.
シアキリプス
インパクト・レスリングのソニー・シアキが愛用していた変形のスイングネックブリーカードロップ。まず前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、右手で掴んで持ち上げた相手の左腕を自分の首の後ろに引っ掛ける。そのあと自分の体を左方向に180゜錐揉み回転させて背中からマットに倒れ込み、その勢いで仰向けにひっくり返った相手の後頭部や背中をマットへ叩きつける。旧名はマネークリップ
シアキリプス・ナウ
ソニー・シアキが愛用していたエゴイストドライバーと同型の技。
シアター・オブ・ペイン
オールドボーイ
シーイングレッド
アメージング・レッドが使っているメサイヤと同型の技。
シーサークラッチ
DRAGON GATEのスペル・シーサーが使っているレッグロールクラッチの名称。
シーサーサイクロン
鳴門海峡
シーサーズクラッチ
スペル・シーサー&シーサーBOYが披露したコンビネーション。スペル・シーサーがSAITOスペシャル5号で相手の体を丸め込み、尻餅をついたスペル・シーサーの頭の上を助走をつけたシーサーBOYが背後から飛び越える。そのあと宙に浮いたシーサーBOYが丸まった相手の右足を左手で、左足を右手で抱え込み、体をブリッジさせながらマットに着地して相手をジャックナイフホールドの形で押さえ込む。
シーサークロス
サザンクロス
シーサースープレックスホールド
全日本プロレスのファン感謝デーに登場したシーサーマスクのフィニッシャー。形はサブマリナースープレックスと同型。
シーサーボム
ファイナルシーサー
ジーザス
DRAGON GATEのドラゴン・キッドが愛用するエアリアルムーブ。相手を仰向けに倒したあとコーナー右隣のエプロンに移動してトップロープを掴み、体をジャンプさせてトップロープに両足で飛び乗る。そのあとロープから腕を離してコーナー左隣にあるトップロープへと飛び移り、トップロープに尻餅をつく形で着地して相手にアラビアンプレスを叩き込む。
ジーズワックス
ブラックジーズことサビアンが大日本プロレスで披露したマッシュルームストンプの呼び名。
十三不塔
ZERO1などで活躍中の菅原拓也が愛用するフィニッシングムーブ。相手をレイネーラの要領で背中に担ぎ上げ、自分の体をその場で回転させて相手の体を痛めつける。そのあと回転を止めて股の間に挟んでいた相手の左腕を解き放ち、右半身から倒れ込んで上下逆さまになった相手の体をマットへ叩きつける。名前の読み方は"シーサンプータ"で、この名前になる以前はバッキンガムドロップと呼ばれていた。
シーソーホイップ
メキシコではカタプルパと呼ばれるオーソドックスなムーブ。仰向けになった相手の右足を左脇に、左足を右脇に抱え込み、相手の足を抱えたまま自分の体を後ろへと倒す。そしてその反動を利用して倒れている相手の体を無理やり引き起こし、背中から着地すると同時に足を抱えていた腕を離して相手の体を放り投げる。
じいちゃんラナ
九州プロレスのがばいじいちゃんが使うウラカン・ラナ・インベルティダの呼び名。
シーテッドボム
WLWなどで活動しているブル・シュミットのフィニッシャー。形はアッサムボムと同型。
シープウイング2
ZERO1の高西翔太が使っている必殺技の1つ。相手の上半身を龍虎固めのクラッチで固めたあと自分の体を左方向へと軽く捻って反動をつけ、上半身を右方向へと振った勢いで相手の体を右方向へ180゜回転させる。そのあと相手の上半身を抱えたまま背中からマットに倒れ、前のめりに倒れ込ませた相手の顔や胸を自分の右サイドへと叩きつける。
ジ・インパクト
JCWなどで活動中のブランドン・トマセーリが使っているダブルアーム式のデス・バイ・ロデリック。まず相手の上半身をリバースフルネルソンに捕らえ、相手の体を垂直に近くなるまで抱え上げる。そのあと背中からマットに倒れ込みながら膝を突き出すように両足を折り畳み、うつ伏せの状態で落下してきた相手の腹部に突き立てた両膝をめり込ませる。
シェイク・ラトル&ロール
WWFで活躍していたホンキー・トンクマンの必殺技。形はスイングネックブリーカードロップと同型。
シェイパー
タイムスライス
シェイブリッジ
JDスター女子プロレスの東城えみが得意としていたスープレックス。まず前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、右手で掴んで持ち上げた相手の左腕を自分の首の後ろに引っ掛ける。そのあと相手の股の間に正面から右手を差し込んで体をブリッジさせ、後方に反り投げた相手の背中をマットに叩きつけてそのままフォールを奪う。
ジェイルロック
DDTプロレスリングの猪熊裕介が使う監獄固めと同型の技。
ジェジョスクラッチ
DDT NEW ATTITUDEのワンチューロが使っている丸め込み技。四つん這いになった相手の左腕をラ・マヒストラルの要領で自分の股の間に挟み込み、相手の足がある方へと視線を向けて相手の股の間に右腕を差し込む。そしてそのまま尻餅をつくように腰を落とすことで相手の体を前方へと転がし、両肩がマットについた相手の体を強引に上から押さえ込んで3カウントを奪う。
ジェット
フライングジェット
ジェットスタンプ
フロントジェット
ジェットストリームアタック
DDTで行われる6マンタッグマッチでかつて頻繁に見られたムーブ。相手をコーナーにハンマースルーしたあとタッグパートナー3人が対角線上にある反対側のコーナーへ移動し、1列に並んでポーズを決めたあとコーナーに寄りかかる相手に串刺し式の攻撃を連続で浴びせていく。
ジェットプール
プロレスリング・ノアで活動中のSUWAが愛用するエレクトリックチェアの名称。
ジェニュイン・ラナ
MIKAMIが使うストラタスフィアと同型の技。
ジェネサイド
ユニオンプロレスなどで活躍しているライアン・ジェネシスのフィニッシングホールド。形はデスバレーボムと同型。
ジェネシス
プロレスリング・ノアのムシキングテリーが使っていたフィニッシングムーブの1つ。まず前屈みになった相手の頭を自分の股の間に正面から挟み込み、背中の方から相手の左脇に右腕を、右脇に左腕を差し込んで腕を相手の首の後ろの方へと回す。そのあと仰向けにひっくり返すような感じで持ち上げた相手の腰を両手で抱え直して尻餅をつき、落下させた相手の背中を自分の両足の間へ叩きつけてフォール奪う。名称未確定時にはテリードライバーという仮名が付けられていた。
ジェネラルアネシージア
Dr.スティービーことスティービー・リチャーズがTNAで愛用していたフィニッシャー。形はコブラクラッチと同型で、グラウンドに相手を引き込み胴締め式で技を極めることが多かった。
ジェネラルオーダー24
CZWで活躍中のダニー・ハボックが使っているリストクラッチ式のデスバレーボム。まず相手の体をファイヤーマンズキャリーの要領で肩に担ぎ上げ、左手で掴んだ相手の右腕を相手の右腿の外側へと持っていく。そして相手の右手首を右手で掴み直したあと相手の首の後ろに左腕を回し、左半身から倒れ込んで相手の後頭部や背中をマットへ叩きつける。
ジェノサイド
KAIENTAI-DOJOなどで活動していたMIYAWAKIのフィニッシングムーブ。パーフェクトドライバーの要領で相手の体を抱え上げたあと左半身から倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の体を自分の左サイドへ叩きつける。
ジェムカッター
ECWで活躍していたサイモン・ダイアモンドのフィニッシャー。形はダイヤモンドカッターと同型。
シェリークラッチ
新日本プロレスで活動中のアレックス・シェリーが使うトケ・デ・エスパルダスの呼び名。
シェリーヘッド
IWCのシェリー・ドゥーが愛用していたダブルアームDDTの名称。
シェリーヘッドNo.2
シェリー・ドゥーが使うWA4と同型の技。
シェリーヘッドNo.33
シェリー・ドゥーが使っているハリケーンドライバーの名称。
シェルショック
アレックス・シェリーが使うスイング式のコンプリートショット。まず向かい合った相手の右肩の上に左腕を引っ掛け、自分の右膝を軽く折り曲げて相手の体を後ろに仰け反らせる。続いて仰け反った相手の背中を立てた左腿の上に接触させ、自分の上半身を右方向に捻りながら右手を横に広げポーズをとる。最後に自分の上半身を左方向に振りつつ背中からマットに倒れ込み、その勢いで前のめりに倒れこんだ相手の顔面をマットへと痛打させる。
シェル・ショックト
WWEのライバックが使っているフィニッシングホールド。まず向かい合った相手の体にフィッシャーマンズスープレックスの要領で腕を絡め、持ち上げた相手をファイヤーマンズキャリーのような格好で自分の両肩の上に着地させる。そのあと相手を担いだまま円を描く形で行進して背中から倒れ込み、落下させた相手の後頭部や背中を豪快にマットへ叩きつける。
ジェロドライバー
いたばしプロレスリングの守部宣孝が使っているSDAと同型の技。
ジェロドライバー2005
守部宣孝が2005年に公開したナイアガラドライバーの名称。
シエロ・ペルフェクト1
AKINOがアルシオン時代に使っていたスワンダイブ式ドラゴン・ラナ。まずエプロンに移動してトップロープを両手で掴み、体をジャンプさせてトップロープの上に両足で飛び乗る。続いてロープから腕を離してリングへと跳躍し、空中で体を360゜前方回転させる。最後に自分の方を向いて立っている相手の首を正面から両足で挟み込み、相手をウラカン・ラナ・インベルティダの要領で瞬時に丸め込む。
シエロ・ペルフェクト2
AKINOが愛用していたエアリアルムーブ。ドラゴンズレイの要領でコーナーに飛び乗ったあと体を翻しながらリングへジャンプし、相手に肩車をするように飛びついて瞬時にミステリオ・ラナへ移行する。
ジェンダーベンダー
オーランド・ジョーダンが使っているロール・ザ・ダイスと同型の技。
ジ・エンドタイム
ROHやJCWで活動中のジミー・ジェイコブスが愛用しているグラウンドフロントネックロックの名称。
ジェントルマンズ・アグリーメント
ROHやCHIKARAを中心に活動しているハーレム・ブラバド&ランス・ブラバドのタッグチーム、"ブラバド・ブラザーズ"が使うゴールデンゲートスピンと同型の技。
ジェントルマンズ・コングレス
ワーリング・ダービッシュ
ジェンヌドライバー
LLPWのジェンヌゆかりが使っていたオーロラボムと同型の技。
ジオラ
みちのくプロレスの精霊が使っているジャベタイプのホルヘスペシャルと同型の技。
シカゴクラブ
コルト・カバナが愛用しているラ・サタニカと同型の技。別名はビリーゴート・カース
シカゴスカイライン
コルト・カバナが使っているコーナーを活用した豪快なガットバスター。まず相手の体をファイヤーマンズキャリーの要領で肩に担ぎ上げ、リングの方を向いた状態でコーナーのセカンドロープへよじ登る。そのあと相手の体から腕を離して自分だけ尻餅をつく形でリングに着地し、支えを失って自由落下した相手の腹部をコーナー最上段のターンバックルに打ちつけさせる。プロレスリング・ノアではカバナスペシャルとも呼ばれている。
鹿殺し
新日本プロレスの田口隆祐が愛用しているバータブレイカーと同型の技。
志賀絞め
志賀賢太郎が使っている変形の裏STF。うつ伏せになった相手の左足首をSTFの要領で両腿の間に挟み込み、相手の首と左腕を片羽締めに捕らえる。そのあと体を横方向に転がして自分の背中をマットにつけ、その勢いで仰向けにひっくり返った相手の足や首を複合的に痛めつける。命名は小橋建太によるものであり、この他の候補としてワイキキビーチという名前も挙げていた。
鹿浜ダイナマイト
みちのくプロレスで活動中の南野タケシが使う変形のコブラツイスト。まず尻餅をついた相手の背後に回り込んで相手の右腕の上に右足を引っ掛け、相手の両足の間に自分の右足を着地させる。そのあと相手の左脇に背中の方から右腕を差し込んで相手の左腕を右脇に抱え込み、そのまま相手の脇腹などを痛めつけてギブアップを奪う。
時間差ロープワーク
プロレスリング・ノアの丸藤正道が使っているフェイバリットムーブ。まずロープに跳んだ相手を追いかけるように自分も助走をつけ、相手が接触したロープに自分も接触して反動をつける。そのあと先にロープに接触した相手に背後から接近し、不用意に振り向いた相手の顔面へアックスボンバーを叩き込む。
直伝アッパーブロー
PURE-J女子プロレスのコマンドボリショイが使っているザ・グレートカブキ直伝のアッパーブロー
直伝アップルバスター
道頓堀プロレスやプロレスリング紫焔で活躍中のTORUが使う、アップルみゆき直伝のアップルバスターの呼び名。
直伝デスバレーボム
勇気彩が使っている三田英津子直伝のデスバレーボム
直伝!飛びつき完璧足4の字固め
DDTプロレスリングの彰人が使っている、丸藤正道のアドバイスを参考にして完成させたサブミッション。まず向かい合った相手の目の前でマットに倒れ込んで相手の右足首を左手で掴み、相手の両足の間に正面から右足を差し込む。続いて足をすくわれたことでバランスを崩した相手を後ろへ転倒させ、仰向けになった相手の左足を相手の右膝の上にあてがって足4の字固めを極める。最後にロープに手を伸ばそうとする相手の右腕を左手で、左腕を右手で掴み、両手両足を封じられて身動きの取れなくなった相手をギブアップに追い込む。
直伝トルネードクラッチ
DDTプロレスリングの大石真翔が使っているMEN'Sテイオー直伝のトルネードクラッチ
直伝ファルコンアロー
倉垣翼が使っているハヤブサ直伝のファルコンアロー
直伝GENTAROクラッチ
プロレスリング・ノアのHi69が使う足決め首固めの呼び名。
ジグザグ
WWEのドルフ・ジグラーが使っている飛びつき式の河津落とし。相手の背後に回り込んで体を大きくジャンプさせ、相手の首の後ろに右腕を、左肩の上に左腕をそれぞれ回す。そのあと背中からマットに落下する勢いで相手の体を後ろにひっくり返し、相手の後頭部を強かにマットへ打ち付ける。
シクロン・ラナ
シクロン・ラミレスが愛用した華麗な空中殺法。相手に高い高いをされるような格好で宙に放り投げられた際に空中で体勢を整え、相手の体をカウンターのウラカン・ラナ・インベルティダで丸め込んで瞬時にフォールを奪い去る。
ジグントニック
CZWやCHIKARAで活躍中のジグソーが愛用するインプラントと同型の技。
シゲヒロファイナルインパクト
DDTプロレスリングの入江茂弘が使うヨコヅナファイナルインパクトと同型の技。初公開時には名前が決まっていなかったため、試合結果では腕決めパイルドライバー(仮)とリリースされていた。
地獄落とし
大阪プロレスの初代えべっさんが使っていたアングルスラムと同型の技。
地獄固め (1)
アントニオ猪木が使っていた鎌固めと同型の技。
地獄固め (2)
DDTプロレスリングなどで活動中の石川修司が使うオリジナルホールド。まず仰向けになった相手の両足を監獄固めの要領で固め、相手の頭を掴んで相手の上半身を引き起こす。そのあと相手の両腕をの形で自身の両脇に抱え込み、身動きの取れなくなった相手の頭部にヘッドバットを何度も見舞っていく。
地獄車
ゴートゥーヘブン
地獄締め
高阪剛が愛用していた前田日明直伝のサブミッション。相手の下半身をSTFの要領で固めたあと相手の背中に覆い被さるように倒れ込み、相手の上半身をチキンウイングフェイスロックで捕獲する。
死国突き
みちのくプロレスに参戦していた死国衛門三郎の得意技。グローブの中に凶器を詰め込んでから地獄突きを放つ。
地獄突き
アブドーラ・ザ・ブッチャーが愛用している打撃技。片手の手の平を上にした状態で構えを取り、手の指先を綺麗に揃える。そのあと腕を相手に向かって鋭く突き出し、相手の喉元に指の先をめり込ませる。
地獄のカルマ落とし
みちのくプロレスなどで活躍中の佐藤秀が愛用しているアンプリティアと同型の技。
地獄の皇太子は二度死ぬ
大阪プロレスのタイガースマスクがヒール転向後に使い始めた必殺技の1つ。形はハイキックと同型。
地獄の断頭台 (1)
鈴木鼓太郎が使っているオリジナルムーブ。まずリングの方を向いた状態でコーナーのセカンドロープによじ登り、自分の方を向いて立っている相手に向かってジャンプする。続いて膝を突き出すように空中で右足を折り畳み、右足の脛を相手の喉元目掛けて叩きつける。最後にそのまま体重をあずけることで相手の体を後ろへと転倒させ、倒れ込んだ相手の後頭部や背中をマットへと痛打させる。
地獄の断頭台 (2)
DRAGON GATEの谷嵜直樹がパートナーと連携して行う合体攻撃。まずパートナーが相手の体をペンデュラムバックブリーカーの要領で捕獲し、腿の上に乗った相手の体を両手で抱えて固定する。そのあとコーナー最上段から谷嵜が飛び降り、パートナーが支えた相手の喉元目掛けてダイビングニードロップを投下する。コーナーに登った谷嵜が"キン肉マン作者ゆでたまご先生公認、地獄の断!頭!台!"と叫んでから技を放つのがお約束となっている。
地獄へようこそ
DDTプロレスリングのチェリーが使う羽根折り脇固めの呼び名。春夜恋で丸め込んだ相手に対し連続的に仕掛けることが多い。
シザーズDDT
KAIENTAI-DOJOの旭志織が使っている足を活用したDDT。まず前屈みになった相手の首の後ろに正面から右足を引っ掛け、自分の左サイドにあるトップロープを両手で掴んでマットと平行になるように体をジャンプさせる。続いて左足を相手の顎の下に引っ掛けて相手の首を両足で挟み込み、自分の体に右方向への捻りを加えることで相手の体を前屈みにさせる。最後にロープから腕を離して背中からリングへと落下し、両足で挟み込んでいた相手の頭部をマットへ打ちつける。
シザーズキック
WWEのブッカーTが愛用しているフィニッシングムーブ。まず相手の腹部にトーキックを見舞って相手の体を前屈みにさせ、相手の左手にあるロープに跳んで助走をつける。そして相手の側まで戻って来たところで右足を大きく振り上げながらジャンプし、振り下ろした右足の脹脛を相手の後頭部目掛けて叩きつける。
四肢がらみ
スポルティーバエンターテイメントの佐藤泰が使う複合関節技。うつ伏せになった相手の両足をクロス式STFの形で固めたあと相手の上半身をチキンウイングフェイスロックに捕らえ、自分の背中をマットにつけるように転がって相手の体を痛めつける。
しじみ
スターダムの鹿島沙希が使っていた変形の回転十字固め。まずロッキーフェイスボトムの要領で相手の肩の高さまで自分の体を持ち上げ、背中の方から相手の右脇に右腕を差し込む。そのあと相手の背中の方に体を滑り落としながら相手の左腕を両足で挟み込み、その勢いで後ろにひっくり返った相手の体を自分は腹這いになって押さえ込む。同じ島根県出身の日高郁人に伝授されたムーブであり、名前は島根名産のしじみに由来している。
シシリアンクラブ
ECWやTNAで活動していたトニー・ママルークが使っているブロックロックと同型の技。
シシリアンスライス (1)
グイドー・マリタートがECW時代から使っている飛びつき式フェイマサー。リングの方を向いたままコーナーのセカンドロープに登り、右足を振り上げながらリングへジャンプする。そのあと前屈みになった相手の首の後ろに右足を引っ掛けて尻餅をつくようにマットに着地し、その勢いで前のめりに倒れ込んだ相手の顔面をマットに叩きつける。エプロンからリング内に首を出した相手目掛けて決めることも多い。
シシリアンスライス (1)
キッス・オブ・デス
シシリアンドロップ
トミカゼ
シシリアンネックタイ
イタリアンスリーパー
宍・龍華翔
スターダムの翔月なつみが使っている、シュートボクシングの宍戸大樹直伝のコンビネーション。まず突き出した右腕の拳を向かい合った相手の腹部目掛けて叩きつけ、続けざまに左手で放った掌打で相手の顎を跳ね上げる。そのあと相手の右手首を左手で掴みながら自分の体を左方向に180゜回転させ、掴んだ腕を捻った勢いを利用して相手の体を前方へと巻き投げる。名前は"しし・りゅうかしょう"と読み、突きと掌打からハイキック、更にはスピンキックへ繋ぐコンビネーションは宍・龍華翔バージョン2となる。
シスターアビゲイル
WWEのブレイ・ワイアットが使っているシェルショックと同型の技。自分の腿の上に背中を預ける格好になった相手に顔を近づけ、相手の額に口づけをしてからマットに叩きつけていく。
シズニット
CZWのラッカスが使っているロンダート式のフェニックススプラッシュ。仰向けになった相手と軽く距離をとるように後退し、助走をつけながら側転を決めて相手に背中を向けた状態で着地する。そして両足で踏み切ってジャンプしたあと相手がいる方へと体を捻り、更に空中で体を450゜前方回転させて相手の体をボディープレスする。
紫閃光
紫雷美央が使っているグランドハウスキックと同型の技。
次続
L.A.
舌入れ官能固め
DDTプロレスリングの男色ディーノが披露した男色式の押さえ込み技。ディープキスに怯んだ相手の体をマットに押し倒し、キスをしたまま片エビ固めを決めて相手から3カウントを奪い去る。
シダックスA
志田光が使っている丸め込み技。まず風車吊りの要領で相手の体を持ち上げ、尻餅をつくようにマットに倒れ込んで自分の体を後転させる。そのあと自分の両膝がマットについたところで一旦回転を止め、今度は相手を抱えたまま自分の体を前転させる。最後に体を回転させながら相手の肩を極めていた両腕のクラッチを切って転がる相手の右腿を左手で、左腿を右手で抱え直し、両肩がマットについた相手の体をジャックナイフホールドの形で押さえ込みフォールを奪う。
シダックスQ
志田光が使っている改良型のシダックスA。まず風車吊りの要領で相手の体を持ち上げ、膝をつくようにマットに倒れ込んで相手もろとも体を前転させる。そして自分の両膝がもう一度マットについたところで一呼吸おき、そこから体を更に前転させる。最後に体を回転させながら相手の肩を極めていた両腕のクラッチを切って転がる相手の右腿を左手で、左腿を右手で抱え直し、両肩がマットについた相手の体をジャックナイフホールドの形で押さえ込みフォールを奪う。
シダレザクラ
志田光と桜花由美のタッグチーム、"シダレサクラ"が使うコンビネーション。カナディアンバックブリーカーの要領で志田が肩に担ぎ上げた相手の頭部に助走をつけた桜花がビッグブーツを叩き込み、その勢いで半回転しながら落下する相手に志田が体を浴びせて相手を顔面からマットへ叩きつける。
地団太ラリアット
FMWで活躍した冬木弘道が得意としていた独特のムーブから入るラリアット。コーナー近くで両手を掲げて"アー!アー!アー!"と絶叫したあと地団太を踏み、加速をつけたラリアットで相手の首を刈りとる。
七縦七擒
新北京プロレスのジャイアント馬謖が使っているファイヤーサンダーの呼び名。名前の読み方は"しちしょうしちきん"。
七福神固め
大阪プロレスの初代えべっさんが得意としていた固め技。まず仰向けになった相手の右腕を右手で、右足を左手でそれぞれ掴み、持ち上げた相手の右足を相手の右腕の上に引っ掛ける。そのあと右手で掴んだ相手の左腕を相手の右足の下に置き、続けて右手で掴んで持ち上げた相手の左足を相手の右足の上に乗せる。最後に固めた両手足の上に跨るように腰を下ろし、そのまま相手の体を押さえ込んでフォールを奪う。
七福神至宝スペシャルタイタニック
大日本プロレスの大黒坊弁慶が愛用している連続式のボディープレス
七福神至宝スペシャル宝船
大黒坊弁慶が使うMAXPAINとほぼ同型の技。
シックキック
ROHやPWGで活動中のロデリック・ストロングが愛用しているスーパーケンカキックと同型の蹴り技。プロレスリング・ノアに来日した際にはストロングキックという呼び名がつけられた。
シックスフィギュアディール
CZWでクリス・キャッシュ&GQのタッグチーム、"ニュースクール"が使っていた合体殺法。タッグの対戦相手2人を対角線上のコーナーにそれぞれ逆さ吊りにし、2人の顔面をキャッシュとGQが同時にトカレフで打ち抜く。
シッティングジョーブレイカー
インパクト・レスリングのジェフ・ハーディーが得意とする変形のジョーブレイカー。相手の顎の下にジョーブレイカーの要領で頭を潜り込ませたあと開脚ジャンプし、尻餅をついた衝撃で相手の顎に自分の頭をめり込ませる。
シットダウン式ラストライド
DDTプロレスリングや新日本プロレスで活躍中の飯伏幸太が使うビルディングボムと同型の技。
シットダウンパワーボム
国内外を問わず、多くの選手が愛用している豪快なムーブ。パワーボムの要領で相手を担ぎ上げたあと両足を大きく開きながら尻餅をつき、前方に落下させた相手の背中を自分の両足の間に叩きつけてそのまま3カウントを奪う。別名はジャンピングパワーボム
ジップロック
AAAなどで活躍中のコナンが愛用するヌド・ミショネロと同型の技。
紫電一閃
DASH・チサコ&仙台幸子の姉妹タッグチーム、"十文字姉妹"が使っていたコンビネーション。助走をつけて近づいてきたチサコの体を幸子がパサーダの要領で抱え上げ、幸子の背後にいる相手に飛びついたチサコがウラカン・ラナ・インベルティダを決めて3カウントを奪う。
シドマス
ZERO1の崔領二が愛用しているフィニッシングムーブ。まず相手の左脇に背中の方から頭を潜り込ませ、右手で掴んだ相手の右腕を相手の正面へと持っていく。そのあと腿の裏の方から相手の股の間に差し込んだ左手で相手の右腕を掴み、体をブリッジさせて相手を後方へと反り投げる。かつてはストーンヘンジと呼ばれたムーブであり、抱え上げた相手に捻りを加えて前方に落とすタイプなども存在している。
死の舞
宮本和志が武者修行先のアメリカで使っていた打撃のコンビネーション。立っている相手の後頭部へ延髄斬りを見舞い、膝をついた相手の顔面へ間髪入れずにシャイニングウィザードを叩き込む。
死の舞2
宮本和志が使っている相手の後頭部目掛けてのスクリューハイキック
ジハード
大阪プロレスのゼウスが使っているヘラクレスカッターと同型の技。定期参戦していたハッスルでは神々の怒りと呼ばれていた。
柴田クラッチ
柴田勝頼が使っている三角締めと裏十字固めの複合技。まずうつ伏せになった相手の右腕を両手で掴んで持ち上げ、相手の首と右腕を自分の両足で挟み込む。そのあと背中からマットに倒れ込んで掴んだ右腕を捻り上げ、腕の靭帯を痛めつけながら頚動脈を圧迫する。
しばちゃんこ☆ボンバー
U-FILE CAMPの柴田正人が使っている居合い抜きラリアットと同型の技。
ジプシーウェイ
みちのくプロレスのザ・グレートサスケがかつて使用していたカールシックルと同型の技。
自分が垂直落下式バックフリップ
DDTプロレスリングの入江茂弘が使う必殺技の1つ。まず相手をファイヤーマンズキャリーの要領で肩に担ぎ上げ、体を後ろに倒す際にマットを大きく蹴って自分の両足を天井の方へと振り上げる。そして自分の体が上下逆さまになったあとも相手の体から腕を離すことなくリングへ落下し、自分の全体重を乗せた状態で相手の背中をマットへと叩きつける。
死亡遊戯
ZERO1に参戦しているジェイソン・リーが使うヨシタニックの呼び名。
シマーリングウォーロック
グリマーリングウォーロック
シミター
WWEやTNAで活躍したシーク・アブドゥル・バシールことショーン・デバリが使っているダイビングギロチンドロップの名称。
ジム・ブレイクス・アームバー
プロレスリング・ノアで活動中のザック・セイバーJr.が使っているオルフェーブルと同型の技。
地面に槍
飯伏プロレス研究所の飯伏幸太が使っているムーブの1つ。やり投げの要領で相手の体を肩に担いで走り出し、リング中央付近で前のめりに倒れ込んで相手を脳天からマットに叩きつける。
シャー(≧□≦)/
アイスリボンなどで活躍した市井舞が使っていた名前に顔文字を使った珍しいムーブ。コーナーにハンマースルーした相手を追いかけるように自分も助走をつけ、ジャンプしながら膝を突き出すように両足を折り畳んでコーナーに寄りかかった相手の胸板に突き出した両足を叩きつける。
シャークデスバイロック
リアルジャパンプロレスのタイガーシャークが使っているカールシックルと同型の技。
シャークデスバイロック2
タイガーシャークが使っている変形の羽折り脇固め。カールシックルの要領で相手の左腕を自分の股の間に挟み込み、体を右方向へと軽く捻って相手の右腕を両手で掴む。そのあと相手の首の後ろに左足を引っ掛けながら体を後ろに倒し、相手の両腕を関節と逆方向に反り上げてタップを奪う。
シャープシーサー
DRAGON GATEのスペル・シーサーが愛用しているサブミッション。まず仰向けになった相手の右脇に右足のつま先を引っかけ、自分の体を後転させる際に足の力を使って相手をうつぶせにひっくり返す。続いて相手の右腕に右足を絡めたまま上半身を起こして相手の右腕を自分の右膝の間に挟み込み、折り曲げた相手の左足を相手の右膝の裏にあてがって両足を4の字に固める。最後に相手の右足首を右脇に抱え込みつつ相手の右膝のあたりに左手を添え、体重を後ろにあずけることで相手の背中を強烈に反り上げる。
シャープシューター
アメリカで使われているサソリ固めを指す呼び名。この技の名手である"ヒットマン"ブレット・ハートは相手の両足の間に自分の左足を差し込んで技を極める、独特のサウスポースタイルのシャープシューターを得意としていた。
ジャーマンキラー
ZERO1で活躍した浪口修がメキシコから持ち帰った丸め込み技。相手の首の後ろに肩を組むような感じで左腕を引っ掛け、更に外腿の方から相手の右腿の裏に右手を回す。そのあと相手の頭と右足を抱えたまま自分の体を前転させ、その勢いで前方に転がった相手の両肩をマットにつけてフォールを奪う。名前が示す通り中嶋勝彦のジャーマンスープレックス封じの為に編み出された技であり、バックを取られた際に相手の腕のクラッチを切って技に移行することが多かった。
ジャーマンスープレックスホールド
カール・ゴッチがプロレスに取り入れたスープレックスの元祖ともいうべき技。まず相手の背後に回り込んで相手の腰を両腕で抱え込み、自分の両手を相手のへそのあたりでしっかりとクラッチさせる。そして体をブリッジさせる勢いで相手の体を後方へと反り投げ、肩口から相手をマットに叩きつけたあとブリッジを崩さずにフォールを奪う。日本名は原爆固め
ジャーマンドライバー
カール・ゴッチが使っていたツームストンパイルドライバーの元祖と言われるムーブ。まずボディースラムの要領で相手の体を持ち上げ、上下逆さまになった相手の首の後ろに左手を回す。そのあと相手を抱えたまま正座をするように両膝を折り畳み、落下させた相手の頭部をマットへと打ちつける。
ジャイアントガンスタン
ジャイアント・バーナード&カール・アンダーソンのタッグチーム、"バッド・インテンションズ"が愛用していた3D式のガン・スタン。フラップジャックの要領で相手を抱え上げたバーナードの背後にアンダーソンが回り込み、落下してきた相手の頭をキャッチしたアンダーソンがガン・スタンを叩き込む。
ジャイアントキリング
全日本プロレスのジェイク・リーが使うランニング式ニーリフトの名称。
ジャイアントスイング
日本プロレスに登場したロニー・エチソンが日本で初公開した豪快なムーブ。仰向けになった相手の右足を左脇に、左足を右脇にそれぞれ抱え込み、相手の足を抱えたまま自分の体をその場でぐるぐると回転させる。そしてその勢いで相手の体を宙に浮き上がらせ、振り回した相手の三半規管にダメージを与える。自分の三半規管にもダメージを負う諸刃の剣的な技であり、相手より自分がダメージを被ることもしばしば。
ジャイアントスクールボーイ
DDTプロレスリングのKooが使っていたスクールボーイの名称。
ジャイアントスタンプ
仰向けになった相手の胸の上に片足を乗せ、全体重を浴びせながら相手の体を跨ぐという単純明快なムーブ。ジャイアント馬場やビッグショーに代表される巨人レスラーが時折披露している。
ジャイアントスラム
石川修司が使う両腕クラッチ式のアングルスラム。まず背後から相手の左脇に頭を差し込み、腿の裏の方から相手の股の下に潜り込ませた右手で正面にある相手の左腕を掴む。そのあと相手の腹部の方へと回した左手で相手の右腕も掴み、そのまま体を起こすことで相手を仰向けの状態で両肩の上に担ぎ上げた格好になる。最後に相手の両腕を掴んだまま後ろへと倒れ込み、落下させた相手の後頭部や背中を豪快にマットへと叩きつける。
ジャイアントドライバー
Gドライバー
ジャイアントニードロップ
WRESTLE-1の河野真幸が使っているダイビングニードロップの呼び名。
ジャイアントバックブリーカー
全日本プロレスのジャイアント馬場が得意としていた拷問サブミッション。相手の上半身をコブラクラッチに捕らえたあとマットに左膝をつき、後ろに仰け反らせた相手の背中を立てた右腿の上に乗せて体を痛めつける。
ジャイアントフライ
石川修司が愛用する必殺技の1つ。巨体から放たれる豪快なフロッグスプラッシュである。
ジャイアントプレス
230cmの長身を誇るジャイアント・シルバのフィニッシングホールド。リングの方を向きながらコーナーのセカンドロープによじ登り、仰向けになった相手に覆い被さるように倒れ込んで相手をボディープレスする。
ジャイアントボム
WWEで活躍していたグレート・カリがジャイアント・シン時代に使っていた豪快な投げっぱなしパワーボム
ジャイアントマヒストラル
ZERO1の佐藤耕平が使っているラ・マヒストラルの呼び名。
ジャイアントDDT
ジャイアント馬場が使っていたDDTの名称。ゆったり、かつダイナミックなフォームから技に移行するのが特徴である。
シャイニングアタック
葉隠れ
シャイニングイナヅマ
新日本プロレスの垣原賢人が使っていたオリジナルムーブ。シャイニングウィザードの要領でジャンプしたあと相手の胸板に稲妻レッグラリアートを叩き込む。
シャイニングインパクト
WRESTLE-1の武藤敬司がボブ・サップや嵐と連携して使っていた合体殺法。パートナーが相手を肩車したあと武藤がコーナー最上段へ登り、コーナーからジャンプした武藤が担ぎ上げられた相手の顔面にシャイニングウィザードを見舞う。
シャイニングウィザード
武藤敬司が新日本プロレス時代に開発し、プロレス界に一大ムーブメントを起こした必殺技。助走をつけて左膝をついた相手に正面から近づき、相手の右腿の上に自分の左足を乗せる。そして相手の右腿を踏み台にしてジャンプしたあと空中で右膝を折り曲げ、相手の頭部に右足で膝蹴りを叩き込む。四つん這いになったパートナーやレフェリーを踏み台にして技を繰り出すことも多く、別名閃光魔術とも呼ばれている。
シャイニングえべザード
大阪プロレスの初代えべっさんが使っていたシャイニングウィザードの名称。自身の名前を菊タローに変えて以降はシャイニング菊ザードと呼ばれている。
シャイニング乙ザード
ブシロードレスリングでプロレスデビューを果たした長島☆自演乙☆雄一郎の必殺技。マットに片膝をついた相手の正面へと移動して助走をつけ、相手の頭を両手で掴みながら振り上げた右足で相手の左側頭部へ強烈な膝蹴りを叩き込む。技を仕掛ける前に左手の手のひらと右手の甲を相手の方に向け、両手の親指をくっつけて漢字の"乙"の字を表現するポーズをとる。
シャイニング菊ザード
シャイニングえべザード
シャイニングケンカキック
蝶野正洋が武藤敬司との三冠ヘビー級タイトルマッチで初公開したムーブ。シャイニングウィザードの要領で体をジャンプさせ、振り上げた右足の裏で相手の顔面を豪快に蹴り飛ばす。
シャイニングスター
WWEで活動しているエピコ&プリモのタッグチーム、"コロンズ"が使うトータルイリミネーションの呼び名。
シャイニングスタープレス
アメリカのインディー団体で活躍し、スターダムに来日を果たしたサンタナ・ギャレットのフィニッシャー。仰向けに倒した相手の右手にあるロープに跳んで助走をつけ、相手の体を跨ぐように飛び越えて反対側のロープへと近づく。そのあとロープ際で倒立して自分の両腿の裏をロープに接触させ、下半身を前へと倒して両足をマットに着地させる。最後にそのまま上半身を起こすことで相手に背を向けて立つ格好になり、そこから流れるようにスタンディングムーンサルトを決めて相手をフォールする。
シャイニングトライアングル
中邑真輔がかつて愛用していたサブミッション。シャイニングウィザードの要領でジャンプしたあと相手の片腕と首を正面から抱え込み、そのまま三角締めへと移行する。
シャイニングドラゴン
藤波辰爾が武藤敬司との三冠ヘビー級タイトルマッチで披露したシャイニングウィザードと同型の技。
シャイニングニンジャ
AAAで活動中のジャック・エヴァンスが使う空中殺法の1つ。シャイニングウィザードの要領でジャンプしたあと自分の体に180゜の捻りを加え、膝をついた相手の肩に肩車の形で飛び乗る。そのあと相手の頭部を両足で挟み込みながら背中を後ろに仰け反らせ、相手の頭部を低空のリバースフランケンシュタイナーでマットに打ちつける。
シャイニング膝アッパー
SEAdLINNNGの高橋奈七永が愛用しているオリジナルムーブ。シャイニングウィザードの要領でジャンプしたあと右足を折り曲げて膝を突き出し、相手の顎に下から突き上げるような膝蹴りを叩き込む。
シャイニングブリッジ
スターダムの星輝ありさが使っていたクロスアーム式のバックフリップホールド。まず向かい合った相手の右腕を左手で、左腕を右手で掴んで相手の両腕を交差させ、相手の腕を掴んだまま自分の体だけを右方向に180゜捻って相手に背中を向ける。続いて自分の左肩に担ぐ格好になっていた相手の両腕の上に左腕を回して相手の腕をまとめて抱え、自由になった右手で相手の右腿を内側から掴む。最後にファイヤーマンズキャリーの要領で相手を肩に担ぎ上げて体をブリッジさせ、相手の背中をマットに叩きつけたあともブリッジを崩さずそのまま3カウントを奪う。
シャイニングペニザード
HGが開発したオリジナルムーブ。シャイニングウィザードの要領で体をジャンプさせて相手の頭部を両手で掴み、相手の顔面に自分の股間を勢い良く叩きつける。
シャイニングゆザード
スターダムの愛川ゆず季が使っていた武藤敬司公認のシャイニングウィザード
シャウトアウト
WWEで活躍中のJTGが使っているスリングブレイドと同型の技。
ジャガークラッチ
ワールド女子プロレス・ディアナのジャガー横田が得意とする丸め込み技。まず尻餅をついた相手の背後へ回り込んで自分もマットに腰を下ろし、背中の方から相手の胴体を両足でがっちりと挟み込む。そのあと自分の体を横方向に捻った勢いで相手を仰向けにひっくり返し、両肩がマットについた相手の体を外道クラッチの形で押さえ込んでフォールを奪う。
ジャガー式スープレックス
ジャガー横田が使う独特の入り方から仕掛けるクロスアームスープレックス。向かい合った相手の右腕を左手で、左腕を右手で掴んだあと自分の右腕の下を相手に潜らせ、そのまま相手の背後に回り込むことで掴んでいた両腕を交差させる。そして体をブリッジさせる勢いで相手の体を後方に反り投げ、肩口から相手をマットに叩きつけたあとブリッジを崩さずにフォールを奪う。
ジャガー式バックドロップホールド
ジャガー横田が使っている足抱え式のバックドロップホールド。まず背中の方から相手の右脇に頭を潜り込ませて相手の腰に左腕を回し、相手の右脛のあたりを右手で掴んで相手の右足を折り畳む。そして折り畳んだ相手の右膝を抱えるように自分の両手をクラッチしたあと体をブリッジさせ、その勢いで反り投げた相手を肩口からマットに叩きつけて3カウントを奪う。
ジャガラギ
みちのくプロレスで活躍中のラッセが使っているファイヤーバードスプラッシュの名称。ジャガラギとはねぶた祭りで使われる手振り鉦の名前である。
ジャガラギ捻り
ラッセが使っているフェニックススプラッシュの名称。
ジャギーパニッシャー
JWP女子プロレスなどで活躍した矢樹広弓がJaggyとして活動していたときに考案したフィニッシャー。まず相手の首をリバースDDTの要領で左脇に抱え込み、外腿の方から相手の右腿の裏に右手を回す。そのあと相手の体をマットと水平になる高さまで持ち上げ、相手に体を浴びせかけるように倒れ込んで相手の後頭部をマットへ叩きつける。
市役所固め
ドン荒川が使っている変形の足4の字固め。まず仰向けになった相手の右足を左手で、左足を右手で掴んで持ち上げ、腿の裏の方から相手の両足の間に右足を差し込む。そのあと相手の左足に絡めた右足を相手の左脇腹の横に着地させ、折り曲げた相手の左足を相手の右膝の上に乗せることで両足を4の字に固める。最後に伸びている相手の右足を自分の左腿の上に乗せながら中腰の状態になり、相手の左足を右手で上から押さえつけることで相手の右膝を痛めつける。
邪外殺し
新日本プロレスのタイチが左膝の怪我から復帰したあとに使い始めたムーブ。前屈みになった相手の後頭部を両手で押さえつけ、ニーブレイスをはめた左膝で相手の顔面にかち上げるような膝蹴りを叩き込む。
蛇剣神滝
カオスブレイク
ジャコビニ流星キック
みちのくプロレスなどで活躍中の佐藤恵が愛用している三角蹴りの名称。
ジャズスティンガー
ECWやWWEで活躍したジャズが使っていたXファクターと同型の技。
ジャスティススパイク
SPWFの超人勇者Gヴァリオンが使っていたモアイ・オブ・イースターと同型の技。
ジャストフェースロック
KAIENTAI-DOJOのTAKAみちのくが愛用しているフィニッシングホールド。うつ伏せになった相手の右サイドに腰を下ろして相手の頭部をフェイスロックに捕らえ、体重を後ろにあずけることで相手の首や背中を強烈に反り上げる。実際はフェイスロックというよりスリーパーホールドに近い形で技を決めることが多い。
ジャストフェースロック2006
TAKAみちのくが2006年から使い始めた拷問式ジャストフェースロック。まず相手の体をジャストフェースロックに捕らえ、ロープに逃がれようとする相手の鼻のあたりに右腕を巻きつけ直す。続いて自分の右腕に自分の左腕を交差させるように絡め、相手の視界を塞ぎながら顔面やこめかみを絞り上げる。最後に自分の体を横方向に1回転させて相手と共にリングの中を転がり、ロープから遠ざかった相手の背中を反り上げ直してタップを奪う。
ジャストメッシンアラウンド
WCWやWWEで活躍したジョニー・スタンボリが使っていたフィニッシングホールド。ワンステップでコーナー最上段に飛び乗ったあと体をリングの方へ翻すようにジャンプし、仰向けになった相手の首にダイビングギロチンドロップを叩き込む。別名はターボレッグドロップ
蛇櫓
政宗が使うリバースバイパーホールドの名称。
しゃちほこ
ハッスルで活躍していた海川ひとみ&\(^o^)/チエ&KUSHIDAのコンビネーション。海川が相手の左足をアンクルロックで捻り上げ、うつ伏せになった相手の右腕を\(^o^)/チエ、もしくはKUSHIDAが脇固めに捕らえる。
しゃちほこクラッチ (1)
佐藤恵&佐藤秀がしゃちほこマシーン3号&4号として活動していたT2P時代から愛用している連携殺法。恵が外道クラッチで丸め込んだ相手の両足を掴んだ秀が続けざまにジャックナイフホールドを決め、相手の体を2人がかりで押さえ込んで3カウントを奪い去る。
しゃちほこクラッチ (2)
DRAGON GATEのしゃちほこマシーンが使っているカサドーラの名称。相手に飛びついたあと背中をしゃちほこのように反らせてから技を決めるのが特徴である。
社長副社長
プロレスリング・ノアの社長である田上明と副社長である丸藤正道が公開した喉輪落としと不知火の融合技。丸藤が不知火の体勢に捕らえた相手の喉元を田上が右手で鷲掴みにし、膝を屈伸させた丸藤が270゜後方回転するようにその場で体をジャンプさせる。そのあと丸藤が相手の背後へと落下するのに合わせて田上が体を前傾させ、その勢いで後ろに転倒した相手の後頭部や背中をマットに痛打させる。
ジャッカル・イン・イモーション
F-5
ジャックえびす
大阪プロレスの三代目えべっさんが使うジャックナイフホールドの呼び名。
ジャックスパロウ・ナイフ
スターダムの宝城カイリが使っている丸め込み技。相手の体をスクールボーイで丸め込んだあと自分の体だけを仰向けにひっくり返し、相手の右腿の裏に右腕を、左腿の裏に左手を回して寝転びながら相手を肩車したような格好になる。そのあと相手の両足を抱えたまま自分の背中をブリッジするように仰け反らせ、相手の体を強引に押さえ込んで3カウントを奪取する。
ジャックナイフ式パワーボム
新日本プロレスのYOSHI-HASHIが使っているパワージャックと同型の技。
ジャックナイフパワーボム
ケビン・ナッシュが愛用しているシグニチャームーブ。いわゆる投げっぱなしパワーボムだが、その威力と華麗さにおいてナッシュの右に出る者はいない。
ジャックナイフホールド
技巧派の選手が好んで使用しているパッケージホールド。仰向けになった相手の右足を左脇に、左足を右脇に抱え込んだあと自分の体を前方にブリッジさせ、そのまま相手の体を押さえ込んでフォールを奪う。技を決める過程がジャックナイフをしまうところに似ていることが名前の由来であり、メキシコではプエンテ・オリンピコと呼ばれる。
ジャックバスター
ブルズアイ
蛇苦波布
HUBが使っているジャックハマーの名称。
ジャックハマー
WCWやWWEで活躍したビル・ゴールドバーグの代名詞的フィニッシャー。まず相手をブレーンバスターの要領で垂直になるまで持ち上げ、相手のタイツを掴んでいた右手を離す。そのあと自分の体を左方向に捻って相手に体を浴びせかけるように倒れ込み、落下させた相手の背中を強かにマットへ叩きつける。
ジャックブリスコロールアップ
WWEのブッカ―Tが時折見せるカウンター式の丸め込み技。まずコーナーに背中を寄りかからせて相手をコーナーに誘い込み、突進してき相手を開脚ジャンプでかわして相手の背中に馬乗りになる。そのあと両足で相手の胴体を挟み込みながら自分の体を前方回転させ、その勢いで後ろにひっくり返った相手を押さえ込んでフォールを奪う。
シャッターチャンス (1)
闘龍門Xのパイナップル華井が使っていた相手にとっては屈辱的なジャべ。まず相手の体をラ・チンゴーナの要領で捕獲し、体を横方向に転がした勢いで相手の体を仰向けにひっくり返す。そのあと自分は膝立ちになりながら相手の右足を左手で、左足を右手で掴み、掴んだ両足を大きく開くことで相手の股間をがら空きにさせる。
シャッターチャンス (2)
KAIENTAI-DOJOのバンビが使うハイキックの名称。
シャッタードドリーム
WWEのゴールダストが使う悶絶必死ムーブ。まずコーナーに寄りかかる相手の右足をコーナー右隣のセカンドロープに、左足をコーナー左隣のセカンドロープにそれぞれ引っ掛け、相手の両足を大きく開かせて股間をがら空きにさせる。そのあと相手と軽く距離を取るように後退して助走をつけ、振り抜いた右足で相手の股間を強烈に蹴り上げる。別名はゴールデングローブ
シャッターマシーン
WWE NXTで活動しているダッシュ&ドーソンのタッグチーム、"ザ・メカニックス"のフィニッシャー。ロープに跳ばした相手の体をドーソンがフラップジャックで抱え上げ、落下してきた相手に飛びついたダッシュがデュランダルを叩き込む。
シャットダウン式ジャーマンスープレックスホールド
全日本プロレスの宮原健斗が使っているパッケージジャーマンスープレックスホールドと同型の技。
シャドウクラッシャー
シャドウWXが愛用するブラッククラッシュと同型の技。
シャドウズオーバーヘル
ROHやCHIKARAで活躍するデリリアスのシグニチャームーブ。コーナー最上段に登ったあとリング上で前屈みになっている相手に向かってジャンプし、相手の背中目掛けてダイビングボディープレスを叩き込む。
シャドウドライバー (1)
シャドウWXが愛用するオリジナルムーブ。パワーボムの要領で相手の体をリフトアップし、宙に浮き上がった相手の頭部を両手で鷲掴みにする。そのあと相手の頭を掴んだままマットに尻餅をつき、うつ伏せの状態で落下した相手の顔面をXファクターの形でマットへ叩きつける。餅つき式パワーボムで叩きつけた相手に同様の手順で技を決めるとバイアグラスタンプになる。
シャドウドライバー (2)
ドイツのwXwや大日本プロレスで活躍するバッド・ボーンズのフィニッシングホールド。形は火の玉ボムと同型。
邪道ボム
新日本プロレスの邪道がかつて使っていたピラミッドドライバーと同型の技。
シャトルループバスター
ワールド女子プロレス・ディアナのジャガー横田が愛用しているデンジャラスムーブ。雪崩式バックドロップの要領で抱えた相手の体を270゜後方回転させるように放り投げ、相手をうつ伏せの状態でマットへと叩き落とす。
遮那王ラナ
みちのくプロレスの遮那王が使っていた瞬速のウラカン・ラナ・インベルティダ
蛇縛魔洞
リミッターショック
ジャパニーズオーシャンクインビーボム
OZアカデミーなどで活動中の豊田真奈美が愛用しているフィニッシャー。まず前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、右手で掴んだ相手の右腕を相手の顎の下に持っていく。続いて相手の頭を抱えた左手で相手の右手首を掴み直し、相手の股の間に正面から差し込んだ右手で相手の左腿を抱え込む。最後に相手の体を垂直に持ち上げて左半身から倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の体をマットへ叩きつける。
ジャパニーズオーシャンサイクロンボム
豊田真奈美が開発したクロスアーム式のアラバマスラム。向かい合った相手の右腕を右手で、左腕を左手でそれぞれ掴み、掴んだ両腕を相手の背中の方へと回して両腕を交差させる。続いて体を屈ませて相手の股の間に頭を潜り込ませ、そのまま上半身を起こすことで相手を逆さ吊りの状態で担ぎ上げる。最後に鞭を振るうような感じで体を素早く前傾させ、前方に振り落とした相手の背中をマットへ叩きつける。
ジャパニーズオーシャンサイクロンスープレックスホールド
豊田真奈美が長年愛用する、別名日本海式竜巻原爆固めとも呼ばれるフィニッシングホールド。まず相手の背後に回り込んで右手で相手の左腕を、左手で相手の右腕をそれぞれ掴み、掴んだ両腕を相手の胸の前で交差させる。そのあと相手の体を肩車の要領で担ぎ上げて体をブリッジさせ、落下させた相手の背中をマットに叩きつけてそのまま3カウントを奪う。
ジャパニーズオーシャンスープレックスホールド
豊田真奈美が使う変形のクロスアームスープレックスホールド。相手の背後に回り込んだあと自分の両腕を交差させ、相手の右手首を左手で、左手首を右手で掴む。続いて自分の両腕を腕組みをするように組むことで掴んでいた相手の両腕を交差させ、折り畳んだ自分の右肘を相手の右脇へ、折り畳んだ左肘を左脇へそれぞれ背中の方から差し込む。最後に腕を固めたまま体をブリッジさせて相手を後方に反り投げ、肩口から相手をマットに叩きつけたあとブリッジを崩さずにフォールを奪う。日本名は日本海式原爆固め
ジャパニーズオーシャンドロップホールド
豊田真奈美が愛用する両腕極め式のスープレックスホールド。まず自分の体を相手の背後に回り込ませ、腰に回した左手で正面にある相手の右腕を掴む。更に腿の裏の方から相手の股の間に差し込んだ右手で正面にある相手の左腕を掴み、掴んだ両腕を相手のへそのあたりで交差させる。最後に両腕を極めたまま体をブリッジさせて相手を後方に反り投げ、肩口から相手をマットに叩きつけたあともブリッジを崩さずそのまま3カウントを奪う。
ジャパニーズオーシャンボム
豊田真奈美が開発したオリジナルのパワーボム。まず相手の上半身をリバースフルネルソンに捕らえ、抱え上げた相手の体をカナディアンバックブリーカーの形で右肩に担ぎ上げる。そのあと腕の動きを封じたまま相手の体を前方に滑り落とし、そのまま尻餅をついて相手の後頭部や背中を自分の両足の間へ叩きつける。ボム系の技は自分のイメージに合わないという理由から数回使っただけで封印されてしまった。
ジャパニーズドロップ
曙が愛用するバックフリップの名称。
ジャパニーズレッグロール返し
WRESTLE-1のカズ・ハヤシが見せた切り返し技。回転足折り固めの要領で自分の上に跨ろうとする相手の股の間に腿の裏の方から右腕を差し込み、相手の体をスクールボーイで逆に丸め込んで3カウントを奪い去る。
ジャパニーズレッグロールクラッチ
藤波辰爾や西村修が昔から愛用しているパッケージホールド。うつ伏せになった相手の右脇に右足のつま先を、左脇に左足のつま先をそれぞれ引っかけ、自分の体を横方向に捻った勢いで相手の体を仰向けにひっくり返す。そのあとエビ固め風に丸まった相手の右足に右足を、左足に左足を絡め、相手の体に覆い被さるように自分の体をブリッジさせて相手をフォールする。立っている相手の背中におんぶをするように飛びついて相手の右脇に右足を、左脇に左足を引っかけ、体を後方回転させて技に移行するタイプを使う選手も多い。
ジャパニーズロックネッククラッチ
変形外道クラッチ
シャフト
ジョニー・パリシーことジョニー・スウィンガーがWWEで使っていたDDTの名称。
ジャブロー
DDTに登場したヤゴー・アズナブルのフィニッシングホールド。鉤爪状の凶器を右手に装着したあとロープの間を小刻みに往復して助走をつけ、片膝をつきながら右腕を突き出して相手の腹部に爪を突き刺す。
ジャベ・デ・ドラゴン
ウルティモ・ドラゴンがプロレスリング・ノアの中嶋勝彦に伝授した4の字固め式のスタンディングクラッチ。まず仰向けになった相手の左足を右手で掴んで折り曲げ、折り曲げた左足を右膝の上に重ねることで相手の両足を4の字に固める。続いて相手の左足首に自分の右足をフックさせながら相手の上半身を引き起こし、尻餅をつく格好になった相手の背後に体を回り込ませる。最後に相手の肩の上に肩車をするように腰を下ろし、両手で掴んだ相手の右足を自分の方に引き寄せることで相手の体を痛めつける。
ジャベ・デ・ナバーロNo.4
大日本プロレスやSECRET BASEで活動中のアミーゴ鈴木が使っているジャベ。まず仰向けになった相手の足の側に立って相手の右足を左手で、左足を右手でそれぞれ掴み、相手の左足の上に相手の右足を交差させる形で乗せて相手の左足を左手で掴み直す。続いて相手の右足首の上に自分の左足を引っ掛けて相手の両足をロックし、自分の体を右方向へと捻った勢いで相手をうつぶせにひっくり返したあと自分の右足を相手の右脇腹の横に着地させる。最後に相手の背中に右膝を押しつけながら相手の左腕を右手で掴み、掴んだ左腕を相手の顎の下へと巻きつけて相手の首・背骨・足などを複合的に痛めつける。
ジャベ・デ・ピラミデ
鈴木みのるとの三冠ヘビー級タイトルマッチを控えた佐々木健介に対し、ウルティモ・ドラゴンが伝授したジャベ。形はドラゴン・アンド・アローと同型で、別名ピラミッド固めとも呼ばれる。
ジャベ・デ・フカワ
アルシオンの府川唯未が得意としていたオリジナルジャベ。まず両手で掴んで捻り上げた相手の右腕を左脇に抱え込み、相手の股の間に正面から差し込んだ右手で相手の右腿を抱え込む。続いて背中からマットに倒れ込みながら相手の右足首を両足で挟み、その勢いで前方へと転がった相手の背中をマットにつけさせる。最後に両足に力を込めることで相手の右膝を関節と逆方向に反り上げ、それと同時に抱えていた相手の右腕を引き伸ばして右肘の関節や靱帯を痛めつける。
ジャベ・デ・レイナ
REINA×WORLDで活動中の上林愛貴が使っているクロスレッグ式のキャメルクラッチ。うつ伏せになった相手の両足をリーガルストレッチの要領で固め、更に相手の顎をチンロックに捕らえギブアップを奪う。
ジャベ・ライゲル
新日本プロレスの獣神サンダーライガーがCMLL遠征後に披露した複合関節技。まず仰向けになった相手の両足をインディアンデスロックの要領で固め、相手の上半身を引き起こして相手の左腕をチキンウイングアームロックに捕らえる。そのあと相手の左腕と足を極めたまま背中からマットに倒れ込み、相手の首の後ろに自分の左足をフックさせて相手の首・足・左肩などを複合的に痛めつける。
ジャベリン
鈴木鼓太郎がフィニッシュに用いているエルボースマッシュの名称。
ジャベリンキック
DDTプロレスリングの竹下幸之介が使うミサイルキックの名称。
ジャベ・ローサ・セントーン
CMLLで活躍中のシルエタが使っているラ・ミステリオッサと同型の技。
ジャマイカンカッター
格闘探偵団バトラーツで活躍したラスタマンが使っていたカリートズウェイと同型の技。
ジャマイカンバズソー
トラブル・イン・パラダイス
三味線屋勇次
覆面MANIAなどで活躍するマッチョ☆パンプのフェイバリットホールド。まずリングの方を向いたままコーナーのセカンドロープによじ登ってコーナー最上段に腰をかけ、コーナーの側にいる相手の右腕を左手で、左腕を右手で掴んで相手の体を左方向に180゜回転させる。そのあと自分に背中を向ける格好になった相手の顎の下に交差した相手の両腕を引っ掛け、掴んだ腕を引っ張ることで相手の体を絞首刑のように持ち上げる。
ジャメ・ヴュ
DRAGON GATEのドラゴン・キッドが使っているティヘラの1つ。まず相手に背中を向けた状態で尻餅をついて体を後転させ、両手をマットについて逆立ちをするように下半身を持ち上げる。そのあと両足で挟み込んだ相手の首を軸にして体を旋回させて相手の左横を通り抜け、相手の背後に回りこんだところで相手の両肩を両手で抱えつつ相手の首を挟んでいた足のフックを解き放つ。最後に背中の方から相手の右横を通り抜けた両足で相手の首を再び挟み込み、相手の両肩から腕を離しながら体を旋回させて相手を前方にホイップする。ちなみにジャメ・ヴュとはデジャヴと正反対の"未視感"という意味を持つフランス語である。
軍鶏
プロレスリングBASARAの木高イサミが使っている打撃技。倒れている相手の右足首を右手で、左足首を左手で掴んで逆立ちをさせるように相手の体を持ち上げ、勢い良く振り抜いた右足の甲で相手の顔面を蹴り飛ばす。
シャリマティー
本間朋晃が使うバフ・ブロックバスターと同型の技。
蛇腕潰沈
HUBこと怪人ハブ男が沖縄プロレス時代から使っているムーブの1つで、名前の読み方は"じゃわんかいじん"。マスクに付いている蛇の尻尾の形をしたオブジェを腕に巻きつけて放つラリアットであり、沖縄プロレス撤退後はとぐろ巻き式ラリアットという名前に改名している。
ジャンククラッシュ
藤田ミノル&日高郁人が使う"48の合体殺人技"の1つ。立っている相手の両膝に2人で低空ドロップキックを叩き込み、うつ伏せに倒れた相手の頭をロープの反動を利用した低空ドロップキックで左右から挟み撃ちにする。
ジャングルキック
WCWやWWEで活躍していたチャンク・パランボのフィニッシャー。形はスーパーキックと同型。
ジャングルクラッチ
SECRET BASEなどで活躍中のCHANGOが使っているパッケージホールド。まず向かい合った相手の左足の内側に自分の右足をフックさせ、左手で掴んだ相手の右腕を相手の右腿の外側へと持っていく。そのあと相手の右腿を内側から抱え込んだ右手で相手の左手首を掴み直し、両足を払うことで相手のバランスを崩し相手の体を後ろへと転倒させる。最後に相手が転がる勢いに合わせて自分も手足を極めたままマットを転がり、背中からマットに倒れ込んだ相手の上に乗っかった状態で3カウントを奪い去る。プロフェッショナルレスリング・ワラビーのミクロもこの技をフィニッシュとして愛用している。
シャンドラの灯
SECRET BASEなどで活動中の小川内潤が使っているクワッケンドライバー4と同型の技。
ジャンピングアームブリーカー
橋本真也や越中詩郎が代表的な使い手として知られている痛めつけ技。向かい合った相手の右腕を両手で掴み、腕を捻り上げながら相手と背中あわせになる。そのあと腕を掴んだまま大きく体をジャンプさせ、尻餅をつくように着地すると同時に掴んでいた腕を自分の肩に叩きつける。
ジャンピングエルボードロップ
エルボードロップ
ジャンピングカラテキック
中邑真輔が使っている打撃技の1つ。助走をつけて正面から相手に近づき、左膝を高く振り上げるようにジャンプをする。そのあと左半身を相手に向けて左足を相手の方へ鋭く突き出し、左足の裏で相手の頭部を豪快に蹴り飛ばす。
ジャンピングギョウザアタック
新北京プロレスのチェ・リー&ヨネヤマカオ・リー&リー・ホーが披露した合体殺法。チェ・リーとヨネヤマカオ・リーが相手の両脇にそれぞれ移動し、相手の体を掴んで組体操の扇の形をとる。そのあと助走をつけたリー・ホーが相手の顔面にジャンピングニーバットを叩き込み、その衝撃でエビ固め風に丸まった相手の上にリー・ホーが乗っかってフォールを奪う。
ジャンピングサンダーファイヤーパワーボム
WRESTLE-1のKAIがヘビー級転向後に使い始めたナイアガラドライバーと同型の技。
ジャンピングショルダーアタック
ショルダーアタック
ジャンピングニーバット
ジャンボ鶴田や坂口征二が代表的な使い手として知られる打撃技。ロープの反動を使って助走をつけたあと右足を折り曲げながらジャンプし、相手の頭部に突き出した右膝を叩きつける。海外ではハイニーと呼ばれWWEのHHHが頻繁に使用している。
ジャンピングネックブリーカードロップ
フライングネックブリーカードロップ
ジャンピングハイキック
全日本プロレスで活躍した川田利明が愛用していた打撃技。相手の正面で体をジャンプさせたあと右足を高々と振り上げ、右足の甲で相手の顔面を豪快に蹴り飛ばす。
ジャンピングパイルドライバー
相手を抱え上げたあと自分の体を軽くジャンプさせ、相手の頭部を強烈に打ちつけるタイプのパイルドライバー。通常のパイルドライバーよりも相手の首にかかる負担が大きくなる。
ジャンピングバックドロップ
相手を宙に抱え上げたあと両足でマットを蹴り、その反動で体を軽くジャンプさせながら決めるタイプのバックドロップ
ジャンピングパワーボム
シットダウンパワーボム
ジャンピングヒップアタック
越中詩郎が長年使い続けている代名詞的ムーブ。助走をつけてジャンプしたあと相手に背を向けるように体を捻り、臀部の尾てい骨部分を相手の顔面に叩きつける。
ジャンピングラストライド
全日本プロレスの太陽ケアが使っているビルディングボムと同型の技。2010年暮れにラストライドを切り札としている諏訪魔を相手に初公開し、諏訪魔が保持する三冠ヘビー級王座への挑戦をアピールした。
ジャンピングDDT
橋本真也が使っていたDDT系ムーブの1つ。相手の頭をDDTの要領で脇に抱え込んだあと体をジャンプさせ、背中から着地すると同時に抱えていた相手の頭をマットへ打ちつける。
ジャンボジェット
DRAGON GATEで活躍した高木省吾が使っていたパトリオットバスターと同型の技。
ジャンボスープレックス
全日本女子プロレスのジャンボ堀が得意としていた豪快なスープレックス。パワーボムの要領で相手の体をリフトアップしながら自分は後ろに倒れ込み、後方へと反り投げた相手を顔の辺りからマットへ叩きつける。
ジャンボの脚
DRAGON GATEの横須賀享&K-ness.が愛用するコンビネーションの1つ。横須賀が左腕で相手にジャンボの勝ち!を決め、同時にK-ness.が右足で相手の顔面に昇流脚を叩き込む。
ジャンボの勝ち!
DRAGON GATEの横須賀享が使っているラリアットの名称。この技を仕掛ける横須賀を相手がラリアットで迎撃すると相手のラリアットは三沢の勝ち!と呼ばれるようになり、またラリアットを決めた勢いのまま相手の体を押さえ込んでフォールを奪う一連の動きはジャンボの勝ち!固めと呼ばれている。
ジャンボラリアット
ジャンボ鶴田の右腕から放たれるラリアットの呼び名。相手をロープに振ったあと右腕のブラックサポーターを左手でしごき、ロープから返ってきた相手の喉を刈り取るように放つのが特徴だった。
水能覆舟
WRESTLE-1のアンディ・ウーが使うスクリューハイキックの呼び名。名前は中国の故事成語である"水能載舟,亦能覆舟"に由来し、中国語では"シュェイ ノン フー ヂョウ"と発音する模様
ジューク&ジャイヴ
WWFやTNAで活躍したBGジェームスのフェイバリットホールド。相手を仰向けに倒したあと腰を小刻みに揺さぶりながら相手に近づき、相手の喉元へ右足でレッグドロップを叩き込む。
シュークリーム
我闘雲舞のさくらえみが愛用しているオリジナルのジャベ。まず相手の上半身をリバースフルネルソンに捕らえ、持ち上げた相手の体をカナディアンバックブリーカーのような感じで右肩に担ぎ上げる。そのあと相手の右足首を左手で、左足首を右手でそれぞれ掴み、体を前傾させることで相手の背中を強烈に反り上げる。この体勢から尻餅をつき、衝撃で相手の背中を痛めつけるとシュークリームバスターになる。
十字サンセット
プロレスリングWAVEなどで活躍中の大畠美咲が愛用する卍式回転エビ固めと同型の技。
獣神鬼殺し
新日本プロレスの獣神サンダーライガーがかつて使用していた骨法発祥の関節技。まず相手の両肩を背後からフルネルソンに捕らえ、相手の右脇から右腕を引き抜きつつ自分の体を右方向へ軽く回転させる。そのあと相手の右手首を右手で掴み直し、左手で相手の首を後ろから押さえつけることで相手を前のめりに倒れ込ませる。最後に自分の両足を前に投げ出しながらうつ伏せになった相手の右腕を肩関節と逆方向に反り上げ、両肩を痛めつけて相手をギブアップに追い込む。
シューティングおでんプレス
アキバプロレスのおでん・カーンが披露したシューティングスタープレスと同型の技。
シューティングサイダルプレス
エア・サイダル
シューティングスターセントーン
DRAGON GATEでなど活躍中のPACが披露した修羅と同型の技。
シューティングスターダスト
PACが愛用しているリバース式フェニックススプラッシュといった感じのムーブ。コーナー最上段からシューティングスタープレスの要領で跳躍し、空中で体を180゜錐揉み回転させる。そのあと体を更に180゜前方回転させながらリングに落下し、仰向けになった相手の体をボディープレスしてフォールを奪う。
シューティングスター・ダブルニードロップ
DDTプロレスリングやアメリカインディーマットで活動中のマイク・ベイリーが使うフィニッシャー。コーナー最上段からシューティングスタープレスの要領で跳躍したあと空中で両膝を折り畳み、コーナーの側で四つん這いになっている相手の背中目掛けてダブルニードロップを投下する。
シューティングスタープレス
新日本プロレスの獣神サンダーライガーが開発した難易度の高い空中殺法。コーナー最上段に登ったあとリングの方を向き直し、前方へ軽くジャンプするような感じでコーナーを蹴る。そのあと空中で体を270゜後方回転させながらリングに落下し、仰向けになった相手をボディープレスしてフォールを奪う。
シューティングスタイルズプレス
AJスタイルズが愛用するシューティングスタープレスの名称。コーナー最上段から場外にいる相手に対しプランチャ気味に見舞うことも多い。
十八文キック
アンドレ・ザ・ジャイアントが使っていたフロントハイキックの呼び名。
十六文キック
全日本プロレスのジャイアント馬場が使っていた代名詞的な必殺技。相手をロープに向かってハンマースルーしたあと左足を高々と振り上げ、ロープから返って来た相手の顔面を左足の裏で豪快に蹴り飛ばす。
シュガースポット
ヘラクレス千賀がバナナ千賀として活動していた闘龍門X時代に愛用していたジャベ。まず仰向けになった相手の右足を左手で掴んで持ち上げ、内腿の方から相手の右足に自分の左足を引っ掛けて足を相手の右腿の横に着地させる。そのあと左足のつま先を相手の右腿の外側にフックさせながら体を前転させ、その勢いでうつぶせにひっくり返った相手の左足を両手で掴んでアンクルロックを極める。
シュガースマック
グレゴリー・ヘルムズがWCWでシュガー・ヘルムズと名乗っていたときに使っていたスーパーキックの呼び名。
シュガーホールド
スチュ・ハートが使っていた涅槃と同型の技。現在は同型同名の技をマイク・クワッケンブッシュが愛用している。
呪橋
LLPW-Xのアイガーが使うハーフネルソンスープレックスの名称。
熟女式グラビア固め
我闘雲舞のさくらえみが使っている、ネグロ・ナバーロの動きを模写して習得したジャベ。まず固め盛りの要領で相手の両腕を固めたあと背中からマットに倒れ込み、自分の右足のつま先を左首筋の方から相手の首の後ろに引っ掛ける。続いて左手で掴んでいた相手の右腕を自分の左腿の上へと持っていくことで相手の両腕の動きを封じ、体を左方向に軽く捻って相手をうつぶせにひっくり返す。最後に相手の後頭部を右足の甲で、相手の両腕を両足でそれぞれ押さえつけつつ上半身を起こして膝立ちの状態になり、自由になった両手を広げてカメラマンにアピールしながら相手の腕を痛めつける。
熟女でドーン!
DDTプロレスリングのチェリーが使う、"熟女でドーン!"という叫び声と共に放たれる裏拳の呼び名。
ジュゲム
DRAGON GATEのドラゴン・キッドが使っているティヘラの1つ。まず相手の首の後ろに肩を組む感じで左腕を回して体を軽くジャンプさせ、相手にお姫様抱っこをされる格好で一旦停止する。そのあと右方向へと振った両足が相手の背後に回り込んだところで体の動きを止め、再び相手の右横を通り抜けるように両足を旋回させる。最後に相手の正面に回り込んだ両足で相手の首を挟み込み、相手の肩から左腕を離しながら体を振って相手を前方にホイップする。
呪固
LLPW-Xのアイガーが使う外道クラッチの呼び名。
シュタイガー
スポルティーバエンターテイメントのヤス久保田が使うD-ガイストと同型の技。
十執念記念怨霊クラッチ
暗黒プロレス組織666の怨霊がデビュー十執念記念興行で披露した変形の怨霊クラッチ。四つん這いになった相手の左腕を左手で掴み、持ち上げた相手の左腕に自分の右足を上から引っかける。そのあと技から逃れようと体を前転させた相手の右腕を右手で上から押さえつけ、そのまま相手を強引に押さえ込んでフォールを奪う。
呪塔
アイガーが使うドラゴンスープレックスホールドの名称。
シュバイン
DRAGON GATEのCIMAが開発した一撃必殺のオリジナルムーブ。相手の懐に低空のタックルで潜り込んだあと体を起こし、相手を水車落としの要領で右肩に担ぎ上げる。続いて体を右方向に軽く振って相手の体の位置を整え、首の左側から相手の首の後ろに右手を回して頭を抱え込む。最後に相手を抱えたまま軽く助走をつけてジャンプし、尻餅をつくように着地すると同時に相手の後頭部をマットへ叩きつける。
シュバイン固め
CIMAが使うこうもり吊りの一種。相手の体をシュバインの要領で右肩に担ぎ上げたあとマットに左膝をつき、上下逆さまの状態になった相手の後頭部を立てた右腿の上に接触させる。続いて左手で掴んでいた相手の右足を直角に折り曲げ、その足を相手の左膝にあてがって両足を4の字に固める。最後に固めた相手の両足を両手で抱え込み、自分の体を揺さぶることで相手の背中や左膝を痛めつける。
シュバインシュタイナー
CIMAが使っている雪崩式のシュバイン
シュバインレッドライン
CIMAが愛用しているリストクラッチ式のシュバイン。シュバインの要領で右肩に担ぎ上げた相手の左腕を右手で掴み、掴んだ腕を相手の左腿の外側のあたりに持っていく。続いて相手の左腿を内側から抱え込んだ左手で相手の左腕も掴んでロックし、首の左側から相手の首の後ろに右腕を回して頭を抱え込む。最後に相手の体を抱えたまま軽く助走をつけてジャンプし、尻餅をつくように着地すると同時に相手の後頭部をマットへ打ちつける。レッドラインとは"一線を超える"といった意味合いであり、相手をマットに叩きつけたあと掴んだ腕を離さずにそのまま相手をフォールするとシュバインレッドラインホールドになる。
呪縛 (1)
LLPW-Xのアイガーが愛用する腕サソリ固めの名称。
呪縛 (2)
STYLE-Eに登場したアミゴの親父のフィニッシャー。形はクリップラークロスフェイスと同型。
シュミット式バックブリーカー
武藤敬司や金本浩二がムーンサルトプレスへの布石として頻繁に使用するムーブ。相手をブロックバスターの要領で持ち上げたあとマットに左膝をつき、相手の背中を立てた右腿の上に叩きつける。
シュミットジャック
WLWなどで活動中のブル・シュミットが使うネックハンギングボムと同型の技。
修羅
みちのくプロレスの義経がデビュー戦で見せたシューティングタープレスに更に回転を加えた大技。コーナー最上段に登ったあとリングの方を向き直し、前方へと軽くジャンプするような感じでコーナーを蹴る。そのあと空中で体を450゜後方回転させながらリングに落下し、仰向けになった相手をセントーンの形でプレスする。
呪落
LLPW-Xのアイガーが使っている高野落としの名称。
シュラスコ
大阪プロレスのブラックバファローが愛用するオリジナルサブミッション。仰向けになった相手の首と左腕を三角締めに捕らえ、相手の右サイドに背中から倒れ込む。そのあと相手の右腕を左手で、相手の右足を右手でそれぞれ抱きかかえ、両手をクラッチして相手の頚動脈を圧迫する。
修羅の花
みちのくプロレスなどで活動中の佐藤秀が愛用する、相手の後頭部目掛けて放つスクリューハイキック
シュリケン
ZERO1の日高郁人が愛用しているフェイバリットムーブ。まず相手の体をコーナーに向かってハンマースルーし、相手を追いかけるように自分も助走をつけてリング中央付近で側転をする。そして両足でマットに着地したあと相手がいる方向へ背中を向けながらジャンプし、コーナーに寄りかかった相手の顔面へ串刺し式のフライニングニールキックを叩き込む。
朱里式サーフボードストレッチ
REINA女子プロレスの朱里が使っている複合関節技。まずうつ伏せになった相手の両足をクロス式キャメルクラッチの要領で固め、折り曲げた右膝を相手の腰にあてがいながら相手の右手首を右手で、左手首を左手で掴む。そのあと両腕を掴んだまま後ろに倒れ込むことで相手を膝立ち状態にさせ、マットに寝転びながら持ち上げた自分の左足を相手の首の後ろにフックさせて相手の肩・腰・足などを同時に痛めつける。
シュリンプ
DRAGON GATEの斎藤了が使っている変形のスパインバスター。フィッシャーマンズスープレックスのクラッチで抱えた相手の体を垂直になるまで持ち上げ、相手の首の後ろに回していた左腕のフックを外して相手の頭を解き放つ。そのあと相手の右肩を左手で押さえつけながら抱えていた左足を下方向へと引っ張り、そのままマットに尻餅をついて落下させた相手の背中を自分の両足の間へ叩きつける。
守礼門バックブリーカー
沖縄プロレスのシーサー王が使っていたアルゼンチンバックブリーカーの名称。
瞬間心重ねて
アジャ・コングと春日萌花が披露した合体殺法。仰向けになった相手に背中を向けて立っているアジャ目掛けて春日がクロスボディーを叩き込み、その衝撃で後ろに倒れ込んだアジャが相手の体を背中で押し潰す。
瞬間、心、重ねて
プロレスリング紫焔のアスカ・ザ・ワールドが使うLanakila-Hと同型の技。
上弦の月
大日本プロレスの橋本和樹が使っているコウジクラッチと同型の締め技。
上叩蛇落
HUBこと怪人・ハブ男が沖縄プロレス時代に使っていた必殺技の1つ。形はアバランチDVDと同型で、名前は"じょうこうじゃらく"と読む。
小路一番機
ハッスルの小路二等兵が使っていたデスバレーボムの呼び名。
小路払い
小路二等兵が愛用していた払い腰の呼び名。
掌打
突き出した掌で相手の顔面を殴り飛ばし、相手の脳を揺らす骨法の打撃技。獣神サンダーライガーや船木正勝が愛用しているムーブであり、掌の付け根部分で相手を殴打する掌底も見た目的にはこれとほぼ同型である。
正田落とし
東京愚連隊のMAZADAが使うキークラッシャー'99と同型の技。
正田固め
MAZADAが愛用している必殺技の1つ。形はジェイミー・ノーブルが使うペイダートと同型。
翔太公認・雁之助クラッチ
WRESTLE-1のKAIが披露した雁之助クラッチに付けられた呼び名。行動を共にしている翔太の師匠がミスター雁之助であるという思い込みから強引に公認を取り付けさせたが、2人の間に師弟関係はない。その後ガッツワールド参戦を果たして雁之助から公認を取り付けた為、現在は本家公認・雁之助クラッチと呼び名を変えている。
正田デストロイ
MAZADAが近藤修司との戦いの中で見せるデンジャラスな切り返し技。相手にツームストンパイルドライバーで抱え上げられた際に相手の右膝に右手を、左膝に左手を添え、相手の両膝を両手で押した反動を使って自分の体を軽く宙へと浮き上がらせる。そのあと落下する勢いを利用して相手もろとも体を180゜前方回転させ、自分は尻餅をつく形で着地すると同時に上下逆さまにひっくり返った相手の脳天をマットへ打ちつける。
正田ひねり
MAZADAが愛用している変形のフラットライナー。立っている相手の頭部をフェイスロックに捕らえ、自分の体を右方向へ軽く捻って反動をつける。そのあと体を左方向へと振りつつ背中からマットに倒れ込み、その勢いで前のめりに倒した相手の顔面をマットへ痛打させる。
掌底
掌打
昇天
新日本プロレスの後藤洋央紀が使うマウントモーガンドロップと同型の技。CMLLのショッカーを相手に初公開し、その試合でNWAインターナショナルJr.王座を見事に奪取した。
昇天・改
後藤洋央紀がメキシコ遠征後に開発した改良型の昇天。相手の体を昇天の要領で落下させながら自分は尻餅をつくように倒れ込み、マットに背中から叩きつけた相手の胸板に左腕をエルボードロップ気味に突き刺す。
昇天ドロップ
HGが披露したモッシュピットと同型のムーブ。相手の顔面に股間を押しつけるような感じで飛びつくのが特徴。
情熱の赤い魂
ZERO1のTHE★ZESTが披露したフェニックススプラッシュの名称。
情熱ハーフスラムバスター
高橋奈七永としもうま和美が披露した合体殺法。しもうまがブロックバスターの要領で抱え上げた相手の顔面へ高橋が加速をつけたドロップキックを打ち込み、それと同時にしもうまが前のめりに倒れ込んで相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
情念固め
石川雄規が愛用しているオリジナルサブミッション。うつ伏せになった相手の右腕を腹固めの要領で左足に挟み込み、更に相手の右足首を右脇に抱え込んで逆片エビ固めを極める。
情念卍固め
格闘探偵団バトラーツの澤宗紀が愛用した石川雄規直伝の卍固め。別名お卍固めとも呼ばれていた。
笑福プレス
大阪プロレスの初代えべっさんが使っていたダイビングボディープレスの呼び名。
昇流脚
DRAGON GATEのK-ness.が使うカウンター式のジャンピングハイキック
昇龍結界
新日本プロレスの後藤洋央紀が愛用するサブミッション。まず向かい合った相手の首の後ろに左腕を、左肩のあたりに右腕を回して相手の胴体を両足で挟み込むようにジャンプし、背中からマットに着地したあと相手の体を前方へと転がして相手を仰向けの状態にする。続いて右手で掴んだ相手の左腕に下から自分の左足を、相手の首の後ろに左足のつま先をそれぞれフックさせつつ体を起こし、その勢いでうつ伏せにひっくり返った相手の左サイドで右膝をついて相手の左腕を自分の右足の間に挟み込む。最後に相手の頭の右横付近に左足を着地させて相手の背中の上に跨る格好になり、両手で掴んで持ち上げた相手の右腕を左脇に抱え込んでタップを奪う。正式名称が決定する以前は変形腕固めと呼ばれていた。
昇竜玄藩
プロレスリング・ノアの平柳玄藩が愛用している必殺技。相手の正面で前屈みになりながら体を右方向へと軽く捻り、自分の右腕を大きく振りかぶってタメを作る。そのあと上半身を左方向へ振りながら右腕を勢いよく振り抜き、右腕で相手の顎をかち上げるようなアッパー気味のショートレンジラリアットを叩き込む。
小龍包
新北京プロレスの趙雲子龍が使っているオクラホマロールの名称。
昭和ニー
DRAGON GATEの横須賀享が使っているダイビングニードロップの名称。
ジョーカードライバー
CZWで活躍中のジョーカーが使っているフィニッシャー。肩車で担ぎ上げた相手の頭の後ろに自分の両手を回し、頭を押さえつけることで相手の体を前屈みにさせる。そのあと体を軽く前傾させながら尻餅をつき、前屈状態で落下させた相手の頭部を自分の両足の間へ叩きつける。
ジョーカープレックス
ジョーカーが愛用しているオリジナルスープレックス。まず向かい合った相手の左脇に背中の方から右腕を差し込み、相手の顎の下に右手を引っ掛けて首を抱え込む。そのあと外腿の方から相手の左腿の裏に左手を回して体をブリッジさせ、後方へと反り投げた相手を背中からマットへ叩きつける。
ジョージャッカー
ジョーブレイカー
ショーズ・オーバー
WWEの"ショータイム"パーシー・ワトソンが使っている移り変わり式のDDT。まず前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回して頭を抱え込み、相手の左横を通り抜けながら体を軽くジャンプさせる。続いて空中で自分の体を左方向へ180゜捻って相手の背後へと回り込み、相手の首の後ろに回していた左腕を離しつつ体を左方向へ更に180゜捻る。最後に相手の首の後ろに右腕を引っ掛け直して背中からリングに落下し、その勢いで前のめりに倒れこんだ相手の頭部をマットへ打ちつける。通称はフロートオーバーDDT
ショーストッパー (1)
WWEのビッグショーが愛用しているフィニッシングムーブ。相手をチョークスラムの要領で持ち上げたあと両膝をつくように倒れ込み、落下させた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
ショーストッパー (2)
スコッティー・リグスが使っているロッカードロップと同型の技。
ショーストッパー (3)
ヤングブラッドネックブリーカー
ショートアームシザーズ
キーロック
ショートレンジラリアット
助走をつけず、至近距離から相手に見舞う豪快なラリアット。ラリアット系のムーブを愛用している選手がカウンター気味に放つことが多い。
ジョーブレイカー (1)
技巧派の選手が流れを変える際に使用する技。向かい合った相手の頭の後ろに自分の両手を回し、体勢を低くして相手の顎の下に自分の頭を潜り込ませる。そのあと体を軽くジャンプさせてマットに両膝をつき、着地の衝撃で相手の顎に自分の頭をめり込ませる。別名はチンクラッシャージョージャッカー
ジョーブレイカー (2)
FUMAが使っている絶縁と同型の技。名前はJudas Priestの楽曲"Jawbreaker"に由来している。
ジョーブレイカーラリアット
レスケレットラリアット
ショーンキャプチャー
FUNAKIが開発したオリジナルサブミッション。相手にカサドーラの要領で飛びついたあと相手の左足を両手で抱えて前方回転し、その勢いで前のめりに倒れ込んだ相手の左足を裏膝十字固めに捕らえる。現在はFUNAKIを師と仰ぐZERO1の日高郁人が愛着を持って技を使用している。
ショーンキャプチャーへのプレリュード
日高郁人がその名の通りショーンキャプチャーへのお膳立てに使っている打撃技。相手の膝を狙撃するように放つ低空式のスワンダイブ式ミサイルキックである。
ショーントーンボム
WCWで活躍したショーン・オヘアが使っていたセントーン・アトミコの名称。190cmを越える長身から放たれるダイナミックなフォームが特徴で、難易度の高いエプロンからのスワンダイブ式も頻繁に披露していた。
植樹ドライバー
みちのくプロレスのマスク・ド・植樹マンが使うファルコンアローと同型の技。
女子高生固め
JWP女子プロレスの瑛凛が、スターダムで須佐えりとして活動していた時に使っていた変形のスタンディングクラッチ。まず尻餅をついた相手の背後に回り込んで相手の左足を左手で掴み、折り曲げた左足を右膝の上に乗せて相手の両足を4の字に固める。そのあと相手の肩に肩車の形で腰を下ろして相手の左足首に自分の右足をフックさせ、外腿の方から自分の右腿の下に差し込んだ右手で相手の左腕を掴む。最後に掴んだ相手の左腕を自分の右腿の外側へと引っ張り出し、相手の喉元に巻きつく形になった左腕をなおも引っ張り続けて相手の首や腰を痛めつける。
女子高中退固め
スターダムの岩谷麻優が女子高生レスラーの須佐えりを相手に披露したサブミッション。尻餅をついた相手の背後に回り込んで相手の左腿の内側に自分の左足をフックさせ、右膝をマットにつきながら相手の右脇に背中の方から左腕を差し込む。そのあと左腕を相手の首の後ろへと回して相手の頭を抱え込むように自分の両手をクラッチし、相手の首や左脇腹を複合的に痛めつけてギブアップを奪う。
ショックウェーブ
CMLLのショッカーがTNAで披露したソラリーナの名称。
ショックトリートメント (1)
WWEのゴールダストが使う高速のパワースラム。旧名はディレクターズカット
ショックトリートメント (2)
トーチャーラックバックブリーカー
ショットガン (1)
ZERO1の田中将斗が使うブレーンバスターからのスタナー。まずブレーンバスターの要領で相手の体を垂直になるまで持ち上げ、空中で相手の体に右方向への捻りを180゜加えて自分の頭の上を通過させる。そのあとうつ伏せの状態で自分の背後に落下してきた相手の喉に自分の左肩を密着させ、マットに尻餅をついた衝撃で相手の顎や喉に自分の左肩をめり込ませる。
ショットガン (2)
DRAGON GATEのKzyが使っている得意技の1つ。コーナーに寄りかかった相手に助走をつけて近づき、スピアーのような形で飛び掛って相手の腹部に自分の頭を叩きつける。
ショットガンキック
WWE NXTで活動中のヒデオ・イタミが使っているスーパーケンカキックと同じタイプの蹴り技。KENTAとして活動している頃は特に名前も無く繋ぎ技として使用されていたが、NXTではフィニッシュとして用いられている。
ショットガンΩ
高橋奈七永が愛用している必殺技の1つ。まず前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、右手で掴んで持ち上げた相手の左腕を自分の左肩の上へと引っ掛ける。そのあと相手のタイツを右手で掴んで相手の体を宙へと抱え上げ、空中で相手の体に右方向への捻りを180゜加えて自分の頭の上を通過させる。最語にうつ伏せの状態で自分の背後に落下してきた相手の喉に自分の左肩を密着させ、マットに尻餅をついた衝撃で相手の顎や喉に自分の左肩をめり込ませる。
ジョナゴールド
アップルみゆきが使っているオリジナルの丸め込み技。相手に背後から近づいて右手を相手の右肩に、左手を左肩にそれぞれ添え、逆上がりをするような感じで下半身を持ち上げて相手の右肩の上にうつぶせの状態で着地する。続いて相手の左肩を両手で抱え直しながら自分の下半身を右方向に振って相手の左横を通り抜け、背後に体が回り込んだところで相手の右腕を両足で挟み込む。最後に肩から腕を離したあと体を更に旋回させて相手の右横を通り抜け、正面から相手の右腿を右手で、左腿を左手で抱えながら体を前方回転させて相手を丸め込む。
ジョニースパイク
全日本プロレスで活躍したジョニー・エースが使っていた急角度のインプラントDDT
ジョニーセイントスペシャル
レディ・オブ・ザ・レイク
ジョニーマジック
全日本プロレスで活躍したジョニー・スミスが得意としていた腕殺しコンビネーション。まず向かい合った相手の右腕を右手で掴んで腕を捻り上げ、腕を引っ張った勢いでホイップした相手の背中をマットに叩きつける。そのあと自分の体を前方回転させるようにジャンプさせ、マットに着地した衝撃で相手の右腕に痛みを走らせる。
ジョニーマジック2
ジョニー・スミスが愛用していたオリジナルサブミッション。両手で掴んだ相手の右腕を引っ張ることで相手の体を引き寄せ、相手に右肩から体当たりをしたあと腕を捻って相手の背後に回る。そのあと膝裏に蹴りを見舞って相手に膝をつかせ、相手の上半身をチキンウイングフェイスロックで捕獲する。
ショベルドライバー
CZWやROHで活躍したトレント・アシッドが使っていたリバースブレーンバスターの名称。
除夜の鐘
大阪プロレスなどで活動中のツバサが2011年の大晦日に披露したムーブ。相手をカンパーナに捕らえたあとコーナーの側へと移動して体を前後に揺さぶり、鐘突きの鐘木のように相手の頭を繰り返しターンバックルに打ちつける。
ショルダーアームブリーカー
腕への関節技の布石として良く使われる繋ぎ技。向かい合った相手の右腕を両手で掴み、腕を捻りながら相手と背中あわせになる。そのあと掴んでいた腕を勢い良く振り下ろし、相手の右腕を自分の右肩に叩きつけて肘関節を痛めつける。かつてアントニオ猪木はこの技でタイガー・ジェット・シンの腕をへし折ったことも。
ショルダーアタック
相手の方に肩を向けた状態で突進し、肩口から相手に体当たりしていくタイプのムーブ。アメリカではショルダーブロックと呼ばれることが多く、ジャンプしながら体当たりするとジャンピングショルダーアタックになる。
ショルダークロー
膝をついている相手の肩を力任せに鷲掴みにする拷問技。
ショルダースルー
古くから使われているもクラシカルな投げ技の1つ。ロープから返ってきた相手の懐に正面から体を潜り込ませ、上半身を起こす勢いで相手の体を後方に投げ飛ばす。海外ではバックボディドロップと呼ばれている。
ショルダーネックブリーカー
数多くの選手が愛用している古典的な痛めつけ技。前屈みになった相手の首の後ろに正面から右腕を回し、相手の頭を抱え込むように自分の両手をクラッチさせる。そのあと自分の体を左方向に180゜捻ることで相手と背中合わせになり、相手の後頭部に右肩を密着させた状態で尻餅をついて相手の後頭部に衝撃を与える。海外ではハングマンズネックブリーカーと呼ばれることが多い。
ショルダーバスター
全日本プロレスで活躍したスタン・ハンセンが得意としていた痛めつけ技。相手をボディースラムで持ち上げたあとマットに左膝をつき、落下させた相手の右肩を立てた右腿の上に叩きつける。
ショルダーブロック
ショルダーアタック
女郎蜘蛛
プロレスリングWAVEやアイスリボンで活躍する紫雷美央が使うぶら下がり式首4の字の呼び名。
ジョン・ウー
闘龍門などで活躍したSUWAのフェイバリットホールド。まずトーキックを見舞って相手の動きを止め、自分の背後にあるコーナーまで後退して一旦距離をとる。そのあと十分な助走をつけて体をジャンプさせ、相手の腹部に突き上げるようなドロップキックを叩き込む。蹴られた相手は香港映画のワイヤーアクションさながら、体をくの字にして背後にあるコーナーまで吹き飛ばされる。
ジョンソンシャッフル
オーランド・ジョーダンが愛用するフェイバリットムーブ。相手の顔面にボクシング仕込みの左ジャブを三発叩き込み、両足で軽くステップを踏む。そのあと自分の両手を素早く交差させ、ポーズが決まった直後に相手の顔面へ右ジャブを叩き込む。
ジライヤクラッチ
九州プロレスの磁雷矢が愛用しているメキシカンストレッチ。まず尻餅をついた相手の背後に回り込んで相手の左腕を左手で掴み、相手の後頭部を右手で上から押さえつける。続いて前屈みになった相手の首の後ろに自分の左足を、自分の左腿の上に掴んでいた相手の左腕をそれぞれ引っかけ、更に左足のつま先を相手の右腿の内側にフックさせる。最後に相手の右手首を両手で掴んで背中からマットに倒れ込み、掴んだ右腕を自分の方に引き寄せることで相手の首や両肩を痛めつける。
白川デスドロップ
DRAGON GATEの新井健一郎&岩佐拓が使っているオーシャンサイクロンスープレックスと同型の技。
不知火
プロレスリング・ノアの丸藤正道が愛用しているシグニチャームーブ。まず自分の体を左方向に軽く捻って相手に背中を向け、左首筋の方から相手の顎の下に自分の右腕を引っ掛ける。そして相手の顎を自分の右肩の上に乗せた状態で首を固定したあと左腕を横に大きく広げ、相手の首を右手で抱えたまま自分は目の前にあるコーナーの最上段まで駆け上がる。最後に両足を伸ばしながら自分の体を270゜後方回転させるようにジャンプし、両膝から着地すると同時に後ろに引き倒した相手の後頭部をマットへ叩きつける。
不知火・改
丸藤正道が使っているフラックスキャパシターと同型のムーブ。
不知火ゲイ
DDTプロレスリングの男色ディーノが使うディープキスからの不知火
シリースラム
アルシオンで活躍したレジー・ベネットが使っていたターボドロップと同型の技。
獅龍原爆固め
カズ・ハヤシが獅龍として活動していたみちのくプロレスで使っていたドラゴンスープレックスホールドの名称。
尻横須賀
DRAGON GATEの横須賀享が使っている得意技の1つ。相手の体をリバースパワーボムの要領で高々とリフトアップし、宙に浮き上がった相手の胴体を背後から両手で抱きかかえる。そのあと相手の体を抱えたまま開脚ジャンプし、自分の両足の間に尻餅をつく形で着地させた相手の臀部に痛みを走らせる。
シリンダーサイドエフェクト
CZWなどで活躍中のダニー・ハボックが使っている変形のライトニングスパイラル。まず向かい合った相手の右脇を潜り抜ける際に相手の右腕に自分の右腕を絡みつかせ、外腿の方から相手の右膝の裏に左腕を回して相手の右足を抱え込む。そのあと右半身からマットへ倒れ込みながら相手の右足を抱えた左腕を上方向へと振り上げ、その勢いで上下逆さまになった相手の体を豪快にマットへ叩きつける。
シルバースプーンDDT
WWEのコーディ・ローデスが使っている高速のDDT
シルバースライス
PWGのクイックシルバーが使っていたスナップメアドライバーと同型の技。
シルバーブレット
クイックシルバーが愛用していたパイルドライバーの名称。
シルバーブレッド
ディック東郷が使っていたトペ・アトミコの名称。ロープの上で逆立ちをするような状態で一旦静止し、そこからスピーディーに技を放つ見栄えの良さが特徴である。
シルバラード
クイックシルバーが使っていたアーン・アンダーソン式のスパインバスター
白い恋人
ハッスルのマーガレットが披露したスクールボーイと同型の技。
白い竜巻の術
みちのくプロレスのヤッペーマン1号が使っているスカイツイスタープレスの呼び名。
ジロウクラッチ
DDTプロレスリングの男色ディーノが見せたデルフィンクラッチに近い押さえ込み技。仰向けになった相手の頭の側に立って左足を相手の左脇腹の横あたりに置き、右手で掴んで持ち上げた相手の右腕と左手で掴んで持ち上げた相手の左腕を自分の左腿の上で交差させる。そのあと交差させた相手の両腕を左手で押さえつけて腕をロックし、右手で掴んだ相手の右足を相手の左膝の上に重ねて両足を交差させる。最後に右手で抱え上げた相手の左足を左脇に抱え直して両足もロックし、自由になった右手を天に掲げながら相手の顔面の上に座り込んでフォールを奪う。
新型亜留魔下首領
HUBが使っている入り方の異なる亜留魔下首領。まず背中の方から相手の右脇に頭を潜り込ませ、右腕を相手の背中へ、左腕を右首筋の方から相手の顎の下へそれぞれ回す。続いて右方向へ180゜水平旋回させながら抱え上げた相手の体をカナディアンバックブリーカーの形で右肩の上に着地させ、両手で掴み直した相手の首を下方向へと引っ張ることで相手の体を360゜後方回転させる。最後に自分の正面に落下してきた相手の右腿を左手で、左腿を右手で抱えながら尻餅をつき、相手の背中を開いた両足の間に叩きつけてそのまま3カウントを奪い去る。
新型オービートライス
プロレスリング・ノアのタダスケが使っているクレイドルショックと同型の技。
新型パワーボム
天龍プロジェクトの天龍源一郎がかつて使用していたクイックスタイルのパワーボム。向かい合った相手の両足の間に正面から両腕を差し込み、相手の右腿の裏に左手を、左腿の裏に右手を回して相手の両足を抱え込む。そのあと相手の体をリフトアップしながら体を前傾させ、前方に落下させた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
新型プリンスズスロウン
新日本プロレスで活躍中のプリンス・デヴィットが使っている改良型のプリンスズスロウン。カナディアンバックブリーカーで右肩に担ぎ上げた相手の背中を左手で下から押し上げ、その勢いでうつ伏せにひっくり返った相手の方へと自分の体を向ける。そのあと背中からマットに倒れ込みながら膝を突き出すように両足を折り畳み、うつ伏せの状態で落下してきた相手の腹部に突き立てた両足をめり込ませる。
新型D-ガイスト
プロレスリングFREEDOMSの佐々木貴が奥の手として使っているファイヤーサンダー型のD-ガイスト。D-ガイストの要領で相手の体を右肩に担ぎ上げたあと尻餅をつき、上下逆さまの状態で落下させた相手の頭部を自分の両腿の間へ打ちつける。
新河童巻き
IWAジャパンの河童小僧が愛用しているオリジナルホールド。カナディアンバックブリーカーの要領で相手を右肩に担ぎ上げたあと右膝をマットにつき、左手で掴んだ相手の右足のつま先を立てた左腿の上に引っ掛ける。そのあと相手の胴体を右手で、首を左手でそれぞれ抱え込み、体を前傾させて相手の背中を反り上げる。
シンガポールスリンガー
KAIENTAI-DOJOのシルバーウルフが使っていた回転式の弓矢固め。うつ伏せになった相手をボー・アンド・アローの要領で抱えたあと自分の体を前転させ、自分が尻餅をついたことろで回転を止めて相手の背骨を反り上げる。
新幹線アタック
スターダムの紫雷イオが使っているムーブ。コーナーにもたれかかる様に座り込んだ相手に叩き込む串刺し式の蒼魔刀である。
新ガンマスペシャル
DRAGON GATEで活躍中のGammaがCIMAと袂を分かったあとに見せたフィニッシングホールド。形はCIMAが得意とするメテオラと寸分違わないが、当のCIMAは見たことのない技だと語っている。
心技体
大大大横綱プレス
蜃気楼
プロレスリング・ノアの中嶋勝彦が開発したフェイントを交えた打撃技。左足でハイキックを放つ仕草を取って相手の注意を逸らし、がら空きになった相手の左側頭部に右足でハイキックを叩き込む。
シングルハッカー
プロレスリングWAVEのGAMIがLLPWで使っていた垂直落下式ブレーンバスターの呼び名。
人工衛星ヘッドシザーズ
沖縄プロレスのスペル・デルフィンが得意とするティヘラ系の技。助走をつけたあと相手の背後に体を回り込ませ、相手の右肩を右手で、相手の背中を左手で抱える。続いて相手の右横を通り抜けながら逆上がりをするような感じで自分の下半身を持ち上げ、相手の首を正面から両足で挟み込んだあと肩を掴んでいた腕を離す。最後に相手の首を軸にして自分の体を旋回させ、その勢いを利用して相手の体を前方へとホイップする。
真・ゴッチ式男色ドライバー
ゴッチ式男色ドライバー
真・最強ハイキック
最強ハイキック
真実一路
みちのくプロレスなどで活躍中ののはしたろうが使っているスカイデスペシャルと同系統の丸め込み技。うつぶせに倒した相手の左サイドに腰を下ろして相手の右脇に背中の方から右腕を差し込み、相手の左腕を左手で掴んで腕を自分の左腿の上へと持ってくる。そのあと自分の両足を相手の頭の方へと移動させることで相手の両肩をマットにつけさせ、相手の両腕を右半身で押さえつけながら自分の頭上にある相手の左足首を左手で掴んでフォールを奪う。
ジンジャー
みちのくプロレスのザ・グレートサスケが愛用するオリジナルムーブ。相手を倒したあとコーナー最上段へと登り、体を起こそうとして四つん這いになった相手の顔面目掛けてミサイルキックを叩き込む。
ジンジャーパブリックβ版
サスケスペシャルVer.2.5
真しゃちほこクラッチ
佐藤恵&佐藤秀がしゃちほこマシーン3号&4号として活動していたT2Pの頃から使用しているコンビネーション。恵が回転十字固めで丸め込んだ相手の両足を掴んだ秀が続けざまにジャックナイフホールドを決め、相手の体を2人がかりで押さえ込んでフォールを奪う。バラモン・ケイ&バラモン・シュウになると技の呼び名が五体不満足に変化する。
新宿二丁目交番式DDT
IWAジャパンのおまわりさんが使っていたフィニッシャー。相手の肩に肩車の要領で飛び乗ったあと敬礼を決め、そこからナイアガラDDTを仕掛けて相手の頭をマットへ叩きつける。
新人賞
DDTプロレスリングなどで活動中の赤井沙希が使っている必殺技の1つ。片膝や尻餅をついた相手の側で二段蹴りの要領で飛び上がり、振り上げた右足の裏で相手の顔面を蹴り飛ばす。元の名前は顔面矯正だったが、2014年のプロレス大賞新人賞獲得を機に呼び名が変化した。
新成人クラッチ
REINA女子プロレスの朱里がKGとして活動していたハッスルで披露した回転十字固めの名称。
新生マッスルドッキング
プロレスリング・ノアの丸藤正道&モハメド・ヨネが見せたコンビネーション。まずヨネが相手の体をキン肉バスターの要領で抱え上げてリング中央付近へと移動し、ヨネの正面にあるエプロンに移動した丸藤がトップロープの上に両足で飛び乗る。そのあとロープを踏み台にしてジャンプした丸藤が臀部のあたりを両手で押さえつけるように相手に飛びつき、それと同時にヨネが背中から倒れ込んで上下逆さまになった相手の体をマットへと叩きつける。
陣太鼓
松山勘十郎が使っているワッフルフェイスと同型の技。
シンデレラ城
バラモン・ケイ、バラモン・シュウ、植木嵩行の3人が使う合体式の押さえ込み技。シュウが逆さ押さえ込みで丸め込んだ相手の頭を植木が両足で跨ぎ、そのまま植木が両膝をついて相手の顔の上に股間を押し付ける。そのあとしゃがみ込んだ植木の肩の上に肩車をする形で飛びついたケイが体を前傾させ、相手の右腿を右手で、左腿を左手で抱えながら相手の股間に顔をうずめる。最後に植木がケイの股間に顔を押し付けることで3人の股間と顔面を円環状に連結し、更に逆さ押さえ込みを決めていたシュウが三点倒立をしてそのまま3カウントを奪取する。
ジントニック
DDTプロレスリングの高尾蒼馬が使っているインプラントの呼び名。2013年のビアガーデンプロレスで初公開された際には名前が決まっていなかったため、公式の試合結果で新しい技とリリースされていた。
シンプシエロン・ロス・アギレス
ユニバーサルで活躍したロビン・フッドが得意としてたジャベ。相手の胴体にカサドーラの要領で飛びついて相手の右足を右手で、相手の左足を左手で掴み、そのままマットに背中から着地することで相手を前のめりに倒れ込ませる。そのあとうつ伏せになった相手の右腕を右足で、左腕を左足で押さえつけながら自分の上半身を起こし、相手の両足を両腕で抱えたまま体を前傾させて相手の背骨を痛めつける。
真マテマティカバスター
みちのくプロレスの気仙沼二郎がつぼ原人時代に身に付けた初期型のマテマティカバスター。キン肉バスターの要領で相手を抱え上げたあと尻餅をつくように腰を落とし、着地の衝撃で肩の上に担いでいた相手の首・腰・股などに同時にダメージを与える。危険度が高いため凱旋帰国試合で一度披露したきりで長らく封印状態にあったが、東北ジュニアヘビー級王座選手権で久方ぶりに封印を解きデビュー22年目で初となるシングルタイトルを手中に収めた。
新卍固め
アントニオ猪木が編み出したオリジナルサブミッション。まず前屈みになった相手の右サイドに移動して相手の右腕を右手で掴み、その腕の上に持ち上げた自分の左足を引っ掛けて腕の動きを封じる。そのあと左手で掴んだ相手の左腕を自分の方へと引き寄せ、自由になった右腕の前腕部で相手の後頭部を上から押さえつける。最後に相手の左肩のあたりを右手で掴んで体重をかけ、右足一本でバランスを取りながら相手の首・肩・脇腹などを痛めつける。エベレット・エディとの異種格闘技戦を前にして開発されたが、本番の前に一度公開したきりでそれ以降使われることは無かった。
人民の太刀
STYLE-Eに登場した蛮頭ホモ虎が見せた必殺技。まず相手をマットに寝転ばせて自分はピーププルズエルボーを仕掛けるように両腕を振り、ロープの間を往復して四つん這いになった相手に背後から近づく。そのあと相手の脇腹を両手で掴んで腰を前に鋭く突き出し、自分の股間を相手の臀部に叩きつけて相手を悶絶させる。
新百合ヶ丘夜明け前
DDTプロレスリングの星誕期が使うランニング式ボディープレスの呼び名。
真・輪廻転生'12
2012年のDDT武道館大会でE.YOSHIHIKOが見せたムーブ。相手にパワーボムで抱え上げられた際に相手の首を両足でしっかりと挟み込み、自分の体を大きく旋回させることで相手の体もその場でぐるぐると回転させる。そのあと自分の上半身を激しく上下させながらなおも体を旋回させ続け、そこから高速のウラカン・ラナ・インベルティダを仕掛けて相手をピンフォールする。
人狼クロウ
ハッスルの人狼が使っていたチョーク式STO。向かい合った相手の喉を右手で鷲掴みにし、相手の右腕を左手で掴む。そのあと相手の右足を右足で刈り取りながら相手に体を浴びせかけ、押し倒した相手の後頭部をマットに痛打させる。別名はSTJ