.
出会い橋スーサイド
九州プロレスの中洲ヨースケが使っていたセントーン・アトミコの名称。
デアポートスロイダー
カール・ゴッチが前田日明に伝授した12種類のスープレックスの1つ。まず向かい合った相手の左腕を左手で掴み、相手の首を包み込む形で自分の両手をクラッチさせる。そのあと体を捻るようにブリッジさせて相手を後方に反り投げ、相手を背中のあたりからマットに叩きつける。相手を投げ捨てたあとも両手のクラッチを解かず、そのまま仰向けになった相手の首を反り上げると変形の肩固めであるトーチャロイドになる。
ティアドロップスープレックス
WWEのショーン・マイケルズが愛用していた足抱え式のスープレックス。まず相手の背後に回り込んで背中の方から相手の左脇に頭を差し込み、相手の正面に回した左手で相手の左腿を内腿の方から抱え込む。そのあと相手の両足の間に腿の裏の方から右手を差し込んで相手の左腿を抱えるように両手をクラッチし、体をブリッジさせて相手を後方に反り投げる。
デイアフタートゥモロー
プロレスリング・ノアで活躍したマイケル・モデスト&ドノバン・モーガンが愛用していた合体式のハイアングルスパインバスター。相手の右サイドに陣取ったモデストが相手の右脇を右手で、左サイドに陣取ったモーガンが相手の左脇を左手でそれぞれ抱え、モデストが相手の右腿を左手で、モーガンが相手の左腿を右手で掴む。そのあと相手の体を2人がかりのミリタリープレスで宙に抱え上げ、掴んでいた両足を下方向へと引っ張ることで相手の体に勢いをつける。最後に2人が腕を離して相手の体を前方へと投げ捨て、相手の後頭部や背中を豪快にマットへ叩きつける。
ディアブルジャンプ
PSYCHOが使っている変形のエアレイドクラッシュ。向かい合った相手に背中を向けるように体を捻って外腿の方から相手の右腿の裏に右手を回し、左手で掴んだ相手の左腕を自分のへそのあたりへと持っていく。続いて相手の右足を抱えた右手で相手の左手首を掴み直し、自由になった左腕を右首筋の方から相手の首の後ろへと回して相手の頭を抱え込む。最後に自分の体を右方向へ180゜捻るようにジャンプして背中からマットへ落下し、宙に浮き上がった相手の後頭部や背中をマットに叩きつける。
ディアブロアームバー
新日本プロレスなどで活動中のロッキー・ロメロが使う雪崩式飛びつき腕ひしぎ逆十字固めの名称。
ディアブロドライバー
九州プロレスなど活動中のディアブロが愛用しているライガーボムの名称。
ディアブロドライバー2
ディアブロが使うビルディングボムと同型の技。
ディアブロDDT
KAIENTAI-DOJOに参戦していたトミー・ディアブロの必殺技。形はフラットライナーと同型。
ディアマンテキック
パターダ・ラグネラ
ティアモ・マキシモ
CMLLのマキシモが使っているタモンズパワードと同型の技。
ディーバキラー
JWP女子プロレスやアイスリボンに登場したヘイリー・ヘイトレッドの必殺技。形はフィッシャーマンバスターと同型。
ディープインパクト (1)
金丸義信が得意としている飛びつき式のDDT。リングの方を向いた状態でコーナーのセカンドロープによじ登り、自分の方を向いて立っている相手に向かってジャンプする。そのあと相手の頭を左脇に抱え込んで背中からマットに倒れ込み、相手の頭をDDTの形でマットに打ちつける。
ディープインパクト (2)
WWEで活躍したランス・ストームがECWで愛用していたジャンピングパイルドライバーの名称。
ディープシィードロップ
デッドシィードロップ
ディープシィー・ダイバーティキュライティス
F-サンク
ディープシックス
WWE NXTのバロン・コービンが愛用するカウンター&旋回式のハリケーンクランチ。走ってきた相手に背を向けながら相手の背中に右腕を回し、更に相手の左腿の裏に左腕を回して相手の体を宙に抱え上げる。そのあと相手が走ってきた勢いを生かし、相手を抱え上げたまま自分の体を左方向に360゜回転させる。最後に自分の体だけを右方向に180゜捻って相手の腹部に左腕を引っ掛け、尚も回転する相手に体を浴びせかけるように倒れ込んで相手の背中をマットへと叩きつける。
ディープ"M"インパクト
DDTプロレスリングなどに参戦中のMIKAMIが披露した630゜と同型の技。名前は三冠馬のディープインパクトに由来する。
ディールブレイカー
WWEで活躍するブラッド・マドックスがWWE傘下のファーム団体で愛用していた旋回式の顎砕き。まず助走をつけて正面から相手に近づき、相手の左肩の上に右手を、背中に左手を回して大きくジャンプする。そのあと空中で体を旋回させながら相手の顎に自分の右肩を密着させ、マットに尻餅をつくように着地した衝撃で相手の顎に右肩をめり込ませる。
ディエギート
東京愚連隊のNOSAWA論外が愛用する丸め込み技。四つん這いになった相手の左腕をラ・マヒストラルの要領で股の間に挟み込み、相手の右脇に背中の方から右腕を引っ掛ける。そのあと自分の体を相手の右サイドの方へと転がす勢いで相手を仰向けにひっくり返し、自分は相手の両腕を極めたままマットに腹這いになって相手をフォールする。
テイオークラッチ
トルネードクラッチ
テイオーデスロック
KAIENTAI-DOJOなどに参戦中のMEN'Sテイオーが愛用するオリジナルサブミッション。相手の両足をインディアンデスロックの要領で固めたあと背中からマットに倒れ込み、相手の右膝を左足の裏で押さえつけて相手の足を痛めつける。
テイオーロック
MEN'Sテイオーが使っている羽根折り固めと同型の技。
テイオーロック2
MEN'Sテイオーが使うナガタロック3と同型の技。
ディキシードロップ
ECWで活躍したクリス・ハムリックが使っていたショットガンの名称。
ディキャピテーション
WWFで活躍していたアックス&スマッシュのタッグチーム、"デモリッションズ"が愛用したコンビネーション。アックスが相手の背中をペンデュラムバックブリーカーの要領で右腿の上に叩きつけ、腿の上に乗っかった相手を両手で押さえつけて相手の体を固定する。そのあとコーナー最上段に登ったスマッシュが捕らえられた相手に向かってジャンプし、相手の喉元のあたりにダイビングエルボードロップを叩き込む。
ディキャピテーター (1)
新日本プロレスで活躍中のジャイアント・バーナードが得意とするギロチン式のシーソーホイップ。仰向けになった相手の右足を左脇に、左足を右脇にそれぞれ抱え込み、引きずった相手の体をサードロープの下に移動させる。そのあとシーソーホイップの要領で相手の体を持ち上げ、相手の喉をサードロープに勢い良く打ちつける。
ディキャピテーター (2)
CZWで活躍したネイト・ヘイトリッドが愛用していたラリアットの名称。
低空ドロップキック
倒れている相手の顔面、立っている相手の膝などを狙撃する打点の低いドロップキック。膝を蹴るタイプは足へのサブミッションを仕掛ける布石として利用されることが多い。
低空ブレーンバスター
抱えた相手の体を垂直に持ち上げず、自分の体を素早くブリッジさせて相手を反り投げるタイプのブレーンバスター。通常のものより高速かつ低空で相手を叩きつけるのが特徴で、別名スナップスープレックス剃刀ブレーンバスターとも呼ばれる。
ディグダグドライバー
PWGなどで活動中のプレイヤー・ウノのフィニッシャー。まず向かい合った相手の右腕を右手で掴み、掴んだ腕を相手の股の前へと持っていく。続いて相手の両足の間に腿の裏の方から差し込んだ左手で相手の右手首を掴み直し、自由になった右手で前屈みになった相手の左肩を抱える。最後に相手の体を上下逆さまにする感じで持ち上げながら尻餅をつき、落下させた相手の体を自分の両足の間へと叩きつける。
テイクノープリズナー
WMFのソルジャーが使っていたオリジナルサブミッション。相手の両足をクロス式キャメルクラッチの要領で固め、相手の右腕を右手で、左腕を左手で掴んで両腕を相手の背中の方に折り畳む。そのあと背中の上に乗っかった相手の両腕を左足で踏みつけながら相手の顎をチンロックに捕らえ、自分の体を横倒しにして相手の首・背中・足などを複合的に痛めつける。
ディグリー・オブ・ディフィカルティー
ROHや新日本プロレスで活躍中のマット・ジャクソンが使っているムーブ。まず助走をつけて相手の背後にあるコーナーのトップロープに素早く飛び乗り、体を横方向に180゜捻ってリングの方へとジャンプする。そのあと空中で体を更に360゜前方回転させ、相手の頭上を飛び越えながら相手の頭を両手でキャッチする。最後に頭を抱えたまま相手の正面に尻餅をつく形で着地し、相手の顎をスタナーの形で自分の肩に打ちつける。
ディスカスクローズライン
WWEやWCWで活躍したダイヤモンド・ダラス・ペイジが使っていた横1回転式のクローズライン。自分の体をローリングエルボーの要領で回転させ、相手の首に右腕でラリアットを叩き込む。別名ローリングラリアットスピニングクローズラインとも呼ばれる。
ディスカスパンチ
ドリー・ファンクJr.が代表的な使い手として知られる打撃技。自分の体をローリングエルボーの要領で回転させ、相手の顔面に右拳でパンチを見舞う。
ディスカバリッチ
NEO女子プロレスの田村欣子が使っていた丸め込み技。まず相手の左斜め後ろに回り込んで肩を組むように相手の首の後ろに右腕を回し、持ち上げた右足を相手の左腿の付け根のあたりにフックさせる。そのあと相手の左膝の裏に左手を回して相手もろとも後ろへ倒れ込み、両肩がマットについた相手の頭と左足を抱え込むように両手をクラッチして相手から3カウントを奪う。
ディスコ
日高郁人&藤田ミノルが使う"48の合体殺人技"の1つ。まずコーナーの側に移動した日高がショルダーネックブリーカーを仕掛ける要領で相手と背中合わせになり、コーナー最上段に登った藤田が相手に向かってジャンプする。そして藤田が相手をダイビングボディープレスで押し潰すと同時に日高が背中から倒れ込み、相手の後頭部と背中を強かにマットへ叩きつける。藤田がスワンダイブ式のボディープレスで相手をプレスするとディスコ2に名前が変化する。
ディスティニークラッチ
東津軽クラッチ
ディスティニーハンマー
LLPW-Xの井上貴子が全日本女子プロレス時代から愛用しているムーブ。コーナー最上段に登ったあとリング上で前屈みになっている相手に向かってジャンプし、膝を突き出すように折り曲げた右足を相手の延髄目掛けて叩きつける。旧名はタカコ☆パニックで、通称ダイビング延髄ニーとも呼ばれる。
テイスト・オブ・ペイン
WWEのカート・ホーキンスが使っているスーサイドソリューション、もしくはクルーガーズ・エンドと同型の技。
ディスミサル
CHIKARAを主戦場にしているソルジャーアントの必殺技。形は旋回式スタナーと同型。
ディスロケーター
クリス・ヒーローが使っているオリジナルムーブの1つ。カナディアンバックブリーカーの要領で右肩に担ぎ上げた相手の右腕を左手で掴み、相手の胸の上へと持っていった相手の右腕を右手で掴み直す。そのあと自由になった左手で相手の右肩を押し上げながら開脚ジャンプし、360゜錐揉み回転しながら落下した相手の背中を自分の両足の間へと叩きつける。
ディセクレーター
ミスチフが愛用しているフィニッシングムーブ。右手で掴んだ相手の左腕を捻り上げながら相手と向かい合い、水平に伸ばした相手の左腕に上から自分の左足を引っ掛ける。そのあと前屈みになっている相手の首の後ろに左腕を回してマットに倒れ込み、その勢いで前のめりに倒した相手の顔面をマットへ打ちつける。
ティタニカ
CMLLのティタンが愛用しているオリジナルのティヘラ。まず体勢を低くした相手の体の上を飛び越えて両手をマットにつく形で着地し、両足を下ろさずにバランスをとってそのまま倒立へと移行する。そのあと腕の力を使って少し前へと進んで倒立を崩し、相手に背を向ける格好でマットに着地したところで間髪入れずに180゜後方回転するようにジャンプする。最後に再びマットに両手をつく形で着地して倒立しながら相手の首を両足で挟み込み、マットを両手で弾いた勢いで自分の体を大きく旋回させ相手の体を前方へと投げ飛ばす。
ティタニックス
ティタンが使っているパッケージホールド。ティタニカの要領で相手の首を両足で挟みこんだあと相手の右足を右手で、左足を左手でそれぞれ掴み、相手もろとも体を前方へと転がして両肩がマットについた相手の体を押さえ込む。
ディックキラー
KAIENTAI-DOJOのTAKAみちのくが使っている改良型ジャストフェースロック。まず相手の体をジャストフェースロックに捕らえ、右手で掴んだ相手の左腕を相手の顔面に巻きつける。続いて相手の背中を飛び越えるようにジャンプして相手の左サイドへと飛び移り、相手の左腕を両手で掴み直す。最後に相手の頭部と腕を極めたまま自分の体重を後ろにあずけ、相手の背中を強烈に反り上げてタップを奪う。名前が示す通りディック東郷との直接対決の為に用意された秘密兵器だったが、その前の気仙沼二郎戦で初公開となった。
ディックマグナム
ディック東郷が使っていたメキシカン・エースクラッシャーの名称。
ディテイン
DRAGON GATEのK-ness.が使っているクロスアーム式のゴリーボム。ピラミッドドライバーの要領で持ち上げた相手の体をカナディアンバックブリーカーの形で右肩に担ぎ、腕のクラッチを解いて相手の右腿を左手で、左腿を右手で抱え直す。そのあと相手の体を自分の背中の方に落下させながら尻餅をつき、うつぶせの状態になった相手の顔面をマットに叩きつける。
ディバイディングドライバー
吉田万里子が使っているツームストン型のSSD。ファルコンアローの要領で抱え上げた相手の背中に右手を、首の後ろに左手をそれぞれ回して正座をするように両膝を折り畳み、上下逆さまの状態で落下させた相手の頭部をマットへ打ちつける。
ディバインインターベンション
TNAで活躍したジョニー・ディバインのフィニッシャー。形はマネーメイカーと同型。
ディフェンサー
鈴木鼓太郎が愛用しているカウンタームーブ。雪崩式ブレーンバスターを仕掛られた際に空中で自分の体に捻りを加え、相手に体を浴びせかけるように落下して相手を背中からマットに叩き落とす。
ティヘラ
立っている相手の首を自分の両足で挟み込み、自分の体を振った勢いで相手を投げ飛ばす技の総称。メキシコマットで使われる基本中の基本ともいえるムーブであり、人工衛星ヘッドシザーズコルバタアストロシザーズなどその種類は多岐に渡る。
ティヘリータ
DRAGON GATEで結成された"ミレニアルズ"のメンバーであるEita、T-Hawk、U-Tが使っている連携殺法。まずコーナーに寄りかかった相手にダブルのショルダーアタックを見舞ったEitaとU-Tがそれぞれ場外へと移動し、続けて助走をつけたT-Hawkが相手の胸板にランニング式の逆水平チョップを打ち込む。そのあとT-Hawkが相手の体を反転させて相手を頭からコーナーセカンドロープのターンバックルに叩きつけ、ターンバックルに体をあずける格好になった相手の右足を右脇に、左足を左脇に抱え込んで相手の体を固定する。最後に場外に下りていたEitaとU-Tが場外に出ている相手の頭目掛けて助走をつけ、相手の頭を左右からのドロップキックで挟み撃ちにする。
ディボースコート
ナイジェル・マッギネスが使っていた腕殺し技。向かい合った相手の左腕を右手で掴み、掴んだ腕を相手の背中の方に折り曲げる。続いて相手の左脇に胸の方から左腕を差し込み、左手で相手の左手首を掴む。最後に相手の左足を左足で払って背中から倒れ込み、その勢いで前のめりに倒れ込んだ相手の左腕を衝撃で痛めつける。
ティラブソン
コブラツイスト
ディリオ
CZWで活躍したコリー・キャッスル&ナイルズ・ヤングのタッグチーム、"CKNY"のコンビネーション。キャッスルが対戦相手の1人をアンプリティアに捕らえ、ヤングがコーナー最上段から相手に向かってジャンプする。そしてそのまま相手の背中をダイビングボディープレスで押し潰し、同時にキャッスルが尻餅をついて相手の顔面を強かにマットへ叩きつける。
ディル・エマ
WWEのエマが愛用しているタランチュラと同型の技。
ティルトスラム
スコット・スタイナーがその存在を知らしめ、現在では多くの選手が使うようになったカウンタームーブ。ケブラドーラ・コン・ヒーロの要領で相手を抱え上げながら尻餅をつき、サイドバスターの形で相手をマットに叩きつける。
ディレーラー
WWEや新日本プロレスで活躍したジャイアント・バーナードのフィニッシングホールド。形はネックハンギングボムと同型で、この名前以外にもアルバートボム、ボルドーボム、A-トレインボムと複数の呼び名を付けられていた。
ディレクターズカット (1)
CZWで活躍したトレント・アシッド&ジョニー・カシミアのタッグチーム、"バックシートボーイズ"のコンビネーション。アシッドがコーナー上の相手をアシッドボムの要領で投げ捨て、カシミアが落下してきた相手の首をキャッチしてダイヤモンドカッターを叩き込む。カシミアが開いたラダーを持って待ち構え、落下してきた相手の首をラダーで挟みながらマットに叩きつけるとゲイターマウスになる。
ディレクターズカット (2)
ショックトリートメント
ティロ・フィナーレ
ガンバレ☆プロレスなどで活動中の安部行洋が愛用している拷問式のコブラクラッチクロスフェイス。うつ伏せになった相手の首と左腕をコブラクラッチに捕らえたあと相手の背中に折り曲げた自分の右膝をあてがい、相手の上半身を強烈に反り上げてギブアップを奪う。
ディンゴボンバー
WWFで活躍したアルティメット・ウォリアーが使っていたラリアットの名称。抗争相手だったハルク・ホーガンのアックスボンバーを意識したムーブである。
テーズ式パイルドライバー
ルー・テーズが愛用していた必殺技の1つ。前屈みになった相手の正面に回り込んで相手の胴体を抱えるように両手をクラッチし、相手の体を垂直になるまで抱え上げ一旦静止する。そのあと背筋を使って相手の体を更にリフトアップし、両腕のクラッチを切って相手の体をマット目掛けて投げ捨てる。別名はリバーススラム
デーモンズ・トイレット
CHIKARAなどで活動中のコバルドが使っているウーピークッションと同型の技。
デーモンボム
WWEで活躍したバティスタがリヴァイアサンとして活動していた頃から愛用していた必殺技。鍛え抜かれた芸術的な肉体から放たれるジャンピングパワーボムであり、別名バティスタボムと呼ばれていた。
デェラ・タカイガヤ
スポルティーバエンターテイメントのヒデ久保田が使っているエレクトリックチェアの名称。
溺遭
L.A.
テキーラサンライズ (1)
OZアカデミーの尾崎魔弓が愛用している難度の高いスープレックスホールド。まず相手の背後に自分の体を回り込ませ、相手の左脇に胸の方から左腕を差し込んで相手の左腕を左脇に抱える。続いて相手の右脇に背中の方から右腕を差し込んで相手の右手首を掴み、掴んだ右腕を相手の頭の後ろの方へと折り曲げる。最後に体をブリッジさせる勢いで相手を後方に反り投げ、肩口から相手をマットに叩きつけたあとブリッジを崩さずにフォールを奪う。
テキーラサンライズ (2)
AAAのコナンが愛用しているジャベの1つ。仰向けになった相手の右サイドに移動して相手の右腕を右手で掴み、持ち上げた相手の右腕の上に自分の右足を引っかけて足を相手の右脇のあたりに着地させる。続いて相手の体を左足で大きく跨いでマットに右膝をつき、その勢いでうつ伏せにひっくり返った相手の右腕を自分の右膝の間に挟み込む。最後に相手の右足首を右脇に抱え込み、逆片エビ固めのように相手の背中を反り上げてタップを奪う。
テキサスクローズライン
DDTプロレスリングの高木三四郎が使っている、右肘のサポーターをたくし上げてから放つクローズライン
テキサスクローバーホールド
テリー・ファンクやディーン・マレンコが愛用するサブミッション。仰向けになった相手の左足を右脇に抱え込み、左手で相手の右足を掴んで持ち上げる。続いて折り曲げた相手の右足を相手の左膝の裏にあてがって両足を4の字に固め、相手の両足の間に腿の裏の方から左腕を差し込む。最後にうつ伏せにひっくり返した相手の背中に跨って腰を落とし、相手の左腿の上で自分の両手をクラッチして相手の背中を反り上げる。テリーのニックネームから別名荒馬固めとも呼ばれるほか、海外ではテキサスクローバーリーフという名前が付けられている。
テキサスクローバーリーフ2K3
CZWで活躍したニック・バークが愛用していたクローバーリーフストレッチと同型の技。
テキサスコンドルキック
ダイビングダブルニーアタック
テキサススープレックス
テリー・ファンク&ドリー・ファンクJr.が得意とするダブルアームスープレックスの呼び名。
テキサスタワーボム
新日本プロレスで活動中のランス・アーチャーがランス・ホイットとして活動していたTNAで披露したムーブ。まず相手の背後に回り込んで腿の裏の方から相手の股の間に右腕を差し込み、相手の背中に左手を添える。続いて体を起こしながら相手の体を右方向へ180゜回転させ、高々とリフトアップした相手の背中から左手を離す。最後に左腕を横に大きく広げて前のめりに倒れ込み、急降下させた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
テキサストルネードスラム
ランス・アーチャーが愛用するF-5と同型の技。TNAでは相手を旋回させたあとに自分は前のめりに倒れ込んで技を決めていた。
テキサスバスター
宮本和志が使っているホイールバロウドライバー2と同型の技。
テキサスブルドーザー
相手をヘッドロックに捕らえたままリング内を歩き回る古典的な拷問技。相手の顔面をロープに擦りつけたりすることも多い。
テキサスブロンコバックブリーカー
NWAや日本プロレスで活躍したネルソン・ロイヤルが使っていたフィニッシャー。形はキャメルクラッチと同型で、ネルソンがこの技の元祖であるとも言われている。
テキサスマサカー
IWAジャパンに参戦していたレザーフェイスのフィニッシャー。形は雪崩式垂直落下ブレーンバスターと同型。
テクス・ティランティス
メキシコで使われる変形のサーフボードストレッチ。まず尻餅をついた相手の背後に回り込んで相手の右サイドに右足を置き、自分の股の間に正面から差し込んだ左手で相手の右腕を掴む。そして相手の右腕を自分の股の間に挟み込んだあと相手の左腕を両手で掴み、固めた相手の両腕を関節と逆方向に反り上げてタップを奪う。
デジャヴ
DRAGON GATEのドラゴン・キッドが愛用する2回転式のコルバタ。まず人工衛星ヘッドシザーズの要領で相手の首を両足で挟み込み、相手の左横を通り抜けるように体を旋回させて相手の背後へと回り込む。続いて相手の肩を両手で掴みながら首を挟んでいた両足を解き放ち、自分の下半身を右方向へと振って背中の方から相手の右脇の下を潜り抜ける。最後に再び相手の首を両足で挟み込んで掴んでいた肩から腕を離し、相手の首を軸にして自分の体を旋回させた勢いで相手をホイップする。デジャヴとは"既視感"という意味を持つフランス語である。
デス・イズ・ウェルカム
クリス・ヒーローが使うリフトアップ式のヒーローズウェルカム。リバースDDTの要領で相手の首を右脇に抱え込み、タイツを左手で掴んで相手の体をマットと水平の高さになるまで持ち上げる。そのあと体を左方向に180゜捻って背中からマットに倒れ込み、その勢いでうつ伏せにひっくり返った相手の体をダイヤモンドカッターの形でマットに叩きつける。
デスグリップ
DDTに登場したマイク・エンジェルスが使っていたストマッククローの名称。
デスクローク
プロレスリング・ノアで活動中の齋藤彰俊が愛用する必殺技の1つ。ロックボトムの要領で相手の体を抱え上げたあと自分は直立した状態で腕のクラッチを切り、チョークスラムのような感じで相手をマットへ投げ捨てる。旧名は裏落とし
デスコレクター
齋藤彰俊が使っているブラッククラッシュと同型の技。
テス・ショッカー
インパクト・レスリングのミス・テスマーカーが使っているC.T.B.と同型の技。技を仕掛ける際に自分は一緒に倒れ込まず、マット目掛けて相手を投げ捨てる感じで放つことも多い。
デススターDDT
CZWやROHで活躍したM-ドッグ20ことマット・クロスが愛用しているフィニッシングムーブ。コーナーからシューティングスタープレスの要領で跳躍したあと立っている相手の体に正面から飛びつき、相手の頭をDDTの形でマットに打ちつける。
デスセンテンス
TNAで結成されたクリス・ハリス&ジェームズ・ストームのタッグチーム、"アメリカズ・モースト・ウォンティッド"のコンビネーション。まずストームが相手をベアハッグに捕らえ、そのまま中腰状態になることで担ぎ上げた相手の背中を後ろに仰け反らせる。そのあとコーナー最上段からジャンプしたクリスが相手の喉元目掛けてダイビングギロチンドロップを叩き込み、それと同時にストームが腕を離して相手を後頭部からマットへ叩き落とす。
デスティーノ
新日本プロレスの内藤哲也が2015年のG1クライマックスで初公開した変形のアサイDDT。まず向かい合った相手の左腕を両手で掴んで相手の体を自分の方へと引き寄せ、相手の右脇の下を潜り抜けつつ相手の右腕に自分の右腕を引っ掛ける。そして相手の背後に体が回り込んだところで相手の右脇に背中の方から左腕を差し込み、その腕を相手の顎の下へと持って行って自分は360゜後方回転するように体をジャンプさせる。最後にそのまま相手の頭上を飛び越えて相手の背後に尻餅をつく形で着地し、その勢いで後ろに引き倒した相手の後頭部をリバースDDTの形でマットに叩きつける。名前は"運命"という意味を持つスペイン語から来ている。
テスティクラークロー
相手の股間を鷲掴みにして下腹部にダメージを与える拷問技。WWFで活躍したギャングリルの妻であるルナ・バッションが得意としていた技である。
テスティファイ
WWEのディーボン・ダッドリーが愛用しているムーブ。まずリングに背を向ける格好で相手をコーナー最上段に座らせ、相手と背中合わせになるように体を捻りながら相手の頭を両手で抱え込む。そのあと軽く助走をつけて前方へとジャンプし、コーナーから引きずり落とした相手の後頭部を強かにマットへ打ちつける。
テスト式パワーボム
WWEで活躍したテストが愛用していたフィニッシングホールド。相手の体をドクターボムの要領で抱え上げたあとマットに膝をつくように腰を落とし、落下させた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
テストドライブ
テストが使っていたロール・ザ・ダイスと同型の技。
デストルネード
プロレスリング・ノアで活動中の齋藤彰俊が使う変形のバックドロップ。相手の右脇に背中の方から頭を差し込み、相手の右手首を右手で掴む。そのあと相手の腰を両手で抱え込んで右方向に体を捻るようにブリッジし、後方に反り投げた相手を右肩口からマットに叩き落とす。
デストロイスープレックスホールド
新日本プロレスの四代目タイガーマスクが2009年1月の東京ドーム興行で初公開した新型のタイガースープレックス。まず相手の背後に回り込んで腿の裏の方から相手の股の間に左腕を差し込み、正面にある相手の左手首を左手で掴んで相手の腕の動きを封じる。そのあと相手の右脇に胸の方から右腕を差し込んで相手の右腕を右脇に抱え込み、自分の体をブリッジさせた勢いを利用して相手を後方へと反り投げ相手から3カウントを奪う。初公開時には名前が決定していなかった為、便宜上変形タイガースープレックスホールドと呼ばれていた。
デストロイブーツ
音楽活動と並行して名古屋を中心に活動しているプロレスラー、ノリ・ダ・ファンキー・シビレサスが使う低空式のビッグブーツ。相手をマットに寝転ばせたあとロープに飛んで助走をつけ、振り上げた右足の裏で相手の側頭部のあたりを豪快に蹴り飛ばす。
デス・ヌカドーラ (1)
東京愚連隊の竹村豪氏が使っているバータブレイカーと同型の技。
デス・ヌカドーラ (2)
CMLLのドラゴン・リーが使っている豪快なムーブ。まずどすこいDDTの要領で向かい合った相手の体を抱き上げつつ中腰状態になり、動きの止まった相手の首の後ろに右腕を回して相手の頭を抱え込む。そのあと背筋の力を使って相手をブレーンバスター気味に引っこ抜き、相手の両足が最高点に達したところで相手の体から両腕を放す。最後に上下逆さまの状態で落下してきた相手の腰を両手で抱え直しながら尻餅をつき、シットダウンパワーボムの形で相手の背中をマットに叩きつける。
デス・バイ・ロデリック
ROHなどで活動中のロデリック・ストロングが愛用する豪快なストマックバスター。まずファイヤーマンズキャリーの要領で相手を両肩の上に担ぎ、重量挙げをするような感じで相手の体を下からプッシュアップする。そのあと背中からマットに倒れ込みながら膝を突き出すように両足を折り畳み、うつ伏せの状態で落下してきた相手の腹部に突き立てた両足をめりこませる。
デスパニッシュ
プロレスリング・ノアで活動中の齋藤彰俊が使うデスシリーズの1つ。まず相手の背後に回り込んで相手の首の後ろに右腕を回し、右手で掴んだ相手の髪の毛を引っ張ることで相手の体を後ろに仰け反らせる。そして左手を天に向かって突き立てたあと自分の体だけを右方向に捻り、左腕で相手の喉元に打ち下ろすようなラリアットを叩き込む。
デスバレードライバー (1)
高岩竜一が奥の手として使っている必殺技。相手の体をファイヤーマンズキャリーの要領で両肩の上に担ぎ上げ、体を揺すって相手の上半身を自分の体の正面へと持ってくる。そのあと相手の腰を両手で抱え込みながら尻餅をつき、落下させた相手の頭部を自分の両腿の間へ打ちつける。
デスバレードライバー (2)
デスバレーボムの海外での呼称。"Death Volley Driver"の頭文字をとってDVDと呼ばれることも多い。
デスバレーボム
全日本女子プロレスやNEO女子プロレスで活躍した三田英津子が開発した世界的に有名なフィニッシャー。相手をファイヤーマンズキャリーの要領で肩に担ぎ上げたあと相手の頭がある方向に体を倒し、落下させた相手の後頭部や背中をマットへ叩きつける。使い手が非常に多くなってきた為、三田の使う一発は元祖デスバレーボムと呼ばれ差別化されていた。
デスフォール
新日本プロレスの真壁刀義が使っているウィドウメイカーと同型の技。
デスブランド
プロレスリング・ノアで活動中の齋藤彰俊が使っているSSDと同型の技。
デスブロー
クリス・ヒーローが愛用している相手の後頭部目掛けてのローリングエルボーショルダーネックブリーカーの要領で相手と背中合わせになった状態から自分の体を反転させて決めるなど、技への入り方は変幻自在である。
デス・フロム・アバブ (1)
CZWやROHで活躍したMドッグ-20ことマット・クロスが使うフェニックススプラッシュと同型の技。
デス・フロム・アバブ (2)
大阪プロレスに登場したマット・バーンズとアシュラムのタッグチーム、"フラットライナーズ"が見せたコンビネーション。コーナーの方を向いたバーンズがパワーボムの要領で相手の体を肩の高さまで担ぎ上げ、バーンズの正面にあるコーナーに登ったアシュラムが相手に向かってジャンプする。そのあとバーンズがリリースした相手の体にアシュラムが空中で飛びつき、アシュラムが相手の背中にラングブロアーの形で両膝をめり込ませる。
デスペナルティー (1)
矢郷良明やMIYAWAKIが使っているリバースDDTと同型の技。ブリティッシュフォールと同じようにボディスラムから仕掛けることが多い。
デスペナルティー (2)
WCWで活躍したブライアン・クラークが愛用していた肩固め式のロックボトム。スタンディングの肩固めに捕らえた相手の体を高々と抱え上げ、そのまま前のめりに倒れ込んで相手の背中を強かにマットへと叩きつける。
デスペナルティー2
MIYAWAKIが使っている垂直落下式リバースDDTとほぼ同型の技。
デス与座
プロレスリング・ノアで活動中の齋藤彰俊に琉球空手の使い手であるお笑い芸人、"ホームチーム"の与座嘉秋が伝授した打撃技。まず左半身を前に突き出した体勢をとり、右腕を自分の背中の方に隠す。そのあと体を捻って右フックを放ち、右人差し指の付け根で相手の顎や腹部を捕らえる。
デスラップボム
全日本女子プロレスやNEO女子プロレスで活躍した三田英津子が使っていたクロスアーム式デスバレーボム。向かい合った相手の右腕を左手で、左腕を右手でそれぞれ掴み、左腕が下に来る形で交差させた相手の両腕を相手の顎の下へと持って行く。そのあと相手の体をファイヤーマンズキャリーの要領で肩の上に担ぎ上げ、左半身からマットへ倒れ込んで相手の後頭部をマットへ叩きつける。相手の両手の動きを封じて受身を取れなくしている為、通常のデスバレーボムよりも破壊力は上である。
デスランディング
齋藤彰俊が使っている変形のバックドロップ。まず相手の左脇に背中の方から頭を潜り込ませ、相手の背中を右腕で抱え込む。そのあと腿の裏の方から相手の両足の間に差し込んだ左手で相手の左腿を抱え、自分の体をブリッジさせる勢いを利用して相手を後方に反り投げる。
デスレイクドライブ
CMLLなどで活動中の下田美馬が使用している雪崩式のタイガースープレックス。リングに背を向ける体勢でコーナー最上段に相手を座らせ、自分もリングに背を向けた状態でコーナーのセカンドロープに登る。そのあとコーナー上の相手をタイガースープレックスの要領でリングに放り投げ、相手の後頭部や背中をマットへ強かに叩きつける。
デスロール
プロレスリング・ノアの中嶋勝彦が愛用している改良型のR-15。相手の背後に回り込んだあと右足を軸にして体を右方向に捻り、相手と背中合わせになったところで両足を軽く折り曲げ反動をつける。そして両足で踏み切ってジャンプしたあと体を右方向へ更に捻り、振り上げた右足の踵で相手の後頭部を蹴り飛ばす。
哲ちゃんカッター
アパッチプロレス軍の黒田哲広が使用しているオリジナルホールド。リングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、自分はエプロンに移動してコーナー上の相手の首を両手で抱え込む。そのあと"This is!哲ちゃんカッター!"と絶叫して場外へと飛び降り、相手の喉をトップロープに勢い良く打ちつける。
哲ちゃんバスター
黒田哲広が使っている急角度のインプラントDDT
哲ちゃんレスラースープレックスホールド
黒田哲広が使うミストクラッシュと同型の技。
デッドエンド
本田多聞が愛用しているフィニッシングホールド。相手の腰を背後から両手で抱え込み、相手の体を軽く宙に持ち上げ一旦静止する。そして十分にタメを作ったところで体をブリッジさせ、豪快な投げっぱなしジャーマンスープレックスで相手を反り投げる。トップロープを掴んで技を耐える相手を無理やり引っこ抜くことが多く、コーナー最上段から雪崩式で放つとスーパーデッドエンドになる。
デッドシィードロップ
シャークボーイが使うダイヤモンドダストと同型の技。TNAではディープシィードロップと呼ばれていた。
デッドスノウ
SECRET BASEのヤマダマン・ポンドが使っているトランスレイヴと同型の技。
デッドネイター
TNTがDRAGON GATEで披露したアンプリティア系のムーブ。まず前屈みになった相手の正面に立って相手に背中を向けるように体を捻り、背中の方から相手の右脇に右腕を、左脇に左腕をそれぞれ引っかける。そのあと自分の体を軽く前方にジャンプさせて尻餅をつく形でマットに着地し、その勢いで前のめりに倒れ込んだ相手の顔面をマットへ痛打させる。
テッドバンディ
NWAワイルドサイドのアズラエルが使っていたフィニッシングムーブ。形はマウントモーガンドロップと同型。
デッドライン
プロレスリング・ノアなどで活動中のリッキー・マルビンが使っているリバースインプラントと同型の技。旧名は変形パイルドライバー
デッドリフトジャーマンスープレックス
関本大介、火野裕士、戸澤陽などが使うぶっこ抜き式ジャーマンスープレックスの海外での呼び名。うつぶせに倒れた相手の足の側に移動して相手の腰を両手で抱え込み、投げられまいと踏ん張る相手の体を無理やり宙に抱え上げる。そのあと体をブリッジさせて相手の体を強引に反り投げ、相手を肩口からマットに叩きつけたあともブリッジを崩さずそのまま3カウントを奪い去る。
デッドプレジデンツ
CZWで活躍したK・マーダ&K・プーシャのタッグチーム、"オールマネー・イズ・リーガル"のコンビネーション。マーダが対戦相手をリバースパワーボムの要領で抱え上げ、プーシャがコーナー最上段へ歩を進める。そのあとコーナー最上段からジャンプしたプーシャが相手の頭を両手で掴み、同時にマーダが尻餅をついて相手をXファクターの形でマットへ叩きつける。
デッドリードライブ
空中技を仕掛けようとする相手にカウンターで見舞う技。コーナー最上段に登った相手の攻撃をブロックして相手の体に両手を添え、相手の体をリングに向かって豪快に放り投げる。自分から技を喰らいにいくかのようにコーナーに登るのがWWEやWCWで活躍したリック・フレアーの定番ムーブである。
デッドレベル
マネードロップ
鉄膝
大阪プロレスのタイガースマスクが愛用している、うつぶせに倒れた相手の後頭部目掛けて叩き込むジャンピングニードロップの呼び名。同じ大阪プロレスのアルティメットスパイダーJr.は相手の後頭部目掛けてのジャンピングエルボードロップ鉄肘という名前で使っている。
鉄腕ヘブン&ヘル
新日本プロレスで活躍している中西学&ストロングマンのタッグチーム、"日墨マッスルオーケストラ"が愛用する合体殺法。ストロングマンが相手の喉元にラリアットを叩き込み、それと同時に中西が相手の片足をマッケンローで刈り取って相手を豪快に薙ぎ倒す。
テディベア
DDTプロレスリングの入江茂弘が愛用しているジャンピング式のヒップドロップ
デトネーションキック
TJPことT.J.パーキンスが使っているオーバーヘッドキック式のgo 2 sleep。ファイヤーマンズキャリーの要領で肩の上に担ぎ上げた相手の上半身を左手で下から押し上げ、持ち上げた相手の体を前方に向かって放り投げる。そのあと自分は背中からマットに倒れ込みながら左足を上方向に振り上げ、両足でマットに着地した相手の頭部を左足の甲で豪快に蹴り飛ばす。
デ☆ナーダ
闘龍門のチョコフレークK-ICHIが使っていた羽根折り固めと同型の技。
テネシージャム
ヒップホップドロップ
デヴィットエンド2
新日本プロレスのプリンス・デヴィットがかつて愛用していた変形のキャメルクラッチ。相手の左手足にセラヘーラの要領で自分の右足を引っ掛けて相手の首の後ろに右腕を回し、相手もろとも体を前転させて2人一緒にリングに寝転ぶ。そのあと相手の左手足を極めたまま自分の体を起こすことで相手の体をうつ伏せにひっくり返し、四つん這いになった相手の顎をチンロックに捕らえてギブアップを奪う。
デヴィットデストロイヤー
プリンス・デヴィットが愛用するオリジナルホールドの1つ。まずパワーボムで相手をマットに叩きつけ、背筋を使って相手の体を再度持ち上げる。そのあと相手の体をファイヤーマンズキャリーの形で肩の上に着地させ、相手の腹部にデス・バイ・ロデリックの要領で膝を突き刺す。
デビルズウイングス
CMLLのアベルノやメフィストが使っているリバースタイガードライバーと同型の技。
デビルマダムボム
ファイヤーバレー
デビルレイ
大原はじめがハッスル参戦時に開発した丸め込み技。まずトライアングルランサーの要領で相手の体をマットに転がし、相手が仰向けになったところで自分の体を左方向へと回転させる。そしてその勢いで相手の体にも同様の回転を加え、相手と共に円を描くようにリング内を転がる。最後に一定回数相手の体を転がしたところで回転を止め、エビ固め風に丸まった相手の左足に自分の右足をフックさせてフォールを奪う。プロレスリング・ノアに移籍した現在はムイ・ビエンクラッチという名前でこの技を使っている。
デビルロック
CMパンクがROHなどで活動していた頃に愛用していたサブミッション。仰向けになった相手の右サイドに移動して相手の右腕を右手で掴み、持ち上げた相手の右腕の上に自分の右足を引っかけて足を相手の右脇のあたりに着地させる。続いて相手の体を左足で大きく跨いでマットに右膝をつき、その勢いでうつ伏せにひっくり返った相手の右腕を自分の右膝の間に挟み込む。最後にうつ伏せになった相手の下半身をテキサスクローバーホールドの形で固め、自分の体重を後ろにあずけることで相手の足腰を痛めつける。
デビルロックDDT
CMパンクが使っていた腕極め式のDDT。左手で掴んだ相手の左腕を相手の背中でハンマーロックに固め、右手で掴んで持ち上げた相手の右腕を自分の首の後ろへと回す。続いて自分の体を左方向へと軽く捻って相手と向き合った状態になり、前屈みになった相手の首の後ろに右腕を、相手の右足の内側に右足をそれぞれ引っ掛ける。最後に相手の頭と左腕を抱えたまま背中からマットに倒れ込み、相手の頭部をDDTの形でマットに打ちつける。
手ブラツイスト
東京女子プロレスののの子が使っている得意技の1つ。コブラツイストを決めたあと両手の手のひらで自分の胸を覆い隠し、いわゆる手ブラの状態で相手の体を痛めつけていく。
テムズバリア
TNAやROHで活躍したデズモンド・ウルフことナイジェル・マッギネスが愛用していたサブミッション。仰向けになった相手の頭の方を向きながら相手の左サイドに移動し、両手で掴んで持ち上げた相手の左腕の上に自分の左足を引っかける。続いてマットに背中から倒れ込む勢いを利用して相手の上半身を引き起こし、尻餅をつく格好になった相手の首の後ろへ左足のつま先をフックさせる。最後に掴んでいた相手の左腕を直角になるように折り曲げ、肘を支点にして相手の左腕を背中の方へと折り曲げることで肘や肩の関節を痛めつける。
デメキンバスター
大阪プロレスのスペル・デメキンが愛用していたクロスレッグ式フィッシャーマンバスター。まず前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、右手で掴んで持ち上げた相手の左腕を自分の首の後ろに引っ掛ける。続いて外腿の方から相手の右腿の裏に右手を回して相手の右足を抱え込み、続けて相手の左膝の裏に外腿の方から右手を回すことで相手の両足を交差させる。最後に相手の体を垂直に持ち上げて背中から倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の体をマットへ叩きつける。
デモンドライバー
ジョニー・スタンボリがTNAでレリックと名乗っていた頃に使っていたジャックハマーの呼び名。
デモンドリラー
CMLLのメフィストが使っているリバースタイガードライバーと同型の技。
デュードバスター
2012年までWWEで活躍し、現在は新日本プロレスなどに参戦しているバレッタのフィニッシャー。形はインプラントと同型。
デュードバスターDDT
バレッタが使っているブルートルネードと同型の技。
デュプリボム
全日本プロレスなどで活動中のルネ・デュプリが使っているみちのくドライバー2の呼び名。
デュランダル
MIKAMIが愛用しているオリジナルのジョーブレイカー。向かい合った相手の頭の後ろに両手を回しながらジャンプし、膝を突き出すように折り畳んだ両足を相手の顔のあたりにあてがう。そのあと相手の頭を抱えたまま背中からマットに着地し、その衝撃で相手の顔や顎に突き立てた両膝をめり込ませる。パワーボムの切り返し技として使用されることも多い。
でらエンド
チームでらの高井憲吾が愛用している必殺技の1つ。相手の体をオクラホマスタンピードのような感じで右肩に担ぎ上げ、相手の胸を左手で下から押し上げた勢いで相手の体を仰向けにひっくり返す。そのあと相手の胴体に右腕を引っ掛けたまま前のめりに倒れ込み、落下させた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
デラックスボンバー
ZERO1で活躍した浪口修の必殺技。トルネードクローズラインの要領で相手の体を旋回させながら尻餅をつき、相手の背中を自分の左サイドへと叩きつける。
テラドライブ
プロレスリング・ノアのムシキングテリーが愛用している雪崩式のヒップトス。まずリングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、自分もコーナーに登って相手の左脇に胸の方から右腕を差し込む。そのあと相手と共にコーナーのトップロープの上に立ち、前屈みになった相手の後頭部を左手で上から押さえつける。最後に相手の体を270゜前方回転させるように巻き投げながらリングへとジャンプし、尻餅をつく形で着地すると同時に相手の背中をマットへ叩きつける。名称未確定時には雪崩式変形腰投げと呼ばれていた。
でらホフバスター
チームでらの高井憲吾が愛用している必殺技の1つ。まずリバースDDTの要領で相手の首を左脇に抱え込み、タイツを右手で掴んで相手の体を垂直になるまで抱え上げる。そのあと相手を抱えたまま右半身からマットへ倒れ込み、落下させた相手の背中を自分の右サイドへと叩きつける。
でらホフボム
高井憲吾が愛用している必殺技の1つ。形は天誅カラス落としと同型。
テラマエ485
田中稔が使っている変形のバックドロップ。まず相手の背後に自分の体を回り込ませ、相手の左脇に背中の方から頭を潜り込ませる。続いて相手の背中に右腕を回し、正面に回した左手で相手の左腿を内腿の方から抱え込む。最後に自分の体をブリッジさせる際に相手の体に270゜の後方回転さ加え、後方へ投げ飛ばした相手の体をうつ伏せの状態でマットへ叩きつける。
テララーニャ
プロレスリング・ノアの石森太二が使っているフィニッシングホールド。相手の体をラ・ロサの要領で抱え上げたあと背中からマットに倒れ込み、抱えていた相手の頭をDDTの形でマットに打ちつける。名称未確定時には変形DDTと呼ばれていた。
でらGaんmaスペシャル
でら名古屋プロレスに登場したでらGaんmaのフィニッシングムーブ。形はGammaが得意とするガンマスペシャルと同型で、技を仕掛ける前に決めるポーズまで忠実に模倣している。
テリードライバー
ジェネシス
デル・ソル・ドライバー
WWEのカリストがサムライ・デル・ソル時代に使っていたフェニックスプレックスホールドと同型の技。
Δドライブ
スポルティーバ・エンターテイメントの石田慎也が使うロール・ザ・ダイスと同型の技。名前は"デルタドライブ"と読み、プロレスリングHEAT-UPで"無宿"のSHINYA ISHIDAとして活動する際のフィニッシュに用いている。
デルフィンクラッチ
沖縄プロレスのスペル・デルフィンが愛用するフェイバリットホールド。仰向けになった相手の頭の側に立って相手の右腕を左手で、左腕を右手で掴み、右腕が上になるような形で掴んだ両腕を交差させる。続いて持ち上げた自分の右足を相手の左腕の上に引っ掛け、右足のつま先を相手の左首筋のあたりに絡めて両腕の動きを封じる。最後に右足を折り曲げながら相手の右足を右手で、左足を左手で掴んで持ち上げ、交差させた相手の両足を右手で抱えたあと余った左手を天に掲げて相手をフォールする。
デルフィンスペシャル0号
モンキースペシャル2号
デルフィンスペシャル1号
スペル・デルフィンが愛用している必殺技の1つ。ジャーマンスープレックスホールドを決めたあと両足でマットを蹴り、自分の下半身を上方向に大きく跳ね上げる。そしてそのままエビ固め風に丸まった相手の両腿の裏の上に跨る格好でマットに着地し、相手の体から腕を離しながら自分の体をブリッジさせて相手をフォールする。モンキーマジック・ワキタ時代の名称はモンキースペシャル1号
デルフィンスぺシャル2号
スペル・デルフィンが使うオリジナルスープレックス。ジャーマンスープレックスホールドを決めたあと両足でマットを蹴り、自分の下半身を上方向に大きく跳ね上げる。そして再び両足でマットに着地したあとエビ固め風に丸まった相手の体を引き起こし、追撃のタイガースープレックスホールドを決めて相手をフォールする。
デルフィンスペシャル3号
スペル・デルフィンが使っている改良型のデルフィンスペシャル1号。ロコモーションジャーマンを決めたあと両足でマットを蹴り、自分の下半身を上方向に大きく跳ね上げる。そしてそのままエビ固め風に丸まった相手の両腿の裏の上に跨る格好でマットに着地し、相手の体から腕を離しながら自分の体をブリッジさせて相手をフォールする。大阪プロレスで行われた"天王山2001決勝戦"で村浜武洋をこの技で下し見事に優勝を果たした。
デルフィン・ラナ1号
スペル・デルフィンが使うミステリオ・ラナの名称。
デルフィン・ラナ2号
スペル・デルフィンが使うライムライトと同型の技。
デルフィンリナッチ
OSAKA女子プロレスの山下りなが使う、スペル・デルフィン直伝のデルフィンクラッチ
天下無双
プロレスリング・ノアの力皇猛が使っていた喉輪落とし式の無双。まず向かい合った相手の喉を右手で鷲掴みにし、左手で掴んで持ち上げた相手の右腕を自分の首の後ろへと回す。続いて相手の背中の方に回した左手で相手の右腿を内側から抱え込み、相手の体を高々とリフトアップする。最後に相手に体を浴びせ掛けるように前のめりに倒れ込み、落下させた相手の背中を強かにマットへ叩きつける。
天狗キック
KAIENTAI-DOJOのSuperXが愛用していたスワンダイブ式ミサイルキックの名称。倒れた相手の頭部目掛けて低空式で見舞うことが多い。
テングドライバー
神風ドライバー
テングトルネード
神風トルネード
電光石火
新日本プロレスの棚橋弘至が時折披露する飛びつき式のスモールパッケージ。まず相手の攻撃をダッキングでかわすなどして上手く間合いをとり、助走をつけて相手に近づいて相手の首の後ろに左腕を、外腿の方から相手の左腿の裏に右腕を素早く回す。そのあと体を軽くジャンプさせて相手の右足を両足で挟み込みながらマットに倒れ、バランスを崩した相手の体を前方へと転がしてフォールを奪う。
天コジカッター
天山広吉&小島聡のタッグチーム、"天コジ"が使う3Dとほぼ同型の技。
デンジャーボム
W★INGやFMWで活躍した松永光弘が使っていたクロスアーム式のサンダーファイヤーパワーボム。まず相手の体をピラミッドドライバーの要領で持ち上げ、カナディアンバックブリーカーのように仰向けの状態で相手を右肩に担ぎ上げる。そのあと両膝を折り畳む形で倒れ込みながら相手を前方に滑り落とし、落下させた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
デンジャー246
カズ・ハヤシと近藤修司のタッグチーム、"チーム246"が開発したコンビネーション。リバースブレーンバスターを仕掛けるカズの背後に近藤が回り込み、カズが持ち上げた相手の体を近藤の右肩の上にうつ伏せの状態で着地させる。そのあと相手の首を抱えたカズが背中から、胴体を抱えた近藤が両膝からマットに倒れ込み、上下逆さまの状態になった相手の頭部をマットへ強かに打ちつける。
デンジャラスエクスプロイダー
DDTプロレスリングの石井慧介が使っている脳天直下型のエクスプロイダー。エクスプロイダーの要領で持ち上げた相手の体が垂直に近くなったところで背中からマットへ倒れ込み、急降下させた相手の頭部をマットへ強かに打ちつける。
デンジャラスジャッキー
井上京子&井上貴子の"W井上"が全日本女子プロレス時代から使っている連携殺法。コーナーに背を向けた京子が相手をカナディアンバックブリーカーで担ぎ上げ、コーナー最上段に登った貴子が持ち上げられた相手の喉を右手で鷲掴みにする。そして貴子がリングへジャンプすると同時に京子が尻餅をつき、相手を豪快にマットに叩きつける。
デンジャラスバスター
WWEで活躍したポール・バーチルが使っていた高速のジャックハマー
デンジャラスバックドロップ
"殺人医師"スティーブ・ウィリアムスが使っていた、相手を頭から真っ逆さまにマットに落とす危険極まりないバックドロップ。全日本プロレスでは殺人バックドロップと呼ばれていた。
天上玄藩
プロレスリング・ノアの平柳玄藩が使っている必殺技の1つ。走りこんできた相手の右脇を左手で、左脇を右手で掴んで相手の体を高々とリフトアップし、宙に浮き上がった相手の喉元目掛けて右腕で打ち下ろし気味のラリアットを叩き込む。
天翔十字鳳
新日本プロレスのタイチが使っているスーパーキックに付けられた呼び名。名前は漫画"北斗の拳"に登場するサウザーの奥義に由来しており、技を繰り出す直前にロングタイツを脱いでショートタイツ姿になる。
テンチ・クラッシュ
CHIKARAなどで活動していたグラン・アクマの得意技。形はGammaが使うフラッシュバックと同型。
天地雷鳴
大阪プロレスや京都プロレスで活動していたコンドルのフィニッシャー。リング中央付近で相手の動きを止めたあと自分はコーナーまで一旦後退して助走をつけ、体を起こした相手の顔面をスーパーケンカキックのように蹴り飛ばす。助走をつけるときに"アチョー!"という奇声を発するのが特徴であり、ゴーヤーマスクとして参戦していた沖縄プロレスでは58雷鳴と呼ばれていた。
天誅 (1)
IWAジャパンで活躍したザ・グレート・タケルが使っていたギロチンドロップ版のファイナルカット。まず相手の首をリバースDDTの要領で左脇に抱え、自分の体だけを左方向に90゜捻りながら左足を大きく振り上げる。そのあと相手の喉元に自分の左足をあてがい、右膝をつくように倒れ込んで相手の首に体重をあずける。最後にその勢いで後ろに倒れこんだ相手を背中からマットに叩きつけ、それと同時に相手の喉へ左足でギロチンドロップを叩き込む。旧名はオリエンタルカッター
天誅 (2)
新日本プロレスのYOSHI-HASHIが使っているイリーガルムーブ。凶器の如意棒を手にしてコーナー最上段から飛び降り、倒れている相手の体に如意棒を突き刺すように叩きつける。
天誅2
YOSHI-HASHIが愛用している如意棒を使ったヘッドクラッシャー。如意棒を手にしたまま相手の背後に回り込み、両手で掴んだ如意棒を相手の喉元に引っ掛ける。そのあと尻餅をつくように倒れ込みながら如意棒を引っ張り、後ろにひっくり返った相手の後頭部をマットに痛打させる。
天誅カラス落とし
橋誠が使っていた足抱え式の垂直落下式リバースDDT。相手の首をリバースDDTの要領で左脇に抱え込み、外腿の方から相手の右腿の裏に右手を回す。そのあと相手の体を垂直になるまで抱え上げて背中からマットに倒れ込み、落下させた相手の後頭部を強かにマットへ打ちつける。
天中殺 (1)
センダイガールズプロレスリングの里村明衣子がGAEA JAPANで披露したフィニッシングホールド。助走をつけて正面から相手に近づいて両膝を折り畳みながらジャンプし、相手の右肩の上に左足を、左肩の上に右足を乗せる形で相手に飛びつく。そのあと肘を下に突き出す格好で両腕を振り上げ、振り下ろした両肘を相手の脳天目掛けて叩きつける。
天中殺 (2)
新日本プロレスの天山広吉&中邑真輔が開発したコンビネーション。水車落としで相手を肩に担ぎ上げた天山がコーナーに背を向け、コーナーに登った中邑が抱えられた相手に向かってジャンプする。そのあと中邑が相手の首を左脇に抱え込むと同時に天山が後ろに倒れ、中邑が抱えた相手の頭をDDTの形でマットに突き刺す。
でんでんむし
アイスリボンのつくしが使っている丸め込み技の1つ。まず相手の背後に回り込んで相手と背中合わせになるように体を捻り、胸の方から相手の右脇に左腕を、左脇に右腕をそれぞれ差し込む。続いて自分の体を軽くジャンプさせて相手の胴体を背後から両足で挟み込み、両腕のフックを外しながら自分の体を前方回転させる。最後に体を回転させた勢いで後ろひっくり返った相手の右足を左手で、左足を右手で掴み、続けざまにジャックナイフホールドを決めて相手から3カウントを奪う。
電動こけし
新日本プロレスの田口隆祐が使っている技の1つ。技の形自体は本間が使う小こけしと一緒だが、倒れ込む直前に股間に手を当てながら体を小刻みに揺さぶる動きが追加されている。
デンプシーロール
ZERO-ONEに参戦していたジョシー・デンプシーのフィニッシングムーブ。左右の連側フックで相手を失神に追い込む。
天崩地裂
全日本プロレスの留学生である曹駿が使っていた必殺技。走りこんできた相手に決めるカウンター式のSTOである。
『展覧会の絵』より『小人』
ツトム・オースギ&ヘラクレス千賀のタッグチーム、"SPEED OF SOUNDS"が愛用するコンビネーション。まず相手の右サイドに陣取ったオースギが相手の右腿を左手で、左サイドに陣取った千賀が相手の左腿を右手で抱え、相手の体を高々とリフトアップする。続いて抱え上げた相手の首の後ろにオースギが右手を、千賀が左手をそれぞれ回し、空中で相手の体を180゜前方回転させる。最後に千賀が背中からマットに倒れ込むと同時にオースギが尻餅をつき、上下逆さまの状態で落下させた相手の体をオースギの両足の間に叩きつけてそのままオースギが相手を押さえ込む。マットに叩きつけた相手の体からオースギが腕を離し、相手の体を抱えた千賀がブリッジを効かせて相手をフォールすると呼び名がPICTURESに変化する。
天龍稲妻落とし
天龍プロジェクトの天龍源一郎がかつて使っていた危険度の高いムーブ。相手をフロントネックチャンスリードロップの要領で持ち上げたあと背中から倒れ込み、相手を顔面のあたりからマットに叩きつける。