.
ターキー
DRAGON GATEのCIMAが使うルーマニアンクラッチと同型の技。
ダークキッス
WWEで活躍したケビン・ソーンのフィニッシングムーブ。まず相手の体をファイヤーマンズキャリーの要領で肩の上に担ぎ、相手の両足のつま先をトップロープに引っ掛ける。そのあと足を抱えていた腕を離して自分の体だけを左方向に軽く捻り、そのままマットに尻餅をついて相手の首に強烈なスタナーを叩き込む。別名オリジナル・シンとも呼ばれていた。
ダークシティストリートカッター (1)
FIPなどで活躍するレインマンことコリー・チェイビスが使っているバックパックスタナーと同型の技。
ダークシティストリートカッター (2)
DRAGON GATE USAやFIPで活躍しているコリー・チェイビスとジョン・デイビスのタッグチーム、"ダークシティ・ファイトクラブ"のコンビネーション。形はバックシートドライバーと同型。
ダークシティドライバー
レインマンことコリー・チェイビスが使うストレッチボムの名称。
ダークデイズ
マスク・オブ・サニティ
ダークネスバスター
DRAGON GATEのK-ness.が使うクロスアーム式ノーザンライトボム。まず向かい合った相手の右腕を右手で、左腕を左手で掴んで右腕が上になるような形で両腕を交差させ、腕を引っ張ることで相手の体を自分の方へと引き寄せる。続いて前屈みになった相手の首の後ろに左腕を回して頭を抱え込み、掴んでいた右腕を離した右手で相手の股を正面から掬い上げる。最後に相手の体を垂直になるまで抱え上げて背中から倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の体をマットへと叩きつける。
ダークネスフォールズ
新日本プロレスの“キング・オブ・ダークネス”EVILが使っているMボムと同型の技。
ダークネスボトム
K-ness.が使っているロックボトムと同型の技。
ダークマター
WWEのスターダストことコーディ・ローデスが使っているマイクチェックと同型の技。
ダークメタモルフォーゼ(とも〜み推し)
新日本プロレスのタイチが使っているロープのリバウンドを利用した二段階式パワーボム。まずロープの側で相手の体をパワーボムの要領で抱え上げ、前方に落下させた相手の背中を一旦トップロープの上に着地させる。そのあとロープの反動を利用して相手の体をもう一度肩の高さまで担ぎ上げ直し、リング中央の方に視線を向けるように体を捻りながら相手の体をジャンピングパワーボムでマットに叩きつける。
ダーツ
ROHでロデリック・ストロング&ジャック・エヴァンスが愛用していたコンビネーション。ストロングがミリタリープレスの要領でエヴァンスを抱え上げ、コーナーの下で座り込んだ相手目掛けてエヴァンスを投げつける。
ダーティーディーズ
WWEのディーン・アンブローズが使うヘッドロックドライバー、もしくはダブルアームDDTの呼び名。
ダーティーロトンスクリュードライバー
CZWなどで活躍していたECネグロ&KCブレードのタッグチーム、"ダーティーロトン・スカウンダレルズ"が使うハイジャック式垂直落下式ブレーンバスター。ネグロが対戦相手を垂直落下式ブレーンバスターの要領で持ち上げ、コーナー最上段へ登ったブレードが抱え上げられた相手の右足を右手で、左足を左手で掴む。そのあとブレードがリングへジャンプすると同時にネグロが背中から倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の体を強かにマットへ叩きつける。
ダーティーロトンドライバー
ECネグロ&KCブレードのタッグチーム、"ダーティーロトン・スカウンダレルズ"が愛用していたコンビネーション。まずネグロが相手をブルズポセイドンの要領で肩に担ぎ上げ、ネグロの背後に回ったブレードが相手とネグロの体を両手で抱きかかえる。そして息を整えたあと両者が同時に尻餅をつき、落下させた相手の頭部をマットへ打ちつける。
ダートロードスラム
ECWで活躍したアーミッシュ・ロードキルが使っていたスクラップバスターと同型の技。
ターニングヘッズ
マクギリカッター
ターヴァーズ・ライトニング
WWEのマイケル・ターヴァーがファーム団体のFCWで愛用していた変形パワースラムと同型の技。
ターフィーファクトリー
ホセ・マキシモ&ジョエル・マキシモが使う複雑なコンビネーション。まずホセが対戦相手の1人をゴリースペシャルの体勢に捕らえ、ジョエルが残りの相手をアトミックドロップの要領で抱え上げる。続いてジョエルが持ち上げた相手の右足をゴリースペシャルを決めているホセの左肩の上に、左足を右肩の上にそれぞれ着地させ、ホセが相手の両足を掴むと同時にジョエルが腕を離して相手の体を逆さ吊りの状態にする。最後にジョエルの背後で腹這いになったホセがジョエルの両足の間に腕を差し込み、逆さ吊りになった相手の首をホセが両手で掴んで対戦相手2人の体を一緒に痛めつける。
ターボドロップ
全日本プロレスなどで活躍したジム・スティールのフィニッシングホールド。ケブラドーラ・コン・ヒーロの要領で持ち上げた相手をうつ伏せの状態で右肩に担ぎ上げ、相手の体をオクラホマスタンピードの形でマットへ叩きつける。
ターボドロップ2
ジム・スティールが愛用していたパワームーブ。ドクターボムの要領で持ち上げた相手を仰向けの状態で右肩に担ぎ上げ、体を左方向に捻ることで相手の体にも左方向への回転を加える。そのあと腕を離して相手の体を前方へと投げ捨て、左方向へ水平旋回しながら落下した相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
ターボレッグドロップ
ジャストメッシンアラウンド
ターミナス
イルミネーション
ターミネーター
潮崎豪&谷口周平が開発した合体式のゴーフラッシャー。まず相手の右サイドに陣取った潮崎が胸の方から相手の右脇に頭を潜り込ませて相手の顎の下に右腕を、右腿の裏に左腕をそれぞれ回し、相手の左サイドに陣取った谷口が相手の頭と左足をフィッシャーマンズスープレックスの要領で抱え込む。そのあと2人がかりで捕らえた相手の体を垂直になるまで持ち上げ、抱えた相手の両足を2人が下方向へと引っ張ることで相手の体を振り子のように元の位置まで落下させる。最後に谷口が落下する相手に体を浴びせかけると同時に潮崎が右腕で相手の喉元へ打ち下ろし気味のラリアットを叩き込み、潮崎が尻餅を、谷口が両膝をつく形で倒れ込んで相手の後頭部や背中を豪快にマットへ叩きつける。
ターメリッククラッチ
本間朋晃が愛用する雁之助クラッチと同型の技。現在の名称はホンマクラッチ
ターメリックボンバー
宮本和志が使っているラリアットの名称。
ターレット
ROHなどで活動していたタンク・トーランドのフィニッシャー。相手をロープに振ったあと自分の体をその場で1回転させ、ロープから返って来た相手の胸板をスレッジハンマーで殴り飛ばす。
ターンオーバーニー
プロレスリング・ノアの原田大輔が使っているザ・デラックスと同型の技。旧名は変形ニーアッパー
ターンテーブル
"brother"YASSHIがT2P時代に得意としていたジャベ。前屈みになった相手の右腕を左手で掴み、相手の首の後ろに右足の脹脛を引っかけて背中からマットに倒れ込む。そしてその勢いで前方に転がった相手の背中をマットにつけさせ、自分の頭を中心にして円を描くように相手の体を転がす。最後に相手の体の回転を止めて自分は涅槃仏のように寝転び、右足の力を使って仰向けになった相手の首を反り上げる。
タイガークロー
ケリー・フォン・エリックが使っていた、父親であるフリッツ・フォン・エリック譲りのアイアンクロー
タイガースーパースープレックス
全日本プロレスで活躍した二代目タイガーマスクが公開したドラゴンスープレックスと同型の技。
タイガースープレックスエビ固め
アイスリボンのつくしが見せたタイガースープレックス式のデルフィンスペシャル1号。タイガースープレックスホールドを決めたあと両足でマットを蹴り、自分の下半身を上方向へ大きく跳ね上げる。そしてそのままエビ固め風に丸まった相手の両腿の裏の上に跨る格好でマットに着地し、相手の体を強引に押さえ込んで3カウントを奪い去る。
タイガースープレックスホールド
初代タイガーマスクが開発したスープレックスホールド。相手の背後に回り込んだあと胸の方から相手の左脇に左腕を、右脇に右腕を差し込んで相手の両腕を固め、相手の右肩に右手を、左肩に左手をそれぞれ添える。そして体をブリッジさせる勢いで相手を後方に反り投げ、肩口から相手をマットに叩きつけたあとブリッジを崩さずにフォールを奪う。日本名は猛虎原爆固め
タイガースープレックス’04
プロレスリング・ノアのタイガー・エンペラーが2004年に開発した新型のタイガースープレックス。まず相手の背後に自分の体を回り込ませ、相手の右脇に胸の方から右腕を差し込んで相手の右腕を右脇に抱える。そのあと外腿の方から相手の左腿の裏に左手を回して体をブリッジさせ、後方に反り投げた相手を肩口からマットに叩きつけてフォールを奪う。
タイガースープレックス’84
二代目タイガーマスクが使ったタイガースープレックスとほぼ同型のスープレックス。相手の肩に手を添えるのではなく、相手の背中で両手をクラッチして投げる点が特徴である。
タイガースープレックス’85
二代目タイガーマスクが開発したタイガースープレックスのバリエーション。相手の背後に回り込んで背中の方から相手の右脇に右腕を、左脇に左腕を差し込み、右手を相手の首の後ろへ、左手を相手の喉元へそれぞれ持っていく。そして体をブリッジさせる勢いで相手を後方に反り投げ、肩口から相手をマットに叩きつけたあとブリッジを崩さずにフォールを奪う。
タイガースープレックス’99
四代目タイガーマスクが開発した新型のタイガースープレックス。相手の上半身をチキンウイングフェイスロックで捕獲したあと体をブリッジさせ、後方に反り投げた相手を肩口からマットに叩きつける。別名ミレ二アムスープレックスとも呼ばれ、ホールドが難しいのでほとんどの場合投げっぱなし式で放たれる。
タイガースクリュー
全日本プロレスの太陽ケアが使っている腕バージョンのドラゴンスクリュー。向かい合った相手の右腕を左脇に抱え込んだあと自分の体を左方向に錐揉み回転させ、相手の右腕にも同様の捻りを加えて腕の靭帯を痛めつける。
タイガーススープレックスホールド
大阪プロレスのタイガースマスクが使うタイガースープレックスホールドの名称。
タイガーススプラッシュ
タイガースマスク・レディが使っているマッドスプラッシュと同型の技。
タイガーススペシャル0号
タイガースマスクがデルフィンスペシャル0号を改良し作り上げた必殺技。相手の背後に回り込んだあと胸の方から相手の右脇に右腕を差し込み、相手の左脇に背中の方から頭を潜り込ませる。続いて外腿の方から相手の左腿の裏に左手を回し、肩の高さまでリフトアップした相手を近くにあるトップロープの上に座らせる。最後に相手の上半身をタイガースープレックスのクラッチで抱え直して体をブリッジさせ、後方へと反り投げた相手を後頭部からマットに叩きつけてフォールを奪う。
タイガーススペシャル1号
タイガースマスクが使っているオリジナルムーブ。タイガーススープレックスホールドを決めたあと両足でマットを蹴り、その反動を使って自分の下半身を後方に回転させる。そしてそのままエビ固め風に丸まった相手の両腿の裏の上に跨る格好でマットに着地し、相手の体から腕を離しながら自分の体をブリッジさせて相手をフォールする。
タイガースピン
初代タイガーマスクが愛用していた変幻自在なムーブ。相手の頭をヘッドロックに捕らえたあと両手のクラッチを外し、自分の体を左方向に360゜錐揉み回転させる。続いて相手の背後に体を回り込ませながら相手の左腕を左手で掴み、掴んだ左腕を離して再び体を左方向に360゜錐揉み回転させる。最後にマットに倒れ込みつつ相手の左足を両足で挟み、バランスを崩した相手の体を前のめりに倒れ込ませる。
タイガードライバー (1)
プロレスリング・ノアの三沢光晴が開発したフィニッシングムーブ。まず相手の上半身をリバースフルネルソンに捕らえ、相手の体を仰向けにひっくり返すような感じで持ち上げて両手のクラッチを切る。そのあと相手の右腿を左手で、左腿を右手で抱え直しながら開脚ジャンプし、落下させた相手の背中を自分の両足の間へと叩きつけてフォールを奪う。
タイガードライバー (2)
タイガーネックチャンスリー
タイガードライバー’88
三沢光晴が2代目タイガーマスク時代に開発したフィニッシャー。まず前屈みになった相手の正面に回り込んで相手の右腕の外側に左腕を、左腕の外側に右腕を回し、相手の両腕と胴体を抱え込むように両手をクラッチする。そのあと相手の体を仰向けにひっくり返す感じで抱え上げて両手のクラッチを切り、相手の右手首を左手で、左手首を右手で掴み直しながら開脚ジャンプする。最後に落下させた相手の後頭部や背中を自分の両足の間へと叩きつけ、エビ固め風に丸まった相手の右足に自分の左足を、左足に右足をフックさせて相手をフォールする。
タイガードライバー’91
三沢光晴が奥の手として使用していた垂直落下式のタイガードライバー。まず相手の上半身をリバースフルネルソンに捕らえ、相手の体を垂直になるまで抱え上げる。そのあと腕をロックしたまま両膝をつくように倒れ込み、急降下させた相手の頭部をマットへ強かに打ちつける。
タイガードライバー’98
PWGなどで活躍したエクスカリバーが使っていたマネーメイカーと同型の技。
タイガートルネード
初代タイガーマスクが2008年に披露したオリジナルの打撃技。まず立っている相手と軽く距離をとるように後退し、左足を軸にして体を左方向へ180゜回転させる。続いて相手に背中を向けた状態になったところで両足でマットを蹴り、体の重心を左方向へと軽く傾けるようにジャンプをする。最後に空中で体を左方向へ360゜錐揉み回転させ、大きく振り上げた左足の踵部分で相手の体を蹴り飛ばす。この名前は一般公募により決まったものであり、名前が決定するまではローリングソバット2008という仮称で呼ばれていた。
タイガートルネードプレス
初代タイガーマスクが開発した空中殺法の1つ。形はフェニックススプラッシュと同型だと言われているが、雑誌には紹介されたものの実戦で使われることは無かった。
タイガーニー
ZERO1に登場したヴァンサック・アシッドが使っていたブサイクへの膝蹴りと同型の技。
タイガーネックチャンスリー
初代タイガーマスクが使っていたフロントネックチャンスリードロップの名称。片足を振り上げた勢いを生かして相手を反り投げるのが特徴で、昔はタイガードライバーと言えばこの技を指していた。
タイガー服部スペシャル
新日本プロレスで活躍しているケニー・オメガ&マット・ジャクソン&ニック・ジャクソンのトリオチーム、"ジ・エリート"が使うコンビネーション。まずケニーが相手をカミカゼでマットに叩きつけ、続けざまにライオンサルトを相手に叩き込む。そのあとコーナー最上段に登ったニックがスワントーンボムで倒れた相手をプレスし、更にマットがファイヤーバードスプラッシュを炸裂させて3カウントを奪う。この技で2016年に新設されたNEVER無差別級6人タッグ王座を奪取し、その時のインタビューの中でこの技の名前を公言している。
タイガーフロウジョン
プロレスリング・ノアの丸藤正道が長期休養明けの2009年暮れに初公開した、その名の通りタイガードライバーとエメラルドフロウジョンをミックスしたようなムーブ。まずリバースフルネルソンに捕らえた相手の体を垂直になるまで抱え上げ、相手の体に右方向へ捻りを軽く加えながら相手の両腕を抱えていた腕のクラッチを切る。そのあと相手の足がある方に視線を向けるように自分の体を左方向に捻り、相手の右脇から引き抜いた左手を相手の右腿の裏へと持っていく。最後に落下する相手の胸のあたりに右手を添えて自分は右半身からマットに倒れ込み、相手の後頭部や背中を自分の右サイドへと叩きつける。
タイガーボム (1)
WWEやROHで活躍したジェイミー・ノーブルが愛用していたタイガードライバーと同型の技。
タイガーボム (2)
WWFで活躍したタイガー・アリ・シンが使っていたスタイナーブルドッグと同型の技。
タイガーボム (3)
プロレスリング・ノアの丸藤正道が2006年に公開した変形タイガードライバー。まず相手の上半身をリバースフルネルソンに捕らえ、相手の体を垂直になるまで持ち上げる。続いて相手の腕を抱えていた両手のクラッチを外し、相手の右腿を左手、左腿を右手で抱え直す。最後に腹這い状態でマットへ着地すると同時に相手の背中をマットに叩きつけ、抱えていた両足を相手の頭の方へと持っていって相手の体を即座にエビ固めの形で押さえ込む。
大開脚キック
ダイナミックキック
大火山プレス
曙が使う助走つきのボディープレス。別名大肉弾プレススーパープレスとも呼ばれる。
体固め
仰向けになった相手の体を自分の体を使って押さえつけて3カウントを奪う押さえ込み技。柔道の押さえ込みのように自分の体で相手をがっちり押さえ込むタイプ、両手の掌で相手の胸のあたりを押さえつけてフォールを奪うタイプが良く使われる。
大気圏突入トぺ
エル・サムライが使っている飛形の美しいトペ・スイシーダ
大吟醸
新日本プロレスの矢野通が使っている罰ッスルボムと同型の技。
滞空ブレーンバスター
相手の体を垂直に抱え上げた状態で長時間静止し、それからマットに叩きつけるタイプのブレーンバスター。齋藤彰俊やクラウディオ・カスタニョーリなどが得意としている。
滞空式垂直落下式ブレーンバスター
小橋建太が愛用するフィニッシングムーブの1つ。相手の体を垂直に抱え上げた状態で長時間静止し、十分にタメを作ってから相手をマットに叩きつける垂直落下式ブレーンバスターである。
大剛式バックドロップ
新日本プロレスの天山広吉が大剛鉄之助トレーナーの元で肉体改造に挑んだ後に公開した急角度のティアドロップスープレックス。別名アナコンダスープレックスとも呼ばれる。
太鼓の乱れ打ち
屈んだ相手の背中をタッグパートナー全員で太鼓のように乱打する技。
大金剛輪陀羅尼
みちのくプロレスの新崎人生が2005年に披露した新必殺技。対戦相手をコーナーのターンバックル目掛けてパワーボムで叩きつけ、自分は反対側のコーナーへ移動してコーナー最上段へ登る。そしてコーナー上で合掌したあとロープを蹴って大きくジャンプし、コーナーの下で座り込んだ相手の顔面にリング横断式のミサイルキックを叩き込む。
大根斬りチョップ
小橋建太が愛用する豪快な打撃技。まず肩を組むような感じで相手の首の後ろに左腕を回し、左手で掴んだ髪の毛を引っ張ることで相手の体を後ろに仰け反らせる。そのあと相手の喉元目掛けて右腕で袈裟斬りチョップを振り下ろし、相手の体を豪快にマットへ叩き落とす。別名はギロチンチョップ
大殺回
土方隆司&中嶋勝彦が全日本プロレスで行われるジュニアタッグリーグ用に開発したトータルイリミネーションと同型の技。
タイ式逆さ押さえ込み
全日本プロレスなどで活動中の西村修が使うタイ式マッサージを応用した逆さ押さえ込み。見た目は逆さ押さえ込みとなんら変わらないが、肩のツボを押して技を返し難くしているらしい。
胎児の夢
プロレスリングBASARAのSAGATが使う変形のWA4。まず左手で掴んだ相手の右腕を相手の顎の下へと巻き付け、左首筋の方から相手の首の後ろに右腕を回して相手の首と右腕の動きを封じる。そのあと自分の体を左方向に軽く捻って相手に背中を向ける格好になり、相手の股の間に差し込んだ左手で相手の左足を抱え込む。最後に相手を背中に背負った状態で体を起こして尻餅をつくように腰を落とし、上下逆さまの状態で落下させた相手の後頭部や背中をマットへと叩きつける。
帝釈天落とし
スナイパーFT
帝釈天バスター
ZERO1-MAXの車冬次郎が使っていた三四郎スタナー2000と同型の技。
大蛇怒雷婆
HUBこと怪人・ハブ男が沖縄プロレス時代に使っていたタイガードライバーの呼び名。名前の読み方は"ダイジャドライバー"。
大車輪キック
リングスの前田日明が使っていた縦回転式のフライニングニールキック。まず軽く助走をつけて左足を右斜め前に踏み出し、左半身を相手の方に向けた体勢になる。そのあと左肩を下げることで重心を左方向に軽く傾け、前転するような感じで自分の体を回転させる。最後に右足を大きく振り上げながら左足でマットを蹴り、振り下ろした右足の踵あたりで相手の頭部を蹴り飛ばす。
大車輪喉輪落とし
プロレスリング・ノアの田上明が使っている捻りを加えた雪崩式の喉輪落とし。リングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、相手の喉元を右手で、タイツを左手でそれぞれ掴む。そのあと自分の体を左方向に軽く捻って相手をコーナーから巻き投げ、相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
大将潰し
ボノちゃんプレス
大雪山6号ロック
スポルティーバエンターテイメントに所属する日本プロレス界最年少レスラー、ミスター6号が使っている丸め込み技。まず向かい合った相手の右脇に頭を潜り込ませて相手の首の後ろに右腕を回し、相手の頭を抱えたまま背中からマットへと倒れ込む。そのあと相手の背中がマットにつくまで自分の体を後転させて内腿の方から相手の右足に自分の右足を引っ掛け、自分の左足がマットにつくように背中をしならせて相手から3カウントを奪う。
大大大横綱プレス
曙が使っている3連続のランニング式ボディープレス。別名心技体とも呼ばれている。
タイダルウェイブ (1)
ノヴァ&クリス・チェッティがECWで使っていたコンビネーション。相手を仰向けに倒したあとノヴァがコーナー右隣のエプロンへ、チェッティがコーナー左隣のエプロンへそれぞれ移動し、2人が同じコーナーの最上段へと歩を進める。そのあとトップロープの上に立った2人が肩を組むように互いに腕を回してリングへとジャンプし、チェッティのダイビングギロチンドロップとノヴァのダイビングボディープレスを同時に相手へ叩き込む。その後ノヴァはフランキー・カザリアンとZERO-ONEに参戦し、この技と同じムーブをEVスプラッシュとして披露している。
タイダルウェイブ (2)
WCWで活躍したエヴァン・カレイジャスが使っていた錐揉み式のダイビングボディープレス。相手を仰向けに倒したあとコーナー最上段に登ってリングの方を向き、上半身を右方向へ軽く捻って反動をつける。そのあと上半身を元に戻しながらジャンプして空中で体を左方向に360゜錐揉み回転させ、倒れている相手の体をボディープレスしてフォールを奪う。
タイダルウェイブ (3)
ロウ・キーが使っている打撃技の1つ。まず近くにあるロープに向かって走り出し、ロープ際で体をジャンプさせてセカンドロープに飛び乗る。そのあと体をリングの方へ翻すようにジャンプしながら右足を振り抜き、背後にいた相手の頭部を右足の甲で強烈に蹴り飛ばす。相手にロープに振られた際のカウンターとして使われるほか、ロープに向かって走り出した相手を追いかけて時間差式に繰り出すこともある。
タイダルクラッシュ
ロウ・キーが愛用しているスペースローリングエルボーを元にした打撃技。コーナーに寄りかかる相手の体を対角線上にある反対側のコーナーへとハンマースルーし、自分もそれを追いかけるように助走をつけてリング中央付近で側転する。そのあと両足でマットを蹴った反動で高く飛び上がり、体を捻りながら振り抜いた右足でコーナーに寄りかかる相手の首を延髄斬り気味に蹴り飛ばす。
タイチクラッチ(仮)
新日本プロレスのタイチが使う雁之助クラッチと同型の技。
タイチ式外道クラッチ
タイチが使っている外道クラッチの呼び名。
タイチ式たぐち作どどん
新日本プロレスのタイチが田口隆祐の保持するIWGPジュニアヘビー級王座挑戦前に頻繁に使っていたムーブ。技の形はいわずもがな、田口が使うどどんと全く一緒である。
大ちゃんクラッチ
フーテンプロモーションの池田大輔が使う丸め込み技。脇固めから逃れようと体を前転させた相手の足を左手で抱え込み、そのまま相手の体を押さえ込んで3カウントを奪い去る。
大ちゃんボンバー
池田大輔が使っているラリアットの名称。
タイナー
新日本プロレスの永田裕志がタイ修行で習得した打撃技。コーナーにハンマースルーした相手を追いかけるように助走をつけ、相手が寄りかかったコーナーのトップロープを左手で掴む。そのあと左足を乗せたサードロープを踏み台にして高く飛び上がり、右足で放った膝蹴りで相手の顔面を強烈にかち上げる。相手が右足で放った蹴りを左腕でキャッチして相手の喉を右手で鷲掴みにし、そのままコーナーへと相手を押し込みながら技を放つことも多い。
大☆中西ジャーマン
新日本プロレスの中西学が"本気顔"というテレビ番組の中で開発し、TNAのアビスとの対戦を前に公開した対スーパーヘビー級用のジャーマンスープレックス。右手を天に向かって突き出したあと相手を近くにあるロープへハンマースルーし、体の正面からロープに接触した反動で後ずさりする相手の背中に素早く組みつく。そして相手の腰を両手で抱え込んで体をブリッジさせ、ロープのリバウンドで勢いのついた相手の体を投げっぱなし式のジャーマンスープレックスで後方へと反り投げる。最後にマットに叩きつけられて意識朦朧となった相手を無理やり起き上がらせ、追撃のジャーマンスープレックスホールドで相手をマットに叩きつけてフォールを奪う。
大☆中西バックドロップホールド
新日本プロレスの永田裕志が自身の主催興行で披露した、長期欠場中の中西学に対する思いを込めた必殺技。大☆中西ジャーマンの要領で相手に投げっ放し式のジャーマンスープレックスを決め、続けざまに相手をバックドロップホールドでマットに叩きつけて3カウントを奪う。
ダイナスター
プロレスリングFREEDOMSの正岡大介が使っているWA4と同型の技。
ダイナソーキャッチボール
中西学&スコット・ノートンの"ニュー・ジュラシックパワーズ"が使っていた連携殺法。中西が相手をアルゼンチンバックブリーカーで担ぎ上げ、担いだ相手をノートンに向かって投げつける。そのあとノートンが投げ捨てられた相手を両手でキャッチし、相手の背中をシュミット式バックブリーカーの要領で腿に叩きつける。
ダイナマイトプランジャー
新日本プロレスの高橋ヒロムが使っている変形のTIME BOMB。形は一騎当千と同型。
ダイナミックキック
プロレスリング・ノアの田上明が使っているジャンプピング式のフロントハイキック。別名大開脚キックとも呼ばれる。
ダイナミックボム
田上明が愛用する文字通りダイナミックなシットダウンパワーボム。相手を肩に担ぎ上げたあと十分にタメを作ってからマットに叩きつけるのが特徴。
大肉弾プレス
大火山プレス
大日本スペシャル
ZERO1のKAMIKAZEが大日本プロレスで使っていた外道クラッチの名称。
ダイバースープレックス
琉球ドラゴンプロレスリングのグルクンマスクが使っているタイガースープレックスホールドの呼び名。
ダイハード
ROHなどで活躍中のエディ・エドワーズが愛用するスタガリンブローと同型の技で、旧名はワカラナイバスター。相手を抱え上げたあと体を左方向へ180゜捻ってからマットに叩きつける旋回式の一発を繰り出すことも多い。
ダイハード関西
OZアカデミーのダイナマイト・関西が使う奥の手とも呼べる必殺技。リングに背を向ける格好で相手をコーナー最上段に座らせ、リングの方を向いたまま自分はコーナーのセカンドロープによじ登る。そのあと背中合わせになった相手の右脇を左手で、左脇を右手で掴んで両腕を上方向へと伸ばし、高々と抱え上げた相手の体を落差のあるBTボムでマットへ叩きつける。
ダイハードドライバー
エディ・エドワーズが使っているオラシオンフレイムと同型の技。
ダイビングエルボーバット
プロレスリング・ノアの三沢光晴が代表的な使い手として知られる打撃技。コーナー最上段からリングへとジャンプし、立っている相手の顔面をエルボーバットで打ちぬく。
ダイビングエルボードロップ
ランディー・サベージやショーン・マイケルズなどが代表的な使い手として知られるオーソドックスな打撃技。コーナー最上段へ登ったあとリングへジャンプし、仰向けになった相手の胸板にエルボードロップを叩き込む。
ダイビング延髄ニー
ディスティニーハンマー
ダイビングギロチンドロップ
全日本女子プロレスのブル中野が存在を世に知らしめ、現在でも多くの選手が愛用する破壊力抜群の空中殺法。コーナー最上段へ登ったあとリングへジャンプし、仰向けになった相手の首にギロチンドロップを叩き込む。
ダイビングクローズライン
ダイビングラリアット
ダイビングクロスボディー
ミル・マスカラスが日本に持ち込んだ華麗な空中殺法。コーナー最上段に登ってリングの方を向き直し、両手を大きく広げてコーナーからジャンプする。そのあと空中で体を90゜水平旋廻させながら棒立ちになっている相手に飛び掛かり、相手と自分の体が交差するような体勢で相手に体当たりをする。別名はダイビングボディーアタック
ダイビングゲドン
ハッスルに登場したゲドンのフィニッシングホールド。形はダイビングボディープレスと同型。
ダイビング式ハッピーニューイヤー・マンマミーア
松本都が2016年のアイスリボン新春興行で見せたムーブ。マンマミーアZの要領でコーナー最上段でポーズを決め、倒れている相手にダイビングフットスタンプを叩き込む。
ダイビングシャークアタック
沖縄プロレスのジンベイザメ〜ンが使っていたダイビングヘッドバットの呼び名。
ダイビングショルダーアタック
蝶野正洋がここぞという時に使用しているダイビング技。コーナー最上段へ登ったあとリングへジャンプし、立っている相手に肩からぶち当たる。
ダイビングセントーン
ダイビング技の中ではポピュラーなムーブの1つ。コーナー最上段に登ったあとリングへジャンプし、仰向けになった相手の体をセントーンの形でプレスする。ディック東郷の放つ一撃はその華麗さにおいて他と一線を画していた。
ダイビングダブルニーアタック
DDTプロレスリングのKUDOが使っているフィニッシングムーブ。コーナー最上段に登ったあとリングの方を向き直し、自分の方を向いて立っている相手に向かってジャンプする。続いて空中で膝を突き出すように両足を折り畳み、相手の顔面に両腿を叩きつけるような格好で相手に飛びかかる。最後にそのまま体重をあずけることで相手の体を後ろに転倒させ、後頭部をマットへ痛打した相手の体を押さえ込んでフォールを奪う。漫画"キン肉マン"に登場するテリーマンが使うテキサスコンドルキックをモチーフとしておりこの名前で呼ばれることも多い。
ダイビングダブルニードロップ
ダブルニードロップ
ダイビングテキサス
GC
ダイビングテディベア
DDTプロレスリングの入江茂弘が使っているコーナー最上段からのバンザイドロップ。仰向けになった相手の体をコーナーの下まで引きずり、自分はリングに背を向けた状態でコーナーのトップロープを両手で掴む。そしてトップロープの上に両足でよじ登ったあと両足を後ろに跳ね上げるようにジャンプし、相手の胸板を落差のあるヒップドロップで押し潰す。
ダイビングニーアタック
コーナー最上段に登ったあと立っている相手に向かってジャンプし、膝を突き出すように折り畳んだ片足を相手の顔面に叩きつけるムーブ。
ダイビングニードロップ
ヘビー、ジュニアを問わず多くの選手が愛用している空中殺法。コーナー最上段に登ったあとリングへジャンプし、仰向けになった相手の胸板にニードロップを叩き込む。
ダイビングネックブリーカードロップ
プロレスリング・ノアの三沢光晴が奥の手として使っていた空中殺法。コーナー最上段からジャンプしたあと立っている相手の喉元に右腕を引っ掛け、そのまま相手を後ろに押し倒して後頭部をマットに痛打させる。この技で師匠であるジャイアント馬場からフォールを奪ったことも。
ダイビングバカチンガーエルボー
バカチンガーエルボー
ダイビングヒップアタック
越中詩郎が愛用しているダイビング技。コーナー最上段に登ったあと相手に背中を向けるように体を捻りながらジャンプし、突き出した臀部を相手の顔面に勢い良く叩きつける。
ダイビングフィストドロップ
フィストドロップ
ダイビングフットスタンプ
フットスタンプ
ダイビングヘッドアタック
エル・イホ・デル・サントが得意とし、みちのくプロレスなどで活躍した獅龍が愛用していた空中殺法。コーナー最上段に登ったあと頭を前に突き出す格好でリングへとジャンプし、コーナーの方を向いて立っている相手の頭や胸板に自分の頭を叩きつけるように体当たりする。
ダイビングヘッドバット
新日本プロレスの天山広吉などが得意とするダイビングムーブ。コーナー最上段からジャンプしたあと空中で体を大きく広げ、マットに着地すると同時に仰向けになった相手の肩口へ自分の頭を叩きつける。
ダイビングボディーアタック
ダイビングクロスボディー
ダイビングボディープレス
軽量選手から超重量級レスラーまで幅広く愛用しているダイビング攻撃。コーナー最上段に登ったあとリングへジャンプし、仰向けになった相手を全体重をかけてボディープレスする。
ダイビングラリアット
海外ではダイビングクローズラインとも呼ばれているポピュラーなエアリアルムーブ。コーナー最上段に登ったあと立っている相手に向かってジャンプし、相手の首にラリアットを叩き込む。
ダイビングローズ
DRAGON GATEのアンソニー・W・森が使っていた三角跳びプランチャの呼び名。
ダイビングローリングセントーン
REINA女子プロレスの真琴が使っているセントーン・アトミコの名称。
ダイビングロック
泉田純至が得意とする体を広げずに行うダイビングヘッドバット
ダイビング69
DDTプロレスリングの男色ディーノが使っている男色殺法の1つ。仰向けに倒した相手の頭の方にあるコーナーの最上段へとよじ登り、ダイビングボディープレスの要領でコーナーからジャンプする。そのあと相手の頭の近くに両膝をつく格好で着地して相手の顔面に自分の股間を押しつけ、更に相手の股間に自分の顔をうずめた状態で3カウントを奪い去る。
台風クレイドル
九州プロレスの台風1号が使っているローリングクレイドルの呼び名。
台風1000号
沖縄プロレスのミル・マングースが使っているデジャヴの呼び名。
タイフーンサイクロンネックブリーカー
スターダムなどで活動中のニッキー・ストームが使うエゴトリップと同型の技。
タイフーンプレス
ヒューマントルネードがDRAGON GATEで披露したスパイラルタップと同型の技。
タイフーンロール
ZERO-ONEで活躍したトム・ハワードがタッグパートナーと共に使っていたコンビネーション。パートナーが相手の胴体を正面から抱え、コーナーに背を向けた状態で相手の体を持ち上げる。そのあとコーナー最上段からジャンプしたハワードが相手に飛びつき、相手をバフ・ブロックバスターの要領でマットに叩きつける。
タイブレイカー
WWEのタイ・デリンジャーが使っているフィニッシングホールド。WWE NXTでは牛殺しと同型の技だったが、WWE昇格を機にトップスピンフェイスバスターと同じ形に変化した。
大噴火
大谷晋ニ郎と曙のタッグチーム、"華斬"が披露したコンビネーション。まず大谷がコーナー最上段へと歩を進め、大谷が登ったコーナーの前に陣取った曙が相撲の四股のせり上がりのポーズを決める。そのあとリング上の相手目掛けて大谷がミサイルキックを叩き込み、倒れこんだ相手を曙が全体重を乗せたランニング式ボディープレスで圧殺する。
大暴走
DRAGON GATEの土井成樹が使っている串刺し系のムーブ。まずコーナーを背にした相手をコーナーの下に座り込ませ、自分は対角線上にある反対側のコーナーまで後退して助走をつける。そして相手の側まで戻ってきたところで180゜前方回転するように体をジャンプさせ、走りこんだ勢いのまま相手に背中から体当たりをする。
タイムスライス
ヘラクレス千賀が愛用している必殺技。バナナシュートの要領で体をジャンプさせたあと相手の喉元に右腕を引っかけ、振り上げた右足を相手の後頭部の方へと持っていく。そしてそのまま体重をあずけて相手の体を後ろへと引き倒し、左膝からマットに着地すると同時に相手の後頭部を立てた右腿の上へと叩きつける。現在はシェイパーと呼ばれている。
ダイムドロップ
CZWなどで活躍したK・マーダ&K・プーシャのタッグチーム、"オールマネー・イズ・リガール"のコンビネーション。マーダがリングの方を向きながらコーナーのセカンドロープによじ登り、コーナーに背を向けたプーシャがコーナーの側で倒れている相手の体をシーソーホイップの要領で引き起こす。そのあと起き上がった相手の方へとジャンプしたマーダが相手の首に飛びつき、相手の後頭部をバフ・ブロックバスターの形でマットに叩きつける。
タイムマシンに乗って
プロレスリングWAVEの渋谷シュウが使っているプラセンタと同型の技。
ダイヤモンドカッター
WWEやWCWで活躍したダイヤモンド・ダラス・ペイジが愛用しているフィニッシングムーブ。まず背中を向けた状態で相手の正面に立ち、自分の右腕を左首筋の方から相手の喉元に引っ掛ける。更に自分の左腕も左首筋の方から相手の首の後ろへと回し、自分の両手をクラッチして相手の首を抱え込む。最後に背中からマットへ倒れ込む勢いで相手の体を前のめりに引き倒し、相手の顔や胸をマットへ痛打させると同時に首にも衝撃を与える。
ダイヤモンドダスト
ZERO1の田中将斗が開発した前方1回転式のスタナー。まずリングの方を向いたままコーナーのセカンドロープによじ登ってコーナー最上段に腰をかけ、自分に背中を向けて立っている相手の首をリバースDDTの要領で右脇に抱え込む。そのあと相手の首を抱えたまま自分の体を360゜前方回転させるようにジャンプし、相手の正面に尻餅をつく形で着地して相手の喉にスタナーを叩き込む。
ダイヤモンドデスカッター
ダイヤモンド・ダラス・ペイジが使う雪崩式エースクラッシャーと同型の技。
ダイヤモンドデスドロップ
レーザーズエッジ
ダイヤモンドトルネード
田中将斗が使っている桜吹雪と同型の技。
ダイヤモンドバスト
FMWで活躍した中山香里が使っていた浜ちゃんカッターと同型の技。
ダイヤモンドヘッド
小橋建太がハワイ合宿中に編み出した必殺技。カナディアンバックブリーカーの要領で相手の体を高々とリフトアップし、相手が右肩の上に座るような格好になったところで一旦静止する。そのあと自分の体だけを右方向に180゜捻って相手の腹部の上に左腕を回し、急降下させた相手の背中をサイドバスターの形で自分の左サイドへと叩きつける。初公開時に不完全な形で技を喰らった金丸義信は担架で運ばれて病院に直行しており、この技も出されたのはこの一度きりで現在は封印状態となっている。
ダイヤモンドボム
プロレスリング・ノアの中嶋勝彦が、丸藤正道の保持するGHCヘビー級タイトルに挑戦する際に編み出した新必殺技。形はカウントダウンイグニッションと同型。
ダイヤモンドポリス
大阪プロレスに参戦していた"三億の技を持つ男"ポリスメ〜ンの必殺技。形はダイヤモンドダストと同型。
ダイヤル固め
ウニベルサル
たいようちゃん☆スパニッシュフライ
夏樹☆たいようが使っているフラックスキャパシターの呼び名。
たいようちゃん☆ボム
夏樹☆たいようが使っているヨシタニックの名称。コーナーからの雪崩式で技を繰り出すとスーパーたいようちゃん☆ボムに名前が変化する。
太陽塔ロック
道頓堀プロレスの太陽塔仮面が使っているムーブの1つ。尻餅をついた相手の肩の上に肩車の形で跨り、相手の右手首を右手で、左手首を左手で掴む。そのあと掴んだ相手の両腕をバンザイをするように上に掲げさせ、自分の背中を軽く反らせながらレフェリーに相手がギブアップをしていないか尋ねる。
太陽トーンボム
道頓堀プロレスの太陽塔仮面が使っているセントーン・アトミコの呼び名。
太陽のひまわりボム
DDTプロレスリングの高木三四郎が披露した、フェイントを何度も交えてから仕掛けるSHB。まずパワーボムの要領で相手を肩の高さまで担ぎ上げ、相手の体を肩の上でファイヤーマンズキャリーの形に持ち替える。そのあと相手の上半身を左手で下から押し上げて宙に浮き上がった相手の体を肩車でキャッチし、そこからSHBへと移行して相手をフォールする。
太陽ブロー
WBA世界スーパーフライ級王者・名城信男が新日本プロレスの棚橋弘至に伝授した左のボディブロー。
タイラトルネード
みちのくプロレスなどで活躍した平直行が使っていた大車輪キックと同型の技。
大横綱プレス
曙が使っているダイビングボディープレスの呼び名。
大ラビストラル
JWP女子プロレスのラビット美兎が使っていたムーブ。ロッキーフェイスボトムの要領で相手に飛びついてパワーボムを仕掛けられるような格好になり、そのまま体重を預けることで相手の体を後ろに転倒させる。そのあと背中からマットに倒れ込んだ相手の胸板の上に自分はヒップドロップの形で着地し、相手の右足を左手で、左足を右手でそれぞれ抱え込んで3カウントを奪取する。
大リーグセントーン
ユニオンプロレスに登場した星野飛雄馬が使っていたダイビングセントーンの名称。
大リーグボールラリアット1号
星野飛雄馬が愛用していた、ロープの間を何度も往復してから仕掛けるディスカスクローズライン
大リーグボールラリアット2号
星野飛雄馬が使っていた狂神太平と同型の技。1号と同様にロープの間を往復し助走をつけてから技を放つ。
大陸ラナ
"大陸王子"アトランティスが使っているカサドーラ・アントンティスとも呼ばれる丸め込み技。まず相手の体をカサドーラの要領で丸め込み、相手の両足を掴んだまま自分だけ立ち上がる。そのあと交差させるように固めた相手の両足首を自分の股の間へと挟み込み、自分の体をブリッジさせて相手から3カウントを奪う。みちのくプロレスで行われた"第3回覆面ワールドリーグ戦決勝"でケンドー・カシンをこの技で丸め込み見事優勝を果たした。
ダウンアンダードライバー
オージー・オズボーンことTNTが大阪プロレスで披露したアックスギロチンドライバーと同型の技。
ダウンキャスト
WWE NXTで活動していたコナー・オブライエン&ケネス・キャメロンのタッグチーム、"ジ・アセンション"のコンビネーション。キャメロンが相手の顎にジョーブレイカーを叩き込んで相手を悶絶させ、オブライエンが続けざまにフラップジャックを仕掛けて相手の顔面をマットに打ちつける。
ダウンバースト
ZERO1の藤田峰雄が使う変形のフェイスバスター。まずボディースラムのクラッチで相手を抱え、相手の体をマットと水平の高さになるまで持ち上げる。そのあと相手の首の後ろに左手を添え直しながら尻餅をつき、うつ伏せの状態で落下させた相手の体を自分の右サイドへと叩きつける。
ダウンワードスパイラル
WWEのエッジが使用していた前後に軽く反動をつけてから相手を叩きつけるタイプのフラットライナー
ダガー
道頓堀プロレスのガメラスが愛用しているムーブ。レイネーラを極めたあと左手で掴んでいた相手の両足を解き放ち、相手の体を自発的にうつ伏せにひっくり返させる。そのあと相手の右脇に右腕を引っ掛けたまま自分は右半身からマットへ倒れ込み、腹這いの状態でリングに叩きつけた相手の顔や胸に痛みを走らせる。
高い高い
DRAGON GATEの横須賀享が使うラストライドと同型の技。別名は横須賀タワー
高い膝
横須賀享が使っているハイアングルのニークラッシャー
高岩ドリラー
高岩竜一が使っているSSDと同型の技。
高岡大仏
大日本プロレスのアブドーラ小林が宮本裕向の保持するBJW認定デスマッチヘビー級王座に挑戦する際に編み出したフィニッシャー。仰向けになった相手の上に凶器を乗せたあとコーナー最上段へと移動し、両手で大仏のポーズをとってから決めるセントーン・アトミコである。
高尾山固め
橋誠が使っているパッケージホールド。相手の体をローリングバッククラッチの要領で丸め込み、相手の右足に右足を、左足に左足をフックさせながらマットに尻餅をつく。そのあと相手の右手首を右手で、左手首を左手で掴み、両肩をマットにつけた相手の体を強引に押さえ込んで3カウントを奪い去る。
タカコ☆パニック
ディスティニーハンマー
タカタニック
DDTプロレスリングのマサ高梨が使っているヨシタニックと同型の技で、かつては高梨返し、ポコタニックなどと呼ばれていたムーブ。高梨岩兵衛として活動しているSTYLE-Eではイワタニックに呼び名が変化する。
高津川
ZERO1の日高郁人が使う、相手の得意技を切り返して決める一発逆転の丸め込み技の呼び名。
鷹の爪
DRAGON GATEの鷹木信悟が使っている丸め込み技。まず相手の背後に回り込んで相手の右足を自分の左足で払い、前のめりに倒れ込んだ相手の右サイドへと体を移動させる。続いて四つん這いになった相手の右腕を自分の両足で挟み込み、更に相手の左脇に背中の方から自分の左腕を引っかける。最後に相手の頭を右手で押さえつけながら腹這いにマットへ倒れ込み、前屈状態になった相手の両肩をマットにつけて相手から3カウントを奪う。
高飛車
KAIENTAI-DOJOの滝澤大志が使うビッグエンディングと同型の技。
タカミスープレックス
全日本女子プロレスの高橋美華が使っていたスープレックスホールド。向かい合った相手の右腕を左手で、左腕を右手で掴み、掴んだ両腕を相手の背中で交差させる。続いて交差させた相手の両腕を右手で掴んで動きを封じ、外腿の方から相手の右腿の裏に左手を回して足を掬い上げる。最後に体をブリッジさせる勢いで相手を後方へ反り投げ、相手を背中からマットに叩きつけたあとブリッジを崩さずにフォールを奪う。
タカミスペシャル
高橋美華が得意としていたスープレックス。向かい合った相手の左手首を右手で掴んで腕を相手の背中の方に持って行き、胸の方から相手の右脇に頭を潜り込ませる。そのあと外腿の方から相手の右腿の裏に左手を回して体をブリッジさせ、後方へ反り投げた相手の背中をマットに叩きつけてそのまま3カウントを奪う。
滝落とし
KAIENTAI-DOJOのヒロ・トウナイが使っているオリジナルスープレックス。まず胸の方から相手の右脇に左腕を差し込み、その腕を相手の右肩の上へと引っかけて相手の肩を抱え込む。そのあと外腿の方から相手の右腿の裏に右手を回して体をブリッジさせ、後方へと反り投げた相手を肩口からマットへ叩き落とす。正式名称が決定するまでは便宜上変形スープレックスと呼ばれていた。
滝ジャーマン
"リトル☆ギャラクシー"のヒロ・トウナイ&佐藤悠己が使っている滝落としとジャーマンスープレックスの融合技。まず相手の体をトウナイが滝落としの要領で捕らえ、トウナイが捕らえた相手のバックに回った佐藤が相手の腰を両手で抱え込む。そのあと呼吸を合わせた2人が同時に体をブリッジさせ、後方へと反り投げた相手を肩口からマットに叩きつけてそのまま3カウントを奪い去る。現在はギャラクシー☆フォールと呼ばれている。
滝トマ・スカイハイ
KAIENTAI-DOJOの滝澤大志&梶トマトが使っている超高層ファンタスティックフリップ。コーナー最上段に腰をかけた滝澤の肩の上に梶が雑技団式ヘッドバットの要領でよじ登り、梶を肩の上に乗せた滝澤がセカンドロープを踏み台にして体を起こす。そのあと滝澤が梶の両腕を引っ張りながらリングへと飛び降り、空中で体を270゜前方回転させた梶が仰向けになった相手の上に背中から落下する。
匠蹴り
KAIENTAI-DOJOの柏大五郎が使っているバズソーキックの呼び名。
武甕槌
政宗&秀吉が使う合体殺法。政宗が相手の体をこうもり吊り落としの要領で抱え上げ、政宗の左脇に陣取った秀吉が政宗の胴体を両手で抱え込む。そのあと相手もろとも政宗の体をリフトアップした秀吉が政宗の背中がある方に体を倒し、落下させた相手の後頭部や背中を豪快にマットへ叩きつける。名前の読み方は"タケミカヅチ"。
タコ絡み
フーテンプロモーションの小野武志が使っている卍固めの呼び名。
タコ蹴り
プロレスリング華☆激のアステカが使っている苛烈な打撃技。立っている相手の左腿の裏へ右足でローキックを何度も打ち込み、耐え切れずに尻餅をついた相手の後頭部を右足の甲で豪快に蹴り飛ばす。
たこつぼ固め
DRAGON GATEのベーカリー八木がT2Pのペスカトーレ八木として活動していた頃に使っていたジャベ。まずトルナド・デ・サンファンの要領で相手をマットに転がし、仰向けになった相手の両足をインディアンデスロックの要領で固める。そして相手の首の後ろに右足の脹脛を引っ掛けたあと相手の左脇に背中の方から右腕を差し込み、相手の左腕を右脇に抱え込んで相手の体を痛めつける。
タコピッツァ
CZWを中心に活動しているエゴティスティコ・ファンタスティコの必殺技。相手の体をロメロスペシャルに捕らえたあと両膝を軽く折り曲げ、掴んでいた相手の両腕を離して相手の背中に両手を添え直す。そして相手の背中を下から押し上げると同時に両足を勢い良く跳ね上げ、その反動でうつぶせにひっくり返りながら落下した相手の顔面をマットへ痛打させる。
タコベンダー
エゴティスティコ・ファンタスティコが使っているアックスギロチンドライバーと同型の技。
タコヤキスープレックスホールド
大阪プロレスのタコヤキーダーが使っているドラゴンスープレックスホールドの呼び名。
タコヤキスピン
タコヤキーダーが使っているフィニッシャーの1つ。まず相手の首をフロントネックロックの要領で右脇に抱え込み、相手の体を飛び越えるような感じで自分の体を360゜前方回転させる。そのあと相手の頭を抱えたまま相手の背後に尻餅をつく形で着地し、後ろに転倒した相手の後頭部に自分の右肩をめり込ませる。
タコヤキスマッシャー
タコヤキーダーが使う旋回式スタナーの名称。
タコヤキ塩味
タコヤキーダーが使っているスタンディングムーンサルトの呼び名。名前は"タコヤキソルト"と読む。
タコヤキック
タコヤキーダーが愛用しているトーキックソバットトラースキックのコンビネーション。
タコヤキボトム
タコヤキーダーが使っているロックボトムの名称。
ダスティ
DDTで活躍中のアントーニオ本多が使うバイオニックエルボーの呼び名。名前は言わずもがなダスティ・ローデスに由来しており、エルボーを打つ際に自分の体をその場で1回転させることもある。
ダスティッドドライバー
CZWなどで活躍中のアズリアルが愛用しているベルティゴと同型の技。
タズプレックス
インパクト・レスリングのタズが使うスープレックス全般を指す呼び名。エクスプロイダーやスリーパースープレックスなど種類は多種多様。
タズミッション
タズが使っている片羽締めと同型の技。相手をグラウンドに引き込みながら極めることが多い。
タズミッション式キャメルクラッチ
田中将斗がECWでのライバルであるタズの技をヒントに編み出したサブミッション。タズミッションに捕らえた相手の体をうつ伏せにひっくり返し、相手の背中を両足で跨いで相手の背骨や首を痛めつける。
タチクラッチ
太刀光が使っていた外道クラッチと同型の技。
立川先生スープレックス
ワールド女子プロレス・ディアナの坂井澄江が使うオリジナルスープレックス。まず向かい合った相手の右腕を左手で掴んで腕を自分の首の後ろへ引っ掛け、外腿の方から相手の左腿の裏に右手を回して相手の左足を抱え込む。そのあと体をブリッジさせて相手を後方へと反り投げ、相手の背中をマットに叩きつけてそのまま3カウントをを奪う。立川先生とは坂井がお世話になった整体師の先生の名前である。
橘式抱え込み落とし
大阪プロレスで活躍した橘隆志が愛用するフィニッシングムーブ。まず前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、右手で掴んで持ち上げた相手の左腕を自分の首の後ろに引っ掛ける。続いて相手の両足の間に正面から右手を差し込んで相手の股を掬い上げ、相手の体を上下逆さまにするような感じで持ち上げる。最後に左半身から倒れ込みながら相手に体を浴びせかけ、落下させた相手の背中をマットへ強かに叩きつける。大阪プロレスを中心に活動しているツバサもツバサ式抱え込み落としという名称でこの技を愛用している。
ダッシュミドル
飯伏プロレス研究所の飯伏幸太が使っている助走をつけてのミドルキック
タッチアウト
金丸義信が使うツイスターと同型の技。
タッチ・ザ・スカイ
柴田勝頼&KENTAが披露したコンビネーションムーブ。柴田が相手の体を肩車で担ぎ上げ、エプロンに移動したKENTAがトップロープを両手で掴む。そのあとトップロープの上に飛び乗ったKENTAが体を大きくジャンプさせ、相手の胸板に勢い良くラリアットを叩き込む。
タッチダウン
DDTプロレスリングの竹下幸之介が使っているRKOの呼び名。
タッドポールスプラッシュ
WWEで活動しているミゼットレスラー、ホーンスワグルが使っているフロッグスプラッシュの名称。タッドポールは"おたまじゃくし"という意味。
ダッドリーデバイス
TNAで活動中のブリー・レイ&ディーボンのタッグチーム、"チーム3D"が使うダブルインパクトの呼び名。
ダッドリードッグ
アシッドドロップ
龍巻
DRAGON GATEの問題龍が2代目超神龍時代に使っていたスカイツイスタープレスと同型の技。
竜巻蹴り
アントニオ猪木が使っていた浴びせ蹴りとほぼ同型の技。浴びせ蹴りと違う点は横方向に捻るような感じで体を回転させるところである。
竜巻三角締め
中邑真輔がCMLLマットで披露し、エル・イホ・デル・サントをギブアップに追い込んだジャベ。まず向かい合った相手の左腕を両手で掴み、体をジャンプさせて相手の首と左腕を両足で挟み込む。続いて体をフランケンシュタイナーの要領で回転させて相手を宙に舞わせ、相手を後頭部からマットに叩きつける。最後に体を横方向に転がしてマットに背中をつけ、相手を下からの三角締めで締め上げてタップを奪う。
竜巻式脇固め
ラ・ミスティカ
竜巻昇龍脚
DRAGON GATEのK-ness.が使っているスクリューハイキックの呼び名。
竜巻谷落とし
DDTやアルシオンで活躍した前田美幸が愛用していたランセットアーチと同型の技。
縦回転式エビ固め
スポルティーバエンターテイメントのヤス久保田が見せた丸め込み技。まず四つん這いになった相手の右サイドに移動し、右手で掴んで持ち上げた相手の右腕に自分の左足を上から引っ掛ける。そのあと相手の首の後ろに右腕を回しつつ背中からマットへ倒れ込み、その勢いで前方に転がった相手の右腿を左手で抱え込んで3カウントを奪う。
タナカスペシャル
WRESTLE LANDに登場した田中の必殺技。形はミノルスペシャルと同型。
棚からぼたもち
アイスリボンの宮城もちが愛用しているフロッグスプラッシュの呼び名。
タナカレッグバー
足掛け回転膝十字
ダナコンダ
ECWで活躍したダニー・ドーリングが愛用していたダイビングギロチンドロップの名称。
タナトス
PSYCHOが使うスタンディング状態からの089。まず左手で掴んだ相手の左腕を捻り上げ、相手の左腿に左足を乗せてジャンプする。そのあと相手の左肩の上に座るような感じで着地して掴んでいた相手の左腕を股の間に挟み込み、左方向に体を捻って相手と反対方向を向く。最後に相手の背中を左腕で抱え込みながら体を前方回転させ、その勢いで後ろに転がった相手の左足に自分の左足をフックさせてフォールを奪う。
七夕流星スプラッシュ
KAIENTAI-DOJOに登場した茂原七夕7が披露したフロッグスプラッシュの名称。
タニア
えりりんワッショイ
タニースター
NEO女子プロレスのタニー・マウスが使っていたリストクラッチ式エクスプロイダーの名称。この技でNEO女子プロレスのエースである田村欣子から勝利をもぎ取ったことも。
ダニ☆エ〜ル
DRAGON GATEのダニエル三島が使っていたリストクラッチ式バックドロップホールド。まず相手の背後に自分の体を回り込ませ、相手の左脇に背中の方から頭を潜り込ませる。続いて右手で掴んだ相手の右腕を相手の右腿の外側あたりに持っていき、正面に回した左手で相手の右腿を内側から抱え込む。最後に左手で相手の右手首も掴んでロックしたあと自由になった右手で相手の腰を抱え直し、後方へ反り投げた相手を肩口からマットに叩きつけてフォールを奪う。
ダニエルソンスペシャル
WWEで活躍中のダニエル・ブライアンが"アメリカンドラゴン"ブライアン・ダニエルソンとして活動していた頃に使っていたムーブ。形はファイヤーフライと同型。
ダニョ・ラティーノ
プロレスリング・ノアなどで活動中のリッキー・マルビンが使っているフィニッシングホールド。ケブラドーラ・トド・アルトの要領で相手を担ぎ上げたあと上半身を右方向に軽く捻って反動をつけ、上半身を左方向へ振ると同時に相手の足を掴んでいた腕を離す。そのあと相手の首を両手で抱え込んで背中からマットに倒れ込み、落下させた相手の体をダイヤモンドカッターの形でマットに叩きつける。
タニロケット
相手の正面で体をジャンプさせて相手の腹部や胸板に頭から突撃する打撃技。NEO女子プロレスのタニー・マウスが愛用していた奇抜なムーブである。
タノムサクチャンス
DDTプロレスリングのタノムサク鳥羽が使っている、コーナーに押し込んだ相手のボディ目掛けてミドルキックを10連発で叩き込むムーブ。この技を3回続けて繰り出すことが多いが途中で息切れすることも。
タパティア
ロメロスペシャル
ダ・ブエルタ
プロレスリング・ノアのムシキングジョーカーが使っていたヨシタニックと同型の技。
ダブリュー
本間朋晃&諏訪間幸平が使っていたコンビネーション。まず本間が相手をリバースフルネルソンに捕らえ、諏訪間が本間の腰を背後から抱え込む。そのあと諏訪間がジャーマンスープレックスで本間を投げ飛ばし、その勢いを生かした本間が相手の体をダブルアームスープレックスの形で後方へと反り投げる。
ダブルアームスープレックス
海外ではバタフライスープレックスとも呼ばれるオーソドックスなスープレックス。相手の上半身をリバースフルネルソンに捕らえたあと体をブリッジさせ、後方に反り投げた相手を背中からマットに叩きつける。相手を投げ終えたあとクラッチを外さず、ブリッジを効かせて相手からフォールを奪うとダブルアームスープレックスホールドになる。
ダブルアームスクリュースープレックス
新日本プロレスなどに参戦していたダン・デバインの必殺技。リバースフルネルソンに捕らえた相手の体を垂直になるまで抱え上げ、相手の体に右方向への捻りを180゜加えて顔を自分の方に向かせる。そのあと腕のクラッチを切りながら相手に浴びせかけるように倒れ込み、落下させた相手の後頭部や背中をマットへ叩きつける。
ダブルアームバー
格闘技などで使われている相手の両腕を極めるサブミッション。まず向かい合った相手の右腕を左手で、左腕を右手でそれぞれ掴み、腕を掴んだまま背中からマットに倒れ込む。そのあと中腰状態になった相手の両腕と首を自分の両足で下から挟み込み、相手の両腕を外側から圧迫することで両肘の関節を痛めつける。
ダブルアームバックブリーカー
クリス・ジェリコやCMパンクが得意とするバックブリーカー系ムーブ。まず相手の上半身をリバースフルネルソンに捕らえ、相手の体を仰向けに引っくり返すように持ち上げる。そのあと腕のクラッチを切りながらマットに左膝をつき、落下してきた相手の背中を立てた右腿の上に叩きつける。
ダブルアームロックサルト
カール・ゴッチが前田日明に伝授した12種類のスープレックスの1つ。向かい合った相手の両腕を自分の左脇にまとめて抱え込み、相手の両肘のあたりを包み込むように自分の両手をクラッチさせる。そのあと体をブリッジさせて相手を後方へと反り投げ、相手を背中のあたりからマットへ叩きつける。相手の腕を怪我させる恐れがあったため実際には使われなかった。
ダブルアームDDT
数多くの選手が愛用する腕極め式のDDT。相手の上半身をリバースフルネルソンに捕らえたあと背中から倒れ込み、その勢いで前のめりに倒した相手の頭部をマットへ打ちつける。
ダブルアームT
NEO女子プロレスのタニー・マウスが使っていた相手の力を利用して放つダブルアーム式パイルドライバー。まず相手の上半身をリバースフルネルソンに捕らえ、技を返そうとする相手に自分の体をリバーススープレックスの要領で持ち上げさせる。そのあと重心を落として振り子のように元の位置まで落下し、尻餅をつくと同時に前屈みになった相手の頭部をマットへ打ちつける。
ダブルアール・スパインバスター
WWEで活躍中のボビー・ルードが使っているアーン・アンダーソン式スパインバスターの呼び名。アンダーソンのニックネームである"AA"をもじり、自身のイニシャルの"RR"を技の名前に冠している。
ダブルアックスハンドル
スレッジハンマー
ダブルインパクト
アニマル・ウォリアー&ホーク・ウォリアーのタッグチーム、"LOD"が愛用していた代名詞的な必殺技。アニマルがコーナーの方を向きながら相手を肩車し、コーナー最上段からジャンプしたホークが相手の首にクローズラインを叩き込む。別名はドゥームズデイデバイスダンジョンデイデバイス
ダブルインパクト式日本海式竜巻原爆固め
OZアカデミーで活躍中の豊田真奈美&カルロス天野が愛用するコンビネーション。豊田がジャパニーズオーシャンサイクロンスープレックスホールドの要領で抱え上げた相手の頭部へ天野がコーナー最上段からのカルロスゴーンを叩き込み、それと同時に豊田が体をブリッジさせて相手の後頭部や背中を強かにマットへ叩きつける。
ダブルエキサー2
プロレスリング・ノアで活動しているHi69&石森太二のタッグチーム、"XX"が使うマジックキラー系のムーブ。まず石森が相手の上半身をハーフハッチスープレックスの要領で捕獲し、持ち上げた相手の両足を石森の正面に陣取っていたHi69がまとめて右脇に抱え込む。そのあと石森が右方向に180゜、Hi69が左方向に180゜それぞれ体を捻って同時にマットに倒れ込み、その勢いで仰向けにひっくり返りながら落下した相手の後頭部や背中をマットに叩きつける。
ダブルキン肉バスター
プロレスリング・ノアの力皇猛とモハメド・ヨネが見せた合体式のキン肉バスター。まずリングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、前屈みになった相手の首の後ろに力皇が右腕を、ヨネが左腕を回して相手の頭を抱え込む。続いて相手の右腕を力皇の首の後ろへ、左腕をヨネの首の後ろへそれぞれ引っかけ、力皇が相手の右足を左手で、ヨネが左足を右手で掴む。最後に相手の体を2人がかりで持ち上げたあと2人揃って背中からマットへ倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の後頭部や背中をマットへと叩きつける。
ダブル袈裟斬りチョップ
モンゴリアングーパンチ
ダブルクライン
DDTプロレスリングのチェリーが使う足抱え式のダブルリストアームサルト。まず向かい合った相手の左脇に頭を潜り込ませ、内腿の方から相手の左腿の裏に右手を回して足を抱え込む。そのあと相手の右手首を左手で、左手首を右手でそれぞれ掴んで体をブリッジさせ、後方へと反り投げた相手の背中をマットに叩きつけてそのままフォールを奪う。現在はチェリストと呼び名を変えている。
ダブルクロス
DRAGON GATEの斎藤了がヒール転向後に使い始めたフィニッシャー。ピラミッドドライバーの要領で持ち上げた相手の体をカナディアンバックブリーカーの形で右肩に担ぎ上げ、抱えていた上半身を下方向へと引っ張ることで相手の体を自分の正面へと落下させる。そのあと相手の腕を掴んだままマットに尻餅をつき、相手の頭部や顔面を自分の両足の間へと打ちつける。
ダブルクロスブーツ
KAIENTAI-DOJOなどで活躍中のYOSHIYAが愛用するフィニッシャー。膝をついた相手の正面にあるロープに跳んで助走をつけ、相手の顔面を打点の低いビッグブーツで豪快に蹴り飛ばす。
ダブルコブラ
JWP女子プロレスの日向あずみが使っていたコブラストラングルと同型の技。
ダブルダイビングボディープレス
バラモン・ケイこと佐藤恵と大鷲透が"紅白プロレス合戦"で披露した合体殺法。相手を仰向けに倒したあとケイがコーナー右隣のエプロンへ、大鷲がコーナー左隣のエプロンへそれぞれ移動し、2人が同じコーナーの最上段へと歩を進める。そのあとトップロープの上に立った2人が肩を組むように互いに腕を回してリングへとジャンプし、2人がかりのダイビングボディープレスで相手を圧殺する。
ダブルタップ
プロレスリング・ノアなどで活躍しているマイキー・ニコルス&シェイン・ヘイストのタッグチーム、"TMDK"が使うブルズポセイドンとネックブリーカーのコンビネーション。まずマイキーが相手の体をこうもり吊りの要領で担ぎ上げ、マイキーの背後に回り込んだシェーンが逆さ吊りに担った相手の首の後ろに右腕を回す。そのあとマイキーが掴んでいた足を離しながら尻餅をつくと同時に相手の頭を抱えたシェーンが背中からマットへ倒れ、落下させた相手の後頭部や背中を豪快にマットへ叩きつける。
ダブルチョップ
KAIENTAI-DOJOの滝澤大志が使っている打撃技。助走をつけながら合掌させた両腕を振り抜き、相手の胸板へ両手で強烈なチョップを叩き込む。
ダブルディップムーンサルト
CZWなどで活躍したZ-バーが使っていたベストムーンサルトエヴァーと同型の技。
ダブルデッカー
デズモンド・ウルフことナイジェル・マッギネスとマグナスがTNAで愛用していたコンビネーション。まずウルフが相手の体をタワー・オブ・ロンドンの体勢に捕らえ、相手の下半身の下に潜り込んだマグナスが相手の右足を右肩の上に、左足を左肩の上にそれぞれ乗せる。そして相手を抱えた2人が数歩足を前に踏み出したあとウルフが背中からマットに倒れ込み、落下させた相手の体をダイヤモンドカッターの形でマットに叩きつける。
ダブルドラゴン
カイル・オライリー&ボビー・フィッシュのタッグチーム、"reDRagon"が使っているコンビネーションの1つ。オライリーがリバースフルネルソンに捕らえた相手の体を軽く持ち上げ、オライリーの正面に陣取ったフィッシュが宙に浮き上がった相手の右腿を右腕で、左腿を左腕でそれぞれ抱え込む。そのあとオライリーが相手の頭部をダブルアームDDTの形で一旦マットに叩きつけ、腕のクラッチを解いたオライリーが昏倒する相手の胸板に両足の裏を押し付ける。最後にオライリーが相手の胸を両足で足蹴にすると同時にフィッシュが体をブリッジさせ、フィッシュが相手の体を投げっ放しジャーマンスープレックスで後方に放り投げる。
ダブルドラゴンニードロップ
プロレスリングBASARAの木高イサミが使っている必殺技の1つ。相手を仰向けに倒したあとコーナー最上段からドラゴンスプラッシュの要領で跳躍し、空中で膝を突き出すように両足を折り畳んで倒れた相手の上にダブルニードロップの形で落下する。
ダブルニードロップ
WWFや全日本プロレスで活躍したキラー・カーンが得意としていた破壊力満点の打撃技。仰向けに倒した相手の側でジャンプして空中で両膝を折り畳み、正座をするような形で相手の上に落下して相手の体を両足でプレスする。コーナー最上段から仕掛けるダイビングダブルニードロップは大森隆男やKUDOのフェイバリットムーブである。
ダブルパワーボム
WWEで活動中のクリス・ジェリコがかつて使っていた餅つき式パワーボムと同型の技。
ダブルパンプハンドル・オレンジクラッシュ
PWGなどで活動中のエル・ジェネリコが使っている豪快なムーブ。まずマエストロの要領で相手を仰向けにひっくり返しながら自分は中腰の状態になり、宙に浮き上がった相手の右足を自分の左腿の上に、左足を右腿の上に着地させて相手を向かい合わせの状態で抱きかかえた格好になる。そのあと自分の左腕を前屈みになった相手の首の後ろへ、相手の左腕を自分の首の後ろへとそれぞれ持って行き、更に相手のタイツを右手で掴んで相手の体をブレーンバスターを仕掛ける感じで垂直に抱え上げる。最後に上下逆さまになった相手の体から離した両腕で相手の腰を背後から抱え直し、そのままマットに尻餅をついて相手の背中を開いた両足の間へと叩きつける。
ダブルブレーンバスター
数あるツープラトン攻撃の中でも使われる頻度が高いムーブの1つ。まず相手の右サイドに陣取った選手が正面から相手の首の後ろに右腕を、左サイドに陣取ったもう1人の選手が相手の首の後ろに左腕をそれぞれ回し、右サイドの選手が相手の右腕を自分の首の後ろへ、左サイドの選手が相手の左腕を自分の首の後ろへ引っ掛ける。そのあと右サイドの選手が相手のタイツを左手で、左サイドの選手が相手のタイツを右手で掴み、2人が呼吸を合わせて相手の体を垂直になるまで抱え上げる。最後に2人が背中からマットへ倒れこんで相手の体を後方へと落下させ、相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
ダブルへリックス
WWEのエヴァン・ボーンがマット・サイダルとして活動していた頃に使っていたスカイツイスタープレスと同型の技。
ダブルベルティゴ
道頓堀プロレスで活動中のビリーケン・キッド&政宗が使う2人がかりで仕掛けるベルティゴ。相手の右サイドに陣取ったビリーが相手の右足を両手で、左サイドに陣取った政宗が相手の左足を両手で抱え、相手の体を高々とリフトアップする。そのあと前屈みになった相手の首の後ろにビリーが右手を、政宗が左手をそれぞれ添えて両者が同時に尻餅をつき、前屈状態で落下させた相手の頭部を強かにマットへ打ちつけさせる。
ダブルマッスル
佐藤恵&佐藤秀が闘龍門Xで活動していた頃に使っていたコンビネーション。まず相手の右サイドに陣取った恵が左腕を、左サイドに陣取った秀が右腕をそれぞれリバースDDTの要領で相手の首に巻きつけ、空いている手を背中に添えて相手の体を垂直なるまで持ち上げる。そのあと相手の右膝の裏に恵が右手を、左膝の裏に秀が左手を添え直して2人が尻餅をつくように倒れ込み、急降下させた相手の後頭部をマットへ強かに打ちつける。
ダブルリストアームサルト
カール・ゴッチが前田日明に伝授した12種類のスープレックスの1つであり、特に女子レスラーが好んで使用しているスープレックスホールド。まず向かい合った相手の右手首を左手で、左手首を右手でそれぞれ掴み、持ち上げた相手の右腕を自分の首の後ろに引っ掛ける。そして体をブリッジさせる勢いで相手を後方に反り投げ、相手の背中をマットに叩きつけたあとブリッジを崩さずにフォールを奪う。
ダブルリストスープレックスホールド
センダイガールズプロレスリングの仙台幸子が使うチェーンリストと同型の技。
ダブルリストロック
チキンウイングアームロック
ダブルローテーションムーンサルト
DRAGON GATEなどで活躍中のリコシェが使っている2回転式のムーンサルトプレス。相手を仰向けに倒したあとリングに背を向けた状態でコーナー最上段に登り、630゜後方回転するように体をジャンプさせて相手を豪快にボディープレスする。
魂の逆さ押さえ込み
ZERO1のKAMIKAZEが使う逆さ押さえ込みに付けられた呼び名。
魂のスリーカウント
スリーカウント
魂をひとつに
田村欣子と栗原あゆみが開発したブルズポセイドンとバータブレイカーの融合技。まず田村がこうもり吊りの要領で相手の体を逆さ吊りに担ぎ上げ、栗原が背中の方から相手の右脇に左腕を、左脇に右腕をそれぞれ引っ掛ける。そのあと2人が呼吸を合わせて同時に尻餅をつき、急降下させた相手の頭部をマットへ強かに打ちつける。
ダマスカスドロップ
アリッサ・フラッシュがTNAにおいて覆面レスラーのライーシャ・サイードとして活動していた頃に使っていたムーブ。相手の背中を急角度の逆エビ固めで反り上げ、相手の両足を抱えたままマットに尻餅をついて相手の背骨を痛めつける。
タマスペシャル
新日本プロレスのタマ・トンガが愛用しているアラバマスラムと同型の技。
タムクリバスター
田村欣子&栗原あゆみが使っていたコンビネーション。田村が相手の右サイドに、栗原が相手の左サイドに移動して相手の体をダブルブレーンバスターの要領で抱え上げ、一旦体を前傾させて相手の体を正面へと落下させる。続いて相手の両足がマットに着地する前に田村が相手の右足を左手で、栗原が相手の左足を右手で抱え、体を前後に軽く振って反動をつけたあと相手の体を再度垂直になるまで抱え上げる。最後にもう一度体を前傾させた2人が相手の体から腕を離し、前方へと投げ捨てた相手の顔や胸をマットへと叩きつける。
タムラ〜ニャ現象パート1
プロレスリングHEAT UPの田村和宏が使っているウラカン・ラナ・インベルティダの呼び名。
タムラ〜ニャ現象パート3
田村和宏と安部捨丸がSTYLE-Eで披露したコンビネーション。安部が焙烙玉で丸め込んだ相手の両足を掴んだ田村がジャックナイフホールドを決め、相手の体を2人がかりで押さえ込んでフォールを奪う。
ダメージリフレックス
インパクト・レスリングのデイビー・リチャーズが愛用しているハンドスプリング式の延髄斬り。相手にロープに振られた時にロープ際で倒立し、自分の両腿の裏をロープに接触させて反動をつける。そのあと下半身を前へと倒して両足をマットに着地させ、続けざまに上半身を起こして相手に背中を向けた状態で立ち上がる。最後に体を右方向へと捻るようにジャンプしながら左足を振り抜き、背後に迫っていた相手の右側頭部を左足の甲で豪快に蹴り飛ばす。
タモンズシューター
本田多聞が得意とするオリジナルサブミッション。仰向けになった相手の左足を両手で掴んで自分の体を右方向へと捻り、相手の左足の上を左足で跨いで相手の足首を両腿の間に挟み込む。そしてその勢いで相手の体をうつ伏せにひっくり返したあと自分の体を左方向へと捻り、自分の左足を挟み込む感じで相手の左足を折り畳む。最後に相手の背中に覆いかぶさるように倒れ込んで相手の右腕を自分の首の後ろへ引っかけ、相手の頭を抱え込む形で自分の両手をクラッチして相手の体を痛めつける。
タモンズパワード
本田多聞が得意としているカウンター式のシットダウンパワーボム。ロープから返ってきた相手の左腿の裏に右手を、右腿の裏に左手をそれぞれ内腿の方から回し、相手の体を肩の高さまで一気にリフトアップする。そのあと開脚ジャンプしながら相手を前方に落下させ、相手の背中を自分の両足の間へ叩きつけてフォールを奪う。
タモンズロック
本田多聞が愛用している変形の袈裟固め。仰向けになった相手の右サイドに腰を下ろして相手の右腕を右手で掴み、掴んだ腕を相手の顎の下へと巻きつける。そのあと相手の首を抱え込むように自分の両手をクラッチさせて背中からマットに倒れ込み、相手の首を反り上げて頚動脈を圧迫する。
たらこ包み固め
DDTに登場したたっぷり!たらこマンの必殺技。形は首固めと同型。
タラバガニロック
小橋建太とのGHCヘビー級タイトルマッチを控えた秋山準が公開したサブミッション。仰向けになった相手の下半身を監獄固めの要領で固め、尻餅をつかせるように引き起こした相手の首をフロントネックロックに捕らえてタップを奪う。名前はダンベル代わりに使ったタラバガニに胸を挟まれた小橋を揶揄したものであり、別名監獄式フロントネックロックとも呼ばれる。
タランチュラ
TAJIRIが愛用しているフェイバリットムーブ。前屈みになった相手と背中合わせになりながらコーナーのトップロープを掴み、両足を広げるようにジャンプして相手の背中に馬乗りになる。続いて体を横方向に捻って相手の背中をロープに寄りかからせ、相手の右脇に左足を、左脇に右足を絡めながらエプロンの方へと自分の体を倒す。最後にサードロープの下から掴んだ相手の左足首を右脇に、右足首を左脇にそれぞれ抱え込み、宙吊りになった相手の肩や腰などを複合的に痛めつける。
タリスマーナ
エル・タリスマンが開発した変形のカナディアンバックブリーカー。右手で掴んだ相手の右腕を相手の背中でハンマーロックに固め、左手で掴んで持ち上げた相手の左腕を自分の首の後ろへと引っかける。そのあと相手の背中に右肩を押し当てた状態で自分の体を起こし、右肩に仰向けの状態で担ぎ上げた相手の左足首を左手で掴んで相手の背中を痛めつける。
タリバンバックパック
IWAミッドサウスなどで活躍中のジョシュ・アバクロンビーが使う飛びつき式のラングブロアー。まずリングの方を向いたままコーナーのセカンドロープによじ登り、自分に背中を向けている相手に飛びついて頭を両手で抱え込む。そのあと突き出した両膝を相手の背中にあてがいながら後ろに倒れ込み、背中からマットに着地した衝撃で相手の背中に両膝をめり込ませる。
タルーラ・ベル
キザーニーことシン・ボディがWWEで使っていたダブルアーム式のナカユビ。まず前屈みになった相手の上半身をリバースフルネルソンに捕らえ、両足を大きく開くようにジャンプして相手の胴体を両足で挟み込む。そのあと相手の体にしがみついたままマットに落下し、その勢いで前のめりに倒れ込んだ相手の頭部をマットへ打ちつける。
タルサンハート
DRAGON GATEの吉野正人がT2P時代から愛用しているジャベ。まずうつ伏せになった相手の足の側に立って相手の左足を両手で掴み、相手の右足を自分の左腿の側面で上から押さえつけるように倒れ込む。そのあと相手の右サイドに自分の右足を着地させ、立てた右腿の上に持ち上げていた相手の左足を乗せる。最後に自由になった両手で相手の顔面をフェイスロックに捕らえ、相手の顔面・背中・股関節などを複合的に痛めつける。別名は変形腰決めフェースロック
ダルマ式ジャーマンスープレックスホールド
ジャガー横田が全日本女子プロレス時代に開発し、現在では高山善廣、棚橋弘至などが愛用する両腕ロック式の原爆固め。まず相手の背後に回り込んで相手の右腕の外側に右腕を、左腕の外側に左腕を回し、相手の両腕と胴体を抱きかかえるように自分の両手をクラッチさせる。そして体をブリッジさせる勢いで相手の体を後方に反り投げ、相手を肩口からマットに叩きつけたあともブリッジを崩さずそのままフォールを奪う。両腕が封じられている為に相手は受身をうまく取れなくなる。
タワー・オブ・通天閣
大阪プロレスの通天閣三吉が使っていたラストライドの名称。
タワー・オブ・パイン
沖縄プロレスのゴールデン・パインが得意としていたチョークスラムの呼び名。
タワー・オブ・ロンドン
TNAやROHで活躍したデズモンド・ウルフことナイジェル・マッギネスが愛用していたフィニッシングホールド。まずコーナーを背にした状態で相手の体をリバースブレーンバスター風に持ち上げ、相手の両足のつま先を背後にあるコーナーのトップロープに引っ掛ける。そのあと間髪入れずに背中からマットへ倒れ込み、急降下させた相手の体をダイヤモンドカッターの形でマットに叩きつける。コーナー上での三点倒立で相手をおびき寄せてから仕掛けたり、コーナーに登った相手の足を払って技に移行したりと入り方は多種多様。
タワークラッシュ
KAIENTAI-DOJOで結成された"千葉ポートタワーズ"のYOSHIYA&JOEが使っていたハイタイムと同型の技。
タワースタンプ
空牙が使っているリバースタイガードライバーと同型の技。
タワーダンク
ZERO-ONEに参戦していたジョン・ヘンデンリッチ&ネイサン・ジョーンズのコンビネーション。形はビッグハイアーデモリッションと同型。
タワーハッカーボム
アルシオンなどで活躍したライオネス飛鳥のフィニッシングホールド。アルゼンチンバックブリーカーの要領で相手を肩に担ぎ上げたあと自分の体を左方向に軽く捻り、右方向へと体を振ると同時に相手の背中を左手で下から押し上げる。そしてその勢いで右方向に90゜水平旋回する相手の腰を両手で抱え直しながら尻餅をつき、落下させた相手の背中を自分の両足の間へと叩きつけてフォールを奪う。飛鳥の引退後はHikaruがこの技を受け継ぎ愛用していた。
タワーブリッジ
みちのくプロレスに登場したメタルマスターが使っていたアルゼンチンバックブリーカーと同型の技。
タワーリングインフェルノ
WCWで活躍したブッカーTとスティービー・レイの兄弟タッグチーム、"ハーレムヒート"のコンビネーション。レイがサイドバスターの要領で相手を抱え上げ、コーナー最上段からジャンプしたブッカーが相手の首にダイビングギロチンドロップを落とす。
断崖タイガードライバー
三沢光晴がここ一番という試合で用いていたエプロンから場外へと仕掛けるタイガードライバー
タンガクロス
ハヤブサが使っていた抱え込み式の足4の字固め。まず仰向けになった相手の右足を左手で、左足を右手で掴み、持ち上げた相手の右足を左肩の上に乗せる。続いて折り曲げた相手の左足を相手の右膝の上に乗せることで両足を4の字に固め、相手の両足を抱え込むように両手をクラッチさせる。最後にうつぶせにひっくり返した相手の背中に跨って腰を落とし、相手の足を痛めつけながら背中を反り上げる。
弾丸グレネード
ZERO1の田中将斗がFMWで使っていたランニング式のデスバレーボム
ダンガンボム
田中将斗が使っている投げっぱなし式の火の玉ボム。火の玉ボムの要領で相手の体を持ち上げたあと自分は立ったまま腕のクラッチを切り、相手の体をマットに向かって豪快に投げ捨てる。
タンクバスター
プロレスリング・ノアで活動しているシェイン・ヘイスト&マイキー・ニコルスのタッグチーム、"TMDK"が使うコンビネーション。まずマイキーがオクラホマスタンピードの要領で相手を右肩に担いでコーナーの方を向き、マイキーの目の前にあるコーナーのセカンドロープにシェインがリングの方を向いたままよじ登る。そのあとマイキーの肩の上にいる相手に向かってシェインがジャンプし、うつ伏せになった相手に飛びついて首の後ろに右腕を回す。最後に相手を担いでいたマイキーが背中からマットへ倒れ込むと同時にシェインが尻餅をつくように着地し、シェインが抱えていた相手の頭部をDDTの形でマットへ打ちつける。
男色インターネット
男色ナイトメア
男色エクスタシー
DDTプロレスリングの男色ディーノが使う男色式のミラクルエクスタシー。まず向かい合った相手の股間を右手で鷲掴みにし、相手の左脇を左手で下から掬い上げる。そのあと膝を屈伸させた反動を使って相手の体を高々とリフトアップし、相手の右腿を左手で抱えながら尻餅をついて落下させた相手の背中を自分の両足の間へ叩きつける。
男色エクスプロイダー
男色ディーノが使っている男色殺法の1つ。向かい合った相手の股間を右手で鷲掴みにし、左手で掴んで持ち上げた相手の右腕を自分の首の後ろに引っ掛ける。そのあと相手の背中に左腕を回して体をブリッジさせ、後方へと反り投げた相手の背中をマットへ叩きつける。
男色回転体
男色ディーノが使っている男色殺法の1つ。うつぶせになった相手の背中に覆いかぶさるように倒れ込んで相手の背中に股間を押しつけ、股間を軸にして自分の体を水平旋回させてポジションをコントロールする。
男色クロー
男色ディーノが使う男色殺法の1つ。まず仰向けに倒れた相手の足の側に移動し、相手の股間を指差したあと軽く助走をつけてジャンプする。そして両膝をつくような形でマットに着地しながら相手の股間を右手で鷲掴みにし、相手の股間をアイアンクローの要領で圧迫する。
男色締め
男色ディーノが使っている男色式の三角締め。仰向けになった相手の左腕を両手で掴んで相手の上半身を引き起こし、尻餅をつく体勢になった相手の顔面に自分の股間を密着させる。そのあと背中からマットに倒れ込んで相手の左腕と首を自分の両足で挟み込み、股間を相手の顔に押しつけつつ頚動脈を圧迫する。
男色スクリュー
男色ディーノが使う男色式ドラゴンスクリュー。相手の股間を鷲掴みにしたあと自分の体を錐揉み回転させ、相手の股間を捻り上げてダメージを与える。
男色砂時計
男色ディーノがアイアンマン五十三次で使用した男色殺法。相手を男色ドライバーの体勢に捕らえたあと腰を落とさず、逆さ吊りにした相手の頭に血を上らせて相手にギブアップの意思表示をさせる。
男色スタナー
男色ディーノが使っている男色殺法の1つ。両手の中指を立てながら相手を煽って相手の腹部にトーキックを叩き込み、前屈みになった相手に背中を向けるように体を捻る。そのあと背後にいる相手の股間を右手で鷲掴みにして尻餅をつき、その衝撃で相手の股間に痛烈なダメージを与える。
男色スパイダー
男色ディーノがタッグマッチで時折披露している男色殺法。リングに背を向ける体勢で相手の1人をコーナー最上段に座らせ、もう1人の対戦相手をコーナーに足を向ける格好で仰向けに寝かせる。そのあと自分もコーナー最上段に登ってコーナー上の相手の背後に腰を降ろし、セカンドロープに両足のつま先を引っ掛けて自分の体を後ろに仰け反らせる。最後に宙吊りになりながらリングに倒れている相手の股間を両手で掴み、更に腹筋を使って上半身を引き起こしてコーナー上の相手に抱きつきながら股間をまさぐる。
男色デストロイ
男色ディーノがアメリカ遠征前に披露したカナディアンデストロイヤー式男色ドライバー。まず前屈みになった相手の頭を自分のタイツの中に押し込み、相手の胴体を両手で抱え込んで膝を軽く屈伸させる。そのあと体を360゜前方回転させるようにジャンプしてマットに尻餅をつき、宙に浮き上がった相手の頭部を男色ドライバーの形でマットへ突き刺す。
男色ドライバー
男色ディーノが学生プロレス時代から愛用している、別名パンツドライバーとも呼ばれる破天荒な必殺技。まず前屈みになった相手の頭を自分のタイツの中に押し込み、Tバックに包まれた自分の股間を相手の頭に密着させた状態になる。そのあと相手の胴体を両手で抱え込んで相手の体を垂直になるまで持ち上げ、上下逆さまになった相手の頭部をジャンピングパイルドライバーの形でマットに突き刺す。タイツを脱いでTバック姿になったあと相手の頭をTバックの中に押し込み、自分の股間を相手の頭に直に密着させた状態で決める一撃は生・男色ドライバーと呼ばれている。
男色ドライバーMAX
男色ディーノがZERO-ONE MAXの天下一ジュニアリーグ参戦後に使い始めた必殺技。相手を男色ドライバーでマットに叩きつけ、大谷晋二郎お得意の火祭り刀ポーズをとりながら相手を押さえ込む。
男色ドライバーSummer2005
男色ディーノが"闘うビアガーデン2005"で披露した、タイツの中にカキ氷を投入してから放つ男色ドライバー。このシリーズでは相手に口移しでビールを飲ませたあと頭をシェイクし、相手を酔わせてから男色ドライバーを決める男色ドライバーSummer2005キリン一番絞り等も公開している。
男色ドライバaaaaahhhhh!!!!!
男色ディーノが見せたエル・ジェネリコのBrainbustaaaaahhhhh!!!!!を彷彿とさせるデンジャラスムーブ。まず相手と共にコーナーへよじ登ってコーナー上での攻防を制し、観客席の方に背中を向けながらトップロープに右足を、セカンドロープを固定する金具に左足をそれぞれ着地させる。そのあと前屈みになった相手の頭を自分のタイツの中へと押し込み、相手の胴体に両手を回して相手の体を垂直に近くなるまで抱え上げる。最後に足場から足を踏み外す感じで腰を落としつつ体を前傾させ、うつぶせの状態で落下させた相手の顔面をコーナー最上段のターンバックルに打ちつけさせる。
男色トルネード
男色ディーノが披露したスカイツイスタープレスと同型の技。
男色ナイトメア
学生プロレス時代には男色インターネットと呼ばれていた男色ディーノの得意技。仰向けになった相手の頭を跨ぐように立ち、タイツを脱いでTバック姿になったあと相手の顔の上でスクワットをする。タッグマットなどで不用意にカットに入ってしまうと攻撃を受けたディーノが寝ている相手の顔の上に座り込んでしまい、技を受けている選手が余計にダメージを被ることになる。
男色ベアハッグ
男色ディーノが使っている男色殺法の1つ。相手の体をフライングメイヤーの要領で投げ飛ばし、尻餅をついた相手に背後から抱きついて相手の体や股間をまさぐる。技を仕掛ける際に"死ね〜!"と絶叫するのがお約束。
男色ペディグリー
男色ディーノが使っている男色殺法の1つ。前屈みになった相手の頭を自分のタイツの中へと押し込み、相手の両腕をリバースフルネルソンの要領で固める。そのあと体を軽くジャンプさせて正座をする形でマットに着地し、その勢いで前のめりに倒れこんだ相手の頭部をマットへ打ちつける。
ダンジョンデイディバイス
ダブルインパクト
ダンジョンボム
テディ・ハートが使っているオリジナルムーブ。アクシズの要領で投げ捨てた相手の首の後ろに右腕を回し、そのまま尻餅をついて相手の顔面をマットに痛打させる。
ダンジョンロック
ハートロック
ダンシングツリー
ワールド女子プロレス・ディアナの井上京子が使っている変形のアミュレット。うつ伏せになった相手の足の方を向いた状態で相手の両腿の間に立ち、折り畳んだ相手の左足のつま先を自分の左足の内側に、相手の右足のつま先を右足の内側にそれぞれ引っ掛ける。そしてリズムに乗ってダンスを踊ったあと体を横方向に転がして背中をマットにつけ、両足を吊り上げられた状態になった相手の右腕を左手で、左腕を右手で掴んで体を絞り上げる。
ダンシングヤッホー
DRAGON GATEの斎藤了がデビュー当時から愛用しているオリジナルジャベ。まずうつ伏せになった相手の左腕をラ・マヒストラルの要領で絡めとり、マットに左膝をつくことで絡みついていた相手の左腕を自分の左足の間に挟み込む。続いて相手の右足を左脇に抱え込んで逆片エビ固め状に足を極め、更に相手の右腕を左手で掴んで持ち上げる。最後に相手の右腕を右手で掴み直して自分の体重を後ろにあずけ、相手の肩・腰・股などを複合的に痛めつける。旧名はサイクリングヤッホーで、"お台場毎日プロレス"ではモーニング娘。の安倍なつみが命名したあっちこっちナッチという名前を使用していた。
ダン・ディール
CZWやROHで活躍中のラッカスが使う変形のゴリーボム。ゴリースペシャルの要領で担ぎ上げた相手の左脇に背中の方から左腕を差し込み、左腕を相手の顎の下へと巻きつけて首を抱え込む。そのあと相手を背負ったまま自分の体を後ろへと倒し、落下させた相手の顔や胸をマットへと叩きつける。
ダンディエルボー
KAIENTAI-DOJOのダンディ拓也が使っているムーブ。相手を仰向けに倒したあとロープに跳んで軽く助走をつけ、相手の側まで戻ってきたところで勢いを殺し急停止する。そして右手を天に掲げて"スリー、ツー、ワン"と指折りしつつカウントダウンしたあと右手を前へと突き出し、親指を立てながら"ダンディー!"と絶叫して相手にエルボードロップを投下する。
タンデムツームストンパイルドライバー
PWGなどで活躍していたブランドン・カトラー&ダスティン・カトラーのタッグチーム、"カトラー・ブラザーズ"のコンビネーション。まずブランドンが相手の体をツーンストンパイルドライバーの要領で抱え上げ、ブランドンの正面にあるロープにダスティンが飛んで助走をつける。そのあと体をジャンプさせたダスティンが相手の胴体を両手で抱えて尻餅をつくように倒れ込み、それと同時にブランドンが両膝をついて相手の脳天をマットへ強かに打ち付ける。ダスティンがエプロンに移動してトップロープに両足で飛び乗り、スワンダイブで相手に飛びついて技を決めることもあった。
断頭台脚
新北京プロレスの銀角が使うバズソーキックの呼び名。
ダン肉バスター
アキバプロレスのダンボール肉マンが披露したF-5と同型の技。
タンブルウィード
ECWやプロレスリング・ノアなどで活躍したスコーピオが使っていた華麗な空中殺法。リングに背を向けた状態でコーナー最上段に登り、ロープを蹴ったあと体を横方向に180゜捻ってリングへジャンプする。そのあと空中で体を270゜前方回転させながら落下し、仰向けになった相手の首にギロチンドロップを叩き込む。
タンヤオ
MIKAMIが使う変則的な急所攻撃。相手に背中を向けた状態で相手の頭の側に立ち、体を270゜後方回転させるようにジャンプして相手の股間に自分の頭を叩きつける。モンキーフリップで投げ飛ばした相手に対し続けざまに決めることが多い。