.
ロイヤルストレッチ
リーガルストレッチ
ロイヤルトーン
王子ミッキーことMIKAMIがアイスリボンで披露したフィニッシャー。形はダイビングセントーンと同型。
ロイヤルバタフライ
CHIKARAなどで活動中のサラ・デル・レイが愛用している風車吊りの名称。この技で締め上げた相手の体をダブルアームスープレックスで反り投げフォールを奪うことも。
ロイヤルブックエンド
ブックエンド
ロイヤルフラッシュ (1)
PWGやCHIKARAで活躍するエディ・キングストンのフィニッシングムーブ。相手をインプラントDDTの要領で抱え上げたあとその場でぐるぐると体を回転させ、回転途中に尻餅をついて相手を顔面からマットに叩きつける。
ロイヤルフラッシュ (2)
ROHなどで活動中のケニー・キングが使っているハワイアンスマッシャーの名称。
ロイヤルボム
クリス・ヒーローとクラウディオ・カスタニョーリのタッグチーム、"キングス・オブ・レスリング"が開発した合体式ピラミッドドライバー。まずヒーローが相手の左腕を左手で、カスタニョーリが右腕を右手で掴み、ヒーローが相手の右サイドに、カスタニョーリが左サイドにそれぞれ移動することで相手の両腕を交差させる。続いて前屈みになった相手の右腿をヒーローが右手で、左腿をカスタニョーリが左手で抱え、相手をパワーボムの要領で高々と抱え上げる。最後に2人が同時に尻餅をつき、前方に落下させた相手の背中をマットへ叩きつけてフォールを奪う。
ロイヤルミューティレーション
ポール・バーチルがWWEで愛用していた急角度の脇固め
ロイヤルロック
MEN'Sテイオーが使う足殺し技。仰向けになった相手の右足を右手で、左足を左手でそれぞれ掴み、折り曲げた相手の右足を相手の左膝の上に重ねて両足を4の字に固める。そのあとマットに腰を下ろして相手の左足を両手で掴み、両足の裏で相手の右足を押さえつける。最後に自分の両足を小刻みに振動させ、相手の左膝を痛めつけてタップを奪う。
篭城固め
闘龍門のしゃちほこマシーン1号&2号が得意としていた連携殺法。うつ伏せになった相手の両足を持ち上げてつま先をコーナーのトップロープに引っ掛け、1号が相手の右腕を、2号が相手の左腕をそれぞれ脇固めに捕らえる。
ろうでなし腕十字固め
格闘探偵団バトラーツの澤宗紀が使っていた足取り式腕ひしぎ逆十字固めの名称。
ロウライダー
ルチャ・アンダーグラウンドで活躍中のチャボ・ゲレロがWWE時代に使っていたSTFと同型の技。
ローキック
立ち技系の格闘技で使われる相手の足を蹴りつける蹴り技の総称。大きく分けると相手の足の内側を蹴るインローと外側を蹴るアウトローに分類される。
ロークラ改
FREEDOMSの正岡大介が使うダイビングダブルニーアタックの名称。
ロージャック
AAAで活躍するジャック・エヴァンスのフェイバッリトホールド。相手の体をツリー・オブ・ウォウの要領で逆さ吊りにしたあと相手が吊られたコーナーの最上段へ歩を進め、体を起こそうとする相手の胸板目掛けてダイビングダブルニードロップを叩き込む。
ローダウン
WWEやTNAで活躍したディーロウ・ブラウンが愛用していたマッドスプラッシュと同型の技。
ロータスロック
サンティート
ロープパラダイス
新日本プロレスのミラノコレクションA.T.が使っていたロープを利したパラダイスロック。相手をサードロープの下に仰向けの状態で寝かせたあと自分はセカンドロープを跨ぎ、相手の右腕を右手で、右足を左手でそれぞれ掴む。続いてサードロープの上に相手の右腕、右足を順々に乗せていき、固めた右手足を左足で踏みつけながら相手の左腕を右手で、左足を左手で掴む。最後に相手の右足の上に相手の左手を、左手の上に左足をそれぞれ重ね、相手の左足のつま先をサードロープに引っ掛けて相手を身動きの取れない状態にする。この技を決めたあと相手に助走つきの低空ドロップキックを叩き込むことが多い。
ローフライフロー
新日本プロレスのタイチが鈴木みのると連携して放つムーブ。タイチの背後に回り込んだ鈴木がタイチのタイツを右手で、左肩を左手で掴み、タイチの体を仰向けになった相手の方へ無造作に放り投げる。そのあと投げ捨てられたタイチがフロッグスプラッシュの要領で体を伸び縮みさせながら落下し、倒れている相手をボディープレスして3カウントを奪う。鈴木のゴッチ式パイルドライバーやアーチャーのダークデイズなど、タッグパートーナーが放った必殺技を受けてグロッキー状態になった相手に仕掛けるため、この技を出したときの勝率は現時点で100%である。
ローブロー
相手の背後で片膝をついたあと腿の裏の方から相手の股の間に片腕を差し込み、その腕をかち上げることで相手の股間に衝撃を与えるという男性なら悶絶必死の反則技。ヒールレスラーや女性マネージャーがレフェリーの目を盗んで使うことが多い。
ローマの祝日
DDTプロレスリングに登場したササキ・アンド・ガッバーナが使っていたサソリ固めの名称。相手の両足の間に自分の左足を差し込んで技を極めるサウスポースタイルなのが特徴である。
ローメン・ペイン
ROHなどで活躍中のARフォックスが使う変形の不知火・改。まずリングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、自分は相手を乗せたコーナーから一旦距離をとって助走をつける。そして相手の側まで戻って来たところで体を大きくジャンプさせ、相手の顎の下に右腕を引っ掛けながら相手の右側にあるトップロープに尻餅をつく形で着地する。最後にロープが跳ね返る反動を利用して相手を抱えたまま体を270゜後方回転させ、宙を舞わせた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
ローメン・レイン
ARフォックスが使っているリバース450゜式のプランチャ。相手を場外に落としたあと場外に背を向けてエプロンに立ち、両手でトップロープを掴んでジャンプする。そしてトップロープに両足で飛び乗ったあとロープから腕を離して後ろに飛びのくように跳躍し、空中で体を360゜前方回転させて場外にいる相手に背中をぶつける格好で体当たりする。CMLLのラ・ソンブラもこれと同様のムーブを愛用している。
ローラークラッチ
ハナヤシキプロレスリングのザ・ローラーコースターが使っているラ・マヒストラルの呼び名。
ローラーコースター
DRAGON GATEの堀口元気が若手時代に多用していた三角跳び式のムーンサルトプレス。相手を仰向けに倒したあと近くのコーナーに向かって走り出し、コーナー左隣のセカンドロープに右足を乗せる。そのあと体を左方向に捻りながらジャンプしてコーナー右隣のトップロープに両足で飛び乗り、ロープを蹴って相手の体にムーンサルトプレスを叩き込む。
ローラーシュタイナー
ザ・ローラーコースターが使っている雪崩式フランケンシュタイナーの名称。
ローリングあづさ2号
プロレスリングWAVEなどで活動中の旧姓・広田さくらが使うウニベルサルと同型の技。
ローリングエルボー
プロレスリング・ノアの三沢光晴が使っていたエルボーバットのバリエーションの1つ。相手と向かい合ったあと右足を軸にして体を左方向に捻り、半身の態勢になったところで軸足を左足に切り替える。続いて体に更に捻りを加えて相手に背中を向けた状態になり、体を軽くジャンプさせてリズムをとる。最後に再び軸足を右足に切り替えて体を左方向に捻り、左足で踏み込みながら打ち出した右腕で相手の頭部に強烈なエルボーバットを叩き込む。
ローリングえんぴ
ZERO1などで活躍した小笠原和彦が使っている必殺技。まず相手の腹部に正拳を叩き込み、ふらついた相手に対して背中を向ける。そして気合を入れたあと体を左方向へ捻るようにジャンプし、相手の首筋目掛けて右上腕部を振り下ろす。
ローリングカサドーラ
アリスリボンの藤本つかさが愛用している丸め込み技。カサドーラで丸め込んだ相手がカバーをキックアウトする勢いを利用して相手もろとも体を横方向へと転がし、相手の両肩をもう一度マットにつけてフォールを奪い去る。相手をフォールするまで2度、3度としつこく体を回転させて3カウントを奪いにいく。
ローリングキャメルクラッチ
プロレスリング・ノアの三沢光晴が得意としていた独特の入り方をするキャメルクラッチ。うつ伏せになった相手の足の側に立ち、相手の両足の上で前転をするように体を転がす。そしてそのまま相手の背中に跨り、相手の体をキャメルクラッチに捕らえる。
ローリングクラッチホールド
前方回転エビ固め
ローリングクレイジー
スペル・クレイジーが使っているロール・ザ・ダイスと同型の技。
ローリングクレイドル
回転揺り椅子固めとも呼ばれる古典的な丸め込み技。相手の左足の内側に正面から左足を引っ掛け、相手の背後に体を回り込ませて相手の股を右手で、右腿を左手で抱え込む。そのあと相手もろとも体を後ろに転がして相手の背中をマットにつけ、自分の頭を中心にして円を描くように相手の体を転がす。そして一定回数相手を転がしたところで回転を止め、マットに両肩をつけた相手の体を押さえ込んでフォールを奪う。
ローリング袈裟斬りチョップ
小橋建太が頻繁に繰り出していた打撃技。自分の体を裏拳の要領で回転させ、相手の右首筋に右腕で逆水平チョップ気味の打撃を叩き込む。橋本真也はつばめ返しという名称で同型の技を愛用していた。
ローリングサンダー (1)
AAAのコナンが使っている前転付きのクローズライン
ローリングサンダー (2)
プロレスリング・ノアのモハメド・ヨネが使うコーナー串刺し式のフライングニールキック
ローリングサンダー (3)
WWEやTNAで活躍したロブ・ヴァン・ダムが愛用するトレードマークムーブ。仰向けに倒した相手の左手にあるロープに飛んで助走をつけ、前転の要領で体を転がしたあと両足でマットを蹴って大きくジャンプする。そして更に空中で体を270゜前方回転させ、相手の上にセントーンの形で落下し相手をプレスする。
ローリング掌底
新日本プロレスの垣原賢人が三沢光晴のローリングエルボーを手本にして開発した打撃技。相手の顔面を連続の掌底で殴打したあとローリングエルボーの要領で体を回転させ、相手の顔面に右手で止めの掌底を叩き込む。
ローリングショルダーフック
ゴッチ式アームホールド
ローリングストーン (1)
OZアカデミーの加藤園子が使うバフ・ブロックバスターの名称。
ローリングストーン (2)
KAIENTAI-DOJOのリッキー・フジが使っているツイスターと同型の技。
ローリングスパイダー
大阪プロレスのアルティメットスパイダーJr.が使っている得意技の1つ。ロブ・ヴァン・ダムが使うローリングサンダーの要領で前転したあと高く飛び上がり、仰向けになった相手の上にうつぶせの状態で落下して相手の体をボディープレスする。
ローリングセントーン
金本浩二が使う華麗な空中殺法。リングに背を向けた状態でコーナーのトップロープを掴み、体をジャンプさせてセカンドロープに跳び乗る。そしてロープを蹴ったあと体を左方向へ180゜捻ってリングへジャンプし、更に空中で体を270゜前方回転させて仰向けになった相手にセントーンを叩き込む。
ローリングソバット
ソバット
ローリングソバット2008
タイガートルネード
ローリングダブルレッグロック
PURE-J女子プロレスのコマンドボリショイが使っている華麗なサブミッション。向かい合った相手の左足の内側に自分の左足を、相手の背中に左腕をそれぞれ引っかけ、背中からマットに倒れ込む勢いで相手の体を前方に転がす。続いて相手の背中がマットについたところで相手の右足を両手で掴み直し、相手の頭を中心にして円を描くようにリングの中を転がる。最後に体の回転を止めたあと自分の左足首の上に自分の右膝の裏を、相手の左足首の上に相手の右膝の裏をフックさせて2人の足をそれぞれ4の字の形にし、掴んでいた右足を自分の方にぐいぐいと引き寄せて相手の両膝を痛めつける。
ローリングネッククラッチ
レスリングスペシャル
ローリングバッククラッチ
回転足折り固めとも呼ばれる古典的な丸め込み技。まず相手の背後に回り込んで腰を両手で抱え込み、相手の体をタックルのような感じで後ろから押す。そのあと相手が体の正面からロープに接触した反動を利用して相手もろとも体を後ろに転がし、エビ固めの形で丸まった相手の両足の上に跨るような格好、もしくはそこから自分の体をブリッジさせた状態で相手からフォールを奪う。この技の名手だった"魔術師"パット・オコーナーにあやかって別名オコーナーズロールアップとも呼ばれる。
ローリングパッケージホールド
カール・ゴッチや藤波辰爾が愛用した古典的な丸め込み技。ガードポジションの状態に追い込まれたときに相手の右足に左足、左足に右足を内側から引っ掛け、脚力を使って相手の体を前方に回転させる。そしてそのまま相手の両肩をマットにつけさせ、相手の上に馬乗りになって瞬時にフォールを奪い去る。別名は回転小包固め
ローリングヒルズ
WWEやSMASHで活動したデイブ・デイブ・フィンレーが使うカミカゼの呼び名。
ローリングフューチャー
AtoZの未来が愛用していたフィニッシャー。裏拳の要領で自分の体を回転させ、相手の胸板に右手で逆水平チョップを叩き込む。
ロー林グプレス
リン・バイロンが使うスカイツイスタープレスの呼び名。
ローリングラック
ECWなどで活躍したサンドマンが愛用していたハードコア殺法。仰向けになった相手の上にラダーを乗せ、コーナー最上段からのセントーン・アトミコで相手をラダーごとプレスする。
ロールアップ
海外で使われる丸め込み系の技を指す総称。
ロール・ザ・ダイス
WCWで活躍したリノのフェイバリットホールド。相手の首をリバースDDTの要領で左脇に抱え込んだあと自分の体を左方向に180゜錐揉み回転させ、その勢いでうつ伏せにひっくり返った相手の体をダイヤモンドカッターの形でマットに叩きつける。
ロールスルージャーマン
カオスセオリー
ロールバックドライバー
CHIKARAなどで活躍中のリテールドラゴンが使うアサイDDT式ラングブロアー。まずアサイDDTの要領で自分の体をジャンプさせ、膝を突き出すように折り畳んだ両足を相手の背中へとあてがう。そのあと体重をあずけて相手の体を後ろに引き倒し、マットに背中から着地した衝撃で相手の背中に両足をめり込ませる。
ロールパン
志賀賢太郎&川畑輝鎮がプロレスリング・ノアで使っていたファンタスティックフリップの名称。
ロール巻き固め
プロレスリング・ノアの原田大輔が大阪プロレス時代に使っていた丸め込み技。まず向かい合った相手の右手首を左手で掴み、自分の左足を相手の両足の後ろへ移動させる。そのあと左足で相手の両足を払って相手を後ろに転倒させ、エビ固めの形で丸まった相手の体を上から押さえつけて3カウントを奪取する。
ローンスターステイツ・オブ・マインド
カーテンコール
ローンダーツ
PWGやCHIKARAで活躍中のジョニー・ガルガーノが使うやり投げと同型の技。別名はユーアー・デッド
ローンリングクラッチホールド
全日本プロレスに登場したスペース・ローン・ウルフが使っていた前方回転エビ固めの名称。
ロカ
OZアカデミーで活動中の西尾美香が愛用するプレイ・オブ・ザ・デイと同型の技。
六道輪廻
DDTプロレスリングのヨシヒコが見せたフラックスキャパシターの呼び名。
六八九
四壱九
ロケットキック
新日本プロレスの永田裕志が使うスーパーケンカキックと同型の技。
ロケットパンチ
DDTプロレスリングで活躍中のDJニラが使っている打撃技。助走をつけて近づいてきた相手目掛けてジャンプし、伸ばした両腕の拳を相手の腹部に叩きつける。
ロケット砲
新日本プロレスの長尾浩志が使っていた打点の高いドロップキック
ロケットランチャー (1)
WWFで活躍したミッドナイトエクスプレスやニューファウンデーションが得意としていたコンビネーション。コーナー最上段に登った選手をコーナー下にいるパートナーがデッドリードライブの要領でリングに放り投げ、投げ飛ばされた選手が仰向けになった相手をダイビングボディプレスの形でプレスする。WWEのジェシー&フェスタスは立っている相手にダイビングショルダーアタックを叩き込むタイプを愛用していた。
ロケットランチャー (2)
DDTプロレスリングで結成された"モンスターアーミー"のメンバー、火野軍曹こと火野裕士が使うフロッグスプラッシュの呼び名。別名軍曹発射とも呼ばれ、同じユニットに所属するアントーニオ本多がロケットランチャーを発射するジェスチャーをしたあとに技を仕掛けていく。
ロケットランチャー (3)
東京女子プロレスの坂崎ユカが使うロケットパンチと同型の技。
ロコカッター
全日本プロレスなどで活動中の南野タケシが得意とするXブレイカーと同型の技。
ロコモーションジャーマンスープレックス
カート・アングルやクリス・ベノワが代表的な使い手として知られる連続式のジャーマンスープレックス。相手をジャーマンスープレックスで放り投げたあとクラッチを離さずに再び起き上がり、相手を再度ジャーマンスープレックスで投げ飛ばす。
ロザリオ
DRAGON GATEのドラゴン・キッドが得意としているティヘラの1つ。まず前屈みになった相手の左肩に右手を、後頭部に左手をついて体をジャンプさせ、頭を相手の右手の方に向けた横倒しの状態で相手の両肩の上に飛び乗る。そのあと胸の方から相手の右脇に差し込んだ右腕を支点にして自分の下半身を右方向へ振り、背中の方から相手の右横を通り抜けた両足で相手の首を挟み込む。最後に相手の右腕を抱えた腕のクラッチを切って自分の上半身も相手の正面に回り込ませ、体を旋回させた勢いと足の力を使って相手の体を前方へと巻き曲げる。
ロシア式エビ固め
華名が使っているサンボ流のサブミッション。まず四つんばいになった相手の左サイドに移動して胸の方から相手の左脇に自分の左足を絡みつかせ、相手の背中を右足で跨いで右足を相手の右脇腹の横あたりに着地させる。そのあと背中をマットにつけるように転がった勢いで相手の体を仰向けにひっくり返し、相手の頭と右腕を自分の両足で挟み込んだ格好になる。最後に相手の右腕を左手で、右足を右手で掴んで相手の右手足を抱えるように自分の両手をクラッチし、呼吸を圧迫しながら相手の首や右足を痛めつける。
ロシアンオクトパスドライバー
全日本プロレスなどで活動中の長井満也が愛用する両腕ロック式の垂直落下ブレーンバスター。首極め腕卍固めに捕らえた相手の体を垂直になるまで抱え上げて自分は背中からマットに倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の頭部を強かにマットへ打ちつける。
ロシアンスタープレス
新日本プロレスに参戦していたアレックス・コスロフの必殺技。形はシューティングスタープレスと同型。
ロシアンストライク
アレックス・コスロフが使っていたローリングエルボーの呼び名。
ロシアンフック
肩関節と肘関節を利用し、腕を内側に捻るように繰り出すフック。初代タイガーマスクやイゴール・ボブチャンチンが代表的な使い手として知られている。
ロシアンラック
WWEやIGFで活躍したウラジミール・コズロフが愛用していたブリティッシュフォールと同型の技。
ロシアンルーレット
ロシアのIWFやDDTで活動中のイワン・マルコフが使っているスカーと同型の技。
路上
PURE-J女子プロレスの中森華子が愛用する丸め込み技。まず尻餅をついた相手の背後に回り込み、背中の方から相手の左脇に自分の左足を引っ掛ける。そのあと自分の体を前転させた勢いで相手を後ろにひっくり返し、両肩がマットについた相手の両足を両腕で押さえつけて3カウントを奪う。
ロスト・イン・ザ・ウッズ
WWEのエグザビア・ウッズが使っているソールフードと同型の技。
ロスト・イン・スペース
PWGで活躍したスコット・ロストが使っていたダイビングエルボードロップの名称。
ロゼッタエンジェルキック
レッスル夢ファクトリーに登場した仮面天使ロゼッタの必殺技。コーナー最上段から高い打点で放つミサイルキックである。
ロゼッタストーン
仮面天使ロゼッタが使っていたリバースバイパーホールドとほぼ同型の技。
ロタシオン
DRAGON GATEのU-Tが使っているウェストサイドクラッシュと同型の技。
ロタヴィールス
CMLLのヴィールスが使っているデルフィンクラッチと同型の技。
ロッカードロッパー
WWFで活躍したマーティ・ジャネッティが愛用していたフィニッシャー。前屈みになった相手の左サイドに移動して胸の方から相手の左脇に右腕を差し込み、相手の首の後ろに右足を引っ掛ける。そのあと相手の首に体重をあずけながら尻餅をつくように倒れ込み、その勢いで前のめりに倒した相手の顔面をマットへ痛打させる。
六角締め
重なり合うように倒れた対戦相手を2人をまとめて三角締めに捕らえる妙技。DRAGON GATEのアンソニー・W・森がT2P時代から愛用していたムーブである。
ロッカスペシャル
WWWFで活躍したアントニオ・ロッカが使っていたアルゼンチンバックブリーカーの元祖と言われている技。ロッカが相手にエアプレーンスピンを仕掛けたとき、相手が技から抜け出そうと体を捻ったことで偶然生まれた技らしい。
ロッキーフェイスボトム
豊田真奈美やミスティコなどが愛用しているルチャ系の丸め込み技。まず助走をつけて相手に正面から近づき、相手の右腿に左手を、左腿に右手を回して逆立ちをするように下半身を持ち上げる。そのあと相手の右肩に左足を、左肩に右足を引っ掛けながら足を抱えていた腕を離し、腹筋を使って自分の体を引き起こして相手にパワーボムを仕掛けられるような格好になる。最後にそのまま相手の頭上を飛び越えて体を相手の背中の方に落下させ、相手の体を前方回転エビ固めの形で丸め込んでフォールを奪う。通称は二回転式エビ固めで、海外ではこの技の名手である豊田の名前を取ってマナミロールと呼ばれている。
ロッキーマウンテン
木村響子&ベネッサ・ザ・マウンテンがNEO女子プロレスで披露したバビロンと同型のムーブ。
ロッキングチェアー
ラ・メセドーラ
ロッキングチェアーホールド
NWAや国際プロレスで活躍したダニー・ホッジが使っていた古典的拷問技。相手の左足の内側に正面から左足を引っ掛けて相手の背後に回り込み、相手の右足を両手で掴んで相手もろとも体を後ろに転がす。そのあと背中をマットにつけた相手の左足を両足で挟み込んで足の動きを封じ、更に両手で掴んだ右足を持ち上げることで相手の両足を大きく開き股関節を痛めつける。
ロッキングホース
リバースカンパーナ
ロッキンバウ
新日本プロレスの小島聡が愛用する変形のスイングネックブリーカー。まず左手で掴んだ相手の右腕を相手の喉元に巻きつけ、相手の左脇に背中の方から右腕を差し込む。そのあと体を左方向に捻って背中から倒れ込み、後ろに引き倒した相手の後頭部をマットに打ちつける。
ロッキンポ
大日本プロレスなどで活躍中の竹田誠志が愛用する必殺技の1つ。膝をついた相手に助走をつけて近づき、振り抜いた右足で相手の胸板や背中へ強烈な膝蹴りを叩き込む。名前は入場テーマとして使っているマキシマム・ザ・ホルモンの"ロッキンポ殺し"に由来する。
ロックオンタイム
DEPの柴山貴哉が使っているダイビングエルボードロップの名称。コーナーに登ったあと仰向けになった相手を指差し、"ロックオンターイム!"と絶叫してから技を放つのが特徴である。
ロックスターバスター
全日本プロレスの青柳優馬が使っている麻里子スパイクと同型の技。
ロックダウン
ZERO-ONEに登場したジェイソン・アルカトラズが披露したチョークスラムの名称。
ロックドロップ
松本浩代がフィニッシュに用いているバックドロップの現在の呼び名。他の選手が使うバックドロップとは一線を画しているという自負から付けられた名前であり、バックドロップの和名である"岩石落とし"に由来している。
ロックボトム
WWEのザ・ロックが裏投げを元にして開発したフィニッシングムーブ。まず向かい合った相手の右脇に頭を潜り込ませ、相手の左肩の上に右腕を引っ掛ける。続いて左手を相手の背中の方へと回して胴を抱え込み、抱えた相手の体を高々とリフトアップする。最後に前のめりに倒れ込みながら相手の右足を右足で払い、落下させた相手の背中を強かにマットへ叩きつける。現在では国内外を問わず多くのレスラーが愛用している。
ロッケンロ〜ル
みちのくプロレスのKen45゜が見せたミスミッコリと同型の技。
六甲おろし
大阪プロレスのタイガースマスクが愛用していたフィニッシングムーブ。コーナー最上段に登ったあと自分に背を向ける相手に向かってジャンプし、空中で相手の首をキャッチしてスタナーを叩き込む。
六甲山
"CRAZY-MAX"のCIMA、SUWA、ドン・フジイが闘龍門で使っていたコンビネーション。まずCIMAが肩車の形で相手を肩に担ぎ上げ、CIMAの両脇に移動した残りの2人がCIMAの体をアトミックドロップの要領でリフトアップする。そのあとCIMAを抱えた2人が同時に後ろに倒れ込み、落下させた相手の後頭部や背中を豪快にマットへ叩きつける。
ロットンラッシュ
IWAミッドサウスなどで活躍したイアン・ロットンが愛用していたダブルアームDDTと同型の技。
六方落とし
REINA女子プロレスの成宮真希が編み出した飛びつき式のダイビングギロチンドロップ。まずリングの方を向いたままコーナーのセカンドロープによじ登り、自分の方を向いて立っている相手の頭を左手で掴んで相手に飛び掛るようにジャンプする。そのあと相手の顎の下あたりに右足を引っ掛けながらリングに落下し、その勢いで後ろに転倒した相手の後頭部や背中をマットへ痛打させる。
六本木
宮本和志と本間朋晃のタッグチーム、"ターメリック"がキングスロードで見せた合体殺法。形はダーティーロトンスクリュードライバーと同型。
ロデオボム
ダブプロレスなどで活動中のカブキキッドが愛用しているフェイバリットホールド。相手を仰向けに倒したあとロープに跳んで助走をつけ、体をジャンプさせて相手の腹部にフットスタンプを叩き込む。そのあと相手を踏み台にして再び宙に舞い上がり、相手をセントーンで続けざまにプレスする。
ロベルトピストル
大阪プロレスのロベルト田中が開発したムーブ。尻餅をついた相手の正面に移動して助走をつけ、相手の顔面目掛けて打ち下ろし気味の低空ドロップキックを叩き込む。沖縄プロレスでキャプテン"美ら海パイレーツ"ザックに変身すると美ら海ピストル、大阪プロレスでアルティメット・スパイダーJr.に変身するとスパイダーピストルにそれぞれ呼び名が変化する。
ロベルトボム
ロベルト田中が愛用しているMボムと同型の技。
ロホ
DRAGON GATEのT-Hawkが使っているクロス式キャメルクラッチの呼び名。
ロボトミー
WCWやTNAで活躍していたダフニーの必殺技。コークスクリューネックブリーカーで相手をマットに叩きつけたあと腕のクラッチを離さず、ブリッジをするように背中を仰け反らせて相手をフォールする。
ロマンティッククラッチ
NEO女子プロレスの仲村由佳が愛用していた変形のソラリーナ。右手で掴んだ相手の左腕を相手の背中でハンマーロックのように固め、体をジャンプさせながら前屈みになった相手の首の後ろに右足を、顎の下に左足を持っていって相手の頭部を両足で挟み込む。そのあとバランスを崩して前方に転がった相手の両肩をマットにつけさせ、相手の左足を左腕で抱え込んで3カウントを奪取する。
ロミーナ
DRAGON GATEなどで活躍中のフラミータが愛用しているキン肉大移動と同型の技。
ロメオドライバー
ラストキッス
ロメオリラクサー
WCWで活躍したキッド・ロメオが使っていたフィニッシングホールド。ボディースラムの要領で相手を抱え上げたあと自分の体を左方向に軽く捻り、相手に体を浴びせかけるように倒れ込んで相手の背中を自分の左サイドへと叩きつける。
ロメロ・オン・タイム
スポルティーバエンターテイメントのゼヴィウスが使うチキンウイング式のカベルナリア。ロメロスペシャルで持ち上げた相手を膝からマットに落として掴んでいた両腕を離し、膝立ちになった相手の上半身をチキンウイングフェイスロックに捕らえてタップを奪う。
ロメロスペシャル
吊り天井固めタパティアなどの呼び名を持つ世界的に有名なジャベ。まずうつ伏せになった相手の右膝の裏に右足を、左膝の裏に左足を軽く乗せ、相手の右足のつま先を自分の右膝の裏に、左足のつま先を左膝の裏にそれぞれ内腿の方から引っ掛ける。そして相手の右手首を右手、左手首を左手で掴んだあと体を後ろに転がして自分の背中をマットにつけ、両手・両足を伸ばすことで宙吊りの状態になった相手の体を痛めつける。
ロンギヌスの脚
ガンバレ☆プロレスで活動中の安部行洋が使っているフィニッシングホールド。座り込んだ相手の顔面を強烈なスーパーキックで蹴り飛ばす。
ロングアイランド・レッグスイープ
ECWなどで活躍したジョニー・スウィンガーのフィニッシャー。形はブレイクダウンと同型。
ロングビーチ
プロレスリングWAVEの長浜浩江が使っている変形の鎌固め。うつ伏せになった相手の足の側に移動して相手に背中を向けながら両足を跨ぎ、持ち上げた相手の右足のつま先を自分の左膝の裏に、左足のつま先を右膝の裏にそれぞれフックさせる。そのあと自分の体を後ろにブリッジさせて相手の顎の下に両腕を回し、相手の上半身を強烈に反りあげてギブアップを奪う。逆エビ固めで相手がギブアップしない場合などに機転を利かせて使用される。
ロングキッス・グッドナイト
インパクト・レスリングのミッキー・ジェームスがWWEで愛用していたイリュージョンキックと同型の技。鷲掴みにした髪の毛を後ろに引っ張ることで相手の背中を仰け反らせ、相手の唇にキスをしてから技へと移行することが多かった。
ロンダートカンガルーキック
NEO女子プロレスやアルシオンで活躍したチャパリータASARIが愛用していたムーブ。相手の体をコーナーへとハンマースルーしたあと相手を追いかけるように助走をつけ、リング中央で側転を決めて相手に背を向けた状態でマットに着地する。そしてバク転を1回決めて相手に近づいたあと前に飛び退くような感じで体をジャンプさせ、揃えた両足の裏でコーナーに寄りかかった相手の胸板を蹴り飛ばす。
ロンダートフェニックス
飯伏プロレス研究所の飯伏幸太が使うシズニットと同型の技。
ロンドンコーリング
WWEやROHで活躍したポール・ロンドンのフィニッシングホールド。飛行姿勢が非常に美しいシューティングスタープレスであり、マスクマンのシディスティコとして参戦していたルチャ・リブレUSAではトータリー・シディスティックと呼ばれていた。
ロンドンダンジョン
ROHやTNAで活躍したナイジェル・マッギネスが愛用していたサブミッション。まず仰向けになった左サイドに移動して相手の左腕を右脇に抱え込み、うつ伏せにひっくり返した相手の背中を両足で跨ぐ。そのあと相手の左肩のあたりに左手を添えて腰を落とし、直角に折れ曲がった相手の左腕や背骨を絞り上げてタップを奪う。
ロンドンブリッジ
金丸義信&杉浦貴が欧州遠征時に開発したコンビネーション。まず金丸がリングに背を向けた状態でコーナー最上段に登り、同じコーナーのセカンドロープに登った杉浦が金丸の腰を両手で抱え込む。そのあと杉浦がジャーマンスープレックスで金丸をリングに放り投げ、その勢いを利用した金丸がムーンサルトプレスの要領で体を回転させて仰向けになった相手をプレスする。
ロンペ・デスティーノ
クロスアームブリーカー