.
ウィークポイントレッグドロップ
インパクト・レスリングのジェフ・ハーディーが得意とする悶絶必死のムーブ。まず仰向けに倒れた相手の右足を左手で、左足を右手で掴み、両足を大きく左右に開かせて股間をがら空きにさせる。そのあと体を軽くジャンプさせて両足を前に突き出し、尻餅をつく形で着地すると同時に相手の股間に自分の両足を叩きつける。
ウィールウインド
アイスリボンの雪妃真矢が使っている丸め込み技の波状攻撃。向かい合った相手の右腕を左脇に抱え込んだあと外腿の方から相手の左腿の裏に右腕を回し、そのまま背中からマットに倒れ込んで前方に転がった相手の体を一旦丸め込む。そのあと相手の手足を抱えたまま相手の右肩の上辺りに頭を押し付け、自分の体を前方にブリッジさせて相手をより強固に押さえ込む。名前は英語で"つむじ風"を表す。
ウィスパー・イン・ザ・ウィンド
ジェフ・ハーディーが使っている華麗な空中殺法。まず助走をつけて目の前にあるコーナーを駆け登り、コーナー最上段を蹴ったあと体を横方向に180゜捻ってリングへジャンプする。そして更に空中で体を270゜前方回転させ、立っている相手に背中から体当たりする。別名コークスクリュームーンサルトとも呼ばれている。
ウィッチクラフト
尾崎魔弓が北斗晶のノーザンライトボムに対抗して作り上げた裏バージョンの北斗ボム。まず相手の顎の下にリバースDDTの要領で左腕を巻きつけ、右手で掴んで持ち上げた相手の右腕を自分の首の後ろに引っ掛ける。そして腿の裏の方から相手の両足に差し込んだ右手で相手の右腿を抱えたあと相手の体を上下逆さまにするように持ち上げ、自分は背中から倒れ込んで落下させた相手の後頭部をマットへ打ちつける。
ウィッチブレイド
ガンバレ☆プロレスなどで活動中の安部行洋が使っているスリングブレイドの呼び名。
ウィッパースナッパー
ECWで活躍したマイキー・ウィップレックが使っていた雪崩式のスタナー。リングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、自分も相手を乗せたコーナーのセカンドロープによじ登る。そのあと相手の首をスタナーの要領で抱え込んでリングへジャンプし、マットに尻餅をついた衝撃で相手の顎や喉に自分の肩をめり込ませる。ちなみにこの名称はウィップレックが使うスタナー系の技の総称としても使われていた。
ウィップフラッシュ
OVWのフラッシュ・フラナガンが使っていたバフ・ブロックバスターの名称。
ウィップラッシュ
WCWで活躍したラッシュ・ラルーのフィニッシャー。形はハリケーンドライバーと同型。
ウィップラッシュエフェクト
クリス・セイビンが愛用する豪快なムーブ。相手の体をBTボムの要領で担ぎ上げたあと助走をつけ、コーナーのターンバックル目掛けて相手の体を投げ捨てる。
ウィップラッシュ2000
ラッシュ・ラルーが使っていた変形の河津落とし。まず相手の首をスタナーの要領で右肩に固定し、相手の左足に自分の右足を正面から引っ掛ける。そして前後に反動をつけたあと相手もろとも後ろに倒れ込み、後ろに転倒させた相手の後頭部をマットに痛打させる。
ウィドウズピーク
WWEやTNAで活躍したタラことヴィクトリアが愛用していたフィニッシャー。 ゴリースペシャルの要領で背中に担ぎ上げた相手の首を両手で掴み、そのまま尻餅をつくことで相手の首や背中にダメージを与える。
ウィドウメイカー
WCWで活躍したショーン・オヘアが使っていた変形のデスバレーボム。まず相手の体をファイヤーマンズキャリーの要領で肩に担ぎ上げ、相手を抱えたまま体を右方向へ180゜捻る。そのあと正座をするように両膝を折り畳みながら体を前屈みにさせ、前方へ落下させた相手の背中をマットへ叩きつける。旧名はプロフェシークルーエルインテンションズ
ウィナーズアタック
AAAのウィナーズが得意とし、大阪プロレスなどで活躍した薬師寺正人が愛用していた変形のトペ・コン・ヒーロ。まず相手を場外に落として自分は相手の側にあるコーナーに向かって走り出し、トップロープを両手で掴んでロープの上に両足で飛び乗る。そのあとコーナーポストを両手で掴み直して体を270゜前方回転させるようにジャンプし、ポストから腕を離して場外にいる相手に背中から体当たりする。
ウィニングエッジ
WWEのエッジが使っていたハーフネルソン式ブルドッグ。まず相手の左脇に背中の方から左腕を差し込み、右手で相手の後頭部を後ろから押さえつける。そのあと自分の体を前方にジャンプさせ、その勢いで前のめりに倒した相手の顔面をマットへ痛打させる。
ウィニングムーブ
WWFで活躍したバリー・ホロウィッツが使っていたリバースDDTと同型の技。
ウィリーバーディー
インパクト・レスリングのスラッシュが愛用していたフィニッシングムーブ。相手の体をBTボムの要領で持ち上げたあとその場でぐるぐると回転し、回転途中に両手を離して相手の体をマットに向かって投げ捨てる。
ウイングクラッチホールド
倉垣翼が使っているオリジナルの丸め込み技。逆さ押さえ込みで相手を丸め込んだあと自分の体を前方へとブリッジさせ、丸まった相手の上に覆いかぶさるようにブリッジした状態でフォールを奪う。
ウイングス・オブ・イカルス
CHIKARAを主戦場にしているイカルスのフィニッシングホールド。形はぺディグリーと同型。
ウイングス・オブ・ラブ
WWEのミッシェル・マクールが使っていたエンジェルズウイングスと同型の技。
ウイングスパン
CMLLのダークエンジェルが見せた丸め込み技。まず走ってきた相手の右脇に胸の方から右腕を差し込んで体を左方向へと軽く捻り、その勢いを利用して巻き投げた相手の背中をマットへと叩きつける。そのあと相手の右腕に右腕を絡めたまま自分の体を転して相手を一旦うつぶせにし、左手で掴んだ相手の左腕を引っぱることで相手の体だけを再度仰向けにひっくり返す。最後に仰向けになった相手の左腕を腹のあたりで押さえつけながらエビ固め風に丸まった相手の両腿の裏に右腕を回し、そのまま相手の体を押さえ込んで3カウントを奪う。
ウイングメモストレッチ
倉垣翼が愛用するハース・オブ・ペインに似たサブミッション。うつ伏せになった相手の右サイドに移動して相手の右足を左手で、左足を右手でそれぞれ掴み、折り曲げた相手の左足を相手の右膝の裏に重ねて両足を4の字に固める。そのあと相手の左足を挟み込むような感じで相手の右足を折り畳み、相手の左膝の裏を自分の右足で踏みつける。最後に両手で相手の右足首を掴んでマットに背中から倒れ込み、固めた両足を吊り上げながら相手の背骨も痛めつけていく。
ウイングトルネード
倉垣翼が使うスカイツイスタープレスと同型の技。
ウイングブリーカーホールド
RIKIPROの長州力が吉田光雄というリングネームで活動していた頃に使っていた関節技。うつ伏せになった相手の両腕をタイガースープレックスのクラッチで抱え、自分の体を前方にブリッジさせて相手の両肩を痛めつける。別名原爆腕折りリバースチキンウイングとも呼ばれ、後藤達俊も若手時代にこの技を愛用していた。
ウイングロックバスター
大阪を中心に活動中のツバサが使う変形のエメラルドフロウジョン。まず前屈みになった相手の右腕を左手で掴んで腕を相手の背中の方へと折り曲げ、相手の左肩の辺りを右手で掴んで相手の体だけを左方向に180゜回転させる。そのあと顔が上を向く格好になった相手の喉元にリバースDDTの形で右腕を巻きつけ、相手の右腕を背中で固定したまま相手の体を上下逆さまに抱え上げる。最後に自分の右肩の上に相手をうつ伏せの状態で着地させて右半身からマットに倒れ込み、落下させた相手の後頭部や背中を自分の右サイドへと叩きつける。
ウインズ・オブ・チェンジ
WWEのキング・バレットが使っているブラックホールスラムと同型の技。
ウーハーコンビネーション
DRAGON GATE USAなどで活躍しているウーハー・ネイションのフィニッシングホールド。仰向けになった相手にスタンディングムーンサルトを叩き込んだあとフォールに行かずに起き上がり、続けざまにスタンディングシューティングスタープレスを放って相手から3カウント奪う。
ウーピークッション
WWFで活躍したドインク・ザ・クラウンが使っていたフィニッシングホールド。両足をコーナーの方へと向かせる格好で相手を仰向けに寝かせ、自分はコーナーの最上段へと歩を進める。そのあとロープの反動を利用して体を大きくジャンプさせ、相手の体を落差のあるヒップドロップで押し潰す。
ウーマンズ・リべレーション
ユニオンプロレスなどで活動中のレディ・ビアードが使うスクリューハイキックの呼び名。
ウェイストランド
WWEのキング・バレットがウェイド・バレット名義で活動していた頃に愛用していたフィニッシャー。相手をファイヤーマンズキャリーで肩に担ぎ上げたあと自分の体を素早く前傾させ、前方へと振り落とした相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
ウェイブ・オブ・ザ・フューチャー
ROHなどで活動中のフランキー・カザリアンが使うフラットライナーと同型の技。
上からドン
新日本プロレスの中西学がテレビ朝日製作のテレビ番組、"人類プロレスラー計画「中西ランド」"の中で編み出したムーブ。まずリングに背を向けた状態でコーナーに登り、右足をセカンドロープに、左足をトップロープにそれぞれ乗せる。そのあとリングの方へ顔を向けるようにジャンプしながら右腕を振り下ろし、コーナーの側にいる相手の頭に脳天唐竹割り気味のチョップを打ち込む。
上からドンどどん
中西学&田口隆祐が見せたコンビネーション。田口が相手の両腕をタイガースープレックスの要領で固めて相手と共にコーナーの方を向き、コーナーに登った中西が相手の脳天に上からドンを叩き込む。そのあと悶絶する相手の体を田口が宙に抱え上げ、続けざまにどどんを炸裂させて3カウントを奪取する。
上からヨシコ
SEAdLINNNGの世志琥が使っているリバーススプラッシュの呼び名。
ウェスタンファミリアット
新日本プロレスの邪道が愛用しているラリアットの呼び名。その名の通りスタン・ハンセンへのオマージュから作り上げた技であり、"ブレーキの壊れたファミリア"という意味が込められている。
ウェスタンラリアット
全日本プロレスで活躍したスタン・ハンセンが愛用した世界最高峰の破壊力を誇るラリアット。自分の左腕を高々と掲げたあと肘のブラックサポーターに手をかけ、左腕で相手の首を刈り取るようにラリアットを放つ。その破壊力から"ブレーキの壊れたダンプカー"と畏怖された。
ウェストコーストポップ
レイ・ミステリオが愛用するウルトラ・ウラカン・ラナと同型の技。
ウェストサイドクラッシュ
クワイエット・ストームが使っている飛びつき式のカナディアンデストロイヤー。助走をつけて前屈みになった相手に正面から近づき、体をジャンプさせて相手の背中に前方回転エビ固めの要領で飛びつく。そのあと相手を抱えたまま自分の体を360゜前方回転させて尻餅をつくようにマットに着地し、その勢いで後ろにひっくり返った相手の頭部をパイルドライバーの形でマットに突き刺す。ちなみにカナディアンデストロイヤー系のムーブの元祖はこのクワイエット・ストームだと言われている。
ウェストテキサスデストロイヤー
エース・オブ・スペード
ウェズナーキラー
CB4ドライバー
ウェディングクラッチ
大石真翔がKAIENTAI-DOJOで自身の婚約を発表した後に披露したオリエンタルマジックと同型の技。
ウェブ・オブ・デス
CZWなどで活躍した"スパイダー"ネイト・ウェブが使っていたアレハンドリーナと同型の技。
ウェポンズグレード・ボロニアム
PWGなどで活躍しているジョニー・グッドタイムとジョニー・ユマのタッグチーム、"ザ・ロックネスモンスターズ"が使う破天荒なコンビネーション。ユマの体をファイヤーマンズキャリーで担ぎ上げたグッドタイムがその場でぐるぐると回転し、立っている相手の頭にユマの足をヒットさせて相手を倒れ込ませる。そのあと仰向けになった相手目掛けてグッドタイムがデスバレーボムを放ち、担いでいたユマの体を相手の上に叩きつける。
ウェポンX
AAAやPWGで活動中のブライアン・ケイジ・テイラーが使うダン・ディールと同型の技。
ウェルカム・トゥー・ザ・ジャングル
STYLE-Eなどで活動中のCHANGOが愛用しているフィニッシングムーブ。まず向かい合った相手の背中を左手で、相手の左腿を右手でそれぞれ抱え、相手の体を軽くリフトアップしながら中腰の状態になる。続いて相手の右足を自分の左腿の上に、左足を右腿の上に着地させ、前屈みになった相手の首の後ろに左腕を回す。最後に相手の左腕を右脇に抱え込んで体をジャンプさせ、マットに尻餅をついた衝撃で相手の首や背中に痛みを走らせる。相手を抱え上げたあと背中から倒れ込み、抱えていた相手の頭をDDTの形で叩きつけるタイプも愛用している。
ウォーカーテキサスレンジャースープレックス
CZWやIWSで活躍したビーフ・ウェリントンが使っていたスリーパースープレックスの呼び名。
ウォーカードライバー
プロレスリング・ノアに来日したキース・ウォーカーが披露した桜吹雪と同型の技。
ウォーカーボム
キース・ウォーカーが愛用するネックハンギングボムと同型の技。
ウォーキング・ザ・プランク
C4
ウォーソード
WWEのシェイマスが使っている助走付きのスレッジハンマー。その名の通り剣を振るうようなモーションで技を繰り出すのが特徴で、体を横方向に1回転させてから決める旋回式の一撃も得意としている。
ウォーターホイールスラム
アラバマスラム
ウォール・オブ・ジェリコ
WWEのクリス・ジェリコが使っている逆エビ固めと同型の技。完全に腰を落とさずに中腰の状態で技を極めることが多く、WCW時代は相手の背中に片膝を押し当てた状態で体を絞り上げる逆エビ固めライオンテイマーという名前で愛用していた。
ウォール・オブ・P
ZERO1-MAXに登場したY2P-160Kgの必殺技。形は逆エビ固めと同型。
ウォールストリートクラッシュ
マイケル・ウォールストリートことマイク・ロトンドがWCWで愛用していたムーブ。エアプレーンスピンを決めたあと相手をバックフリップの形でマットに叩きつける。
ウォッシングマシーン
ジョエル・マキシモ&ホセ・マキシモの兄弟タッグチーム、"スパニッシュアナウンスチーム"が使うコンビネーション。仰向けになった相手の両足をパートナーが1本づつ掴み、掴んだ足をそれぞれがストレッチマフラーの要領で首に巻きつける。そして前後に軽く反動をつけたあと相手をシーソーホイップ風に持ち上げ、相手をうつぶせの状態でマットに叩きつける。
ウォリアーズウェイ
ゲットースタンプ
ウォリアーズラース
ゲットースタンプ
御願不足クラッチ
みちのくプロレスの沖縄遠征時に登場したケン・めんそーれの必殺技。形はルーマニアンクラッチと同型で、名前は"うがんぶすクラッチ"と読む。
牛殺し
新日本プロレスの後藤洋央紀が愛用しているバックブリーカームーブ。まずファイヤーマンズキャリーで相手を肩に担ぎ上げ、相手の下半身を右手で下から押し上げる。そしてその勢いで相手の体を仰向けに引っくり返しながらマットに右膝をつき、落下してきた相手の後頭部や背中を立てた左腿の上に叩きつける。"猛牛"天山広吉の頚椎を損傷させたことが名前の由来であり、フィッシャーマンバスターの要領で抱え上げた相手の体を肩の上に着地させて技に移行することも多い。
牛殺し投げ
アパッチプロレス軍の金村キンタローが使っている投げっぱなしジャーマンスープレックス
牛のさがり
JDスター女子プロレスなどで活躍した闘牛・空が使っていた垂直落下式ブレーンバスターの呼び名。
後ろから前から
プロレスリングWAVEで活動していたGAMI&中川ともかのタッグチーム、"ハタナカヨウコ"が使うコンビネーション。相手の正面にGAMIが、背後に中川がそれぞれ移動して2人同時にジャンプし、延髄斬りの要領で振り抜いた2人の右足で相手の頭をサンドイッチにする。名前はタッグチームの元ネタにもなった畑中葉子のヒット曲に由来。
後ろ脳天逆落とし
バックドロップ
うず潮スイング
アレクサンダー大塚が愛用しているジャイアントスイングの名称。故郷である徳島名物のうず潮が名前に使われている。
うず潮フィッシャーマン
DRAGON GATEのベーカリー八木がT2Pでペスカトーレ八木と名乗っていた頃に使っていた必殺技。相手をフィッシャーマンバスターの要領で垂直に抱え上げたあと体に右方向の捻りを加え、後方に投げ捨てた相手の背中をマットに叩きつける。ベーカリー八木へと名前を改めるのと同時に技の名前もうずまきコロネに変化した。
うすDON
アイスリボンの宮城もちが使っているXファクターの呼び名。
うすDON2
アイスリボンの宮城もちが使っている押さえ込み技。仰向けになった相手の頭の側に立って相手の右足を左手で、左足を右手でそれぞれ掴み、掴んだ両足を相手の頭の方へと持っていく。そのあと両足を大きく開くようにジャンプして相手の右足の上に左足を、左足の上に右足を引っ掛けながら尻餅をつき、そのまま相手の体を押さえ込んで3カウントを奪い去る。
ウチクビ
Hi69&MIYAWAKIが使っていたムーブメントドロップと同型の技。
撃首
九州プロレスの玄海が、大阪プロレスで秀吉として活動していた頃から使っているパントキックと同型の技。名前は"うちくび"と読む。
討ち首・極
玄海が使っている打撃技の1つ。座り込んだ相手の頭頂部に叩き込む強烈な踵落としである。
宇宙人ケブラーダ
KAIENTAI-DOJOのTAKAみちのくが使っているウルトラムーブ。相手を場外へ落としたあとトップロープを両手で掴んで体を横方向に180゜捻るようにジャンプし、場外に背中を向ける格好でトップロープの上に着地して場外にいる相手にムーンサルトアタックを叩き込む。
宇宙人プランチャ
TAKAみちのくが開発した難度の高い空中技。相手を場外へ落としたあとロープに跳んで助走をつけ、相手を落とした側の場外に再び近づいたところで勢い良くジャンプする。そしてそのままトップロープの上に両足で着地して間髪入れずに場外へとダイブし、体を大きく広げて場外にいる相手に体当たりする。この技を目撃した長州力が"あいつは宇宙人か?"と言ったことが名前の由来だと言われている。
宇宙飛行虎爆弾
スペースフライングタイガードロップ
宇宙ミューティレーション
DDTで活躍したスーパー宇宙パワーがかつて使用していたサブミッション。尻餅をついた相手の背後に回り込んで相手と背中合わせになり、相手の右腕を左手で、左腕を左手でそれぞれ掴む。そのあと前屈みになった相手の肩の上に腰を下ろし、相手の体に体重をかけながら掴んだ両腕を関節と逆方向に反り上げる。
腕固め
アントニオ猪木が得意としていた腕殺しサブミッション。まず両手で掴んで捻り上げた相手の右腕を自分の右足で跨ぎ、相手の右腕を自分の股の間に挟み込んだ状態になる。そのあと体重をあずけることで相手の体をうつ伏せに押し倒し、相手の背中に腰を下ろしながら掴んだ右腕を関節と逆方向に反り上げる。別名はステップオーバーアームブリーカー
腕がらみ
柔道で使われるチキンウイングアームロックの名称。
腕決めエビ固め
DRAGON GATEのスペル・シーサーが披露した丸め込み技。まず四つん這いになった相手の左サイドに移動して自分の右足を相手の左脇に胸の方から引っかけ、自分の体を左方向へ軽く捻って相手の右サイドへと顔を向ける。そのあと相手の背中を跳び越えるように自分の体を前方回転させて相手の体を仰向けにひっくり返し、エビ固め風に丸まった相手の両足を両手で抱え込んでフォールを奪う。
腕極め式首固め
藤田ミノルが愛用する丸め込み技。まず向かい合った相手の左腕を左手で掴み、前屈みになった相手の首の後ろに自分の左腕を回す。続いて相手の背中の方に回した右手で相手の右手首を掴み、相手の右足の内側に自分の右足を引っかける。最後にマットに背中から倒れ込む勢いで相手の体を前方に転がし、両肩をマットにつけた相手の体を押さえ込んでフォールを奪う。
腕極め式前方回転エビ固め
プロレスリング・ノアの小峠篤司が使っている雁之助クラッチの呼び名。
腕極め式膝十字固め
ケンドー・カシンなどが得意とするサブミッション。相手の右足を膝十字固めに捕らえ、更にロープに逃れようとする相手の右腕を左脇に抱え込んで相手の膝関節を痛めつける。
腕決めパイルドライバー(仮)
シゲヒロファイナルインパクト
腕極め骨喰
政宗が使っている骨喰のバリエーションの1つ。うつぶせになった相手の左腕をカールシックルの要領で両足の間に挟み込み、更に相手の左足首を骨喰に捕らえて相手をギブアップに追い込む。
腕決め卍固め
KENTAが使っている両腕をロックするタイプの卍固め。まず相手の左腕と左足にセラヘーラの要領で自分の右足をフックさせ、前屈みになった相手の首の後ろに左足を引っ掛ける。そして相手の右腕を左脇に抱え込んだあと相手の体に体重をかけ、相手の首・脇腹・右肩などを複合的に痛めつけてタップを奪う。
腕サソリ固め
EAGLEプロレスなどで活躍中の近藤博之が使う相手の腕に仕掛けるサソリ固め。まず仰向けになった相手の頭の側に立って相手の右腕を右手で、左腕を左手で掴み、頭の方から相手の両腕に間に差し込んだ右足を相手の右脇のあたりに着地させる。続いて掴んだ両腕を自分の右腿の上で交差させるように固め、相手の右手首を左手で、左手首を右手で掴み直して自分の体を右方向へと捻る。最後にうつ伏せにひっくり返った相手の左脇の横に左足を着地させて相手の背中に跨がる格好になり、そのまま腰を落とすことで相手の背骨を痛めつけていく。別名は腕ディアンデスロック
腕取り式片エビ固め
プロレスリング・ノアの丸藤正道が欧州遠征で初披露したオリジナルパッケージ。まず向かい合った相手の左腕を右手で掴み、掴んだ腕を相手の左腿の外側へと持っていく。続いて相手の左足を左手で内側から抱え込み、更に相手の左腕を左手で掴み直す。最後に自由になった右手で相手の左足を払いながら体を前転させ、その勢いで後ろにひっくり返った相手の両肩をマットにつけてフォールを奪う。現在は完璧エビ固めと呼ばれている。
腕ひしぎ逆十字固め
関節技の中でも最もポピュラーな部類に入るムーブ。仰向けになった相手の右手首を両手で掴み、相手の右腕を両足で挟み込みながらマットに倒れ込む。そのあと体重を後ろにあずけることで肘関節を逆方向に反り上げ、更に腕を捻ることで相手の腕の靭帯を痛めつける。
腕吉野。
DRAGON GATEの吉野正人が愛用しているオリジナルムーブ。まず人工衛星ヘッドシザーズの要領で自分の下半身を持ち上げ、そのまま相手の右肩の上を飛び越えて相手の背後へと体を落下させる。そのあと相手の喉元に左腕を引っかけて背中からマットに倒れ込み、後ろに転倒した相手の後頭部をマットに叩きつけると同時に相手の右腕を痛めつける。この技を初めて受けた横須賀享がリバーストルベジーノという名前を付けたが、安直すぎるという理由で却下となり現在の名前が採用された。
唸れ豪腕
中川ともかが愛用していた狂神太平と同型の技。
ウニベルサル
メキシコで使われている古典的丸め込み技。前方回転エビ固めの要領で丸め込んだ相手の胴体を両足でしっかりと挟み込み、自分の体を横回転させる際に足の力を使って相手の体も横方向に転がす。そして自分の頭を中心にして円を描くように相手の体を転がしたあと回転を止め、両肩をマットにつけた相手を押さえ込んでフォールを奪う。TAJIRIはダイヤル固めという名前で大日本プロレス時代からこの技を愛用している。
うまか棒
大阪プロレスのくいしんぼう仮面が愛用しているムーブ。助走をつけたあときをつけの姿勢のまま体をジャンプさせ、相手の体に正面から体当たりをする。
梅田ドライバー(仮)
DDT NEW ATTITUDEの梅田公太が使っている変形のジャックハマー。ノーザンライトボムの要領で相手を抱え上げたあと自分の体だけを左方向に軽く捻り、相手に体を浴びせかけるように倒れ込んで相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
裏アキレス腱固め
プロレスの中でもポピュラーな部類に入る関節技。まずうつ伏せになった相手の右足を左手で掴んで折り曲げ、相手のアキレス腱のあたりに右腕を巻きつける。続いて相手の右足の甲を自分の右肩にあてがい、右手で自分の左上腕部を掴む。最後に左手を相手の右足の裏に添えながら相手の足に体重をかけ、右手首の骨で相手のアキレス腱を圧迫してタップを奪う。
裏足4の字固め
吉江豊が凱旋帰国当初に愛用していたサブミッション。まずうつ伏せになった相手の左サイドに移動して相手の腿の間に左足を置き、相手の右足を左手で、左足を右手で掴んで持ち上げる。続いて折り曲げた相手の左足を相手の右膝の裏に重ねて両足を4の字に固め、マットに背中から倒れ込んだあと相手の左足首の上に自分の右足を引っ掛ける。最後に相手の右足の踵を両手で抱えるように掴み、相手の右足をヒールホールドの要領で痛めつける。
裏落とし
デスクローク
裏霞
新日本プロレスの矢野通が使うアマレス流の丸め込み技。前屈みになった相手の首の後ろに正面から右腕を回し、右膝をつきながら相手の左足を左手で内側から抱え込む。そのあと背中からマットに倒れ込む勢いで相手の体を前方へと転がし、両肩をマットにつけた相手の体を押さえ込んでフォール奪う。
裏刀狩
秀吉が使っていた胴締め式の刀狩。相手を刀狩に捕らえたあと体を横方向に転がし、仰向けにひっくり返った相手の胴体を両足で挟み込んで体を締め上げる。
裏肩固め
本田多聞が愛用している相手の背後から仕掛ける肩固め。まず相手の背後に回り込んで背中の方から相手の右脇に右腕を差し込み、左首筋の方から相手の喉元に左腕を巻きつけて自分の両手をクラッチする。そのあと抱え上げた相手を背中からマットに落として自分は相手の背後で腹這いになり、右肩で相手の右腕を押さえつけながら両腕に力を込めて相手の頚動脈や呼吸を圧迫する。
裏関節蹴り
背後から相手の膝関節の裏にキックを叩き込む技。
ウラカン・ラナ
日本では高角度前方回転エビ固めと呼ばれる基本的な丸め込み技。相手に肩車の要領で飛びついたあと自分の体を前傾させ、正面から相手の右腿を右手で、左腿を左手で抱え込む。そのあと体を前方に転がして相手の両肩をマットにつけさせ、そのまま相手の体を押さえ込んでフォールを奪う。
ウラカン・ラナ・インベルティダ
高角度後方回転エビ固めと呼ばれるメキシコ発祥の丸め込み技。相手の正面で体をジャンプさせて相手の右肩の上に左足を、左肩の上に右足を乗せ、両足で相手の首をしっかりと挟み込む。そのあと自分の背中を後ろに大きく仰け反らせ、両足で挟み込んだ首をコントロールして相手の体を前方回転させる。最後に相手の左足を右脇に、右足を左脇に抱え込み、背中からマットに着地した相手の上に馬乗りになってフォールを奪う。一般的に"ウラカン・ラナ"と言えばこちらを指すことが多いが、この名前が一応の正式名称である。
裏首固め
DDTプロレスリングのマサ高梨が披露した変形の弓矢固め。まず相手の首をリバースDDTの要領で左脇に抱え込み、相手の右腿を右手で掴みながら背中からマットへ倒れ込む。そのあと仰向けの状態で自分の上に乗っかった相手の左腿を両足でがっちりと挟み、両手足に力を込めることで相手の背中を弓なりに反り上げる。
裏拳
格闘技の世界ではバックハンドブローとも呼ばれているポピュラーな技であり、プロレスではアジャ・コングがこだわりを持って使い続けている打撃技。まず相手と向かい合ったあと右足を軸にして体を右方向に捻り、相手に背中を向けた状態になったところで軸足を左足に切り替える。そのあと体を右方向へ更に捻りながら右腕を振り抜き、相手の右側頭部を右手の甲で殴り飛ばす。アジャ以外にも裏拳を使う女子選手は数多くいるがこのタイプを使うのはアジャただ独りであり、尾崎魔弓を始めとしたその他の女子選手は両手の手の平を握り合わせた両腕を振るって相手の頬を殴打する。
裏こけし落とし
新日本プロレスで活動中の本間朋晃が使っているシュバイン系のムーブ。相手を水車落としの要領で右肩に担ぎ上げ、相手の両足を両手で抱えたまま尻餅をついて相手の脳天をマットへ叩きつける。
ウラジゴク
DRAGON GATEのT-Hawkが使っている得意技の1つ。まず相手の背後に回り込んで相手の右脇に頭を潜り込ませ、相手の股の間に右手を、左肩の上に左手をそれぞれ持って行く。そのあと相手の体を上下逆さまにするように抱え上げながら尻餅をつき、うつ伏せの状態で落下させた相手の顔面を自分の両足の間へ叩きつける。
裏十字固め
プロレスリング・ノアの三沢光晴が代表的な使いと手として知られる腕殺しサブミッション。まずうつ伏せになった相手の右サイドに移動して右手首を両手で掴み、持ち上げた右腕に自分の右足を引っ掛けながらマットに倒れ込む。そのあと右足首の上に左足を引っ掛けて相手の腕を両足で挟み込み、掴んだ腕を捻り上げて相手の肘の靭帯を痛めつける。
裏掌底
KENTAが愛用している打撃技。裏拳の要領で自分の体を回転させ、相手の右側頭部を右手の掌で殴り飛ばす。
裏昇天
新日本プロレスの後藤洋央紀が使っているリバース式のトルネードクローズライン。まず背中の方から相手の右脇に頭を潜り込ませて相手の股の間に右手を、首の後ろに左手をそれぞれ回し、持ち上げた相手をカナディアンバックブリーカーのような形で右肩に担ぎ上げて相手の胴体を右腕で抱え直す。そのあと上半身を左方向に大きく振りながら相手の体を支えていた右腕を離し、左手で抱えた首を支点にして相手の体を振り子のように左方向へ旋回させる。最後に相手の首の後ろに左腕を引っ掛けたままマットに両膝をつき、うつ伏せの状態になった相手の体を自分の左サイドへと叩きつける。
裏不知火
プロレスリング・ノアの丸藤正道が使っている雲龍と同型の技。
裏ツイスター
DRAGON GATEの望月成晃が使う旋回式の垂直落下リバースDDT。まず相手の顎の下にリバースDDTの要領で左腕を巻きつけ、相手のタイツを右手で掴んで相手の体を垂直になるまで抱え上げる。そのあと体を左方向へ180゜旋回させて左半身からマットに倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の後頭部をマットへ叩きつける。
裏どどん
新日本プロレスの田口隆祐が2013年の"ベスト・オブ・ザ・スーパーJr."前に公開したジャンボスープレックスと同型の技。
裏投げ
馳浩がロシアの格闘技であるサンボから習得した投げ技。まず向かい合った相手の右脇に頭を潜り込ませ、相手の左肩の上に右腕を引っ掛ける。そのあと相手の背中に左腕を回して相手の体を抱え上げ、自分の体を左方向に軽く捻りながら相手の背中を抱えていた左腕を離す。最後に落下する相手に体を浴びせかけるように倒れ込み、相手の後頭部や背中をマットへ痛打させる。
裏ハーフスラムバスター
アイスリボンのしもうま和美が使っていた必殺技の1つ。前屈みになった相手の右サイドに移動して相手の首の後ろに左腕を回し、体を右方向へと軽く捻りつつ相手の左腿を右手で内側から抱え込む。そのあと相手の体を背中に背負い上げながら上半身を起こし、そのまま後ろに倒れ込んで相手の背中をマットへと叩きつける。
裏膝十字固め
技巧派の選手が得意とする関節技の1つ。まずうつ伏せになった相手の右足を持ち上げて踵を両手で抱え込み、相手の右膝を両足で挟み込みながらマットに倒れ込む。そのあと体重を後ろにあずけることで膝関節を逆方向に反り上げ、更に足を捻って相手の靭帯を痛めつける。
裏ファイヤーマンズキャリーホールド
回転地獄五輪2
裏摩周
大日本プロレスで活躍した山川竜司と本間朋晃のタッグチーム、"BJジャックス"が愛用していたコンビネーション。リングの方を向く格好で相手をコーナー最上段に座らせ、山川の体をパワーボムで持ち上げた本間がコーナーに対して背中を向ける。そのあと山川がコーナー上の相手をブレーンバスターで反り投げると同時に本間が山川を前方に投げ捨て、落下させた相手の背中を強かにマットへ叩きつける。
裏マチュピチュ
DDTプロレスリングのKUDOが使っているロープを活用したパロスペシャル。セカンドロープにうつ伏せの状態で凭れかかった相手と背中合わせになるように体を捻り、相手の背中に跨りながら相手の右腿の内側に左足のつま先を、左腿の内側に右足のつま先をそれぞれ引っ掛ける。そのあと相手の右腕を左手で、左腕を右手で掴んで腕を関節と逆方向に反り上げ、そのまま体重をかけて相手の体を痛めつける。この状態ではロープブレイクがかかりギブアップを奪えない為、ここから体を前転させて相手を丸め込むことが多い。
裏マヒストラル
闘龍門MEXICOのウルティモ・ドラゴンが愛用しているラ・マヒストラルのバリエーションの1つ。前屈みになった相手の左腕をラ・マヒストラルの要領で自分の股の間に挟み、相手の左腿を左手で抱え込みながら体を前方回転させる。そしてその勢いで相手の体を後ろへとひっくり返し、両肩をマットにつけた相手の体を押さえ込んでフォールを奪う。
裏無双
力皇猛が考案した裏バージョンの無双。まず相手の背後に自分の体を回り込ませ、背中の方から相手の左脇に頭を潜り込ませる。そのあと相手の背中を右腕で抱え込み、相手の正面に回した左手で相手の左腿を内側から掬い上げる。最後に相手の体を高々とリフトアップして前のめりに倒れ込み、うつ伏せの状態で落下させた相手の体をマットへ叩きつける。
裏モモ☆ラッチ
中西百重が愛用していた裏バージョンのモモ☆ラッチ。まず相手の肩に肩車の要領で飛びつき、相手の首を両足でしっかりと挟み込む。続いて自分の背中を後ろに大きく仰け反らせ、空中で自分の上半身に横方向への捻りを加える。最後に相手の右腿を左手で、左腿を右手で掴みながら自分の体を前方回転させ、その勢いで後ろにひっくり返った相手の体を押さえ込んでフォールを奪う。
裏米-ZOU(仮)
米山香織が使っているガッチリ3!と同型の技。
裏レッグスプレッド
KAIENTAI-DOJOの旭志織が使っているMAXPAINとほぼ同型の技。得意とするレッグスプレッドに捕らえた相手を裏返して技に移行することが多い。
裏go 2 sleep
KENTAが愛用している裏バージョンのgo 2 sleep。まずアルゼンチンバックブリーカーの要領で相手を肩に担ぎ上げ、相手の背中を左手で押し上げて相手の体を軽く宙に浮き上がらせる。そのあと相手の体を前方に投げ捨てながら左足を振り上げ、落下してくる相手の後頭部に左足で膝蹴りを叩き込む。
裏STF
馳浩が蝶野正洋との対戦中に公開し蝶野をギブアップに追い込んだ、その名の通り相手の体を裏返して極めるSTF。まずうつ伏せになった相手の右足を右手で掴んで持ち上げ、折り畳んだ相手の右膝の間に外腿の方から自分の右足を差し込む。続いて折り曲げた自分の右膝で相手の右足首を挟み込んで相手の足の動きを封じ、相手の背中に覆いかぶさるように倒れこんで相手の頭部をフェイスロックに捕らえる。最後に体を横方向に転がして自分の背中をマットにつけ、その勢いで仰向けにひっくり返った相手の体を締め上げてタップ奪う。
裏WARスペシャル
全日本プロレスの平井伸和が使っていた羽根折り固めと同型の技。
ウルトラ・ウラカン・ラナ
DRAGON GATEのドラゴン・キッドが得意とする華麗な空中殺法。エプロンに移動したあとトップロープを両手で掴み、体をジャンプさせてトップロープに両足で飛び乗る。そのあとリングに向かってジャンプして相手の体に正面から飛びつき、相手を高速のウラカン・ラナ・インベルティダで瞬時に丸め込む。別名はスーパー・ウラカン・ラナ
ウルトラコルバータ
SGPのウルトラマンロビンが使うコルバタの名称。技を仕掛ける際に体が回りきらず自分が頭からマットに落ちたことも。
ウルトラタイガードロップ
二代目タイガーマスクこと三沢光晴が得意としていた空中殺法。コーナー最上段からジャンプしたあと空中で体を270゜前方回転させ、立っている相手に背中から体当たりする。
ウルトラダイマナイト
ウルトラマンロビンが使うアックスボンバーに近い形で放たれるラリアットの呼び名。タッグマッチで対戦相手2人に捕まりロープにハンマースルーされた際に相手の攻撃をかいくぐり、両腕を使ったラリアットで相手2人をまとめてなぎ倒すことが多い。
ウルトラトゥンバ
DRAGON GATEのCIMA&ドン・フジイが使っているコンビネーション。CIMAをおんぶしたフジイが仰向けになった相手の上半身を跨ぐように立ち、そのまま尻餅をついて2人の全体重を乗せたヒップドロップを相手に叩き込む。
ウルトラ・ドラゴン・ラナ
リトルドラゴンがdragondoorマットで披露したフェニックススプラッシュ式ドラゴン・ラナ。まずリングに背を向けた状態でコーナー最上段に登り、体を右方向に180゜捻りながらリングへジャンプする。そのあと空中で体を360゜前方回転させて相手の肩に正面から飛びつき、相手をウラカン・ラナ・インベルティダの要領で瞬時に丸め込む。
ウルトラマーナ
CMLLのダミアン666が覆面レスラーのウルトラマン2000として活動した頃に使っていたパラゲーサと同型の技。
ウルトラ☆マンゴーボンバーホールド
沖縄プロレスのウルトラ☆マンゴーが使っていたジャンボの勝ち!固めと同型の技。
うるま落とし
カツ落とし
ウロボロス
大日本プロレスの植木崇行が使っている丸め込み技。向かい合った相手の足を手で掴んでバランスを崩した相手を後ろに倒れ込ませ、自分は相手の足を掴んだまま仰向けになった相手の胴体を両足で跨ぐ。そのあと持ち上げた相手の両足の間に自分の両腕を正面から差し込み、相手の右足を右脇に、左足を左脇にそれぞれ抱え込む。最後に相手の顔の上に自分の尻を押し付けるように腰を下ろし、自分は丸まった相手の股間に顔をうずめた状態で相手から3カウントを奪う。
ウワバミ
道頓堀プロレスのヲロチが使っているカーブストンプと同型の技。
ウンターグルフ
カール・ゴッチが前田日明に伝授した12種類のスープレックスの1つ。相手を反り投げる際に自分の体に捻りを加え、体を浴びせるような格好で相手をマットに叩きつけるフロントスープレックスである。
ウン・タコ
大阪プロレスを中心に活動しているツバサの得意技。形はラ・ネブリナと同型。
雲龍
プロレスリングFREEDOMSの佐々木貴が愛用しているムーブ。まずショルダーネックブリーカーの要領で相手の首を捕らえ、相手と背中あわせになったところで一旦静止する。そして相手の後頭部を自分の右肩の上に乗せた状態で相手の首を固定し、相手の首を抱えたまま目の前にあるコーナーの最上段まで駆け上がる。最後に自分の体を270゜後方回転させるようにジャンプして両膝からマットに着地し、その勢いで前のめりに倒れ込ませた相手の顔面をマットへと叩きつける。丸藤正道が使う不知火と丁度表裏の関係になる技であり、名前も"不知火型"と対を成す相撲の土俵入りの形である"雲龍型"に由来する。