.
とあるオタクのドロップキック
ガンバレ☆プロレスやSECRET BASEで活動中の安部行洋が使う強烈なドロップキックの呼び名。
ドイツ式蒼魔刀
ブシロードレスリングのシュヴァルツが披露した蒼魔刀と同型の技。
ドゥアトドライバー
CHIKARAで活躍中のオフィーディアンが使っているフィニッシングホールド。まずカサドーラの要領で相手の胴体に飛びつき、自分の体を素早く前屈させて相手の右足を右手で、左足を左手で抱え込む。そのあと抱えた両足を払いながら背中からマットに倒れ込み、バランスを崩して前のめりに倒れ込んだ相手の顔面をマットへ痛打させる。
トゥウィリーカッター
テディ・ハートが愛用しているオリジナルムーブ。前屈みになった相手の首の後ろにを左腕を回し、右手で掴んで持ち上げた相手の左腕を自分の首の後ろへ引っ掛ける。続いて相手の両足の間に正面から差し込んだ右手で相手の股を抱え、相手の体を上下逆さまにするような感じで持ち上げる。最後に抱え上げた相手の股から腕を離して相手の首を両手で抱え直し、うつぶせの状態で落下する相手の体をダイヤモンドカッターの形でマットに叩きつける。
トゥインクルスターロック
アイスリボンのつくしが使っているサブミッションの1つ。まずうつ伏せになった相手の上半身をキャメルクラッチの要領で抱え込み、相手の右首筋に自分の右足を、左首筋に左足を順々に巻きつけて相手の首を交差させた両足で挟み込む。そのあと相手の顎を両手で抱え直して自分の体重を後ろにあずけ、そのまま相手の頸部を痛めつけて相手をギブアップに追い込む。
トゥービーコンティニュード
プロレスリングWAVEの渋谷シュウが開発し、現在は後輩の夏すみれが受け継いでいる丸め込み技。四つんばいになった相手の左サイドに移動して胸の方から相手の左脇に自分の右足を引っかけ、自分の体を左方向に180゜捻る際に左足で相手の背中を跨ぐ。そしてそのまま相手の右脇腹の横に自分の左足を着地させ、四つん這いになった相手の足の方を向きながら相手の背中に跨った状態になる。最後に相手の腰を両手で抱えつつ自分の体を前転させ、その勢いで後ろにひっくり返った相手の体を押さえ込み3カウントを奪う。得意技であるタイムマシンに乗ってと技の入り方が同じため、相手を幻惑する効果も持ち合わせている。
トゥーマッチペイン
DDTプロレスリングの猪熊裕介が使っている複合関節技。仰向けになった相手の両足を監獄固めの要領で固め、引き起こした相手の上半身を羽根折り固めに捕らえる。
ドゥームズデイデバイス
ダブルインパクト
トゥエルブ・シックス
新日本プロレスの棚橋弘至が使うLSD3と同型の技。キャプチュード同様に相手が左足で放った蹴りを右腕でキャッチして技に移行することが多い。名付け親はタレントの重盛さと美で、"時計の12時の方向から6時の方向に急激に落としている"ように見えることがその名の由来。正式名称が決定するまでは変形キャプチュード、変形ファルコンアローなどと呼ばれていた。
トゥエルブス・ステップ
ドク・ギャローズが、WWEでキース・ハンソンと名乗っていた頃に使用し始めたフィニッシャー。向かい合った相手の右脇に左腕を、左脇に右腕をそれぞれ胸の方から差し込み、差し込んだ両手を相手の顎の下でクラッチさせる。そのあと中腰の状態になりながら相手の体を軽く宙へと抱え上げ、相手の右足を自分の左腿の上に、左足を右腿の上に着地させる。最後に体を軽くジャンプさせて両膝をつくように倒れ込み、前方へと落下させた相手の後頭部や背中をマットへ叩きつける。現在はギャローズ・ポールと呼ばれている。
東海道落とし
OZアカデミーやスターダムで活躍中の松本浩代が使っている変形のストマックバスター。アルゼンチンバックブリーカーの要領で両肩に担ぎ上げた相手の体を両手で下からプッシュアップし、空中でうつ伏せにひっくり返した相手の体を自分の正面へと落下させる。そのあと自分は左膝をマットにつくように腰を落とし、落ちてきた相手の腹部を立てた右腿の上に叩きつける。
東京ピンプス
新日本プロレスの高橋裕二郎が使っている13ドライバーと同型の技。正式名称が決定するまでは便宜上変形フェイスバスターと呼ばれていた。
東京ララバイ
東京愚連隊のNOSAWA論外&MAZADAが披露したビッグハイアーデモリッションと同型の技。
道険笑歩拳
大阪プロレスのスーパードルフィンが使っていた"元WBC世界スーパーフライ級王者"徳山昌守直伝の右ストレート。
同時一角蹴り
DRAGON GATEのCIMA&望月成晃が使っているコンビネーション。対角線上にある2つのコーナーにCIMAと望月が対戦相手をそれぞれ一角蹴りの要領でセッティングし、CIMAがセットした相手の方に向かって望月が、望月がセットした相手の方に向かってCIMAが走り出す。そのあと望月が相手の鳩尾に串刺し式の膝蹴りを見舞い、それと同時にCIMAがもう一方の相手に串刺し式のダブルニーアタックを叩き込む。
童子切
政宗が愛用している丸め込み技。雷切の要領で相手の右肩の上を跳び越えながら相手の右脇に胸の方から右腕を差し込み、マットに背中から着地したあと相手をアームドラッグで前方に巻き投げる。続いて相手の右脇に右腕を絡めたまま体を起こし、尻餅をつくような態勢になった相手の左腕を両足で背後から挟み込む。最後に相手の体を後ろに転がして両肩をマットにつけさせ、自分は相手の両腕を極めたまま腹這いになって相手を押さえ込む。
胴締めスリーパーホールド
スリーパーホールドを極めたあと背中からマットに倒れ込み、相手の胴体を自分の両足で挟み込んで首を締め上げるムーブ。通常のスリーパーにボディーシザーズの要素をミックスした拷問技だが、自分の両肩がマットについている為にカウントを取られてしまうことも。
胴締めドラゴンスリーパー
ボディーシザーズの要素をプラスした拷問式のドラゴンスリーパー。ドラゴンスリーパーホールドを極めたあと背中からマット倒れ込み、相手の胴体を自分の両足で挟み込んで首を締め上げていく。
胴締めチキンウイングスリーパー
華名が使うフィニッシャーであり、米国のSHIMMERではカナロックと呼ばれたサブミッション。まず相手の背後に回り込んで胸の方から相手の右脇に右腕を差し込み、左首筋の方から相手の顎の下に左腕を巻きつける。そのあと相手の上半身を極めたままマットへ倒れ込んで相手の胴体を両足で挟み込み、相手の頚動脈を圧迫してギブアップを奪う。WWEに移籍しリングネームをASUKAと改めた現在はアスカロックと呼び名を変えている。
胴田貫
プロレスリング・ノアの三沢光晴が使っていたエルボーバットのバリエーションの1つ。膝をついた相手の背後へと自分の体を回り込ませ、強烈なエルボーバットを相手の後頭部目掛けて叩き込む。
倒立式逆さ押さえ込み
WMFに参戦していた助清の得意技。逆さ押さえ込みの要領で相手の両肩をマットにつけさせ、自分は三点倒立をしながら相手をフォールする。
東林寺ドライバー
みちのくプロレスののはしたろうが愛用しているLSD3と同型の技。
トゥルーコンヴィクション
WWEで活躍中のR・トゥルースが使っているモアイ・オブ・イースターと同型の技。別名はハットラッククラック
トゥルースアックス
R・トゥルースが使っている錐揉み式のアックスキック。まず相手の腹部にトーキックを見舞って相手の体を前屈みにさせ、相手の左手にあるロープに跳んで助走をつける。そして相手の側まで戻って来たところで右足を大きく振り上げながらジャンプし、振り下ろした右足の脹脛を相手の後頭部へ叩きつけると同時に左足を上方向へ振り上げて足を相手の顎の下にフックさせる。最後に相手の頭を両足で挟み込んだまま自分の体を左方向へ錐揉み回転させ、その勢いで前のめりに倒れ込んだ相手の顔面をマットへ打ちつける。
トゥルース・オア・コンセクエンシズ
R・トゥルースことロン・キリングスがTNAで使っていたダイヤモンドカッターの呼び名。ケン・シャムロックからNWA世界ヘビー級王座を奪取した際の決め技でもあり、WWE復帰後は大阪御堂筋スタナーと同型のムーブをこの名称で使用している。
トーキック
相手の鳩尾につま先で蹴りを叩き込み、相手の体を前屈みにさせる打撃技。パワーボムやスタナーなどへ移行する際のお膳立てとして良く使われる。
トーキョーデンジャラス
カレーマンが得意とするムーブの1つ。相手の右脇に背中の方から頭を潜り込ませ、外腿の方から相手の右腿の裏に右手を、相手の首の後ろに左手をそれぞれ回して相手の体を宙に抱え上げる。そのあと相手の体を左方向に90゜水平旋回させながらマットに左膝をつき、落下させた相手の背中を立てた右腿の上へと叩きつける。
トータリー・シディスティック
ロンドンコーリング
トータルアナーキー
DRAGON GATE USAなどで活躍中のアリック・キャノンが使うフジヤマドライバーと同型の技。
トータルイリミネーション
ECWで活躍したペリー・サターン&ジョン・クローナスのタッグチーム、"イリミネーターズ"が愛用していた華麗なコンビネーション。相手の顔面にクローナスがニールキックを叩き込み、同時にサターンが相手の足を水面蹴りで背後から刈り取って相手を豪快に薙ぎ倒す。
トータルセクスタシー
IWSで活躍したセクシー・エディが使っている難易度の高いローリングセントーン。相手を仰向けに倒したあとリングに背を向けた状態でコーナーのトップロープを掴み、体をジャンプさせてサードロープに両足で跳び乗る。そのあとロープから腕を離して後ろに飛び退くようにジャンプし、空中で体を270゜前方回転させて相手にセントーンを叩き込む。
トータルダンジレンジャー
金村キンタローと非道がFMWで使っていたトータルイリミネーションと同型の技。
トータルパッケージホールド
東京愚連隊のNOSAWA論外が使っているスモールパッケージホールドに付けられた呼び名。
トータルペネトレーション
ECWのビッグディック・ダッドリーが使っていたネックハンギングボムと同型の技。
トーチャーデバイス
ダグ・ウィリアムスが使っているブロックロックと同型の技。
トーチャーラック
WWFやWCWで活躍したトータルパッケージことレックス・ルガーのフィニッシャー。形はアルゼンチンバックブリーカーと同型で、海外ではアルゼンチンバックブリーカーよりもこの名前の方がファンに浸透している。
トーチャーラックスラム
ECWで活躍したピットブル1号ことゲーリー・ウルフが使っていたビクトリアドライバーの名称。
トーチャーラックバックブリーカー
インパクト・レスリングのアビスが愛用する痛めつけ技。相手をアルゼンチンバックブリーカーで担ぎ上げたあとマットに尻餅をつき、着地の衝撃で相手の首や背中に痛みを走らせる。現在の名称はショックトリートメント
トーチャロイド
デアポートスロイダー
トーテムキラー
DRAGON GATEのEitaが使っているクイックゴリースペシャルボムとほぼ同型の技。
ドールB
スターダムの美闘陽子が使っている風香直伝のムーブ。形は風香が現役時代に得意としていたドールFと同型で、自身のイニシャルである"B"を名前に冠している。
ドールF
風香が愛用していたスクリューハイキックと同型の技。ハイキックを相手にダッキングでかわされたあと、体の回転を生かして続けざまに決めることが多かった。
トカレフ
DRAGON GATEのCIMAが使う華麗な打撃技。ツリー・オブ・ウォウの要領でコーナーに相手を逆さ吊りにしたあと自分は反対側のコーナーの側に移動し、リングの方を向いたままコーナーのセカンドロープ、更にはトップロープに足を乗せる。そしてそのままコーナーから伸びる1本のトップロープの上に両足で立って体を大きくジャンプさせ、相手の顔面にリング横断式のミサイルキックを叩き込む。最近はリングの方を向く格好でコーナーに座らせた相手にトラースキックを打ち込み、その衝撃で前屈みの状態になった相手の後頭部目掛けて技を放つことが多い。
どぎゃん返し
REINA女子プロレスの成宮真希が使っている丸め込み技の1つ。レインメーカーのように相手の腕を引っ張って相手の顔を自分の方に振り向かせ、相手の体を武者返しの要領で丸め込んで3カウントを奪う。
毒霧
口の中に特殊な液体を含み、それを相手の顔面に吹きつけることで視覚を奪う技。元々はザ・グレートカブキの十八番だったが現在では多くのヒール系レスラーが愛用しており、海外マットではミストと呼ばれている。
ドクターティース
ブライアン・ケンドリックが愛用している変形のココナッツクラッシュ。まず背中あわせになった相手の顎の下に右腕を回して首を抱え込み、左手を相手の頭に添えながら相手の体に左方向への捻りを加える。そのあと相手の頭を抱えたままマットに左膝をつき、正面にやってきた相手の顔面を立てた右腿の上に叩きつける。
ドクターボム (1)
全日本プロレスなどで活躍した"殺人医師"スティーブ・ウィリアムスが使っていたサイドスープレックスからのシットダウンパワーボム。まず向かい合った相手の左サイドに移動し、相手の腹部に右腕を、背中に左腕をそれぞれ回して胴体を抱え込むように両手をクラッチする。そのあと相手の体を仰向けにひっくり返す感じで持ち上げながら尻餅をつき、前方に落下させた相手の背中を自分の両足の間へ叩きつけてそのままピンフォールを奪う。海外ではガットレンチパワーボムと呼ばれている。
ドクターボム (2)
DRAGON GATEのDr.マッスルが披露したコンドルボムと同型の技。
特大オオキドプレス
浜亮太が使っているリバーススプラッシュの呼び名。
特大☆中西ジャーマン
新日本プロレスの中西学が使っている必殺技の1つ。まず相手の体をミリタリープレスで抱え上げてロープの側へと移動し、相手の体から両腕を離して相手の喉をトップロープへと打ちつけさせる。そのあと悶絶する相手の背中に素早く組みついて追撃のジャーマンスープレックスを放ち、そのままブリッジを効かせて相手から3カウントを奪う。2009年5月に行われた棚橋弘至とのIWGPヘビー級選手権試合でこの技を初公開し悲願であった同王座を手中に収めた。
ドクトルドライバー
カスティゴ・セルピカレス
毒針エルボー
アブドーラ・ザ・ブッチャーが使うエルボードロップの名称。助走をつけ、全体重を浴びせながら相手の胸板に肘を突き刺すのが特徴である。
吐愚露巻き
KAIENTAI-DOJOの石坂鉄平が愛用していたコークスクリューネックブリーカーと同型の技。旧名はサイレントボム
トグロ巻き
スポルティーバエンターテイメントの佐藤泰が使うサブミッション。まず相手の左腕を右手で掴んで腕を相手の顎の下へと巻きつけ、内腿の方から相手の左足に自分の右足を引っ掛ける。そのあと相手もろとも後ろに倒れ込んで相手の後頭部や背中をマットに叩きつけ、相手の左足に右足を絡めたまま上半身を起こして相手の首の後ろに左足の脹脛を引っ掛ける。最後に相手の首に巻きついていた相手の右腕を両手で掴み直し、掴んだ腕を引っ張ることで相手の首を締め上げる。
とぐろ巻き式ラリアット
蛇腕潰沈
トグロ巻きX
佐藤泰が使っている複合関節技。まずうつ伏せになった相手の両足をリバースインディアンデスロックの要領で固め、相手の右サイドの方へと自分の体を倒れ込ませる。そのあと相手の左腕を右手で抱え込んで自分の背中をマットにつけ、固めた両足を宙に吊り上げた状態で相手の体を痛めつける。
ドクロンムーンサルト
ハッスルに登場したドクロンZが見せたムーンサルトプレスの呼び名。
土下座式体固め
みちのくプロレスに登場したマスクド・ドデカミンのフィニッシャー。仰向けに倒れた相手の側で正座したあと相手の胸を両手で押さえつけ、レフェリーが3カウントを入れると同時に頭を下げて土下座をする。
トケ・デ・エスパルダス (1)
技巧派の選手が好んで使用するメキシコ式の丸め込み技。両手で掴んだ相手の左腕を捻り上げながら相手の左足の内側に自分の右足を正面からフックさせ、自分の右足と相手の左足の間にできた隙間に相手の左腕を挟み込む。そのあと相手の背中の方に回した右腕を相手の右脇に差し込み、相手の後頭部を左手で上から押さえつけて相手の体を前屈みにさせる。最後にそのまま前のめりに倒れ込むことで相手の両肩をマットにつけさせ、自分は腹這いになりながら丸まった相手をフォールする。トケ・デ・エスパルダスといえばこの形が一般的であるが、メキシコでは丸め込み技全般を指すネーミングとして使われることが多い。
トケ・デ・エスパルダス (2)
CMLLのルーシュが新日本プロレスで披露したロマンティッククラッチと同型の技。
トコジョーズ
ZERO1のKAMIKAZEが使っているグラウンドコブラの名称。
ド根性デスロック
プロレスリングHEAT-UPの近藤"ド根性"洋史が使うサソリ固めの呼び名。
戸澤塾基本技・爆鰤鳥賊
DRAGON GATEの岩佐拓が愛用しているムーブ。向かい合った相手の右脇に頭を潜り込ませ、相手の左肩の上に右腕を引っ掛ける。そのあとマットに左膝をつきながら相手を後ろに仰け反らせ、相手の背中を立てた右腿の上へと叩きつけ背骨に衝撃を与える。爆鰤烏賊とは"バックブリーカー"の当て字であり、相手の上半身をコブラクラッチハンマーロックに捕らえて仕掛ける場合も多い。
戸澤塾最終奥義・華厳
DRAGON GATEの岩佐拓が使う変形のフィッシャーマンバスター。まず前屈みになった相手の首の後ろに正面から左腕を回し、右手で掴んで持ち上げた相手の左腕を自分の首の後ろに引っ掛ける。続いて相手の左足を右手で掴んで持ち上げ、左足も自分の首の後ろへと引っかけて体を起こす。最後に足を数歩前に踏み出しながら体をジャンプさせて左半身からマットに倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の体をマットへ叩きつける。
戸澤塾最終奥義其ノ二・熨斗紙
岩佐拓が使っている逆さ押さえ込みの体勢から仕掛けるゴリーボム。まず逆さ押さえ込みの要領で捕らえた相手の体を背中に背負い上げ、相手の右足のつま先を自分の左腿に、左足のつま先を右腿にそれぞれ引っ掛ける。そのあと相手の両腕を抱えていた両手のフックを外し、相手の右足首を左手で、左足首を右手で掴み直す。最後に相手の体を押し潰すように自分の体を後ろへ倒し、うつぶせの状態で落下した相手の顔面をマットへ痛打させる。
戸澤塾最終奥義其ノ参・舞蹴○七
マイ☆ケ〜ル
戸澤塾最終奥義・熨斗紙・翼
岩佐拓が使っている裏バージョンの熨斗紙。まず相手の首をリバースDDTの要領で左脇に抱え込み、外腿の方から相手の右腿の裏に右手を回して足を掬い上げる。続いて自分は直立したまま相手の体を360゜後方回転させるように持ち上げ、自分の背後へとやってきた相手の右脇を右手で、左脇を左手で掴んで一旦静止する。最後に相手の右足を右手で、左足を左手で抱え直して相手の体を押し潰すように後ろへ倒れ込み、仰向けの状態で落下させた相手の後頭部や背中をマットへ痛打させる。空中で静止させた相手が翼を広げたような姿になることからこの名前が付けられた。
戸澤塾最終奥義・熨斗紙(幕引き)
岩佐拓が使っている改良型の熨斗紙。相手を戸澤塾最終奥義其の弐・熨斗紙の要領で背負い上げたあと両手のフックを外さずに後ろへ倒れ込み、急降下させた相手の顔や胸をマットへ痛打させる。通常の熨斗紙と違い相手は両腕の動きを封じられている為、受身がとれず不可避的にマットへ叩きつけられることになる。
戸澤塾秘伝・足印鑑
新井健一郎&岩佐拓が使っているコンビネーションの1つ。新井が雑技団式ヘッドバットの要領で岩佐の肩から飛び降り、仰向けになった相手の腹部に落差のあるダイビングフットスタンプを叩き込む。
戸澤塾秘伝・油風呂式体固め
DRAGON GATEの戸澤陽が戸澤塾時代に愛用していた押さえ込み技。仰向けに倒れた相手の胸の上で胡座をかきながら両腕を組み、そのまま相手から3カウントを奪う。元ネタは漫画"魁!!男塾"。
戸澤塾秘伝・鏡餅式体固め
戸澤塾の戸澤アキラ、岩佐拓、新井健一郎が披露した合体式の押さえ込み技。まず仰向けになった相手の右腕を岩佐が、左腕を戸澤がそれぞれ足に挟み込みながら胡座を組み、更に相手の右腕を岩佐が、左腕を戸澤が抱え込みながら腕組みをする。そのあと相手の胸の上に新井が油風呂式体固めの形で乗っかり、そのまま相手からフォールを奪う。
戸澤塾秘伝・巌鬼
戸澤陽が愛用しているオリジナルムーブ。まず相手の正面に助走をつけて近づき、相手の右肩に左手を、左肩に右手をついて体を高々とジャンプさせる。そのあと膝を突き出すように自分の両足を折り畳み、相手の頭部を両膝で挟み込む格好で相手の肩の上に飛び乗る。最後にそのまま体重をあずけることで相手を後ろに転倒させ、後頭部をマットに痛打した相手の上に跨りながら相手の右足を左脇に、左足を右脇に抱え込んでフォールを奪う。
戸澤塾秘伝・軌跡
岩佐拓がオープン・ザ・ドリームゲート王座挑戦前に披露した両足ロック式の逆さ押さえ込み。まず逆さ押さえ込みの要領で捕らえた相手の体を背中に背負い上げ、相手の右足のつま先を自分の左腿の外側に、左足のつま先を右腿の外側にそれぞれフックさせる。そのあと正座をするように両膝を折り畳みながら体を前傾させ、前方にスライドさせた相手の両肩をマットにつけてフォールを奪い去る。
戸澤塾秘伝・くびやま
新井健一郎が戸澤塾入塾後に使い始めた必殺技の1つ。形はツームストンパイルドライバーと同型で、その場でぐるぐると回転してから相手をマットに落とすことが多い。
戸澤塾秘伝・クロネコ
岩佐拓が使っている片足ロック式の逆さ押さえ込み。相手の背後に回り込んだあと相手の右足を右手で掴んで持ち上げ、体を右方向に捻って相手と背中合わせになる。そのあと掴んでいた相手の右足のつま先を自分の左腿の付け根に引っ掛け、背中の方から相手の右脇に左腕を、左脇に右腕をそれぞれ絡める。最後に正座をするように両膝を折り畳みながら体を前傾させ、前方にスライドさせた相手の両肩をマットにつけてフォールを奪う。
戸澤塾秘伝・豪腕
にのうであっぱぁ
戸澤塾秘伝・こきゅうやま
新井健一郎が戸澤塾入塾後に使い始めた必殺技の1つ。相手を仰向けに倒したあとエプロンに移動してトップロープを両手で掴み、体をジャンプさせてトップロープの上に両足で飛び乗る。そのあとロープを蹴った反動を使って高々とジャンプし、相手の腹部を落差のあるフットスタンプで踏みつける。
戸澤塾秘伝・こしやま
新井健一郎が戸澤塾入塾後に使い始めたテラドライブとほぼ同型の技。
戸澤塾秘伝・地獄車
岩佐拓が使うリストロック式のインプラントDDT。まず向かい合った相手の左腕を左手で掴み、前屈みになった相手の首の後ろに左腕を回して頭を抱え込む。更に相手の胸の方に回した右手で相手の左手首を掴み、相手の体をマットと水平の高さになるまで抱え上げる。最後に尻餅をつきながら相手の体を落下させ、うつ伏せになった相手の体を自分の左サイドへ叩きつける。その場で回転してから相手をマットに落とす旋回式の一発も得意としている。
戸澤塾秘伝・雀蜂
新井健一郎&岩佐拓が使っているコンビネーションの1つ。まず仰向けに倒れた相手に岩佐が背中を向け、岩佐が新井の腰を背後から両手で抱え込む。そのあと岩佐が投げっ放し式のジャーマンスープレックスで新井の体を後方に放り投げ、その勢いを生かして体を回転させた新井が相手の胸板にムーンサルトダブルニードロップを叩き込む。
戸澤塾秘伝・成人の儀式
雑技団式ヘッドバット
戸澤塾秘伝・脊髄損傷
岩佐拓が愛用する拷問サブミッション。まず相手の左足の内側に自分の右足を正面から引っかけ、相手の体をうつ伏せになるように押し倒す。続いて膝をついたあと相手の右足を両手で掴んで持ち上げ、相手の右アキレス腱の下に右腕を回して相手の足を右肩に担ぐような格好になる。最後に相手の上半身の方に体を倒すことで抱えていた右足を相手の頭の方まで持っていき、相手の背中を強烈に反り上げると同時に股を裂く。相手の足を引っぱる姿が弓を引く動作を彷彿とさせることから、別名戸澤塾秘伝・流鏑馬と呼ばれている。
戸澤塾秘伝・戸澤バックドロップホールド
戸澤陽が得意としている変形のバックドロップホールド。まず相手の背後に自分の体を回り込ませ、相手の右脇に胸の方から右腕を差し込んで相手の右腕を右脇に抱える。続いて相手の左脇に背中の方から頭を潜り込ませ、外腿の方から相手の左腿の裏に左手を回して足を抱え込む。最後に体をブリッジさせる勢いで相手を後方へと反り投げ、肩口から相手をマットに叩きつけたあとブリッジを崩さずにフォールを奪う。
戸澤塾秘伝・びっくりしたなぁもう
新井健一郎&岩佐拓が使っている合体技。まず新井をジャーマンスープレックスの体勢に捕らえた相手の背後に岩佐が回り込み、背中からマットに倒れ込んだ岩佐が膝を突き出すように両足を折り畳む。続いて不用意に体をブリッジさせた相手の背中に岩佐が突き立てた両足をめり込ませ、投げ飛ばされた新井が体を360゜後方回転させて両足でマットに着地する。最後に足の上に乗っかった相手の体を岩佐がボー・アンド・アローの要領で抱え、岩佐が捕らえた相手の腹部を新井がフットスタンプで踏みつける。
戸澤塾秘伝・フレー!フレー!戸澤
戸澤陽が戸澤塾時代に愛用していた空中殺法。コーナー最上段に登ったあとリングの方を向き直し、"フレー!フレー!と・ざ・わ!"と自分にエールを送る。そのあと自分の両腕を背中の方に回しながら体をジャンプさせ、仰向けになった相手にダイビングヘッドバットを叩き込む。時間のロスが大きい為ほとんどの場合技を避けられてしまう。
戸澤塾秘伝・流鏑馬
戸澤塾秘伝・脊髄損傷
トザワドライバー2007
戸澤陽がトザワと名乗っていた頃に使用していた垂直落下式ファルコンアローの名称。
戸澤の爪
戸澤陽が"KING OF GATE 2015"1回戦で鷹木信悟を相手に見せた、鷹木が使う鷹の爪と同型の技。
道産子ティヘラ
DRAGON GATEのスペル・シーサーが得意とする空中殺法。相手を場外に落したあと背後にあるロープに跳んで助走をつけ、体を側転させて場外に背を向けた状態で着地する。そのあとロープに寄りかかって自分の両腕をトップロープに絡め、上下逆さまの状態になりながら場外の方へと体を落下させる。最後に場外にいる相手の首を両足で挟み込み、ロープから腕を離してコルバタ風に相手をホイップする。
℃潰し
ボノちゃんプレス
十しま固め
KAIENTAI-DOJOの十嶋くにおが使っている回転十字固めの名称。
ドスカラスクラッチ
DRAGON GATEのCIMAが使うソラリーナの名称。
ドスカラススペシャル
SGPのウルトラマンロビンが使う複合関節技。まず仰向けになった相手の左足を相手の右膝の上に乗せて両足を4の字に固め、相手の左足首に自分の右足のつま先をフックさせて相手の両足の動きを封じる。そのあと相手の上半身を引き起こして尻餅をつかせた状態にし、相手の両肩をリバースフルネルソンで締め上げる。
どすこい貴リエ
井上貴子&玉田凛映がアルシオンで使っていたハイタイムと同型の技。
どすこいDDT
プロレスリング・ノアの力皇猛が使っていたベアハッグからのDDT。向かい合った相手の右脇に胸の方から頭を潜り込ませ、相手の背中に両腕を回して相手を軽く宙に抱え上げる。そしてそのまま自分は中腰の状態になり、相手の右腿の裏を自分の左腿の上に、左腿の裏を右腿の上にそれぞれ着地させて一旦静止する。最後に前屈みになった相手の首の後ろに右腕を回して頭を抱え込み、続けざまに後ろに倒れ込むことで相手の頭部をマットに打ちつける。
土星の輪固め
プロレスリング・ノアのタダスケが使っている羽根折り脇固めの呼び名。名前はこの技の代表的な使い手であるペリー・サターンの必殺技、リング・オブ・サターンに由来する。
特急DDT
道頓堀プロレスのラ・ピートが使っているフィニッシングホールド。ファイヤーマンズキャリーの要領で両肩の上に担いだ相手の体を下から押し上げ、相手の体が軽く宙に浮き上がったところで自分の体を右方向に90゜捻り視線を相手の足の方へと向ける。そのあとうつ伏せの状態で落下する相手の首の後ろに左手を回して自分は背中からマットに倒れ込み、抱えていた相手の頭をDDTの形でマットに突き刺す。一連の技の流れはF-5と似ているが、F-5と違い相手の体を横方向に動かす要素が存在しない。
ドッグパウンド
WWFやTNAで活躍したロードドッグことBGジェームスのフィニッシャー。形はパンプハンドルスラムと同型で、別名チャートバスターとも呼ばれていた。
ドッグボム
新日本プロレスなどで活躍した小原道由が使っていたジャンピングパワーボムの呼び名。
トップスピンフェイスバスター
グレゴリー・ヘルムズがWCWで得意としていたムーブ。ファイヤーマンズキャリーの要領で相手を肩に担ぎ上げ、自分の上半身を左方向に軽く捻って反動をつける。そのあと上半身を右方向に振りながら掴んでいた足を離し、その勢いで相手の体を右方向に180゜水平旋回させる。最後に相手を落下させながらマットに右膝をつき、相手の顔面を立てた左腿の上に叩きつける。
ドップラーエフェクト
ROHなどで活動中のジミー・レイヴが使っているトランスレイブと同型の技。
トップレスドライバー
チームでらのグラディウスが愛用する変形SODと同型の技。
どどん
新日本プロレスの田口隆祐がメキシコ武者修行後に使い始めたワッフルフェイスと同型の技。名前は田口が懇意にしている丼専門店"どどん"に由来する。
どどん・ジ・エンド
田口隆祐が使っている最上級のどどん系ムーブ。アルゼンチンバックブリーカーの要領で相手を肩に担ぎ上げ、相手の背中を下から押し上げた勢いを利用して相手の体を空中でうつ伏せにひっくり返す。そのあとうつ伏せの状態で落下する相手の方へと視線を向けて相手の右腿を右手で、左腿を左手で抱え込み、そのままマットに尻餅をついて相手の胸板や顔面を自分の両足の間へと叩きつける。ライバル関係にあったプリンス・デヴィットとの敗者追放マッチでこの技を初公開し、ライバル関係に終止符を打つこととなった。
どどんスズスロウン
ミラノコレクションA.T.がライバル関係にある"Apollo 55"の田口隆祐&プリンス・デヴィットとの戦いを通じて考案し、2009年の"BEST OF THE SUPER Jr."で初公開したオリジナルムーブ。タイガースープレックスのクラッチで捕獲した相手の体を宙へと抱え上げ、相手の腕を固めていた両腕のクラッチを切って自分の体を軽くジャンプさせる。そのあと背中からマットに倒れ込みながら膝を突き出すように両足を折り畳み、うつ伏せの状態で落下してきた相手の腹部に突き立てた両足をめり込ませる。その名が示す通り田口のどどんとデヴィットのプリンスズスロウンをミックスしたムーブであり、ミラノの引退後は田口がミラノ作・どどんスズスロウンという名前を冠してこの技を受け継いでいる。
どどん+プリンスズスロウン
ブラックホールバケーション
ドドンパ
スターダムの岩谷麻優が使っている逆打ちと同型の技。
トニー・ジャー
新日本プロレスのケニー・オメガが得意とする打撃技の1つ。相手をパイプ椅子に座らせたあと相手のはるか前方へと移動し、十分な助走をつけて体をジャンプさせる。そして空中で膝を突き出すように両足を折り畳みながら相手に飛びかかり、突き出した両膝を相手の顔面に叩き込んで相手を豪快に転倒させる。
トニードライバー
IWAミッドサウスや大日本プロレスなどで活躍した2タフ・トニーが使っていたアックスギロチンドライバーと同型の技。
舎人雷
みちのくプロレスなどで活動中の南野タケシ&卍丸のタッグチーム、"舎人一家"が使っている合体殺法。相手の背後に回り込んだ卍丸が相手の腰を両手で抱え込み、卍丸が捕らえた相手の喉元を南野が右手で鷲掴みにする。そのあと卍丸がジャーマンスープレックスで相手を後方に反り投げ、宙に浮いた相手の体を南野が喉輪落としの形でマットへ叩きつける。旧名は喉輪ジャーマン
跳後廻蹴
全日本プロレスの中島洋平が愛用しているR-15と同型の蹴り技。
飛び出し兄弟
新井健一郎&新井小一郎が闘龍門で使っていた連携殺法。対角線上にある2つのコーナーに2人がそれぞれ登り、仰向けに倒れた相手目掛けてダイビングヘッドバットを同時に放つ。
飛び出し注意
DRAGON GATEの新井健一郎が使うスワンダイブ式ダイビングヘッドバットの名称。
飛びつきコグマ式ヨシタニック
スターダムのコグマが使っていたコーナー最上段からの飛びつき式ヨシタニック。相手にダメージを与えたあと自分はコーナーの最上段へと歩を進め、コーナーの方に頭を向けた状態で体を起こそうとする相手に向かってジャンプする。そしてそのまま前屈みになった相手の背中の上に跨るように着地し、間髪入れずに自分の体を360゜前方回転させて相手を高速のヨシタニックでマットに叩きつける。
飛びつき式腕ひしぎ逆十字固め
関節技を主体とする選手が愛用している華麗なサブミッション。まず向かい合った相手の右腕を両手で掴み、逆上がりをするように体をジャンプさせて相手の首の後ろに左足のつま先を引っかける。そのあと体重をあずけることで相手の体を前方に転がし、背中をマットにつけた相手の右腕を腕ひしぎ逆十字固めに捕らえてタップを奪う。
飛びつき式前方回転エビ固め
カサドーラ
飛びつき式胴締め固め
KAIENTAI-DOJOのヒロ・トウナイが愛用している丸め込み技。助走をつけて近づいてきた相手の右肩の上に右腕を引っ掛けながらジャンプし、右足を相手の背中の方へ、左足を相手の腹部の方へとそれぞれ持って行って相手の胴体を両足でがっちりと挟み込む。そのあと相手の右腿の裏に左手を回して背中からマットへと倒れ、その勢いで前方に転がった相手の体を押さえつけて3カウントを奪い去る。
飛び膝蹴り
打撃技を主体とする選手が愛用しているムーブ。相手の正面でジャンプして膝を突き出すように片足を折り曲げ、相手の顎や顔面目掛けて勢い良く膝蹴りを叩き込む。
とぶばい
九州プロレスの筑前りょう太が使っている、マッドスプラッシュと同型のダイビングボディープレス。この名前になる以前はアートバープレス、ビッグスプラッシュなどと呼ばれていた。
トブラローネドライバー
CHIKARAなどで活躍中のアーレスが使うタイガードライバーの呼び名。
ドブレ・カバージョ
アルシオンで活躍したPIKO&PIKAが使っていたコンビネーション式のジャベ。まずうつ伏せになった対戦相手2人を足を向き合わせる格好で並べ、右側の選手の右足を左側の選手の左膝の上に、左側の選手の右足を右側の選手の左膝の上にそれぞれ乗せる。続いて右側の選手の右足を巻き込むように左側の選手の左足を、左側の選手の右足を巻き込むように右側の選手の左足を順々に折り曲げ、更に右側の選手の右足と左側の選手の右足を折り畳んで2人の右足のつま先同士をフックさせる。最後に足の動きを封じられて身動きの取れなくなった相手の背中にPIKOとPIKAがそれぞれ跨り、相手の上半身をキャメルクラッチに捕らえて対戦相手2人をまとめてタップさせる。
どぶろく
DDTプロレスリングのマサ高梨が使っているリンガルスと同型の丸め込み技。
トぺ・アトミコ
ルチャ系の選手が愛用するエアリアルムーブ。相手をロープの側に倒したあとエプロンへ移動してトップロープを掴み、トップロープの上を跳び越えるよう感じで体をジャンプさせる。そのあと体を垂直に保ったままロープから手を離し、相手の上に肩口から落下して相手をプレスする。相手をエプロンや場外に寝かせ、リング内から場外に向かって技を仕掛ける選手も多い。
トぺ・コン・ヒーロ
相手を場外に落としたあとロープに跳んで助走をつけ、相手を落とした場外の側にあるトップロープを両手で掴む。そのあとトップロープの上を跳び越えながら体を270゜前方回転させ、ロープから腕を離して場外にいる相手に背中から体当たりする。トップロープを掴まずに決めるノータッチ式、コーナーを駆け上がって決める三角跳び式、トップロープの上に両足で飛び乗ってから放つスワンダイブ式などその種類は多岐に渡る。
トぺ・スイシーダ
数多くの選手が愛用しているルチャリブレ発祥の空中殺法。相手を場外へ落としたあとロープに跳んで助走をつけ、両腕を前に伸ばしながら体がマットと水平になるようにジャンプする。そしてそのままセカンドロープとトップロープの間を通り抜け、場外にいる相手に肩口から体当たりをする。スイシーダとは"入水自殺"という意味のスペイン語である。
トぺ・デ・ボレゴ
ラヨ・デ・ハリスコJr.が使っている連続式のヘッドドロップ。仰向けに倒れた相手の右サイドへと移動して両手、両膝をマットにつくように倒れ込み、振り下ろした自分の頭を相手の胸板の辺りへと叩きつける。そのあとカエルのように何度も飛び跳ねながら上半身を上げ下げし、相手の体に繰り返し頭を叩きつけていく。
トぺ・デ・レベルサ
ラヨ・デ・ハリスコが考案し、現在でも数多くのレスラーが使っている背面式のボディーアタック。相手に背中を向けるようにジャンプして相手に背中から体当たりをするムーブであり、TAJIRIやウルティモ・ドラゴンが得意とする側転から続けざまに技を決めるタイプ、井上京子が使うセカンドロープに跳び乗って技を決めるタイプ、ラ・ケブラーダの要領でセカンドロープに飛び乗って場外にいる相手に技を決めるタイプとその種類は多岐に渡る。
トぺ・トビウオ
DRAGON GATEの堀口元気が使うノータッチ式のトぺ・コン・ヒーロ。空中で自分の両腕をトビウオの羽根のように広げるのが特徴である。
トぺ・モリモト
堀口元気が愛用するムーブ。助走をつけたあと相手の側で跳躍し、体を弓なりに反らせながら相手に体当たりする。相手に避けられて初めて完成という自爆技で、この技の名称に興味を持った俳優の森本レオが名前の由来である。
トマホークウェイブ
レシーボ
ど真ん中ボム
アルマゲドン
トマホークチョップ
WWEで活躍したタタンカが使っていた脳天唐竹割りの名称。
トミーノッカー
トミカゼ
トミーホーク
ECWやWWEで活躍したトミー・ドリーマーが愛用しているオリジナルムーブ。オクラホマスタンピードの要領で右肩に担ぎ上げた相手の右脇を右手で、左脇を左手で掴み、両腕を上方向へと伸ばすことで相手の体を高々とリフトアップする。そのあと脇から離した両腕で相手の首を抱え直し、相手の体をダイヤモンドカッターの形でマットに叩きつける。
トミーボンバー・フロム・ヘル
DDTプロレスリングの松永智充が使っているラリアットの名称。
トミカゼ
NWAやWWFで活躍したトミー・ロジャースのフィニッシャー。形はアンプリティアと同型で、別名シシリアンドロップトミーノッカーとも呼ばれていた。
ドミネイター
WWEで活躍したファルークことロン・シモンズのフィニッシングムーブ。まずカナディアンバックブリーカーの要領で相手を右肩に担ぎ上げ、掴んでいた上半身を下方向へと引っ張る。そしてその勢いで相手の体に180゜の後方回転を加え、回転する相手の体を自分の正面へと落下させる。最後に自分は直立したまま相手を抱えていた両手のクラッチを切り、豪快に投げ捨てた相手の体をうつ伏せの状態でマットへ叩きつける。
ドミネーション
大原はじめが使っているひろみバスターと同型の技。
トモキャッチ改
中川ともかが使うA2クラッチと同型の技。
トモレクラッチ
NEO女子プロレスの田村欣子が得意としていたパッケージホールド。尻餅をついた相手の左腕をラ・マヒストラルの要領で股の間に挟み込み、相手の右脇に胸の方から左腕を差し込んで背中からマットに倒れ込む。そしてその勢いで後ろに転がした相手の両肩をマットにつけさせ、相手の右手足を抱え込むように自分の両手をクラッチさせてフォールを奪う。
トモ☆ロック
斗猛矢が愛用するサブミッション。相手の下半身をサソリ固めの要領で固めたあと体を左方向に捻り、うつ伏せになった相手の背中に左膝を押しつける。更に持ち上げた相手の右腕を左脇に抱え込み、そのまま相手の体を絞り上げる。
どよまんスープレックス
みちのくプロレスのザ・グレートサスケが使っている変形のキャプチュード。向かい合った相手の右脇に頭を潜り込ませ、相手の右肩の上に左腕を引っ掛ける。そのあと外腿の方から相手の左腿の裏に右手を回して体をブリッジさせ、後方へ反り投げた相手の背中をマットヘ叩きつける。山形県で放送されている地域密着型のTV番組が名前の由来である。
トラースキック
ザ・グレートカブキが骨法から習得した打撃技。自分の体を左方向に傾けながら右足を相手に向かって突き出し、右足の裏で相手の喉元のあたりを勢い良く蹴り飛ばす。カウンター式に決まるとその威力は倍増する。
トライアングルアームロック
M's StyleのMicky☆ゆかが使っていた複合サブミッション。相手の右腕と首をトライアングルデヴィの要領で固めたあとマットに背中から着地し、相手の右腕をチキンウイングアームロックの形で固めて相手からギブアップを奪う。
トライアングルサブミッション
小川直也が得意とするオリジナルサブミッション。まずうつ伏せになった相手の足の方を向きながら相手の頭の側に立ち、正座をするように倒れ込んで相手の頭を両腿の間に挟み込む。そして相手の左足首を右脇に抱え込んだあと体を後ろに転がして背中をマットにつけ、その勢いで仰向けにひっくり返った相手の顎の下に両足を引っ掛けて相手の背中・首・左足を複合的に痛めつける。別名は三所締め
トライアングルスコーピオン
新日本プロレスの木村健悟が愛用していたサブミッション。仰向けになった相手の下半身をサソリ固めの要領で固め、相手の右足のつま先を自分の股の間に正面から引っかけて両足の動きを封じる。そのあと自分の体を捻った勢いで相手をうつ伏せに引っくり返し、自由になった両手でアピールしながら相手の足腰を痛めつける。
トライアングルデヴィ
LLPWやアルシオンで活躍した大向美智子が使っていた飛びつき式の三角締め。向かい合った相手の右腕を両手で掴み、両足を大きく広げるように体をジャンプさせる。そのあと相手の右腕と首を両足で挟み込んで背中からマットに着地し、両足に力を込めて中腰になった相手の頚動脈を圧迫する。
トライアングルランサー
新日本プロレスの井上亘が得意とするサブミッション。まず前屈みになった相手の左脇に胸の方から右腕を差し込み、相手の首の後ろに左足を引っ掛ける。続いて背中からマットに倒れ込む勢いで相手の体を前方へと転がし、相手の体が仰向けになったところで自分は左膝をつきながら上半身を起こす。最後に相手の左手首を両手で掴んで腕を絞り上げ、更に体重を掛けて相手の首を痛めつける。技を極めたあとダイヤル固めのようにリング内を転がり相手からフォールを奪うこともある。
ドライバー・ザ・ナニワ
みちのくプロレスなどで活躍した愚乱・浪花が使っていたみちのくドライバー2と同型の技。
ドライビングエルボー
フラッシングエルボー
トライフェクタ
イステリアスペシャル
ドライブ・オブ・ビートル
大阪プロレスの兜王ビートルが使っていたランニング式のSDA
ドライブスクリュー
新日本プロレスの永田裕志が2009年に公開したスイングネックブリーカードロップ系のムーブ。まず相手の体にブレーンバスターの要領で腕を絡め、マットと水平になるくらいの高さまで相手を抱え上げる。そのあと体を左方向へ180゜捻って自分は背中から倒れ込み、その勢いで仰向けにひっくり返った相手の後頭部や背中をマットへと叩きつける。
ドライブ・バイ
WWEのローマン・レインズが使っているフェイバリットホールド。場外に転落したあとエプロンに手をついて起き上がろうとする相手の側面に素早く回り込み、相手の頭部目掛けて加速を付けたドロップキックを叩き込む。リング内でサードロープに相手を凭れ掛からせてから仕掛けたり、リング内外にいる相手を2人まとめて蹴り飛ばしたりとパターンは多岐に渡る。
ドライブ・バイ・キック
TNAで活動中の"MVP"モンテル・ボンタビアス・ポーターが使うシャイニングケンカキックの名称。
ドライングゲット
アイスリボンの長野ドラミが開発したレッグロールクラッチ系のムーブ。まず仰向けになった相手の足の方に移動して相手と軽く距離をとり、助走をつけて相手の両足の間を走り抜けながら相手の右膝の裏に左足のつま先を、左膝の裏に右足をのつま先をそれぞれ内腿の方から引っ掛ける。そして相手の両足に自分の両足を絡めたまま相手の顔の上を飛び越えるようにジャンプし、マットに腹這い状態で着地したあとエビ固め風に丸まった相手の体を両足の力を使って押さえ込む。
ドラゴン・アンド・アロー
ウルティモ・ドラゴンが愛用しているジャベの1つ。まずうつ伏せになった相手の両足をリバースインディアンデスロックの要領で固め、相手の右腕を左手で、左腕を右手でそれぞれ掴む。そのあと掴んだ両腕を引っ張り上げることで相手を膝立ちの状態にさせ、マットに右膝をつきながら体を前傾させて相手の足・肩・背中などを複合的に痛めつける。
ドラゴンウィップ
ROHなどで活動中のシェルトン・ベンジャミンが愛用する打撃技。まず相手に対し右足でミドルキックを繰り出し、相手にその足を一旦キャッチさせる。そのあと相手が足を振り払う勢いを生かして自分の体を右方向に錐揉み回転させるようにジャンプし、振り上げた右足の踵で相手の頭にカウンターのニールキックを叩き込む。旧名はマネークリップ
ドラゴンウイング
ロウ・キーが使う羽根折り固めと同型の技。フロントネックロックの状態から後転して技に移行することが多い。
ドラゴンカッター
ウルティモ・ドラゴンがWWEで使っていた落石注意と同型の技。
ドラゴンキッカー
大日本プロレスの伊東竜二が愛用しているシグニチャームーブ。シャイニングウィザードの要領でジャンプしたあと振り上げた右足の甲で相手の左側頭部に蹴りを叩き込む。
ドラゴンクラッチ
ロウ・キーが愛用するドラゴンパンサーと同型の技。技が決まったあと背中の方から相手の左脇に左腕を差し込み、相手の左腕をハーフネルソンに固め直して体を締め上げることが多い。
ドラゴンクラブ
新日本プロレスの真壁刀義が一時期使っていた変形のテキサスクローバーリーフ。仰向けになった相手の右足を右手で、左足を左手でそれぞれ掴み、相手の右足首を自分の右脇に抱え込む。そのあと折り曲げた相手の左足を相手の右膝の上にあてがい、うつ伏せにひっくり返した相手の背中に跨って足腰を痛めつける。
龍蹴斗
プロレスリングBASARAの関根龍一が使っている打撃技。膝をついた相手の正面にあるロープに跳んで助走をつけ、相手の胸板に強烈なサッカーボールキックを叩き込む。名前は"ドラゴンシュート"と読むと思われる。
ドラゴンスープレックスホールド
カール・ゴッチが藤波辰爾や前田日明に伝授した世界的に有名なスープレックスホールド。まず相手の背後に回り込んで背中の方から相手の右脇に右腕を、左脇に左腕をそれぞれ差し込み、相手の首の後ろで自分の両手をクラッチする。そして体をブリッジさせる勢いで相手の体を後方に反り投げ、肩口から相手をマットに叩きつけたあとブリッジを崩さずにフォールを奪う。別名はフルネルソンスープレックスホールド飛龍原爆固め
ドラゴンスイング
新日本プロレスの棚橋弘至が遠征先のTNAで披露したオリジナルムーブ。まずドラゴンスリーパーの要領で相手の首を左脇に抱え込み、ジャイアントスイングのように体を回転させながら相手を持ち上げる。そのあと自分の体だけを左方向に捻って相手の喉元に右腕を引っ掛け、尻餅をつくと同時に相手の後頭部や背中を強かにマットへ叩きつける。
ドラゴンスクリュー
DRADITIONの藤波辰爾が4の字固めへの布石として開発した足殺し技。向かい合った相手の右足を右手で掴んで持ち上げ、持ち上げた足を左脇に抱え込む。そのあと体を左方向に錐揉み回転させながら相手の右膝の裏を右手で下からかち上げ、相手の右足にも同様の捻りを加えて膝の関節や靭帯を痛めつける。
ドラゴンスプラッシュ
大日本プロレスの伊東竜二が使うマッドスプラッシュと同型の技。コーナー上で屈伸状態から立ち上がる際に拳を握った両腕を大きく広げ、観客にアピールしてから技を仕掛けていく。
ドラゴンスリーパーホールド
藤波辰爾が愛用しているサブミッション。まず相手の背後に回り込んで相手の左脇に胸の方から左腕を差し込み、左首筋の方から相手の顎の下に右腕を巻きつける。そして相手の首を右脇に抱え込んだあと体重をかけて相手に尻餅をつかせ、自分の両手をクラッチして相手の首を締め上げる。
ドラゴンスリーパイ
東京女子プロレスののの子が使っている巨乳を用いたムーブの1つ。ドラゴンスリーパーホールドの要領で相手の上半身に腕を絡め、後ろに仰け反る格好になった相手の顔面を自分の両胸で上から押さえつけて相手をギブアップに追い込む。
ドラゴンズレイ
DRAGON GATEのドラゴン・キッドが使う高難度の丸め込み技。パサーダで放り投げられたあと相手の背後にあるコーナーのセカンドロープに上手く着地し、間髪入れずに後ろへ飛び退くようにジャンプして相手の頭の上を飛び越える。そして体を宙に浮かせたまま相手の首を両足で挟み込み、相手をウラカン・ラナ・インベルティダの要領で丸め込んでフォールを奪う。
ドラゴンスレイヤー
ドイツのwXwなどで活動中のトミー・エンドが使っているドラゴンパンサーとほぼ同型のムーブ。キャメルクラッチに捕らえた相手の顎にドラゴンスリーパーの要領で右腕を巻きつけたあと自分の左腕を背中の方へと持って行き、自分の右手首を左手で掴んで相手の首や腰を痛めつける。
ドラゴンツイスター
PWGなどで活動中のスーパードラゴンが使っているフェニックススプラッシュの名称。
ドラゴンドライバー
CMLLのドラゴン・リーが使うフェニックスプレックスホールドの呼び名。
ドラゴンバックブリーカー
DRADITIONの藤波辰爾がドラゴンスリーパーへのお膳立てに使用しているムーブ。バックドロップの要領で肩の高さまで相手を持ち上げたあとマットに右膝をつき、前方に落下させた相手の背中を立てた左腿の上に叩きつける。ビル・ロビンソンが使っていたワンハンドバックブリーカーがこの技の元祖である。
ドラゴンバレー
OZアカデミーの加藤園子が使っているファイヤーバレーとほぼ同型の技。相手を上下逆さまに抱え上げたあと自分の両手を相手の右肩甲骨の辺りで繋ぎ合わせ、相手の体をがっちりと抱えた状態でマットに落としていく点が特徴的。その為通常のファイヤーバレーと違い相手はマットに対して完全に垂直ではなく、やや斜めになった状態でマットに落とされることとなる。
ドラゴンパンサー
LLPWの風間ルミが愛用していたドラゴンスリーパーとキャメルクラッチの複合技。ドラゴンスリーパーに捕らえた相手の体をうつ伏せにひっくり返し、相手の背中に跨るように腰を落として相手の背中を弓なりになるまで反り上げる。
ドラゴンフライ
PWGやROHで活躍中のACHが愛用するフロッグスプラッシュの名称。
ドラゴンブリッジ
ウルティモ・ドラゴンがWWEで使っていた鎌固めの名称。
ドラゴンボム
全日本プロレスでカズ・ハヤシ&ジミー・ヤンが使っていた連携技。カズがコーナー上の相手をアイコノクラズムの要領で投げ飛ばし、相手の両足をキャッチしたヤンがパワーボムの形で相手をマットに叩きつける。
ドラゴン・ラナ
DRAGON GATEのドラゴン・キッドが切り札として使っているウルトラムーブ。コーナー最上段に登ったあと自分の方を向いて立っている相手に向かってジャンプし、空中で体を360゜前方回転させる。そのあと相手の首を正面から両足で挟み込み、間髪入れずに相手をウラカン・ラナ・インベルティダで丸め込む。
ドラゴンレボリューション
DDTで活躍中のケニー・オメガが使っているギャラクティカファントムと同型の技。
ドラゴンローリング
DRADITIONの藤波辰爾が新日本プロレスで愛用していた丸め込み技。相手に肩車の要領で飛びついたあと相手の首に自分の足を4の字に巻きつけ、相手の体を高角度前方回転エビ固めの要領で丸め込んでフォールを奪う。現在は新日本プロレスの棚橋弘至へと技が受け継がれている。
ドラゴンロケット
藤波辰爾が若手時代に愛用していた飛形が美しいトペ・スイシーダ。現在でも技を仕掛けようとすることは多々あるが、必ず相手のカットに合ってしまい不発に終わる。
ドラゴンRay
Rayが使っている胴締め式のドラゴンスリーパー。膝立ちになった相手の上半身をドラゴンスリーパーに捕らえたあと背中からマットに倒れ込み、相手の胴体を両足で挟み込んで相手の首や腰を痛めつける。
ドラスクホールド
プロレスリング・ノアの丸藤正道が見せた丸め込み技。相手の蹴り足を掴んでドラゴンスクリューを仕掛け、マットに倒れ込んだ相手の右足を左手で、左足を右手で抱えてジャックナイフホールドに移行する。
ドラダ式ウラカン・ラナ
CMLLのマスカラ・ドラダが使っている丸め込み技に新日本プロレスが付けた呼び名。ロープの側にいる相手の右肩に左手をついて体をジャンプさせ、リングに背を向けた状態でトップロープに両足で飛び乗る。そのあとトップロープに尻餅をつく形で着地して再び宙に舞い上がり、空中で体を360゜錐揉み回転させながら相手の正面に回り込んで相手をカサドーラの形で丸め込む。
ドラダ・スクリュードライバー
マスカラ・ドラダが新日本プロレス・レンタル移籍時に愛用していたハリケーンドライバーとほぼ同型の技。グラン・メタリックとして活躍中のWWEではメタリックドライバーと呼ばれている。
ドラッグスター
プロレスリング・ノアの小峠篤司が使う逆打ちと同型の技。
トラックストップ
DRAGON GATE USAなどで活躍中のブロディ・リーが使っているサンダーファイヤーパワーボムと同型の技。
ドラッグボム
DRAGON GATEのCIMAが愛用しているフェイスバスター系のムーブ。まず相手をパワーボムの要領で肩に担ぎ上げ、タイツを両手で掴んで相手の体を軽くリフトアップする。続いて相手の上半身を下方向へと引っ張った勢いで相手の体に270゜の後方回転を加え、回転する相手の体を自分の正面へと落下させる。最後に相手を抱えたままマットに尻餅をつき、うつ伏せの状態になった相手の体を自分の両足の間に叩きつける。ちなみに同型同名の技をCZWで活躍したリック・ブレードも使っていた。
トラップオーバー
全日本プロレスの青木篤志が使っているオリジナルサブミッション。まずうつ伏せになった相手の右サイドに移動して相手の右脇のあたりに左足を置き、相手の右腕を右手で掴みつつ自分の体を右方向へと軽く回転させる。そのあとマットに尻餅をついて自分の左腿の裏に絡みついた相手の右腕を左足で押さえつけ、相手の左腕を両手で掴みながら背中をマットにつけるように倒れ込む。最後に仰向けの状態になった相手の顎の下へ自分の右足を引っかけ、掴んでいた相手の左腕を一直線に引き伸ばして腕の靭帯を痛めつける。プロレスリング・ノア在籍時は特に名前が付けられず、変形腕ひしぎ逆十字固めという俗称で呼ばれていた。
とらドラ!スープレックス
ガンバレ☆プロレスなどで活躍中の安部行洋が使っているミストクラッシュと同型の技。
ドラドラアタック
アイスリボンの長野ドラミが使っている串刺し系の打撃技。相手をコーナーにハンマースルしたあと自分は対角線上にある反対側のコーナーへ移動し、"ドラドラドラドラ!"と絶叫して相手の方に走り出す。そして相手の側まで来たところで両足を大きく開くようにジャンプし、コーナーに寄りかかった相手の胴体を両足で挟み込む格好で相手に体当たりする。
ドラドラドライヴ
長野ドラミが愛用する必殺技の1つ。相手を肩車の要領で肩に担ぎ上げたあと助走をつけ、一定の距離を進んだところで後ろに倒れ込んで相手の後頭部や背中をマットに叩きつける。
トラブル・イン・パラダイス
WWEのコフィ・キングストンが使っているスクリューハイキックの名称。旧名はジャマイカンバズソークールランニング
トラブルクラッチ
我闘雲舞のさくらえみが愛用しているサブミッション。相手の右腕をコナンが使うテキーラサンライズの要領で右足の間に挟み込み、更に相手の左足首を左脇に抱えて逆片エビ固め風に背中を反り上げる。
トランキライザー
DDTやSPWFで活躍した西野湧喜が使っていた自分の向きが前後逆になるサソリ固め。仰向けになった相手の右足を右手で、左足を左手で掴んで持ち上げ、相手の足の間に正面から右足を差し込む。続いて折り曲げた相手の右足を相手の左膝の裏に重ねることで両足を4の字に固め、相手の右足を挟み込むような感じで相手の左足を折り畳む。最後にうつ伏せに引っくり返した相手の左足首をアンクルロックの形で絞り上げ、更に相手の体に体重をかけて背中を反り上げる。
ドランクドラゴンスリーパー
チームでらの高井憲吾が使っているドラゴンスリーパーホールドの呼び名。名前はお笑いコンビ"ドランクドラゴン"の塚地武雅に顔が似ていることに由来する。
ドランケンドライバー
ソブライティードライバー
トランザム★リクライナー
プロレスリングBASARAで活躍中のトランザム★ヒロシが使うスタイナーリクライナーと同型の技
トランスレイヴ
プロレスリング・ノアのHi69が使用している打撃技。尻餅をついた相手の正面へと回り込んで助走をつけ、勢い良く振り抜いた右足で相手の顔面に強烈な膝蹴りを叩き込む。
トランプ
佐々木健介が全日本プロレスで開催された"チャンピオンカーニバル'06に"切り札として投入した技。アメフトの3点ポジションの体勢から助走をつけ、相手の顎をかち上げるようにエルボースマッシュを叩き込む。
ドリート
CMLLのミスティコが使うロッキーフェイスボトムの呼び名。
トリープフリューゲル
アイスリボンで活動中の声優プロレスラー、清水愛が使うブルートルネードと同型の技。
ドリーマードライバー
ECWやWWEで活躍したトミー・ドリーマーが使っているデスバレーボムの呼び名。
ドリームキャスト
新日本プロレスのプリンス・デヴィットが使っているスクリューハイキックの名称。
ドリームキャッチ
ZERO1で活躍した浪口修が使っているオリジナルパッケージ。まずエプロンに移動してトップロープを両手で掴み、トップロープの上に両足で飛び乗って体をジャンプさせる。そしてそのまま自分の方を向いて立っている相手の頭を飛び越え、相手を飛びつき式の前方回転エビ固めで丸め込む。
ドリームクラッシャー
WWEのテッド・デビアスJr.が父親の得意技に独自の改良を加え開発したムーブ。相手の体をミリオンダラーバスターでマットに叩きつけたあと体を横方向に転がし、うつ伏せにひっくり返った相手の腰に跨って背中を反り上げる。
ドリームシアター
ECWやTNAで活躍したフリオ・ディネーロが使っていたアシッドドロップと同型の技。
ドリームシークエンス
CZWを中心に活躍していたトレント・アシッド&ジョニー・カシミアのタッグチーム、"バックシートボーイズ"のリズミカルなコンビネーション。カシミアがスパインバスターで抱え上げた相手にロープに飛んだアシッドがフライングネックブリーカードロップを見舞い、マットに叩きつけた相手の体をカシミアが逆エビ固めで捕獲する。そのあと再度ロープに飛んだアシッドが相手の後頭部にギロチンドロップを落とし、カシミアがコミックアトミックを相手に極める。最後にアシッドがロープの間を往復して助走をつけ、カシミアが捕らえた相手の顔面目掛けて低空ドロップキックを叩き込む。
ドリームストリート
WWEのテッド・デビアスJr.が愛用しているフィニッシングホールド。まず相手の上半身をコブラクラッチに捕らえ、相手の体を軽く宙へと抱え上げる。そのあと右手で掴んでいた相手の左腕を解き放ちながら自分の体を右方向に180゜捻り、そのまま前のめりに倒れ込んで相手の体をロックボトムの形でマットに叩きつける。
ドリームボム
大日本プロレスなどで活躍した茂木正淑が使っているオリジナルムーブ。まずリングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、自分はリングに背中を向けた状態でコーナーのセカンドロープに登る。そのあとコーナー上の相手をパワーボムのような形で肩に担ぎ上げ、体を左方向に捻りながらジャンプをして相手を背中からマットに叩き落とす。
トリガーエフェクト
WWEのエヴァン・ボーンがマット・サイダルと名乗っていた頃に使っていたウィドウズピークの名称。
鳥かご
我闘雲舞の「ことり」が使っている必殺技の1つ。相手を卍固めに捕らえたあと技を極めたまま自分の体を前転させ、相手もろともマットへと倒れ込む。そして相手の両肩がマットについたところで回転を止め、もがく相手の左腕を両足で挟み込んでそのまま3カウントを奪う。
鳥兜
プロレスリングBASARAの木高イサミが使うキークラッシャー'99と同型の技。
ドリカン・ニー・サレンダー
神取スペシャル・パート4
トリップ・トゥー・グレースランド
TNAで活躍していたホルヘ・エストラーダの得意技。形はカミカゼと同型。
トリップ・トゥー・ダイヤモンドマイン
WCWやWWEで活躍したダイヤモンド・ダラス・ペイジのフェイバリットホールド。形はターザン後藤が使っているフェイスバスターと同型。
トリトドライバー
オリエンタルが大阪プロレスで披露したフィニッシャー。ロッキーフェイスボトムの要領で相手の肩に飛び乗ったあと相手の首を両足で挟み込み、相手をウラカン・ラナ・インベルティダで丸め込む。
トリプルサイクロン
夏樹☆たいようが使うダイヤル固めと同型の技。
トリプルジョパディー
大阪プロレスで結成されたヒールユニット、"FLUXxx"のメンバーだったGamma&ツバサ&ブラックバファローが使っていた連携殺法。まずバファローが相手の体をバファロードライバーでマットに叩きつけ、Gammaがコーナー最上段からのダイビングヘッドバットを続けざまに相手に叩き込む。そのあとコーナーに登ったツバサが追い撃ちとなるフロッグスプラッシュを放ち、そのまま相手を押さえ込んで3カウントを奪い去る。
トリプルステップムーンサルト
サブゥーが愛用しているオリジナルのエアリアルムーブ。相手を仰向けに倒したあと椅子をロープの側に設置し、椅子を踏み台にして体をジャンプさせる。そのあとトップロープの上に両足で飛び乗り、反動を使って相手にムーンサルトプレスを叩き込む。
トリプルストライク
ロウ・キーが使う打撃技。膝をついた相手の胸板にミドルキックを2発叩き込み、気合を入れたあと相手のこめかみ目掛けて止めの蹴りを叩き込む。
トリプルたいようちゃん☆ラ・マヒストラル
夏樹☆たいようが使っているダイヤル固め式のラ・マヒストラル。四つん這いになった相手の体をラ・マヒストラルのクラッチに捕らえ、自分の体を3度前転させて円を描くようにリング内を転がる。そのあと相手の両肩がマットについたところで回転を止め、そのまま相手の体を押さえ込んでフォールを奪う。
トリプルバイパス
テディ・ハートが愛用しているクロスファイアと同型の技。
ドリル・ア・ホール・パイルドライバー
パイルドライバー
ドリンク固め
REINA女子プロレスの成宮真希が使う丸め込み技の1つ。向かい合った相手の右脇に胸の方から右腕を差し込み、マットに倒れ込む勢いを利用して相手を前方に巻き投げる。そのあと仰向けになった相手の右腕を引っ張り上げることで相手の上半身を引き起こし、相手の背中の方へと持っていった両足で相手の左腕を挟み込む。最後に相手の体を後ろにひっくり返して両肩をマットにつけさせ、自分は相手の両腕を極めたまま腹這いになって相手から3カウントを奪う。
トルコ刈り式監獄固め
マサ斉藤が使っていた相手をうつぶせにした状態から仕掛ける監獄固め。うつ伏せになった相手の左サイドに腰を下ろして相手の左足首を右手で掴み、相手の右腿の横に左手をついて相手の左足を持ち上げる。そのあと相手を仰向けにひっくり返しながら自分の左足を相手の両腿の間に正面から差し込み、自分の左足を巻き込むように折り曲げた相手の右足を相手の左膝の上に乗せる。最後に相手の右脹脛を自分の左膝で、相手の左脹脛を自分の右膝で挟み込んで正座をするようにマットに両膝をつき、相手の右足首を自分の右腿、もしくは両手を使って上から押さえつけて相手の左膝の関節を痛めつける。
トルナド
メキシコで使われている腕極め式のコブラツイスト。まず向かい合った相手の左腕を右手で掴んで捻り上げ、相手の右横を通り抜けて背後に体を回り込ませる。そのあと相手の右脇に背中の方から左腕を差し込み、相手の左足に左足を引っ掛けて体を絞り上げる。
トルナド・デ・アカプルコ
大阪プロレスを中心に活動中のツバサが使うエアリアルムーブ。コーナー最上段に登ったあとリングの方を向き直し、コーナーを蹴って270゜前方回転するようにジャンプする。そして更に回転途中で体を左方向へ180゜錐揉み回転させ、仰向けになった相手をボディープレスしてフォールを奪う。DRAGON GATEの神田裕之もこの技を奥の手として使用している。
トルナド・デ・サンファン
DDTプロレスリングの大石真翔が若手時代に愛用していた飛びつき式のビクトル式膝十字固め。まず助走をつけて相手に正面から近づき、体を右方向に捻るようにジャンプをして相手の体に飛びつく。続いて相手の首の後ろに肩を組む感じで左腕を回し、更に相手の右腿を自分の両足で挟み込む。最後に体を前方回転させて相手をマットに転がし、背中をマットにつけた相手の右足を両手で掴んで膝十字固めに移行する。
トルニージョ
CMLLのミステル・アギラが日本で初公開した空中殺法。相手を場外に落としたあとトップロープを両手で掴み、ロープを跳び越えるような感じで自分の体をジャンプさせる。そしてロープから腕を離したあと空中で体を錐揉み回転させ、場外にいる相手に体全体で体当たりする。コーナー最上段から放たれる錐揉み式のプレス技を総称する呼び名でもあり、こちらのタイプはエクトール・ガルサが名手として名高い。
トルニージョ・アルト
KAIENTAI-DOJOで活躍していたPABLOの必殺技。形はライオンサルトと同型。
トルニージョ・デ・フェーゴ
新日本プロレスに登場したフェーゴが公開した丸め込み技。コーナー最上段へ登ったあとリングの方を向き直し、体を右方向に360゜錐揉み回転させるようにジャンプする。続いて相手の右脇に自分の左腕を胸の方から絡みつかせ、マットに背中から着地すると同時に相手の体をアームドラッグ気味に巻き投げる。最後に自分の体を前方にブリッジさせて背中をマットにつけた相手の上に覆いかぶさり、相手の左足を右手で、頭を左手で抱え込んでフォールを奪う。
トルネーダー
SGPのウルトラマンロビンが使っている雪崩式のサイドスープレックス。まずリングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、自分はリングに背を向けたまま相手を乗せたコーナーのセカンドロープによじ登る。そのあとコーナー上の相手の体をサイドスープレックスの要領で反り投げ、相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
トルネードアームブリーカー
アリーベデルチ
トルネードカッター
新日本プロレスの垣原賢人が開発した改良型のカッキーカッター。相手の上半身をコブラクラッチに固めたあと一旦クラッチを解き、掴んでいた右腕を引っぱることで相手を自分の方に振り向かせる。そのあと相手の体をカッキーカッターの要領で押し倒し、相手の後頭部をマットに痛打させる。ゲームなどではカッキーカッター改と呼ばれている。
トルネードクラッチ
大日本プロレスのMEN'Sテイオーが得意とする丸め込み技。まず向かい合った相手の右腕を左脇に抱え込み、体勢を低くして相手の懐に体を潜り込ませる。続いて相手の右腿を右手で内側から掬い上げて相手をファイヤーマンズキャリーのクラッチで抱えた格好になり、マットに尻餅をつくように倒れ込みながら相手の体を前方に転がす。最後に自分の体を前方にブリッジさせて背中をマットにつけた相手に覆い被さり、腕のクラッチを離さずそのまま相手の体を押さえ込んでフォールを奪う。別名テイオークラッチとも呼ばれ、フルネルソンに捕らえた相手を自分の方に振り向かせながら技に移行することが多い。
トルネードクラッチ改
DDTプロレスリングの大石真翔が愛用する改良型のトルネードクラッチ。走ってきた相手の懐に潜り込んだあとファイヤーマンズキャリーの要領で相手の体を抱え、自分の体に右方向への捻りを180゜加える。そしてその勢いで仰向けにひっくり返った相手を背中からマットに叩きつけ、腕のクラッチを離さずにそのまま相手の体を押さえ込んでフォールを奪う。
トルネードクローズライン
新日本プロレスに登場したGREAT MUTAの必殺技。まずオクラホマスタンピードの要領で右肩に担ぎ上げた相手の背中に右腕を回し、相手の喉元に左腕を引っ掛けて首を抱え込む。続いて上半身を右方向に軽く捻って反動をつけ、上半身を左方向に振ると同時に背中を抱えていた右手を離す。最後に抱えた首を支点にして相手の体を振り子のように左方向へと旋回させ、ロックボトムの形で相手をマットに叩きつける。
トルネードジャーマン
プロレスリング・ノアの中嶋勝彦が佐々木健介のトルネードボムからヒントを得て開発した足抱え式の原爆固め。まず相手の背後に回り込んで相手の腰に左腕を引っ掛け、外腿の方から相手の右腿の裏に右手を回す。そのあと相手のへそのあたりで自分の両手をクラッチして体をブリッジさせ、後方に反り投げた相手を肩口からマットに叩きつけてフォールを奪う。
トルネードスタープレス
全日本女子プロレスのバイソン木村がメキシコで使っていたラウンディングボディープレスの名称。
トルネードスタンプ
空牙が使っているトルネードクローズラインと同型の技。
トルネードスプラッシュ
京都プロレスなどで活動中の2代目マッハ隼人が使うトルナド・デ・アカプルコと同型の技。
トルネードタニック
DRAGON GATEのスペル・シーサーが使っている横回転式のヨシタニック。まずヨシタニックの要領で相手の背中に馬乗りになり、体を左方向へと軽く振って反動をつける。続いて自分の上半身を右方向へと素早く捻り、その勢いを利用して両足で挟み込んでいた相手の胴体を上下逆さまにひっくり返す。最後に相手の胴体を足で挟んだまま尻餅をつく形でマットに着地し、宙に浮き上がった相手を背中からマットに叩きつけそのままフォールを奪う。
トルネードテキサス
CMLLのエル・テハノJr.が愛用する牛殺しと同型の技。
トルネードプレックス
AJスタイルズ&トラヴィス・トムコがTNAで使っていたオ・ルボワールと同型の技。
トルネードボム
DIAMOND RINGの佐々木健介が使う豪快な必殺技。まず向かい合った相手の右足を左手で掴んで持ち上げ、外腿の方から相手の右腿の裏に右腕を回して相手の右足を自分の右肩の上に乗せる。そのあと相手の背中に左手を添えて体を起こし、リフトアップした相手の体を前方に勢い良く投げ捨てる。
トルネードA
アルシオンで活躍したnoki-Aのフィニッシングホールド。相手に正面から近づいて左足を突き出すように体をジャンプさせ、突き出した左足を相手の左脇に引っ掛けて足を相手に掴ませる。そのあと左足を軸にして自分の体を右方向に錐揉み回転させ、大きく振り上げた右足の踵で相手の右側頭部にニールキック気味の打撃を叩き込む。マスクを脱いで素顔のAKINOとなったあともフィニッシュとして愛用し続けている。
トルネード6
スポルティーバエンターテイメントのミスター6号が使う華麗なサブミッション。デジャヴの要領で相手の体の周りを旋回したあとトルベジーノを仕掛け、そこから腕固めへと移行して相手をギブアップに追い込む。名前の読み方は"トルネードロック"。
ドルフィンマジック
大阪プロレスのスーパードルフィンが使っていたコーナーを用いずに仕掛ける不知火。相手の首を不知火の要領で抱え込んだあと目の前にあるロープに向かって走り、右足をセカンドロープへ、左足をトップロープへそれぞれ乗せる。そしてロープを足蹴にした勢いで自分の体を270゜後方回転させ、両膝から着地すると同時に後ろに引き倒した相手の後頭部をマットへ叩きつける。
トルベジーノ
DRAGON GATEの吉野正人が得意とする空中殺法。人工衛星ヘッドシザーズの要領で相手の首を足で挟み込んだあと体を旋回させ、相手の左腕を空中で脇固めに捕らえながら相手の首を挟んでいた両足のロックを外す。そのあとマットに尻餅をつくように倒れこんだ勢いで相手の体を前のめりに倒し、マットに着地した衝撃で抱えていた相手の左腕を痛めつける。
トルベジーノ十字固め
吉野正人が愛用している丸め込み技。相手の体をトルベジーノでマットに叩きつけ、うつぶせになった相手をスインギングクルシフィックスの要領で丸め込み3カウントを奪い去る。別名は変形横十字固め
トルペド・スプラッシュ
CMLLのストゥーカJr.が使うまっすぐとぶばいと同型の技。
トルペド・プランチャ
ストゥーカJr.が使っている空中殺法。場外に転落させた相手の側にあるコーナーの最上段によじ登り、リングの方を向きながら両手を腿の横へと持っていってきをつけの姿勢をとる。そのあと姿勢を崩さずに体をジャンプさせて視線を場外の方へと向けるように体を捻り、そのまま場外にいる相手の上に落下して相手に体全体で体当たりする。
トルメンタ・アパッチェ
みちのくプロレスなどで活躍したグラン・アパッチェが使っているリバースタイガードライバーと同型の技。
トルメンタム
インパクト・レスリングのマグナスが使っている旋回式のバックフリップ。まずファイヤーマンズキャリーの要領で相手を肩に担ぎ上げ、観客にアピールするように自分の体をゆっくりと右方向に1回転させる。そのあと体を左方向へ180゜捻りつつ素早く後ろに倒れ込み、落下させた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
トルメント・チノ
メキシコマットで使われている股裂きの一種。仰向けになった相手の両足の間に立って相手の右足を左手で、左足を右手でそれぞれ掴み、相手の右足のつま先を自分の左腿の外側に、左足のつま先を右腿の外側にフックさせる。そしてそのまま尻餅をつくことで相手の右足のつま先を自分の左腿の裏で、左足のつま先を右腿の裏で押さえつけ、自分の両足を左右に大きく開くことで相手の股関節に痛みを走らせる。
トルリョチャギ
テコンドーで使われている、自分の体を回転させて繰り出す蹴り技を指す総称。大別するとスクリューハイキックスピンキックソバットなどがこれに当たる。
ドレイクズランディング
CZWで活躍中のドレイク・ヤンガーが使っているバータブレイカーと同型の技。
ドレイクドライバー
JDスター女子プロレスなどで活躍したドレイク森松が使っていたエクスカリバーと同型の技。
ドレイクボトム
ドレイク森松が使っていたハリケーンドライバーの名称。
トレイシーハンター
レイアウト
トレイルエンド
WWEで活躍したタタンカが愛用していたサモアンドロップの名称。
トレイルブレイザー
CZWなどに参戦しているドリュー・グラックの得意技。形はジャベタイプのホルヘスペシャルと同型。
トレインレック
WWEや新日本プロレスで活躍したジャイアント・バーナードのオリジナルムーブ。カナディアンバックブリーカーの要領で相手を肩に担ぎ上げたあと体を軽くジャンプさせ、正座の形でマットに着地した衝撃で相手の背中に痛みを走らせる。
トレーラーヒッチ
WWEやROHで活躍したジェイミー・ノーブルの必殺技。WCWで結成された"ヤング・ドラゴンズ"の同朋であるカズ・ハヤシが使うクランチループと同型の技である。
トレスアミーゴス
プロレスリング・ノアやDRAGON GATEに登場したロッキー・ロボのフィニッシャー。形はイステリアスペシャルと同型。
ドレスコード
ビッグ・ヴィトーがWWEでオカマギミックを演じ、ドレスを身に着けて試合をしていた頃に使っていたムーブ。尻餅をついた相手の正面に回り込んで相手の頭を自分のスカートの中に潜り込ませ、左手で掴んだ相手の左腕を相手の背中の方へと折り曲げる。そのあと胸の方から相手の左脇に差し込んだ右手で自分の左手首を掴み、そのまま相手の左肩を痛めつけてギブアップを奪う。
トレスフルール
大原はじめが闘龍門MEXICO時代に愛用していた変形の腕固め。相手の左腕と左足にセラヘーラの要領で自分の右足をフックさせて相手の首の後ろに右腕を回し、相手もろとも後ろに倒れ込んで相手の後頭部をマットに叩きつける。そのあと相手の左手足に右足を絡めたまま体を横方向へと転がして相手をうつ伏せに引っくり返し、両手で掴んだ相手の右腕を関節と逆方向に反り上げタップを奪う。
トレスレチェス
JWP女子プロレスに登場したダークネス・ボリショイが愛用していたゴリーボムの名称。
トロ
DRAGON GATEで活動している"ミレニアルズ"のメンバー、フラミータが使うフィニッシャー。相手を仰向けに倒したあとエプロンに移動してトップロープを掴み、ジャンプしてトップロープに両足で飛び乗る。そして相手の方に向かってジャンプしながら体を360゜錐揉み回転させ、相手の体をボディープレスして3カウントを奪う。
ドロッピング・ザ・ダイム
レイ・ミステリオが愛用するスワンダイブ式のレッグドロップ
ドロップキック
若手からベテランまで多くの選手が愛用する基本的な打撃技。相手に正面から近づいて両膝を折り畳むようにジャンプし、鋭く突き出した両足の裏で相手の顔面や胸板を蹴り飛ばす。メキシコではパターダ・ボラドーラと呼ばれる。
ドロップ・ザ・ボム
プロレスリング・ノアなどで活躍したスコーピオが使っていたムーンサルト式のギロチンドロップ。リングに背を向けた状態でコーナー最上段に登り、体を360゜後方回転させるようにジャンプする。そのあと空中で右足を突き出しながらリングに落下し、仰向けになった相手の喉に右足でギロチンドロップを叩き込む。
ドロップサルト
WWEやROHで活躍したポール・ロンドンの得意技。自分の顔が上を向く格好で相手の胸板にドロップキックを叩き込み、相手の胸を足蹴にした勢いで体を180゜後方回転させてうつ伏せの状態でマットに着地する。タッグマッチでは対戦相手の1人にこの技を叩き込んで体を回転させ、仰向けに倒れているもう1人の対戦相手の上に落下して2人同時にダメージを与えていくことが多い。
ドロップショット
マット・ハーディーが使っていたコーナーセカンドロープからのダイビングギロチンドロップ
ドロップデッド・トワイス
矢郷良明が使っているメタルクラッシュと同型の技。
ドロップトーホールド
レッグシザーズ
トンガンツイスト
新日本プロレスで活躍中のタマ・トンガが使っているアウトエンドスリーと同型の技。
トンガンデスグリップ
WCWや新日本プロレスで活躍したミングが愛用していたコブラクローと同型の技。
ドンキーパンチ
CZWで活躍したZ-バーが愛用していたZ-フィストとも呼ばれるムーブ。ロープの間をピープルズエルボーの要領で往復したあと急停止して両腕を波のように揺り動かし、倒れている相手にフィストドロップを叩き込む。
ドンスティトゥーション
CHIKARAで活動中のティム・ドンストが使うトルネードクラッチ改と同型の技。
ドンスリーパー
神締め・GODスリーパー
どんたく固め
小橋建太が"探偵!ナイトスクープ"の依頼を元に考案したサブミッション。仰向けになった相手の両足をTCSSの要領で固め、うつ伏せにひっくり返した相手の背中に左膝をあてがって相手の足腰を痛めつける。
ドン・デ・マリポーサ
"FANTASTICA MANIA 2014"でマスカラ・ドンとしてマスクマンデビューを果たす中西学に対し、ミラノコレクションA.T.が伝授した変形のサーフボードストレッチ。まず両手で掴んだ相手の左腕を捻り上げて相手と同じ方向に視線を向け、腕を捻られたことで前屈みになった相手の左腕の上に自分の右足を引っ掛ける。続いて右足のつま先を相手の左膝の裏のあたりへとフックさせて片足立ちの状態になり、相手の右手首を右手で、左手首を左手でそれぞれ掴み直す。最後に掴んだ両腕を肩関節と逆方向に反り上げ、そのまま体重をかけて相手からギブアップを奪う。
問ネル
DRAGON GATEの問題龍が使うパトリオットバスターと同型の技。
トンパチ☆クラッシュ
アリスリボンや伊藤道場で活躍した市井舞が使っていた雪崩式のフェイスクラッシャー。リングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、自分は相手が座ったコーナーのトップロープを両手で掴む。そのあと体を左方向へ軽く捻るようにジャンプして視線をリングの方へと向け、そのまま相手の左手にあるトップロープの上に両足で飛び乗る。最後に相手の後頭部を右手で押さえつけながらリングに飛び降り、コーナーから引きずり落とした相手の顔面をマットへ強かに打ちつける。
トンパチロック
メビウスの折原昌夫が使っている胴締め式の羽根折り固め。相手を羽根折り固めに捕らえたあと背中からマットに倒れ込み、相手の胴体を両足で挟み込んで肩を痛めつける。
蜻蛉切
道頓堀プロレスの政宗が使っている必殺技の1つ。走りこんできた相手の左肩甲骨の辺りに右手を、右脇腹の辺りに左手をそれぞれ回して相手の胴体を抱え込み、自分の体を270゜後方回転させるようにジャンプする。そのあと相手の体を抱えたまま自分は腹這いの状態でリングに落下し、宙に舞わせた相手を背中からマットへ叩きつける。