.
妖怪首落とし
メイデン
妖怪スピア
STYLE-Eで結成された"西調布妖怪組合"の藤田MI太郎が使っていたスピアーの呼び名。
用高スペシャル
沖縄プロレスのカンムリワシ用高が使っていた飛びつき式腕ひしぎ逆十字固めの名称。
妖乱
プロレスリングWAVEなどで活動中の夏すみれが使うフィッシャーマン式DDT。まずフィッシャーマンズスープレックスの要領で相手の体に腕を絡め、抱きかかえるように相手の体を軽く持ち上げて一旦静止する。そのあと間髪入れずに背中からマットに倒れ込み、抱えていた相手の頭をDDTの形でマットに突き刺す。
ヨーガアームロック
アイスリボンで活動中の法DATEが使っているサブミッション。相手の左腕をチキンウイングアームロックの要領で固めたあと相手の背中の方に自分の右足を、相手の顎の下に自分の左足を順々に引っ掛け、相手の胴体を両足で挟み込んだ状態で腕を絞り上げていく。
ヨーガ・フラミンゴ・エルボーカフ
法DATEが使う足取り式腕ひしぎ逆十字固めの呼び名。
ヨーソロー
DRAGON GATEの鷹木信悟が使っているターボドロップ2の名称。
ヨーネルバスター
大阪プロレスのヨーネル・サンダースが使っているキン肉バスターと同型の技。
ヨーホースープレックス
CHIKARAなどで活動中のアーレスが使っているムーブ。まずブロックバスターの要領で相手の体を水平に抱え上げ、相手の右肩を抱えていた左腕を相手の首の後ろへと持って行く。そして体を揺すって反動をつけたあと相手の股を抱えていた右手を離しながら後ろに倒れ込み、宙に浮き上がった相手の体をブレーンバスターの形でマットに叩きつける。
ヨーロピアンアッパーカット
エルボースマッシュ
ヨーロピアンクラッチ
技巧派の選手が得意としている別名欧州式エビ固めとも呼ばれる丸め込み技。まず相手の背後に回り込んで腿の裏の方から相手の股の間に両腕を差し込み、右手で相手の右腕を、左手で相手の左腕をそれぞれ掴む。続いて掴んだ両腕を自分の方へと勢い良く引っ張り、その勢いで相手の体を前方回転させて背中からマットに落下させる。最後に掴んでいた腕を離しながらジャンプしてエビ固め風に丸まった相手の両腿の裏に跨るように着地し、相手の右足に右足を、左足に左足を絡めながら体をブリッジさせて3カウントを奪う。仰向けになった相手の右腕を右手で、左腕を左手で掴みながら尻餅をついて相手の右肩を右足の裏で、左肩を左足の裏で押さえつけ、カバーをキックアウトしようと下半身を跳ね上げた相手の両足に自分の両足をフックさせてフォールを奪うタイプを使う選手も多い。
ヨガサルト
マット・サイダルの弟であるマイク・サイダルが使っているフィニッシャー。持参のヨガマットの両端を両手で持ち、マットを大きく広げながら仕掛けるムーンサルトプレスである。
ヨガ式STF
パキスタンデスロック
横入り式エビ固め
スクールボーイ
横入り式超低空ラナ
月食
横三角締め
格闘技の試合で使われる三角締めのバリエーションの1つ。 四つん這いになった相手の背中に正面から覆い被さり、相手の首と片腕を両足で挟み込んだあと体を横倒しにして首を締め上げる。
横十字固め
技巧派の選手が愛用するクイック系の丸め込み技。尻餅をついた相手の背後に回り込んで相手の左腕を両足で挟み込み、更に相手の右脇に背中の方から右腕を差し込む。そのあと相手の体を後ろに転がして両肩をマットにつけさせ、自分は相手の両腕を極めたまま腹這いになって相手を押さえ込む。
横須賀カッター
DRAGON GATEの横須賀享が望月享時代から使っているフィニッシャー。カナディアンバックブリーカーの要領で右肩に担ぎ上げた相手の背中を左手で下から押し上げ、その勢いで相手の体をうつ伏せに引っくり返す。そのあと落下する相手の頭を両手でキャッチしながらマットに倒れ込み、相手をダイヤモンドカッターの形でマットに叩きつける。
ヨコスカキュラーボム
横須賀享がオープン・ザ・ドリームゲート王者である土井成樹を挑発する為に披露したフィニッシャー。形は土井が得意としているマスキュラーボムと同型。
ヨコスカスライディングキック
横須賀享が土井成樹&吉野正人とのオープン・ザ・ツインゲート戦を前に公開したムーブ。形は土井が得意としているバカタレスライディングキックと同型である。
横須賀タワー
高い高い
横須賀ドライバー
横須賀享が若手時代に使用していたフェイスバスター。まずカナディアンバックブリーカーの要領で相手を右肩に担ぎ上げ、掴んでいた相手の上半身を下方向へと引っ張る。そしてその勢いで相手の体に180゜の後方回転を加え、回転する相手の体を自分の正面へと落下させる。最後に相手を抱えたまま両膝をつくように倒れ込み、うつ伏せの状態になった相手の体をマットへと叩きつける。
横須賀ベイブリッジ
横須賀享が若手時代に使っていた横須賀の名を冠した得意技の1つ。相手をノーザンライトスープレックスでマットに叩きつけたあと体を横方向に転がして再び立ち上がり、続けざまに相手をノーザンライトスープレックスホールドでマットに叩きつけてフォールを奪う。
横須賀ライナー
横須賀享が愛用しているシクロン・ラナの名称。旧名は超滞空高角度後方回転エビ固め
ヨコヅナインパクト
曙が使っているジャンピングパイルドライバーの呼び名。
ヨコヅナファイナルインパクト
曙が奥の手として使用しているダルマ式のジャンピングパイルドライバー。まず前屈みになった相手の頭を自分の股の間に正面から挟み込み、相手の右腕の外側に自分の左腕を、左腕の外側に右腕をそれぞれ回して相手の両腕と胴体をまとめて抱きかかえる。そして相手の体を垂直になるまで持ち上げたあと体を軽くジャンプさせ、自分は尻餅をつく形で着地すると同時に相手の脳天をマットへ打ちつける。2015年5月に行われた潮崎豪との三冠ヘビー級王座戦でこの技を初公開し、同王座を再び手中に収めることとなった。
世IVコブラ
SEAdLINNNGの世志琥が使っている変形のコブラツイスト。まず相手の左腕と左足にセラヘーラの要領で自分の右足をフックさせ、背中の方から相手の右脇に左腕を差し込んで相手の右腕を左脇に抱え込む。そのあと相手の顎を左手で鷲掴みにして相手の頭を強引に右方向に捻り、相手の首や右脇腹を複合的に痛めつけてタップを奪う。
吉田固め
KAIENTAI-DOJOの吉田綾斗が使うサブミッション。まず相手の上半身にチキンウイングフェイスロックの要領で腕を絡め、体重をかけて相手をグラウンドに引き込んでいく。そのあとうつ伏せになった相手の右サイドに腰を下ろし、相手の背中を反らせながら上半身を締め上げていく。
ヨシタニック
闘龍門時代にSAITOが愛用し、現在はDRAGON GATEのスペル・シーサーが受け継いでいるフィニッシャー。まず回転十字固めの要領で相手の肩にぶら下がり、相手の左腕を掴んでいた両手を離して相手の背中にしがみつく。続いて背中の方から相手の左脇に右足を、右脇に左足を差し込むことで相手の背中に馬乗りになり、相手の体から腕を離したあと自分の背中を大きく反らせて反動をつける。最後に体を360゜前方回転させながら相手の左腿を右手で、右腿を左手で抱え込み、その勢いで後ろにひっくり返った相手を背中からマットへ叩きつけてフォールを奪う。ちなみにこのタイプを用いるのは恐らくSAITOただ1人。それ以外の選手が使うヨシタニックは前屈みになった相手の頭を正面から馬跳びのように飛び越え、相手の背中に跨るように着地したあと瞬時に技に移行する。
世IVドン
世志琥が使うデュランダルの呼び名。
ヨシヒコ・デストロイ・インフィニティ
DDTプロレスリングのヨシヒコが飯伏幸太とのシングルマッチで披露した8連続式のカナディアンデストロイヤー
義人フラッシュ
佐々木義人がZERO1時代から使い続けていたフィニッシャー。アルゼンチンバックブリーカーで相手を肩に担ぎ上げたあと助走をつけ、相手の頭がある方向に体を傾けながらジャンプする。そのあと体を軽く捻って自分は腹這いの状態でマットに着地し、うつ伏せになった相手の体を豪快にマットへ叩きつける。現在の名称はアルゼンチンコースター
ヨシ風車
闘龍門で活躍したSAITOが使っていたムーブ。相手にダブルアームスープレックスホールドを決めたあと自分は3点倒立をしてフォールを奪う。
吉原大円舞
国際プロレスなどに参戦していたBENTENの必殺技。形はスワントーンボムと同型。
吉原大円舞・改
BENTENが使っていたフェニックスセントーンと同型の技。
ヨツカイドライバー
KAIENTAI-DOJOに登場したヨツカイダーの必殺技。形はLSD3と同型。
米満リフト
ロンドン五輪・レスリング金メダリストの米満達弘がプロレスリング・ノアの杉浦貴に伝授したムーブ。形はキッチンディスポーザーと同型。
ヨネロール
プロレスリング・ノアのモハメド・ヨネが披露した切り返し技。バックを取った相手に抱え上げられた際に自分の体重を前にあずけ、相手の左腕を左脇に抱え込みつつ左半身からマットに倒れ込む。そしてその勢いで前方へと転がった相手の上に仰向けの状態で乗っかり、相手の左足を右手で内側から抱え込んで相手をフォールする。
米-ZOU
米山香織が使うヨシタニックの名称。名前は"よねぞう"と読む。
嫁のおんぶ
大阪プロレスのゼロ&GAINAが使っていた300プレスと同型の技。怪人・ハブ男&シーサー王として活動していた沖縄プロレスではフューチャー&ドリームと呼ばれていた。
夜の蒼魔刀
DDTプロレスリングの男色ディーノがHARASHIMAとの抗争時に披露した男色殺法。助走をつけたあと蒼魔刀の要領で体をジャンプさせ、尻餅をついた相手の顔面に自分の股間を叩きつける。
四壱九
プロレスリングBASARAの木高イサミが使っている変形の腕固め。まず立っている相手の体を回転十字固めの要領でマットに転がし、相手の体がうつぶせになったところで回転を止める。そのあと相手の左腕を右膝の間に挟み込んだまま上半身を起こし、相手の右肩の上あたりに自分の左足を着地させる。最後に両手で掴んだ相手の右腕を関節と逆方向に反り上げ、更に両手で掴み直した相手の右手の指を手の甲の方へと折り曲げながら腕を痛めつける。名前は2013年のDDT総選挙で419票を獲得したことに由来しており、2014年に行われた"第5回DDT総選挙"で689票を獲得した現在は六八九と呼び名を変えている。