.
スイーターボム
SUWAが闘龍門時代にドラゴン・キッドとの試合限定で見せていた華麗なムーブ。まず相手にわざとウラカン・ラナ・インベルティダを仕掛けさせ、相手が技を仕掛ける勢いを生かして自分の体を空中で360゜前方回転させる。そのあと自分は尻餅をつく形でマットに着地し、技を仕掛けた相手を逆に丸め込んでフォールを奪う。
スイート&サワー
トレバー・マードック&ランス・ケイドがWWEで愛用していたコンビネーション。相手の正面にケード、背後にマードックがそれぞれ陣取り、相手を挟み撃ちにするような感じで2人が助走をつける。そのあとマードックが相手の足を低空のラリアットで背後から刈り取り、同時にケードが喉元へラリアットを叩き込んで相手を豪快に薙ぎ倒す。別名はハイ・ロー
スイートエンジェルキッス
DRAGON GATEで活躍中のGammaが使っている名前とは裏腹の汚らしいムーブ。相手が寄りかかったコーナーのセカンドロープに登ったあと両手に唾を拭きつけ、相手の顔を唾にまみれた手の平で撫で回す。
スイートシェーンミュージック
ショーン・マイケルズの親戚である"マーべリック"マット・ベントリーが使うフィニッシングムーブ。マイケルズ譲りの破壊力抜群なスーパーキックであり、別名マーベリッククラッシュ、ヘッド・オン・コリジョンとも呼ばれる。
スイート♂チン
DDTプロレスリングの男色ディーノが使う、相手の股間目掛けてのスイートチンミュージック
スイートチンミュージック
WWEの"HBK"ショーン・マイケルズが長年愛用していたシグニチャームーブ。相手の顎を跳ね上げるように放つ華麗なスーパーキックであり、コーナー付近での足踏みから技を決めるまでの一連の動作は芸術の域に達していた。
スイートドリーム
中西学&ジャイアント・バーナードが愛用していた連携殺法。バーナードがコーナーの相手をコーナースプラッシュで圧殺し、相手を対角線上のコーナーにハンマースルーする。そのあと待ち構えていた中西が腕を振りかぶり、走ってきた相手を野人ハンマーで殴り飛ばす。
スイートネス
WWEのヒース・スレイターが使っているジグザグと同型の技。
スイカ割り
新日本プロレスで活躍している後藤洋央紀&柴田勝頼が使う、2人がかりで仕掛けるgo 2 sleep。後藤がファイヤーマンズキャリーで担ぎ上げた相手の体を正面にいる柴田に向かって投げつけ、うつ伏せの状態で落下してきた相手の顔面に柴田が膝蹴りを叩き込む。カール・アンダーソン&ドク・ギャローズが保持するIWGPタッグタイトルに挑戦する際に編み出された技で、フェイスペイントを施したギャローズの顔がスイカに似ていた為にこの名前が付けられた。
スイクルデス
プロレスリング・ノアで活動中の齋藤彰俊が使う延髄斬りの名称。
酔鯨
DDTプロレスリングのマサ高梨が見せたゆりかもめと同型の技。
水車落とし
新日本プロレスで活躍したサルマン・ハシミコフが愛用していた古典的投げ技。まず相手の懐に体を潜り込ませて相手の右腿を左手で、左腿を右手で抱え込み、相手の腹部を右肩に乗せた状態で上半身を起こす。そのあと相手の足から離した左手で相手の右腕を掴み、そのまま後ろに倒れ込んで相手を背中からマットに叩きつける。
スイスアッパーカット
WWEのセザーロがクラウディオ・カスタニョーリ時代から愛用する変幻自在のエルボースマッシュ
スイススリーパーホールディング
セザーロがクラウディオ・カスタニョーリ時代に使っていた変形のコブラクラッチ。向かい合った相手の左腕を左手で掴み、相手の左脇に背中の方から差し込んだ右手を相手の左肩に添える。そのあと相手の右横を通り抜けて自分の体を相手の背後に回り込ませ、顎の下に巻きつけた腕を使って相手の頚動脈を圧迫する。
スイス・デス
カフドロップ
スイスブレード
アルパマーレ・ウォータースライド
彗星キック
アイスリボンや伊藤道場で活躍した市井舞が使っていた三角蹴りの名称。
水前寺ドライバー
水前寺狂四郎が使っていたみちのくドライバー2と同型の技。
垂直落下式正田落とし
東京愚連隊のMAZADAが愛用している必殺技の1つ。フィッシャーマンバスターの要領で相手の体を抱え上げたあと尻餅をつくように倒れ込み、急降下させた相手の頭部をDDTの形で自分の左サイドへ打ちつける。
垂直落下式ダイビングヘッドバット
クリス・ベノワがワイルドペガサス時代に愛用していた体をジャンプさせないタイプのダイビングヘッドバット。相手をコーナー近くで仰向けに倒したあとコーナー最上段へと歩を進め、両腕を大きく広げながら前のめりに倒れ込む。そしてそのまま相手の体に覆いかぶさるように落下し、相手の肩口にダイビングヘッドバットを叩き込む。
垂直落下式デスバレーボム
全日本プロレスの征矢学が使っているTKO34thと同型の技。
垂直落下式バファロードライバー
大阪プロレスのブラックバファローが奥の手として使っている急角度のバファロードライバー。リバースフルネルソンに捕らえた相手の体をカナディアンバックブリーカーの要領で右肩に担ぎ上げ、腕のクラッチを解いて相手の腰を両手で抱え直す。そのあと相手の体を前方に滑り落としながら尻餅をつき、相手の後頭部や背中を自分の両足の間へ叩きつけてフォールを奪う。
垂直落下式パワーボム
三冠パワーボム
垂直落下式ファルコンアロー
ファルコンアロー
垂直落下式ブレーンバスター
獣神サンダーライガーや金丸義信が代表的な使い手として知られ、この2人以外の多くのレスラーも愛用しているポピュラーなフィニッシャー。相手をブレーンバスターの要領で垂直に持ち上げたあと背中から倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の頭部をマットへ打ちつける。海外ではブレーンバスターと言えばこちらの垂直落下式を指すことが多い。
垂直落下式変形リバースDDT
変形ゴーフラッシャー
垂直落下式魔神風車
プロレスリング・ノアの丸藤正道が愛用しているフェイバリットホールド。魔神風車固めのクラッチで抱えた相手の体を垂直になるまで持ち上げ、背中からマットに倒れ込んで上下逆さまになった相手の体をマットへ叩きつける。
垂直落下式リーマン・ショック
信州プロレスのスーパー・ササダンゴ・マシンが、DDTプロレスリングの"KO-D無差別級王者"HARASHIMAに挑戦する際に編み出したムーブ。まず向かい合った相手の左手首を左手で掴み、前屈みになった相手の首の後ろに左腕を回して相手の頭を抱え込む。そのあと相手のタイツを右手で掴んで相手の体を垂直になるまで抱え上げ、自分は背中から倒れ込むことで落下させた相手の頭部を強かにマットへ打ちつけさせる。試合前にパワーポイントを使って行われたプレゼンでは"1回決まると相手の体力を35%削れるので、3回決まれば必ず勝てる"と豪語していたが、3回決めても王座には手が届かなかった。
垂直落下式リバースDDT
エル・サムライが奥の手として使用している必殺技。相手の首をリバースDDTの要領で左脇に抱え、右手を相手の背中の方へと回して両膝を軽く屈伸させる。そのあと相手の体を宙に抱え上げつつ自分は背中からマットに倒れ込み、落下させた相手の後頭部を強かにマットへ打ちつける。
垂直落下式DDT (1)
新日本プロレスやZERO-ONEで活躍した橋本真也が使っていた垂直落下式ブレーンバスターの呼び名。相手を抱え上げたまま足を数歩前に踏み出し、右足を大きく振り上げながら相手を落とすことが多かった。
垂直落下式DDT (2)
ブラディサンデー
垂直落下式DDT (3)
ライジングDDT
スイッチング・クロイツ・ラス
ケニー・オメガがDDTプロレスリングで披露した必殺技の1つ。まずパワーボムで相手をマットに叩きつけ、背筋力を使って相手の体をもう一度肩の高さまで抱えあげる。そのあと肩の上で相手の体を180゜水平旋回させて相手を肩車する格好へと移行し、そこからクロイツ・ラスを仕掛けて相手をマットへ叩きつける。餅つき式パワーボムの要領で相手の背中を2度マットに叩きつけ、そこから同様の手順でクロイツ・ラスに移行する攻撃パターンにはコンビネーション・クロイツ・ラスという呼び名が付けられた。
水面蹴り
橋本真也が新日本プロレスで行われたトニー・ホームとの異種格闘技戦を前に習得した打撃技。自分の左足を軸にして体を右方向に回転させ、回転途中で左足を折り曲げて左膝からマットに着地する。そのあと体を滑らすように回転させながら右足を大きく広げ、相手の足を背後から足払いで刈り取って相手の体を豪快に薙ぎ倒す。
スインギングクルシフィックス
アレックス・シェリーがZERO1マットで披露したテクニカルな丸め込み技。まず四つん這いになった相手の左サイドに移動して相手の左脇に背中の方から左腕を差し込み、相手の背中を飛び越えるようにジャンプして相手の右サイドへと飛び移る。そして相手の右腕を両足で挟み込んだあと相手の体を後ろに転がして両肩をマットにつけさせ、自分は相手の両腕を極めたまま腹這いになってフォールを奪う。
スイング式浜ちゃんカッター
グラン浜田が使っているハワイアンスマッシャーと同型の技。
スイングシフト
ECWやWCWで活躍したジョニー・スウィンガーが愛用しているミリオンダラーバスターと同型の技。
スイングスモールパッケージホールド
プロレスリングWAVEの渋谷シュウが見せた丸め込み技。相手の頭をDDTの要領で左脇に抱え込んだあと近くのセカンドロープに左足を、トップロープに右足をそれぞれ乗せ、ロープを蹴った反動を使って体を右方向へ大きく旋回させる。そして背中からマットに倒れ込みながら相手の左腿を右手で抱え、その勢いで前方へと転がった相手の右足に自分の右足をフックさせてフォールを奪う。
スイングタイム
ジョニー・スウィンガーが使うカタパルトレッグドロップの名称。
スイングネックブリーカードロップ
若手からベテランレスラーまで幅広く愛用している基本的なムーブ。まず前屈みになった相手の首の後ろに正面から右腕を回し、相手の首を抱え込むように両手をクラッチする。そのあと体を右方向に180゜捻って背中からマットに倒れ込み、その勢いで仰向けにひっくり返った相手の後頭部や背中をマットへ叩きつける。
スイングブレード
WWEやROHで活躍したジェイミー・ノーブルが使っていたロッキンバウと同型の技。
スイングリバースDDT
エル・サムライが開発した改良型リバースDDT。まずリングの方を向きながらコーナーのセカンドロープによじ登ってコーナー最上段に腰をかけ、コーナーの側にいる相手の頭をリバースDDTの要領で脇に抱える。そしてリングへジャンプしたあと相手の体を軸にして自分の体を右方向へと旋回させ、背中から着地すると同時に相手の後頭部をマットに打ちつける。
スイングDDT
沖縄プロレスのスペル・デルフィンがみちのくプロレス時代から使い続けている代名詞的な必殺技。まずリングの方を向きながらコーナーのセカンドロープによじ登ってコーナー最上段に腰をかけ、コーナーの側にいる相手の頭を正面から左脇に抱え込む。そしてリングへジャンプしたあと相手の体を軸にして自分の体を右方向へと旋回させ、背中から着地すると同時に抱えていた相手の頭をマットへ叩きつける。
スイングDDT改
大阪プロレスのスーパードルフィンが使っていた変形のスイングDDT。まずリングの方を向きながらコーナーのセカンドロープによじ登ってコーナー最上段に腰をかけ、コーナーの側にいる相手の頭を正面から左脇に抱え込む。続いてリングへジャンプしたあと相手の体を軸にして自分の体を右方向へ旋回させ、もう一度セカンドロープに両足を着地させる。最後にロープを蹴って更に体に回転を加え、背中から着地すると同時に抱えていた相手の頭をマットに叩きつける。
スウィートボーイズ
DRAGON GATEで活躍したマイケル岩佐&ダニエル三島のタッグチーム、"フロリダブラザーズ"が愛用していたコンビネーション。まず岩佐の背後で倒れ込んだ三島が両足を上方向へと持ち上げてスタンバイし、岩佐が走ってきた相手の右脇を左手で、左脇を右手で掴んで相手の体を宙に浮き上がらせる。そのあと落下してきた相手の顔面を待ち構えていた三島の両足の裏へと叩きつけ、その衝撃でふらついた相手の体を岩佐がスクールボーイで瞬時に丸め込む。
スウィフトドライバー
プロレスリングFREEDOMSの杉浦透が使っているLanakila-Hと同型の技。
スウェーニョ
新日本プロレスのBUSHIが使っている必殺技の1つ。相手の首をフロントネックロックに捕らえたあと体を左方向へ180゜捻って相手と背中合わせになり、自分の体を前傾させた反動を使って相手の両足を宙へ浮き上がらせる。続いて抱えていた相手の首を下方向へと引っ張ることで相手の体を空中で270゜後方回転させ、うつぶせの状態になった相手の体が自分の正面へとやってきたところで背中からマットへ倒れ込む。最後に膝を突き出すように折り畳んだ両足を相手の胸板にあてがいながらマットに着地し、その衝撃で相手の胸に自分の両膝をめり込ませる。
スウェ〜ニョ
PSYCHOが使っている変形の三角締め。向かい合った相手の右腕を右手で、左腕を左手でそれぞれ掴み、自分の体を軽くジャンプさせて背中からマットに着地する。そのあと交差させた相手の両腕と首を自分の両足で下から挟み込み、中腰状態になった相手の両腕と首を絞り上げる。
スーサイダル・バリエンテ
CMLLのバリエンテが使っている難易度の高い空中殺法。相手をコーナー左隣に面する場外に落としたあと自分はロープに飛んで助走をつけ、コーナー右隣から伸びるセカンドロープにリングに背を向けた状態で飛び乗る。そして続けざまに体をジャンプさせてコーナー左隣から伸びるトップロープの上に場外に背を向ける格好で飛び移り、そこから体を270゜後方回転させて場外にいる相手に体全体で体当たりする。
スーサイド
JCWなどで活動中の"クレイジーJ"ことジェイク・クリストが使うダブルアーム式カナディアンデストロイヤー。前屈みになった相手の上半身をリバースフルネルソンに捕らえ、両膝を軽く屈伸させて反動をつける。そのあと体を360゜前方回転させるようにジャンプしてマットに尻餅をつき、宙に浮き上がった相手の頭部をマットへ強かに打ちつける。コーナーからの雪崩式でこの技を繰り出すこともある。
スーサイドスクイーズ
CHIKARAのダッシャー・ハットフィールドが愛用する変形のデスバレーボム。相手の体をファイヤーマンズキャリーの要領で肩に担ぎ上げ、相手の頭と右足を抱え込むように自分の両手をクラッチさせる。そして左方向へと体を軽く旋回させたあと左半身からマットへ倒れ込み、落下させた相手の後頭部や背中をマットへ打ちつける。
スーサイドソリューション
インパクト・レスリングのスーサイドが使っている必殺技の1つ。まず向かい合った相手の左腕を右脇に抱え込み、相手の左足を左手で掴んで自分の体を前屈みにさせる。続いて持ち上げた相手の左足を自分の首の後ろへと引っかけ、上半身を起こす勢いで相手の体を270゜後方回転させる。最後に背中からマットに倒れ込みながら相手を後方へと放り投げ、うつ伏せの状態で落下させた相手の顔や胸をマットへ叩きつける。
スーサイドボム
MIKAMIが使うセントーン・レベルサと同型の技。
スーパーアッサムボム
FMWで活躍したザ・グラジエーターことマイク・オーサムが使っていたフィニッシングムーブ。カナディアンバックブリーカーの要領で相手の体を高々とリフトアップし、相手が右肩の上に座るような格好になったところで一旦静止する。そのあと相手を抱えたまま助走をつけ、腕のクラッチを切って相手の体を前方へと投げ捨てる。リング内から場外に設置した長机目掛けて相手を放り投げる一発は見た目も威力も規格外であった。
スーパー・ウラカン・ラナ
ウルトラ・ウラカン・ラナ
スーパーエルボー
KAIENTAI-DOJOのSuperXが愛用していた飛距離の長いエルボードロップ。相手をコーナーにハンマースルーしたあとリング中央付近でジャンプし、コーナーに寄りかかる相手に串刺し式のジャンピングエルボーを見舞う。そのあとふらつく相手の体を仰向けに倒して背後にあるロープに跳び、相手の胸板に助走つきのジャンピングエルボードロップを叩き込む。
スーパーお船DEぴょん
お船DEぴょん
スーパー回転エビ固め
みちのくプロレスの義経が使っていた丸め込み技。まず相手にロープに振られた際にロープ際で倒立し、自分の両腿の裏をロープに接触させる。そのあと体を後ろに倒して相手に背中を向けた状態でマットに着地し、前方に飛び退くような感じで体をジャンプさせる。最後に背後にいる相手の胴体を両足で挟み込みつつ前方回転し、相手をカサドーラの要領で丸め込んでフォールを奪う。
スーパーキック
クリス・アダムスが考案したトラースキックと同じタイプの蹴り技であり、現在に至るまで数多くの外国人レスラーが好んで使用しているムーブ。まず向かい合った相手に右半身を向ける体勢になり、左足を一歩後ろに踏み出してタメを作る。そのあと左足を元の位置へと戻しながら体の重心を左方向へと傾け、鋭く突き出した右足の裏で相手の顔面や胸板を蹴り飛ばす。
スーパーキック2008
坂田亘がハッスル使っていたスーパーキックの呼び名。
スーパーケンカキック
DRAGON GATEの望月成晃が愛用している打撃技の1つ。相手の動きを止めたあと相手の正面にあるロープへ跳んで助走をつけ、相手の側まで戻ってきたところで左足で踏み切りジャンプする。そのあと体を後ろに傾けながら右足をマットと水平に突き出し、相手の顔面を右足の裏で勢い良く蹴り飛ばす。
スーパーコルバタ
大阪プロレスの薬師寺正人が愛用していたムーブ。相手を場外に落としたあとロープに跳んで助走をつけ、腹這いになりながらスライディングをしてサードロープの下を滑り抜ける。そのあと場外にいる相手の首を両足で挟み込み、自分の体を振った勢いを利用して相手をホイップする。
スーパーシーサーラリアット
スーパーラリアット
スーパー不知火
雪崩式不知火
スーパースクラップキック
ミラノコレクションA.T.&タイチのタッグチーム、"ユニオーネ"が使っていたサンドイッチ式のトラースキック。膝立ちになった相手の両脇にミラノとタイチがそれぞれ陣取り、2人が同時にトラースキックを放って相手の頭部を足で挟み撃ちにする。
スーパースターエルボー
プロレスリング・ノアの石森太二がデビュー当時から愛用している華麗な必殺技。相手を仰向けに倒したあと右肘のサポーターを投げ捨てて天を指差し、糸巻きのように両手をくるくると回したあと折り畳んだ右肘を左手で何度も叩く。続いて助走をつけてロープ近くで倒立し、両腿の裏をロープに接触させたあと体を後ろに倒してリングに着地する。最後に両足でマットを蹴って高々とジャンプし、体を450゜後方回転させながら落下して相手の胸板に右肘でエルボードロップを叩き込む。
スーパースター・ケブラーダ
石森太ニがかつて使用していた華麗な空中殺法。相手を場外に落としたあとロープに跳んで助走をつけ、リング中央付近で場外に背を向けるように体を捻ってバク転を1回決める。そのあと背後にあるロープを背面跳びの要領で飛び越えながら体を270゜後方回転させ、そのまま場外にいる相手に体全体で体当たりをする。
スーパーセレブ
ハッスルでセレブキャラに変身した小川直也が披露した必殺技。まずカナディアンバックブリーカーの要領で相手を右肩に担ぎ上げ、相手の腰を痛めつけたあと自分の体だけを右方向に180゜捻る。そして前のめりに倒れ込みながら落下する相手の胴体に左腕を引っかけ、そのまま相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
スーパーダイブ
世界一のスプラッシュ
スーパーたいようちゃん☆ボム
たいようちゃん☆ボム
スーパーダンス
Hi69がデビュー当時に愛用していた華麗なエアリアルムーブ。相手を仰向けに倒したあとエプロンに移動してトップロープを両手で掴み、体に右方向への捻りを180゜加えながらジャンプをする。そしてそのままリングに背を向けた状態でトップロープの上に着地し、ムーンサルトプレスの要領で体を回転させて相手をプレスする。
スーパーダンスver.2
Hi69が使っているスカイツイスタープレスと同型の技。
スーパーダンディスプラッシュ
火野裕士がダンディ拓也との対戦の中で見せたムーブ。ダンディが入場時に着てきたバスローブを羽織ってコーナー最上段に登り、"3、2、1、ダンディー!"と絶叫してから相手にフロッグスプラッシュを叩き込む。
スーパーデッドエンド
デッドエンド
スーパーどどん
新日本プロレスの田口隆祐が使っている雪崩式のどどん。まずリングに背を向ける格好で相手をコーナー最上段に座らせ、自分もリングに背を向けた状態でコーナーのセカンドロープによじ登る。そして相手の上半身をタイガースープレックスのクラッチで抱えたあと相手と共にコーナー最上段へと登り、相手の体を抱えたまま後ろに飛び退くようにジャンプする。最後に空中で相手の腕を固めていた両腕のクラッチを切って相手の右腿を右手で、左腿を左手で抱え直し、尻餅をつくように着地すると同時にうつ伏せの状態になった相手の体をマットへ叩きつける。
スーパートラップバスター
JDスター女子プロレスなどで活躍したドレイク森松が使っていたチャタヌガチュチュと同型の技。
スーパートリプルハッカー
二上美紀子、キャロル美鳥、紅夜叉がLLPWで結成した"決起軍"の合体殺法。対戦相手を2人がツープラトンのブレーンバスターで持ち上げ、残りの1人がコーナー最上段に登って相手の右足を左手で、左足を右手で掴む。そのあとコーナー上の仲間がリングへジャンプすると同時に残りの2人がマットへ倒れ込み、落下させた相手の頭部をマットへ強かに打ちつける。
スーパードロル (1)
CIMA、吉野正人、ドン・フジイ、マグニチュード岸和田、鷹木信悟などが加入していたDRAGON GATEの大規模ユニット、"Blood Generation"のコンビネーション。まず鷹木が相手の体をリバースパワーボムの要領で抱え上げ、CIMAと吉野が相手の顎に連続でデュランダルを叩き込む。そのあとロープに飛んだCIMAと吉野が相手の頭を左右からのドロップキックで挟み撃ちにし、鷹木が尻餅をついて相手の顔や胸を強かにマットへ叩きつける。ちなみにこれといった決まった形がある技ではなく、試合に参加している人数やメンバーの違いによってコンビネーションを様々に変化させていた。
スーパードロル (2)
CIMAが使っているラングブロアー、もしくはデュランダルの呼び名。
スーパーナチュラルドライバー
WWEのブギーマンが使っていたリバースのアバランシュホールド。まず相手の背後に回り込んで左首筋の方から相手の顎の下に左腕を巻きつけ、腿の裏の方から相手の股の間に差し込んだ右手で相手の右腿を抱え込む。そのあと持ち上げた相手の体を胸の前で水平に保ち、そのまま前のめりに倒れ込んで相手をうつ伏せの状態でマットへ叩きつける。
スーパーバイセップスエクスプロージョン
バイセップスエクスプロージョン
スーパー恥ずかし固め
NEO女子プロレスの宮崎有妃&タニー・マウスが"井上京子デビュー20周年記念興行"で松尾永遠&風香を相手に披露したムーブ。相手をリバースフルネルソンに捕らえるや否や場内が暗転してサイレンが鳴り響き、相手の股を開いた瞬間にコーナーに取り付けた発煙筒から煙幕が噴出するという文字通りスーパーな演出付きの恥ずかし固めである。
スーパーパワーボム
タッグマッチで使われる合体式のパワーボム。まず仲間の1人がリングの方を向きながらセカンドロープによじ登ってコーナー最上段に腰をかけ、コーナーに背を向けたもう1人の仲間が対戦相手をブレーンバスターで持ち上げる。続いてコーナー上の仲間が抱え上げられた相手の右腿を左手で、左腿を右手で掴み、相手の体をパワーボムの要領で肩の上に担ぎ上げる。最後に相手を抱えたコーナー上の仲間がリングへジャンプし、尻餅をつくように着地すると同時に相手の背中をマットに叩きつける。海外では"チーム3D"のブリー・レイ&ディーボン、国内では邪道&外道が代表的な使い手として知られている。
スーパーヒーロースラム
RO'ZがWWEで使っていたキャタトニックと同型の技。
スーパーファイナルアトミックシーサー
サザンクロス
スーパーフィッシャーマンバスター
土方隆司がマスクマンの歳三として活動していた全日本プロレスで編み出した必殺技。形はLSDと同型。
スーパーフライ
新日本プロレスの外道が愛用しているフェイバリットホールド。"スーパーフライ!"と叫んでから放つフロッグスプラッシュである。
スーパーフライスプラッシュ
WWFで活躍した"スーパーフライ"ジミー・スヌーカのフィニッシャー。体を大きく広げて放つ滞空時間の長いダイビングボディープレスであり、現在はWWEで活躍する娘のタミーナがこの技を受け継いでいる。
スーパーフリーク
GAEA JAPANの長与千種が切り札的として使っていた豪快なフィニッシャー。まず相手をケブラドーラ・コン・ヒーロの要領で回転させながら持ち上げ、相手の体をパワーボムの形で肩の上に担ぎ上げる。そのあと体を横方向に旋回させながら右膝をつき、前方に落下させた相手の背中をマットへ叩きつける。長与の引退後はNEO女子プロレスの元気美佐江がこの技を愛用していた。
スーパーブルーディスティニー
パーフェクトブルーディスティニー
スーパープレス (1)
ZERO1に登場したフランク・デビットが披露したファイヤーバードスプラッシュと同型の技。
スーパープレス (2)
大火山プレス
スーパープレックス
海外で使われている雪崩式系の技を指す呼び名。WWEのコメンテーター、ジム・ロスにかかれば全ての雪崩式技がスーパープレックスになる。
スーパーボトム
ヒライボトム
スーパーボム (1)
愚乱・浪花が奥の手として使っていたムーブ。まず向かい合った相手の喉を右手で鷲掴みにし、背中に左手を添えて相手の体を肩の高さまでリフトアップする。そのあと相手の右足を自分の左肩の上に、左足を右肩の上にそれぞれ着地させて相手の両腿を両手で抱え直し、相手をシットダウンパワーボムの形でマットに叩きつける。
スーパーボム (2)
ZERO1の将火怒が植田使徒時代に使っていたシットダウンパワーボムの呼び名。
スーパーポンプアップルキック
TAKAみちのく&JOE&アップルみゆきが披露したスーパーポンプキックのバリエーション。TAKA&JOEがスーパーポンプキックを仕掛けると同時にアップルが加速をつけたドロップキックを放ち、3人の足で相手の顔面を勢い良く蹴り飛ばす。
スーパーポンプキック
KAIENTAI-DOJOのTAKAみちのく&JOEが使っているコンビネーション。コーナーに寄りかかった相手にTAKAがスーパーK3を叩き込み、ふらついた相手の後頭部へ追撃のスーパーK2を叩き込む。そのあとTAKAとJOEが相手の方向を指差して助走をつけ、振り向いた相手の顔面をTAKAのスーパーキックとJOEのポンプキックで同時に蹴り上げる。
スーパーポンプセグウェイ
TAKAみちのく&ザ・グレートサスケ&JOEが披露したスーパーポンプキックのバリエーション。TAKAとJOEがスーパーポンプキックで相手を蹴り倒し、コーナー最上段からジャンプしたサスケがサスケスペシャルXバージョン10.2セグウェイ(ものまね禁止)を相手に叩き込む。
スーパーポンプブーツ
TAKAみちのく&JOE&YOSHIYAが披露したスーパーポンプキックのバリエーション。TAKA&JOEがスーパーポンプキックを仕掛けると同時にYOSHIYAが加速をつけたビッグブーツを放ち、3人の足で相手の顔面を豪快に蹴り飛ばす。
スーパーマイロプレス
BAPESTA!!に登場したスーパーマイロのフィニッシャー。形はリバース450゜と同型。
スーパーマスドライバー
鈴木鼓太郎が見せたカウンター式のマスドライバー。相手がムーンサルトプレスを狙ってコーナーに登った際に自分はいち早く起き上がり、相手がコーナーからジャンプするのに合わせて自分はコーナーに背中を向けるように体を捻る。そのあと空中で上下逆さまの状態になった相手の首の後ろに左腕を、背中に右腕を素早く回してそのまま尻餅をつき、落下させた相手の頭部をDDTの形で自分の左サイドへと叩きつける。
スーパーマン (1)
AJスタイルズが愛用しているスプリングボード式の450゜スプラッシュ。エプロンに移動したあとトップロープを両手で掴み、その場でジャンプしてトップロープに両足で飛び乗る。そしてロープを蹴ったあと空中で体を450゜前方回転させ、仰向けになった相手をボディープレスしてフォールを奪う。
スーパーマン (2)
米国インディーマットで活躍中のコルト・カバナが使うドライングゲットと同型の技。定期参戦しているプロレスリング・ノアではカバナ固めと呼ばれている。
スーパーミルキーウェイ
沖縄プロレスのミル・マングースが使っているウルトラ・ウラカン・ラナの呼び名。
スーパーメガ・アンタパルトスプラッシュ
CHIKARAで活動しているファイヤーアント、ソルジャーアント、グリーンアントのユニット、"ザ・コロニー"のコンビネーション。対戦相手を仰向けに倒したあとファイヤーアントがコーナー右隣のエプロンへ、ソルジャーアントがコーナー左隣のエプロンへそれぞれ移動し、2人が同じコーナーのセカンドロープへとよじ登る。そのあとコーナーに立ったファイヤーアントとソルジャーアントが2本の腕を互いにつなぎ合わせ、コーナー最上段へと登ったグリーンアントが橋のようになった2人の腕の上へ足を乗せる。最後に2人の腕を踏み台にしたグリーンアントが高々とジャンプし、倒れている相手の体を落差のあるダイビングボディープレスで押し潰す。
スーパー・ラナ
現在はL.A.パークのリングネームで活動している初代ラ・パルカのフィニッシャー。形はヨシタニックと同型で、別名スカルボムとも呼ばれている。
スーパーラリアット
みちのくプロレスや大阪プロレスで活躍したGAINAが使う豪快無比な倒れ込み式ラリアット。マスクマンのシーサー王として活動していた沖縄プロレスではスーパーシーサーラリアットと呼ばれていた。
スーパーランチャー
FMWで活躍したグラジエーターことマイク・オーサムが愛用していたトップロープ越えのトペ・スイシーダ。相手を場外に落としたあとロープに跳んで助走をつけ、相手を落とした場外の側に戻ってきたところで大きくジャンプする。そのあとトップロープの上を飛び越えて場外にいる相手に頭から突っ込み、肩口からぶつかる格好で相手に豪快に体当たりをする。
スーパーK
KAIENTAI-DOJOのTAKAみちのくが使うスーパーKシリーズの1つ。両膝を屈伸させた反動を利用して高々とジャンプし、振り抜いた右足の裏で相手の顔面を勢い良く蹴り飛ばす。グロッキー状態になったと見せかけて相手をおびき寄せ、油断して近づいてきた相手にカウンターで決めることも多い。
スーパーK2
相手の後頭部目掛けて放つスーパーキックの名称。TAKAみちのくが使うスーパーKシリーズの1つである。
スーパーK3
TAKAみちのくが使うスーパーKシリーズの1つ。コーナーにハンマースルーした相手を追いかけるように助走をつけ、相手が寄りかかったコーナーの右隣にあるトップロープを両手で掴む。そのあと左足をコーナー右隣にあるサードロープに乗せて体をジャンプさせ、振り抜いた右足の裏で相手の顔面を蹴り飛ばす。
スーパーK4
TAKAみちのくが使っているスーパーKシリーズの1つ。四つん這いになった相手の顔面に加速をつけた低空のドロップキックを叩き込む。
スーパーKスペシャル
TAKAみちのくが使うバズソーキックと同型の技。
スーパーHERO!キック
蒼魔刀
スープレックス・デ・イオ(仮)
アルコイリス・デ・イオ
スープレックスはるか
アイスリボンの聖菜が愛用していた必殺技の1つ。ダブルリストアームサルトの要領で相手の左脇に頭を潜り込ませ、左手で掴んでいた相手の右腕を相手の背中の方へと持っていく。そのあと体をブリッジさせて相手の体を後方へ反り投げ、相手の背中をマットに叩きつけたあともブリッジを崩さずそのまま3カウントを奪う。名前の中にある"はるか"とはこの技の元々の使い手であったNEO女子プロレスの松尾永遠のことを指している。
スーベニア
WWEのキング・バレットが使っていたレインメーカー式のエルボーバット。まず四つん這いなった相手の背後に回り込んで相手の右腕を左手で掴み、掴んだ右腕を相手の顎の下へと巻きつけながら相手を引き起こす。そのあと掴んだ右腕を引っぱった勢いで相手の顔を自分の方に振り向かせ、相手の顔面に右腕で強烈なエルボーバットを叩き込む。スーベニアは"記憶・思い出"という意味を持つフランス語であり、その後ブルハンマーに改名された。
スカー
マット・ハーディーがROH参戦時に開発したフィニッシングホールド。まず相手の上半身をリバースフルネルソンに捕らえ、背中からマットに倒れ込みながら両足を大きく開く。そのあと頭をマットに打ちつけた相手の胴体を両足で挟み込み、そのまま相手の首や両肩を痛めつけてギブアップを奪う。別名はホワイトライト・エクスペリエンスであり、TNAではアイスピックと呼ばれている。
スカーレットフロウジョン
大日本プロレスの河上隆一が使っているエメラルドフロウジョンの名称。
スカイ・イズ・フォーリング
チョコレートレイン
スカイウォーカー (1)
プロレスリング・ノアの小峠篤司が使うトカレフと同型の技。
スカイウォーカー (2)
WWEやNXTで活動中のセス・ローリンズが使うアサイDDTの呼び名。
スカイウォーカーニー
小峠篤司が使っているエアリアルムーブ。まずエプロンに移動してトップロープを両手で掴み、体をジャンプさせてトップロープの上に両足で飛び乗る。そしてリングへとジャンプしたあと空中で膝を突き出すように右足を折り畳み、立っている相手の喉元に右足の脛を叩きつける。最後にそのまま体重をあずけることで相手の体を後ろへ転倒させ、倒れ込んだ相手の後頭部や背中をマットへ痛打させる。
スカイカナールホールド
吉本女子プロレスJd'のCoogaが使っていた変形のバックドロップホールド。まず相手の背後に自分の体を回り込ませ、背中の方から相手の右脇に頭を潜り込ませる。続いて相手の背中を左腕で抱え込み、相手の股の間に腿の裏の方から差し込んだ右手で正面にある相手の左腕を掴む。最後に右腕で相手の右腿を下から掬い上げながら体をブリッジさせ、後方に反り投げた相手を肩口からマットに叩きつけてフォールを奪う。スカイは"空"、カナールは"河"を意味する英語であり、それを組み合わせたスカイカナール="空河"で自分のリングネームであるCoogaを表している。
スカイキック
ZERO1の崔領二が使うランニング顔面蹴りと同型の技。
頭蓋骨締め
ヘッドロック
スカイスプラッシュ
プロレスリング華☆激などで活動中のドラゴン・ユウキが使っているダイビングボディープレスの名称。
スカイダイビングプレス
アイスリボンのみなみ飛香が使っていたダイビングボディープレスの呼び名。コーナー最上段に登ったあと右手を軽く振り上げ、"ヤッフー!"と雄叫びを上げてから技を仕掛けるのが特徴である。
スカイダイブインパクト
鈴木鼓太郎が開発したムーブ。アストロシザーズの要領で相手の頭を挟み込んだあと体を前傾させ、その勢いで前のめりに倒れ込んだ相手の顔面をマットに痛打させる。
スカイツイスタープレス
NEO女子プロレスやアルシオンで活躍したチャパリータASARIが使っていた"天空旋風"とも呼ばれる空中殺法。相手を仰向けに倒したあとリングに背を向けた状態でコーナー最上段に登り、ロープを蹴ってムーンサルトプレスの要領で体を回転させる。そして更に回転途中で体を左方向に360゜錐揉み回転させ、相手の体をボディープレスしてフォールを奪う。体が回りすぎてセントーンのように背中から相手の上に落下することも頻繁にあった。
スカイツリー
アイスリボンのつくしが愛用しているパッケージホールド。まず前屈みになった相手の背後にあるロープに跳んで助走をつけて相手の背中にヨシタニックの形で飛びつき、体を左右に振って勢いをつけたあと相手の右横を通り抜けるように上半身を大きく旋回させる。そしてそのまま上半身を相手の正面へと回り込ませ、体を旋回させた力を利用して相手のバランスを崩し相手を背中からマットへ倒れ込ませる。最後に相手の胴体を足で挟んだまま自分は尻餅をつく形でマットに着地し、両肩がマットについた相手の右足を左手で、左足を右手で抱え込んで3カウントを奪い去る。
スカイデスクールボーイ
DRAGON GATEのKzyが使っているエゴパッケージと同型の技。
スカイデスペシャル
スカイデことホルヘ・リベラが愛用している複雑なパッケージホールド。まず相手の体をエゴパッケージの要領でマットに転がし、手足を抱えたまま相手の体の上を飛び越えるように前方回転した勢いで相手の体をうつ伏せにひっくり返す。そしてうつ伏せになった相手の右サイドに尻餅をつくように着地したあと相手の右腕を自分の右腿の上に、自分の左腕を背中の方から相手の左脇にそれぞれ引っ掛け、自分の両足を相手の頭の方へと移動させることで相手の両肩をマットにつけさせる。最後に相手の両腕を左半身で押さえつけながら右腕を自分の頭の上の方へ持っていき、相手の右足首を右手で掴んでそのままフォールを奪う。
スカイハイ (1)
WWEや全日本プロレスで活躍したディーロウ・ブラウンのフィニッシャー。向かい合った相手の右脇を左手で、左脇を右手でそれぞれ掴み、両腕を上方向へと伸ばすことで相手の体を高々とリフトアップする。そのあと体を前傾させながら開脚ジャンプし、前方に落下させた相手の背中を自分の両足の間へと叩きつける。
スカイハイ (2)
DRAGON GATEで活躍中の3代目超神龍が使っているラストインプレッションと同型の技。
スカイハイチョークスラム
ベイダーが使っているハイアングルなチョークスラム。まずリングに背中を向ける格好で相手をコーナー最上段に座らせ、相手の股の間に腿の裏の方から右腕を差し込む。そのあと差し込んだ右手で相手の喉を、左手で相手の背中をそれぞれ抱え、高々とリフトアップした相手の体を豪快に投げ捨てる。
スカイハイ・リバースフランケンシュタイナー
飯伏幸太&伊橋剛太が見せたコンビネーション。まず相手の体を伊橋が肩車で担ぎ上げ、エプロンに移動した飯伏がトップロープを両手で掴む。そのあとトップロープの上に飛び乗った飯伏が相手に飛びつき式のリバースフランケンシュタイナーを仕掛け、伊橋の肩から引きずり落とした相手を頭からマットへ叩きつける。
スカイブルースープレックスホールド
プロレスリングWAVEの大畠美咲が使うデストロイスープレックスホールドと同型の技。
スカイブルーマフラーホールド
JDスター女子プロレスのMARUが使っていたストレッチマフラーホールドと同型の技。スタンディング式ではなくグラウンドの状態で使うことが多かった。
スカイライナー
インパクト・レスリングのベルベット・スカイが使っているクロスフェイス・ヘイローと同型の技。
スカイ・ラブ
DRAGON GATEのヨースケ・サンタマリアが使っている必殺技。形は3代目超神龍時代から使っているスカイハイと同型。
スカッドミサイル
プロレスリング・ノアの森嶋猛が使っていた重量感溢れるミサイルキック
須賀ドラニー
ニー横須賀
スカル&ボーンズ
アレックス・シェリーとクリス・セイビンのタッグチーム、"モーターシティ・マシンガンズ"が愛用するコンビネーション。形はディスコと同型。
スカルクラッシャー
パイソンプラント
スカルクラッシング・フィナーレ
WWEのザ・ミズが使っているブレイクダウンと同型の技。
スカルドライバー
ジョエル・マキシモが愛用しているフェイスバスター系のムーブ。まず前屈みになった相手の股の間に腿の裏の方から右腕を差し込み、正面にある相手の左腕を右手で掴む。続いて相手の頭を自分の股の間に挟み込み、相手の左腿を右手で抱えたあとパワーボムの要領で相手を抱え上げる。最後に相手の頭を両手で抱え直しながら尻餅をつき、相手の顔面をXファクターの形でマットへと叩きつける。
スカルドロンサンダー
新日本プロレスで活躍したザ・コブラが使っていた旋回式のダイビングレッグラリアート。まずリングに背を向けた状態でコーナーのトップロープを掴み、体をジャンプさせてセカンドロープに両足で飛び乗る。そのあと上半身を左方向に捻ってリングの方へとジャンプし、空中で振り抜いた右足の甲でコーナーの側にいた相手の胸板を蹴り飛ばす。
スカルファッカーバスター
CZWや大日本プロレスで活動中のMASADAが愛用している投げっぱなし式のレッグロックスープレックス
スカルブロンジング
CHIKARAで活動しているオバリヨン&コダマのユニット、"ザ・バチリ"が使っているコンビネーション。走ってきた相手にコダマがカニばさみを仕掛け、前のめりに倒れ込む相手の顔面にオバリヨンがカウンターの膝蹴りを叩き込む。別名はスクランブルブレイン
スカルファック
TNA
スカルボム
スーパー・ラナ
スカンダロドライバー
CMLLで活動中のスカンダロが使っているインプラントと同型の技。
スキゾフレニック
インパクト・レスリングのブラックレインが使っていたツイスターと同型の技。ゴールダストとして活動しているWWEではファイナルカットという名前で呼ばれている。
スギウラズリフト
中年ズリフト
スキッピングジェネレーション
オード・2・ブルドッグス
好きですサッポロ
パールハーバースプラッシュ
スギリンズリフト
中年ズリフト
スキン・ザ・キャット
リッキー・スティムボートやショーン・マイケルズが得意とするアクロバティックなムーブ。場外に放り投げられた際に両手でトップロープを掴み、ロープにぶら下がって場外に落ちるのを阻止する。そのあと逆上がりの要領で体を持ち上げてリングに着地し、油断した相手にカウンターの攻撃を叩き込む。
すくい投げ
小川直也などに代表される柔道出身者が得意とする投げ技。まず前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を引っ掛け、外腿の方から相手の左腿の裏に右手を回して相手の体を軽く宙に持ち上げる。そのあと体を左方向に捻って相手に体を浴びせかけるように倒れ込み、相手の背中をマットへ強かに叩きつける。
スクープサーモンスープレックス
SPWFの谷津嘉章が使っていたパワースラムとほぼ同型の技。
スクール親父
めんそ〜れ親父が使っているスクールボーイの名称。
スクールガール (1)
TAJIRIがハッスルでニューリン様を敗った際に披露したスクールボーイの呼び名。
スクールガール (2)
アイスリボンの聖菜が使っていた丸め込み技。スクールボーイで相手を丸め込んだあと自分の体を左方向に180゜捻って丸まった相手の両腿の裏の上に仰向けの状態で横たわり、ブリッジをするように背中をしならせて相手を押さえ込む。回転十字固めで丸め込んだ相手の体を同様の手順でフォールするとスクールガール2になる。
スクールシューター
みちのくプロレスなどで活動中の佐藤恵が使っているフィニッシングホールド。相手の体をパイルドライバーの要領で抱え上げたあと右半身からマットへ倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の体を自分の右サイドへ叩きつける。
スクールボーイ
横入り式エビ固めとも呼ばれる有名な丸め込み技。まず自分の体を相手の背後に回り込ませ、相手の股の間に腿の裏の方から右腕を差し込む。そのあとマットに背中から倒れ込む勢いで相手の体を後ろにひっくり返し、エビ固め風に丸まった相手の体を押さえ込んで瞬時にフォールを奪う。名前の由来は"スクールボーイでも使えるくらい簡単な技だから"という説と、"この技でフォールを奪われる選手はスクールボーイレベルだから"という説がある。
スク〜ルボ〜イ
MIKAMIが独自に磨きをかけ、一撃必殺の技へと昇華させたスクールボーイの呼び名。イグチボム式スライディング式スワンダイブ式雪崩式ブーメラン式と技への入り方はまさに変幻自在である。
スクールボーイ2乗
アイスリボンの235が使っている二回転式スク〜ルボ〜イと同型の技。
スクールメイツ
みちのくプロレスなどで活動中の佐藤恵が使っているマックと同型の技。
スクラップバスター
WWEで活躍したビッグ・ボスマンのフィニッシャー。ロープから返ってきた相手の左脇に胸の方から右腕を差し込み、左手を相手の右肩のあたりに添えて相手の体を軽くリフトアップする。そして十分にタメを作ったあと体を前傾させながら両膝をつき、落下させた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。ボスマンの名を冠してボスマンスラムとも呼ばれていた。
スクランブルブレイン
スカルブロンジング
スクリームマシーン
ノヴァことサイモン・ディーンがECWで愛用していたフィニッシャーの1つ。相手を肩車で担ぎ上げたあと軽く助走をつけ、エレクトリックチェアの要領で相手を顔面からマットに叩き落とす。
スクリュードライバー (1)
全日本女子プロレスの渡辺智子が愛用していたフィニッシングムーブ。まず相手の背後に回り込んで相手の右脇に背中の方から頭を潜り込ませ、腿の裏の方から差し込んだ右手で相手の股を、左手で相手の左半身をそれぞれ抱え込む。そのあと相手の体を上下さまにするように抱え上げながら尻餅をつき、前方へ落下させた相手の背中を自分の両足の間に叩きつけフォールを奪う。
スクリュードライバー (2)
センダイガールズプロレスリングの花月が使っているハリケーンドライバーの呼び名。
スクリューハイキック
GAEA JAPANの山田敏代が得意としていた1回転式のジャンピングハイキック。まず左足を軸にして体を左方向へ180゜回転させ、相手に背中を向けた状態になったところで軸足を右足に切り替える。そのあと左足を振り上げながら体を左方向へと更に捻ってジャンプし、空中で振り抜いた右足の甲で相手の左側頭部を蹴り飛ばす。
スケアクローサブミッション
アレックス・シェリーが使うラ・アヤキータ2000と同型の技。
スケアリーロック
KAIENTAI-DOJOのダイナソー拓真が使っているトランキライザーと同型の技。
スケート&デストロイ
SHIMMERなどで活動中のケリー・スケーターが使っている打撃のコンビネーション。まず相手の左膝の裏に右足でローキックを見舞って相手に膝をつかせ、続けざまに振り抜いた右足の甲で相手の後頭部を蹴り飛ばす。そのあと相手の背後にあるロープに飛んで助走をつけ、四つん這いになった相手の顔面をスローバックの要領でマットに打ちつける。
スコーピオコースター
プロレスリング・ノアやWCWで活躍したスコーピオのフィニッシングホールド。相手を仰向けに倒したあとエプロンに移動してトップロープを掴み、ロープを跳び越えるように体をジャンプさせる。そのあとロープから腕を離しながら体を450゜前方回転させ、仰向けになった相手をボディープレスする。
スコーピオスプラッシュ
スコーピオが愛用していたファイヤーバードスプラッシュの名称。
スコーピオライジング
センダイガールズプロレスリングの里村明衣子が愛用するオリジナル技。シャイニングウィザードの要領でジャンプしたあと空中で右足を振り上げ、相手の脳天に踵落としを叩き込む。
スコーピオンファイア
ロウ・キーが使うコウモリと同型の技。
スコーピオンデスドロップ
TNAで活躍中のスティングが愛用しているリバースDDTの名称。
スコーピオンデスロック
サソリ固め
スコーピオンデスROCK!!!
みちのくプロレスやFREEDOMSで活動中のKen45゜が使っているサソリ固めの呼び名。
スコットドロップ
WWEで活躍していたロビー・マカリスター&ローリー・マカリスターのタッグチーム、"ハイランダーズ"のコンビネーション。まず相手の右サイドに移動したロビーが右腕を、左サイドに移動したローリーが左腕をそれぞれ相手の股の間に正面から差し込み、ロビーが左方向に、ローリーが右方向に軽く体を捻って2人が背中合わせの状態になる。続いて相手の右腕をロビーが左手で、ローリーが相手の左腕を右手で抱えて体を屈ませ、相手の体をファイヤーマンズキャリーの要領で2人の肩の上に担ぎ上げる。最後に2人が同時に背中からマットに倒れ込み、うつ伏せの状態で落下させた相手の体を強かにマットへ叩きつける。
スコティッシュ・ノーザンライトスープレックスホールド
英国のプロレスリングEVEに所属し、日本のJWP女子プロレスなどでも活動しているケイ・リー・レイのフィニッシングホールド。まず向かい合った相手の左脇に頭を潜り込ませ、相手の背中に左腕を回して胴を抱え込む。そのあと相手の左腿の付け根のあたりに右手を添えて体をブリッジさせ、後方に反り投げた相手の背中をマットに叩きつけてそのまま3カウントを奪う。
ススヌ
みちのくプロレスなどで活動中の南野タケシが愛用している丸め込み技。背後から相手の背中におんぶをするように飛びつき、バランスを崩した相手の上半身を前に押し倒す。そしてそのまま前屈状態で倒れ込んだ相手の両肩をマットにつけさせ、自分は外道クラッチの形で相手の両腕を押さえつけ3カウントを奪う。
ススムの輪
DRAGON GATEの横須賀享がK-ness.に対して披露した、K-ness.のお株を奪う光の輪の呼び名。
スズメバチ
ソラキバ
スターシップペイン
ジョン・モリソンが使っている華麗な空中殺法。相手を仰向けに倒したあとハリウッドスタープレスの要領で跳躍し、空中で体を360゜錐揉み回転させて相手をボディープレスする。WWE退団後にジョニー・ムンドというリングネームで参戦しているメキシコのAAAではフィン・デル・ムンド、アメリカで放送されているルチャ・アンダーグラウンドではエンド・オブ・ザ・ワールドという名前でそれぞれ技を継続使用しており、2つの名前は共に"世界の終わり"を意味している。
スターストラック
WWEのアシュリーが使っていたコーナーセカンドロープからのダイビングエルボードロップ
スターダストプレス
新日本プロレスの獣神サンダーライガーが金本浩二戦で一度だけ披露した幻の空中殺法。相手を仰向けに倒したあとリングに背中を向けた状態でコーナー最上段に登り、体を左方向へ180゜捻ってリングへとジャンプする。そのあと空中で体を270゜前方回転させ、更に体を左方向へ180゜錐揉み回転させて相手をボディープレスする。現在は新日本プロレスの内藤哲也がこの技を奥の手として愛用している。
スターネスダストα
全日本プロレスの秋山準がこれまでに数回だけ公開したフィニッシングホールド。まず向かい合った相手の右脇に頭を潜り込ませ、右手で掴んだ相手の左腕を相手の左腿の外側へと持っていく。続いて相手の左足を内側から抱えた左手で相手の左腕を掴み直し、自由になった右腕を前屈みになった相手の首の後ろに回す。最後に相手の体を垂直になるまで持ち上げて背中から倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の体をマットへ叩きつける。ちなみに結果表記ではα、γ、変形と差別化されていることもあるが秋山自身は"別の技を出しているという意識は無く全て同じ技"と語っており、また現在使われているスターネスダストは変形スターネスダストを指す場合がほとんどである。
スターネスダストγ
全日本プロレスの秋山準が2005年12月に初公開した足の抱え方の異なるスターネスダストα。まず向かい合った相手の右脇に頭を潜り込ませ、右手で掴んだ相手の左腕を相手の股のあたりに持っていく。続いて相手の右足を外側から抱えた左手で相手の左腕を掴み直し、自由になった右腕を前屈みになった相手の首の後ろに回す。最後に相手を垂直になるまで持ち上げて背中から倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の体をマットへ叩きつける。
スターバスター
TNAで活躍中のオースチン・スターことオースチン・エリーズが愛用しているフィニッシングムーブ。形は垂直落下ブレーンバスターと同型。
スターメイカー
AJスタイルズが使っているハンマーロック式バックドロップ。まず左手で掴んだ相手の左腕をハンマーロックに固め、相手の右脇に背中の方から頭を潜り込ませる。そのあと外腿の方から相手の右腿の裏に右手を回して体をブリッジさせ、後方へと反り投げた相手を背中からマットへ叩き落とす。
スタイナードライバー
WCWや新日本プロレスで活躍したリック・スタイナーが使っていたデスバレーボムと同型の技。
スタイナーブルドッグ
リック・スタイナーが愛用していたフィニッシャーの1つ。コーナー最上段からリングへジャンプしたあと背後から相手の体に飛びつき、相手の顔面をブルドッギングヘッドロックの要領でマットに叩きつける。
スタイナーライン
リック・スタイナー&スコット・スタイナーが使うクローズラインの呼び名。
スタイナーリクライナー
インパクト・レスリングの"ビッグ・パパ・パンプ"スコット・スタイナーがWCW時代から愛用している拷問式キャメルクラッチ。まず四つん這いになった相手の背中に相手の頭の方を向きながら跨り、相手の右腕を自分の右腿の上に、左腕を左腿の上にそれぞれ引っ掛ける。そのあとチンロックの要領で相手の顎の下に両手を回し、力任せに首を反り上げて相手を失神に追い込む。
スタイリングDDT
フェノメノンDDT
スタイルズクラッシュ
AJスタイルズが使うシグニチャームーブ。 まずパイルドライバーの要領で相手を垂直に持ち上げ、相手の右腿を左手で、左腿を右手で抱え直す。続いて逆さ吊りになった相手の右脇に自分の左足を、左脇に右足をそれぞれ背中の方から差し込み、相手の両腕に自分の両足を引っ掛けて腕の動きを封じる。最後に相手を抱えたまま軽くジャンプして腹這いに倒れ込み、うつ伏せの状態で落下させた相手の顔や胸をマットへ叩きつける。
スタイルズバスター
AJスタイルズが愛用するオリジナルムーブ。相手をジャーマンスープレックスで後方に反り投げたあと腕のクラッチを離さずに後転し、両足をマットに着地させて中腰状態になっている相手の体を抱え上げる。そのあと相手の背中を右手で押さえつけながら尻餅をつき、うつ伏せの状態で前方に落下した相手の体を自分の両足の間に叩きつける。
スタガリンブロー
新日本プロレスの井上亘が海外修行後に使い始めた必殺技。まず前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、右手で掴んで持ち上げた相手の左腕を自分の首の後ろに引っ掛ける。続いて右手で相手の右足首を掴んで足を直角に折り曲げ、相手の右足を相手の左膝の上にあてがって両足を4の字に固める。最後に相手を垂直に抱え上げたあと背中から倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の体をマットへ叩きつける。
スタックプレックス
WWEのエッジ&クリスチャンが愛用していたコンビネーション。リングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、エッジがクリスチャンを肩車して相手に近づく。そのあとクリスチャンがコーナー上の相手をブレーンバスターで反り投げ、そのまま2人が後ろに倒れ込んで相手の背中を強かにマットへ叩きつける。
スタナー
WWEの"ストーンコールド"スティーブ・オースチンが使う世界的に有名なフィニッシャー。まず腹部にトーキックを叩き込んで相手の体を軽く屈ませ、自分の体を左方向に捻って相手に背中を向ける。続いて首の左側から自分の右腕を相手の顎の下に、左腕を相手の首の後ろにそれぞれ回し、相手の首を抱えるように両手をクラッチする。最後に相手の喉を自分の右肩に密着させた状態で尻餅をつき、着地の衝撃で相手の顎や喉に自分の右肩をめり込ませる。
スタラマンチ (1)
新日本プロレスの田口隆祐が使っているブレーンバスタースラムと同型の技。
スタラマンチ (2)
田口隆祐が2010年の"BEST OF THE SUPER Jr."で初公開したサブミッションタイプのスタラマンチ。STFを決めたあと体を横方向へと転がして相手をロープから遠ざけ、足のフックを一旦外して折り曲げた相手の右足を相手の左膝の裏へと乗せる。更に相手の左足を折り畳むことで相手の両足を交差させ、自分の両腿で相手の両足首を挟み込んで相手の足の動きを封じる。最後に右手で掴んだ相手の左腕と左手で掴んだ相手の右腕を交差させるように固め、体を横倒しにしながら交差させた相手の両腕を相手の喉元へと引っ掛けて相手の首や足を複合的に痛めつける。
スタルヒンチョップ
我闘雲舞の帯広さやかが使うダブルチョップの呼び名。
スタンガン
WWEの"ストーンコールド"スティーブ・オースチンが"スタニング"スティーブ・オースチン時代に愛用したフィニッシャー。フラップジャックの要領で相手の体を持ち上げたあと後ろに倒れこみ、落下させた相手の喉をトップロープに勢い良く打ちつける。この技を発展させて開発したものが現在のスタナーである。
スタンガン式エースクラッシャー
ジョニー・エースが使っていたエースクラッシャーのバリエーションの1つ。エプロンに出たあとリング内にいる相手の首を両手で抱え込み、そのまま場外へと飛び降りて相手の喉をトップロープに打ちつける。
スタンディングクラッチ
カール・ゴッチ、ビル・ロビンソン、ダニー・リンチなど、往年の名レスラーが使っていた拷問サブミッション。尻餅をついた相手の肩に肩車をするように腰を下ろし、両手で掴んだ相手の右足を自分の方へと引き寄せることで相手の首・背骨・右膝などを痛めつける。
スタンディングシャイニングウィザード
KAIENTAI-DOJOのバンビが使っているFHと同型の技。
スタンディングシューティングスタープレス
身体能力の高い軽量級選手が愛用しているその場跳び式のシューティングスタープレス。仰向けに倒した相手の方を向いて両膝を軽く屈伸させ、270゜後方回転するようにジャンプして相手をボディープレスする。
スタンディングシューティングスターレッグドロップ
CZWやIWAミッドサウスを中心に活動している"クイック"カーター・グレイのフェイバリットムーブ。仰向けに倒した相手の頭の側に立って両膝を軽く屈伸させ、体を360゜後方回転させるようにジャンプする。そのあと片足を前方へ突き出しながらリングに落下し、伸ばした足を相手の喉元へギロチンドロップ気味に叩きつける。
スタンディングダブルニー
スターダムの星輝ありさが使っていた戸澤塾秘伝・巌鬼と同型の技。
スタンディングヒールホールド
全日本プロレスで活動中の金本浩二などが愛用しているサブミッション。相手の片足をアンクルホールドに捕らえたあと両足で立ち上がり、相手の足首を捻って足の靱帯を痛めつける。
スタンディングムーンサルト
軽量級選手が好んで使用するその場跳び式のムーンサルトプレス。仰向けに倒した相手に背中を向けて両膝を軽く屈伸させ、270゜後方回転するようにジャンプして相手をボディープレスする。
スタンディング450゜
DRAGON GATEなどで活動中のリッチ・スワンが使うその場跳び式の450゜スプラッシュ。仰向けに倒した相手の側に立って体を450゜前方回転させるようにジャンプし、相手の体をボディープレスしてそのまま3カウントを奪い去る。海外ではリッチキックとも呼ばれている。
スタンピードスペシャル
WWEのタイソン・キッドがスタンピードキッドとして参戦していた新日本プロレスで披露したフィニッシャー。相手の首をリバースDDTの要領で左脇に抱え込んだあとタイツを右手で掴み、相手の体を垂直になるまで抱え上げる。続いて落下させた相手の両腿の裏をトップロープに一旦接触させ、その反動を利用して相手を再度抱え上げる。最後に体を軽く旋回させながらマットに尻餅をつき、前方へ落下させた相手の後頭部や背中を自分の両足の間に叩きつける。
スタンプ・プラー
WWFで活躍していたドインク・ザ・クラウンの必殺技。形はスタンディングクラッチと同型。
スタンプホールド
国際プロレスで活躍したジェーク・スミスが使っていた奇抜なサブミッション。相手をパイルドライバーの要領で持ち上げたあと両腕に力を込め、逆さ吊りになった相手の肋骨を圧迫してタップを奪う。
スチームローラー (1)
全日本プロレスで活躍したジャイアント・キマラが使っていたサンセットフリップと同型の技。
スチームローラー (2)
インパクト・レスリングのロブ・ヴァン・ダムが使うカナディアンロッキーバスターの名称。
スチュハートスペシャル
テディ・ハートが愛用しているオリジナルムーブ。ゴリースペシャルの要領で担ぎ上げた相手の首を両手で鷲掴みにし、両足を軽く屈伸させて反動をつける。そのあと掴んでいた首を下方向へと引っ張った勢いで相手の体に360゜の後方回転を加え、回転する相手の体を自分の正面へと落下させる。最後に相手の右腿を左手で、左腿を右手で抱え直しながら尻餅をつき、相手の背中を自分の両足の間に叩きつけてフォールを奪う。
スティーナライザー
WWEのケビン・オーウェンズが愛用している変形のジャンボスープレックス。パワーボムの要領で肩に担ぎ上げた相手の頭の後ろに両手を回し、頭を上から押さえつけることで相手の体を前屈状態にさせる。そのあと体をブリッジさせる勢いで相手の体を後方へと反り投げ、相手の頭の後ろに回していた両腕のクラッチを切って相手を豪快に投げ捨てる。
スティービーキック
スティービー・リチャーズが使っているスーパーキックの名称。別名はスティーブンキック
スティービーワラアームバー
スティービー・リチャーズが使う腕ひしぎ逆十字固めの名称。
スティービーT
スティービー・リチャーズが使っている三四郎スタナー2000と同型の技。
スティールスパイク
ROHなどで活躍したエース・スティールのフィニッシャー。形は金丸義信が使うディープインパクトと同型。
スティールトラップ
全日本プロレスなどで活躍したジム・スティールがWCWで使っていたルーテーズプレスの呼び名。
ステイ・ウィズ・ニー
JWP女子プロレスのmasu-meが使っていたショーンキャプチャーと同型の技。
スティグマータ
HUBがゼロとして活動していた大阪プロレスで編み出したムーブ。まずアトミックドロップ風に抱え上げた相手の両足をコーナーのセカンドロープに乗せ、リングに背を向けた状態で相手をコーナーに据え付ける。そのあと自分はエプロンの方から相手を乗せたコーナーのセカンドロープへよじ登り、前屈みになった相手の首の後ろに左手を、相手の左腿の裏に右手をそれぞれ回す。最後に相手をマットと水平になる高さまで抱え上げたあとセカンドロープからエプロンへと飛び降り、落下させた相手の顔面をコーナートップロープのターンバックルへ叩きつける。
スティッフキック
バズソーキック
スティッフバージョン
宮本和志が使っているトペ・アトミコの名称。
スティンガー
MIKAMIが使っているNo.52と同型の技。
スティンガースプラッシュ
インパクト・レスリングのスティングが愛用しているジャンピング式のコーナースプラッシュ
スティンクフェイス
WWEやハッスルで活躍したリキシが得意としていた屈辱的なムーブ。相手をコーナーの下に座らせたあと相手に背を向け、タイツを捲り上げて自分の尻を剥き出しにする。そのあとコーナーにもたれかかりながら突き出した尻を相手の顔面に押しつけ、そのまま尻を顔面に擦りつけて相手に精神的ダメージを与える。
ステップオーバーアームストレッチ
足掛け腕固め
ステップオーバーアームブリーカー
腕固め
ステップオーバーフェイスロック
プロレスリング・ノアの三沢光晴が愛用していたサブミッション。尻餅をついた相手の背後に回り込んで相手の左腕に自分の左足を引っ掛け、フェイスロックに捕らえた相手の頭を左方向へ捻って相手の首をねじ切るように締め上げる。
ステップキック
川田利明がジャンピングハイキックへの布石として使っている打撃のコンボ。前屈みになった相手の左サイドに移動して相手の頭を右手で掴み、右足を小刻みに振り上げて相手の顔面を足の甲で何度も蹴り上げる。
ステップDDT
ZERO1の日高郁人がタッグマッチで頻繁に披露する華麗なスイングDDT。まず前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、自分の体を軽く回転させるようにジャンプする。そのあと残った対戦相手の胸板を足蹴にして体をさらに回転させ、抱えていた相手の頭をDDTの形でマットに打ちつける。
ストゥーカ・スプラッシュ
プロレスリング・ノアのHi69が使うまっすぐとぶばいと同型の技。
ストーカートレイン
ドラゴン・キッド、CIMA、マット・サイダル、ストーカー市川Zが見せた連携殺法。まずキッドがコーナーに乗せた相手を雪崩式フランケンシュタイナーでマットに投げ飛ばし、続け様にCIMAがマッドスプラッシュで相手を圧殺する。そのあとサイダルがシューティングサイダルプレスを相手に叩き込み、グロッキー状態になった相手を市川がラ・マヒストラルで丸め込む。
ストームストレッチ
KAIENTAI-DOJOなどで活動中のクワイエット・ストームが使っているナガタロック3と同型の技。
ストームスラム
嵐が使うアングルスラムの名称。全日本プロレスでラブマシーン・ストームに変身した際にはストロングスラムと呼ばれていた。
ストーンカッター
ジョー・E・レジェンドが使う変形のネックブリーカー。スタナーの要領で相手の首を抱え込んだあと体を右方向へ180゜捻って腹這いに倒れ込み、その勢いで仰向けにひっくり返った相手の後頭部をマットに叩きつける。
ストーンヘンジ
シドマス
ストマッククロー
WCCWや日本プロレスで活躍したフリッツ・フォン・エリックのフェイバリットホールド。仰向けになった相手の腹部をアイアンクローの要領で鷲掴みにし、相手の臓器を圧迫してダメージを与えていく。
ストライカードライバー
ROHなどで活躍したマット・ストライカーが使っていたデスバレーボムと同型の技。
ストライカーロック
マット・ストライカーが使っていたクランチループと同型の技。
ストライク
ラングブロアー
ストライクスリー
大阪プロレスに登場したザ・モモタロウの必殺技。まず腹部に膝蹴りを見舞って相手の体を前屈みにさせ、相手の両腕をに固める。そのあと体をブリッジさせる勢いで相手を後方に反り投げ、相手を背中からマットに叩きつけてフォールを奪う。
ストライクバック
プロレスリング・ノアのムシキングテリーが愛用していた逆打ちとほぼ同型の技。
ストラタスファクション
WWEのトリッシュ・ストラタスが愛用していたフィニッシャーの1つ。相手の頭部をヘッドロックに捕らえたあとロープに向かって走り出し、体をジャンプさせてトップロープに両足の裏を押し当てる。そしてロープを蹴った反動を利用して体を左方向に180゜旋回させ、尻餅をつくように倒れ込むと同時に相手の顔面をマットへと打ちつける。
ストラタスフィア
トリッシュ・ストラタスが使っていた倒立式の雪崩式フランケンシュタイナー。リングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、助走をつけたあとコーナーのサードロープを両手で掴んで逆立ちをする。そのあとコーナー上の相手の首を両足で挟み込み、足を下方向に振った勢いで相手の体をマットへ投げ捨てる。ちなみにストラタスフィアとは名前の"ストラタス"と球体を表す"スフィア"を合わせた造語である。
ストラングルクラッチ
DIAMOND RINGの佐々木健介が使っているウルティモ・ドラゴン直伝の丸め込み技。相手をストラングルホールドγに捕らえたあとマットに背中から倒れ込み、その勢いでエビ固め風に丸まった相手の左足を右手で抱え込んでフォールを奪う。
ストラングルホールドα
佐々木健介がスチュ・ハートから伝授された関節技。まず仰向けになった相手の右サイドに移動して相手の左腕を右手で掴み、掴んだ腕を引っ張ることで相手の上半身を軽く持ち上げる。続いて左首筋の方から相手の後頭部とマットの間に出来た隙間に左足を滑り込ませ、左足のつま先を相手の右脇に胸の方から引っ掛けたあとマットに両膝をつくように倒れ込む。最後に右膝を相手の左脇の下に移動させる際に相手の喉に右足のつま先を引っ掛け、相手の左腕を両手で押さえつけながら両足で挟み込んだ相手の首を反り上げる。
ストラングルホールドβ
佐々木健介が使うストラングルホールド系の関節技。まずうつ伏せになった相手の頭の方を向きながら相手の背中を跨ぐようにして立ち、相手の左腕の下に自分の左足のつま先を引っ掛ける。続いて相手の右腕を両手で掴んで背中からマットに倒れ込み、その勢いで相手の体を仰向けに引っくり返す。最後に相手の右腕を自分の股の間に挟み込みながら相手の首の後ろに右足の脹脛を引っ掛け、相手の上半身を引きこすような形で相手の首や肩を痛めつける。当初は羽根折り固めと同型の技をβとして使用していたが、その後改良を加えたこの技が正式なβの形となった。
ストラングルホールドγ
佐々木健介が愛用しているストラングホールドシリーズの1つ。ストラングルホールドαの要領で相手の首と右腕に自分の左足を絡め、相手の胴体を跨ぐように右足を大きく振り上げる。そして相手の左サイドに右足を着地させたあと掴んでいた右腕を右腿の上に乗せ、そのまま中腰の状態になることで相手の首や肩を複合的に痛めつける。現在常用しているストラングルホールド系の技はこれ1つであり、その他の技は半封印状態になっている。
ストラングルホールドΖ
佐々木健介がストラングホールドの最終進化系として編み出した裏バージョンのストラングルホールドγ。まずうつ伏せになった相手の左サイドに移動して相手の右肩のあたりに左足を置き、相手の右手首を両手で掴む。続いて掴んだ右腕を引っ張ることで相手の上半身を軽く持ち上げ、右首筋の方から相手の顔とマットの間に出来た隙間に左足を滑り込ませて左足の脹脛を相手の顎のあたりにフックさせる。最後に相手の背中を跨ぐように振り上げた右足を相手の右サイドに着地させ、そのまま中腰の状態になることで相手の首・肩・背骨などを複合的に痛めつける。
ストレッチフェラム
ハッスルのHGが使っていたストレッチプラムを基にしたと思しきムーブ。まず尻餅をついた相手の背後に周り込んで相手の右腕を左手で、左腕を右手で掴み、交差させた両腕を相手の喉元に引っかける。続いて掴んでいた右腕を一旦離しながら相手の右腕を左足で跨ぎ、自分の背中の方に回した左手で改めて相手の右腕を掴み直す。最後に腰を激しく前後させて相手の顔面に股間を叩きつけ、悶絶する相手の体を絞り上げてタップ奪う。
ストレッチプラム
川田利明が使う代名詞的なサブミッション。相手の左足の内側に自分の左足を正面から引っ掛け、自分の体を相手の背後に回り込ませる。続いて相手の右脇に胸の方から右腕を差し込んで相手の右腕を右脇に抱え込み、相手の顎の下にドラゴンスリーパーの要領で左腕を絡みつかせる。最後に体重をかけて相手に尻餅をつかせ、右方向に体を捻って相手の体を捩じ切らんばかりに絞り上げる。
ストレッチプラム・改
PURE-J女子プロレスのコマンド・ボリショイが開発したサブミッション。尻餅をついた相手の左足を相手の右膝の上に乗せて相手の両足を4の字の形にし、相手の左足首に自分の右足を引っ掛けて相手の両足の動きを封じる。そしてそのまま相手の背後に回り込んで相手の頭と左腕をドラゴンスリーパーホールドの要領で捕獲し、自分はマットに左膝をつきながら体を左方向へと捻って相手の体をねじ切るように締め上げる。
ストレッチホイップ
TNAで活躍したソニー・シアキが愛用していたXトルネードと同型の技。
ストレッチボム
インパクト・レスリングのスコット・スタイナーが編み出した豪快なムーブ。パンプハンドルスラムのクラッチに捕らえた相手の体を仰向けにひっくり返すように抱え上げ、そのまま尻餅をついて相手の背中を自分の両足の間に叩きつける。
ストレッチマフラーホールド
足殺し技として使われている古典的サブミッション。まず仰向けになった相手の左足を右手で掴んで持ち上げ、持ち上げた足を自分の首の後ろにマフラーを巻くように巻きつける。そのあと相手の左足首の上に右腕を引っ掛けて自分だけ体を起こし、そのまま体を揺さぶることで宙吊り状態になった相手の足腰を痛めつける。
ストローク
GFWのジェフ・ジャレットが愛用しているフィニッシングムーブ。河津落としの体勢から相手もろとも前のめりに倒れ込み、相手の顔面をマットへ強かに叩きつける。
ストロングキック
シックキック
ストロングスラム
ストームスラム
ストロングゼロ
新日本プロレスで活躍しているロッキー・ロメロ&バレッタのタッグチーム、"ロッポンギヴァイス"のコンビネーション。バレッタが相手の体をデュードバスターの要領で抱え上げ、エプロンへと移動したロメロがトップロープの上に両足で飛び乗る。そのあとロープを蹴って宙に舞ったロメロが相手の臀部をダイビングフットスタンプ気味に踏みつけ、それと同時にバレッタが両膝をついて相手の頭部をマットへ強かに打ちつけさせる。
ストロングドライバー
ギブソンドライバー
ストロングブリーカー
エンド・オブ・ハートエイク
ストロングホールド
ROHやPWGで活躍中のロデリック・ストロングが愛用している急角度の逆エビ固め。相手の背中に片膝を押し当てながら体を絞り上げるのが特徴である。
ストロングマンスラム
新日本プロレスで活躍中のストロングマンが使うバックフリップの呼び名。
ストロングマンロック
ストロングマンが使っているフルネルソンの呼び名。
ずどん
プロレスリングBASARAの塚本拓海が使っているどどんと同型の技。
ストンピング
倒れた相手を片足の裏で勢い良く踏みつける基本的な打撃技。罵声を浴びせたり、軽くジャンプしたりと選手の個性が良く出る。
スナイパーショット
スポルティーバエンターテイメントのヒデ久保田が使っているナイトメア・オン・ヘルムズストリートと同型の技。
スナイパーフドゥ
不動力也が愛用するフィニッシングムーブ。前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、右手で掴んで持ち上げた相手の左腕を自分の首の後ろに引っ掛ける。そのあと内腿の方から相手の右膝の裏に右手を回して相手の右足を掬い上げ、相手の体を垂直になるまで抱え上げる。最後に相手を抱えたまま左半身からマットへ倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の体を自分の左サイドへ叩きつける。別名力也ドライバー、U-39とも呼ばれる。
スナイパーFT
ZERO1の高橋冬樹が愛用していたフィニッシングムーブ。相手をブレーンバスターの要領で垂直になるまで持ち上げたあと体を前傾させながら尻餅をつき、うつ伏せの状態で落下させた相手の体を自分の左サイドへと叩きつける。"男はつらいよ"をモチーフにしたキャラクターである車冬次郎として活動していたときには帝釈天落としと呼ばれていた。
スナップショット (1)
WWEで活躍したジョーイ・マーキュリー&ジョニー・ナイトロのタッグチーム、"MNM"が使っていた合体殺法。マーキュリーが相手の体を水車落としの形で肩に担ぎ上げ、マーキュリーの背後に回ったナイトロが相手の頭をDDTの要領で脇に抱え込む。そのあと両者が同時に尻餅をつき、落下させた相手の頭部をマットへ強かに打ちつける。
スナップショット (2)
プロレスリング華☆激のコスモ☆ソルジャーが使うダイヤモンドダストと同型の技。
スナップスープレックス
低空ブレーンバスター
スナップメアドライバー
フロム・ラスト・トゥー・ダスト
スネークアイズ
ケビン・ナッシュが若手時代から愛用しているムーブ。ボディースラムの要領で持ち上げた相手の体をコーナー近くで投げ捨て、相手の顔面をコーナートップロープのターンバックルに叩きつける。
スネークズ・リベンジ
DRAGON GATE USAなどで活動中のピンキー・サンチェスが使うナカユビと同型の技。
スネークリミット
全日本プロレスで活動中の宮原健斗が使うサブミッション。相手の体を三角締めに捕らえたあと背中からマットに倒れ込み、両手で掴んでいた相手の片腕を腕ひしぎ逆十字固めの要領で引き伸ばす。
スノウトーンボム
アイスリボンの雪妃真矢が使っているフィニッシャー。DDTプロレスリングのチェリーから直伝されたスワントーンボムである。
スノーブロウ
希月あおいが使っている旋回式のダイビングボディープレス。相手を仰向けに倒したあと自分はコーナー最上段へと登ってリングの方を向き、コーナーを蹴ったあと空中で体を180゜水平旋回させる。そして両手両足を大きく開きながら相手の上へと落下し、自分の頭がコーナーの方を向いた状態で相手をボディープレスする。
スノープラウ
WWEのアル・スノーが愛用していたノーザンライトボムとほぼ同型の技。
スノーボードスプラッシュ
米山香織が使う旋回式のダイビングボディープレス。相手を仰向けに倒したあとコーナー最上段へと登ってリングの方を向き、体を180゜水平旋回させるようにジャンプして相手の体をボディープレスする。希月あおいもスノーブロウという名前で同型のスプラッシュを愛用している。
スノーボム
アルシオンに参戦していたジェシー・ベネットの得意技。形はリバースパワーボムと同型。
スパークリングフラッシュ
みちのくプロレスや格闘探偵団バトラーツなどで活躍していた平直行の必殺技。相手をダブルアームスープレックスでマットに叩きつけたあと相手の肩を抱えたまま体を後転させ、尻餅をつく格好になった相手の上半身を羽根折り固めに捕らえ直して相手の首や肩を痛めつける。
スパークル・スプラッシュ
ツイステッド・ブリス
スパークロック
SECRET BASEのスパーク青木が使っている複合サブミッション。まず相手の両足をクロス式キャメルクラッチの要領で固め、相手の右脇に背中の方から左腕を差し込む。そのあと相手の脇に差し込んだ左腕を相手の首の後ろへと回し、頭部を抱え込むように自分の両手をクラッチさせて相手の体を痛めつける。
スパイクパイルドライバー
別名ハイジャックパイルドライバーとも呼ばれる基本的なコンビネーション。まず仲間の1人がコーナーの方を向きながら相手をパイルドライバーの形で持ち上げ、もう1人がコーナーのセカンドロープ、もしくはトップロープに登って抱え上げられた相手の右足を左手で、左足を右手で掴む。そのあとコーナー上の仲間がリングへジャンプすると同時に相手を抱えていた仲間が尻餅をつき、相手の頭部をマットへ強かに打ちつける。
スパイシードロップ
カレーマンが愛用しているフィニッシングムーブ。まず相手をアルゼンチンバックブリーカーの要領で両肩の上に担ぎ上げ、軽く助走をつけながらジャンプして相手の頭がある方向に体を傾ける。そのあと相手の下半身を抱えていた右腕を離すことで相手の体を空中でうつ伏せにひっくり返し、尻餅をつくように着地すると同時に相手の顔面を自分の左サイドへと叩きつける。TNAでの呼び名はスパイスラックであり、雪崩式で技を放つとスパイシードロップ激辛に名前が変化する。
スパイダーアームロック
華名が及川千尋とのグラップリングマッチで披露したサブミッション。がぶりの体勢から相手をロープへと押し込み、セカンドロープを背にした相手の首の後ろに自分の左足を引っかける。そしてセカンド&サードロープの間から相手の左腕を場外へと引っ張り出したあと相手の左足の外側に自分の右足をフックさせ、両手で掴んだ相手の左腕を絞り上げてタップを奪う。
スパイダークラッチ
KAIENTAI-DOJOの梶トマトが愛用している丸め込み技。相手をスパイダーロックに捕らえたあと自分の体を横方向へと転がし、その勢いで仰向けにひっくり返った相手の体を押さえ込んでフォールを奪う。
スパイダージャーマン
メビウスの折原昌夫が使っているオリジナルムーブ。リングに背を向ける格好で相手をコーナー最上段に座らせ、自分もコーナー最上段に登って相手の背後に腰を下ろす。そのあと相手の腰に両腕を回して胴体を抱え込み、自分の両足のつま先をセカンドロープに引っ掛ける。最後に相手の体を投げっぱなし式のジャーマンスープレックスでコーナーからリングに放り投げ、腹筋を使って宙吊り状態になった自分の体を引き起こす。このあと即座にムーンサルトプレスへ繋ぐのが定番ムーブであり、この一連の動きをスパイダートレインと呼ぶこともある。
スパイダーズウェブ
インパクト・レスリングのタラことヴィクトリアが使っているグランドサルサオートと同型の技。
スパイダートレイン
スパイダージャーマン
スパイダードライバー
大阪プロレスを中心に活動しているアルティメット・スパイダーJr.のフィニッシャー。ダークネスバスターの要領で相手を抱え上げたあと腕のクラッチをほどきながら開脚ジャンプし、落下させた相手の後頭部や背中を自分の両足の間へと叩きつけてそのまま相手をフォールする。
スパイダーネスト
ワールド女子プロレス・ディアナの井上京子が使う拷問サブミッション。うつ伏せになった相手の両足をロメロスペシャルの要領で自分の両足に引っ掛けたあと相手の背中に覆い被さるように倒れ、相手の上半身をチキンウイングフェイスロックで捕獲する。
スパイダーネット
折原昌夫が愛用している拷問サブミッション。まず尻餅をついた相手の背後に体を回り込ませ、相手の右腿の内側に右足を引っ掛けて足の動きを封じる。そのあと肩を組むように相手の首の後ろに右腕を回し、更に左手で掴んだ相手の左足を引っ張って相手の股を裂く。
スパイダーピストル
ロベルトピストル
スパイダーポイズンホールド
SWSなどで活躍した高野拳磁が使っていたSTSと同型の技。
スパイダーフロントスープレックス
ユニオンプロレスなどで活躍中の菊地毅が使っているスパイダージャーマン系のムーブ。まずリングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、自分もコーナー最上段によじ登って相手と向かい合う形で腰を下ろす。そのあと相手の腰に回した両腕を背中でクラッチさせて相手の胴体を抱え込み、自分の両足のつま先をセカンドロープに引っ掛ける。最後に相手の体を投げっ放し式のフロントスープレックスでコーナーからリングへと投げ捨て、腹筋を使って宙吊り状態になった自分の体を引き起こす。技が決まったあとダイビングルエルボードロップへ繋げることが多い。
スパイダーロック
KAIENTAI-DOJOの梶トマトが使っているサンティートと同型の技。
スパイナルショック
KAIENTAI-DOJOなどで活躍中のクワイエット・ストームが使う変形のウィドウズピーク。相手と背中合わせになりながら相手の首を右手で、右足首を左手で抱え、体を屈ませて相手の体を背中に背負い上げる。そして相手を担いだままマットに尻餅をつき、着地の衝撃で相手の首や背中に痛みを走らせる。
スパイビースパイク
全日本プロレスで活躍したダニー・スパイビーが使っていたDDTの名称。相手を捕らえたあと右腕を高く掲げて人差し指を突き立て、指をくるくると回すアピールをしてから技を仕掛けていた。
スパイラルアンクルロック
アパッチプロレス軍の橋本友彦が愛用しているサブミッション。仰向けになった相手の右足を両手で抱え、自分の体を前転させる勢いで相手をうつ伏せにひっくり返す。そのあと相手の右足を抱えたまま両足で立ち上がり、相手の右足首をアンクルロックの要領で絞り上げる。
スパイラルタップ
AJスタイルズが愛用しているウルトラムーブ。コーナー最上段に登ったあとリングの方を向き直し、ロープを蹴って体を270゜前方回転させるようにジャンプする。そして更に回転途中で体を左方向に360゜錐揉み回転させ、仰向けになった相手の体をセントーンの形でプレスする。
スパイラルドラゴンスリーパー
新日本プロレスの棚橋弘至が開発した改良型のドラゴンスリーパー。尻餅をついた相手の左腕をラ・マヒストラルのような感じで自分の股の間に挟み込み、そのまま相手の背後に回り込んで相手の顎の下にドラゴンスリーパーの要領で右脇を巻きつける。そのあともがく相手の右腕を左手で掴んで腕の動きを封じ、右方向へと体を捻って相手の体を捩じ切るように締め上げる。別名は螺旋式飛龍裸締め
スパイラルフォール
プロレスリング・ノアの浅子覚が使っていたオリジナルホールド。走ってきた相手をケブラドーラ・コン・ヒーロの要領で持ち上げながら尻餅をつき、自分の両足の間に相手の背中を叩きつけてフォールを奪う。
スパイラルポセイドン
全日本プロレスの青木篤志が使うサスケだましセグウェイと同型の技。旧名は首極め北斗ボム
スパイラルボム
ZERO1の大谷晋二郎が愛用するフィニッシングムーブ。相手をパワーボムの要領で肩に担ぎ上げたあとその場で体を1〜2回転させ、シットダウンパワーボムの形で相手をマットに叩きつける。
スパイラルX
ツトム・オースギとヘラクレス千賀のタッグチーム、"SPEED OF SOUNDS"が愛用するスパニッシュフライと同型の技。
スパインスプリッター
CZWやROHで活躍したトレント・アシッドが使っていたケミカルインバランス2と同型の技。
スパインバスター
WWFやWCWで活躍したアーン・アンダーソンが代表的な使い手として知られる豪快な投げ技。向かい合った相手の腰を左手で、左腿を右手でそれぞれ抱え、相手の体を軽く宙に持ち上げたあと自分の体を右方向に180゜捻る。そのあと相手に体を浴びせ掛けるような感じで前のめりに倒れ込み、相手の背中をマットへ強かに叩きつける。ちなみにこのアンダーソン式のスパインバスターの使い手は現在ではあまり多くなく、大半の選手が体を捻らずに相手をマットに叩きつけるタイプを愛用している。
スパインブリーカー・オブ・ジニアス
PWCなどで活躍したセッド・ジニアスが使っていた変形のレイネーラ。まず相手の背後に回り込んで右首筋の方から相手の顎の下に自分の右腕を巻きつけ、体を左方向に捻って相手と背中合わせになる。そのあと体を屈ませることで相手を背中に背負い上げ、相手の右足首を左手で掴んで相手の背中を反り上げる。
スパインボム
Chick Fights SUNのHikaruが愛用していたフィニッシングホールド。相手の体を水車落としの要領で右肩に担ぎ上げたあと体を前傾させながら尻餅をつき、前方へと落下させた相手の背中を自分の両足の間へ叩きつける。
スパインライン
インパクト・レスリングのジェフ・ハーディーがインディーレスラー時代に開発し、ジェフ・ジャレットとの抗争時に披露したサブミッション。まず仰向けになった相手の両足を交差させるように固め、相手の両足首を右脇に抱え込む。そのあと体を捻って相手の体をうつ伏せに引っくり返し、相手の背中を両足で跨いで背中が弓なりになるまで腰を落としていく。
スパニッシュフライ
ジョエル・マキシモ&ホセ・マキシモの兄弟タッグチーム、"スパニッシュ・アナウンスチーム"が愛用している華麗なコンビネーション。まずリングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、ジョエルがコーナー左側から伸びるロープに、ホセがコーナー右側から伸びるロープにそれぞれ足を乗せる。続いてコーナー上の相手の体に右側から組みついたジョエルが相手の顎の下に右手を、左側から組みついたホセが相手の顎の下に左手を回し、残った腕を相手の背中に回して相手と共にコーナー最上段へとよじ登る。最後に相手を抱えたまま2人がムーンサルトプレスの要領で体を回転させ、宙を舞わせた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。旧名はミレニアムドロップ
スパルタンクラッチ
空牙が使っているスタンディング状態からの怨霊クラッチ。まず向かい合った相手の左腕を両手で掴んで腕を捻り上げ、大きく振り上げた自分の右足を相手の左腕の上へと引っかける。そのあと背中の方から相手の右脇に右腕を差し込んで腹這いに倒れ込み、その勢いで前屈状態になった相手の両肩をマットにつけてフォールを奪う。
スピアー
WCWやWWEで活躍したビル・ゴールドバーグの代名詞的必殺技。助走をつけあと前屈みになりながら体を軽くジャンプさせ、相手の腰を両手で抱え込むように飛びかかって相手の腹部に右肩口から体当たりする。そしてそのまま体重をあずけることで相手を豪快に薙ぎ倒し、転倒した相手の後頭部や背中をマットに痛打させる。この技だけでも相手からフォールを奪うことは十分可能だが、ここからジャックハマーに繋げる必勝パターンを確立していた。
スピアー・オブ・ジャスティス
新日本プロレスの井上亘が使っている必殺技の1つ。相手の体を豪快なスピアーで薙ぎ倒し、倒れ込んだ相手をそのまま押さえ込んで3カウントを奪い去る。
スピアータックル
KAIENTAI-DOJOのタンク永井が使っているスピアーの呼び名。相手に体当たりをする際に走りこんだ勢いのまま自分の前方回転させ、相手を薙ぎ倒したあと自分も背中からマットに着地する点が特徴的。
スピード
KAIENTAI-DOJOの梶トマトが使っている電光石火と同型の技。
スピードコースター
沖縄プロレスのミル・マングースが使っているヨシタニックと同型の技。
スピードスター
DRAGON GATEの吉野正人が使う変形の横十字固め。トルベジーノの要領で相手の左腕を捕らえたあと相手をうつ伏せに押し倒さずに自分はマットに両足で着地し、掴んだ左腕をコントロールして相手の体を前方へと回転させる。そして尻餅をつく格好になった相手の左脇に左足を、右脇に左腕をそれぞれ胸の方から引っかけ、自分の体を前方回転させる勢いで相手を仰向けに引っくり返し3カウントを奪う。
スピコリドライバー
ECWのルイ・スピコリが使っていたデスバレーボムと同型の技。
スピニングクドウドライバー
FMWで活躍した"邪道姫"工藤めぐみが使っていたバータブレイカーと同型の技。
スピニングクローズライン
ディスカスクローズライン
スピニングトーホールド
テリー・ファンク&ドリー・ファンクJr.が愛用している古典的なサブミッション。まず仰向けになった相手の左足を両手で掴んで持ち上げ、体を右方向に捻って相手の左足を自分の左足で跨ぐ。続いて自分の右膝の裏に相手の左足首をフックさせ、体を更に右方向に捻ることで相手の左足首を痛めつける。最後に相手の足首を持ち替えながら体を回転させる動作を何度も繰り返し、相手の左足首を捩じるように絞り上げていく。日本名は回転足首固め
スピニングパンケーキ
WWEや新日本プロレスで活躍したジャイアント・バーナードが使っていたMJディライトと同型の技。
スピニングレッグロック
初代タイガーマスクが愛用した高速のスピニングトーホールド。まず仰向けになった相手の左足を両手で掴んで持ち上げ、自分の体を右方向へと捻って相手の左足の上を左足で跨ぐ。そのあと両足をマットから浮かしながら体を右方向へ更に捻り、正座をするような形でマットに着地して相手の左膝を痛めつける。
スピリットクラッシャー
CZWなどで活動している"スパイラル"BKNYのフィニッシャー。まず相手の背後に回り込んで胸の方から相手の右脇に右腕を差し込み、左手で相手の後頭部を押さえつけて相手の体を右方向へ180゜回転させる。そのあと相手の右腿の裏に左腕を回して相手の体を上下逆さまにするように持ち上げ、マットに尻餅をつく形で倒れ込んで相手の体を自分の右サイドへと叩きつける。
スピンアウトパワーボム
WWEで活躍したバル・ヴィーナスが使っていたブルーサンダーと同型の技。
スピンキック
三沢光晴や浜田文子が代表的な使い手として知られる打撃技。相手と向かい合ったあと右足を軸にして体を右方向に捻り、相手に背中を向けた状態になったところで軸足を左足に切り替える。そのあと体を右方向へ更に捻りながら右足を大きく振り上げ、相手の右側頭部を右足の踵あたりで蹴り飛ばす。
スピンサイクル
WWEで活躍したマットハーディー&ジェフ・ハーディーの兄弟タッグチーム、"ハーディーボーイズ"が愛用していたコンビネーション。仰向けになった相手をジェフがサンセットフリップでプレスし、同時にマットが相手の頭部にフィストドロップを叩き込む。
スピンドクター
ECWやWWEで活躍したサイモン・ディーン使うロール・ザ・ダイスと同型の技。
スプラッシュプランチャ
WRESTLE-1のKAIが使っているフロッグスプラッシュの名称。
スプラッシュマウンテン (1)
OZアカデミーのダイナマイト・関西が使うBTボムと同型の技。
スプラッシュマウンテン (2)
DDTで活躍した一宮章一が使っていたムーブ。口に含んだ水を相手の顔面に吹き付けるだけの至極単純な技である。
スプリファイツイスター
NWAワイルドサイドなどで活躍したスリムJのフェイバリットホールド。前屈みになった相手の頭を右脇に抱え込んで相手の体を軽く宙に持ち上げ、外腿の方から相手の右腿の裏に左手を回して相手の右足を抱え込む。そのあと自分の体を右方向に傾けて背中から倒れ込み、上下逆さまになりながら落下した相手の頭をマットへ打ちつける。
スプリンクラーエルボー
TNAで活動中のサンジェイ・ダットが愛用しているエルボードロップ式の拝み渡り。オールドスクールの要領でロープの上を歩いたあと右腕を折り曲げながらジャンプし、相手の脳天に突き出した右肘を打ちつける。
スプレッドレッグムーンサルト
ハリウッドスタープレス
スヘイ・ドゥレイヒア
CMLLやREINA×WORLDで活動中のプリンセサ・スヘイが見せたリストクラッチ式のラ・ルサ。まず向かい合った相手の右腕を左脇に抱え込み、右手で掴んだ相手の左腕を相手の背中の方へと折り曲げる。そのあと相手の左手首を左手で掴み直して中腰の状態になり、自分の右腿の上に背中を乗せる格好になった相手の顔を右手で押さえつけて相手の首・肩・背骨などを痛めつける。
スペースゴーフラッシャー
変形ゴーフラッシャー
スペースフライングタイガードロップ
初代タイガーマスクが公開した高難易度のエアリアルムーブ。相手を場外に落としたあとロープに跳んで助走をつけ、リング内で側転を決めて相手を落とした場外の方に背を向けた状態で着地する。そのあと背後にあるトップロープの上を背面跳びの要領で飛び越え、空中で体を180゜錐揉み回転させて場外にいる相手に体全体で体当たりする。別名は宇宙飛行虎爆弾
スペースローリングエルボー
WRESTLE-1の武藤敬司が得意とする華麗な打撃技。コーナーに寄りかかる相手の体を対角線上にある反対側のコーナーへとハンマースルーし、自分もそれを追いかけるように助走をつけてリング中央付近で側転する。そして相手に背中を向ける体勢でマットに着地したあと後ろに飛び退くように体をジャンプさせ、コーナーに寄りかかる相手にバックハンドエルボーを叩き込む。この技が決まったあと即座にフェイスクラッシャーに繋ぐのが定番ムーブである。
スペシャル彗星キック
ZERO1の星川尚浩が愛用しているオリジナルの打撃技。リングに背中を向けた状態でコーナー最上段へ登ったあと体を翻すようにジャンプし、リング上にいる相手の首に延髄斬りを叩き込む。
スペシャル流星キック
星川尚浩がみちのくプロレス時代から使っている打撃技。コーナー最上段に登ったあとリングの方を向き直し、リング上にいる相手の首にジャンピング式の延髄斬りを叩き込む。
スペシャルローリングサンダーデスドライバー
新日本プロレスの永田裕志がカート・アングルとのシングルマッチを前に開発した、ブレーンバスター垂直落下ブレーンバスターサンダーデスドライバーを3連続で決めていくコンビネーションの呼び名。
スペシャルDDT
WRESTLE-1などで活動中のエル・イホ・デル・パンテーラが使う、腕極め式のミショネロから仕掛ける変形ドライバー。まず相手の背後に回り込んで胸の方から相手の右脇に右腕を差し込み、左手で掴んだ相手の左腕を背中の方へと折り曲げてその腕を右手で掴み直す。そのあと自由になった左手で相手の後頭部を押さえつけつつ相手の体を右方向へ180゜回転させ、前屈みになった相手の後頭部を自分の右腿の上に接触させる。最後に相手の右腿の裏に左手を回して相手の体を上下逆さまに抱え上げ、そのまま尻餅をつくように腰を落として相手の背中をマットに叩きつけると同時に首にもダメージを与える。
スペル・カンパーナ
ホルヘ・リベラが使っているジャベの1つ。まず仰向けになった相手の下半身をサソリ固めの要領で固め、うつぶせにひっくり返した相手の左サイドに自分の左足を着地させる。そのあと相手の右腕を右手で、左腕を左手で掴んで両腕を引っ張り上げ、軽く宙に浮き上がった相手の両肩や足を複合的に痛めつけていく。
スペル・ストレッチ
CMLLのショッカーがスペル・ショッカーとして来日した新日本プロレスで見せたエスタカインディアの名称。
スペル・ドライバー
スペル・ショッカーが新日本プロレスで愛用していたハリケーンドライバーと同型の技。
スペル・ブエロ
プロレスリング華☆激のスペル・タイラが使っているフロッグスプラッシュの名称。
スペル・ラナ
ビリーケン・キッドが使うヨシタニックと同型の技。
スホーイ27
ロシアのIWFで活動するイワン・マルコフ&ロニー・クリムゾンがユニオンプロレスで見せたコンビネーション。マルコフがブレーンバスターの要領で相手の体を抱え上げ、コーナー最上段に登ったクリムゾンが落下する相手目掛けてダイビングクロスボディーを叩き込む。スホーイ27とはロシアなどで使用されている戦闘機の名称である。
スマイルスプラッシュ
プロレスリングBASARAの塚本拓海が愛用する必殺技の1つ。相手を仰向けに倒したあとリバーススプラッシュの要領でコーナーから跳躍し、体を横方向に180゜捻って相手の上にセントーンの形で落下する。現在は故郷の長崎県平戸市生月町にちなんで生月スプラッシュと改名されている。
スマイルドライバー
塚本拓海が使っているLSD3と同型の技。
スマイルパッケージホールド
塚本拓海が使うスモールパッケージホールドの呼び名。電光石火と同じように相手に飛びつく感じで決めていく。
スマッシュヒット
WWEのヒース・スレイターが使っているインプラントDDTの名称。
スマッシュマウス (1)
ECWやWWEで活躍したノヴァことサイモン・ディーンが開発したオリジナルムーブ。パワーボムの要領で相手を肩に担ぎ上げたあと自分の体だけを横方向に180゜捻り、うつぶせの状態で落下してくる相手の首をキャッチしてダイヤモンドカッターを叩き込む。
スマッシュマウス (2)
我闘雲舞のさくらえみや坂井澄江が使っているアウトエンドスリーと同型の技。
スマッシュマウス (3)
TNAで活動中のキッド・キャッシュが使っている得意技の1つ。折り畳んだパイプ椅子を相手の顔面目掛けて投げつけるという単純ながらも危険なムーブである。
墨落とし
大日本プロレスの稲葉雅人が使っているV9クラッチと同型の技。後ろに倒れこむ際に角度と勢いをつけ、相手を頭からマットに落とす垂直落下式の一発も奥の手として用いている。
相撲ラリアット
大相撲出身レスラーである石川敬士や維新力浩司などが得意とする、相撲の立ち合いの動作から放つラリアットの呼び名。
スモーピオンデスロック
石川敬士が使っていたスコーピオンデスロックと同型の技。人指し指を突き立てた左手を天に掲げながら技を極めるのが特徴であり、現在はアイスリボンの星ハム子がこの技を愛用している。
スモールパッケージ・ベーゼ
DDTプロレスリングの男色ディーノが見せた男色殺法の1つ。倒れているところに不用意に近づいてきた相手の首の後ろに下から両腕を回し、相手の顔を引き寄せて唇にキスをする。そのあと相手の背中がマットにつくように体を転がして相手の左足を右手で抱え、キスをしたまま相手の体を強引に押さえ込んで3カウントを奪い去る。
スモールパッケージホールド
数ある丸め込み技の中で最もポピュラーなムーブの1つ。まず前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、右手で掴んで持ち上げた相手の左腕を自分の首の後ろに引っ掛ける。続いて外腿の方から相手の左腿の裏に右手を回し、相手の右足の内側に自分の右足をフックさせる。最後にマットに背中から倒れ込む勢いで相手の体を前方へと転がし、両肩をマットにつけた相手の体を押さえ込んでフォールを奪う。別名は小包固め首固めで、海外ではインサイドクレイドルと呼ばれることが多い。
スライサー
大阪プロレスのブラックバファローが愛用しているオリジナルムーブ。まずロープの側にいる相手をカニ挟みで前のめりに倒し、相手の体をうつ伏せの状態でロープに凭れかけさせる。そのあと自分はエプロンに移動して高々とジャンプし、相手の後頭部にギロチンドロップの形で右足を叩きつける。
スライス&ダイス
ROHやPWGで活躍しているマーク・ブリスコ&ジェイ・ブリスコの兄弟タッグチーム、"ブリスコ・ブラザーズ"が使っているコンビネーション。形はサイドワインダーと同型。
スライスドブレッド#2
ブライアン・ケンドリックが使う不知火と同型の技。WWEにおいて自意識過剰な"ザ・ブライアン・ケンドリック"というキャラにギミックチェンジした際に技の名前がザ・ケンドリックに変化した。
スライスドロップ
WWEのエヴァン・ボーンことマット・サイダルが使っている天誅と同型の技。
スライディングキック
野球で使われるスライディングを攻撃に応用したムーブ。助走をつけたあと体を横倒しにしながらマットに倒れ、体を滑らすように移動させて相手を片足の裏で蹴り飛ばす。サードロープの下を潜り抜けて場外にいる相手に見舞うことが多く、海外ではベースボールスライドと呼ばれる。
スライディングキック(仮)
新日本プロレスで活躍中のタイチが使っている打撃技。尻餅をつかせた相手の正面にあるロープに跳んで助走をつけ、相手の手前まで来たところで両足を前に投げ出すようにジャンプする。そのあと体を左方向へ軽く捻りながら右足を振り抜き、相手の左側頭部を右足のすねのあたりで蹴り飛ばす。
スライディングケツ
新日本プロレスの田口隆祐が使っているヒップアタック系ムーブの1つ。まず尻餅をついた相手の正面にあるロープに跳んで助走をつけ、相手の側まで戻ってきたところで両足を前に突き出すようにジャンプする。そのあと空中で体を軽く捻って相手の方に尻を向けた格好になり、自分の尾てい骨を相手の顔面に叩きつける形で体当たりする。公式の試合結果などではスライディングヒップアタックと表記されることも多いが、田口自身によればこちらが正式な名前の模様。
スライディングヒップアタック
スライディングケツ
スライディング式ケンカキック
蝶野正洋が使っている座り込んだ相手の顔面へ叩き込む低空式のケンカキック。形としてはバカタレスラインディングキックとほぼ同型である。
スライディング式スク〜ルボ〜イ
MIKAMIが使っているスク〜ルボ〜イのバリエーションの1つ。助走をつけて相手に正面から近づき、相手の両足の間をスライディングの要領で潜り抜けながら相手の左腿の付け根のあたりに右腕を引っ掛ける。そのあと抱えた足を引っ張ることで相手の体を後ろへ転倒させ、両肩をマットにつけた相手の体を押さえ込んでフォールを奪う。
スライディングスター
KAIENTAI-DOJOの藤澤忠伸が使っている必殺技。四つん這いになった相手の左手にあるロープに跳んで助走をつけ、両足を前に投げ出すようにジャンプして相手の左側頭部に右足で膝蹴りを叩き込む。
スライディングCスペシャル
ROHなどで活躍中のスティーブ・コリノが使っている狂神太平と同型の技。ZERO1ではエターナルドリームと呼ばれていた。
スライディングD
ZERO1の田中将斗が長期欠場明けに公開した低空式のランニングエルボー。尻餅をついた相手の正面にあるロープに跳んで助走をつけ、スライディングをするように体を滑らせながら右腕を振り抜いて相手の顎に強烈なエルボーバットを叩き込む。この技を足掛かりにして2007年の火祭り、天下一Jr.というZERO1の二大トーナメントを制覇し、絶対的なフィニッシングホールドとしての地位を確立した。
スライディングDK
田中将斗と望月成晃が愛用する合体殺法。まず相手の右脇に田中が、左脇に望月がそれぞれ陣取り、田中が相手にワンツーエルボーを叩き込んだあと望月が右足で相手の左脇腹にミドルキックを打ち込む。続いて田中が渾身のローリングエルボーを決めて相手の体をなぎ倒し、2人が同時にロープに飛んで助走をつける。最後に尻餅をつく体勢になった相手の右脇を田中が、左脇を望月がそれぞれスライディングするように体を滑らせながら通り抜け、田中が右腕で放った低空式のエルボーバットと望月が左足で放った低空式のミドルキックを相手の顔面へ同時にヒットさせる。
スライディングH
KAIENTAI-DOJOの十嶋くにおが愛用している必殺技の1つ。膝をついた相手の正面にあるロープに跳んで助走をつけ、スライディングをするように体を滑らせながら振り抜いた右手で相手の左頬へ強烈な張り手を叩き込む。
スライディングK
十嶋くにおが使っているバカタレスラインディングキックの名称。
スラッシュ&バーン
TNAで活躍したスラッシュが使っていた独特のムーブから入るショルダーネックブリーカー。まず相手の背後に回り込んで相手の左肩を左手で掴み、下に向けた右手の親指を相手の喉元にあてがって首を掻っ切るポーズをとる。そのあと相手と背中合わせになるように体を右方向に180゜捻って相手の首の後ろに右腕を回し、相手の後頭部を右肩に密着させた状態で尻餅をついて相手の首に衝撃を与える。
スラッシュバスター
IWAジャパンなどで活躍していたレザーフェイスが使っていた旋回式の53歳
スラップジャック
WCWのスティービー・レイが愛用していた簡易式のペディグリー。まず相手の上半身をリバースフルネルソンに捕らえ、腕の力を使って相手の体をマットと水平の高さになるまで抱え上げる。そのあと相手を抱えたまま正座をするように膝を折り畳み、うつ伏せの状態で落下させた相手の顔面をマットへ叩きつける。
スリーアミーゴズ
WWEのエディ・ゲレロが得意としていた三連続式の低空ブレーンバスター
スリーカウント
プロレスリングWAVEなどで活躍中の志田光が使っているトランスレイブと同型の技。フィニッシュに用いる際には体を軽くジャンプさせながら相手に飛び掛ることが多く、この形で相手をピンフォールすると技の呼び名が魂のスリーカウントに変化する。
スリーセカンズ・アラウンド・ザ・ワールド
EVOLVEやDRAGON GATE USAで活動中のジョン・デイビスが使っているゼブラーボムと同型の技。
スリーセカンズ・オブ・フェイム
WWEで活躍していたシルバンのフェイバリットホールド。滞空ブレーンバスターの要領で抱え上げた相手の体を前方に落下させ、相手をインプラントDDTの形でマットに叩きつける。
スリーハンドルド・ファミリークレデンザ
WWEやWCWで活躍したペリー・サターンが愛用していた錐揉み式のフィッシャーマンズスープレックスホールド。まずフィッシャーマンズスープレックスのクラッチで相手の体を抱え、自分の体に左方向への捻りを180゜加える。そしてその勢いで仰向けにひっくり返った相手の背中をマットに叩きつけ、ブリッジを効かせて相手からピンフォールを奪う。正式名称は"Moss Covered Three-Handled Family Credenza"。
スリーパースープレックス
小橋建太が使うデンジャラススープレックス。相手を片羽締めの要領で捕獲したあと体をブリッジさせ、後方に反り投げた相手を頭から真っ逆さまにマットに叩き落とす。
スリーパースラム
シャノン・ムーアがWCWで使っていたムーブ。形はクリス・ジェリコが使うフラッシュバックと同型。
スリーパーホールド
プロレスで使われる基本的なサブミッションの1つ。相手の背後に回り込んだあと右首筋の方から相手の顎のあたりに右腕を巻きつけ、右手で自分の左上腕部を掴む。そのあと相手の頭頂部に左手を添えて両腕に力を込め、相手の顎や頚動脈を圧迫してタップを奪う。日本名は裸締め
スリーピーホロウ
プロレスリング・ノアのタダスケが使っているgo 2 sleepy hollowと同型の技。
スリープ・ウィズ・ザ・フィッシーズ
ROHや新日本プロレスなどで活躍中のボビー・フィッシュが使っているR-15と同型の技。
スリックスラム
ROHなどで活動していたスリックワグナー・ブラウンの必殺技。形はキャタトニックと同型。
スリル・トゥー・キル
DDTなどで活躍しているセクシー・エディのフィニッシングムーブ。ツームストンパイルドライバーの要領で抱え上げた相手の右脇腹のあたりに左手を、左脇腹のあたりに右手をそれぞれ添え、マットと水平の高さになるまで相手の体を下からプッシュアップする。そのあと相手の胴体を両手で抱え込み直しながら尻餅をつき、前屈状態で落下させた相手の頭部を自分の両足の間へと打ちつける。
スリングショットネックブリーカー
ロブ・ヴァン・ダムやエディ・ゲレロが代表的な使い手であるネックブリーカー系のムーブ。相手の体を軽く屈ませたあとロープに跳んで助走をつけ、正面から相手に近づいて相手の頭を両手でキャッチする。そのあと270゜前方回転するようにジャンプして背中からマットに着地し、その勢いで後ろに転倒した相手の後頭部をマットに痛打させる。
スリングブレイド
新日本プロレスの棚橋弘至が愛用しているフィニッシングムーブ。まず助走をつけて正面から相手に近づき、相手の左横を通り抜けながら相手の喉元に左腕を引っ掛ける。そのあと体を左方向に180゜捻るようにジャンプして相手の背後に回り込み、喉に引っ掛けていた左腕を離しつつ体を更に左方向へ180゜捻る。最後に相手の喉元に右腕を引っ掛け直して背中からマットに倒れ込み、その勢いで後ろに転倒した相手の後頭部をマットに痛打させる。相手の背後から技を仕掛けて相手の顔面をマットに叩きつけるリバース式、コーナー最上段から相手に飛びついて技を決めるダイビング式とバリエーションも豊富。
スリングブレイドル
棚橋弘至が使っているスリングブレイドと横十字固めのコンビネーション。スリングブレイドでマットに叩きつけた相手の右腕に自分の右腕を絡みつかせて相手の上半身を引き起こし、尻餅をつく格好になった相手の右脇に右腕を、左脇に右足をそれぞれ背中の方から引っ掛ける。そのあと相手の体を後ろに転がして両肩をマットにつけさせ、自分は相手の両腕を極めたまま腹這いになって相手から3カウントを奪い去る。
スレイブ・イニシエーション
CHIKARAなどで活躍しているアマシスとオフィーディアンのタッグチーム、"オシリアン・ポータル"が使うコンビネーション。まずコーナーに寄りかかった相手に向かって走り出したオフィーディアンが両足を大きく開くながらジャンプし、相手の両肩の上に両足を乗せるような格好で相手に体当たりをする。続いてコーナーのトップロープを両手で掴んだオフィーディアンが体を後方に回転させて両足でマットに着地し、ロープから腕を離したあとマットの上を更に後転して背後に待ち構えていたアマシスの胴体にカサドーラの要領で飛びつく。最後にアマシスの胴体から足を解き放ったオフィーディアンがアマシスの右腕に右腕を絡めてアマシスをアームホイップし、投げ飛ばされたアマシスが相手の腹部に串刺し式のスピアーを叩き込む。
スレイミッション
WWEのナオミが使うゆりかもめと同型の技で、現在はバッド・プレイスと呼ばれているムーブ。相手の体に手足を絡めたあと首を抱えていた両手のクラッチを一旦緩めて自分の右足を相手の顎の下へと引っ掛け、相手の首の後ろに回していた右手で自分の右足首を掴んで相手の頚部を圧迫する変形型も用いる。
スレッジ・オ・マティック
WWEやWCWで活躍したノヴァことサイモン・ディーンが使っていたムーブ。相手をパワーボムでマットに叩きつけ、続け様に股間へエルボードロップを投下する。
スレッジハンマー
ダブルアックスハンドルとも呼ばれる古典的な打撃技。両手の掌を握り合わせた両腕を大きく振りかぶり、前屈みになった相手の背中などを振り抜いた両拳で殴打する。代表的な使い手は"マッチョマン"ランディ・サベージ、ニキータ・コロフなど。
スロイダー
カール・ゴッチが前田日明に伝授した12種類のスープレックスの1つ。まず向かい合った相手の右脇に胸の方から左腕を差し込み、相手の左腕を抱き込むような感じで自分の右腕を相手の背中に回す。そして両手をクラッチしたあと自分の体を左方向へと捻って相手を巻き曲げ、相手に体を浴びせかけるように倒れ込んで相手の背中をマットに叩きつける。
スローターキャノン
WWEのサージェント・スローターが使っているラリアットの呼び名。
スローバック
WWEのジョン・シナが使うリバース式のスリングショットネックブリーカー。相手の体を軽く屈ませたあとロープに跳んで助走をつけ、背後から相手に近づいて相手の頭を両手でキャッチする。そのあと270゜前方回転するようにジャンプして背中からマットに着地し、その勢いで前のめりに倒れ込んだ相手の顔面をマットに痛打させる。
スロップドロップ
WWFで活躍していたヘンリー・ゴッドウィンズの必殺技。形はリバースDDTと同型で、別名はゴーズ・トゥー・タウン
スワガーボム
WWEのジャック・スワガーが愛用しているリバーススプラッシュの名称。
スワンスプラッシュ
DRAGON GATEなどで活動中のリッチ・スワンが使っているフロッグスプラッシュの呼び名。
スワンダイブ式スク〜ルボ〜イ
MIKAMIが使っているスク〜ルボ〜イのバリエーションの1つ。まずエプロンへ移動してトップロープを両手で掴み、体をジャンプさせてトップロープの上に両足で飛び乗る。そのあと立っている相手の背後に回り込むように跳躍し、マットに着地すると同時に相手の体をスクールボーイで丸め込む。
スワンダイブ式蒼魔刀
DDTプロレスリングのHARASHIMAが使っている蒼魔刀のバリエーション。尻餅をついた相手の正面にあるエプロンへと移動してトップロープを両手で掴み、体をジャンプさせてトップロープの上に両足で飛び乗る。そのあとロープを踏み台にして座っている相手の方へと跳躍し、膝を突き出すように折り畳んだ両足を相手の顔面に叩きつける。
スワンダイブ式ダイヤモンドカッター
ZERO1の小幡優作が使っている必殺技の1つ。まずエプロンに移動してトップロープを両手で掴み、体をジャンプさせてトップロープの上に両足で飛び乗る。そのあと立っている相手の方へ跳躍して相手の頭を両手でキャッチし、そのまま相手の体をダイヤモンドカッターの形でマットへ叩きつける。
スワンダイブ式ミサイルキック
ZERO1の大谷晋二郎が新日本プロレス時代から使い続けているムーブ。まずエプロンに移動してトップロープを両手で掴み、体をジャンプさせてトップロープの上に両足で飛び乗る。そのあとロープから腕を離して立っている相手の方へと跳躍し、相手の頭部に強烈なミサイルキックを叩き込む。他に同様の手段でニールキックを決めるスワンダイブ式ニールキックや、相手に飛びついてDDTを決めるスワンダイブ式DDTも愛用する。
スワンダイブプランチャ
身軽な選手が使っている空中殺方の1つ。相手を場外へ落としたあとトップロープを両手で掴み、ジャンプしてトップロープの上に両足で飛び乗る。そのあと体を大きく広げながら場外へ飛び降り、場外にいる相手に体全体で体当たりする。
スワンダイブプレス
プロレスリングFREEDOMSのGENTAROが使っている空中殺法。相手を仰向けに倒したあとエプロンに移動してトップロープを掴み、ジャンプしてトップロープに両足で飛び乗る。そのあと背中を大きく反らせながらリングへジャンプし、相手の体をボディープレスしてフォールを奪う。
スワントーン・フロム・タンゴ
DDTで活躍中のMIKAMI&星誕期が見せた超高層スワントーンボム。コーナー最上段に腰をかけた星誕期の肩の上にMIKAMIが雑技団式ヘッドバットの要領でよじ登り、星誕期の肩の上から飛び降りたMIKAMIが落差のあるスワントーンボムを叩き込む。
スワントーンボム
インパクト・レスリングのジェフ・ハーディーが愛用している華麗なセントーン・アトミコ。技を仕掛ける前の両手を広げるポーズを白鳥に見立てたWWEのジム・ロスが名付け親であり、この名前が浸透する以前はセントーンボムと呼ばれていた。
ズン
JWP女子プロレスやGAEA JAPANで活躍したデビル雅美が使っていたパワーボム系の技を指す総称。
スンビードクラッチ
CMLLのスンビードが使っていた丸め込み技。まずうつ伏せになった相手の右足を右手で、左足を左手で掴み、折り曲げた右足を左膝の裏にあてがって相手の両足を4の字に固める。続いて右足を挟み込むような感じで相手の左足を折り畳み、右手で掴んで持ち上げた相手の右腕を自分の首の後ろに引っ掛ける。最後に後ろに倒れんだ勢いで相手の体を仰向けに引っくり返し、相手の両肩をマットにつけてフォールを奪う。
ずんだ餅クラッチ
アイスリボンの宮城もちが使っているソラリーナ系の丸め込み技。まず両手で掴んだ相手の左腕を捻り上げながら相手の左サイドへと移動し、前屈みになった相手の首の後ろに持ち上げた自分の左足を引っ掛ける。そのあと相手のタイツを右手で掴んで尻餅をつくようにマットへ倒れ込み、その勢いで前方に転がった相手の右足に自分の右足を引っ掛けて3カウントを奪い去る。
ズン前
デビル雅美が使っていたジャンボスープレックスと同型の技。