.
焼き餃子固め
東京女子プロレスのえーりんが使っているマイケルドントクライと同型の技。
ヤキトリ
"リトル☆ギャラクシー"の旭志織&大石真翔が使っている合体殺法。場外へと移動した大石が仰向けになった相手の両足をサードロープの下から掴み、掴んだ両足を交差させながら場外の方へと引っ張り出す。続いて相手の側にあるトップロープを旭が両手で掴み、体を大きくジャンプさせて相手の胸板をフットスタンプで踏みつける。最後に旭が再びジャンプするのを見計らった大石が相手の足をコントロールして相手の体をひっくり返し、うつ伏せになった相手の背中を旭がフットスタンプで続けざまに踏みつける。このあと上記の手順を繰り返して相手の胸と背中をもう一度踏みつけていく。
ヤクザキック
ケンカキック
ヤクモ
道頓堀プロレスで活動中のヲロチが使っているダブルクロスブーツと同型の技。
椰子の実割り
ココナッツクラッシュ
夜叉ロック
LLPWの紅夜叉が使っていた拷問関節技。まず尻餅をついた相手の左腕を左手で掴んで腕を相手の背中の方に折り曲げ、相手の右肩を背後から左足で跨いで足を相手の両足の間に着地させる。そしてそのまま相手の右肩の上に腰を下ろして相手の右腕を右脇に抱え込み、相手の肩・腰・股関節などを複合的に痛めつける。
夜叉スープレックス
紅夜叉が愛用していたオリジナルのスープレックスホールド。まず向かい合った相手の左手首を左手で掴み、体を屈めて相手の懐へと潜り込む。そのあと相手の右腿を右手で内側から抱え込んで体をブリッジさせ、後方に反り投げた相手の背中をマットに叩きつけてそのままフォールを奪い去る。
野人ハンマー
新日本プロレスの中西学が使っている相手の胸板目掛けてのスレッジハンマー
ヤスクラッチ
ヤス・ウラノがKAIENTAI-DOJO時代に愛用していたローリング式の羽根折り固め。まず前屈みになった相手の首の後ろに正面から右腕を回し、両足を大きく開くようにジャンプして相手の胴体を両足で挟み込む。続いて背中からマットに着地したあと自分の体を後転させ、その勢いで仰向けになった相手の上半身を引き起こして尻餅をつかせた状態にする。最後に相手の上半身を羽根折り固めに捕らえ直し、自分の両足を前に投げ出しながら相手の肩を絞り上げる。
ヤスシトルネード
DRAGON GATEの神田裕之が愛用している裏投げの呼び名。
ヤスパック
ヤス・ウラノが愛用するキドクラッチの名称。
ヤ・スワントーンボム
スポルティーバエンターテイメントのヤス久保田が使うセントーン・アトミコの名称。
八咫烏
プロレスリングBASARAの木高イサミが使う二連続式のバズソーキック。右足で放ったバズソーキックを相手にガードされたあと間髪入れずに右足をもう一度打ち出し、油断した相手の左側頭部へ追撃のバズソーキックを叩き込む。
ヤッシリフト
"brother"YASSHIが愛用しているリストクラッチ式のスープレックス。まず相手の背後に回り込んで腿の裏の方から相手の股の間に右手を差し込み、右手で正面にある相手の左腕を掴む。そのあと相手の左脇に背中の方から差し込んだ左手で相手の左腕を掴み、体をブリッジさせて相手を後方に反り投げる。
ヤナギロック
柳澤龍志が新日本プロレスで披露したサブミッション。尻餅をついた相手の上半身を背後からフルネルソンに捕らえ、相手の左足の内側に自分の左足を引っ掛けて肩を絞り上げる。
やのかもめ
プロフェッショナルレスリング・ワラビーの矢野啓太が使うゆりかもめの名称。
矢のようなドロップキック
みちのくプロレスの北海珍念が使っていたドロップキックの名称。相手がいるコーナーの反対側へのコーナーへと移動し、リングの対角線上を走り抜けながら技を繰り出すことが多かった。
ヤブ・オリジナル
JDスターなどで活躍した藪下めぐみが使う切り返し式の脇固め。右サイドの方から相手が体固めで押さえ込みに来た際に体を左方向に捻り、うつ伏せの状態になりながら自分の上に覆いかぶさってきた相手の右腕を右脇に抱え込む。そのあと体を左方向に更に回転させて相手の右サイドの方へと抜け出し、うつぶせになった相手の上に背中合わせの状態で乗っかって抱えた右腕を関節と逆方向に反り上げる。
ヤブ十字リバース4
藪下めぐみが使っている変形の足4の字固め。仰向けになった相手の右サイドに移動して相手の両腿の間に左足を置き、相手の右足を左手で、左足を右手で掴んで持ち上げる。そのあと折り曲げた相手の右足を相手の左膝の上に乗せて両足を4の字の形にし、相手の左足の上を跨ぐように振り上げた自分の右足を相手の右足の踵にフックさせる。最後に相手の左足首を両手で掴んで背中からマットに倒れ込み、掴んだ左足を自分の方に引き寄せることで相手の左膝などを痛めつける。
ヤブヘビ固め
藪下めぐみが使うライガースープレックスホールドと同型の技。
ヤブヘビ固め2
藪下めぐみが愛用するリストクラッチ式のスープレックス。相手の背後に回り込んで相手の右脇に右腕を、左脇に左腕をそれぞれ背中の方から差し込み、相手の右手首を右手で、左手首を左手で掴む。そのあと掴んだ両腕を相手の背中の方へと折り畳んで体をブリッジさせ、後方へと反り投げた相手を肩口からマットに叩きつけてそのまま3カウントを奪う。
山嵐
アブドーラ・ザ・ブッチャーが使っている破壊力抜群の投げ技。まず相手の背後に自分の体を回り込ませ、右手で掴んで持ち上げた相手の右腕を自分の首の後ろに回す。続いて相手の右足を左手で掴んで体を起こし、相手をアルゼンチンバックブリーカーのような形で両肩の上に担ぎ上げる。最後に相手の体を抱えたまま後ろに倒れ込み、落下させた相手の背中を強かにマットへ叩きつける。
山折り
DDTプロレスリングのHARASHIMAが使うデス・バイ・ロデリックと同型の技。この技を受けて悶絶する相手に蒼魔刀を叩き込むのが必勝パターンである。
山笠
プロレスリング華☆激の小川聡志が使っている必殺技。アルゼンチンバックブリーカーで相手を肩に担ぎ上げたあと掛け声を上げながらリングの中を周回し、背中からマットに倒れ込んで相手の体を豪快に叩き落とす。
山縣優
L.A.
ヤマカン・ラナ
九州プロレスで活躍中の阿蘇山が使うウラカン・ラナ・インベルティダの名称。
山越え式噴火投げ
阿蘇山が使っている豪快なムーブ。まずカナディアンバックブリーカーの要領で相手を右肩に担ぎ上げ、膝を屈伸させた反動を使って抱えていた相手の体を軽く宙に浮き上がらせる。そのあと宙に浮いた相手の背中の下を潜り抜けるように自分の頭を移動させ、相手の体をカナディアンバックブリーカーの形で左肩の上に着地させる。最後に上記の手順をもう一度繰り返して相手を右肩の上へと再度移動させ、そこから13ドライバーを仕掛けて相手の顔面をマットに打ちつける。
ヤマタノオロチ
DDTプロレスリングのポイズンJULIE澤田が使っていた逆落としと同型の技。
大和
アパッチプロレス軍の橋本友彦が使っている必殺技の1つ。形はアーチャーが使うブラックアウトと同型。
ヤマバウアー
新日本プロレスの中西学&山本尚史が開発したコンビネーション。中西がマナバウアーの要領でマットに下ろした相手の背後に山本が組みつき、後藤達俊直伝のバックドロップで相手をマットに叩きつける。
やまも泣かし
DDTプロレスリングの竹下幸之介が使うアルパマーレ・ウォータースライドと同型の技。名前は小学校時代にこの技をかけて泣かせてしまった同級生の山本君に由来する。
やまも泣かし2
竹下幸之介が使うバズーカうどんと同型の技。
やりすぎドラゴンスープレックスホールド
格闘探偵団バトラーツの澤宗紀が使っていたドラゴンスープレックスホールドの呼び名。
やり投げ
飯伏プロレス研究所の飯伏幸太が使っているムーブ。オクラホマスタンピードの要領で相手を抱え上げたあとコーナーの側へと移動し、相手を肩に担いだまま対角線上にある反対側のコーナーへと走り出す。そして反対側のコーナーの手前まで来たところで相手を前方へとリリースし、放り投げた相手の顔面をコーナートップのターンバックルへと叩きつける。
やるってボム
越中詩郎が愛用している必殺技。相手をパワーボムでマットに叩きつけたあと相手の体から腕を離し、両手でガッツポーズをしながらエビ固め風に丸まった相手を押さえ込む。この名前は越中の口癖である"〜って!"にちなんで東京スポーツ新聞が命名したもので、他に侍パワーボムという呼び名もある。
ヤンキードライバー
暗黒プロレス組織666の宮本裕向が使っているエゴイストシュバイナーと同型の技。
ヤンキードライバー改
宮本裕向が使っているファイヤーサンダー型のヤンキードライバー。まずパンプハンドルスラムの要領で相手を右肩に担ぎ上げ、相手の首の後ろに左手を、背中に右手をそれぞれ回す。そのあと相手を抱えたままマットに尻餅をつき、上下逆さまの状態で落下させた相手の頭部を自分の両腿の間へ打ちつける。
ヤングクラッチ
DDTプロレスリングのチェリーが春日萌花を相手に見せた丸め込み技。ジャガークラッチの要領で相手を丸めこんだあと自分だけ両足で立ち上がり、エビ固めの形で丸まった相手の両足の上に跨るように腰を下ろして3カウントを奪う。
ヤングステーキ
FTOの高橋“YOUNG”直樹が使っていたモダンタイムスと同型の技。
ヤングバック
プロレスリング・ノアのタダスケが使っている2段階式のブレーンバスター。まず相手の体をブレーンバスターの要領でリフトアップし、相手の両足が宙に浮き上がったところで一旦静止しタメを作る。そのあと背筋を使って宙に浮いていた相手の体を一気に引っこ抜き、反り投げた相手の背中を豪快にマットへ叩きつける。
ヤングブラッドネックブリーカー
インパクト・レスリングのエリック・ヤングが使う変形のショルダーネックブリーカー。まずリバースパワーボムの要領で相手の体を高々と持ち上げ、腕を離して相手の体を空中に放り投げる。そのあと仰向けの状態で落下する相手の首を両手でキャッチして背中から倒れ込み、相手の後頭部や背中を強かにマットへ打ちつける。別名はショーストッパー
ヤングライオン固め
宮崎有妃がOSAKA女子プロレスの下野佐和子を相手に見せた急角度の逆エビ固め
ヤンクロック
JWP女子プロレスの渡辺えりかが愛用したサブミッション。相手を裏マヒストラルの要領でマットに転がし、仰向けになった相手の左足の内側に自分の右足を引っ掛ける。続いて自分の右足を巻き込むような感じで相手の左足を折り曲げ、相手の左足を相手の右膝の裏にあてがって両足を4の字に固める。最後に相手の左足を挟み込むように相手の右足を折り畳み、相手の右足首を右脇に抱え込んでヒールホールドを極める。
ヤンタイム
ジミー・ヤンがWCW時代から愛用しているスカイツイスタープレスと同型の技。WWEでアキオと名乗っていた時の名称はアキオタイムで、立っている相手に向かって放つヤンタイム式ボディーアタックも得意としている。
ヤンドライバー
ジミー・ヤンがWCW時代に使っていたグリーンフォールと同型の技。
ヤンバルジャーマン
沖縄プロレスのヤンバルクィーンナが愛用していたジャーマンスープレックスホールドの呼び名。
ヤンバルブーツ
ヤンバルクィーンナが使っていたビッグブーツ系の蹴り技の総称。
ヤンバルボム
ヤンバルクィーンナが使っていたネックハンギングボムと同型の技。