活躍したペリー・サターンが得意としていた羽根折り脇固めと同型の技。
リング・オブ・サターン2
ペリー・サターンが使っていたストラングルホールドγと同型の技。
リンクスサルト
CHIKARAで活動中のリンス・ドラドが愛用するライオンサルトの呼び名。
りんご刈り
琉球ドラゴンプロレスリングのハイビスカスみぃがアップルみゆき時代に使っていたSTOと同型の技。
リンゴ・デ・レイナ
ハイビスカスみぃアップルみゆき時代に使っていた、変形グラウンド卍タイプのリンギーナと同型の技。
りんごの木
ハイビスカスみぃがアップルみゆき時代に使っていたパロスぺシャルと同型の技。掴んでいた両腕を離したあと自分の体に横方向への捻りを加え、その勢いで仰向けにひっくり返った相手の背中をマットに叩きつけるとねぶたドロップになる。
輪廻
みちのくプロレスの新崎人生が使っているオーバーヘッドキックの名称。
輪廻転生
DDTプロレスリングで活躍中のヨシヒコが使っている必殺技。相手の体の周りをデジャヴの要領で何回転かし、相手の肩の上に肩車の形で飛びついて一旦動きを止める。そのあと相手の首を両足で挟みこんだまま体を素早く360゜前方回転させ、その勢いで宙を舞った相手を後頭部からマットに叩きつけてそのままフォールを奪う。人間離れした体だからこそできる神技である。
臨時急停車式エビ固め
ASUKA PROJECTなどで活動中のはやてが愛用する丸め込み技。カサドーラの要領で相手に飛びついたあと自分の体を左方向へと振り、左横を通り抜けて相手の背後に体を回り込ませる。そのあと相手の胴体を挟み込んでいた両足を解き放ちながら相手の両足の間に腿の裏の方から右腕を差し込み、相手の体をスクールボーイの要領で丸め込んでフォールを奪う。
リンリンスパイラルクラッチ
リン・バイロンが使うマックと同型の技。