.
サージェント・パッパーズ・ロンリー・ハーツ・クラッチ
新日本プロレスのジュース・ロビンソンが使うキャメルクラッチ式の刀狩と同型の技。
サードイクリプス
JJペレスが大阪プロレスで披露した浜ちゃんカッターと同型の技。
サーヴィカルブレイク
WRESTLE-1の児玉裕輔が愛用している反転式のダイビングフォアアームスマッシュ。まずコーナーから伸びる2本のトップロープを両手で掴んで体をジャンプさせ、トップロープの上に両足で素早く飛び乗る。そのあと体を翻してリングの方に飛び降りながら右腕を折り畳み、コーナーの側にいる相手の顔面を振り抜いた右腕の前腕部で殴り飛ばす。
サーフィンクラッチ
DRAGON GATEの谷嵜なおきがサーファーギミック時代に愛用していた丸め込み技。うつ伏せになった相手の右足を右手で、左足を左手で掴み、折り曲げた相手の左足を相手の右膝の裏に重ねて両足を4の字に固める。そのあと相手の左足を挟み込むような感じで相手の右足を折り畳んで内腿の方から相手の右足の脹脛に自分の右足を引っ掛け、更に相手の左足首に自分の右足のつま先をフックさせて相手の両足の動きを封じる。最後に自分の体を右方向に180゜捻った勢いで相手の体を仰向けにひっくり返し、エビ固め風に丸まった相手の頭の方に背中を向けながら相手の臀部の上に腰をかけて3カウントを奪う。
サーフスアップ
SMASHに登場したブラディ・ロバーツの必殺技。形はソールフードと同型。
サーフボードストレッチ
多くの選手が使っている古典的なサブミッション。まず尻餅をついた相手の背後に体を回り込ませ、相手の右手首を右手で、左手首を左手で掴む。そのあと相手の背中に右足の裏、もしくは右膝を押し当て、掴んだ両腕を関節と逆方向に反り上げる。日本名は波乗り固め
サーマルショック
ROHなどで活躍中のカプリス・コールマンが使っているフィニッシングホールド。相手の首をランニングエースクラッシャーの要領でキャッチしたあと自分は腹這いに倒れ、その勢いで前のめりに倒れ込んだ相手の顔面をマットへ打ちつける。
サイキック
倒れた相手の片足を掴んで持ち上げ、腿目掛けてローキックを放つ打撃技。
最強逆十字
DRAGON GATEの望月成晃が使う腕ひしぎ逆十字固めの呼び名。名前に使われている最強とは敬愛している高田延彦のニックネームから取っており、技の形も高田が使っていた逆十字をイメージして仕掛けているとのこと。
最強ハイキック
望月成晃の左足から放たれる一撃必殺のハイキックの呼び名。ここ一番という試合の時にしか繰り出さない真・最強ハイキックは右足から放たれるハイキックである。
最強変形弓矢固め
みちのくプロレスの大柳錦也が使っているグラウンド卍固めと弓矢固めの複合技。相手の体をボー・アンド・アローに捕らえたあと左手で相手の右腕を抱え直し、更に自分の左足を相手の頭部にフックさせて相手の首や腰を痛めつける。
サイクリングヤッホー
ダンシングヤッホー
サイクロラマ
サイダルスペシャル
サイクロン・オブ・ビートル
大阪プロレスの兜王ビートルが使っていたハリケーンドライバーと同型の技。
サイクロンキル
クリス・ヒーローが使っている1回転式のジャンピングフロントハイキック。相手と軽く距離をとったあと自分の体をローリングエルボーの要領で回転させ、軽くジャンプしながら振り上げた右足の裏で相手の顔面を豪快に蹴り飛ばす。
サイクロンクラッチホールド
ワールド女子プロレス・ディアナの井上京子が使っている変形のカサドーラ。カサドーラの要領で体を捻ったあと相手の首を両足で挟み込み、相手の右足を左手で、左足を右手で抱えながら体を前方回転させて相手を丸め込む。
サイクロンホイップ
ジュニア系の選手が軽い体重を補うために利用する投げ技。走ってきた相手の左腕を左手で掴み、相手の左脇に胸の方から自分の右腕を差し込む。そのあとマットに倒れこみながら相手の腕を引っ張り、その勢いを生かして相手の体を前方に巻き投げる。
サイクロンKG
REINA女子プロレスの朱里がハッスルでKGと名乗っていた頃に披露したスクリューハイキックと同型の技。
崔虎
ZERO1の佐藤耕平&崔領二が使っているコンビネーション。佐藤が相手を肩車で担ぎ上げたあと崔がエプロンに移動してトップロープを掴み、ロープに飛び乗った崔が相手の胸板にスワンダイブ式ミサイルキックを叩き込む。初公開時に神風をピンフォールした為、この名前になる以前は神風殺しと呼ばれていた。
最高級めんたいスプラッシュ
九州プロレスのめんたい☆キッドが使っているフェニックススプラッシュと同型の技。
サイコキラー
プロレスリング・ノアのタダスケが使っているエルモシージョと同型の技。
サイコスタナー
AAAのシコシスが愛用しているダイヤモンドダストと同型の技。
サイコスペシャルランチセット
PSYCHOが使っている3つの丸め込み技を連続して繰り出すコンビネーション。使われる技や組み合わせに特に決まりは無いらしく、夜の興行では名前がサイコスペシャルディナーセットに変化する。
サイコデスロック
Gammaが大阪プロレス時代に使っていたデスロック式のキャメルクラッチ。。スピニングレッグロックで相手の左足を極めたあと相手の右足の上に相手の左足を乗せ、相手の右足の外側に自分の左足を引っかけて相手の右足を左手で掴む。続いて自分の体を前転させる勢いで相手の体をうつぶせにひっくり返し、自分の体を起こしながら相手の右足を挟み込むような感じで相手の左足を折り畳む。最後に相手の左足のつま先を自分の右腿にフックさせて両足の動きを封じ、相手の左脇腹の横に左足を着地させたあと相手の顎をチンロックに捕らえて足・背中・首などを複合的に痛めつける。
サイコドライバー
PWGなどで活動中のスーパードラゴンが愛用しているフィニッシングムーブ。アルゼンチンバックブリーカーの要領で肩に担ぎ上げた相手の下半身を下から押し上げ、相手の体をマットに対して垂直にする。そのあと落下する相手の方に体を向けながら尻餅をつき、上下逆さまの状態になった相手の体を自分の両足の間へ叩きつける。
サイコドライバー2
スーパードラゴンが使っているリストクラッチ式のパイルドライバー。まず向かい合った相手の右腕を右手で掴み、掴んだ腕を相手の股のあたりへと持っていく。続いて相手の股の間に腿の裏の方から差し込んだ左手で相手の右手首を掴み直し、自由になった右腕を相手の左脇に背中の方から差し込んで相手の左腕を右脇に抱え込む。最後に相手の体を上下逆さまにするような感じで抱え上げて尻餅をつき、落下させた相手の頭部を自分の両足の間へと打ちつける。
サイコドライバー3
スーパードラゴンが愛用する改良型のサイコドライバー。カットスロートドライバーの要領で肩に担ぎ上げた相手の下半身を下から押し上げ、相手の体をマットに対して垂直にする。そのあと落下する相手の方に体を向けながら尻餅をつき、上下逆さまの状態になった相手の体を自分の両足の間へ叩きつける。
サイコドライバー4
スーパードラゴンが使う最新型のサイコドライバー。まず相手をファイヤーマンズキャリーの要領で肩に担ぎ上げ、相手の首と左足を抱え込むような感じで自分の両手をクラッチさせる。そのあと相手の体を前方に落下させながら尻餅をつき、上下逆さまになった相手の体を自分の両足の間へ叩きつける。
サイダルスペシャル
マット・サイダルが奥の手として用いるフロントスープレックス式のフラックスキャパシター。まずリングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、自分もリングに背を向けたままコーナーのセカンドロープによじ登る。そのあと相手の右脇に左手を、左脇に右手をそれぞれ胸の方から差し込んで両手をクラッチし、相手の胴体を両手で抱きかかえながら相手と共にコーナーのトップロープの上に立つ。最後に相手を抱えたまま体をムーンサルトプレスの要領で回転させ、宙を舞わせた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。別名はサイクロラマ
財津一郎ストレッチ『タケモトピアノ』
大阪プロレスの初代えべっさんが愛用していたサブミッョン。尻餅をついた相手の左腕を右手で掴み、掴んだ腕を相手の背中でハンマーロックに固める。そのあと相手の右脇に胸の方から左腕を差し込んで相手の右腕を左脇に抱え込み、相手の両肩を痛めつけてタップを奪う。技を掛けられた相手の格好が財津一郎の往年のギャグである"非常にキビシ〜ッ!"のポーズに似ていた為にこの名前が付けられた。
サイドウォークスラム
2〜3歩前に進んでから相手を叩きつけるタイプのサイドバスター。海外ではほとんどサイドバスターと同義に扱われている。
サイドエフェクト
マット・ハーディーのフェイバリットホールド。まず向かい合った相手の上半身を肩固めに捕らえ、相手の体を抱え上げながら自分の体を前方に軽くジャンプさせる。そのあと体重をあずけることで相手の体を後ろに引き倒し、尻餅をつくように着地すると同時に相手の背中をマットに叩きつける。
サイトースープレックス
新日本プロレスで活躍したマサ斎藤が得意としていた切れ味鋭い捻り式のバックドロップ。アメリカでヒールレスラーとして活躍していた頃から愛用していたムーブであり、海外ではその影響から捻り式のバックドロップを指す呼び名としてこの名前が今でも使われている。
サイドスープレックス
スープレックスの中でもオーソドックスなタイプの投げ技。まず向かい合った相手の左サイドに移動し、相手の腹部に右腕を、背中に左腕をそれぞれ回して胴体を抱え込むように両手をクラッチする。そのあと相手の体を仰向けにひっくり返す感じで持ち上げ、そのまま自分の体をブリッジさせて相手を後方に反り投げる。海外ではガットレンチスープレックスと呼ばれている。
サイドスピンフリップ
大阪プロレスのアルティメット・スパイダーJr.がヒールユニット"JOKER"に加入し、リングネームをスパイダー・Jと改めたあとに使い始めたクロスアーム式のライトニングスパイラル。まず向かい合った相手の首の後ろにダークネスバスターの要領で自分の左腕を回し、左脇腹の方から相手の懐に頭を潜り込ませる。続いて相手の左腿の裏に右腕を回して相手の左足を抱え込み、体を右方向に軽く捻って反動をつける。最後に自分の体を左方向に180゜錐揉み回転させて背中から倒れ込み、その勢いで後ろにひっくり返った相手の後頭部や背中をマットへ痛打させる。
サイドバスター
海外のパワーファイターが好んで使っているムーブ。まず相手の左サイドに移動して相手の腹部に右腕を、左腿の裏に左腕をそれぞれ回し、相手の体をマットと水平の高さになるまで抱えあげる。そのあと体を軽くジャンプさせて尻餅をつくように着地し、落下させた相手の背中を自分の右サイドに叩きつける。
サイドラシアンレッグスイープ
河津落とし
サイドロックボム
プロレスリング・ノアのムシキングテリーが使っていたデスバレーボムとほぼ同型の技。
サイドワインダー (1)
WWFで結成されたビリー・ガンとバート・ガンのタッグチーム、"スモーキーガンズ"が使っていたコンビネーション。バートが相手の背中をペンデュラムバックブリーカーの要領で右腿の上に叩きつけ、腿の上に乗っかった相手を両手で押さえつけて相手の体を固定する。そのあとコーナー最上段に登ったビリーが捕らえられた相手に向かってジャンプし、相手の喉元のあたりにダイビングギロチンドロップを叩き込む。
サイドワインダー (2)
DDTなどで活躍中の矢郷良明が使っているバズソーキックの名称。
サイドワインダースープレックス
WWEのケビン・オーウェンズがケビン・スティーン時代に編み出した振り子式のバックドロップ。まず相手の体に抱え式バックドロップを仕掛ける感じで腕を絡めて自分の両手をしっかりとクラッチし、相手の体を軽く宙に抱え上げる。そして左方向に体を軽く捻って反動をつけたあと体を右方向に大きく旋回させながら後ろに倒れ込み、後方に反り投げた相手を後頭部の辺りからマットに叩きつける。
サイバーカッター
DRAGON GATEのサイバー・コングが使うメキシカンエースクラッシャーの名称。
サイバーコンビネーション
サイバー・コングが使っている巨体を利した波状攻撃。まずコーナーに寄りかかった相手の体をコーナースプラッシュで圧殺し、対角線上にある反対側のコーナーまで全力疾走で戻って助走をつけなおす。続いて加速を生かした串刺し式のパイナップルボンバーを相手に叩き込み、ふらふらになった相手の体をロープの反動を利用した追撃のパイナップルボンバーで薙ぎ倒す。最後に再びロープに跳んだあと仰向けになった相手の側で体を大きくジャンプさせ、相手の体を豪快なボディープレスで圧殺しそのままフォールを奪う。
サイバーコンビネーションVer.2
サイバー・コングが使う別バージョンのサイバーコンビネーション。コーナーに寄りかかった相手の体にサイバーコンビネーションの要領でコーナースプラッシュと串刺し式のパイナップルボンバーを叩き込み、ふらふらになった相手の体をサイバーカッターでマットに叩きつける。そのあとロープに跳んで助走をつけ、仰向けになった相手の体を豪快なボディープレスで圧殺しフォールを奪う。
サイバードライバー
サイベックスバスター
サイバーボム (1)
サイバー・コングが使うリストロック式のジャンピングパワーボム。まず相手の体をパワーボムの要領で肩の高さまで担ぎ上げ、相手の右手首を左手で、左手首を右手で掴んで相手の両腕の動きを封じる。そして軽く助走をつけたあと相手の体を前方に落下させながら開脚ジャンプし、相手の背中を自分の両足の間へ豪快に叩きつけて3カウントを奪う。
サイバーボム (2)
AAAのシベルネティコが使っている投げっぱなしパワーボムの呼び名。
サイファーウタキ
プロレスリング・ノアの石森太二が愛用している変形のガットバスター。ツームストンパイルドライバーの要領で相手を持ち上げたあと背中を大きく仰け反らせ、背筋を使って相手の体をマットと水平の高さになるまで抱え上げる。そして背中からマットに倒れ込みながら膝を突き出すように両足を折り畳み、うつぶせの状態で落下してきた相手の腹部に突き立てた両膝をめり込ませる。
サイベックスバスター
サイバー・コングが使うリフトアップ式のファイヤーサンダー。ミリタリープレスで抱え上げた相手の体から両腕を離して自分の体を右方向に軽く捻り、うつ伏せの状態で落下してきた相手の体を右肩に着地させる。そのあと相手の首の後ろに左手を、背中に右手をそれぞれ回して尻餅をつき、落下させた相手の頭部を自分の両腿の間へ打ちつける。旧名はサイバードライバー
サイモナイザー (1)
ECWで活躍したサイモン・ダイヤモンドが愛用していた変形のブリティッシュフォール。ファイヤーマンズキャリーの要領で肩に担ぎ上げた相手の下半身を下から押し上げ、その勢いで仰向けにひっくり返った相手の両足を一旦マットに着地させる。そのあと間髪入れずに背中からマットへ倒れ込み、相手の後頭部をリバースDDTでマットに叩きつける。
サイモナイザー (2)
WWEやECWで活躍したノヴァことサイモン・ディーンが愛用していたライトニングスパイラルと同型の技。
サイモンシリーズ
サイモン・ダイアモンドが使っていた美少年殺しと同型の技。
斎了ロケット
DRAGON GATEの斎藤了が使っている奇抜なムーブ。まず相手を仰向けに倒して相手と距離のあるコーナーの最上段へと登り、コーナーからジャンプして一旦両足でマットに着地する。そして浅く屈伸して反動をつけたあと気をつけの姿勢を取りながら相手の方へとジャンプし、倒れている相手をボディープレスして3カウントを奪う。
サイレントデス
ZERO-ONEやK-1で活躍したトム・ハワードが得意としていたサブミッション。まず向かい合った相手の左膝の裏を右足で後ろから蹴り飛ばし、バランスを崩した相手の両膝をマットにつかせる。そのあと前屈みになった相手の首をフロントネックロックに捕らえ、抱えた首を捻り上げて一瞬で相手を締め落とす。
サイレントボム
吐愚露巻き
サインオフ
WCWのローディが使っていたインプラントDDTと同型の技。
ザ・ウェイ
WWEで活動中の"ワイアットファミリー"のメンバー、エリック・ローワン&ルーク・ハーパーが使っている3Dと同型の技。
サウスロード
変形水車落とし
ザ☆オリジナル
WRESTLE-1の近藤修司が愛用するその名の通りオリジナルなパワー殺法。走ってきた相手をミリタリープレスの要領で空中へと放り投げ、落下してきた相手をキャッチして即座にオクラホマスタンピードに移行する。
逆打ち
みちのくプロレスで活躍中の野橋真実が使う瞬速の十字架固め。まず両手で掴んで捻りあげた相手の左腕を自分の股の間に正面から挟み込み、軽くジャンプして相手の両肩の上にうつ伏せの状態で飛び乗る。続いて相手の右脇に背中の方から右腕を差し込み、自分の体を左方向に捻る勢いを利用して相手の体を後ろにひっくり返す。最後に宙に浮き上がった相手を肩口からマットに叩き落とし、自分は両腕を極めたまま腹這い状態でマットに着地して相手から3カウントを奪う。
栄ラナ
ハッスルのサンシャインキッドが披露したウラカン・ラナ・インベルティダの名称。
逆落とし (1)
パンクラスMISSIONの鈴木みのるが新日本プロレス参戦時に開発したムーブ。相手をスリーパーホールドに捕らえたあと自分の体を左方向に捻り、相手の背中に自分の腰を密着させた状態になる。そのあと体に更に捻りを加えて相手の体を宙に浮かせ、後方回転させるように巻き曲げた相手の体をうつぶせの状態でマットに叩きつける。この技で昏倒した相手をスリーパーホールドで締め落とすのが必勝パターンである。
逆落とし (2)
DRAGON GATEのYAMATOが使う変形のスリーパースープレックス。まず相手の背後に回り込んで右首筋の方から相手の首に右腕を巻きつけ、更に相手の左脇に背中の方から左腕を差し込む。そのあと相手の左手首を左手で掴んで体をブリッジさせ、後方に反り投げた相手を後頭部のあたりからマットに叩きつける。
逆さ押さえ込み
一瞬の切り返し技として良く使われる丸め込み技。まず相手の右脇に背中の方から左腕を差し込み、体を右方向に捻って相手と背中あわせになる。続いて相手の左脇に背中の方から右腕を差し込み、相手の右腕に自分の左腕を、左腕に右腕を引っ掛けた状態になる。最後にマットに両膝をつきながら自分の体を前屈みにさせ、前方にスライドさせた相手の両肩をマットにつけてフォールを奪う。別名はバックスライド
逆さまガール
アイスリボンの優華が愛用しているウイングクラッチホールドと同型の技。
逆回し蹴り
吉本女子プロレスJd'やアルシオンで活躍したライオネス飛鳥のフィニッシャー。形はフライングニールキックと同型だが、マットすれすれの低空飛行で回転して相手の側頭部を踵のあたりで蹴り飛ばしていた。
坂本龍馬チョップ
ガンを克服し長期欠場から復帰した小橋建太が高知巡業前に開発したムーブ。ブレーンバスターの要領で相手の体を垂直になるまで抱え上げ、相手の体に右方向への捻りを90゜加える。そのあと相手の体を仰向けの状態で落下させながらマットに右膝をつき、落下する相手の喉元に右手で袈裟斬りチョップを叩き込んで相手の体を豪快にマットへ叩き落とす。
さきとんねる
Chick Fights SUNの前村さきが使っていた丸め込み技のコンビネーション。カサドーラの要領で相手の体を丸め込み、背中をマットにつけた相手をレッグロールクラッチで押さえ込む。
さき花マル
前村さきが得意としていた丸め込み技。助走をつけたあと相手の正面で両足を広げるようにジャンプし、前屈みになった相手の背中の方を向きながら相手の後頭部の上に着地して首を両足で挟み込む。そして両手を広げてポーズを決めたあと足で挟み込んだ相手の首を軸にして自分の体を右方向へと旋回させ、相手の右腿を右手で、左腿を左手で掴みながら体を前方回転させて相手を丸め込む。
ザ・キュア
WCWのシックボーイが使っていたペディグリーと同型の技。
サグニフィセント
WWEのシャド・ガスパードが使っていたSTOの呼び名。
さくぽんキック
我闘雲舞のさくらえみが使う、"さくぽーんキーック!"の掛け声と共に繰り出されるジャンピング式フロントハイキック踵落とし。スターダムの愛川ゆず季が使っていたゆずポンキックを意識したムーブである。
さくらえび固め
我闘雲舞の里歩が愛用している子供ならではの体の柔らかさを生かしたムーブ。相手を逆片エビ固めに捕らえたあと自分の体をブリッジさせ、マットに頭をつけた状態で相手の背中を反り上げる。
さくらえび固め2
里歩が使っているウイングブリーカーホールドと同型の技。
さくらえみ60kg
我闘雲舞のさくらえみが使っているランニング式クロスボディーの呼び名。コーナーに寄りかかった相手に対して串刺し式に決めることが多く、そのときの体重によって技の呼び名のkg数が変動する。
サクラ☆クラッチ
プロレスリングWAVEの桜花由美が使っているレインボーブリッジと同型の技。
桜島
プロレスリング・ノアなどで活躍した川畑輝鎮が使っているデス・バイ・ロデリックと同型の技。
サクラ☆スター
桜花由美が使っている横須賀ドライバーと同型の技。
サクラ☆ドロップ
桜花由美がJDスター女子プロレス時代に愛用していたフィニッシングホールド。助走をつけてジャンプしたあと目の前にあるセカンドロープに跳び乗り、ロープを蹴って後ろに飛び退くように体をジャンプさせる。そしてそのまま仰向けになった相手の上に落下し、相手の胸板にエルボードロップを叩き込む。相手をコーナーの側で仰向けに倒して自分はコーナーを駆け上がり、コーナー最上段から技を繰り出すとサクラドロップ☆スーパーになる。
サクラドロップ☆レインボー
桜花由美が使うさくらドロップのバリエーションの1つ。ロープの側で相手を仰向けに倒したあとエプロンに移動してトップロープを掴み、ロープの上を飛び越えるようにジャンプして相手にエルボードロップを叩き込む。
桜庭絞め
新日本プロレスの邪道がFMW時代に使っていた桜庭和志直伝の三角締め
サクラバロック
新日本プロレスなどで活動中の桜庭和志が使うチキンウイングアームロックの呼び名。A.T.ロックのように相手の首に足を引っ掛けて腕を絞り上げることも多い。
桜吹雪
KAIENTAI-DOJOの稲松三郎が愛用しているフィニッシングムーブ。ファイヤーマンズキャリーの要領で肩に担ぎ上げた相手の下半身を右手でプッシュアップし、宙に浮き上がった相手の下半身を自分の正面へ落下させる。そのあと左手で抱えた首を支点にして相手の体を左方向へ旋回させつつ前のめりに倒れ込み、ロックボトムのような形で相手の背中をマットに叩きつける。
さくらんボム
DDTプロレスリングのチェリーが使っている特殊な入り方のリバースDDT。まず相手の上半身を背後からフルネルソンに捕らえ、両手のクラッチを切って相手の右脇から右腕を引き抜く。続いて左脇に差し込んでいた左腕で相手の後頭部を押さえつけ、左方向へ360゜回転させるように相手の体をコントロールする。最後に回転する相手の顎の下に左腕を回して首を抱え込み、そのまま尻餅をついて相手の後頭部をリバースDDTの形でマットに叩きつける。
策略固め
ピンクラッチ
ザ・ケンドリック
スライスドブレッド#2
サコダクラッチ
WWEやZERO1で活躍していたライアン・サコダのフィニッシャー。まず尻餅をついた相手の左サイドに移動して相手の左腕を自分の股の間に挟み込み、背中の方から相手の右脇に差し込んだ左腕を相手の首の後ろへと回す。そのあと相手の頭部を両手で抱え込んで背中をつけるようにマットへ転がり、両腕に力を込めて相手の首や左肩を複合的に痛めつける。
佐々木家
DIAMOND RINGの佐々木健介が使っていた延髄ラリアットラリアットの波状攻撃。健介の右腕に一家の未来が掛かっているという意味を込めて天龍源一郎が命名した。
佐々木式ウラカン・ラナ
DDTなどで活動中の佐々木大輔が使っているウラカン・ラナ・インベルティダに新日本プロレスが付けた呼び名。斜め前方あたりから相手に飛びつき、相手の首を両足で挟んだあと体を軽く旋回させながら丸め込むのが特徴である。
サザンクロス
みちのくプロレスや大阪プロレスで活躍したGAINAが愛用していたクロスアーム式のラストライド。ピラミッドドライバーの要領で持ち上げた相手の体を肩の高さまで担ぎ上げ、自分の両腕を上方向へ伸ばすことで相手の体を更に高くリフトアップする。そのあと相手の両腕を掴んだまま自分の体を前傾させ、前方へと落下させた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。シーサー王として活動していた沖縄プロレスではスーパーファイナルアトミックシーサー、もしくはシーサークロスと呼ばれていた。
サザンクロスクラッチ
吉田万里子が全日本女子プロレス時代に使用していた藤原喜明直伝のサブミッション。形はラ・ヴィルレンタと同型。
サザンクロス・ストレッチ
プロレスリング・ノアで活動中のマイキー・ニコルスが使っているサブミッション。相手の両足をゴトウスペシャル2の要領で固めて相手を仰向けにひっくり返し、相手の右膝を抱えるように自分の両手を繋ぎ合わせて相手の膝関節を痛めつける。
サザンクロススプラッシュ
金丸義信が使うトルナド・デ・アカプルコと同型の技。
サザンクロスボム
クリスチャン・ヨークが使っているみちのくドライバーβと同型の技。
サザンスープレックス
全日本女子プロレスのみなみ鈴香が愛用していた独特の形のスープレックス。まず相手の背後に回り込んで相手の右手首を右手で、左手首を左手でそれぞれ掴み、掴んだ両腕を横方向に大きく開かせる。そして体をブリッジさせる勢いで相手の体を後方に反り投げ、肩口から相手をマットに叩きつけたあとブリッジを崩さずにフォールを奪う。
サザンスープレックス2
みなみ鈴香が使っていた改良型のサザンスープレックス。まず相手の背後に回り込んで背中の方から相手の右脇に右腕を、左脇に左腕を差し込み、右手で相手の右手首を、左手で相手の左手首をそれぞれ掴む。そして体をブリッジさせる勢いで相手の体を後方に反り投げ、肩口から相手をマットに叩きつけたあとブリッジを崩さずにフォールを奪う。
サジタリアス
闘龍門のフィリップ・J・福政が愛用していた変形のボー・アンド・アロー。向かい合った相手の右腕を左手で、左腕を右手で掴んで左腕が上になるような形で両腕を交差させ、掴んだ腕を引っ張った勢いで相手の体を前方へと巻き投げる。続いて交差させた両腕を相手の喉元に引っかけながら相手の体をうつ伏せにひっくり返し、右手で掴んだ相手の左足を相手の右膝の裏に添えて両足を4の字に固める。最後に相手の左足を挟み込むように折り畳んだ相手の右足を右手で抱え込み、相手の背中に頭を押し当てたあと自分の体を前方にブリッジさせて相手の足腰を痛めつける。
ザ・シナー
CZWで活躍したメサイヤが使っていた雪崩式デスバレーボムの名称。
ザ・ズィーニス
DDT NEW ATTITUDEに登場したロイズ・アイザックスが使うロックボトム系のムーブ。まずジャーマンスープレックスの要領で相手を宙へと抱え上げ、ブリッジの途中で相手の腰を抱えていた両手のクラッチを切って自分の体だけを左方向に180゜捻る。そのあと相手の腹部に右腕を引っ掛けたまま自身は前のめりに倒れ込み、落下させた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
サスケスペシャル1号
みちのくプロレスのザ・グレートサスケが使う空中殺法。相手を場外に落としたあとロープに跳んで助走をつけ、リング内で側転を決めて相手を落とした場外の方に背を向けた状態で着地する。そのあと背後にあるトップロープを背面跳びの要領で飛び越えながら体を270゜後方回転させ、場外にいる相手に体全体で体当たりする。ユニバーサル時代はみちのくスペシャルという名称で愛用していた。
サスケスペシャル2号
ザ・グレートサスケが使う改良型のサスケスペシャル。相手を場外に落としたあとロープに跳んで助走をつけ、リング内で側転を決めて相手を落とした場外の方に背を向けた状態で着地する。そのあと体を左方向に180゜捻るようにジャンプして視線を場外の方へと向け、トップロープの上を飛び越えながら体を270゜前方回転させて場外にいる相手に背中から体当たりする。
サスケスペシャルVer.2.5
ザ・グレートサスケが使っているオリジナルムーブ。相手をエプロンに寝かせたあと自分はコーナー最上段へと登り、エプロン上の相手にセントーン・アトミコを叩き込む。別名はジンジャーパブリックβ版
サスケスペシャルVer.2.5.5
ザ・グレートサスケが愛用しているサスケスペシャル系のムーブ。場外に設置した椅子とエプロンの間にラダーを橋のように架け、その上に相手を仰向けに寝かせる。そのあとリング内からトペ・コン・ヒーロを放ち、ラダー上の相手を背中で押し潰す。
サスケスペシャルVer.2.7
ザ・グレートサスケが使う机を利したサスケスペシャル。場外に設置した机の上に相手を仰向けに寝かせたあと自分はリングに戻って助走をつけ、リング内からトペ・コン・ヒーロを放って机上の相手を背中で押し潰す。
サスケスペシャルVer.2.7.5
ザ・グレートサスケが使うサスケスペシャル系の技の1つ。場外に並べた椅子の上に相手を仰向けに寝かせ、自分はリングに戻って助走をつける。そのあとリング内からトペ・コン・ヒーロを放ち、椅子の上の相手を背中でプレスする。
サスケスペシャルVer.2.8
ザ・グレートサスケが使う変則的な打撃技。相手を場外に落としたあとロープに跳んで助走をつけ、相手を落とした場外の側にあるトップロープを両手で掴む。そのあと足の方からトップ&セカンドロープの間をすり抜けて場外へ飛来し、場外にいる相手の胸板をドロップキック気味に突き飛ばす。通称逆トペとも呼ばれる。
サスケスペシャルX
ザ・グレートサスケが使っている雪崩式DDTの名称。
サスケスペシャルXバージョン10.2セグウェイ(ものまね禁止)
ザ・グレートサスケが愛用しているフィニッシングムーブ。コーナー最上段ヘ登ったあとリングの方を向き直し、仰向けに倒れている相手の肩口目掛けて打ち下ろし気味のミサイルキックを打ち込む。
サスケだまし
藤田ミノルが愛用するリストクラッチ式インプラントDDT。まず向かい合った相手の左腕を左手で掴み、前屈みになった相手の首の後ろに自分の左腕を回す。そのあとタイツを右手で掴んで相手の体をマットと水平の高さになるまで抱え上げ、そのまま尻餅をついてうつ伏せになった相手の体を自分の左サイドへと叩きつける。何度騙されても安易に人を信じてしまうザ・グレートサスケを皮肉ったネーミングであり、かつて参戦していた新日本プロレスではフジタスタンピートと呼ばれていた。
サスケだましセグウェイ
藤田ミノルが使っているリストクラッチ式ノーザンライトボム。まず向かい合った相手の左腕を左手で掴み、前屈みになった相手の首の後ろに自分の左腕を回す。続いて相手の両足の間に正面から差し込んだ右手で相手の股を抱え、相手の体を上下逆さまにする感じで持ち上げる。最後に相手を抱えたまま背中からマットに倒れ込み、落下させた相手の体をマットへ叩きつける。
サソリ固め
カールゴッチが長州力に伝授した拷問関節技。仰向けになった相手の右足を左手で、左足を右手で掴んで両足を開かせ、両足の間に腿の裏の方から差し込んだ右足を相手の左脇腹の横に着地させる。続いて折り曲げた相手の左足を相手の右膝の裏に重ねることで両足を4の字に固め、相手の右足首を右脇に抱え込む。最後にうつ伏せに引っくり返した相手の右サイドに左足を着地させ、そのまま腰を落とすことで相手の足腰を痛めつける。別名スコーピオンデスロック、レッグロールスピンとも呼ばれ、海外ではTNAのスティングが代表的な使い手として知られている。
サソリクランプ
極悪同盟のサソリが使っていたLSD3と同型の技。
さそり座固め
DRAGON GATEのCIMAが使うアレハンドロック3と同型の技。
さそり座の女
Marvelousの雫有希が雫あき名義で活動してた頃に使い始めた石川雄規直伝のサブミッション。うつ伏せになった相手の背中に覆いかぶさるように倒れこんで相手の右腕を自分の右足で挟み込み、更に相手の頭部と左腕をチキンウイングフェイスロックに捕らえてギブアップを奪う。
サソリひねり2
ECWやプロレスリング・ノアで活躍していたスコーピオのフィニッシャー。TCSSの要領で固めた相手の足の間に腿の裏の方から右足を差し込み、サソリ固めのような形で相手の体を絞り上げる。
サターンボム
WCWやWWEで活躍したペリー・サターンが愛用していたファルコンアローの名称。
サタデージャンピンディスコ
ユニオンプロレスで活躍した726が使っていたコーナー最上段からの飛びつき式Xファクター。コーナー最上段に登ったあと自分の方を向いて立っている相手に向かってジャンプし、相手の頭を両手で掴む形で相手に飛びつく。そしてそのまま尻餅をつくようにマットに着地し、その勢いで前のめりに倒れ込んだ相手の顔面を自分の両足の間へと叩きつける。
サタニカ (1)
プロレスリングWAVEの渋谷シュウがメキシコから持ち帰ったエル・サタニコ直伝のジャベ。まず仰向けになった相手の右足を左手で、左足を右手で掴み、相手の左足の上に相手の右足を乗せて両足を交差させる。続いて相手の上半身を引き起こして尻餅をつかせた状態にし、相手の肩に肩車をするように腰を下ろす。最後に相手の左腕を左手で押さえつけ、掴んだ左足を自分の方へと引き寄せて相手の首・肩・足などを複合的に痛めつける。
サタニカ (2)
渋谷シュウが愛用するエル・サタニコ直伝の押さえ込み技。相手の両手、両足をエル・ヌドの要領で固め、相手の両足の上に跨るように腰を下ろして相手からフォールを奪う。
サッカーブーメラン
スーパー宇宙パワー&MIAKMIが使っていたコンビネーションムーブ。尻餅をついた相手の背中に宇宙がサッカーボールキックを叩き込み、その勢いでロープに寄りかかった相手にMIKAMIがミッキーブーメランを叩き込む。
サッカーボールキック
川田利明や天龍源一郎が愛用している無骨な打撃技。仰向けになった相手の上半身を引き起こしてマットに尻餅をついた状態にさせ、相手の背中にサッカーボールを蹴るかの如くキックを叩き込む。
雑技団式ヘッドバット
DRAGON GATEの新井健一郎がパートナーと連携して放つ超高層ダイビングへッドバット。まずパートナーがリングの方を向いたままコーナーのセカンドロープによじ登ってコーナー最上段に腰を下ろし、新井もパートナーが座ったコーナーにエプロンの方から登る。続いてパートナーの背後にやってきた新井がパートナーの右手を右手で、左手を左手で掴み、パートナーの右肩に右足を、左肩に左足をそれぞれ乗せる。最後にパートナーの肩を蹴った新井がリングへとジャンプし、仰向けになった相手に落差のあるダイビングへッドバットを叩き込む。戸澤塾入塾後は戸澤塾秘伝・成人の儀式と呼ばれるようになった。
ザックアタック
WWEで活躍中のザック・ライダーが愛用しているゴールデンルールと同型の技。
殺人コブラツイスト
矢郷良明が愛用する相手を瞬時にギブアップへと追い込む恐怖のコブラツイスト。技を仕掛ける矢郷が白目を剥いているのが特徴で、別名コブラツイスト・フロム・ヘルとも呼ばれる。
殺人バックドロップ
デンジャラスバックドロップ
ザッツインクレディブル
ジャスティン・クレディブルがECWで使っていた旋回式のツームストンパイルドライバー。相手をツームストンパイルドライバーの要領で抱え上げたあと自分の体をぐるぐると回転させ、両膝をつくように倒れ込んで相手の頭部をマットへ打ちつける。
ザ・デラックス
EVOLVEやJAPWで活躍中のチーチが使っているカナディアンバックブリーカーからのgo 2 sleep。カナディアンバックブリーカーの要領で左肩に担ぎ上げた相手の背中を右手で下から押し上げ、その勢いで相手の体をうつ伏せに引っくり返す。そのあと落下する相手の方へと体を向けながら右足を振り上げ、相手の顔面や胸板に突き上げるような膝蹴りを叩き込む。別名はgo 2 cheech
サテンドール
ガンバレ☆プロレスなどに参戦中の冨永真一郎が使うRKOと同型の技。
ザトペックホールド
大阪プロレスのタイガースマスクが愛用する変形のフロントネックロック。右手で掴んだ相手の右腕を相手の背中でハンマーロックに固め、相手の後頭部を左手で上から押さえつける。続いて相手の体を左方向へと軽く回転させて相手と向き合った状態になり、相手の首の後ろに左腕を回して頭を抱え込む。最後に自分の体を後ろに転がしてマットに背中をつけた状態になり、相手の胴体を両足で挟み込んで首を締め上げる。名前は阪神タイガースの村山実投手が使っていたザトペック投法に由来する。
サドンインパクト (1)
プロレスリングFREEDOMSの葛西純が使う急角度のインプラントDDTスナイパーFTのようにブレーンバスターのクラッチから仕掛けるタイプを使用することもある。
サドンインパクト (2)
フジヤマドライバー
サドンストップ
DDTプロレスリングのマサ高梨がマッドマン・ポンドとタッグを組んだ時に披露したポンド式ローリングセントーンと同型の技。
サドンデス
WCWやTNAで活躍したエリックス・スキッパーが使っていたクリプトナイトクランチと同型の技。
佐野厄除けダスト
ZERO1のKAMIKAZEが大日本プロレス時代に使っていたムーブ。形はジェイソン・クロスが使っていたアイドライザーと同型。
ザ・バウンス
全日本プロレスで活躍中のボディガーが大阪プロレス時代に使っていた急角度のBTボム
ザ・ビジネス
FCWのエイブラハム・ワシントンが使っていたワンアームド・バンデットと同型の技。
ザ・ファング
CZWやIWAミッドサウスで活躍したネイト・ウェブが使っていたムーンサルト式のヴァンターミネーター。相手をコーナーに逆さ吊りにしたあと自分は隣のコーナーへと移動し、リングに背を向けたままトップロープを両手で掴む。そして両足でロープに跳び乗ったあとムーンサルトプレスの要領で体を回転させ、そのまま相手の顔面へリング横断式のドロップキックを叩き込む。
サフォケーションクロー
コブラクロー
サブマリナースープレックス
アルシオンの府川唯未が愛用していたリストクラッチ式のフィッシャーマンズスープレックス。相手の体をフィッシャーマンズスープレックスのクラッチで抱え、相手の左腿を抱えた右手で相手の右腕も掴む。そして体をブリッジさせる勢いで相手を後方に反り投げ、相手を背中からマットに叩きつけたあとブリッジを崩さずにフォールを奪う。
サプライズローズ
DDTプロレスリングの竹下幸之介が使う両腕極め式のフィッシャーマンバスター。まず向かい合った相手の左手首を左手で掴み、前屈みにさせた相手の首の後ろに左腕を回して相手の頭を左脇に抱え込む。そのあと腿の裏の方から相手の股の間に右腕を差し込み、正面にある相手の右腕を右手で掴んで両腕の動きを封じる。最後に相手の体を上下逆さまになるように抱え上げて自分は背中からマットに倒れ込み、落下させた相手の頭部をマットへ強かに打ち付けさせる。
サブミッション・インポッシブル
インパクト・レスリングのDJ Zが使っているサブミション。まずうつ伏せになった相手の左サイドに移動して相手の左腕を右膝の間に挟み込み、相手の右手首を両手で掴んで背中からマットに倒れ込む。そのあと相手の後頭部を左足の裏で押さえつけながら掴んだ右腕を自分の方へと引き寄せ、相手の両肩や肘の関節を痛めつけてギブアップを奪う。
ザ・フライ
みちのくプロレスやFREEDOMSで活動中のバラモン・シュウこと佐藤秀が闘龍門X時代に使っていたダイビングボディープレスの名称。
ザ・ブリッツ
格闘探偵団バトラーツで活躍したカール・コンテニューのフェイバリットホールド。リバースフルネルソンに捕らえた相手の体を垂直になるまで抱え上げて自分はマットに左膝をつき、前方に落下させた相手の胸板を立てた右膝の上に叩きつける。そのあと肩を極めたまま相手の体を横方向へと転がして相手の背中をマットにつけさせ、仰向けになった相手の胴体を両足で跨いで相手の首や両肩を痛めつける。
サボテンの真剣
真霜拳號、旭志織、大石真翔が見せた3人がかりで仕掛けるサボテンの花。まず相手の右斜め前に陣取った旭が相手の右腕を両手で、左斜め前に陣取った大石が相手の左腕を両手で掴み、腕を掴んだ2人が背中からマットに倒れ込む。そのあと寝転んだ2人が前屈みになった相手の胸板に両足の裏をそれぞれ押し当て、相手の背中の方を向くように体を捻りつつジャンプした真霜が相手の後頭部の上に跨る格好で着地する。最後に旭と大石が掴んでいた腕を離しながら相手の胸板を両足で蹴り上げ、その反動で後ろにひっくり返った相手の体を真霜がヨシタニックの要領でマットに叩きつけ3カウントを奪い去る。
サボテンの花
"リトル☆ギャラクシー"の旭志織&大石真翔が使っているコンビネーション。まず向かい合った相手の右腕を左手で、左腕を右手で掴んだ旭が両膝を折り畳みながらマットへと倒れ込み、自分の両足の裏を相手の胸板へと押し当てる。そのあと相手の左サイドに移動していた大石が相手の背中の方を向くように体を捻りながらジャンプし、前屈みになった相手の後頭部の上に跨る格好で着地する。最後に旭が掴んでいた両腕を離しながら相手の胸板を両足で蹴り上げ、その反動で後ろにひっくり返った相手の体を大石がヨシタニックの要領でマットに叩きつけ3カウントを奪い去る。
仙人掌花
新北京プロレスに登場した"梁山泊48傑"の夏侯惇&夏侯淵が披露したコンビネーション。形はサボテンの花と同型。
サマーソルトキック
初代タイガーマスクが開発した四次元殺法。コーナーにハンマースルーした相手を追いかけるように助走をつけ、体をジャンプさせて左足をコーナーのセカンドロープに乗せる。そのあとコーナーに寄りかかった相手の胸板を右足で足蹴にして体を後方回転させ、相手の正面に両足で着地する。相手にコーナーにハンマースルーされた際にコーナーを駆け上がり、トンボをきってマットに着地するサルト・モルタルというフェイント技を攻撃に応用したものである。
サマーソルトドロップ
サンセットフリップ
サミークラッチ
大日本プロレスの石川晋也が欧州遠征後に披露した真実一路と同型の技。
サミング
指で相手の目を小突き視覚を一瞬奪うムーブ。試合巧者のレスラーが試合の流れを変えるときに利用する技であり、名前は親指を目に入れることに由来する。
サムアタック
IWAミッドサウスなどで活躍したサムタック・ジャックが使っていた450゜スプラッシュの呼び名。
ザ・ムーブ・ザット・ロック・ザ・ワールド
ゴノリア
サムソンキラー
大日本プロレスの佐々木義人が披露した切り返し技。サムソンクラッチで丸め込みに来た相手の体を上から押し潰し、そのまま相手の体を強引に押さえ込んで逆にフォールを奪う。
サムソンクラッチ
FMWで活躍した冬木弘道がサムソン冬木時代から使い続けたテクニック。相手に背中を向けるように体を捻って背中からマットへと倒れ込み、持ち上げた自分の右足を相手の右脇に、左足を左脇にそれぞれ胸の方から引っ掛ける。そのあと相手の右足を右手で、左足を左手で抱え込んで相手もろとも体を前方回転させ、両肩がマットについた相手から3カウントを奪い去る。別名は冬木スペシャル3であり、相手にバックを取られた際に相手の腕のクラッチを切って瞬時に技へと移行することが多かった。
サムソンストライカー
冬木弘道が使っていたキン肉バスターと同型の技。
サムライクラッチ
エル・サムライが使っているキドクラッチの名称。
サムライクラッチガエシーノ
新日本プロレスの田口隆祐がエル・サムライとの戦いの中で見せた切り返し技。サムライクラッチで丸め込まれた際に相手の両肩がマットにつくまで自分の体を前転させ、相手の両足を自分の両足で挟み込んで技を仕掛けた相手から逆にフォールを奪う。公式結果では"サムライクラッチ返し"と表記されているが、試合後に田口本人の口から"サムライクラッチガエシーノ"が正式な名前であると語られている。
サムライクラッチ・マーク2
エル・サムライが愛用しているトケ・デ・エスパルダスと同型の技。
侍ドライバー’84
越中詩郎が三沢光晴とのシングルマッチを前に公開した新必殺技。まずフィッシャーマンバスターの要領で相手を垂直に抱え上げ、相手の首を抱えていた左手で相手の右腿を、右手で相手の左腿をそれぞれ外側から抱え直す。そのあと相手を前方に落下させながら尻餅をつき、上下逆さまになった相手の体を自分の両足の間へ叩きつける。しかし実際に試合で使った技はグリーンフォールとほとんど同じ技だった。
侍パワーボム
やるってボム
サムライボム
エル・サムライが愛用しているフィニッシングムーブの1つ。まずカナディアンバックブリーカーの要領で相手を右肩に担ぎ上げ、相手を前方に放り投げながら体を軽くジャンプさせる。そのあと正座をするような形で膝からリングに着地し、落下させた相手の背中をマットへ叩きつけてフォールを奪う。
サムライロック
SECRET BASEの小川内潤がT2P時代から愛用し、現在は黒縄という名前で使われているジャベ。うつ伏せになった相手の左サイドに移動して相手の右足首を逆片エビ固めの要領で右脇に抱え込み、相手の背中に自分の左膝を押しつける。そのあと左手で掴んだ相手の右腕を相手の顎の下に巻きつけ、抱えた手足を引っ張ることで相手の首や背骨を痛めつける。うつ伏せになった相手の右脇に左足を、左脇に右足を背中の方から差し込んで相手の両肩に足を使ったフルネルソンを極め、更に相手の右足を逆片エビ固めに捕らえる別バージョンも存在する。
サモアンキック
ハクやリキシなどサモア出身レスラーが愛用するスーパーキックの名称。
サモアンスープレックス
サモアンドロップ
サモアンスパイク
WWEのウマガが愛用していた必殺技。向かい合った相手の右肩を左手で掴み、右手を後ろに大きく振りかぶる。そのあと振り抜いた右手の親指で相手の喉元を突き、マットに倒れ込んだ相手の体を押さえ込んでフォールを奪う。
サモアンツイスト
アウトエンドスリー
サモアンドライバー
ジャマールやRO'Zが愛用していたリキシドライバーと同型の技。
サモアンドロップ
WWFで活躍した"ワイルド・サモアンズ"のアファ&シカが愛用し、その後サモア出身のザ・ロック、リキシ、ウマガなどが用いたことで広く知られるようになったムーブ。形はバックフリップと同型で、かつてはサモアンスープレックスとも呼ばれていた。
サモアンブルドッグ
ファトゥことリキシが愛用していたランニングエースクラッシャーの名称。
サモアンプレス
ZERO1に登場したサモア人レスラー、ブッファが使うファイヤーバードスプラッシュと同型の技。
サモアンポップ
インパクト・レスリングのソニー・シアキが使っていたメキシカンエースクラッシャーの名称。
サモアンレッキングボール
WWEのウマガことジャマールが使っていた巨体を生かした豪快なムーブ。まずコーナーの下に相手を座り込ませ、自分は対角線上にある反対側のコーナーまで後退して距離をとる。そのあと助走をつけながら相手に背中を向けるように体を捻り、相手の顔面に自分の尻を勢い良く叩きつける。
サモトラケのニケ
DDTプロレスリングの彰人が開発したどどん式の膝砕き。タイガースープレックスの要領で抱えた相手の体を軽く宙に抱え上げ、相手の腕を固めていた両手のクラッチを解き放つ。そのあと相手が受身を取ろうと自発的に両膝を折り畳んだところで尻餅をつき、突き出た相手の両膝を自分の両足の間へと叩きつける。
小夜子
REINA女子プロレスの真琴が使うソラリーナ系の丸め込み技。まず相手の左サイドに移動して相手の左腕を右脇に抱え込み、持ち上げた左足を前屈みになった相手の首の後ろに引っ掛ける。そしてそのまま背中からマットに倒れ込むことで相手を前方へと転がし、両肩がマットについた相手の両足を両手で抱え込んで3カウントを奪う。
恋離飛翼
STYLE-Eで活躍中の安部捨丸が使っているデメキンバスターと同型の技。名前の恋離飛翼とは"劇場版マクロスF"のサブタイトルであり"サヨナラノツバサ"と読む。
サヨナラホームラン
スポルティーバエンターテイメントのヒデ久保田が使っているイリーガルムーブ。レフェリーの目を盗んで相手に急所蹴りを見舞い、悶絶する相手の体を首固めで瞬時に丸め込んで3カウントを奪い去る。
サラ金固め
ドン荒川が愛用する変形のチキンウイングフェイスロック。まず尻餅をついた相手の背後に自分の体を回り込ませ、胸の方から相手の左脇に左腕を差し込んで相手の左腕を左脇に抱え込む。そのあと相手の顎を右手で掴み、相手の首を右方向に捻り上げてタップを奪う。
サラマンダー
DRAGON GATEのEitaが使っている雪崩式のカサドーラ。まずリングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、自分も相手を乗せたコーナーの最上段に歩を進める。そのあとコーナー上で軽くジャンプして相手に背中を向けるように自分の体を捻り、後ろに振り上げた両足で相手の胴体をがっちりと挟み込む。最後に自分の体を前方回転させながら相手と共にコーナーから転がり落ち、背中からマットに落下した相手の右足を右手で、左足を左手で抱えて3カウントを奪い去る。2016年の"KING OF GATE"ではこの技でCIMAからピンフォールを奪っている。
サリーダ・デル・ソル
ハラキリ
サリちゃんV
JWP女子プロレスなどで活躍した大隅沙理が使っていた破天荒な打撃技。相手をロープに振ったあと相手に背中を向けるように体を捻り、前方へ突き出した両手でVサインを作りながら相手の胸板にヒップアタックを叩き込む。
サリちゃんOX
大隅沙理がOZアカデミーへの加入に失敗した際に編み出したムーブ。相手をロープに振ったあと自分の両手で大きく○の形を作り、ロープ返ってきた相手の胸板にカウンターのクロスチョップを叩き込む。
サルサルサ
闘龍門Xのパイナップル華井が使っていたクロスアーム式の雁之助クラッチ。まず向かい合った相手の右腕を右手で、左腕を左手で掴んで相手の両腕を交差させ、掴んだ腕を引き寄せた勢いで前屈みになった相手の背中に自分の左腕を回す。そのあと相手の左足の脹脛に左足を引っ掛けて自分の体を前方回転させ、その勢いで後ろに転がった相手の両肩をマットにつけてフォールを奪う。自身の名前をKen45゜に改名した現在はクリプトスポリジウムというネーミングでこの技を愛用している。
サルサルサ2
パイナップル華井が愛用したマヒストラルの要素を加えたサルサルサ。まず向かい合った相手の右腕を右手で、左腕を左手で掴んで相手の両腕を交差させ、掴んだ腕を引き寄せながら右手で掴んでいた相手の右腕を一旦リリースする。そのあと前屈みになった相手の左腕をラ・マヒストラルの要領で股の間に挟み込み、再び相手と向かい合う形になったところで相手の右腕を右手で掴み直す。最後に相手の左足の脹脛に左足を引っ掛けて自分の体を前方回転させ、その勢いで後ろに転がった相手の両肩をマットにつけてフォールを奪う。
サルサルサWILD
パイナップル華井が使っていたジャックナイフホールド型のサルサルサ。まずサルサルサの要領で相手の背中に左腕を回し、相手の背後に自分の体を移動させて背中からマットへ倒れ込む。そしてその勢いで後ろにひっくり返った相手の両腿の間に腿の方から頭をねじ込み、自分の体を前方にブリッジさせて相手に覆いかぶさりそのまま3カウントを奪う。
サルタヒコ
PURE-J女子プロレスのKAZUKIが愛用するサブミッション。まず向かい合った相手の右肩に左手を、左首筋に右手を回して背中からマットに倒れ、相手の腹部に右足をあてがって柔道の巴投げの要領で相手を投げ飛ばす。そのあと相手の体に腕を絡めたまま後転することで仰向けになった相手の上半身を引き起こし、自分は相手の右サイドの方に倒れ込んで尻餅をつく格好になった相手の右腕を両手で掴み直す。最後に相手の右腕を両足で下から挟み込んで自分の左足首の上に自分の右足を、相手の首の後ろに自分の右足を順々にフックさせ、相手の右腕を腕ひしぎ逆十字固めのように引き伸ばして関節や靭帯を痛めつける。
サルディーニャクラッチ
ザ・グレートサスケがヒールレスラーのSASUKEとして活動していた頃に披露したデルフィンクラッチと同型の技。不仲なスペル・デルフィンを馬鹿にする為に披露したムーブであり、サルディーニャとはスペイン語で"鰯"のことを指す。
サルト
カール・ゴッチが前田日明に伝授した12種類のスープレックスの1つ。形は閂スープレックスと同型の技。
サルト・モルタル
サマーソルトキック
猿飛びプランチャ1号
みちのくプロレスのザ・グレートサスケがかつて使用していた空中殺法。まず相手を場外へ落として自分はトップロープを両手で掴み、体を大きくジャンプさせてトップロープの上に両足で飛び乗る。そのあと場外へと飛び降りながら体を右方向に360゜錐揉み回転させ、そのまま場外にいる相手に体全体で体当たりする。
猿飛びプランチャ2号
ザ・グレートサスケがかつて使用していたラウンディングボディープレス式のプランチャ。まず相手をコーナー右隣にある場外の方へと転落させ、自分はリングに背を向けた状態でコーナー左隣から伸びるトップロープの上に両足で飛び乗る。そのあと体を右方向へと捻ってコーナー右隣のトップロープの上を飛び越えるようにジャンプし、空中で体を更に右方向へ180゜水平旋回させながら場外にいる相手に体当たりする。
猿の惑星
アジアンエキスプレスのアジアン・モンキーが使っていたダメージリフレックスと同型の技。
猿回し
プロレスリング華☆激の日高洋輔が使っていたスリングブレイドの名称。
サルモネラ
DRAGON GATEのCIMAが使うジャンピングパイルドライバーの名称。
三角蹴り
DRAGON GATEの望月成晃が使う打撃技。まず助走をつけて目の前にあるコーナーを駆け上がり、左足をセカンドロープに、右足をトップロープにそれぞれ着地させる。そのあと体を翻してリングへとジャンプしながら右足を振り抜き、コーナーに背中を向けて立っている相手の後頭部を右足の甲で蹴り飛ばす。現在はコーナーの方を向いている相手の顔面を蹴り飛ばすタイプの三角蹴りをフィニッシュとして多用している。
三角締め
橋本真也が代表的な使い手として知られる古典的なサブミッション。仰向けになった相手の頭の側に移動して相手の片腕を両手で掴み、掴んだ腕と相手の首を自分の両足の間に挟み込む。そしてマットに背中から倒れこんだあと掴んだ腕を捻りながら両足に力を込め、頚動脈を圧迫して相手をタップに追い込む。ちなみにこの仕掛け方は「後三角絞め」と呼ばれるのが正確であるが、当サイトではこの技を三角締めとして説明に用いていく。
三角跳びプランチャ
中西百重やジョニー・ストームの代名詞となっている難易度の高い空中殺法。リング内で助走をつけたあとコーナーのセカンドロープを踏み台にしてトップロープへ駆け上がり、そのまま場外へとジャンプして場外にいる相手に体を広げて体当たりをする。
三角跳びマッドスプラッシュ
闘龍門XのミニCIMAが愛用していたフィニッシャー。相手を仰向けに倒したあと相手の側のコーナーに向かって走り、セカンドロープを踏み台にしてトップロープに両足で飛び乗る。そのあと体を翻しながらリングへジャンプし、マッドスプラッシュの要領で手足を動かしながら相手をプレスする。
斬岩剣
男色ディーノとタッグを結成した真霜"斬岩剣"拳號が見せた垂直落下式ブレーンバスターの呼び名。ディーノが脱いだタイツの片足の部分に自分の頭を通し、首に掛かったタイツの中に前屈みになった相手の頭を押し込んでから技を仕掛ける。
三冠パワーボム
川田利明がかつて三沢光晴との三冠ヘビー級タイトルマッチで披露した荒技。パワーボムフランケンシュタイナーで切り返そうとした相手の体を宙吊り状態にし、そのまま両膝をつくように倒れ込んで相手を頭からまっ逆さまにマットへ叩きつける。別名は垂直落下パワーボム
ザンギエフドライバー
インパクト・レスリングのキッド・キャッシュが愛用する雪崩式みちのくドライバー2の名称。
三脚巴
大日本プロレスの石川晋也が使っていたサブミッション。通常の卍固めを極めたあと相手の右手首を両手で掴んで腕を自分の方に引き寄せ、スタンディングの腕ひしぎ十字固め風に腕を絞っていく。石川が引退した現在は同じ大日本プロレスの橋本和樹が技を受け継いでいる。
サングリア
みちのくプロレスなどで活動中の佐藤秀が使っている雪崩式のクレイドルショック
サンジェイカッター
TNAなどで活躍中のサンジェイ・ダットが使うアサイDDTと同型の技。
斬首
政宗が使うフェイマサーの名称。
三十二文ロケット砲
全日本プロレスのジャイアント馬場が使っていた破壊力抜群のドロップキック。現在は石川修司が使うドロップキックがこの名で呼ばれている。
三四郎スタナー
DDTプロレスリングの高木三四郎が愛用している変形のインプラントDDT。まずハーフハッチスープレックスのクラッチで相手の上半身を抱え、相手のタイツに右手を添える。そのあと相手の体をマットと水平の高さになるまで抱え上げて尻餅をつき、うつ伏せの状態で落下させた相手の体をマットに叩きつける。
三四郎スタナー2000
高木三四郎が使用する改良型の三四郎スタナー。リバースフルネルソンに捕らえた相手の体をマットと水平の高さになるまで抱え上げて尻餅をつき、うつ伏せの状態になった相手の体を自分の左サイドへと叩きつける。
三四郎ダスト
高木三四郎が使うゼロ戦クラシャーと同型の技。
三四郎ボトム
高木三四郎が使っているHエッジと同型の技。
三四ロック
高木三四郎が使うコブラクラッチクロスフェイスの名称。
サンシローズライン
高木三四郎が使っている打撃技。ロープに跳んで助走をつけようとする相手の後を追い、相手がロープを背にした瞬間に喉元へクローズラインを叩き込む。
サンズ・オブ・タイム
WWEで活躍中のジンダー・マハルが使うデス・バイ・ロデリックと同型の技。
サンセット
前方回転エビ固め
サンセットフリップ
サマーソルトドロップバックワードダイブとも呼ばれる基本的なムーブ。相手を仰向けに倒したあと助走をつけてジャンプし、空中で体を前方回転させながら落下して相手をセントーンの形でプレスする。
三蔵シュタイナー
みちのくプロレスに登場した三蔵法師の必殺技。形はフランケンシュタイナーと同型。
サンダーエクスプレス
アレックス・シェリー&クリス・セイビンのタッグチーム、"モーターシティ・マシンガンズ"が愛用するコンビネーション。まずシェリーが相手の体をカナディアンバックブリーカーで右肩に担ぎ上げ、助走をつけたセイビンが正面から近づいてくるのを見計らってコンプリートダストを仕掛ける。そのあと回転する相手の顎の下に右腕を、首の後ろに左腕を回したセイビンが両足を前に投げ出すようにジャンプし、セイビンが抱えた相手の体をダイヤモンドカッターの形でマットへ叩きつける。
サンダーガン
新日本プロレスで開催された"WORLD TAG LEAGUE 2016"に登場したブライアン・ブレイカー&リーランド・レイスのコンビネーション。形はモリ不知火とほぼ同型。
サンダーストーム
北尾光覇が開発した4の字式のジャイアントスイング。まず仰向けになった右膝の裏に内腿の方から左腕を滑り込ませ、右手で掴んで折り曲げた相手の左足を相手の右膝の上へとあてがう。そのあと自分の左腕を相手の左足首の上へと回すことで相手の両足をロックし、ジャイアントスイングの要領で相手の体をぶんぶんと振り回す。
サンダースプラッシュ
スターダムなどで活躍中の紫雷イオが使っているフロッグスプラッシュの名称。
サンダーソルトドロップ
DIAMOND RINGの佐々木健介が使っているフェニックスセントーンの名称。
サンダーデスドライバー
新日本プロレスの永田裕志が愛用しているフィニッシャー。ブレーンバスターで相手を垂直に持ち上げながら体を右方向へ180゜錐揉み回転させ、上下逆さまの状態で落下させた相手の体をマットへと叩きつける。
サンダーバレー
プロレスリング・ノアなどで活動中のマイキー・ニコルス&シェイン・ヘイストのタッグチーム、"TMDK"が使うデイアフタートゥモローと同型の技。
サンダーファイヤーパワーボム (1)
"邪道"大仁田厚が愛用している代名詞的な必殺技。カナディアンバックブリーカーの要領で相手を右肩に担ぎ上げたあとマットに右膝をつき、前方へと落下させた相手の背中をマットへ叩きつけてフォールを奪う。大ベテランの域に達し筋力が落ちた現在は落差の少ない投げっ放しパワーボムをこの名前で使用しており、また結果表記などでは"Thunder Fire Power Bomb"の頭文字を並べてTFPBと表記されることも多い。
サンダーファイヤーパワーボム (2)
みちのくプロレスのザ・グレートサスケが愛用しているフィニッシングムーブ。相手をレーザーズエッジでマットに叩きつけ、エビ固めの形で丸まった相手の体を押さえ込んでフォールを奪う。
サンダーファイヤー1号
大仁田厚が全日本プロレス時代に愛用していた必殺技の1つ。カナディアンバックブリーカーの要領で相手を右肩に担ぎ上げ、自分の体を軽くジャンプさせる。そのあと体を後ろに倒して背中からマットに倒れ込み、後方へと落下させた相手の後頭部や背中をマットへと叩きつける。
サンダーファイヤー2号
大仁田厚が開発したサンダーファイヤーパワーボムの原型となったムーブ。カナディアンバックブリーカーの要領で相手を右肩に担ぎ上げ、相手を担いだまま軽く助走をつける。そのあと腹這いに倒れ込みながら相手を前方へと放り投げ、相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
サンダーブレイク
諏訪間幸平と本間朋晃が使っていたニアデスエクスペリエンスと同型の技。
サンダーライガーボム
新日本プロレスの獣神サンダーライガーが愛用しているフェイバリットホールド。相手を肩の高さまで抱え上げたあと助走をつけてから決めるライガーボムであり、通称ランニングライガーボムとも呼ばれる。
三代目タイガースープレックス
田中稔が金本浩二の保持するIWGPジュニアヘビー級タイトルに挑戦する際に編み出した必殺技。形はタイガースープレックスホールドと同型だが、相手の背中に添えた両手の人差し指、中指、薬指を突き立てて数字の3を表す形にしている点が特徴である。
サンタマリア (1)
DIAMOND RINGなどで活動中の"brother"YASSHIが6マン・タッグマッチで使う反則技。対戦相手2人の股間を両手で鷲掴みにし、残った相手の股間に噛み付いて3人の股間に同時にダメージを与える。
サンタマリア (2)
プロレスリング・ノアなどで活動中のリッキー・マルビンが使っているワンダーホイールと同型の技。マルビンが右脇から、鈴木鼓太郎が左脇から相手の体をワンダーホイールの要領で抱え上げ、上下逆さまになった相手の体をマットに叩きつける合体サンタマリアといったバリエーションも存在する。
サンタマリア (3)
全日本プロレスで結成されたKENSO&カズ・ハヤシのタッグチーム、"TEAMビチッと!"が2011年の世界最強タッグ決定リーグ戦用に開発した合体殺法。KENSOが相手の体をシーソーホイップで投げ飛ばし、宙に浮いた相手の頭をジャンプしながらキャッチしたカズがスタナーを叩き込む。
サンタモニカ・ピア
田中稔が新日本プロレス時代に行ったアメリカ遠征の際に考案したムーブ。スターネスダストαの要領で持ち上げた相手の体をファイヤーマンズキャリーのような感じで肩の上に着地させ、右半身から倒れ込んで相手の後頭部や背中をマットへ打ちつける。
サンティート
"聖者"エル・サントが使っていた足を活用したフルネルソン。まず相手の両腕をサーフボードストレッチに捕らえ、掴んだ両腕を背中の方まで反り上げる。そのあと自分は背中からマットに倒れ込んで両足を大きく開き、相手の両腕を自分の両足で外側から挟み込んで肩を痛めつける。海外ではロータスロックと呼ばれることが多い。
サンティーノスタナー
WWEのサンティーノ・マレラが使っている必殺技の1つ。相手の首を抱えたあと尻餅をつくのではなく、自分の両足を前後開脚しながら決めるスタナーである。
サンドイッチブロディキック
WCWで活躍していたロン・ハリス&ドン・ハリスのタッグチーム、"クリエイティブ・コントロール"がECWで"DOA"と名乗っていた頃に使っていた合体殺法。ロンとドンが相手の左右にそれぞれ移動して助走をつけ、2人が同時にフロントハイキックを放って相手の頭部を2人の足でサンドイッチにする。
サンドカッター
gosakuが使う雪崩式エースクラッシャーと同型の技。
サンドストーム
gosakuが使っている変形のエメラルドフロウジョン。リングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、自分は相手に背を向けながら相手の首の後ろに右手を回す。そのあと相手の体をオクラホマスタンピードの形で右肩に担ぎ上げ、相手の左腕を左手で掴む。最後に体を前傾させながらマットに尻餅をつき、前方へ落下させた相手の背中を自分の両足の間へと叩きつける。
サンドストーム2
gosakuが使うコンプリートダストの亜流技。リングに背を向ける格好で相手をコーナー最上段に座らせ、自分は相手に背を向けて相手の体をカナディアンバックブリーカーの形で右肩へと担ぎ上げる。そのあと掴んでいた相手の上半身を下方向へと引っ張り、その勢いで相手の体に180゜の後方回転を加える。最後に相手を抱えたままマットに尻餅をつき、うつぶせの状態になった相手の体を自分の両足の間へと叩きつける。
サンドバックジョーカー
空牙が自身が率いるヒールユニット"JOKER"のメンバーと行うコンビネーションの1つ。相手の左サイドに陣取った空牙が相手の左腕を両手で、右サイドに陣取ったパートナーが相手の右腕を両手で掴んで相手をロープにハンマースルーし、ロープから返ってきた相手の腹部に空牙が右足で、パートナーが左足でそれぞれトーキックを叩き込む。そのあと空牙が相手の右腕を左手で、パートナーが左腕を左手で掴んで腕を捻り上げ、空牙が右手で相手の右側頭部に裏拳を叩き込むと同時にパートナーが相手の左側頭部目掛けてのパンチ、ジャンピングハイキックフロントハイキックのいずれかを放って相手の頭部を2人の打撃でサンドイッチにする。
三人ドライバー
DDTプロレスリングで結成された"DISASTER-BOX"の男色ディーノ、魔ッスル坂井、猪苦魔裕介が使っていた合体殺法。坂井が肩車で担ぎ上げた相手を猪苦魔へトスし、猪苦魔が水車落としの要領で相手を担ぐ。続いて猪苦魔が背後にいるディーノへショルダースルー気味に相手を渡し、上下逆さまになった相手の頭をディーノがタイツの中に挿し入れる。最後に坂井が相手の左足を左手で、猪苦魔が右足を右手で掴んだポーズをとったあとディーノが尻餅をつき、相手を男色ドライバーの形でマットに叩きつける。
サンボスープレックス
DDTプロレスリングの大石真翔がデビュー当時から得意としている裏投げの呼び名。
サンボパッケージ
PSYCHOが大石真翔を撃破した時に披露した丸め込み技。まず相手の左脇に胸の方から左腕を差し込んで相手を腰投げ風に放り投げ、相手を背中からマットに叩きつけたあと自分の体を相手の方に転がす。そしてその勢いを生かして相手の上半身を引き起こし、尻餅をついた相手の背後に体を回り込ませて相手の右腕を右手で掴む。最後に掴んだ右腕を両足で挟み込んで相手の体を左方向に転がし、両肩をマットにつけた相手を自分は腹這いになりながら押さえ込む。ZERO1マットにおいて不動力也を同型の技で丸め込んだ時にはビーフパッケージという名前が付けられた。
サンマロール
プロレスリングFREEDOMSの進祐哉がSUSUMU時代から使っている丸め込み技。まずスカイデスペシャルの要領で相手の体をうつ伏せにひっくり返し、相手の右サイドに尻餅をつくように着地する。そのあと四つん這いになった相手の右腕を自分の股の間に正面から挟み込み、更に自分の左腕を相手の左脇に背中の方から引っかける。最後に相手の後頭部を右手で押さえつけながら腹這いに倒れ込み、前屈状態になった相手の両肩をマットにつけてフォールを奪う。
山門
松山勘十郎が使っているダイビングボディープレスの呼び名。
サンライズボム
CZWなどで活躍している"スパイラル"BKNYのフィニッシャー。まずサイドスープレックスのクラッチで相手の胴体を抱え、自分の右足を前方へと軽く振り上げ反動をつける。そのあと相手を抱えたまま体を360゜前方回転させてマットに尻餅をつく形で着地し、その勢いで後ろにひっくり返した相手の後頭部や背中を自分の左サイドへと叩きつける。